議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 刈谷市

平成 7年  6月 定例会 06月05日−02号




平成 7年  6月 定例会 − 06月05日−02号







平成 7年  6月 定例会



   議事日程第9号

                        平成7年6月5日(月)

                          午前10時 開議

日程第1  報告第3号  損害賠償の額を定める専決処分について

日程第2  報告第4号  刈谷市土地開発公社経営状況について

日程第3  報告第5号  平成6年度刈谷市一般会計継続費の繰越しについて

日程第4  報告第6号  平成6年度刈谷市一般会計繰越明許費の繰越しについて

日程第5  報告第7号  平成6年度刈谷市公共駐車場事業特別会計継続費の繰越しについて

日程第6  報告第8号  平成6年度刈谷市刈谷半城土高須土地区画整理事業特別会計繰越明許費の繰越しについて

日程第7  報告第9号  平成6年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計繰越明許費の繰越しについて

日程第8  報告第10号 平成6年度刈谷市下水道事業特別会計繰越明許費の繰越しについて

日程第9  議案第42号 公平委員会委員の選任について

日程第10 議案第43号 人権擁護委員の候補者の推薦について

日程第11 議案第44号 政治倫理の確立のための刈谷市長の資産等の公開に関する条例の制定について

日程第12 議案第45号 土地の買入れについて(一般廃棄物最終処分場整備事業用地)

日程第13 議案第46号 工事請負契約の締結について(都市下水路築造工事(前川2号下水路))

日程第14 議案第47号 工事請負契約の締結について(都市下水路築造工事(吹戸川下水路))

日程第15 議案第48号 工事請負契約の締結について(亀城小学校南舎大規模改造(建築)工事)

日程第16 議案第49号 平成7年度刈谷市一般会計補正予算(第1号)

日程第17 請願第2号  「介護手当ての増額」を求める請願

日程第18 請願第3号  「国民健康保険税を安くして」を求める請願

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 1 報告第3号  損害賠償の額を定める専決処分について

 2 報告第4号  刈谷市土地開発公社経営状況について

 3 報告第5号  平成6年度刈谷市一般会計継続費の繰越しについて

 4 報告第6号  平成6年度刈谷市一般会計繰越明許費の繰越しについて

 5 報告第7号  平成6年度刈谷市公共駐車場事業特別会計継続費の繰越しについて

 6 報告第8号  平成6年度刈谷市刈谷半城土高須土地区画整理事業特別会計繰越明許費の繰越しについて

 7 報告第9号  平成6年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計繰越明許費の繰越しについて

 8 報告第10号 平成6年度刈谷市下水道事業特別会計繰越明許費の繰越しについて

 9 議案第42号 公平委員会委員の選任について

10 議案第43号 人権擁護委員の候補者の推薦について

11 議案第44号 政治倫理の確立のための刈谷市長の資産等の公開に関する条例の制定について

12 議案第45号 土地の買入れについて(一般廃棄物最終処分場整備事業用地)

13 議案第46号 工事請負契約の締結について(都市下水路築造工事(前川2号下水路))

14 議案第47号 工事請負契約の締結について(都市下水路築造工事(吹戸川下水路))

15 議案第48号 工事請負契約の締結について(亀城小学校南舎大規模改造(建築)工事)

16 議案第49号 平成7年度刈谷市一般会計補正予算(第1号)

17 請願第2号  「介護手当ての増額」を求める請願

18 請願第3号  「国民健康保険税を安くして」を求める請願

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(30名)

     1番  岡本博和         2番  井上 勉

     3番  川合友治         5番  藤井 理

     6番  佐原祐三         7番  佐野泰基

     9番  月脚治隆        10番  渡辺公造

    11番  神谷貞明        12番  長沢清之

    13番  岡田正之        14番  長谷川稔明

    15番  近藤 勲        16番  宮田 鈞

    17番  渡辺金也        18番  水沢利雄

    19番  稲垣鍵一        20番  伊藤直樹

    21番  石川良雄        22番  遠藤時彦

    23番  加藤和義        24番  鈴木重明

    25番  近藤拓治        26番  久野金春

    27番  近藤天海        28番  本多耕三

    29番  井上和恵        30番  伊藤達夫

    31番  酒井 博        32番  野村彦次

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠員(2名)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため議場に出席した者(25名)

   市長        角岡 与    助役        青木くに雄

   収入役       山岡種臣    教育長       近藤啓七

   市長公室長     稲垣健允    総務部長      清水逸男

   市民部長      鈴木 宏    福祉部長      水藤義一

   経済環境部長    渡辺恒夫    建設部長      林  尚

   都市計画部長    佐野鎭一    開発部長      石川けい一

   下水道部長     籠瀬清市    水道部長      谷 健次

   消防長       早川 守    教育部長      三浦俊正

   生涯学習部長    西口俊文    市民課長      矢田富士夫

   高齢者対策課長   塩沢豊機    清掃センター所長  稲垣 勝

   消防本部庶務課長  藤井廣幸    消防課長      加藤 到

   下水道建設課長   榊原日出男   区画整理課長    新美隆士

   教育委員会庶務課長 竹本 勲

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員(7名)

      議会事務局長     岡田猛雄

      議会事務局次長    杉浦功一

      副主幹兼議事係長   中川勝移

      庶務係長       山口富夫

      主査         大中隆志

      主査         石川敏彦

      書記         加藤隆司

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                           午前10時00分 開会



○議長(鈴木重明) 

 ただいまから、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付いたしてあります議事日程表のとおりでありますので、御了承を願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより日程に入ります。

 日程第1、すなわち報告第3号損害賠償の額を定める専決処分についてを議題といたします。

 本件の朗読は省略し、直ちに当局より報告を願います。

 総務部長・・・



◎総務部長(清水逸男) 

 それでは、報告第3号損害賠償の額を定める専決処分について、御説明申し上げます。

 地方自治法第 180条第1項の規定に基づき、市長において別紙のとおり専決処分をしたので、同条第2項の規定より報告するものでございます。

 次ページをお開き願いたいと思います。

 今回専決処分いたしましたのは、自動車による損害事故2件で、まず専決第2号は、平成7年4月24日に専決いたしましたもので、事故発生日時は、平成7年3月10日午前9時50分ごろ、市内寺横町の市道2− 462号線で駐車中の車に接触したもので、相手方は寺横町にお住まいの松永真枝さん所有のものでございます。事故の概要、損害額につきましては、記載のとおりでございます。

 なお、次の専決3号においても、全額保険金において補てんされるものでございます。

 次ページをお願いいたします。

 次の事故は、平成7年4月3日午前10時45分ごろ、神明町3丁目 501番地、刈谷税務署内において発生したもので、相手方はフォーミックス株式会社社長滝川さん所有の業務車で、2件とも当方の過失によるものでございます。

 たびたびの事故発生で大変心苦しく思っておりますけれども、交通安全につきましては、毎回申し上げておりますように、さらに、その安全性を求め、注意を喚起いたしてまいりたいと思っておりますので、よろしく御理解を賜りますようお願い申し上げ、報告とさせていただきます。



○議長(鈴木重明) 

 本件は報告でありますので、御了承を願います。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴木重明) 

 日程第2、すなわち報告第4号刈谷市土地開発公社経営状況についてを議題といたします。

 本件の朗読は省略し、直ちに当局より報告を願います。

 総務部長・・・



◎総務部長(清水逸男) 

 報告第4号平成6年度刈谷市土地開発公社の経営状況について、地方自治法第 243条の3第2項の規定に基づきまして、御報告を申し上げます。

 なお、この案件につきましては、去る5月24日開催の刈谷市土地開発公社第99回理事会において御承認をいただいておりますので、御送付申し上げました決算書に基づきまして、説明を申し上げます。

 それでは、1ページをお開き願います。5枚目ぐらいになります。

 まず、事業報告書の総括事項でございますが、6年度の用地取得として、刈谷駅北口整備事業用地、市道1− 992号線道路新設改良事業用地、刈谷市総合運動公園整備事業用地、一般廃棄物最終処分場整備事業用地、先買代替地及び公共代替地として7万 7,823平方メートルを、総額約43億 5,100万円で取得をいたしております。

 一方、用地の処分につきましては、刈谷市総合運動公園整備事業用地を初めといたしまして、8万 2,327平方メートルを総額約44億 1,200万円で処分いたしております。

 次に5ページをお願いいたします。

 収益的収入及び支出でございますが、収入につきましては、1款の事業収益決算額は44億 1,443万 359円で、これは用地売却収益でございます。明細につきましては、13ページの決算説明書において、事業収益明細表を御参照いただきたいと存じます。

 次に、2款の事業外収益といたしまして 810万 1,669円で、これは受取利息でございます。収入総額は44億 2,253万 2,028円となっております。

 次に支出でございますが、1款の事業原価といたしまして44億 1,251万 6,033円で、これは用地の売却原価でございます。

 2款の販売費及び一般管理費といたしましては 702万 4,148円で、支出総額は44億 1,954万 181円となり、収入総額と支出総額との差額 299万 1,847円は平成6年度の利益金となるものでございます。その内容につきましては、7ページの損益計算書のとおりでございますので、御参照いただきたいと存じます。

 次に、6ページをお願いいたします。

 資本的収入及び支出でございますが、収入につきましては、1款1項の借入金といたしまして40億 2,793万 210円、2項の当年度剰余資金といたしまして44億 1,222万 7,735円でございますので、収入の総額は84億 4,015万 7,945円となっております。

 次に支出でございますが、1款1項公有地取得事業費といたしまして44億 9,700万 2,201円でございます。この明細につきましては、17ページの用地明細表の当期増加高の欄を御参照いただきたいと存じます。

 2項償還金といたしまして39億 4,315万 5,744円で、資本的支出の総額84億 4,015万 7,945円は、収入総額と同額となっております。

 なお、7ページ以降に、損益計算書、貸借対照表、財産目録及び決算説明書が添付してございますので、御参照いただきますようお願い申し上げ、報告とさせていただきます。



○議長(鈴木重明) 

 ただいまの報告に対する質疑をお許しいたします。

 別に質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 本件は報告でありますので、御了承を願います。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第3から日程第8まで、すなわち報告第5号平成6年度刈谷市一般会計継続費の繰越しについてから報告第10号平成6年度刈谷市下水道事業特別会計繰越明許費の繰越しについてまでの6件を一括して議題といたします。

 6件の朗読は省略し、直ちに当局より報告を願います。

 開発部長・・・



◎開発部長(石川けい一) 

 報告第5号平成6年度刈谷市一般会計継続費の繰越しについて、関係分の御報告を申し上げます。

 次のページをお願い申し上げます。

 7款1項、(仮称)刈谷市産業振興センター建設事業でございますが、これは平成5年度から3カ年の継続事業といたしまして、総額51億 2,800万円で実施しているものでございまして、平成6年度の予算額33億 2,746万 3,222円のうち、支出済額が33億 1,647万 8,896円と確定いたしましたので、その残額 1,098万 4,326円全額を、翌年度へ逓次繰り越しをしたものでございますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(鈴木重明) 

 建設部長・・・



◎建設部長(林尚) 

 報告第5号平成6年度刈谷市一般会計継続費の繰越しについて、関係分の御報告を申し上げます。

 次ページをごらんいただきますよう、お願いいたします。

 8款6項住宅費の西田住宅建設事業でございます。これは、平成6年度、7年度の継続事業といたしまして、総額15億 4,230万円をもって実施いたしたもので、そのうちの6年度計上額 5,242万 2,000円のうち、支出済額及び支出見込額が 3,938万 2,372円と確定いたしましたので、その残額 1,303万 9,628円を、翌年度へ逓次繰り越しするものでございます。よろしくお願いをいたします。



○議長(鈴木重明) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(水藤義一) 

 次のページをお願いします。

 報告第6号平成6年度刈谷市一般会計繰越明許費の繰越しについて、関係分を御報告申し上げます。

 次のページ、別紙の計算書のうち、3款民生費1項社会福祉費、事業名、養護老人ホーム等建設事業でございますが、これは工事請負費2件で、翌年の繰越額は 7,406万 9,360円でございます。この事業につきましては、地元関係者との調整によるものでございまして、今後ともおくれのないように努力したいというふうに思います。

 よろしくお願い申し上げます。



○議長(鈴木重明) 

 建設部長・・・



◎建設部長(林尚) 

 報告第6号を御報告申し上げます。

 平成6年度刈谷市一般会計繰越明許費の繰越しについて、関係分を御報告申し上げます。

 別紙をお願いいたします。

 平成6年度刈谷市一般会計繰越明許費繰越計算書をごらんいただきたいと思います。計算書の2行目から6行目が関係分でございまして、6款1項農業費、事業名、単独水環境整備事業といたしまして、工事請負費1件、翌年度繰越額といたしまして 484万 1,000円でございます。

 8款2項道路橋りょう費、事業名といたしまして、市道3− 553号線といたしまして工事請負費1件で、翌年度繰越額 2,402万 4,750円でございます。

 次に、市道3− 628号線といたしまして、用地及び補償費1件、翌年度への繰越額 1,477万 1,513円でございます。

 次に、市道3− 683号線といたしまして、用地及び補償費2件で、翌年度繰越額といたしまして 1,727万 7,669円でございます。

 次に、市道2− 232号線・01−20号線といたしまして、工事請負費1件、翌年度繰越額 3,275万 4,000円でございます。なお、平成6年度は異常渇水等工事の進捗に影響が出ましたが、今後一段の工事等の早期発注に努め、また、用地及び補償につきましては、地権者の方々の事業の重要性を御理解いただき、御協力を賜りますよう努力をしてまいる所存でございますので、よろしくお願いをいたします。

 以上でございます。



○議長(鈴木重明) 

 都市計画部長・・・



◎都市計画部長(佐野鎭一) 

 報告第6号の関係分につきまして、御報告させていただきます。

 別紙、繰越明許費繰越計算書の7行目から次のページの2行目までの6事業でございます。

 まず最初に、8款2項道路橋りょう費の(仮称)神明橋橋りょう新設改良事業として委託料1件、翌年度への繰越額が 1,455万 8,000円でございます。

 次に、8款4項都市計画費で刈谷環状線街路改良事業といたしまして工事請負費1件で、翌年度への繰越額が 8,039万 1,500円でございます。

 次に、刈谷環状線小山踏切立体交差事業といたしまして委託料1件、工事請負費3件、用地及び補償費2件で、翌年度への繰越額が1億88万 2,189円でございます。

 次に、中手新池線街路改良事業といたしまして、用地及び補償費4件で、翌年度への繰越額が 4,240万 4,676円で、そのうち特定財源といたしまして 1,460万 9,285円が国庫補助金でございます。

 次のページをお願いいたします。

 市道2− 506号線道路改良事業といたしまして用地及び補償費3件で、翌年度への繰越額 1,638万 5,176円でございます。

 最後に、半城土吉浜線交差点改良事業といたしまして用地及び補償費2件で、翌年度への繰越額が 2,014万 5,719円でございます。

 以上6事業につきまして、それぞれ理由は異なりますが、主なものといたしましては、補償物件の取り壊しがおくれたためと、専用埋設物の移設などの遅延によるものでございます。

 今後は、早期発注、地権者と十分な調整等を図り、事業促進のために鋭意努力してまいりますので、よろしくお願いを申し上げまして報告を終わります。



○議長(鈴木重明) 

 下水道部長・・・



◎下水道部長(籠瀬清市) 

 続きまして、関係分について御説明をいたします。

 繰越計算書の2ページの最後の行でございます。

 8款4項都市計画費におきまして、事業名、都市下水路事業吹戸川南1号雨水幹線でございます。工事件数は1件でございます。翌年度への繰越額は 1,420万 3,700円でございます。関連する地下埋設物の移設待ち等によるものでございます。

 今後は、工事の促進に努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 以上で御報告を終わらせていただきます。



○議長(鈴木重明) 

 開発部長・・・



◎開発部長(石川けい一) 

 報告第7号平成6年度刈谷市公共駐車場事業特別会計継続費の繰越しについて、御報告を申し上げます。

 次のページをお願い申し上げます。

 1款1項駐車場費、相生駐車場建設事業でございますが、これは平成5年度から3カ年の継続事業といたしまして、総額20億 2,200万円で実施しているものでございまして、平成6年度の予算額17億 4,672万 3,660円のうち、支出済額が17億 4,334万 1,567円と確定いたしましたので、その残額 338万 2,093円を、全額翌年度へ逓次繰り越しをしたものでございます。

 よろしくお願い申し上げまして、報告を終わらせていただきます。

 続きまして、報告第8号平成6年度刈谷市刈谷半城土高須土地区画整理事業特別会計繰越明許費の繰越しについて、御報告を申し上げます。

 次のページをお願い申し上げます。

 1款1項土地区画整理費、事業名といたしまして物件移転補償事業でございます。物件移転が2件で、翌年度への繰越額は 1,125万 5,773円でございます。

 なお、物件移転補償事業につきましては、本人の家庭上の事情ということでございますが、今後とも、こういった事業が早くできますように御理解を賜っていきたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。

 続きまして、報告第9号平成6年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計繰越明許費の繰越しについて、御報告を申し上げます。

 次のページをお願い申し上げます。

 1款1項土地区画整理費、事業名といたしまして物件移転補償事業でございます。物件移転が1件で、翌年度への繰り越しは 797万 502円でございます。

 なお、物件移転につきましては、本人さんの体の調子ということで、家庭の事情等によるものでございます。

 以上、よろしくお願いを申し上げまして、御報告を終わらせていただきます。お願い申し上げます。



○議長(鈴木重明) 

 下水道部長・・・



◎下水道部長(籠瀬清市) 

 報告第10号平成6年度刈谷市下水道事業特別会計繰越明許費の繰越しについて、別紙計算書に基づき御説明を申し上げます。

 1款2項の下水道整備費でございますが、事業名、公共下水道事業日高処理分区におきまして、工事件数1件でございます。翌年度への繰越額は 3,081万 6,570円でございます。

 同じく1款2項の下水道整備費でございますが、事業名、公共下水道事業重原処理分区におきまして工事件数1件、翌年度への繰越額 7,426万 3,000円でございます。

 これらは、地下埋設物の移設のおくれ、及び関連する県施工工事との協議のおくれ等によるものでございます。今後は、このようなことのないよう早期発注に努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

 以上で、御報告を終わらせていただきます。



○議長(鈴木重明) 

 ただいまの報告に対する質疑をお許しいたします。

 別に質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 6件は報告でありますので、御了承を願います。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 暫時休憩いたします。

                           午前10時20分 休憩

                           午前10時35分 再開



○議長(鈴木重明) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に日程第9、すなわち議案第42号公平委員会委員の選任についてを議題といたします。

 本案の朗読は省略し、直ちに当局より説明願います。

 市長・・・



◎市長(角岡与) 

 公平委員会委員の選任について、お願いを申し上げます。

 公平委員会委員に次の者を選任するものとする。平成7年6月2日提出。

 住所は刈谷市東境町児山 223番地、境雅代さん。生年月日は、昭和23年5月24日生まれでございます。

 提案理由といたしましては、この案を提出したのは、後任の委員を選任するため、地方公務員法第9条第2項の規定により議会の同意を得る必要があるからであります。

 どうぞ、よろしくお願いをいたします。



○議長(鈴木重明) 

 ただいまの説明に対する質疑、討論をお許しいたします。

 別に質疑、討論もないように思われますので、これにて質疑、討論を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 本案は、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

           (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木重明) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより採決いたします。

 本案は原案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

           (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木重明) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第10、すなわち議案第43号人権擁護委員の候補者の推薦についてを議題といたします。

 本案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 市長・・・



◎市長(角岡与) 

 人権擁護委員の候補者の推薦について、お願いを申し上げます。

 人権擁護委員の候補者に次の者を推薦するものとする。お一人は、刈谷市小山町7丁目74番地、加藤俊夫さん。生年月日は昭和5年5月16日生まれでございます。

 もう一方は、刈谷市寿町3丁目 308番地、石原千波さん。生年月日は昭和17年2月4日生まれの方でございます。

 この案を提出したのは、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を問う必要があるからであります。

 よろしくお願いを申し上げます。



○議長(鈴木重明) 

 ただいまの説明に対する質疑、討論をお許しいたします。

 別に質疑、討論もないように思われますので、これにて質疑、討論を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 本案は、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、御異議ありませんか。

           (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木重明) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより採決いたします。

 本案は原案のとおり同意することに、御異議ありませんか。

           (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木重明) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第11、すなわち議案第44号政治倫理の確立のための刈谷市長の資産等の公開に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 総務部長・・・



◎総務部長(清水逸男) 

 議案書の3ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第44号政治倫理の確立のための刈谷市長の資産等の公開に関する条例の制定についてでありますが、この条例は、平成5年1月1日に施行されました政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開に関する法律第7条の規定により、市町村長の資産等の公開については、平成7年12月31日までに条例で定める必要があり、今回制定するため提案をいたすものでございます。

 第1条は、市長の資産等の公開に関し必要な事項を定めるものであります。

 第2条は、市長は、任期開始の日から 100日を経過するまでに、土地・建物・預金・金銭信託・有価証券・自動車・船舶・航空機・美術工芸品・ゴルフ場の利用に関する権利・貸付金・借入金を記載した資産等報告書を作成することを定めたものであり、次ページの第2項といたしまして、任期開始の日後毎年新たに有することとなった資産等であって、12月31日において所有するものについて、資産等補充報告書を、その翌年の4月1日から4月30日までに作成することを定めたものであります。

 第3条は、市長は、毎年4月1日から4月30日までの間に前年分の所得について、同年分の所得税が課される場合における当該所得の金額及び前年中において贈与により取得した財産について、同年分の贈与税が課される場合における当該財産に係る贈与税の課税価格を記載した所得等報告書を作成することを定めたものでございます。

 次ページの第4条は、市長は、毎年4月1日において、報酬を得て会社その他の法人の役員、顧問等についている場合は、その名称、住所、当該職名を記載した関連会社等報告書を、4月2日から4月30日までの間に作成することを定めたものでございます。

 第5条は、資産等報告書、資産等補充報告書、所得等報告書及び関連会社等報告書を5年間保存することを定めたものでございます。

 第2項といたしまして、何人も、閲覧を請求することができることを定めたものでございます。

 第6条は、委任で、附則といたしましては、この条例は、平成7年7月20日から施行するというものであります。

 提案理由といたしましては、政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律の施行に伴い必要があるからでございます。

 以上、よろしく御審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(鈴木重明) 

 ただいまの説明に対する質疑をお許しいたします。

 29番井上和恵議員・・・



◆29番(井上和恵) 

 これは、国の相次ぐ金丸ゼネコンからリクルート以前にさかのぼって、疑惑、不正の政治が続いたその結果から、こういう条例を国の方が制定したわけであります。それに従って、期限はことしいっぱいということになっておりますけれども、刈谷市の場合、もっと早くこの条例は制定すべきであったと、しかし、きょう本議会で提案されたことによって、この中身についても、いま一度検討する必要があるんではないかと、そういうことを思いますので、一つ二つ質問をさせていただきます。

 以前から政治倫理の問題が厳しく問われておりまして、刈谷市でも倫理委員会を議会の方はつくりました。しかし、特別そういう資産等にかかわるものを公開したり、職業の兼業の禁止にかかわるようなことを義務づける倫理制度はやめるということで、やらないということで一致をしております。したがって、岡崎のように、議員や長が、不動産的な職業を持っていれば、どちらかを退くという、そういうような厳しい、隣の岡崎には倫理制度がありますけれども、刈谷にはそれはございません。今回の中身を見ますとですね、やはり、本人にかかわるもののみで配偶者が外されると、そういう内容になっております。

 この国の方の法律ができる以前にですね、全国でたくさんの地方自治体が、市長や議員の資産公開の条例をつくったわけですけれども、その第1号となりました大阪府の境市は昭和58年に施行しておりますが、ここでは、市長だけではなくて市会議員全員も対象になっております。その後、昭和63年に条例化いたしました福岡県の山田市は、市の3役のほか議員、各種委員会委員に広げられて、本人だけではなくて、配偶者や家族の資産も公開すると。そうしてまた、審査機関も設置すると、そういう内容になっております。

 逆に国の法律ができたことによって、こういうことを制度の中に盛り込まないというような国のマニュアルができまして、国に右へ倣えと従ってつくった、今行われております資産公開条例は、非常に抜き穴だらけの公開条例だということになるわけであります。しかしですね、一たび資産公開が条例として制定されますれば、市民の皆様からいろんな要望も出てこようと思います。今、情報公開の第1号として、私は高く評価したいと思うわけであります。見習うならば、議会の方できちっと、そういう兼業の禁止の条例をつくるか、もしくは、つくらない場合は、この条例の中に入れていくか、どちらかにしまして、議員があるがゆえの不明瞭な疑惑や疑心を招かない、そういう私は制度にしていくべきではないかというふうに感じております。これについてはですね、また委員会でも論議がされると思いますので、十分に刈谷市の倫理委員会の論議を踏まえながら、ぜひとも、今度の議員選挙を前にして、存分な論議をされるようお願いしまして、当局にはですね、国の範囲にとどまって、こういう妻や家族ですね、そういう人たちを除外したこと、また、預金の一部を除外したこと、そういうものについてどのように考えておられるか、検討の過程をお聞かせ願いたいと思います。



○議長(鈴木重明) 

 総務部長・・・



◎総務部長(清水逸男) 

 井上議員さんがおっしゃったとおりでございます。これは、あくまでも国の方の準則に基づいて制定したものでございます。したがって、今後、各市それぞれがこのような状況で進めておるというような状況でございますので、その情報を取りながら、どういう形で進めていくかということを今後検討してまいりたいと、このように思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(鈴木重明) 

 ほかに質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております本案は、総務福祉委員会へ付託いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第12、すなわち議案第45号土地の買入れについてを議題といたします。

 本案の朗読は省略し、直ちに当局より説明願います。

 経済環境部長・・・



◎経済環境部長(渡辺恒夫) 

 議案第45号土地の買入れについて、御説明を申し上げます。

 次のとおり土地を買い入れるものとするものでございまして、買入れの目的は、一般廃棄物最終処分場整備事業用地でございます。土地の所在地は、刈谷市泉田町丸ノ内5番1ほか42筆。面積は3万 3,089平方メートルであります。買入価格は14億 334万 676円で、坪当たりの用地単価は平均で約13万 5,900円であります。買入先は、刈谷市土地開発公社理事長青木くに雄であります。

 この案を提出したのは、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を得る必要があるからであります。

 なお、7ページ以降に位置図、詳細図、一時利用指定関係表が参考資料として添付してありますので、御参照の上、よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(鈴木重明) 

 ただいまの説明に対する質疑をお許しいたします。

 別に質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております本案は、経済環境委員会へ付託いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第13及び日程第14、すなわち議案第46号工事請負契約の締結について、及び議案第47号工事請負契約の締結についての2議案を一括して議題といたします。

 2議案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 下水道部長・・・



◎下水道部長(籠瀬清市) 

 議案書の10ページをお願いいたします。

 議案第46号工事請負契約の締結について、御説明をいたします。

 次のとおり工事請負契約を締結する、というものでございます。

 工事名といたしまして、前川2号下水路でございます。工事場所といたしまして、刈谷市小垣江町でございます。工事概要でございますが、延長が 148.1メートルでございます。管渠工といたしまして、管経 2,000ミリメートルの推進管を 140.4メートル、推進工法で敷設するものでございます。次に、人孔工といたしまして、特殊マンホール1カ所の築造でございます。請負契約金額は1億 6,119万 5,000円でございまして、これは予定価格に対しまして 98.47%でございます。なお、工期といたしましては 270日を予定いたしております。契約の相手方でございますが、刈谷市桜町3丁目3番地、サンエイ株式会社代表取締役神谷健安でございます。

 この工事は、小垣江駅周辺の浸水対策の一環として施工するものでございます。

 提案理由といたしまして、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を得る必要があるからでございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。

 続きまして、議案書の11ページをお願いいたします。

 議案第47号工事請負契約の締結について、御説明をいたします。

 次のとおり工事請負契約を締結するというものでございます。

 工事名といたしまして、都市下水路築造工事でございます。路線等の名称は、吹戸川下水路でございます。工事場所といたしまして、刈谷市東刈谷町でございます。工事概要として、延長が 545.4メートルでございます。管渠工といたしまして、管径 2,200ミリメートルの推進管を 285.4メートル及び管径 2,000ミリメートルの推進管を 251.7メートル、いずれも推進工法で敷設するものでございます。次に、人孔工といたしまして、特殊マンホール2カ所の築造でございます。請負契約金額は4億 1,715万円でございまして、これは予定価格に対しまして 98.78%でございます。なお、工期といたしまして 270日を予定いたしております。契約の相手方でございますが、刈谷市一里山町伐払 123番地、株式会社近藤組代表取締役近藤宗義でございます。この工事は、東刈谷町1丁目、3丁目及び末広町2丁目付近の浸水対策として施工するものでございます。

 提案理由といたしまして、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を得る必要があるからでございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願いいたします。



○議長(鈴木重明) 

 ただいまの説明に対する質疑をお許しいたします。

 別に質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております2議案は、建設委員会へ付託いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第15、すなわち議案第48号工事請負契約の締結についてを議題といたします。

 本案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 教育部長・・・



◎教育部長(三浦俊正) 

 議案書の12ページをお願いいたします。

 議案第48号工事請負契約の締結について、御説明申し上げます。

 次のとおり工事請負契約を締結するものということで、内容については、まず工事名、亀城小学校南舎大規模改造建築工事であります。2番目の工事場所につきましては、刈谷市城町1丁目25番地1であります。3番目の工事概要でありますが、まず面積は 4,422平方メートル。主な工事といたしましては、外壁改修工事、内壁改修工事、天井改修工事、床改修工事、屋根防水工事であります。4番目の請負契約金額は3億 1,106万円であります。なお、この金額は予定価格の 98.78%であります。また、工期は、契約の日から 240日間としております。契約の相手方につきましては、刈谷市司町9丁目45番地、白半建設株式会社代表取締役加藤恒治であります。

 提案理由は、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を得る必要があるからでございます。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(鈴木重明) 

 ただいまの説明に対する質疑をお許しいたします。

 29番井上和恵議員・・・



◆29番(井上和恵) 

 この亀城小学校の入札そのものということじゃないですけれども、入札一般にかかわることですけれども、今、こういう大きな事業については指名競争入札をしております。我々は、多くのその能力ある企業についてはいつでも参加できるように一般競争入札ということを提案してきたわけですけれども、やはり、時代がだんだんそのような方向に傾いてまいりまして、条件付き一般競争入札というかね、条件がつくけれども、今までのような指名競争入札の枠を越えて広く業者への門戸を開くという、そういう流れに全国的になってきましたし、刈谷もそういう方向でやっているわけですけれども、愛知県は全部そういう方向に今年度からいくということですね、情報として漏れ聞いております。その点で、刈谷市は今、どのように考えておられるかを伺いたいと思います。



○議長(鈴木重明) 

 市長公室長・・・



◎市長公室長(稲垣健允) 

 入札に関する御質問でございますけれども、昨年度につきましても、条件つきあるいは意向型ではございますけれども、入札の試行をしておる段階でございまして、この7年度も一般を二つぐらい、それから意向型は既に今回お願いをしておりますが、あと一般の制限つきを2件ぐらい予定をいたしております。

 今後の考え方でございますけれども、これは現在試行中でございますから、その結果を踏まえ、各市の状況も見ながら検討していくことになろうかと思います。試行結果を踏まえて検討させていただきますので、御理解をいただきたいと思います。



○議長(鈴木重明) 

 29番井上和恵議員・・・



◆29番(井上和恵) 

 刈谷市は試行試行ということで、非常に用心深くやられるということで、いろんな失敗を未然に防ぐという点では賢明なやり方だと思うわけですけれども、何でも、ほかのことは県の言うなりというか、右に倣えということで、上に倣えということでやってきているわけですけれども、今回、愛知県が、ことしはすべて条件は一部つけるけれども、一般競争入札の方向でいくんだという、そういう情報は聞いておりますか。また、そういうことについて、県の方がかなり大きな予算であり、いろんな事業の大きさも違う、大小さまざまであります。そういうところが、条件はつくけれどもすべてに公開していくと、そういう方向を打ち出したということについて、どういうふうに受けとめられておられるか。



○議長(鈴木重明) 

 市長公室長・・・



◎市長公室長(稲垣健允) 

 ただいま、県が全部という話は私も初めてお聞きするわけでございますので、ただ、県の場合は大変工事も多うございますし、県内にも、あるいは全国的な業者を対象にしてやるような工事が多いというふうに思っております。刈谷市の場合も、ある程度金額を決めて、大きなそういう方向でということで、今試行をしておるわけでございますから、そういった動きを見ながら、これから検討していくという段階でございますので、御理解をいただきたいと思います。



○議長(鈴木重明) 

 29番井上和恵議員・・・



◆29番(井上和恵) 

 そういう世論の流れは、当然そういう方向になっていくと思うわけです。名古屋市なんかですとね、既に、明らかに大手が受けても、下請に回すべき部門については一般競争入札をしておるわけです。一つ市営住宅を建てる場合ですね、塗装工事は一般競争入札、管工事は一般競争入札ということでやってきたわけで、非常に中小業者が仕事が公平に回ってくると、潤っていると、そういう名古屋市に対して、そういう好感を持って受けとめているわけです。

 刈谷市の場合も、やはり、明らかに業者が受けても下に回すべき、そういうものを分離発注で、かなり細かいところまで私は競争入札でやれると、現在やれるんじゃないかと、そういうことをかねがね思っておりますので、ぜひ、手始めとして、そういう金額についてそう大きくない。しかし、今の不況の時期にそれが一つ入ってくることによって営業が成り立っていくという、そういう子会社というか工事屋さんは多いわけですから、やはり、市民参加と平等、そういう立場から、私はそういう部門から、公開を、一般競争入札の制度を取り入れると、そういうことをぜひ実施していただきたいということを要望しておきます。

 以上です。



○議長(鈴木重明) 

 30番伊藤達夫議員・・・



◆30番(伊藤達夫) 

 議案第48号について、若干お尋ねをいたしたいと思います。

 常々私が議会でお願いしていることは、これからの建物そのものは変化に富んだ建物を建てていこうということをお願いをしてまいりました。これは大規模改造建築工事ということでありますが、今までどおりの建物に若干改造をするわけですが、変化に富んだ建物にするのか、どういうような建築をやられるのか、ちょっとお尋ねいたしたいと思います。



○議長(鈴木重明) 

 教育部長・・・



◎教育部長(三浦俊正) 

 お答えをしたいと思います。

 変化に富んだということに当たるかどうかわかりませんが、各教室を整備していきます。その内容ですと、例えばでありますが、図書室をパソコン教室にするだとか、あるいは音楽室をパートレッスン室という言葉を使っておりますが、そういうものも備えていく。あるいは、廊下は今まで、あれは塩ビのシートでありましたが、これをフローリングに変える。そんなような改善できるところは改善をし、それから、従来のいわゆる特別室と言っております相談室だとか会議室だとか理科室、こういったものを充実させる、使いやすくしていくと、こんなような、この機会に手を加えております。

 以上です。



○議長(鈴木重明) 

 30番伊藤達夫議員・・・



◆30番(伊藤達夫) 

 もう一つお願いしておきたいんですが、今聞き及びますところですと、内部を多少変えていくというふうに聞き取れたんですが、僕は申し上げたいことは、できれば平成小学校のようなね、あういう外壁関係も、それからここに屋根防水工事と入っていますが、屋根の補修じゃございませんので無理が言えないかなあと思うんですが、ああいうような屋根もカラーに富んだ、小学生が見るよりも、いろいろな方が見られて、あそこの平成小学校というのはきれいな学校だなと、子供たちが幸せだなあということをよく言われることがありますが、そういう、やはり外壁だとか屋根だとか、そういった外から見て、立派な学校だな、子供たちが喜んで通学している姿を見るときに、本当にいい学校だなあというような学校の建築をお願いしたいなと、改造をお願いしたいなということを要望しておきます。

 よろしくお願いします。



○議長(鈴木重明) 

 ほかに質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております本案は、文教委員会へ付託いたします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第16、すなわち議案第49号平成7年度刈谷市一般会計補正予算を議題といたします。

 本案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 総務部長・・・



◎総務部長(清水逸男) 

 それでは、予算本書の1ページをお願いいたします。

 議案第49号平成7年度刈谷市一般会計補正予算(第1号)について、御説明申し上げます。

 第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ 4,827万 1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ 428億 4,504万 8,000円とするものでございます。

 補正の内容につきましては、予算説明書で関係分を御説明いたしますので、説明書の7ページをごらんいただきたいと思います。

 まず、歳出から説明します。

 2款1項1目一般管理費で 110万 3,000円の補正でございますが、これは地震対策といたしまして、市庁舎の耐震調査委託料の補正をお願いするものでございます。今回、耐震調査を実施いたしますのは、昭和56年度以前に建設されたもので、原則として3階以上の建物を対象としておりますが、市営住宅、学校関係につきましては、建築年次、構造等により抽出して調査をいたすものであります。

 次に歳入でございますが、5ページをお開き願いたいと思います。

 3款1項1目の利子割交付金 4,000万円は、6年度の実績等により増収が見込まれますので、これを補正いたすものでございます。

 以上、よろしくお願い申し上げます。



○議長(鈴木重明) 

 市民部長・・・



◎市民部長(鈴木宏) 

 説明書の7ページをお願いいたします。

 2款1項12目市民会館管理費におきまして79万 8,000円の補正でございます。これは、市民会館ホールの耐震調査の委託料でございます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(鈴木重明) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(水藤義一) 

 続きまして、7ページをお願い申し上げます。

 歳出から御説明申し上げます。

 3款民生費1項社会福祉費のうちの1目社会福祉総務費で10万 5,000円の補正でございます。これは積立金でございまして、地域福祉基金積立金、2件寄付金がございましたので、お願いを申し上げます。

 続きまして、6目の福祉センター管理費で71万 9,000円の補正でございます。13節の委託料で71万 9,000円、福祉センター耐震調査委託料でございます。

 次のページで、2項児童福祉費で5目児童館費67万 8,000円の補正でございます。中央児童館耐震調査委託料でございます。

 次は、6ページをお願いいたします。

 歳入でございます。13款寄附金1項3目民生費寄附金で10万 5,000円でございます。社会福祉事業費寄附金でございます。若松町の右田満照様、愛知県東部街商協同組合刈谷支部から御寄附がございました。大変ありがとうございました。

 以上でございます。



○議長(鈴木重明) 

 経済環境部長・・・



◎経済環境部長(渡辺恒夫) 

 予算説明書の8ページをお願いいたします。

 7款商工費1項1目商工業振興費におきまして 1,227万 9,000円の補正をお願いをしております。また、13節委託料 227万 9,000円でございますが、これは傷みがひどくなってまいりました逢妻駅の自由通路の外壁を補修するために、JR東海に委託するものであります。19節負担金、補助及び交付金 1,000万円につきましては、緊急円高対策として、市内の中小企業者が愛知県の経済環境適応資金の融資を受けた場合にも、その信用保証料の一部を補助するものであります。

 次に、3目産業センター費におきまして10万円の補正でございますが、寄附金を充当いたしまして、産業センターの管理用備品を購入するものであります。

 6ページをお願いいたします。

 歳入でございます。13款寄附金1項6目商工費寄附金10万円の補正でございます。これは、愛知県建設組合連合刈谷支部からの御寄附をいただいたものであります。厚く御礼を申し上げ、関係分の説明を終わります。



○議長(鈴木重明) 

 建設部長・・・



◎建設部長(林尚) 

 9ページをお願いをいたします。

 歳出から御説明申し上げます。

 8款2項4目橋りょう維持費の補正額 500万円の計上でございます。内容といたしましては、緊急時における重要路線の交通及び輸送ルートの確保を図るために、住吉橋ほか10橋の橋梁補強設計を委託する経費といたしまして、 500万円をお願いするものでございます。

 10ページをお願いをいたします。

 6項1目住宅総務費補正額 1,008万 4,000円の計上でございます。内容といたしましては、愛知県が、人にやさしい街づくりの推進に関する条例が平成7年4月1日より施行されましたことに伴い、市町村も、この街づくりに関する施策を策定する委託料の必要な経費といたしまして 1,008万 4,000円をお願いするものでございます。

 次に、2目の住宅管理費 318万円の計上でございます。内容といたしましては、昭和50年以前に建築いたしました市営住宅の4団地を抽出いたしまして、耐震等の調査をするための委託料をお願いするものでございます。

 次に、歳入を御説明申し上げますので、5ページをお願いいたします。

 11款2項6目3節の住宅費県補助金 500万円でございます。これは、人にやさしい街づくり推進事業費補助金で、補助率2分の1でございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願いをいたします。



○議長(鈴木重明) 

 消防長・・・



◎消防長(早川守) 

 説明書の10ページをお願いをいたします。

 9款1項5目防災費でございます。補正額は 720万円です。11の需用費で 225万円。これは各家庭にお配りをいたします防災マップの作成費でございます。18節の備品購入費でございます。 495万円。これは防災用備品購入でございまして、組立水槽を購入するわけでございます。

 5ページをお願いをいたします。

 歳入でございます。

 11款2項7目消防費県補助金でございます。補正額は 291万 6,000円でございます。防災マップの作成委託費補助金2分の1でございまして、66万 6,000円でございます。

 次に、災害対策の資機材の購入費補助金でございます。補助率は2分の1で 225万円でございます。

 以上でございます。よろしくお願いをいたします。



○議長(鈴木重明) 

 教育部長・・・



◎教育部長(三浦俊正) 

 引き続きまして、11ページをお願いいたします。

 10款教育費のうち、関係分の御説明を申し上げます。

 2項小学校費1目学校管理費13節委託料で 266万 5,000円の補正をお願いしております。これは住吉小学校、東刈谷小学校、富士松北小学校のそれぞれの校舎の耐震調査を行うものであります。

 次に、3項中学校費1目学校管理費13節委託料で 190万 5,000円の補正をお願いしております。南中学校の校舎と東中学校、富士松中学校の体育館の耐震調査を行うものであります。

 よろしくお願い申し上げます。



○議長(鈴木重明) 

 生涯学習部長・・・



◎生涯学習部長(西口俊文) 

 関係分について御説明を申し上げます。

 12ページをお願いいたします。

 10款5項3目社会教育センター費59万 2,000円。これは社会教育センターの耐震調査委託料でございます。

 4目の図書館費78万 5,000円をお願いいたします。これは、城町分館の耐震調査委託料でございます。15万円につきましては、図書購入費でございます。御寄附をいただいております。

 それから、6項の保健体育費でございますが、3目体育施設管理費で 107万 8,000円をお願いするものでございます。これは体育館の耐震調査の委託料でございます。

 歳入の6ページをお願いをいたします。

 13款1項7目教育費の寄附金でございます。15万円でございます。これは刈谷ロータリークラブさんから御寄附をいただいたものでございます。この場でお礼を申し上げまして、説明にかえさせていただきます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(鈴木重明) 

 ただいまの説明に対する質疑をお許しいたします。

 別に質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 ただいま議題となっております本案は、議員全員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、この特別委員会に付託の上、審査することにいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木重明) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は議員全員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、この特別委員会に付託の上、審査することに決しました。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第17及び日程第18、すなわち請願第2号「介護手当ての増額」を求める請願及び、請願第3号「国民健康保険税を安くして」を求める請願の2請願を議題といたします。

 2請願の要旨につきましては、さきにお手元に配付いたしました請願文書表のとおりであります。

 2請願は、請願文書表に記載のとおり総務福祉委員会へ付託いたします。

 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。

 次の会議は、6月13日午前10時より再開いたします。

 本日は、これをもって散会いたします。

 なお、付託されました各議案の審査につきましては、さきに配付してあります会議日程により、それぞれ審査をお願いいたします。

                           午前11時18分 散会