議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 半田市

平成16年  6月 定例会(第4回) 06月25日−04号




平成16年  6月 定例会(第4回) − 06月25日−04号







平成16年  6月 定例会(第4回)



                平成16年6月25日 午後2時00分開議

1.議事日程(第4号)                      |付託委員会

 日程第1 決議案第1号 神戸川の災害防止及び周辺道路等の一体的整|

             備の促進に関する決議          |

 日程第2 議案第53号 平成16年度半田市一般会計補正予算第2号  |各常任委員会

 日程第3 議案第54号 平成16年度半田市下水道事業特別会計補正予算|建設産業

            第1号                  |

 日程第4 議案第55号 平成16年度半田市老人保健事業特別会計補正予|文教厚生

            算第2号                 |

 日程第5 議案第56号 半田市安全なまちづくり条例の制定について |総務

 日程第6 議案第57号 半田市国民健康保険税条例の一部改正について|文教厚生

 日程第7 議案第58号 半田市印鑑条例の一部改正について     |建設産業

 日程第8 議案第59号 訴えの提起について            |建設産業

 日程第9 請願第1号 郵政公社の国民サービスの向上とユニバーサル|総務

            サービスの確保についての意見書の提出を求め|

            る請願                  |

 日程第10 議員提出議案第1号 特別委員会の設置について     |

 日程第11 意見書案第2号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意|

              見書の提出について          |

 日程第12 意見書案第3号 地震防災対策強化地域における地震対策緊|

              急整備事業に係る国の財政上の特別措置に|

              関する法律の延長に対する意見書の提出に|

              ついて                |

 日程第13 意見書案第4号 公共工事における建設労働者の適正な労働|

              条件確保等に関する意見書の提出について|

 日程第14 特別委員会委員の選任について             |

 日程第15 議員派遣について                   |

2.出席議員は次のとおりである(25名)

   1番  山本博信           2番  嶋崎昌弘

   3番  渡辺昭司           4番  石川英之

   5番  伊東 英           6番  深津正俊

   7番  榊原久美子          8番  榊原伸行

   9番  榊原正幸          10番  竹内康夫

  11番  新美保博          12番  名畑満彦

  13番  南雲忠光          14番  大竹つい子

  15番  山口博己          16番  伊藤 彰

  17番  榊原芳三          18番  本美正雄

  19番  大岩武久          20番  新美富三

  21番  堀嵜純一          22番  杉江義明

  23番  松本如美          24番  間瀬和子

  25番  山内 悟

3.欠席議員は次のとおりである(なし)

4.地方自治法第 121条により説明のため出席した者の職氏名(23名)

  市長       榊原伊三      助役       杉村平八

  収入役      田中幸治      企画部長     清沢吉徳

  総務部長     宮崎泰保      市民経済部長   榊原純夫

  福祉部長     榊原隆男      建設部長     榊原君平

  水道部長     岡戸幹雄      病院事務局長   後藤章次

  政策推進監    藤本哲史      防災監      小笠原彰男

  環境対策監    尾崎直利      高齢福祉推進監  森 則弘

  市街地整備

           田中治男      財政課長     榊原直和

  推進監

  防災交通課長   加藤千博      保険年金課長   榊原保生

  建築課長     山本正則      下水道課長    伊藤和利

  教育長      沢田祥二      教育部長     村松憲治

  生涯学習推進監  藤井照久

5.職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(6名)

  議会事務局長   二宮公平      議事課長     大坪由男

  同副主幹     竹内 進      同副主幹     小坂和正

  同主査      柘植偉昭      同主事      新美恭子

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後2時00分 開議



○議長(杉江義明議員) 皆様、こんにちは。

 ただいま出席議員25名でございます。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に御配付したとおりですので、よろしくお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 決議案第1号 神戸川の災害防止及び周辺道路等の一体的整備の促進に関する決議



○議長(杉江義明議員) 日程第1、決議案第1号を議題といたします。

 提出者の新美保博議員に提案説明を求めます。



◆11番(新美保博議員) ただいま上程されました決議案第1号について、提案者を代表して提案説明を申し上げます。

 本案は、神戸川流域における災害を未然に防止するため、周辺の治水及び道路等の早急、かつ一体的な設備を求めることを決議したいものであります。

 決議案を朗読し、提案説明にかえさせていただきます。

     神戸川の災害防止及び周辺道路等の一体的整備の促進に関する決議

 治水及び道路整備は、住民の生活、住みよい地域社会実現のために行政の重要な責務である。

 本市では、下水道事業・排水ポンプ場の整備を始めとして積極的に治水事業を推進してきたところである。しかし、神戸川においては、度重なる洪水の教訓を踏まえ、防災対策を施してきたものの抜本的な対策には至っていない。そのため、今後起こりえる台風、集中豪雨への備えは十分とは言えず、早急な改善が周辺住民から強く求められている。

 さらに、2005年には中部国際空港の開港が予定され、これに伴う市内交通環境の改善も早急に求められている。都市計画道路衣浦西部線に接続する常滑半田線の拡幅延伸整備、名鉄河和線鉄道高架事業は、当初計画では空港関連事業として着手したが、空港開港時には完成の見込みがなく、この現状は見過ごすことはできず、喫緊の課題となっている。

 そこで本市としては、市全域における治水、道路等の整備を継続していくことはもとより、市街地として急速に発展している神戸川流域において、災害を未然に防ぐためにも、これらを速やかに整備されるよう、国を含めた関係行政機関に対し、地域の実情を十分に認識するように働きかけ、速やかに改善がされる環境を整えるべきである。

 よって、本市議会は、神戸川及び周辺の治水並びに道路等の早急かつ、一体的な整備を求めることをここに決議する。

 平成16年6月25日

                                  半田市議会

 以上のとおりであります。

 何とぞ議員の皆様の御賛同をいただきますようお願い申し上げ、提案説明といたします。



○議長(杉江義明議員) 提案説明は終わりました。

 ただいまから質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 御質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっている決議案第1号については、委員会への付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、本案は委員会への付託を省略することに決定をしました。

 これより討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありませんので、討論を省略し、直ちに採決をいたします。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立をお願いいたします。

              〔賛成者起立〕

 ありがとうございました。賛成議員全員です。よって、決議案第1号は原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第53号 平成16年度半田市一般会計補正予算第2号



△日程第3 議案第54号 平成16年度半田市下水道事業特別会計補正予算第1号



△日程第4 議案第55号 平成16年度半田市老人保健事業特別会計補正予算第2号



△日程第5 議案第56号 半田市安全なまちづくり条例の制定について



△日程第6 議案第57号 半田市国民健康保険税条例の一部改正について



△日程第7 議案第58号 半田市印鑑条例の一部改正について



△日程第8 議案第59号 訴えの提起について



△日程第9 請願第1号 郵政公社の国民サービスの向上とユニバーサルサービスの確保についての意見書の提出を求める請願



○議長(杉江義明議員) 日程第2から日程第9までの議案第53号を始め8件を一括議題といたします。

 以上の案件については、各委員会に付託し、御審査をお願いしてありますので、その経過と結果について各委員長から御報告をお願いいたします。

 初めに、総務委員長からお願いをいたします。

              〔総務委員長 竹内康夫議員 登壇〕



◆総務委員長(竹内康夫議員) 当総務委員会に付託されました案件につきましては、6月17日午前11時から、委員会室において、委員8名出席のもと、慎重審査しましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 初めに、議案第53号中、当委員会に分割付託されました案件につきましては、補足説明の後、質疑に入り、主な質疑として、歳入、13款 1項 6目 教育使用料について、運動公園使用料40万 5,000円の積算根拠は何か。とに対し、半田市都市公園条例に基づき、使用する面積・日数により積算し、計上しました。とのこと。

 また、歳出、2款 1項 11目 防犯活動費について、消耗品費 105万 2,000円はどのような内訳か。とに対し、各自治区へお願いする防犯パトロール時の啓発用の消耗品として、帽子、腕章、たすき、懐中電灯及び広報車用のマグネットを予定しています。とのことでした。

 その後、討論を省略し、採決した結果、出席委員全員をもって、原案のとおり可と認めることに決定しました。

 次に、議案第56号につきましては、補足説明の後、質疑に入り、主な質疑として、犯罪件数は確実に増えている状況にあると思われるが、今、条例を制定しなければならない理由は何か。とに対し、犯罪が増加し、市民の不安が増大する中、市民が被害に遭わないよう、警察の取り締まりと併せ、各種対策を実施し、防犯意識の啓発を図ることが重要で、安全なまちづくりを推進するため、目的や市と市民などの責務を示す条例を制定する必要があります。とのことでした。

 その後、討論を省略し、採決した結果、出席委員全員をもって、原案のとおり可と認めることに決定しました。

 次に、請願第1号につきましては、慎重審査の後、討論を省略し、挙手により採決した結果、賛成少数により、不採択とすることに決定しました。

 以上、御報告申し上げます。

              (降壇)



○議長(杉江義明議員) 次に、文教厚生委員長からお願いをいたします。

              〔文教厚生委員長 榊原伸行議員 登壇〕



◆文教厚生委員長(榊原伸行議員) 当文教厚生委員会に付託されました案件につきましては、6月17日午前11時から、全員協議会室におきまして、委員全員出席のもと、慎重審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 議案第53号中、当委員会に分割付託された案件及び議案第55号並びに議案第57号につきましては、それぞれ補足説明の後、慎重審査し、討論を省略し、採決した結果、3議案とも委員全員をもって、原案のとおり可と認めることに決定いたしました。

 以上、御報告申し上げます。

              (降壇)



○議長(杉江義明議員) 次に、建設産業委員長からお願いをいたします。

              〔建設産業委員長 名畑満彦議員 登壇〕



◆建設産業委員長(名畑満彦議員) 当建設産業委員会に付託されました案件につきましては、6月17日午前11時から、議会会議室におきまして、委員全員出席のもと、慎重審査いたしましたので、その経過と結果について御報告申し上げます。

 初めに、議案第53号中、当委員会に分割付託されました案件につきましては、補足説明の後、質疑に入り、主な質疑として、4款 1項 4目 環境保全事業費中、半田市PCB処理監視委員会の設置について、愛知県の審査会とのかかわりはどうか。とに対し、この委員会は半田市独自で設置するもので、市民の目から監視していくことが目的であり、県の審査会との連携、関係はありません。とのこと。

 同じく、各種公害分析検査委託料について、事業所負担を今後検討していくということであるが、どのような検討をしていくか。とに対し、日本車輌株式会社は環境影響評価を行い、その内容に基づいて県は審査し、本市も内容を把握したわけでありますが、本市としては、通常の一般大気環境の測定項目でない特定化学物質について、その状況を事前に把握する必要があり、環境影響評価書だけでなく、公式結果が必要であるため、市として調査をするものです。ただし、これを継続してどういった頻度で実施するのかということは、今後、県と事業者の間のモニタリング計画、半田市の知事に対して意見の中で、今後の検討事項ということでお答えさせていただいております。とのこと。

 また、環境美化推進事業費中、屋外広告物簡易除却業務委託について、委託内容はどういうものか。とに対し、違反広告物の取り扱いについては、撤去して、委託業者のトラックに積み込み、愛知県知多事務所の指定する場所に運搬し、一定期間保管した後、処理する手続となっていますので、委託料は運搬するトラックにかかる費用であります。とのこと。

 5款 1項 3目 アグリ・アミューズメント関連事業費について、施設改修工事に約 500万円近くかかるということであるが、これだけかかる理由はどうしてか。とに対し、野菜などの農産物の即売だけでなく、知多牛、豚肉等の飲食のため厨房が必要となり、保健所の許可を得るためには、仕切り、かぎなどの改修が必要となり、今回の予算額の計上となりました。とのこと。

 また、農産物の販売について、行政側が費用をかけて改修し、農家の方に売っていただくということだが、行政側としてはどのような介入をしていくのか。とに対し、行政として、1点目は、農業を通じての地域貢献として、運動公園利用者の利便を図るとともに、中部国際空港の開設に併せて、空港利用者の足を止める魅力ある施設にしてもらいたいということ。2点目は、市内の遊休農地の解消、後継者不足の問題などを抱える半田市の農業の振興につなげていきたいと考えています。とのこと。

 また、運動公園建設に当たっては、管理棟が必要ということで、現在のような使用体制をとってきている中で、今回、改修し農産物を販売することになるが、ごく短期間の間に管理棟の休息、緊急避難的なスペースを排除してよいのか。とに対し、半田市として空港を見据え、具体的に実施できる場所を絞り込み、いろいろな候補地の中から運動公園を選定いたしました。都市公園法との関係については、関係機関と確認し、運動公園を利用する方の利便性向上を図ることで許可は受けられるということです。空港の開港が来年2月ということで、是非とも空港開港前に事業を立ち上げ、半田市の農業をPRしたいという強い要望があり、今定例会に補正予算として上げました。とのこと。

 6款 1項 1目 観光拠点施設用地整備工事について、主婦の店跡地の将来計画について、イベント会場に利用といっても、頻繁にはなく、もう少し違う利用方法、違う方向性で有効利用を考えていないのか。とに対し、平成16、17年度で予定しております産業観光振興計画の策定の中で利用方法の検討をお願いしていきたいと考えています。当面の利用については、イベント利用、ふれあい産業まつりなどで、地域の方々とも相談しながら有効に利用していきたいと考えています。とのことでした。

 その後、討論を省略し、採決した結果、委員全員をもって、原案のとおり可と認めることに決定しました。

 次に、議案第54号及び議案第58号につきましては、それぞれ補足説明の後、慎重審査し、討論を省略し、採決した結果、2議案とも委員全員をもって、原案のとおり可と認めることに決定しました。

 次に、議案第59号につきましては、補足説明の後、質疑に入り、主な質疑として、法的措置をとることについては問題はないが、退去命令の措置をとったときに事故が起こる可能性はないか。とに対し、一定の定められた手続に基づいて強制執行がされますが、市としても、事故のないよう、立ち会いをしていきたいと考えています。とのこと。

 また、20万円以上の滞納者は何人いるのか、今後の予定はどうか。とに対し、20万円、または6か月以上の滞納者は15名です。今後も毎年1回、審査会を開き、その上で明け渡し請求をするべきかどうか判断し、法的手続をとっていきたいと考えています。また、法的手続をとることが、毎月職員が実施している滞納整理の際、相手方に対し、強い意思で説得できる材料にもなっています。とのことでした。

 その後、討論を省略し、採決した結果、委員全員をもって、原案のとおり可と認めることに決定しました。

 以上、御報告申し上げます。

              (降壇)



○議長(杉江義明議員) 以上で各委員長の報告は終わりました。

 ただいまから質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 御質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 請願第1号について討論の通告があります。

 松本如美議員の発言を許します。

              〔23番 松本如美議員 登壇〕(拍手)



◆23番(松本如美議員) ただいま上程されています請願第1号郵政公社の国民サービスの向上とユニバーサルサービスの確保についての意見書の提出を求める請願に対して、日本共産党を代表して賛成を表明し、その見解を申し上げて、議員各位の賛同をお願いするものであります。

 郵政事業は 130年余にわたり、国営事業として不採算地域を含めたサービス網を持ち、全国隅々まで一律料金でどこでも届く郵便制度によって、ユニバーサルサービスが維持されてきました。全国に約2万 5,000か所ある郵便局のネットワークを通じて、都市部を始めとし全国を公平、かつ日常生活に不可欠な郵政サービスを提供し、国民生活の安定と福祉の増進に貢献しています。郵政3事業の特色は、郵便、保険、貯金の3事業一体の運営により共通の経費が割安になっていることです。安全、安心、確実で簡便な郵便貯金、簡易保険の維持や、郵便事業で全国一律料金制がとれるのも、そのためです。簡易保険事業も民間の保険と違い、健康診断や職業による制限がなく、手軽に加入することができます。郵便貯金は、国民が安心して利用できる預け先ともなっています。

 請願趣旨にあるように、公共の福祉の増進は郵政公社のもとでも積極的に発展させなければならないと考えます。さらに、目の不自由な皆さん方への点字郵便など、第三種郵便や第四種郵便など、社会的福祉に安い料金体系を維持することは当然のことであります。さらに、過疎地などの郵便物がコストの追求で高くなっては困ります。採算がとれないからといって、地方の郵便局が統廃合されたら、さらに困ります。

 小泉首相は、民間でできるものは民営化すると、郵政民営化を主要な政治課題にしていますが、国民に対する公共性の高いサービスは民間もうけ本位ではできません。郵政産業労働組合の資料によれば、アメリカでは大統領直轄の諮問委員会でユニバーサルサービスの維持は国営でしかできないと結論づけ、郵政公社の民営化は行わないことを決定したといいます。また、既に民営化を選択した国では、利便性の後退を批判する国民の声を受けて、見直しを余儀なくされ、ILOの郵政担当も必ずしも民営化はうまく機能していないと指摘しているともいいます。

 以上のことからも、郵政公社における国民サービスこそ、その向上を一層図ることと、全国一律サービスの維持を求め、さらにその充実こそを願い、賛成討論といたします。

 議員各位の賛同をよろしくお願いいたします。

              (拍手・降壇)



○議長(杉江義明議員) 以上で通告による討論は終わりました。

 これで討論を終了します。

 これより日程の順序に従って採決をいたします。

 議案第53号、第54号、第55号、第56号、第57号、第58号、第59号、以上の7議案を一括採決いたします。

 各議案については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、議案第53号から第59号までの7議案は原案のとおり可決いたしました。

              〔山本博信議員 退場〕

 請願第1号を採決いたします。

 本請願に対する委員長の報告は不採択です。委員長の報告のとおり不採択と決定することに賛成の議員の挙手をお願いいたします。

              〔賛成者挙手〕

 ありがとうございました。賛成議員多数です。よって、請願第1号は不採択と決定をいたしました。

              〔山本博信議員 入場、着席〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議員提出議案第1号 特別委員会の設置について



△日程第11 意見書案第2号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書の提出について



△日程第12 意見書案第3号 地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律の延長に対する意見書の提出について



△日程第13 意見書案第4号 公共工事における建設労働者の適正な労働条件確保等に関する意見書の提出について



○議長(杉江義明議員) 日程第10、議員提出議案第1号から日程第13、意見書案第4号までの4議案を一括議題といたします。

 提出者の新美保博議員に提案説明を求めます。



◆11番(新美保博議員) ただいま上程されました議員提出議案第1号、意見書案第2号、第3号及び第4号の各議案について、提出者を代表して提案説明を申し上げます。

 議員提出議案第1号については、委員会条例第6条の規定により、次の特別委員会を設置し、調査目的終了まで議会閉会中の継続調査に付することにしたいものであります。

 設置する特別委員会は、1つ、市町合併特別委員会、委員8名、調査目的は市町合併について。2つ、新庁舎建設特別委員会、委員7名、調査目的は新庁舎建設について。3つ、鉄道高架特別委員会、委員7名、調査目的は鉄道高架実現のための方策について。

 以上の3委員会であります。

 次に、意見書案第2号については、循環型社会形成推進基本法で規定している拡大生産者責任の原則を徹底させるため、容器包装リサイクル法の早急な見直しを行うよう、国に対して要望するものであります。

 次に、意見書案第3号については、地震災害から住民の生命と財産を守るため、平成16年度末をもって効力を失う地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律の期限を延長するよう、国に対し要望するものであります。

 次に、意見書案第4号については、公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保がなされ、公共工事の品質が適切に確保されるよう、実効ある施策を講じることを国に対し要望するものであります。

 各意見書の案文はお手元の資料のとおりであります。何とぞ議員の皆様の御賛同をいただきますようお願い申し上げ、提案説明といたします。



○議長(杉江義明議員) 提案説明は終わりました。

 ただいまから質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 御質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっている議員提出議案第1号、意見書案第2号、第3号、第4号の4議案については、委員会への付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、各議案は委員会への付託を省略することに決定をいたしました。

 これより討論に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありませんので、討論を省略し、直ちに採決をいたします。

 議員提出議案第1号を採決いたします。

 本案は、原案のとおり特別委員会を設置し、調査目的終了まで閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり特別委員会を設置し、調査目的終了まで閉会中の継続調査に付することに決定をいたしました。

 意見書案第2号、第3号、第4号、以上の3議案を一括採決いたします。

 各議案については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、意見書案第2号から第4号までの3議案は原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 特別委員会委員の選任について



○議長(杉江義明議員) 日程第14、特別委員会委員の選任についてを行います。

 先ほど設置されました市町合併特別委員会、新庁舎建設特別委員会及び鉄道高架特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が指名をいたします。

 事務局長に朗読させます。



◎議会事務局長(二宮公平君) 〔朗読〕

+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

|  市町合併特別委員会(委員8人)                    |

|         石川英之議員         榊原久美子議員      |

|         新美保博議員         名畑満彦議員       |

|         大竹つい子議員        榊原芳三議員       |

|         大岩武久議員         松本如美議員       |

|  新庁舎建設特別委員会(委員7人)                   |

|         渡辺昭司議員         深津正俊議員       |

|         榊原伸行議員         山口博己議員       |

|         本美正雄議員         新美富三議員       |

|         山内 悟議員                      |

|  鉄道高架特別委員会(委員7人)                    |

|         山本博信議員         嶋崎昌弘議員       |

|         伊東 英議員         竹内康夫議員       |

|         堀嵜純一議員         伊藤 彰議員       |

|         間瀬和子議員                      |

+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+



○議長(杉江義明議員) お諮りします。

 以上のとおり指名したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名した議員を各特別委員会委員に選任することに決定をいたしました。

 しばらく休憩をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後2時32分 休憩

          午後2時50分 再開

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉江義明議員) 会議を再開いたします。

 ただいまの休憩中に各特別委員会が開催をされまして、正副委員長の互選が行われ、その結果が報告されましたので、事務局長に朗読をさせます。



◎議会事務局長(二宮公平君) 〔朗読〕

+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+

| 市町合併特別委員会                           |

|   委員長    大岩武久議員    副委員長    松本如美議員   |

| 新庁舎建設特別委員会                          |

|   委員長    新美富三議員    副委員長    深津正俊議員   |

| 鉄道高架特別委員会                           |

|   委員長    嶋崎昌弘議員    副委員長    伊藤 彰議員   |

+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+



○議長(杉江義明議員) 以上のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 議員派遣について



○議長(杉江義明議員) 日程第15、議員派遣についてを議題といたします。

 本件については、お手元に御配付したとおり、地方自治法第 100条及び会議規則第 158条の規定により、議員を派遣したいと思います。なお、内容に変更が生じた場合は、議長に御一任いただきたいと思います。御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 御異議なしと認めます。よって、本件についてはお手元に御配付したとおり、議員を派遣することに決定をいたしました。

 以上で、今期定例会に付議されました事件の議事はすべて終了しました。

 市長から発言の申し出がありますので、これを許します。



◎市長(榊原伊三君) 第4回半田市議会定例会の閉会に当たりまして、一言お礼を申し上げます。

 15日から開催されました本定例会では、一般会計補正予算、安全なまちづくり条例など、重要案件を御提案申し上げましたが、いずれも適切な御議決を賜り、まことにありがとうございました。

 また、ただいまは各特別委員会が構成され、半田市の諸課題について議会の立場で調査、研究がなされることとなりました。何とぞ活発な御論議をいただきますよう、お願いを申し上げるものでございます。

 また、この会期中、21日には大型の台風6号が襲来いたしました。後ほど詳細については御報告申し上げますが、半田市といたしましては大きな被害もなく済むことができました。

 また、本日の会議の冒頭には、神戸川の災害防止、整備についての御議決をいただきましたが、災害対策、浸水対策の解消には全力を挙げ取り組んでまいりたいと考えます。国・県に対しましても要望、意見を積極的に上げてまいりたいと考えておりますので、御支援賜りますようお願いを申し上げます。

 また、昨日は参議院議員通常選挙が告示され、7月11日の投票日に向け選挙戦が始まったばかりでございます。イラクでの自衛隊の復興支援活動、年金改革などが主要な争点となっておりますが、地方分権、三位一体改革などの問題についても一層論議が高まり、有権者の選択がなされることを期待をいたしております。

 私の今期の任期はちょうどあと1年を残すことになりました。3年前に市民の皆さん方にお約束した事柄の再検討をするとともに、市民の皆さん方の幸せと安全のために、この残された1年間、さらに全力を挙げて住みよいまちづくりのために努力してまいりたいと考えております。

 議員各位におかれましても、今後とも格別の御支援と御指導を賜りますようお願いを申し上げまして、閉会に当たってのお礼の言葉とさせていただきます。



○議長(杉江義明議員) これをもちまして、平成16年第4回半田市議会定例会を閉会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          午後2時54分 閉会

   地方自治法第 123条第2項の規定により、ここに署名する。

     平成16年 月 日

               半田市議会議長  杉江義明

               会議録署名議員  新美保博

               会議録署名議員  大竹つい子

               会議録署名議員  堀嵜純一