議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 一宮市

平成11年  5月 臨時会(第1回) 05月13日−01号




平成11年  5月 臨時会(第1回) − 05月13日−01号







平成11年  5月 臨時会(第1回)



会議に付された件名

1  議長選挙について

2  議席の指定について

3  会期決定について

4  副議長選挙について

5  議会運営委員会委員の選任について

6  常任委員会委員の選任について

7  尾西地方特定公共下水道管理組合議会議員選挙について

8  尾張共立病院組合議会議員選挙について

9  尾張西部農業共済事務組合議会議員選挙について

10 議会運営委員会委員の選任について

11 会期延長について

12 同意第3号 監査委員の選任について

13 同意第4号 監査委員の選任について

議事日程(第1号)

                     5月13日(木曜日)午前10時 開議

1  議長選挙について

2  議席の指定について

3  会期決定について

4  副議長選挙について

5  議会運営委員会委員の選任について

6  常任委員会委員の選任について

7  尾西地方特定公共下水道管理組合議会議員選挙について

8  尾張共立病院組合議会議員選挙について

9  尾張西部農業共済事務組合議会議員選挙について

10 一宮市農業委員会委員の推薦について

(追加議事日程)

11 議会運営委員会委員の選任について

12 会期延長について

出席議員(36名)

   1番  太田文人君          2番  谷 祝夫君

   3番  瀬戸三朗君          4番  若山金茂君

   5番  小島 薫君          6番  伊藤勝朗君

   7番  原  勲君          8番  尾関宗夫君

   9番  服部修寛君         10番  古田芳子君

  11番  松井哲朗君         12番  浅井俊彦君

  13番  稲葉富一君         14番  渡部 昭君

  15番  小澤達弥君         16番  中村欽哉君

  17番  野村直弘君         18番  渡辺宣之君

  19番  黒田徳已君         20番  板倉正文君

  21番  野田 実君         22番  末松光生君

  23番  倉石義夫君         24番  木村貞雄君

  25番  神戸秀雄君         26番  水野治一君

  27番  浅野貞一君         28番  林 光男君

  29番  浅野忠義君         30番  吉田勇吉君

  31番  伴 寛之君         32番  梶田信三君

  33番  小島尊司君         34番  横井俊一君

  35番  細谷正明君         36番  伊藤 俊君

欠席議員(なし)

説明のため出席した者

  市長        谷 一夫君

  収入役       真能清勝君

  市長公室長     安藤和夫君

  総務部長      木村謙一君

  市民部長      古田 淳君

  環境部長      牛田一二三君

  福祉部長      大島治夫君

  経済部長      祖師章尚君

  都市開発部長    渡辺秀雄君

  土木部長      相原好陽君

  建築部長      高坂 勲君

  教育長       尾関良英君

  教育委員会事務局長 木村宣英君

  水道事業等管理者  田中恭二君

  下水道部長     江崎義彦君

  消防長       河合良和君

  市民病院事務局長  今井孝司君

事務局職員出席者

  議会事務局長    服部吉男君

  議会事務局次長   犬飼崇浤君

  議事調査課長    真野 要君

  議事調査課長補佐  後藤俊彦君

  庶務課庶務係長   杉野正道君

  議事調査課調査係長 秦 健二君

  議事係主任     岩田貞二君

  調査係主任     大塚 孝君

  主事        神谷真吾君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                               午前10時23分



◎議会事務局長(服部吉男君) 

 本臨時会は、一般選挙後、最初の議会であります。

 議長が選挙されるまでの間、地方自治法第 107条の規定により、出席議員の中で、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっています。

 出席議員中、水野治一議員が年長の議員でありますので、御紹介を申し上げます。

 水野治一議員、議長席へ御着席願います。

         (水野治一君 議長席に着席)

                            午前10時24分 開会



○臨時議長(水野治一君) 

 ただいま、御紹介を受けました水野治一であります。

 地方自治法第 107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。何とぞよろしくお願い申し上げます。

 ただいまの出席議員、36名であります。

 ただいまより、平成11年一宮市議会第1回臨時会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。

 仮議席は、ただいま御着席の議席と指定いたします。

 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第 102条の規定により、

     太田文人君     谷 祝夫君

を指名いたします。

 この際、御報告を申し上げます。

 まず、市長以下関係職員に対し出席を求めましたので御報告いたします。

 次に、本日の議事日程はお手元に配付したとおりでありますので、これをもって御報告にかえます。

 これより日程に入ります。

 日程第1、議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

         (議場閉鎖)

 ただいまの出席議員数は、36人であります。

 投票用紙の配付をいたさせます。

         (投票用紙配付)

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

         (「ありません」と呼ぶ者あり)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

         (投票箱点検)

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。

 同姓議員がありますので、被選挙人の氏名をはっきり御記入の上、仮議席順により投票願います。

         (投 票)

 投票漏れはありませんか。

         (「ありません」と呼ぶ者あり)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

         (議場開鎖)

 これより開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に

     伊藤勝朗君     渡部 昭君

     小澤達弥君     中村欽哉君

     野村直弘君     渡辺宣之君

     板倉正文君     野田 実君

     末松光生君

を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、以上の諸君を立会人に指名いたします。

 立会人の立ち会いをお願いいたします。

         (立会人立ち会い)

 開票いたさせます。

         (開 票)

 選挙の結果を御報告いたします。

 投票総数36票、投票人数36人でありますので、投票総数は投票人数と一致いたしました。

 うち、有効投票36票

    無効投票 0票

であります。

 有効投票の得票者を申し上げます。

    木村貞雄君 22票

    細谷正明君 11票

    小島尊司君  3票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は9票であります。よって、木村貞雄君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました木村貞雄君が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定による当選の告知をいたします。

 木村貞雄君より、議長就任のごあいさつがあります。



◆24番(木村貞雄君) (登壇、拍手)

 一言お礼のあいさつを申し上げます。

 ただいまはこの議場におきまして、議長に選任をしていただきました。大変ありがとうございます。

 この職は非常に重責でございます。何分にも私は浅学非才の身でございますので、今後先輩議員、同僚議員、そして市長さんを初め幹部職員、そしてプレスの方々の御支援、御指導を得ましてこの任務を全うしたいと思います。どうかよろしくお願いを申し上げます。

 ありがとうございました。(拍手)



◎市長(谷一夫君) (登壇、拍手)

 木村貞雄先生がこのたび議長さんに御当選、御就任されましたことにつきまして、一言お祝いを申し上げます。

 木村先生には、昭和62年4月に初当選をされましてから4期目を迎えられまして、その間、長年にわたる議員の御経験と卓越した識見によりまして、市議会の各役職の重責を果たされてまいりました。このたび、現下の社会・経済状況の多難な折、議長さんに御就任をされましたけれども、どうかひとえに市政の発展のため、今後とも御尽力をいただきますことを衷心からお願いを申し上げます。

 なお、私どもも市民福祉の増進のために渾身の努力をいたす所存でございますが、もとより未熟でございますので、議長さんには何かと御迷惑をおかけすることと存じます。何とぞ温かい御理解をいただき、市民の福祉と市政の進展のために、格別の御指導、御協力を賜りますように心からお願いを申し上げる次第でございます。

 最後に、議長職はすこぶる激職でございます。くれぐれも御自愛をくださるようお願いを申し上げまして、私のお祝いの言葉とさせていただきます。

 まことにおめでとうございました。(拍手)



○臨時議長(水野治一君) 

 これをもって、臨時議長の任務は終わりましたので、議長席を退席させていただきます。

 皆様方の御協力に対し、厚く御礼申し上げます。

 どうもありがとうございました。

 新しい議長さんと交代させていただきます。(拍手)

         (議長木村貞雄君 議長席に着席)



○議長(木村貞雄君) 

 日程第2、議席の指定を行います。

 お諮りいたします。

 議席は、当席より指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 お諮りいたします。

 議席の指定については、お手元に配付してあります指定案のとおり指定いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 ………………………………………………………………………………………………………議席の指定案



1番 太田文人
2番 谷 祝夫


3番 瀬戸三朗
4番 若山金茂


5番 小島 薫
6番 伊藤勝朗


7番 原  勲
8番 尾関宗夫


9番 服部修寛
10番 古田芳子


11番 松井哲朗
12番 浅井俊彦


13番 稲葉富一
14番 渡部 昭


15番 小澤達弥
16番 中村欽哉


17番 野村直弘
18番 渡辺宣之


19番 黒田徳已
20番 板倉正文


21番 野田 実
22番 末松光生


23番 倉石義夫
24番 木村貞雄


25番 神戸秀雄
26番 水野治一


27番 浅野貞一
28番 林 光男


29番 浅野忠義
30番 吉田勇吉


31番 伴 寛之
32番 梶田信三


33番 小島尊司
34番 横井俊一


35番 細谷正明
36番 伊藤 俊



  …………………………………………………………………………………………………

 日程第3、会期決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時市議会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 日程第4、副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

         (議場閉鎖)

 ただいまの出席議員数は、36人であります。

 投票用紙の配付をいたさせます。

         (投票用紙配付)

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

         (「ありません」と呼ぶ者あり)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

         (投票箱点検)

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。

 同姓議員がありますので、被選挙人の氏名をはっきり御記入の上、議席順により投票願います。

         (投 票)

 投票漏れはありませんか。

         (「ありません」と呼ぶ者あり)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

         (議場開鎖)

 これより開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に

     伊藤勝朗君     渡部 昭君

     小澤達弥君     中村欽哉君

     野村直弘君     渡辺宣之君

     板倉正文君     野田 実君

     末松光生君     水野治一君

を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、以上の諸君を立会人に指名いたします。

 立会人の立ち会いをお願いいたします。

         (立会人立ち会い)

 開票いたさせます。

         (開 票)

 選挙の結果を御報告いたします。

 投票総数36票、投票人数36人でありますので、投票総数は投票人数と一致いたしました。

 うち、有効投票36票

    無効投票 0票

であります。

 有効投票の得票者を申し上げます。

    小澤達弥君 22票

    黒田徳已君 11票

    板倉正文君  3票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は9票であります。よって、小澤達弥君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました小澤達弥君が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定による当選の告知をいたします。

 小澤達弥君より、副議長就任のごあいさつがあります。



◆15番(小澤達弥君) (登壇、拍手)

 一言お礼のごあいさつをさせていただきます。ただいまは副議長に選任されまして本当にありがとうございました。心からお礼申し上げます。

 副議長という職務はやはり議長を補佐し、そしてまた市政の運営と、そして市政の進展のために一生懸命頑張る覚悟でございます。誠心誠意務めさせていただきますので、よろしく皆様方の御指導を賜りたいと思います。

 なお、先輩議員、そして同僚議員、そして市長さんを初め当局の皆様、そして報道関係の皆様の一層の御指導、御鞭撻を心からお願いを申し上げましてごあいさつにかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。

 ありがとうございました。(拍手)



◎市長(谷一夫君)  (登壇、拍手)

 小澤達弥先生がこのたび副議長さんに御当選、御就任されましたことにつきまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 小澤先生には、平成3年4月に初当選をされましてから3期目を迎えられ、その間、長年にわたる議員の御経験と卓越した識見により、市議会の各役職の重責を果たされてこられました。このたび副議長さんに御就任をされましたが、市政の発展のため、今後とも御尽力を賜りますように衷心からお願いを申し上げます。

 副議長さんには、木村議長さんをお助けいただきますとともに、私どもの市政運営につきましても格別の御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願いを申し上げまして、私の祝辞とさせていただきます。

 まことにおめでとうございました。(拍手)



○議長(木村貞雄君) 

 日程第5、議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。

 議会運営委員会委員の選任については、当席より指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 議会運営委員会委員の選任については、お手元に配付してあります議会運営委員会委員指名案のとおり指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

  …………………………………………………………………………………………………

議会運営委員会委員指名案



伊藤勝朗
浅井俊彦


渡部 昭
中村欽哉


野村直弘
渡辺宣之


板倉正文
野田 実


末松光生
浅野忠義



  …………………………………………………………………………………………………

 暫時、休憩いたします。

                            午前10時53分 休憩

                             午後4時49分 再開



○議長(木村貞雄君) 

 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 お諮りいたします。

 この際、議会運営委員会委員の選任についてを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 日程第11、議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会委員の選任については、当席より指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 議会運営委員会委員に倉石義夫君を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました倉石義夫君を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。

 暫時、休憩いたします。

                             午後 4時50分 休憩                             午後11時16分 再開○議長(木村貞雄 君) 

 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 日程第6、常任委員会委員の選任についてを議題といたします。

 常任委員会委員の選任については、当席より指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 常任委員会委員の選任については、お手元に配付してあります常任委員会委員指名案のとおり、それぞれ指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

  …………………………………………………………………………………………………

常任委員会委員指名案



総務文教委員会
厚生委員会
経済衛生委員会
建設委員会


太田文人
瀬戸三朗
尾関宗夫
伊藤勝朗


谷 祝夫
若山金茂
古田芳子
稲葉富一


小島 薫
黒田徳已
浅井俊彦
渡部 昭


原  勲
板倉正文
小澤達弥
中村欽哉


服部修寛
野田 実
水野治一
渡辺宣之


松井哲朗
末松光生
浅野貞一
倉石義夫


野村直弘
木村貞雄
吉田勇吉
神戸秀雄


林 光男
浅野忠義
伴 寛之
横井俊一


小島尊司
伊藤 俊
梶田信三
細谷正明



  …………………………………………………………………………………………………

 暫時、休憩いたします。

                            午後11時17分 休憩

                            午後11時28分 再開



○議長(木村貞雄君) 

 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ただいま休憩中に、各委員会におきまして、正副委員長が互選されましたので、その結果を御報告いたします。

  総務文教委員長   松井哲朗君

  同副委員長     原  勲君

  厚生委員長     末松光生君

  同副委員長     瀬戸三朗君

  経済衛生委員長   吉田勇吉君

  同副委員長     浅井俊彦君

  建設委員長     渡部 昭君

  同副委員長     伊藤勝朗君

  議会運営委員長   浅野忠義君

  同副委員長     野村直弘君

 以上のとおりであります。

 お諮りいたします。

 この際、会期延長についてを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、この際、会期延長についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

 日程第12、会期延長についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時市議会の会期は、本日1日と決定されておりますが、議事の都合により、会期を28日までの15日間延長いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、今期臨時市議会の会期は、28日までの15日間延長することに決しました。

 ただいま、お手元に配付したとおり、意見書が提出されておりますので、御報告いたします。

 ……………………………………………………………………………………………………

                              議員提出議案第4号

                               平成11年5月13日

  一宮市議会

   議長 木村貞雄殿

                        提出者

                         一宮市議会議員 小島尊司

                            〃    尾関宗夫

           意見書提出について

 会議規則第13条の規定により、次のとおり意見書を提出します。

(理由)

 アメリカの戦争に日本が参戦する「戦争法案」を撤回させるため。

   新「ガイドライン」(日米軍事協力の指針)関連法案の撤回を求める意見書

 「周辺事態措置法案」などの新ガイドライン関連法案は、日本の防衛とは関係なしに、アメリカの起こす戦争に日本を巻き込み、これまでの日米安保条約の枠を越え、憲法の平和原則をも踏みにじる大変危険な内容を持ったものである。

 法案には「周辺事態」の際の40項目の、民間港湾、空港、医療、輸送、補給などの米軍支援が盛り込まれており、基地のあるところもないところも、自治体には米軍の軍事協力が求められ、民間で働く住民も業務命令で、事実上強制動員がかけられることになる。法案の第9条第1項はアメリカの軍事行動に自治体が協力する「地方公共団体に対する一般的な協力義務について定めるものである」などの条項もあり、地方自治体としてもとても見過ごすことができない。

 政府は、日本がとる支援行動は「後方支援」で「武力行使と一体でない」と言っているが、国際的には戦争行為の一部にされているもので、日本政府が勝手に線引きができないことは明らかである。

 アメリカの軍事作戦に参戦するかどうかは、日本の運命を左右する重大な問題で、多くの重要な問題を政府に白紙委任するようなガイドライン法案は、憲法にもとづく法治国家の日本では許されない。

 一宮市平和都市宣言をすすめる一宮市議会は、日米安保条約の是非を越えて、この法案が地方自治の本旨に反するのみならず、憲法の平和原則はもとより、日本の民主主義と国民の基本的人権を侵すものと言わざるをえない。

 よって、政府におかれては、すみやかに「新ガイドライン関連法案の撤回」を図られるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条第2項の規定により意見書を提出する。

 平成11年5月13日

                                一宮市議会

 内閣総理大臣

 外務大臣  宛

 自治大臣

  …………………………………………………………………………………………………



○議長(木村貞雄君) 

 お諮りいたします。

 この際、議員提出議案第4号を日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。これに賛成の諸君は御起立を願います。

         (賛成者起立)

 起立少数と認めます。よって、議員提出議案第4号を日程に追加することは否決されました。

 お諮りいたします。

 議事の都合により、本日はこの程度にとどめ、明日より27日までは休会とし、28日午前10時より会議を開きたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 本日はこれをもって散会いたします。

                             午後11時31分 散会