議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 半田市

平成 2年 12月 定例会(第8回) 12月18日−06号




平成 2年 12月 定例会(第8回) − 12月18日−06号







平成 2年 12月 定例会(第8回)



          平成2年12月18日午後4時11分開議



1.議事日程(第6号)

日程第1 議案第 104号 平成2年度半田市一般会計補正予算第9号

日程第2 議案第 105号 平成2年度半田市中小企業従業員退職金等福祉共済事業特別会計補正予算第1号

日程第3 議案第 106号 平成2年度半田市知多半田駅前土地区画整理事業特別会計補正予算第2号

日程第4 議案第 107号 平成2年度半田市下水道事業特別会計補正予算第5号

日程第5 議案第 108号 平成2年度半田市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号

日程第6 議案第 109号 平成2年度半田市老人保健事業特別会計補正予算第2号

日程第7 議案第 110号 平成2年度半田市立半田病院事業会計補正予算第2号

日程第8 議案第 111号 平成2年度半田市水道事業会計補正予算第2号

日程第9 議案第 112号 半田市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について

日程第10 議案第 113号 半田市特別職員の給与に関する条例の一部改正について

日程第11 議案第 114号 半田市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部改正について

日程第12 議案第 115号 半田市職員の給与に関する条例の一部改正について

日程第13 議案第 116号 半田市職員の給与に関する条例の特例条例の一部改正について

2.出席議員は次のとおりである(30名)

  1番  坂元寛君                2番  石垣藤九郎君

  3番  坂野義幸君               4番  北村明彦君

  5番  新美舜三君               6番  榊原忠次君

  7番  木場春雄君               8番  岩橋昌彦君

  9番  杉浦武雄君               10番  竹内一君

  11番  土井勝己君               12番  篠塚源太郎君

  13番  村山義信君               14番  本美正雄君

  15番  榊原孝子君               16番  後藤昌紀君

  17番  石川明君                18番  石川勝彦君

  19番  山口博己君               20番  伊藤守彦君

  21番  大橋俊雄君               22番  柴田四郎君

  23番  鈴木接士君               24番  大河原鋭治君

  25番  近藤昭君                26番  竹内勝彦君

  27番  山口信三君               28番  榊原昇君

  29番  山本善久君               30番  新美良橘君

3.欠席議員は次のとおりである(なし)

4.地方自治法第 121条により説明のため出席した者の職氏名(22名)

 市長     山田耕市君           助役     竹内恒夫君

 収入役    沢田登君            総務部長   竹内譲君

 市長公室長  榊原甲二君           民生部長   望月茂君

 環境経済部長 盛井祐治君           建設部長   渡辺芳弘君

 病院事務局長 岡本良之君           水道部長   竹本勉君

 職員課長   北條員久君           財政課長   古川博幸君

 行政課長   井上隆君            保険年金課長 竹内正之君

 農務課長   林泰男君            都市計画課長 蜂須賀毅君

 下水道課長  佐藤利二君           病院管理課長 近藤勝実君

 水道業務課長 荒川健君            教育長    山本勝君

                        教育委員会

 教育次長   榊原幸作君           総務課長   榊原芳夫君

5.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(6名)

 議会事務局長  大高健佑君          同次長    竹内昭二君     同主査     森下武博君          同主査    藤本哲史君

 同主事     小野田靖君          同書記    坂元照幸君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午後4時11分 開議



○議長(山本善久君) ただいま出席議員30名であります。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付したとおりでありますので、よろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第104号 平成2年度半田市一般会計補正予算第9号



△日程第2 議案第105号 平成2年度半田市中小企業従業員退職金等福祉共済事業特別会計補正予算第1号



△日程第3 議案第106号 平成2年度半田市知多半田駅前土地区画整理事業特別会計補正予算第2号



△日程第4 議案第107号 平成2年度半田市下水道事業特別会計補正予算第5号



△日程第5 議案第108号 平成2年度半田市国民健康保険事業特別会計補正予算第2号



△日程第6 議案第109号 平成2年度半田市老人保健事業特別会計補正予算第2号



△日程第7 議案第110号 平成2年度半田市立半田病院事業会計補正予算第2号



△日程第8 議案第111号 平成2年度半田市水道事業会計補正予算第2号



△日程第9 議案第112号 半田市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について



△日程第10 議案第113号 半田市特別職員の給与に関する条例の一部改正について



△日程第11 議案第114号 半田市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部改正について



△日程第12 議案第115号 半田市職員の給与に関する条例の一部改正について



△日程第13 議案第116号 半田市職員の給与に関する条例の特例条例の一部改正について



○議長(山本善久君) 日程第1から日程第13までの13議案を一括議題といたします。

 以上の議案につきましては、各委員会に付託、御審査をお願いしてありますので、その経過と結果について、各委員長から報告をお願いいたします。

 始めに、総務委員長からお願いいたします。

             〔総務委員長 北村明彦君 登壇〕



◎総務委員長(北村明彦君) 当総務委員会に付託されました案件につきましては、本日午前10時から委員会室におきまして、委員全員出席のもと、慎重審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 まず議案第 104号中、当委員会に分割付託されました案件、並びに議案第 112号、 113号、 115号、 116号の5議案を一括議題とし審査いたしました。

 主な質疑として、歳入では、職員の欠員の問題で、当局は臨時職員で対応するという考えのようであるが、退職した場合の欠員については随時採用できるような方法を検討したことがあるかとの問いに対し、職員の採用については7月の時点で決定し、9月に採用試験を実施しています。年度内の採用については基本的には考えていません。今回は例年にない退職の申し出がありました。また保育園については、保育申込者が当初予定より15クラスも増加したことから臨時の保母を採用いたしました。特に臨職でという考えは持っていないとのことでした。

 次に、市民から見た県下平均給与が 8,000円低いという状況をよく理解して賃金問題について考えているのか、また他市の状況をすべて勘案の上で検討されているのかとの問いに対し、本市の基本線としている職員給与については、国家公務員の給与の2号級上位を守って、現在もその考えは変わっていません。特別昇給については、組合には一定の改善方法を示しているが、勤務評定を行うことは組合の了解がとれないので実施することができない。また、他市との比較は役職の構成比の違いも格差となっているとのことでした。

 次に、職員給与の問題が解決しないのに特別職の役職加算を行うというのは納得できないとの問いに対し、職員の給与は人事院勧告を尊重して実施していますとのことでした。

 次に、報酬については報酬審議会に手当ということで諮ったことがあるか、また市民の声を聞いていれば非常勤の議員が常勤者より高いのは理屈に合わないと思うがどうかとの問いに対し、報酬審議会には特別職の報酬のみ審議いただいているので手当については審議したことはありません。手当については当局で決定していますとのことでした。

 次に、今回、三役と議員の基礎額になぜ違いがあるかとの問いに対し、三役は人勧に基づき役職加算を国・県に準じて行うこととし、議員の手当は隣接市の状況を見ながら、また議会の意見を聞く中で調整を行ってきたものであります。

 次に、人事院勧告に対する期末勤勉手当の当局の見解と、今回の議案はどういった経緯で決定されたかとの問いに対し、今回の人勧については、各市が県の指導と国の状況を見ながら検討してきたが、これまでには内容が再三変化してきたので、本市も同様な内容に調整してきたものであるとのことでした。

 その後、委員より議案第 112号に対する修正案が提出されましたので提案説明を求めましたところ、特別職と議員との格差が生ずることは市民の目から見ると理解しがたいので、基礎額を同率としたいものであるとの説明がありました。

 修正案を読み上げます。

 議案第 112号半田市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてに対する修正動議。

 みだしの修正案を、左記のとおり会議規則第93条の規定により提出します。平成2年12月18日、総務委員会委員長 北村明彦殿。提出者 総務委員会委員 榊原孝子。記、「 100分の20」を「 100分の45」に改め、「 100分の 220」を「 100分の 160」に、「 100分の 260」を「 100分の 200」に改める。

 その後、討論を省略して、まず修正案について挙手により採決した結果、賛成多数により修正と決しました。

 次に、修正された部分を除く原案について挙手により採決した結果、賛成多数をもって原案のとおり可と決しました。

 なお、採決に当たっての意見として、全体的には大綱は賛成ではあるが、今回の期末手当について、ある部分では加算が20%からゼロ%までで、ゼロの人がかなり多数含まれ、一時金の性格からいくと、条例、その他についてゼロという点で、いささか賛成しかねるとの意見がありました。

 その後、議案第 104号中、分割付託された案件及び議案第 113号、議案第 115号、議案第 116号の4議案については、討論を省略して挙手により採決した結果、4議案とも挙手多数により原案のとおり可と認めることに決しました。

 以上、御報告申し上げます。

             (降壇)



○議長(山本善久君) 次に文教委員長からお願いいたします。

             〔文教委員長 村山義信君 登壇〕



◎文教委員長(村山義信君) 当文教委員会に付託された案件については、本日午前10時から議会図書室談話室において、委員出席のもと、審査を行いましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 最初に議案第 104号中、分割付託された案件について、慎重審査を行った後、討論を省略し採決した結果、全員をもって原案のとおり可と認めることに決しました。

 次に議案第 114号については、補足説明の後、教育長の給与については県下の状況を調査、考慮した上で、知多の中核10万都市に相応な額にしていく必要がある。また教育長に対する役職加算については、市三役と同様、議員との整合性を持たせ同率とすべきであるとの意見が出されました。

 その後、討論を省略し挙手により採決した結果、委員全員をもって原案のとおり可と認めることに決しました。

 次に議案第 110号については、慎重審査の後、討論を省略し採決した結果、委員全員をもって原案のとおり可と認めることに決しました。

 以上、御報告申し上げます。

             (降壇)



○議長(山本善久君) 次に建設委員長からお願いいたします。

             〔建設副委員長 石川明君 登壇〕



◎建設副委員長(石川明君) 当建設委員会に付託されました議案第 104号中、分割付託された案件及び議案第 106号、第 107号、第 111号につきましては、本日午前10時から議会会議室において委員全員出席のもと、補足説明を得て慎重審査した後、討論を省略し採決した結果、4議案とも委員全員をもって原案のとおり可と認めることに決しました。

 以上、御報告申し上げます。

             (降壇)



○議長(山本善久君) 次に厚生委員長からお願いいたします。

             〔厚生副委員長 後藤昌紀君 登壇〕



◎厚生副委員長(後藤昌紀君) 当厚生委員会に付託されました案件につきましては、本日午前10時から全員協議会室におきまして、委員全員出席のもと、慎重審査をいたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 初めに議案第 104号中、当委員会に分割付託されました案件につきまして、質疑として、保育園費で産休等代替保母賃金が、当初予算に比べ今回の補正額の方が多いが、その理由は何か。また長時間保母賃金の増額はどうか。年間 5,000万円からの代替保母に対する賃金の計上であるが、保母は固定化していると思うが、代替保母は何名か。また代替保母で補充すると保育に影響はないかとの問いに対し、産休代替保母は当初10名で見込んでおり、ほぼ横ばいと考えておりましたが、平成2年4月当初で園児が97名増加し、16名の臨時保母が必要となったことが大きな要因です。臨時保母の内訳は、園児の増加による欠員補充が15名、産休・育休代替が5名、障害児加配保母が3名、年度途中の退職による補充が2名の25名です。また、平成2年11月1日より横川保育園の開園によりゼロ歳児の保育を開始したことにより、看護婦1名の増員と、給与改定により補正するものです。長時間保育保母賃金は、当初17名予定しておりましたが、長時間保育の希望児の増加により、東保育園、横川保育園に各1名を増員したものです。なお、臨時職員による保育は、専門教育を受け免許を取得しており、正規職員と同じように保育に当たっておりますとのことでした。

 その後、討論を省略し採決した結果、委員全員をもって原案のとおり可と認めることに決しました。

 次に議案第 105号、議案第 108号、議案第 109号の3議案につきましては、慎重審査の後、討論を省略し採決した結果、委員全員をもっていずれも原案のとおり可と認めることに決しました。

 以上、御報告申し上げます。

             (降壇)



○議長(山本善久君) 委員長の報告は終わりました。

 ただいま総務委員長から報告のありました議案第 112号については、総務委員会において審査の結果、修正可決しておりますが、その修正動議が議長のもとに提出されました。その内容はお手元に配付したとおりであります。

 議案第 112号に対する修正動議を直ちに議題といたします。

 委員長報告及び議案第 112号の修正案に対する質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

             〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 御質疑なしと認めます。

 これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 議案第 104号から第 116号までの全議案について討論の通告がありますので、発言を許します。

 11番 土井勝己君の登壇、発言を許します。

             〔11番 土井勝己君 登壇〕



◆11番(土井勝己君) ただいま上程されております議案第 104号平成2年度半田市一般会計補正予算第9号から、議案第 116号半田市職員の給与に関する特例条例の一部改正まで一括し反対し、その趣旨を申し上げます。

 各議案は、今回の人事院勧告に関連して初任給の1号俸アップや、それに関連した給与の改正、通勤途上の病災害事故の救済、単身赴任手当の新設、その他手当の改善が進められており、一括反対の立場ではありません。ところが、各議案の中には、一時金の役職加算や特別職の一時金加算があわせて提案されています。半田市の場合は、昭和59年度から県下各市の平均的賃金水準にあるにもかかわらず、職員給与の1号俸カットが強行されました。この結果、県下各市平均給与より月額で 8,000円も低い給与で働いているわけです。その上、役職員の一時金加算は38.2%の職員に加算されるのみで、半数以上の61.8%の職員は何の恩恵もない上、役職者の中でも上に厚く下に薄い内容となっています。私は、まず一般職員の待遇改善を行う必要があることを強く申し上げます。ところが当局は、人事院勧告に沿って特別職、役職員の一時金加算を率先して改正しております。これでは市民に納得してもらうことができないことは言うまでもありません。このような当局の方針に同意することはできません。以上申し上げ、討論を終わります。

             (降壇)



○議長(山本善久君) 以上で通告による討論は終わりました。

 これにて討論を終結いたします。

 これより日程の順序に従いまして採決いたします。

 議案第 104号、第 105号、第 106号、第 107号、第 108号、第 109号、第 110号、第 111号、以上の8議案を一括採決いたします。

 各議案については原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

             〔賛成者挙手〕

 ありがとうございました。挙手多数であります。よって、議案第 104号から第 111号までの8議案は原案のとおり可決いたしました。

 議案第 112号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は修正でありますので、まず委員会の修正案を挙手により採決いたします。

 委員会の修正案に賛成の諸君の挙手を求めます。

             〔賛成者挙手〕

 ありがとうございます。挙手多数であります。よって、委員会の修正案は可決いたしました。このため、原案については議決不要となりました。

 議案第113号、第 114号、第 115号、第 116号、以上の4議案を一括採決いたします。

 各議案については原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

             〔賛成者挙手〕

 ありがとうございます。挙手多数であります。よって、議案第 113号から第 116号までの4議案は原案のとおり可決いたしました。

 これにて今期定例会に付議された事件はすべて議了いたしました。

 よって、平成2年第8回半田市議会定例会を閉会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午後4時32分 閉会



地方自治法第 123条第2項の規定により、ここに署名する。

 平成2年12月18日

           半田市議会議長  山本善久

           半田市議会副議長 杉浦武雄

           会議録署名議員  竹内一

           会議録署名議員  山口博己

           会議録署名議員  新美良橘