議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊川市

平成19年 第3回定例会(9月) 09月03日−04号




平成19年 第3回定例会(9月) − 09月03日−04号







平成19年 第3回定例会(9月)



豊川市議会第3回定例会会議録   9月3日(月)

平成19年9月3日 午後1時30分開議

出席議員

   第1番  冨田 潤            第2番  大嶽理恵

   第3番  井川郁恵            第4番  岩倉一夫

   第5番  石原政明            第6番  榊原洋二

   第7番  柳田通夫            第8番  太田直人

   第9番  西川米子            第10番  牧田千枝子

   第11番  井上和也            第12番  小林琢生

   第13番  美馬ゆきえ           第14番  藤原宏樹

   第15番  塚越恒次郎           第16番  今泉淳乙

   第17番  野中泰志            第18番  中村直巳

   第19番  安間寛子            第20番  佐藤郁恵

   第21番  波多野 年           第22番  大野良彦

   第23番  米谷俊子            第24番  坂本松次郎

   第25番  石畔八良            第26番  滝下充生

   第27番  高橋智之            第28番  鈴木義章

   第29番  川上陽子            第30番  鈴川智彦

欠席議員

   なし

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

   市長       中野勝之    副市長      寺部冨士雄

   企画部長     大林伸行    総務部長     田中俊一

   収納管理監    細井 勉    健康福祉部長   河合 一

   生活活性部長   神谷進也    建設部長     武田久計

   市民病院事務局長 鈴木 宏    市民病院建設監  竹本和男

   消防長      鈴木正樹    上下水道部長   菅 俊雄

   監査委員事務局長 牧野定雄    教育長      花井正文

   教育部長     太田敏勝    一宮総合支所長兼企業立地推進監

                             伊藤洋文

   会計管理者    濱田守造

出席した議会事務局職員

   事務局長     鈴木清市    事務局次長    山本行洋

   議事課長補佐   星野和正    庶務係長     中村 康

   議事調査係長   近田英生    書記       杉浦 傑

議事日程

   第1 会議録署名議員の指名

   第2 第63号議案 平成19年度豊川市一般会計補正予算(第3号)

   第3 第72号議案 都市計画法施行令に基づく開発行為の許可の基準を定める条例の廃止について

   第4 第73号議案 豊川市特定環境保全公共下水道事業分担金に関する条例の一部改正について

   第5 第74号議案 宝飯都市計画豊川稲荷表参道地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定について

   第6 第76号議案 訴えの提起について

   第7 第77号議案 調停について

   第8 認定第1号 平成18年度豊川市一般会計決算の認定について

   第9 認定第2号 平成18年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計決算の認定について

   第10 認定第3号 平成18年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計決算の認定について

   第11 認定第4号 平成18年度豊川市公共下水道事業特別会計決算の認定について

   第12 認定第5号 平成18年度豊川市農業集落排水事業特別会計決算の認定について

   第13 認定第6号 平成18年度豊川市公共駐車場事業特別会計決算の認定について

   第14 認定第7号 平成18年度豊川市国民健康保険特別会計決算の認定について

   第15 認定第8号 平成18年度豊川市老人保健特別会計決算の認定について

   第16 認定第9号 平成18年度豊川市介護保険特別会計決算の認定について

   第17 認定第10号 平成18年度豊川市在宅介護支援事業特別会計決算の認定について

   第18 認定第11号 平成18年度豊川市土地取得特別会計決算の認定について

   第19 認定第12号 平成18年度豊川市一宮財産区管理事業特別会計決算の認定について

   第20 認定第13号 平成18年度豊川市水道事業決算の認定について

   第21 認定第14号 平成18年度豊川市病院事業決算の認定について

   第22 第64号議案 平成19年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

   第23 第65号議案 平成19年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

   第24 第66号議案 平成19年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

   第25 第67号議案 平成19年度豊川市老人保健特別会計補正予算(第2号)

   第26 第68号議案 平成19年度豊川市介護保険特別会計補正予算(第2号)

   第27 第69号議案 平成19年度豊川市病院事業会計補正予算(第1号)

   第28 第70号議案 政治倫理の確立のための豊川市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について

   第29 第71号議案 豊川市道路占用料等に関する条例等の一部改正について

   第30 第75号議案 豊川市土地開発公社定款の変更について

   第31 第78号議案 豊川市、宝飯郡音羽町及び同郡御津町の廃置分合に伴う字の名称の変更について

   第32 同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて

   第33 請願第1号 悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販売法の抜本的改正に関する請願

   第34 請願第2号 格差と貧困を広げないための、消費税改正の請願

   第35 請願第3号 国民健康保険料等を安くするための請願

   第36 請願第4号 市議会の審議を、ケーブルテレビでの放映を求める請願

本日の会議に付した案件

   1.議事日程に同じ

  (午後1時30分 開議)



○鈴川智彦議長 日程に入る前に報告をします。

 決算認定に係る参考資料、平成18年度決算に係る主要施策の成果報告書、及び平成18年度基金運用状況報告書について、議席に配付しました正誤表のとおり、市長から訂正の申し出がありましたので、報告しておきます。

 ただいまから、本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、大野良彦議員、米谷俊子議員を指名します。

 日程第2、第63号議案 平成19年度豊川市一般会計補正予算(第3号)を議題とします。

 ただいまから質疑を行います。

 通告はありませんので、質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま、質疑を終わりました第63号議案は、正副議長を除く28人の委員で構成する、予算特別委員会を設置して、付託したいと思います。

 異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、第63号議案は、正副議長を除く28人の委員で構成する、予算特別委員会を設置して、付託することに決定しました。

 次に、日程第3、第72号議案 都市計画法施行令に基づく開発行為の許可の基準を定める条例の廃止についてから、日程第7、第77号議案 調停についてまでの5件を、一括して議題とします。

 ただいまから質疑を行います。

 通告はありませんので、質疑を終わります。

 ただいま、質疑を終わりました第72号議案から第77号議案までの5件は、お手元に配付の議案付託表のとおり、各常任委員会に審査を付託します。

 次に、日程第8、認定第1号 平成18年度豊川市一般会計決算の認定についてから、日程第21、認定第14号 平成18年度豊川市病院事業決算の認定についてまでの14件を、一括して議題とします。

 ただいまから質疑を行います。

 通告はありませんので、質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま、質疑を終わりました認定第1号から認定第14号は、正副議長及び議会選出監査委員を除く27人の委員で構成する、決算特別委員会を設置して、付託したいと思います。

 異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、認定第1号から認定第14号までの14件は、正副議長及び議会選出監査委員を除く27人の委員で構成する、決算特別委員会を設置して、付託することに決定しました。

 次に、日程第22、第64号議案 平成19年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)から、日程第30、第75号議案 豊川市土地開発公社定款の変更についてまでの9件を、一括して議題とします。

 ただいまから質疑を行います。

 第66号議案について、質疑の通告がありますので、発言を許可します。

 安間寛子議員。



◆安間寛子議員 平成19年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、13ページの3002、合併推進事業費の601万4,000円のうち、?委託料、472万3,000円の中のア被保険者証カード化業務委託について、伺います。

 これは、国民健康保険証を個人別のカード化をして、発行するという業務委託であるかと思いますけれども、その具体的な内容について、また、発行の時期など、そして、また、このカード化の業務委託が、合併推進事業費として計上されている理由について、伺います。



○鈴川智彦議長 健康福祉部長。



◎河合一健康福祉部長 被保険者証のカード化について、お答え申し上げます。

 国民健康保険の被保険者証、いわゆる保険証でございますけれども、従来、県下の申し合わせで、2年に1度、8月に更新をしておりました。

 その時期としましては、来年の8月が、その更新の時期となっております。

 そのため、今回、音羽町・御津町との合併がなくても、来年8月には更新の時期を迎えるということであります。

 そのとき、被保険者証を世帯ごとから個人ごとのカードに変更することを考えていたわけでございます。

 そうした中で、今回の合併が決まりましたので、音羽町・御津町の被保険者につきましては、来年1月に、新しい豊川市の被保険者証を交付する必要が出てきたわけでございます。

 こういう中で、現行の豊川市の被保険者証も、合併することにより、被保険者世帯が増加することになりますので、被保険者証の番号、これを5けたから増加するということで、6けたにシステム変更する必要が出てきたということであります。

 こういうことでありますので、豊川市の市民におきましても、改めて交付する必要が出てきたという状況が出てきたわけです。

 こういう状況になりましたので、合併時に豊川市・音羽町・御津町のすべての被保険者世帯に、保険証を交付して、来年の8月を予定していたものを、前倒しして行っていくということであります。

 ただし、有効期間としましては、平成22年8月ということで、従来よりは、少し長目ということであります。

 当然のことながら、経費の節約、郵送料、その他職員の業務の減少も図れるということであります。

 そういう状況で、今回、補正をして、カード化を進めるということです。

 以上であります。



○鈴川智彦議長 安間寛子議員。



◆安間寛子議員 1点確認ですけれども、有効期限として、平成22年8月まで少し期間が長くなりますという説明があったのですけれども、保険証を使えるスタートは、来年の2月からというふうに考えてよろしいのでしょうか。



○鈴川智彦議長 健康福祉部長。



◎河合一健康福祉部長 合併が、1月15日になりますので、1月中からできるようにしたいと思っております。

 以上であります。



○鈴川智彦議長 以上で、通告による質疑は終わりました。

 お諮りします。

 ただいま、質疑を終わりました第64号議案から、第75号議案までの9件は、委員会への付託を省略したいと思います。

 異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、委員会への付託は省略することに決定しました。

 それでは、第64号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、第64号議案 平成19年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。

 次に、第65号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、第65号議案 平成19年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。

 次に、第66号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、第66号議案 平成19年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり可決されました。

 次に、第67号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、第67号議案 平成19年度豊川市老人保健特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。

 次に、第68号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、第68号議案 平成19年度豊川市介護保険特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。

 次に、第69号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、第69号議案 平成19年度豊川市病院事業会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。

 次に、第70号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、第70号議案 政治倫理の確立のための豊川市長の資産等の公開に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。

 次に、第71号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第71号議案 豊川市道路占用料等に関する条例等の一部改正については、原案のとおり可決されました。

 次に、第75号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、第75号議案 豊川市土地開発公社定款の変更については、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第31、第78号議案 豊川市、宝飯郡音羽町及び同郡御津町の廃置分合に伴う字の名称の変更についてを議題とします。

 提案者に説明をお願いします。

 総務部長。



◎田中俊一総務部長 第78号議案 豊川市、宝飯郡音羽町及び同郡御津町の廃置分合に伴う字の名称の変更について、御説明申し上げます。

 これは、平成20年1月15日に行われる、本市と宝飯郡音羽町及び御津町との編入合併に伴いまして、合併期日をもって、両町の字の名称を変更することにつきまして、地方自治法第260条第1項の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。

 初めに、音羽町の区域に係る変更の内容でございますが、この内容につきまして、議案書1ページから8ページまでに記載のとおりでございます。

 音羽町の区域の字の名称につきまして、合併協議の中で、「原則として、大字及び字を削除し、大字名をそのまま町名とする」と決定されております。

 この決定に沿って、変更するものでございますが、具体的には、例えば、変更前の「大字赤坂字青木」は、変更後は「赤坂町青木」と表示するものでございます。

 なお、赤坂台につきましては、「赤坂台町」とはせず、「赤坂台」のままとするため、名称に変更はございません。

 続きまして、御津町の区域に係る変更の内容でございますが、議案書8ページから20ページまでに記載のとおりでございます。

 御津町の区域の字の名称につきましては、合併協議の中で「原則として、大字及び字を削除し、御津を町名とする」と決定されております。

 この決定に沿って変更するものでございますが、具体的には、例えば、変更前の「大字赤根字角田」は、変更後は「御津町赤根角田」と表示するものでございます。

 また、これらの字の名称の変更につきましては、音羽町・御津町の区長会や議会を始め、町民の意見を踏まえ、その意向をもとに合併協議が行われ、協議の結果に基づいて作成しており、本市の町名整理審議会にも諮問をし、御審議いただき、異議はない旨の答申をいただいているものでございます。

 以上で、第78号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○鈴川智彦議長 ただいまの説明について、質疑はありませんか。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 質疑を終わります。

 ただいま、質疑を終わりました第78号議案は、総務委員会に、議案付託表のとおり、審査を付託します。

 次に、日程第32、同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについてを議題とします。

 提案者に説明をお願いします。

 企画部長。



◎大林伸行企画部長 同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて、御説明申し上げます。

 本市教育委員会の委員、山口康子氏は、平成19年11月12日に任期満了となります。

 後任に、星野貴代美氏を教育委員会の委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づきまして、議会の同意をお願いするものでございます。

 任期は4年でございます。経歴等につきましては、参考資料を添付させていただきましたので、御参照いただきたいと思います。

 以上で、同意第4号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○鈴川智彦議長 お諮りします。

 ただいま、説明を終わりました同意第4号は、委員会への付託を省略したいと思います。

 異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、委員会への付託は省略することに決定しました。

 それでは、同意第4号は、同意することに決定して異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。

 したがって、同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。

 次に、日程第33、請願第1号 悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販売法の抜本的改正に関する請願から、日程第36、請願第4号 市議会の審議を、ケーブルテレビでの放映を求める請願までの4件を、一括して議題とします。

 請願の趣旨は、お手元に配付の請願文書表のとおりです。

 請願第1号についての紹介議員の説明はありませんか。

 滝下充生議員。



◆滝下充生議員 紹介議員を代表して、請願第1号 悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販売法の抜本的改正に関する請願の趣旨説明を行います。

 この請願は、愛知県弁護士会会長、村上文男氏から提出されたものであります。

 請願の趣旨でありますが、請願が提出された背景には、クレジット会社の与信審査の甘さのため、年金暮らしで、判断能力が低下した高齢者を相手に、埼玉県富士見市で一昨年発覚した、リフォーム詐欺業者の次々販売被害を始めとして、クレジットを利用した呉服・布団・貴金属などの次々販売被害や、若年層を対象としたアポイントメントセールス、詐欺的なマルチ商法、内職商法被害が発生している。

 また、個品方式(契約書型)クレジット契約は、顧客の獲得や支払い条件の交渉や契約書類の作成等の営業活動の大半を、提携加盟店に委託して、効率的にクレジット契約を獲得し、経済的利益を上げているため、クレジット会社は、加盟店の不適正な販売行為に対する審査が不十分になるという、構造的危険性から生じる病理現象としてのクレジット被害が多発している実態がある。

 このことから、クレジット契約を利用した悪質商法被害・過剰与信被害を防止するため、第一に、過剰与信規制の具体化として、クレジット会社が顧客の支払い能力を超える、クレジット契約を提供しないように、具体的な与信基準を伴う実効性のある規制を行うこと。

 第二に、不適正与信防止義務と既払金返還責任として、クレジット会社には、悪質販売行為等にクレジット契約を提供しないように、加盟店を調査する義務及び違法な取引にクレジットを提供したときは、既払い金の返還義務を含む、クレジット会社の共同責任を規定すること。

 第三に、割賦払い要件と政令指定商品制の廃止として、1回から2回払いのクレジット契約を適用対象に含め、政令指定商品制を廃止することにより、原則として、すべてのクレジット契約を適用対象とすること。

 第四に、登録制の導入として、個品方式のクレジット業者(契約書型クレジット)について、登録制を設け、契約書面交付義務及びクーリング・オフ制度を規定すること。

 以上のとおり、抜本的に割賦販売法の改正を行うよう求める意見書の提出を採択されるよう、請願されたものであります。

 なお、国においては、経済産業省の産業構造審議会割賦販売分科会基本問題小委員会が、平成19年2月から、クレジット被害の防止と取引適正化に向けて、割賦販売法の改正に関する審議を進めており、本年秋には、法改正の方向性が示されます。

 平成20年春の通常国会に、同法の法改正案が提出される見込みであることから、今が極めて重要な時期であります。

 同僚議員の各位の御賛同をお願いし、趣旨説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○鈴川智彦議長 請願第2号から、請願第4号についての紹介議員の説明はありませんか。

 安間寛子議員。



◆安間寛子議員 それでは、請願第2号から第4号まで通して、趣旨説明をさせていただきます。

 請願第2号 格差と貧困を広げないための、消費税改正の請願。

 平成17年から消費税の免税点が、1,000万円に下がり、多くの中小業者は価格をそのまま据え置きし、税務署に払う消費税は、身銭を切って納めている状況です。

 しかし、大企業は、商売相手に自分の判断価格で売ったとき、主に輸出ですが、そのときに政府がその売った分の消費税分を、後で返還するということになっています。

 その金額は、輸出上位10社だけでも、約1兆円と試算されています。

 消費税率が上がれば上がるほど、返還される消費税はふえます。逆に、国民・消費者や中小業者は、負担がふえるばかりになるのです。

 消費税率は上げないでください。免税点ももとに戻してください。簡易課税の上限ももとに戻すよう、そして、ことし値上げした住民税も減らすよう、国に要望してください。

 請願事項

1.以下の事項について、国に意見書を提出すること。

(1)格差と貧困を広げることになる、消費税率をアップさせないこと。

(2)免税点を3,000万円に戻すこと。(現在1,000万円)

(3)簡易課税の上限を2億円に戻すこと。(現在5,000万円)

(4)住民の負担が減るよう、国に住民税の増税中止の意見書を提出すること。

 次に、請願第3号 国民健康保険料等を安くするための請願。

 豊川市の国民健康保険料は、不動産を持たない4人家族で、月に30万円の所得の人でも年間の保険料は、介護保険料とあわせて、42万5,000円にもなります。

 これに、国民年金保険料、所得税、住民税とあわせると、98万円にもなり、3か月分余の所得が、税金などで出ていってしまいます。生活費を切り詰めて、払っていますが、とても払いきれない税金です。

 豊川市の国保料の滞納世帯は17%ぐらいですが、借金等があれば払うことができず、滞納になってもやむを得ない高い税金となっています。

 そこで、豊川市単独でもできる、国民健康保険料や介護保険料を、安くしていただけるよう要望します。

 そしてまた、豊川市の持ち出しを減らし、本来、国がやるべき社会保障として、国庫負担を上げるよう、国に要望してください。

 請願事項

1.国に、国保料を安くするように、国庫負担金を増額し、以前の45%になるよう意見書を提出してください。

2.国保料・市民税などが生活費に食い込むことのないよう、国民健康保険料を引き下げしてください。低所得者の減免制度の創設、復活をしてください。

3.介護保険料の引き下げをしてください。

 最後に、請願第4号 市議会の審議を、ケーブルテレビでの放映を求める請願。

 自治体や議会が何をどのように考え、どのようにしていこうとしているのかを、ケーブルテレビなどで放映することにより、小学校や中学校、高校のときから家の中で考えあうようになり、政治に関心を持つようになり、今、問題になっている若い層の選挙での投票率の向上にもつながると考え、次の事項について要望いたします。

 請願事項

1.市議会の委員会審議も含め、ケーブルテレビで放映してください。

 以上、請願第2号から第4号、ぜひ、議員の皆さんの賛同を、よろしくお願いいたします。



○鈴川智彦議長 ただいまの説明について、質疑はありませんか。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 質疑を終わります。

 ただいま、質疑を終わりました請願第1号から請願第4号までの4件は、請願文書表のとおり、各常任委員会及び議会運営委員会に、審査を付託します。

 以上で、本日の日程はすべて終わりました。

 本日は、これで散会します。

  (午後2時00分 散会)

 上記会議の顛末を記録し、その相違なきを証するため、ここに署名する。

  平成19年9月3日

     豊川市議会議長

        鈴川智彦

     豊川市議会議員

        大野良彦

     豊川市議会議員

        米谷俊子