議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 瀬戸市

平成16年 6月定例会 議員提出議案 16年議員提出第1号議案




平成16年 6月定例会 議員提出議案 − 16年議員提出第1号議案







16年議員提出第1号議案



         郵政事業の改革に関する意見書



  上記の議案を別紙のとおり、会議規則第12条の規定により提出します。



     平成16年6月23日提出

                                瀬戸市議会議員

                                 小 島 俊 介

                                 森   英 一

                                 島 倉   誠

                                 長 江 公 夫

                                 藤 井 篤 保

                                 吉 永 みのり

                                 伊 藤 賢 二

                                 原 田   学



         郵政事業の改革に関する意見書



 郵政事業は、税金を一切使用しない、非営利の国営事業として、郵便事業、郵便貯金事業、簡易保険事業を132年間の長きにわたり営んできた。

 現在も、国民生活の安定と福祉の増進に貢献するため、「走る子供110番」、「道路破損情報等の提供」、「民間企業的経営手法の導入による経費削減」、「第三種、第四種郵便物の安い料金での利用」など鋭意取り組んでいる。

 こうした中、平成15年10月に、政府は、経済財政諮問会議において、郵政三事業の民営化の検討に関して基本原則を決定するとともに、最終報告を本年秋頃をめどに取りまとめる予定となっているが、多くの問題が山積みされたままであり、このままでは、国民生活に大きな影響を及ぼすことが懸念されるところである。

 よって、政府(国)におかれては、国民の意見を尊重し、郵政三事業の改革、とりわけ、郵便事業に対しては、国が責任を持って公平なユニバーサルサービスを確保されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。



     平成16年6月23日

                  瀬 戸 市 議 会

  意見書の提出先

   衆議院議長     河 野 洋 平

   参議院議長     倉 田 寛 之

   内閣総理大臣    小 泉 純一郎

   総務大臣      麻 生 太 郎

   財務大臣      谷 垣 禎 一

   規制改革担当大臣  金 子 一 義