議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊川市

平成17年 第3回定例会(9月) 09月02日−01号




平成17年 第3回定例会(9月) − 09月02日−01号







平成17年 第3回定例会(9月)



豊川市議会第3回定例会会議録   9月2日(金)第1号

平成17年9月2日 午後1時29分開会

出席議員

   第1番  大倉 淳     第2番  野中泰志

   第3番  高橋智之     第4番  兼佐誠一

   第5番  平松保則     第6番  牧田千枝子

   第7番  藤原宏樹     第8番  鈴木彰伯

   第9番  中村直巳     第10番  大野良彦

   第11番  西川米子     第12番  佐藤郁恵

   第13番  坂本松次郎    第14番  川上陽子

   第15番  井上和也     第16番  波多野 年

   第17番  米谷俊子     第18番  鈴木義章

   第19番  石畔八良     第20番  鈴川智彦

   第21番  山脇 実     第22番  松井忠雄

   第23番  近田富王     第24番  永井信義

   第25番  山内 学     第26番  石黒規吉

   第27番  滝下充生     第28番  清水春男

欠席議員

   なし

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

   市長       中野勝之      助役       細井 正

   収入役      森岡俊介      企画部長     鈴木不二夫

   総務部長     田中俊一      収納管理監    山口智弘

   健康福祉部長   河合 一      生活活性部長   武田久計

   建設部長     寺部冨士雄     市民病院事務局長 武田寅二

   消防長      鈴木正樹      上下水道部長   牧野定雄

   監査委員     片岡 勇      監査委員事務局長 早川善夫

   教育長      花井正文      教育部長     太田敏勝

出席した議会事務局職員

   事務局長     鈴木清市      事務局次長    足立昌弘

   議事課長補佐   松井秀之      庶務係長     星野和正

   議事調査係長   田中邦宏      書記       杉浦 傑

議事日程

   第1 会議録署名議員の指名

   第2 会期の決定について

   第3 第58号議案 平成17年度豊川市一般会計補正予算(第3号)

   第4 第59号議案 平成17年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

   第5 第60号議案 平成17年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

   第6 第61号議案 平成17年度豊川市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

   第7 第62号議案 平成17年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

   第8 第63号議案 平成17年度豊川市老人保健特別会計補正予算(第2号)

   第9 第64号議案 平成17年度豊川市介護保険特別会計補正予算(第2号)

   第10 第65号議案 平成17年度豊川市水道事業会計補正予算(第2号)

   第11 第66号議案 豊川市手数料条例の一部改正について

   第12 第67号議案 豊川市野外センター条例の一部改正について

   第13 第68号議案 豊川市火災予防条例の一部改正について

   第14 第69号議案 豊川市三河国分尼寺跡史跡公園条例の制定について

   第15 第70号議案 豊川市及び宝飯郡一宮町の廃置分合に伴う字の名称の変更について

   第16 第71号議案 公の施設の区域外設置に関する協議について

   第17 第72号議案 東三河地方教育事務協議会規約の変更について

   第18 第73号議案 訴えの提起について

   第19 認定第1号 平成16年度豊川市一般会計決算の認定について

   第20 認定第2号 平成16年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計決算の認定について

   第21 認定第3号 平成16年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計決算の認定について

   第22 認定第4号 平成16年度豊川市公共下水道事業特別会計決算の認定について

   第23 認定第5号 平成16年度豊川市農業集落排水事業特別会計決算の認定について

   第24 認定第6号 平成16年度豊川市公共駐車場事業特別会計決算の認定について

   第25 認定第7号 平成16年度豊川市国民健康保険特別会計決算の認定について

   第26 認定第8号 平成16年度豊川市老人保健特別会計決算の認定について

   第27 認定第9号 平成16年度豊川市介護保険特別会計決算の認定について

   第28 認定第10号 平成16年度豊川市在宅介護支援事業特別会計決算の認定について

   第29 認定第11号 平成16年度豊川市土地取得特別会計の決算の認定について

   第30 認定第12号 平成16年度豊川市水道事業決算の認定について

   第31 認定第13号 平成16年度豊川市病院事業決算の認定について

   第32 同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて

   第33 同意第5号 公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて

   第34 同意第6号 監査委員の選任につき同意を求めることについて

   第35 報告第6号 平成17年度豊川市一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認を求めることについて

   第36 報告第7号 平成16年度豊川市一般会計継続費の精算について

   第37 報告第8号 豊川市土地開発公社の平成16年度事業報告について

   第38 報告第9号 豊川市開発ビル株式会社の経営状況について

本日の会議に付した案件

   1、議事日程に同じ

  (午後1時29分 開会)



○滝下充生議長 ただいまから平成17年豊川市議会第3回定例会を開会します。本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、松井忠雄議員、近田富王議員を指名します。

 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

 お諮りします。今期定例会の会期は、本日から9月30日までの29日間にしたいと思います。異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、会期は本日から9月30日までの29日間に決定しました。

 ただいま決定しました会期中の議事の予定は、お手元に配付の会期日程のとおり行います。

 次に、日程第3、第58号議案 平成17年度豊川市一般会計補正予算(第3号)から日程第31、認定第13号 平成16年度豊川市病院事業決算の認定についてまでの29件を一括して議題とします。

 提案者に説明をお願いします。

 総務部長。



◎田中俊一総務部長 第58号議案 平成17年度豊川市一般会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

 1ページをお開きください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額にそれぞれ9億632万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ352億9,187万6,000円とするものでございます。

 次に、債務負担行為の補正でございますが、第2条のとおり、債務負担行為の追加は、第2表 債務負担行為によるものでございます。

 次に、地方債の補正でございますが、第3条のとおり、地方債の変更は、第3表 地方債補正によるものでございます。

 まず歳出から説明しますので、20ページをお開きください。

 2款総務費、1項3目広報費41万4,000円の追加でございますが、これは一宮町との合併に伴う、広報とよかわ2月1日号から4月1日号の増刷分でございます。

 6目財産管理費4億6,000万円の追加でございますが、これは前年度繰越金の確定に伴い、その2分の1以上を財政調整基金に積み立てるものでございます。

 25目合併推進事業費でございますが、これは前回6月補正予算に続き、一宮町との合併関連経費を独立した目として計上したものでございます。今回は、住基・税情報システム開発委託4,706万1,000円を始め、総額7,222万1,000円計上させていただきました。

 それでは、事業別に説明をさせていただきます。

 議会事務局、8517細目の540万5,000円の追加でございますが、これは合併後の市議会議員数の増に対応した議場等の改修工事費及び備品購入費でございます。

 企画課、8516細目の124万3,000円の追加でございますが、これは合併記念式典と一宮総合支所開所式の開催経費でございます。

 秘書課、8518細目の42万円の追加でございますが、これは一宮町との合併時に発行する市勢要覧の印刷費でございます。

 情報システム課、8505細目の4,706万1,000円の追加でございますが、これは合併に対応する、住基・税情報システム開発委託料で、古いシステムを更新するものでございます。

 財政課、8504細目の32万円の追加でございますが、これは合併時の予算統合にかかる補正予算書の印刷費でございます。

 市民課、8502細目の2万1,000円の追加でございますが、これは一宮総合支所と結ぶファクシミリの設定変更費でございます。

 保険年金課、8512細目の314万2,000円と、8513細目の170万4,000円の追加でございますが、これは合併に対応する国民健康保険及び老人保健システムの開発に伴う経費についての各特別会計への繰出金でございます。

 消防本部、8519細目の1,290万5,000円の追加でございますが、これは消防団員の被服費と、通信司令システムに一宮分団分を追加する開発委託料でございます。

 また、32、33ページに、住基・税情報システム開発委託について、債務負担行為として平成18年度の支出予定額がわかる調書を添付してございます。

 21ページの一番下をごらんください。

 2款総務費、2項2目賦課費200万円の追加でございますが、これは市税納期前納付報奨金でございます。

 3目徴収費2,243万2,000円の追加でございますが、これは市税収納嘱託員の報酬等の243万2,000円及び、1枚おめくりいただきまして、市税過誤納還付金及び還付加算金2,000万円でございます。

 4項4目市議会議員一宮選挙区増員選挙費1,825万6,000円の追加でございますが、これは一宮町との合併後実施される市議会議員の増員選挙に係る職員時間外手当、選挙長、選挙立会人、投票管理者等の報酬その他事務費でございます。

 なお、30ページに給与費明細書を添付してございます。

 1枚おめくりください。

 3款民生費、1項1目社会福祉総務費603万4,000円の追加でございますが、これは平成16年度の事業費の確定に伴う国庫負担金及び国庫補助金の返納額でございます。

 2項1目児童福祉総務費326万7,000円の追加でございますが、これも平成16年度の事業費の確定に伴う国庫負担金及び国庫補助金の返納額でございます。

 2目公立保育所費3,121万4,000円の追加でございますが、これは入所児童数の増等に伴う管理運営費及び臨時職員給等でございます。

 3目私立保育所費1,138万円の追加でございますが、これは入所児童数の増等に伴う運営費補助金1,519万7,000円の減額と、職員配置強化費2,531万5,000円と、特別保育事業費126万2,000円の増額でございます。

 4款衛生費、1項4目保健センター費60万円の追加でございますが、これは空調機の故障による修繕料でございます。

 1枚おめくりください。

 8款土木費、4項2目土地区画整理費1億3,430万円の追加でございますが、これはまちづくり交付金の確定に伴い豊川西部土地区画整理事業特別会計への繰出金を5,730万円、豊川駅東土地区画整理事業特別会計への繰出金を7,700万円追加するものでございます。

 3目街路事業費9,920万円の追加でございますが、これはまちづくり交付金の確定に伴うものでございます。

 4目公共下水道費296万3,000円の減額でございますが、これは高金利債の低金利債への借りかえを行う公共下水道特別会計への繰出金を減額するものでございます。

 5項1目住宅管理費159万5,000円の追加でございますが、市営住宅使用料の滞納対策経費でございます。

 1枚おめくりください。

 2目住宅建設費141万4,000円の追加でございますが、これは市営住宅のデジタル放送対応改善委託料でございます。

 10款教育費、2項1目学校管理費2,790万円の追加でございますが、これは3小学校、三蔵子、八南、天王の防火シャッター整備工事費でございます。

 3項1目学校管理費1,470万円の追加でございますが、これは2中学校、西部、代田の防火シャッター整備工事費でございます。

 4項2目文化財保護費56万円の追加でございますが、国指定文化財三明寺本堂内宮殿保存修理事業に対する、国・県の補助制度にあわせた市からの補助金でございます。

 5項5目学校給食費180万円の追加でございますが、これは学校給食センターの生ごみ処理機の修繕料でございます。

 以上で歳出を終わりまして、歳入の御説明を申し上げますので、14ページをお開きください。

 10款地方特例交付金、1項1目地方特例交付金5,568万9,000円の追加でございますが、これは普通地方交付税算定に伴う交付金額の確定によるものでございます。

 11款地方交付税、1項1目地方交付税1億6,383万9,000円の減額でございますが、これは普通地方交付税の額の確定に伴うものでございます。

 13款分担金及び負担金、1項1目民生費負担金5,056万6,000円の追加でございます。これは公立保育所負担金及び私立保育所負担金の入所児童数の増加に伴うものでございます。

 3目総務費負担金860万3,000円の追加でございます。これは合併推進事業に係る経費のうち、豊川市が契約するものについての一宮町からの負担金でございます。

 15款国庫支出金、2項2目衛生費国庫補助金でございますが、従来からの浄化槽設置整備事業費国庫補助金が、汚水処理施設整備交付金となったものです。

 3目土木費国庫補助金7,861万4,000円でございますが、まちづくり交付金7,182万2,000円を追加し、住宅整備費国庫補助金を458万9,000円減額、地域住宅交付金を1,138万1,000円追加するものでございます。

 19款繰入金、1項1目老人保健特別会計繰入金1億1,592万3,000円と、17ページの4目介護保険特別会計繰入金4,015万4,000円でございますが、いずれも、平成16年度の事業費の確定に伴う精算分の繰入金の追加でございます。

 2項1目財政調整基金繰入金は、2億1,000万円の追加でございます。

 20款繰越金、1項1目繰越金は、前年度繰越金2億4,033万円の追加でございます。

 21款諸収入、4項4目民生費収入118万4,000円の追加でございますが、これは公立保育所職員の増加に伴う職員給食費徴収金等でございます。

 22款市債でございます。1目総務債、5目土木債、7目教育債、8目市民税等減税補てん債、1枚おめくりいただきまして、9目臨時財政対策債、総額で2億6,910万円の追加でございます。先ほど歳出の方で御説明しました事業費補正等に伴う追加でございます。

 なお、34、35ページに平成16年度末の現在高と、17年度末現在高見込額に関する調書が添付してございます。ごらんいただくということで説明の方は省略させていただきます。

 以上で第58号議案の説明を終わらせていただきます。



○滝下充生議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 第59号議案 平成17年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明を申し上げます。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額にそれぞれ5,730万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ10億460万円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして、説明書で御説明します。

 まず、歳出から御説明しますので、12ページをお開きください。

 2款事業費、1項1目工事費5,730万円の追加でございますが、国庫補助金の追加配分によるもので、区画道路等の工事の追加を行うものでございます。

 次に、歳入につきまして御説明申し上げますので、10ページをお開きください。

 4款繰入金、1項1目一般会計繰入金5,730万円の追加でございますが、これは先ほど申し上げましたとおり、国庫補助金の追加配分に伴い、一般会計繰入金を追加するものでございます。

 以上でございます。

 続きまして、第60号議案 平成17年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げます。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額にそれぞれ7,700万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億590万円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして、説明書で御説明します。

 まず、歳出から御説明をしますので、12ページをお開きください。

 2款事業費、1項1目工事費7,700万円の追加でございますが、国庫補助金の追加配分によるもので、整地工事、区画道路築造工事などの工事費及び建物等補償費の追加を行うものでございます。

 次に、歳入について御説明を申し上げますので、10ページをお開きください。

 3款繰入金、1項1目一般会計繰入金7,700万円の追加でございますが、これは、先ほど申し上げました国庫補助金の追加配分に伴い、一般会計繰入金を追加するものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いをします。



○滝下充生議長 上下水道部長。



◎牧野定雄上下水道部長 第61号議案 平成17年度豊川市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出の総額にそれぞれ1億7,255万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ40億5,315万3,000円とするものでございます。

 次に、地方債の補正でございますが、第2条のとおり、地方債の変更は、第2表 地方債補正によるものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算について御説明します。

 まず歳出から御説明しますので、14ページをお開きください。

 2款下水道建設費、1項1目下水道建設費7,201万6,000円を追加するものでございます。この事業内容でございますが、国庫補助公共下水道整備事業として、第8次拡張整備事業地区内の管渠位置設計業務委託に1,440万円、豊川駅東区画整理事業地区の汚水管築造工事に2,880万円、御油西部地区の汚水管渠築造工事に2,820万円、事務費に61万6,000円を追加するものでございます。

 次に3款公債費、1項1目元金は1億350万円を追加するものでございます。これは昭和55年度に借り入れました利率7.6%の下水道事業債のうち、1億350万円が低金利の借換債として認められましたことによりまして、高金利の企業債について繰上償還をするものでございます。

 3款公債費、1項2目利子296万3,000円を減額するものでございます。これは公庫資金債のうち利率7.5%以上を対象として、低金利の企業債への借りかえが認められたことによるものでございます。

 次に、歳入について御説明しますので、12ページをお開きください。

 1款分担金及び負担金、1項1目下水道事業費負担金につきましては、公共下水道事業の実施に伴う受益者負担金現年度分を150万8,000円追加するものでございます。

 次に、3款国庫支出金、1項1目下水道事業費国庫補助金につきましては、公共下水道事業費国庫補助金を3,570万8,000円追加するもので、これは交付決定額の増額によるものでございます。

 次に、5款繰入金、1項1目一般会計繰入金につきましては、296万3,000円減額するもので、これは借りかえに伴う公債費利子の減額相当でございます。

 次に8款市債、1項1目下水道事業債は1億3,830万円を追加するもので、これは公共下水道事業の実施に伴う事業費の追加と、公営企業借換債の借り入れによるものでございます。

 次に、地方債の補正について御説明申し上げますので、4ページをお開きください。

 第2表 地方債の補正でございますが、内容につきましては、公共下水道事業の限度額を7億7,340万円に、1億3,830万円を追加し9億1,170万円とするものでございます。

 以上で地方債の補正の説明を終わらせていただきます。

 なお、16ページに地方債の平成16年度末現在高及び平成17年度末現在高見込額に関する調書を添付させていただいておりますが、説明につきましては省略させていただきます。

 以上で第61号議案 平成17年度豊川市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 健康福祉部長。



◎河合一健康福祉部長 第62号議案 平成17年度豊川市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ314万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ97億5,678万8,000円とするものでございます。

 次に、債務負担でございますが、第2条のとおり、地方自治法第214条の規定により、債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、第2表 債務負担行為によるものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして説明書で御説明申し上げます。

 まず、歳出から御説明しますので、12ページをごらんください。

 1款総務費、1項3目合併推進事業費314万2,000円の追加でございます。これは合併に伴います平成17年度分国民健康保険システムの開発委託料でございます。

 次に、歳入について御説明しますので、10ページをごらんください。

 9款繰入金、1項1目一般会計繰入金314万2,000円の追加でございます。これはシステム開発に伴います一般会計からの繰入金でございます。

 次に債務負担について御説明しますので、4ページをごらんください。

 第2表 債務負担行為でございますが、合併に伴います国民健康保険システムの開発委託につきまして、その債務負担行為の期間を平成18年度、限度額を4,957万6,000円と設定するものでございます。

 なお、財源内訳等の調書につきましては14ページ、15ページに添付してございますが、説明の方は省略させていただきます。

 続きまして、第63号議案 平成17年度豊川市老人保健特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億5,569万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ84億1,025万7,000円とするものでございます。

 次に、債務負担行為でございますが、第2条のとおり、地方自治法第214条の規定により、債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、第2表 債務負担行為によるものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして説明書で御説明申し上げます。

 まず、歳出から御説明申し上げますので、12ページをごらんください。

 1款総務費、1項2目合併推進事業費170万4,000円の追加でございます。これは合併に伴います平成17年度分老人保健システムの開発委託でございます。

 3款諸支出金、1項1目償還金3,807万円の追加でございます。これは平成16年度の精算に伴います社会保険診療報酬支払基金、国及び県への返納金でございます。

 2項1目一般会計操出金、1億1,592万3,000円の追加でございます。これは平成16年度の精算に伴います一般会計への操出金でございます。

 次に、歳入について御説明申し上げます。10ページをごらんください。

 1款支払基金交付金、1項2目審査支払手数料交付金50万円の追加でございます。これは平成16年度の精算によるものでございます。

 5款繰入金、1項1目一般会計繰入金170万4,000円の追加でございます。これは老人保健システムの開発委託料に対します一般会計からの繰入金でございます。

 6款繰越金、1項1目繰越金1億5,349万3,000円の追加でございます。これは前年度からの繰越金でございます。

 次に、債務負担行為について御説明申し上げます。4ページをごらんください。

 第2表 債務負担行為でございますが、合併に伴います老人保健システムの開発委託につきまして、その債務負担行為の期間を平成18年度、限度額を1,438万4,000円に設定するものでございます。

 なお、財源内訳等の調書を14ページ、15ページに添付してございますが、説明の方は省略させていただきます。

 引き続きまして、第64号議案 平成17年度豊川市介護保険特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 1ページをごらんください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額に4,895万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ44億2,573万7,000円とするものでございます。

 それでは、歳入歳出の補正予算につきまして説明書で御説明申し上げます。

 まず、歳出から御説明しますので、12ページをごらんください。

 4款基金積立金、1項1目介護給付費準備基金積立金879万9,000円の追加でございますが、平成16年度の保険給付費が確定したことに伴い、介護給付費準備基金に積み立てるものでございます。

 5款諸支出金、2項1目一般会計操出金4,015万4,000円の追加でございますが、これも前年度の精算に伴い、一般会計に繰り出しをするものでございます。

 次に、歳入について御説明申し上げますので、10ページをごらんください。

 3款国庫支出金、1項1目介護給付費負担金94万円の追加、4款支払基金交付金、1項1目介護給付費交付金453万2,000円の追加及び5款県支出金、1項1目介護給付費負担金58万8,000円の追加でございますが、いずれも前年度分の交付不足額を受け入れるものでございます。

 6款財産収入、1項1目利子及び配当金2,000円の追加でございますが、介護給付費準備基金の運用利子を計上したものでございます。

 8款繰越金、1項1目繰越金でございますが、前年度繰越金4,289万1,000円を追加するものでございます。

 以上で第62号議案から第64号議案までの補正予算の説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○滝下充生議長 上下水道部長。



◎牧野定雄上下水道部長 第65号議案 平成17年度豊川市水道事業会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 第1条は、総則でございます。

 第2条は、収益的支出の補正で、1款水道事業費用につきまして、2項営業外費用で230万円を減額し、23億7,681万6,000円とするものでございます。

 第3条は資本的収入及び支出の補正で、予算第4条本文括弧書を「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額6億8,474万1,000円は、減債積立金6,000万円、建設改良積立金3,500万円、過年度分損益勘定留保資金4億6,279万4,000円、当年度分損益勘定留保資金1億1,301万5,000円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,393万2,000円で補てんするものとする。」に改め、1款資本的収入につきまして、1項企業債を7,770万円増額し、4億7,537万4,000円とし、1款資本的支出につきまして、3項企業債償還金を7,770万円増額し、11億6,011万5,000円とするものでございます。

 第4条は企業債の補正で、公営企業借換債として7,770万円を追加し、起債の限度額を1億4,350万円とするものでございます。

 それでは、補正予算の内容につきまして説明書で御説明しますので、9ページをお開きください。

 収益的支出でございますが、1款水道事業費用230万円の減額は、2項1目42節企業債利息の減額によるものでございます。これは本年度公庫資金債のうち、利率7.5%以上を対象として、低金利の企業債への借りかえが認められたことによるものでございます。

 続きまして、資本的収入及び支出のうち収入でございますが、1款資本的収入7,770万円の増額は1項1目1節企業債の増額によるものでございます。これは公営企業金融公庫の企業債で、昭和55年に借り入れました利率8.6%と8.1%の2件あわせて7,770万円が借りかえの対象になりましたので、今回、低金利の借換債を同額借り入れるものでございます。

 次に支出でございますが、1款資本的支出7,770万円の増額は、3項1目44節企業債償還金の増額によるものでございます。これは、借りかえの対象となりました高金利企業債について、繰上償還するものでございます。

 なお、5ページ以降に資金計画書、予定貸借対照表を添付させていただいておりますが、説明については省略させていただきます。

 以上で第65号議案 平成17年度豊川市水道事業会計補正予算(第2号)についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 健康福祉部長。



◎河合一健康福祉部長 第66号議案 豊川市手数料条例の一部改正について御説明申し上げます。

 今回の改正は、住民基本台帳の一部の写しの閲覧事務を、より適正に行うということで、閲覧リストの配列を家族構成のわかる地番順から市全体を氏名のあいうえお順に変更し、それに伴う手数料について所要の措置を講ずるものでございます。

 改正の内容としましては、住民基本台帳閲覧手数料について、1世帯ごとに1件として取り扱いをしていたものを、1人ごとに1件として取り扱うため、別表第2の備考第1項中、1世帯を1人に改めるものでございます。

 なお、附則としまして、この条例は平成17年10月1日から施行するものでございます。

 以上で第66号議案 豊川市手数料条例の一部改正について説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○滝下充生議長 教育部長。



◎太田敏勝教育部長 第67号議案 豊川市野外センター条例の一部改正について御説明申し上げます。

 今回の改正は、市町村合併により、北設楽郡設楽町区域内の字の名称が変更となることに伴い、所要の規定の整備を行うものでございます。

 改正の内容ですが、野外センターの設置場所である、第2条中、「北設楽郡設楽町大字田峯字段戸1番地1」を「北設楽郡設楽町田峯字段戸1番地1」に改めるものでございます。

 なお、附則としまして、この条例は平成17年10月1日から施行するものでございます。

 以上で第67号議案 豊川市野外センター条例の一部改正についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 消防長。



◎鈴木正樹消防長 第68号議案 豊川市火災予防条例の一部改正について御説明申し上げます。

 今回の改正は、消防法の一部改正等により、燃料電池発電設備は火を使用する設備として定められたこと。住宅に住宅用防災機器の設置が義務づけられ、その設置及び維持に関する基準等を条例で定めることとされたこと。指定数量未満の危険物及び指定可燃物を貯蔵し、または取り扱う場所の位置、構造及び設備の基準を条例で定めることとされたこと。並びに再生資源燃料が指定可燃物の品名に追加されたこと等に伴い、所要の規定の整備を行うものでございます。

 改正の内容でございますが、第4条の改正は、現在使用することが想定されない石綿について、ボイラーの蒸気管を被覆する遮熱材料の例示から削除するものでございます。

 第8条の3につきましては、燃料電池発電設備を新たに火を使用する設備として定め、位置、構造及び管理の基準等を規定しています。

 また、燃料電池発電設備のうち、出力10キロワット未満を固体高分子型燃料電池発電設備にあって、その使用に際し、異常が発生した場合において、安全を確保するための有効な措置を講じられたものは、屋外において建築物からの距離を保有すること等を要しないこととしたものでございます。

 第12条の改正は、気体燃料を使用する出力10キロワット未満の内燃機関を原動力とする発電設備のうち、その使用に際して、異常が発生した場合において安全を確保するための措置を講じられたものは、屋外において建築物からの距離を保有すること等を要しないこととしたものでございます。

 第17条の2の改正は、建築基準法施行例の一部改正において、煙突に関する規定が改正されたことに伴い、所要の整備をするものでございます。

 第29条の改正は、火災に関する警報が発せられた場合における火の使用について、山林、原野等の場所で火災が発生する恐れが大であると認めて市長が指定した区域内において喫煙をしないことを追加したものでございます。

 第29条の2は、住宅の関係者は第29条の3及び第29条の4に定める基準に従って、住宅用防災警報器または住宅用防災報知設備を設置し、及び維持しなければならないことを定めたものでございます。

 第29条の3及び第29条の4は、住宅用防災警報器または住宅用防災報知設備の感知器を設置すべき住宅の部分及び位置、住宅の部分に応じた住宅用防災警報器または住宅用防災報知設備の感知器の種別、その他住宅用防災警報器等の設置及び維持に関する基準の細目を定めたものでございます。

 具体的な住宅の部分及び位置としましては、寝室、台所、階段等の天井または壁の屋内に面する部分でございます。

 第29条の5は、一定のスプリンクラー設備または自動火災報知設備等を設置した場合については、住宅用防災警報器等の設置及び維持を免除することを定めたものでございます。

 第29条の6は、住宅用防災警報器等の設置及び維持の基準について、住宅における火災の発生、または延焼の恐れが著しく少なく、かつ、住宅における火災による被害を最小限にとめることができると認められる場合における消防長による特例を規定したものでございます。

 第29条の7は、高齢化の進展の中で、住宅の火災予防の推進が重要な課題であることにかんがみ、住宅における火災の予防の推進に関する事項として、市の責務及び市民の責務を定めたものでございます。

 第31条、第31条の2、第31条の3、第31条の3の2、第31条の4、第31条の6、第31条の8、第33条、第33条の2、第34条の改正は、指定数量未満の危険物及び指定可燃物に関して、従来の貯蔵及び取り扱いの技術上の基準に加え、貯蔵し、または取り扱う場所の位置、構造及び設備の技術上の基準についても条例で定めることとされたことに伴い、両基準を整理したものでございます。

 第31条の5の改正は、少量危険物等を貯蔵し、または取り扱う地下タンクの技術上の基準について、地下タンク貯蔵所の技術上の基準が改められたことに伴い、所要の規定の改正を行ったものでございます。

 第33条の2、第1項第5号の改正は、再生資源燃料のうち、廃棄物固形化燃料その他の水分によって、発熱または可燃性ガスの発生の恐れがあるものについての、貯蔵及び取り扱いの技術上の基準について定めたものでございます。

 第33条の2、第2項第3号イは、火災拡大防止等を図るため、屋外の場所において貯蔵し、または取り扱う場所の周囲に、一定以上の空地を保有するか、または防火上有効な塀を設けることを定めたものでございます。

 第33条の2、第2項第3号ウは、火災被害局限化のため屋内において異なる取り扱いを行う場合の取り扱う場所の相互間についても区画することを定めたものでございます。

 第33条の2、第2項第4号は、再生資源燃料のうち、廃棄物固形化燃料その他の水分によって、発熱または可燃性ガスの発生の恐れがあるものについての位置、構造及び設備の技術上の基準について定めたものでございます。

 第33条の3は、自主的な保安対策による事故防止の推進のため、別表第8に定める、数量の100倍以上の廃棄物固形化燃料等、可燃性固体類、可燃性液体類または合成樹脂類を貯蔵し、または取り扱う場合は、火災の発生及び拡大の危険要因をみずから把握するとともに、火災予防上有効な措置を講じることを定めたものでございます。

 第45条は、火を使用する設備等の設置の届け出を定めたもので、新たに燃料電池発電設備について設置の届け出を要することとしたものでございます。

 なお、固体高分子型燃料電池発電設備及び内燃機関を原動力とする発電設備のうち、出力10キロワット未満であって、その使用に際して異常が発生した場合において、安全を確保するための措置を講じられたものは、設置の届け出を要しないこととしたものでございます。

 第49条の改正は、罰則の規定について所要の規定の整備を図ったものでございます。

 別表8は、指定可燃物を定めたものですが、この別表の品名と数量に再生資源燃料と1,000キログラムを追加するとともに、備考に第5項として、再生資源燃料の用語の定義を定め、あわせて所要の規定の整備を行うものでございます。

 火災予防条例の一部改正の第2条中の第31条の5の改正は、指定数量の5分の1以上指定数量未満の危険物を貯蔵し、取り扱う地下タンクについて、従来の貯蔵及び取り扱いの技術上の基準に加え、貯蔵し、または取り扱う場所の位置、構造及び設備の技術上の基準についても条例で定めることとされたことに伴い、両基準を整理したものでございます。

 附則としまして、この条例の施行期日を定めております。

 附則第1項で、この条例は公布の日から施行することとしておりますが、第1号で燃料電池発電設備に関する事項、内燃機関を原動力とする発電設備に関する事項、火を使用する設備に付属する煙突に関する事項、火を使用する設備等の設置の届け出に関する事項の規定につきましては、平成17年10月1日から施行するものでございます。

 第2号では、指定可燃物を貯蔵し、または取り扱う場所の位置、構造及び設備の技術上の基準に関する事項、合成樹脂類の貯蔵及び取り扱いの技術上の基準に関する事項、再生資源燃料に関する事項、危険因子の把握と必要な措置に関する事項、少量危険物の地下タンクの貯蔵及び取り扱いの技術上の基準等の一部の規定につきましては、平成17年12月1日から施行するものでございます。

 第3号では、住宅用防災機器に関する事項の規定につきましては、平成18年6月1日から施行するものでございます。

 第4号では、住宅用防災警報器等の設置免除の一部の規定につきましては、平成19年4月1日から施行するものでございます。

 附則第2項から第11項までは、この条例の施行に関しまして必要な経過措置を定めているものでございます。

 附則第12項は、再生資源燃料の集積の高さについて規定した新条例第33条の2、第1項第5号ウで、5メートル以下の適切な集積高さとしておりますが、科学的知見に基づく検討が加えられ、その結果に基づき見直しについて検討を行うものとしております。

 以上で第68号議案 豊川市火災予防条例の一部改正についての説明を終わります。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 教育部長。



◎太田敏勝教育部長 第69号議案 豊川市三河国分尼寺跡史跡公園条例の制定について御説明申し上げます。

 この条例は、国指定史跡三河国分尼寺跡の保存及び活用を図り、市民の郷土意識及び文化的教養の向上に寄与するため、史跡公園を設置することについて必要な事項を定めるものでございます。

 条例の内容ですが、第1条は趣旨規定であり、史跡公園が地方自治法に規定する施設であることを定めるものでございます。

 第2条は設置に関する規定であり、設置目的を明らかにするとともに、その位置を豊川市八幡町忍地地内に定めるものでございます。

 第3条は史跡公園の管理を教育委員会がすることを定め、第4条は職員について定めたものでございます。

 第5条は史跡公園を利用するに当たり、利用者の義務を定めたものでございます。

 第6条は利用の禁止等についての規定であり、教育委員会は第1号から第6号までのいずれかに該当するときはその利用を禁止し、中止させ、または制限することができるというものでございます。

 第7条は利用者の損害賠償に関する規定でございます。

 第8条は規則への委任規定でございます。

 附則でございますが、この条例は平成17年11月13日から施行するものでございます。

 以上で第69号議案 豊川市三河国分尼寺跡史跡公園条例の制定についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 総務部長。



◎田中俊一総務部長 第70号議案 豊川市及び宝飯郡一宮町の廃置分合に伴う字の名称の変更について御説明申し上げます。

 この議案は、平成18年2月1日に行われる本市と宝飯郡一宮町との編入合併に伴いまして、地方自治法第260条第1項の規定に基づき、合併期日をもって現在の一宮町の字の名称を変更するものでございます。

 議案の内容としましては、現在の一宮町の字の名称につきまして、原則として大字名をそのまま町名に変更するものでございます。ただし、議案1ページの表の冒頭にある「一宮旭」などのように、大字と字との区分がない場合には、一宮と旭を分離して町名と字名を設けることとしております。

 この結果、全体として12町と333字を設けるものでございまして、これら12町の区域につきましては、参考資料として議案の末尾に添付してございます区域図をごらんいただきたいと思います。

 なお、これら12町の名称につきましては、本市における既存の町名と重複するものはございません。

 また、今回の字の名称変更は、合併協議会における調整方針である「一宮町の字の区域は現行のとおりとし、名称については地域の意向を踏まえ合併時までに調整する」という考え方に基づき、必要な手続を経てまとめられております。

 この内容は、一宮町の区長会や議会の意見を踏まえた一宮町としての意向をもとに作成しており、本市の町名整理審議会にも審問して御審議をいただき、異議なしとの答申をいただいているものでございます。

 以上で第70号議案の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 第71号議案 公の施設の区域外設置に関する協議について御説明を申し上げます。

 本案は仮称でございますが、小田渕公園を小田渕町8丁目地内に設置するに当たり、隣接町である宝飯郡小坂井町及び御津町の土地の一部を一体的に取り込み整備をすることにより、公園の利便及び機能の向上を図るものでございます。

 本公園は、添付図面にありますように、2級河川白川・西古瀬川に挟まれた箇所で、面積は0.44ヘクタールであります。この区域内の河川に隣接する部分で、一部小坂井町、御津町の区域の土地がありますので、その区域も含めて公園の一体利用をするものでございます。

 なお、小坂井町、御津町におきましても、同様に9月の定例会にて議会の議決をいただくようお願いをしているところでございます。

 以上でございます。



○滝下充生議長 教育部長。



◎太田敏勝教育部長 第72号議案 東三河地方教育事務協議会規約の変更について御説明申し上げます。

 東三河地方教育事務協議会は、豊川市、蒲郡市、田原市、宝飯郡4町、渥美郡1町の3市5町で設置しておりますが、市町村合併により渥美郡渥美町が田原市に編入されることに伴いまして、協議会規約の一部を変更するものでございます。

 変更の内容ですが、第3条は協議会を設けております3市5町が列記されておりますが、同条中第8号の「渥美町」を削るものでございます。

 次に、構成市町が3市5町の8団体から3市4町の7団体になることに伴いまして、第6条の委員の人数を16人から14人に、第16条第2項の幹事の人数を8人から7人に変更するものでございます。

 附則でございますが、この規約は平成17年10月1日から施行するものでございます。

 以上で第72号議案 東三河地方教育事務協議会規約の変更についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 第73号議案 訴えの提起について御説明を申し上げます。

 本案は、市営住宅の入居者のうち、長期にわたり家賃を滞納し、再三にわたる催告に応じない者に対しまして、市営住宅の明け渡し並びに滞納家賃、損害金及び訴訟費用の支払いを求める訴えを提起するものでございます。

 議案書記載の相手方は、公営住宅法第32条及び豊川市営住宅条例第42条の住宅の明け渡し請求規定に該当しますので、当該訴訟を名古屋地方裁判所豊橋支部に提起するものでございます。

 また、今後相手方との交渉や裁判の推移により、訴えの不提起、和解、訴えの取り下げ、訴訟またはその取り下げ、その他請求の内容を実現するための必要な裁判上の行為を行うことができるよう、議決をお願いするものでございます。

 以上でございます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 総務部長。



◎田中俊一総務部長 認定第1号 平成16年度豊川市一般会計決算の認定について御説明申し上げます。

 決算書の4ページをお開きください。

 歳入でございますが、主なものにつきまして御説明申し上げます。

 第1款市税でございますが、収入済額は前年度比3.3%増の163億7,243万5,238円、不納欠損額1億294万4,253円、収入未済額11億9,684万4,734円でございます。

 2款地方譲与税、収入済額は前年度比51.6%増の6億6,762万7,000円でございます。

 3款利子割交付金、収入済額は前年度比3.5%減の1億3,382万2,000円でございます。

 6款地方消費税交付金、収入済額は前年度比12.0%増の12億8,567万4,000円でございます。

 8款自動車取得税交付金、収入済額は前年度比14.9%増の4億9,569万1,000円でございます。

 1枚おめくりいただきまして、6ページをごらんください。

 10款地方特例交付金、収入済額は前年度比0.8%増の5億7,338万7,000円でございます。

 11款地方交付税、収入済額は前年度比27.0%減の22億4,180万1,000円でございます。

 13款分担金及び負担金、収入済額は前年度比3.4%増の12億856万8,302円、不納欠損額590万5,796円、収入未済額1,930万9,999円でございます。不納欠損額及び収入未済額につきましては、ほとんどが保育所負担金でございます。

 14款使用料及び手数料、収入済額は前年度比4.3%増の5億5,382万6,798円、不納欠損額62万9,370円、収入未済額2,892万3,971円でございます。不納欠損額及び収入未済額につきましては、使用料につきましては住宅使用料、手数料につきましては徴税手数料等でございます。

 15款国庫支出金、収入済額は前年度比14.8%増の37億6,824万5,433円でございます。

 16款県支出金、収入済額は前年度比8.1%減の14億3,227万6,789円でございます。

 1枚おめくりいただきまして、8ページをごらんください。

 19款繰入金、収入済額は前年度比65.2%増の7億8,465万9,249円でございます。

 20款繰越金、収入済額は前年度比66.1%増の8億2,690万9,523円でございます。

 21款諸収入、収入済額は前年度比7.8%増の14億5,438万2,433円、収入未済額は93万5,000円でございます。収入未済額につきましては、放課後児童健全育成事業費収入でございます。

 22款市債、収入済額は前年度比54.1%増の78億2,600万円でございます。そのうち主なものにつきましては、総務債6億7,140万円、土木債18億120万円、教育債5億370万円、臨時財政対策債15億6,740万円、借換債23億5,290万円でございます。

 以上収入合計としまして、収入済額は前年度比11.5%増の398億6,116万8,454円、不納欠損額は前年度比59.2%増の1億947万9,419円、収入未済額は前年度比0.5%増の12億4,601万3,704円でございます。

 1枚おめくりいただきまして、10ページをごらんください。

 歳出でございます。歳出の主な内容につきまして御説明させていただきます。

 2款総務費、支出済額は前年度比23.5%増の53億5,761万4,721円、予算執行率は97.6%でございます。

 3款民生費、支出済額は前年度比9.4%増の93億7,428万7,187円、予算執行率は97.1%でございます。また、公立保育所施設整備費の繰り越しに伴う繰越額が1,017万5,000円でございます。

 4款衛生費、支出済額は前年度比2.3%減の31億8,338万2,965円、予算執行率は98.3%でございます。

 7款商工費、支出済額は前年度比41.7%増の14億3,648万2,071円、予算執行率は99.5%でございます。

 8款土木費、支出済額は前年度比5.2%減の61億4,148万9,939円、予算執行率は97.9%でございます。また、復旧事業費、市費単独橋梁整備事業費、豊川西部土地区画整理事業特別会計操出金の繰り越しに伴う繰越額が3,291万6,500円でございます。

 1枚おめくりいただきまして、12ページをごらんください。

 9款消防費、支出済額は前年度比7.9%増の18億5,471万7,954円、予算執行率は97.8%でございます。

 10款教育費、支出済額は前年度比5.0%減の34億5,701万648円、予算執行率は93.2%でございます。また、小学校施設耐震補強事業費、中学校施設耐震補強事業費の繰り越しに伴う繰越額が1億6,568万3,000円でございます。

 12款公債費、支出済額は前年度比64.2%増の60億1,016万7,256円、予算執行率は92.3%でございます。

 13款諸支出金、支出済額は前年度比5.3%減の11億7,797万5,324円、予算執行率は100%でございます。

 1枚おめくりいただきまして、14ページをごらんください。

 歳出合計でございますが、支出済額は前年度比11.3%増の388億6,986万4,602円、予算執行率96.4%でございます。また、繰越明許費による繰越額が2億877万4,500円、不用額は12億6,288万3,729円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額9億9,130万3,852円でございます。

 なお、決算の説明書、主要施策の成果報告書、監査委員の決算審査意見書を添付させていただいております。御参照をいただきたいと思います。

 以上で認定第1号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 認定第2号 平成16年度豊川市宝飯都市計画事業豊川西部土地区画整理事業特別会計決算の認定について御説明を申し上げます。

 豊川西部土地区画整理事業特別会計の歳入歳出決算につきまして、歳入歳出の款の主なものについて御説明をさせていただきます。

 20ページから21ページをごらんをいただきたいと思います。

 まず歳入でございますが、1款処分金の収入済額は前年度比64.7%増の3億130万1,544円でございます。

 4款繰入金の収入済額は前年度比38.5%増の8億5,470万円でございます。

 次に、7款市債の収入済額は前年度比74.3%減の1億1,300万円でございます。

 歳入合計の収入済額は前年度比7.8%増の13億5,572万7,163円でございます。

 続きまして、22ページから23ページをごらんください。

 歳出でございますが、2款事業費の支出済額は前年度比0.1%増の10億6,241万1,993円でございます。

 3款公債費の支出済額は前年度比69.5%増の1億8,911万5,253円でございます。予算執行率としましては97.5%、不用額としましては2,578万788円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は1億100万7,951円でございます。

 なお、詳細につきましては決算説明書、主要施策の成果報告書、監査委員の決算審査意見書等を添付させていただいておりますので、ごらんをいただきたいと思います。

 引き続きまして、認定第3号 平成16年度豊川市宝飯都市計画事業豊川駅東土地区画整理事業特別会計決算の認定について御説明を申し上げます。

 豊川駅東土地区画整理事業特別会計の歳入歳出決算につきましては、歳入歳出の款の主なものについて説明をさせていただきます。

 28ページから29ページをごらんください。

 まず、歳入でございますが、1款処分金の収入済額は前年度比141.4%増の5,369万4,000円、3款繰入金の収入済額は前年度比1.7%増の9億7,417万6,000円、6款市債の収入済額は前年度比1%減の1億4,330万円でございます。

 歳入合計の収入済額は前年度比4.3%増の12億2,237万166円でございます。

 続きまして、30ページから31ページをごらんください。

 歳出でございますが、1款総務費の支出済額は前年度比45.4%減の601万2,456円、2款事業費の支出済額は前年度比0.4%増の10億913万2,042円、3款公債費の支出済額は前年度比50.5%増の1億5,745万2,202円で、歳出合計は前年度比4.7%増の11億7,259万6,700円でございます。予算執行率としましては98.5%で、不用額は1,815万8,952円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は4,977万3,466円でございます。

 なお、詳細につきましては決算説明書、主要施策の成果報告書、監査委員の決算審査意見書等を添付させていただいておりますので、よろしくお願いをします。

 以上でございます。



○滝下充生議長 上下水道部長。



◎牧野定雄上下水道部長 認定第4号 平成16年度豊川市公共下水道事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 決算書の36ページをお開きください。

 歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、収入済額は前年度比3.8%増の6,454万1,945円でございます。

 2款使用料及び手数料、収入済額は前年度比7.9%増の10億8,668万5,263円でございます。

 3款国庫支出金、収入済額は前年度比1.4%減の3億7,842万5,000円でございます。

 4款県支出金、収入済額は前年度比49.3%増の760万円でございます。

 5款繰入金、収入済額は前年度比2.5%減の15億2,115万1,000円でございます。

 6款繰越金、収入済額は前年度比16.1%増の1億4,740万2,077円でございます。

 7款諸収入、収入済額は前年度比90.2%減の5万7,709円でございます。

 8款市債、収入済額は前年度比2.8%減の6億7,940万円でございます。

 以上、歳入合計としまして、収入済額は前年度比0.9%増の38億8,526万2,994円でございます。不納欠損額としましては179万7,993円でございます。収入未済額としては2,382万1,909円でございます。

 次に、38ページをお開きください。

 歳出でございます。

 1款総務費、支出済額は前年度比15.1%増の7億3,816万5,775円でございます。

 2款下水道建設費、支出済額は前年度比3.9%減の11億9,852万3,344円でございます。

 3款公債費、支出済額は前年度比1.8%増の18億4,893万2,163円でございます。

 以上、歳出合計としまして、支出済額は前年度比2.2%増の37億8,562万1,282円でございます。予算現額に対する執行率は95.5%でございます。不用額としましては1億3,375万3,718円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は9,964万1,712円でございます。

 なお、本会計決算の詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書を添付させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。

 以上で認定第4号 平成16年度豊川市公共下水道事業特別会計決算の認定についての説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第5号 平成16年度豊川市農業集落排水事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 決算書の44ページをお開きください。

 歳入でございます。

 1款使用料及び手数料、収入済額は前年度比11.1%増の1,699万6,936円でございます。

 2款繰入金、収入済額は前年度比17.2%増の2,540万6,000円でございます。

 3款繰越金、収入済額は前年度比30.3%減の1,666万7,279円でございます。

 4款諸収入、収入済額は前年度比30.3%減の1,640円でございます。

 以上、歳入合計としまして、収入済額は前年度比3%減の5,907万1,855円でございます。収入未済額としましては、47万7,717円でございます。

 次に、46ページをお開きください。

 歳出でございます。

 1款総務費、支出済額は前年度比16.5%増の2,699万3,271円でございます。

 2款公債費、支出済額は前年度比7.2%増の2,257万3,452円でございます。

 以上、歳出合計としまして、支出済額は前年度比12.1%増の4,956万6,723円でございます。予算現額に対する執行率は93%でございます。不用額としましては373万3,277円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は950万5,132円でございます。

 なお、本会計決算の詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書を添付させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。

 以上で認定第5号 平成16年度豊川市農業集落排水事業特別会計決算の認定についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 生活活性部長。



◎武田久計生活活性部長 認定第6号 平成16年度豊川市公共駐車場事業特別会計決算の認定について御説明を申し上げます。

 歳入歳出の主なものについて御説明を申し上げますので、52ページをごらんください。

 まず歳入でございますが、1款事業費収入の収入済額は、前年度比10.5%増の5,529万6,728円でございます。この主なものは、駐車場使用料の5,165万6,000円でございます。

 4款諸収入の収入済額は、前年度比62.6%減の337万8,010円でございます。この主なものは委託料返還金でございます。

 5款国庫支出金の収入済額は前年度比皆増の676万5,272円でございます。これは、中心市街地商業活性化総合支援事業費国庫補助金でございます。

 歳入合計でございますが、前年度比17.1%増の7,219万7,865円でございます。

 次に、54ページをごらんください。

 歳出でございますが、1款総務費の支出済額は、前年度比21.8%増の6,287万100円でございます。この主なものは、公共駐車場事業基金積立金の2,454万4,000円、国庫補助で行いました看板設置工事等の1,570万円、管理運営委託料1,786万4,000円でございます。

 2款公債費の支出済額は、前年度比1.3%増の333万4,100円でございます。

 歳出合計でございますが、前年度比20.6%増の6,620万4,200円でございまして、予算執行率としましては97.4%、不用額は179万5,800円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は599万3,665円でございます。

 詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書等を添付させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。

 以上で認定第6号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いをします。



○滝下充生議長 ここでしばらく休憩をします。

 午後3時から再開しますので、よろしくお願いします。

  (午後2時49分 休憩)

  (午後3時00分 再開)



○滝下充生議長 ただいまから会議を再開します。

 健康福祉部長。



◎河合一健康福祉部長 認定第7号 平成16年度豊川市国民健康保険特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 決算書の60ページをごらんください。

 歳入歳出の主なものについて御説明しますので、よろしくお願い申し上げます。

 まず歳入でございますが、1款国民健康保険料、収入済額は前年度比4.6%増の35億8,663万5,598円でございます。

 3款国庫支出金、収入済額は前年度比0.3%減の27億5,595万9,357円でございます。

 4款療養給付費等交付金、収入済額は前年度比15.5%増の18億1,520万4,227円でございます。

 6款共同事業交付金、収入済額は前年度比1.5%増の1億5,649万7,696円でございます。

 8款繰入金、収入済額は前年度比0.8%減の7億3,892万8,500円でございます。

 9款繰越金、収入済額は前年度比0.3%減の3億3,038万2,217円でございます。

 1枚おめくりください。

 歳入合計でございますが、収入済額は前年度比4.2%増の94億5,943万3,078円でございます。不納欠損としまして、前年度比14.4%増の1億2,679万8,760円でございます。収入未済額としましては、前年度比7.3%増の7億6,973万7,280円でございます。

 次に、62ページをごらんください。

 歳出でございます。

 1款総務費、支出済額は前年度比3%増の1億4,056万1,780円でございます。

 2款保険給付費、支出済額は前年度比9.5%増の58億5,390万7,252円でございます。

 3款老人保健拠出金、支出済額は前年度比13.3%減の22億6,316万3,447円でございます。

 4款介護納付金、支出済額は前年度比20.1%増の5億3,816万3,455円でございます。

 5款共同事業拠出金、支出済額は前年度比6.1%増の1億5,624万615円でございます。

 1枚おめくりいただきまして、64ページをごらんください。

 歳出合計でございますが、支出済額は前年度比3.1%増の90億1,310万9,431円でございます。予算現額に対します執行率は99%でございます。不用額としましては8,677万3,569円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は4億4,632万3,647円でございます。

 続きまして、認定第8号 平成16年度豊川市老人保健特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 決算書の70ページをごらんください。

 歳入歳出の主なものについて御説明しますので、よろしくお願い申し上げます。

 まず歳入でございます。

 1款支払基金交付金、収入済額は前年度比5%減の53億3,430万5,469円でございます。

 2款国庫支出金、収入済額は前年度比12%増の20億8,461万9,818円でございます。

 3款県支出金、収入済額は前年度比16.1%増の5億2,912万3,956円でございます。

 4款繰入金、収入済額は前年度比18.1%増の6億4,596万5,000円でございます。

 歳入合計でございますが、収入済額は前年度比1%増の86億4,821万3,331円でございます。

 次に、72ページをごらんください。

 歳出でございます。

 2款医療諸費、支出済額は前年度比0.2%減の84億509万2,436円でございます。

 3款諸支出金、支出済額は前年度比37.3%減の7,089万1,940円でございます。

 歳出合計でございますが、支出済額は前年度比0.7%減の84億9,471万9,526円でございます。予算現額に対します執行率は98.9%でございます。不用額としまして9,647万1,474円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は1億5,349万3,805円でございます。

 続きまして、認定第9号 平成16年度豊川市介護保険特別会計決算の認定について説明申し上げます。

 決算書の78ページをごらんください。

 歳入でございますが、主なものについて御説明申し上げます。

 1款介護保険料、収入済額は前年度比2.1%増の6億4,281万3,462円でございます。

 3款国庫支出金、収入済額は前年度比3%増の8億5,069万8,749円でございます。

 4款支払基金交付金、収入済額は前年度比8.4%増の11億4,309万7,000円でございます。

 5款県支出金、収入済額は前年度比9%増の4億5,020万8,000円でございます。

 7款繰入金、収入済額は前年度比17.5%増の7億2,342万4,972円でございます。

 8款繰越金、収入済額は前年度比125%増の7,847万1,397円でございます。

 収入合計でございますが、収入済額は前年度比8.8%増の38億8,912万1,784円でございます。不納欠損額としましては408万1,064円でございます。また収入未済額につきましては、前年度比17.2%増の1,330万1,323円でございます。

 次に、80ページをごらんください。

 歳出でございます。

 1款総務費、支出済額は前年度比2.3%減の1億7,147万133円でございます。

 2款保険給付費、支出済額は前年度比10.9%増の35億8,649万8,385円でございます。

 4款基金積立金、支出済額は前年度比50.4%増の2,795万9,379円でございます。

 5款諸支出金、支出済額は前年度比12.7%減の5,659万9,409円でございます。

 歳出合計でございますが、支出済額は前年度比10%増の38億4,623万186円でございます。予算執行率としまして97.7%、不用額としまして9,215万6,814円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は4,289万1,598円でございます。

 続きまして、認定第10号 平成16年度豊川市在宅介護支援事業特別会計決算の認定について御説明申し上げます。

 決算書の86ページをごらんください。

 歳入でございますが、主なものについて御説明申し上げます。

 1款訪問看護事業勘定、収入済額は前年度比9.2%減の2,413万1,014円でございます。

 2款デイサービス事業勘定、収入済額は前年度比8.6%減の1億2,254万43円でございます。

 3款高齢者支援事業勘定、収入済額は前年度比7.9%減の1,797万3,092円でございます。

 収入合計でございますが、収入済額は前年度比8.7%減の1億6,464万4,149円でございます。不納欠損額としましては53万2,400円でございます。また収入未済額につきましては、前年度比94.6%減の2万8,781円でございます。

 次に、88ページをごらんください。

 歳出でございます。

 1款訪問看護事業勘定、支出済額は前年度比11.5%減の2,329万9,631円でございます。

 2款デイサービス事業勘定、支出済額は前年度比13.5%減の1億1,456万3,234円でございます。

 3款高齢者支援事業勘定、支出済額は前年度比13.5%減の1,247万9,354円でございます。

 歳出合計でございますが、支出済額は前年度比13.2%減の1億5,034万2,219円でございます。予算の執行率としましては91.9%、不用額としましては1,331万781円でございます。

 したがいまして、歳入歳出差引残額は1,430万1,930円でございます。

 なお、詳細につきましては、それぞれの会計につきまして、決算説明書、主要施策の成果報告書、監査委員の決算審査意見書をごらんいただくということで省略させていただきます。

 以上で認定第7号から認定第10号までの説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○滝下充生議長 企画部長。



◎鈴木不二夫企画部長 認定第11号 平成16年度豊川市土地取得特別会計決算認定につきまして御説明申し上げます。

 94ページをごらんください。

 歳入の主なものを御説明申し上げます。

 1款基金借入金、収入済額は土地開発基金からの借入金1億8,500万円でございます。

 2款財産収入、収入済額は1億9,213万4,188円でございます。この主なものは、2項の財産売払収入でございまして、公共事業代替用地8,001万4,324円、市道諏訪三丁目12号線代替用地4,952万2,515円、赤塚山公園用地2,992万7,500円を始め、小・中学校用地など総件数9件、1億9,177万3,676円でございます。

 3款繰入金は、土地開発基金繰入金の2億円でございます。

 4款繰越金は、前年度繰越金938万5,725円でございます。

 5款諸収入は、預金利子4,500円でございます。

 歳入合計としましては5億8,652万4,413円でございます。

 1枚おめくりいただきまして、96ページをごらんください。

 歳出でございますが、2款土地取得費3億372万8,820円でございます。内訳としましては、公共駐車場用地2億470万2,415円、市道諏訪三丁目12号線代替用地4,952万2,515円、赤塚山公園用地1,955万1,600円、中部中学校用地2件1,682万6,924円、社会福祉法人若竹荘用地1,297万6,099円、御油小学校用地10万4,838円、以上7件の用地取得費及び測量委託料でございます。

 3款諸支出金、支出済額は2億7,718万5,200円で、土地開発基金7,700万円と一般会計繰出金2億18万5,200円の合計でございます。

 歳出合計としましては、支出済額は5億8,091万4,020円でございます。予算現額に対します不用額は550万3,980円で、予算執行率としましては99.1%でございます。

 歳入歳出差引残額につきましては561万393円でございます。

 なお、詳細につきましては、決算説明書、主要施策の成果報告書をごらんいただくということで、御説明につきましては省略させていただきます。

 以上で認定第11号につきまして説明を終わらせていただきます。

 どうぞよろしくお願いします。



○滝下充生議長 上下水道部長。



◎牧野定雄上下水道部長 認定第12号 平成16年度豊川市水道事業決算の認定について御説明を申し上げます。

 最初に、概況について御説明申し上げますので、決算書の15ページをお開きください。

 施設の利用状況でございます。

 水道事業は気候変動や経済動向により大きく影響を受ける体質を持ちながらも、市民生活を支える重要な施設として良質で安定した水道水を供給し、住民福祉の増進に寄与することができました。

 給水栓数は4万9,540栓で、前年度と比較しまして1,084栓増加し、年間配水量は1,646万9,555立方メートルで、前年度と比較しまして41万5,956立方メートル増加となりました。この主な要因は、給水栓数の増加とともに降雨にも恵まれ節水対策もなく、夏場の猛暑による需要が増えたことなどにより増加したものであります。

 年間給水量は1,526万7,567立方メートルで、前年度と比較しまして36万9,076立方メートル増加し、年間有収水量率は92.7%となりました。

 次に、建設投資の状況でございます。

 本年度は6億7,970万1,066円を投資し、安定給水に努めてまいりました。

 建設改良工事としましては、災害に対する施設整備を図り、安全で清浄な水を確保するため、一宮浄水場など水源施設の耐震補強工事や、水源施設のポンプの取りかえ工事を実施しました。

 また、老朽管の更新など配水管の整備は、延べ1万2,866メートルにわたって工事を実施しました。拡張工事につきましては、千両地域の安定給水に資するため、台の山配水池築造工事などを実施しました。

 続きまして、16ページの経営の状況について御説明申し上げます。

 収益的収支でございます。

 消費税抜きの額で申し上げます。

 収益的収入は23億4,227万3,338円で、前年度と比較しまして7,182万4,275円、率にしまして3.2%の収入増となりました。

 収益的支出は21億9,421万9,859円で、前年度と比較しまして4,098万930円、率にしまして1.9%の支出増となりました。この主な要因は、平尾第2及び権現配水池の修繕工事の増加によるものでございます。

 以上、収入は水需要の増加により増資となりました。支出は、支出の維持補修費が増加する中、経費の抑制を図るなど企業経営に努めたことにより、1億4,805万3,479円の当年度純利益を計上することができました。

 次に、資本的収支でございます。

 消費税込みで申し上げます。

 資本的収入は4億7,356万7,758円、資本的支出は10億5,947万4,921円で、差引財源不足額が5億8,590万7,163円となりましたが、この不足額は建設改良積立金6,100万円、過年度分損益留保資金2億9,777万3,253円、当年度分損益勘定留保資金2億1,101万5,525円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,611万8,385円で補てんをしております。

 以上が平成16年度の事業概要でございます。

 次に、決算の状況について御説明申し上げます。

 恐れ入りますが、前に戻りまして3ページ、4ページをお開きください。

 いずれも消費税込みで申し上げますので、よろしくお願いします。

 資本的収入及び支出のうち、収入でございます。

 第1款水道事業収益の決算額は24億5,754万8,185円で、予算額に比較しまして7,196万3,185円の収入増となりました。

 第1項営業収益は、水道料金及び他会計負担金などが主なもので、決算額は24億5,336万7,235円でございます。

 第2項営業外収益は、受取利息及び雑収益などが主なもので、決算額は273万6,350円でございます。

 第3項特別利益は、過年度損益修正益が主なもので、決算額は144万4,600円でございます。

 次に、支出でございます。

 第1款水道事業費用の決算額は22億9,383万3,616円で、予算額に比較しまして執行率97.2%となり、6,568万384円の不用額を生じました。この不用額の主なものは、他事業関連による配水管の資産減耗費の執行が少なかったこと。また、各費目におきまして費用の節減を図ったことによるものでございます。

 第1項営業費用は、人件費、県水受水費、減価償却費、資産減耗費が主なもので、決算額は20億4,396万9,540円でございます。

 第2項営業外費用は、支払利息及び繰延勘定償却などが主なもので、決算額は2億4,634万8,659円でございます。

 第3項特別損失は過年度損益修正損で、決算額は351万5,417円でございます。

 第4項予備費につきましては未執行でございます。

 続きまして5ページ、6ページをお開きください。

 資本的収入及び支出のうち、収入でございます。

 第1款資本的収入の決算額は4億7,356万7,758円で、予算額に対しまして9,364万7,242円の収入減となりました。その主な要因としましては、台の山配水池築造工事の企業債及び工事費負担金の減などによるものでございます。

 第1項企業債は、配水管整備及び台の山配水池築造工事によるもので、決算額は8,080万円でございます。

 第2項負担金は、他事業による支障移転の工事負担金及び給水に係る加入金で、決算額は3億1,952万2,716円でございます。

 第3項固定資産売却代金の決算額は2万5,042円でございます。

 第4項出資金の決算額は3,470万円で、これは三上水源建設事業債の元利償還金に対する一般会計からの出資金でございます。

 第5項国庫補助金の決算額は3,852万円で、これは台の山配水池築造工事などが国庫補助事業として採択されたものでございます。

 次に、支出でございます。

 第1款資本的支出の決算額は10億5,947万4,921円で、予算額に対しまして執行率85.9%となります。1億7,429万4,079円の不用額を生じました。この不用額の主な要因としましては、他事業関連の配水管布設がえ工事及び台の山配水池築造工事などの事業費の減によるものでございます。

 第1項建設改良費の決算額は5億6,064万9,461円でございます。これは他事業関連の配水管布設がえ工事などでございます。

 第2項拡張費の決算額は1億4,878万3,307円で、台の山配水池築造工事の実施によるものでございます。

 第3項企業債償還金の決算額は3億3,946万8,653円でございます。

 第4項開発費の決算額は1,057万3,500円で、工事設計システムの開発費でございます。

 なお、欄外に記載の資本的収支不足額の補てんにつきましては、先ほど概要で御説明申し上げましたとおりですので、よろしくお願いします。

 次に、10ページをお開きください。

 平成16年度豊川市水道事業剰余金処分計算書(案)でございます。

 当年度分未処分利益剰余金6億62万7,895円につきましては、法定積立金であります減債積立金として7,000万円、建設改良事業の建設改良積立金として4,000万円、翌年度繰越利益剰余金は4億9,062万7,895円を予定いたすものでございます。

 なお、損益計算書など、財務諸表及び決算附属書類を添付してございますが、説明につきましては省略させていただきます。

 以上で認定第12号 平成16年度豊川市水道事業決算の認定について説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 市民病院事務局長。



◎武田寅二市民病院事務局長 認定第13号 平成16年度豊川市病院事業決算の認定につきまして御説明を申し上げます。

 概況から御説明申し上げますので、決算書の15ページをお開きいただきたいと思います。

 最近の医療を取り巻く環境は、急速に進む少子高齢化、疾病構造の変化、IT化の推進、医師不足や医療の質の向上などに対応することが求められており、また、国が進めている診療報酬体系や、医療保険制度等の見直しを行う制度改正や三位一体改革に伴う地方交付税の削減などの影響により、病院経営はますます厳しさを増しております。

 こうした状況の中、市民病院においては引き続き経営の健全化に努めるとともに、患者サービスの維持向上のため、さまざまな対策を実施してまいりました。

 平成16年度は、4月から新しい医師卒後臨床研修制度が実施され、本院は、単独型研修病院として独自のプログラムにより1年次9名の臨床研修医を確保し、優秀な医師の養成に病院一丸となって取り組んでまいりました。

 また、インフォームドコンセントや、カルテ開示などの医療情報提供体制や、安全対策として引き続き院内感染対策、医療事故防止対策などについて、積極的に推進してまいりました。

 さらに、より精度の高い診断・治療を目的として、核医学診断装置等の高度医療機器の更新や脳神経外科用ナビゲーションシステムの新規購入など、医療機器の充実を図り、安全かつ高度な医療サービスの提供に努めるとともに、施設の老朽化に対応するため、中央監視装置自動制御機器更新工事や管理棟ほか屋上防水改修工事などを実施してまいりました。

 市の最重要課題である新市民病院については、建設担当職員を配置し、建設に向け取り組みを開始しました。

 また、地域医療の充実のため、市医師会、薬剤師会の協力を得て、医療機関の役割分担と相互の連携を一層強化し、患者サービスの向上を図るとともに、市民健康講座の開催やボランティアの方々の受け入れ等にも積極的に取り組んでまいりました。

 次に、平成16年度の事業概要についてでございますが、患者数の状況は、入院患者数は16万380人で、前年度と比較しまして634人の減、一日平均439人でございました。一般病床につきましては、病床利用率101.5%で、前年度と比較しますと0.3ポイント減少しました。

 外来患者数につきましては34万7,391人で、前年度と比較しまして259人の増、一日平均にしますと1,430人で、19人の増でございました。

 次に、経営状況でございますが、収益的収支は、消費税抜きで御説明させていただきます。収益的収入は93億1,801万4,487円で、前年度と比較しまして1億6,056万1,788円、1.8%の増となりました。

 収入の主な内訳は、入院収益55億5,373万9,274円、外来収益26億2,528万8,430円で、前年度と比較しまして入院収益は2.6%、外来収益は1.8%の増となりました。

 収益的支出につきましては92億222万9,225円で、前年度と比較しまして2億3,096万5,171円、2.6%の増でございました。

 支出の主な内訳は、給与費が48億2,309万3,278円で、前年度と比較しまして2.3%の増、薬剤等の材料費が21億7,819万1,775円で、前年度と比較しまして5.4%の増でございました。

 以上御説明申し上げましたように、収入においては、入院では病床利用率が若干下がり、また、前年がうるう年で本年は診療日数が1日少なかったこともあり、入院患者数は若干減少しましたが、一人一日当たり収入が3%増加したことにより、また、外来につきましては患者数はほぼ横ばいでしたが、やはり一人一日当たり収入が1.7%増加したことにより、ともに増収となり、支出において給与費、材料費等の増がありましたが1億1,578万5,262円の純利益を計上することができました。

 したがいまして、当年度末の未処分利益剰余金は6億3,963万4,146円となりました。

 次に、資本的収支でございますが、こちらは消費税込みの額で申し上げます。

 収入は企業債の発行や一般会計負担金等で4億1,336万7,000円、支出は建設改良費、企業債償還金等で8億5,974万1,794円となり、収支不足額4億4,637万4,794円は、過年度分損益勘定留保資金4億4,569万4,257円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額68万537円で補てんしました。

 以上が平成16年度の事業概要でございます。

 次に、決算状況につきまして御説明申し上げますので、3、4ページをお開きいただきたいと思います。

 収益的収入及び支出でございますが、内容につきましては消費税込みで申し上げてまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

 収入でございますが、第1款病院事業収益の決算額は93億2,956万5,841円で、予算額と比較しまして3億6万5,841円の増でございました。

 第1項の医業収益の決算額は86億9,673万2,259円で、予算額と比較しまして2億9,011万5,259円の増でございました。これは、先ほど事業概要で御説明申し上げましたとおり、入院収益、外来収益ともに増加したことによるものでございます。

 次に、第2項医業外収益の決算額は6億3,025万5,802円、予算額と比較しまして737万4,802円の増でございました。

 第3項特別利益の決算額は257万7,780円で、予算額と比較しまして257万5,780円の増でございました。これは過年度損益修正益によるものでございます。

 次に、支出でございますが、第1款病院事業費用の決算額は92億1,122万6,906円で、予算額と比較しまして執行率99.8%で、2,303万5,094円の不用額を生じました。

 第1項医業費用の決算額は89億4,204万6,102円で、予算額に対しまして1,169万2,898円の不用額を生じましたが、不用額の主なものは給与費でございました。

 第2項医業外費用の決算額は2億4,824万8,524円で、予算に対しまして1,195万5,476円の不用額を生じました。

 第3項特別損失の決算額は2,093万2,280円で、主なものは不納欠損額1,590万655円を含む過年度損益修正損でございます。

 病院事業収益から病院事業費用を差し引きしますと、1億1,833万8,935円の純利益となりますが、消費税込みの額でありますので、消費税を除いた収支差引額で申し上げますと、先ほど申し上げましたように1億1,578万5,262円が当年度の純利益となりました。

 次に、資本的収入及び支出について御説明申し上げますので、次ページをお開きいただきたいと思います。

 まず、収入でございますが、第1款資本的収入の決算額は4億1,336万7,000円で、予算額と比較しますと1,011万1,000円の減となりました。

 第1項企業債の決算額は1億9,000万円で、高度医療機器を対象としまして借用したものでございます。

 第2項負担金の決算額は2億2,336万7,000円でございますが、一般会計からの繰り入れによるものでございます。

 次に、支出でございますが、第1款資本的支出の決算額は8億5,974万1,794円、予算に対しまして執行率97.7%で、2,051万206円の不用額が生じました。

 第1項建設改良費の決算額は5億2,349万16円で、その主なものは、核医学診断装置を始めとする98件の医療機器等の購入費2億9,481万5,661円、中央監視装置自動制御機器更新工事を始めとする9件の工事費2億2,055万2,500円でございます。

 第2項企業債償還金の決算額は3億3,505万1,778円でございます。

 なお、平成16年度末の未償還残高は18億7,926万7,261円となっております。

 第3項投資の決算額は120万円でございます。これは助産師の修学資金の貸与1名分でございます。

 以上、資本的収入額から資本的支出額を差し引きしますと4億4,637万4,794円の不足が生じましたが、先ほど御説明申し上げましたように、過年度分損益勘定留保資金と、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんをしております。

 次に、11ページをお開きいただきたいと思います。

 平成16年度豊川市病院事業剰余金処分計算書(案)でございます。これは、当年度純利益1億1,578万5,262円及び前年度繰越利益剰余金5億2,384万8,884円を合計した当年度未処分利益剰余金6億3,963万4,146円につきまして、法定積み立てである減債積立金として600万円、翌年度繰越利益剰余金として6億3,363万4,146円の処分を予定いたすものでございます。

 なお、損益計算書等の財務諸表及び決算附属書類を添付してございますが、説明につきましては省略をさせていただきます。

 以上で認定第13号 平成16年度豊川市病院事業決算の認定につきまして説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 次に、日程第32、同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについてから日程第34、同意第6号 監査委員の選任について同意を求めることについてまでの3件を一括して議題とします。

 提案者に説明をお願いします。

 企画部長。



◎鈴木不二夫企画部長 同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて御説明を申し上げます。

 本市教育委員会の委員 池田悦子氏は、平成17年10月5日任期満了となりますので、同氏を再度教育委員会の委員に任命したく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づきまして、議会の同意をお願いするものでございます。

 任期は4年でございます。

 経歴等につきましては、参考資料を添付させていただきましたので、御参照いただきたいと思います。

 なお、池田悦子氏は、前任者の残任期間を引き継ぎ平成15年9月から本市教育委員会委員を務められております。今回任命されますと2期目となります。

 以上で同意第4号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、同意第5号 公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて御説明申し上げます。

 本市公平委員会の委員 山口和生氏は、平成17年10月5日任期満了となりますので、同氏を再度公平委員会の委員に選任したく、地方公務員法第9条の2第2項の規定に基づきまして、議会の同意をお願いするものでございます。

 任期は4年でございます。

 経歴等につきましては、参考資料を添付させていただきましたので、御参照いただきたいと思います。

 なお、山口和生氏は、平成13年10月から本市公平委員会委員を務められておられます。今回選任されますと2期目となります。

 以上で同意第5号の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、同意第6号 監査委員の選任につき同意を求めることについて御説明申し上げます。

 本市監査委員の片岡 勇氏は、平成17年9月30日任期満了となりますので、後任に荻野良一氏を監査委員に選任したく、地方自治法第196条第1項の規定に基づきまして、議会の同意をお願いするものでございます。

 任期は4年でございます。

 経歴等につきましては、参考資料を添付させていただきましたので、御参照願いたいと思います。

 以上で同意第6号の説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いします。



○滝下充生議長 お諮りします。ただいま説明を終わりました同意第4号から第6号までの3件は、委員会への付託を省略したいと思います。異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、委員会への付託を省略することに決定しました。

 それでは、同意第4号は同意することに決定して異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、同意第4号 教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。

 次に、同意第5号は同意することに決定して異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、同意第5号 公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。

 次に、同意第6号は同意することに決定して異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、同意第6号 監査委員の選任につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。

 次に、日程第35、報告第6号 平成17年度豊川市一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認を求めることについてを議題とします。

 提出者に説明をお願いします。

 総務部長。



◎田中俊一総務部長 報告第6号 平成17年度豊川市一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認について御説明申し上げます。

 これは、地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、専決処分しましたもので、同条第3項の規定により御報告し、承認をお願いするものでございます。

 この専決処分は、去る8月8日の衆議院の解散を受けて、9月11日執行されます衆議院議員選挙に対し、速やかに対応する必要がございましたので、8月9日に専決処分を行ったものでございます。

 それでは、補正内容を御説明します。

 1ページをお開きください。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条のとおり、歳入歳出予算の総額にそれぞれ4,160万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ343億8,555万2,000円とするものでございます。

 まず、歳出から御説明しますので、12ページをお開きください。

 2款総務費、4項5目衆議院議員選挙費の4,160万2,000円でございますが、これは職員の時間外勤務手当、投票管理者等の報酬及び関連事務費を追加するものでございます。

 なお、給与費明細書は14ページに掲載してございます。ごらんいただくということで説明の方は省略させていただきます。

 歳入の御説明を申し上げます。

 10ページをお開きください。

 16款県支出金、3項1目総務費委託金4,160万2,000円でございますが、これは県からの衆議院議員選挙委託金を追加するものでございます。

 以上で報告第6号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 ただいまの説明について質疑はありませんか。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま質疑を終わりました、報告第6号は、委員会への付託を省略したいと思います。

 異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、委員会への付託は省略することに決定しました。

 それでは、報告第6号の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、承認することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、報告第6号 平成17年度豊川市一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認を求めることについては、承認することに決定しました。

 次に、日程第36、報告第7号 平成16年度豊川市一般会計継続費の精算についてを議題とします。

 提出者に説明をお願いします。

 総務部長。



◎田中俊一総務部長 報告第7号 平成16年度豊川市一般会計継続費の精算について御説明申し上げます。

 1枚おめくりいただきまして、平成16年度豊川市一般会計継続費精算報告書をごらんください。

 2款総務費、1項総務管理費、事業名 本庁舎耐震改修事業費でございます。これは平成16年度に終了した当該継続事業について、全体計画に対して平成15年度4万7,000円、平成16年度18万8,000円、全体として23万5,000円少ない4億1,863万5,000円を支出したことを報告するものでございます。

 3款民生費、2項児童福祉費、事業名 御油保育園改築事業費でございます。これは、平成16年度に終了した当該継続事業について、全体計画に対して、平成16年度500円、全体としても500円少ない3億171万7,500円を支出したことを報告するものでございます。

 以上で報告第7号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 ただいまの説明について質疑はありませんか。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 質疑を終わります。

 これで、報告第7号を終わります。

 次に、日程第37、報告第8号 豊川市土地開発公社の平成16年度事業報告についてを議題とします。

 提出者に説明をお願いします。

 企画部長。



◎鈴木不二夫企画部長 報告第8号 豊川市土地開発公社の平成16年度事業報告について御説明申し上げます。

 事業報告書の1ページをお開きください。

 平成16年度豊川市土地開発公社事業報告書の事業概要でございます。

 用地取得としましては、豊川市として、拠点避難地用地が3,070.54平方メートル、豊川市スポーツ公園用地が1,047平方メートル、代替地が165.28平方メートル、穂ノ原第3工業団地工業用地として3万92.57平方メートル、以上4件で3万4,375.39平方メートルを12億2,470万6,981円で取得をしました。

 次に、御津町としまして、御津町立西部保育園改築用地としまして528平方メートルを1,282万5,915円で取得をしました。

 以上、総件数5件、総面積3万4,903.39平方メートルを12億3,753万2,896円で取得をしております。

 次に、用地の処分でございますが、豊川市としまして、都市計画道路等整備事業に伴う道路用地及び代替地6件、4,571.60平方メートル、公共駐車場用地1,574.78平方メートル、拠点避難地用地2件7,220.99平方メートル、穂ノ原第3工業団地工場用地3万92.57平方メートル、以上10件4万3,459.94平方メートルを22億7,013万9,592円で処分をしました。

 次に、一宮町としまして、豊川新城線代替地1,983平方メートルを1億9,888万9,863円で処分をしました。

 次に、小坂井町としまして、小坂井町文化会館駐車場用地200.72平方メートル、大規模災害時避難所用地1万7,329.41平方メートル、以上2件17,530.13平方メートルを6億3,688万1,067円で処分をしました。

 以上、総件数13件、総面積6万2,973.07平方メートルを31億591万522円で処分をしております。

 次の3ページから6ページまでの事業実績報告書につきましては、事業概要の明細となっておりますので、それぞれごらんをいただくということで、御説明につきましては省略をさせていただきます。

 次に、7ページ、8ページをごらんいただきたいと思います。

 平成16年度の豊川市土地開発公社の決算書でございます。

 まず、収益的収入及び支出でございますが、収入としましては、1款事業収益の決算額は31億742万6,638円で、1項1目公有用地売却収益20億1,355万231円、2項1目完成土地売却収益10億9,236万291円、3項1目保有土地賃貸等収益151万6,116円の合計でございます。

 次の2款事業外収益は25万8,476円で、1項1目受取利息25万8,076円、3項1目受取配当金400円の合計でございます。

 以上、収益的収入合計としまして31億768万5,114円でございます。

 次に、9ページ、10ページをお開きください。

 支出でございますが、1款事業原価、決算額は31億1,984万4,313円。これは1項1目の公有用地売却原価21億7,005万4,872円と、2項1目完成土地売却原価9億4,978万9,441円の合計でございまして、先ほど事業概要で御説明申し上げました用地処分の原価でございます。

 2款販売費及び一般管理費としまして170万6,679円。これは1項1目の人件費43万7,996円、2目の経費126万8,683円でございます。経費のうち主なものは、需用費26万852円、公租公課50万4,050円、減価償却費27万806円でございます。

 3款予備費につきましては、決算額ゼロでございます。

 以上、収益的支出合計としまして、決算額31億2,155万992円でございます。

 続きまして11ページ、12ページをお開きいただきたいと思います。

 こちらは資本的収入及び支出でございます。

 資本的収入としましては、1款資本的収入、決算額3億4,918万173円。これは用地取得に係ります長期借入金でございます。

 次に、14ページ、15ページをお開きいただきたいと思います。

 資本的支出、決算額32億3,220万5,414円は、1項1目公有地取得事業費3億7,327万9,488円、2項1目穂ノ原第三工業団地取得事業費9億4,978万9,441円と、3項1目借入金償還19億913万6,485円の合計でございます。

 1項公有地取得事業費及び2項土地造成事業費につきましては、事業概要で御説明申し上げました取得用地に係ります用地費及び補償費と、その他用地取得等のために借り入れたものに係ります支払い利息、諸経費等でございます。

 なお、諸経費の主なものは、委託料等でございます。

 3項償還金19億913万6,485円につきましては、用地売却に伴います長期借入金の償還でございます。

 なお、15ページ以降に損益計算書、貸借対照表等を添付させていただいておりますが、ごらんをいただくということで、御説明につきましては省略をさせていただきます。

 以上で報告第8号につきまして御説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 ただいまの説明について質疑はありませんか。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 質疑を終わります。

 これで報告第8号を終わります。

 次に、日程第38、報告第9号 豊川市開発ビル株式会社の経営状況についてを議題とします。

 提出者に説明をお願いします。

 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 報告第9号 豊川市開発ビル株式会社の経営状況につきまして、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、御報告を申し上げます。

 報告書の1ページをお開きをいただきたいと思います。

 第17期事業年度豊川市開発ビル株式会社貸借対照表でございます。

 資産の部合計53億3,362万8,645円、負債の部合計40億8,772万9,088円、資本の部合計12億4,589万9,557円、負債・資本合計53億3,362万8,645円で、内訳、内容につきましてはごらんのとおりでございまして、前年度と比較しまして資産の部及び負債・資本合計の部でそれぞれ1億3,374万5,231円の減となっておりますが、これは減価償却及び預り保証金等固定負債の減少等によるものでございます。

 2ページをごらんください。

 第17期事業年度豊川市開発ビル株式会社損益計算書でございます。

 主たる収入であります固定家賃収入などの売上高は6億5,995万5,774円で、支払い共益費を始めとする営業費は5億7,901万7,984円となっております。この結果、営業利益、経常利益とも前年度を上回っており、未処分利益余剰金として3,543万9,557円を計上しております。

 3ページをごらんください。

 第17期事業年度豊川市開発ビル株式会社利益金処分でございます。

 17期未処分利益余剰金3,543万9,557円が表記のとおり処分されたものでございます。

 なお、これらの財務諸表につきましては、平成17年6月10日に開催されました株主総会で承認をされております。

 4ページをごらんください。

 第18期事業年度豊川市開発ビル株式会社事業計画でございます。当社の基本方針としては、健全かつ効率的な経営を目指して、魅力的で集客効果が見込める店舗開発、賃料収入等の増強と経費削減による経営成績の一層の向上及び堅実な財政運営に努めるとともに、本市におけるTMOとして中心市街地の商業等のさらなる活性化を推進することとしました。

 なお、具体的な実施事業につきましては表記のとおりでございます。

 5ページをお開きください。

 第18期事業年度豊川市開発ビル株式会社の事業収支予算でございます。

 収入の部としまして、売上高、これは家賃収入が主なものでございますが、6億4,500万円、営業外収入に400万円を見込みまして、合計6億4,900万円。

 支出の部としましては、支払い共益費など営業費に5億7,600万円、支払い利息等の営業外費用として5,500万円、合わせて6億3,100万円を見込んでおります。

 差引経常利益金としまして1,800万円を予定するものでございます。

 以上で報告第9号 豊川市開発ビル株式会社の経営状況についての報告を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○滝下充生議長 ただいまの説明について質疑はありませんか。

 佐藤郁恵議員。



◆佐藤郁恵議員 時間も遅くなってきておりますので、できるだけ簡単にお伺いして簡単に御答弁いただきたいと思います。

 まず、今回経常利益が前年度より若干上回ったというお話です。それで、金額的には、2ページを見てみますと、右の下から3分の1くらいのところに当該経常利益金が2,945万6,700円で載っているわけですが、この伸びが主にどこにあるのか。売上高に固定家賃収入ほか幾つか項目がありますが、どの点で伸びているのかお伺いしておいて、その理由についても簡単にお答えいただけたらと思います。

 それから、営業費につきましては、低く抑えておられる部分が多いかと思うんですが、費用がふえているものがあるとすれば、どういうものがふえているのかお伺いしておきたいと思います。



○滝下充生議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 細かい数字の問題はごらんをいただくとしまして。開発ビルの、そもそもの収入財源とします主な事業は、基本的には床を貸して商売を成り立たせているということでございまして、家賃収入が主な収入でございます。したがいまして、基本的にはほとんど毎年差がないという状況でございます。

 毎年差がないということは、逆に言うと非常に、赤字ではいけませんけれども、黒字の場合においては、やはりこういう経済状況、非常に悪化の中でテナントから家賃をいただきながら事業を進めている、会社を経営しているということでございますので、黒字であれば非常に安定的な会社経営が成り立っておると、こんなふうに思っております。

 この中で、具体的には、どの部分がというようなお話だったですね。駐車場収入が少し伸びているということが主な理由であろうというふうに思っております。

 以上でございます。



○滝下充生議長 佐藤郁恵議員。



◆佐藤郁恵議員 16期の、前年度の損益計算書もいただいたものですから。先ほど部長さんも御答弁されたみたいに、確かに駐車場収入というのが若干上がっております。それで、駐車場収入につきましては、特に月決めの定期のものがここに計上されているかと思うんですが、定期のものがこれ以上伸びる要因があるのかどうか。

 特に、5階を定期で貸している車をとめているかと思うんですが、今見ますと、ちょっと満杯状態かと思います。これ以上伸びる要因があるのかどうかということがお聞きしたいと思います。

 それから、固定家賃収入も若干伸びているわけですが、この固定家賃収入につきましてはあいていた床が埋まってきたというふうに思われるんですが、その点はもし埋まったのであれば結構なことであるわけですが、次の予算を見てみますと、今度の経常利益は1,800万円を見込まれています。つまり、もう少し下方修正といいますか、今年よりも利益が減るというふうに見込まれているわけですね。

 そうしますと、せっかく床が埋まっても、要するに家賃収入が減っていくという見込みですので、例えば撤退をした後、店が閉店をして撤退した後、新しい店を呼び込むときに家賃を下げていくということが考えられるんですが、そういうふうな見込みで来年予算を組まれておるのかどうか、そのあたりの状況についてお伺いしておきたいと思います。



○滝下充生議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 それではお答えをします。

 まず、駐車場の問題でございますけれども、原則としまして、5階を定期の方にお貸しをしているというようなことになっております。これは、あくまで原則としてということでございますけれども。

 それで、相当5階の部分は埋まっておるようでございます。ただ、ほとんどこの定期の方が会社勤め、通勤者ということで、週末土曜日、日曜日が休みの方が非常に多いというようなことで、どちらかというと開発ビルの商売の方と、商売でにぎやかいときは定期がすいていて、平日すいているときに定期の方が多いと、こんなような形で対応しているということでございます。

 それで、お客の流れを見ながら開発ビルの方は定期を決めているというふうに聞いております。今のところ、まあまあいい定期の利用者だというような話でございます。

 それから、固定家賃収入が若干上がっているということでございますが、これにつきましては、やはり最近の経済状況が非常に厳しいというようなことで、テナントが出て行ってもすぐに埋まったり埋まらなかったりということを繰り返しております。

 したがって、ここら辺につきましては、毎期毎期若干のプラスになってみたり、マイナスになってみたりと、こういう状況が出ております。今期については床利用がうまくいったということで若干のプラスだということでございます。

 それから、今回、利益を少し抑えているんじゃないかということでございますけれども、やはり、1度撤退をしましたテナントのあき床に新しいテナントを入れる場合につきましては、床が毎年毎年古くなってきております。そこへもってきて物販業界も薄利多売といいますか、非常に厳しいということからなかなか前にいただいていた家賃収入が見込めないというようなこともあって、利益の方も額を少し下げたと、こういうように聞いております。

 以上でございます。



○滝下充生議長 佐藤郁恵議員。



◆佐藤郁恵議員 駐車場収入も今の状況ではこれ以上というのはちょっとなかなか難しいのかなというふうに思うんですが。

 それから、店が閉店して撤退した後を埋めていくことでだんだん家賃が下がっていくというのは現状としてあると思いますので、これからこういうのが続いていった場合に、今年の予算でいいますと1,800万円利益を見込んでいるわけですが、だんだんまた減ってくるんじゃないかなというふうにも思われます。

 そういう中で、今まで役員報酬を下げたりとかそういうこともされているんですが、今期につきましては役員報酬をもとに戻したということも行われているようにお聞きするわけですが、その点で、今後、床の家賃が下がっていく見込みの中で何か対策、あるいはお考えがあるのか、ちょっと計画等についてお伺いできたらと思います。



○滝下充生議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 私の方が報告を受けている内容につきましては、積極的な店舗展開をしていきたいというようなことを言っております。

 しかしながら、この積極的な店舗展開ということについても、あき床、それからあいた場所ですね。例えば1階があいただとか、4階があいただとか、それによって相当違ってまいります。

 したがって、なるべく需要の多いテナントを誘致していくと、こういうようなことが最大の課題であろうと、そういうふうに思っておりますし、また、そんなような方針で会社の方も進めていくというふうに聞いております。

 以上でございます。



○滝下充生議長 質疑を終わります。

 これで、報告第9号を終わります。

 以上で本日の日程はすべて終わりました。

 本日はこれで散会します。

  (午後4時11分 散会)

 上記会議の顛末を記録し、その相違なきを証するため、ここに署名する。

  平成17年9月2日

     豊川市議会議長

          滝下充生

     豊川市議会議員

          松井忠雄

     豊川市議会議員

          近田富王