議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 刈谷市

平成25年  3月 定例会 03月22日−資料




平成25年  3月 定例会 − 03月22日−資料







平成25年  3月 定例会



会議日程



月日
曜日
時間
会議名
会議内容


2月14日

午前10時
本会議
開会 会議録署名議員の指名 会期の決定 平成25年度施政方針及び議案の大綱説明 平成25年度教育行政方針説明 報告 議案上程説明 質疑 委員会付託 議案上程説明 質疑 予算審査特別委員会設置 委員会付託 議案上程説明 議員提出議案 質疑・討論 委員会付託省略 採決


15日

 
 
 


16日

 
休会
 


17日

 
休会
 


18日

 
 
 


19日

 
 
 


20日

 
 
 


21日

 
 
 


22日

 
 
 


23日

 
休会
 


24日

 
休会
 


25日

 
 
 


26日

 
 
 


27日

午前10時
本会議
質問質疑


28日

午前10時
本会議
質問質疑(続)


3月1日

午前10時
本会議
質問質問(続) 委員会付託


終了後
予算審査特別委員会
分科会設置・付託


2日

 
休会
 


3日

 
休会
 


4日

 
 
 


5日

午前10時
企画総務委員会・分科会
付託案件審査


6日

午前10時
福祉経済委員会・分科会
付託案件審査


7日

 
 
 


8日

午前10時
建設水道委員会・分科会
付託案件審査


9日

 
休会
 


10日

 
休会
 


11日

午前10時
文教委員会・分科会
付託案件審査


12日

午前10時
議会基本条例検討特別委員会
 


13日

 
 
 


14日

 
 
 


15日

 
 
 


16日

 
休会
 


17日

 
休会
 


18日

 
 
 


19日

 
 
 


20日

 
休会
 


21日

午前10時
予算審査特別委員会
付託案件審査


終了後
議会運営委員会
 


22日

午前10時
本会議
委員長報告 委員長報告に対する質疑・討論 採決 議案上程説明 質疑・討論 委員会付託省略 採決 閉会



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議員提出議案第1号

   刈谷市議会政務調査費の交付に関する条例の一部改正について

 刈谷市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例を次のように定めるものとする。

  平成25年2月14日提出

                            刈谷市議会議員

                               伊藤幸弘

                               加藤峯昭

                               前田秀文

                               新海真規

                               山内智彦

                               蜂須賀信明

                               野村武文

                               白土美恵子

                               佐野泰基

   刈谷市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例

 刈谷市議会政務調査費の交付に関する条例(平成13年条例第2号)の一部を次のように改正する。

 題名を次のように改める。

   刈谷市議会政務活動費の交付に関する条例

 第1条中「第100条14項及び第15項」を「第100条第14項から第16項まで」に、「政務調査費」を「政務活動費」に改める。

 第2条、第3条第1項及び第4条(見出し含む。)から第6条(見出し含む。)までの規定中「政務調査費」を「政務活動費」に改める。

 第7条を次のように改める。

 (政務活動費を充てることができる経費の範囲)

第7条 政務活動費は、会派等が行う調査研究、研修、広報、広聴、住民相談、要請、陳情、各種会議への参加等市政の課題及び市民の意思を把握し、市政に反映させる活動その他住民福祉の増進を図るために必要な活動(次項において「政務活動」という。)に要する経費に対して交付する。

2 政務活動費は、別表に定める政務活動に要する経費に充てることができるものとする。

 第8条及び第9条中「政務調査費」を「政務活動費」に改める。

 第10条中「政務調査費」を「政務活動費」に改め、同条を第11条とし、第9条の次に次の1条を加える。

 (透明性の確保)

第10条 議長は、前条第1項の規定により提出された収支報告書について必要に応じて調査を行う等、政務活動費の適正な運用を期すとともに、使途の透明性の確保に努めるものとする。

 附則の次に次の別表を加える。

別表(第7条関係)



項目
内容


調査研究費
会派又は議員が行う市の事務、地方行財政等に関する調査研究及び調査委託に関する経費


研修費
会派又は議員が開催する研修会に要する経費及び団体等が開催する研修会の参加に要する経費


広報費
会派又は議員が行う活動及び市政について住民に報告するために要する経費


広聴費
会派又は議員が行う住民からの会派又は議員の活動に対する要望又は意見の聴取に要する経費及び住民相談等の活動に要する経費


要請・陳情活動費
会派又は議員が行う要請又は陳情活動に要する経費


会議費
会派又は議員が開催する会議に要する経費及び団体等が開催する意見交換会等各種会議の参加に要する経費


資料作成費
会派又は議員が行う活動に必要な資料の作成に要する経費


資料購入費
会派又は議員が行う活動に必要な図書、資料等の購入に要する経費



   附則

 (施行期日)

1 この条例は、平成25年3月1日から施行する。

 (経過措置)

2 この条例による改正後の仮や市議会政務活動費の交付に関する条例の規定は、この条例の施行に日以後に交付される政務活動費について適用し、この条例の施行の日前にこの条例による改正前の刈谷市議会政務調査費の交付に関する条例の規定により交付された政務調査費については、なお従前の例による。

 提案理由

 この案を提出したのは、地方自治法の一部改正に伴い必要があるからである。