議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 刈谷市

平成 4年  3月 定例会 03月02日−01号




平成 4年  3月 定例会 − 03月02日−01号







平成 4年  3月 定例会



議事日程第2号

                           平成4年3月2日(月)

                              午前10時開議

日程第1 会期の決定について

日程第2 平成4年度施政方針及び議案の大綱について

日程第3 平成4年度教育行政方針について

日程第4 報告第1号 損害賠償の額を定める専決処分について

日程第5 報告第2号 刈谷市土地開発公社事業計画等について

日程第6 議案第3号 公平委員会委員の選任について

日程第7 議案第4号 刈谷市職員の育児休業等に関する条例の制定について

日程第8 議案第5号 刈谷市報酬額及び費用弁償額並びにその支給方法に関する条例の一部改正について

日程第9 議案第6号 刈谷市民会館条例の一部改正について

日程第10 議案第7号 刈谷市国民健康保険条例の一部改正について

日程第11 議案第8号 刈谷市国民健康保険税条例の一部改正について

日程第12 議案第9号 刈谷市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について

日程第13 議案第10号 刈谷市遺児手当支給条例の一部改正について

日程第14 議案第11号 刈谷市農業近代化資金助成に関する条例の一部改正について

日程第15 議案第12号 企業職員の給与に関する条例の一部改正について

日程第16 議案第13号 刈谷市火災予防条例の一部改正について

日程第17 議案第14号 刈谷市公共駐車場条例の一部改正について

日程第18 議案第15号 刈谷市立幼稚園保育料徴収条例の一部改正について

日程第19 議案第16号 刈谷市コミュニティ施設条例の一部改正について

日程第20 議案第17号 平成3年度刈谷市一般会計補正予算(第7号)

日程第21 議案第18号 平成3年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

日程第22 議案第19号 平成3年度刈谷市北刈谷第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

日程第23 議案第20号 平成3年度刈谷市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

日程第24 議案第21号 平成3年度刈谷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

日程第25 議案第22号 平成3年度刈谷市老人保健特別会計補正予算(第2号)

日程第26 議案第23号 平成3年度刈谷市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)

日程第27 議案第24号 平成4年度刈谷市一般会計予算

日程第28 議案第25号 平成4年度刈谷市刈谷富士松土地区画整理事業特別会計予算

日程第29 議案第26号 平成4年度刈谷市刈谷半城土高須土地区画整理事業特別会計予算

日程第30 議案第27号 平成4年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計予算

日程第31 議案第28号 平成4年度刈谷市北刈谷第二土地区画整理事業特別会計予算

日程第32 議案第29号 平成4年度刈谷市下水道事業特別会計予算

日程第33 議案第30号 平成4年度刈谷市国民健康保険特別会計予算

日程第34 議案第31号 平成4年度刈谷市老人保健特別会計予算

日程第35 議案第32号 平成4年度刈谷市交通災害共済事業特別会計予算

日程第36 議案第33号 平成4年度刈谷市水道事業会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

  1 会期の決定について

  2 平成4年度施政方針及び議案の大綱について

  3 平成4年度教育行政方針について

  4 報告第1号 損害賠償の額を定める専決処分について

  5 報告第2号 刈谷市土地開発公社事業計画等について

  6 議案第3号 公平委員会委員の選任について

  7 議案第4号 刈谷市職員の育児休業等に関する条例の制定について

  8 議案第5号 刈谷市報酬額及び費用弁償額並びにその支給方法に関する条例の一部改正について

  9 議案第6号 刈谷市民会館条例の一部改正について

 10 議案第7号 刈谷市国民健康保険条例の一部改正について

 11 議案第8号 刈谷市国民健康保険税条例の一部改正について

 12 議案第9号 刈谷市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について

 13 議案第10号 刈谷市遺児手当支給条例の一部改正について

 14 議案第11号 刈谷市農業近代化資金助成に関する条例の一部改正について

 15 議案第12号 企業職員の給与に関する条例の一部改正について

 16 議案第13号 刈谷市火災予防条例の一部改正について

 17 議案第14号 刈谷市公共駐車場条例の一部改正について

 18 議案第15号 刈谷市立幼稚園保育料徴収条例の一部改正について

 19 議案第16号 刈谷市コミュニティ施設条例の一部改正について

 20 議案第17号 平成3年度刈谷市一般会計補正予算(第7号)

 21 議案第18号 平成3年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 22 議案第19号 平成3年度刈谷市北刈谷第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

 23 議案第20号 平成3年度刈谷市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

 24 議案第21号 平成3年度刈谷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

 25 議案第22号 平成3年度刈谷市老人保健特別会計補正予算(第2号)

 26 議案第23号 平成3年度刈谷市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)

 27 議案第24号 平成4年度刈谷市一般会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(31名)

     1番 岡本博和君  2番 井上 勉君

     3番 川合友治君  4番 星野雅春君

     5番 藤井 理君  6番 佐原祐三君

     7番 佐野泰基君  8番 杉浦世志朗君

     9番 月脚治隆君 10番 渡辺公造君

    11番 神谷貞明君 12番 長沢清之君

    13番 岡田正之君 14番 長谷川稔明君

    15番 近藤 勲君 17番 渡辺金也君

    18番 水沢利雄君 19番 稲垣鍵一君

    20番 伊藤直樹君 21番 石川良雄君

    22番 遠藤時彦君 23番 加藤和義君

    24番 鈴木重明君 25番 近藤拓治君

    26番 久野金春君 27番 近藤天海君

    28番 本多耕三君 29番 井上和恵君

    30番 伊藤達夫君 31番 酒井 博君

    32番 野村彦次君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(1名)

    16番 宮田 鈞君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため議場に出席した者(36名)

   市長     角岡 与君 助役         青木くに雄君

   収入役    宮田幸一君 教育長        近藤啓七君

   市長公室長  小山栄俊君 総務部長       山岡種臣君

   市民部長   加藤直樹君 福祉部長       稲垣健允君

   経済環境部長 平山昭雄君 建設部長       林  尚君

   都市計画部長 稲垣利彦君 開発部長       渡辺恒夫君

   水道部長   近藤尚道君 消防長        江坂素一君

   教育部長   三浦俊正君 人事課長       岡田猛雄君

   庶務課長   杉浦功一君 財務課長       神谷芳明君

   税務課長   戸田勝三君 市民会館事務局長   水藤義一君

   保険年金課長 佐藤敏昭君 福祉課長       沓名 薫君

   児童援護課長 竹本 薫君 農務課長       早川 守君

   商工課長   鈴木 宏君 環境交通課長     柳沢征郎君

   下水道課長  籠瀬清市君 都市計画課長     清水逸男君

   再開発課長  矢藤了市君 総合運動公園事業室長 石川けい一君

   区画整理課長 佐野鎭一君 管理課長       岡本鉄也君

   消防課長   加藤孝弘君 教育委員会庶務課長  鈴木しん吾君

   社会教育課長 鷹羽 修君 体育課長兼国民体育  西口俊文君

                大会準備室長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した事務局職員(7名)

      議会事務局長   斎藤輝雄君

      議会事務局長補佐 沢田万寿男君

      庶務係長     鈴木哲雄君

      議事係長     小林俊雄君

      主査       加藤孝史君

      書記       石川敏彦君

      書記       神谷孝彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                           午前10時05分開会



○議長(酒井博) 

 ただいまから平成4年3月刈谷市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 会議規則第116条の規定により会議録署名議員に7番佐野泰基君、26番久野金春君の御両君を指名いたします。

 次に本日の議事日程は、過日御送付いたしました議事日程表のとおりでありますので、御了承を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 これより日程に入ります。

 日程第1、すなわち会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から27日までの26日間といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(酒井博) 

 御異議なしと認めます。

 よって、今期定例会の会期は26日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第2、平成4年度施政方針及び議案の大綱についてを行います。

 市長・・・

          (登壇)



◎市長(角岡与) 

 平成4年3月市議会の定例会に当たり、所信の一端と御提案申し上げています議案の大綱について御説明申し上げ、議会並びに市民の皆様の御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 昨年7月、皆様方の温かい御支援で、三たび市政をお預かりすることになり、平成4年度が実質3期目のスタートの年であります。

 2期8年間は、皆様方の格別の御協力と景気拡大による恵まれた財政の中で順調に市政を推進することができました。しかしながら、本年度は、景気減速により税収の伸び率が鈍化すると見込まれますので、今後の景気動向を慎重に見守っていくことが必要になってきております。

 国においても、平成4年度は、内需を中心とするインフレなき持続可能な成長を図るとしており、経済成長率は名目成長率の5.0パーセント、実質成長率3.5パーセント程度になると見込まれております。

 本市においても、平成4年度は、税収の伸び率の鈍化など大変厳しい状況の中でありますが、将来に向けて継続的に対処しなければならない各種事業がありますので、市民の皆様の声を反映した第5次刈谷市総合計画を策定し、計画的な事務事業の推進に努めてまいります。

 また、平成6年の愛知国体に向けて各種事業を進めるとともに、12万市民の一人一人が、豊かさやゆとりを生活の中で実感できる市政の実現を目指して、全力を上げて取り組む決意であります。

 以下、平成4年度の主要施策と予算における基本的な考え方について御説明申し上げます。

 第1点目は、健康でやすらぎのある市民福祉の推進であります。

 高齢化社会を迎え、やさしい心、思いやりの精神が必要であるとともに、社会的条件整備が求められております。そのため、今後における高齢者保健福祉のあり方について、その指針となるゴールドプラン策定に向けて、実態調査を行うことにしております。

 また、社会的に弱い立場にありますお年寄りや、乳幼児、心身障害者、母子家庭の方々に経済的援助の手を差し伸べたり、暮らし安い環境づくりが大切であり、在宅老人短期保護タクシー料金の助成について増額するとともに、老人性白内障手術費の助成、重度心身障害者の方々に移動入浴事業の実施など、その拡充に努めてまいります。

 また、育児について経験が少なく悩んでいる保護者に対し、乳幼児健全育成面接相談事業を開設するとともに、遺児手当の支給対象年齢を引き上げ、その拡充を図ることにしております。

 児童福祉については、人口急増が目覚ましい一ッ木町地内に保育園を新設いたしますとともに、小垣江町地内において保育園予定用地を購入し、社会環境の変化に対処してまいります。

 また、旧刈谷勤労会館の跡地を購入いたしまして、中央児童館、交通児童遊園とあわせて、この地域一帯を児童の施設として整備に努めてまいります。

 第2点目は、調和のとれた活力ある住みよいまちづくりであります。

 健全な都市機能が発揮できますように、また市民の皆様の生命と財産を守るため、幹線道路及び河川整備を計画的に進めていくことが必要であります。

 刈谷環状線、中手新池線、牛田野田線等の都市計画街路の整備につきましては、引き続き積極的に促進し、交通の円滑化を図ってまいります。

 また、伊勢湾岸道路の計画に合わせまして、境川の堤防沿いに南北縦貫幹線道路実現に向けて調査を実施し、積極的に進めるとともに、刈谷駅南北連絡道路につきましても、交通の円滑化と商業発展のため、実現に向けて進めてまいります。

 また、一番身近な生活道路につきましても、拡幅、改良など整備をきめ細かく行い、地区の要望におこたえしてまいります。

 都市化に伴い、豪雨時の浸水被害防止と安全な生活環境を確保するため、河川の改修、排水機場のポンプ増設等整備に努めてまいります。

 刈谷駅南口周辺の都市再開発事業につきましては、地主さんの御理解と御協力が得られますよう積極的に働きかけてまいります。JRコンテナヤード跡地利用につきましては、(仮称)刈谷市産業振興センター及び相生駐車場を建設して、産業の振興と市民の交流の場の確保を図るとともに、刈谷駅周辺の発展を期するため競技設計等を進めてまいります。

 計画的に整備しております洲原池周辺につきましても、引き続き市民の憩いの場として遊歩道等の整備に努め、緑ゆたかなうるおいのあるまちづくりを進めてまいります。

 第3点目は、教育環境の整備と生涯学習の推進であります。

 幼児教育、義務教育は、生涯にわたる学習の根幹であり、快適な教育環境づくりが必要であります。

 幼稚園では、かりがね幼稚園を全面改築するとともに、昨年から実施しております学校緑化につきましても、引き続き植栽等を行い、自然への慈しみが持てるような環境整備に努め、老朽化してきました小学校校舎の改修につきましても、年次計画に基づき実施するもので、本年度は、小垣江小学校の校舎を改修してまいります。

 また、小中学校に南米日系人の児童生徒が急増してきましたので、ポルトガル語の話せる方をお願いし、語学の指導、相談、保護者との連絡等の事業を行うことにしております。

 また、これからは各人さまざまな生活課題に応じた必要な学習を行い、充実した生活ができる社会が求められてきております。そのため、本市における生涯学習の積極的な推進を図るため、本年1月、刈谷市生涯学習推進本部を設置いたしまして、生涯学習に係る基本方針を定めていくことにしております。

 市民館につきましては、地元の意向が決まり次第建設することにしておりまして、井ヶ谷市民館、今岡市民館の建設を進めてまいります。

 また、市民が気軽に利用できる余暇施設につきましては、各界各層の御意見をお聞きするため、刈谷市民休暇村市民会議を設置して、事業の促進に努めてまいりたいと思います。

 スポーツのまち刈谷、と言われるよう、市民総スポーツを目指したスポーツマスタープランを作成するとともに、新たな視点に立った施設整備についても調査研究を進めてまいります。

 平成6年開催の国体相撲競技会場であります体育館の施設整備、サッカー競技場となります総合運動公園多目的グラウンド及び港町グランドの整備事業を積極的に推進してまいります。

 昭和24年以来市民に親しまれてきました刈谷グランドは老朽化してきましたので、野球ファン並びに地域の方々の期待にこたえるため、平成4年、5年度の継続事業によりまして改修整備に努めてまいります。

 第4点目は、快適な生活環境の整備であります。

 快適な生活環境を維持していくためには、市民と行政が一体となり、ごみのないきれいなまちづくりに努めていくことが必要であります。このため、市民の方々の御理解と御協力を得ながら、順次路線方式による不燃物の収集を進めてまいりまして、本年度で全地域で実施となります。また、ふえ続けるごみの減量化、資源化を図るため、分別収集について全地域で実施できますようお願い申し上げますとともに、今後の対策を検討するため、ごみ減量推進協議会を設置させていただき、減量化に向けて検討を進めてまいります。

 また、不燃物埋立場が満ぱいとなってまいりましたので、早急に用地を確保し、整備する必要があるため、泉田地区において周辺整備事業に努めてまいります。

 鉄道駅周辺の放置自転車も、美観、安全な歩道利用の上からも対策が必要となってきておりますので、その検討を進めてまいります。

 生活関連社会資本であります下水道整備事業につきましては、事業費を増額いたしまして積極的に促進し、その普及に努めてまいります。

 第5点目は、21世紀に向けての行財政計画であります。

 刈谷市総合計画は、昭和43年に第1次刈谷市総合計画を策定し、以来、2次、3次、4次と改訂を重ねて、長期にわたる行財政運営の指針としてきました。しかしながら、社会情勢の変化に伴い市民ニーズも多様化してきておりますので、今後のまちづくりの指針となる第5次刈谷市総合計画を策定し、財政計画に基づき、希望に満ちた活力ある郷土づくりに努めてまいります。

 また、情報化社会を迎え、市民の市政参加意識の高揚を図るため、ケーブルテレビを利用した行政情報及び地元ニュース番組を制作してまいります。このほか、商工業資金融資、勤労者の住宅等の資金融資の預託制度も引き続き実施してまいります。

 また、農業を取り巻く環境は厳しい状況にありますが、農業経営者のための営農センター建設について補助するとともに、圃場整備事業、かんがい排水事業等についても積極的に推進してまいります。

 今後の行財政運営につきましては、国と同一基調により、引き続き経常経費の節減を図りながら、積極的に補助制度を活用しつつ、限られた財源の重点的、効率的配分と、節度ある執行に努め、財政の健全化に努めてまいります。

 次に、予算の大綱について御説明申し上げます。

 平成4年度の当初においてお願いしております予算は、一般会計において406億8,284万4,000円を計上させていただきました。これは、前年度当初予算に比較して21.3%の伸び率となり、積極的な予算編成となっております。また、刈谷富士松土地区画整理事業会計など、8特別会計で145億6,185万円で10.8%の伸び率であります。水道事業会計は36億2,201万2,000円で5.0%の伸び率でありまして、合計額588億6,670万6,000円をお願いするものであります。

 このうち、一般会計の歳入歳出について御説明申し上げます。

 歳入でございますが、根幹をなす市税は270億2,873万円で、歳入全体の66.4%を占めており、前年度当初予算との比較で13.4%の伸び率となっておりまして、自主財源の歳入に占める割合は86.6%となるものであります。

 次に、歳出について御説明申し上げます。

 歳出において構成比の最も高いのは土木費の35.6%、144億6,159万3,000円で、多目的グラウンド整備事業、都市計画街路及び下水道整備を積極的に推進するために配慮したものであります。次に、民生費18.8%、76億5,511万円で、社会情勢の推移により、福祉について充実を図ったこと等によるものであります。

 次に教育費の17.5%、71億2,857万6,000円で、教育環境並びにスポーツ施設の整備を積極的に推進するためのものであります。

 歳出全体に占める投資的経費の割合は36.2%となるものであります。

 次に、一般議案について御説明申ししげます。

 今回提案をいたしておりますのは、報告案件2件、人事案件1件、条例議案13件であります。

 まず、報告案件でありますが、交通事故に伴います損害賠償額を定める専決処分及び刈谷土地開発公社の平成4年度事業計画及び予算について報告するものであり、人事案件につきましては、公平委員会委員の任期が満了となりますので、後任者を選任するについて議会の同意を得るものであります。

 次に、条例議案でございますが、刈谷市職員の育児休業等に関する条例の制定につきましては、地方公務員の育児休業等に関する法律の施行に伴い制定するもので、育児休業等ができることに関し、給与等の取り扱い等について定めるものであります。刈谷市報酬額及び費用弁償額並びにその支給方法に関する条例の一部改正は、地方税法の一部改正に伴い農地課税審議会委員報酬の規定を削除するものであり、刈谷市民会館条例の一部改正は、練習室の設置に伴いその使用料を定めるものであります。

 刈谷市国民健康保険条例の一部改正は、給付額の引き上げをするもので、助産費を24万円に、葬祭費を6万円に改めるものであり、刈谷市国民健康保険税条例の一部改正は、課税賦課率の引き下げと限度額の引き上げを行うもので、所得割額を100分の285に、資産割額を100分の45に、賦課限度額を42万円に改正するものであります。

 刈谷市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正は、災害弔慰金の支給等に関する法律等の一部改正に伴い災害援護資金の限度額を改めるものであり、刈谷市遺児手当支給条例の一部改正は、対象範囲を順次拡大するものであります。

 刈谷市農業近代化資金助成に関する条例の一部改正は、利子補給の対象となる貸付額を拡大するものであります。刈谷市火災予防条例の一部改正は、防火安全上の管理基準を定めるものであり、企業職員の給与に関する条例の一部改正は、地方公務員の育児休業等に関する法律の施行に伴い改正するもので、刈谷市公共駐車場条例の一部改正は、市営駐車場の管理を社団法人刈谷市シルバー人材センターに委託するものであります。

 刈谷市幼稚園保育料徴収条例の一部改正は、保育料の年額を8万7,600円に引き上げるもので、刈谷市コミュニティ施設条例の一部改正は、重原市民館の建設に伴い改正するものであります。

 このほか、一般会計、特別会計合わせて5億3,728万2,000円を追加する平成3年度の補正予算も提出しております。

 主なものは、国民年金印紙購入費、寄附金を充当した事業、財源更正及びこれに伴います財政調整基金への積み立て等であります。

 また、道路及び街路の整備など工事の遅延や物件の移転おくれに伴う繰越明許費も同時にお願いしております。

 今回も多くの寄附が寄せられ、心から厚く御礼を申し上げます。

 以上、平成4年度を迎えるに当たり、所信の一端と議案の概要を述べさせていただきました。

 行政需要は、今後もますます複雑多様化してまいりますが、21世紀に向けて、積極的な都市基盤及び生活関連施設の整備に努め、活力と魅力ある刈谷市づくりを目指して、全力を尽くす所存でございます。

 提案申し上げました諸議案につきまして、よろしく御審議を賜り、御賛同くださいますよう心からお願いを申し上げ説明を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(酒井博) 

 以上で平成4年度施政方針及び議案の大綱についてを終わります。

 次に日程第3、平成4年度教育行政方針についてを行います。

 教育長・・・

            (登壇)



◎教育長(近藤啓七) 

 平成4年3月市議会定例会開会に当たり、教育行政方針について御説明申し上げ、皆様の御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 我が国の教育は、明治以来、世界の先進国に追いつくことを目指して推進されてきました。今日では、科学技術や経済の面で世界の最先端に立つまでに至りました。これからは、みずからの手で、豊かな社会における新しい文化を創造するために、創造性や個性を伸ばすとともに、国際社会の発展のために役立つ日本人を育てることが要請されています。

 これからの社会の変化に主体的に対応して、心豊かにたくましく生きることができる資質や能力の育成を図ることを基調にして、中・長期的な教育行政の運営に配慮しながら、本市の教育水準の維持向上を目指して、教育施策の推進に積極的に取り組んでいく所存でございます。

 教育、文化及びスポーツに関する市民の関心は極めて高いものがあり、心の大切な時代と言われる現在、私どもの取り組む課題は、魅力ある学校づくりと生涯学習社会への積極的な対応にあると考えます。

 第1は、市民一人一人の、生きがいをはぐくむ生涯学習の推進であります。

 その基盤整備の充実を図るため、推進本部、幹事会、専門部会等の会議を開催し、研究及び情報交換を重ね、市長部局とともに、市政全体で生涯学習の基盤づくりに努めす。

 生涯学習のまちづくり推進のため、社会教育施設の整備として、井ヶ谷市民館及び今岡市民館建設、熊市民館建設用地の購入等の諸事業を進め、また、市民の積極的な生涯学習への参加のため、市民大学講座及び各種市民講座の充実を図るとともに、生涯学習情報冊子を作成し、学習機会の情報提供をしていきます。

 また、余暇利用関連施設として、市民休暇村建設のため調査、研究を継続していきます。

 第2は、児童、生徒が、みずから学ぶ意欲と社会の変化に主体的に対応できる能力を身につけ、個性を伸ばし、世界の中の日本人として生きていけるよう、心豊かなたくましい人づくりの推進に努めます。

 小・中学校、幼稚園の図書の充実を図り、本から学ぶことの大切さを身につけさせ、生涯にわたって学習する態度と情操豊かな人間性を培っていきます。幼児教育については、3歳児保育を3園で各1学級増を図り、充実に努めます。また、全園児を対象に人形劇団による巡回公演、中学2年生を対象に観劇の機会を設けます。さらに、奉仕等体験学習の研究推進を図り、人間性豊かな児童生徒の育成に努めます。また、登校拒否対策事業の充実を図り、登校拒否の防止や指導にも一層努めてまいります。

 日系南米人の子供が小・中学校に入学するようになり、学校での学習、保護者への通信連絡等を充実させるため、ブラジル人の語学相談員を小・中学校に巡回派遣し、英語指導助手とあわせて国際理解教育を推進します。

 また、子供たちの成人病予防対策として、小学校6年生を対象に血液検査を実施し、食事内容の指導を進め、みずからの健康管理ができる体制づくりに努めます。

 教育環境の整備充実については、地域の緑の拠点となるよう緑化事業の継続、小垣江小学校の老朽校舎の大規模改修、かりがね小学校の大規模改修設計委託及びかりがね幼稚園の改築をします。

 情報化社会の対応としては、開局予定のケーブルテレビを小・中学校、幼稚園に随時計画的に導入していきます。

 また、県図書館と市中央図書館とを結び、検索システムの導入を図り、利用者への一層の利便を図ります。

 第3に、芸術、文化に親しむ活動の推進に努めます。

 すばらしい芸術に触れることや、文化活動に参加することは、市民に潤いと感動を与えます。芸術文化活動の充実のために、引き続き助成を図るとともに、美術館開館10周年記念事業として記念企画展を開催し、すぐれた芸術文化に親しむ機会を設けます。

 貴重な文化財の保護を進めるとともに、文化財愛護の普及と文化諸団体の育成に努めてまいります。また、全9巻に及ぶ市史編さん事業は、第3巻本文編の発行並びに第2巻本文編、年表及び別巻の調査研究を進めていきます。

 第4は、市民がスポーツに親しむことのできる生涯スポーツの推進に努めます。

 生涯スポーツ社会の基盤づくりのためのスポーツマスタープランを策定し、施設面においては、体育館、港町グランド及び刈谷グランドの改修整備等を行い、施設の充実を図ります。

 また、平成6年に開催される第49回国民体育大会わかしゃち国体の準備を推進し、豊かな心とたくましい体づくりを目指し、市民挙げてのスポーツの振興に努めます。

 以上、教育方針について申し上げましたが、よりよい人づくり、健やかな市民生活、文化の向上を目指し、心の時代を志向した教育行政が、一層進展できますよう格段の御理解と御支援をお願い申し上げます。ありがとうございました。



○議長(酒井博) 

 以上で平成4年度教育行政方針についてを終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第4、すなわち報告第1号損害賠償の額を定める専決処分についてを議題といたします。

 本件の朗読は省略し、直ちに当局より報告を願います。

 総務部長・・・



◎総務部長(山岡種臣) 

 報告第1号損害賠償の額を定める専決処分について御報告を申し上げます。

 地方自治法第180条第1項の規定に基づき、市長において専決処分することを得る事項について別紙のとおり専決処分しましたので、同条第2項の規定により報告するものであります。次のページをお願いします。

 専決処分事項、平成4年1月31日専決をいたしましたもので金額は1万1,124円。相手方は、東加茂郡旭町大字小渡字七升蒔13番地13、旭町商工会会長鈴木保さんでございます。

 平成3年7月11日午前11時10分ごろ、東加茂郡旭町大字閑羅瀬字松根55番地先町道において、登坂中の当方大型バスと相手方自動車がすれ違い時に接触をし、バスの右中央部と自動車右後方部を破損させる物損事故を起こしたものでございます。

 過失割合は、市が40%でございます。この金額につきましては、全国私有物件災害共済会の自動車損害共済で支払いをいたしております。

 今後、十分に注意をいたしてまいる所存でございますので、よろしくお願いを申し上げます。

 以上で報告を終わらせていただきます。



○議長(酒井博) 

 本件は報告でありますので、御了承を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第5、すなわち報告第2号刈谷市土地開発公社事業計画等についてを議題といたします。

 本件の朗読は省略し、直ちに当局より報告を願います。

 総務部長・・・



◎総務部長(山岡種臣) 

 報告第2号、平成4年度刈谷市土地開発公社の事業計画等について、御報告を申し上げます。

 平成4年度事業計画につきましては、1ページを御参照いただきたいと思います。

 今年度取得用地といたしまして、刈谷市総合運動公園用地、市道2−100号線道路改良用地、亀城公園整備事業用地、先買代替地及び公共代替地を合わせて2万3,265平方メートル。

 また、処分用地といたしましては、先買代替地及び公共代替地を合わせ1万3,644平方メートルをそれぞれ予定をいたしております。

 これに伴います予算つきましては、5ページ以降の予算実施計画をもって御説明を申し上げます。5ページを御参照いただきたいと思います。

 まず、収益的収入でございますが、事業収益といたしまして、公有地売却収益18億2,878万9,000円を計上いたしております。内容につきましては、説明欄記載のとおりであります。

 事業外収益といたしまして、受取利息、雑収益を見込みまして1,567万円であります。収入合計は18億4,445万9,000円とするものであります。

 支出につきましては、公有地売却原価17億9,147万6,000円、販売費及び一般管理費1,025万8,000円等を合わせまして、次のページをお願いいたします、支出合計18億173万5,000円を計上いたしております。収入支出の差額4,272万4,000円につきましては、当期純利益として見込むものであります。

 次のページをごらんいただきたいと思います。

 資本的収入及び支出につきましては、それぞれ41億8,310万6,000円であります。

 収入でございますが、借入金としまして23億9,171万8,000円を計上いたしております。これは予算で定めている借り入れ限度額であります。当年度剰余資金で公有用地売却代金振替収入といたしましては17億9,138万8,000円であります。

 支出につきましては、用地費、補償費、諸経費及び支払利息、合わせて公有地取得事業費25億9,171万8,000円。借入金、償還金といたしまして15億9,138万8,000円を計上いたしております。

 以上が事業計画及び予算の内容でございますが、8ページ以降に、平成4年度資金計画、平成3年度予定損益計算書、平成3年度及び平成4年度予定貸借対照表、平成4年度予定公有地原価計算書を添付してあります。御参照いただきたいと思います。

 なお、この事業計画等につきましては、平成4年2月21日開催の公社の理事会で議決をいただいているものでございます。

 以上で、平成4年度の刈谷市土地開発公社事業計画等の説明を終わらせていただきます。



○議長(酒井博) 

 ただいまの報告に対する質疑をお許しいたします。

 別に質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 本件は報告でありますので、御了承を願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 この際、暫時休憩いたします。

                           午前10時50分休憩

                           午前11時00分再開



○議長(酒井博) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に日程第6、すなわち議案第3号公平委員会委員の選任についてを議題といたします。

 本案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 市長・・・



◎市長(角岡与) 

 議案第3号公平委員会委員の選任について、お願いをいたします。

 公平委員会委員に次の者を選任するものとする。平成4年3月2日、提出を本日とさせていただきます。住所は、刈谷市司町9丁目33番地、昭和13年8月1日生まれの加藤英二さん。提案理由は、この案を提出したのは、委員の任期満了に伴い地方公務員法第9条第2項の規定により議会の同意を得る必要があるからであります。よろしくお願いをいたします。



○議長(酒井博) 

 ただいまの説明に対する質疑、討論をお許しいたします。

 別に質疑、討論もないように思われますので、これにて質疑並びに討論を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 本案は、会議規則第36条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(酒井博) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより採決いたします。

 本案は原案どおり同意することに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(酒井博) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は原案どおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第7から日程第13まで、すなわち議案第4号刈谷市職員の育児休業等に関する条例の制定についてから議案第10号刈谷市遺児手当支給条例の一部改正についてまでの7議案を一括して議題といたします。

 7議案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 市長公室長・・・



◎市長公室長(小山栄俊) 

 議案書の2ページをお願いいたします。

 議案第4号刈谷市職員の育児休業等に関する条例の制定について御説明いたします。

 第1条は、目的を定めたもので、この条例は、地方公務員育児休業等に関する法律の規定に基づき、必要な事項を定めるものであります。その法律は、平成3年12月14日に公布されております。

 次の第2条は、育児休業をすることができない職員を定めたもので、その休業が認められない職員としては、1号として非常勤職員、2号として臨時的に任用される職員、3号として1年以内に定年等で退職する職員、4号は定年後の再雇用された職員、5号は配偶者が育児休業をとっている職員。次の6ページですが、配偶者が子を養育できる職員は、育児休業はできません。

 それから、第3条は、育児休業は1歳未満の子を養育するのに一度しか認められませんが、再度育児休業ができる特別の理由を定めたものであります。

 まず、第1号では、育児休業中の職員は、次の子の出産のため育児休業の効力がなくなりますが、その子が死亡したり養子縁組をしたときは、前の子の育児休業が再度認められるものであります。2号は、育児休業中の休職等の処分を受けて効力を失っても、その期間が終了すれば再度育児休業が認められる規定でございます。3号は、配偶者が疾病入院とか、別居等が育児休業の終了時に予測することができなかった場合であります。第4号は、育児休業の期間の再度の延長でありますが、これは、配偶者が病気入院とか別居等予測できなかった事実が生じた場合であります。

 次の4ページをお願いいたします。

 第5条は、育児休業の承認の取消事由で、配偶者等が養育することとなった場合であります。

 第6条は、職務復帰後の給与等の取扱いを定めたもので、育児休業期間は2分の1勤務したものとみなして給料月額を調整するもので、次の第2項では期間等の算定を定めたものでございます。

 第7条は、退職手当の勤続期間の計算では、育児休業期間の2分の1を在職期間から除く旨の内容でございます。

 第8条は、部分休業ができない職員を定めたものであります。

 1号で非常勤職員、2号で配偶者が育児休業をしている職員。次の5ページの3号は、配偶者が養育している職員であります。

 第9条は、部分休業の承認を定めた規定で、勤務の初めと終わりに、1日2時間を超えない範囲内で、30分単位で部分休業を行う内容であります。

 第10条では、部分休業をしたときは、1時間当たりの給与額を減額して支給する旨の規定であります。

 第11条は、部分休業の承認取消事由についての準用規定であります。

 附則としては、施行期日は、公布の日から施行するものであります。

 次の第2項から6ページの第5項までは、当分の間、女子教育職員等に対し育児休業給を支給するのに伴う関係条文の整理をする内容でございます。

 提案理由としては、地方公務員の育児休業等に関する法律の施行に伴い必要があるからでございます。以上です。



○議長(酒井博) 

 総務部長・・・



◎総務部長(山岡種臣) 

 議案書の7ページをお願い申し上げます。

 議案第5号刈谷市報酬額及び費用弁償額並びにその支給方法に関する条例の一部改正について御説明を申し上げます。

 この条例の改正につきましては、地方税法の改正によりまして、農地課税審議会の規定が平成4年3月末日で効力を失うことに伴い改正をいたすものでございます。

 第2条中第39号、すなわち、農地課税審議会委員を削り1号ずつ繰り上げるものであります。

 第4条第2項は、第2条の改正に伴い1号を繰り上げるものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行をするものでございます。

 提案理由は、地方税法の一部改正に伴い必要があるからでございます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 市民部長・・



◎市民部長(加藤直樹) 

 議案書の8ページをお願い申し上げます。

 議案第6号の刈谷市民会館条例の一部改正について御説明を申し上げます。

 本案につきましては、食堂の移設に伴いまして、旧食堂を練習室といたしまして貸し出しをするために、使用料の設定をいたすものでございます。

 内容でございますが、刈谷市民会館条例の一部を次のように改正するということでございまして、別表第1浴室1室の項の次に次のように加えるものでございます。

 まず、練習室として1,200円。これにつきましては、午前9時から12時でございます。その次の1,500円。これは午後1時から4時半、すなわち16時30分まででございます。次の欄の2,000円でございますが、これが17時30分から21時まで。それから、一番下欄の4,220円でございますが、これが全日といたしまして、午前9時から午後9時まで、すなわち21時までということであります。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行する。

 それから、提案理由でございますが、この案を提出したのは、練習室の設置に伴い必要があるからであるというものでございます。よろしくお願いを申し上げます。

 続きまして、9ページの議案第7号刈谷市国民健康保険条例の一部改正について御説明を申し上げます。

 刈谷市国民健康保険条例の一部を次のように改正するということでございまして、第4条第1項中、13万円を24万円に改める。これにつきましては、助産費の改正ということでございます。

 それから、次の第5条中、4万円を6万円に改めるというものでありますが、これは葬祭費の改正ということでございます。

 それから、附則第1項は、この条例は、公布の日から施行するものでございまして、第2項といたしまして、平成4年4月1日以後に出産または葬祭を行う者から適用し、同日前のものについては従前の例によるというものであります。

 提案の理由でございますが、諸般の情勢により必要があるからでございます。

 続きまして、議案書の10ページをお願い申し上げます。

 議案第8号刈谷市国民健康保険税条例の一部改正について御説明を申し上げます。

 刈谷市国民健康保険税条例の一部を次のように改正するということでございまして、第2条ただし書中、40万円を42万円に改めるというものでございますが、これは賦課限度額の改正を行うものであります。

 それから、第3条。100分の290を100分の285に改めるものにつきましては、いわゆる、所得割額の率の改正というものであります。

 それから、次に第4条中、100分の50を100分の45に改めるものにつきましては、これは資産割の率の改正をするものでございます。

 それから、次の13条中、40万円を42万円に改めるというものにつきましては、減額規定におきます賦課限度額の改正でございます。

 なお、附則といたしまして、第2項、この条例は、平成4年度分以後の国保税から適用するというものでございます。

 提案理由につきましては、この案を提出したのは、諸般の情勢により必要があるからであるというものでございます。

 以上、関係分の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(稲垣健允) 

 議案書の11ページをお願い申し上げます。

 議案の第9号刈谷市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について御説明を申し上げます。

 この案を提出いたしますのは、災害弔慰金の支給等に関する法律の一部改正に伴いまして必要があるからでございます。

 内容といたしましては、本文中、第13条第1項第2号ハのうち、場合の下に、括弧して、ニの場合を除く、括弧を加えるもの。

 それから、新たに世帯主に負傷がなく住居が全壊した場合の貸付限度額を、170万円であったものを250万円に引き上げるというものであります。また、同項第3号中は、改築に当たって残存部分を取り壊さざるを得なくなった事情がある場合には、その限度額を一つ上位の額に適用できるための規定でございまして、170万円は250万円、250万円は350万円に適用させるという改正内容になっております。

 附則内容といたしましては、公布の日から施行するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 議案第10号刈谷市遺児手当支給条例の一部改正について御説明を申し上げます。

 本文の第2条及び第8条第1項第3号中、15歳とありますものを18歳に改めるというものでございまして、遺児手当の対象年齢を、義務教育終了時となっておりましたものを、高校卒業時まで引き上げるというものでございます。

 附則につきましては、この条例は、公布の日から施行する。

 経過措置といたしまして、第2項で、この条例の施行の日から平成5年3月31日までの間にあっては16歳。それから、平成5年4月1日から平成6年3月31日までの間にあっては17歳として、毎年1歳ずつ引き上げをするという経過措置をとるものでございます。

 提案理由といたしまして、この案を提出したのは、諸般の情勢により必要があるからでございます。

 以上、よろしく御審議を賜りますようにお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 ただいまの説明に対する質疑をお許しいたします。

 29番井上和恵君・・・



◆29番(井上和恵) 

 議案第4号の刈谷市職員の育児休業等に関する条例の制定について。これについて若干質問をさせていただきます。

 これは、これまで公務員にあっては、市の職員にあっては、現業の保母、看護婦等に適用されてきた育児休業法が、今回は全職員を対象ということで、もちろん男性の職員も対象になるということで、大変私は画期的な条例案であると思います。

 そこで、こういう子育ての勤労者に対する条例が執行されるに当たって、実際に刈谷市の中で、これがどのような形で受け入れられていくかという予測ですけれども、これは、一つには、これまで保母さん、看護婦さんの上においては、これが条例化されているわけですから、これらの職員の方々の利用状況ですね、こういうものを踏んで、次の今度施行されます全職員対象の育児休業の実施等の参考になるのではないかと思います。

 そこでですねえ、この間、保母、看護婦において、大体対象者が何名で、どれぐらいの利用者があったのか。この数字について、まずお聞かせを願いたいと思います。

 次に、議案第8号の国民健康保険税条例の一部改正についてをお願いしたいと思うんですけれども、これは、全国的に国民健康保険税が高い。その上で、保険会計は非常に黒字を生んでいるという。積立金等のお金があるということが、昨年の一斉地方選挙でも全国的に問題になりました。全国既に200以上の自治体が、町村を含めて、この国民健康保険税の値下げ運動が始まっております。そういう中で、今回も刈谷市で若干の修正がなされた私は議案であるということで評価をしたいわけですけれども、一つの7号議案については手当等の引き上げで、大変これは画期的です。助産費、葬祭費、大幅引き上げを私は評価したいと思います。

 ところがですねえ、この議案第8号、9号に至ってはですね、刈谷市の場合、今回値下げ的な要素としては、所得割、それから資産割、これを5%ずつ引き下げるわけです。そこで数字的にお聞きしたいのは、所得税割を5%引き下げて、どれだけの被保険者に対する恩典があるのか。いわゆる税収がどうなっているのかという点についてです。

 次は資産割。これについても、対象者が何世帯で、それで被保険者に対してどれぐらいの恩典があるか。減収、増収ですね、どういう形であらわれるかという、この点について、所得割、資産割、2点の対象者と、それから税収の影響ですね、そういうものを、被保険者に対する恩典ですね、どんなふうに考えておられるかを伺いたいと思います。

 次に、限度額の引き上げですけれども、これは厚生省の指導によって、今40数万円の限度額で非常に負担が多いわけです。刈谷市の場合、1年おくれ、2年おくれということで、現在40万円までにとどめてきたわけです。これは、一面、よそよりは安いように見えますけれども、刈谷市の国民健康保険税の仕組みの中から言いますと、非常に、それほど高額所得でもない方々が、最高限度額に該当しているという点で、私は、限度額の据え置きということは妥当であるということで評価をしてきました。ところが、今回、その健康保険の被保険者の負担を軽減ということの反面ですね、最高限度額を2万円ずつ引き上げる。この対象者がかなり刈谷市の場合は多いと思うわけです。その点で、私は、今回の被保険者の負担を軽減するための条例の改正であるならば、私は、やはり、この限度額の引き上げは思いとどまるべきではないか。今回は様子を見て、また、税収の関係をにらみながら次年度に繰り越していくという、そういう考え方はなかったのかどうか。この点について伺いたいと思います。

 以上3点、よろしくお願いします。



○議長(酒井博) 

 市長公室長・・・



◎市長公室長(小山栄俊) 

 育児休業を今までとった方の利用状況についてお答え申し上げます。

 まず、平成3年度でいきますと、対象する人員でございますが、これは保母さんとか教諭の方ですが、総数は221人中12人の方が該当して、そのうち8人の方が育児休業をとられました。それを全体5年間で見てみますと、大体3.6%に当たります。以上です。



○議長(酒井博) 

 市民部長・・



◎市民部長(加藤直樹) 

 井上議員さんの御質問に対しお答えをさせていただきます。

 まず、今回の国保税の改正によりまして、所得割、資産割、それぞれ5%引き下げをすることによりまして、どの程度の世帯で、どの程度の影響があるのかという御質問であろうと思いますが、所得割につきましては、御承知のように、これは年々自然の所得の増加と申しますか、これは上がっております。したがって、そういうものを差し引きをいたしますと、影響は非常に微々たるものであろうということで、むしろ、若干の増加になるんではなかろうかというふうに思っております。

 それから、資産割の関係でございますが、これが5,944世帯。したがって、その中で1,795万1,000円の減収というふうに見込んでおります。

 それから、限度額の引き上げの問題で、これは思いとどまれなかったかということでございますが、やはり、国民健康保険税につきましては、相互扶助と申しますか、被保険者の間で助け合っていただくということも一つの考えになっておるわけでございます。したがって、財源的なものを、私ども内容を検討させていただいておるわけでございますが、ちなみに申し上げますならば、単年度収支におきましても、ここしばらく見ておりますと、ずっと赤字が続いております。平成元年度におきましては1億4,400万、それから平成2年度におきましても1億4,700万、それから平成3年度におきましては、これは見込みでございますが、今回補正もお願いをしておるような状況も考え合わせますと、非常に大きな赤字ということになってまいりまして、3億8,000万ぐらいの単年度収支の赤字になろうかというふうに見込んでおります。そういったようなこともございまして、やはり、繰り越しもある程度持っておらないと困る事態もございますので、限度額もある程度お願いを申し上げ、御負担を願うという考え方をしたわけでございますので、ひとつ御理解を賜りたいと思います。以上です。



○議長(酒井博) 

 29番井上和恵君・・・



◆29番(井上和恵) 

 議案第4号の刈谷市職員の育児休業に関する方は、これまでの保母、看護婦さん、現業で働く方々の婦人の方々が利用されたのが3.6%。非常に私は低いように思うわけです。たまたま市の職員に採用されている方々が、育児について核家庭とかではなくて、そういう介護者がほかにいる等の有利な条件が反映しているということも考えられますけれども、やっぱり、待遇の問題では2分の1、賞与、退職手当、いろんな勤続年数、そういうことにも響くとか、やはり無給であると、そういうことが、やはり障害になっているんではないかというふうに思うわけです。そういう点で、せっかくできました休業法が本当に利用されるような条件ですね、職場に復帰してきたときに、職場の復帰が安定的に保たれるか、そういうことも不安の材料に入っているのではないかというふうに思うわけですけれども、そういう点で、十分にこの育児休業法が職員に利用される、喜んで受け入れられるような条件整備ということが、私は必要であろうと思います。こういう点も、委員会等で十分に論議を尽くしていただきたいということを要望しておきます。

 それから、国民健康保険の議案第8号に関する問題ですけれども、これも、数字的に言いますと、非常なからくりというかね、一面値下げをしたようにも見えますけれども、内情は、実は値上げの部分が多いという、そういう部分もあるわけで、これは予算に関することですから、私、事細かく予算の上で質問させていただきますから、刈谷市が他の市と違って中間所得層ですね、また、そういう資産を抱えた市民に対して非常に負担が重いということを、数字の上でも明らかにしていただきたいと思いますから、きょうは、ひとつ階層別の被保険者数、そういうものを課として、私の質問に答えられるように、ひとつ数字を出していただくということを要望して、今回は終わらせていただきますが、この条例そのものが、本当に被保険者の負担を軽くし、同時に健全な健康保険会計を行っていく、そういう上で十分に委員会でも論議を尽くしていただきたいということを要望しておきます。以上です。



○議長(酒井博) 

 15番近藤勲君・・・



◆15番(近藤勲) 

 議案第10号についてお伺いをいたします。

 遺児手当が15歳から18歳までということで、昭和46年の条例から改正されて大変いいんじゃないかなあ、こんなふうに思うわけですが、その後、例えばこの条例が平成5年3月31日までは16歳、平成6年の3月31日までは17歳というふうなぐあいになっておるわけですが、単純に考えて、せっかくここまで条例ができたら、一度でできないのか。なぜこういうことになったのか。これは、申し上げるのは、いつも字句の修正が出てくるわけですが、余分なことばっかやるからこういうややこしいことになるような気がしてしようがないんですが、法的に、何かこういうふうにしなきゃいけないとか、どういう意味でこういうことになったかを、ちょっとお知らせいただきたいと思います。



○議長(酒井博) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(稲垣健允) 

 経過措置についての御質問でございますけれども、一般的に申し上げる一つの手法として、1歳ずつ、現在受けている人を伸ばしていくという手法が一番多く使われておるわけてございまして、もし、一挙に18歳ということになりますと、一度支給停止した人を再度また支給開始していくというような方法をとるということもございまして、一般的な、こういった法律の根拠はございませんけれども、一般的な手法として、こういう形が一番多いということで御理解をいただきたいと思います。



○議長(酒井博) 

 15番近藤勲君・・・



◆15番(近藤勲) 

 わかりました。これは総務委員会できっと検討されるでしょうけど、要するに、じゃあどこかへ持ってくれば一度でいけるじゃないかというような気もせんでもないわけですが、わかりましたので、また総務委員会で検討いただければありがたいと思います。ありがとうございました。



○議長(酒井博) 

 ほかに質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております7議案は、総務福祉委員会へ付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第14から日程第16まで、すなわち議案第11号刈谷市農業近代化資金助成に関する条例の一部改正についてから議案第13号刈谷市火災予防条例の一部改正についてまでの3議案を一括して議題といたします。

 3議案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 経済環境部長・・・



◎経済環境部長(平山昭雄) 

 議案書の13ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第11号刈谷市農業近代化資金助成に関する条例の一部改正について御説明申し上げます。

今回の改正は、第2条第4項の改正でございます。

 第2条第4項は、農業近代化資金の定義と一農業者等に関する貸付限度の規定でございます。

 改正の内容は、字句の修正と整理、それから貸付限度額の引き上げでございまして、農業を営む者に貸し付ける場合200万円以内を1,200万円に、法人以外の農業生産を行う団体で農事組合、農民5人以上で構成されているもの及び農事組合法人に貸し付ける場合1,000万円以内を1億円に、農業協同組合に貸し付ける場合5,000万円以内を5億円に改めるものでございます。

 附則として、施行期日は、この条例は公布をした日から施行する。

 経過措置といたしまして、この条例の施行の日以後に利子補給の承認を受けた農業近代資金から適用するものとするものでございます。

 提案の理由でございますが、農業の体質強化の問題、あるいは農業後継者の育成の問題、さらに生産緑地法の改正に伴いまして、生産緑地における国の融資制度の強化拡充が図られたというような諸般の情勢に必要があるからでございます。

 なお、議案説明書、新旧対照表等を御参照の上、よろしく御審議を賜りたいと思います。



○議長(酒井博) 

 水道部長・・・



◎水道部長(近藤尚道) 

 議案書の14ページをお願いいたします。

 議案第12号企業職員の給与に関する条例の一部改正について御説明申し上げます。

 本案を提出いたしましたのは、地方公務員の育児休業等に関する法律の施行に伴い改正するものであります。

 第15条につきましては字句の整理であります。

 第15条の2といたしまして、追加するもので、内容につきましては、部分休業の承認を受けて勤務しない場合には、その勤務しない1時間につき、勤務1時間当たりの給与額を減額して給与を支給するというものであります。

 第16条の2の次に、第16条の3を追加するものであります。

 内容につきましては、育児休業の承認を受けた職員には、育児休業をしている期間は給与を支給しないというものであります。

 附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行するという内容であります。よろしく御審議賜りたいと思います。



○議長(酒井博) 

 消防長・・・



◎消防長(江坂素一) 

 引き続きまして、議案書の15ページをお願いしたいと思います。

 議案第13号刈谷市火災予防条例の一部改正についてを御説明申し上げます。

 今回の改正は、消防法の改正によります自治省消防庁通知、火災予防条例準則の一部改正に基づきお願いするものでございます。その主だった改正条項について御説明を申し上げたいと思います。

 このページの後寄り7行目でございますが、第3条1項18号の2と、次のページの18号の3は新設条項でございまして、液体燃料、気体燃料を使用する炉。また19号では、電気を熱源とする炉について、炉の安全性を図る趣旨から、立ち消え、加熱防止等の安全措置を設ける規定でございます。

 次に17ページをお願いしたいと思います。

 後寄り5行目でございます。第3条の4、これは厨房設備で新設条項でございますが、調理を目的として使用するレンジ、フライヤー、かまど等の厨房設備について、排気ダクト火災を防止するために必要な装置、構造等の基準を設ける規定でございます。

 次に20ページをお願いしたいと思います。後寄り7行目、9条の2の規定でございますが、これも新設条項でございまして、ヒートポンプ冷暖房機の普及により、位置、構造等の基準を設ける規定でございます。なお、通常冷暖房は電気を熱源としておりますが、ヒートポンプ冷暖房機は、液体、気体の燃料による気化熱を利用して行うもので、主に業務用として使用されているものでございます。

 次に、21ページをお願いしたいと思います。

 8行目、10条の2でございます、これも新設条項でございます。放電加工機は、加工液の中で加工対象物に放電をさせ加工する機械でございまして、火災予防上必要な装置等の基準を設ける規定でございます。これは主に精密工作機械メーカーにてお使いになっておるものでございます。

 次に、24ページをお願いしたいと思います。

 1行目、16条1項。避雷設備の位置、構造の基準を改めまして、日本工業規格に適合するものというふうに定めた規定でございます。

 同じページの13行目でございますが、23条1項3号でございまして、新設条項でございますが、文化財である建造物の内部等における禁煙の指定でございます。

 次に、25ページをお願いしたいと思います。3行目、23条3項は、劇場、百貨店の喫煙所、火器厳禁等の表示に文字標識とあわせて図の記号、これは34ページに記載してございます別表7の標識を設ける規定でございます。

 次に、同じこのページの8行目でございますが24条2項。これは空き家の所有者等は、人がむやみに出入りできないように進入の防止、周囲の可燃物の除去等火災予防上の措置を講ずる規定でございます。

 次に、26ページをお願いしたいと思います。3行目でございます。28条2項でございまして、これも新設条項でございますが、自動車の解体作業について必要な防火管理をするよう定めたものでございます。同じページの17行目でございます。35条5号ア、それから、次のページのイと、その二つにつきましては、劇場等の客席について、縦通路間の席数を20席まで増加できることとし、避難する人員に応じ避難通路の幅を広げることを定めた規定でございます。

 次に、28ページをお願いしたいと思います。2行目でございます。37条の2でございまして、これも新設条項でございますが、ディスコ、ライブハウス等の避難管理について、非常時において速やかに特殊照明あるいは音響を停止し、避難上有効な措置を定めた規定でございます。

 同じページの9行目。40条4号につきましては、防火対象物の避難口の戸に設ける施錠装置について、必要な機能または構造を定めたものでございます。

 次に、34ページをお願いしたいと思います。

 附則でございます。1項、施行期日としまして、平成4年7月1日から施行するものでございます。2項以下7項までにつきましては、今回の改正に伴います経過措置を定めたものでございます。

 提案理由といたしましては、諸般の情勢により必要が生じたためでございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 ただいまの説明に対する質疑をお許しいたします。

 別に質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております3議案は、経済環境委員会へ付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 暫時休憩いたします。

                           午前11時44分休憩

                           午後1時00分再開



○議長(酒井博) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に日程第17、議案第14号刈谷市公共駐車場条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 都市計画部長・・・



◎都市計画部長(稲垣利彦) 

 議案第14号刈谷市公共駐車場条例の一部改正について御説明を申し上げます。

 諸般の情勢によりまして、現在、市営駐車場を管理委託をしておりますが、第14条中の委託先を改正するものでございまして、これを社会福祉法人刈谷市社会福祉協議会から社団法人刈谷市シルバー人材センターに変更するものであります。

 公布の日から施行するという内容でございます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 ただいまの説明に対する質疑をお許しいたします。

 別に質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております本案は、建設委員会へ付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第18及び日程第19、すなわち議案第15号刈谷市立幼稚園保育料徴収条例の一部改正について及び議案第16号刈谷市コミュニティ施設条例の一部改正についての2議案を一括して議題といたします。

 2議案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 教育部長・・・



◎教育部長(三浦俊正) 

 議案説明書の39ページをお願いいたします。

 議案第15号刈谷市立幼稚園保育料徴収条例の一部改正について御説明申し上げます。

 第2条中、8万1,600円を8万7,600円に改めるものであります。保育料の年額を定めております。これを月額にいたしますと6,800円を7,300円ということになりまして、500円アップであります。率にいたしまして7.35%となります。

 なお、参考までに、平成3年度の刈谷市を除きます西三河6市の平均を申し上げますと、月額にして7,700円でございます。

 この条例は、公布の日から施行いたします。

 提案理由につきましては、諸般の情勢により必要があるからであります。御理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 次に、40ページをお願いいたします。

 議案第16号刈谷市コミュニティ施設条例の一部改正について御説明を申し上げます。

 別表第1でありますが、これは、今年度完成予定の重原市民館を追加するものであります。

 別表第2の改正につきましては、重原市民館の施設内容を追加するものでありまして、集会室、実習室、小集会室、娯楽室、談話室、図書室、以上のコミュニティ活動施設を規定するものであります。

 別表第3は、重原市民館の管理につきまして、重原市民館運営委員会に管理委託する規定の改正であります。

 施行期日につきましては、建設工事のうち擁壁工事及び植栽工事が若干おくれる状況でありますので、平成4年5月1日といたしております。

 この案を提出いたしましたのは、新たなコミュニティ施設の建設に伴い必要があるからであります。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 ただいまの説明に対する質疑をお許しいたします。

 別に質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております2議案は、文教委員会へ付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次に日程第20から日程第26まで、すなわち議案第17号平成3年度刈谷市一般会計補正予算から議案第23号平成3年度刈谷市交通災害共済事業特別会計補正予算までの7議案を一括して議題といたします。

 7議案の朗読は省略し、直ちに当局より説明を願います。

 総務部長・・・



◎総務部長(山岡種臣) 

 補正予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第17号平成3年度刈谷市一般会計補正予算(第7号)について御説明をいたします。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,961万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ388億5,397万2,000円とするものでございます。

 第2条は、継続費補正をお願いするものでございます。

 第3条は、繰越明許費の補正をお願いするものでございます。

 第4条は、地方債の追加でございます。第2表から第4表までを御説明申し上げます。

 5ページをごらんいただきたいと思います。

 第2表、継続費補正でございます。刈谷市総合運動公園多目的グラウンド整備事業で2億6,000万円を追加し、平成4年、5年の年割額を変更するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 第3表、繰越明許費補正でございます。6款1項農業費から10款5項社会教育費までの12事業につきまして、年度内に事業が完了できない見込みでございますので、合計11億7,217万円を限度とした繰越明許費をお願いするものでございます。

 第4表、地方債補正でございます。災援護資金貸付事業を初め5事業で、補正後の限度額及び起債の方法、利率、償還の方法は記載のとおりでございます。

 予算説明書の12ページをごらんいただきたいと思います。

 歳出でございます。2款1項3目財政管理費で1億5,201万1,000円を、財政調整基金に積み立てるものでございます。

 前のページに戻っていただきたいと思います。歳入でございます。17款1項1目特別地方消費税交付金で200万円の補正でございます。これは、7月1日より、県税であります特別地方消費税の旅館等所在の市町村に対する交付制度が創設をされました。その5分の1が交付されることに伴い補正をするものでございます。

 以上で関係分の説明を終わります。よろしく御審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(稲垣健允) 

 説明書の12ページをごらんいただきたいと思います。

 3款1項1目の社会福祉総務費で3,180万3,000円の補正であります。内容といたしましては、25節の積立金として、寄附金を充当して社会福祉基金に698万1,000円を積み立てするものであります。28節は、老人保健会計に2,482万2,000円を繰り出しするものてあります。

 次のページをお願いいたします。

 2項1目の児童福祉総務費につきましては266万3,000円の補正でございます。内容といたしましては、8節報償費で寄附金を充当をいたしまして、交通遺児及び重度障害者への見舞い品を123万5,000円。19節につきましては、ひかりの家にとの指定寄附を受けましたので、補助金を計上したものであります。

 次に4項1目の災害救助費につきましては1億3,894万円の減額補正でございます。これは昨年の台風18号によります災害の援護資金の貸付金が100戸分見込んでおりましたけれども、利用者が8人であったため減額するものであります。

 次は歳入ですので、9ページをお開きいただきたいと思います。

 歳入の12款1項3目の民生費寄附金で1節の社会福祉費寄附金は698万1,000円であります。これは御幸町の佐藤志づ子さん、刈谷花き園芸組合の石川森之さん、泉田町の福井晴美さん、株式会社東陽の犬飼芳雄さん、刈谷遊技場組合の堀部煌三さん、一ッ木の酒井昭二さん、ガールスカウト愛知の尾嶋文枝さん、小垣江町の江川保さん、豊田自動織機労働組合さん、野田町近藤静華さんから御寄附をいただいたものでございます。

 次に、2節の児童福祉費寄附金の266万3,000円につきましては、東刈谷町のファミリーマートおかもと、それから半城土中町の磯村恭子さん、八幡町の森玲子さん、広小路の浅田平三さん、御幸町の小林典子さん、小垣江町のホンダプリモさん、中山町の株式会社東陽さん、東刈谷町の株式会社人気堂さん、豊田市日の出町の第一生命労働組合さん、宝飯郡一宮町の神谷總一郎さんから、それぞれ御寄附をいただいたものでございます。ここに、心から感謝を申し上げるものであります。

 次に、10ページをお願いいたします。

 16款1項3目の民生債は1億4,400万円の減額でございます。これは災害援護資金の原資の不用分を減額するものでございます。

 以上、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 市民部長・・・



◎市民部長(加藤直樹) 

 関係分の説明をさせていただきます。12ページをお願い申し上げたいと思います。

 3款1項2目の国民年金費について御説明をいたしますが、今回補正をお願いいたしておりますのが1億4,403万2,000円でありますが、これにつきましては、平成3年の4月から学生が強制加入に変わった関係から精力的に啓蒙し、勧奨を行いました結果、加入者が当初の予想を超えて大きく増加をいたしました。したがって、この印紙購入費の補正をお願いいたすものでございます。よろしくお願いを申し上げます。

 続いて歳入でございますが、1枚戻っていただきまして10ページでございます。

 15款4項2目の雑入におきまして5節国民年金印紙売りさばき代金、これはただいま歳出で御説明をいたしました印紙の売りさばき代金、歳出同額を組ましていただいたものでございます。よろしくお願いを申し上げます。以上です。



○議長(酒井博) 

 建設部長・・・



◎建設部長(林尚) 

 14ページをお願いいたします。歳出より御説明を申し上げます。

 8款2項3目道路改良費につきましては、国庫補助対象事業拡大採択に伴いまして、国庫補助金1,275万円の増額が認められましたので、県費補助金、補助事業の組みかえに伴う減額1,000万円と一般財源を275万円、それぞれ減額する財源更正でございます。5目の橋りょう新設改良費につきましては、境橋災害復旧事業費の大幅な採択が認められましたので、災害復旧国庫補助負担金3,973万8,000円、地方債1,490万円が増額されることに伴う財源更正でございます。3項1目河川総務費でございますが、準用河川浜田川整備事業の県費補助が1,350万円増額されますことに伴う財源更正でございます。4項4目の都市下水路費におきましては、地方債720万円の増額が認められましたので、これも財源更正をお願いするものでございます。

 16ページをお願いいたします。5項1目下水道事業費におきまして、下水道事業会計への繰出金といたしまして632万円の増額をお願いするものでございます。

 それから、6項3目の住宅建設費でございますが、これは特定工事といたしまして、集会室だとか遊園が国庫補助で認められたために国庫補助金、いわゆる887万5,000円。それから住宅債の750万円を増額し、一般財源を1,637万5,000円減額する財源更正でございます。

 19ページをお願いいたします。11款2項2目河川災害復旧費につきましては、御堂添川災害復旧事業費の災害復旧国庫補助金が131万7,000円増額されたことによりまして、財源更正をお願いするものでございます。

 歳入を御説明いたします。7ページをお願いいたします。

 9款1項3目土木費国庫負担金でございますが4,105万5,000円を計上いたしておりまして、1節の道路橋りょう費国庫補助負担金3,973万8,000円の増額は、これは境橋災害復旧事業が、これも大幅な採択されますことによりましたものでございます。2節の河川費国庫負担金でございますが131万7,000円は、これは御堂添川災害復旧事業の採択増でございます。

 2項5目の土木費国庫補助金でございますが3,067万5,000円の計上のうち、2,162万5,000円が関係分でございます。1節の道路橋りょう費国庫補助金1,275万円は、補助対象事業組みかえによります市道01−32号線の事業促進を図るためでございます。それから、4節の住宅費国庫補助金887万5,000円は、特定工事の国庫補助が認められたもので、増額をお願いするものでございます。

 8ページをお願い申し上げます。10款2項6目土木費県補助金4,942万4,000円の計上のうち350万円が関係分でございまして、1節の道路橋りょう費県補助金1,000万円の減額につきましては、01−32号線道路整備事業を国庫補助事業に組みかえをしたことに伴う減額でございます。2節の河川費県補助金1,350万円につきましては、準用河川浜田川整備事業の事業採択増に伴う増額でございます。

 10ページをお願いいたします。15款4項2目雑入の1億4,292万4,000円のうち、関係分といたしましては14節の雑入110万8,000円の減額でございます。これは豊明市が負担をする境川災害復旧事業に係る工事でございまして、事業費の大幅な採択によりまして、国庫負担金の増収に対しまして管理者負担金が減額したものでございます。

 16款1項1目土木債1,470万円でございますが、1節都市計画債と2節の住宅債は、それぞれ国庫補助事業が認められることによります増額でございます。

 それから、4目の災害復旧費1,490万円でございますが、境川災害復旧事業債が認められましたことによるものでございます。

 以上、よろしく御審議の上お願いを申し上げます。以上でございます。



○議長(酒井博) 

 都市計画部長・・・



◎都市計画部長(稲垣利彦) 

 15ページをお願いいたします。

 8款4項3目街路事業費でありますが、財源更正であります。

 まず、国庫支出金で、中手新池線と牛田野田線で905万円、県支出金で、刈谷環状線と半城土吉浜線で3,225万円の増額が確定いたしましたので、これを増額いたしまして、同額の4,130万円の一般財源を減額するものであります。

 次に5目の公園費で1,000万円の減額でありますが、これは総合運動公園周辺の逢妻川河川緑地の整備事業費でありまして、現在、県が河川工事を施工中でありますので、本年度中に市施行の工事が着手不可能となりましたので減額するものであります。また、財源につきましては、県支出金で洲原公園と陣場公園の整備事業費に対して1,320万円の増額が確定いたしましたので、これを増額いたしまして、差し引き2,320万円の一般財源を減額するものであります。

 次に、6目の緑化事業費の財源更正でありまして、県支出金で松くい虫防除事業に対して47万4,000円の増額が確定いたしましたので、これを増額いたしまして、同額の一般財源を減額するものであります。

 次に、歳入を御説明申し上げます。7ページをお願いいたします。

 9款2項5目3節の都市計画費国庫補助金905万円でありますが、中手新池線で300万円、牛田野田線で600万円であります。

 次に、8ページをお願いいたします。10款2項6目3節の都市計画費県補助金4,592万4,000円でありますが、都市計画街路関係で刈谷環状線に500万円、半城土吉浜線に2,725万円。都市公園関係では、洲原公園に1,020万円、陣場公園に300万円、松くい虫関係で47万4,000円であります。

 次に、20ページをお願いいたします。

 継続費の補正について御説明申し上げます。

 8款4項刈谷市総合運動公園多目的グラウンド整備事業に、電光掲示板設置工事費といたしまして2億6,000万円を追加いたしまして、その総額を16億9,500万円とするものであります。この2億6,000万円の施行年度は、平成4年度に2億円、平成5年度に6億円の計画であります。また、財源の補正につきましては、平成4年度の地方債に補助金相当分1億円と、補助裏分5,000万円を追加し1億7,500万円といたしまして、地方債の総額を2億5,300万円とするものであります。また、平成4年度に、その他財源として県からの繰入金7億円を見込みまして、一般財源の総額を7億4,200万円とするものであります。したがいまして、各年度ごとの進捗率は表末のとおり、3年度が16.2%、4年度が72.6%、5年度は11.2%の割り振りとなります。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げ、関係分の説明を終わります。



○議長(酒井博) 

 開発部長・・・



◎開発部長(渡辺恒夫) 

 説明書の15ページをお願い申し上げます。

 8款4項2目土地区画整理費において3,852万9,000円の減額でございますが、これは刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業会計への繰出金の減額でございまして、特別会計の財源更正に伴います減額でございます。

 よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 教育部長・・・



◎教育部長(三浦俊正) 

 補正予算説明書の17ページをお願いいたします。

 10款2項1目学校管理費80万円の財源更正でございます。小学校の緑化事業に国庫補助の決定があったものであります。

 3項1目学校管理費におきましても80万円の財源更正でありまして、小学校同様、中学校の緑化事業に対しましても国庫補助が決定されたことによるものであります。

 次に18ページをお願いいたします。4項1目幼稚園費70万3,000円の財源更正で、幼稚園備品の県費補助の確定によりまして、県支出金から一般財源に更正をするものであります。

 4項2目幼稚園建設費も財源更正でありまして、建設中の平成幼稚園にかかります国県補助が確定いたしました。それに基づきまして、地方債も決定されまして更正をお願いするものであります。

 5項1目19節負担金、補助及び交付金の減額であります。これは1,074万1,000円でありますが、小垣江新田集会所の建設を予定しておりましたが、昨年9月の台風18号、19号の影響等によりまして、今年度の建設が困難になったため減額をさせていただくものであります。4目18節備品購入費100万円につきましては、青少年育成事業寄附金を充当いたしまして、ビデオダビング機を購入するものであります。

 次に、歳入をお願いいたします。8ページをお願いいたします。

 9款2項6目1節小学校費国庫補助金。それから、2節の中学校費国庫補助金、3節幼稚園費国庫補助金。これはいずれも歳出で御説明申し上げましたとおり、国庫補助金の決定によるものであります。

 次に、9ページをお願いいたします。

 10款2項8目2節幼稚園費県補助金129万7,000円につきましても、県費補助金の決定によるものであります。

 12款1項5目4節社会教育費寄附金100万円でございますが、青少年育成事業費ということで、株式会社東陽様から御寄附をいただきました。大変ありがとうございました。

 次に、10ページをお願いいたします。16款1項2目1節幼稚園債1,540万円の減額でありますが、国庫補助金の確定によりまして、起債額が減額となったものでございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 開発部長・・



◎開発部長(渡辺恒夫) 

 続きまして、議案第18号平成3年度刈谷市刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について御説明を申し上げます。8ページをお願い申し上げます。

 まず、第1条につきましては、歳入歳出予算の補正でございまして、第1表のとおり、歳入の更正でございます。

 第2条は、翌年度に繰り越して使用することのてきる経費は、第2表繰越明許費によるというものでございまして、11ページをお願い申し上げます。第2表繰越明許費、刈谷小垣江駅東部土地区画整理事業費におきまして、区画道路の築造、整地及び物件移転補償事業で8,446万5,000円とするものでございます。

 第3表地方債補正は、限度額4,590万円を8,400万円に変更するものでございまして、起債の方法、利率等につきましては、補正前と同様でございます。

 説明書の27ページをお願いいたします。

 歳出でございますが、これは特定財源の変更に伴います財源更正でございます。

 歳入、25ページをお願いいたします。

 2款国庫支出金1項1目1節公共団体土地区画整理国庫補助金475万円につきましては、補助率の変更に伴います増額分でございます。

 3款1項1目1節街路事業費県管理者負担金432万1,000円の減額は、対象事業費の減額に伴うものでございます。

 4款1項1目一般会計繰入金3,852万9,000円の減額につきましては、特定財源の変更に伴い繰入金を減額するものでございます。

 8款1項1目市債3,810万円の補正は、補助事業の補助率の変更あるいは都市開発推進事業債として対象となった増額分でございます。

 次に、議案第19号平成3年度刈谷市北刈谷第二土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について御説明を申し上げます。12ページをお願いいたします。

 繰越明許費でございまして、翌年度に繰り越して使用することのできる経費は、第1表繰越明許費とするということでございまして、北刈谷第二土地区画整理費において、配水管布設及び物件移転補償事業において2億6,944万5,000円と定めるものでございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 建設部長・・・



◎建設部長(林尚) 

 予算書の14ページをお願いいたします。

 議案第20号平成3年度刈谷市下水道事業特別会計予算(第3号)につきまして御説明を申し上げます。

 第1条といたしまして、補正額1,788万円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ28億5,427万4,000円とするものでございます。

 2項におきまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、15ページの第1表歳入歳出予算補正によるものでございます。

 第2条といたしまして繰越明許費でございます。繰越額の内容といたしましては、16ページにございます第2表繰越明許費によるもので、1億138万円を限度額といたしましてお願いをするものでございます。

 第3条といたしまして、地方債の変更は、16ページにございます第3表地方債補正によるものでございます。内容といたしましては、限度額を2,420万円減額いたしまして5億9,840万円とするものでございます。なお、起債の方法、利率、償還の方法は、補正前と同様でございますので、よろしくお願いいたします。

 予算説明書の32ページをお願いいたします。

 1款2項1目の下水道施設費におきまして、補正額1,788万円の減額をお願いするものでございます。これは境川流域下水道事業の建設負担金の減額によるものでございます。

 歳入を御説明いたしますので、31ページをお願いいたします。

 5款1項1目の一般会計繰入金におきまして、補正額632万円の増額をお願いするものでございます。

 8款1項1目の市債におきまして、補正額は2,420万円の減額をお願いするものでございます。これは境川流域下水道事業の減額によるものでございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 市民部長・・・



◎市民部長(加藤直樹) 

 議案本書の17ページをお願いを申し上げます。

 議案第21号平成3年度刈谷市国民健康保険特別会計補正予算について御説明を申し上げます。

 第1条につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億3,863万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ37億6,172万1,000円とするという内容でございます。なお、細かい内容につきましては、予算説明書で御説明を申し上げますので、説明書の36ページをお願い申し上げます。

 歳出から御説明を申し上げます。

 2款1項1目一般被保険者の療養給付費におきまして2億401万8,000円の補正をお願い申し上げておりますが、これにつきましては、今回人員、医療費ともに大幅に増高をいたしまして、当初見込みを上回ってまいりました。したがって、この分の増額補正をお願いするという内容でございます。

 それから、次の2項1目一般被保険者高額療養費につきましても、やはり3,461万5,000円の補正をお願いいたしております。これも同様、療養費が大きく増加をいたしてまいりました。したがって、この療養交付金の増額の補正をお願いいたすものでございます。

 続きまして、歳入につきまして、一つお戻りをいただきたいと思います。

 4款1項2目は療養給付費の増額補正に伴う国庫負担金の増額分でございます。これが8,160万6,000円をお願いいたしております。よろしくお願い申し上げます。

 次に、10款の繰越金の関係でございますが、その他の繰越金で1億5,702万7,000円の補正をお願いしております。これにつきましては、今回補正に必要といたします財源に、繰越金を充当させていただくというものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(稲垣健允) 

 それでは、予算本書の方をごらんいただきたいと思います。19ページをお願いいたします。

 議案第22号平成3年度刈谷市老人保健特別会計補正予算(第2号)について御説明を申し上げます。

 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億7,391万円を追加いたしまして、予算の総額を45億2,519万2,000円とするものでございます。

 内容につきましては、説明書の方で御説明いたしますので、説明書の41ページをごらんいただきたいと思います。

 歳出でございます。

 1款1項1目の医療給付費におきまして1億7,391万円の補正でございます。これは入院、外来等の受診者増と、ひとり当たりの給付金の増額に伴いまして不足分を生じたので、お願いを申し上げるものでございます。

 次に歳入でございますが、1ページ前をごらんいただきたいと思います。39ページをお願いします。

 歳入の1款1項1目の医療費交付金は、現年度分として1億985万4,000円の補正でございます。これは支払基金から負担されます10分の7が交付されるものであります。

 2款1項1目の医療費負担金につきましては3,138万7,000円てございまして、国の負担分10分の2に当たる分でございます。

 次のページをごらんいただきたいと思います。

 3款1項1目の県負担金では784万7,000円でございまして、県の負担分10分の0.5でございます。

 4款1項1目の一般会計繰入金につきましては2,482万2,000円でございまして、市の負担分を補正させていただくものでございます。

 以上、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 経済環境部長・・・



◎経済環境部長(平山昭雄) 

 予算本書の21ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第23号平成3年度刈谷市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)。

 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ300万円を追加し、歳入歳出予算の総額を3,816万8,000円とするものでございます。

 予算説明書の46ページをお開きいただきたいと思います。

 1款1項1目事業費19節の負担金、補助及び交付金におきまして、交通災害見舞金として300万円の補正をお願いするものでございまして、交通災害事業におきます交通事故の多発に伴いまして、見舞金が当初の予定額より不足する状況となりましたため、今回補正をお願いするものでございます。

 次に、歳入の45ページをお願いしたいと思います。

 3款1項1目1節の前年度繰越金300万円でございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 ただいまの説明に対する質疑をお許しいたします。

 29番井上和恵君・・・



◆29番(井上和恵) 

 議案第17号平成3年度刈谷市一般会計補正予算、これに関しまして1件質問をいたします。

 3款民生費の4項災害救助費1目の災害救助費の中で災害援護貸付金。これが100戸分を見込んでいたけれども、8人の借り入れであったというような説明がございました。昨年の19号の災害で、そういう起債を起こして予算計上したわけですけれども、そういう状態であったという点について、余りにも差が大き過ぎるわけですけれども、どんなようなところに原因があったのかということをとらえておられますか、お聞きをしたいと思います。



○議長(酒井博) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(稲垣健允) 

 災害の援護資金の貸し付けでございますけれども、御承知のように災害、床上の方が112戸あったわけでございますけれども、その中で、お借りいただいたのが8戸でございました。これは、いろいろ聞いてみますと、非常にたくさんの方が民間の保険に入ってみえた。例えば農協さん等の保険をかなり利用されておった。あるいはまた、会社でそれぞれそういう災害の場合の貸付制度があるというようなお話も承りまして、結果的に8人であったということでございますので、御理解をいただきたいと思います。



○議長(酒井博) 

 29番井上和恵君・・・



◆29番(井上和恵) 

 部長の答弁を聞きますと、非常に社会情勢がよろしいようなふうに受けとめられますけれども、私は、当初懸念いたしましたのはですね、少なくとも床上浸水になった家屋というのは、マイホームとして建設をされた。そういう勤労者の住宅が多数あったということで、こういうような予算も考えたわけですけれども、そういう少なくとも自分の自力でマイホームをつくって、生計を維持していこうという、そういう方々だと、どうしてもそれに見合った収入がなければ、建設の見通しも立たないわけで、やはり、持ち家をしているということには、それだけの経済的な裏づけをもって家計をやっている。そういう点で、貸付金の制度そのものに所得制限等の厳しい条件があるということを、私は、その条例が出されたときに、既に昨年指摘をしたところです。

 単純に、そのように言われた農協とか会社とかですね、希望するところから必要な資金が、手だてができたということならば、刈谷市も、市民層は大変恵まれた環境にあるということで、私は喜びたいわけですけれども、あれだけの被害が起きて、大変悲嘆にくれていた住民の方が多いわけです。そういう点で、これだけの額を予算化して、少なくとも無利子の貸し付け援助、そういうことでやったわけですけれども、会社とか農協とか、そういうとこは無利子であるのかどうか。これよりかよい条件で借りられたのかどうなのか。この点についても若干疑問が残るところです。その点についてどんなふうに考えておられるか。お願いします。



○議長(酒井博) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(稲垣健允) 

 農協あるいは会社におきます金利まで調査したことはございませんけれども、私の方は御承知のように3%で、据え置き期間もあるということでございましたから、私の方が条件がいいので、こちらへ来ていただけるというふうに思っておりました。しかし、結果的にはこういうことでございましたし、また、窓口でいろいろ御相談を受けておる中で、所得がオーバーしているのでだめというようなことの件数は比較的少なくて、四、五件であったというふうにとらえておりますので、御理解をいただきたいと思います。



○議長(酒井博) 

 29番井上和恵君・・



◆29番(井上和恵) 

 少なくともですねえ、勤労者のマイホーム。少なくとも数年の建設の方々で、被害を受けられたという数がかなり多かったということを私は記憶をしております。そういう中で、たった8人ぐらいということはですねえ、もともともう所得制限、要綱見ただけで、申し込みに来なかった。それでもどうかなと思ってすれすれで来られた方が四、五件引っかかった。こういう状況ではないかと思うんです。それで、私が思いますのは、やはり災害を受けた、これからあってはいけないわけですけれども、災害対策は万全を尽くさなきゃいけないわけですけれども、万やむを得ない事情で、やはり天災ですからやってくるときがあります。そういうときにですねえ、ほんとに被害の救済という意味で、今後こういうような制度をつくってよしとして、実際には行政的な援助の手が差し伸べられなかった。こういう結果だと思うんですね。必要なかったということではないと思うんですね、私は。いろんな点で、家族、親族、いろいろ援助をお願いしたり、我慢をしたり、そういうところで私は切り抜けたというふうに感じております。それで、私は、今後、この災害について、援助の方法ですね。やはり、もっと実のあるところで考えていただきたいということを思いますので、今後のひとつ検討課題にしていただきたいというふうに思います。以上です。



○議長(酒井博) 

 ほかに質疑もないように思われますので、これにて質疑を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 ただいま議題となっております7議案につきましては、議員全員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、この特別委員会に付託の上審査することにいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(酒井博) 

 御異議なしと認めます。

 よって、7議案につきましては、議員全員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、この特別委員会に付託の上審査することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 暫時休憩いたします。

                           午後1時46分休憩

                           午後2時05分再開



○議長(酒井博) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に日程第27から日程第36まで、すなわち議案第24号平成4年度刈谷市一般会計予算から議案第33号平成4年度刈谷市水道事業会計予算までの10議案を一括して議題といたします。

 10議案の朗読は省略し、直ちに当局より順次説明を願います。

 総務部長・・・



◎総務部長(山岡種臣) 

 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第24号平成4年度刈谷市一般会計予算について御説明をいたします。

 第1条は、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ406億8,284万4,000円と定めるものでございます。

 第2条は、地方自治法第212条第1項の規定による継続費の経費の総額及び年割額は、第2表継続費によるもので、第3条は、地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、第3表債務負担行為によるものでございます。

 第4条は、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は第4表地方債によるもので、第5条は、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は5億円と定めるもので、第6条は、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定めるもので、各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用でございます。

 9ページをごらんいただきたいと思います。

 第2表継続費でございます。10款6項保健体育費におきまして、刈谷グランド改修整備事業といたしまして、総額19億9,800万円で整備するもので、年割額のとおり、平成4年度と5年度の継続費とするものであります。

 次のページをお願いいたします。

 第3表債務負担行為でございます。営農センター建設補助事業及び小垣江ポンプ場下部工築造事業の2事業、合計2億7,662万円を限度とした債務負担行為をお願いし、事業の促進を図るものでございます。

 第4表地方債でございますが、起債の目的は、保育園建設事業を初め7事業で、限度額の合計は6億9,410万円で、起債の方法、利率、償還の方法は記載のとおりでございます。

 予算説明書の43ページをごらんをいただきたいと思います。

 歳出でございます。

 1款1項1目議会費におきましては4億1,051万4,000円でございます。議員報酬、職員の人件費のほか、実績に基づいて計上をしてあります。

 49ページをお願いいたします。

 2款1項1目一般管理費の関係分の主なものを御説明申し上げます。

 15節の工事請負費の関係でございますが、市庁舎各所の改修工事、会議室に電動スクリーン等を設置するものでございます。本庁舎、南庁舎のケーブルテレビ敷設工事費等計上をいたしております。

 53ページをお願いいたします。3目財政管理費は1億7,606万9,000円。財政管理に要する経費を実績に基づき計上をいたしております。

 4目会計管理費309万9,000円は、出納事務の経費であります。次のページをお願いたします。

 5目財産管理費5,502万円で、普通財産及び集中管理物品の管理経費等、実績に基づき計上をいたしております。

 58ページをお願いいたします。8目公平委員会費129万8,000円で、公平委員会関係経費でございます。

 63ページをお願いいたします。12目公会堂費は615万円で、十朋亭及び公会堂の管理経費でございます。

 67ページをお願いいたします。14目諸費5,496万7,000円で、主なものといたしまして、市税等還付金等でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2項1目賦課徴収費は6億5,277万円であります。人件費のほか徴税に要する関係経費を計上いたしております。

 74ページをお願いいたします。4項1目選挙管理委員会費は2,819万5,000円で、委員の報酬及び職員の人件費が主でございます。

 次のページをお願いいたします。2目参議院議員通常選挙費は、平成4年7月7日任期満了に伴い執行する経費3,009万4,000円でございます。

 3目明治用水土地改良区総代会総選挙費は、平成4年5月30日任期満了に伴う執行経費でございます。

 4目愛知用水土地改良区総代会総選挙費は、平成4年10月19日任期満了に伴う執行経費でございます。

 81ページをお願いいたします。6項1目監査委員費4,472万7,000円は、委員、職員の人件費等でございます。

 飛びまして209ページをごらんいただきたいと思います。

 9款1項5目防災費の関係分といたしまして、次のページ210ページをごらんいただきたいと思います。防災訓練の経費といたしまして400万円を関係各節に、また避難場所の標識の設置工事といたしまして50万円を計上いたしております。

 267ページをお願いいたします。

 12款1項1目公債費、元金は5億3,219万9,000円で162件の償還元金。

 2目の利子は178件の未償還元金の利子等でございます。

 次のページをお願いいたします。

 13款1項1目土地取得費は、半城土高須土地区画整理地区内で、公営住宅用地としまして保留地を購入するため計上をいたしております。

 2項1目土地開発基金1,966万7,000円は、利子の積立金でございます。

 14款1項1目予備費は前年同額、1,000万円でございます。

 次に、歳入をお願いいたします。7ページをごらんをいただきたいと思います。

 歳入の1款市税でございます。前年度の実績、景気の動向並びに税制改正の影響等を勘案いたしまして270億2,873万円を見込みました。前年度当初予算と比較いたしまして13.4%の増でございます。

 税目別に説明をいたします。

 まず、1項1目個人市民税は、所得金額の伸びを勘案いたしまして86億8,254万9,000円でございます。前年当初比7.5%の増でございます。

 2目法人市民税は48億126万5,000円を見込みました。前年当初比7.9%の増でございます。

 2項1目固定資産税は、土地、家屋、償却資産を合わせて107億9,952万円を見込みました。前年度当初比20.8%の増でございます。

 次のページをお願いいたします。2目国有資産等所在市町村交付金は1,425万6,000円でございます。

 3項1目軽自動車税は8,709万6,000円で5.9%の増でございます。

 4項1目市たばこ税は7億757万円で3.8%の増でございます。

 6項1目都市計画税は19億3,647万3,000円で、前年度当初比20.9%を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目消費譲与税は、消費税の一部を人口割合等で、一定の基準によりまして譲与されるもので6億9,600万円を見込んでおります。

 次のページ、3款1項1目利子割交付金は、利子課税に対する交付金で、実績を勘案いたしまして6億7,913万4,000円を計上いたしております。

 次のページ、4款1項1目特別地方消費税交付金340万円を見込んでおります。

 次のページの6款1項1目地方交付税は、特別交付税で2,300万円を計上いたしました。

 20ページをごらんいただきたいと思います。2項1目総務費国庫補助金1,180万9,000円は、電波障害対策として、アンテナ更新経費に対する補助金でございます。

 29ページをごらんいただきたいと思います。

 11款3項1目総務費委託金のうち2節徴税費委託金2億4,808万5,000円、4節選挙費交付金は3,172万1,000円であります。

 32ページをお願いいたします。

 12款1項1目財産貸付収入4,104万2,000円で、実績により計上をいたしております。2目利子及び配当金のうち市有物件配当金ほか3項目1億9,081万9,000円が関係分でございます。

 2項1目不動産売払収入は8,285万2,000円でございます。

 次のページ、14款1項2目基金繰入金は、事業促進のため財政調整基金を繰り入れるものであります。

 15款1項1目繰越金は3億円の計上でございます。

 16款1項1目延滞金は2,243万円であります。

 次のページの16款2項1目市預金利子は3億5,000万円を計上いたしております。

 38ページをお願いいたします。14節雑入は、公衆電話手数料外14項目1,581万5,000円であります。

 以上で関係分の説明を終わります。なお、280ページ以降に、継続費に関する調書、債務負担に関する調書、別冊に予算説明資料を添付しておりますので、御参照の上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 市長公室長・・・



◎市長公室長(小山栄俊) 

 それでは、45ページをお願いいたします。

 2款1項1目一般管理費は19億8,114万8,000円であります。関係分の主なものとして、特別職報酬審議会の開催経費として、この1節に委員報酬32万円を計上しております。

 次は47ページをお願いいたします。職員の研修事業として海外派遣研修等に要する経費として9節の旅費のほか、各節に2,301万5,000円を計上いたしました。さらに11節需用費の印刷製本費で接遇マニュアルを作成する経費114万円を計上いたしております。次は49ページをお願いいたします。15節工事請負費におきまして、職員駐車場整備工事費1,020万円を計上しておりますが、これは今まで借地使用していた駐車場が返還を求められておりますので、郵便局の近くに借地で60台分を確保するものでございます。次の50ページをお願いいたします。19節におきまして、刈谷市国際友好協会補助金800万円、25節て国際交流振興基金積立金499万1,000円を計上いたしました。そのほかのものにつきましては、実績に応じて計上しております。

 次の51ページの2目広報宣伝費は1億6,797万1,000円で、主なものとしては、次のページ52ページで、ビデオで刈谷市政を紹介するため、13節でビデオ等制作委託料617万円を計上いたしました。15節工事請負費は216万円でございまして、広報板6基分を予定しております。また、12月開局予定の碧海キャッチのケーブルテレビに、行政情報を主体に30分番組、週6本の割合で制作を委託するための経費2,485万2,000円を計上させていただきました。

 次は55ページをお願いいたします。6目企画費4,761万2,000円であります。次の56ページで印刷製本費及び総合計画策定指導業務委託料と第5次総合計画策定事業費として2,363万4,000円を計上いたしました。なお、児童、生徒の未来像作品の募集する経費として100万円計上いたしております。次の57ページ、24節でケーブルテレビ出資金として1,395万円を計上し、碧海キャッチに出資するものでございます。

 次は59ページです。9目恩給及び退職年金費で446万4,000円を計上いたしております。これは3人分の扶助料でございます。

 次は79ページをお願いいたします。

 5項1目統計調査総務費で873万9,000円でございます。本年は、特に住民生活実態調査を行う経費として312万5,000円を、1節の報償費のほか関係各節に計上しております。次は80ペ一ジをお願いいたします。指定統計費でございます。509万9,000円を計上し、各種統計調査を行うものでございます。

 それでは、歳入の24ページをお願いいたします。

 11款2項1目1節企画費県補助金38万3,000円、4節統計調査費県補助金1万3,000円で、説明欄記載の補助金でございます。

 次は29ページをお願いいたします。

 3項1目1節24万7,000円、5節統計調査費委託金889万7,000円、それぞれ説明欄記載のとおりでございます。

 次は32ページをお願いいたします。

 12款1項2目1節利子及び配当金のうち、国際交流振興基金積立金利子は1,299万1,000円であります。

 次は38ページをお願いいたします。

 14節雑入は、防寒服購入費本人負担金28万円を初め5項目74万円が関係分でございます。

 以上でございますが、人件費につきましては270ページ以降に一般会計給与費明細書が添付しございますので、御参照の上よろしく御審議のほどお願い申し上げます。以上でございます。



○議長(酒井博) 

 市民部長・・・



◎市民部長(加藤直樹) 

 市民部の関係につきまして御説明をさせていただきます。

 予算説明書の45ページからお願い申し上げます。

 2款1項1目の一般管理費19億8,114万8,000円のうち、関係分は947万円でございますが、この関係は、富士松支所及び市民相談室の人件費と、そのほか市民相談に要します年間の諸経費を関係各節に計上したものでございます。なお、このうち臨時的なものといたしまして、8節におきまして、外国人の生活相談に当たっていただくための通訳の謝礼金といたしまして41万6,000円を計上いたしております。

 次に57ページをお願い申し上げます。

 2款1項7目の支所費でございます。本年度予算額は1,517万円でございまして、内容につきましては、富士松支所の年間的な諸経費と、そのほか人件費等実績に基づきまして計上いたしたものでございます。このうち、特に臨時的なものは、11節におきまして、新たに刈谷市に転入して来られます方に、市政ガイドブックといたしまして、案内を印刷する予定でございますが、それが88万2,000円、それから18節におきましてタイプライター、認証器等のいわゆる事務用備品の更新を行うための経費170万円をお願いいたしております。

 それから、次に59ページの2款1項10目の市民会館管理費でございます。本年度予算額は3億2,204万3,000円でございまして、この主なものといたしましては、11節におきまして冷温水機の補修費、これが600万円。それから13節におきまして、市民サービスの向上を図るために、結婚式等の業務をサービスセンターに委託をしてまいりたいということで、この経費を900万円。それから、特に、近年ますます利用が増加しておりますところの市民会館につきまして、駐車場の不足を少しでも解消するために、大手町2丁目28番地におきまして297平方メートルの用地を購入し、造成をいたしてまいります経費でございますが、これを15節、17節及び22節に合わせて1億2,650万5,000円を見込ませていただいております。そのほか、18節の備品購入費で管理用備品といたしまして自動車1台、それから平台、スポットライト等を更新するための諸経費として485万9,000円を計上いたしたものでございます。

 次に62ページをお願い申し上げます。11目の市民会館の事業費でございまして、これが3,599万1,000円ですが、この内容につきましては、平成4年度に実施をいたしますところの有料5回、無料5回、合わせて10回分の事業に要します諸経費を、関係各節に計上いたしたものであります。

 次に67ページをお願いを申し上げます。2款1項14目の諸費でございますが、1枚めくっていただいて、一番下の方の23節償還金利子及び割引料でございますが、この中で36万5,000円が関係分でございます。いわゆる市民会館の関係で10万円、青山斎園の関係で26万5,000円、税外収入過年度還付金の中に見込んでございます。

 それから、次に71ページをお願い申し上げます。

 戸籍住民基本台帳費でござまして、本年度予算額は2億967万4,000円でございまして、主なものは市民課職員の人件費のほか市民課の業務を行うために必要な経費を、前年度の実績に基づいて計上いたしてございます。このうち、特に臨時的な経費といたしましては、11節で、やはりこれは転入をされる方々にお渡しをいたしますところの市政ガイドブックの印刷代、これが176万4,000円、それから18節におきまして、事務用備品といたしまして、防湿用の保管ケースあるいは電動のタイプライターの購入費、これを110万円見込んだものでございます。それから、19節の負担金、補助及び交付金の中で、北刈谷第二土地区画整理事業の中の墓地にかかります精算金。これが273万5,000円を計上いたしてございます。お願いを申し上げたいと思います。

 続きまして89ページをお願い申し上げます。

 3款1項1目28節の繰出金でございますが、国民健康保険会計への繰出金、これが2億506万4,000円でございます。それから、そのすぐ次の欄でございますが国民年金費、これが本年度予算は12億8,224万円でございます。主なものは、11節の印紙購入費で12億6,539万4,000円と、そのほか年金制度の啓発あるいは未納対策の関係の啓発等を行う経費といたしまして396万6,000円を関係各節に計上いたしたものでございます。

 次に127ページをお願い申し上げます。

 4款1項1目の保健衛生総務費でございますが、本年度予算額は7億2,742万9,000円でございます。以下、主なものを申し上げますと、19節の負担金、補助及び交付金の中で、刈谷総合病院に対する補助金として4億4,835万9,000円。これはトヨタ系7社からの寄附金3億円と合わせて補助をいたすものでございます。次に、医師会館の臨床検査センターの設備品としまして1,800万円を補助し、乳がんの超音波検査の器具を購入し、実施を図ってまいりたいというものでございます。それから、次に看護学校の運営補助金でございますが、これは長年の懸案でございました看護学校が、本年の4月から開校される運びとなってまいりました。したがって、この運営費といたしまして4,206万円の補助をいたすものであります。それから、次に精神障害者小規模の作業所運営補助金429万6,000円でございますが、これは平成3年度に要綱が改正をされました。したがって、対象者の非常に少ない5人から9人の小規模の作業所につきましても、県補助の対象となりましたので、この際、県補助に合わせて助成をするものでございます。そのほか保健センターの管理運営に要します諸経費を、いずれも実績に基づいて計上いたしたものでございます。

 それから、続きまして131ページをお願い申し上げます。2目の母子衛生費1,326万7,000円でございますが、これは乳児の健康診査、よい子の歯のコンクール、そのほか栄養の強化事業等に要します経費を、実績に基づいて計上いたしたものでございます。

 それから、次に132ページをお願い申し上げます。3目の成人病予防費でございますが、予算額は1億2,050万2,000円でございます。この主なものは、13節におきまして成人病健康診査委託料、これが7,093万円。それから、がんの検診委託料2,483万9,000円及び簡易人間ドックの検査委託料580万1,000円等でございます。そのほかは、実績に基づいて計上いたしてございます。

 それから、次に4目の予防費でございますが6,425万円で、主なものは、ポリオ、あるいは三種混合、ツベルクリン、BCG等々の各種予防注射に要しますところの経費を、実績に基づいて計上いたしてございます。

 それから、次にめくっていただきまして135ページでございます。5目の隔離病舎の関係の経費でございます。563万1,000円でありまして、内容は、患者輸送車を更新いたします予算272万1,000円と、そのほか患者3人分を見込んで、措置に必要な諸経費を計上いたしたものであります。

 それから、次に6目の環境衛生費でございますが、本年度予算額は570万1,000円でありまして、環境衛生事業に必要な費用を、前年度の実績に基づいて計上させていただきました。

 それから、次に7目の斎園費の関係でございますが、予算額は7,209万8,000円でございます。内容につきましては、青山斎園の人件費と火葬施設あるいは待合施設、斎場及び冷蔵等の管理に必要な経費を計上いたしたものでございます。そのうち、特に臨時的なものは、15節におきまして火葬炉2基の改良工事費、これが1,400万。それからロビーのカーペットの張りかえ、そういったものを150万。そのほか18節におきまして、業務車とロビーの応接セットを更新する経費、これが205万9,000円をお願いいたしております。

 引き続きまして、歳入をお願い申し上げます。15ページへお戻りをいただきたいと思います。

 9款1項1目の総務使用料でございますが、まず1節の市民会館使用料4,610万円。これは付記のとおりでございます。それから、3節の戸籍住民基本台帳使用料、これが119万円。霊柩車の使用料を見込んだものでございます。

 それから、3目におきます衛生使用料698万1,000円でございますが、前年度の実績を勘案し、それぞれ斎園の使用料を見込ませていただいたものであります。

 それから、1枚めくっていただきまして17ページ、2項の手数料でございます。総務手数料といたしまして、一番下の3節戸籍住民基本台帳手数料3,535万5,000円でございます。それぞれ付記にございますものを見込んだものであります。

 それから、1枚めくっていただきまして18ページ、10款国庫支出金の関係でございます。

 1目民生費国庫負担金の関係で、1節の社会福祉費国庫負担金のうち、下から2行目、保険基盤安定負担金の1,253万2,000円が関係分であります。

 それから、2目へまいりまして衛生費国庫負担金、これが1,653万円でございます。これもそれぞれ付記にございますとおりであります。

 それから、1枚めくっていただきまして、2項3目の衛生費国庫補助金の関係でございます。保健衛生費国庫補助金といたしまして、市町村保健活動費の交付金627万6,000円であります。

 1枚めくっていただきまして、10款3項の1目総務の委託金でありますが、そのうち2節の戸籍住民基本台帳費の委託金といたしまして、それぞれ付記にございます金額合わせて273万3,000円でございます。

 それから、2目民生費委託金。そのうちの1節の国民年金事務委託金5,734万7,000円のうち5,619万円でございます。

 それから、次のページ23ページでございますが、11款1項の県負担金のうち2目の衛生費県負担金1節の保健衛生費の県負担金として1,683万8,000円。これが、それぞれ付記の金額を見込ませていただいたものであります。

 それから、ちょっと飛んでいただきまして、26ページをお願いいたします。衛生費の県補助金の関係でございます。4,364万8,000円のうち3,652万9,000円が関係分でございます。これは下から3行目と4行目。すなわち、快適環境整備の関係あるいは合併処理の関係、この二つを除いた関係が市民部の関係分でございます。お願いをいたします。

 それから、1枚めくっていただきまして29ページ。3項委託金のうちの1目総務費委託金。そのうちの1節の戸籍住民基本台帳費委託金25万3,000円。これも付記の金額を見込ませていただいたものでございます。

 それから、1枚めくっていただきまして30ページ。3目の衛生費委託金、1節の保健衛生費委託金314万1,000円のうち一番上の欄280万。これは犬の登録事務費の交付金を見込んだものでございます。

 それから、1枚めくっていただきまして、13款1項の寄附金の関係でございます。34ページをお願いいたします。4目の衛生費寄附金、これが3億円でございます。先ほど歳出のところで御説明を申し上げましたように、地域医療に対します振興事業資金といたしまして、トヨタ系7社から御寄附をいただくものでございます。

 次に、37ページをお願いいたします。

 4項の雑入でございます。2節の市民会館事業収入3,099万1,000円でございます。これは付記のとおりでございます。それから、3節の国民年金印紙売りさばき手数料1,155万1,000円でございます。それから、国民年金の印紙売りさばき代金12億6,539万4,000円であります。それから、7節予防接種費の徴収金。これはインフルエンザ、日本脳炎等の徴収金を見込んだものであります。それから、14節の雑入の関係でございますが、この中に14行目の老人健康保険事業各種検診の個人負担金、これから9件ございますが、合わせて1,756万6,000円が市民部の関係ということに相なっておるわけでございます。

 以上で市民部の関係の説明を終わらせていただきます。よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 福祉部長・・・



◎福祉部長(稲垣健允) 

 それでは、説明書の83ページをお願いいたします。関係分について御説明をさせていただきます。

 3款1項1目の社会福祉総務費におきまして21億8,477万円は、福祉課、児童援護課、保険年金課関係職員の人件費と関係分の主なものを説明させていただきますので、次のページをお願いいたします。12節役務費では2,423万9,000円でございます。各種福祉医療の取り扱い手数料が主なものでございます。13節委託料につきましては1億707万5,000円でございますが、この中には、高齢者生活実態調査の費用500万円と、それから重度障害者の移動入浴事業が374万4,000円が新規で計上してございます。そのほかには、家庭奉仕員の派遣事業費としてヘルパー31人分4,244万3,000円、デイ・サービス事業に1,867万円を計上しております。次のページ87ページをお願いいたします。19節の主なものといたしましては、高齢者の能力活用事業に3,875万9,000円。それから、福祉ボランティアの町づくりに240万円。それから、愛知県の更生保護大会。これが刈谷市の当番でございまして285万7,000円を補助金として計上いたしております。次のページをお願いいたします。20節で主なものといたしましては、上段の方で、ねたきり老人の見舞金に1,224万円。それから、老人の介護手当に1,140万円。新規といたしましては老人性白内障の助成費168人分1,350万円を計上しております。次のページでございますが、28節の繰出金のうち老人保健会計への繰出金は3億540万7,000円を計上させていただいております。

 次、90ページをお願いいたします。3目の老人ホーム費は1億1,726万4,000円でございまして、刈谷市老人ホームの管理運営に必要な人件費、事業費を、昨年の実績に基づきまして各節に計上いたしました。この中で、1枚めくっていただきたいと思います。18節には、生活用備品ということで、この備品の中には110万円がベットとか座卓の備品費として含まれております。

 次に4目の福祉センター管理費は2,013万8,000円でございまして、青葉福祉センターの管理運営に要する経費を計上したものでございます。

 次、95ページをお願いいたします。5目の老人福祉センター費103万3,000円は、青葉老人センターの管理運営に要する経費を計上したものでございます。

 6目の精神薄弱者通所授産施設費1億412万3,000円は、すぎな作業所の管理運営に必要な経費を計上したものでございます。特に98ページをごらんいただきたいと思います。18節で作業用備品の42万円、業務車の購入費の113万9,000円が計上されております。

 次のページでございます。7目の精神薄弱者通所更生施設費は8,618万9,000円、くすのき園の管理運営に必要な人件費、事業費を、昨年の実績に基づきまして各節に計上をさせていただきました。

 次、102ページをお願いいたします。8目の心身障害者福祉会館管理費は5,375万5,000円であります。身障会館の管理運営に必要な人件費、事業費を、昨年の実績に基づきまして計上しておりますが、主なものといたしましては、104ページをお開きいただきたいと思います。13節に国際障害者年の最終年に当たります事業として80万円、身障記念事業として80万円を計上しております。18節には、入浴の電圧昇降式ストレッチャーを購入する費用が166万円計上してございます。

 次のページをお願いいたします。2項1目の児童福祉総務費は4億9,441万円の計上でございます。児童福祉関係職員の人件費等児童福祉に要する経費を、実績に応じて各節に計上しておりますが、主なものといたしましては108ページをお願いいたします。20節の扶助料は、遺児手当と児童手当で2億3,841万9,000円を、実績に基づいて計上しておりますが、2目の母子寮費は3,883万6,000円でございまして、青葉母子寮の管理運営に要する人件費、事業費を、昨年度の実績に応じて各節に計上をいたしました。

 次は110ページをお願いいたします。3目の保育園費は14億557万2,000円でございまして、公立保育園8園分の管理運営に要する人件費、事業費であります。主なものといたしましては113ページをお願いいたします。15節の工事請負費の中に、富士松北保育園及び双葉保育園の駐車場整備費が、工事費として2,600万円。それから8保育園の施設改修費が3,630万円。その他ケーブルテレビ等の工事費もこの中に計上されております。17節につきましては、小垣江地区区画整理事業内に3,257平米の用地代ということで4億340万6,000円を計上いたしております。

 次のページをお願いいたします。4目の精神薄弱児通園施設費は1億32万2,000円で、しげはら学園の管理運営に要する人件費、事業費を、昨年の実績に応じて各節に計上しております。なお、この中には、通園バスの購入費1,243万2,000円と、おもちゃライブラリーの運営費が60万8,000円ほど計上されております。

 117ページをお開きいただきたいと思います。5目の児童館費は6億5,204万5,000円でございまして、中央児童館、青葉児童館のほか各市民センター内にございます児童館の管理運営に要する人件費、事業費を、昨年の実績に応じて各節に計上いたしました。なお、この中には、乳幼児の健全育成面接相談事業費として59万3,000円が、各節に配分計上してございます。そのほか120ページをお開きいただきたいと思います。17節には、旧刈谷勤労会館の跡地3,521.05平米を購入する費用といたしまして5億3,400万円を計上しておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 次、123ページをお願いします。7目の保育園建設費は7億5,691万3,000円でございまして、(仮称)かりがね保育園の建設費を各節に計上したものでございます。一ッ木町地内に、定員120人の保育園を新設するものであります。1枚めくっていただきまして、15節には、この中に駐車場468平米の整備費が480万円。それから14節の方で、その借地料を108万4,000円計上しておりますので、よろしくお願いをいたします。

 次のページ、3項1目の生活保護の事務費といたしましては189万3,000円を、昨年の実績に基づきまして計上いたしております。

 次のページをお願いいたします。2目の扶助費は2億3,964万円でございまして、生活保護に要する扶助費を、昨年の実績に基づきまして計上したものでございます。

 次のページ、4項1目の災害救助費は1,472万8,000円であります。今回は、救助用の毛布の更新200枚分162万8,000円を計上いたしております。以上が歳出でございます。

 続いて歳入を御説明いたしますので、14ページをお願いいたします。

 歳入の主なものを説明いたします。

 まず、8款1項1目の民生費負担金は3億233万2,000円でございまして、1節から5節まで、心身障害者施設すぎな作業所、母子寮、老人ホーム、保育園の措置に対する徴収金を計上いたしましたが、保育料につきましては、昨年からの据え置き予算となっておりますので、よろしくお願いをいたします。

 次のページでございます。9款1項2目の民生使用料は、プラネタリウムの観覧料を72万4,000円、2節で計上しております。

 次、17ページをお願いいたします。2項2目の民生手数料は211万2,000円でございまして、老人等のショートステイの手数料を計上したものでございます。

 次は18ページをお願いいたします。

 10款1項1目の民生費国庫負担金では、1節の関係分は2億5,341万4,000円でございまして、障害者手当と身障及び精薄者の措置等に対する国の負担分を6件計上しております。また、2節は児童福祉の国庫負担金でございまして、児童手当と保育園分。なお、この中には新設保育園分の整備に対する補助金5,832万4,000円としげはら園のバス更新に伴います負担金309万円を計上しております。3節は生保に対する国の負担分でございまして1億7,894万1,000円を計上しております。

 次、20ページをお願いします。

 10款2項2目の民生費国庫補助金では5,814万8,000円でございまして、1節に高齢者の能力活用事業ほか9項目の補助金と、それから2節では生活保護臨時安定運営対策費の補助金を計上しております。

 次、22ページをお願いいたします。

 10款3項2目の民生委託料は、2節の584万7,000円が関係分でございまして、児童手当事務等の国からの委託金でございます。

 次のページ、11款1項1目の民生費県負担金の関係分は1億5,679万5,000円でございます。1節では老人措置費負担分が196万9,000円、関係分でございます。2節は1億4,265万5,000円、児童手当等7項目の県費負担金でございまして、新設保育園通園バスの負担金もこの中に含まれております。3節は生活保護、4節は災害救助に対する県の負担分でございます。

 24ページをお願いいたします。

 11款2項2目の民生費県補助金の1節社会福祉費県費補助金は2億7,642万7,000円でございまして、心配ごと相談の一番上の行から次のページに至るまで、1枚めくっていただきたいと思いますが、身障者の運営対策補助金までの45項目が県の補助金でございます。それぞれ計上させていただきました。なお、上段の7行目のところに、老人性白内障に対する県補助金607万5,000円を計上しております。2節の児童福祉費県補助金につきましては、記載欄のとおり11項目にわたっての補助金がここに計上してございまして4,354万7,000円の計上でございます。

 次は30ページをお願いいたします。

 3項2目の民生費委託金33万8,000円は、1節、2節に分けまして、ねたきり老人手当事務委託金ほか3項目を計上したものでございます。

 次は32ページをお願いいたします。

 12款1項2目利子及び配当金は、上から4行目の社会福祉基金利子474万1,000円が関係分でございます。

 次は37ページをお願いいたします。

 4項2目の雑入でございますけれども、5節に老人ホームの措置収入費を8,486万4,000円計上いたしております。次38ページをお願いいたします。1枚めくっていただきたいと思います。12節給食費につきましての徴収金は、保育園等の職員分を936万6,000円この中に計上いたしております。それから14節の雑入は、次ページの上から2行目の高額療養費返還金ほか6項目でございまして1,458万9,000円を計上しております。

 次のページ、41ページをお願いいたします。

 17款1項1目の民生債につきましては、(仮称)かりがね保育園新設によります事業債として4,990万円を計上したものであります。

 以上が関係分でございます。よろしくお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 暫時休憩いたします。

                           午後3時09分休憩

                           午後3時10分再開



○議長(酒井博) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 順次説明を願います。

 経済環境部長・・・



◎経済環境部長(平山昭雄) 

 予算説明書の64ページをお開きいただきたいと思います。

 2款1項13目交通安全対策費で1億4,228万円の計上でございまして、交通事故の抑止策と駅前放置自転車移動等に要する経費の計上でございまして、その主なものといたしまして、13節で駅前の放置自転車等整理委託料として1,281万9,000円。それから15節工事請負費におきまして、防犯灯、安全灯など交通安全施設の設置工事といたしまして3,146万3,000円を計上しております。また、交通安全活動の啓発推進費として679万1,000円を、8節ほか各節に計上しております。次のページをお開きいただきたいと思います。19節の負担金、補助及び交付金で、地区違法駐車、迷惑駐車等の対策として、地区駐車場を設置する補助金1,500万円。それから28節に交通災害共済会計繰出金として1,524万1,000円を計上しております。

 次に121ページをお開きいただきたいと思います。

 3款2項6目交通児童遊園費1億123万9,000円の計上でございます。交通児童遊園の管理運営に要する経費で、主なものは、次のページをお開きいただきたいと思います。11節の修繕料の中に大型遊具トラバンドの舗装等修繕料を300万計上しております。それから、15節の工事請負費におきまして園庭の整備工事費500万、園内施設整備工事費1,000万を計上しております。また、18節の備品購入費におきまして、来客用のベンチ購入費として183万の計上でございます。

 次に139ページをお開きいただきたいと思います。

 4款1項8目公害対策費で5,266万5,000円の計上でございます。公害の未然防止と環境の保全に要する経費で、その主なものは、次のページをお開きいただきたいと思います。19節の一番下段にございます合併処理浄化槽設置整備費補助金として1,788万円の計上でございます。そのほか生活排水対策実践活動事業費として211万2,000円、公害防止啓発事業費として216万9,000円、騒音対策モデル地区事業費として66万5,000円を、8節ほか各節に計上しております。

 次に、141ページをお開きいただきたいと思います。

 4款2項1目清掃センター費6,374万4,000円の計上でございまして、清掃センターの管理運営に要する経常的経費のほかごみの減量啓発事業費として100万円を、8節ほか各節に計上しております。

 次に144ページをお開きいただきたいと思います。2目のごみ収集費5億1,342万6,000円、これはごみの収集に要する経費で、経常的な経費のほか、主なものといたしまして、不燃ごみの分別収集に要する経費といたしまして、8節に地区報償費として289万円、11節の消耗品の中に不燃ごみ分別回収袋購入費2,055万3,000円を、15節に不燃ごみ分別収集に伴う置き場撤去費用248万8,000円をそれぞれ計上しております。

 次のページをお開きいただきたいと思います。18節の備品購入費で、ごみ収集車購入費更新用として1台分621万8,000円、業務車1台更新用として143万9,000円の計上でございます。

 次に3目のし尿処収集費でございますが1億4,431万7,000円の計上でございます。し尿収集に要する経常的な経費で、前年度の実績を勘案して計上してございます。

 次に4目の廃棄物処理費11億6,307万4,000円の計上でございます。収集したし尿処理及びごみの処理に要する経費で、経常的な経費のほか、主なものといたしまして、次のページをお開きいただきたいと思いますが、11節の需用費の中に不燃物埋立場浸出液処理施設補修費といたしまして648万円、コンパクターの補修費といたしまして600万が、この修繕の中に含まれております。次に、13節の委託料といたしまして、不燃物置き場の延命を図るための掘削処理等委託料として6,081万2,000円。それから、金属類の処理委託料といたしまして813万3,000円の計上でございます。なお、15節工事請負費におきまして、し尿処理施設補修等工事費として2,490万の計上でございます。

 150ページをお開きいただきたいと思います。

 4款3項1目上水道施設費。24節の投資及び出資金として3億2,400万円、水道事業会計出資金でございます。

 次に151ページをお願いいたしたいと思います。

 5款1項1目労働諸費で9,079万6,000円の計上でございます。労働者の福祉及び雇用対策に要する経費で、主なものといたしまして、15節におきましてかりや荘の屋根の防水補修工事費として1,000万円。それから、次のページをお願いしたいと思いますが、19節の建物かさ上げ資金利子補給金30万円。それから、21節におきまして勤労者住宅及び土地資金貸付預託金として5,000万円を計上しております。

 次に、6款1項1目農業委員会費でございますが4,420万9,000円の計上でございます。農業委員会の運営に要する経費で、経常的な経費のほか土地利用集積促進事業費として148万5,000円を、8節ほか各節に計上してございます。

 次のページをお開きいただきたいと思います。2目の農業総務費でございますが2億5,162万9,000円の計上でございます。農務課及び土地改良課職員の人件費のほか経常的な経費の主なものといたしまして、19節で衣浦東部農業共済事務組合損害防止事業負担金1,382万7,000円。それから、25節の積立金におきまして、農業共済基金及び水田農業確立特別対策基金から生じました利子相当分を積立金として計上してございます。319万2,000円でございます。

 次のページをお開きいただきたいと思います。3目の農業振興費8,451万8,000円でございます。これは農業振興を図るための経費で、経常的な経費のほか、主なものといたしまして、19節の次のページをお開きいただきたいと思いますが、平成4年度に営農センター建設補助金として4,720万8,000円の計上でございます。これは債務負担行為に起債の事業で、平成4年、5年の2ヵ年にわたり、刈谷市農協が事業主体となって小垣江町八角へ営農センターを建設する補助金でございます。同じく19節に、市民菜園整備事業補助金として486万7,000円の計上でございます。また、果樹の防鳥ネット設置補助金といたしまして178万5,000円の計上でございます。

 次に4目の畜産業費でございますが248万7,000円の計上でございます。家畜防疫に要する経常的な経費で、前年度の実績を勘案してそれぞれ計上しております。

 次に163ページをお願いしたいと思います。

 7款1項商工業振興費3億3,337万3,000円の計上でございます。商工業の振興を図るための経費で、その主なものといたしまして、次のページをお開きいただきたいと思います。19節の商業団体が行う共同施設事業及び共同事業に対する補助金313万円、同じく19節に商工業振興資金の信用保証料補助金1,060万3,000円。それから、21節に商工業振興資金貸付預託金として1億9,000万円。さらに、消費者広場を県と共催で開催する経費1,500万円を、11節ほか各節に計上してございます。

 次に165ページをお願いしたいと思います。2目の観光費でございます。5,886万9,000円の計上でございます。観光事業に要する経費で、主なものといたしまして、桜まつりの開催事業費1,293万2,000円、市民納涼のタベの開催事業費1,200万円を、8節ほか各節に計上しております。それから、13節にJR三河安城駅掲示板観光パネル製作委託料といたしまして150万円。同じく13節に、(仮称)刈谷まつり会館基本計画作成委託料として180万円の計上でございます。さらに、国立劇場民族芸能出演事業として216万4,000円、NHKどんどんふるさとプラザ出演事業費として216万4,000円を、13節ほか各節に計上しております。それから、19節に刈谷市民まつり開催補助金2,000万円を、前年同様計上してございます。

 次に、3目の産業センター費でございますが944万1,000円の計上でございます。産業センターの管理運営に要する経常的経費で、前年度の実績を勘案して、それぞれ各節に計上しております。

 次に歳入、15ページをお願いしたいと思います。

 9款1項2目3節の交通児童遊園遊具使用料として4,080万の計上でございます。

 次に4目の商工使用料として、店舖使用料205万2,000円。それから、2節産業センター使用料4万3,000円でございます。

 次、17ページをお願いいたします。

 2項3目の衛生手数料といたしまして、1節の廃棄物処理手数料1億276万7,000円の計上でございます。説明欄記載のとおりの手数料でございます。

 次に4目の商工手数料。1節で営業証明手数料といたしまして15万6,000円の計上でございます。

 次、20ページをお願いいたします。

 10款2項3目衛生費国庫補助金。1節の保健衛生費国庫補助金のうち関係分として、説明欄下欄に書いてあります合併処理浄化槽設置整備事業補助金463万円でございます。

 次に、4目1節の農業振興費国庫補助金2,308万円でございますが、農民研修施設建設事業費補助金でございます。

 次に、24ページをお願いいたしたいと思います。

 11款2項1目総務費県補助金でございますが、2節の交通安全対策費県補助金380万1,000円。説明欄記載の事業に対する補助金でございます。

 次に26ページをお願いいたします。3目の衛生費県補助金のうち1節保健衛生費県補助金。関係分は、下から4段目の快適環境整備促進事業費補助金49万4,000円と、合併処理浄化槽設置費補助金662万5,000円でございます。

 次に4目の農林水産業費県補助金でございますが、1節の農業委員会費県補助金675万円、説明欄のとおりでございます。2節の農業振興費県補助金492万2,000円でございますが、農業振興地域整備促進事業費補助金ほか6事業の補助金でございます。

 次に5目の商工費県補助金でございます。1節におきまして191万7,000円でございます。商工団体の街路灯等電灯料の補助金、消費者行政推進補助金でございます。

 次に30ページをお願いいたします。

 11款3項3目衛生費委託金1節保健衛生費委託金。関係分は、公害防止条例施行費交付金と地下水調査委託金でございまして34万1,000円でございます。

 次に4目の農林水産業費委託金といたしまして、1節の農業費委託金149万円は、説明欄記載のとおりでございます。2節の畜産業費委託金4,000円、説明欄のとおりでございます。

 次のページをお願いいたします。

 4項1目の市町村委譲事務交付金、1節の商工費委譲事務費交付金13万円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 12款1項2目1節の利子及び配当金でございますが、関係分として、説明欄の下から二つ、農業共済基金積立金利子と水田農業確立特別対策基金積立金利子でございます。319万2,000円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 13款1項2目総務費寄附金1節総務管理費寄附金で、交通安全対策事業費寄附金として科目の設定1,000円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 14款1項2目基金繰入金、2節の農業共済基金繰入金1,382万7,000円。3節の水田農業確立対策基金繰入金577万3,000円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 16款3項1目1節の中小企業融資資金貸付預託金元利収入といたしまして1億9,094万7,000円の計上でございます。

 2目1節の勤労者住宅融資資金貸付預託金元金収入として5,000万円の計上でございます。

 次に38ページをお願いいたします。

 16款4項2目8節家畜防疫負担金18万4,000円、9節の農業者年金業務委託金22万3,000円、それから14節の雑入でございますが、上から7行目の交通指導員傷害保険金収入1万円ほか16件で4,918万4,000円の計上でございます。なお、281ページに債務負担行為に関する調書が添付してございますので、御参照の上、よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 建設部長・・・



◎建設部長(林尚) 

 予算説明書の159ページをお願いいたします。

 6款1項5目農地費3億6,195万1,000円でございますが、これは土地改良区の管理、事業の促進を図るための経費を各節に計上してございます。

 主なものといたしましては、160ページの13節委託料3,995万6,000円でございますが、これは県営水環境整備事業で、東境地内の竜ヶ根池、南池における親水環境施設等の基本設計を行う金額といたしまして600万円。農道適正管理及び改良を図るための農道台帳作成委託料としまして1,700万円を計上しております。それから、15節の工事請負費でございますが2億5,529万6,000円でございますが、主なものといたしましては、弁天排水機場に800ミリの水中モーターの設置及び場内の防水工事、それから排水機の維持管理費等でございまして1億2,173万6,000円でございます。それから、県費補助土地改良事業といたしまして4,846万円をもちまして、ガードレール、排水路の敷割り、排水機等の除塵機等を設置をしていく予定でございます。単独土地改良工事といたしまして、5,000万円をもちまして農道舗装、それから排水路・農道の改良等を行う工事でございます。さらに、小垣江地区の災害対策費といたしまして、上流部の流出制御装置といたしまして、河道堰を設置いたします工事といたしまして1,700万円を計上しております。次に19節でございますが5,000万7,000円で、仮称でございますが、泉田新田土地改良事業計画書の作成負担金といたしまして1,900万円を計上しております。

 169ページをお願いいたします。

 8款土木費1項1目土木総務費でございますが2億4,849万円のうち2億2,849万円が関係分でございます。土木課の職員の人件費、公共事業の促進貸付金の8,000万円のほか前年度の実績を勘案いたしまして、各節に計上をしてございます。

 172ページをお願いいたします。

 2項1目の道路橋りょう総務費2億880万1,000円の計上でございますが、土木課の職員の人件費、それから前年度の実績を勘案いたしまして、必要経費を各節に計上しております。

 主なものといたしましては13節の委託料でございますが、道路台帳の更新事業といたしまして2,200万円を計上してございます。

 続きまして174ページをお願いいたします。2目の道路維持費1億5,337万4,000円でございますが、道路維持費に必要な経費を、前年度の実績を勘案いたしまして各節に計上してございます。主なものといたしましては、15節の工事請負費でございますが、1億円の計上で、道路修繕等の事業でございまして、1−83号外5路線、541メートルの工事を行う予定でございます。

 続きまして175ページでございますが、3目の道路新設改良費21億2,389万8,000円のうち19億4,249万2,000円が関係分でございまして、生活道路の整備に必要な経費を、前年度の実績を勘案して各節に計上いたしました。主なものといたしましては、13節の関係の委託料3億5,425万円の計上のうち道路新設改良工事費委託料におきましては、一ツ木地下道新設工事、それを名古屋鉄道に委託するものでございます。また豊田踏切、それから野田地内の地下道新設工事を、それぞれ設計委託をするものでございます。次ページをお願いいたします。15節工事請負費において11億480万円の計上でございまして、交通安全対策事業といたしまして6,000万円の工事でございます。これは01−4号線外3路線延長786メートルの歩道の改良、ガードレール等を設置いたすものでございます。道路側溝事業1億5,000万円で、1−160号線外10路線、延長2,044メートルの側溝工事を行うものでございます。道路舖装事業につきましては4億7,000万円で、1−98号線外31路線、6,736メートルの舗装工事をいたす予定をいたしております。道路新設改良工事事業4億2,480万円でございますが、これは01−15号線外11路線の道路新設改良をするものでございます。17節の公有財産購入関係分3億4,529万3,000円でございますが、主なものといたしましては、3−628号線外7路線の道路新設改良工事の用地の購入費でございます。22節の補償、補填及び賠償金関係1億3,348万5,000円でございますが、これは3−645号線外6路線の道路新設改良工事に伴う補償費でございます。

 それから、4目の橋りょう維持費624万9,000円でございますが、前年度の実績を勘案し計上しております。

 5目の橋りょう新設改良費4億9,986万2,000円は、橋りょう整備事業に必要な経費を各節に計上しております。主なものといたしましては、次ページの13節委託料におきまして8,830万円でございますが、橋りょう調査測量設計委託事業1,420万円、それから吹戸橋及び高須町地内の新設橋の委託でございます。橋りょう整備工事委託事業の6,410万円でございますが、高須橋、延長72メートル、幅15メートルと、その1号橋の延長31メートル、幅4メートルにかかる橋りょうの築造工事を、愛知県へ委託するものでございます。15節の工事請負費3億9,715万2,000円でございますが、橋りょう整備事業といたしまして2億860万円で、高須橋の取りつけ道路の整備を行うものでございます。橋りょうの改良事業といたしましては1億8,855万2,000円でございますが、昨年9月の台風18号で災害を受けました今川の境橋、延長112.8メートル、幅員を10.75メートルに改築するものでございます。17節の公有財産購入でございますが1,308万円の計上でございますが、これは境橋の取りつけの用地費でございます。

 次ページをお願いします。

 続きまして3項1目河川総務費12億7,535万4,000円でございますが、人件費のほか河川、排水路、排水機の維持管理に必要な経費を、前年度の実績に基づいて計上しております。主なものといたしましては、179ページの15節工事請負費は8億6,052万4,000円でございます。河川排水路しゅんせつ事業といたしまして9,071万7,000円の工事費でございます。主なものといたしましては、準用河川の八角川、浜田川のしゅんせつ工事でございます。河川の改修事業費といたしまして3億1,492万2,000円の工事でございまして、吹戸川、薬師川、御堂添川、浜田川、野吹川。延長820メートル、それから2橋りょうの改築工事でございます。

 排水路の改修事業といたしましては2億1,579万円でございますが、草野、竜ヶ根、前川右岸、五月折戸、昭山。延長424メートルの排水路の改修工事をいたすものでございます。そして、排水機場の改修事業といたしまして1億3,160万円でございますが、小垣江、小犬、北浦の各排水ポンプ場の整備改修をいたす工事でございます。それから、17節の公有財産購入費でございますが8,539万7,000円でございます。河川の改修用地といたしまして、薬師川の用地、それから猿渡川、発杭川のつけかえ水路等の用地費でございます。180ページをお願いいたします。22節の補償、補填及び賠償金1億5,711万4,000円でございますが、河川改修分の3,040万4,000円は、御堂添川の改修工事補償費でございます。排水路の改修分といたしまして1億2,670万円は、草野川、竜ヶ根の改修工事補償費を、それぞれ計上いたしたものでございます。

 186ページをお願いいたします。

 8款4項4目の都市下水路費でございますが8億6,539万9,000円の計上でございます。主な内容といたしましては、13節の委託料といたしまして、前川及び吹戸川の都市下水路築造工事調査設計委託料4,150万円。15節工事請負費といたしまして、小垣江ポンプ場築造工事費3億5,059万円、それから前川の都市下水路築造工事といたしまして4億4,776万円、22節の補償、補填及び賠償金といたしまして、専用物件の移転等の経費を計上してございます。

 196ページをお願いいたします。

 8款5項1目の下水道事業費でございますが19億9,134万1,000円でございます。これは下水道事業会計へ繰出金をお願いするものでございます。

 続きまして、8款6項1目の住宅総務費におきましては1億9,505万1,000円をお願いするものでございまして、建築行政の企画、指導及び本市施設の建設、補修等を行う事務費経費でございます。

 198ページをお願いいたします。2目の住宅管理費におきましては1億2,885万4,000円をお願いするものでございまして、1,212戸の市営住宅の適正な維持管理を図るための経費でございます。

 200ページをお願いいたします。3目の住宅建設費におきましては1億1,617万9,000円をお願いしております。老朽化した簡易耐火構造新上納住宅取り壊し工事と、それから西田住宅の建てかえをするための準備費及び寺西・住吉住宅の便所の改修等の工事費を計上してございます。

 266ページをお願いいたします。

 11款災害復旧費でございますが、1項の農林水産業施設災害復旧費でございますが、1目、2目合わせまして500万円を計上してございます。

 2項の公共土木施設災害復旧費でございますが、1目の道路橋りょう災害復旧費1,000万円、2目の河川災害復旧費2,000万円につきましても、前年度同様計上してございますので、よろしくお願いをいたします。

 次に、歳入を御説明申し上げますので、10ページをお願いいたします。

 2款の地方譲与税のうち2項の自動車重量譲与税でございますが1億9,600万円の計上でございます。

 次ページをお願いいたします。3項の地方道路譲与税につきましては1億2,000万円の計上でございます。

 12ページをお願いいたします。

 5款自動車取得税交付金でございますが5億4,600万円の計上でございます。

 次に、13ページをお願いいたします。

 7款交通安全対策特別交付金といたしまして2,500万円を計上しております。

 16ページをお願いいたします。

 9款1項5目の土木使用料の3億2,051万4,000円のうち2億9,214万8,000円が関係分でございます。1節の道路占用料5,775万円、2節の河川占用料1万3,000円、それから5節の住宅使用料2億3,438万5,000円。これは市営住宅の家賃及び割増料金でございます。

 次ページをお願いします。

 2項5目の土木手数料954万3,000円のうち826万9,000円が関係分でございます。1節の道路橋りょう手数料は科目設定でございます。18ページをお願いいたします。3節の住宅手数料826万8,000円。これは記載のとおりでございます。

 19ページをお願いいたします。

 10款1項3目土木国庫負担金でございますが1,334万円の計上でございます。これは境橋災害復旧事業に係る国庫負担金でございます。

 21ページをお願いいたします。

 10款2項5目土木費国庫補助金2億8,485万4,000円のうち1億7,235万4,000円が関係分でございます。1節の道路橋りょう費国庫補助金1,900万円。これは市道の2−450号線の道路改良事業補助金でございます。2節の河川費国庫補助金2,600万円は準用河川の改修事業費といたしまして薬師川、御堂添川、八角川の補助でございます。それから、3節の都市計画費国庫補助金2億1,250万円のうち1億円が関係分でございまして、都市下水路の整備事業補助金でございます。それから4節の住宅費国庫補助金でございます。これは2,735万4,000円でございまして、公営住宅改善事業補助金でございます。

 27ページをお願いいたします。

 11款2項4目農林水産業費県補助金5,039万1,000円のうち3,871万9,000円でございまして、3節のいわゆる農地費県補助金でございます。

 次に6目の土木費県補助金1億2,075万4,000円のうち4,800万円が関係分でございまして、1節の道路橋りょう費県補助金1,500万円。これは高須橋の橋りょう整備事業補助金でございます。28ページをお願いいたします。2節の河川費県補助金3,300万円、これは準用河川改修事業費補助金でございまして、薬師川、御堂添川、浜田川、八角川でございます。そして、流域貯留浸透事業補助金、吹戸池の整備補助金でございます。

 31ページをお願いいたします。

 11款3項5目の土木委託金のうち2節の住宅委託金143万7,000円でございますが、これは建築確認事務取り扱い、または住宅金融公庫業務委託金等でございます。

 36ページをお願いいたします。

 16款3項3目の貸付金元金収入でございますが、公共事業促進費貸付金元金収入といたしまして8,000万円を計上しております。

 38ページをお願いいたします。

 4項14節の雑入でございますが、関係分につきましては、河川愛護報償金収入のほか13項目の1億6,777万9,000円でございます。

 41ページをお願いいたします。

 17款1項2目の土木債4億4,200万円のうち、関係分は2億6,700万円でございます。1節の道路橋りょう債は、一ッ木地下道築造工事に伴う事業債でございます。42ページをお願いいたします。2節の都市計画債2億2,000万円のうち関係分は4,500万でございます。これは都市下水路築造工事に伴う事業債でございます。次に3節の住宅債1,500万円でございますが、これは公営住宅改善工事に伴う事業債でございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 都市計画部長・・・



◎都市計画部長(稲垣利彦) 

 都市計画部の関係分を御説明申し上げます。105ページをお願いいたします。

 3款2項1目児童福祉総務費のうち3,431万円が関係分であります。これは54ヵ所に及ぶ児童遊園等の維持管理に要する経費でありまして、前年度の実績に基づき計上いたしております。

 次に169ページをお願いいたします。

 8款1項1目土木総務費のうち2,000万円が関係分でありまして、次のページの21節の貸付金のうち建物等移転資金貸付預託金の2,000万円であります。

 次に175ページをお願いいたします。

 8款2項3目の道路新設改良費のうち1億8,140万6,000円が関係分であります。主な事業といたしましては、小垣江駅西地区道路新設改良事業で1億3,823万8,000円。それから、刈谷駅南北連絡道路の新設改良事業で4,316万8,000円が、この中の主な事業でございます。

 次に180ページをお願いいたします。

 8款4項1目の都市計画総務費のうち3億7,671万2,000円が関係分であります。これは都市計画課、公園緑地課、総合運動公園事業室の3課の職員の人件費を初めといたしまして、都市計画事業の推進のために要する経費でございます。実績に基づき計上したものであります。その中で主な事業といたしましては、都市計画基礎調査事業として850万円、都市景観基本計画調査事業として450万円を予定をいたしております。次に184ページをお願いします。8款4項3目の街路事業費のうち15億5,988万円が関係分であります。これは、都市計画街路の整備並びに街路樹等の植栽管理に要する経費でありまして、主な事業といたしましては、刈谷環状線の整備でございますが4億7,398万7,000円、中手新池線の整備でございますが3億581万4,000円、牛田野田線の整備でございますが3億6,567万1,000円。市道2−506号線、すなわち中町線でございますが1億1,400万円。半城土吉浜線の交差点改良、これが8,321万3,000円、富士松駅前広場の整備事業で1億円、第二東名自動車道建設関連事業費といたしまして131万円、(仮称)井ヶ谷中手線、いわゆる南北の縦貫道路でございますが、計画調査事業といたしまして5,707万1,000円、街路樹植栽事業等で250万円が主な事業として計画いたしたものでございます。

 次に187ページをお願いいたします。8款4項5目の公園費5億4,536万8,000円でありますが、これは都市公園等の整備と維持管理に要する経費でありまして、実績に基づき分類計上いたしております。この中で主なものを申し上げますと、洲原公園初め7つの都市公園の整備事業として2億8,596万円。それから、都市公園の便所の水洗化事業。これは下水道の水洗化に合わせまして順次整備をいたしておりまして、3公園を予定いたしております。2,220万9,000円。逢妻川緑地の整備事業費といたしまして5,061万6,000円。仮称でございますが、岩ヶ池緑地整備基本計画策定事業、これに対しまして1,869万2,000円等の事業を予定いたしております。

 次に、6目の緑化事業費3,479万7,000円でありますが、これは緑化の推進に要する経費で、前年度の実績に基づきまして計上いたしております。

 それから、次に190ページ。7目の駐車場費でございますが5,842万2,000円であります。これは寺横、御幸、神田の3市営駐車場の維持管理に要する経費でございまして、前年度の実績に基づき計上いたしております。

 次に192ページをお願いいたします。9目の総合運動公園整備事業費で22億9,184万8,000円でありますが、これは平成3年度から5年度までの3ヵ年継続事業といたしまして実施しております多目的グラウンド整備事業の第1年次分、すなわち平成4年度分の事業費12億3,057万5,000円と敷地造成、サッカーコート、園路舗装等々の、いわゆる公園整備事業費で5億3,477万1,000円。それと基金への積立金5億2,650万2,000円が主な事業として計画されております。平成5年度のプレ国体までに完成を目標といたしております。

 次に194ページをお願いいたします。10目のロッジ管理費でございますが1,748万9,000円であります。これは洲原ロッジの運営管理に要する経費で、実績に基づき計上いたしております。

 次に267ページをお願いいたします。

 11款2項3目の都市計画施設災害復旧費の500万円でありますが、これは街路樹並びに公園等の災害復旧工事費として計上したものであります。

 次に、歳入を御説明申し上げます。16ページをお願いいたします。

 9款1項5目の土木使用料のうち2,836万6,000円が関係分でありまして、3節の公園使用料で661万円、4節の駐車場使用料で2,175万6,000円であります。

 次に17ページの5目土木手数料のうち127万4,000円が関係分でありまして、2節の都市計画手数料として屋外広告物手数料127万4,000円であります。

 次に21ページをお願いいたします。

 10款2項5目土木費国庫補助金のうち1億1,250万円が関係分でありまして、3節の都市計画費国庫補助金のうち都市公園整備事業費で2,000万円と、都市計画街路事業で9,050万円、都市計画街路交通調査事業で200万円であります。

 次に27ページをお願いいたします。

 11款2項6目土木費県補助金のうち7,275万4,000円が関係分でありまして、3節の都市計画費県補助金でございます。詳細につきましては付記のとおりであります。

 次に、30ページをお願いいたします。

 11款3項5目土木費委託金のうち32万円が関係分でありまして、1節の都市計画費委託金で32万円、都市計画基礎調査委託金であります。

 次に32ページをお願いいたします。

 12款1項2目利子及び配当金のうち5億2,650万2,000円が関係分でありまして、説明欄の下から3行目の総合運動公園整備基金積立金利子を見込んだものであります。

 次に34ページをお願いいたします。

 13款1項5目土木費寄附金につきましては、目の設定であります。

 次に、14款1項2目基金繰入金のうち7億円が関係分でありまして、4節の総合運動公園整備基金繰入金であります。

 次に36ページをお願いいたします。

 16款3項4目建物等移転資金貸付預託金元金収入2,000万円であります。

 次に37ページをお願いいたします。

 16款4項2目雑入のうち2億2,775万円が関係分でありまして、13節公共用地代替地売払収入2億2,561万円で、代替地の払い下げ収入であります。次に14節の雑入のうち434万円が関係分でありますが、10の項目にわたりまして分類計上いたしております。

 次に41ページをお願いいたします。

 17款1項2目土木債のうち1億7,500万円が関係分でありまして、2節の都市計画債で総合運動公園整備事業に対するものであります。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げ、関係分の説明を終わります。



○議長(酒井博) 

 開発部長・・・



◎開発部長(渡辺恒夫) 

 引き続きまして、説明書の168ページをお願いいたします。

 7款1項4目産業振興施設建設費2億578万4,000円でございますが、3節から11節までの事務費のほか13節委託料のうち、(仮称)刈谷市産業振興センター実施設計等委託料2億400万円につきましては、約1万1,000平方メートルの施設を建設するための競技設計及び実施設計に要する経費であります。

 180ページをお願いいたします。

 8款4項1目都市計画総務費のうち8,124万6,000円が関係分でございまして、再開発関係職員の人件費8,123万円と19節のうち交通安全連絡会議負担金3万2,000円のうち1万6,000円であります。

 次のページをお願いいたします。2目土地区画整理費11億1,397万円でございますが、主な事業といたしましては、13節委託料において井ヶ谷地区基本構想作成等の業務委託料1,600万円、(仮称)刈谷野田北部事業計画等の修正委託料740万円でございます。19節の負担金、補助及び交付金につきましては、次のページをお願いいたします。刈谷塩田土地区画整理事業助成金1億500万円。本年1月に事業認可を得ました刈谷野田南第一の土地区画整理事業組合への助成金3,000万円でございます。このほか、28節で刈谷富士松土地区画整理事業会計を初め4会計への繰出金でございます。

 次に3目街路事業費のうち1,805万1,000円が関係分でございまして、11節から14節までに関係経費を計上いたしておりまして、いずれも刈谷駅南北通路の維持管理に要する経費であります。

 次に191ページをお願いいたします。8目都市再開発費4億9,439万8,000円でございます。これは刈谷駅南口周辺の再開発の推進に要する経費でございまして、主なものはは、192ページの13節委託料のうち周辺整備の推進業務委託料2,400万円、交通量実態調査等の委託料700万円であります。そのほか25節の積立金につきましては、都市開発基金積立金で利子相当額を積み立てるものであります。

 次に195ページをお願いいたします。11目駐車場建設費5,656万円でございますが、相生町地内に約500台収容の公共駐車場を建設するための競技設計及び実施設計の委託に要する経費でございます。

 次に、32ページ歳入でございますが、お願いをいたします。

 12款財産収入1項2目1節利子及び配当金のうち5行目の都市開発基金積立金利子3億9,451万3,000円が関係分でございます。

 次に40ページをお願いいたします。

 雑入のうち上から13行目と14行目に自動車事故、建物、この共済保険金収入のうち、それぞれ1万円が関係分でございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願いを申し上げます。



○議長(酒井博) 

 消防長・・



◎消防長(江坂素一) 

 予算説明書の202ページをお願いしたいと思います。

 9款1項1目常備消防費につきましては8億1,414万6,000円でございまして、消防職員の人件費、消防活動に要します経費を、実績に基づいて各節に計上いたしております。主なものといたしましては、3年目を迎え引き続き開催します消防市民広場、これの経費270万円を、市民と消防のふれあいを深め、防火思想の高揚に努めるものでございます。また、新規事業としましては、傷病者の救命率の向上を図る目的で、新たに昨年制定されました救急救命士法に基づきまして、消防職員を養成機関に研修に参加させます経費169万9,000円を、9節、19節に計上いたしております。

 次に206ページをお願いいたします。2目非常備消防費でございます。9,808万円につきましては、消防団21個分団の運営、活動に要します経費を各節に計上いたしております。主なものといたしましては、消防ポンプ自動車3台の更新に要します経費3,613万2,000円を計上いたしております。これは昭和54年度に購入しました第2分団重原桜地区担当、第8分団半城土地区担当、第20分団西境地区担当の各分団消防車が老朽化したがためのものでございます。また、各分団詰所の整備事業費といたしまして295万7,000円を関係各節に計上し、詰所の保全に努めるものでございます。

 次に208ページをお願いいたします。3目消防施設費1億3,251万9,000円でございます。主なものといたしましては、防火水槽築造事業費7,384万2,000円で、井ヶ谷町、築地町、半城土町、野田町、小垣江町、宝町、幸町、住吉町の8町内に、40トン各1基を設置する経費を関係各節に計上いたしております。

 次に、次ページ、4目水防費165万9,000円につきましては、水防関係の事業に要します経費でございます。

 同じく5目防災費9,190万3,000円のうち消防関係分といたしましては8,273万9,000円でございます。主なものといたしましては、地震対策の一環として、災害時の飲料水と消火用水利を確保するため、耐震貯水槽等を築地町に設置する経費8,167万3,000円を、関係各節に計上いたしております。

 次に、歳入をお願いいたします。18ページをお願いいたします。

 9款2項6目消防手数料297万6,000円でございまして、説明付記のとおりでございます。

 21ページをお願いいたします。

 10款2項6目消防費国庫補助金256万4,000円でございまして、説明付記のとおりでございます。

 次に38ページをお願いいたします。

 16款4項2目10節公務災害補償基金収入570万3,000円でございまして、これも説明付記のとおりでございます。次に、同じく14節雑入につきましては、県消防協会交付金外5項目でございまして533万4,000円でございます。

 次に、42ページをお願いいたします。

 17款1項3目消防債でございまして1億4,400万円でございます。消防施設等整備事業債でございます。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(酒井博) 

 この際、お諮りいたします。

 本日の会議はこの程度にとどめ、延会し、残余の議事は明3日午前10時より本会議を再開し、審議いたしたいと思いますが、御異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(酒井博) 

 御異議なしと認めます。

 よって、本日の会議はこの程度にとどめ延会し、残余の議事は明3日午前10時より本会議を再開し、審議することに決しました。

 本日は、これをもって延会いたします。

                            午後4時11分延会