議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 刈谷市

平成27年  3月 定例会 03月24日−資料




平成27年  3月 定例会 − 03月24日−資料







平成27年  3月 定例会



会議日程



月日
曜日
時間
会議名
会議内容


2月19日

午前10時
本会議
開会 会議録署名議員の指名会期の決定 平成27年度施政方針及び議案の大綱説明 平成27年度教育行政方針説明 報告 議案上程説明 質疑 委員会付託 議案上程説明 質疑 予算審査特別委員会設置 委員会付託


20日

 
 
 


21日

 
休会
 


22日

 
休会
 


23日

 
 
 


24日

 
 
 


25日

 
 
 


26日

 
 
 


27日

 
 
 


28日

 
休会
 


3月 1日

 
休会
 


2日

 
 
 


3日

午前10時
本会議
質問質疑


4日

午前10時
本会議
質問質疑(続)


5日

 
 
 


6日

午前10時
本会議
質問質疑(続) 委員会付託


終了後
予算審査特別委員会
分科会設置・分科会付託


7日

 
休会
 


8日

 
休会
 


9日

 
 
 


10日

午前10時
企画総務委員会・分科会
付託案件審査


11日

午前10時
福祉経済委員会・分科会
付託案件審査


12日

午前10時
建設水道委員会・分科会
付託案件審査


13日

午前10時
文教委員会・分科会
付託案件審査


14日

 
休会
 


15日

 
休会
 


16日

 
 
 


17日

 
 
 


18日

 
 
 


19日

 
 
 


20日

 
 
 


21日

 
休会
 


22日

 
休会
 


23日

午前10時
予算審査特別委員会
付託案件審査


終了後
議会運営委員会
 


24日

午前10時
本会議
委員長報告 委員長報告に対する質疑・討論 採決 議員提出議案上程説明 質疑・討論 委員会付託省略 採決 閉会



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

請願文書表



受理年月日
平成27年2月12日
受理番号
第1号


件名
子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)副反応被害者救済と接種後の全体調査を求める請願


請願者
住所氏名
刈谷市今川町井田58
   塚本隆則


紹介議員
岡本 優  加藤賢次  山崎高晴


付託委員会
福祉経済委員会



請願趣旨

 子宮頸がん予防ワクチンとしてサーバリックス及びガーダシルが認可され、刈谷市においても平成23年2月から無料で接種できるようになりました。

 しかし、ワクチンを接種したことで、痛みにより一時的に気を失ったり、接種後の発熱などの副反応の事例が全国的に報じられています。刈谷市でも7名の副反応が報告され、そのうち2名が現在でも病状回復していないと聞いています。

 平成25年6月14日に開催された平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、「子宮頸がん予防ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が、接種後に特異的にみられたため、この副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」とされており、現在刈谷市においても接種は無料でできるものの、積極的な勧奨は差し控えられています。

 さらに、平成26年10月19日には、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会愛知県支部が設立され、11月末現在、愛知県だけでも27名の被害者登録があります。その後も4名の被害者と思われる方からの連絡があり、今後も登録者が増加していく可能性があります。

 子宮頸がんワクチン副反応に対する治療法は未だ見つかっておらず、原因不明の症状でたくさんの少女や成人女性が苦しんでいます。また、副反応だと気付かず、回復の見込みもなく苦しんでいる方がいることも否定できません。

 以上の趣旨から、国に対して、下記の事項に係る意見書を提出していただきますよう請願します。

請願事項

1 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)を接種したすべての人を対象とする統一的な健康追跡調査を実施し、因果関係の究明を図ること。

2 被害者への手厚い救済を実施し、副反応被害の様々な諸症状の治療法を確立するとともに、検査及び治療費を助成すること。

3 学業及び就労に支障をきたしている被害者及びその家族への配慮や支援を行うこと。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議員提出議案第1号

   刈谷市中小企業振興基本条例の制定について

 刈谷市中小企業振興基本条例を次のように定めるものとする。

  平成27年2月19日提出

                            刈谷市議会議員

                              山本シモ子

                              野村武文

                              新村健治

   刈谷市中小企業振興基本条例

 私たちのまち刈谷は、愛知県のほぼ中央の西三河地区の西端に位置し、県では11番目の人口を有します。境川の他にいずれも境川水系の逢妻川、猿渡川等の中小河川が市内を東西に横断するように流れ、それぞれの流域に小規模ながら沖積平野を形成しています。北部周辺は、天然記念物である小堤西池のカキツバタ群落など自然が残る地域があります。現在、刈谷駅北口はトヨタグループの主要企業本社があり、駅南口は商業施設や公共施設が整っています。

 また、主要国県道が縦横に交差する交通の要衝地でもあることから、小規模企業も含め、多くの中小企業が立地しています。中小企業は、地域経済を牽引する大きな力であるとともに、雇用の確保にも重要な役割を占めています。また、地域に根ざした活動を通じて地域社会に貢献する役割も担っており、私たちの暮らしと密接に関わっています。

 こうした中小企業の成長発展は、豊かな市民生活、継続的な市勢の進展に不可欠であることから、中小企業の持つ個性や可能性を十分に発揮できるよう、常に励まし、応援することが必要です。

 私たちは、こうした考えのもと、中小企業の成長発展を図ることを目指し、ここに刈谷市中小企業振興基本条例を制定します。

 (目的)

第1条 この条例は、中小企業の振興について、市、中小企業者、大企業者及び市民の役割等を明らかにするとともに、市が実施する中小企業の振興に関する施策の基本方針を定めることにより、中小企業の振興に関する施策を総合的に推進し、もって市内経済の発展及び市民生活の向上に寄与することを目的とする。

 (定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1)中小企業者 中小企業基本法(昭和38年法律第154号。以下「法」という。)第2条第1項各号のいずれかに該当する者で、市内に事務所又は事業所を有するものをいう。

(2)大企業者 中小企業者以外の事業者で、市内に事務所又は事業所を有するものをいう。

 (市の役割)

第3条 市は、中小企業の振興に関する施策を総合的に策定し、及び実施するものとする。

2 市は、中小企業の振興に関する施策の策定及び実施に当たっては、地域性を考慮し、及び中小企業の実態を把握するとともに、中小企業者の意見を反映し国、関係地方公共団体、中小企業者、中小企業又は地域産業の振興を目的とする団体、大企業者及び市民と協力して、効果的に行うよう努めるものとする。

 (中小企業者の役割)

第4条 中小企業者は、自ら率先して経営の革新(法第2条第2項に規定する経営の革新をいう。以下同じ。)経営基盤の強化及び経済的社会的環境の変化への即応に努めるものとする。

2 中小企業者は、市が実施する中小企業の振興に関する施策に協力するよう努めるものとする。

3 中小企業者は、地域社会の一員としての社会的責任を果たし、暮らしやすい地域社会の実現に努めるものとする。

 (大企業者の役割)

第5条 大企業者は、地域社会の一員としての社会的責任を果たすとともに、中小企業が自らの事業活動の維持及び発展のために重要な存在であることを認識し、中小企業との連携に努めるものとする。

2 大企業者は、中小企業の振興が市内経済の発展において果たす役割の重要性を理解し、市が実施する中小企業の振興に関する施策に協力するよう努めるものとする。

 (市民の理解及び協力)

第6条 市民は、中小企業の振興が市民生活の向上において果たす役割の重要性を理解し、中小企業の健全な発展に協力するよう努めるものとする。

 (施策の基本方針)

第7条 市は、中小企業の振興に関する施策の策定及び実施に当たっては、次に掲げる事項を基本として行うものとする。

(1)中小企業の経営の革新を図ること。

(2)中小企業の人材の育成、雇用の安定、資金調達の円滑化その他の経営基盤の強化を図ること。

(3)中小企業の創業の促進及び事業の継続を図ること。

(4)中小企業と国、関係地方公共団体、大企業及び大学等の研究機関との連携並びに中小企業者相互の連携の促進を図ること。

(5)中小企業が地域社会と協力して取り組む活動の促進を図ること。

(6)中小企業の振興に関する市民の理解及び協力の促進を図ること。

 (財政上の措置)

第8条 市は、中小企業の振興に関する施策を推進するため、必要な財政上の措置を講ずるよう努めるものとする。

   附則

 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

   提案理由

 この案を提出したのは、市内の中小企業の振興と地域経済の発展のために必要があるからである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議員提出議案第2号

   刈谷市議会委員会条例の一部改正について

 刈谷市議会委員会条例の一部を改正する条例を次のように定めるものとする。

  平成27年3月24日提出

                            刈谷市議会議員

                              中嶋祥元

                              黒川智明

                              加藤賢次

                              鈴木絹男

                              神谷昌宏

                              白土美恵子

   刈谷市議会委員会条例の一部を改正する条例

 刈谷市議会委員会条例(昭和31年条例第30号)の一部を次のように改正する。

 第20条「教育委員会の委員長」を「教育委員会の教育長」に改める。

   附則

 (施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

 (経過措置)

2 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)附則第2条第1項の場合においては、この条例による改正後の刈谷市議会委員会条例第20条の規定は適用せず、この条例による改正前の刈谷市議会委員会条例第20条の規定は、なおその効力を有する。

   提案理由

 この案を提案したのは、地方自治法の一部改正に伴い必要があるからである。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議員提出議案第3号

   子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)副反応被害者救済と接種後の全体調査を求める意見書

 上記の議案を次のとおり提出する。

  平成27年3月24日

                            刈谷市議会議員

                              中嶋祥元

                              黒川智明

                              新海真規

                              加藤賢次

                              鈴木絹男

                              神谷昌宏

                              白土美恵子

                              山本シモ子

   提案理由

 この案を提案したのは、子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)副反応被害者救済と接種後の全体調査を国に対し要望するため。

   子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)副反応被害者救済と接種後の全体調査を求める意見書

 子宮頸がん予防ワクチンとしてサーバリックス及びガーダシルが認可され、刈谷市においても平成23年2月から無料で接種できるようになりました。

 しかし、ワクチンを接種したことで、痛みにより一時的に気を失ったり、接種後の発熱などの副反応の事例が全国的に報じられています。刈谷市でも7名の副反応が報告され、そのうち2名が現在でも病状回復していないと聞いています。

 平成25年6月14日に開催された平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、「子宮頸がん予防ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が、接種後に特異的にみられたため、この副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」とされており、現在刈谷市においても接種は無料でできるものの、積極的な勧奨は差し控えられています。

 さらに、平成26年10月19日には、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会愛知県支部が設立され、11月末現在、愛知県だけでも27名の被害者登録があります。その後も4名の被害者と思われる方からの連絡があり、今後も登録者が増加していく可能性があります。

 子宮頸がんワクチン副反応に対する治療法は未だ見つかっておらず、原因不明の症状でたくさんの少女や成人女性が苦しんでいます。また、副反応だと気付かず、回復の見込みもなく苦しんでいる方がいることも否定できません。

 よって、国においては、以上の現状を踏まえ、以下の事項について適切な措置を講ずるよう強く要望します。

                    記

 1 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)を接種したすべての人を対象とする統一的な健康追跡調査を実施し、因果関係の究明を図ること。

 2 被害者への手厚い救済を実施し、副反応被害の様々な諸症状の治療法を確立するとともに、検査及び治療費を助成すること。

 3 学業及び就労に支障をきたしている被害者及びその家族への配慮や支援を行うこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成27年3月24日

                                  刈谷市議会

                             平成27年3月10日

 刈谷市議会議長

  佐野泰基様

                              企画総務委員会

                               委員長 清水行男

                  委員会報告書

 本委員会は、付託等されました案件について、下記のとおり審査しましたので、刈谷市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                    記

1 審査日  平成27年3月10日

2 出席者  委員全員

3 審査結果

 (1)議案第1号 刈谷市行政手続条例の一部改正について

                                   原案可決

 (2)議案第2号 刈谷市職員の公益的法人等への派遣に関する条例の一部改正について

                                   原案可決

 (3)議案第3号 刈谷市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (4)議案第4号 特別職に属する職員の給与及び旅費に関する条例の一部改正について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (5)議案第5号 刈谷市特別職報酬等審議会設置条例及び特別職に属する職員の退職手当支給条例の一部改正について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (6)議案第6号 職員の給与に関する条例の一部改正について

                                   原案可決

 (7)議案第7号 刈谷市職員退職手当支給条例の一部改正について

                                   原案可決

 (8)議案第8号 刈谷市職員の配偶者同行休業に関する条例の制定について

                                   原案可決

 (9)議案第9号 刈谷市消防団条例の一部改正について

                                   原案可決

 (10)議案第18号 刈谷市報酬額及び費用弁償額並びにその支給方法に関する条例の一部改正について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

                             平成27年3月11日

 刈谷市議会議長

  佐野泰基様

                              福祉経済委員会

                               委員長 新海真規

                  委員会報告書

 本委員会は、付託等されました案件について、下記のとおり審査しましたので、刈谷市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                    記

1 審査日  平成27年3月11日

2 出席者  委員全員

3 審査結果

 (1)請願第1号 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)副反応被害者救済と接種後の全体調査を求める請願

          採択、趣旨採択の意見があり、まず、趣旨採択について起立採決の結果、起立少数により、趣旨採択を否決

          次に、採択、不採択について、起立採決の結果、起立多数により、採択

                                   原案可決

 (2)議案第10号 刈谷市介護保険条例の一部改正について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (3)議案第11号 刈谷市介護サービス事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部改正について

                                   原案可決

 (4)議案第12号 刈谷市児童クラブ施設条例の一部改正について

                                   原案可決

 (5)議案第13号 刈谷市保育の実施に関する条例の廃止について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (6)議案第14号 刈谷市立保育所設置条例の一部改正について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (7)議員提出議案第1号 刈谷市中小企業振興基本条例の制定について

                   起立採決の結果、起立少数により、原案否決

                             平成27年3月12日

 刈谷市議会議長

  佐野泰基様

                              建設水道委員会

                               委員長 黒川智明

                  委員会報告書

 本委員会は、付託等されました案件について、下記のとおり審査しましたので、刈谷市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                    記

1 審査日  平成27年3月12日

2 出席者  委員全員

3 審査結果

 (1)議案第15号 市道路線の認定について

                                   原案可決

 (2)議案第16号 刈谷市公共駐車場条例の一部改正について

                                   原案可決

 (3)議案第17号 刈谷市手数料条例の一部改正について

                                   原案可決

                             平成27年3月13日

 刈谷市議会議長

  佐野泰基様

                              文教委員会

                               委員長 加藤峯昭

                  委員会報告書

 本委員会は、付託等されました案件について、下記のとおり審査しましたので、刈谷市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                    記

1 審査日  平成27年3月13日

2 出席者  委員全員

3 審査結果

 (1)議案第19号 西三河地方教育事務協議会規約の一部変更について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (2)議案第20号 刈谷市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する等の条例の制定について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (3)議案第21号 刈谷市教育委員会教育長の勤務時間等に関する条例の制定について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (4)議案第22号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (5)議案第23号 刈谷市コミュニティ施設条例の一部改正について

                                   原案可決

 (6)議案第24号 刈谷市生涯学習センター条例の一部改正について

                                   原案可決

                             平成27年3月23日

 刈谷市議会議長

  佐野泰基様

                              予算審査特別委員会

                               委員長 加藤賢次

                  委員会報告書

 本委員会は、付託等されました案件について、下記のとおり審査しましたので、刈谷市議会会議規則第103条の規定により報告します。

                    記

1 審査日  平成27年3月6日及び平成27年3月23日

2 出席者  委員全員

3 審査結果

 (1)議案第25号 平成26年度刈谷市一般会計補正予算(第5号)

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (2)議案第26号 平成26年度刈谷市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

                                   原案可決

 (3)議案第27号 平成26年度刈谷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

                                   原案可決

 (4)議案第28号 平成26年度刈谷市介護保険特別会計補正予算(第3号)

                                   原案可決

 (5)議案第29号 平成27年度刈谷市一般会計予算

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (6)議案第30号 平成27年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計予算

                                   原案可決

 (7)議案第31号 平成27年度刈谷市刈谷野田北部土地区画整理事業特別会計予算

                                   原案可決

 (8)議案第32号 平成27年度刈谷市下水道事業特別会計予算

                                   原案可決

 (9)議案第33号 平成27年度刈谷市国民健康保険特別会計予算

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (10)議案第34号 平成27年度刈谷市後期高齢者医療特別会計予算

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (11)議案第35号 平成27年度刈谷市介護保険特別会計予算

                   起立採決の結果、起立多数により、原案可決

 (12)議案第36号 平成27年度刈谷市水道事業会計予算

                                   原案可決