議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊川市

平成20年 第4回定例会(12月) 11月27日−01号




平成20年 第4回定例会(12月) − 11月27日−01号







平成20年 第4回定例会(12月)



豊川市議会第4回定例会会議録   11月27日(木)

平成20年11月27日 午後1時29分開会

出席議員

   第1番  牧野敏雄            第2番  二村良子

   第3番  冨田 潤            第4番  大嶽理恵

   第5番  榊原洋二            第6番  柳田通夫

   第7番  太田直人            第8番  塚越恒次郎

   第9番  西川米子            第10番  牧田千枝子

   第11番  山本和美            第12番  石原政明

   第13番  岩倉一夫            第14番  小林琢生

   第15番  今泉淳乙            第16番  野中泰志

   第17番  波多野文男           第18番  小林洋一

   第19番  安間寛子            第20番  佐藤郁恵

   第21番  井川郁恵            第22番  井上和也

   第23番  藤原宏樹            第24番  大野良彦

   第25番  中村直巳            第26番  高橋智之

   第27番  美馬ゆきえ           第28番  鈴木義章

   第29番  波多野 年           第30番  米谷俊子

   第31番  坂本松次郎           第32番  石畔八良

   第33番  滝下充生            第34番  川上陽子

   第35番  鈴川智彦

欠席議員

   なし

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

   市長       山脇 実      副市長      竹本幸夫

   企画部長     大林伸行      総務部長     河合 一

   収納管理監    細井 勉      健康福祉部長   本多俊一

   生活活性部長   天野雅博      建設部長     伊藤洋文

   市民病院事務局長 鈴木 宏      市民病院建設監  竹本和男

   消防長      森 正宏      上下水道部長   菅 俊雄

   監査委員事務局長 武田久計      教育長      花井正文

                      支所統括監兼一宮総合支所長

   教育部長     太田敏勝               竹下一正

                      兼企業立地推進監

   会計管理者    濱田守造

出席した議会事務局職員

   事務局長     田中俊一      事務局次長    山本行洋

   議事課長補佐   中内 保      庶務係長     中村 康

   議事調査係長   杉浦 傑      書記       二村 崇

議事日程

   第1 会議録署名議員の指名

   第2 会期の決定について

   第3 第89号議案 平成20年度豊川市一般会計補正予算(第3号)

   第4 第90号議案 平成20年度豊川市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

   第5 第91号議案 平成20年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

   第6 第92号議案 平成20年度豊川市介護保険特別会計補正予算(第2号)

   第7 第93号議案 平成20年度豊川市在宅介護支援事業特別会計補正予算(第1号)

   第8 第94号議案 豊川市市税条例の一部改正について

   第9 第95号議案 豊川市児童館条例の一部改正について

   第10 第96号議案 豊川市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

   第11 第97号議案 豊川市公共駐車場条例の一部改正について

   第12 第98号議案 宝飯都市計画豊川下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について

   第13 第99号議案 豊川市特定環境保全公共下水道事業分担金に関する条例の一部改正について

   第14 第100号議案 宝飯都市計画西原足山田地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定について

   第15 第101号議案 公の施設に係る指定管理者の指定に伴う教育委員会関係条例の整備に関する条例の制定について

   第16 第102号議案 豊川市文化会館に係る指定管理者の指定について

   第17 第103号議案 健康福祉部が所管する公の施設に係る指定管理者の指定について

   第18 第104号議案 生活活性部が所管する公の施設に係る指定管理者の指定について

   第19 第105号議案 豊川市赤塚山公園に設ける公園施設に係る指定管理者の指定について

   第20 第106号議案 教育委員会が所管する公の施設に係る指定管理者の指定について

   第21 第107号議案 市道路線の廃止について

   第22 第108号議案 市道路線の認定について

   第23 第109号議案 土地改良事業に伴う字の区域の変更について

   第24 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について

本日の会議に付した案件

   1.議事日程に同じ

  (午後1時29分 開会)



○坂本松次郎議長 ただいまから、平成20年豊川市議会第4回定例会を開会し、本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、太田直人議員、塚越恒次郎議員を指名します。

 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

 お諮りします。今期定例会の会期は、本日から12月15日までの19日間にしたいと思います。

 異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、会期は本日から12月15日までの19日間に決定しました。

 ただいま決定しました会期中の議事の予定は、お手元に配付の会期日程のとおり行います。

 次に、日程第3、第89号議案 平成20年度豊川市一般会計補正予算(第3号)から日程第23、第109号議案 土地改良事業に伴う字の区域の変更についてまでの21件を一括して議題とします。

 提案者に説明をお願いします。

 総務部長。



◎河合一総務部長 第89号議案 平成20年度豊川市一般会計補正予算(第3号)について、御説明申し上げます。

 1ページをお開きください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、それぞれ4億8,621万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ462億6,153万8,000円とするものでございます。

 次に、地方債の補正でございますが、第2条のとおり、地方債の変更は、第2表、地方債補正によるものでございます。

 それでは、歳入歳出予算の補正につきまして、主なものについて、説明書で御説明申し上げますが、今回の補正は、通常の事業費と人件費を補正するものでございます。

 人件費につきましては、今年度の人事院勧告では、給料、期末勤勉手当ともに改定がございませんでしたので、職員の異動、退職等に対応する補正を行っております。これら人件費の補正につきましては、款、項、目のそれぞれに計上してございますが、それらに対応した給与費明細書が46、47ページに掲載してございます。ごらんいただくということで、説明は省略させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

 それでは、歳出から御説明申し上げますので、20ページをごらんください。

 2款総務費、1項1目一般管理費、4億2,341万9,000円の追加でございます。これは人件費の追加のほか、職員の欠員補充等に係る臨時職員活用費、518万7,000円、勧奨退職者等に係る他会計退職手当負担金、39万6,000円、積立金利子の確定に伴う職員退職手当基金積立金、33万7,000円を追加するものでございます。

 2目文書費、168万円の追加でございます。これは通信事務に係る備品購入費を追加するものでございます。

 8目企画費、2,443万1,000円の追加でございます。これは企業の方などから寄附がありましたので、今年度制定いたしました寄附金条例による、とよかわ応援基金に積み立てを行うものでございます。

 16目御津文化会館管理費、157万1,000円の追加でございますが、1枚おめくりいただきまして、管理運営費といたしまして、光熱水費、一般諸経費を追加するものでございます。

 次に、2枚おめくりいただきまして、26ページをごらんください。

 3款民生費、1項1目社会福祉総務費、3,459万4,000円の減額でございます。これは人件費の減額のほかに、職員の配置等による社会福祉協議会人件費等補助金、294万6,000円の追加、特別会計の人件費減額に伴う国民健康保険特別会計繰出金、1,752万2,000円を減額するものでございます。

 3目老人福祉費、8,371万9,000円の追加でございます。これは特別会計の人件費増額等に伴う介護保険特別会計繰出金、378万1,000円、老人医療福祉給付金及び後期高齢者福祉医療費に係る支給額の増加等に伴いまして、福祉医療費、7,993万8,000円を追加するものでございます。

 7目地域福祉センター管理費、30万円の追加でございます。これは東部地域福祉センターの空調機購入費を追加するものでございます。

 10目健康福祉センター管理費、100万円の追加でございます。これは空調機修繕料を追加するものでございます。

 11目音羽福祉保健センター管理費、850万円の追加でございます。これはトイレ等改修工事費及び特殊浴槽購入費を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 12目御津福祉保健センター管理費、230万6,000円の追加でございます。これは人件費の追加のほか、管理運営費といたしまして、空調機等修繕料及び燃料費、合わせて229万8,000円を追加するものでございます。

 2項1目児童福祉総務費、3,334万2,000円の追加でございます。これは人件費の増額のほか、児童数増加に伴う児童手当支給費、2,079万5,000円、放課後児童健全育成事業費といたしまして、児童クラブ室の床修繕及び空調機購入費、合わせて76万8,000円、私立幼稚園助成費といたしまして、国の補助単価引き上げに伴う就園奨励費補助等、合計344万8,000円、平成19年度児童手当等事業費確定に伴います国庫負担金の返納金、12万8,000円を追加するものでございます。

 2目公立保育所費、9,969万円の減額でございます。これは人件費の減額のほか、管理運営費といたしまして、児童数増加に伴う給食等賄材料費及び一般諸経費、合わせて260万8,000円を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 6目児童館費、66万3,000円の追加でございます。これは管理運営費といたしまして、施設修繕料等を追加するものでございます。

 4款衛生費、1項11目音羽福祉保健センター管理費、213万7,000円の追加でございます。これは入浴施設の給湯設備修繕料及び玄関ホール改修工事費を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 6款農林水産業費、1項5目農地費、2,626万3,000円の追加でございます。市費単独土地改良事業費につきましては、県施工の2級河川、西古瀬川改修事業に伴うかんがい排水改良工事及び、同じく県施工の2級河川、白川改修事業に伴う用地取得費、合わせて1,876万3,000円、道路等冠水防止を目的といたしました前川排水路浚渫委託料、750万円を追加するものでございます。

 7款商工費、1項2目商工業振興費、616万7,000円の追加でございます。これは諏訪地区の活性化事業といたしまして、TMO推進事業費補助金を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 8款土木費、2項2目道路新設改良費、3,113万8,000円の追加でございます。これは県施工の東三河環状線整備事業に係る用地取得費等を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 5項4目公共下水道費、4,182万8,000円の減額でございます。これは特別会計の人件費減額に伴います、公共下水道事業特別会計繰出金を減額するものでございます。

 6目公園費、5,004万5,000円の追加でございます。これはスポーツ公園用地取得費、3,512万3,000円、赤塚山公園用地取得費、1,320万2,000円、都市公園維持管理費、172万円を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 10款教育費、1項2目事務局費、70万9,000円の減額でございます。これは人件費の減額のほか、公用車燃料費といたしまして、一般事務費、28万6,000円を追加するものでございます。

 2項1目学校管理費、4,786万円の追加でございます。これは人件費の減額のほか、学校管理費といたしまして、光熱水費等及び中部小学校用地取得費、合わせて4,032万5,000円、今年度、ダイオキシン含有量調査を行いました焼却炉の解体撤去工事費、800万円を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 3項1目学校管理費、629万4,000円の追加でございます。これは人件費の増額のほか、光熱水費等、193万7,000円、先ほどの小学校費と同様、焼却炉解体撤去工事費、280万円を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 5項2目体育施設費、901万5,000円の追加でございます。これは人件費の増額のほか、御津体育施設管理運営費といたしまして、臨時職員給など、合計97万円、1枚おめくりいただきまして、体育施設営繕費といたしまして、武道館排煙オペレーター修繕料、総合体育館駐車場管理装置取替工事、音羽運動公園浄化槽漏水補修工事、合わせて804万円を追加するものでございます。

 4目学校給食費、1,452万4,000円の減額でございます。これは人件費の減額のほか、管理運営費といたしまして、光熱水費など、合計919万9,000円、来年度のクラス数増加に伴います食器等購入費、149万6,000円、御津共同調理場の管理運営費といたしまして、光熱水費、101万3,000円、同じく御津共同調理場の食器等購入費、37万2,000円を追加するものでございます。

 以上で、歳出の説明を終わらせていただきます。

 次に、歳入について御説明申し上げますので、14ページをごらんください。

 歳入ですが、2款地方譲与税から11款地方交付税につきましては、道路特定財源暫定税率の執行における減収補てん等が行われましたので、それに伴う追加、更正減を行うものでございます。

 2款2項1目地方道路譲与税、272万3,000円、8款1項1目自動車取得税交付金、2,059万9,000円の減額につきましては、暫定税率の減収分を更正減するものでございます。

 10款地方特例交付金、3項1目地方税等減収補てん臨時交付金、2,332万2,000円の追加につきましては、地方道路譲与税、自動車取得税交付金、それぞれの減収分を補てんするものとして、追加するものでございます。

 11款地方交付税、1項1目地方交付税、138万5,000円の追加につきましては、普通交付税の再算定により追加するものでございます。

 13款分担金及び負担金、1項4目教育費負担金、77万1,000円の追加でございます。これは御津共同調理場の光熱水費の増などによる、小坂井町からの負担金を追加するものでございます。

 15款国庫支出金、1項1目民生費国庫負担金、1,405万3,000円の追加でございます。これは児童手当支給費の増加に伴い、児童手当国庫負担金を追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 2項2目民生費国庫補助金、65万3,000円の追加でございます。これは幼稚園就園奨励費補助金の増加に伴い、私立幼稚園就園奨励費国庫補助を追加するものでございます。

 16款県支出金、1項1目民生費県負担金、337万1,000円の追加でございます。これは児童手当支給費の増加に伴い、児童手当負担金を追加するものでございます。

 2項2目民生費県補助金、3,512万6,000円の追加でございます。これは医療等福祉給付金に係る支給額の増加に伴い、老人医療等福祉給付金補助、1,312万6,000円、福祉医療費に係る支給額の増加に伴う後期高齢者福祉医療費補助、2,150万円、ブックスタート事業に係る地域子育て力強化事業費補助、50万円を追加するものでございます。

 17款財産収入、1項2目利子及び配当金、33万7,000円の追加でございます。これは職員退職手当基金の積立金利子を追加するものでございます。

 18款寄附金、1項寄附金、合計で2,443万1,000円の追加でございます。これは企業の方などからの寄附がありましたので、1目一般寄附金のとよかわ応援寄附金、2,006万円、2目総務費寄附金の企画費寄附金、400万円、3目民生費寄附金の社会福祉費寄附金、37万1,000円を、それぞれ追加するものでございます。

 1枚おめくりください。

 19款繰入金、2項基金繰入金、合計で5億1,000万円の更正減でございます。これは1目職員退職手当基金繰入金、1億6,000万円、2目財政調整基金繰入金、3億円、3目減債基金繰入金、5,000万円を、それぞれ更正減するものでございます。

 20款繰越金、1項1目繰越金、8億2,307万円の追加でございます。これは前年度繰越金を追加するものでございます。

 21款諸収入、4項4目民生費収入、70万5,000円の追加でございます。これは公立保育所の児童数増加に伴うおやつ代といたしまして、職員給食費徴収金等収入を追加するものでございます。

 6目農林水産業費収入、1,879万9,000円の追加でございます。これは公共補償による、かんがい排水改良工事に伴う農業施設維持管理費収入を追加するものでございます。

 8目土木費収入、3,125万5,000円の追加でございます。これは公共補償による、東三河環状線整備事業に伴う道路新設改良事業費収入を追加するものでございます。

 11目雑入、2,545万5,000円の追加でございます。これは他会計からの勧奨退職者等に係る退職手当負担金等を追加するものでございます。

 22款市債、1項4目土木債、1,680万円の追加でございます。これはスポーツ公園用地取得に伴い、都市計画事業費(特例債)を追加するものでございます。

 以上で、歳入の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、6ページをごらんください。

 第2表、地方債補正でございます。起債の目的にあります都市計画事業費につきまして、限度額の補正をお願いするものでございます。補正後の限度額につきましては、7ページにあります、総額で24億310万円でございます。

 なお、48ページ、49ページに、地方債の平成19年度末現在高及び平成20年度末現在高見込額に関する調書を添付してございます。ごらんいただくということで、説明は省略させていただきます。

 以上で、第89号議案についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○坂本松次郎議長 上下水道部長。



◎菅俊雄上下水道部長 第90号議案 平成20年度豊川市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、御説明申し上げます。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ4,182万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ57億3,971万7,000円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出予算の補正につきまして、説明書で御説明申し上げます。まず、歳出から御説明いたしますので、12ページをお開きください。

 1款総務費、1項1目一般管理費、840万4,000円の減額でございますが、これは人事異動に伴います人件費の補正をするものでございます。

 2項1目維持管理費、889万4,000円の減額でございますが、これも同様に、人事異動に伴います人件費の補正をするものでございます。

 2款下水道建設費、1項1目下水道建設費、2,453万円の減額でございますが、これも同様に、人事異動に伴います人件費の補正をするものでございます。

 次に、歳入につきまして御説明いたしますので、10ページをお開きください。

 6款繰入金、1項1目一般会計繰入金、4,182万8,000円の減額でございますが、これは一般会計からの繰入金を補正するものでございます。

 なお、14ページに給与費明細書を添付させていただいておりますが、説明につきましては、ごらんいただくということで、省略させていただきます。

 以上で、第90号議案についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○坂本松次郎議長 健康福祉部長。



◎本多俊一健康福祉部長 第91号議案 平成20年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ6,917万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ139億2,427万6,000円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出予算の補正につきまして、説明書で御説明申し上げます。まず、歳出から御説明いたしますので、14ページをごらんください。

 1款総務費、1項1目一般管理費、1,607万5,000円の減額でございます。これは人事異動に伴う職員人件費の減額と、70歳から74歳の医療費自己負担増の凍結措置の延長などに伴います、給付事務委託料などの追加でございます。

 2項1目賦課徴収費、1万5,000円の追加でございます。これは徴収手当でございます。

 2款保険給付費、2項1目一般被保険者高額療養費、8,500万円の追加でございます。これは一般被保険者の高額療養費負担金の不足分でございます。

 11款諸支出金、1項5目償還金、23万6,000円の追加でございます。これは後期高齢者医療制度創設準備事業費国庫補助金の返還分でございます。

 次に、歳入について御説明いたしますので、10ページをごらんください。

 1款国民健康保険料、1項1目一般被保険者保険料、4,250万円の追加でございます。これは一般被保険者高額療養費の増額によるものでございます。

 4款国庫支出金、1項1目療養給付費等負担金、2,890万円及び、2項1目財政調整交付金、765万円の追加でございます。これは一般被保険者高額療養費の増額によるものでございます。

 2項2目高齢者医療制度円滑運営事業費補助金、146万2,000円の追加でございます。これは70歳から74歳の医療費自己負担増の凍結措置の延長などに伴う、歳出に対するものでございます。

 7款県支出金、2項2目財政調整交付金、595万円の追加でございます。これは一般被保険者高額療養費の増額によるものでございます。

 10款繰入金、1項1目一般会計繰入金、1,752万2,000円の減額でございます。これは人事異動に伴う職員人件費の減額に伴うものでございます。

 11款繰越金、1項2目その他繰越金、23万6,000円の追加でございます。これは後期高齢者医療制度創設準備事業費国庫補助金の返還によるものでございます。

 以上で、第91号議案の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、第92号議案 平成20年度豊川市介護保険特別会計補正予算(第2号)について、御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ517万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ75億6,191万6,000円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出予算の補正につきまして、説明書で御説明申し上げます。まず、歳出から御説明いたしますので、12ページをごらんください。

 1款総務費、1項1目一般管理費、88万5,000円の追加でございます。これは人事異動に伴う職員人件費等の追加でございます。

 次に、3項2目認定調査費、212万5,000円の追加でございます。これは平成21年度から新たな介護認定支援システムを稼働させることとなりますが、そのためのソフトウェアと、対応可能なサーバー機器の導入費用でございます。

 2款保険給付費につきましては、1項2目施設サービス給付費と3項1目審査支払手数料、14ページの4項1目高額介護サービス費、5項1目特定入所者介護サービス費について、当初予算を上回る執行見込みとなるため、追加を行い、12ページの1項1目介護サービス給付費を減額して、組み替えをするものでございます。

 次に、3款地域支援事業費、2項1目包括的支援事業費、186万4,000円の追加でございますが、これは南部地域包括支援センターの空調機器の修繕と、地域包括支援センターの再編設置に伴う、新たな事務所で必要となる備品の購入費用でございます。

 次に、6款諸支出金、1項1目第1号被保険者保険料還付金、30万円の追加でございますが、これは被保険者の異動などによる過年度分の保険料還付金が、当初予算を上回る見込みとなるため、追加を行うものでございます。

 次に、歳入について、御説明申し上げます。10ページをごらんください。

 3款国庫支出金、2項3目地域支援事業交付金、75万4,000円の追加及び、5款県支出金、2項2目地域支援事業交付金、37万7,000円の追加並びに、7款繰入金、1項1目介護給付費繰入金、37万7,000円の追加でございますが、これは歳出の3款地域支援事業費の追加分に対する、国、県、市のそれぞれの負担割合に基づく増額でございます。

 次に、3款2項4目介護保険事業費国庫補助金、26万2,000円の追加でございますが、新たな介護認定支援ソフトの導入費用に対して、2分の1の補助金を受けるものでございます。

 次に、7款1項2目その他繰入金、340万4,000円の追加でございますが、これは事務費の追加に伴う一般会計繰入金の追加を行うものでございます。

 なお、16、17ページに給与費明細書を添付させていただいております。ごらんいただくということで、説明は省略させていただきます。

 以上で、第92号議案の説明を終わらせていただきます。

 次に、第93号議案 平成20年度豊川市在宅介護支援事業特別会計補正予算(第1号)について、御説明申し上げます。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ36万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ2,616万1,000円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして、説明書で御説明申し上げます。まず、歳出から御説明申し上げますので、12ページをごらんください。

 1款訪問看護事業勘定、1項1目事業費、36万1,000円の追加でございます。これは給与制度見直しのため、給料表を改正したことに伴い、人件費を追加するものでございます。

 次に、歳入について、御説明申し上げます。10ページをごらんください。

 1款訪問看護事業勘定、4項1目繰越金、36万1,000円の追加でございます。これは前年度の繰越金でございます。

 なお、14ページに給与費明細書を添付させていただいておりますが、ごらんいただくということで、説明は省略させていただきます。

 以上で、第93号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 収納管理監。



◎細井勉収納管理監 第94号議案 豊川市市税条例の一部改正について、御説明申し上げます。

 今回の改正につきましては、地方税法の一部を改正する法律が、平成20年4月30日に公布され、同日から施行されたことに伴い、6月議会におきまして、豊川市市税条例の一部改正をさせていただきましたが、新たに寄附金税額控除の適用対象となる寄附金を定めるとともに、法人市民税の減免の特例を定めるため、豊川市市税条例の一部改正をお願いするものでございます。

 それでは、改正内容につきまして、参考資料に基づき御説明申し上げますので、3ページの参考資料をごらんください。

 改正の概要を総括的に申し上げますと、市税制度の適正化を図るため、個人の市民税について、寄附金税額控除の範囲を拡大するとともに、法人の市民税について、減免の特例を定め、あわせて所要の規定の整備を行うものでございます。

 第29条の7第1項は、寄附金税額控除の適用対象に、所得税の寄附金控除の適用対象となる寄附金のうち、住民の福祉の増進に寄与する寄附金として、愛知県内に主たる事務所を有する公益法人等に対する寄附金を追加するものでございます。

 この改正は、平成20年1月1日以降に支出する寄附金から適用するものでございます。

 次に、附則第5条の2の2は、事務の整理として、所要の規定の整備を行うものでございます。

 次に、附則第11条の4は、旧民法第34条の法人から移行した法人を、公益社団法人または公益財団法人とみなして、法人の市民税の減免対象とするものでありまして、この改正は、平成20年12月1日から適用するものでございます。

 次に、前に戻りまして、2ページをごらんください。附則について、御説明申し上げます。

 第1項につきましては、施行期日について規定したものでございます。

 次に、第2項、第3項につきましては、市民税に関する経過措置について規定したものでございます。

 以上で、第94号議案 豊川市市税条例の一部改正についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 健康福祉部長。



◎本多俊一健康福祉部長 第95号議案 豊川市児童館条例の一部改正について、御説明申し上げます。

 今回の改正は、あかさか児童館に指定管理者制度を導入するため、あかさか児童館を豊川市児童館条例に追加するものでございます。

 改正の内容でございますが、第4条は、児童館の利用時間を、第5条は、児童館の休館日を定めておりますので、あかさか児童館の利用時間、休館日をそれぞれ規定するものでございます。

 また、別表に、あかさか児童館を加えるものでございます。

 なお、附則といたしまして、この条例は、平成21年4月1日から施行することとし、豊川市あかさか児童館条例の廃止と、この条例の施行に関し、必要な経過措置を定めております。

 以上で、第95号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 市民病院事務局長。



◎鈴木宏市民病院事務局長 第96号議案 豊川市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について、御説明申し上げます。

 この条例は、病院事業の効率的な管理及び運営に資するため、地方公営企業法の全部を適用するとともに、診療料の適正化を図るため、正常分べん介助料を引き上げ、あわせて所要の規定の整備を行うものでございます。

 第1条について、御説明申し上げます。これは第9条第1項第3号の改正でございますが、産科医療補償制度の創設等に伴い、正常分べん介助料、8万円から9万円を、14万円から16万円に引き上げるものでございます。

 第2条について、御説明申し上げます。これ以降の条文は、豊川市病院事業の設置等に関する条例の条数をあらわしておりますので、よろしくお願いいたします。

 第2条の改正でございますが、地方公営企業法の全部を適用とするための改正でございます。

 次に、第3条第2項の改正でございますが、これは現在の診療科名を、厚生労働省の基準に準拠した診療科名に変更し、新たに、腎臓内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、消化器外科、乳腺・内分泌外科の5科を設置するものでございます。

 第4条から第11条までの改正につきましては、地方公営企業法の全部を適用することに伴い、管理者の設置及び権限の明確化を図るための所要の規定の整備を行うものでございます。

 附則といたしまして、第1項は、この条例の施行期日を定めるものでございますが、第1条の規定は、平成21年1月1日から、第2条及び次項の規定は、平成21年4月1日から施行するものでございます。

 附則第2項は、必要な経過措置を定めたものでございます。

 以上で、第96号議案についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 生活活性部長。



◎天野雅博生活活性部長 第97号議案 豊川市公共駐車場条例の一部改正について、御説明申し上げます。

 今回の改正は、JR愛知御津駅前にあります豊川市愛知御津駅前公共駐車場を、現在の市直営の管理から、指定管理者制度を導入しての管理方法に変更するための改正であります。

 改正の内容でありますが、第3条は、駐車場の名称及び位置に関する規定でありまして、豊川市御津町西方中道1番地9にあります、豊川市愛知御津駅前公共駐車場を追加するものであります。

 次の第5条第2号アにつきましては、入出場の取扱時間を定めたもので、この規定中に、豊川市愛知御津駅前公共駐車場を追加し、取扱時間を午前0時から午後12時までとするものであります。

 別表第1は、駐車場に駐車できる車両の範囲でありまして、豊川市愛知御津駅前公共駐車場に駐車できる車両の範囲の規定を追加するものであります。

 別表第2は、利用区分による使用料を定めたもので、豊川市愛知御津駅前公共駐車場の利用区分と、その使用料を追加するものであります。

 附則1としまして、この条例は、平成21年4月1日から施行するものであります。

 附則2としまして、この条例によりまして、豊川市愛知御津駅前公共駐車場条例を廃止することになります。

 附則の3と4は、豊川市愛知御津駅前公共駐車場に関する経過措置を設けるものであります。

 以上で、第97号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 上下水道部長。



◎菅俊雄上下水道部長 第98号議案 宝飯都市計画豊川下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正について、御説明申し上げます。

 今回の改正は、公共下水道事業の第9次拡張に伴いまして、第9次整備事業負担区の受益者負担金を定める必要がありますので、改めるものでございます。

 改正の内容でございますが、第4条の表に、第9次整備事業負担区の1平方メートル当たりの負担金、360円を加えるものでございます。

 附則としまして、この条例は、公布の日から施行するものでございます。

 以上で、第98号議案についての説明を終わらせていただきます。

 続きまして、第99号議案 豊川市特定環境保全公共下水道事業分担金に関する条例の一部改正について、御説明申し上げます。

 今回の改正は、一宮地区第1排水施設の整備をするため、一宮地区第1排水施設の受益者の分担金を定める必要がありますので、改めるものでございます。

 改正の内容でございますが、別表に、一宮地区第1排水施設の分担金額、36万2,000円を加えるものでございます。

 なお、附則としまして、この条例は、公布の日から施行するものでございます。

 以上で、第99号議案についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 建設部長。



◎伊藤洋文建設部長 第100号議案 宝飯都市計画西原足山田地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定について、御説明申し上げます。

 この条例は、西原足山田地区計画の区域内において、適正かつ合理的な土地利用を図り、もって良好かつ健全な都市環境を確保するため、建築物に関する制限を定めるものでございます。

 条例の内容でございますが、第1条は、目的規定で、建築基準法第68条の2第1項の規定に基づき、西原足山田地区における建築物を制限する目的を定めるものでございます。

 第2条は、この条例の適用区域に関する規定で、西原足山田地区内で、市長が都市計画法第20条第1項の規定により告示する、宝飯都市計画西原足山田地区計画の区域内において、適用するものでございます。

 第3条は、建築物の用途の制限として、一定の工場及び工場に併設される研究開発施設並びに、これらに附属する建築物、物流施設及び、これに附属する建築物以外の建築物は、建築してはならない旨を定めるものでございます。

 第4条は、建築物の容積率は、10分の15以下でなければならない旨を定めるものでございます。

 第5条は、建築物の敷地面積は、1万平方メートル以上でなければならない旨を定めるものでございます。

 第6条は、建築物の壁面の位置の制限として、建築物の外壁等から敷地境界線までの距離は、一定の場合を除いて、4メートル以上なければならない旨を定めるものでございます。

 第7条は、公益上必要な建築物等の特例を定めるものでございます。

 第8条は、委任の規定でございます。

 第9条は、この条例に違反した者に対する罰則を定めるもので、違反した者に対して、20万円以下の罰金に処するものでございます。

 第10条は、第9条の罰則規定に関して、違反の実際の行為者だけでなく、行為者を用いた法人や個人に対しても罰するものでございます。

 なお、附則といたしまして、この条例は、西原足山田地区計画に係る都市計画法第20条第1項の規定に基づく告示の日から施行するものでございます。

 以上で、第100号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 教育部長。



◎太田敏勝教育部長 第101号議案 公の施設に係る指定管理者の指定に伴う教育委員会関係条例の整備に関する条例の制定について、御説明申し上げます。

 この条例は、教育委員会が所管する豊川市音羽運動公園、豊川市御津体育施設、豊川市御幸浜パターゴルフ場に、平成21年4月1日から指定管理者制度を導入するため、豊川市音羽運動公園条例を始め、3件の関係条例を一括して改正するものでございます。

 条例の内容でございますが、1ページの第1条は、豊川市音羽運動公園条例の一部改正であります。その中で、地方自治法により条例化が義務づけられた、指定管理者の業務の範囲の規定を第3条で定め、第4条では、管理の基準として、利用時間の規定を設けております。

 また、2ページの第12条では、施設の利用料金につきましては、利用料金制を導入し、指定管理者がみずからの収入として、料金を徴収することとしております。

 そして、附則におきまして、管理の特例としまして、指定の取り消しや業務の停止などにより、指定管理者が管理を行うことができない場合に、市長が施設を管理することができるよう、必要な措置を講ずるとともに、所要の規定の整備を行っております。

 3ページの別表の改正は、これまでの「使用料」を「利用料金」に改めることによる規定の整備でございます。

 以下、3ページの第2条で、豊川市御津体育施設条例の一部改正を、5ページの最後の行、第3条で、豊川市御幸浜パターゴルフ場条例の一部改正を同様に行うものでございます。

 なお、附則におきまして、この条例は、平成21年4月1日から施行するものとし、条例の施行に関し、必要な経過措置を定めております。

 以上で、第101号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 企画部長。



◎大林伸行企画部長 第102号議案 豊川市文化会館に係る指定管理者の指定について、御説明申し上げます。

 地方自治法第244条の2第6項の規定に基づきまして、豊川市文化会館に係ります指定管理者を指定するため、議会の議決をお願いするものでございます。

 豊川市文化会館は、現在、豊川市施設管理協会を、任意指定によりまして、指定管理者として指定しておりますが、引き続き、同団体を平成21年4月1日から平成24年3月31日までの期間につきまして、任意指定により、指定管理者として指定しようとするものでございます。

 以上で、第102号議案の説明を終わります。



○坂本松次郎議長 健康福祉部長。



◎本多俊一健康福祉部長 第103号議案 健康福祉部が所管する公の施設に係る指定管理者の指定について、御説明申し上げます。

 これは地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、健康福祉部が所管する公の施設に係る指定管理者を指定するため、議会の議決をお願いするものでございます。

 内容でございますが、健康福祉部が所管する施設のうち、平成21年4月1日から指定管理者制度を継続、または導入する施設といたしまして、17施設がございます。

 まず、豊川市心身障害者小規模授産施設につきましては、指定管理者の候補者を公募したところ、現指定管理者から1件の応募がありました。選定委員会における審査の結果、豊川市平尾町諏訪下10番地、社会福祉法人アパティア福祉会を、平成21年4月1日から3年間、指定管理者に指定しようとするものでございます。

 次に、豊川市児童デイサービスセンターにつきましては、指定管理者の候補者を公募したところ、結果的にありませんでしたので、公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第4条第2項の規定に基づき、公募条件を満たす、豊川市八幡町弥五郎47番地、特定非営利活動法人ゆうを、平成21年4月1日から3年間、指定管理者に指定しようとするものでございます。

 次に、豊川市障害者入浴施設につきましては、現在の指定管理者であります、豊川市上長山町本宮下1番地1685、株式会社本宮を引き続き、任意指定により、平成21年4月1日から3年間、指定管理者に指定しようとするものでございます。

 次に、豊川市交通児童遊園及び、さくらぎ、うしくぼ、さんぞうご、いちのみや、あかね、さわき、ひろいし、あかさか児童館の9施設につきましては、指定管理者の候補者を公募したところ、1件の応募がありました。選定委員会における審査の結果、神奈川県藤沢市鵠沼石上一丁目1番15号、株式会社サクセスアカデミーを、平成21年4月1日から3年間、指定管理者に指定しようとするものでございます。

 次に、豊川市ふれあいセンター、豊川市市民健康広場及び豊川市四季の森につきましては、現在の指定管理者であります、豊川市諏訪3丁目242番地、豊川市社会福祉協議会を引き続き、任意指定により、平成21年4月1日から3年間、指定管理者に指定しようとするものでございます。

 次に、豊川市福祉センターにつきましては、現在の指定管理者である豊川市上長山町本宮下1番地1685、株式会社本宮を引き続き、任意指定により、平成21年4月1日から3年間、指定管理者に指定しようとするものでございます。

 次に、豊川市音羽デイサービスセンターにつきましては、新たに指定管理者の候補者を公募したところ、2件の応募がありました。選定委員会における審査の結果、豊川市国府町流霞103番地、医療法人信愛会を、平成21年4月1日から3年間、指定管理者に指定しようとするものでございます。

 以上で、第103号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 生活活性部長。



◎天野雅博生活活性部長 第104号議案 生活活性部が所管する公の施設に係る指定管理者の指定について、御説明申し上げます。

 これは地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、生活活性部が所管する公の施設に係る指定管理者を指定するため、議会の議決をお願いするものであります。

 内容でありますけれども、生活活性部が所管する施設のうち、平成21年4月1日から指定管理者制度を継続、または導入する施設としまして、表のとおり、五つの施設があります。

 まず、公共駐車場につきましては、豊川市豊川駅東駐車場、豊川市追分駐車場及び豊川市愛知御津駅前公共駐車場の3施設がありますが、指定管理者の希望者を公募したところ、1件の応募がありました。選定委員会における審査の結果、株式会社日本メカトロニクスを、平成21年4月1日から3年間、指定管理者にしようとするものであります。

 次に、豊川市勤労福祉会館でありますが、現在の指定管理者であります豊川市施設管理協会を引き続き、任意指定により、平成21年4月1日から3年間、指定管理者にしようとするものであります。

 次に、豊川市ふれあい交流館でありますが、こちらも、現在の指定管理者であります株式会社本宮を引き続き、任意指定により、平成21年4月1日から3年間、指定管理者にしようとするものであります。

 以上で、第104号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 建設部長。



◎伊藤洋文建設部長 第105号議案 豊川市赤塚山公園に設ける公園施設に係る指定管理者の指定について、御説明申し上げます。

 これは豊川市赤塚山公園に設ける公園施設に係る指定管理者について、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。

 赤塚山公園につきましては、指定管理者制度導入の理念でございます、施設の効果を最大限に発揮し、市民サービスの提供、施設の維持管理も適正に行われ、その効果も出ていることから、豊川市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第2条第2項に基づき、現在、管理を委託しております豊川市施設管理協会を引き続き、任意指定により、平成21年4月1日から3年間、指定管理者に指定するものでございます。

 以上で、第105号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 教育部長。



◎太田敏勝教育部長 第106号議案 教育委員会が所管する公の施設に係る指定管理者の指定について、御説明申し上げます。

 これは地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、教育委員会が所管する公の施設に係る指定管理者を指定するため、議会の議決をお願いするものでございます。

 内容でございますが、教育委員会が所管する施設のうち、平成21年4月1日から指定管理者制度を継続、または導入する施設としましては、19施設ございます。陸上競技場を始め、19施設につきまして、指定管理者の希望者を公募したところ、1件の団体から応募がございました。選定委員会における審査の結果、豊川市千歳通4丁目18番地、ハクヨプロデュースシステム・ホーメックス共同企業体を、平成21年4月1日から3年間、指定管理者に指定しようとするものであります。

 以上で、第106号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 建設部長。



◎伊藤洋文建設部長 第107号議案 市道路線の廃止について、御説明申し上げます。

 議案及び参考資料をごらんいただきたいと思います。

 31567、大崎門1号線は、地域の生活基盤の向上のために、全区域を一たん廃止し、道路築造により延長して、認定のし直しを行います。廃止路線の延長合計は、122.3メートルでございます。

 以上で、第107号議案 市道路線の廃止についての説明を終わらせていただきます。

 続きまして、第108号議案 市道路線の認定について、御説明申し上げます。

 議案及び参考資料のナンバー1をごらんいただきたいと思います。

 34228大崎門6号線は、現31567大崎門1号線が狭隘かつ行きどまりであるため、一たん、この路線を廃止した後に、新たに生活環境の向上のために築造予定の道路を認定するものでございます。

 次に、参考資料のナンバー2をごらんください。

 34229御津御馬加美1号線は、開発行為により築造された道路が豊川市に帰属したため、認定するものでございます。

 次に、参考資料のナンバー3をごらんください。

 34230本野ケ原三丁目5号線は、位置指定道路として築造された道路が豊川市に寄附されたため、認定するものでございます。

 認定路線は3路線で、延長合計は、265.99メートルでございます。

 以上で、第108号議案 市道路線の認定についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○坂本松次郎議長 生活活性部長。



◎天野雅博生活活性部長 第109号議案 土地改良事業に伴う字の区域の変更について、御説明申し上げます。

 今回の字の区域の変更は、県営圃場整備事業の施工に伴い、旧音羽町萩の室地区の道路、水路、河川及び農地等の地形が変更となり、換地処分の公告のあった日の翌日から、別図第1の区域において、別図第2のとおり、変更後の地形に合わせた字の区域に変更しようとするものであります。色刷りの参考資料をごらんいただきたいと思いますが、黒色の破線で表示してありますのが変更前、赤色の破線で表示してありますのが変更後の境界であります。

 本事業は、平成8年度、地元要望により計画が始まりまして、平成14年度に事業採択され、平成15年度に実施設計、平成16年度から平成19年度にかけて工事、平成20年度において、確定測量と換地処分を行い、終了する予定の事業であります。

 以上で、第109号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 次に、日程第24、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題とします。

 提案者に説明をお願いします。

 生活活性部長。



◎天野雅博生活活性部長 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について、御説明申し上げます。

 本市から推薦しております人権擁護委員の方は、22名おみえになります。そのうち、平成21年3月31日に任期が満了となります樋口啓子氏の後任といたしまして、坂野光道氏の推薦をお願いするものであります。任期は、平成21年4月1日から3年間です。

 この推薦に当たりまして、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づきまして、議会の御意見を求めるものであります。

 なお、参考資料といたしまして、坂野氏の履歴を添付させていただいておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上で、諮問第2号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○坂本松次郎議長 お諮りします。

 諮問第2号は、異議ないことを決定することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦については、異議ないことに決定しました。

 以上で、本日の日程は、すべて終わりました。

 本日は、これで散会します。

  (午後2時29分 散会)

 上記会議の顛末を記録し、その相違なきを証するため、ここに署名する。

  平成20年11月27日

     豊川市議会議長

        坂本松次郎

     豊川市議会議員

        太田直人

     豊川市議会議員

        塚越恒次郎