議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊川市

平成17年 第3回定例会(9月) 09月12日−04号




平成17年 第3回定例会(9月) − 09月12日−04号







平成17年 第3回定例会(9月)



豊川市議会第3回定例会会議録   9月12日(月)第4号

平成17年9月12日 午後1時29分開議

出席議員

   第1番  大倉 淳     第2番  野中泰志

   第3番  高橋智之     第4番  兼佐誠一

   第5番  平松保則     第6番  牧田千枝子

   第7番  藤原宏樹     第8番  鈴木彰伯

   第9番  中村直巳     第10番  大野良彦

   第11番  西川米子     第12番  佐藤郁恵

   第13番  坂本松次郎    第14番  川上陽子

   第15番  井上和也     第16番  波多野 年

   第17番  米谷俊子     第18番  鈴木義章

   第19番  石畔八良     第20番  鈴川智彦

   第21番  山脇 実     第22番  松井忠雄

   第23番  近田富王     第24番  永井信義

   第25番  山内 学     第26番  石黒規吉

   第27番  滝下充生     第28番  清水春男

欠席議員

   なし

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

   市長       中野勝之      助役       細井 正

   収入役      森岡俊介      企画部長     鈴木不二夫

   総務部長     田中俊一      収納管理監    山口智弘

   健康福祉部長   河合 一      生活活性部長   武田久計

   建設部長     寺部冨士雄     市民病院事務局長 武田寅二

   消防長      鈴木正樹      上下水道部長   牧野定雄

   監査委員     片岡 勇      監査委員事務局長 早川善夫

   教育長      花井正文      教育部長     太田敏勝

出席した議会事務局職員

   事務局長     鈴木清市      事務局次長    足立昌弘

   議事課長補佐   松井秀之      庶務係長     星野和正

   議事調査係長   田中邦宏      書記       杉浦 傑

議事日程

   日程第1 会議録署名議員の指名

   日程第2 第58号議案 平成17年度豊川市一般会計補正予算(第3号)

   日程第3 第68号議案 豊川市火災予防条例の一部改正について

   日程第4 第70号議案 豊川市及び宝飯郡一宮町の廃置分合に伴う字の名称の変更について

   日程第5 第66号議案 豊川市手数料条例の一部改正について

   日程第6 第69号議案 豊川市三河国分尼寺跡史跡公園条例の制定について

   日程第7 第71号議案 公の施設の区域外設置に関する協議について

   日程第8 第73号議案 訴えの提起について

   日程第9 認定第1号 平成16年度豊川市一般会計決算の認定について

   日程第10 認定第2号 平成16年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計決算の認定について

   日程第11 認定第3号 平成16年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計決算の認定について

   日程第12 認定第4号 平成16年度豊川市公共下水道事業特別会計決算の認定について

   日程第13 認定第5号 平成16年度豊川市農業集落排水事業事業特別会計決算の認定について

   日程第14 認定第6号 平成16年度豊川市公共駐車場事業特別会計決算の認定について

   日程第15 認定第7号 平成16年度豊川市国民健康保険特別会計決算の認定について

   日程第16 認定第8号 平成16年度豊川市老人保健特別会計決算の認定について

   日程第17 認定第9号 平成16年度豊川市介護保険特別会計決算の認定について

   日程第18 認定第10号 平成16年度豊川市在宅介護支援事業特別会計決算の認定について

   日程第19 認定第11号 平成16年度豊川市土地取得特別会計決算の認定について

   日程第20 認定第12号 平成16年度豊川市水道事業決算の認定について

   日程第21 認定第13号 平成16年度豊川市病院事業決算の認定について

   日程第22 第59号議案 平成17年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

   日程第23 第60号議案 平成17年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

   日程第24 第61号議案 平成17年度豊川市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

   日程第25 第62号議案 平成17年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

   日程第26 第63号議案 平成17年度豊川市老人保健特別会計補正予算(第2号)

   日程第27 第64号議案 平成17年度豊川市介護保険特別会計補正予算(第2号)

   日程第28 第65号議案 平成17年度豊川市水道事業会計補正予算(第2号)

   日程第29 第67号議案 豊川市野外センター条例の一部改正について

   日程第30 第72号議案 東三河地方教育事務協議会規約の変更について

本日の会議に付した案件

   議事日程に同じ

  (午後1時29分 開議)



○滝下充生議長 ただいまから、本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、野中泰志議員、高橋智之議員を指名します。

 日程第2、第58号議案 平成17年度豊川市一般会計補正予算(第3号)を議題とします。

 ただいまから質疑を行います。

 質疑の通告はありませんので、質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま質疑を終わりました第58号議案は、正・副議長を除く26人の委員で構成する予算特別委員会を設置して付託したいと思います。異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第58号議案は、正・副議長を除く26人の委員で構成する予算特別委員会を設置して付託することに決定しました。

 次に、日程第3、第68号議案 豊川市火災予防条例の一部改正についてから、日程第8、第73号議案 訴えの提起についてまでの6件を一括して議題とします。

 ただいまから質疑を行います。

 第73号議案について質疑の通告がありますので、発言を許可します。

 佐藤郁恵議員。



◆佐藤郁恵議員 第73号議案の訴えの提起についての質疑を行います。

 これはできる限り、納付指導の中で支払っていただくのが基本となると思うわけですが、法的措置の対象となるお二人につきまして、どのような納付指導をしてこられたのか。また、それに対する反応がどうであったか、まずお伺いをします。



○滝下充生議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 まず納付指導ということについてお答えをさせていただきます。

 今回の対象者でございますが、2名おられまして、数年前からほぼ毎月、訪問をしまして、家賃の納付をお願いしてまいりました。また、不在の場合、そういう場合につきましては、住宅の郵便受けなどに手紙を入れて対応してきたと、こんなようなことをしております。

 しかしながら、長期にわたり滞納が続いたため、昨年12月から家賃滞納整理事務処理要綱に基づいて、法的措置を見据えた納付指導を行ってまいりました。その内容につきましては、催告状と送付はもちろんのことでありますけれども、保証人にも数回にわたり連絡して面談等で協力をしていただいたと、こういうことでございます。

 しかしながら、この二人につきましては、市からの通告に対しましても完全に無視をされまして、保証人の協力も得られなかったと。そういうような状況でございます。

 以上でございます。



○滝下充生議長 佐藤郁恵議員。



◆佐藤郁恵議員 そうしますと、数年にわたって訪問したけれども、会えなかったり、会った場合でもその後、納めてもらえていないという状況が続いてきたということです。

 それで、経済的負担能力の点なんですが、恐らく経済的負担能力はあるというふうに見ておられると思うわけですが、その状況についてごく簡単にお伺いできる範囲で伺えたらと思います。

 それから、この滞納者の経済状況や家庭の事情というのは、市として調査されると思うんですが、どういう方法で調査されているのか、お伺いしたいと思います。

 2問目の最後になりますが、県下でこのような法的措置を行っている自治体が現在どれくらいあるのか。本市としては初めてになると思うんですか。県下の状況についてお伺いしておきたいと思います。



○滝下充生議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 まず、今回の法的措置の対象者に経済的負担能力はあるかということでございますが、今回の二人につきましては、まず1名につきましては、56歳という年齢でございまして、ひとり暮らしでございます。この方は、自営業を営んでおりまして、特に扶養家族もおられんというようなこと。また、この方の家賃が月額1万4,100円でもありますので、家賃の支払い能力は十分あるというふうに判断をしました。

 また、もう1名は、51歳の男性で、妻と子供2人の4人家族となっており、本人は市内の会社に勤務をしております。子供は2人とも既に成人をしておりまして、そのうちの1名は市内の企業に勤めておられます。したがいまして、この方も家賃の支払い能力は十分あるというふうに判断をしました。

 それから、滞納者の経済状況や家庭の事情の調査ということでございますが、まず所得につきましては、毎年収入報告書を提出していただいております。また、本人の承諾を得て、市民税課の課税資料でも確認をしております。そのほか、家庭の事情などは夜間、職員が訪問するなどして本人や家族からさまざまなお話を伺っておるということでございます。

 それから、愛知県下で法的措置を行っている自治体ということでございますが、愛知県を始めといたしまして、豊橋市、岡崎市、豊田市など比較的大きな市、ここにつきましては4、5年前から既に実施をされておるという状況でございます。

 また、本市と同程度の市でいきますと、平成15年に刈谷市が、平成16年度に半田市がこのような法的措置を始めたということでございます。

 なお、近隣の蒲郡市、新城市、田原市などはまだ行っていないという状況でございます。

 以上でございます。



○滝下充生議長 佐藤郁恵議員。



◆佐藤郁恵議員 お話聞く範囲ですと、経済負担能力はあると判断できるということなんですが、最近のいろんな事情から、何か事情が隠されているということも考えられないわけではないと思います。

 それで法的措置で退去した場合、心配されることもあると思うわけです。この夏に諏訪の県営住宅でもとの入居者の方が退去後、これ法的措置かどうかわかりませんが、退去後、もとの部屋に侵入をされて焼身自殺されたというふうにお伺いをしているわけですが、十分に話し合いなく、退去された場合に、問題も起こる可能性があると思います。

 それで、議案には提起後も市の授権事項としまして、和解、それから、本件訴訟の不起訴、本件訴訟の取り下げなど必要に応じてできることになっております。

 それで今後、接触できる機会も出てくるんじゃないかと思うんですが、そういう中で問題の解決ですとか、本人に支払いの意欲が見られた場合に、こういった和解や不起訴や訴訟の取り下げもできる限り、そういった場合は対応していく必要があると思いますが、この点についてどう考えておられるのか、お伺いしたいと思います。



○滝下充生議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 まず、退去させたときの問題点ということでございますけれども、今回、この法的措置の対象になる方が一応37名ございました。その中で、職員等がいろいろ本人ともヒアリング等々しまして、そのうち17名を審査委員会にかけて議論をさせていただいております。その中で、家庭の事情だとか、それから、子供さんの問題、老人世帯であるだとか、生活保護者だとか、また、生計の主たる方が長期療養中であるだとか、というような、そういうものも十二分に考慮しまして、最終的に支払いの意思がないと言われる2名を今回こういうような法的措置を講ずるという対象にしたということでございます。

 しかしながら、今後、本人が支払いの意思が生じただとか、それなりの対応をするという状況があれば、今後の手続の中で訴えを起こすことを中止するということはできるということになっておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○滝下充生議長 以上で通告による質疑を終わりました。

 ただいま質疑を終わりました第68号議案から第73号議案までの6件は、お手元に配付の議案付託表のとおり、各常任委員会に審査を付託します。

 次に、日程第9、認定第1号 平成16年度豊川市一般会計決算の認定についてから、日程第21、認定第13号 平成16年度豊川市病院事業決算の認定についてまでの13件を一括して議題とします。

 ただいまから質疑を行います。

 通告はありませんので、質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま質疑を終わりました認定第1号から認定第13号までの13件は、14名の委員をもって構成する決算特別委員会を設置して付託したいと思います。異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、認定第1号から認定第13号までの13件は、14名の委員をもって構成する決算特別委員会を設置して付託することに決定しました。

 お諮りします。ただいま設置された決算特別委員会の委員の選任は、委員会条例第7条第1項の規定により野中泰志議員、高橋智之議員、牧田千枝子議員、藤原宏樹議員、西川米子議員、井上和也議員、米谷俊子議員、鈴木義章議員、石畔八良議員、鈴川智彦議員、山脇 実議員、近田富王議員、永井信義議員、清水春男議員、以上の14名の方を指名したいと思います。異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました14名の方を決算特別委員会の委員に選任することに決定しました。

 次に、日程第22、第59号議案 平成17年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)から日程第30、第72号議案 東三河地方教育事務協議会規約の変更についてまでの9件を一括して議題とします。

 ただいまから質疑を行います。

 第64号議案について質疑の通告がありますので、発言を許可します。

 佐藤郁恵議員。



◆佐藤郁恵議員 これは簡単に伺います。

 歳出の13ページに介護給付費準備基金積立金879万9,000円があります。それで、介護給付費準備基金積立金につきましては、昨年、16年度の決算を見てみますと、2億7,465万1,905円積み立てがあったと思います。それで、今回のこの補正も含めまして、17年度末にこの積立金がどのくらいになる見込みか、お伺いしておきたいと思います。といいますのも、ことしでこの介護保険の3年のサイクルが一通り終わりますので、次の見直しの時期が、見直しの初年度は来年の4月からになります。前回、この時点で積立金が前回の見直しのときの積立金が3億1,000万円ほどあったと思いますので、今回、最終年度末にどのくらいになるのか、お伺いしておきたいと思います。



○滝下充生議長 健康福祉部長。



◎河合一健康福祉部長 平成17年度末の基金残高でございますけれども、今回のお願いしております補正額を含めまして、17年度末におきましては1億5,050万円ほどを見込んでおります。

 以上であります。



○滝下充生議長 以上で通告による質疑は終わりました。

 お諮りします。ただいま質疑を終わりました第59号議案から第72号議案までの9件は、委員会への付託を省略したいと思います。異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、委員会への付託は省略することに決定しました。

 それでは、第59号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第59号議案 平成17年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。

 次に、第60号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第60号議案 平成17年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。

 次に、第61号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第61号議案 平成17年度豊川市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。

 次に、第62号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第62号議案 平成17年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。

 次に、第63号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第63号議案 平成17年度豊川市老人保健特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。

 次に、第64号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第64号議案 平成17年度豊川市介護保険特別会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。

 次に、第65号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第65号議案 平成17年度豊川市水道事業会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。

 次に、第67号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第67号議案 豊川市野外センター条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。

 次に、第72号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第72号議案 東三河地方教育事務協議会規約の変更については、原案のとおり可決されました。

 以上で本日の日程はすべて終わりました。

 本日はこれで散会します。

  (午後1時50散会)

 上記会議の顛末を記録し、その相違なきを証するため、ここに署名する。

  平成17年9月12日

     豊川市議会議長

          滝下充生

     豊川市議会議員

          野中泰志

     豊川市議会議員

          高橋智之