議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 刈谷市

平成 3年  3月 定例会 03月05日−02号




平成 3年  3月 定例会 − 03月05日−02号







平成 3年  3月 定例会



議事日程第3号

                           平成3年3月5日(火)

                               午前10時 開議

日程第1 議案第23号 平成3年度刈谷市一般会計予算

日程第2 議案第24号 平成3年度刈谷市刈谷富士松土地区画整理事業特別会計予算

日程第3 議案第25号 平成3年度刈谷市刈谷半城土高須土地区画整理事業特別会計予算

日程第4 議案第26号 平成3年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計予算

日程第5 議案第27号 平成3年度刈谷市北刈谷第二土地区画整理事業特別会計予算

日程第6 議案第28号 平成3年度刈谷市下水道事業特別会計予算

日程第7 議案第29号 平成3年度刈谷市国民健康保険特別会計予算

日程第8 議案第30号 平成3年度刈谷市老人保健特別会計予算

日程第9 議案第31号 平成3年度刈谷市交通災害共済事業特別会計予算

日程第10 議案第32号 平成3年度刈谷市水道事業会計予算

日程第11 請願第1号 白内障の人工水晶体(眼内レンズ)の健康保険適用を求める意見書及び老人性白内障手術費支給事業の実施を求める請願

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

1 議案第23号 平成3年度刈谷市一般会計予算

2 議案第24号 平成3年度刈谷市刈谷富士松土地区画整理事業特別会計予算

3 議案第25号 平成3年度刈谷市刈谷半城土高須土地区画整理事業特別会計予算

4 議案第26号 平成3年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計予算

5 議案第27号 平成3年度刈谷市北刈谷第二土地区画整理事業特別会計予算

6 議案第28号 平成3年度刈谷市下水道事業特別会計予算

7 議案第29号 平成3年度刈谷市国民健康保険特別会計予算

8 議案第30号 平成3年度刈谷市老人保健特別会計予算

9 議案第31号 平成3年度刈谷市交通災害共済事業特別会計予算

10 議案第32号 平成3年度刈谷市水道事業会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(30名)

1番 小林益也君  2番 近藤 勲君

3番 杉浦世志朗君 4番 岡田正之君

5番 神谷貞明君  6番 長谷川稔明君

7番 長沢清之君  8番 渡辺公造君

9番 月脚治隆君  10番 水沢利雄君

11番 稲垣鍵一君  12番 加藤和義君

13番 石川良雄君  14番 伊藤直樹君

16番 遠藤時彦君  17番 宮田 鈞君

18番 鈴木重明君  19番 久野金春君

20番 深谷 甫君  21番 丹羽健一君

22番 近藤拓治君  23番 近藤天海君

24番 大島正三君  25番 本多耕三君

27番 伊藤達夫君  28番 井上和恵君

29番 深谷永二君  30番 神谷鋭治君

31番 酒井 博君  32番 野村彦次君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(1名)

15番 渡辺金也君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠員1

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため議場に出席した者(21名)

市長         角岡 与君  助役         青木くに雄君

収入役        宮田幸一君  教育長        近藤啓七君

市長公室長      野村正直君  総務部長       山岡種臣君

市民部長       加藤直樹君  福祉部長       小山栄俊君

経済環境部長     平山昭雄君  建設部長       五代忠夫君

都市開発部長     稲垣利彦君  水道部長       酒井幸雄君

消防長        江坂素一君  教育部長       野村一一君

富士松支所長     清水佑三君  市民会館事務局長   水藤義一君

農務課長       早川 守君  浄水管理事務所長   加藤 康君

消防課長       加藤孝弘君  中央図書館長     神谷明郎君

美術館長       鈴木輝夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員(7名)

議会事務局長     斎藤輝雄君

議会事務局長補佐   沢田万寿男君

庶務係長       鈴木哲雄君

議事係長       小林俊雄君

主査         加藤孝史君

書記         石川敏彦君

書記         神谷孝彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   午前10時00分 開会



○議長(神谷鋭治) 

 ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付いたしてあります議事日程表のとおりでありますので、御了承を願います。

 これより日程に入ります。

 日程第1から日程第10まで、すなわち議案第23号平成3年度刈谷市一般会計予算から議案第32号平成3年度刈谷市水道事業会計予算までの10議案を一括して議題といたします。

 10議案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 総務部長・・・



◎総務部長(山岡種臣) 

 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第23号平成3年度刈谷市一般会計予算について御説明をいたします。

 第1条は、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ335億4,823万2,000円と定めるものでございます。

 第2条は、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、第2表地方債によるもので、第3条は、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は5億円と定めるもので、第4条は、地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定めるもので、次のページを御参照いただきたいと思います。各項に計上した給料、職員手当等及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用でございます。

 9ページをごらんいただきたいと思います。

 第2表地方債でございますが、起債の目的は、都市計画事業を初め3事業で、限度額の合計は2億2,892万9,000円で、起債の方法、利率、償還の方法は、記載のとおりでございます。

 予算説明書の41ページを御参照いただきたいと思います。

 歳出でございます。

 1款1項1目議会費におきましては4億23万9,000円でございます。議員報酬、職員の人件費のほか、実績に基づいて計上してあります。

 47ページを御参照いただきたいと思います。

 2款1項1目総務管理費の関係分の主なものといたしまして、15節で庁内通信ネットワーク敷設工事費として、本庁舎、南庁舎に同軸ケーブルを敷設し、仕事量の増大に対応するものであります。このほか、公害測定室下倉庫等の改修工事費等を計上いたしております。18節で庁用備品として書庫の移動ラック購入費等を計上いたしております。

 50ページをお願いいたします。3目財政管理費は1億9,159万4,000円。財政管理に要する経費を、実績に基づいて計上をいたしました。

 4目会計管理費366万円は、出納事務の経費でございます。

 次のページをお願いいたします。5目財産管理費4,378万7,000円で、普通財産及び集中管理物品の管理経費等を、実績に基づき計上いたしました。

 56ページをお願いいたします。8目公平委員会費87万7,000円で、公平委員会関係経費でございます。

 60ページをお願いいたします。12目公会堂費は770万円で、十朋亭及び公会堂の管理経費でございます。

 64ページをお願いいたします。14目諸費1億941万8,000円で、主なものといたしまして、15節工事請負費で依佐美通信所周辺個別受信施設としてテレビアンテナの更新経費でございます。

 次のページ、2項1目賦課徴収費は6億1,970万1,000円であります。人件費のほか徴税に要する関係経費を計上してあります。

 71ページをお願いいたします。4項1目選挙管理委員会費は2,883万4,000円で、委員の報酬及び選管職員の人件費が主なものでございます。

 73ページをお願いいたします。2目愛知県議会議員一般選挙費は、平成3年4月29日任期満了に伴い執行する経費2,323万4,000円でございます。

 次のページをお願いいたします。3目市長・市議会議員一般選挙費は、平成3年7月19日任期満了となります市長及び平成3年7月27日任期満了となります市議会議員一般選挙の執行経費4,447万円でございます。

 次のページの4目金山揚水土地改良区総代総選挙費は、平成3年12月8日任期満了に伴う執行経費でございます。

 78ページをお願いいたします。6項1目監査委員費4,320万6,000円は、委員、職員の人件費等実績により計上をいたしました。

 199ページをお願いいたします。9款1項5目の防災費の関係、主なものを御説明いたします。次のページ200ページをお願いいたします。15節で新設小学校に避難場所標識設置工事といたしまして50万円を計上いたしております。

 253ページをお願いいたします。12款1項1目公債費元金は5億4,030万7,000円で175件の償還元金で、2目の利子は188件の未償還元金の利子等でございます。

 次のページをお願いいたします。13款1項1目土地開発基金費1,955万6,000円は、利子の積立金でございます。

 14款1項1目予備費は、前年同額1,000万円でございます。

 以上で、歳出関係分の説明を終わります。

 次に歳入でございます。7ページをお願いいたします。

 歳入の1款市税でありますが、前年度の実績、景気の動向並びに税制改正の影響を勘案、さらに、歳出において骨格的予算の編成等を考慮いたしまして238億3,312万9,000円を見込みました。前年度当初予算と比較いたしまして0.6%の増であります。

 税目別に説明をいたします。

 まず1項1目個人市民税は、所得金額の伸びを勘案いたしまして80億7,267万6,000円でございます。前年度当初比74%の増でございます。2目法人市民税は44億4,888万9,000円を見込みました。前年当初比26.4%の減となっております。

 2項1目固定資産税は、土地、家屋、償却資産を合わせて89億3,504万5,000円を見込みました。前年度当初比13.1%の増でございます。次のページをお願いいたします。2目国有資産等所在市町村交付金は1,140万6,000円てございます。

 3項1目軽自動車税8,220万8,000円で6%の増でございます。

 4項1目市たばこ税は6億8,178万8,000円で3.5%の増でございます。

 6項1目都市計画税は16億111万6,000円で、前年度当初比8.2%増を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。2款1項1目消費譲与税は、消費税の一部を人口割と一定の基準によりまして譲与されるもので、7億4,800万円を見込んでおります。

 次のページ、3款1項1目利子割交付金は、利子課税に対する交付金で、実績を勘案して9億6,363万6,000円を計上いたしました。

 次のページをお願いいたします。5款1項1目地方交付税、特別交付税で、前年実績を勘案いたしまして2,000万円を計上いたしております。

 18ページをお願いいたします。2項1目総務費国庫補助金5,365万円は、電波障害対策としてアンテナ更新経費に対する補助金であります。

 28ページをお願いいたします。10款3項1目総務費委託金のうち、2節徴税費委託金は2億4,432万4,000円、4節選挙費委託金は2,327万8,000円であります。

 30ページをお願いいたします。11款1項1目財産貸付収入3,448万6,000円で、実績により計上をいたしました。2目利子及び配当金のうち、市有物件配当金外3項目、2億458万4,000円が関係分でございます。3目償還金は344万円であります。

 次のページの2項1目不動産売払収入2,681万6,000円は、県道用地として売り払うものでございます。

 33ページをお願いいたします。14款1項1目繰越金は、前年同額1億円であります。

 次のページ、15款1項1目延滞金は2,243万円であります。

 2項市預金利子は4億8,000万円を計上いたしております。

 次のページ、4項雑入1目滞納処分費2万8,000円、2目雑入は県証紙売りさばき手数料41万円でございます。次のページ、3節金山揚水土地改良区総代総選挙費負担金は86万9,000円でございます。14節の雑入は、公衆電話手数料外13項目2,221万7,000円でございます。

 以上で関係分の説明を終わります。なお、264ページに継続費に関する調書、265ページに債務負担に関する調書、別冊に予算説明資料を添付いたしておりますので、御参照の上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(神谷鋭治) 

 市長公室長・・・



◎市長公室長(野村正直) 

 予算説明書の43ページをごらんいただきたいと思います。

 2款1項1目一般管理費でございますが19億6,896万5,000円でございますが、このうち人件費につきましては、特別職、市長公室、総務部、市民部の一部及び経済環境部の一部、出納室並びに監査事務局の職員196人分の人件費が、2節、3節、4節に組み込まれておりますので、よろしくお願いをいたしたいと思います。

 このほか市長公室に関係のございます事業の主なものでございますが、まず国際交流振興事業といたしまして、友好協会への補助金等を含めまして1,132万9,000円を19節ほか関係各節に計上をさせていただきました。それから、カナダ・ミササガ市との姉妹提携の10周年記念事業等に必要な費用148万5,000円を、関係各節に計上させていただきました。

 それから、庁舎玄関付近に国際交流コーナーを設置する事業費といたしまして380万円を18節に計上させていただきました。さらに、職員の研修事業といたしましては、海外派遣研修、政策決定管理者研修を初め7部門、98項目に係る研修事業費1,800万8,000円を、9節ほか各関係各節に配分計上させていただきました。その他につきましては、前年の実績に基づきまして計上させていただきました。

 次に49ページ、2目広報宣伝費をごらんいただきたいと思います。広報宣伝費につきましては1億4,051万9,000円でございまして、その事業の主なものといたしましては、ビデオ広報刈谷制作委託料といたしまして600万円を13節に、また、新たに地区委員の送達箱の設置事業費といたしまして83万7,000円を11節に計上させていただきました。その他につきましては、前年の実績に基づいております。

 次に53ページ、6目企画費をごらんいただきたいと思います。6目企画費につきましては2,566万7,000円でございます。その事業の主なものといたしましては、総合計画の改定準備事業費といたしまして1,533万7,000円を関係各節に、地域情報化推進計画、テレトピア計画でございますが、この策定事業費といたしまして597万2,000円を19節に計上させていただきました。その他につきましては、前年の実績で計上させていただきました。

 次に76ページ、5項統計調査費をごらんいただきたいと思います。

 1目の統計調査総務費でございますが616万8,000円でございます。今回主なものといたしまして、専任調査員の制度が確立をいたしましてから20周年を記念いたしまして、その記念大会の事業費といたしまして67万6,000円を関係各節に計上させていただきました。その他につきましては、前年の実績で計上いたしました。その次に、2目の指定統計費でございますが803万7,000円でございます。主なものといたしまして、事業所統計調査事業費といたしまして399万1,000円、そして商業統計調査事業費といたしまして245万1,000円、それぞれ各節に配分計上いたしました。その他につきましては、前年度実績に基づきまして計上いたしました。

 次に歳入につきまして御説明申し上げます。

 23ページ、10款2項1目をごらんいただきたいと思います。

 10款2項1目総務費県補助金でございますが、1節におきまして企画費県補助金26万9,000円が関係分でございます。内容は説明欄のとおりでございます。

 次に28ページをごらんいただきたいと思います。3項委託金の1目総務費委託金でございますが、このうち関係分といたしまして1節の企画費委託金21万1,000円、関係分でございます。それから、四つ飛びまして5節の統計調査費委託金、このうち1,136万2,000円でございますが、愛知県物価統計調査委託金外4項目にわたる委託金でございます。説明は説明書のとおりでございます。

 次に、30ページの11款1項2目をごらんいただきたいと思います。11款1項2目利子及び配当金のうち、1節利子及び配当金でございますが、次のページの上から2行目国際交流振興基金積立金利子1,132万9,000円が関係分でございます。次に37ページをごらんいただきたいと思います。14節雑入でございますが、このうち防寒服購入費本人負担金初め5項目63万4,000円が関係分でございまして、節の中で御説明することを省略させていただきます。なお、本説明書の255ページ以降に、一般会計給与費明細書を添付してございますので、御参照の上よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(神谷鋭治) 

 市民部長・・・



◎市民部長(加藤直樹) 

 関係分について御説明をさせていただきます。予算明細書の43ページをお願い申し上げます。

 2款1項1目の一般管理費の関係でございますが、このうち市民部の関係が8,251万3,000円でございます。内容につきましては、富士松支所及び市民相談室の職員の人件費のほか、市民相談室の事務に要します年間諸経費を、前年度の実績に基づきまして、2節から19節の関係各節に計上させていただいたものでございます。

 続きまして、54ページをお願い申し上げます。2款1項7目の支所費の関係でございます。本年度予算額1,221万2,000円でございますが、富士松支所の年間諸経費を実績に基づいて計上いたしております。そのうち、殊に臨時的なものといたしましては、印鑑の登録証をビニール製のものに取りかえてまいります経費を11節に50万円、また18節におきましてマイクロフィルム検索機と防湿用の替え用のケース1台を購入する経費26万円を計上させていただきました。

 続きまして、56ページをお願い申し上げます。2款1項10目の市民会館管理費の関係でございます。本年度予算額は3億6,552万2,000円で、前年に比較をいたしまして1億6,603万5,000円の増となっておりますが、この主なものといたしましては、まず11節におきまして冷温水機の補修及びホールのサッシの塗装で816万円、それから15節の工事費におきまして、ホリゾン塗膜の取りかえと、現在地下にございます食堂を、利用者の便や衛生面等を考慮いたしまして、1階の西側に移設をいたします工事費、そのほか音響設備の改修費等々1億8,650万円をお願いいたしております。また18節におきましては、事務用の机あるいはキャビネット、監視用のカメラ等、いわゆる管理用備品の購入費507万円が主な内容となっております。

 続きまして、59ページをお願い申し上げます。11目の市民会館事業費の関係てございます。これにつきましては、平成3年度に実施をいたしますところの有料5回、無料5回分の事業に要します経費を、各節に計上させていただいたものでございます。

 続きまして、65ページをお願い申し上げます。65ページの14目諸費の中の23節、一番下欄の方でございますが、2款1項14目の2節償還金の利子及び割引料の中に、税外収入過年度還付金といたしまして市民会館の分10万円、それから青山斎園の分として27万3,000円を含んでおるわけでございます。よろしくお願いいたします。

 次に、68ページをお願いを申し上げます。

 3項1目の戸籍住民基本台帳費についてでございます。本年度予算額は2億1,892万3,000円でございまして、この主なものといたしましては、市民課の人件費のほか出張所あるいは市役所の夜間窓口業務に必要な経費1,215万5,000円を13節に、また臨時的な経費といたしましては、18節に印鑑登録証のケースの作成費100万円。それから、18節の備品購入費の中で自動認証機、レジスター及び8年目を迎えまして老朽化が目立ってまいりました霊柩車の更新をいたします経費の分といたしまして、合わせて991万4,000円を計上いたしたものでございます。

 続きまして、86ページをお願いを申し上げます。

 3款1項1目28節の繰出金の関係でございますが、この中に国民健康保険会計への繰出金2億500万4,000円でございます。それから、次にすぐ下の欄でございますが国民年金費でございます。本年度予算額は9億5,512万7,000円でございますが、主なものといたしましては、11節の印紙購入費9億4,072万8,000円と、臨時的な経費といたしまして、検認率を高めるための年金制度の啓発あるいは未納対策に必要な経費、これを338万6,000円を関係各節に計上させていただいております。

 次に120ページをお願い申し上げます。

 4款1項1目の保健衛生総務費でございますが、本年度予算額は13億3,754万4,000円でございまして、対前年度で10億641万6,000円の増となっております。以下、主なものといたしましては、まず11節で保健センターの便所の改修費、これが400万円。それから18節におきまして業務車を更新をいたします経費97万3,000円でございます。それから19節でございますが、これは説明欄のとおり救急業務や夜間診療業務の負担金を計上いたしております。また、投資的なものといたしまして、投資あるいは臨時的なものといたしまして、刈谷総合病院の補助金1億1,518万8,000円、臨床センターの検査設備の整備補助金1,000万円及び看護学校の建設補助金、これが10億4,000万円を計上させていただいております。そのほかは保健センターの年間の管理運営に要します経費を、実績に基づいて計上いたしたものでございます。

 続きまして、123ページをお願い申し上げます。2目の母子衛生費の関係でございます。予算額は1,185万6,000円でございますが、これは乳児の健康診査及びよい子の歯のコンクール、そのほか栄養強化事業に要します経費を、実績を勘案いたしまして計上させていただいたものでございます。

 続きまして、次のページの124ページでございますが、3目の成人病予防費におきまして、予算額は9,028万3,000円でございます。主なものは、13節の委託料で、成人病健康診査委託料4,507万5,000円。そのほか胃がん、肺がん、乳がん、子宮がん等の検診委託料2,312万4,000円と、簡易人間ドックの検査委託料579万3,000円等でございます。

 それから、4目の予防費でございます。予算額は6,176万1,000円でございまして、この主なものといたしましては、ポリオ、三種混合、そのほかツベルクリン、BCG等々、各種の予防接種の実施に要します経費を、実績に基づいて計上させていただいたものでございます。

 それから、5目の隔離病舎費の関係でございますが、予算額294万4,000円でございます。ほぼ前年と同額で、伝染病患者3人分の措置費と施設管理に要します経費を、委託料として計上させていただいたものでございます。

 次に6目の環境衛生費についてでございますが、本年度予算額790万1,000円でございます。本年度は、臨時的な経費といたしまして、18節の備品購入費におきまして、動力煙霧ミスト機、これを5台購入する経費220万円をお願いいたしております。そのほかは、環境衛生事業に必要な経費を、実績に基づいて計上いたしたものでございます。

 続きまして、すぐ下の斎園費についてでございます。本年度予算額は5,570万5,000円でございまして、これは青山斎園の人件費のほか火葬施設、待合施設、斎場等の管理運営に必要な経費を計上いたしたものでございます。このうち臨時的なものといたしましては、11節の修繕料で日本間の畳の表替えをする経費、これが50万円。それから、15節の工事費におきまして、老朽化をいたしました庭園の門扉の改修費170万円を見込ませていただいております。

 以上が歳出でございます。

 続いて、歳入について御説明を申し上げます。

 14ページをお願い申し上げます。8款1項使用料1目総務使用料の中の3,877万円。このうち3,823万円が関係分でございます。1節の市民会館使用料におきまして3,699万円、3節の戸籍住民基本台帳使用料124万1,000円、これが関係分で、内容は説明欄のとおりでございます。

 それから、3目の衛生使用料772万1,000円。これは斎園の使用料でございます。

 続きまして、16ページをお願い申し上げます。一番上の欄の8款2項1目の総務手数料4,006万9,000円のうち1節の関係、戸籍住民基本台帳手数料の関係でございまして3,420万7,000円。説明欄のとおりでございます。

 それから、17ページへいきまして、9款1項民生費国庫負担金でございます。1節の社会福祉費の国庫負担金、この中の7行目、保険基盤安定負担金1,250万2,000円が関係分でございます。

 それから、18ページをお願いを申し上げます。2目の衛生費国庫負担金1,438万4,000円でございます。これは老人保健事業費の負担金、それから市町村保健対策推進事業の負担金、それぞれいただくものでございます。

 それから、次のページへまいりまして、2項3目の衛生費国庫補助金の関係でございます。1節の保健衛生費国庫補助金982万6,000円のうち、上欄の市町村保健活動費交付金519万6,000円が関係分でございます。

 続きまして、21ページをお願いを申し上げます。3項1目の総務費委託金のうち、2節の関係で戸籍住民基本台帳費委託金164万6,000円でございます。内訳は説明欄のとおりでございますのでお願いを申し上げます。

 それから、2目の民生費委託金。このうち1節の国民年金事務委託金4,605万3,000円が関係分でございます。

 続きまして、22ページをお願い申し上げます。

 10款1項2目の衛生費県負担金1,416万9,000円でございます。これは老人保健事業の負担金、伝染病予防費の負担金、それぞれ説明欄のとおりでございます。

 続きまして、25ページをお願い申し上げます。3目の衛生費県補助金1,915万4,000円のうち1,202万9,000円が関係分でありまして、内容につきましては、休日診療所の運営補助金を初め7項目でございまして、次ページの2行目及び3行目を除いた部分ということになっております。

 続きまして、28ページをお願い申し上げます。

 10款3項1目総務費委託金のうち、3節戸籍住民基本台帳費委託金23万7,000円が関係部分でございます。内容は説明欄のとおりでございます。

 続きまして、3目の衛生費委託金314万1,000円でございます。説明欄の一番上の犬の登録事務市町村交付金が関係分でございます。

 続きまして、35ページをお願い申し上げます。15款4項雑入の関係でございます。1枚めくっていただきまして、2節の市民会館事業収入3,177万2,000円。これにつきましては説明欄のとおりでございます。それから、4節の国民年金印紙売りさばき手数料849万1,000円でございます。それから、8節の予防接種徴収金337万円でございますが、これは予防接種の自己負担金でございます。それから、14節の雑入の関係でございますが1億8,424万1,000円のうち、市民部の関係につきましては、老人の健康診査個人負担金を初めといたしまして12件で705万8,000円を含んで計上させていただいております。

 以上でございます。よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(神谷鋭治) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(小山栄俊) 

 それでは、80ページをお願いいたします。

 3款1項1目社会福祉総務費は20億1,969万8,000円でございまして、福祉課、児童援護課、保険年金課の関係職員の人件費のほか、主なものといたしまして、次のページの11節需用費の印刷製本費で身体障害者のガイドマップ、福祉のしおりを印刷いたします。次の12節役務費で身体障害者福祉電話・ファックス等設置料42万3,000円を計上しております。次の82ページの13節委託料のうち、下の方でございますが、家庭奉仕員派遣事業委託料30人分5,228万5,000円を計上しております。次のデイ・サービス事業委託料1,506万6,000円で、これは社会福祉法人観寿々会に委託するものでございます。このデイ・サービスセンターは、開所は8月を予定しております。なお、収容事業については5月を予定しております。それから、次のページの18節備品購入費で、自動車購入費のうちデイ・サービスセンター用のマイクロバス1台を購入することになっております。次の19節負担金、補助及び交付金のうち84ページをお願いいたしますが、中ほどに高齢者能力活用事業補助金3,538万5,000円は、刈谷市シルバー人材センターに補助するものでございます。それから、福祉ボランティアの町づくり事業補助金として240万は社会福祉協議会に補助するものでございます。次の扶助費でございますが、そのうち一番下にねたきり老人見舞金1,140万円でございます。寝たきり老人の見舞金を月額4,000円から月額5,000円に改定いたします。それから、次のページの、これまた下の方でございますが、ねたきり老人等介護者手当1,206万円を計上しております。寝たきり老人、痴呆老人に月5,000円の手当を支給いたします。幼児医療扶助費325万5,000円は、1歳、2歳児の入院費を支給いたすものでございます。24節の投資及び出資金44万7,000円は、愛知県が新しく設置する長寿社会振興協会に出捐するものでございます。次の86ページをお願いいたします。86ページの28節の繰出金で、老人保健会計に2億6,078万7,000円を繰り出しをいたします。

 次のページの3目老人ホーム費は1億961万7,000円でございます。刈谷市老人ホームの管理運営に必要な人件費、事業費等を、実績に基づき計上しております。

 それでは、90ページをお願いいたします。90ページ、4目福祉センター管理費1,849万9.000円でございますが、これは青葉福祉センターの管理運営に要する経費でございます。

 次のページの5目老人福祉センター費101万1,000円は、青葉老人センターの管理運営に要する経費でございます。

 次のページをお願いいたします。6目は精神薄弱者通所授産施設費で8,929万8,000円でございます。すぎな作業所の管理運営に必要な人件費、事業費で、昨年の実績に基づき各節に計上しております。特に、次の94ページで、18節備品購入費といたしまして、指導用備品でCDラジカセを購入することにしております。

 次のページの95ページでございますが、7目精神薄弱者通所更生施設費で7,458万8,000円でございます。くすのき園の管理運営に必要な人件費、事業費を、実績に応じて計上してございます。

 97ページをお願いいたします。97ページの下の方でございますが、8目心身障害者福祉会館管理費4,143万4,000円でございます。会館の管理運営に必要な事業費でございます。主なものといたしましては、99ページをお開きいただきたいと思います。99ページの13節委託料でございます。一番下に心身障害者文化活動事業委託料として、作品展をするため16万3,000円を計上してございます。次のページをお願いいたします。15節工事請負費では110万円で、給茶器の設置工事をいたします。

 次の101ページをお願いいたします。2項児童福祉費の関係でございます。まず1目児童福祉総務費でございますが、児童福祉関係職員の人件費と児童福祉に要する経費を、実績に応じて計上してございますが、103ページをお願いいたします。103ページの備品購入費といたしまして、業務車1台を購入する予定にしております。それから、一番下の20節扶助費でございます。このうちで遺児手当、児童手当を計上してございます。

 次の104ページをお願いいたします。104ページの2目母子寮費でございます。青葉母子寮の管理運営に要する経費を計上しております。

 次のページの下の方で、3目保育園費10億2,623万2,000円でございます。公立保育園8園分の管理運営に要する人件費、事業費等でございます。主なものとして、108ページをごらんいただきたいと思います。108ページの一番上でございますが、実施設計委託料1,150万円といたしまして、仮称ではございますが、かりがね保育園の新設のために実施設計をいたすものでございます。用地については既に取得済みでございます。それから、次の15節工事請負費でございます。そのうち駐車場整備工事費として252万4,000円でございますが、これは10保育園の駐車場を整備するものでございます。土地は借地でございます。それから、保育園の外壁等塗装工事費で2,100万円計上してございます。2園分予定しております。次のページに入りまして、17節で公有財産購入費9,786万8,000円は、双葉保育園の駐車場用地の購入でございます。

 それから、次のページの4目精神薄弱児通園施設費でございます。8,743万5,000円でございまして、しげはら園の管理運営に要する経費でございます。

 次は112ページをお願いしたいと思います。5目で児童館費1億548万1,000円でございます。中央児童館、青葉児童館の管理運営に要する人件費等でございます。

 次は118ページをお願いいたします。3項生活保護費でございます。1目の事業費として162万8,000円でございます。生活保護に要する事務費でございます。昨年の実績に応じて計上しております。

 次のページの2目扶助費は2億3,917万9,000円でございます。生活保護に要する扶助料でございます。昨年の実績に応じて計上してございます。

 次の4項1目で災害救助費900万円は、昨年と同額の計上でございます。

 それでは、歳入を御説明いたします。13ページをお願いいたします。

 7款1項1目民生費負担金でございます。1節において身体障害者措置負担金536万8,000円は、身体障害者施設入所者の措置負担金でございます。2節の精神薄弱者措置負担金は733万7,000円でございます。精神薄弱者の施設入所者の負担金でございます。3節の保育所措置負担金は2億2,517万8,000円で、保育園の保護者の負担金でございます。保育料については、基準額表の改定とアップは行っておりません。それから次のページ、14ページをお願いいたします。5節では老人ホームの措置負担金で4,736万円でございます。各種老人ホームの入所者の負担金でございます。

 次に8款1項2目民生使用料でございます。そのうち2節児童館の使用料72万4,000円は、プラネタリウムの観覧料でございます。

 それでは、16ページをお願いいたします。16ページの2目民生手数料のうち1節社会福祉手数料203万1,000円。老人短期保護の手数料でございます。

 次の17ページをお願いいたします。9款1項1目民生費国庫負担金でございます。1節において社会福祉国庫負担金で、関係分は2億4,497万5,000円でございます。この説明欄の下から二つ目の保険基盤安定負担金を除いてが関係分になりますが、保護に要する国庫の負担金でございます。次の18ページをお願いいたします。2節で児童福祉費国庫負担金は2億554万2,000円でございます。説明欄に記載のとおりでございます。手当、保育園等の国の負担分でございます。3節で生活保護費国庫負担金は1億7,920万6,000円でございます。

 次のページ、19ページの2目民生費国庫補助金でございます。1節で社会福祉費国庫補助金は、高齢者労働能力活用事業費等補助金を初め10事業が関係分でございます。特に、この下のデイ・サービス事業費補助金が国からまいる補助金でございます。2節で生活保護費国庫補助金は36万3,000円でございます。

 次の21ページをお願いいたします。3項2目で民生費委託金でございます。そのうち児童福祉費委託金は506万5,000円でございます。児童関係手当の国からの委託金でございます。

 次の22ページをお願いいたします。10款1項1目民生費県負担金でございます。まず1節で社会福祉費県負担金806万2,000円は、老人保護費措置負担金てございます。2節の児童福祉費県負担金は8,765万8,000円でございます。説明欄に記載のとおりでございます。3節の生活保護費県負担金は603万3,000円でございます。4節の災害救助費県負担金は337万5,000円でございます。

 次の23ページでございますが、2目の民生費県補助金でございます。まず1節の社会福祉費県補助金は2億4,197万7,000円でございます。このページの説明欄及び次をめくっていただき、24ページ、そして25ページの中段までがすべて関係分でございます。県の補助金事業でございます。特に、24ページの一番下、デイ・サービス事業補助金が計上されてございます。それから、次のページの中段でございますが、身陣者福祉ガイドマップ作成事業補助金、身障者福祉電話・ファックス設置事業補助金等が新規計上でございます。次の児童福祉費県補助金5,414万7,000円でございます。産休代替保母等賃金補助金初め11事業で説明欄のとおりでございます。

 次は28ページをお願いいたします。28ページの3項2目民生費委託金でございます。そのうち、1節社会福祉費委託金22万1,000円、県事業の委託事務費でございます。2節では児童福祉費委託金11万1,000円、遺児手当事務委託金であります。

 次は30ページをお願いいたします。30ページの11款1項2目利子及び配当金のうち、説明欄で4番目の社会福祉基金積立金利子は402万2,000円でございます。

 次に、36ページヘ飛んでいただきたいと思います。36ページの雑入のうち、6節で老人ホーム措置収入を計上しております。8,004万5,000円でございます。それから、14節の雑入のうち、下から5行目、6行目で精神薄弱者すぎな作業所措置収入132万8,000円、すぎな作業所作業収入957万9,000円等を主なものといたしております。

 以上でございます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(神谷鋭治) 

 暫時休憩いたします。

                           午前10時55分 休憩

                           午前11時10分 再開



○議長(神谷鋭治) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 経済環境部長・・・



◎経済環境部長(平山昭雄) 

 関係分について御説明申し上げます。予算説明書の61ページをお開きいただきたいと思います。

 2款1項13目交通安全対策費1億957万3,000円の計上でございまして、交通事故の抑止対策及び駅前放置自転車の指導に関する経費でございまして、その主なものといたしまして、次のページをお開きいただきたいと思いますが、13節の委託料におきまして、放置自転車整理委託料。それから15節の工事請負費におきまして防犯灯、道路安全灯、通学路標識等、工事請負費といたしまして2,946万6,000円の計上でございます。それから、次のページをお開きいただきたいと思いますが、28節の繰出金で1,469万2,000円。交通災害共済事業会計への繰出金でございます。

 次に115ページをお開きいただきたいと思います。

 3款2項6目交通児童遊園費でございますが1億628万2,000円でございます。次のページをお開きいただきたいと思います。交通児童遊園の管理運営に要する経費でございまして、人件費のほか11節におきましてグレードポセイドン運転ボックスの修繕、サイクルモノレールの修繕等大型遊具の補修費に要する経費1,100万円。それから、15節におきまして、園路のカラー舖装等の経費600万円。それから、18節におきまして事業用備品の購入費といたしまして、ゴーカートの更新に要する経費、それから施設用備品の購入に要する経費、合計940万円を計上しておるわけでございます。それから、委託料といたしまして、都市施設管理協会の委託料3,319万2,000円を計上いたしております。

 次に131ページをお開きいただきたいと思います。4款1項8目公害対策費5,759万3,000円の計上でございます。公害の未然防止、環境保全と快適な環境づくりに要する経費といたしまして、人件費のほか主なものといたしまして、19節におきまして生活排水対策としての合併処理浄化槽設置整備費補助金1,788万円。それから、河川の水質汚濁を防止するための生活排水対策実践事業に要する経費、大気汚染の調査に要する経費をそれぞれ各節に計上しております。

 次に133ページをお開きいただきたいと思います。2項1目清掃センター費でございます。3億5,847万9,000円の計上でございます。清掃センターの管理運営に要する経費で、人件費のほか主なものといたしまして、次のページをお開きいただきたいと思います。工事費といたしまして、管理棟の外壁塗装工事費700万円。それから17節の公有財産購入費、これは旧刈谷知立環境組合の跡地でございまして5,356平方メートルの用地の購入費2億8,172万6,000円でございます。それから18節の備品でございますが、管理用備品の購入費をそれぞれ計上いたしております。

 次に136ページをお開きいただきたいと思います。2目のごみ収集費でございます。4億7,193万7,000円の計上でございます。ごみの収集に要する経費で、人件費のほか主なものといたしまして、ごみの減量化とごみ資源の再利用を促進するため、資源ごみ回収奨励報償金交付事業といたしまして732万円。それから、不燃物の分別収集を実施するための路線収集に要する経費1,143万1,000円。それから、委託料の最下段にございます粗大ごみの収集業務委託料といたしまして、これは不燃物の路線収集地区の粗大ごみの収集に対する委託料でございます。それから、18節でごみ収集車の更新用として1台の購入費620万7,000円でございます。それから、最下段にあります3目のし尿収集費でございますが1億3,879万6,000円でございます。し尿の収集に要する経常的な経費でございます。前年の実績を勘案して計上しております。

 次のページをお開きいただきたいと思います。4目の廃棄物処理費13億4,524万8,000円でございます。これは収集したし尿及びごみの処理に要する経費でございまして、人件費のほか主なものといたしまして、次のページをお開きいただきたいと思います。昨年9月議会で、債務負担行為として議決をいただきました廃棄物の環境影響評価委託料1,068万2,000円。それから発掘処理委託料、ごみの埋立場の延命策を図るための費用でございます。5,958万6,000円。それから、15節におきまして、埋立場のごみ選別装置整備工事費といたしまして5,100万円。それから、し尿の関係の貯留槽の防蝕補修工事、し渣焼却・前処理機補修工事費、脱硫塔の補修工事費をそれぞれ計上しております。また、不燃物の埋立場のフェンスの整備工事費として330万円、それぞれ計上しております。18節におきましてショベルローダー1台640万。ごみ処理収集車購入費、4トン車でございますが860万を、それぞれ計上いたしております。さらに19節におきまして、刈谷知立環境組合分担金として8億9,462万5,000円の計上でございます。

 次のページをお開きいただきたいと思います。3項1目上水道施設費2億6,500万円でございますが、これは水道事業会計への出資金でございます。

 次に、5款1項1目労働諸費でございますが8,589万6,000円の計上でございます。労働者の福祉及び雇用対策に要する経費でございまして、その主なものといたしましては、15節でかりや荘の消防設備改修工事費460万。それから、13節におきましてかりや荘の管理委託料2,560万7,000円。それから、21節におきまして勤労者住宅及び土地資金貸付預託金5,000万円の計上でございます。

 それから、次に6款1項1目農業委員会費でございますが3,986万5,000円の計上でございます。農業委員会の運営に要する経費で、人件費のほか主なものといたしまして、土地利用型農業経営規模拡大促進事業といたしまして146万8,000円が各節に計上してございます。

 次のページをお開きいただきたいと思います。2目の農業総務費でございますが2億4,294万9,000円の計上でございます。農務課及び土地改良課職員の人件費のほか、主なものといたしまして、次のページをお開きいただきたいと思いますが、19節におきまして衣浦東部農業共済事務組合負担金といたしまして989万9,000円、衣浦東部農業共済事務組合損害防止事業負担金1,468万3,000円。それから25節におきまして、農業共済基金積立金395万5,000円、水田農業確立特別対策基金積立金96万円の計上でございます。

 次に、3目の農業振興費でございますが3,032万7,000円の計上でございます。農業振興を図るための経費で、その主なものとしては、水田農業確立対策推進事業費992万1,000円。水田農業確立特別対策基金を取り崩して、転作の円滑な推進と水田の多目的な利用を通じて米の消費拡大等に要する経費946万1,000円。さらに19節におきまして、麦、大豆の集団化、指定野菜産地の育成、良質米の推進などにより農業振興を図るための補助金428万7,000円を計上しております。1枚はねていただきまして、4目の畜産業費でございます。248万2,000円。家畜の防疫に要する経常的な経費でございます。

 次に153ページをお開きいただきたいと思います。7款1項商工業振興費3億648万3,000円の計上でございます。商工業の振興を図るための経費と、人件費のほか主なものといたしまして、19節に商業団体が行う刈谷市駅前アーケード改装など共同施設事業及び桜まつり、七タまつりなどの共同装飾事業の補助金700万8,000円。商業団体の街路灯等電灯料補助金567万6,000円。それから、商工業振興資金の融資に伴う信用保証料補助金1,437万7,000円。それから、21節といたしまして、商工業振興資金貸付預託金1億9,000万円の計上でございます。

 次に2目の観光費でございます。5,059万2,000円の計上でございます。観光事業に要する経費で、主なものといたしまして、桜まつりの開催事業費1,229万5,000円、市民納涼の夕ベの開催事業費1,200万円、それぞれ各節に計上しております。次のページをはねていただきます。158ページに、刈谷市民まつり開催補助金として、新たに2,000万円を計上いたしております。

 それから、3目の産業センター費1,224万4,000円の計上でございます。産業センターの管理運営に要する経費で、人件費のほか主なものといたしまして、浄化槽の撤去及び排水設備工事として15節に334万円の計上でございます。

 以上、関係分の主な事業について御説明申し上げましたが、その他の経費につきましては、いずれも前年度の実績を勘案して、それぞれ計上いたしております。

 引き続いて歳入の関係で、15ページをお開きいただきたいと思います。

 8款1項2目民生使用料のうち、関係分4,080万円でございまして、3節の交通児童遊園遊具使用料4,080万円でございます。一つ飛びまして4目の商工使用料でございます。1節の店舖使用料210万2,000円、説明欄に記載のとおりでございます。2節の産業センター使用料6万円でございます。

 次のページをお開きいただきたいと思います。2項3目の衛生手数料1億520万8,000円でございます。1節の廃棄物処理手数料としてごみ処理手数料、し尿処理手数料、廃棄物処理業者許可手数料、合わせまして1億520万8,000円でございます。

 その次の欄の商工手数料でございますが、1節の商工手数料、営業証明の手数料といたしまして13万2,000円の計上でございます。

 次のページをお開きいただきたいと思います。9款2項3目の衛生費国庫補助金でございますが、関係分463万円の計上でございまして、1節の説明欄下段にございます合併処理浄化槽設置整備事業費補助金463万円の計上でございます。

 23ページをお願いいたします。10款2項1目総務費県補助金のうち、関係分が380万1,000円でございまして、2節の交通安全対策費県補助金といたしまして、交通指導員設置費補助金、交通安全対策推進事業費補助金、交通安全教育指導者等補助金、計380万1.000円でございます。

 25ページをお開きいただきたいと思います。3目の衛生費県補助金でございまして、関係分が712万5,000円でございまして、はねていただきまして、上から2段目の快適環境整備促進事業費補助金、合併処理浄化槽設置費補助金、合わせまして712万5,000円でございます。

 次に4目の農林水産業費県補助金でございますが、関係分が1,230万3,000円でございます。1節の農業委員会費県補助金670万9,000円。それから2節の農業振興費県補助金559万4.000円。説明欄に記載のとおりでございます。

 次に5目の商工費県補助金でございますが141万7,000円でございまして、1節におきまして、商業団体街路灯等電灯料補助金141万7,000円の計上でございます。

 次に29ページをお開きいただきたいと思います。3項3目の衛生費委託金314万1,000円のうち関係分34万1,000円でございまして、1節の説明欄2段目の公害防止条例施行費交付金、地下水位調査委託金、合わせまして34万1,000円の計上でございます。

 次に4目の農林水産業費委託金137万4,000円の計上でございます。1節の農業費委託金といたしまして136万8,000円の計上でございます。説明欄に記載の3事業に対する委託金でございます。2節の畜産業費委託金といたしまして6,000円。家畜伝染病予防事務費交付金でございます。

 次のページをお願いいたします。11款1項2目利子及び配当金の関係分といたしまして491万5,000円でございまして、説明欄の下の方の二つでございまして、農業共済基金積立金利子、それから水田農業確立特別対策基金積立金利子、合わせまして491万5,000円の計上でございます。

 次のページをお願いいたします。12款1項2目総務費寄附金、1節の総務管理費寄附金でございますが、交通安全対策事業費寄附金、科目の設定でございます。

 次に13款1項2目基金繰入金といたしまして、1節の農業共済基金繰入金1,468万3,000円、2節の水田農業確立特別対策基金繰入金946万1,000円でございます。

 次に35ページをお願いいたします。15款3項1目中小企業融資資金貸付預託金元利収入といたしまして1億9,094万7,000円でございます。1節におきまして商工業振興資金預託金元利収入といたしまして1億9,094万7,000円でございます。

 2目の勤労者住宅融資資金貸付預託金元金収入でございます。5,000万円の計上でございます。勤労者住宅建築及び土地取得資金貸付預託金元金収入として5,000万円の計上でございます。

 次に4項2目の雑入でございますが、関係分が4,828万1,000円でございます。次のページをお願いいたします。9節の家畜防疫負担金といたしまして24万3,000円、10節の農業者年金業務委託金20万8,000円、14節の雑入でございますが汚泥処理負担金外28件、合計4,783万円がそれぞれ計上してございます。なお、債務負担行為に関する調書として、農業近代化資金利子補給金の資料が265ページに添付してございますので、御参照の上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(神谷鋭治) 

 建設部長・・・



◎建設部長(五代忠夫) 

 建設関係につきまして御説明申し上げます。

 150ページをお願いいたします。5目の農地費でございます。2億1,980万4,000円の計上でございます。主なものといたしましては151ページの工事請負費、下から二つ目でございますが単独土地改良工事費5,880万円。内容といたしまして、高津波排水機場のポンプ改良工事、今川、野田地区における排水路、農道の路肩改良工事、樋門、農道舗装、ため池のしゅんせつ等でございます。次に、最下段の排水機場除塵機改修工事費4,200万円。これは泉田排水機場の除塵機の改修工事です。

 159ページをお願いします。8款土木費のうち土木総務費でございますが2億4,056万9,000円のうち、2億2,056万9,000円が関係分でございます。土木課職員の人件費と公共事業促進貸付金8,000万円のほかは、前年度実施を勘案いたしまして各節に計上いたしてございます。

 162ページをお願いします。2目道路橋りょう総務費1億9,830万4,000円でございますが、土木課職員の人件費のほか、前年度実績を勘案いたしまして、一応経費を各節に計上しております。主なものは、13節委託料の道路台帳更新業務2,000万円でございます。

 続きまして163ページの一番下でございますが、2目の道路維持費1億5,294万8,000円の計上でございますが、道路維持に必要な経費を、前年度実績を勘案いたしまして各節に計上いたしております。主なものといたしましては、164ページの15節の工事請負費でございますが1億円の計上でございまして、1-31号線外9路線、2,281メートルの道路修繕工事費でございます。

 続きまして、165ページの3目の道路新設改良費17億2,750万5,000円のうち、15億4,025万3,000円が関係分でございます。生活道路の整備に必要な経費を、前年度実績を勘案いたしまして各節に計上しております。主なものは、13節委託料で1億9,197万円の計上のうち、道路新設改良委託工事におきまして、豊田地下道新設工事をJR東海へ委託するものでございます。15節工事請負費11億294万円の計上でございますが、交通安全対策事業といたしまして6,000万円。これは01-30号線外3路線の延長1,462メートルの歩道の改良、ガードレール、ガードパイプ、区画線等の工事費でございます。道路側溝事業1億5,000万円でございますが、1-103号線外12路線、延長3,741メートルの側溝工事でございます。道路舗装事業4億7,000万円でございますが、1-15号線外30路線9,680メートルの舗装工事を計上しております。道路新設改良事業費3億6,994万円でございますが、01-15号線外9路線の道路新設改良工事をするものでございます。道路排水管布設事業におきましては、01-32号線を240メートル排水管を布設するものでございます。次のページをお願いいたします。17節公有財産購入費1億8,336万6,000円の計上でございます。主なものといたしましては、3-165号線外3路線の道路新設改良工事用地費でございます。

 4目の橋りょう維持費でございますが、前年度実績により計上いたしております。

 5目の橋りょう新設改良費9,560万円でございますが、橋りょう整備事業に必要な経費を前年度実績を勘案して各節に計上しております。主なものは、13節委託料におきまして5,425万円でございます。高須橋整備工事といたしまして、橋長72メートル、幅員15メートルの橋梁築造工事及び工事用地測量等の委託をいたすものでございます。逢妻川橋整備工事におきましては取付道路工事で、延長400メートル、幅員12メートルから23メートルの工事を委託いたすものでございます。15節工事請負費は4,100万円でございまして、逢妻川橋整備工事を計上いたしております。

 続きまして、3項1目河川総務費7億5,259万4,000円の計上でございます。人件費のほかは河川、排水路、排水機の維持管理に必要な経費を、実績に基づきまして計上いたしております。主なものといたしましては、169ページの15節工事請負費4億5,560万円でございます。この中で4行目の河川改修工事2億1,150万円につきましては、吹戸、薬師、御堂添、浜田川の延長315メートル分の改修でございます。6行目の排水路改修工事1億7,190万円でございますが、草野、竜ケ根、浜田地区、楞厳寺下、昭山、沖野の排水路655メートル分の改修でございます。17節公有財産購入費9,373万円でございますが、河川改修用地といたしまして、薬師川、御堂添川の用地6,953万円。河川改修付替水路用地といたしましては、猿渡川、発杭川の用地費でございます。

 次に176ページをお願いします。4目の都市下水路費でございますが3億1,949万3,000円の計上でございます。主なものといたしましては、委託料で前川都市下水路工事委託及び調査設計委託料で8,510万円、弁天排水区ほかの浸水に対応するための排水施設築造工事設計委託料2,400万円でございます。次に工事請負費といたしましては、前川都市下水路築造工事費1億8,300万円でございますが、補償、補填及び賠償金としましては占用物件移転補償費2,444万4,000円でございます。

 次に185ページをお願いします。5項の下水道費でございますが、下水道事業会計への繰出金といたしまして18億4,489万4,000円の計上でございます。

 次に186ページ、6項の住宅費でございますが、住宅総務費で1億6,169万8,000円の計上でございます。建築行政の企画、指導及び本市各施設の建設、補修を行うための事務経費でございます。

 188ページをお願いします。2目住宅管理費は1億3,765万2,000円でございます。これは1,190戸の市営住宅の適正な維持管理を図るための経費でございます。

 190ページをお願いします。3目の住宅建設費におきましては2億3,623万3,000円の計上でございます。老朽化した木造伊勢倉住宅の建てかえ事業の第2期分で中層耐火構造4階建て1棟32戸を建設する継続費の2年分、2億1,465万8,000円及び新上納住宅の建設をするための準備経費2,157万5,000円でございます。

 次に252ページをお願いします。災害復旧費でございますが、1項の農林水産業施設災害復旧費でございますが、1目、2目合わせまして500万円の計上でございます。

 2項の公共土木施設災害復旧工事費ですが、1目の道路橋りょう災害復旧費におきまして1,000万円、河川の災害復旧費で2,000万円の計上でございます。

 次に歳入でございます。

 10ページをお願いいたします。地方譲与税のうち2項の自動車重量譲与税でございますが、1億8,600万円の計上でございます。

 3項の地方道路譲与税でございますが1億1,500万円でございます。

 次に12ページをお願いします。4款1項の自動車取得税交付金でございますが、5億4,300万円の計上でございます。

 6款1項1目交通安全対策特別交付金2,500万円でございます。

 次に15ページをお願いいたします。使用料でございますが、土木使用料で3億2,058万7,000円のうち2億7,826万9,000円でございまして、1節の道路占用料、2節の河川占用料、5節の住宅使用料が関係分でございます。

 16ページをお願いいたします。手数料でございますが、土木手数料868万円のうち720万1,000円が関係分でございまして、1節の道路橋りょう手数料、それから3節の住宅手数料が関係分でございます。

 19ページをお願いいたします。国庫補助金でございますが、農林水産業費国庫補助金といたしまして1,425万2,000円でございます。農地費関係の補助金でございます。

 土木費国庫補助金1億6,993万8,000円のうち5,413万8,000円が関係分でございまして、1の道路橋りょう費国庫補助金、2節の河川費国庫補助金、3節の都市計画費国庫補助金のうち、上段の都市下水路整備事業費補助金1,200万円。住宅費国庫補助金が関係分でございます。

 次に26ページをお願いします。県補助金でございますが、農林水産業費の県補助金4,870万4,000円のうち3,640万1,000円でございまして、3目の農地費県補助金でございます。

 6目の土木費県補助金1億6,675万円のうち4,400万円でございますが、道路橋りょう費におきまして2,000万円、河川におきまして2,400万円でございます。

 29ページをお願いします。5目の土木費委託金170万7,000円のうち143万7,000円でございまして、住宅費委託金でございます。

 35ページをお願いいたします。公共事業促進費貸付金元金収入といたしまして8,000万円の計上でございます。

 37ページをお願いします。雑入でございますが、河川愛護報償金収入外14項目4,321万円が関係分でございます。

 次に40ページをお願いいたします。市債でございますが、土木債といたしまして、都市計画債としまして都市下水路の整備債540万円、住宅債1億8,542万9,000円が関係分でございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(神谷鋭治) 

 都市開発部長・・・



◎都市開発部長(稲垣利彦) 

 都市開発部関係分について御説明を申し上げます。

 予算説明書の101ページをお願いいたします。

 3款2項1目児童福祉総務費のうち3,633万5,000円が関係分であります。これは、市内に設置しております51カ所に及ぶ児童遊園等の維持管理に要する経費でございまして、当年度の主な事業といたしましては、児童遊園便所水洗化事業で660万円、児童遊園整備事業費で800万円でありまして、その他につきましては、前年度の実績に基づき計上させていただいております。

 次に161ページをお願いいたします。8款1項1目土木総務費のうち2,000万円が関係分で、21節の貸付金のうち建物等移転資金貸付預託金の2,000万円であります。

 次に165ページをお願いいたします。8款2項3目道路新設改良費のうち1億8,725万2,000円が関係分でありまして、当年度の主な事業といたしましては、小垣江駅西地区道路新設改良事業で1億7,155万2,000円、一ツ木町地内地下道の実施設計委託事業で1,570万円であります。その他につきましては、前年度の実績に基づき計上いたしております。

 次に170ページをお願いいたします。8款4項1目都市計画総務費で4億6,276万円でありますが、これは都市計画課、公園緑地課、再開発課及び総合運動公園事業室の職員の人件費を初め都市計画関係事業の運営に要する経費で、実績に基づきまして各節に計上いたしたものであります。主な事業といたしましては、都市計画基礎調査委託料133万9,000円、都市計画基本図作成事業委託料8,000万円を計上しております。

 次に172ページの2目土地区画整理費で13億5,481万5,000円でありますが、これは区画整理課職員の人件費を初め土地区画整理事業を推進するために要する経費で、主な事業といたしましては、区画整理事業推進のためのPR誌作成委託料1,100万円、土地区画整理組合2組合への助成金1億2,000万円、4特別会計への繰出金が11億7,200万円でございます。

 次に3目の街路事業費で14億1,964万円でありますが、これは都市計画街路の整備並びに維持管理に要する経費でありまして、主な事業といたしましては、刈谷環状線街路改良事業3億円、中手新池線街路改良事業1億9,000万円、牛田野田線街路改良事業2億9,887万3,000円、市道2-506号線、中町線でございますが、道路新設改良事業2億3,734万5,000円、巡見橋橋りょう整備事業3,012万3,000円、市道01-31号線、中川町でございますが、道路改良事業といたしまして9,964万6,000円、下り松の橋りょう整備事業といたしまして5,863万1,000円、半城土吉浜線の交差点改良事業9,301万3,000円、明治用水西井筋上部利用事業584万7,000円、富士松駅前広場修景施設設計委託事業360万円、公共サイン設置事業1,200万円、第二東名自動車道建設関連事業といたしまして150万8,000円、街路樹植樹帯整備事業200万円、街路樹植栽事業1,000万円、その他街路樹街園等の整備並びに補修事業として800万円が主な事業でございます。

 次に176ページをお願いいたします。5目公園費6億5,295万5,000円でありますが、これは都市公園の整備と維持管理に要する経費でありまして、主な事業といたしましては、都市公園5公園の整備事業3億3,448万2,000円、都市公園補修事業600万円、公園樹木剪定委託事業500万円、都市公園5公園の便所の水洗化事業3,300万円、それから逢妻川緑地整備事業として1,000万円、(仮称)小垣江公園基本設計として540万円、日高公園拡張整備事業で1億1,497万3,000円、洲原レクリエーションゾーン道路案内標識設置工事250万円、松くい虫防除事業300万円等々でございます。

 次に6目緑化事業で3,063万3,000円でありますが、これは緑化の推進に要する経費で、前年度の実績に基づき計上いたしております。

 7目の駐車場費3,994万5,000円でございます。これは神田、寺横、御幸の3市営駐車場の維持管理に要する経費でございまして、前年度の実績に基づき計上いたすものであります。

 8目の都市再開発費4億2,805万5,000円でございますが、これは刈谷駅南口開発の推進に要する経費でありまして、前年度の実績に基づき計上させていただいておりますが、その主なものといたしましては、県派遣職員負担金740万5,000円、都市開発基金積立金3億3,125万円であります。

 次に9目の総合運動公園整備事業9億6,024万1,000円でありますが、当年度の主な事業は、公園設計委託を初め敷地造成等基盤整備工事等で5億2,444万5,000円、総合運動公園整備基金積立金で4億3,579万6,000円であります。

 次に10目のロッジ管理費1,788万9,000円でありますが、洲原ロッジの管理運営に要する経費で、これは前年度の実績に基づき計上いたしております。

 次に253ページをお願いいたします。11款2項3目都市計画施設災害復旧費500万円でございますが、街路樹あるいは公園等の災害復旧費としてお願いしているものでございます。

 次に歳入を御説明申し上げます。15ページをお願いいたします。



○議長(神谷鋭治) 

 説明の途中でありますけれども、暫時休憩いたします。

                           午前11時53分 休憩

                           午後1時00分 再開



○議長(神谷鋭治) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 都市開発部長・・・



◎都市開発部長(稲垣利彦) 

 引き続きまして、歳入を御説明申し上げます。15ページをお願い申し上げます。

 8款1項5目土木使用料のうち3,331万8,000円が関係分であります。3節の公園使用料並びに4節の駐車場使用料でございます。

 次に16ページをお願いいたします。8款2項5目土木手数料のうち147万9,000円が関係分でありまして、2節の都市計画手数料147万9,000円であります。

 次に19ページをお願いいたします。9款2項5目土木費国庫補助金のうち1億1,580万円が関係分でありまして、3節の都市計画費国庫補助金で、都市計画街路整備事業費臨時交付金1億1,580万円であります。

 次に26ページをお願いいたします。10款2項6目土木費県補助金のうち6,267万5,000円が関係分でありまして、3節の都市計画費県補助金6,267万5,000円で、補助対象事業は説明欄のとおりでございます。

 次に29ページをお願いいたします。10款3項5目土木費委託金のうち27万円が関係分でありまして、1節の都市計画費委託金27万円であります。都市計画基礎調査に係るものであります。

 次に30ページをお願いいたします。11款1項2目利子及び配当金のうち7億6,704万6,000円が関係分でありまして、都市開発基金積立金利子3億3,125万円、総合運動公園整備基金積立金利子4億3,579万6,000円であります。

 次に35ページをお願いいたします。15款3項4目建物等移転資金貸付預託金元金収入で2,000万円であります。

 次に4項2目14節の雑入のうち416万3,000円が関係分でありまして、9項目にわたり分散計上いたしております。

 以上でございますが、別に提出いたしております参考資料と合わせて御参照の上、よろしく御審議のほどお願い申し上げ、関係分の説明を終わります。



○議長(神谷鋭治) 

 消防長・・・



◎消防長(江坂素一) 

 説明書の192ページをお願いいたします。

 9款1項1目常備消防費でございまして7億8,508万4,000円でございます。消防職員の人件費、消防活動に要します経費を、実績に基づいて各節に計上いたしております。主なものといたしましては、昨年に引き続きまして、消防市民広場、これを開催します経費300万円を計上いたしておりまして、市民と消防の触れ合いを深め、防火思想の高揚に努めるものでございます。また、新規の事業といたしましては、単身老人宅の緊急用の受信電話の設置に伴います経費10万7,000円を12節に計上いたしております。

 次に196ページをお願いいたします。2目非常備消防費6,854万円につきましては、消防団21個分団の運営活動に要します経費を各節に計上いたしております。主なものといたしましては、隔年で開催いたしております消防団員家族慰安大会に要します経費750万円を計上いたしております。これは消防団員とその家族の日ごろの御労苦をねぎらうものでございます。また、各分団詰所の整備事業としまして352万4,000円を関係各節に計上いたしまして、老朽化した詰所の保全に努めるものでございます。

 次に198ページをお願いいたします。3目消防施設費でございます。1億2,306万4,000円でございまして、主なものといたしましては、防火水槽築造事業費6,300万円で、泉田町、一ツ木町、築地町、日高町、新栄町、下重原町、半城土中町、東刈谷町の8町内に40トン各1基を設置する経費を、関係各節に計上いたしております。

 次に4目の水防費252万7,000円で、水防関係の事業に要します経費でございます。

 次に5目防災費でございます。296万4,000円のうち、消防関係分としましては194万9,000円でございます。防災事業の万全を期するための経費を、関係各節に計上いたしております。

 次に歳入をお願いいたします。17ページをお願いいたします。

 8款2項6目消防手数料294万円でございまして、説明の付記のとおりでございます。

 27ページをお願いいたします。10款2項7目消防費県補助金72万5,000円でございまして、付記のとおりでございます。

 37ページをお願いいたします。15款4項2目11節公務災害補償基金収入540万8,000円でございます。次に14節の雑入につきましては、県消防協会交付金外5項目にわたりまして618万8,000円でございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(神谷鋭治) 

 教育部長・・・



◎教育部長(野村一一) 

 予算説明書の65ページをお願い申し上げます。

 2款1項14目の税外収入過年度還付金67万3,000円のうちに、体育施設の使用料の過年度還付金20万円が含まれております。

 次に200ページをお願い申し上げます。教育費の教育総務費1目の教育委員会費で288万9,000円の計上でございますが、教育委員の人件費のほかに経常的経費を計上したものでございます。

 次に2目の事務局費でございますが1億8,142万4,000円。職員の人件費のほかに経常的経費、さらに3年度は私立高等学校の授業料の補助金といたしまして884万円を計上いたしております。

 次に203ページをお願い申し上げます。教育指導費でございますが5,466万9,000円をお願い申し上げております。各節にわたりまして、本年度は、前年に引き続きまして英語指導助手2名の講師設置費といたしまして1,398万6,000円。それから、中学校の学習用コンピューターの設置研究事業費といたしまして116万6,000円。さらに亀城小学校におきまして開催を予定しております教育研究会の全国大会補助金といたしまして352万3,000円。それから、中学校、幼稚園の観劇事業費といたしまして716万3,000円。それから、さらに合わせまして小中学校の理科研究費補助金といたしまして270万円及び学校緑化の研修事業費等を計上いたしております。

 次に小学校費へまいりまして、学校管理費で6億107万2,000円の計上でございます。経常的な小学校の管理費のほかに各小学校の校舎、体育館及びその他の体育施設の整備、改修事業費と各職員室にエアコンを設置するとともに、パソコン導入等による電気設備の見直し調査のための経費6,098万円を計上しております。なお、管理用備品及び学習用の机、いすの更新経費も計上しております。

 次に209ページをお願いを申し上げます。教育振興費でございます。7,834万6,000円。この経費につきましては、卒業記念品代等経常経費のほかに副読本及び教材費等の購入費として2,424万6,000円。それから、教材備品といたしましてOHP、吹奏楽器、デスクオルガンの購入と新設学校の指導書の購入も計上されております。

 次に213ページの教育振興費7,471万6,000円を計上しております。前年対比で2,084万1,000円の減となっておりますが、昨年度は教科書採択がえの年でありましたので、3年度は減額となっております。3年度の主なものといたしましては、教材費等の充実費といたしまして1,865万2,000円と、教材備品としてOHP、吹奏楽器、テレビ等の購入費を計上いたしてございます。

 次に幼稚園費でございます。3年度におきましては、管理運営費のほかに、各施設の整備事業を初め緑化等の環境整備事業費及びビデオカメラ、ポータブルワイヤレス等の更新経費と、なお、かりがね幼稚園の改築を行うための調査設計費。それに、老朽校舎の取り壊し経費といたしまして2,215万7,000円を計上いたしております。

 次に216ページへまいりまして、幼稚園の建設費4億719万2,000円の計上でございます。かりがね幼稚園の分離園の新設事業費でございまして、鉄筋コンクリート造りでございまして、2階建てでございまして保育室7、それから遊戯ホール、遊戯室等延べ1,525平方メートルの建設費でございます。

 次に社会教育費へまいりまして、社会教育総務費1億4,492万9,000円の計上でございます。人件費のほかに文化財の保存整備及び文化財展の開催費、生涯学習の推進事業費、市民大学講座、それから市民休暇村の構想策定事業費等が計上をされております。

 次に221ページをお願い申し上げます。社会教育センター費におきまして3,742万9,000円の計上でございます。主なものといたしましては、市民講座の開設事業費152万円、母と子の読書活動費188万2,000円、センターの学習発表会の経費、そのほか空調機の修繕費等が計上されております。

 224ページをお願い申し上げます。図書館費でございます。3億2,677万6,000円を計上いたしております。図書館の経常的な経費を計上いたしておりますが、主なものといたしましては、読書、講演会1回分。それから、司書の講習会1人分の参加費並びに図書購入費といたしまして、18節に7,500万円を計上いたしております。なお、図書館の建設基金から生じる利子をさらに積み立てるための経費が4,099万4,000円、25節に計上されております。また、中央図書館の閲覧時間を夏の7月から9月の間、1時間延長してまいりたいと考えております。

 それから、4目の青少年センター費2,521万6,000円を計上いたしております。この目につきましては、青少年の健全育成のための経費が計上されておりますが、主なものといたしましては、事業用備品費、啓発用横断幕、リーフレットの作成費並びに少年の集いの経費等を計上してまいります。

 それから、5目の郷土資料館費2,355万2,000円の計上でございます。市民講座の経費を含めました経常的経費のほかに、民族資料の被覆燻蒸委託料、それから展示室の改修費、さらに業務車の更新等が計上をされております。

 次に232ページの美術館管理費でございますが6,636万5,000円計上しております。本年度の主なものといたしましては、管理用備品といたしましてレジスター、腰かけ、カウンター及び収蔵品の額の購入費を計上してございます。

 次に美術館事業費でございます。1億3,412万1,000円を計上しております。平成3年度におきましては、マリー・ローランサン展、戸田堤山展、シャガール名作版画展及びその他の一般企画展を予定しております。さらに、企画展の記念作品購入費として2,000万円並びに4年度企画展の準備経費も計上をいたしております。なお、美術館の備品購入基金といたしまして5,731万9,000円も計上してございます。

 次に市民センター費1億4,287万円を計上してございます。これは市内4カ所の市民センターの維持管理費及び運営費を計上したものでございまして、3年度は市民講座開設事業費2.85万4,000円、センター学習発表会経費120万円、テレビカメラ等管理用の備品購入費182万円が計上されております。

 次に市民館の建設費でございまして4億3,460万6,000円。3年度におきましては、重原市民館の建設費及び桜区並びに今岡の市民館用地の購入費と設計調査委託料の関係経費を各節に計上したものでございます。

 次に保健体育総務費でございますが6,653万9,000円の計上でございます。これはみどりの学校の実施事業費、児童、生徒、教職員の健康診断の経費及び学校保健の活動費等を計上したものでございます。

 次に体育振興費で3,981万円の計上でございます。主なものを申し上げますと、第49回国民体育大会の準備事業費といたしまして1,086万7,000円、小中学校の各種体育大会の選手補助金といたしまして201万円。それから、中小学校のサッカー大会補助金60万円、日韓ジュニア交流競技大会事業費277万4,000円、国体等の出場選手の激励金といたしまして270万円などが計上をされております。

 次に体育施設管理費でございまして3億582万1,000円の計上でございます。これは体育館及び刈谷グランド等体育課管理の温水プールを除くすべての社会運動施設の管理運営費が計上されておりますが、3年度につきましては、各グラウンドの防球ネット支柱の補強工事1,000万円、それから神田プール改修費560万円等が計上をされております。

 次に246ページの体育施設事業費でございます。914万8,000円。769万4,000円の減額となっておりますが、これは昨年度におきましてバスケット台を購入しておったものがなくなったからでございます。3年度につきましては、トレーニング場の器具の更新費を計上いたしております。

 給食センター費で8億5,834万1,000円の計上でございますが、学校給食センターの維持、管理運営に関する経費が計上されております。第一学校給食センターの照明器具、コンベアーの更新事業費及び建物の塗装工事、そのほかに厨房用器具の購入費を計上しております。あわせて給食移送車の更新を1台分計上してございます。

 次に温水プールの管理費でございますが9,385万3,000円。これは温水プールの管理運営のための経常的経費を計上したものでございます。

 次に歳入へまいりまして、15ページをお願い申し上げます。

 使用料及び手数料の使用料、6の教育使用料でございまして1億9,550万2,000円の計上でございます。これは幼稚園、美術館及び体育施設の使用料を、実績を考慮して計上したものでございます。

 次に17ページをお願い申し上げます。手数料のうちの教育手数料5,000円でございますが、これはエアライフルの射撃証明手数料を計上いたしたものでございます。

 次に20ページをお願い申し上げます。教育費国庫補助金4,047万2,000円でございます。かりがね幼稚園の分離園建築費補助金2,537万9,000円。これ以外は恒例的な補助金でございます。

 次に27ページをお願い申し上げます。教育費県補助金886万2,000円でございます。恒例のように補助金額を見込んだものでございまして、恒例によって大体くるものでございます。

 次に29ページをお願い申し上げます。教育費の委託金でございます。学校基本調査費と、それから交通安全の講座開設委託金の二つでございます。

 次に30ページをお願い申し上げます。財産収入の利子及び配当金でございますが、図書館建設基金積立金利子、それから美術品等購入基金積立金利子、この二つが基金から生ずる利子でございまして、教育関係でございます。

 次に36ページをお願い申し上げます。7節の学校健康センター共済掛金収入475万4,000円のうち452万3,000円が小・中・幼の関係の教育委員会関係分でございます。

 次のページで、13節の給食費徴収金でございますが、5億4,575万円のうち、5億3,659万5,000円が学校給食費関係の賄い材料費の実費徴収金でございます。

 次に14節の雑入でございますが、美術館の入場料収入を初めといたしまして、14項目にわたりまして3,972万5,000円が教育委員会関係でございます。

 次に40ページの市債をお願い申し上げます。教育債で3,810万円計上いたしました。これはかりがね幼稚園分離新設園の建築事業債で、見込み計上いたしたものでございます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(神谷鋭治) 

 都市開発部長・・・



◎都市開発部長(稲垣利彦) 

 予算本書の11ページをお願いをいたします。

 議案第24号平成3年度刈谷市刈谷富士松土地区画整理事業特別会計予算について御説明を申し上げます。

 当予算の総額は、歳入歳出それぞれ4,963万7,000円とし、その款項の区分及びその区分ごとの金額は、第1表のとおり定めるものであります。

 予算説明書の273ページをお願いいたします。

 1款1項1目事業費で4,963万7,000円でありますが、この事業は、昭和46年から継続事業として実施をしてまいっておりますが、いよいよ最終段階を迎え、事業の終息の準備に入ります。したがいまして、主な事業といたしましては、換地計画委託料830万円、側溝等修繕工事350万円、物件移転補償費300万円等であります。

 次に269ページ、歳入を御説明申し上げます。

 仮清算徴収金で53万5,000円、一般会計繰入金で4,900万円、前年度繰越金10万円をもって充当するものであります。

 次に予算本書の14ページをお願いいたします。

 議案第25号平成3年度刈谷市刈谷半城土高須土地区画整理事業特別会計予算について御説明申し上げます。

 当予算の総額は、歳入歳出それぞれ3億1,715万1,000円とし、その款項の区分及びその区分ごとの金額は、第1表のとおり定めるものであります。

 予算説明書の283ページをお願いいたします。

 1款1項1目事業費で3億1,715万1,000円でありますが、本事業は、昭和59年度から継続事業として実施をしてまいっております。主な事業といたしましては、建物調査査定委託料10件分853万円、排水管布設工事費1,880万円、道路築造工事費2,460万円、物件移転補償費11戸分1億7,750万円等であります。

 次に279ページをお願いいたします。

 歳入でありますが、保留地処分金で2,000万円、一般会計繰入金て2億9,700万円、前年度繰越金で10万円等であります。

 次に予算本書の17ページをお願いいたします。

 議案第26号平成3年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計予算について御説明申し上げます。

 当予算の総額は、歳入歳出それぞれ10億6,217万8,000円とし、その款項の区分及びその区分ごとの金額は、第1表のとおり定めるものであります。

 また、地方債につきましては21ページをお願いいたします。

 起債の目的は、都市計画事業で4,590万円を限度額といたしまして、起債の方法は普通貸借で利率は7.5%以内とし、償還方法につきましては記載のとおりとするものであります。

 予算説明書の295ページをお願いいたします。

 この事業の主な事業といたしましては、建物調査査定委託料30件分2,550万円、道路築造工事費1億2,750万円、仮設住宅建設工事1,480万円、橋りょう築造工事3,870万円、排水管布設工事1億3,110万円、物件移転補償費20件分として4億5,930万円等であります。

 次に289ページをお願いいたします。

 歳入でありますが、保留地処分金で2,000万円、国庫補助金で1億9,075万円、県負担金で1,743万7,000円、一般会計繰入金で7億2,600万円、一般会計負担金として八角川公共施設管理者負担金で5,000万円等でございます。なお、前年度繰越金が10万円、雑入で橋の改築負担金として1,199万円、市債につきましては4,590万円であります。

 次に、予算本書の22ページをお願いいたします。

 議案第27号平成3年度刈谷市北刈谷第二土地区画整理事業特別会計予算について御説明申し上げます。

 当予算の総額は、歳入歳出それぞれ12億2,137万4,000円とし、その款項の区分及び区分ごとの金額は、第1表のとおり定めるものであります。

 予算説明書の305ページをお願いいたします。

 1款1項1目事業費で12億2,137万4,000円でありますが、本事業は、昭和48年度から継続事業として実施いたしております。主な事業といたしましては、排水管実施設計委託料1,235万円、建物調査査定委託料5件分420万円、道路築造工事費3,270万円、排水管布設工事1億670万円、物件移転補償費16件分を見込みまして8億304万円、借入金償還金として9,316万3,000円等であります。

 次に301ページをお願いいたします。

 歳入でございますが、仮清算徴収金で10万円、保留地処分金で11億2,086万1,000円、一般会計繰入金で1億円、前年度繰越金で30万円であります。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げ説明を終わります。



○議長(神谷鋭治) 

 建設部長・・・



◎建設部長(五代忠夫) 

 議案第28号平成3年度刈谷市下水道事業特別会計予算について御説明申し上げます。予算書の25ページをお願いします。

 第1条におきまして、歳入歳出それぞれ26億6,697万円と定めるものでございます。

 第2条の地方債につきましては、29ページをお願いします。

 起債の目的といたしまして、下水道施設整備事業、限度額は3億90万円、起債の方法は普通貸借、利率は7.5%以内、償還の方法につきましては付記のとおりでございます。

 予算説明書の317ページをお願いします。

 1款1項1目の一般管理費といたしまして1億9,648万5,000円の計上でございます。これは下水道課職員の人件費のほか下水道事業の管理に伴う必要経費を、前年度実績に基づきまして、各節に計上いたしております。

 319ページの1款1項2目の維持管理費といたしましては3億8,947万3,000円の計上でございます。13節委託料といたしまして、下水道使用料徴収委託料374万1,000円、下水道管の清掃委託料461万1,000円でございます。19節の負担金、補助及び交付金といたしましては、境川流域下水道維持管理費等負担金が3億4,582万4,000円、水洗便所の改造資金利子補給金1,020万9,000円でございます。

 321ページをお願いいたします。1款2項1目の下水道施設費でございますが18億3,956万2,000円でございます。これは下水道事業の整備促進を図るための経費を各節に計上いたしております。主なものといたしましては、13節の委託料におきまして、下水道築造工事調査設計委託料1億1,830万円をもちまして、市原処理分区、弁天処理分区、下り松川処理分区、重原処理分区、日高処理分区、北刈谷第2処理分区に関します下水道築造のための調査設計費でございます。次に15節の工事請負費14億2,500万円でございますけども、これは下水道築造工事費でございまして、市場処理分区、弁天処理分区、下り松川処理分区、重原処理分区、日高処理分区で、汚水管布設1万3,452.2メートル、本管取付工事といたしまして760件分を予定しております。19節の負担金、補助及び交付金といたしまして、境川流域下水道事業の建設負担金8,930万9,000円を、22節の補償、補填及び賠償金につきましては、下水道布設に伴う占用物件移転補償費といたしまして1億9,482万3,000円を計上しております。

 322ページをお願いいたします。2款1項1目の元金でございますが、これは市債の償還元金4,593万6,000円でございます。

 2目の利子につきましては、市債の償還利子といたしまして1億9,551万4,000円でございます。

 311ページをお願いいたします。

 歳入でございます。1款1項1目の下水道受益者負担金といたしまして6,127万2,000円。

 2款1項1目の下水道使用料といたしまして2億3,959万8,000円。

 312ページをお願いいたします。2款2項1目の下水道手数料といたしまして87万円。

 3款1項1目の国庫補助金におきまして、公共下水道整備事業補助金といたしまして2億846万円。

 4款1項1目の県補助金といたしまして、公共下水道整備補助金といたしまして400万円。

 5款1項1目の一般会計繰入金でございますが18億4,489万4,000円でございます。

 314ページでございますが、6款1項1目の繰越金は6万円でございます。

 7款1項1目市預金利子、7款2項1目延滞金は前年度と同様の計上でございます。

 7款3項1目の雑入でございますが691万3,000円でございます。主なものは、平成2年度下水道会計による消費税還付金681万2,000円を予定しております。

 8款1項1目の市債でございますが3億90万円を計上させていただいております。

 以上で歳入歳出の説明を終わります。よろしく御審議をお願いいたします。



○議長(神谷鋭治) 

 市民部長・・・



◎市民部長(加藤直樹) 

 続きまして、平成3年度の刈谷市国民健康保険特別会計予算について御説明を申し上げます。

 予算本書の30ページをお願いいたします。

 議案第29号でございます。平成3年度刈谷市の国民健康保険特別会計の予算は、次に定めるところによるということでございまして、歳入歳出予算、第1条でもって、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ35億1,923万6,000円と定めるものでございます。

 2といたしまして、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算によるものであります。

 流用の関係でございますが、第2条で、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次に定めるところによるということで、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用ということでございます。

 以下、説明書の335ページをお願い申し上げます。

 歳出から御説明を申し上げます。

 まず1款総務費1項1目の一般管理費の関係でございますが、予算額は7,512万9,000円でございます。内容につきましては、国民健康保険会計の事務に要します年間経費を、前年度の実績に基づいて計上させていただいたものでございます。

 次に337ページをお願いを申し上げます。2目の連合会負担金95万5,000円でございます。これにつきましては、国保連合会への事務負担金で、実績による計上でございます。

 続きまして、2項の徴税費1目賦課徴収費でございます。予算額は278万1,000円でございますが、これは印刷製本費、消耗品費等を、前年同様に計上させていただいたものでございます。

 続きまして、3項1目の運営協議会費でございます。64万5,000円の予算計上額でございますが、国保運営協議会の委員報酬、あるいは費用弁償等実績に基づいてお願いをいたすものでございます。

 次のページをお願い申し上げます。4項の趣旨普及費でございます。1目の趣旨普及費14万6,000円でございます。前年同額消耗品費を計上させていただいております。

 それから、2款1項療養諸費の関係でございまして、1目の一般被保険者療養給付費の関係14億3,501万9,000円でございます。これは総医療費の10分の7に相当する金額を負担するものでございます。

 次に2目の退職被保険者の療養給付費につきましては7億6,576万5,000円で、同様の趣旨でございますが、100分の78に相当する金額を計上させていただいております。

 それから、3目の一般被保険者療養費で2,180万5,000円でございますが、これは、いわゆる現金給付の関係でございまして、治療材料あるいは看護料等、後で払い戻しをするものでございまして、前年度の実績を勘案して計上いたしました。

 それから、4目の退職者被保険等の療養費1,182万1,000円も同様でございます。

 それから、5目の審査支払手数料351万3,000円。これにつきましては、レセプトの件数に単価を乗じて計上いたしたものでございます。

 続きまして、2項の高額療養費。これにつきましては、いわゆる高額療養費に該当する者に対します医療費の保険者負担分でございます。1目、2目、いずれも実績を勘案して計上いたしております。1目につきましては1億5,854万3,000円、2目につきましては4,512万円でございます。

 次のページをお願いいたします。3項助産諸費の1目助産費でございます。2,340万円でございますが、これは実績に基づきまして180件分を計上いたしたものでございます。

 それから、4項1目の葬祭費1,200万円でございます。これも、最近の実績を見ながら300件分を計上いたしてございます。

 それから、次に341ページの3款1項1目老人保健医療費拠出金9億1,802万5,000円でございますが、平成元年度の実績に、国の定める調整率を乗じて算出したものでございます。

 それから、2目の老人事務費の拠出金612万9,000円。これにつきましても、同じような算定でございます。

 それから、4項の共同事業拠出金1目高額医療費共同事業医療費拠出金2,942万2,000円でございます。過去3カ年の実績を考慮いたしまして計上いたしてございます。

 それから、2目につきましては科目の設定でございます。

 次のページをお願いいたします。3目のその他の共同事業事務費拠出金でございます。これにつきましてはリストの作成費でございますが、前年同額を計上させていただいております。

 それから、5款1項1目の保健衛生普及費189万5,000円でございますが、優良世帯の記念品代及び啓発用のパンフレット印刷代等をお願いをいたすものでございます。

 それから、6款の諸支出金1項1目でございますが550万円、それから2目が50万円、3目が2,000円。いずれも前年同額を計上させていただいております。

 それから、7款1項予備費100万円でございます。これにつきましても、前年同額の計上でございます。

 続きまして、歳入に移らせていただきます。325ページをお願い申し上げます。

 1款1項1目一般被保険者国民健康保険税の関係でございますが14億2,518万7,000円でございます。これにつきましては、前年度の実績に市税の伸び率を勘案し、その上軽減率等も考慮いたしました上で算定をいたしたものでございます。

 それから、2目の退職被保険者等国民健康保険税の関係でございますが2億8,157万4,000円。これにつきましては、最近の実績等を勘案いたしまして、被保険者3,500人、1,650世帯分を見込み計上いたしたものでございます。

 続きまして、326ページをお願いいたします。2款でございますが、1項の1目、2目、これはいずれも科目の設定ということでお願いを申し上げたいと思います。

 それから、3款1項1目の督促手数料の関係でございますが、これにつきましては、平成2年度から廃止をいたしておるわけでございますが、それ以前の分として5万円を計上いたしてございます。

 それから、4款1項1目の事務費負担金でございます。4,998万8,000円。対象保険者は2万5,400人分を見込んで計上いたしたものでございます。

 それから、2目の療養給付費等負担金でございます。これは、過去3カ年の実績を見まして、保険給付費と老人保健の関係の100分の40を計上いたしたものでございます。

 次に328ページをお願いいたします。4款2項1目の助産費補助金の関係780万円でございますが、180件分の13万円に対しその3分の1でございます。

 それから、2目の関係は科目の設定でございます。

 それから、次に329ページの5款1項1目療養給付費交付金5億4,110万2,000円でございます。これにつきましては、退職被保険者に係る医療費から保険税を差し引いた分で、実績を勘案して計上いたしたものでございます。

 それから、6款1項1目事業費補助金2,112万1,000円でございますが、これにつきましては、福祉療養費補助金にかかります県補助金を、前年度の実績に基づいて計上させていただいております。

 それから、次に330ページをお願いいたします。7款1項1目共同事業交付金2,942万3,000円でございます。これは過去3カ年の実績をもとに、歳出と同額を計上いたしております。

 次に8款1項1目物品売払収入1,000円、科目の設定であります。

 次に9款1項1目一般会計の繰入金2億500万4,000円。1節におきまして保険基盤安定繰入金2,500万4,000円。2節といたしまして、その他一般会計繰入金1億8,000万円でございます。

 それから、10款1項1目療養給付費交付金繰越金でございます。前年どおり科目の設定。

 それから、2目のその他の繰越金1,000円、これも科目の設定ということでございます。

 続きまして332ページ、11款諸収入の関係で1項1目一般被保険者延滞金400万円、それから2目の退職被保険者延滞金1万円。これにつきましても、前年どおり計上させていただきました。

 2項1目の市預金利子50万円でございます。前年と同額でございます。

 それから、3項の雑入でございますが、1目から4目までは前年同額を計上させていただいております。それから、5目の雑入につきましては、業務車1台減のために1万円の減額ということで計上させていただいております。

 以上で説明を終わらせていただきます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(神谷鋭治) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(小山栄俊) 

 それでは、予算書の35ページをお願いいたします。

 議案第30号平成3年度刈谷市老人保健特別会計予算を説明いたします。

 老人保健特別会計の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ42億7,544万5,000円と定めるものでございます。

 予算説明書の351ページをお願いいたします。

 まず歳出1款1項1目医療給付費は40億1,959万5,000円でございます。19節におきまして入院、外来等の医療給付費を計上しております。

 2目は医療費支給費2億4,613万9,000円で、19節において補装具看護料等の医療費支給費でございます。

 それから、3目は審査支払手数料970万2,000円でございます。12節において医療費の審査手数料を計上してございます。

 それから、2款1項。すべて科目の設定でございます。次のページも同様でございます。

 それでは、歳入の347ページをお願いいたします。

 1款1項1目医療費交付金でございます。29億5,101万5,000円でございます。

 2目の審査支払手数料交付金970万3,000円でございます。いずれも支払金から交付されるものでございます。

 その次の2款1項1目医療費負担金8億4,314万7,000円でございます。

 次のページの3款1項1目県負担金は2億1,078万8,000円でございます。

 4款1項1目一般会計繰入金は2億6,078万7,000円の繰り入れでございます。

 次のページの5款繰越金、次の6款諸収入、いずれも科目設定でございます。

 以上でございます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(神谷鋭治) 

 経済環境部長・・・



◎経済環境部長(平山昭雄) 

 予算書の38ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第31号平成3年度刈谷市交通災害共済事業特別会計予算について御説明申し上げます。

 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3,516万8,000円と定めるものでございます。

 2項におきまして、その予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算によるものでございます。

 予算説明書の357ページをお開きいただきたいと思います。

 1款1項1目事業費でございますが3,416万8,000円の計上でございます。これは交通災害共済事業の運営に関する経費でございまして、人件費のほか交通災害共済見舞金が主なもので、19節に1,770万6,000円を計上しております。その他の経費につきましては、前年度の実績を勘案して、それぞれ各節に計上してございます。

 次に359ページをお開きいただきたいと思います。2款1項予備費でございますが100万円の計上でございます。前年度同額でございます。

 次に歳入でございますが、1款1項1目共済会費収入といたしまして1,847万5,000円の計上でございます。

 2款1項1目一般会計繰入金で1,469万2,000円、一般会計からの繰り入れでございます。

 次のページをお願いいたします。3款1項繰越金200万円でございます。前年度繰越金でございます。

 4款1項1目市預金利子1,000円は科目の設定でございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(神谷鋭治) 

 水道部長・・・



◎水道部長(酒井幸雄) 

 予算書の41ページをお願い申し上げます。

 議案第32号平成3年度刈谷市水道事業会計予算でございます。

 第1条、平成3年度刈谷市水道事業会計の予算は、次に定めるところによるということで、第2条でございますが、業務の予定量につきましては、前年度の状況を勘案いたしまして、まず給水戸数につきましては4万戸といたしております。

 年間総給水量につきましては1,658万700立方メートルでございます。

 それから、主な建設改良事業でございますが、水道施設拡張事業におきまして3億610万2,000円で、南部配水場の整備をいたしたいということで、主な事業といたしております。

 3条で、収益的収入及び支出の予定額は、次のとおり定めるということで、収入でございますが、第1款の水道事業収益で22億817万円でございます。

 それぞれの目につきましては後ほど御説明を申し上げますが、まず1項営業収益でございますが20億6,990万円、2項の営業外収益では1億3,826万円、特別利益1万円でございます。

 それに対します支出でございますが、第1款の水道事業費用といたしまして21億8,188万6,000円でございます。営業費用では19億7,535万円、営業外費用で2億483万6,000円、特別損失70万円、予備費で100万円でございます。

 4条で、資本的収入及び支出を定めております。

 まず、その予定額につきましては、次のとおり定めるということでございますが、括弧書きにございますとおり、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額5億8,248万9,000円につきましては、減債積立金1億円、建設改良積立金1億5,000万円、過年度損益勘定留保資金で3億3,248万9,000円でもって補てんするというものでございます。

 まず収入でございますが、資本的収入といたしまして6億8,613万円でございます。企業債で8,000万円、一般会計出資金で2億6,500万円でございます。負担金で3億4,112万円、固定資産の売却代金が1万円でございます。

 それに対します支出でございますが、資本的支出といたしまして12億6,861万9,000円でございます。これは建設改良費で11億6,827万1,000円、企業債の償還金で1億34万8,000円でございます。

 5条は、継続費でございます。建設改良費におきまして、そのうち第4期拡張事業、南部の配水場。この整備をするものでございますが、その事業におきまして、まず総額4億4,400万円でございますが、3年度といたしまして、年割1億9,640万円とするものでございます。なお、4年度につきましては2億4,760万円でございます。

 6条で企業債でございますが、44ページをお願い申し上げます。

 起債の目的につきましては、水道施設の拡張事業でございます。限度額は8,000万円。起債の方法につきましては、証書借入といたしまして、利率は7.50%以内でございます。償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。

 7条で一時借入金の限度額を定めておりますが、一部を検討いたすものでございます。

 8条で、議会の議決を経なければ流用することのできない経費につきましては、職員給与費4億3,257万9,000円を定めるものでございます。

 9条で、たな卸資産の購入限度額を定めておりますが4,909万3,000円と定めるものでございます。

 予算の実施計画でございますが、次の45ページをお願い申し上げます。

 収益的収入及び支出につきまして、そのうち収入から御説明申し上げますが、1款1項の営業収益につきましては、まず給水収益で19億2,982万7,000円でございます。これは水道料金でございます。

 2目の受託工事収益では1億886万7,000円で、これは給水装置の取出工事収入を計上いたしております。

 3目のその他営業収益につきましては3,120万6,000円でございまして、材料売却収益等を計上いたしております。

 2項の営業外収益では、まず1目の受取利息及び配当金で1億2,244万1,000円でございまして、預金等の利息を計上いたしております。

 それから、2目の消費税還付金につきましては、科目の設定ということで1万円でございます。雑収入につきましては、不良品等の売却収益を1,580万9,000円ということで計上いたしております。

 特別利益につきましては科目の設定ということで、固定資産売却収益1万円を上げております。

 次に支出でございますが、1款1項の営業費用でございます。まず1目の原水及び浄水費で10億36万9,000円でございます。取水施設、浄水場の維持管理に要する経費と、県営水道からの県水受水費を予定いたしておるわけでございます。

 配水及び給水費、2目でございますが、これは配水管あるいは給水施設維持管理に要する費用でございますが3億3,624万4,000円でございます。

 3目の受託工事費につきましては1億886万7,000円でございます。

 業務費は7,863万5,000円。5目の総係費につきましては1億53万1,000円でございます。6目減価償却費で3億2,058万9,000円。7目の資産減耗費につきましては3,005万円でございます。

 それから、次の48ページにまいりまして、8目でございますが、その他営業費用といたしまして材料の売却代、原価及びその他営業費用でございますが6万5,000円でございます。

 2項の営業外費用でございますが、1目支払利息1億9,963万6,000円、消費税100万円、雑支出420万円という計上でございます。

 3項の特別損失としましては、3目の過年度の損益修正損69万円が主なものでございます。

 予備費につきましては100万円でございます。

 資本的収入及び支出でございますが、49ページでございます。

 収入から御説明申し上げますが、1款1項企業債におきまして、拡張事業に要する借入金でございますが8,000万円でございます。

 2項の一般会計出資金につきましては、これは石綿管の取りかえ、あるいは区画整理事業におきます配水管の布設等におきます一般会計からの出資金で2億6,500万円でございます。負担金につきましては、分担金あるいは配水管の布設負担金で3億4,112万円でございます。

 4項は固定資産の売却代金で1万円を上げております。

 それから、50ページにまいりまして支出でございますが、1款1項建設改良費におきまして、まず1目の水道施設の拡張事業でございますが、主に南部配水場の整備に要する経費を上げてございます。3億610万2,000円でございます。2目の配水設備増補改良事業につきましては、申し込みによる配水管の布設8,870メートル、区画整理事業におきます配水管の布設6,647メートル、計1万5,517メートルを布設する予定でございます。なお、石綿管の布設がえにつきましては3,190メートルを予定した額7億506万円でございます。3目の取水施設増補改良費につきましては、水源浄水場16ろ過地の電動弁の取替工事等を行う経費でございまして、1億3,309万8,000円でございます。4目の営業設備費につきましては2,401万1,000円でございまして、資産の購入費でございます。

 2項の企業債償還金につきましては、企業債元金償還金で1億34万8,000円でございます。

 以上が予算の内容でございますが、説明書の説明は省略させていただきますが、398ページ以降に平成3年度の予定貸借対照表、平成2年度の予定損益計算書、同じく平成2年度の予定貸借対照表、企業会計給与費明細書、継続費に関する調書等を添付しておきましたので、御参照の上、よろしく御審議を賜りたいと存じます。

 以上でございます。



○議長(神谷鋭治) 

 以上で、説明は終わりました。

 質疑は、次の会議でお願いいたします。

 以上で、本日の議事日程は全部終了いたしました。

 次の会議は3月11日、午前10時より再開いたします。

 本日は、これをもって延会いたします。

                           午後2時05分 延会