議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 刈谷市

平成 4年  3月 定例会 03月03日−02号




平成 4年  3月 定例会 − 03月03日−02号







平成 4年  3月 定例会



議事日程第3号

                           平成4年3月3日(火)

                             午前10時開議

日程第1 議案第24号 平成4年度刈谷市一般会計予算

日程第2 議案第25号 平成4年度刈谷市刈谷富士松土地区画整理事業特別会計予算

日程第3 議案第26号 平成4年度刈谷市刈谷半城土高須土地区画整理事業特別会計予算

日程第4 議案第27号 平成4年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計予算

日程第5 議案第28号 平成4年度刈谷市北刈谷第二土地区画整理事業特別会計予算

日程第6 議案第29号 平成4年度刈谷市下水道事業特別会計予算

日程第7 議案第30号 平成4年度刈谷市国民健康保険特別会計予算

日程第8 議案第31号 平成4年度刈谷市老人保健特別会計予算

日程第9 議案第32号 平成4年度刈谷市交通災害共済事業特別会計予算

日程第10 議案第33号 平成4年度刈谷市水道事業会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

  1 議案第24号 平成4年度刈谷市一般会計予算

  2 議案第25号 平成4年度刈谷市刈谷富士松土地区画整理事業特別会計予算

  3 議案第26号 平成4年度刈谷市刈谷半城土高須土地区画整理事業特別会計予算

  4 議案第27号 平成4年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計予算

  5 議案第28号 平成4年度刈谷市北刈谷第二土地区画整理事業特別会計予算

  6 議案第29号 平成4年度刈谷市下水道事業特別会計予算

  7 議案第30号 平成4年度刈谷市国民健康保険特別会計予算

  8 議案第31号 平成4年度刈谷市老人保健特別会計予算

  9 議案第32号 平成4年度刈谷市交通災害共済事業特別会計予算

 10 議案第33号 平成4年度刈谷市水道事業会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(31名)

      1番 岡本博和君  2番 井上 勉君

      3番 川合友治君  4番 星野雅春君

      5番 藤井 理君  6番 佐原祐三君

      7番 佐野泰基君  8番 杉浦世志朗君

      9番 月脚治隆君 10番 渡辺公造君

     11番 神谷貞明君 12番 長沢清之君

     13番 岡田正之君 14番 長谷川稔明君

     15番 近藤 勲君 17番 渡辺金也君

     18番 水沢利雄君 19番 稲垣鍵一君

     20番 伊藤直樹君 21番 石川良雄君

     22番 遠藤時彦君 23番 加藤和義君

     24番 鈴木重明君 25番 近藤拓治君

     26番 久野金春君 27番 近藤天海君

     28番 本多耕三君 29番 井上和恵君

     30番 伊藤達夫君 31番 酒井 博君

     32番 野村彦次君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(1名)

     16番 宮田 鈞君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため議場に出席した者(21名)

   市長         角岡 与君 助役        青木くに雄君

   収入役        宮田幸一君 教育長       近藤啓七君

   市長公室長      小山栄俊君 総務部長      山岡種臣君

   市民部長       加藤直樹君 福祉部長      稲垣健允君

   経済環境部長     平山昭雄君 建設部長      林  尚君

   都市計画部長     稲垣利彦君 開発部長      渡辺恒夫君

   水道部長       近藤尚道君 消防長       江坂素一君

   教育部長       三浦俊正君 児童援護課長    竹本 薫君

   商工課長       鈴木 宏君 再開発課長     矢藤了市君

   総合運動公園事業室長 石川けい一君 教育委員会庶務課長 鈴木しん吾君

   体育課長兼国民体育  西口俊文君

   大会準備室長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員(7名)

      議会事務局長   斎藤輝雄君

      議会事務局長補佐 沢田万寿男君

      庶務係長     鈴木哲雄君

      議事係長     小林俊雄君

      主査       加藤孝史君

      書記       石川敏彦君

      書記       神谷孝彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                           午前10時00分開会



○議長(酒井博) 

 ただいまから、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付いたしてあります議事日程表のとおりでありますので、御了承を願います。

 これより日程に入ります。

 日程第1から日程第10まで、すなわち議案第24号平成4年度刈谷市一般会計予算から議案第33号平成4年度刈谷市水道事業会計予算までの10議案を一括して議題といたします。

 昨日に引き続き、順次当局より説明を願います。

 教育部長・・・



◎教育部長(三浦俊正) 

 一般会計の予算説明書をお願いいたしたいと思います。教育費の御説明を申し上げます。211ページをお願いいたします。

 10款教育費の1項1目教育委員会費354万3,000円でございますが、教育委員さんの人件費のほか経常的経費を、実績に基づき計上させていただきました。

 次に212ページをお願いいたします。2目事務局費は2億257万円でございます。職員の人件費のほか、昨年からお願いしております私立高等学校授業料補助金といたしまして、19節に840万円を計上いたしております。

 次に214ページをお願いいたします。3目教育指導費5,522万6,000円につきましては、経常的経費のほか主なものは、引き続き、中学校の英語指導助手2人の経費を、各節に1,418万4,000円、また19節には文部省奉仕等体験学習研究推進校、これは平成小学校でございますが、それの補助金150万円を。また、中学校の2年生全員と幼稚園児全員に、情緒豊かな人間形成のため、3年度同様、観劇の機会を与えるための経費356万2,000円を各節に計上いたしました。さらに、日系ブラジル人の子供さんが増加しておりますので、新規にポルトガル語の通訳ができる人を通じて、生活指導等の手助けをする経費、8節に192万円を計上いたしました。

 次に216ページをお願いいたします。4目市史編さん費として3,678万8,000円をお願いしております。4年度は6巻目となります第3巻の本文編・近代の発行に取りかかります。

 次に217ページをお願いいたします。

 2項1目学校管理費8億1,209万円を計上いたしました。職員の人件費、小学校の管理費等のほか校舎・体育施設の整備費、管理用備品の購入等であります。校舎改修では、小垣江小学校の大規模改修及びかりがね小学校の大規模改修設計費3億3,000万円。それから、図書の充実費といたしまして、11節、18節に1,000万円をお願いいたしております。また、小学校3校にケーブルテレビを導入いたします経費763万円を各節に計上いたしております。

 次に220ページをお願いいたします。2目教育振興費でございますが1億4,770万2,000円を計上いたしました。卒業記念品代等経常経費のほか副読本、教材等充実費として2,704万2,000円。OHP、ミシン等の教材用備品といたしまして、11節、18節に1,500万円を。また、指導要領改訂に伴うビデオ教材など購入費として574万2,000円。指導書等購入費を11節、18節に6,123万3,000円をお願いいたしております。

 次に221ページをお願いいたします。

 3項1目学校管理費3億7,195万4,000円を計上いたしました。職員の人件費、中学校の管理費等経常的経費のほか、校舎、体育施設、屋外環境整備等が主なものであります。中学校におきましても、図書充実費といたしまして、11節、18節に1,000万円。また、小学校同様2つの中学校にケーブルテレビを導入する経費552万3,000円をお願いしております。

 次に224ページをお願いいたします。2目教育振興費は8,697万円を計上いたしました。副読本、教材等充実費といたしまして1,995万4,000円。指導要領改訂に伴うところの備品、これはポケットコンピューターなどでありますが、それの購入費を11節、18節に425万4,000円をお願いいたしております。

 次に225ページをお願いいたします。

 4項1目幼稚園費は7億6,519万5,000円でございます。職員の人件費等経常的経費のほか主なものは、施設整備費といたしまして、15節、18節に2,000万円。積み木、ピアノなど管理用備品購入費といたしまして18節に625万4,000円。保育室の扇風機、テレビ等購入費として18節に1,078万4,000円をお願いいたしております。また、図書充実費といたしまして、11節に350万円を。また、小中学校と同様4つの園におきましても、ケーブルテレビを導入する経費401万5,000円を各節にお願いしております。

 次に228ページをお願いいたします。2目幼稚園建設費6億4,757万4,000円でございますが、老朽化いたしましたかりがね幼稚園を、現在地で改築する経費であります。鉄筋コンクリート造り2階建てで、保育室10室を予定しており、土地の有効利用に努める所存でございます。

 次に、5項社会教育費の説明に入ります。

 1目社会教育総務費では1億6,535万2,000円をお願いしております。職員の人件費のほか生涯学習推進の一環として生涯学習事業案内書作成費等、これを各節に772万2,000円をお願いしております。また、市民休暇村建設調査費として340万9,000円を。また、19節には小垣江新田集会所建築費補助金1,074万2,000円。愛知県青年文化活動発表会が刈谷市て開催されることに伴うところの補助金として80万円を19節に計上いたしております。

 次に233ページをお願いいたします。2目社会教育センター費として4,303万4,000円をお願いしております。職員の人件費のほか市民講座開設事業費153万9,000円。母と子の公民館活動促進事業費といたしまして191万円。会議用いす等管理用備品購入費200万円をお願いしております。また、社会教育センターにもケーブルテレビを導入し活用する経費102万7,000円をお願いしております。

 次に235ページをお願いいたします。3目図書館費でございますが3億4,137万2,000円を計上いたしました。職員の人件費等経常的経費のほか12節、14節に、愛知県図書館とオンラインで結び、検索システムを導入する経費96万7,000円。また11節には城町分館の雨漏り補修費等1,000万円。中央図書館へのケーブルテレビ導入費120万8,000円。それに図書館の建設基金から生ずる利子を積み立てるための経費、これは25節でありますが3,137万7,000円を計上いたしております。

 次に239ページをお願いいたします。4目青少年センター費におきましては2,514万5,000円を計上いたしました。職員の人件費等青少年の健全育成のための経費でありまして、非行防止や家庭教育のリーフレット作成等に要する経費をお願いいたしております。

 次に241ページをお願いいたします。5目郷土資料館費でありますが4,484万9,000円をお願いいたしました。職員の人件費のほか13節に貴重な民族資料の被覆燻蒸委託料として72万5,000円。また、昭和55年の開館以来展示されております山車の傷みが非常に激しいために、これを解体修繕するための経費、11節に1,900万円をお願いいたしております。

 次に244ページをお願いいたします。6目美術館管理費には7,499万6,000円をお願いいたしております。職員の人件費のほか展示パネル購入費といたしまして200万円。美術館収蔵美術品の管理、記録等のための写真撮影に要します経費250万円を13節に。それに業務車1台の更新経費、ケーブルテレビ導入経費等を計上いたしております。

 次に247ページをお願いいたします。7目美術館事業費では1億6,471万7,000円をお願いいたしております。昭和58年6月11日オープンしまして、4年度は開館10周年に当たります。したがいまして、これを記念して、有料展示会といたしまして、日本画の後藤純男展の企画費2,291万4,000円、これを各節に。また、洋画の奥谷博展の企画費1,701万3,000円をそれぞれ各節に。無料展といたしましては、彫刻の松本光司展を計画いたしております。また、企画展記念作品購入費といたしまして3,000万円。25節には美術品等の購入基金積立金といたしまして6,333万7,000円をお願いいたしております。

 次に248ページをお願いいたします。8目市民センター費は1億5,079万9,000円でございます。職員の人件費のほか、市内4ヵ所の市民センターの維持管理費及び運営費を計上いたしております。市民講座開設委託料327万3,000円、東刈谷市民センターへのケーブルテレビ導入経費135万9,000円が主なものであります。

 次に251ページをお願いいたします。9目市民館建設費で4億539万円をお願いしております。これは井ヶ谷市民館建設に要します経費1億2,574万2,000円を計上しておりますが、財源の一部として、井ヶ谷地区から1,482万7,000円を御寄附いただく予定になっております。それに、今岡市民館建設費として9,609万2,000円を計上いたしました。また、熊地区の市民館建設用地として約1,300平方メートルの土地購入費及び調査設計費として1億8,355万5,000円を各節にお願いしております。

 次に252ページをお願いいたします。

 6項1目保健体育総務費に6,800万7,000円を計上いたしました。主なものは、小学校5年生のみどりの学校、これは県の野外教育センターを使用するわけでありますが、それの実施事業費、児童、生徒、教職員の健康診断に要する経費及び学校保育の活動費であります。また、今年度から、小児期における成人病予防対策の重要性にかんがみまして、小学校6年生を対象に採血検査を行い、肥満予防等に努める経費といたしまして、12節に313万3,000円をお願いしております。

 次に253ページをお願いいたします。2目体育振興費は3,621万4,000円を計上いたしました。8節に国体及び全国大会に出場する選手に対する激励金310万円を初めといたしまして、体育振興に要する経費をお願いしております。また、第7回全日本選抜女子サッカー大会開催委託料を13節に250万円。また、生涯スポーツに対する欲求の高まり、重要性にかんがみまして、専門家のお知恵をお借りして、スポーツマスタープランを策定する経費として、11節、13節に400万円をお願いしております。

 次に255ページをお願いいたします。3目体育施設管理費に12億1,679万7,000円をお願いしております。職員の人件費のほか体育館及び刈谷グランドと、体育課管理の洲原温水プールを除きますすべての運動施設の管理運営費が計上されております。4年度は、わかしゃち国体に向けまして体育館の空調設備、天井を張る作業、壁の塗装等、それから備品の一部更新等、これを県費補助を得まして整備する経費として8億564万7,000円をお願いしております。さらに、国体関連で港町グランドの整備費として、駐車場用地として370平方メートルの土地購入費及び工事用搬入路等の整備費として6,593万円を計上いたしました。そのほかグラウンド整備用備品、業務車1台の更新費をお願いしております。

 次に258ページをお願いいたします。4目体育施設事業費では731万円を計上いたしました。主なものは、各種スポーツ教室の実施や指導員のユニホーム購入費250万2,000円であります。次の259ページをお願いします。5目給食センター費で9億901万8,000円を計上いたしました。主なものは、職員の人件費を初め小中学校の児童、生徒の給食を賄う材料費、それに第一学校給食センターのロースター取替工事費1,300万円を15節に。第二学給食センターの施設改修費として、同じく15節に650万円。第一、第二とも、学校給食センターの保温食缶及びフードスライサーの更新費として11節、18節に710万円。それに第一学校給食センターへのケーブルテレビ導入費73万5,000円であります。

 次に262ページをお願いいたします。6目温水プール管理費では9,705万5,000円をお願いしております。洲原の温水プールの管理運営に要する経常的な経費でございます。

 次に264ページをお願いいたします。7目国民体育大会費は3,189万4,000円で、第49回国民体育大会を市民総ぐるみで御協力願い、刈谷市実行委員会への負担金として2,729万円など開催準備経費でございます。

 次の265ページをお願いいたします。8目野球場整備事業費でありますが、4年度に2億1,701万5,000円をお願いしております。これは、かねてから課題となっておりました刈谷グランドの整備費であります。改築設計は既に完了しておりますが、諸般の情勢により設計変更をいたしたく、その経費を13節に1,000万円お願いしております。変更設計書ができました時点で内容を御説明申し上げ、御了承を得た後、現グラウンド施設を取り壊しし、4年度、5年度の継続事業として、4年度は基礎工事を行い、5年度で建築工事を予定するものであります。改修事業費は、総額で19億9,800万円でありまして、うち4年度は、先ほど申し上げました2億701万5,000円をお願いするものであります。改修は急を要するものでありますので、格別の御理解をお願い申し上げます。

 以上で歳出の説明を終わりますけれども、各項目とも実績を勘案してお願いしておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 次に、歳入の説明に入ります。16ページをお願いいたします。

 9款1項6目教育使用料で2億1,308万2,000円の計上でございます。幼稚園使用料、美術館使用料、体育施設使用料を、実績に基づき計上いたしましたが、幼稚園使用料につきましては、一般議案て御説明申し上げましたとおり、年額8万1,600円を8万7,600円に改定させていただく計算となっております。御理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 次に18ページをお願いいたします。

 9款2項7目教育手数料として、体育館におきますエアライフル射撃の証明手数料4,000円を見込み計上いたしました。

 次に21ページをお願いいたします。

 10款2項7目教育費国庫補助金5,573万7,000円を見込んでおります。かりがね幼稚園の改築費補助金として3,878万8,000円。それ以外は経常恒例的な補助金でございます。

 次に28ページをお願いいたします。

 11款1項7目教育費県補助金9,500万7,000円を見込みました。29ページに、国体関係の補助金といたしまして体育館改修費補助金として8,000万円及び国体準備推進補助金20万円を計上いたしました。そのほかは恒例的な補助金でございます。

 次に31ページをお願いいたします。

 3項6目教育費委託金18万円は、学校基本調査委託金と交通安全教育講座の開設委託金であります。

 32ページをお願いいたします。

 12款1項2目利子及び配当金のうち4,471万4,000円が関係分でございまして、図書館建設基金積立金利子及び美術品等購入基金積立金利子であります。

 次に34ページをお願いいたします。

 13款1項6目教育費寄附金として1,482万7,000円を見込み計上いたしましたが、歳出で御説明いたしました井ヶ谷市民館建設に係る寄附金であります。

 次に37ページをお願いいたします。

 16款4項2目雑入でありますが、6節学校健康センター共済掛金収入のうち443万1,000円が関係分であります。次に38ページをお願いいたします。11節に体育館施設事業収入806万3,000円を見込みました。12節給食費徴収金のうち5億6,642万9,000円が関係分でありますが、学校給食の賄い材料の実費徴収金であります。現在の徴収金は、昭和60年4月以来7年間据え置きとなっておりまして、現在では所要栄養量の基準確保が困難となってまいりましたので、4年度から1食当たり、小学校180円を200円に、中学校206円を230円に改定させていただく計算となっております。御理解をお願いしたいと思います。次に14節雑入でありますが、関係分は40ペ一ジの美術館入場料収入、これを初め教育委員会の9課にわたります14項目4,574万5,000円であります。

 次に42ページをお願いいたします。

 17款1項4目教育債で5,820万円を計上いたしました。これはかりがね幼稚園の建設事業債で、見込み計上をいたしております。

 以上で説明を終わります。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 開発部長・・・



◎開発部長(渡辺恒夫) 

 議案第25号平成4年度刈谷市刈谷富士松土地区画整理事業特別会計予算について御説明を申し上げます。

 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ5,056万4,000円と定めるものでございます。説明書の289ページをお願いいたします。

 1款1項1目事業費でございますが、本年度は事業の終息準備のための経費でございまして、主なものは、次のページをお願いいたします。13節委託料でございますが、事業計画の変更委託料、換地計画の委託料、道路・公園等の公共施設管理替業務の委託料のほか、修繕工事費として190万円でございます。平成5年度に換地処分を行い、事業を完了したいと考えております。

 285ページをお願いいたします。

 歳入でございますが、主なものは一般会計からの繰入金5,041万2,000円でございます。

 次に議案書の15ページ、議案第26号をお願いいたします。

 議案第26号平成4年度刈谷市刈谷半城土高須土地区画整理事業特別会計予算について御説明を申し上げます。

 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3億6,029万9,000円と定めるものであります。

 説明書の299ページをお願いいたします。

 1款1項1目事業費で、主なものにつきましては、次のページをお願いいたします。13節委託料、建物等の調査査定の委託、境界杭の設置委託料等でございまして、15節工事請負費におきましては、排水管の布設工事、道路築造316メートルの工事費、整地工事費、仮設倉庫の建築工事費1棟分でございまして、22節補償費では10戸分の物件移転を予定しております。

 295ページをお願いいたします。

 歳入でございますが、1款事業収入として1億1,014万8,000円の保留地処分金を見込んでおります。

 2款繰入金は、一般会計の繰入金2億5,000万円でございます。

 3款繰越金、4款諸収入につきましては、前年度同額を見込み計上しております。

 次に、予算書の18ページをお願いいたします。

 議案第27号平成4年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計予算について御説明を申し上げます。

 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ11億6,402万9,000円と定めるものでございます。

 第2条の地方債につきましては、22ページをお願いいたします。第2表地方債、1,980万円の限度額で、起債の方法につきましては普通貸借であり、利率は7.5%以内で、償還の方法につきましては記載のとおりでございます。

 説明書の311ページをお願いいたします。

 1款1項1目事業費でございまして、主な事業について御説明を申し上げます。

 次のページをお願いいたします。13節委託料でございますが、主なものは、建物等の調査査定委託料30件分、橋りょうの改築設計委託料690万円は半ノ木橋でございます。15節工事請負費3億1,000万円は、道路築造で1億700万円、整地工事費で5,200万円、排水管布設工事費1億2,700万円であり、折戸川右岸に調整池を築造する工事費1,800万円、移転者用の仮設倉庫の建築工事2棟分500万円であります。22節の補償費は、物件移転補償費30件分を見込んでおりまして、事業の促進を図るものでございます。

 305ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項1目保留地処分金は4億2,929万6,000円を見込み、2款国庫支出金1項1目国庫補助金は、区画整理国庫補助金、臨時交付金合わせまして1億750万円を見込んでおります。

 次に3款県負担金1項県負担金69万7,000円は、県道に係る道路管理者負担金であります。

 4款繰入金は一般会計からの繰入金5億円であります。

 5款1項1目一般会計負担金につきましては、説明欄記載のとおりでございます。

 6款繰越金、7款諸収入は、それぞれ前年度同額であります。

 309ページ、8款市債1項1目市債1,980万円につきましては、国庫補助対象事業に対する起債でございます。

 予算書の23ページをお願いいたします。

 議案第28号平成4年度刈谷市北刈谷第二土地区画整理事業特別会計予算について御説明を申し上げます。

 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ9億1,619万6,000円と定めるものであります。

 説明書の321ページをお願いいたします。

 1款1項1目事業費で、主なものといたしましては、次のページをお願いいたします。13節委託料は、建物等の調査査定、出来形確認測量、基準点測量、街区測量等を委託するものでございます。15節工事請負費におきましては、道路築造工事費5,686万1,000円、整地工事費6,600平方メートルを予定し1,590万円、排水管布設工事費2,821万円であります。22節の補償費では、物件移転補償費として12件分を予定して2億2,076万円でございます。

 317ページをお願いいたします。

 歳入の1款1項1目仮清算徴収金は1億6,340万円であります。

 2項1目保留地処分金は6億5,238万3,000円で、5,000平方メートルを予定しております。

 2款の繰入金は、一般会計の繰入金1億円でございます。

 3款繰越金は、前年度同額30万円を。4款諸収入につきましても、それぞれ前年同額を見込み計上をいたしました。

 以上、よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 建設部長・・・



◎建設部長(林尚) 

 予算本書の26ページをお願いいたします。

 議案第29号平成4年度刈谷市下水道事業特別会計予算につきまして御説明を申し上げます。

 第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ31億8,989万2,000円と定めるものでございます。

 第2条といたしまして、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、30ページにございます第2表地方債によるものでございます。内容といたしましては、起債の目的は下水道施設整備事業、限度額は6億3,700万円、起債の方法は普通貸借、利率7.5%以内、償還の方法は付記のとおりでございます。

 予算説明書の333ページをお願いいたします。

 歳出につきまして御説明を申し上げます。

 1款1項1目の一般管理費でございますが2億1,747万5,000円の計上でございます。これは人件費のほか下水道事業の管理に伴う必要経費を各節に計上してございます。

 335ページをお願いいたします。2目の維持管理費といたしまして4億5,143万6,000円をお願いしております。主な内容といたしましては、13節の委託料、下水道台帳整備委託料といたしまして2,300万円をお願いしております。19節の負担金、補助及び交付金で、境川流域下水道維持管理費等負担金3億8,732万6,000円、水洗便所改造費資金利子補給といたしまして996万4,000円をお願いしております。

 337ページをお願いいたします。

 2項1目の下水道施設費といたしまして22億4,733万4,000円をお願いしておるわけでございます。これは下水道整備促進を図るための経費を各節に計上しております。主な内容といたしましては、13節の委託料で下水道築造工事調査設計委託料といたしまして1億8,300万円をもちまして、市原処理区、弁天処理区、日高処理区、重原処理区、下り松処理区、北刈谷第2処理区及び弁天川排水区に関します下水道築造のための調査設計でございます。15節の工事請負費でございますが、下水道築造工事費といたしまして16億2,870万円をお願いしておるわけでございまして、その工事内容といたしましては、市原処理区、弁天処理区、日高処理区、重原処理区、下り松処理区、北刈谷第2処理区、中部処理区の汚水管、雨水管等の整備をするものでございます。また、本管取付工事といたしまして5,093万3,000円をもちまして、取付工事の611ヵ所を予定しております。19節の負担金、補助及び交付金でございますが、境川流域下水道事業の建設負担金2億773万6,000円でございます。22節の補償、補填及び賠償金といたしまして、専用物件等の移転補償費1億6,299万3,000円をお願いするものでございます。

 338ページをお願いいたします。

 2款1項1目の元金といたしまして5,619万円をお願いしております。これは市債の償還元金でございます。

 2目の利子といたしまして2億1,745万7,000円を計上しております。これは未償還元金の利子でございます。

 歳入を御説明いたしますので327ページをお願いいたします。

 1款1項1目の下水道受益者負担金といたしまして7,387万9,000円でございます。

 2款1項1目の下水道使用料といたしまして2億4,176万2,000円をお願いするものでございます。

 328ページをお願いいたします。

 2項1目の下水道手数料といたしまして30万2,000円を計上しております。

 3款1項1目の国庫補助金におきましては、公共下水道整備事業費補助金といたしまして2億3,241万6,000円を見込んでおります。

 329ページをお願いいたします。

 4款1項1目の県補助金につきましても、公共下水道整備事業費補助金といたしまして800万円でございます。

 5款1項1目の一般会計繰入金といたしまして19億9,134万1,000円でございます。

 330ページをお願いいたします。

 6款1項1目の繰越金といたしまして6万円でございます。

 7款1項1目の市預金利子といたしまして1,000円でございます。

 331ページをお願いいたします。

 7款2項1目の延滞金といたしまして2,000円でございます。

 3項1目の雑入といたしまして512万9,000円でございます。主な内容といたしましては、消費税還付金502万8,000円を予定しております。

 8款1項1目の市債といたしましては6億3,700万円でございます。

 以上、よろしく御審議の上お願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 市民部長・・・



◎市民部長(加藤直樹) 

 続きまして、平成4年度刈谷市国民健康保険特別会計予算について御説明を申し上げます。

 予算本書の31ページでございます。

 平成4年度刈谷市の国民健康保険特別会計の予算は、次に定めるところによるというものでございまして、第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ37億3,945万7,000円と定めるものであります。

 以下、説明書に基づいて御説明をさせていただきます。

 説明書の351ページ、歳出からお願いを申し上げます。

 1款1項1目の一般管理費でございますが、予算額は7,683万3,000円をお願いいたしております。これにつきましては、国民健康保険事業の人件費、それから同事務に必要な経費を、それぞれ前年度の実績に基づきまして、各節に配分をさせていただいたものでございます。

 次に353ページでございますが、2目の連合会負担金の関係でございます。98万1,000円でございますが、これは国保連合会への一般事務の負担金として計上させていただいたものであります。

 それから、次に2項1目賦課徴収費1,078万1,000円でございますが、これは収納率向上対策特別事業といたしまして800万円。そのほか印刷製本費、郵便料等278万1,000円を見込んで計上させていただいております。

 それから、次に1枚めくっていただきまして、3項1目の運営協議会費64万5,000円でございますが、これは国保の運営協議会の委員さんの報酬、あるいは費用弁償等でございます。

 次の4項1目につきましては、趣旨普及費といたしまして14万6,000円でございます。

 それから、355ページの関係でございます。

 2款1項1目の一般被保険者の療養給付費で15億9,425万円でございます。これは医療費の100分の70に相当するものでございます。

 それから、2目の退職被保険者等療養給付費におきましては8億406万円でございまして、同様の趣旨で100分の78に相当する金額を計上させていただいたものでございます。

 次に、3目及び4目の療養費及び5目の審査支払手数料等、前年度の実績に基づいて計上いたしてございますので、お願いを申し上げたいと思います。

 それから、1枚めくっていただきまして、2項1目の一般被保険者高額療養費1億7,654万2,000円でございます。これは高額医療に対します保険者負担分でございます。

 それから、2目の4,451万円も同様でございまして、いずれも前年度の実績に基づきまして計上をさせていただいております。

 それから、次に3項1目助産費つきまして、1件24万円の160件分。また4項の葬祭費につきましても、これも1件6万円の320件分を計上させていただいております。

 それから、357ページの関係で、3款1項1目老人保険医療費拠出金といたしまして8億8,947万6,000円の計上でございますが、これは支払基金として拠出するもので、2年度の実績に国の基準によります調整率を乗じて計上いたしてございますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。

 それから、次の4款1項1目高額医療費共同事業医療費拠出金でございます。2,676万2,000円。これは前年度の実績に基づきまして計上させていただいております。

 それから、続いて359ページをお願いいたします。

 5款1項1目の保健衛生普及費の関係でございまして、454万3,000円を計上させていただいております。これは、健康優良世帯の記念品の購入、あるいは啓発用の小冊子の経費等で、各節に計上をさせていただいたものでございます。

 これで歳出を終わりまして、次に歳入の関係341ページをお願い申し上げたいと思います。

 まず、1款1項1目の一般被保険者国民健康保険税の関係でございますが15億4,003万4,000円の計上させていただいております。これは、所得割額は100分の285、それから資産割につきましては100分の45に前年度の実績、保険者の数、あるいは市税の伸び率等を勘案をして計上させていただいたものでございます。

 また、2目の退職被保険者等の保険税の関係3億2,759万7,000円でございます。これにつきましても同様の積算により計上させていただいておりますので、お願いを申し上げたいと思います。

 次に342ページをお願い申し上げます。

 2款一部負担金の1項1目及び2目の関係。いずれも、これは科目の設定でございます。

 それから、3款1項1目の督促手数料、これは5万円。国保税の督促手数料を計上いたしたものでございます。

 それから、4款1項1目の事務費の負担金でございます。5,725万6,000円を計上いたしてございます。これは被保険者数に、国の定める単価を乗じて積算をさせていただきました。

 それから、次のページの2目療養給付費等負担金10億303万1,000円でございますが、これにつきましては、保険者負担の100分の40に相当する額を計上いたしたものでございます。

 それから、2項の国庫補助金1目助産費補助金の関係でございますが、これは助産費の額の3分の1を計上いたしてございます。

 それから、財政調整交付金の関係でございます。80万2,000円を計上させていただいております。

 それから、5款の療養給付費交付金5億3,212万7,000円でございます。これにつきましては、療養給付費に要します交付金として、前年度の実績を見ながら計上させていただいたものでございます。

 次に346ページをお願いいたします。

 7款1項1目共同事業交付金2,676万3,000円でございますが、これは歳出の方で御説明を申し上げました高額医療費共同事業拠出金と同額を計上させていただいております。

 それから、次に8款は目の設定でございます。

 それから、9款1項1目一般会計繰入金の関係でございますが2億506万4,000円でございます。これは保険基盤安定繰入金2,506万4,000円と、一般会計からの繰入金1億8,000万円を計上させていただいたものでございます。

 続きまして、10款及び11款は、前年度どおりの計上でございますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。

 簡単ですが、以上で御説明を終わらせていただきます。よろしくお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 福祉部長・・



◎福祉部長(稲垣健允) 

 それでは、続きまして、刈谷市老人保健特別会計を説明いたしますので、本書の36ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第31号平成4年度刈谷市老人保健特別会計予算について御説明を申し上げます。

 第1条といたしまして、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ51億569万6,000円と定めるものでございます。

 内容につきましては、予算説明書の367ページをごらんいただきたいと思います。

 歳出でございますが、1款1項1目の医療給付費としましては48億295万8,000円でございまして、入院、通院によります現物給付分を、昨年の実績に基づきまして計上させていただいております。

 次に2目の医療費支給費は2億9,168万4,000円でございまして、これは看護料あるいは補装具、マッサージ等の現金給付によるものを計上いたしたものでございます。

 3目の審査支払手数料につきましては1,104万5,000円の計上でございます。10万4,600件ほどの審査の手数料を計上したものであります。

 次に2款1項1目の償還金。それから、1枚めくっていただきまして、還付金につきましては、それぞれ科目の設定でございます。

 2項1目の一般会計繰出金は7,000円を計上したものであります。

 次に、歳入でございますので363ページをお願いいたします。

 歳入の1款1項1目医療費交付金につきましては35億1,220万2,000円でございまして、支払基金からの10分の7の交付金であります。2目の審査手数料も、基金からの交付金でございまして1,104万6,000円でございます。過年度分は、いずれも科目設定でございます。

 2款1項1目の医療費負担金は10億2,162万8,000円でございまして、10分の2の国の負担分でございます。

 次は364ページをお願いいたします。

 3款1項1目の県負担金は2億5,540万8,000円。これは10分の0.5を県が負担するものであります。

 次に4款1項1目の一般会計繰入金につきましては3億540万7,000円でございます。市の法定分10分の0.5等を計上したものでございます。

 次のページをお願いします。

 5款の繰越金及び6款の諸収入につきましては、それぞれ科目の設定でございまして、各1,000円計上したものでございます。

 以上、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 経済環境部長・・



◎経済環境部長(平山昭雄) 

 予算本書の39ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第32号平成4年度刈谷市交通災害共済事業特別会計予算。

 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3,571万7,000円と定めるものでございます。

 説明書の373ページをお開きいただきたいと思います。

 1款1項1目事業費3,471万7,000円。これは交通災害共済事業の運営に関する経費でございまして、人件費のほか主なものは、19節におきまして交通災害共済見舞金1,771万4,000円を計上しております。その他につきましては、前年の実績を勘案して、それぞれ各節に計上しております。

 次に375ページをお開きいただきたいと思います。

 2款1項1目予備費は前年同額の100万円の計上でございます。

 次に歳入。371ページをお開きいただきたいと思います。

 1款1項1目共済会費収入といたしまして1,847万5,000円でございます。43%の加入を見込んで計上しております。

 次に2款1項1目一般会計繰入金1,524万1,000円の計上でございます。

 次のページをお開きいただきたいと思います。

 3款1項1目繰越金、4款1項1目市預金利子、それぞれ前年と同額の計上でございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 水道部長・・・



◎水道部長(近藤尚道) 

 予算書の42ページをお願いいたします。

 議案第33号平成4年度刈谷市水道事業会計予算について御説明申し上げます。

 第1条は、総則でございます。

 第2条は、業務の予定量を決めてあるものでございます。

 給水戸数は4万1,000戸。年間総給水量は1,704万5,100立方メートル。1日の平均給水量は4万6,699立方メートルであります。また、主要な建設改良事業は、水道施設拡張事業といたしまして5億1,428万4,000円でございます。

 第3条につきましては、収益的収入及び支出の予定額を決めておるものでございます。

 収入といたしましては、水道事業収益22億3,875万9,000円。また支出は、水道事業費用といたしまして22億2,778万3,000円であります。

 第4条は、資本的収入及び支出の予定額でございます。

 資本的収入は8億5,044万1,000円。資本的支出は13億9,422万9,000円であります。差し引き5億4,378万8,000円不足するわけですが、減債積立金、建設改良積立金、過年度損益勘定留保資金で補てんするものであります。

 第5条は、企業債でございます。

 起債の目的は、水道施設拡張事業でありまして、内容は、表を御参照賜りたいと思います。

 第6条は、一時借入金の限度額を1億円と決めるものであります。

 第7条は、議会の議決を経なければ流用することができない経費でございまして、その経費は、職員給与費4億2,608万1,000円であります。

 第8条は、たな卸資産の購入限度額を4,496万8,000円と決めるものであります。

 以下、事業の主なものにつきまして、予算説明書に基づきまして御説明申し上げます。

 説明書の393ページをお願い申し上げます。

 収益的収入及び支出でございますが、収入から御説明を申し上げます。

 1款1項1目の給水収益19億4,876万7,000円につきましては、総給水量1,704万5,100立方メートルに対します料金収入を見込んでおります。

 2目は、受託工事収益で1億3,084万3,000円で、給水装置680件の取出工事収入を見込んでおります。

 3目は、その他の営業収益4,264万6,000円で、いずれも備考欄記載のとおりであります。

 次のページをお願い申し上げます。

 2項の営業外収益でございます。1目の受取利息及び配当金は1億200万円。3目の消費税還付金は1万円であります。4目の雑収益1,314万5,000円は不用品の売却及び量水器の取替収入であります。

 3項の特別利益134万8,000円は、固定資産売却収入であります。

 次に支出でございますが、1款1項1目の原水及び浄水費10億271万2,000円は、浄水管理に要します職員9人分の人件費と、維持管理に要する経費であります。主なものは、県水からの1,263立方メートルの受水費を見込んでおります。

 2目の配水及び給水費2億9,760万3,000円は、8人分の人件費と配水場の維持管理費であります。

 400ページをお願い申し上げます。3目の受託工事費1億3,084万3,000円につきまして、主なものは、2人分の人件費と680件分の取出工事及び路面復旧工事委託料であります。

 続いて、4目の業務費でございますが8,520万2,000円は、8人分の人件費と検針業務あるいは料金徴収事務に要します経費を各節に計上いたしております。

 403ページをお願いいたします。5目の総係費8,235万8,000円は、6人分の人件費のほか維持管理に要する経費を各節に計上いたしてございます。

 405ページをお願いいたします。6目の減価償却費4億円は、有形固定資産と無形固定資産の減価償却費でございます。

 7目の資産減耗費3,005万円は、配水管の除却費が主なものでございます。

 8目のその他の営業費用につきましては66万5,000円であります。

 次に、2項の営業外費用といたしまして、1目の支払利息1億9,054万8,000円は、企業債あるいは一時借入金の利息を計上いたしてあります。

 3目の消費税は100万円であります。4目の雑支出は420万円であります。

 3項の特別損失160万2,000円は、過年度損益勘定損が主なものであります。

 4項の予備費は100万円でございます。

 続いて、408ページをお願いいたします。

 資本的収入及び支出でございますが、まず収入から申し上げますと、1款1項1目の企業債1億7,900万円は、拡張事業に充当する借入金であります。

 2項1目の一般会計出資金は3億2,400万円であります。

 3項1目の負担金2億9,983万1,000円は、一般申し込みによる口径分担金及び配水管布設等の負担金であります。

 4項1目の固定資産売却代金2,302万1,000円は、北刈谷第二土地区画整理地内の一ッ木配水場の仮清算分であります。

 5項1目の国庫補助金2,458万9,000円は、南部配水場の災害復旧費国庫補助金であります。

 続きまして、410ページの方をお願いいたします。

 1款1項1目の水道施設拡張事業費5億1,428万4,000円は、3人分の人件費のほか、主なものといたしまして、南部配水場の非常用発電機設備及び電気計装設備の工事請負費であります。

 2目の配水設備増補改良費7億1,990万9,000円は、8人分の人件費と区画整理事業に伴う配水管の布設あるいは石綿管の布設替えが主なものであります。

 3目の取水施設増補改良費4,050万5,000円は、2人分の人件費と天日乾燥場ろ床改修工事が主なものであります。

 4目の営業設備費1,870万8,000円は、1,250個の量水器及び水質試験用の器具等の購入費を計上いたしております。

 2項1目の企業債償還金1億82万3,000円は、償還金の元金分であります。

 以上が予算の主な内容でございます。なお、このほか添付資料といたしまして、415ページから436ページにかけまして、資金計画、貸借対照表、損益計算書、給与費明細書、継続費に関する調書、債務負担行為に関する調書等を添付してございます。御参照の上よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。以上で説明を終わります。



○議長(酒井博) 

 以上で、説明は終わりました。

 質疑は、次の会議でお願いいたします。

 次の会議は3月9日午前10時より再開いたします。

 本日は、これをもって延会いたします。

                           午前11時05分延会