議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 豊川市

平成15年 第2回定例会(6月) 06月13日−04号




平成15年 第2回定例会(6月) − 06月13日−04号







平成15年 第2回定例会(6月)



豊川市議会第2回定例会会議録 6月13日(金)第4号

平成15年6月13日 午後1時30分開議

出席議員

   第1番  大倉 淳     第2番  野中泰志

   第3番  高橋智之     第4番  兼佐誠一

   第5番  平松保則     第6番  牧田千枝子

   第7番  藤原宏樹     第8番  鈴木彰伯

   第9番  中村直巳     第10番  大野良彦

   第11番  米谷俊子     第12番  坂本松次郎

   第13番  鈴木義章     第14番  川上陽子

   第15番  西川米子     第16番  佐藤郁恵

   第17番  井上和也     第18番  波多野 年

   第19番  石畔八良     第20番  鈴川智彦

   第21番  山脇 実     第22番  山内 学

   第23番  石黒規吉     第24番  松井忠雄

   第25番  近田富王     第26番  永井信義

   第27番  滝下充生     第28番  清水春男

欠席議員

   なし

地方自治法第121条の規定による説明のための出席者

   市長       中野勝之      助役       細井 正

   収入役      森岡俊介      企画部長     鈴木不二夫

   総務部長     鶴田 守      健康福祉部長   鈴木清市

   生活活性部長   武田久計      建設部長     寺部冨士雄

   市民病院事務局長 武田寅二      消防長      松田正一

   上下水道部長   牧野定雄      監査委員事務局長 浜口龍興

   教育長      今泉孝之      教育部長     太田敏勝

出席した議会事務局職員

   議会事務局長   篠田 進      議事課長     山本行洋

   議事課長補佐   赤谷雄助      庶務係長     内藤好英

   議事調査係長   田中邦宏      書記       伊藤 伸

議事日程

   第1 会議録署名議員の指名

   第2 第51号議案 豊川市児童館条例の一部改正について

   第3 第52号議案 豊川市遺児の育成をはかる手当条例の一部改正について

   第4 第53号議案 豊川市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正について

   第5 第57号議案 東三河地方教育事務協議会規約の変更について

   第6 第49号議案 平成15年度豊川市一般会計補正予算(第1号)

   第7 第50号議案 豊川市手数料条例の一部改正について

   第8 第54号議案 市道路線の認定について

   第9 第55号議案 2号調整池築造工事請負契約の締結について

   第10 第56号議案 水槽付消防ポンプ自動車の取得について

本日の会議に付した案件

   議事日程に同じ

  (午後1時30分 開議)



○松井忠雄議長 ただいまから本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、中村直巳議員、大野良彦議員を指名します。

 日程第2、第51号議案 豊川市児童館条例の一部改正についてから、日程第5、第57号議案 東三河地方教育事務協議会規約の変更についてまでの4件を一括して議題とします。

 ただいまから質疑を行います。

 通告はありませんので、質疑を終わります。

 ただいま質疑を終わりました第51号議案から第57号議案までの4件は、お手元に配付の議案付託表のとおり、各常任委員会に審査を付託します。

 次に、日程第6、第49号議案 平成15年度豊川市一般会計補正予算(第1号)から日程第10、第56号議案 水槽付消防ポンプ自動車の取得についてまでの5件を一括して議題とします。

 ただいまから質疑を行います。

 第49号議案について、質疑の通告がありますので、発言を許可します。

 佐藤郁恵議員。



◆佐藤郁恵議員 一般会計補正予算ですが、簡単に伺います。

 13ページの特殊教育整備費ですが、160万円が計上されています。どこの学校が対象となっているのかということと。それから、特殊学級が新設されたのか、あるいはクラス増によるものか、経費の増の状況についてお伺いしておきたいと思います。



○松井忠雄議長 教育部長。



◎太田敏勝教育部長 補正の具体的な中身でございますが、中部中学校に一クラスを新設し、西部中学校では、知的障害者と情緒障害者でクラスを別に編成するため、一クラスを増設し、合計特殊学級二クラス分、160万円を補正するものでございます。

 以上でございます。



○松井忠雄議長 佐藤郁恵議員。



◆佐藤郁恵議員 そうしますと、中部中学校の新設につきましては、かねてより課題となっていたと思いますが、これで設置されることになったということです。そうしますと、すべての中学校と小学校に特殊学級ができたということになるかと思いますが、これで希望する障害児が地元の小・中学校に通える状況になったと理解してよいかということでお伺いしておきたいと思います。



○松井忠雄議長 教育部長。



◎太田敏勝教育部長 今、御質疑にありましたとおり、中部中学校に新設したことによりまして、全小・中学校で整備がされております。

 以上でございます。



○松井忠雄議長 次に、第55号議案について質疑の通告がありますので、発言を許可します。

 佐藤郁恵議員。



◆佐藤郁恵議員 55号議案につきましては、駅東区画整理の2号調整池の築造工事の請負契約の締結の関係です。

 この調整池の築造工事は、今回が初めてかと思うんですが、地下式ということで上にふたをして、土を覆う工法になっております。面積8,837平方メートルで3億2,760万円かかっておりますが、オープン式の調整池ということよりは高くつくのではないかと予想されます。なぜ地下式のものにする必要があったのか、上がどのように利用されるのか、お伺いしておきたいと思います。

 それから、あわせまして、制限付き一般競争入札により行われておりますが、なぜ制限付きになるのかという点と、それから、どの程度の率で落札されたのか、予定価格が公表されていると思いますので、お伺いいたします。



○松井忠雄議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 それでは、調整池の件につきましてお答えを申し上げます。

 まず、この調整池でございますけれども、上にふたをかぶせてあるという構造になっております。これはこの調整池の全体面積は2,600平方メートルございます。この2,600平方メートルは、区画整理事業の中では緑地というカウントで整理をさせていただいております。緑地そのものは、区画整理事業の中で法的に3%要ると。それから、県条例で2%要ると。合計5%はこういう緑地等が要るというルールブックで決まっております。したがいまして、その範疇の中にこの2,600平方メートルの調整池が入っているわけですけれども、この地区につきましては、そもそも現況でも市街化率が高いというようなこと。それから、もう1点、この調整池そのものは、河川改修がなされれば、これを埋めて本来の公園だとか、緑地にしていくという、そういう機能を有する施設でございます。たまたまこの駅東の区画整理事業の区域は、善光寺川へ水を流していくという地区でございます。したがって、善光寺川の河川改修のめどが全く立っていないというのが現状でございます。したがいまして、少しでも緑地を有効に使っていく上で、ふたをかぶせて上に土を1メートル少しかぶせて、そこに木を植えたり、それから広場として使えると、こういう機能を持たせているということでございます。

 それから、ここの地下式ということでございますけれども、この地域、それから地盤、それから水位だとか、そういうものによって地下式だとか、自然に流れていく方式、こういうものを決めていくということでございます。ここの場合は、非常に地下水位も高いというようなこともあって、水を流していく場合は、ポンプアップでやらなければならないというような、そういうような状況がございますので、少しでも調整池の容量、こういうものもふやしたいと、そういうようなさまざまな理由がございまして、こういう方法にしたということでございます。

 以上でございます。



○松井忠雄議長 総務部長。



◎鶴田守総務部長 この2号調整池築造工事にかかわります、いわゆる制限付き一般競争入札の導入の内容と、それから、落札率についてお答えいたします。

 最初に、1点目の制限付き一般競争入札の内容といいますか、採用の関係でございますけれども、この2号調整池築造工事につきましては、相当技術的難度の高い、かつ大規模な公共工事でございます。こうしたことから、その工事そのものが確実かつ円滑な施工を期するために、高度な技術力あるいは抱負な経験、管理能力を有する大手建設業者と、それから、地元企業、さらなる技術のレベルアップといいますか、そうした育成面も考慮いたしまして、経営事項審査の総合評点、一定の制限内容を加えまして特定建設工事共同企業体、いわゆるJV方式を採用したものでございます。

 それから、2点目の落札率でございますけれども、これは予定価格3億3,668万2,500円でございます。落札価格が3億2,760万円でございます。率といたしましては97.30%でございました。

 以上でございます。



○松井忠雄議長 佐藤議員。



◆佐藤郁恵議員 そうしますと、地下式にした理由というのは、緑地が少ない地域であるために、緑地を確保する必要があったということです。そうしますと、残りの調整池もこれから手をつけられていくかと思うんですが、同様の地下式にして緑地としていく予定であるのかどうか、今後の計画がどうなるのかお伺いしておきたいと思います。

 それから、地下式にした場合ですが、先ほどポンプアップをして水を川に流していくというお話であったわけですが、今回、地下式の中でも絵にありますように、こういう工法が取られているということなんですが、幾つかの方法が工法の中でもあると思われるわけですが、この工法にした理由につきまして、これが安かったのかどうか、幾つかの工法の見積もりが行われて、もし、比較があればお伺いしておきたいと思います。



○松井忠雄議長 建設部長。



◎寺部冨士雄建設部長 まず、もう1カ所の、実はこの駅東の方では、二つの調整池を考えておるわけでございますけれども、もう1カ所の方は、古宿の方で考えております。そこにつきましては、段差もあるというようなことから、ふたをかぶせていく方法は同じように取るつもりでおります。しかしながら、ポンプアップをしないで、自然の放流式と、こういうような方法でポンプアップをせずに、自然に流していくと、こういう方向でいこうかということで考えております。

 それと、費用の問題の御質疑があったと思うんですが、確かに深くて調整池の容量も非常に多いと。一応8,800トン、ここで調整池の能力があるということでございます。この特に調整池の場所は、馬場町地内でございまして、地盤も平らな部分に設置をすると、そういうようなこともあって地下式にしておるわけでございますけれども、そうしますと、当然のことながら、公費はたくさんかかるということでございます。オープン式の掘割方法でやると、これが一番安いということは事実でございます。先ほど申し上げたように、例えば西部の区画整理あたりは、善光寺川に水を流していくわけですけれども、この善光寺川、当然区画整理事業地域内では、区画整理を施工するものにあわせて河川改修を行う。下流部については、既に県の方が河川改修に着手をしておると。したがって、この西部の区画整理事業が完成すると同時に、川の河川改修が済むと、そんなとんでもないことを申し上げる気はありませんけれども、一応予想が立つ範囲の河川改修がなされていくだろうと。

 善光寺川となりますと、やはりまだまだ本来は国あたりで早急に何とか河川改修の明確なめどをお願いをしていかなければいかんわけですけれども、なかなか豊川市だけでいく問題ではありませんので、めどが立ちにくい。全く現在は立っておらんということになりますと、この調整池が何十年、一生懸命善光寺川の河川改修を努力をしたとしても、相当何十年というような年月がかかってくると、それまでは、この調整池はあくまで調整池機能を果たさざるを得んと。

 したがって、西部の方は河川改修ができれば埋めて、一般的な公園だとか、緑地に使うことができるわけですけれども、駅東の方は、相当な期間、水をためる施設という、その機能だけでいかざるを得んと。

 したがって、少しでも実質的に有効な公園的な広場と、こういうものが確保できると。こういうことで上を使えるようにしたということです。これは地元の方からも相当な要望が出まして、そこら辺を考慮してこれを選択させていただいたと。したがって、地元の要望と、先ほど申し上げたように、この調整池機能が相当な期間、調整池というだけのためのものに限られてしまうと、そういうようなことがありまして、これを選択したと、こういう状況がございます。

 以上でございます。



○松井忠雄議長 以上で通告による質疑は終わりました。

 お諮りします。ただいま質疑を終わりました第49号議案から第56号議案までの5件は、各委員会への付託を省略したいと思います。異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、委員会への付託は省略することに決定しました。

 それでは、第49号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第49号議案 平成15年度豊川市一般会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。

 次に、第50号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第50号議案 豊川市手数料条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。

 次に、第54号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第54号議案 市道路線の認定については、原案のとおり可決されました。

 次に、第55号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第55号議案 2号調整池築造工事請負契約の締結については、原案のとおり可決されました。

 次に、第56号議案の討論を行います。

  (「進行」と呼ぶ者あり)

 討論を終わり、採決を行います。

 本件は、原案のとおり可決することに異議はありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 異議なしと認めます。したがって、第56号議案 水槽付消防ポンプ自動車の取得については、原案のとおり可決されました。

 以上で本日の日程はすべて終わりました。

 本日は、これで散会します。

  (午後1時45分 散会)

 上記会議の顛末を記録し、その相違なきを証するため、ここに署名する。

  平成15年6月13日

     豊川市議会議長

          松井忠雄

     豊川市議会議員

          中村直巳

     豊川市議会議員

          大野良彦