議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 瀬戸市

平成19年 9月定例会 議員提出議案 19年議員提出第6号議案




平成19年 9月定例会 議員提出議案 − 19年議員提出第6号議案







19年議員提出第6号議案



         地方の道路整備の促進と財源確保に関する意見書



 道路は、市民生活や経済社会活動を力強く支える根幹的な社会資本であるとともに、豊かな生活の実現と活力ある地域社会の形成に欠くことのできない社会基盤として、その整備は、魅力ある地域づくりと、安心安全で快適な住環境を提供するためにも必要不可欠な国民の財産である。

 1300年のやきものの歴史と文化に彩られた瀬戸市は、世界に誇るべき財産と伝統を活かし、街全体を博物館・美術館に見立てた「せと・まるっとミュージアム」というまちづくりの指針を掲げ、産業観光都市を目指している。

 また、平成17年に開通した東海環状自動車道沿線では、経済の広域化による交流が誘発され、その相乗効果による企業進出が進んでいる。

 こうしたなか、活力ある地域づくりや豊かな暮らしを実現するため、市民生活を支える身近な生活道路の整備は不可欠であり、更には、市街地において慢性的な交通混雑が生じている現状を打開する通過交通の円滑な処理による交通渋滞の解消・緩和をはじめ、車のすれ違い困難区間の解消、沿道環境の改善、大規模災害時における援助物資輸送路の確保や代替路の確保に必要な道路網の整備が急務となっている。

 また、過去に整備した道路網の適切な維持・管理・修繕・更新に対する必要性も、これまで以上に高まっているところである。

 これらの課題に適切に対処し、遅れている地方の道路整備や道路の維持管理を円滑に進めるためには、安定的な財源の確保が不可欠である。

 よって、国においては、地方の実情に即した道路整備の重要性を深く認識され、遅れている地方の道路整備や維持管理の実情をご賢察いただき、下記の事項に取り組まれるよう強く要望する。



                   記

1 地方が必要とする道路整備と、今後増大する既設道路の計画的な維持管理を進めるため、道路財源の確保のための措置を講じること。

2 中期計画の立案にあたっては、地方自治体の意見を尊重し、着実な道路網の整備実現が可能となる計画策定とすること。

3 一律のシーリングを見直し、地方の需要に応じて必要となる道路整備財源の拡充を図り、重点的な地方への傾斜配分を講じること。



 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。



     平成19年9月28日

                  瀬 戸 市 議 会

  意見書の提出先

   衆議院議長

   参議院議長

   内閣総理大臣

   内閣府特命担当大臣

   (経済財政政策)

   総務大臣

   財務大臣

   国土交通大臣