議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 一宮市

平成13年  6月 定例会 06月08日−01号




平成13年  6月 定例会 − 06月08日−01号







平成13年  6月 定例会



            会議に付された件名

 1 会期決定について

 2 請願書第14号 公共交通の充実で、市民の足の確保を求める件(経済衛生委員会関係分)

 3 請願書第15号 全国一律最低賃金制度の確立等を国に要請する意見書提出に関する件

 4 請願書第16号 不払い・サービス残業根絶を国に要請する意見書提出に関する件

 5 議案第40号 平成13年度愛知県一宮市一般会計補正予算

 6 議案第41号 平成13年度愛知県一宮市印田第1土地区画整理事業特別会計補正予算

 7 議案第42号 平成13年度愛知県一宮市水道事業会計補正予算

 8 議案第43号 一宮市萩の里特別養護老人ホームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 9 議案第44号 一宮市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について

10 議案第45号 一宮市非常勤消防団員にかかる退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について

11 議案第46号 訴えの提起について

12 議案第47号 特例市の指定に係る申出について

13 議案第48号 市道路線の廃止及び認定について

14 承認第2号  専決処分の承認について

15 承認第3号  専決処分の承認について

16 承認第4号  専決処分の承認について

17 承認第5号  専決処分の承認について

18 報告第12号 専決処分の報告について

19 報告第13号 平成12年度愛知県一宮市一般会計継続費逓次繰越額の報告について

20 報告第14号 平成12年度愛知県一宮市一般会計繰越明許費繰越額の報告について

21 報告第15号 平成12年度愛知県一宮市介護保険事業特別会計繰越明許費繰越額の報告について

22 報告第16号 平成12年度愛知県一宮市水道事業会計予算繰越額の報告について

23 報告第17号 平成12年度愛知県一宮市下水道事業会計予算繰越額の報告について

24 報告第18号 財団法人一宮市学校給食会の経営状況の報告について

25 報告第19号 一宮市土地開発公社の経営状況の報告について

26 報告第20号 財団法人一宮市民会館管理公社の経営状況の報告について

27 報告第21号 財団法人一宮スポーツ文化センターの経営状況の報告について

28 報告第22号 一宮地方総合卸売市場株式会社の経営状況の報告について

29 報告第23号 財団法人一宮地域職業訓練センター管理公社の経営状況の報告について

30 報告第24号 財団法人一宮地域文化広場管理公社の経営状況の報告について

31 報告第25号 財団法人一宮スポーツ施設管理公社の経営状況の報告について

32 報告第26号 財団法人一宮市ききょう会館管理公社の経営状況の報告について

33 一般質問について

34 議案第49号 環境センターごみ焼却施設定期修繕工事の請負契約の締結について

35 請願書(第17号・第18号)について

36 陳情書(第22号〜第26号)について

37 継続審査について

38 同意第5号 固定資産評価員の選任について

39 同意第6号 固定資産評価審査委員会委員の選任について

             議事日程(第1号)

                      6月8日(金曜日)午前10時 開議

 1 会期決定について

 2 請願書第14号 公共交通の充実で、市民の足の確保を求める件(経済衛生委員会関係分)

 3 請願書第15号 全国一律最低賃金制度の確立等を国に要請する意見書提出に関する件

 4 請願書第16号 不払い・サービス残業根絶を国に要請する意見書提出に関する件

 5 議案第40号 平成13年度愛知県一宮市一般会計補正予算

 6 議案第41号 平成13年度愛知県一宮市印田第1土地区画整理事業特別会計補正予算

 7 議案第42号 平成13年度愛知県一宮市水道事業会計補正予算

 8 議案第43号 一宮市萩の里特別養護老人ホームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 9 議案第44号 一宮市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について

10 議案第45号 一宮市非常勤消防団員にかかる退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について

11 議案第46号 訴えの提起について

12 議案第47号 特例市の指定に係る申出について

13 議案第48号 市道路線の廃止及び認定について

14 承認第2号  専決処分の承認について

15 承認第3号  専決処分の承認について

16 承認第4号  専決処分の承認について

17 承認第5号  専決処分の承認について

18 報告第12号 専決処分の報告について

19 報告第13号 平成12年度愛知県一宮市一般会計継続費逓次繰越額の報告について

20 報告第14号 平成12年度愛知県一宮市一般会計繰越明許費繰越額の報告について

21 報告第15号 平成12年度愛知県一宮市介護保険事業特別会計繰越明許費繰越額の報告について

22 報告第16号 平成12年度愛知県一宮市水道事業会計予算繰越額の報告について

23 報告第17号 平成12年度愛知県一宮市下水道事業会計予算繰越額の報告について

24 報告第18号 財団法人一宮市学校給食会の経営状況の報告について

25 報告第19号 一宮市土地開発公社の経営状況の報告について

26 報告第20号 財団法人一宮市民会館管理公社の経営状況の報告について

27 報告第21号 財団法人一宮スポーツ文化センターの経営状況の報告について

28 報告第22号 一宮地方総合卸売市場株式会社の経営状況の報告について

29 報告第23号 財団法人一宮地域職業訓練センター管理公社の経営状況の報告について

30 報告第24号 財団法人一宮地域文化広場管理公社の経営状況の報告について

31 報告第25号 財団法人一宮スポーツ施設管理公社の経営状況の報告について

32 報告第26号 財団法人一宮市ききょう会館管理公社の経営状況の報告について

出席議員(34名)

   1番  太田文人 君          2番  谷 祝夫君

   3番  瀬戸三朗 君          4番  若山金茂君

   5番  小島 薫 君          6番  原  勲君

   7番  尾関宗夫 君          8番  服部修寛君

   9番  伊藤勝朗 君         10番  古田芳子君

  11番  松井哲朗 君         12番  浅井俊彦君

  14番  渡部 昭 君         15番  小澤達弥君

  16番  中村欽哉 君         17番  野田 実君

  18番  渡辺宣之 君         19番  黒田徳已君

  20番  板倉正文 君         21番  倉石義夫君

  22番  末松光生 君         23番  野村直弘君

  24番  木村貞雄 君         25番  神戸秀雄君

  26番  水野治一 君         27番  林 光男君

  28番  浅野忠義 君         29番  吉田勇吉君

  31番  横井俊一 君         32番  梶田信三君

  33番  小島尊司 君         34番  伊藤 俊君

  35番  細谷正明 君         36番  浅野貞一君

欠席議員(1名)

  13番  稲葉富一君

欠番

  30番

説明のため出席した者

  市長         谷 一夫君

  助役         長尾博之君

  収入役        赤堀正弘君

  市長公室長      橋本博利君

  総務部長       木村謙一君

  市民部長       酒井孝嘉君

  環境部長       伊神利昌君

  福祉部長       真野幸雄君

  経済部長       篠田 惇君

  都市開発部長     渡辺秀雄君

  土木部長       脇田東吾君

  建築部長       高坂 勲君

  教育長        馬場康雄君

  教育委員会事務局長  長谷川美昭君

  水道事業等管理者   江崎義彦君

  消防長        棚橋 進君

  市民病院事務局長   川瀬正二君

事務局職員出席者

  議会事務局長     内田 充君

  議会事務局次長    真野 要君

  議事調査課長     後藤俊彦君

  議事調査課長補佐   岩田義和君

  議事調査課議事係長  岩田貞二君

  庶務係主任      岩田光弘君

  議事係主任      中村高規君

  調査係主任      大塚 孝君

  主事         加藤正樹君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            午前10時13分 開会



○議長(浅野貞一君) 

 ただいまの出席議員、34名であります。

 ただいまより、平成13年一宮市議会6月定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第 102条の規定により、

    25番  神戸秀雄君     26番  水野治一君

を指名いたします。

 この際、御報告を申し上げます。

 まず、地方自治法第 121条の規定により、市長以下関係職員に対し出席を求めましたので御報告いたします。

 次に、監査委員より監査報告が提出されましたが、お手元に配付したとおりでありますので、これをもって御報告にかえます。

 次に、請願及び陳情の処理経過または結果報告が提出されましたが、お手元に配付したとおりでありますので、これをもって御報告にかえます。

 次に、本日の議事日程はお手元に配付したとおりでありますので、これをもって御報告にかえます。

 これより日程に入ります。

 日程第1、会期決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例市議会の会期は、本日より27日までの20日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 日程第2より日程第4まで、すなわち請願書第14号、経済衛生委員会関係分、及び請願書第15号、並びに請願書第16号を一括議題といたします。

 お手元に配付したとおり、経済衛生委員長より、請願書審査結果報告書が提出されましたので、御報告いたします。

………………………………………………………………………………………………………

                              平成13年6月8日

  一宮市議会

   議長 浅野貞一様

                             経済衛生委員長

                               倉石義夫

          請願書審査結果報告書

 本委員会は、平成13年3月13日付託された請願書を審査した結果、下記のとおり決定しましたので会議規則第75条の規定により報告します。

                    記

 1 請願書受理番号  第14号

 2 請願者住所氏名  一宮市大和町戸塚字町長42−59

             山口敏子 外449名

 3 請願の要旨    1 市民の足を確保するために、市としての対応を行われたい。

            2 バス路線が廃止されても、市民が困らないように対応されたい。

 4 意見及び審査結果 願意に沿いかねるため不採択

………………………………………………………………………………………………………

                              平成13年6月8日

  一宮市議会

   議長 浅野貞一様

                             経済衛生委員長

                               倉石義夫

          請願書審査結果報告書

 本委員会は、平成13年3月13日付託された請願書を審査した結果、下記のとおり決定しましたので会議規則第75条の規定により報告します。

                    記

 1 請願書受理番号  第15号

 2 請願者住所氏名  一宮市大江2丁目7−24

             一宮地区労働組合総連合

              議長 小杉恒男

 3 請願の要旨     次の事項について、国に対して意見書を提出されたい。

             現行の「最低賃金法」を全面改正し、全国一律の新しい最低賃金制を確立すること。この法制化に当たっては、金額は生計費を基礎に労使の団体交渉を中心に決めるとともに、監督と罰則を厳しくし、これが年金支給額や生活保護基準、下請単価、米価の労賃などナショナル・ミニマム(すべての生活保障の最低基準)の基軸となることなどを原則とすること。

             愛知県の地域包括最低賃金の格付を現行の「Bランク」から「Aランク」に引き上げること。

             また、地域包括最低賃金は、法律どおり月額表示をすることとし、月額17万円に引き上げること。日額 8,000円、時間額 1,000円とすること。

             最低賃金は、本来最低生計費であり、非課税とすること。また、課税最低限度額は、 180万円以上に引き上げること。

 4 意見及び審査結果 願意に沿いかねるため不採択

………………………………………………………………………………………………………

                              平成13年6月8日

  一宮市議会

   議長 浅野貞一様

                             経済衛生委員長

                               倉石義夫

          請願書審査結果報告書

 本委員会は、平成13年3月13日付託された請願書を審査した結果、下記のとおり決定しましたので会議規則第75条の規定により報告します。

                    記

 1 請願書受理番号  第16号

 2 請願者住所氏名  一宮市大江2丁目7−24

             一宮地区労働組合総連合

              議長 小杉恒男

 3 請願の要旨     次の事項について、国に対して意見書を提出されたい。

             リストラで職を追われる中高年の激増、高校・大学卒業者のかつてない就職難など、戦後最悪の雇用・失業問題の解決のためにも労働時間の短縮に努め、政府公約の「年間労働時間 1,800時間」を早急に実現すること。

             とりわけ「法律違反の不払い(サービス)残業」については、事務所に「労働時間管理台帳」の設置を義務づけるなど具体的な手だてを講じ、その根絶を図ること。

 4 意見及び審査結果 願意に沿いかねるため不採択

………………………………………………………………………………………………………



○議長(浅野貞一君) 

 この際、経済衛生委員長より、補足説明を求めます。

 経済衛生委員長 倉石義夫君。



◆経済衛生委員長(倉石義夫君) (登壇、拍手)

 かねて閉会中の継続審査となっておりました諸案件につきましては、去る4月19日、委員会を開催し、審査いたしましたので、その経過並びに結果について補足説明を申し上げます。

 初めに、請願書第14号、本委員会関係分の要旨1は、市民を足を確保するために、市としての対応を行われたいとするもの、及び要旨2は、バス路線が廃止されても、市民が困らないように対応されたいとするものであります。

 審査に当たり、複数の委員より、この請願については、市が4月から試行運行している循環バスを含め、総合的に考えるべきであるので、現段階では不採択とすべきとの意見、公共交通機関の廃止は民間企業が実態に基づいて判断した結果であり、それを撤回させることは非常に難しいので不採択とすべきとの意見が出されました。

 委員会としては、願意に沿いかねるため不採択とすべきものと決しました。

 次に、請願書第15号の要旨は、全国一律の新しい最低賃金制度を確立すること、愛知県の地域包括最低賃金の格付を現行のBランクからAランクに引き上げること、地域包括最低賃金は法律どおり月額表示し、月額17万円に引き上げ、日額 8,000円、時間額 1,000円とすること、及び最低賃金を非課税とし、課税最低限度額を 180万円に引き上げることについて、国に意見書を提出されたいとするものであります。

 審査に当たり、複数の委員より、賃金に関する労使間の契約は法によって制約されており、指導や告発についても労働基準監督署で行われているので、不採択とすべきとの意見が出されました。

 委員会としては、願意に沿いかねるため不採択とすべきものと決しました。

 次に、請願書第16号の要旨は、戦後最悪の雇用・失業問題の解決のために、労働時間の短縮を早急に実現すること、及びサービス残業の根絶を図ることについて、国に意見書を提出されたいとするものであります。

 審査に当たり、複数の委員より、雇用・失業問題の解決は、国において緊急経済対策等の施策が検討され、実施されている。また、賃金の不払いなどの法律違反は、労働基準監督署の責任において遵守されているものと思われるので、不採択とすべきとの意見が出されました。

 委員会としましては、願意に沿いかねるため不採択とすべきものと決しました。

 以上、補足説明といたします。(拍手)



○議長(浅野貞一君) 

 ただいま、経済衛生委員長より補足説明がありましたが、何か御質疑はありませんか。

         (「議長」と呼ぶ者あり)

 20番 板倉正文君。



◆20番(板倉正文君) 

 今の委員長報告ですけれども、循環バスに関しては確かに要旨3でありましたけれども、総務文教委員会で審査され、3月議会のときに不採択になりました。今回のこの中身でいきますと、3月でバス路線が廃止になり、そのことで市民が困らないようにしてくださいということでありまして、循環バスのことが直接ここにかかわるという点ではちょっと請願とすれ違っているんじゃないかなというように感じます。バス路線が廃止になり、困るというところがどのように、今の報告では循環バスを含めて総合的な判断と、バス会社に対することということなんですが、請願は市に対して対応してほしいということになっておるので、ちょっと食い違いがあるように思うのですが、その辺いかがなものかと思っております。



○議長(浅野貞一君) 

 今、請願の内容と、市が循環バスを運行していることについて、考え方に若干の違いが出てきておりますので、経済衛生委員長の方から何かありましたら。



◆経済衛生委員長(倉石義夫君) 

 今、御報告しましたように、皆様方の意見を取りまとめて報告したとおりでございます。全会一致で不採択ということでありますので、御了解いただきたいと思います。



○議長(浅野貞一君) 

 ただいま、経済衛生委員長の方からは経済衛生委員1人1人の意見を集約した結果が不採択ということだそうでございますが、結構でしょうか。



◆20番(板倉正文君) 

 私、動議をお願いしたいと思います。

 今の委員長報告の中身からしましても、バス路線が廃止になって4月から困っているわけです。そうした形で市に何とか対応してほしいという請願でありまして、循環バスについては、総務文教委員会で時期尚早という意見が出されました。

 今回、循環バスを含めて総合的な判断ですと、総務文教委員会のそのことでいきますとすぐ対応できません。今、困っている人たちがいるわけですから、この請願はすぐに対応してほしいという請願だと思いますので、ぜひとももう一度、経済衛生委員会で再付託して審査していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

         (「賛成」と呼ぶ者あり)



○議長(浅野貞一君) 

 ただいま、板倉正文君から、請願書第14号、経済衛生委員会関係分について、経済衛生委員会に再付託されたいとの動議が提出されました。今、賛成者が1人以上ございましたので、動議は成立いたしました。

 よって、請願書第14号、経済衛生委員会関係分について、経済衛生委員会に再付託されたいとの動議を議題として、直ちに採決いたします。

 お諮りいたします。

 本動議のとおり再付託することに賛成の諸君は御起立を願います。

         (賛成者起立)

 起立少数と認めます。よって、請願書第14号、経済衛生委員会関係分を再付託されたいとの動議は否決されました。

 ほかに御質疑ありませんか。

         (「ありません」と呼ぶ者あり)

 質疑も尽きたようでございますので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 通告により、発言を許します。

 20番 板倉正文君。



◆20番(板倉正文君) (登壇、拍手)

 私は、日本共産党を代表して、請願書第14号、公共交通の充実で、市民の足の確保を求める件、請願書第15号、全国一律最低賃金制度の確立等を国に要請する意見書提出に関する件、及び請願書第16号、不払い・サービス残業根絶を国に要請する意見書提出に関する件、以上3本の請願書に対して賛成の討論を行います。

 請願書第14号、公共交通の充実で、市民の足の確保を求める件については、大変切実な要求の請願です。公共交通のバス路線の廃止によって、27万都市の一宮市内で、陸の孤島化し、病院の通院に不自由する。学校への通学にも不自由する。名鉄バスの路線の廃止ではなく、存続を願うもので、請願項目の1つは、市民の足を確保するために市として対応を行うこととあります。

 名鉄バスの廃止があっても住民の福祉を守る立場に市が立つべきだというもので、当然の願いであり、主張だと考えます。特に、お年寄り、障害者、子供等々の政治的交通弱者への影響は大きく、その方たちの生活を考えると、一大事件が起こったわけで、その方々は一体だれにこの問題の解決をお願いするのでしょうか。家族、隣近所、町内会では無理な問題です。行政が真正面から取り組んでこそ、住民の公共交通は守られるのではないでしょうか。私は、市が市民の足を確保するために全力で取り組むことが重要だと考えます。

 もう1つの請願項目は、バス路線が廃止されても市民が困らないように対応すること。今までどおりバス路線を存続させる手だてをしてほしいという具体的な要望だと思います。現実に、一宮市内のバス路線はここ数年で何本もの路線がなくなってきています。これは、つい2カ月前に廃止になったというのが最初ではありません。ですから、様子を見ているというようなものではありません。利用客数が少ないから廃止する、赤字だから廃止する、それは企業の論理です。公共交通機関ですから、公的に補助金を出しながらでも存続させていくことは可能な事業です。市民が困らないように努力すること。何ができるのか真剣な検討が必要ではないでしょうか。

 例えば、ツインアーチ138が毎年赤字で、イベントを毎月のように行ってタワーに多くの人に上ってもらうために、料金の値下げ、無料の日、市の土地の売却などを行ってきました。相当な努力だと思います。

 そのことを思うと、このバス問題は直接市民の暮らし、生命にかかわる問題でもあります。一刻も早い市の決断が必要ではないでしょうか。4月から新たに廃止になったところもあり、今後も廃止になる可能性のある路線がたくさんあります。住民の命の足である公共交通の後退ではなく、前進する努力を市に求めたいと思います。公共交通の充実で市民の足の確保を求める請願に賛成です。

 次に、請願書第15号、全国一律最低賃金制度の確立等を国に要請する意見書提出に関する件ですが、国、関係省庁への意見書を提出してほしいというものです。

 請願事項は、現行の最低賃金法を全面改正し、全国一律の新しい最低賃金制を確立すること。この法律化に当たっては、金額は生計費を基礎に労使の団体交渉を中心に決めるとともに、監督と罰則を厳しくし、これが年金支給額や生活保護基準、下請単価、米価の労賃など、ナショナル・ミニマム(すべての生活保障の最低基準)の基軸となることなどを原則とすること。愛知県の地域包括最低賃金の格付を現行の「Bランク」から「Aランク」に引き上げること。また、地域包括最低賃金は法律どおり月額表示をすることとし、月額17万円に引き上げること。日額 8,000円、時間額 1,000円とすること。最低賃金は本来最低生計費であり、非課税とすること。また、課税最低限度額は 180万円以上に引き上げることとしています。

 私は、この問題を考える場合、憲法第25条を改めて確認することが重要だと考えます。「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」と、国民の生存権を保障しているわけです。さらに、「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と国の義務を定めています。

 また、労働基準法の第1条で、「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。」と定めています。現在の最低賃金は、時給で 677円、日額 5,416円です。仮に、1カ月22日最低賃金で働くと11万 9,152円となります。ここから租税公課を差し引くと10万 424円です。20歳から40歳の生活保護基準で3級地−1の単身者の生活扶助と住宅扶助のみで計算すると10万 2,550円ですから、生活保護基準より低いことになります。こうした実態から、市民の暮らしを守る意味で、この最低賃金を改善することを求めることは当然のことであります。

 また、全国一律の最低賃金制の確立の要望についても、ナショナル・ミニマムの定義ですが、憲法第25条に照らしても、働いていようがいまいが、だれもが最低限度の所得を国の責任において保障するナショナル・ミニマムの確立が緊急の課題だと考えます。ですから、その基盤が全国一律の最低賃金制になるということですから、ぜひとも国に要請すべきと考えます。

 地方の時代だとよく口にしますが、地方の生活の実態から国に意見を発しないで、地方の生活、暮らし、福祉、環境、教育等々の条件を守ることはできません。現在の最低賃金が生活保護基準より低いわけですから、この本来の最低生活費に課税されている問題も大変な矛盾です。非課税にしてほしいとする願いも当然のことと考えて、この請願書第15号は全面的に賛成です。国への意見書は市民の生活の根本にかかわる問題として採択すべきと考えます。

 請願書第16号、不払い・サービス残業根絶を国に要請する意見書提出に関する件については、不払い・サービス残業イコール賃金未払いは、労働基準法で懲役6カ月以下、もしくは30万円以下の罰金とされている法律違反です。ですから、これの根絶を国に要請することは全く道理であります。実際の現場では、リストラ、合理化のあらしが吹き荒れています。サービス残業をしなかったらリストラされるかもしれない。働く人たちの多くが追い込まれています。リストラで労働者の人数が減り、今までよりさらにサービス残業がふえる可能性すらあります。

 この不況で失業率が高いときに、このサービス残業の根絶に力を入れていくことは、雇用の拡大につながります。三和総合研究所が発表したリポートには、週35時間労働制を実施したフランスでは、雇用が拡大し、それが国民の消費に結びつき、経済が上向いてきていることが明らかになって、雇用の増加が企業にとって過度の収益圧迫要因となっていないとしています。フランスの例からも国への要請は道理があります。

 一宮地域の働く人たちにとっても、また、失業中で仕事を求めている人にとっても重要な意見書となると考えます。サービス残業をやめれば、90万人の雇用が拡大できるとシンクタンク・社会経済生産性本部の試算でも指摘しています。ジャパニーズ過労死という言葉が生まれてきている日本の労働者の実態を考えても、国に意見書を出すことは、一宮市の働く人たちの暮らし、健康を守ることとなります。今の労働者を取り巻く、また就職難に泣く若者や職探しに疲れている中高年失業者を励ます意味でも、意見書提出を進めようではありませんか。

 以上、請願書第14号、第15号、第16号の賛成討論とします。(拍手)



○議長(浅野貞一君) 

 討論も尽きたようでありますので、これをもって討論を終結いたします。

 これより直ちに採決いたします。

 請願書第14号、経済衛生委員会関係分について、経済衛生委員長報告は不採択であります。

 請願書第14号、経済衛生委員会関係分について、採択するに賛成の諸君は御起立を願います。

         (賛成者起立)

 起立少数と認めます。よって、請願書第14号、経済衛生委員会関係分は、不採択とすることに決しました。

 次に、請願書第15号について、経済衛生委員長報告は不採択であります。

 請願書第15号について、採択するに賛成の諸君は御起立願います。

         (賛成者起立)

 起立少数と認めます。よって、請願書第15号は、不採択とすることに決しました。

 次に、請願書第16号について、経済衛生委員長報告は不採択であります。

 請願書第16号について、採択するに賛成の諸君は御起立願います。

         (賛成者起立)

 起立少数と認めます。よって、請願書第16号は、不採択とすることに決しました。

 日程第5より日程第32まで、すなわち議案第40号より議案第48号まで、及び承認第2号より承認第5号まで、並びに報告第12号より報告第26号までを一括議題といたします。

 当局より、提案理由の説明を求めます。



◎市長(谷一夫君) 

 ただいま御上程をいただきました議案の概要について御説明させていただきます。

 今回、お願いいたします補正予算案は、一般単独土木工事費の追加措置、国・県補助金の内定に伴います関係経費、及び児童の増加が見込まれます丹陽南保育園園舎増築工事のほか、成人式のあり方を見直し、市主催の中央式典及び新成人主催の集いを各中学校で開催する関係経費などであります。その結果、補正予算案の規模は、一般会計で10億 6,977万 7,000円、特別会計、企業会計を合わせた全会計では10億 7,623万円となっております。

 追加補正をお願いいたします主な事業としましては、民生費では丹陽南保育園園舎増築事業で1億 320万円、土木費では一般単独土木工事費で5億円、冨田一宮線道路改築事業で1億 2,000万円、奥西御堂線道路改築事業で2億 229万 4,000円、教育費では成人式関係経費の 281万 1,000円などでございます。

 次に、単行議案の主なものは、身体障害者の短期入所を行うための一宮市萩の里特別養護老人ホームの設置及び管理に関する条例の改正、特例市の指定を国に求める申し出に必要な愛知県の同意を得るための特例市の指定に係る申し出等でございます。

 そのほかに報告案件といたしまして、財団法人一宮市学校給食会を初め9法人の平成12年度事業概要及び事業会計決算の状況報告などがございます。

 なお、今会期中に追加提案を予定しておりますものに、ごみ焼却施設定期修繕工事の請負契約の締結案件、並びに固定資産評価員、固定資産評価審査委員会委員の選任がございますので、あらかじめお含みおきくださるようお願い申し上げます。

 各議案の詳細につきましては、総務部長から説明いたしますので、よろしくお願いいたします。



◎総務部長(木村謙一君) 

 それでは、各議案の内容について御説明申し上げます。

 まず、補正予算案の方からお願いいたします。補正予算案の1ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第40号、一般会計補正予算案でございます。第1条で今回、歳入歳出とも10億 6,977万 7,000円を追加いたしまして、補正後は 667億 4,177万 7,000円となるものでございます。

 4ページ、5ページが一般会計の歳出でございます。今回の補正の主なものは3款民生費、3項児童福祉費で 9,700万円余、8款土木費で8億 6,000万円余、12款諸支出金で 9,700万円余、トータルで10億 6,977万 7,000円でございます。

 この財源でございますが、2ページ、3ページが一般会計の歳入でございます。財源といたしまして、1款市税のうち2項固定資産税で1億 5,000万円、3款利子割交付金で同じく1億 5,000万円、11款国庫支出金の内定によりまして 5,000万円余追加補正、12款県支出金も同じく内定によりまして1億 7,500万円余追加させていただいております。それから、一般財源といたしまして、16款繰越金で2億 5,000万円余、18款市債では2億 8,600万円を追加させていただいております。

 続いて、6ページをごらんいただきたいと思います。第2表、地方債の補正でございます。今回地方債は追加といたしまして、丹陽南保育園の増築事業を 7,000万円追加させていただいております。それから、変更でございますが、道路整備事業、これは都市計画債でございますが、補正で2億 1,600万円追加いたしまして、トータルで2億 7,540万円となるものでございます。

 歳出の内訳へ入らせていただきます。ちょっと飛びますが、21ページをごらんいただきたいと思います。主なもののみの説明とさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

 21ページの一番下、2款1項15目国際交流費で国際交流基金積立金を19万 9,000円追加させていただいております。個人の方からの寄附20万円がございましたので、当初計上分の 1,000円と合わせて20万円とさせていただくものでございます。

 次に、24ページをお願いいたします。3款民生費の3項児童福祉費でございます。2目乳幼児医療費で医療費審査支払等手数料を 605万円減額させていただいております。これは県下統一単価でございますけども、4月診療分から1件当たり 300円を 250円に引き下げられましたので、歳入歳出とも減額させていただくものでございます。

 4目保育園費でございますけれども、丹陽南保育園園舎増築に係る設計と工事費、トータルで1億 320万円を計上させていただいております。なお、園舎は鉄骨平家建てで 288平方メートルを予定いたしております。3教室増築することと相なります。その結果、定員でございますが、現在 120名でございますが、90名増員して 210名となる予定でございます。

 25ページの8款土木費でございますが、今回一般単独土木費で5億円追加させていただいております。この5億円の内訳は、3目道路新設改良費の道路新設改良工事費で 7,600万円、側溝新設改良工事費で1億 3,700万円、4目道路舗装費の舗装新設工事請負費で 3,150万円、舗装改良工事請負費で1億 1,500万円、この4つと、はねていただきまして26ページですが、工事請負費の一番上、用排水路護岸工事請負費で1億 3,050万円、その下のフェンス設置工事請負費で 1,000万円、この6つの項目の合計額が一般単独土木費でございまして、5億円を補正させていただいております。その結果、補正後は20億 2,810万円と相なるものでございまして、おおむね平成12年度並みでございます。

 それから、26ページのその下でございますが、同じく工事請負費の中で緊急農地防災事業工事請負費で 600万円、基盤整備促進事業工事請負費で 1,800万円、それぞれ水路改良事業でございますけれども、補助の採択内示によりまして追加補正をさせていただいております。

 4項都市計画費の2目街路事業費でございます。27ページの工事請負費の2つ目でございますけれども、幹線街路整備工事請負費で 1,800万円をお願いいたしております。これは神山高井線の関連広場、これは観音寺駅の北側の広場でございます。この広場は 750平方メートルございますけれども、市単独事業といたしまして、これの整備をさせていただく経費でございます。それ以外では公共街路整備事業といたしまして、各節にまたがっておりますが、補助の内定によりまして今回、冨田一宮線と奥西御堂線の2街路を計上させていただいております。用地取得が主な事業内容でございます。よろしくお願いいたします。

 はねていただきまして、29ページをお願いいたします。10款教育費でございます。3項中学校費、1目学校管理費で弁護委託料を 112万円お願いいたしております。単行議案でもお願いいたしておりますが、大和中学校敷地内に登記簿上、個人名義の土地がございますので、それにつきまして、市への所有権移転登記を求める訴えを提起するための弁護委託料でございますので、よろしくお願いいたします。

 次の5項社会教育費ですが、1目社会教育振興費で 281万 1,000円追加補正させていただいております。これはすべて成人式の関係予算でございます。開催方法の見直しをいたしまして、当初予算に計上してございませんでしたけれども、今回新たに計上させていただくものでございます。先ほども市長から御説明申し上げましたように、市主催の中央式典、これを市民会館で午前中に2回開催させていただきます。ただし、記念品とかタレント出演はなくさせていただきます。そして、午後には新成人主催の自主的な新成人の集いを各中学校単位で開催させていただく方法とさせていただくものでございます。ちなみに、平成12年度の経費は約 950万円でございました。今回見直しによりまして 281万 1,000円となるものでございます。

 はねていただきまして、31ページ、12款諸支出金で特別会計への繰出金をお願いいたしております。24節下水道事業出資金、28節介護保険事業への繰出金をそれぞれお願いいたしております。ともに平成12年度事業に対する繰出金として既に計上してございましたけれども、それぞれの理由によりまして事業繰越が必要となりましたので、通常の予算措置といたしまして、市負担分についても新たに平成13年度予算で再度計上させていただくものでございますので、よろしくお願いいたします。

 続いて、33ページをお願いいたします。印田第1土地区画整理事業特別会計補正予算でございます。歳入歳出とも 115万 3,000円を補正させていただいております。

 内容でございますが、37ページをごらんいただきたいと思います。一般管理費で弁護士委託料 115万 3,000円お願いいたしております。平成9年に保留地を個人の方へ売却いたしました。その相手方から事業のおくれなどを理由に売買代金返還請求、買い戻し請求でございますが、その訴訟が提起されました。それに応訴するための弁護士委託料でございます。よろしくお願いいたします。

 39ページをお願いいたします。水道事業会計補正予算でございますけれども、今回、取水及び浄水に要する費用ということで 530万円お願いいたしております。取水井調査等手数料となっておりますが、これは千秋北部水源でございますけれども、最近若干水質が悪くなってきております。硝酸性窒素の値が基準値に近くなってきたものでございます。まだオーバーはいたしておりません。基準内でございますけれども、近づいておりますので、調査を行いまして対応措置するための手数料でございますので、よろしくお願いいたします。

 補正予算の説明は以上とさせていただきまして、別冊でございますが、単行議案の方をお願いいたします。

 1ページをお願いいたします。議案第43号、一宮市萩の里特別養護老人ホームの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例でございます。2ページの条文の中の下から4行目にございますように、この特別養護老人ホームで身体障害者に対する短期入所サービスを新たに行うためにこの条例の改正をお願いするものでございます。施行は7月1日からでございます。

 はねていただきまして、3ページ、議案第44号、一宮市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。こちらは政令の改正によりまして補償基礎額の引き上げを行うものでございます。

 はねていただきまして、5ページですが、議案第45号、一宮市非常勤消防団員にかかる退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例でございます。これも提案理由にございますように、施行令の一部改正によりまして、退職報償金の額を6ページの表のように引き上げさせていただくものでございます。

 はねていただきまして、7ページをお願いいたします。議案第46号、訴えの提起についてでございます。次のとおり訴えの提起をしたいので、地方自治法第96条第1項第12号の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。

 訴えの要旨でございますが、2の訴えの要旨をごらんいただきたいと思います。中島郡大和村が昭和23年ごろ、村立新制中学校学校用地として買収し、現在一宮市立大和中学校の用地として一宮市が使用している土地のうち、物件目録記載の土地について不動産登記簿上の所有名義がそのままになっているところ、所有名義人の相続人である被告等が、本件土地の買収に係る補償を受けていないとして、金銭などによる補償を求めてきたため、被告等に対して、本件土地の一宮市への所有権移転登記手続を請求する訴えを提起するものでございます。相手方、物件目録は記載のとおりでございます。よろしくお願いいたします。

 次に、8ページでございますが、議案第47号、特例市の指定に係る申し出についてでございます。特例市の指定については、御承知のとおり来年4月1日を予定いたしておりますが、係る申し出をしたいので、地方自治法第 252条の26の4において準用する同法第 252条の24第2項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。よろしくお願いいたします。

 はねていただきまして、9ページ、議案第48号、市道路線の廃止及び認定についてでございます。市道の路線を次のとおり廃止、認定したいので議会の議決をお願いするものでございます。内容は、次の10ページ以降に表、図面をそれぞれ掲げてございますので、よろしくお願いいたします。

 ちょっと飛びますが、21ページまでお願いいたします。承認第2号、専決処分の承認について、平成12年度一般会計補正予算を3月30日付で専決させていただきましたので、承認をお願いするものでございます。

 内容は、28ページをごらんいただきたいと思います。2款1項3目人事管理費で退職手当を 3,026万 9,000円追加させていただいております。年度末近くに職員の死亡退職が出てまいりましたので、専決をさせていただいたものでございます。

 次に、31ページをお願いいたします。承認第3号、専決処分の承認について、平成12年度水道事業会計補正予算を3月30日付で専決させていただきました。

 内容でございますが、33ページをごらんいただきたいと思います。資本的収入及び支出のうちの収入の企業債を 1,300万円減額補正させていただいた内容でございます。こちらは国道 155号線の電線の地中化工事、これは国の方が実施いたしておりますが、この工事に伴います水道管の布設がえについて、当初占用者負担、市の負担で行うこととなっておりました。したがいまして、市の方で行いますので、財源として企業債をお借りする予定を立てておりましたが、今回、国の方で負担するということになりましたので、企業債を落とさせていただくものでございます。なお、国からの負担金につきましては平成13年度予算の方で収入の予定でございます。

 次に、39ページをお願いいたします。承認第4号、同じく専決処分の承認について、一宮市市税条例の一部を改正する条例を3月30日付で専決させていただきました。これは平成13年度の税制改正に伴います市税条例の一部を改正する条例でございますけれども、3月議会の折にも前もって御報告申し上げましたけれども、増税を伴う改正はございませんので、慣例によりまして専決処分で手続をさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。

 次に、50ページをお願いいたします。承認第5号、専決処分の承認について、平成13年度老人保健医療事業特別会計補正予算を5月8日付で専決させていただきました。

 補正の内容でございますが、ちょっと飛びますが57ページをごらんいただきたいと思います。57ページ、58ページに歳出が掲げてございます。57ページで償還金ということで、説明欄をごらんいただきますとわかりますように、主に支払基金医療費交付金返還金が1億円余、それから58ページをごらんいただきますと、22節で前年度繰上充用金ということで 2,900万円余を補正させていただきました。ともに、老人保健医療特別会計の平成12年度の決算を結ぶに当たりまして、国等からの負担金や交付金などが概算交付されておりましたので、結果的に過不足が生じます。その対応として、定例的な措置でございますけれども、もらい過ぎであった分については平成13年度予算で返還金を計上し、また不足分につきましては平成13年度予算から繰上充用を行う、そういう予算措置が必要でございますので、専決をさせていただきましたのでよろしくお願い申し上げます。

 次に、報告案件に入らせていただきます。

 報告案件の1ページをお願いいたします。報告第12号で専決処分の報告についてということで、2ページの表をごらんいただきたいと思います。交通事故5件について報告させていただくものでございます。上の表が市が賠償責任を負わないもの2件でございます。下の表が市が賠償責任を負うもの3件でございます。なお、3件のうち上の2件は同一事故の内容でございます。車両と人身の和解でございます。

 はねていただきまして、3ページをお願いいたします。報告第13号、平成12年度一般会計継続費逓次繰越額の報告をさせていただくものでございます。4ページの表のとおり、継続事業3件につきまして本年度の差金分を繰り越しさせていただくものでございます。

 はねていただきまして、5ページ、報告第14号、平成12年度一般会計繰越明許費繰越額の報告をさせていただくものでございます。6ページの表のとおり、2事業について翌年度へ繰り越しをさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 はねていただきまして、7ページ、報告第15号、平成12年度介護保険事業特別会計繰越明許費繰越額の報告でございます。こちらも8ページの表のとおり電算システム改修事業につきまして翌年度へ繰り越しをさせていただきます。

 はねていただきまして、9ページでございますが、報告第16号、平成12年度水道事業会計予算繰越額の報告をさせていただくものでございます。次のページの工事、2件について事業がおくれましたので、翌年度に繰り越しをさせていただくものでございます。

 はねていただきまして、11ページ、報告第17号でございますが、こちらは下水道事業会計予算繰越額の報告をさせていただくものでございます。12ページ以降、ちょっと多うございますけれども、下水道工事31件につきまして、それぞれの理由により翌年度へ繰り越しをさせていただくものでございます。

 次に、18ページをお願いいたします。報告第18号、財団法人一宮市学校給食会の経営状況の報告についてから、 130ページの報告第26号、財団法人一宮市ききょう会館管理公社の経営状況の報告についてまで、9つの法人の平成12年度の事業概要及び決算の状況を報告させていただくものでございますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上で議案の提案理由説明を終了させていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(浅野貞一君) 

 ただいま議題となっております各議案につきましては、本日は提案理由の説明にとどめることといたします。

 お諮りいたします。

 議事の都合により本日はこの程度のとどめ、明日より12日までを休会とし、13日午前10時より会議を開きたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)

 御異議なしと認めます。よって、さよう決しました。

 本日はこれをもって散会いたします。

                             午前11時5分 散会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             監査報告一覧表



番号
年月日
件名


23
平成13年3月1日
例月出納検査結果報告について
(平成12年度1月分)


24
平成13年3月6日
市立保育園の定期監査及び行政監査結果報告


25
平成13年3月30日
例月出納検査結果報告について
(平成12年度2月分)



平成13年5月1日
例月出納検査結果報告について
(平成12年度3月分)



平成13年5月31日
例月出納検査結果報告について
(平成12年度(平成13年4月分))



平成13年5月31日
例月出納検査結果報告について
(平成13年度4月分)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
             陳情処理経過または結果報告書
                             (平成13年6月1日)


請願番号
件名
処理経過または結果


13
一宮市における福祉施策を守り、よくする件
 


要旨4 精神障害者小規模作業所への助成制度を充実し(市の単独補助も含めて)新たに心身障害者小規模授産施設にも補助金を交付されたい。
 愛知県の「心身障害者地域療育事業」のうち「心身障害者小規模授産事業」に基づき平成13年4月1日に開設された心身障害者小規模授産施設「ポプリ作業所」(一宮市大字高田字郷廻り59番地の2)について、「一宮市心身障害者小規模授産事業実施要綱」に基づき、社会福祉法人きそがわ福祉会に事業の運営委託を実施しました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
             陳情処理経過または結果報告書
                              (平成13年6月1日)

陳情番号
件名
処理経過または結果


15
一宮市の福祉を守り、よくする件
 


要旨3 精神障害者小規模作業所への助成制度を充実し、新たに心身障害者小規模授産施設にも適用されたい。
 愛知県の「心身障害者地域療育事業」のうち「心身障害者小規模授産事業」に基づき平成13年4月1日に開設された心身障害者小規模授産施設「ポプリ作業所」(一宮市大字高田字郷廻り59番地の2)について、「一宮市心身障害者小規模授産事業実施要綱」に基づき、社会福祉法人きそがわ福祉会に事業の運営委託及び市有地の無償提供を実施しました。