議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊川市

平成21年 第3回定例会(9月) 08月27日−01号




平成21年 第3回定例会(9月) − 08月27日−01号







平成21年 第3回定例会(9月)



豊川市議会第3回定例会会議録   8月27日(木)

平成21年8月27日 午後1時29分開会

出席議員

   第1番  牧野敏雄            第2番  二村良子

   第3番  冨田 潤            第4番  大嶽理恵

   第5番  榊原洋二            第6番  柳田通夫

   第7番  太田直人            第8番  塚越恒次郎

   第9番  西川米子            第10番  牧田千枝子

   第11番  山本和美            第12番  石原政明

   第13番  岩倉一夫            第14番  小林琢生

   第15番  今泉淳乙            第16番  野中泰志

   第17番  波多野文男           第18番  小林洋一

   第19番  安間寛子            第20番  佐藤郁恵

   第21番  井川郁恵            第22番  井上和也

   第23番  藤原宏樹            第24番  大野良彦

   第25番  中村直巳            第26番  高橋智之

   第27番  美馬ゆきえ           第28番  鈴木義章

   第29番  波多野 年           第30番  米谷俊子

   第31番  坂本松次郎           第32番  石畔八良

   第33番  滝下充生            第34番  川上陽子

   第35番  鈴川智彦

欠席議員

   なし

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

   市長       山脇 実    副市長      竹本幸夫

   企画部長     大林伸行    企業立地推進監  井田哲明

   総務部長     河合 一    収納管理監    村雲 敦

   健康福祉部長   田口真彦    生活活性部長   天野雅博

   建設部長     伊藤洋文    上下水道部長   小林宣之

   市民病院事務局長 本多俊一    市民病院建設監  竹本和男

   消防長      森 正宏    会計管理者    濱田守造

   監査委員事務局長 武田久計    教育長      花井正文

   教育部長     鈴木 宏    支所統括監兼一宮総合支所長

                             竹下一正

出席した議会事務局職員

   事務局長     田中俊一    事務局次長    山本行洋

   議事課長補佐   中内 保    庶務係長     中村 康

   議事調査係長   杉浦 傑    書記       二村 崇

議事日程

   第1 会議録署名議員の指名

   第2 会期の決定について

   第3 第70号議案 平成21年度豊川市一般会計補正予算(第4号)

   第4 第71号議案 平成21年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

   第5 第72号議案 平成21年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

   第6 第73号議案 平成21年度豊川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

   第7 第74号議案 平成21年度豊川市老人保健特別会計補正予算(第1号)

   第8 第75号議案 平成21年度豊川市介護保険特別会計補正予算(第2号)

   第9 第76号議案 豊川市訪問看護に関する条例の廃止について

   第10 第77号議案 豊川市国民健康保険条例の一部改正について

   第11 第78号議案 豊川市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について

   第12 第79号議案 豊川市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例及び豊川市消防団条例の一部改正について

   第13 第80号議案 豊川市特別用途地区内における建築物の制限に関する条例の制定について

   第14 第81号議案 豊川市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定について

   第15 第82号議案 市道路線の廃止について

   第16 第83号議案 市道路線の認定について

   第17 第84号議案 豊川市及び宝飯郡小坂井町の廃置分合に伴う字の名称の変更について

   第18 第85号議案 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について

   第19 第86号議案 訴えの提起について

   第20 認定第1号 平成20年度豊川市一般会計決算の認定について

   第21 認定第2号 平成20年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計決算の認定について

   第22 認定第3号 平成20年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計決算の認定について

   第23 認定第4号 平成20年度豊川市公共下水道事業特別会計決算の認定について

   第24 認定第5号 平成20年度豊川市農業集落排水事業特別会計決算の認定について

   第25 認定第6号 平成20年度豊川市公共駐車場事業特別会計決算の認定について

   第26 認定第7号 平成20年度豊川市国民健康保険特別会計決算の認定について

   第27 認定第8号 平成20年度豊川市後期高齢者医療特別会計決算の認定について

   第28 認定第9号 平成20年度豊川市老人保健特別会計決算の認定について

   第29 認定第10号 平成20年度豊川市介護保険特別会計決算の認定について

   第30 認定第11号 平成20年度豊川市在宅介護支援事業特別会計決算の認定について

   第31 認定第12号 平成20年度豊川市土地取得特別会計決算の認定について

   第32 認定第13号 平成20年度豊川市一宮財産区管理事業特別会計決算の認定について

   第33 認定第14号 平成20年度豊川市赤坂財産区管理事業特別会計決算の認定について

   第34 認定第15号 平成20年度豊川市長沢財産区管理事業特別会計決算の認定について

   第35 認定第16号 平成20年度豊川市萩財産区管理事業特別会計決算の認定について

   第36 認定第17号 平成20年度豊川市水道事業決算の認定について

   第37 認定第18号 平成20年度豊川市病院事業決算の認定について

   第38 同意第3号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて

   第39 同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて

   第40 同意第5号 公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて

   第41 同意第6号 監査委員の選任につき同意を求めることについて

   第42 報告第5号 豊川市土地開発公社の平成20年度事業報告について

   第43 報告第6号 豊川市開発ビル株式会社の経営状況について

   第44 報告第7号 株式会社本宮の経営状況について

   第45 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について

本日の会議に付した案件

   1.議事日程に同じ

  (午後1時29分 開会)



○坂本松次郎議長 ただいまから、平成21年豊川市議会第3回定例会を開会し、本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、小林琢生議員、今泉淳乙議員を指名します。

 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

 お諮りします。今期定例会の会期は、本日から9月25日までの30日間にしたいと思います。

 異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、会期は、本日から9月25日までの30日間に決定しました。

 ただいま決定しました会期中の議事の予定は、お手元に配付の会期日程のとおり行います。

 次に、日程第3、第70号議案 平成21年度豊川市一般会計補正予算(第4号)から日程第37、認定第18号 平成20年度豊川市病院事業決算の認定についてまでの35件を一括して議題とします。

 提案者に説明をお願いします。

 総務部長。



◎河合一総務部長 第70号議案 平成21年度豊川市一般会計補正予算(第4号)について御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、それぞれ18億1,414万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ477億6,135万5,000円とするものでございます。

 次に、繰越明許費でございますが、第2条のとおり、繰越明許費は、「第2表 繰越明許費」によるものでございます。

 次に、地方債の補正でございますが、第3条のとおり、地方債の変更は、「第3表 地方債補正」によるものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして説明書で御説明申し上げます。まず、主なものについて歳出から御説明申し上げますので、22ページをごらんください。

 2款総務費、1項6目財産管理費9億3,000万円の追加でございますが、これは前年度繰越金の確定に伴い、財政調整基金に積み立てを行うものでございます。

 8目企画費73万3,000円の追加でございますが、これは市民の方などからの御寄附をとよかわ応援基金に積み立てを行うものでございます。

 14目交通安全対策費68万5,000円の追加でございますが、これは道路交通法規則の一部改正に伴う、三人乗り自転車普及啓発事業費を追加するものでございます。

 19目情報管理費7,922万2,000円の追加でございますが、これは災害時における市民の安心安全を確保するための情報配信、また職員緊急連絡などの緊急情報提供システムの構築などに係る緊急連絡システム構築委託料2,959万8,000円、市民だれでもが地域情報の受発信が可能な、地域ポータルサイトのシステム構築委託料4,953万円などを追加するものでございます。

 23目市民活動推進費100万円の追加でございますが、これは市民活動団体に対し、ユニフォーム等の購入費用を助成するボランティアユニフォーム等購入費補助金を追加するものでございます。

 32目合併推進事業費910万円の追加でございますが、これは小坂井町との合併関連経費を追加するものでございます。

 それでは、事業別に説明をさせていただきます。

 議会事務局、8410細目43万9,000円の追加でございますが、これは議員数増加に対応するため、消耗品などの一般事務費を追加するものでございます。

 秘書課、8401細目37万2,000円の追加でございますが、これは合併記念式典における配布用といたしまして、市勢要覧を増刷する経費を追加するものでございます。

 人事課、8402細目19万9,000円の追加でございますが、これは職員数増加に伴い、事務用品、消耗品を追加するものでございます。

 企画課、8404細目170万2,000円の追加でございますが、これは合併記念式典及び小坂井支所の開所式に係る経費を追加するものでございます。

 財政課、8405細目73万1,000円の追加でございますが、これは合併に伴う予算統合に係る補正予算書の印刷費及び、案内表示板等の変更委託料を追加するものでございます。

 保険年金課、8428細目74万4,000円の追加でございますが、これは被保険者数増加に伴う、保険証作成業務委託料などのため、国民健康保険特別会計へ繰出金を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 商工観光課、8417細目75万4,000円の追加でございますが、これは小坂井町の観光名所等を加えた観光ガイドマップの作成費及び、豊川駅始め計8カ所の観光案内看板の修繕料を追加するものでございます。

 生活活性課、8424細目50万6,000円の追加でございますが、これは入学児童数増加などに伴い、通学用ヘルメット等購入費及び、交通指導員数増加による被服費を追加するものでございます。

 環境対策課、8419細目74万円の追加でございますが、これは清掃工場などに係る案内板等の修繕料などのため、豊川宝飯衛生組合への負担金を追加するものでございます。

 都市計画課、8433細目276万2,000円の追加でございますが、これは小坂井町を含めた都市計画基本図の作成委託料を追加するものでございます。

 消防本部、8408細目13万5,000円の追加でございますが、これは無線局増加に伴い、無線局変更申請作業委託料を追加するものでございます。

 教育委員会庶務課、8422細目1万6,000円の追加でございますが、これは学校数増加に伴い、事務局用品、消耗品を追加するものでございます。

 4項5目市議会議員選挙費2,020万3,000円の追加でございますが、これは小坂井町との合併後に実施されます市議会議員増員選挙に係る臨時職員、時間外勤務手当、選挙長等の報酬、選挙一般事務費を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 3款民生費、1項1目社会福祉総務費4,039万8,000円の追加でございますが、これは平成20年度の障害者自立支援給付費等の事業費確定に伴う国庫負担金、国庫補助金及び県負担金の返納金1,101万9,000円、住宅を喪失した離職者等のうち就労能力及び就労意欲のある者に対して、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を目的とする住宅手当緊急特別措置事業費2,619万8,000円、地域における自殺防止対策の強化を目的といたしまして、地域自殺対策緊急強化事業費60万円、健康保険法施行令等の一部改正に伴う国民健康保険特別会計への繰出金258万1,000円を追加するものでございます。

 2目障害者福祉費1,915万9,000円の追加でございますが、これは障害者自立支援法に係る事業といたしまして、愛知県が設置する障害者自立支援対策臨時特例基金の対象事業費の追加に対し1,889万8,000円、1枚おめくりいただきまして、グループホーム等事業所開設に係る備品購入への補助といたしまして、障害者共同生活援助等事業費補助金26万1,000円を追加するものでございます。

 3目老人福祉費73万3,000円の追加でございますが、これは雇用対策事業に対し、介護保険特別会計へ繰出金を追加するものでございます。

 11目御津福祉保健センター管理費100万円の追加でございますが、これは非常灯バッテリー取りかえなどに係る施設修繕料を追加するものでございます。

 2項1目児童福祉総務費1,165万9,000円の追加でございますが、これは保育単価表の定員区分改正に伴う保育システム改修委託料189万円及び、愛知県が設置する子育て支援対策基金事業といたしまして、新型インフルエンザ対策に対する感染症対策備品購入費820万円、補助基準額の改定並びに障害児受け入れに伴う放課後児童健全育成事業費等補助金147万2,000円、平成20年度の児童手当等の事業費確定に伴う国庫負担金及び国庫補助金の返納金9万7,000円を追加するものでございます。

 4目母子福祉費222万5,000円の追加でございますが、これは支給額の引き上げや支給対象期間の延長などによりまして、制度改正に伴い、高等職業訓練促進給付金を追加するものでございます。

 6目児童館費140万円の追加でございますが、これはあかね児童館の天井及び床などに係る施設修繕料を追加するものでございます。

 8目子育て応援特別手当交付事業費1億8,499万円の追加でございますが、これは子育て応援特別手当(21年度版)及び事務費を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 3項1目生活保護総務費510万6,000円の追加でございますが、これは生活保護に係るパソコン購入費60万9,000円、平成20年度生活保護費等事業費確定に伴う国庫補助金、県負担金及び県委託金の返納金449万7,000円を追加するものでございます。

 4款衛生費、1項3目保健事業費3,090万2,000円の追加でございますが、これは子宮がん及び乳がん検診などの女性特有のがん検診推進事業に係る委託料及び事務費などを追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 6款農林水産業費、1項3目農業振興費1億2,540万円の追加でございますが、これは東三温室園芸農協に対する集出荷施設の移転に伴う野菜集団産地整備事業費補助金を追加するものでございます。

 7款商工費、1項2目商工業振興費3,334万3,000円の追加でございますが、これは信用保証料の申し込み件数の増加による事業資金信用保証料補助金3,200万円、御津町商工会が主催するみと商工祭りに係る事業費補助といたしまして、商業団体等共同事業費補助金20万9,000円、愛知県が設置する消費者行政活性化基金の対象事業といたしまして、出前講座などを行うため113万4,000円を追加するものでございます。

 3目観光費11万9,000円の追加でございますが、これは本宮山山頂トイレの修繕料を追加するものでございます。

 8款土木費、2項1目道路橋りょう維持費1,100万円の追加でございますが、これは市道仲上三津市場線の改修及び迂回用道路整備事業に係る工事費を追加するものでございます。

 2目道路新設改良費6,532万5,000円の追加でございますが、これは地下埋設物の移設工事などに対し、穂ノ原六角線拡幅改良事業費718万7,000円、1枚おめくりいただきまして、上長山町地内における市道整備に係る小南口2号線拡幅改良事業費1,440万円を減額し、西新屋小南口原線の拡幅改良工事等2,467万6,000円を追加し、地域活力基盤創造交付金の対象事業といたしまして、市道野口平尾線始め3路線に係る幹線道路舗装改良事業費4,000万円、御油松並木迂回路整備事業に伴う御油松並木迂回路測量設計等委託料560万円、大崎町地内の市道用地における借地買い上げに伴う道路後退関係事業226万2,000円を追加するものでございます。

 5項2目土地区画整理費7,000万円の追加でございますが、これはまちづくり交付金対象事業の追加に伴い、豊川西部土地区画整理事業特別会計へ繰出金を追加するものでございます。

 6項1目住宅管理費2,752万4,000円の追加でございますが、これは穂ノ原住宅の火災に係る復旧経費といたしまして、被害調査委託料100万円及び復旧工事費2,400万円、市営住宅の使用料滞納対策経費といたしまして、252万4,000円を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 10款教育費、2項1目学校管理費7,964万円の追加でございますが、これは床の改修が必要となった天王小学校の屋内運動場床改修工事費3,300万円、学校及び教育の情報化を推進するとともに、児童一人一人に情報教育を進めるため、三蔵子小学校を始め10校の校内LAN整備委託料4,664万円を追加するものでございます。

 2目教育振興費1,650万円の追加でございますが、これは新学習指導要領の完全実施に向けた理科教育設備を充実させるため、理科教育設備整備費を追加するものでございます。

 3項1目学校管理費2,168万8,000円の追加でございますが、これは小学校と同じく中学校においても情報教育を進めるため、東部中学校を始め5校の校内LAN整備委託料を追加するものでございます。

 2目教育振興費1,650万円の追加でございますが、これも小学校と同じく中学校においても、理科教育設備を充実させるため、理科教育設備整備費を追加するものでございます。

 4項3目公民館費50万円の追加でございますが、これは八南公民館の集会室に設置しております空調機更新のため、備品購入費を追加するものでございます。

 9目生涯学習会館管理費8万9,000円の追加でございますが、これは地上デジタル化に向けた放送受信設備整備工事費を追加するものでございます。

 5項2目体育施設費350万円の追加でございますが、これは陸上競技場の改修に向けた事業分析業務委託料を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 4目学校給食費450万円の追加でございますが、これは学校給食センターのボイラー室シャッター修理などにおける施設修繕料300万円、豊川共同調理場及び萩小学校の検食用冷凍庫の更新による購入費といたしまして80万円、御津共同調理場における冷凍室クーリングユニット取りかえ修繕といたしまして70万円を追加するものでございます。

 以上で、歳出の説明を終わりまして、歳入の御説明を申し上げますので、14ページをごらんください。

 10款地方特例交付金、1項1目地方特例交付金805万9,000円の減額でございますが、これは額の確定に伴い減額を行うものでございます。

 2項1目特別交付金357万1,000円の追加でございますが、これは額の確定に伴い追加を行うものでございます。

 11款地方交付税、1項1目地方交付税2億1,526万4,000円の追加でございますが、これは普通交付税の額が確定したため追加するものでございます。

 13款分担金及び負担金、1項5目教育費負担金38万6,000円の追加でございますが、これは御津共同調理場の冷凍室クーリングユニット取りかえによる小坂井町からの負担金を追加するものでございます。

 6目総務費負担金265万5,000円の追加でございますが、これは合併推進事業費のうち、豊川市が一括して契約するものについて、小坂井町からの負担金を追加するものでございます。

 15款国庫支出金、1項1目民生費国庫負担金1,405万8,000円の追加でございますが、これは平成20年度の生活保護費の確定に伴い、生活保護費国庫負担金を追加するものでございます。

 2項1目総務費国庫補助金7,912万8,000円の追加でございますが、これは緊急連絡システム構築委託料及び地域ポータルサイトシステム構築委託料に対する補助金といたしまして、地域情報通信技術利活用推進交付金を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 2目民生費国庫補助金2億1,082万2,000円の追加でございますが、これは高等職業訓練促進給付事業に係る支給額の引き上げなどによる制度改正に伴い、予算の組み替えといたしまして、母子家庭自立支援給付金事業費国庫補助97万5,000円を更正減し、子育て応援特別手当(21年度版)に係る補助金といたしまして、手当分として1億7,640万円及び事務費といたしまして859万円、3節の生活保護費補助金につきましては、住宅及び就労機会の確保に向けた支援などに対して、生活保護適正実施推進事業費国庫補助2,680万7,000円を追加するものでございます。

 3目衛生費国庫補助金3,090万2,000円の追加でございますが、これは女性特有のがん検診に係る推進事業費国庫補助を追加するものでございます。

 4目土木費国庫補助金6,016万円の追加でございますが、これは市道野口平尾線を始め3路線に係る補助金といたしまして、地域活力基盤創造交付金2,805万円、施工箇所の追加などに伴うまちづくり交付金一宮地区分411万円及び豊川音羽歴史地区2,800万円を追加するものでございます。

 6目教育費国庫補助金5,068万9,000円の追加でございますが、これは新学習指導要領の完全実施に向けた小学校における理科教育設備の支援といたしまして、学校教育設備整備費等国庫補助825万円及び情報教育を推進していくため、校内LAN整備費の補助金といたしまして、安全・安心な学校づくり交付金2,332万円、同じく中学校においても、学校教育設備整備費等国庫補助825万円及び安全・安心な学校づくり交付金1,084万4,000円、社会教育においても、御津生涯学習会館の放送受信設備整備工事費に係る安全・安心な学校づくり交付金2万5,000円を追加するものでございます。

 16款県支出金、2項1目総務費県補助金54万3,000円の追加でございますが、これは三人乗り自転車の普及啓発事業における子育て支援対策基金事業費補助を追加するものでございます。

 2目民生費県補助金2,725万8,000円の追加でございますが、これは愛知県が設置する障害者自立支援対策臨時特例基金の対象事業の追加による障害者自立支援特別対策事業費補助1,417万3,000円、地域における自殺防止対策に対し、地域自殺対策緊急強化事業費補助60万円、補助基準額の改定及び障害児受け入れに伴う放課後児童クラブに放課後児童健全育成事業費補助164万2,000円、高等職業訓練促進給付事業の制度改正並びに愛知県が設置する子育て支援対策基金事業といたしまして、新型インフルエンザ対策に対する子育て支援対策基金事業費補助1,084万3,000円を追加するものでございます。

 4目労働費県補助金118万円の追加でございますが、これは愛知県が設置する緊急雇用創出事業基金の対象事業に対する緊急雇用創出事業基金事業費補助を追加するものでございます。

 5目農林水産業費県補助金1億1,400万円の追加でございますが、これは東三温室園芸農協の移転工事に対する補助金といたしまして、強い農業づくり交付金を追加するものでございます。

 6目商工費県補助金284万8,000円の追加でございますが、これは愛知県が設置する消費者行政活性化基金の対象事業といたしまして、出前講座などに対する消費者行政活性化基金事業費補助を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 18款寄附金73万3,000円の追加でございますが、これは市民の方などからの寄附により、とよかわ応援寄附金を追加するものでございます。

 19款繰入金、1項1目老人保健特別会計繰入金4,742万9,000円、2目介護保険特別会計繰入金7,123万9,000円及び5目後期高齢者医療特別会計繰入金936万4,000円の追加でございますが、これらは平成20年度の事業費確定に伴う精算分として、繰入金を追加するものでございます。

 20款繰越金、1項1目繰越金7億2,510万1,000円の追加でございますが、これは前年度繰越金を追加するものでございます。

 21款諸収入、4項5目民生費収入2,792万1,000円の追加でございますが、これは平成20年度の事業費確定に伴う精算分といたしまして、後期高齢者医療費収入を追加するものでございます。

 12目雑入3,085万1,000円の追加でございますが、これは穂ノ原住宅の火災に係る復旧経費といたしまして、建物総合損害共済災害共済金などを追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 22款市債でございます。3目土木債と5目教育債について、合計9,610万円を追加するものでございます。内容といたしましては、歳出の補正に伴い追加するものでございます。

 続きまして、6ページをごらんください。

 第2表 繰越明許費、3款民生費の子育て応援特別手当(21年度版)交付事業費、4款衛生費の女性特有のがん検診推進事業費及び8款土木費、住宅使用料滞納対策経費につきましては、平成22年度事業完了予定でございますので、繰越明許をお願いするものでございます。

 続きまして、第3表 地方債補正でございます。起債の目的にお示しした事業につきまして、事業費の追加等により限度額の補正をお願いするものでございます。補正後の限度額は34億8,440万円でございます。

 なお、40ページに選挙費などの人件費に係る給与費明細書、42、43ページに地方債の平成20年度末現在高及び平成21年度末現在高見込額に関する調書を添付してございます。ごらんいただくということで、説明は省略させていただきます。

 以上で、第70号議案についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○坂本松次郎議長 建設部長。



◎伊藤洋文建設部長 第71号議案 平成21年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、それぞれ7,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ9億8,060万円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして説明書で御説明申し上げます。まず、歳出から御説明いたしますので、12ページをごらんください。

 2款事業費、1項1目工事費7,000万円の追加でございますが、国庫補助金の追加配分によるもので、宅地造成を行うための整地工事費の追加を行うものでございます。

 次に、歳入について御説明申し上げますので、10ページをごらんください。

 3款繰入金、1項1目一般会計繰入金7,000万円の追加でございますが、これは先ほど申し上げました国庫補助金の追加配分に伴い、一般会計繰入金を追加するものでございます。

 以上で、第71号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 健康福祉部長。



◎田口真彦健康福祉部長 第72号議案 平成21年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ724万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ132億853万9,000円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出予算の補正につきまして説明書で御説明申し上げます。まず、歳出から御説明いたしますので、12ページをごらんください。

 1款総務費、1項1目一般管理費29万4,000円の追加でございます。これは随時発行用の被保険者用被保険者証カードの購入費でございます。

 1項3目合併推進事業費74万4,000円の追加でございます。これは合併に伴う給付事務委託料及び被保険者証等の交付に係る経費でございます。

 2款保険給付費、4項1目出産育児一時金552万円の追加でございます。これは緊急の少子化対策による出産育児一時金の増額分でございます。

 8款保健事業費、1項1目特定健康診査等事業費44万7,000円の追加でございます。これは緊急雇用創出事業における特定健康診査受診率向上対策の実施に伴います臨時職員の賃金でございます。

 11款諸支出金、1項5目償還金23万7,000円の追加でございます。これは平成19年度の後期高齢者医療制度創設準備事業費補助金の精算に伴う国への返納金でございます。

 次に、歳入について御説明いたしますので、10ページをごらんください。

 1款国民健康保険料、1項1目一般被保険者保険料791万8,000円の減額でございます。これは出産育児一時金が増額されたこと及び、介護従事者処遇改善臨時特例交付金が新たに創設されたため、その増収分を保険料から減額するものでございます。

 1項2目退職被保険者等保険料208万8,000円の減額でございます。これも介護従事者処遇改善臨時特例交付金の交付に伴うものでございます。

 4款国庫支出金、2項2目介護従事者処遇改善臨時特例交付金1,092万6,000円の追加でございます。これは介護報酬の引き上げに伴う介護納付金分保険料の抑制に充てるものでございます。

 2項3目出産育児一時金補助金276万円の追加でございます。これは出産育児一時金の増額によるものでございます。

 10款繰入金、1項1目一般会計繰入金332万5,000円の追加でございます。これは合併に伴います消耗品費等及び出産育児一時金の増額によるものでございます。

 11款繰越金、1項2目その他繰越金23万7,000円の追加でございます。これは後期高齢者医療制度創設準備事業費国庫補助金の返還に充てるものでございます。

 以上で、第72号議案の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、第73号議案 平成21年度豊川市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1,474万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ13億5,316万7,000円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして説明書で御説明申し上げます。まず、歳出から御説明いたしますので、12ページをごらんください。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金、1項1目後期高齢者医療広域連合納付金538万3,000円の追加でございます。これは平成20年度の精算における愛知県後期高齢者医療広域連合へ納付する過年度分の保険料でございます。

 4款諸支出金、2項1目一般会計繰出金936万4,000円の追加でございます。これは平成20年度精算における一般会計への繰出金でございます。

 次に、歳入について御説明申し上げますので、10ページをごらんください。

 3款繰越金、1項1目繰越金1,474万7,000円の追加でございます。これは前年度の繰越金でございます。

 以上で、第73号議案の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、第74号議案 平成21年度豊川市老人保健特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ4,749万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ8,129万1,000円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして説明書で御説明申し上げます。まず、歳出から御説明いたしますので、12ページをごらんください。

 3款諸支出金、1項1目償還金6万2,000円の追加でございます。これは平成20年度の精算における社会保険診療報酬支払基金への返納金でございます。

 2項1目一般会計繰出金4,742万9,000円の追加でございます。これは平成20年度の精算における一般会計への繰出金でございます。

 次に、歳入について御説明いたしますので、10ページをごらんください。

 1款支払基金交付金、1項1目医療費交付金45万2,000円の追加でございます。これは平成20年度の精算における社会保険診療報酬支払基金からの交付金でございます。

 2款国庫支出金、1項1目医療費負担金4,121万4,000円の追加でございます。これは平成20年度の精算における国庫負担金でございます。

 3款県支出金、1項1目医療費負担金64万8,000円の追加でございます。これは平成20年度の精算における県負担金でございます。

 5款繰越金、1項1目繰越金517万7,000円の追加でございます。これは前年度の繰越金でございます。

 以上で、第74号議案の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、第75号議案 平成21年度豊川市介護保険特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ3億5,079万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ77億2,516万円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして説明書で御説明申し上げます。まず、歳出から御説明いたしますので、12ページをごらんください。

 3款地域支援事業費、2項2目任意事業費73万3,000円の追加でございます。これは緊急雇用創出事業基金を活用した介護給付適正化事業を実施するための費用の追加でございます。

 4款基金積立金、1項1目介護給付費準備基金積立金1億5,901万2,000円の追加でございます。これは平成20年度の保険給付費が確定したことによりまして、介護給付費準備基金への積み立てを行うものでございます。

 5款諸支出金、1項2目償還金1億1,981万2,000円の追加でございます。これも平成20年度の保険給付費の確定に伴う国庫負担金、支払基金交付金、県負担金等の返納分でございます。

 同じく、2項1目一般会計繰出金7,123万9,000円の追加でございます。これも保険給付費の確定に伴い、一般会計へ繰り出すものでございます。

 次に、歳入について御説明申し上げます。10ページをごらんください。

 6款財産収入、1項1目利子及び配当金70万円の追加でございますが、これは介護給付費準備基金の運用利子を計上したものでございます。

 7款繰入金、1項2目その他繰入金73万3,000円の追加でございますが、これは歳出における介護給付適正化事業について、一般会計から繰り入れを行うものでございます。

 8款繰越金、1項1目繰越金でございますが、前年度繰越金3億4,936万3,000円を追加するものでございます。

 以上で、第75号議案の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、第76号議案 豊川市訪問看護に関する条例の廃止について御説明を申し上げます。

 提案理由といたしまして、平成10年7月より行ってまいりました訪問看護ステーションにおける訪問看護事業につきまして、開始以降、利用者はふえ、平成12年度には介護保険法の施行もあり、平成14年度にはピークを迎えましたが、その後、民間による訪問看護を行う事業者がふえたこともありまして、減少傾向となりました。

 平成20年度では、延べ利用者数は最大時の54%になってきております。また、これに伴い、一般財源の負担も多くなってきている状況でございます。設立に当たりましては、訪問看護事業の重要性は高まってきたものの、民間事業者による設置意向がない状況から、公設で対応いたしました。しかし、現在では、市内に本ステーション以外にも10事業所が開設いたしましたので、所期の目的は達成されたと考えられ、行政改革の一環として本事業を廃止するために、豊川市訪問看護に関する条例の廃止をするものでございます。

 附則といたしまして、この条例は、平成22年4月1日から施行するものでございます。

 以上で、第76号議案の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、第77号議案 豊川市国民健康保険条例の一部改正について御説明申し上げます。

 今回の改正は、国の緊急の少子化対策による健康保険法施行令の一部改正を踏まえ、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間に、出産したときに支給いたします出産育児一時金の額を、現行の35万円から39万円へ暫定的に引き上げる経過措置を設けるものでございます。

 なお、この条例は、公布の日から施行することとしております。

 以上で、第77号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 消防長。



◎森正宏消防長 第78号議案 豊川市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 今回の改正は、消防法の一部改正に伴い、条数が変更になったものにつき、所要の規定の整備を行うものでございます。

 施行は、法改正の施行に合わせまして、平成21年10月30日からとするものであります。

 続きまして、第79号議案 豊川市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例及び豊川市消防団条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 これは、消防団員等公務災害補償等責任共済契約及び、消防団員退職報償金支給責任共済契約に係る掛金の適正化を図るために改正を行うものでございます。

 まず、第1条の豊川市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正でございますが、初めから任用期間が5年未満である消防団員として勤務した場合、その期間を退職報償金の支給の基礎となる勤務年数から除くことを定めるものであります。

 次に、第2条の豊川市消防団条例の一部改正でございますが、第4条第3項において、機能別消防団員の任用期間を5年未満と明記するとともに、新たに設ける同条第4項において、公務災害補償については基本団員と機能別団員の両方を、同じく第5項において、退職報償金については基本団員のみを対象とする考えから、それぞれの共済契約における定員を明確にするものであります。

 なお、この条例は、平成21年10月1日から施行するものであります。

 以上で、第78号議案及び第79号議案についての説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 建設部長。



◎伊藤洋文建設部長 第80号議案 豊川市特別用途地区内における建築物の制限に関する条例の制定について御説明申し上げます。

 この条例は、市内の準工業地域全域において、床面積1万平方メートルを超える大規模集客施設の立地を制限するため、特別用途地区内における建築物の建築の制限または禁止に関して必要な事項を定めるものでございます。

 条例の内容でございますが、第1条は目的規定で、建築基準法第49条第1項の規定に基づき、特別用途地区内における建築物の建築の制限または禁止に関して必要な事項を定めることを目的とするものでございます。

 第2条は定義規定で、用語の意義は、建築基準法及び建築基準法施行令において使用する用語とするものでございます。

 第3条は、この条例の適用区域に関する規定で、市長が都市計画法第20条第1項の規定により告示する宝飯都市計画特別用途地区の区域内において適用するものでございます。なお、当該区域は、本市の市街化区域のうち準工業地域全域を対象区域としております。

 第4条は、建築物の用途の制限として、劇場、映画館、演芸場等で、その用途に供する部分の床面積の合計が1万平方メートルを超える建築物は、建築してはならない旨を定めるものでございます。

 第5条は、既存の建築物に対する制限の緩和としまして、小規模な増築または改築、用途の変更を伴わない大規模な修繕または模様がえをする場合には、この条例の規定を適用しない旨を定めるものでございます。

 第6条は、公益上必要な建築物の特例を定めるものでございます。

 第7条は、委任の規定でございます。

 第8条は、この条例に違反した者に対する罰則を定めるもので、違反した者に対して50万円以下の罰金に処するものでございます。

 第9条は、第8条の罰則規定に関して、違反の実際の行為者だけでなく、行為者を用いた法人や個人に対しても罰するものでございます。

 なお、附則といたしまして、この条例は、平成21年9月30日から施行するものでございます。

 以上で、第80号議案の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、第81号議案 豊川市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定について御説明申し上げます。

 この条例は、八幡駅南地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の新規制定にあわせ、七つあります既存の地区計画を一つに集約するものでございます。また、新規制定いたします八幡駅南地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例は、この条例の適用区域であります新市民病院建設地に、ホテル、遊技施設等のふさわしくない建築物の立地を制限するものでございます。

 条例の内容でございますが、第1条は目的規定で、建築基準法第68条の2第1項の規定に基づき、地区計画の区域内における建築物の敷地、構造、建築設備または用途の制限に関して必要な事項を定めることを目的とするものでございます。

 第2条は定義規定で、用語の意義は、建築基準法及び建築基準法施行令において使用する用語とするものでございます。

 第3条は、この条例の適用区域に関する規定で、市長が都市計画法第20条第1項の規定により告示する別表第1の八つの区域内において適用するものでございます。

 第4条は、建築物の用途の制限として、別表第2の用途制限の項に掲げる建築物は建築してはならない旨を定めるものでございます。

 第5条は、既存の建築物に対する制限の緩和といたしまして、小規模な増築または改築をする場合には、この条例の規定を適用しない旨を定めるものでございます。

 第6条は、建築物の容積率の最高限度を、第7条は、建築物の敷地面積の最低限度を、第8条は、壁面の位置の制限を、第9条は、建築物の高さの最高限度を、第10条は、建築物の各部分の高さの最高限度を、それぞれ別表第2のとおり定めるものでございます。

 第11条は、建築物の敷地が対象区域の内外にわたる場合の措置を、第12条は、建築物の敷地が2以上の計画地区にわたる場合の措置を、それぞれ定めております。

 第13条は、公益上必要な建築物の特例を定めるものでございます。

 第14条は、委任の規定でございます。

 第15条は、この条例に違反した者に対する罰則を定めるもので、違反した者に対して50万円以下の罰金に処するものでございます。

 第16条は、第15条の罰則規定に関して、違反の実際の行為者だけでなく、行為者を用いた法人や個人に対しても罰するものでございます。

 なお、附則といたしまして、この条例は、平成21年9月30日から施行するものでございます。

 また、既存の地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例を、一つに集約するための必要な経過措置を定めております。

 以上で、第81号議案の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、第82号議案 市道路線の廃止について御説明申し上げます。

 議案及び参考資料をごらんいただきたいと思います。

 参考資料ナンバー1の873下長末下室線、874上大田面下長末線、875龍源寺線、876大門大沢線、877下室中屋敷線、878西馬場線の6路線は、萩町室地区の県営農地環境整備事業区域内に取り込まれた路線で、平成20年度末に事業完了いたしましたので、これにあわせて廃止するものでございます。この廃止路線の延長は、2,146メートルでございます。

 また、参考資料ナンバー2の30707社脇西欠間線は、この路線の起点付近の、袋小路となっております約33メートル部分について、隣接の土地所有者から用途廃止の申し出があり、関係隣接者及び町内会の同意も得られており、今後、市道としての必要性がないことから廃止するものでございます。

 以上で、第82号議案 市道路線の廃止についての説明を終わらせていただきます。

 次に、第83号議案 市道路線の認定について御説明申し上げます。

 議案及び参考資料をごらんいただきたいと思います。

 参考資料ナンバー1の34267御津豊沢久蔵1号線は、旧御津町時の昭和50年度に開発行為にて築造された道路が、豊川市に合併後、寄附されたため、認定するものでございます。

 次に、参考資料ナンバー2、3をごらんください。34268西塚一丁目3号線及び34269大堀5号線は、位置指定道路として築造された道路が、豊川市に寄附されたため、認定するものでございます。

 次に、参考資料4から7をごらんください。34270御津御馬塩入1号線、34271正岡胡麻田1号線、34272為当川田1号線及び34273三蔵子西浦4号線は、開発行為により築造された道路が、豊川市に帰属したため、認定するものでございます。

 次に、参考資料ナンバー8をごらんください。34274萩下長末1号線から34293萩中屋敷1号線までの路線は、萩町室地区の県営農地環境整備事業区域内に築造された道路が、土地改良法により豊川市に帰属したため、認定するものでございます。認定路線は27路線で、延長合計は4,579メートルでございます。

 以上で、第83号議案 市道路線の認定についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 総務部長。



◎河合一総務部長 第84号議案 豊川市及び宝飯郡小坂井町の廃置分合に伴う字の名称の変更について御説明申し上げます。

 これは、平成22年2月1日に行われる本市と宝飯郡小坂井町との合併に伴いまして、合併期日をもって小坂井町の字の名称を変更することにつきまして、地方自治法第260条第1項の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。

 変更の内容につきましては、議案書に記載のとおりでございますが、合併協議の中で、名称については大字及び字を削除し、大字名を町名とすると決定されております。この決定に沿って変更するものでございますが、具体的には、例えば1ページの一番最初でございますが、変更前、大字伊奈字雨田は、変更後は伊奈町雨田と表示するものでございます。また、字の名称の変更につきましては、小坂井町の区長会や議会を始め町民の意見を踏まえ、その意向をもとに合併協議が行われ、協議の結果に基づいて作成しており、本市の町名整理審議会にも諮問し、御審議をいただき、異議はない旨の答申をいただいているものでございます。

 以上で、第84号議案についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○坂本松次郎議長 健康福祉部長。



◎田口真彦健康福祉部長 第85号議案 愛知県後期高齢者医療広域連合規約の変更について御説明申し上げます。

 今回の変更は、市町村合併により、西春日井郡春日町が清須市に編入されることに伴い、所要の規定の整備を行うものでございます。

 変更の内容でございますが、別表第2、これは広域連合議会の選挙区分を定めるものでございますが、ここにあります「、春日町」を削るものでございます。

 附則といたしまして、この規約は、平成21年10月1日から施行するものでございます。

 以上で、第85号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 建設部長。



◎伊藤洋文建設部長 第86号議案 訴えの提起について御説明申し上げます。

 本案は、市営住宅明け渡し等の請求の訴えを、名古屋地方裁判所豊橋支部へ提起することについて、地方自治法第96条第1項の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。

 相手方は、市営住宅の入居者のうち、再三にわたる催告にもかかわらず、長期にわたり多額の家賃を滞納している者3名でございます。

 訴訟の請求内容は、市営住宅の明け渡し並びに滞納家賃、損害金及び訴訟費用の支払いを求めるものでございます。

 その法的根拠といたしましては、相手方は、公営住宅法第32条及び豊川市営住宅条例第42条の住宅の明け渡し請求規定に該当しております。

 また、今後、相手方との交渉や裁判の推移により、訴えの不提起、和解、訴えの取り下げ、上訴またはその取り下げ、その他請求の内容を実現するための必要な裁判上の行為を行うことができる権限を与えていただきますようお願いするものでございます。

 以上で、第86号議案の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 総務部長。



◎河合一総務部長 認定第1号 平成20年度豊川市一般会計決算の認定について御説明申し上げます。

 決算書の4ページをごらんください。歳入でございます。主なものにつきまして御説明申し上げます。

 1款市税でございますが、収入済額は、前年度比15.7%増の274億5,163万3,202円、不納欠損額は7,971万8,026円、収入未済額は15億9,404万1,374円でございます。

 2款地方譲与税でございますが、収入済額は、前年度比11.8%増の6億7,477万1,000円でございます。

 3款利子割交付金でございますが、収入済額は、前年度比8.8%増の1億1,523万9,000円でございます。

 6款地方消費税交付金でございますが、収入済額は、前年度比5.1%増の15億4,642万5,000円でございます。

 7款ゴルフ場利用税交付金でございますが、収入済額は、前年度比18.5%増の1億743万1,794円でございます。

 8款自動車取得税交付金でございますが、収入済額は、前年度比1.7%減の5億9,794万5,000円でございます。

 1枚おめくりください。

 10款地方特例交付金でございますが、収入済額は、前年度比117%増の3億3,422万4,000円でございます。

 11款地方交付税でございますが、収入済額は、前年度比50.8%増の13億9,040万4,000円でございます。

 13款分担金及び負担金でございますが、収入済額は、前年度比5.5%増の12億8,991万3,338円、不納欠損額は184万7,710円、収入未済額は1,750万326円でございます。不納欠損額及び収入未済額につきましては、保育所負担金が多くを占めております。

 14款使用料及び手数料でございますが、収入済額は、前年度比8.2%増の7億3,878万292円、不納欠損額は143万6,830円、収入未済額は3,903万8,897円でございます。不納欠損額及び収入未済額につきまして、使用料につきましては住宅使用料、手数料につきましては、督促手数料がその多くを占めております。

 15款国庫支出金でございますが、収入済額は、前年度比7.7%増の35億3,376万3,030円でございます。

 16款県支出金でございますが、収入済額は、前年度比14.1%増の25億4,658万7,524円でございます。

 1枚おめくりください。

 19款繰入金でございますが、収入済額は、前年度比41.1%減の8億5,488万1,908円でございます。

 20款繰越金でございますが、収入済額は、前年度比17%増の20億9,689万2円でございます。

 21款諸収入でございますが、収入済額は、前年度比48.4%減の23億2,309万5,784円、不納欠損額は77万8,418円、収入未済額は838万3,145円でございます。不納欠損額及び収入未済額につきましては、放課後児童健全育成事業費収入及び学校給食費収入がその多くを占めております。

 22款市債でございますが、収入済額は、前年度比15.8%減の26億1,920万円でございます。そのうち主なものにつきましては、土木債13億8,750万円、臨時財政対策債9億8,760万円でございます。

 以上、歳入合計といたしまして、収入済額は、前年度比4.4%増の484億6,691万9,367円、不納欠損額は前年度比19.2%減の8,378万984円、収入未済額は前年度比6.9%増の16億5,896万3,742円でございます。

 1枚おめくりいただきまして、10ページをごらんください。

 歳出でございます。歳出の主なものにつきまして御説明申し上げます。

 2款総務費でございますが、支出済額は、前年度比1.4%増の75億4,848万1,999円、予算執行率は72.2%でございます。また、踏切安全対策事業費、交通安全施設整備事業費、地区市民館営繕工事費及び定額給付金給付事業費の繰り越しに伴う繰越額が26億6,546万4,000円でございます。

 3款民生費でございますが、支出済額は、前年度比6.8%増の129億8,488万6,221円、予算執行率は96.7%でございます。また、後期高齢者医療特別会計繰出金、公立保育所施設整備費及び子育て応援特別手当交付事業費の繰り越しに伴う繰越額が1億3,913万円でございます。

 4款衛生費でございますが、支出済額は、前年度比9.4%増の41億2,937万4,711円、予算執行率は98.5%でございます。

 6款農林水産業費でございますが、支出済額は、前年度比28.9%増の4億9,375万8,238円、予算執行率は97.1%でございます。

 7款商工費でございますが、支出済額は、前年度比8.9%減の12億8,443万6,667円、予算執行率は96.5%でございます。また、プレミアム付き商品券発行事業費補助金の繰り越しに伴う繰越額が2,500万円でございます。

 8款土木費でございますが、支出済額は、前年度比2.9%減の65億9,843万3,007円で、予算執行率は97.6%でございます。公園改修事業費及び住宅使用料滞納対策経費の繰り越しに伴う繰越額が879万9,700円でございます。

 1枚おめくりください。

 9款消防費でございますが、支出済額は、前年度比3.5%減の19億6,322万9,700円でございます。予算執行率は97.8%でございます。

 10款教育費でございますが、支出済額は、前年度比14%増の42億195万2,908円、予算執行率は90%でございます。また、小学校校舎施設営繕工事費、遊具整備事業費、小学校施設耐震補強事業費、中学校校舎施設営繕工事費及び中学校施設耐震補強事業費の繰り越しに伴う繰越額が3億4,247万3,000円でございます。

 12款公債費でございますが、支出済額は、前年度比12.7%増の57億1,713万1,669円、予算執行率は99.8%でございます。

 13款諸支出金でございますが、支出済額は、前年度比0.2%減の10億2,532万3,924円、執行率は100%でございます。

 1枚おめくりください。

 歳出合計でございます。最下欄でございますけれども、支出済額は、前年度比5%増の465億3,545万8,325円、予算執行率は91.7%でございます。また、15事業の繰り越しに伴う繰越額は31億8,086万6,700円、不用額は10億3,246万8,539円でございます。特に、平成20年度は、経済対策対応のため、翌年度繰越額が非常に多くあります。このため、予算執行率が低くなっているものでございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は19億3,146万1,042円でございます。

 なお、決算説明書、主要施策の成果報告書、監査委員の決算審査意見書及び健全化判断比率、資金不足比率審査意見書を添付させていただいております。御参照いただきたいと思います。

 以上で、認定第1号についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○坂本松次郎議長 建設部長。



◎伊藤洋文建設部長 認定第2号 平成20年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 豊川西部土地区画整理事業特別会計の歳入歳出決算につきましては、歳入歳出の主なものについて御説明申し上げます。

 20ページをごらんください。

 まず、歳入でございますが、1款処分金の収入済額は、前年度比5.3%増の4億5,077万6,572円で、収入未済額は1,526万2,000円でございます。

 3款繰入金の収入済額は、前年度比4.5%減の5億3,760万円でございます。

 歳入合計の収入済額は、前年度比3.6%減の11億4,556万9,102円でございます。

 続きまして、22ページをごらんください。

 歳出でございますが、2款事業費の支出済額は、前年度比4.2%減の5億4,800万1,582円でございます。

 3款公債費の支出済額は、前年度比7.8%増の4億9,232万8,402円でございます。

 歳出合計は前年度1.1%増の10億4,310万5,703円でございます。予算執行率としましては99.7%、不用額としまして299万4,297円でございます。

 また、歳入歳出差引残額は1億246万3,399円でございます。

 なお、詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書、監査委員の決算審査意見書等を添付させていただいておりますので、御参照ください。

 以上で、認定第2号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第3号 平成20年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 豊川駅東土地区画整理事業特別会計の歳入歳出決算につきまして、歳入歳出の主なものについて御説明申し上げます。

 28ページをごらんいただきたいと思います。

 まず、歳入でございますが、1款処分金の収入済額は、前年度比23.2%減の1億701万9,000円でございます。

 3款繰入金の収入済額は、前年度比29.2%減の7億6,203万6,313円でございます。

 歳入合計の収入済額は、前年度比25.3%減の9億3,356万9,099円でございます。

 続きまして、30ページをごらんください。

 歳出でございますが、2款事業費の支出済額は、前年度比37.5%減の6億2,147万3,172円でございます。

 3款公債費の支出済額は、前年度比0.5%減の1億8,497万3,263円でございます。

 歳出合計は前年度比31.6%減の8億1,144万9,210円でございます。予算執行率といたしましては94.1%で、不用額は5,047万7,636円でございます。

 また、歳入歳出差引残額は1億2,211万9,889円でございます。

 なお、詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書、監査委員の決算審査意見書等を添付させていただいておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 以上で、認定第3号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 ここで、しばらく休憩をします。

  (午後2時45分 休憩)

  (午後3時00分 再開)



○坂本松次郎議長 ただいまから、会議を再開します。

 上下水道部長。



◎小林宣之上下水道部長 認定第4号 平成20年度豊川市公共下水道事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明いたしますので、決算書の36ページをお開きください。

 まず、歳入でございます。1款分担金及び負担金の収入済額は、前年度比12.4%減の2億3,714万9,192円でございます。

 2款使用料及び手数料の収入済額は、前年度比11.6%増の15億1,761万3,606円でございます。

 3款国庫支出金の収入済額は、前年度比29.3%減の4億1,818万6,000円でございます。

 6款繰入金の収入済額は、前年度比37.4%減の15億5,051万4,000円でございます。

 7款繰越金の収入済額は、前年度比23.2%増の1億5,422万2,195円でございます。

 9款市債の収入済額は、前年度比34.1%増の21億6,520万円でございます。

 以上、歳入合計といたしましては、前年度比8.3%減の60億5,250万4,337円でございます。不納欠損額は前年度比7.8%増の298万8,902円、収入未済額は前年度比21.4%増の3,727万1,064円でございます。

 次に、38ページをお開きください。

 歳出でございます。1款総務費の支出済額は、前年度比33.6%増の10億6,404万508円でございます。

 2款下水道建設費の支出済額は、前年度比33.6%減の13億7,632万6,361円でございます。

 3款公債費の支出済額は、前年度比3.4%減の34億5,191万3,842円でございます。

 以上、歳出合計といたしましては、前年度比8.6%減の58億9,228万711円でございます。予算執行率といたしましては98.0%で、不用額は1億1,883万289円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は1億6,022万3,626円でございます。

 なお、詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書、監査委員の決算審査意見書等を添付させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。

 以上で、認定第4号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第5号 平成20年度豊川市農業集落排水事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明いたしますので、決算書の44ページをお開きください。

 まず、歳入でございます。1款使用料及び手数料の収入済額は、前年度比2.9%増の3,322万4,834円でございます。

 2款繰入金の収入済額は、前年度比2.2%増の5,833万7,000円でございます。

 以上、歳入合計といたしましては、前年度比1.4%増の9,620万5,538円でございます。収入未済額は、前年度比6.0%減の32万4,945円でございます。

 次に、46ページをお開きください。

 歳出でございます。1款総務費の支出済額は、前年度比2.3%減の4,070万7,869円でございます。

 2款公債費の支出済額は、前年度比0.6%増の4,974万7,756円でございます。

 以上、歳出合計といたしましては、前年度比0.7%減の9,045万5,625円でございます。予算執行率といたしましては97.2%、不用額は264万4,375円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は574万9,913円でございます。

 なお、詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書、監査委員の決算審査意見書等を添付させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。

 以上で、認定第5号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 生活活性部長。



◎天野雅博生活活性部長 認定第6号 平成20年度豊川市公共駐車場事業特別会計決算の認定について御説明させていただきます。

 歳入歳出の主なものについて御説明させていただきますので、52ページをお開きください。

 まず、歳入ですが、1款事業費収入の収入済額は、前年度比4.3%増の6,837万2,179円であります。

 2款県支出金の収入済額は331万2,000円となっています。

 歳入合計は、前年度比7.7%増の7,455万8,977円であります。

 次に、54ページをお開きください。

 歳出ですが、1款総務費の支出済額は、前年度比12.9%増の5,633万9,760円であります。

 2款公債費の支出済額は、前年度と同額の1,744万6,508円であります。

 歳出合計は、前年度比9.5%増の7,378万6,268円でありまして、予算執行率は98.2%、不用額が133万2,732円です。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は77万2,709円となります。

 詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書などを添付させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。

 以上で、認定第6号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 健康福祉部長。



◎田口真彦健康福祉部長 認定第7号、平成20年度豊川市国民健康保険特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明いたします。決算書の60ページをごらんください。

 歳入でございます。1款国民健康保険料、収入済額は、前年度比11.1%減の36億7,559万7,072円でございます。

 4款国庫支出金、収入済額は、前年度比6.4%増の27億3,698万8,825円でございます。

 5款療養給付費等交付金、収入済額は、前年度比60.2%減の12億936万550円でございます。

 6款前期高齢者交付金、これは平成20年度に新たに設けられた科目であり、収入済額は27億8,001万2,434円でございます。

 7款県支出金、収入済額は、前年度比1.5%増の5億4,389万218円でございます。

 8款共同事業交付金、収入済額は、前年度比9.1%増の10億4,467万5,885円でございます。

 10款繰入金、収入済額は、前年度比3.4%減の7億1,653万733円でございます。

 11款繰越金、収入済額は、前年度比6.1%増の6億4,359万7,532円でございます。

 62ページをごらんください。

 歳入合計でございますが、収入済額は、前年度比3.5%増の134億1,199万3,932円でございます。不納欠損額といたしましては、前年度比9.6%増の1億4,780万7,254円でございます。収入未済額といたしましては、前年度比2.5%減の9億3,043万9,679円でございます。

 次に、64ページをごらんください。

 歳出でございます。1款総務費、支出済額は、前年度比9.2%減の1億7,576万9,085円でございます。

 2款保険給付費、支出済額は、前年度比10.4%増の88億8,071万5,116円でございます。

 3款後期高齢者支援金等、これは平成20年度に新たに設けられた科目であり、支出済額は16億8,195万8,866円でございます。

 5款老人保健拠出金、支出済額は、前年度比82.5%減の3億8,550万396円でございます。

 6款介護納付金、支出済額は、前年度比3.0%増の6億9,132万7,952円でございます。

 7款共同事業拠出金、支出済額は、前年度比11.2%増の11億1,129万9,981円でございます。

 8款保健事業費、支出済額は、前年度比50.9%増の6,270万597円でございます。

 66ページをごらんください。

 歳出合計でございますが、支出済額は、前年度比5.6%増の130億1,487万2,141円でございます。予算現額に対します執行率は98.0%、不用額といたしましては2億6,396万1,859円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は3億9,712万1,791円でございます。

 以上で、認定第7号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第8号 平成20年度豊川市後期高齢者医療特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 この特別会計は、後期高齢者医療制度が平成20年度から開始されたため、新たに設置させていただいた会計でございます。よろしくお願いいたします。

 それでは、歳入歳出の主なものについて御説明申し上げますので、決算書の72ページをごらんください。

 歳入でございます。1款後期高齢者医療保険料、収入済額は9億8,448万4,250円でございます。

 2款繰入金、収入済額は2億4,090万9,000円でございます。

 歳入合計でございますが、収入済額は12億3,178万43円でございます。収入未済額は549万2,750円でございます。

 次に、74ページをごらんください。

 歳出でございます。1款総務費、支出済額は3,322万8,915円でございます。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金、支出済額は11億7,088万5,648円でございます。

 3款保健事業費、支出済額は838万1,057円でございます。

 歳出合計でございますが、支出済額は12億1,249万5,620円でございます。予算の執行率といたしましては91.6%、不用額といたしましては1億692万3,380円でございます。また、翌年度繰越額といたしまして453万8,000円、これは保険料の軽減措置に係る制度改正に伴うシステム改修費を繰り越すものでございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は1,928万4,423円でございます。

 以上で、認定第8号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第9号 平成20年度豊川市老人保健特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 この特別会計は、平成20年3月で制度を廃止されておりますが、規定により2年間継続して設置するものでございます。

 なお、平成20年度につきましては、平成20年3月の1カ月分と平成19年度分の月おくれ請求によるものでございますので、前年度比は省略して御説明を申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明申し上げますので、80ページをごらんください。

 歳入でございます。1款支払基金交付金、収入済額は5億9,027万6,808円でございます。

 2款国庫支出金、収入済額は3億4,163万9,010円でございます。

 3款県支出金、収入済額は9,506万4,261円でございます。

 4款繰入金、収入済額は1億3,138万2,000円でございます。

 5款繰越金、収入済額は6億1,293万6,899円でございます。

 歳入合計でございますが、収入済額は17億8,766万5,960円でございます。

 次に、82ページをごらんください。

 歳出でございます。2款医療諸費、支出済額は10億6,339万3,351円でございます。

 3款諸支出金、支出済額は7億1,426万2,870円でございます。

 歳出合計でございますが、支出済額は17億8,248万7,706円でございます。予算執行率は92.4%、不用額といたしましては1億4,717万4,294円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は517万8,254円でございます。

 以上で、認定第9号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第10号 平成20年度豊川市介護保険特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明申し上げますので、決算書88ページをごらんください。

 歳入でございますが、1款介護保険料、収入済額は、前年度比19.0%増の14億2,754万9,178円でございます。

 3款国庫支出金、収入済額は、前年度比28.6%増の14億9,407万334円でございます。

 4款支払基金交付金、収入済額は、前年度比22.7%増の20億7,217万円でございます。

 5款県支出金、収入済額は、前年度比23.5%増の10億1,752万918円でございます。

 7款繰入金、収入済額は、前年度比29.0%増の12億5,705万5,000円でございます。

 8款繰越金、収入済額は、前年度比15.2%増の2億2,446万3,511円でございます。

 9款諸収入、収入済額は、前年度比98.5%減の386万8,915円でございます。

 歳入合計でございますが、収入済額は、前年度比18.9%増の74億9,882万1,906円でございます。不納欠損額といたしましては、前年度比48.2%増の841万2,854円でございます。また、収入未済額につきましては、前年度比13.4%増の3,060万4,259円でございます。

 次に、90ページをごらんください。

 歳出でございます。1款総務費、支出済額は、前年度比6.7%減の2億1,911万5,213円でございます。

 2款保険給付費、支出済額は、前年度比19.0%増の64億8,140万8,593円でございます。

 3款地域支援事業費、支出済額は、前年度比18.2%増の1億4,412万4,753円でございます。

 4款財政安定化基金拠出金、支出済額は、前年度比19.3%増の650万7,069円でございます。

 5款基金積立金、支出済額は、前年度比1.8%増の1億5,372万3,970円でございます。

 6款諸支出金、支出済額は、前年度比15.3%増の1億4,457万7,603円でございます。

 次に、92ページをごらんください。

 歳出合計でございますが、支出済額は、前年度比17.5%増の71億4,945万7,201円でございます。執行率といたしましては93.6%、不用額といたしましては4億8,654万2,799円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は3億4,936万4,705円でございます。

 以上で、認定第10号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第11号 平成20年度豊川市在宅介護支援事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明申し上げますので、決算書の98ページをごらんください。

 歳入でございます。1款訪問看護事業勘定、収入済額は、前年度比1.7%増の2,703万6,180円でございます。

 次に、100ページをごらんください。

 歳出でございます。1款訪問看護事業勘定、支出済額は、前年度比1.7%増の2,512万9,033円でございます。予算執行率は96.1%、不用額といたしましては103万1,967円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は190万7,147円でございます。

 以上で、認定第11号の説明を終わらせていただきます。

 なお、ただいま御説明申し上げました認定第7号から第11号の各会計の詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書、監査委員の決算審査意見書等を添付させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。



○坂本松次郎議長 企画部長。



◎大林伸行企画部長 認定第12号 平成20年度豊川市土地取得特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 106ページをごらんください。

 歳入の主なものを御説明申し上げます。

 1款基金借入金、収入済額の4,800万円は、土地開発基金からの借入金でございます。

 2款財産収入、収入済額は9,768万2,623円でございます。主なものは、2項の財産売払収入でございまして、豊川市スポーツ公園用地など4件の土地売払収入でございます。

 歳入合計は1億5,044万847円でございます。

 108ページをごらんください。

 歳出でございますが、2款土地取得費、支出済額は4,813万6,684円で、これは赤塚山公園用地ほか1件の土地購入費でございます。

 3款諸支出金、支出済額は9,694万8,984円で、土地開発基金償還金と一般会計繰出金の合計でございます。

 歳出合計といたしまして、支出済額は1億4,508万5,668円、予算執行率は96.5%、不用額は531万7,332円でございます。

 歳入歳出差引残額は535万5,179円でございます。

 なお、詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書などをごらんください。

 以上で、認定第12号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 支所統括監。



◎竹下一正支所統括監 認定第13号 平成20年度豊川市一宮財産区管理事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明申し上げますので、114ページをごらんください。

 まず、歳入でございますが、2款繰入金の収入済額は、前年度比8.2%減の267万円でございます。これは一宮財産区管理基金繰入金でございます。

 3款繰越金の収入済額は、前年度比582%増の101万23円でございます。

 歳入合計は、前年度比21.3%増の389万3,196円でございます。

 116ページをごらんください。

 歳出でございますが、歳出合計は、前年度比8.3%増の238万2,274円で、すべて1款総務費の支出済額でございます。この主なものは、下刈委託料及び除伐等委託料でございます。予算執行率は74.4%で、不用額は81万7,726円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は151万922円でございます。

 以上で、認定第13号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第14号 平成20年度豊川市赤坂財産区管理事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明申し上げます。

 122ページをごらんください。

 まず、歳入でございますが、2款財産収入の収入済額は147万7,343円でございます。この主なものは、土地貸付収入及び財産売払収入でございます。

 歳入合計でございますが、前年度比43.6%減の248万5,742円でございます。大きな減の理由は、前年度に合併に伴う財産区の特別会計及び管理基金の引継金があったことによるものでございます。

 124ページをごらんください。

 歳出でございますが、歳出合計は、前年度比69.7%減の119万9,794円で、すべて1款総務費の支出済額でございます。この主なものは、財産区管理保全委託料でございます。歳出合計の大きな減の理由は、前年度に合併に伴う管理基金引継金の積み立てがあったことによるものでございます。予算執行率は75.0%、不用額は40万206円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は128万5,948円でございます。

 以上で、認定第14号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第15号 平成20年度豊川市長沢財産区管理事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明申し上げます。130ページをごらんください。

 まず、歳入でございますが、3款繰入金の収入済額は190万円で、長沢財産区管理基金繰入金でございます。

 4款繰越金の収入済額は164万5,601円でございます。

 歳入合計でございますが、前年度比93.6%減の407万4,486円でございます。大きな減の理由は、赤坂財産区同様、前年度に合併に伴う引継金があったことによるものでございます。

 132ページをごらんください。

 歳出でございますが、歳出合計は、前年度比95.9%減の252万9,756円で、すべて1款総務費の支出済額でございます。この主なものは、財産区管理保全委託料でございます。歳出合計の大きな減の理由は、赤坂財産区同様、前年度に合併に伴う引継金の積み立てがあったことによるものでございます。予算執行率は70.3%、不用額は107万244円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は154万4,730円でございます。

 以上で、認定第15号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第16号 平成20年度豊川市萩財産区管理事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明申し上げます。138ページをごらんください。

 まず、歳入でございますが、2款財産収入の収入済額は437万335円で、この主なものは土地貸付収入及び財産区管理基金債券利金でございます。

 3款繰入金の収入済額は780万円で、萩財産区管理基金繰入金でございます。

 歳入合計でございますが、前年度比93.9%減の1,433万8,823円でございます。これも大きな減の理由は、赤坂、長沢の財産区同様、前年度に合併に伴う引継金があったことによるものでございます。

 140ページをごらんください。

 歳出でございますが、歳出合計は、前年度比95.5%減の1,063万567円で、すべて1款総務費の支出済額でございます。この主なものは、財産区管理保全委託料でございます。歳出合計の大きな減の理由は、赤坂、長沢の財産区同様、前年度に合併に伴う引継金の積み立てがあったことによるものでございます。予算執行率は78.7%、不用額は286万9,433円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は370万8,256円でございます。

 なお、認定第13号から第16号までの決算の詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書などを添付させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。

 以上で、認定第16号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 上下水道部長。



◎小林宣之上下水道部長 認定第17号 平成20年度豊川市水道事業決算の認定について御説明申し上げます。

 最初に、水道事業の概況につきまして御説明申し上げますので、決算書の15ページをお開きください。

 まず、施設の利用状況でございますが、主要項目でございます給水人口は16万3,693人で、前年度と比較しまして269人の減少となりましたが、給水栓数は6万2,249栓で、212栓の増加となりました。

 また、年間配水量は2,005万4,471立方メートルで、前年度と比較しまして212万9,408立方メートルの増加となりました。この要因は、音羽町及び御津町との合併によるものでございます。

 同様に、年間給水量も1,855万8,708立方メートルで、前年度と比較しまして205万6,915立方メートルの増加となりました。なお、年間の有収率は92.5%となり、前年度と比較しまして0.4%の増加でございました。

 次に、建設投資の状況でございますが、平成20年度は6億3,149万6,106円を投資し、安定給水の確保に努めてまいりました。建設改良工事といたしましては、効率的な施設管理を行うための遠方監視装置更新工事を始め、自己水源確保のため、大和水源取水ポンプの取りかえ工事等を実施いたしました。

 また、老朽管の更新や公共下水道事業等の他事業の推進に応じまして、延べ1万6,611メートルの耐震管への布設及び布設がえ工事を施工いたしました。

 続きまして、16ページの経営の状況について御説明申し上げます。

 まず、収益的収支でございますが、消費税抜きの額で申し上げます。

 収益的収入は29億2,315万9,527円で、前年度と比較しまして3億5,213万8,020円の収入増となりました。この主な要因は、合併に伴いまして、音羽町及び御津町分の給水収益が増加したことによるものでございます。

 収益的支出は27億3,325万5,215円で、前年度と比較しまして3億2,065万9,544円の支出増加となりました。この主な要因は、音羽町及び御津町分の県水受水費、減価償却費が増加したことによるものでございます。

 収支差引といたしましては、2町分の水道料金収入の増加に加え、企業債の償還による支払利息の抑制等に努めましたことによりまして、1億8,990万4,312円の当年度純利益を計上することができました。

 次に、資本的収支でございますが、消費税込みの額で申し上げます。

 資本的収入は4億4,813万936円、資本的支出は10億9,491万5,263円で、差引財源不足額が6億4,678万4,327円となりましたが、過年度分損益勘定留保資金及び、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんいたしました。

 以上が、平成20年度の事業概要でございます。

 次に、決算の状況につきまして御説明申し上げますので、恐れ入りますが、前に戻りまして3ページ、4ページの決算報告書をごらんください。いずれも消費税込みの額で申し上げます。

 まず、(1)収益的収入及び支出のうち、収入でございます。

 第1款水道事業収益の決算額は30億6,432万842円で、予算に比較しまして1,867万158円の収入減となりました。この主な原因は、景気低迷の影響を受けた大口使用者を中心とした水使用量の減少によるものでございます。

 第1項営業収益は、水道料金が主なもので、決算額は30億4,079万6,810円でございます。

 第2項営業外収益は、受取利息及び雑収益が主なもので、決算額は2,339万3,907円でございます。

 第3項の特別利益は、固定資産売却益が主なもので、決算額は13万125円でございます。

 次に、支出でございます。第1款水道事業費用の決算額は28億6,065万5,806円で、予算に比較いたしまして執行率は95.8%であり、1億2,470万194円の不用額を生じました。この不用額の主なものは、県水受水費や減価償却費、また他事業に関連し施工いたします配水管の布設等の減少によりまして、資産減耗費の執行が減少したことによるものでございます。

 第1項営業費用は、人件費、県水受水費、動力費、減価償却費などが主な費用であり、決算額は26億4,244万5,120円でございます。

 第2項営業外費用は、支払利息が主なもので、決算額は2億1,241万7,357円でございます。

 第3項特別損失は、過年度損益修正損で、決算額は579万3,329円でございます。

 続きまして、5ページ、6ページをお開きください。(2)の資本的収入及び支出のうち、収入でございます。

 第1款資本的収入の決算額は4億4,813万936円で、予算額に比較いたしまして1億2,174万4,064円の収入減となりました。その主な要因といたしましては、他事業関連の配水管布設工事など、建設改良事業の減によるものでございます。

 第1項負担金は、加入金及び工事負担金で、決算額は3億2,029万3,232円でございます。

 第2項固定資産売却代金は、車両の売却代金で、決算額は3万765円でございます。

 第3項その他資本的収入は、公共下水道事業特別会計への貸付金の元金返済金で、決算額は1億2,780万6,939円でございます。

 次に、支出でございます。

 第1款資本的支出の決算額は10億9,491万5,263円で、予算に比較いたしまして執行率は75.0%であり、3億6,420万6,737円の不用額を生じました。この不用額の要因は、他事業関連の配水管布設工事などの建設改良工事の減によるものでございます。

 第1項建設改良費は、主に配水管及びポンプ施設等の整備工事を実施したもので、決算額は6億5,900万9,857円でございます。

 第2項企業債償還金の決算額は4億2,567万2,106円でございます。このうち1億5,638万7,190円は、6.2%以上の高利率の借り入れにつきまして、繰り上げ償還を行ったものでございます。

 第3項開発費は、水道ビジョン作成費で、決算額は1,023万3,300円であります。

 なお、欄外に記載の資本的収支不足の補てんにつきましては、先ほど、概要で御説明させていただきましたので、よろしくお願いいたします。

 次に、10ページをお開きください。

 平成20年度豊川市水道事業剰余金処分計算書(案)でございます。

 当年度未処分利益剰余金9億2,006万9,750円につきましては、法定積立金であります減債積立金といたしまして9,590万4,312円、建設改良積立金としまして9,400万円を処分させていただき、残額であります7億3,016万5,438円を翌年度繰越利益剰余金として予定するものでございます。

 なお、損益計算書等の財務諸表及び決算附属書類を添付してございますが、説明につきましては省略させていただきます。

 以上で、認定第17号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 市民病院事務局長。



◎本多俊一市民病院事務局長 認定第18号 平成20年度豊川市病院事業決算の認定につきまして御説明申し上げます。

 決算書の15ページをお開きください。

 病院事業の概況の主なものについて御説明申し上げます。

 平成20年度は、総務省より策定することが義務づけられました公立病院改革プランを、経営の効率化、再編・ネットワーク化、経営形態の見直しの三つの視点に立ち、豊川市民病院改革プランとして策定しました。そのうち、経営形態の見直しにつきましては、平成21年度より、地方公営企業法の全部適用への移行が決定されました。

 また、新市民病院の建設につきましては、建設地を八幡地区に決定するとともに、基本構想を策定し、平成21年度には、この基本構想に基づき、基本設計を行うこととなっており、新市民病院建設に向けた事業を推進しているところでございます。

 次に、患者数の状況でございますが、入院患者数は15万4,131人で、前年度と比較しまして5,690人の減でございました。一般病床の病床利用率は100.6%で、前年度と比較しますと3.3ポイント減となりましたが、引き続き満床状態となっております。

 外来患者数につきましては31万6,521人で、前年度と比較しまして1万7,148人の減でございました。

 次に、経営状況でございますが、収益的収支は、消費税抜きで申し上げますと、収入は99億6,581万8,598円で、前年度と比較しまして8,914万4,799円、0.9%の減となりました。

 収入の主な内訳は、入院収益が前年度比2.2%増の60億6,732万5,596円、外来収益が前年度比4.8%減の27億8,919万2,990円でございます。

 支出につきましては99億5,449万408円で、前年度と比較しまして3,178万1,139円、0.3%の増でございました。支出の主な内訳は、給与費51億7,556万564円で、前年度比0.9%の増、材料費が24億9,843万6,948円で、前年度比0.3%の減でございました。

 1人当たり収益を見ますと、入院では前年度比6%、外来では0.4%の増となっており、特に入院は患者数が減少したものの、平成20年10月から7対1看護体制となったことにより、1人当たり収益の増加により増収となりました。収支では1,132万8,190円の純利益を計上することができ、当年度未処分利益剰余金は9億7,057万2,260円となりました。

 資本的収支につきましては、決算状況で御説明いたします。

 以上が、平成20年度の事業概要でございます。

 続きまして、決算状況につきまして御説明申し上げますので、3ページ、4ページをお開きください。

 内容につきましては、消費税込みで申し上げますので、よろしくお願いいたします。

 収益的収入及び支出の収入でございますが、第1款病院事業収益の決算額は99億7,793万6,448円で、予算額と比較しまして1億1,541万2,552円の減でございました。

 第1項の医業収益は、入院収益、外来収益が主なものであり、決算額は93億3,114万9,263円でございます。

 第2項医業外収益は、一般会計負担金が主なもので、決算額は6億4,556万5,107円でございます。

 第3項特別利益は、過年度損益修正益で、決算額は122万2,078円でございます。

 次に、支出でございますが、第1款病院事業費用の決算額は99億6,397万8,738円で、予算額と比較しまして執行率96.1%で、4億45万7,262円の不用額が生じました。

 第1項医業費用の決算額は97億4,045万2,786円で、主なものは給与費、材料費でございます。

 第2項医業外費用の決算額は1億8,754万6,881円で、主なものは企業債利息、開発費償却、保育費などでございます。

 医業費用からの流用増分22万2,000円でございますが、保育費の賃金に不足が生じたものでございます。

 第3項特別損失の決算額は3,597万9,071円で、主なものは過年度損益修正損でございます。病院事業収益から病院事業費用を差し引きしますと、1,395万7,710円の純利益となりますが、消費税込みの額でありますので、消費税を除いた収支差引額で申し上げますと、先ほども申し上げましたように、1,132万8,190円が当年度の純利益となりました。

 次に、資本的収入及び支出でございますが、5ページ、6ページをお開きいただきたいと思います。こちらも消費税込みでございます。

 まず、収入でございますが、第1款資本的収入の決算額は5億9,940万6,000円で、予算額と比較しますと1億4,901万2,000円の減となりました。

 第1項企業債の決算額は4億円で、高度医療機器を対象といたしまして借用したものでございます。

 第2項の負担金の決算額は1億9,839万7,000円でございますが、一般会計からの繰り入れによるものでございます。

 次に、支出でございますが、第1款資本的支出の決算額は7億4,607万7,291円で、予算に対しまして執行率83%で、1億5,315万8,709円の不用額が生じました。

 第1項建設改良費の決算額は5億3,978万3,239円で、その主なものは放射線治療装置を始めとする87件の医療機器等の購入費4億6,655万5,803円及び、新病院建設準備費などでございます。

 第2項企業債償還金の決算額は1億7,604万3,602円でございます。平成20年度末の未償還残高は9億670万5,033円となっております。

 第3項投資の決算額は502万円でございます。就学資金の貸与、11名分でございます。建設改良費からの流用増分214万円でございますが、小、中学生の増加により、就学資金に不足が生じたものでございます。

 第4項開発費の決算額は2,523万450円でございます。主なものはDPC請求導入対応開発業務等に係る委託料でございます。

 以上、資本的収入額から資本的支出額を差し引きますと、1億4,667万1,291円の不足が生じますが、過年度分損益勘定留保資金1億4,602万4,827円と、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額64万6,464円で補てんをいたしております。

 次に、11ページをお開きください。

 平成20年度豊川市病院事業剰余金処分計算書(案)でございます。

 これは当年度純利益1,132万8,190円及び前年度繰越利益剰余金9億5,924万4,070円を合計した、当年度未処分利益剰余金9億7,057万2,260円につきまして、法定積み立てである減債積立金として100万円、翌年度繰越利益剰余金として9億6,957万2,260円を予定いたすものでございます。

 なお、損益計算書等の財務諸表及び決算附属書類を添付してございますが、説明につきましては省略させていただきます。

 以上で、認定第18号 平成20年度豊川市病院事業決算の認定につきましての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 次に、日程第38、同意第3号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについてから日程第41、同意第6号 監査委員の選任につき同意を求めることについてまでの4件を一括して議題とします。

 提案者の説明をお願いします。

 企画部長。



◎大林伸行企画部長 同意第3号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて御説明申し上げます。

 本市教育委員会の委員、池田悦子氏は、平成21年10月5日に任期満了となります。同氏を再度、教育委員会の委員に任命したいため、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づきまして、議会の同意をお願いするものでございます。任期は4年でございます。経歴等につきましては、参考資料を添付させていただきましたので、御参照ください。

 なお、池田悦子氏は、平成15年9月から本市教育委員会の委員を務められております。今回、選任されますと3期目となります。

 続きまして、同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて御説明申し上げます。

 本市教育委員会の委員、佐々木忠允氏は、平成21年9月30日に辞職します。後任として吉川弘次氏を教育委員会の委員に任命したいため、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づきまして、議会の同意をお願いするものでございます。任期は、前任者の残任期間である平成24年9月30日まででございます。経歴等につきましては、参考資料を添付させていただきましたので、御参照ください。

 続きまして、同意第5号 公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて御説明申し上げます。

 本市公平委員会の委員、山口和生氏は、平成21年10月5日に任期満了となります。同氏を再度、公平委員会の委員に任命したいため、地方公務員法第9条の2第2項の規定に基づきまして、議会の同意をお願いするものでございます。任期は4年でございます。経歴等につきましては、参考資料を添付させていただいております。御参照ください。

 なお、山口和生氏は、平成13年10月から本市公平委員会の委員を務められております。今回選任されますと3期目となります。

 続きまして、同意第6号 監査委員の選任つき同意を求めることについて御説明申し上げます。

 本市監査委員の荻野良一氏は、平成21年9月30日に任期満了となります。後任に長田周三氏を監査委員に選任したいため、地方自治法第196条第1項の規定に基づきまして、議会の同意をお願いするものでございます。任期は4年でございます。経歴等につきましては、参考資料を添付させていただいております。御参照ください。

 以上をもちまして、同意第3号から同意第6号までの説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 お諮りします。

 ただいま説明を終わりました同意第3号から同意第6号までの4件は、委員会への付託を省略したいと思います。

 異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、委員会への付託は省略することに決定しました。

 同意第3号は、同意することに決定して、異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、同意第3号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。

 次に、同意第4号は、同意することに決定して、異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。

 次に、同意第5号は、同意することに決定して、異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、同意第5号 公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。

 次に、同意第6号は、同意することに決定して、異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、同意第6号 監査委員の選任につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。

 次に、日程第42、報告第5号 豊川市土地開発公社の平成20年度事業報告についてから日程第44、報告第7号 株式会社本宮の経営状況についてまでの3件を一括して議題とします。

 提出者に説明をお願いします。

 企画部長。



◎大林伸行企画部長 報告第5号 豊川市土地開発公社の平成20年度事業報告について御説明申し上げます。

 報告書の1ページをお開きください。

 事業概要でございます。

 用地取得といたしましては、都市計画道路整備2事業に伴う道路用地、豊川市スポーツ公園用地、豊川市立三蔵子小学校用地の4件、3,454.16平方メートルを2億6,025万5,098円で取得しております。

 次に、用地処分といたしまして、都市計画道路整備2事業に伴う道路用地、豊川市スポーツ公園用地、御油松並木公園用地、東三河ふるさと公園代替地の5件、7,344.68平方メートルを4億4,561万2,913円で処分しております。

 次の2ページ、3ページの事業報告書につきましては、事業概要の明細となっております。

 4ページ、5ページをごらんください。

 決算書でございます。

 収益的収入及び支出でございますが、収入といたしまして、1款事業収益の決算額4億4,659万585円で、1項1目公有用地売却収益、1項2目代替地売却収益、2項1目保有土地賃貸等収益の合計でございます。

 収入合計の決算額は4億4,926万4,455円でございます。

 次に、6ページ、7ページをお開きください。支出といたしまして、1款事業原価、決算額は4億4,561万2,913円で、1項1目公有用地売却原価、1項2目代替地売却原価の合計でございます。

 支出合計の決算額は4億4,716万855円でございます。

 次に、8ページ、9ページをお開きください。資本的収入及び支出でございますが、収入は収入合計の決算額1億9,553万8,968円で、これは用地取得に係ります長期の借入金でございます。

 次に、10ページ、11ページをお開きください。支出といたしましては、1款資本的支出、決算額6億9,901万6,973円で、1項1目公有用地取得事業費、1項2目代替地取得事業費、2項1目借入金償還、12、13ページに移りまして、3項1目固定資産取得費の合計でございます。

 支出合計は、決算額6億9,901万6,973円でございます。

 資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額5億347万8,005円は、過年度分及び当年度分の損益勘定留保資金で補てんをしております。

 なお、14ページ以降に損益計算書、貸借対照表などを添付させていただいておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 なお、この事業報告及び決算につきましては、平成21年5月27日の開発公社理事会で承認をされております。

 以上で、報告第5号につきましての説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 建設部長。



◎伊藤洋文建設部長 報告第6号 豊川市開発ビル株式会社の経営状況につきまして、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、御報告申し上げます。

 報告書の1ページをお開きください。

 第21期事業年度豊川市開発ビル株式会社貸借対照表でございます。

 資産の部合計48億8,005万3,218円、負債の部合計36億448万7,426円、純資産の部合計12億7,556万5,792円、負債・純資産合計48億8,005万3,218円で、内訳、内容につきましてはごらんのとおりでございます。

 前年度と比較しまして、資産の部及び負債・純資産合計の部で、それぞれ1億6,361万7,281円の減となっておりますが、これは建物の一部売却や預かり保証金等の減少によるものでございます。

 2ページをごらんください。

 第21期事業年度豊川市開発ビル株式会社損益計算書でございます。

 主たる収入であります固定家賃収入などの売上高は6億2,104万6円で、支払共益費を始めとする販売費及び一般管理費は5億4,806万4,921円となっております。

 この結果、当期営業利益金は7,297万5,085円で、当期経常利益金は1,108万834円となっております。

 3ページをごらんください。

 第21期事業年度豊川市開発ビル株式会社株主資本等変動計算書でございます。

 株主配当等を実施しました結果、第22期への繰越利益剰余金として3,346万7,792円を計上しております。これによりまして、純資産は前年度より83万1,066円減の12億7,556万5,792円となっております。

 なお、これらの財務諸表につきましては、平成21年5月27日に開催されました株主総会で承認をされております。

 4ページをごらんください。

 第22期事業年度豊川市開発ビル株式会社事業計画でございます。

 今年度の基本方針としましては、健全かつ効率的な経営を目指して、魅力的で集客効果が見込める店舗開発、賃料収入等の増加と経費削減による、経営成績の一層の向上及び堅実な財政運営に努めるとともに、本市におけるTMOとして、中心市街地の商業等のさらなる活性化を推進することとしております。

 なお、具体的な実施事業につきましては、表記のとおりでございます。

 5ページをお開きください。

 第22期事業年度豊川市開発ビル株式会社事業収支予算でございます。

 収入の部といたしまして、売上高、これは家賃収入が主なものでございますが、6億7,600万円、営業外収益に受取利息等の330万円を見込みまして、合計6億7,930万円。

 支出の部といたしましては、販売費及び一般管理費に支払共益費等の5億9,900万円、営業外費用に支払利息等の6,580万円、合わせて6億6,480万円を見込んでおります。

 差し引き、経常利益といたしましては1,450万円を予定するものでございます。

 以上で、報告第6号 豊川市開発ビル株式会社の経営状況についての報告を終わります。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 生活活性部長。



◎天野雅博生活活性部長 報告第7号 株式会社本宮の経営状況について、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づきまして御報告させていただきます。

 報告書の1ページをお開きください。

 第8期事業年度の貸借対照表であります。

 資産の部の合計は8,009万7,267円、負債の部の合計は3,885万735円、純資産の部の合計は4,124万6,532円、負債・純資産合計は8,009万7,267円で、内訳につきましてはごらんのとおりです。

 前年度と比較して、資産の部及び負債・純資産の部の合計で、それぞれ389万6,119円の増となっています。これはその他利益剰余金の増加により、現金及び預金が増加したことなどによるものであります。

 2ページをごらんください。

 第8期事業年度の損益計算書であります。

 売上高のうち、指定管理料による入浴受託売上高は1億1,401万1,431円、健康福祉センターいかまい館及び障害者入浴施設てどり館の管理受託売上高である福祉施設管理受託料収入は4,656万5,717円で、前年対比同額であります。売上高合計は2億2,495万7,488円となっており、前年度と比較しまして294万9,173円の増となっています。これは食堂の売り上げなどの飲食売上高の増によるものです。

 次に、売上原価ですが、3,136万2,776円で、前年度と比較しまして143万1,347円の増となっています。これは食堂などの飲食関係仕入高が増加しているためであります。

 次に、販売費及び一般管理費ですが、1億9,164万7,362円で、前年度と比較しまして8万6,210円の減となっております。これはいかまい館、てどり館の管理委託を受けたことなどで、職員を1名増員したことにより従業員給与が増加しましたが、施設管理の経費の見直しなどにより保守費が減少しているためであります。

 この差し引きとして、当期純利益が458万7,749円となっております。

 続きまして、3ページをお開きください。

 第8期事業年度の株主資本等変動計算書です。

 資本金につきましては変動がありません。利益剰余金につきましては、当期純利益金の458万7,749円を加えまして3,124万6,532円、株主資本合計では4,124万6,532円となっております。

 なお、これらの財務諸表につきましては、平成21年5月25日に開催されました定期株主総会で承認をされております。

 続きまして、4ページをごらんください。

 第9期事業年度の事業計画であります。

 会社の基本方針としましては、天然温泉を利用し、地域文化の交流を図るとともに、利用者の健康増進に努め、おもてなしの心で接することにより、利用者の確保に努め、健全かつ効率的な運営を行うこととしています。

 なお、具体的な実施事業につきましては、1から10のとおりであります。

 5ページをお開きください。

 第9期事業年度の事業収支予算であります。

 収入の部としましては、指定管理料収入や飲食売り上げなどの売上高に2億2,192万6,000円、支出の部として、従業員給与や水道光熱費などの販売費及び一般管理費に2億1,902万3,000円を見込んでおります。

 この結果、経常利益として290万3,000円を予定するものであります。

 以上で、報告第7号 株式会社本宮の経営状況についての報告を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 ただいまから質疑を行います。

 通告はありませんので、質疑を終わります。

 これで、報告第5号から報告第7号までを終わります。

 次に、日程第45、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。

 提案者に説明をお願いします。

 生活活性部長。



◎天野雅博生活活性部長 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について御説明申し上げます。

 本市から推薦しております人権擁護委員の方は、22名おみえになります。そのうち、鈴木 至氏、井指妙子氏、曽田志げ乃氏、青木みちゑ氏の4人の方が、平成21年12月31日に任期が満了となりますが、このうち井指妙子氏、曽田志げ乃氏、青木みちゑ氏の3人の方につきましては、再度推薦をお願いし、鈴木 至氏の後任といたしまして、藤城和代氏の推薦をお願いするものであります。

 それぞれ任期は、平成22年1月1日から3年間で、再度推薦の井指妙子氏は4期目、曽田志げ乃氏は3期目、青木みちゑ氏は2期目となります。この4人の方の推薦に当たりまして、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づきまして、議会の御意見を求めるものであります。

 なお、参考資料といたしまして、4人の方の履歴を添付させていただいておりますので、御参照ください。

 以上で、諮問第2号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 お諮りします。

 諮問第2号は、異議ないことを決定することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦については、異議ないことに決定しました。

 以上で、本日の日程はすべて終わりました。

 本日はこれで散会します。

  (午後4時15分 散会)

 上記会議の顛末を記録し、その相違なきを証するため、ここに署名する。

  平成21年8月27日

     豊川市議会議長

        坂本松次郎

     豊川市議会議員

        小林琢生

     豊川市議会議員

        今泉淳乙