議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岡崎市

平成17年 12月 定例会 12月01日−21号




平成17年 12月 定例会 − 12月01日−21号







平成17年 12月 定例会



             平成17年

          岡崎市議会会議録第21号

                    平成17年12月1日(木曜日)

本日の出席議員(39名)

     1番  中根 薫

     3番  大原昌幸

     4番  柵木 誠

     5番  柳田孝二

     6番  木全昭子

     7番  鈴木雅子

     8番  鈴木雅登

     9番  園山康男

    10番  山崎泰信

    11番  山崎憲伸

    12番  田口正夫

    13番  蜂須賀喜久好

    14番  加藤 学

    15番  三宅健司

    16番  竹下寅生

    17番  太田俊昭

    18番  内藤 誠

    19番  井手瀬絹子

    20番  畔柳敏彦

    21番  新海正春

    22番  鈴木 豊

    23番  中根義金

    24番  柴田 泉

    25番  山本雅宏

    26番  稲垣良美

    27番  原田範次

    28番  清水克美

    29番  米村賢一

    30番  野澤幸治

    31番  岡崎冨雄

    32番  村越恵子

    33番  坂井一志

    34番  野村康治

    35番  加納吉久

    36番  永田 寛

    37番  小野政明

    38番  中根勝美

    39番  澤  豊

    40番  近藤隆志

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(1名)

     2番  加藤繁行

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事日程

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 会期の決定

 日程第3 市長の提案説明

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 1 会議録署名議員の指名

 2 会期の決定

 3 市長の提案説明

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

 市長      柴田紘一

 助役      真木宏哉

 助役      川嶋直樹

 収入役     相川惠彦

 教育長     藤井孝弘

 市民病院長   平林憲之

 企画政策部長  石川 優

 総務部長    太田文生

 財務部長    坂田吉久

 市民文化部長  牧野嘉明

 福祉保健部長  天野俊光

 保健所長    宮澤孝彦

 環境部長    太田恒治

 経済振興部長  鈴木保宏

 土木建設部長  岩瀬久雄

 都市整備部長  服部芳典

 都市整備部

         小野博章

 担当部長

 下水道部長   荻野 享

 病院事務局長  鈴木秀夫

 消防長     平山雅之

 水道局長    ?橋利明

 教育委員会

         鈴木保光

 教育部長

 教育委員会

         山本 悟

 教育監

 監査委員

         岡田順治

 事務局長

 企画政策部

 次長      手嶋康雄

 兼広報課長

 総務部次長兼

         佐野邦明

 総務文書課長

 総務部次長兼

 行政改革推進  林 義伸

 課長

 財務部次長兼

         小野長久

 財政課長

 財務部次長兼

         足立新次

 財産管理課長

 市民文化部

 次長      平川賢次

 兼市民課長

 福祉保健部

 次長兼     小笠原盛久

 社会福祉課長

 環境部調整監

   兼     安藤耕一

 環境総務課長

 土木建設部

 次長兼     中根良一

 公園緑地課長

 都市整備部

 次長兼     三浦千秋

 都市計画課長

 下水道部

 調整監兼    小野田孝道

 総務課長

 病院事務局

 調整監兼    杉浦豊彦

 総務課長

 消防次長    阿部征雄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者

 議会事務局長  小田一三

 庶務課長    鈴木清治

 議事課長    市川博幸

 議事課

 議事調査班   稲吉清憲

 班長

 議事調査班

 主任主査    小田成孝

 (議事)

 議事調査班

 主任主査    山本 忍

 (調査)

 議事調査班   天野正徳

 議事調査班   畔柳康弘

 速記士     加古修一



◎事務局長(小田一三) おはようございます。ただいまから平成17年12月岡崎市議会定例会の開会式を行います。

 初めに、永田議長あいさつ。

     (議長 永田 寛 登壇)



○議長(永田寛) おはようございます。

 12月定例会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 冬枯れの庭に吹く木枯らしに一段と寒さを覚え、今年またせわしい年の瀬を間近に迎えることとなりました。

 本日、議員各位には、公私とも極めてお忙しいところ御参集をいただき、ここに12月定例会を開会できますことを、心より厚く御礼申し上げます。

 本議会には、公の施設に係る指定管理者を指定する議案を初め補正予算等諸議案が提案されます。議員各位には、当面する市政の諸問題に十分な御審議をいただき、適切な議決をされますよう希望するものであります。

 あわせて、議会運営につきましても、格別な御協力をいただきますようお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。

     (議長 永田 寛 降壇)



◎事務局長(小田一三) 引き続きまして、柴田市長あいさつ。

     (市長 柴田紘一 登壇)



◎市長(柴田紘一) おはようございます。

 本日ここに12月定例市議会が開催されるに当たりまして、私からも一言ごあいさつをさせていただきます。

 師走に入りまして、議員の皆様におかれましては、公私とも極めて御多忙の中を御出席賜りまして、厚く御礼を申し上げます。

 本定例市議会におきまして御審議をお願いいたします議案は、条例の制定、条例の一部改正並びに平成17年度補正予算などでございます。各議案の内容等につきましては、それぞれ御説明をさせていただきますので、何とぞよろしく御審議を賜りまして、御議決をいただきますようお願いを申し上げ、簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。

     (市長 柴田紘一 降壇)



◎事務局長(小田一三) これをもちまして開会式を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午前10時3分開会



○議長(永田寛) 出席議員が定足数に達しておりますので、ただいまから平成17年12月岡崎市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日出席を求めた理事者は、市長初め関係職員であります。

 本日の議事日程は、席上に配付の印刷物により御承知を願います。

 この際、諸般の報告をいたします。

 議案の受理、請願・陳情の受理、閉会中に開催された委員会の結果報告、出納検査の結果報告の受理状況は、席上に配付した印刷物のとおりであります。

 以上、報告をいたします。

            諸般の報告

1 議案の受理

  11月24日に、市長から12月定例会の議案となるべき資料の送付を受けた。

  (1) 報告 損害賠償の額を定める専決処分について

  (2) 議案 岡崎市・額田町合併協議会の廃止に関する協議について 外57件

2 請願・陳情の受理

  別記の請願及び陳情を受理した。

3 委員会の結果報告

          委員会の開催状況(11月臨時会終了後)



月日
会議名
結果


11月18日
議会運営委員会
12月定例会の運営について協議した。



4 例月出納検査の結果報告の受理

  10月分出納検査の結果について監査委員から報告があった。(報告書事務局保管)

            請願・陳情受理一覧表

1 請願



番号
件名
提出者の住所・氏名
備考



循環型トイレの設置について
岡崎市康生通西2丁目47
岡崎・額田EMひろば
代表 八田鐡也 外153名
 



2 陳情



番号
件名
提出者の住所・氏名
備考


17
介護・福祉・医療など社会保障の施策拡充について
名古屋市熱田区沢下町9−7
愛知自治体キャラバン実行委員会
代表者 徳田 秋 外2名
 


18
個人所得課税における各種控除の安易な縮小を行わないことについて
岡崎市美合町字五本松68−12
連合愛知三河中地域協議会岡崎地区連絡会
議長 野田 靖
 


19
岡崎市立広幡幼稚園における在園児弟妹の入園希望児に対する善処たる対応について
岡崎市八帖北町20−4
入谷一良
 


20
普通学級に通う障害児の教育環境の整備について
岡崎市北野町西野山5−7
あおばの会
代表 古賀玲子
 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永田寛) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、11番 山崎憲伸議員、28番 清水克美議員の御両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永田寛) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から20日までの20日間といたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(永田寛) 御異議なしと認めます。

 よって、今期定例会の会期は、本日から20日までの20日間と決っしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永田寛) 日程第3、第217号議案「岡崎市・額田町合併協議会の廃止に関する協議について」外57件を上程し、市長の提案理由の説明を求めます。

 市長。

     (市長 柴田紘一 登壇)



◎市長(柴田紘一) 12月定例会が開催されるに当たりまして、所信の一端と今議会に提案いたしました議案の大要につきまして御説明を申し上げます。

 本年も残すところ1カ月となりました。振り返りますと、ここ愛知県におきまして、21世紀になって最初の万博、「愛・地球博」が開催されたことが思い起こされます。「愛・地球博」では、9月25日に閉幕するまでに2,200万人を超える来場者があり、21世紀に人類が直面する地球的規模での課題解決の方向性や人類の生き方など、多くの情報を発信してまいりました。本市におきましても会期中には、「岡崎市の日」、「一市町村一国フレンドシップ事業」、「愛知県ウィーク市町村フェスティバル」、「地球市民村」などの催事に、32団体、約2,200人と、多くの市民の皆様方の御参加をいただき、岡崎市の伝統芸能や文化など多くの魅力を世界に発信いたしてまいりました。また、4月7日には、スウェーデン王国のビクトリア皇太子を本市にお招きし、梅園小学校などで市民レベルでの交流も深めたところでございます。

 「愛・地球博」は閉幕をいたしましたが、そのテーマであります循環型社会の提示や市民参加による国を越えた交流など、培われたすべての成果を次世代へ引き継ぎ、さらに発展をさせていくことが地球規模での課題であると考えております。

 さて、本年度当初に御議決をいただきました諸事業も、所期の計画に基づき順調に成果を上げております。これも、ひとえに議員を初め市民の皆様の温かい御理解と御協力のたまものと、ここに厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 ここで、本年度計画いたしました主な事業の状況につきまして若干申し述べさせていただきます。

 まず、「安全・安心なまちづくり」についてでございます。

 防犯対策では、東岡崎駅自転車駐車場監視カメラや、不審者や車両の侵入防止のために進めてまいりました小中学校の門扉の設置につきましては、既に事業を終え、保育園の緊急警報装置につきましても、年内の設置を目指し事業を進めております。また、昨年度より2万基を目標に設置を進めておりますところの防犯灯につきましても、16年度末には1万9,383灯となり、今年度も既に540灯の発注を終えました。さらに、青色回転灯を利用した地域の防犯パトロールや「一軒一灯運動」など、市民の皆様の御協力により空き巣などの犯罪が減少するなど、着実な成果が出てまいりました。今後も、地域や警察との連携を密にするなど、より一層の「安全・安心なまちづくり」に積極的に取り組んでまいります。

 防災対策では、昨年に引き続き備蓄倉庫の整備を進めるほか、今年度より始めました地震発生時に高齢者や重度障害者の生命を守る「家具の転倒防止事業」では、10月末で284件の申し込みがあり、202件の対策を終えたところでございます。また、城北中学校や井田小学校などの屋内運動場の改築事業や東名高速道路にかかる足延橋を初め岩脇橋や徳性寺橋などの耐震工事についても、年度内の完成を目指し事業を進めております。

 次に、福祉施策でございます。本年度の新規事業であります、夏季休暇期間に障害児を預かる「障害児サマースクール事業」では385人の、また城北保育園での休日保育では30人の利用をいただきました。さらに、矢作西と小豆坂に建設を予定いたしております、児童育成センターにつきましては、年度内の完成を目指して事業を進め、同時に民間児童クラブの利用料の補助制度も始めたところでございます。その他、地区子育て支援センターの設置や細川保育園の増改築など「安心して子育てができるまちづくり」を目指し、事業の進捗を図っております。

 都市基盤の整備では、16年度から継続事業で進めてまいりました愛宕橋が9月に完成をいたしました。同時に、人道橋「愛宕通学橋」につきましても、階段をスロープ化するなど改良工事を実施し、自動車の通行のみならず、通学児童などの歩行者や自転車、車いす利用者などが安全で快適に利用できるようになりました。また、16年度より整備を進めております市営土井住宅では、この7月に第1工区60戸が完成し、9月より供用の開始をいたしました。引き続き、第2工区の整備を進めてまいります。

 康生地区拠点整備事業では、魅力ある生涯学習拠点の形成をメーンテーマに図書館機能、活動支援機能、文化創造機能及びこれらをつなぐ交流機能を備える複合施設として、今までに10回の市民検討ワークショップを開催しながら基本設計を作成し、今年度は実施設計を進めているところでございます。今後におきましても、市民の方々の御協力をいただきながら、平成20年の開館を目指してまいります。

 PFI事業として検討を重ねてまいりました(仮称)岡崎げんき館では、事業者の公募をいたしましたところ、三つの事業者から応募があり、現在、事業提案書の提出を受け、PFI審査委員会で検討を重ねておりますが、年内には審査結果の公表をし、優先交渉権者の決定をいたしてまいりたいと考えております。

 このほか、北部学校給食センターの移転新築事業におきましては、19年4月の稼動に向けまして工事に着手をいたしました。同センターでは、ドライシステムの採用によりまして、従来と比べ衛生面や作業効率の向上も期待されるところでございます。また、当初に計画しました、その他多くの事業につきましても、順調に進んでおりますことを御報告させていただきます。

 それでは、本会議に提案をいたしております諸議案につきまして御説明を申し上げます。

 まず、条例案でございますが、制定条例といたしましては、本市における環境に関する施策の基本となる事項を定める「環境基本条例」、施設整備など環境に関する施策推進のための事業費を積み立てる「環境施策推進基金条例」、額田町にあります茅葺屋敷の利用手続や使用料を定める「千万町茅葺屋敷条例」、狭あい道路の拡幅整備を図るための事前協議や補助金について定める「狭あい道路の拡幅整備に関する条例」、額田町土地開発行為に関する指導条例を引き継ぐ「都市計画区域外における開発行為に関する条例」の合わせて5件を提案いたしております。

 改正条例でございますが、戸崎町と宇頭町に新設する児童育成センターの名称と位置を定める「児童育成センター条例」、新設する南公園遊戯施設と岡崎公園駐車場のバスの利用料を定める「都市公園条例」、岡崎公園駐車場の整備に伴い岡崎公園北駐車場を廃止いたします「駐車場条例」、屋外広告業の登録制度を設ける「屋外広告条例」など、合わせて8件の条例改正の議案を提案いたしております。

 その他の議案といたしましては、平成18年1月1日の額田郡額田町との合併に伴いまして、「岡崎市・額田町合併協議会の廃止に関する協議について」、土地改良事業に伴います「市の境界変更」、「財産処分の協議について」のほか、公の施設に係る指定管理者制度の施行によります「指定管理者の指定」議案が15件、「岡崎市東庁舎電気設備工事」などの工事請負議案が4件など、合わせて24件を提案いたしております。

 補正予算(案)でございますが、一般会計では15億360余万円の増額、特別会計では16億9,480余万円の増額、また企業会計では5億9,190余万円の減額補正でございます。

 補正予算の主な内容につきまして御説明をさせていただきますと、全体を通しまして、平成18年1月1日の額田町との合併に伴う額田町からの引継ぎ予算及び人事院勧告に伴う人件費の補正に加えまして、一般会計、総務費では、愛知環状鉄道・中岡崎駅西にトイレを設置するための工事請負費と、「純情きらり」活用事業として、観光誘致PRのための委託料の補正を、衛生費では、公共施設において市民の皆様を心室細動等による心臓突然死から守るための自動体外除細動器(AED)137台の購入費の補正を、商工費では、「純情きらり」活用事業として、観光案内看板等の設置工事請負費の補正を、土木費では、岡崎公園内の園路舗装整備などの工事請負費と「まちづくり交付金」の増額に伴う建物等移転補償費の増額補正をお願いいたしております。

 続きまして、繰越明許費は、中岡崎駅西公衆便所の移設事業、老人福祉施設等建設助成事業、岡崎駅東土地区画整理事業の建物移転補償費につきましては、それぞれ年度内執行が見込まれないため、繰り越しをお願いするものでございます。

 また、債務負担行為といたしましては、指定管理者の指定に伴う、施設の管理に要する経費、事業の平準化のための道路整備事業に要する経費などをお願いいたしております。

 以上が一般会計歳出予算の主なものでございます。

 なお、今回の補正財源といたしましては、市税を初め国・県支出金、繰越金などにより収支の均衡を図っております。

 続きまして、特別会計でございますが、下水道会計では、交付金の内示に伴う事業費の増額と雨水貯留・浸透施設設置費補助金の増額補正、また事業の平準化を図るための管渠築造工事に要する経費の債務負担行為、さらに繰越明許費では、交付金の内示に伴う管渠築造工事につきまして、工事期間が短く、年度内の完成が見込まれないため、繰り越しをお願いするものでございます。

 次に、企業会計の水道事業会計では、男川浄水場管理計装設備の見直しに伴う減額補正と男川原水調整池築造事業では工事の着工を見合わせるための減額補正をお願いいたしております。

 以上が、今議会に提案をいたしました議案の概要でございます。

 さて、来春からNHKで全国放送されます「純情きらり」についてでございますが、既に先月14日から21日までの8日間、本市におきまして撮影が行われました。撮影に先立ちましてエキストラとボランティアを市民サポーターとして公募いたしましたところ、1,578名もの方から応募をいただき、大変ありがたく思っております。撮影は、約200名ものエキストラとボランティアの方の御協力のもと無事終了したと伺っておりますが、市民協働事業としても大きな成果を上げることができたと考えております。

 「純情きらり」につきましては、本市の重要な観光資源の一つと位置づけまして、「純情きらりサポート会議」で検討いたしました活用事業を議会にお諮りし、放映前には、観光客の利便を向上させる地域の基盤整備やキャンペーンなど、放映開始後には、観光客に対する市民の皆様のホスピタリティー(おもてなしの心)の向上などの事業を推進し、一層の盛り上げを図ってまいりたいと考えております。

 最後でございますが、1カ月後に迫りました本市と額田町の合併についても少し報告をさせていただきます。

 ちょうど2年前の12月定例会におきまして法定協議会の設置の御議決をいただき、合併協議を進めてまいりました。大変厳しいスケジュールの中ではありましたが、合併協議会の委員の皆様や両市町の議会の皆様には、真摯で前向きな御協議を賜り、合併協議が極めて順調に進んでまいりましたことに対しまして、改めて敬意と感謝を申し上げます。

 合併後の将来都市像を「人、水、緑が輝く 活気に満ちた 美しい都市 岡崎」といたしまして、この将来都市像を実現するために「水とみどりの森の駅」を初めとします新市建設計画の計画的、一体的な推進を図りながら、10年後、20年後には「合併して本当によかった」と市民の皆様に実感をしていただける岡崎市にしてまいりたいと考えております。

 また、合併期日であります平成18年1月1日という歴史的な節目を迎えるに当たりまして、明後日の12月3日から約1カ月間、中央総合公園周辺におきまして「カウントダウン事業」を実施いたしてまいります。そして12月31日には、新市の誕生の瞬間を新市民みんなで迎える「メモリアルカウントダウン」、1月1日の元旦には、毎年恒例となっております新年交礼会と合併記念式典を、さらに1月7日には、新岡崎市誕生記念事業のファイナルといたしまして、自然と環境をテーマにした「市民ミュージカル」の公演も予定いたしております。

 新岡崎市の誕生を、議員各位を初め額田町民を含む多くの市民の皆様と一緒にお祝いし、盛り上げてまいりたいと考えておりますので、御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 以上御説明を申し上げますとともに、提出をいたしております諸議案につきましては、よろしく御審議の上、御議決を賜りますようお願いを申し上げまして、説明を終えさせていただきます。

 ありがとうございました。

     (市長 柴田紘一 降壇)



○議長(永田寛) 以上で本日の議事日程は終了いたしましたので、明2日午前10時再開することとし、本日はこれにて散会いたします。

 御苦労さまでした。

             午前10時24分散会

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

         議長   永田 寛

         署名者  山崎憲伸

         署名者  清水克美