議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 瀬戸市

平成15年 9月定例会 議員提出議案 15年議員提出第5号議案




平成15年 9月定例会 議員提出議案 − 15年議員提出第5号議案







15年議員提出第5号議案



         医薬品の一般小売店における販売についての意見書



  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第12条の規定により提出します。



     平成15年9月26日提出

                                瀬戸市議会議員

                                 川 本 雅 之

                                 中 島 校 生

                                 長 江 公 夫

                                 藤 井 篤 保

                                 小 島 俊 介

                                 河 村 邦 彦

                                 足 立 利 夫

                                 原 田   学



         医薬品の一般小売店における販売についての意見書



 政府は、総合規制改革会議において「医薬品の一般小売店における販売」を重点事項の一つとして協議を行い、先の経済財政諮問会議では、年内に安全上問題のない医薬品を選定し、一般小売店における販売を認める方向が示された。

 医薬品は効能効果とともに副作用被害の危険性を併せ持っており、その品質、有効性及び安全性を確保する上から薬事法に基づく製造、販売等の諸規制がなされてきた。

 今回、利便性や経済性といった面から安易に一般小売店において医薬品販売を認めることは、新たな副作用被害を招くなど国民の生命、健康に及ぼす影響が懸念されるところである。

 よって、政府(国)におかれては、一般小売店における医薬品の販売については、安全性の担保と適正使用に関する情報提供といった観点を十分配慮の上慎重に対応されるよう強く要望する。



 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。



     平成15年9月26日

                  瀬 戸 市 議 会

  意見書の提出先

   衆議院議長     綿 貫 民 輔

   参議院議長     倉 田 寛 之

   内閣総理大臣    小 泉 純一郎

   厚生労働大臣    坂 口   力

   規制改革担当大臣  金 子 一 義