議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 瀬戸市

平成17年11月臨時会 議員提出議案 17年議員提出第3号議案




平成17年11月臨時会 議員提出議案 − 17年議員提出第3号議案







17年議員提出第3号議案



      フェロシルトの早期全量撤去等を求める申し入れに関する決議



  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第12条の規定により提出します。



     平成17年11月24日提出

                                瀬戸市議会議員

                                 長 江 公 夫

                                 中 島 校 生

                                 大 橋   誠

                                 藤 井 太 平

                                 藤 井 篤 保

                                 川 本 雅 之

                                 河 村 邦 彦

                                 原 田   学



      フェロシルトの早期全量撤去等を求める申し入れに関する決議



 石原産業(株)が製造した土壌埋め戻し材「フェロシルト」による問題は、造成地の土壌から環境基準を超える六価クロムやフッ素が検出されるなど、自然環境、生活環境を脅かす土壌汚染を引き起こし、各地で大きな社会問題となっている。

 本市においても、現在判明しているだけで約28万トン余の「フェロシルト」が、市内4地区に埋め立てられ、降雨時には流出した「フェロシルト」で、国の特別天然記念物「オオサンショウウオ」が自然繁殖していることでも知られている蛇ヶ洞川が赤く染まってしまうなど、地域住民の生活のみならず、自然環境にも大きな不安を与えている現状がある。

 石原産業(株)は、社会問題化後も、製造工程時に工場廃液そのものを混入したことが発覚するなど、その反社会的行為は厳しく批判されるとともに、循環型社会の大きな柱とも言うべき「リサイクル」に不安を生じさせたその責任は極めて重く、企業倫理が著しく欠如しているといわざるを得ない。

 よって、本市議会は、石原産業(株)に対し、事態の重大性を厳しく認識し、企業としての社会的責任を誠実に果たすよう、下記の事項を強く要望し申し入れるものである。



                   記

1 地域住民の不安を一刻も早く取り除くため、市内に埋められた「フェロシルト」の全量撤去を行うこと。

2 「フェロシルト」の撤去・搬出に当たっては、地域住民の要望を十分に尊重し、その安全確保に努めること。

 以上、決議する。



     平成17年11月24日

                  瀬 戸 市 議 会