議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岡崎市

平成 7年  9月 決算特別委員会 10月02日−03号




平成 7年  9月 決算特別委員会 − 10月02日−03号







平成 7年  9月 決算特別委員会



             午前10時開議



○委員長(荒木鉄之助君) 出席委員が定足数に達しておりますので、9月28日に引き続き決算特別委員会を開きます。

 認定第1号「平成6年度岡崎市の一般・特別会計の決算の認定について」を議題といたします。

 引き続き一般会計の決算について、款を追って御質疑願います。

 3款民生費、御質疑ありませんか。

 伊藤委員。



◆委員(伊藤文治君) 成果説明書の50ページですが、4点ほどお尋ねさせていただきます。

 50ページの補助金の交付、その中の民間社会福祉施設整備費補助金の内容をちょっと御説明いただきたいと思います。

 同じく53ページですが、7目、高齢者能力活用事業の中の就労状況が減っている中身と申しますか、理由は、どうして減ったのか。

 もう1点、同じく55ページです。8目、高年者センターにおけるデイサービスセンター利用者の減っているそのわけ。

 最後ですが、63ページ、3目、保育所地域子育て支援事業の相談件数が、今までは減っていたんですが、今度は増加しているということで、その主な内容はいかがなものかということ。

 この4点をお願いいたします。



○委員長(荒木鉄之助君) 福祉部次長。



◎福祉部次長(大水恒生君) 民間社会福祉施設整備費補助金の内容でございますが、これにつきましては、舞木町にございます社会福祉法人愛恵協会が平成6年、7年の2カ年継続事業といたしまして、鉄筋コンクリートづくり2階建て、延べ面積615平米、定員30人の精神薄弱者の通所授産施設の建設に対しますところの岡崎市の社会福祉施設整備費補助金交付要綱に基づきますところの単市補助金2,311万7,000円のうちの6年度分でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 長寿課長。



◎長寿課長(青木富三君) 高年者能力活用事業の就労状況の減員でございます。この事業につきましては、高齢者能力といたしまして、高齢者の生きがい対策の一つとして、おおむね60歳以上の方を対象に、長年の職業的経験や技術を生かした臨時的かつ短期的な仕事を組織的に把握して、働く機会を提供しているものでございまして、岡崎市のシルバー人材センターで実施いたしているものでございます。

 御質問の就労状況の減少につきましては、比較的人気が高く、また需要の多い庭師や表具士など、特殊な技能の保有者が、高齢化に伴い就労不能になり、減少し、需要に応じ切れなかったことが大きな要因でございます。

 続きまして、高年者センター岡崎のデイサービス利用者の減少でございますが、これにつきましては、平成6年度におきましては、デイサービスの利用者の高齢化等に伴い、人手のかかる全介助が必要な重度の寝たきり老人等も受け入れておりまして、こうしたことのサービス充実を図っているため、結果として利用人数が減少いたしました。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 児童課長。



◎児童課長(香村迪郎君) 63ページの保育所地域子育て支援事業について御説明申し上げます。ふえておるというような御指摘でございます。ありがとうございます。保育所地域子育て事業でございますが、もともとこれは、厚生省の保育所地域子育てモデル事業の実施要綱に基づいて行っておるものでございますが、本市におきましては、平成5年7月から開始したということでございます。

 大きく分けまして、四つほどの大きな事業を抱えておるということでございます。一つは相談事業であります。電話相談、あるいは来所相談でございます。二つ目はサークル支援事業でございます。これは、保育園に通っているお母さんたちとは別の、家庭で保育しているお母さんたちに対してサークルづくりを行っているということでございます。三つ目は特別事業でございまして、これは一応モデル地区を定めまして、八帖保育園を起点とするところの周辺で育児講演会、あるいは親子教室、そういったようなことをさせております。四つ目は、「すくすく」−−いわゆる情報機関誌でございますが、それを発行しておるということでございます。

 こういった内容の中で増加したという理由でございますが、これは一つには、市政だよりへの掲載ということでございます。平成6年度におきましては、24回の市政だよりが発行されたうちの10回ほど掲載をいたしました。また、平成6年の2月のときには特集を組みました。そういったこともございまして、その直後には相談件数が非常に多くなった、こういう経過もございます。

 二つ目は、サークル活動の支援を十分進めてきた、こういうことでございまして、平成5年度の4サークルから9サークルへと、5サークルもふえたと。さらに、支援回数も、17回から72回と、4倍ほどふえたということでございます。これはやはり、口コミも大きく原因したではないかというふうに思われます。

 三つ目でございます。情報機関誌の「すくすく」を毎月3,000部ほど印刷いたしまして、保育園はもとより、市役所内の窓口、あるいは公的機関の案内窓口等にも置かせていただきまして、広く市民の方に読んでいただこうというようなことで、そういった機会を設けたということでございます。

 さらに、最後でございますが、母子手帳交付の際に子育て支援のしおりをはさげさせていただきまして、お渡ししておるというようなことも、大きく伸びた原因の一つではないかというふうに思っております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 坂井委員。



◆委員(坂井一志君) 成果説明書54ページなんですが、7目老人福祉費、地域コミュニケーション促進事業についてお尋ねしたいと思います。これは、公衆浴場法での救済措置とも思うわけなんですが、その内容と現況についてお尋ねしたいと思います。

 それから、事項別明細書の120ページなんですが、2目の扶助費、補正額と不用額との関係についてお尋ねしたいと思います。補正額で3,878万5,000円、それと不用額が4,700万余になっているということなんです。これは医療扶助費の見込み減ということが主な要因というふうに説明書には載っておりますが、医療扶助費の見込み減の主な理由についてお尋ねしたいと思います。

 次に、成果説明書の65ページ、これも扶助費の関係になりますけれども、扶助費の受給率について、本市の現状と、他都市と比較した場合にどのレベルにあるのか、その辺をお聞きしたいと思います。

 もう一つ、生活保護申請の認定基準等の現状についてお尋ねしたいと思います。

 以上の点、よろしくお願いいたします。



○委員長(荒木鉄之助君) 長寿課長。



◎長寿課長(青木富三君) 地域老人コミュニケーション促進事業費についての内容でございます。議員御指摘のように、各浴場が自主的に行う無料入浴等の老人のコミュニティー活動に対する補助金に合わせて、地域福祉センター整備に係る要因として、公衆浴場の確保のための特別措置に関する法律に基づく老人福祉センター等の入浴施設と公衆浴場との競合問題の調整についてとする昭和59年11月21日の厚生省社会局老人福祉課長通知によりまして、公衆浴場組合との調整の中から、法の趣旨を踏まえまして補助事業を実施するもので、多分に補助的な要因も含まれております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 福祉部次長。



◎福祉部次長(大水恒生君) 生活保護関係でございますが、扶助費の不用額の原因でございます。今委員おっしゃいましたように、不用額の主なものは、医療扶助費の4,655万9,000円が不用額でございます。理由といたしましては、入院医療費の伸びと、それから昨年は秋口からインフルエンザが関東、関西方面で非常にはやりましたので、そこら辺を見込みまして、医療扶助を1,543万8,000円12月補正させていただきました。そういった急増を見込みましたけれども、予測より伸びなかったという結果でございます。

 それから、保護率の関係でございますが、平成7年の3月分の愛知県の生活保護速報で申し上げますと、岡崎市の保護率は1.89%(後刻訂正あり)でございまして、名古屋市を除く都市平均は2.11%(後刻訂正あり)でございます。ちなみに、県下全体では3.47%(後刻訂正あり)でございます。

 岡崎市の都市部での順位は、名古屋市を除きまして30市のうちちょうど15番目でございます。

 次に、生活保護の認定の基本原則でございますが、生活保護法の第4条によりますと、「保護は、生活に困窮する者が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することを要件として行われる」。2番目といたしましては、「民法に定める扶養義務者の扶養及び他の法律に定める扶助は、すべてこの法律による保護に優先して行われるもの」とされておりまして、これに基づきまして適正な保護を行っているところでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) まず、成果説明書の成果説明書の48ページの3款1項1目の生活資金、生活特定資金融資あっせんについてなんですけれども、それぞれのあっせん状況、それから9件、1件というふうになっているんですけれども、相談に見えた件数、その件数がどうであったか。

 それともう一つは、あっせん条件はどのようかということについて教えてください。

 それから、同じく成果説明書の47ページ、3款1項1目、説明書の2の(2)災害見舞金支給についてなんですけれども、これ、去年の28号の台風の被害によるところが多いのかと思いますが、床上となった21件についての内容、地域的なものも含めて。

 それともう一つは、たしか1件2万円の見舞金だったというように思いますが、床上浸水に至らなかった、床下の浸水であっても、後片づけとか、そんな点大変だというふうに思いますが、そういう点について対応をどのようにされたのかという点。

 それから、前後して申しわけありません。48ページの1目の、この中に多分入っているのではないかなというふうに思うんですけれども、去年から入院給食費が有料になりました。その助成に当たって、償還払いについての病院窓口の混乱、役所の事務所の混乱が起きたのではないかというように思います。その状況がどうであったかということと、それぞれの金額に合わせた窓口での払いが違うわけでありますけれども、そういうときの所得を証明するものは、具体的にどのようにされたかということについてお聞かせください。

 まず、それだけお願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 自治課長。



◎自治課長(鳥居良紀君) 生活資金と生活特定資金の融資の関係の状況でございますが、ちょっと推移を見てみますと、平成3年度は15件でございまして、合計で675万円。それから、4年度が6件で280万円。それから、5年度ですが、9件で400万円。それから、6年度については、10件の420万円となっております。

 この制度の内容でございますが、この制度は、それぞれ規則にのっとりまして、生活資金融資あっせん制度と、それから生活特定資金融資あっせん制度がございます。この違いは、生活資金については限度額が50万円、それから生活特定資金につきましては限度額が30万円となっております。この生活資金の融資の条件でございますが、災害、盗難、あるいは病気、結婚、住宅の修繕、あるいは日常必需品の購入、こういったものに充てる場合にお貸しする制度でございます。融資期間につきましては、生活資金につきましては5年、それから生活特定資金につきましては3年。以上の概要でございます。

 申し込みがどの程度あったかということでございますが、ほぼ申し込み件数とお貸しした件数は同じ程度でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 福祉部次長。



◎福祉部次長(大水恒生君) まず、おわびさせていただきたいんですけれども、先ほど坂井委員さんの御質問の中で、生活保護率のパーセントということでございまして、私、「1.89%」と、パーセントで申し上げましたが、これはパーミルでございまして、大変失礼しました。よろしくお願いいたします。

 それでは、災害見舞金の関係でございますが、床上浸水につきましては、21件すべて、9月17日の台風によるものでございまして、町名で申しますと、六名新が9、江口町9、六名東が2、戸崎が1、計21でございます。

 また、床下の方の対応につきましては、災害見舞金等に対しましては、特別な規定をしておりませんので、対応はいたしておりません。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 長寿課長。



◎長寿課長(青木富三君) 入院給食費等の窓口での償還払いで混乱はなかったかという問い合わせですけれども、これにつきましては、若干はあったかと思います。それ以後、うちの方といたしましては、郵送等の受け付けというようなことで改善をいたしております。

 それから、次の所得はどうかということです。これ、たしか所得制限はなかったと記憶いたしております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 生活資金のことなんですけれども、これについては、申し込みとあっせん件数がほぼ同じだというように言われたわけでありますけれども、その条件の中に「保証人」云々というようなことなどはありませんでしょうか。

 それから、償還払いの病院給食の問題ですけれども、これで問題が若干あったとおっしゃったんですけれども、その若干の問題はどんな点であったかということと、郵送にされたということなんですが、具体的にその内容についてお話をいただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 自治課長。



◎自治課長(鳥居良紀君) 保証人の関係でございますが、生活特定資金につきましては、保証人が1人、それから生活資金につきましては、保証人は不要でございまして、そのかわりとして保証保険に入っていただきます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 長寿課長。



◎長寿課長(青木富三君) どんなことが起きたかということですけれども、窓口でお待たせする時間等が多かったということでございます。

 それで、郵送の内容につきましては、老人または障害者の方について直接送付をいたしております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) ちょっと私の質問が悪かったように思うんですけれども、病院給食の点ですけれども、窓口、600円、450円、200円という区別があるというように思うんですね。それについて、その対象者がどれに該当するかということの証明はどのようにやられたかということを聞きたかったんですけれども、言葉足らずで申しわけありません。お願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 長寿課長。



◎長寿課長(青木富三君) どれが該当するかといいますと、入院の給食ですね。それですけれども、あと、対象といたしましては、老人、障害者、それから母子家庭等、それから乳幼児、そういう方でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 成果説明書の52ページ、1項6目の友愛の家と虹の家、ここについてなんですけれども、障害者・児に対する機能訓練について、ここに事業内容で159回の利用者延べ人数も書かれておりますけれども、この実態がどうかということをお聞きしたいということ。

 それから、デイサービス事業の中で定期的に作業療法士や理学療法士の指導のもとにリハビリを実施して、残存能力の向上、機能の回復訓練をしているということでありますけれども、1人の障害者がそういう訓練を受けられる時間帯というのは月にどれぐらいあるのかということですね。

 それから次に、老人福祉費についてなんですけれども、ここの中のヘルパーさんについて伺います。常勤が24名、訪問世帯が1,771、登録は136名で、2,086というようになるんですけれども、年々訪問回数がふえているんです。それだけ介護老人がふえている、ヘルパーさんが介護する家庭の大きな支えになっているというように思うんですけれども、常勤ヘルパー、そして登録ヘルパーがそれぞれ1人が受け持つケースというのはどれぐらいあるかということですね。

 それからもう一つは、月1回やっておられると言われております給食サービス、これを具体的にだれがつくって、どのように配達しているかということ。

 それからもう1点は、ヘルパーさんの保険の関係なんですけれども、保険に在宅福祉サービス総合保障、これにはいつごろ入られたのかということ。お願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 福祉部次長。



◎福祉部次長(大水恒生君) 友愛の家に関することでございますが、友愛の家におきましては、デイサービスの一つといたしまして、機能回復訓練を実施しているわけでございます。これに参加していただく方は、身体障害者並びに精神薄弱者の方等が参加していただくわけでございます。

 内容といたしましては、作業療法士による訓練並びに理学療法士による訓練を行っているところでございまして、回数といたしましては、作業療法士による訓練は月4回実施しておりまして、これは年間延べ250人の方の利用がございました。また、理学療法士による訓練は、身体障害者の方の基本的な動作能力の回復を図るものでございまして、月10回実施をいたしておりまして、年間延べ1,691人の利用者がございます。この機能回復訓練は、当然のことながら、虹の家を利用している方も利用しておられるというところでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 長寿課長。



◎長寿課長(青木富三君) 老人ヘルパーの受け持ち件数についてですけれども、常勤のヘルパーの方としては、月大体7世帯ぐらい、それから登録ヘルパーさんについては、家事介護等で1.4世帯、それから安否確認等で8世帯、そういう状況でございます。

 それから、給食の配食の関係ですけれども、ヘルパーさんでつくって、ヘルパーさんで届けているという状況です。

 それからもう一つ、保険の関係でございますが、これにつきましては、平成3年のできた当時から加入しているということです。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) ヘルパーさんの関係なんですけれども、給食サービス月1回が、ヘルパーがつくって、ヘルパーが届けるという、このヘルパーというのは、常勤というように確認をしていてよろしいでしょうか。

 それともう一つは、保険の方なんですけれども、保険はいろんな補償内容があるようですけれども、この保険を使ったケースというのがあれば、報告をいただきたいと思います。

 もう一つは、登録ヘルパーさんの、それぞれ勤務状況が違うというように思うんですけれども、平均的にどれぐらいの労働時間と賃金というようになっているか、その報酬について伺います。



○委員長(荒木鉄之助君) 長寿課長。



◎長寿課長(青木富三君) 保険の実態については、報告を受けておりませんので、使っていないと思います。

 それから、給食については、常勤ヘルパーがつくっております。

 それから、最後の労働時間ということですけれども、これについて、ちょっと今手元に資料がありませんで、後でお答えいたします。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 労働時間、賃金についてということなんですけれども、後からということですが、もう一つ、報酬について、登録ヘルパーさんたちは自分の働いた分がどれだけだというのがきちっと明細として手に渡っておりますでしょうか。議会の中では、「渡っている」というように何度か聞いたんですけれども、改めて聞かせていただきます。



○委員長(荒木鉄之助君) 福祉部長。



◎福祉部長(杉山信平君) 登録ヘルパーの賃金につきましては、国で定めました日当額をそのまま遵守して支給しておるという実態でございます。

 また、2点目の賃金の支払い明細につきましては、従前そのような御指摘がありました。これにつきましては、今年改善をし、着実に明細書の送付をしておるはずでございます。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) それでは、次にお願いします。

 事項別明細書の95ページ、それと101ページに、3款1項3目20節、同じく7目20節の不用額についてですけれども、大きな予算を組んでいただいたということで、たくさん見込み違いで不用額が出たということかというように思うんですけれども、それぞれの制度の不徹底や手続上の困難さによるものがあるのではないかというような見方を私はしているんですけれども、そういう点での努力はどのようでしたでしょうか。



○委員長(荒木鉄之助君) 福祉部長。



◎福祉部長(杉山信平君) 木全委員さんの御質問の内容で、今具体的にはどちらの御質問の内容であるか、いま一度お知らせいただきたいと思いますが……。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 不用額のところで、例えば扶助費の部分が金額的に不用額が多いというように思うんですけれども、例えば電磁調理器も、当初予算では30台ということで出されていましたけれども、この制度を活用されたのは多分ゼロだったというように思うんですね。この中身は、この前の、平成7年度の予算の中でも指摘をしましたように、電磁調理器の支給の制度はあるけれども、この条件の中に、この制度を実施している他の市ではない条件、「ヘルパー派遣」というのが岡崎ではついていたわけですね。それは正していただいたんですが、そういう点で、制度にいろんな手続上の困難さというのがあるのではないかなということ。

 それと、もともとお年寄りの皆さんや障害者の皆さんを抱えていらっしゃる家族の方々には、こういう制度を知ることや、制度を利用するということが大変困難な状況にあるというように思うんですね。そういう人たちに対する周知徹底をさせていただくような手だてがどのようにやられて、このような扶助費の不用額になったかなというように思いますので……。



○委員長(荒木鉄之助君) 福祉部次長。



◎福祉部次長(大水恒生君) いろんな制度につきまして、今おっしゃいましたように、なかなか周知、理解していただくのが難しいというような点もございますけれども、私の方といたしましては、こういった制度につきましては、年2回、市政だよりでそれぞれ特集号等を通じましてお知らせしているというのが現状でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 年2回というようにおっしゃったんですけれども、先ほどの質問の中の子供の関係で、大変徹底したそういう周知徹底をしておられるというケースが先ほどの質問の中で報告があったわけです。そういう形で、ぜひ不用額をなくしていくためにも、周知徹底をもう少し図っていただきたいというように思います。これは意見ですので、ここの場ではそぐいませんけれども、一応言わせていただいておきます。

 それから、成果説明書のページ55の9、老人センター費の清楽荘のところのデイサービスの給食サービスというのは、具体的にだれが、どのようにつくっているのかという点について教えてください。

 それから、10目の地域福祉センターなんですけれども、ここの中の日常動作訓練、生活指導、これは理学療法士、作業療法士の体制がとられているのかどうかについて。

 それからもう一つは、ここでの給食サービスについても、同じようにお願いをしたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 長寿課長。



◎長寿課長(青木富三君) まず、地域福祉サービスセンターにおきます給食ですけれども、これについては、業者等から配達していただいております。それから、清楽荘についても同様でございます。中の売店とか、そういうところで……。

 それから、日常生活の指導でございますけれども、介護士等きちんとおりますものですから、行き届いておると思います。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 今の給食については、どちらも業者というようにおっしゃったわけですけれども、業者というのは、高年者センターの中で入っています業者というように確認をしておいていいでしょうか。

 それともう一つは、地域福祉センターの指導についてなんですけれども、これは介護士ということであって、さっき言いました理学療法士や作業療法士というのではないということですね。



○委員長(荒木鉄之助君) 長寿課長。



◎長寿課長(青木富三君) そのとおりです。

 それから、高年者の給食センターから、業者からいただいております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 次に移ります。

 成果説明書の57ページの12目消費者行政対策費の中のノー包装運動の実施についてなんですけれども、この協力店に運動協力ポスターというのを、たしか1,000枚つくって配付されたというように思うんです。市内の中でなかなか目につかないんですけれども、どのような張り出し状況なのかなということと、それと、交換場所を増加するというような検討については、どのようでしたでしょうか。



○委員長(荒木鉄之助君) 自治課長。



◎自治課長(鳥居良紀君) ポスターの件につきましては、作成をしておるわけですが、この関係につきましては、ノー包装協力店、こちらの方にPRのためのポスターを掲示させていただきます。

 それから、それでは交換場所の増加をしてはどうかというような質問かと思いますが、この件につきましては、今本庁と各支所で行っておるわけでございまして、図書券につきましては、こういった金券的なものもございますものですから、なかなか難しい、こういうことでございまして、現行の制度を引き続き実施していきたいと、このように思っております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 次に、提出資料の23ページ、土曜登園状況について伺います。この中で、延長保育を実施している園での共働き率−−原則的には保育園ですので、働いているということなんですけれども、フルタイムで働いている共働き率、それと登園率はそれぞれどうか、それぞれについて教えてください。



○委員長(荒木鉄之助君) 児童課長。



◎児童課長(香村迪郎君) 共働きというお話については、保育に欠けるということでお預かりしておるという関係でございますので、当然のような状況になっております。

 それから、延長保育園と土曜登園との絡みでございますが、私の方で一応調べてみた範囲では、特に延長だから土曜登園の率が上回ったり、あるいは逆に下回ったりというようなことはないというふうに理解しております。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 原則的に働いているということなんですけれども、土曜日休日というような、そういう現状、どういう状況かという、それについては把握をされているでしょうか。



○委員長(荒木鉄之助君) 児童課長。



◎児童課長(香村迪郎君) 土曜日につきましては、最近の中で週休2日制が民間企業等で普及しておるというような中で、各種の行事、そういったものも土曜日にやってほしいというような要望があるということは、土曜登園のことを含めて、土曜日には登園してくる子が少ないというような状況で理解しております。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 平成6年度の土曜登園状況というのは、資料としていただいたんですけれども、比較として、土曜登園を実施していなかったときの、そのときの土曜登園状況、全部というのは大変ですので、延長保育をやっている園のみでいいですので、数字を教えてください。



○委員長(荒木鉄之助君) 児童課長。



◎児童課長(香村迪郎君) 延長保育園のみの数字については、今ちょっと持ち合わせておりませんで、後でまた御報告申し上げます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 保母さんの年次休暇の消化状況をお願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 児童課長。



◎児童課長(香村迪郎君) 申しわけございません。年次休暇は、一般行政職と同じ6ないし7というふうな理解をいたしております。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 6ないし7というのが、実態としてどのようにとられているか、とることができているのかなというのが、今消化状況を教えてくださいという中身なんですけれども、原則的にはとられているというように確認をしておいていいんでしょうか。

 それともう一つ、一般延長の状況を報告してほしいんですけれども、一番多い園というのはどこかということ、そしてそういう多い園に対して職員配置はどのようにされているか。



○委員長(荒木鉄之助君) 児童課長。



◎児童課長(香村迪郎君) 年次休暇の消化でございますが、それぞれ自己都合、あるいは家庭都合というような形でございまして、個々には若干のとりにくいというようなお話もございますが、全般的にならせば、必要な都度年次休暇はとれておる、消化されておるというふうに理解しております。

 それから、一般延長でございますが、一般延長というのは、5時半までお預かりするというような状況でございまして、これについては、一番多い園ということにつきまして、特に数字を持っておりませんので、後でお示ししたいと思います。ただ、職員配置につきましては、正規職員が対応しておりますので、延長保育とは異なっておりまして、5時半までは正規の職員で対応しておるというのが状況でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 一般延長の多い園は具体的にどこかというのが知りたかったわけは、今おっしゃいましたように、一般延長の場合の職員配置が、正規保母で対応がされているわけですけれども、それだけでは十分でないところについては、延長パートという形で保母配置がされているのかなというので聞きたかったわけであります。後から数字は教えてください。

 それから、事項別明細書の111ページ、この保育園費の7節の賃金についてなんですけれども、当初予算と比べますと3,352万低いということで、具体的にこの中身として何だったんだろうかというので教えていただけたらと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 児童課長。



◎児童課長(香村迪郎君) 賃金が減ったということは、その分アルバイトの方の人数が減ったということでございます。正規職員と臨的職員、そういった形の中で、比較的5年から6年にかけまして人数がふえたと。逆に言えば、パートの方が余り働く機会がなくなったと、こういうことが、賃金が減ったということでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 次、4款衛生費、御質疑ありませんか。

 和泉委員。



◆委員(和泉冨郎君) たくさんお聞きしたいことがあるわけですけれども、時間の配分の関係で、2点に限ってお聞きしたいと思います。

 一つは、1項10目、成果説明書の76ページです。納骨堂の関係ですけれども、この施設につきましては、大変努力をしていただいて、整備をされた施設というふうに評価をしておるわけでございます。この平成6年度の利用状況、これを見てまいりますと、思ったより利用者が少ない、こういう印象を受けるわけです。一つは、PRの方法につきまして、どういう形でなされたかということ。それから、納骨庫と葬祭場、二つがあるわけですけれども、これの運営、これはどういう形でおやりになっておるか、これをお聞きしたいと思います。

 それからもう一つは、3項1目24節です。成果説明書の81ページ、ここに出捐金が報告されております。これは財団法人魚アラ処理公社への出捐金ですけれども、これは、予算審議の段階でもいろいろありましたけれども、何市何町で負担し合っているのかが一つ。それから、処理はどこで行われておるのか、その内容。それから、この出捐金は、単年度のみの出捐金というふうに受け取っていいのかどうか。この3点お願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 保健課長。



◎保健課長(大河内守一君) 葬祭場につきましては、通夜9件、葬儀11件、初七日7件でございます。当初予算では4件と予定していたものが11件に伸びております。

 納骨堂につきましては、3段式の3年が12基、5年が2基、計14基でございます。それと、5段式3年が6基、5年が3基で、延べ9件でございます。3年利用していただける方が18件、5年が5件でございます。計23件。予算では25件を予定しておりましたが、23件にとまっております。

 葬祭場と納骨堂利用のPRにつきましては、市政だより94年の10月1日号と95年の4月15日号に掲載して、PRに努めているところでございます。

 なお、葬祭場につきましては、市内の葬儀組合にも依頼しまして、施設の見学をしていただいて、利用をお願いしているところでございます。今後も、機会あるごとに市内葬儀業者等に依頼し、また市政だより等によりPRし、周知を図ってまいりたいと、このように考えております。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(鳥居聖治君) 財団法人魚アラ処理公社出捐金でございますが、県を含めまして、県内の全市町村ということで確認しております。

 処理の場所につきましては、尾張部ということで承知しておりますが、確認しておりません。また後でお答え申し上げます。

 出捐につきましては、単年でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 加藤増雄委員。



◆委員(加藤増雄君) 成果説明の76ページは、私どもの会派としてお聞きしたいことがあったわけですが、おおむね今お答えをいただいたようでありますので、その中の一つを再度お伺いしたいと、こんなふうに思います。

 部落で管理している墓地、この管理状況といいますか、最近そうした部落における墓地の整備が進んでおると思います。したがいまして、今のところ、お聞きしますと、余り管理についての予算計上等ないようにお伺いするわけでありますが、このことにつきましても、祖先を守る管理に意欲となるような予算について取り組む気持ちがあるかないかということをちょっとお尋ねしておきます。

 決算の中に、次のそういう項目、検討する意欲があるかないか、そういう取り組む意欲があるかないかということをちょっとお聞きしたいと思います。

 さらに、成果説明の中で、公共用水域における工場排水等の水質調査、さらに過去数年の状況はどうかということでありますが、成果説明の78ページでありますが、それに合わせまして、さらに中身を見ますと、水量についての調査等もないわけでありますが、そうした予算も取り組む時期に来ておるなと、こんなふうに思いますので、そうした項目にも範囲を広げる意欲があるかないか、こんなところもお尋ねしておきます。

 さらに、成果説明の81ページ、この中で「もっとリサイクル推進計画」の策定業務の委託における市民の意識調査の結果がどうかということでお伺いしたいわけであります。報告事項の中の効果として、市民の自然環境整備保全に対する意識の高揚を図ることができたとあるわけですが、調査の内容等をお知らせいただければということであります。

 この3点、お願いいたします。



○委員長(荒木鉄之助君) 保健課長。



◎保健課長(大河内守一君) 町の墓地の管理につきましては、墓地埋葬法に関する法律に基づき施設の整備を行っていただいております。また、岡崎市墓地管理運営要綱に基づき、墓地管理委員会を設置していただき、墓地を利用する方々において維持管理を行っていただいておりますので、御報告いたします。



○委員長(荒木鉄之助君) 環境衛生部次長。



◎環境衛生部次長(内田金男君) 公共用水域の水質調査についての件でございますけれども、調査につきましては、23河川、34地点において調査を実施しております。この中では、カドミウムなど人の健康にかかわる項目については、すべての地点において検出はされておりません。

 それから、水量の調査の予算の件でございますけれども、この調査は、私ども河川の水質の浄化を図る目的で調査をしておりまして、ただいま予算云々というお話がありましたけれども、予算につきましては、また今後のことでございますので、ちょっとここでは控えさせていただきたいと思います。

 私どもの調査では、今申しましたように、水質調査の中で水量は一部それを行っている部分があるということでございますので、河川管理の方のそういうところの関係の方にも、今のお話の部分につきましては、協議、申し出をしていきたいというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(鳥居聖治君) 「もっとリサイクル推進計画」、これにおけるところの市民意識の調査結果ということでございます。この調査の目的といたしまして、市民のごみ減量、リサイクルに関する現状の意識、認識及び将来計画への要望等の把握、こういったことを主目的といたしまして、調査の対象は、一応無作為抽出で20歳以上、2,000人、回答者は1,236人でございました。うち61%が女性の回答者ということで、年代を見ますと、40代、50代で51%を占めておるということで、これが基本のところでございます。調査は、5問、37項目にわたって調査をいたしております。

 その結果でございますが、ごみ減量、リサイクルに関心があるかということでお尋ねしたところ、非常に関心がある、ある程度関心がある、この両方を合わせますと93%という、非常に高い関心を示していられると。また、個人的に取り組んでいるかという御質問に対しては、半分以上の方がある程度取り組んでいるということでお答えをいただいております。

 また、資源となる不用品の処分の方法、こういったものでございますが、基本的には廃品回収、子ども会、あるいは回収業者、あるいはまた販売業者への回収協力、こういったことで、紙類につきましては、新聞紙につきましては92%、段ボール、雑誌、この2種類につきましては70%台、牛乳パックについては54%の回収協力をしておるという結果を得ています。また、瓶、缶類につきましては、ビール瓶、一升瓶、アルミ缶、こういったものにつきましては非常に協力的でございますけれども、スチール缶につきましては26%、その他の瓶につきましては19%と、非常に低い部分を持っておるということで、この辺が今後の私どものリサイクル施設の利用に合わせたところの推進に考えなければならぬ部分だと考えております。

 また、プラスチック類につきましてはまだこれからというところで、発泡スチロール、あるいはトレー、こういったものが7%から15%、ペットボトルに至っては2%の回収協力ということで、今後に課題を残しておるというような結果を得ております。

 また、資源収集のあり方でございますが、市民の方々は積極的に協力する、あるいは協力できると思うというお答えを95%いただいております。したがって、分別収集等についても希望を持っておるわけでございます。瓶、缶以外での分別収集するものとしては、発泡スチロールだとかペットボトル、こういったものに半分以上の方が今後協力をしようというお答えをいただいております。

 それから、もっとリサイクルを進めるためにはということで、簡易包装、あるいはリサイクルできる商品、こういったものの開発、再生品の利用、こういうものを進めるという方が約20%、ごみ減量リサイクルや環境の情報の提供、こういったものを意見として出されてみえる方が17%、リサイクル関連施設の整備が15%と、こういったような結果を得ております。ごみ減量、リサイクルを進めるに当たりまして、非常に見通しの明るい調査結果じゃなかったかなと、こんなふうに考えております。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 成果説明書75ページの墓地管理費についてですけれども、この中の利用許可数のところに返還として17あるんですが、この17についての内容、そしてまた、返還されたものについては、再度募集するのかどうかについて、教えてください。

 それから、成果説明書の77ページ、12目の環境推進費について伺いますけれども、空地の雑草除去指導の苦情処理ですが、ここで処理件数が354というふうにありますけれども、それの解決したのはどれぐらいか。

 それから、もう一つ、解決をしない場合、指導の結果について、申請者についてどのように対応がされているのかということについてお聞かせください。

 それから、78ページの12目生活排水対策の助成というところで、ストレーナーの設置助成、これについてありますけれども、毎年取り組んでいただいているんですが、全世帯の中でどれぐらいこれが行き渡ったかということについて、教えてください。

 それから、81ページの清掃総務費に入るかと思いますけれども、廃棄物減量化の推進審議会が行われましたけれども、この20名の当初予算は16名の委員で始めたわけですけれども、この中で、女性の登用というか、女性は発足当初16名中4名、後から私は役職で入りましたけれども、中の女性というのは婦人会やJA、それ以外については、役職や職業柄というか、そういうところから配置されているというふうに思うんですが、一つは、20名の枠いっぱい内に女性も含めて登用するということを考えられなかったのかという点と、もう一つは、市民の中にはいろんな形のリサイクルに携わっている人たちがいるんですが、そういう人たちからの選出ということなども検討されたのかどうか。

 それと、84ページの3項2目の遮水シートですけれども、これも割と毎年というか、補修が出てきているんですけれども、この遮水シートの補修が行われている内容についてお聞かせをください。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 暫時、休憩いたします。

             午前11時5分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午前11時13分再開



○委員長(荒木鉄之助君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 児童課長。



◎児童課長(香村迪郎君) 先ほど木全委員の方からお尋ねの件についてお答えしたいと思います。一般延長の多い園というような御質疑がございました。公立にありましては、中園保育園でございますが、30人ということでございます。ちなみに私立は矢作保育園の43人ということでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 保健課長。



◎保健課長(大河内守一君) 返還者17名の返還理由につきましては、近隣の墓地借用ができたためが7名、他の墓地確保ができたためというのが1名でございます。承継者がいないため2名、遠方で管理ができないため2名の方が返還されています。それから、祖先の墓地等に移転のため、2名でございます。その他の方が2名あります。計17名です。

 返還による墓地については、公募募集時での対応は今のところ考えておりません。都市計画決定に係る公共事業等で移転される方のうち、理解が得られる方について利用していただく方針で、今後進めていきたいと、このように考えております。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 環境衛生部次長。



◎環境衛生部次長(内田金男君) 空地の雑草の処理につきましての件でございますが、これは全体の354のうちで317件が処理をされまして、除去率といたしましては、約90%、これは昨年度と率としては同じ状況でございます。あとの10%の未処理の分でございますけれども、これは2回から3回まで催告をいたすわけでございますけれども、それでもできなかったという部分が10%ということでございます。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(鳥居聖治君) 岡崎市廃棄物減量等推進審議会の委員さんのお尋ねでございますが、20名のところを16名ということでございますけれども、一応条例には20名以内ということになっておりまして、この人数で発足させていただいております。現在、ごみ減量推進員等、そういった方々も発令させていただいて、これから分別収集に従事していただくというようなこともございます。そういった方々も含めて、今後の必要に応じて人数の調整が必要になろうかと思いますが、現行は16名のままで差し支えないかと考えております。

 それから、遮水シートでございますが、この修理につきましては、工事をいたしましてから、シートを張りまして、長く日にさらしておきますと劣化いたします。こういったものを補修してまいっておるものでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 環境衛生部次長。



◎環境衛生部次長(内田金男君) 先ほどストレーナーの件のお答えを漏らしましたので、追加してお答えをさせていたきます。

 ストレーナーの全市的に行き渡った状況はどうかという質問でございますけれども、今まで累計をいたしますと、2万3,555個が市内に行き渡った数でございまして、率といたしましては、21.9%という状況でございます。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 空き地の件についてですけれども、10%が未処理ということで、2、3回催促をするということですが、私質問した中に、2、3回催促をしても、それでも対応しない場合があります。そういう場合には、申請者に対してどういう対応がされているのかなということについて聞きましたので、もう一度お願いをします。

 それから、ごみの審議会の問題ですけれども、これについても、20名以内の中で16名という現状はわかりますけれども、その中で、役職や職業柄、女性が登用されているというのはあるんですが、それ以外、全体の16人の中では、割合が低いんじゃないかと。女性の登用についてと、それから市民団体の選出についてはどのように考えられたのかなという点について、もう一度お願いをします。

 それから、遮水シートについてですけれども、具体的にどういう方法で遮水シートをやっておられるんでしょうか。



○委員長(荒木鉄之助君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(鳥居聖治君) 審議会の委員さんにつきましては、各種委員会の中でも女性の方の比重は高い部分じゃないかなと考えております。事の性質上、女性の方が適当な部分がございますので、それを配慮した結果と考えております。

 また、市民団体ということでございますが、今後、分別収集、今後の事業の推進を見まして、いろいろ考えなきゃならぬ問題も含んでおると考えております。

 それから、遮水シートでございますが、現在使用しております遮水シートはポリエステル不織布、こういったものにゴム型のアスファルト材を3ミリ以上の厚さで吹きつけたものを使用しております。これは、地形や地盤の特性に適応性の高いものでありまして、耐久性にも優れたものでございます。今年8月、シートの破れ、こういったものの心配も考えまして、今年8月に周辺の地質調査をいたしておりますが、異常のないことを確認しております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 環境衛生部次長。



◎環境衛生部次長(内田金男君) 指導の内容でございますけれども、私先ほど申しましたように、10%の方につきましては、再三のお願いをするということで、強制力はございませんので、空き地の適正管理を土地所有者の責務としてお願いしますよということで、再三お願いをしているということでございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 空き地についてなんですけれども、強制力がないというのは、もちろんわかっているんですけれども、苦情のあった場合、申請者はきちっと住所、氏名を書いて提出するもんですから、その10%について、市の努力を、こういう形でだめだったという報告がされるべきだというように私は思いましたので、何度か質問させていただいたんですけれども、よろしいです。

 それから、審議会の問題ですけれども、他の市の組織と比べて、女性の登用が多いから、これでいいんだということでありますけれども、私はそうだというふうには思いません。

 ちなみに、私も、厚生経済委員長をこれでおりますと、1名女性が欠員になりますので、男性になります。女性になるかもわかりません。失礼いたしました。

 それから、遮水シートについてですけれども、今、吹きつけというようにおっしゃったんですが、吹きつけるというのは私、具体的によくわからないんですが、3ミリ以上というのが、技術的に3ミリ以上というのが確保できるのかなというのがあるんですけれども、今全国的にいろいろ遮水シートの件は問題になっていますので、お伺いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(鳥居聖治君) この遮水シートですが、シートを段差ごとに張りつけていく方法と、うちの方は、つなぎ目をすべてふさぐという格好で、吹きつけるという作業をしておりますが、技術的について3ミリが確保できるのかということでございますが、心配ないものと考えております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 坂井委員。



◆委員(坂井一志君) 成果説明書の78ページ、12目環境推進費、合併処理浄化槽の設置費補助金についてお尋ねしたいと思います。これは昭和63年度より実施されていると思いますけれども、トータルの設置基数についてお尋ねしたいと思います。

 それから、維持費の関係でお尋ねしたいんですが、単独浄化槽と比較して、合併処理浄化槽の維持費が高いという状況があるわけですが、それは、電気代だとか汚泥処理費の費用だとか、そういう問題もあるかと思います。いまひとつ普及が伸びない理由も、その辺にあるんじゃないかと思いますが、その対応策が今後の課題となると思うんですけれども、維持管理費の現状についてお尋ねしたいと思います。

 それから、83ページ、2目塵芥処理費の関係でありますが、不燃物埋立場の関係であります。3期の工事完了が平成7年度の2月の完了の予定と聞いておりますけれども、現在、6年度の工事の現況についてお尋ねしておきたいと思います。

 それから、新処分場選定予備調査についての現状も御報告いただきたいと思います。

 続けて次のページに行きます。3目のし尿処理費の関係でありますが、過去3年の推移についてお尋ねしたいと思います。この事業については、公共下水道の普及に伴って、くみ取り量が減少するのは避けられない問題であるかと思いますが、現在、許可業者の7社、こういう業者との定期的な意見の交換だとか、そういうものはやっておられるのか、また、そういう機会があるのか、その内容があればお尋ねしたいと思います。

 最後に、直営の場合、大体どのくらいの経費がかかっているのか、その内容についてお尋ねしたいと思います。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 業務課長。



◎業務課長(伊豫田正宏君) 委員お尋ねのように、当市は63年度から補助を行っております。設置基数につきましては、63年度が24基、平成元年度が44基、2年度が55基、3年度が60基、4年度が109基、5年度が164基、6年度が144基、計600基でございます。年間の維持管理費は標準的な金額で5人槽が5万9,400円、6人槽が6万6,000円、7人槽が7万3,000円、8人槽が7万8,800円、10人槽が9万1,300円が標準的な経費だと言われております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(鳥居聖治君) 現在の埋立場の現況でございますが、第1期工事は昭和60年3月に竣工しておりまして、容量は31万5,000立方メートル、第2期工事は平成3年3月に竣工しておりまして、30万8,000立方メートル、第3期工事では、7年の3月竣工いたしまして、26万5,000立方メートルということでございます。

 新処分場の予備調査についてでございますが、これにつきましては、候補地を一応選定いたしまして、私どもの方で事前に工事の概要がどのようになるかということ、あるいはそれに関係する地形を測量いたしまして、大体の規模の推定をしたものでございます。

 それから、し尿処理ですが、過去3年の数字ということでございますが、平成4年におきましては2万2,956キロリットル、平成5年で2万1,532キロリットル、平成6年で1万8,549キロリットルとなっております。

 それから、し尿収集業者との意見交換というお話でございますが、今現在は話し合いは持ってはおりません。

 それから、直営のし尿収集の経費でございますが、ちょっと今年度分が用意してございませんが、平成3年度が3万1,854円、平成4年度が3万2,555円、平成5年度が3万4,696円でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 岡村委員。



◆委員(岡村秀夫君) 成果説明書の75ページ、墓地管理費の関係で、2点ほどお伺いしたいと思います。この中で、利用許可数と返還の問題がありますが、返還についての種類があると思うんです。例えば、未使用で長期間にわたって放置をされておるから、市が返還を求めて返されたのが幾つか、それから、本人の申し出によって返されたものが幾つかということを聞きたいのが一つ。

 それから、墓地の申し込みをするときの条件ではありますけれども、永代使用料を払います。本人申し出で、例えば岡崎市から転出をしたとか、いろんな理由で本人の申し出で返還をされた場合に、永代使用料については、返してないわけですね。しかし、この返還されたものについては、いずれかの機会に他の人に永代使用料をいただいて貸し付けるわけです。そうしますと、永代使用料の二重取りになるような気がするわけですが、利用してあれば別ですが、未使用の場合に、これらの問題について解決する必要があると思うんですけれども、そういう点で検討されたことがあるかどうか。あるいは、この6年度決算におけるところの、いわゆる返還に伴うところの永代使用料が取りっぱなしになっているのか幾らかということについて、御説明いただきたいと思います。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 保健課長。



◎保健課長(大河内守一君) 一応17名のうち未使用であったからということでお金を返したのは幾らかということについては、資料がございませんので、後ほど提出させていただきます。

 それと、墓地の関係でございますが、一応返還していただくときに、5年以内は半額をお返ししております。墓石が設置されてあるかどうかということにかかわらず、2分の1を返還時にお返ししているような現況でございます。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 岡村委員。



◆委員(岡村秀夫君) ちょっとお答えが漏れておるんですが、返還が本人の申し出によるものが何件で、あるいは放置をされておるから市が規定に基づいて返還要求をして返されたものが幾つかということについてお伺いしておりますので、お答えいただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 保健課長。



◎保健課長(大河内守一君) 申しわけありません。すべて17名は、本人の申請による返還でございます。そのうち墓石が未設置であるからということで返還はございません。極力、私の方では墓石を3年以内に設置していただくという契約で申請していただいておるものでございますので、その点重視しまして、墓石ないしは墓標を設置してくださいというお願いをしているのが現況でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 岡村委員。



◆委員(岡村秀夫君) 重ねてお伺いしますけれども、利用規定に基づいて、金銭上の問題については規定を遵守されておるわけです。しかし、3年間放置された場合には、未使用だった場合には返還を求めることになっておるわけですけれども、私が聞きたいのは、放置をされておる現実があるわけです。3年経過したところで、返還要求をしておるかどうかということと、そのことによって、返還されたものがあるかどうかということについてお伺いしておきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 保健課長。



◎保健課長(大河内守一君) 今のところ、現況はございません。



○委員長(荒木鉄之助君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(鳥居聖治君) 4款冒頭の御質問の中で、魚アラ処理公社の場所でございますが、おくれまして申しわけありませんが、申し上げます。海部郡弥富町大字楠三丁目でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) ここで理事者の交代をお願いいたします。

     (理事者交代)



○委員長(荒木鉄之助君) 次、5款労働費、御質疑ありませんか。

     (「なし」の声あり)



○委員長(荒木鉄之助君) 次、6款農林業費、御質疑ありませんか。

 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 成果説明書の91ページ、ここに入るのではないかと思うのですが、予算の中に19節の負担金というので、県の農家花嫁花婿対策連絡協議会負担金11万3,000円というのがあるんですが、これの具体的内容と成果について。

 それと、成果説明書92ページ、1項3目の説明5の農林業経営改善近代化資金利子補給事業、これは当初200件で、利子がたしか2分の1の補助だったと思うんですけれども、実績的に言うと119、先の見えない日本の農政の中で、特に岡崎などのように近代農業にとっては後継者の問題とか、いろいろ経営改善は難しいと思うんですけれども、この119件の内容、具体的にどんな改善がやられたのかという点についてお聞かせをください。

 それと、もう一つは、隣の4目の他用途利用米生産促進事業費補助金、これも当初予算が700万で決算が277万3,500円、これについてどのように担当として考えられるかという点について、3点についてお伺いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 農務課長。



◎農務課長(味岡定二君) 花嫁の関係につきましては、非常に農業の後継者の問題、あるいはそれとあわせまして、花嫁が来ないという状況によりまして、県の農業会議におきまして指導されておるところでございまして、その内容につきましては、交流会あるいはPR等を行っているのが現状でございます。

 それから、2点目の近代化資金の改善はどうかということでございますが、近代化資金を借りられた場合は、温室あるいは農機具、そうしたものにつきまして、農業者が近代化をできる施設等につきまして、利子補給をするものでございます。そうしたことによりまして、農業の近代化が図られると思っておるわけでございます。

 それから、他用途米につきましては、みそ、せんべい等、加工原材料として加工利用者が必要とする米を生産するものでございまして、これは転作の一種目としまして、転作の実績が面積に換算されるものでございます。そうした中で、農家が、加工用米もお願いして生産していただいておる状況でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 福尾委員。



◆委員(福尾正君) 成果説明書91ページですが、農業委員会費、農地利用集積促進事業費補助金26万4,250円とありますが、この新規の土地利用集積の面積と補助金の交付基準を御説明いただきたいと思います。

 続いて92ページ、1項3目農政費の近代化資金につきましては、今木全委員からありましたので、私はこの119件の件数につきまして、農と林とに分けて、林の方のひとつ内容をお聞かせをいただきたいと思います。

 次に、98ページ、2項2目農業基盤整備推進費、ここに県営ほ場整備事業六ツ美西部地区以下ずっとありますが、岡崎市は昭和53年から本格的に取り組んでいると思いますが、既に17年が過ぎまして、現在は市内全地区におきまして、既に整備が完了しているか、または着手されているかと思うわけであります。現在の推進状況を伺いたいと思います。

 同じく99ページ、2項3目土地改良事業費ですが、1の業務委託で藤川地区が載っておりますが、この藤川地区の内容を、地名等、説明をいただきたいと思います。

 続いて101ページ、2項4目ですが、営農飲雑用水施設整備工事、この新居地区につきまして、利用者数と成果について説明をいただきたいと思います。

 もう一つは、103ページ、3項1目林業総務費ですが、愛知県林業振興基金出捐金1,093万円とあるわけですが、出捐金の総額、目的、そしてまた出資の割合についてお願いを申し上げたいと思います。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 農務課長。



◎農務課長(味岡定二君) 1点目の近代化の資金の助成につきましてでございますが、近代化資金は借入資金の農業者が支払った利子を補給するものでございます。主なものは、先ほど言いましたように、ビニールハウス、あるいは温室、トラクター等、施設設置あるいは機械導入でございます。林業関係につきましては、最近はございません。

 それから、林業関係の出捐金のことでございますが、目的につきましては、林業の機械化の推進や担い手の育成など、林業の活性化に関するものでございまして、総額30億を予定しておりまして、6年と7年の2回でございます。県が27億、あと市町村が森林組合等合わせまして3億を積み立てるものでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 農地改良課長。



◎農地改良課長(櫻井幹雄君) 3点の御質問かと思いますが、農業基盤整備の推進費の中で、ほ場整備事業でございますが、進捗状況について説明をということでございます。本市の基盤整備事業、すなわちほ場整備事業でございますが、国の採択基準に基づきまして、国庫補助事業で現在推進しておるところでございますけれども、昭和40年代の採択基準に抵触していない個人あるいは市補助の行った小規模のほ場整備事業につきましては、別といたしまして、本市が本格的に事業に取り組んだのが委員申されましたように昭和50年代半ばぐらいからでございます。したがいまして、現在施工中も含めまして23地区あるわけでございます。面積で申しますと、約1,562ヘクタールとなります。これは農業振興地域の中の通称青地と言っておりますが、農業地域の面積に対しまして、約58.6%の進捗率となっておるわけでございます。

 そして、これを地区別に申しますと、施工中を含めまして、東部地区は15地区、791ヘクタール、南部地区につきましては、3地区の531.9ヘクタール、北部地区につきましては、5地区、239.1ヘクタールでございまして、西部地区につきましては、現在安城市境の島坂、昭和町、新堀町、3町合わせまして45ヘクタールを263ヘクタールの県営ほ場整備事業を安城市と共同で推進しているところでございます。

 いずれにいたしましても、委員御承知のことと存じますけれども、土地改良事業はあくまでも地元の要請によりまして、採択基準に基づいて行う事業でございまして、今後とも一層、ほ場整備事業の啓蒙と促進を図ってまいりたいと考えております。

 それから、2番目でございますが、3目の土地改良事業費でございますが、業務委託の中で、測量実施設計、藤川町の設計内容についてのお尋ねかと思いますが、これにつきましては、藤川小学校の北に位置しますけれども、名鉄の名古屋本線沿いの用水路1,300メートルがかなり老朽してまいりました。実施設計と調査設計を合わせて行ったものでございます。

 それから、101ページになりますが、4目の農村総合整備モデル事業推進費の中で、営農飲雑用水の施設と整備工事、新居地区について、利用者それから成果等についてという御質問だったかと思います。新居地区の営農飲雑用水施設整備事業につきましては、平成6年度に完成をいたしまして、地区住民にとりまして、長年の悲願であった事業でありまして、大変感謝をされているところでございますが、御質問の利用者数は、現在97名でございまして、戸数で申しますと、一般住宅が20戸、それから野菜洗い場につきましては、1カ所でございます。また、成果につきましては、平成7年6月1日の供用開始後、3カ月の実績で申し上げますと、1戸当たり1カ月で平均使用料が17.6立米でございまして、利用料金としましては、2,125円でございまして、今後との使用料の拡大等を指導してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 担当課長の御答弁はそのままでございますが、もう少しわかりやすく私から説明させていただきます。

 まず、農業基盤整備の関係でございますが、地域的に申し上げますと、青木川流域、言い直しますと、旧常磐地域というのが全く入っておらぬわけでございます。しかし、これは地元住民の総意、要望によって着工するというのが原則でございますが、地元住民は気持ちの上におきましては、非常に切望しておるわけでございます。しかし、大きな問題が具体的にございますのは、これに流れておりますところの青木川という川、砂防河川ではございますが、これが整備が完了しておりますと、農業基盤整備ということのみで先行できるわけでございますが、これは未整備でございますと、農業基盤整備事業の中で河川整備までをしなきゃならない、こういう問題がございますから、いわゆる関係住民というのは、心の中でどうしても早くやってくれないと、この旧常磐地区が一番農業がおくれてしまうのではないか、こういう切望しておりながらも、具体的な体制の中におきまして、大きく声を上げれない、こういう苦しい体制に置かれておる地域もある、こういうことを私から率直に申し上げておきたいと思うわけでございます。

 もう一つは、農業近代化の関係等におきましては、相当大きな予算が投資きったわけでございますが、その最たる問題が、福尾さんの専門であるわけでございますが、四つの農協さんがおられまして、これが共同で使えば二つか一つで済むやつが、みんなおのおの四つずつおやりになる、こういうことでさんざん私は今まで口を酢っぱくして、何とかこれができぬかと言っておりましたが、残念ながら、どの子を云々するわけにもいきませんから、同じように4農協に対して支出を執行してきたわけでございますが、幸いにいたしまして、1農協となりましたもんですから、これは効率的な予算配分ができる時期になってきた、その象徴というのが、今期の予算にも片りんをあらわしておると、こういうこともあわせて御報告しておきたいと思うわけでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 1点だけお聞きしたいと思います。

 先ほども木全委員の方から御質問があったわけですが、1項の4目他用途米につきまして、成果表ですと93ページになります。先ほどの御説明ですと、加工用に使うということはわかったんですが、やはり当初予算、いわゆる7,000俵で700万という予算に対して、結果的にはこういうことになったわけですけれども、予算編成のときに、どういう情報をもとに上げられたのか。あるいは、もう一つは、他用途米というお米というのは、どういうルートで加工業者のところに渡っていくのか、それがちょっと、市が全部関知することではございませんけれども、私どもの理解として、その辺のわかっておる範囲で御説明をいただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 農務課長。



◎農務課長(味岡定二君) 他用途米の当初の予算につきましては、数量が6,139俵でございました。これは国、県通じまして、本市に来た数字でございます。その数字は前年実績及び農業団体、いわゆる農協でございますが、そうした合意により調整を行い決められたわけでございます。

 しかしながら、実際、農業者におろしたところ、どうもそれだけ生産ができないという計画がそれぞれ農家の計画の中に出てまいりましたので、減額をさせていただきまして、そのかわり、その減額の分は、各それぞれの町村段階、県段階によりまして調整ができましたので、岡崎の方が減額をしていただきましたので、その間、減額させていただきましたが、転作との関連がございますので、岡崎市は転作は100%やっておりますので、承認をいただいて減額したわけでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 他用途米という問題等に対しまして、私から、これは十分皆さん方は御承知のはずであるわけでございますが、実は私もそれほど詳しい関係について存じ上げておらなかったわけでございます。しかし、岡崎市が特別補助を出す以上は、この発生の原点、こういうことから、それなりの調査をしてまいりました。

 これはどういうことかと申し上げますと、減反あるいは、これに対しまする代替の穀物をつくる、こういうことがされたわけでございまして、その中におきまして、水田という日本の実情的な環境からいきまして、水田を、水を切りまして大豆をつくる、あるいは小麦をつくるよりも、管理が楽で収量もそれなりに期待されておるものは何かといいますと、米作であるわけでございます。米がそれほど余るならば、むしろ大豆や小麦をつくるよりも、米をつくる、その米も人の食用でなくて、加工用とか家畜の飼料用に使える米をつくれば、管理も楽であろう、こういうのが実は全農協、農協の中央会等が運動しかけましてできた制度が、いわゆる他用途米制度であるわけでございます。この制度そのものは、農家のそういう水田を確保し、代替作物を確保するための方法であったわけでございます。これが順次、県を通じ、市へ流れてまいりますと、個々の農家の方々は、そのような認識はないわけでございます。いわゆる同じ米でありながらも、なぜこんな価格が低いんだと、こういうことから、県はこれに対する補助金を出し、各市町村もそういう問題を考え合わせたときに、単純に結論のみからの補助体制をしいたということであるわけでございます。

 このような経過の中で、他用途米の補助金というものが生まれてきた、こういうことであるわけでございまして、本市におきましても、たびたび農業団体をバックにしたところの議会の方々から、なぜ云々だと、机をたたいておしかりを受けましたが、我々は逆に申し上げまして、これは農家の米作の一番反収の多いもの、管理のしやすいもの、こういうことで生まれてきた制度であるということを聞いておったわけでございますが、そればっかは言っておれませんもんですから、このような措置をさせていただいたということでございます。

 なお、あわせまして申し上げておきたいと思いますが、食管法の改正等もございまして、今後この他用途米制度がこのままに残るのか否かということを私も調べてみよと言いましたが、今のところ、新制度ではまだはっきりしておらないと、こういうことから、「市長、明確な答弁は避けてください」というメモが回ってきておりますから、御報告しておきます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 市長からもお答えいただいて、理解できますけれども、私の整理といたしまして、加工業者へのルートについては、なかなかお答えしにくいということだということで理解いたしますが、結論的に、当初の国、県からの要請に対して未達成ではあったけれども、他の市町村でこれをカバーしていただいたから、特に岡崎の農政に関しては、特に県とか国からおしかりを受けるとか、そういうことはなかったというふうに理解してよろしいわけですね。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 全くそのとおりでございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 昼食のため、暫時休憩いたします。

             午前11時58分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午後1時再開



○委員長(荒木鉄之助君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次、7款商工費、御質疑ありませんか。

 永田委員。



◆委員(永田寛君) 成果説明書のナンバー106、3目の説明2、中小企業金融対策ということでございます。中小企業の金融対策における融資額が前年度に比べて大幅に減少しているが、その理由をお願いいたします。

 それから、ナンバー107、観光費。平成6年度は、国体に合わせて秋の市民まつりが中央総合公園で開催されました。農業祭、商工フェア、ちびっ子広場、その効果を説明してください。

 それから、108、観光費。家康館の特別展、企画展がありました。その入場者の状況はどうなっているか、御説明をお願いいたします。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 商工労政課長。



◎商工労政課長(望月正勝君) 中小企業資金とか商工業振興資金の申し込み件数が前年に比べて減っておるという御質問だと思います。これは一つには、平成5年度において、バブル後の景気回復対策として長期プライムレートが数次にわたって引き下げられました。これに連動いたしまして、私どもの貸付金利も大幅に引き下げたことが、申し込み件数を大幅にアップしたということが一つ言えると思います。

 ちなみに、過去の中小企業事業資金と商工業振興資金の申し込み件数は、平成3年度は1,216件、平成4年度が1,528件、そして平成5年度が2,358件となっておりまして、平成5年度が特に増加しておりました。

 またもう一つは、借り入れ期間が3年、5年、7年とあるわけなんですけれども、大半の融資の御要望が5年の期間で借りられるというようなことから、期間的に追加融資の申し込みができなかったというようなことが大きな原因となっておりまして、平成6年度の1,612件は、前年と比較して大幅に減少はしておりますけれども、結果としては平年ベースに近づいておるのではないかというふうに認識しております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 経済部次長。



◎経済部次長(鈴木和夫君) 秋の市民まつりの効果についてのお尋ねでございます。この市民まつりの効果につきましては、この開催期間中、参加者が全部で約11万人の人出がありまして、出店業者62業者、売り上げ状況等も、前年度と比較いたしまして32%上回る売り上げがありました。したがいまして、それなりの効果があったと、このように思っております。

 続きまして、家康館の関係の特別展と企画展の関係の入場者の状況という御質問でございます。まず、3月から実施いたしました「寛重と三河の刀工」につきましては、入場者が2万9,138人、これは日数が38日でございます。それから、「久能山東照宮の文化財」につきましては、期間が40日でございまして、1万3,353名でございます。続きまして、「三河武士と家康の肖像画展」につきましては、日数が33日で、2万7,895名でございます。続きまして、「郷土の名刹 萬松寺展」につきましては、日数が45日で、3万1,333人でございます。それから、「館蔵品展」といたしまして、249日開催いたしまして、11万5,031名、この特別展と企画展での合計でございますが、日数といたしましては405日で、21万6,750名。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 伊奈委員。



◆委員(伊奈秀兼君) 成果説明書の105ページ、2目の商工団体共同事業費補助金、47団体となっておりますが、この事業の内容についてお聞かせいただきたいと思います。

 それから、3目の方で、商業団体借地共同駐車場借地料の補助金が5件あるわけでありますが、この場所、そしてまた面積、そしてその成果はどのようであるか、お聞かせいただきたいと思います。

 それから、106ページでありますが、商工業振興資金であります。件数的には1,212件になっておりますが、これについての内容、どのような業種かというようなことをお聞かせいただきたいと思います。

 それからもう1点は、転業及び開業資金預託金の中で、これは5件あるわけでありますが、該当する業種の主なものは何か、お聞かせいただきたいと思います。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 商工労政課長。



◎商工労政課長(望月正勝君) ただいまお尋ねの商工団体事業費補助の内容でございますけれども、主に共同宣伝、それから共同事業といったものに出しておる補助金でございます。

 それから、駐車場の補助の件でございますけれども、駐車場につきましては、借地共同駐車場借地料補助金の5件につきましては、場所は、フレンドショップあちか、葵マート商業、第1マート商業、緑丘ショッピングセンター、岡崎東康生協同組合の5件でございます。

 それから、その下の駐車場の借上料の対象は、伝馬公設市場、梅園百貨商業協同組合の2件でございまして、面積につきましては、ちょっと今資料を持ち合わせておりませんので、後ほど答えさせていただきたいと思います。

 それから、成果につきましては、やはり大型店の進出とか、そういうものに対応してのあれでございますので、顧客へのサービスになっておると、それなりの効果が出ておるというふうに認識しております。

 振興資金の内容でございます。先ほどの主な業種でございますけれども、全般にわたっておりまして、その内容、貸し付けのあれは、多いのは主に、建設、そして小売、それからサービス業といったところが融資の対象になっておる多い件数でございます。

 それから、転開業資金の業種につきましては、申しわけございません。ちょっと把握しておりません。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 105ページの3目中小企業対策費ですけれども、これについては、長引く不況に対して市の方も融資額限度額の拡大や利率の引き下げ、信用保証料の補助についてとか、いろいろ改善をしていただいた点もあるわけですけれども、それでもなお、補助金のところを見ますと、例えば中小企業事業資金保証料補助につきましては、平成5年度が628件で、今年度が146、それに合わせて金額も減っておりますし、一番下の商工業活性化整備資金についても、平成5年度が113件から47件というように大きな変動があるわけです。これについて私どもは、長引く不況の中で、融資を受けたくても、返すめどがないという、そういう本当にせっぱ詰まったところがあるんじゃないかなというように思うんですが、担当としてはどのような見解かということ。

 それからもう一つは、国が決めています不況指定業種、これ若干ふやしましたけれども、これについて、市独自でこれをふやしていくというようなことができるのかどうかという点、それについて教えてください。



○委員長(荒木鉄之助君) 商工労政課長。



◎商工労政課長(望月正勝君) ただいまの1問目の中小企業事業資金保証料補助が大幅に減っておるということでございますけれども、これは、平成6年のときに利子補給の対象を、中小企業事業資金保証料補助の対象を、商工業資金の方にも拡大したということ、それから補助対象を200万円から300万円に引き上げたようなことがありまして、ここの下の数字を見ていただきますとわかりますように、商工業振興資金の794件というふうに、そちらの数字が今までゼロなのが794件とふえてきておるということで、トータル的には数がふえておりますので、それなりの御利用をいただいておるのではないかというふうに理解しております。

 それから、不況業種でございますけれども、昨年のあれで、不況に対しましても、利用は7件でございまして、5,700万円の金額を融資しております。それから、県の方への認定分が16件ということで、県の方が融資枠が広いということで、県の枠は3,000万ですか、ですのでそちらの方のあれに申し込みをされたということで、私の方で把握しておるのは、合計で23件の不況業種に対する補助借り入れがあったということであります。

 それから、あとの業種につきましては、一番最高のときに85業種が不況認定を受けておりましたが、その後減ってきまして、今現在は四十数業種が不況業種の認定に、これは通産の方の認定でございますので、そのようにされておるということであります。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 1点だけお聞きしたいと思うんです。成果説明書の108ページの1項8目の三河武士のやかた家康館の状況でございます。現在これだけの実績があったということですが、このうちで、いわゆる身体障害者、障害者の入場数というのをつかんでおられたら、ちょっとお聞きしたい。

 それからまた、障害者の皆さんに対する特別割引、そういうようなことをやっておられましたら、その状況についてお聞きしたい。



○委員長(荒木鉄之助君) 経済部次長。



◎経済部次長(鈴木和夫君) 障害者の入場者数については、把握いたしておりません。

 割引等につきましては、後ほどお答えさせていただきます。



○委員長(荒木鉄之助君) ほかに御質疑ございませんようですので、それでは、ここで理事者の交代をお願いいたします。

     (理事者交代)



○委員長(荒木鉄之助君) 8款土木費、御質疑ありませんか。

 小野委員。



◆委員(小野政明君) では、8款の1項2目、建築確認の申請件数でありますが、この一般住宅の申請件数の増減をお聞きしたいと思います。

 次に、128ページ、4項4目、六名貯留池の件でありますが、7月3日の大雨のときのたまった貯水量、それとそのときの雨量をお聞きしたいと思います。

 次に、130ページの5項1目、総括質疑の中にもちょっと含まれておりましたが、都市計画のマスタープランということでありますが、その調査結果であります。

 それと、同じく駐車場案内システム保守管理運用ということでありますが、予算では1,600万何がしでありましたが、そこで100万ぐらいの差が出ておりますが、予算のときの説明書では、やはり岡崎情報開発センターというところに委託したいということでありました。委託先まで判明しておるのに、その差額はなぜ出たのかということであります。

 次に、6項2目であります。能楽堂の中庭の整備でありますが、本年こういった整備をしたわけであります。本年の利用者数と過去の利用者数の増減をお聞きしたいと思います。

 また、この整備によっての効果といったものを教えていただきたいと思います。

 また、同じく岡崎公園の拡張の基本構想、やはり総括質疑にも書かれておりましたが、基本構想といったものを市当局で出していって、それを調査設計するという、コンサルタントに出すというのならわかりますが、基本構想を出すということ自体のこの根本的な考えをちょっとお聞かせいただきたいと思います。

 その次に、公園費でありますが、6項3目の中央総合公園であります。人数が平成5年度より6名増加しております。その増加しなければならなかった理由と、どういったところに配置されておるのかということであります。また、委託を協会に出しておると思いますが、協会全体の予算とその人件費率といったものはどういったものになっておりますか。また、協会自体が他の業種に委託をしておると思いますが、その主な内容をお聞かせいただきたいと思います。

 次に、恩賜池の基本設計、基本計画においての全体構造をお伺いしたいと思います。

 その次に、148ページでありますが、岡崎駅東区画整理の進捗状況はどういうふうになっておるのか、お聞かせいただきたいと思います。

 最後に、150ページでありますが、住宅宅地資金融資のあっせん状況、融資額の大幅増の理由はどういったものか、お聞かせいただきたいと思います。

 それともう一つ、過日岩津で建てかえられた天神荘を拝見し、今までの木造及びモルタル塗りの住宅が一新され、立派に生まれ変わり、いろいろな面で住民への配慮がなされたことは、感心する次第でありますが、この建てかえで、入居者自体は大変喜んでおると察しがつきますが、そこでお伺いいたします。一般アパートの場合は、坪単価大体56万から57万と聞いておりますが、この天神荘は、大体坪当たり幾らほどかかっておったのか。

 また、天神荘は、民間住宅と比べグレードが高いように思いますが、その建築基準といったものはどうであったのかをお伺いします。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 建築指導課長。



◎建築指導課長(村井茂君) 確認申請の件数でございますが、一般の住宅につきましては、調査といいますか、集計がありませんので、件数のみ申し上げます。6年度につきましては、3,282件でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 公園緑地課長。



◎公園緑地課長(尾野均伸君) 私の方は、2点のお尋ねだと思います。

 まず初めに、能楽堂の利用状況についてでございますけれども、平成4年度につきましては、148件ございました。それから、平成5年度につきましては152件、それから平成6年度につきましては167件と、対前年対比としまして102.7、あるいは109.9と、順調な伸びを示しております。

 これの整備によって、利用効果がどうだというようなことでございますが、整備をしたから利用効果が上がったのかどうかということ、ちょっと私の方も明らかには申し上げられないんですが、先ほど申し上げたように順調な伸びを示しておるというようなことでございます。

 それから、岡崎公園でございますが、まず基本構想案があって、市の案があって、こういう基本構想を出すべきじゃないかというような御質問だったかと思います。これは、私の方、昭和58年に市議会で、その当時総合企画調整特別委員会というようなことで、城址公園基本構想策定費というようなことで、58年から59年にかけて市議会の皆さん方にも特別委員会を設けていただいて、御審議いただいた経緯がございます。それに基づきまして、やはり前回総括質疑で部長が申し上げましたように、多少見直すべきところがあるというようなことと、新規に1号線沿いを拡張するというようなことを含めまして、その当時議会で審議をいただいたのと沿って基本構想を出しておるというようなことでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 河川課長。



◎河川課長(岩瀬勝政君) 六名貯留池についてお答えいたします。

 平成6年度に貯留池本体、ポンプ設備、電気設備等が完成いたしまして、貯留池に雨水を導く導水路も本年6月末に一部区間の敷設が終わり、六名公園周辺の雨水の導水が可能になりまして、7月初めの降雨より暫定的に供用しております。

 7月3日の降雨状況につきましては、消防本部の観測で、総雨量で49ミリ、最大時間雨量で33ミリでございました。

 貯留の状況につきましては、1万2,000立方メートルでございまして、容量の2万7,000立方メートルに対しまして44%の量でございました。この規模の降雨でこれまで浸水被害が発生しておりましたが、このときは発生をしておりません。貯留した結果と考えております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 区画整理課長。



◎区画整理課長(磯貝建君) 駅東土地区画整理事業の進捗状況についてお答えをさせていただきます。

 駅東土地区画整理事業は、平成3年の1月に事業認可を受けております。

 まず、仮換地の状況でございますが、平成7年の2月に第1回目の仮換地、5.7ヘクタールを指定しました。さらに、今年度第2回の仮換地原案をいたしまして、12ヘクタールを提示いたしまして、そのうち1.4ヘクタールを指定しております。合わせまして7.1ヘクタールの指定をしまして、進捗率は17.9%となっております。今年度の予定といたしましては、第2回目の仮換地原案の指定地区、残る全部、年内に指定したいと。他の地区につきましては、来年度末までには意見調整等を図りまして、順次指定していきたいと考えております。

 次に、建物移転、工事関係でございますが、平成6年度末までに仮設住宅の6棟、12戸の建設、建物移転2戸、区画道路140メートルの築造を行いました。平成7年度には、建物移転15戸、整地工事及び区画整理道路475メートルの築造を予定しておりまして、総事業費に対する進捗率は、平成7年度末で9.7%の予定でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 私から一つだけお答えさせていただきます。まず、これはほかのことにも関係すると思いますから、私からお答えさせていただきます。

 基本構想を持ちながら、基本構想に対するところの委託は何事かということでございますが、それは、私は議会の皆さん方にこういうことを言っては失礼だと思いますが、十分知られておるはずでございます。都市計画公園というのは、建設大臣の許認可関係でございます。当然本市でつくりました一つの基本構想というのは、一つの原原案であるわけでございまして、これを関係省庁に上げまして、初めてこれがいわゆる基本構想として生きるわけでございます。それがために、公園面積、公園に設備すべきものの建物、あるいはそれらのフラット、こういうものに対する基本構想というのは当然出さなければならぬわけでございますから、こういう皆さん方に御報告申し上げました問題を骨といたしまして、基本構想というのは当然出さなければならぬということでございます。岡崎市長と岡崎市議会で処理できない問題でございますから、上部関係に対して出すということは当然であろうと思うわけでございます。この点をお履き違えないようにお願いいたしたいと思うわけでございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 建築部次長。



◎建築部次長(宮田修君) 岩津の天神荘につきまして2点ほど御質問がありました。

 坪当たりの建設費と、それから建設基準についての基本があるかという内容だと思いますが、坪当たりに換算しますと、岩津団地の2DK、3DK、4DKと合わせまして136戸ございまして−−身障者も含めてでございますが、それらを含めまして平米当たり20万8,000円でございます。それを坪単価に換算いたしますと、約68万程度と思います。

 建設基準につきましては、公営住宅の建設基準がございまして、その基準に基づいて行っておるわけでございます。グレード面につきましては、高いじゃないかというお話ですが、一応構想といたしましては、人に優しいまちづくりの形成すべき周辺住宅及び周辺地域を含めた環境整備、団地内の高齢者、心身障害者への配慮も考えまして、諸設備等が備えられておりまして、特色のある、時代に即した団地形成を図ったものでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 開発部次長。



◎開発部次長(久米貞夫君) まず、私の方から第1点の都市マスタープランの策定についてお答え申し上げます。

 マスタープランにつきましては、都市計画法18条の2の規定に基づきまして、内容としましては、都市計画に関する基本方針を定めるということになってございます。そして、その内容としましては、全体構想と地域別構想というような区分で定めなさいよというような内容になってございます。

 今回まとめましたのは、岡崎市における都市づくりの理念と目標、それから都市づくりの基本方針、次に地域別まちづくりの方針と方策というような、大きくは三つに分けてまとめてございます。それらについての、一応現段階といたしましては、素案としてまとめたものでございます。

 次に、駐車場案内システムの保守管理運用についての予算と実績と100万ぐらい違うという問題につきましては、これを実際に出す場合におきまして、再精査をいたしまして出したわけでございます。そうしたときの当初の予算との差が100万ぐらい出たという結果でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 中央総合公園事業室長。



◎中央総合公園事業室長(大山銑二君) 私の方へは5点ほどの質問かと思います。

 まず、第1点目の協会の職員数が6名ふえておるが、その理由については、また配置についてはどのようになっているかという御質問に対しまして、この6人の増加の内訳につきましては、嘱託職員3名、それから臨時職員3名の増であります。この必要性につきましては、テニスコート、クラブハウスのナイター施設の増設、それから弓道場、相撲場の供用開始によりますところと、それからこれらに対しまして、利用受け付け、利用料金の徴収、及び施設の維持管理業務の増加によるものでございます。

 続きまして、2点目の協会の委託料に対します人件費の比率はという御質問に対しまして、協会の委託料につきましては、平成6年度3億8,950万6,773円でございまして、その人件費の占める割合につきましては、30%でございます。

 続きまして、協会からの委託の主なものはどんなものがあるかということにつきましてでございますが、その主なものにつきましては、各施設の屋内外の清掃業務委託、それから各施設の保守点検業務委託、それから樹木等の環境整備業務委託等でございます。

 それから最後に、恩賜池の基本計画における全体構想はどうかということにつきまして、私ども恩賜池整備計画につきましては、平成6年度に基本計画、基本設計、実施設計をいたしたものでございまして、この構想につきましては、恩賜池周辺の恵まれた自然環境を最大限に保全し、自然の中で森林浴を楽しみながら、野外展示物等を観賞し、憩い、語らいながら散策できる回遊庭園方式として、文化ゾーンにマッチした、格調の高い中に市民の方に親しまれるような公園整備をしてまいりたいと思います。

 整備の概要につきましては、主なものは、散策路整備と園庭修景整備、恩賜池を渡る浮き橋の整備でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 自治課長。



◎自治課長(鳥居良紀君) 住宅宅地資金の増加した理由というようなことであったかと思います。御質問のとおり、対前年比で193%となっております。このように大きく伸びた理由といたしましては、平成6年の4月1日から融資利率を5.7から4.7に引き下げをしたこともあります。それからもう一つには、住宅金融公庫、これが大変増加いたしまして、これと連動して住宅金融公庫融資併用して資金を御利用なさったと、こういうことが要因であろうと思っております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 私の方からちょっとだけ訂正させていただきます。

 今、中央総合公園の大山が答弁いたしましたが、あれは、見方によりますと、実は新年度の仕事等に言及しておるわけでございます。本委員会は決算委員会でございますから、私の方からことしの関係等に対しまして申し上げますと、わざわざ論議を誘発することになってまいりますものですから、これはいわゆる総体計画として自然を大切にした外構工事等を考えております、この程度でひとつ発言を整理させていただきたいと思います。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 和泉委員。



◆委員(和泉冨郎君) 5項1目13節、成果説明書でいきますと130ページでございます。駐車場案内システムの追跡調査ということで、業務委託を出しておられますけれども、その内容と成果について御報告をいただきたいと思います。

 もう1点は、同じく14節の、成果説明書でいきますと130ページです。先ほども論議がありましたけれども、二の丸能楽堂の利用件数につきましては、平成4年度以降順調に伸びを示していると、このような報告がございました。平成6年度の167件の利用のうち、能楽堂本来の目的に沿った利用件数と、その他の件数、内訳、わかれば教えていただきたい。

 それから、特に雨降りの場合、過去にいろいろ論議があったわけですけれども、降雨対策をどのように考えておられるのか。いろんな催しがあるわけですけれども、計画をされますと、雨天順延とか、あるいは演者の方の御苦労、あるいは観客の御苦労、いろいろお聞きするわけですけれども、その辺のお考えについてお聞かせいただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 開発部次長。



◎開発部次長(久米貞夫君) 駐車場案内システムの追跡調査の関係についてお答えいたします。

 駐車場案内システムの導入前後の状況を調査するということで、導入前に比較いたしまして、指標の変化として、その効果を把握するために行ったものでございます。

 その調査の内容といたしましては、駐車場の利用実態調査、それから路上の駐車実態調査、それから案内システムにかかわるところの利用者の意向調査などでございます。

 そうした調査を行ったわけですけれども、概略で、前後の効果等を簡単に申し上げますと、まず駐車場といたしましては、それぞれ従来比較的午後に集中しておったというのが、午前中に移行したというような結果がまず第1点と見られます。

 それから、路上駐車につきましては、システム設置以前でございますけれども、ヘクタール当たり8.11台というのが、案内システム設置後におきましては、ヘクタール当たり7.11台というような減少も見られます。

 それから、入庫待ち台数につきましては、これはピーク時でございますけれども、46台というものが29台というような状況に変化してございます。

 それから、利用者の状況でございます。これにつきましては、600人に対して調査した結果でございますけれども、システムの認知度といたしまして、認知しておるというのが80%でございます。それから、利用方法の認知度につきましては、70%でございます。

 次に、案内板を利用したかどうかというような点につきましては、利用したと言われる方が40%でございます。

 これらを見ますと、整備後につきましては、それなりの効果があったであろうと。今後とも皆さん利用される方が反復的に利用することによって効果が上がるであろうと期待しております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 二の丸能楽堂のことにつきまして私から御回答させていただきたいと思っております。

 二の丸能楽堂の本来の目的に沿ったのが幾つあったか、言いかえますと、本来の目的でないものが幾つあったかと、こういう御質問だと思うわけでございます。なるほど名称から言いますと、二の丸能楽堂ということでございます。あえて申し上げますと、能以外のものは本来でないと、こういう視点があるんでなかろうかと思うわけでございますが、あれをおつくりさせていただくときに、たしか私は、いわゆる伝統芸能である、岡崎城でもまれだと思われるいわゆる薪能を中心とした能楽というものと、またこれに匹敵する古典的な芸能、ともにこれを演じていただく一つの問題であろう。

 あわせまして、演じておらない場合におきましても、それは御来訪の各位に対します能楽文化、こういうものの展示機関であろう、これが目的であるという御説明をした覚えがございますものです。そういう意味からいきますと、能楽以外、能以外はどうかとおっしゃいましても、両方とも目的に沿ってはおるわけでございますが、あえて能以外にどういうものがあったかという御質問でございましたら、事務局からお答えさせていただきたいと思うわけでございます。

 なお、雨天時にはどうかということでございますが、私も大変苦しんでおるわけでございます。あれが薪能ということを一つの想定としてつくっておりますものですから、世の中には室内の能楽堂もあるわけでございますが、薪能という原則でもちまして、城址公園の中へつくったということで、雨が降らないように、全天候でやれるということが望ましいことではございますが、本年までに対しましては、その雨をカットするという手法がとられておらない、こういうことであるわけでございまして、今後そのような意味におきまして、本来の趣旨目的に沿って、しかも全く違った、使用するだけの目的に変わってしまう、こういうことにならない程度におきまして、できるだけの配慮はすべきであろうと思っておるわけでございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 成果説明書110ページの建築指導費の中で、岡崎市には中高層建築に対する指導要綱というのを何年か前につくっていただいたわけですけれども、これに基づく市の指導をしたケースがどれぐらいあるかという点について教えていただきたいと思います。

 それから、112ページの交通安全推進費、この中の交通安全協会交通指導員補助金というのがありますけれども、これが昨年と比べて倍以上の伸びを示しております。中身としては、指導員さんの夏や冬等の制服をかえられたというようには聞いているんですけれども、あわせて平成6年度から市の分会として60名の人たちがつくられたというように思うんですが、この人たちの制服等の予算はこの中に組まれているのかという点。

 それともう一つは、指導員さんの手当というんでしょうか、報酬というんでしょうか、それがどのようになっているかということについて教えてください。



○委員長(荒木鉄之助君) 建築指導課長。



◎建築指導課長(村井茂君) 中高層建築物の件数でございますが、平成3年の7月15日に制定いたしまして、年度別に申し上げますと、3年度が25件、4年度が29件、5年度が31件、6年度が31件でございまして、7年度につきましては、上半期でちょうど16件でございます。計132件でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 交通安全課長。



◎交通安全課長(武藤勝義君) 御質問の交通安全指導員につきまして、補助金が倍以上になっておるということでございますが、これにつきましては、委員おっしゃいましたように、警察官の制服が変更になったということを受けまして、これは愛知県の交通安全協会岡崎支部の中に属します交通安全指導員連絡会議というところへの補助金ということでございますが、制服対応ということで、全員の制服を切りかえる、これは補助金でございますので、お聞きしたところによりますと、あくまで夏と冬の合い服はなしということで、冬、夏の服について切りかえたいということで、財政状況も見まして、この金額、服に関しましては、約2,600万補助をしておりますが、この中の1,800万強というのが被服代でございます。

 それから、市役所に分会ができた60名の制服についてでございますが、これにつきましては、特に市の職員の指導員につきましては、安協の方に所属します指導員さんと別にしまして、活動がやはり市の職員ということもあるものですから、市の行催事に限ってという活動をしております。市役所分会ということで参画をさせていただいておるんですが、その辺の検討の中で、被服につきましては、交通安全推進費の需用費の中で60名分の被服を賄っております。

 手当という御質問がありましたが、安協の方に属します指導員さんにつきましては、補助金の中で、この積み重ねをこちらから補助をさせていただく中で、年間1万5,000円を本人の活動費ということで、積算の中には算入しておるということでございます。その支払い方につきましては、安協岡崎支部の方にお任せしてあるところでございます。

 市の方の手当といいますか、活動費につきましては、あくまで自主的に集まっていただいた職員のボランティアということでございまして、部課長会、または補佐会等の補助金等をいただく中で、運営費とする中で、今1回出動ごとに1,500円ということで一応計算をしております。ただ、運営は、あくまで市役所分会の中で運営をしていただくということで、それぞれ受け取らない形の中で全員で相談をしながら運用していただいておるというふうに聞いております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 民間の指導員さんの方ですけれども、積算の中に活動費として年間1万5,000円あると。その支払いについては会に任せているということなんですけれども、それぞれのところで、それぞれの会でどのように支払いをしているかというのを任せているということだけでもつかんでおられるかということですね。といいますのは、本当にこの指導員さんたちもボランティアだというように思うんですね。夏服、冬服などの制服をクリーニングする、そのお金自身も出ないような状態というのも聞いています。ということで、聞かせていただきたいということ。

 それともう一つは、市の分会の方は、服装は需用費で、それから1回市の行事などに出たときには1,500円というように言われたんですけれども、今までも、新年交礼会とか成人式とか、いろんな行事に民間の指導員も出ていたと思うんですね、ことしの正月から出ておりませんけれども。その場合に、そういう形−−1回幾らというのが出ていたかということ。

 それともう一つは、市の60名についてですけれども、ボランティアとはいっても、どういう形になるのかなというように思うんですね。選出というか、自分で自薦をするのか。お願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 交通安全課長。



◎交通安全課長(武藤勝義君) 一般といいますか、一般の交通指導員につきまして、今言った洗濯代等のものにつきましては、やはり交通安全協会に属する団体ということで、運用、その他運営については、交通安全協会の方で行ってみえるということで、細部については、承知をしておりません。

 それから、市の職員の交通指導員につきましては、先ほど申し上げたように、活動費については、1回出たら1,500円を計上するということで、そのたびに本人にお渡ししているということはございません。それぞれ市役所分会の60名の中で、話し合いの中でそれをプールして、全体会議を開こうということで活用してみえるようでございます。

 それから、選出につきましてですが、一応交通安全課事務局といたしまして、職員の自主的参加によってこの60名の方に集まっていただきました。補職的には、課長さんから事務職まで、60名の中の内訳はいろいろでございますけれども、自主的に参加をしていただいたと承知しております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 私からも若干具体的に申し上げておきたいと思っております。

 まず、交通安全指導員の皆さん方でございますが、これは、その交通指導員の責任者並びに岡崎警察署長から私の方へ頼まれましたというんですか、要求がありましたのは、3年ぐらいの間に警察の制服がみんなかわるから、3年ぐらいの間にはぜひどうしても、岡崎も経済がえらいときだが、ひとつ順次かえていただきたいという御要望が出ました。私どもといたしましては、警察官と同じような服装をしておられるという本来の目的を考えますときに、当事者からは3年間の長期プランでもちましてやってくれればいいと言われましたが、やはりその成果を上げるためにおきましては、単年度でお願いしようということで議会にお願いしたわけでございます。これを単年度で執行させていただいたということであるわけでございますので、この点を強く申し上げておきたい。

 次に、岡崎市の職員でございますが、名前は岡崎市交通指導員市役所分会、こういう立場でおるわけでございますが、この要員の募集に対しましては、まず私が呼びかけ人になりまして、市の組合に呼びかけたわけでございます。今担当の方から聞きますと、何か部課長がおのおのやったように聞こえますが、私の方は、そういう上発下命方式でなくて、組合から組織的にひとつ、若手の関係でお願いいたしたい。何とならば、市民の皆さん方は、営業をもっておりながらこういう活動をしておっていただけるんだ、こういうことを考えたときに、役所も週休2日になったんだ、こういう意味におきまして、組合活動の一環としてひとつ御理解をいただきたい。こういう中で編成した関係であるわけでございます。

 なお、我々が一番配慮しておりますのは、考慮しておりますのは、けがとか云々、こういうことに対しまして、恐らくこれは私どもの主管ではございませんが、おのおの組合の連中が、そういう場合に対するところの一つの保険関係、みずから身を守る保険関係等にそういう金を使っておるのではなかろうかと推察しておるわけでございまして、これらに対しますところの考慮、配慮を十分にさせておく、こういうことが心の中に私の方針としてあるということも申し上げておきたいと思うわけでございます。

 以上。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 市役所分会の方は、ちょっと決算的によくわからないんですけれども、さっきおっしゃいました1回出たら1,500円、それは各人に渡るのではないということなんですね。それはどこから予算的になっていくのかという問題。

 それともう一つは、民間の指導員の人たちが今まで、市役所分会のないときには、市の行事のときにいろいろ出て、御協力いただいたわけですけれども、そのときのそういう、さっき言いました1,500円に該当するようなものはなかったのか、あったのかという点について。



○委員長(荒木鉄之助君) 交通安全課長。



◎交通安全課長(武藤勝義君) 市の指導員に対しました1,500円、これの出るところということのお尋ねだと思います。これにつきましては、運営につきましては、協力金、補助金等で賄うということでございまして、一般の交通指導員さんは、ある意味では、安協の中に属しまして、こちらの補助金またはそれ以外、安協、安管から集まる補助金等で運営をしてみえるところでございます。市の職員につきましては、一応市の行催事に限るということなものですから、そちらの方から予算をいただくということはしておりません。その原資はどこで持っていくかというと、一応部課長会であるとか補佐会、こちらの方の補助金、協力金という形の中でこれを出していただいた、その中におきまして、運営費、その中には活動費ということで、1回出ると1,500円ということで計上しておるものでございます。

 これにつきましては、あくまで安協の方に属する指導員さんの補助金からはいただいておりません。

 それから、一般の指導員さんにつきましては、これはあくまでその安協の方の指導員連絡会議の方で、どの行事にどういうふうに参画をするかという計画を決められまして、補助金ベース、それから特にこちらの方から行事によっては手当が出るものがあれば、それが支給をされるということで、今1,500円は、あくまで市の職員に対するものということで承知をいただきたいと思います。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 私の方が聞きたくなってきた。本当に市制記念日等に対して一般の交通指導員が来てくれておるが、あるときに1,500円払っておったか、払っておらぬかと聞かれるんだ。払っておったら「払っておった」と言えばいいし、払わなかったら「払わん」と言えばいい。私が見てみると、本当に木全さんにも聞きたいことだけれども、お葬式が1人あると、大きなお葬式だと交通指導員が出ておる。気のきいた人とは言わんけれども、心のある人は、包み金を出す人もあろうと思う。一般的にはそんなお金をもらうべきでないということですから、もらっておらない。市も、そういう意味におきましては出しておらない、こういうことでございます。違っておったら、担当課の方で訂正しなさい。



○委員長(荒木鉄之助君) 坂井委員。



◆委員(坂井一志君) 3点ほどお伺いします。

 成果説明書の128ページ、4目河川新設改良費、六名貯留池の導水路築造工事について、確認も含めてお尋ねしたいと思うんですが、先ほど小野委員さんの方からもお話が出ておりましたが、これは全長553メートルのうちに、6年度で92メートル完成ということで、これは関係者の御努力によりまして、この7月より一部供用開始をされたと、暫定使用されたということで、周辺住民の方もその効果に非常に期待を寄せておられます。この説明書の工事の内容に、62.8メートルという記載がしておりますが、この説明と、それから導水路が現在どの程度進んでおられるのか、その現状についてお尋ねしたいと思います。

 同じく次ページの小呂川の用地取得について、これも関係の御理解で進められていると思いますが、全体の何割の買収率なのか、お尋ねしたいと思います。

 次に、136ページの2目公園費、東公園の東名東ゾーンの基本構想の内容についてお尋ねしたいと思います。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 今坂井委員さんの御質問でございますが、そのうち六名貯留池がどのぐらい残っておると、こういうことにつきましては、ひとつお許し願いたいと思っております。ことしの予算とか云々だとかいいますが、そうでございませんと、余り私の方から、予算委員会なのかわからぬようなことを言うわけにいきませんので、ひとつお許し願いたいと思っております。

 これと同じように、小呂川もそういう関係でございます。現在執行しておりましたところの経過、効率、これらにつきましては、おのおのの関係で十分ひとつ御答弁させていただきたいと思います。

 以上。



○委員長(荒木鉄之助君) ここでトイレ休憩のため、暫時休憩いたします。

             午後2時4分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午後2時10分再開



○委員長(荒木鉄之助君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 河川課長。



◎河川課長(岩瀬勝政君) 六名貯留池の導水路について、説明書に62.8メートルと記載されているがどうかとの御質問でございますが、説明書に六名貯留池設備室築造工事とありますが、この中で設備室と一体的に築造した部分が29.2メートルございまして、これと合わせまして、6年度末で92メートルの導水路が完成いたしております。

 2点目の御質問で、小呂川の用地買収について、何割の買収ができているかということでございますが、平成6年度末で100%完了いたしました。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 公園緑地課長。



◎公園緑地課長(尾野均伸君) 136ページについてお答えいたします。東公園の東名東ゾーンの基本構想について、どういうふうな計画がされたかという御質問でございますが、業務面積といたしましては、一応東名東ゾーンが20ヘクタール、約半数を占めておるような状況でございます。この地区は非常に自然林が豊富ということもございまして、自然を中心とした遊歩道的な整備を中心に、野鳥等もたくさんおるということで、そういった自然を大事にしていこうというような基本的な方針を立てております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 永田委員。



◆委員(永田寛君) 成果説明書の113ページ、説明2の業務委託、自転車駐車場基本調査の目的と結果の状況を御説明お願いいたします。

 それから、成果説明書120ページ、道路維持費、(仮称)サンピア岡崎が平成8年5月にオープンいたしますけれども、施設の周辺整備を本市が施行しています。道路の整備状況はどのようになっているか、御説明をお願いいたします。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 交通安全課長。



◎交通安全課長(武藤勝義君) 自転車駐車場基本調査、これは東岡崎周辺自転車駐車場調査ということで、この目的と結果というお尋ねであると思います。調査の目的ですが、東岡崎周辺の放置自転車対策、また駐輪場の整備を検討する上におきまして、東岡崎周辺におきます自転車と自転車利用者等の状況の把握、整備を必要とする駐輪場容量の把握、駐輪場需要の将来予測等々、把握をする必要があるということで、これらを調査を委託することによりまして、東岡崎駅周辺におきます駐輪場整備の指針としたいということで調査を委託したものでございます。

 調査結果でございますが、東岡崎駅を中心にいたしまして、300メートル圏内を意識をした東岡崎周辺を位置づけまして、統計数値、実態調査、アンケート調査等の結果、またこの分析等によりまして、主なものといたしましては、周辺に駐車されておる駐車台数、これは平日のピーク時でございますけれども、4,100台、また、東岡崎駅を中心としまして、南側、北側への自転車の流れ、これは北側へは50.1%、南側へは49.9%ということで、今現在の状況でいきますと、約半々で南北へ流れておるということでございます。

 また、駐輪場の需要ということで、台数の将来予測につきましては、平成20年を予測をしてみますと、大体今の動向からいって、10%増の4,500台ぐらいの駐輪車の需要量になるだろうというような結果等々が出ております。これら調査結果を基礎資料といたしまして、駐輪場整備に当たりまして、今後確保に努力をしていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 道路建設課長。



◎道路建設課長(永井饒君) サンピア岡崎周辺道路の整備状況はどうかというお尋ねでございますが、平成6年度には市道渡町3号線、渡町59号線、渡大榎17号線、渡筒針線等、整備を進めております。それで、来年オープンになるわけですが、周辺道路につきましては、おおむね整備ができるだろうというふうに思っております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 和泉委員。



◆委員(和泉冨郎君) 先ほどの続きで申しわけありませんけれども、二の丸能楽堂につきましては、市長からも御答弁いただきましたので、理解をするところであります。

 駐車場案内システムの関係なんですけれども、いろいろお聞きをするところによりますと、システムの表示が丁寧と申しますか、細か過ぎて運転をしておるときに、それを見るというのは、大変見づらいという声があるわけですけれども、先ほどの御報告によりますと、利用された方600人に対しまして、利用したというのが40%お見えになると、こういう結果が御報告されましたけれども、この600人の方に対しまして、アンケートをとられたと思いますけれども、市内の方なのか、市外の方なのか、その割合はどの程度だったでしょうか。



○委員長(荒木鉄之助君) 開発部次長。



◎開発部次長(久米貞夫君) 割合につきましては、私の方でつかんでおるのは、市内が80%という数字をつかんでございます。それから、見にくいという問題につきましては、いずれにいたしましても、車は走ってございますから、一つずつ大きな端的なものを立てれば見やすいということはあろうと思いますけれども、そうしますと、やはりいろいろとスクロールさせるという問題がございます。いずれにいたしましても、現段階におきましては、見て、駐車場案内システムの看板そのものに対して、学習効果といいますか、見てなれていただくということが第一であろうというようなことを考えております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 柴田委員。



◆委員(柴田元良君) 成果説明書121ページ、矢作川堤防リフレッシュ工事ですが、200メートルできたということですが、全体計画の何%になるのか、ちょっと御説明いただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 道路建設課長。



◎道路建設課長(永井饒君) この道路は、現在の事業計画としての全体延長2,500メートルを予定しておるわけですが、このうちの舗装を除きまして、延長851メートルが完成しておるものでございます。

 率は計算しておりませんので、申しわけございません。



○委員長(荒木鉄之助君) 柵木委員。



◆委員(柵木誠君) 1点だけお伺いします。

 成果説明書の136ページ、公園費の中ですが、業務委託でお尋ねします。真ん中のあたりに、暁公園ほか62公園の年間委託ということで、岡崎市シルバー人材センターに委託しております。これの中で、92公園とありますが、現在の岡崎市の全部の公園の数と、またこの人たちに委託している業務内容、それから、その下にあります岡崎公園と東公園で委託をしております愛知県高齢者就労事業団という団体ですけれども、これはどういう内容の団体かということをお尋ねしたいなと思いますので、お願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 公園緑地課長。



◎公園緑地課長(尾野均伸君) 2点のお尋ねかと思いますが、まず1点目の暁公園ほか92公園ということで、岡崎市シルバー人材センターへ委託しておる業務内容ということでございますが、この業務内容といたしましては、清掃、これは便所を含むわけでございますが、それから、除草、施肥、剪定、遊具・施設等の点検等でございます。それから、場所は街区公園、昔、児童公園と言っておりましたが、街区公園が91カ所と、滝田川緑道、日名橋河川緑地合わせて、計93カ所でございます。公園の全体の面積といたしましては、175ございまして、街区公園はちなみに123、近隣が16、地区が2、総合公園が2というような状況でございます。

 それから、高齢者事業団とは、どういう団体かということでございますが、私の方が今、愛知県高齢者事業団の方へお願いしております公園は、岡崎公園と東公園でございます。その中で、お願いしておる業務内容としては、清掃ということで、枯れ葉、落ち葉だとか、空き缶等の清掃、これは面積的に、毎週1回、1週間で一通り回るというような状況でございます。回数としましては、年間48回、清掃をするということでございます。事業団の性格といいますと、昔は失対事業ということでやっておったわけでありますが、この失対事業も廃止がされまして、その中で、私どもといたしましては、その当時からの引き続きといいますか、一度平成2年だったですか、すべて事業団との契約が切れたということもございまして、そういった関係はないわけでございますが、ただ、岡崎公園と東公園につきましては、一般的な業務委託ということで、設計をし、それに基づいて業務をお願いしておるということでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) ほかに御質疑ございませんか。

     (「なし」の声あり)



○委員長(荒木鉄之助君) 8款土木費、質疑を終わります。

 なお、先ほど商工費におきまして、答弁の残りがございますので、経済部次長からお願いしたいと思います。



◎経済部次長(鈴木和夫君) 7款の小林委員からのお尋ねの身障者の割引制度のお尋ねでございますが、割引制度はございません。それから、障害者の入場者数ということでございましたが、実数は把握いたしておりませんが、時々車いす等でお見えになる入館者については、手助けをして館内へ誘導をいたしております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 次、商工労政課長。



◎商工労政課長(望月正勝君) 先ほど、7款の伊奈委員からの共同駐車場の借地料及び借上料補助の対象になる駐車場のおのおのの面積についての質問でございますけれども、借地料の関係の5件につきましては、フレンドリーショップあちかが面積1,804平米、葵マート商業協同組合が700平米、第一マート商業協同組合が945.75平米、緑丘ショッピングセンター協同組合が660平米、岡崎東康生協同組合が311平米でございます。

 それから、借上料の対象になっております2件でございますけれども、岡崎市伝馬公設市場協同組合が51平米、梅園百貨店商業協同組合が336.6平米でございます。

 それから、もう1点、開転業資金の業種別の融資はどうかということでございますが、融資業種は建具家具関係で2件、小売業で1件、飲食で2件の合計5件でございまして、すべて開業資金でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) ここで、理事者の交代をお願いいたします。

     (理事者交代)



○委員長(荒木鉄之助君) ここで、委員の皆様にお願いをいたしたいと存じます。決算審査につきましては、平成6年度の予算執行に対するところの御質問をしていただきますように、将来にわたりますところの将来予測だとか、そういったようなたぐいの質疑は控えていただきますように、よろしくお願い申し上げます。

 次、9款消防費、御質疑ありませんか。

 伊奈委員。



◆委員(伊奈秀兼君) 成果説明書の153ページ、1項1目でありますが、2番の救急隊の出動の状況のうち、高規格救急車の活動状況及び救命状況についてお聞かせください。

 もう1点は、成果説明書156ページでありますが、災害対策費のところで、阪神大震災における岡崎市の応援対応状況はどのような状況か、お聞かせいただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 消防署長。



◎消防署長(鈴木政治君) 高規格救急車の出動状況でございますが、平成6年の総救急出動件数は6,675件でございました。そのうち、高規格救急車の出動につきましては、1,692件、約25%でございました。うち、救急救命士によります出動件数は805件、一般隊員によります出動件数は887件でございました。また、救急救命士の出動状況でございますが、救急救命士が実際出動いたしまして、処置いたしました重篤患者の救命処置でございますが、20人でございまして、そのうち蘇生者4人でございました。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 理事者の方にお願いいたします。今ちょっと機械の調子がうまくいきませんので、恐れ入りますが、答弁を要求されました理事者の方は発言ボタンを速やかに押してくださるようにお願いをいたします。



◎消防署長(鈴木政治君) それから、阪神大震災における岡崎市の応援状況でございますが、1月17日午前5時46分に兵庫県を中心に襲った地震に対しまして、消防本部といたしましては、神戸市へ救助活動応援として18日から21日までの期間に、消防自動車1台と、救助器具を積載いたしましたマイクロバス、電源照明車の計3台と職員17名が出動いたしまして、震災現場におきまして、鉄骨づくりの3階建てマンションなど、5カ所の倒壊家屋から人命救出活動を実施いたしました。救助を開始いたしまして、3階のマンションの1階にとじ込められた28歳の男性でございますが、夜を徹して9時間がかりで48時間ぶりに生存者を救出したということでございます。4日間にわたりまして、12名を救出、うち3名が生存者ということでございました。

 また、3月3日から3月8日まで、神戸市へ災害救援隊といたしまして、消防自動車1台と、職員8名が出向いたしまして、長田区を中心に、火災の防御、警戒を行い、出向中、神戸市内で建物4件の火災が発生して、そのうち1件に出動、消防活動を実施したところでございます。

 以上のような状況でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 総務部次長。



◎総務部次長(山本孝雄君) 阪神大震災に係る応援体制につきましては、ただいま消防の方から御説明した以外にも、予備費の充用あるいは他の款にわたるものがありますので、ここで合わせて御説明申し上げます。

 まず、見舞いにつきましては、予備費充用で50万円、そのほかに、市民の義援金をお持ちいたしまして、2回ほどお見舞いに行っております。

 それから、派遣要請に基づく職員の派遣につきましては、ただいまの消防のほかに、水道局、病院、援護助成課、その他救助所の応援のために4名の職員が行っております。そのほかに、受け入れ体制といたしまして、被災者の受け入れでショートステイ1名、学童が9名の受け入れをいたしております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 成果説明書の154ページ、2目ですけれども、先日も火災がありまして、私も現場に行きまして、本当に常備消防や非常備消防の方々の消火や防災活動、大変だというふうに思い、感謝もいたしました。それで、先ごろ私どもの学区でも、非常備消防の団員の方が2人亡くなられたわけですけれども、その1人の方は、近ごろずっと心臓がおかしいとか苦しいとか、いろいろなことを周りの人に言われながらも、きのうありました中部ブロックの観閲式、それの準備にも本当に献身的にやられてきたわけです。

 そこで伺いますけれども、ここにあります遺族補償年金の支給状況とその死因について、もし支障のないところがありましたら、お願いをしたいと思います。

 もう1点は、次にあります連合会補助金ですけれども、補助金の内容、そして支給の仕方というか、仕分の仕方について教えてください。



○委員長(荒木鉄之助君) 消防庶務課長。



◎消防本部庶務課長(山本英輔君) 連合会の補助金でございますけれども、補助金を交付しておる目的、消防団の活動といたしましては、例えば消防団員の表彰だとか、愛知県消防操法大会出場に対する消防団の激励、歳末消防特別警戒の激励、長寿祭に関する事業、また、団及び運営費の交付金、その他災害時の調査、こういったところで補助金を交付してございます。

 遺族補償年金につきましては、現在、2名の方に支給してございます。死因につきましては、1名の方は心臓疾患、もう1名の方は交通事故によるものでございます。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 次、10款教育費、御質疑ありませんか。

 伊奈委員。



◆委員(伊奈秀兼君) 成果説明書の164ページでありますが、マルチメディア活用による教育の現況はどのようになっておるか、お聞かせをいただきたいと思います。

 同じく165ページですが、指導研修費の中の自然教室の推進事業は実施校が増加しているが、活動内容についてお聞かせをいただきたいと思います。

 同じく成果説明書の170ページでありますが、働く者の山の家の跡地利用計画について、お聞かせをいただきたいと思います。

 続いて、171ページでありますが、小針地区の遺跡発掘調査の結果についてお聞かせいただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会指導課長。



◎教育委員会指導課長(平野有行君) まず、マルチメディア活用における教育の現況ということについてお答えをしたいと思います。

 平成6年度におきましては、教育放送開設調査委託料により、マルチメディア開発委員会を中心に、主に授業におけるVOD活用法を研究してきました。平成6年度につきましては、小学校1校、中学校1校で実験授業を試みて、VODの活用を図る授業形態と授業展開のあり方の研究を深めてまいりました。その2校でのアンケートによりますと、主なものでございますけれども、端末機の操作が8割から9割ぐらい簡単であった、画面については、8割程度、わかりやすかった、また、7割程度が役立ったと、そういう結果を得ております。児童、生徒がみずからメディアを選択し、調べ学習を進めた結果、児童、生徒の学習意欲を高めるとともに、操作しやすく、取り出した映像のわかりやすさなど、調べ学習の推進に大変役立つことが明らかになりました。

 続きまして、自然教室推進事業の活動内容ということでございますけれども、平成6年度は、そこにもありますように、14校で実施しました。行き先につきましては、県内を初め、岐阜県、長野県の関係施設が多く、3泊から5泊まで、学校により宿泊日数は異なっております。その内容でございますけれども、野外観察を初め、ウォークラリー、スキーなどの体力づくり、伝統玩具の制作、史跡、文化財見学など、学校ごとに工夫して実施しており、通常の学校生活では得がたい体験の場となっております。

 三つ目の、働く者の山の家の跡地利用ということでございますけれども、工事請負費として、働く者の山の家の解体工事請負費を支出していますが、現在は普通財産に切りかわっておりますので、跡地利用につきましては、その旨御理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会社会教育課長。



◎教育委員会社会教育課長(稲垣正弘君) 小針地区の遺跡発掘調査についてお答えいたします。

 この調査は、小針地区の区画整理事業に伴い、平成5年から3カ年計画で岡崎市遺跡調査会に委託して実施したものでございます。平成6年度におきましては、4,800平米の発掘を実施いたしました。この遺跡の時代は、古墳時代から奈良時代にかけての集落が散在した複合遺跡であるということが確認されました。また、遺構といたしましては、平成6年度は縦穴式住居跡が69件、掘っ立て柱建物跡が28棟、検出されました。なお、平成5年から現在までにおきましては、縦穴式住居跡が約200件、住居や倉庫に利用された掘っ立て柱建物跡が約50件、検出されております。また、ほかに大量の土器も出土しておりまして、特に製塩土器、刀子、矢じり、銅製の帯金具等につきましては、注目すべき出土品であります。

 次に、委託料でございますけれども、主な支出でございますが、発掘の状態を写真に保存するということで、航空測量撮影を行いました費用、発掘調査員の賃金及び発掘のときに土木工事を行いました費用が主な経費でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 成果説明書の167ページをお願いします。4目の学校給食センター費についてお伺いいたしたいと思います。

 学校給食については、市の方から学校給食管理協会の方に委託していろいろやっていただいていることは、よく承知いたしておりますが、教育委員会として、この学校給食に対して、どのような観点で指導をしていただいているのか、まずそれを最初に、総括的にお聞きしたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) ただいまの市が協会委託したことによりまして、教育委員会は協会に対しどんな指導をしておるかという点でございますが、学校給食協会の指導といたしまして、給食材料の質、量、コストまたは衛生面等が挙げられますが、このことにつきましては、日ごろから協会と連絡調整をとりまして、指導しております。また、献立作成委員会などを通じまして、指導をしておるところでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 次に、単価のことについてお聞きしたいんですが、それぞれ生徒、園児から190円から230円まで給食費を徴収いたしておることは承知しておりますが、実質的に1食当たりの給食原価といいましょうか、単価というのは、幾らになっていますか。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) ただいまの学校給食の1食当たりの単価でございますが、これはざっと言いますと、給食に要しました総費用を延べ給食数で割り返した額が1食当たりになるわけでございます。これによりますと、1食当たり約359円でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) はい、わかりました。

 次に、成果説明書の給食の実施状況というのがそれぞれ回数が書いてございます。この回数と、実質的に学校の方の授業日数との差異があるんだろうと思いますが、一つは、土曜日であったり、あるいは短縮授業の日は当然給食はないと思いますが、土曜日でもない、短縮授業でもなくて、保護者が弁当を持たせて通学しているというケースを見るんですが、この日数はどれぐらいの差がございますか。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) 給食実施日は各学校で設定されておりまして、したがいまして、運動会の代休日、保護者会、社会見学などによりまして減少する場合がございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 今の御説明ですと、ちょっと理解できないですが、私が何をお尋ねしたいかといいますと、学校の現場あるいは父兄から、できれば学校の1日ある日は全日学校給食を提供してほしいと。ところが、実際には短縮授業以外の日でも、新学期になりますと、二、三日はお弁当を持って、子供は大変喜んで持っていっておりますけれども、お弁当を持っていっているという風景を見るわけです。そういうことについて、多分学校の現場からも、あるいは市P協からもきっと要望が出ていると思うんですが、また、隣接の市に聞きますと、大体学校が1日授業がある日は給食が対応できておるというふうに聞きますが、岡崎の場合は、その差異が何日あるか、私も実数はよくわかりませんが、その差異が出ていることについて、どうしてもできないという実態があるのかどうなのか、その辺についてお聞きしたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) ただいまの授業日数と給食日数との差異ということでございますが、それからまた、保護者からの問い合わせ等があるのではないかという話でございますが、これにつきましても、保護者からの問い合わせ、また学校からの要望も十分聞いておりますので、こうした御要望に沿って、検討しておるところでございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 検討していただいているということでございますので、意見、要望はまた後で申し上げたいと思っています。

 その次に、本会議の一般質問等で話題になったこともございますが、相当量の残飯が出ておるというふうに聞いております。いろいろ提言ですと、コンポストで各学校でやったらどうかとか、いろいろございましたけれども、いわゆるセンターの方に搬入される残飯の量というのは、どれぐらいのものになりますのか。それから、センターの方に集荷されました残飯を、あとどのような処理方法をとっておられますか。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) ただいまの残飯処理と、どれぐらい出るか、また処理の仕方という御質問でございますが、まず、残飯の処理でございますが、これにつきましては、週2回、市の定期収集で出しております。

 それから、どれくらい出るかということでございますが、1給食センターから出る残飯は、センターから出る野菜などの下処理が約250キログラム、各学校から返ってくる残飯が150キログラムで、計400キロ程度でございます。したがいまして、4センターで約1,600キログラムの残飯がございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 今の残飯の量は1日ということですね。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) 1日です。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) はい、わかりました。大変な量ですね。

 それから、今市の方の定期収集を週2回ということでございますが、これは教育委員会に属さない仕事でございますが、教育委員会としては、市の方の清掃センターの方で回収していただいた後、どういう処理されているのかということは、どのように承知しておられますか。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) ただいまの処理の残飯、もう一度お願いできますか。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 週に2回、市の方が取りにきてくださるというお答えがございました。そうすると、その先、多分、中央あるいはクリーンセンターの方で、あるいはよそへ持っていって処理しているかもしれませんが、その先はどういうふうな処理方法がされておるかということです。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) これについては、しっかり把握しておりません。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 済みません。担当業務外をお聞きしまして。

 その次に、それぞれの学校給食に使われます食材といいましょうか、主食に当たる米飯であったりパンとか、あるいは野菜その他がありますけれども、この購入ルートあるいは購入方法、価格の決定については、教育委員会としてはどのような指導といいましょうか、日常どういうことをチェックしておられますでしょうか。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) ただいまの食材の購入方法ということでございますが、まず、主食でございます米飯、パンの購入につきましては、愛知県学校給食協会に岡崎市の給食センターより発注しておりまして、県学校給食会が委託契約しました業者から直接各学校へ配送されております。

 次に、副菜の業者の選定等のことでございますが、これにつきましては、基本的には市の管財課に準じました方法によりまして、入札単価申請書を提出させまして、選定基準に基づき、立地条件、経営規模、信用状況、衛生状況、供給能力等を審査しまして、納入業者を決定しております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 私から、これは前年度の関係でございますから、ちょっとだけ附帯して説明しておきたいと思っております。

 バイオセンターの中で、酵母、菌を使った再生、こういうことに対しまして、私は、例の長野博の関係を見まして、たとえて申し上げますと、いわゆる今の給食センター、市民病院の残飯、こういうものを家畜の飼料に、しかも、岡崎市で飼っておる家畜の飼料にできるような研究はできないかということで、一応の指示は与えましたが、現況におきましては、システムに対しましてまだ自信がないようでございまして、担当課は、EM菌を使った堆肥をつくることばかり言っておるわけでございまして、まだここまで来ておらぬようでございまして、私は残念だなと思っておることを報告しておきます。

 それから、もう一つ、小林委員さんは、全日、すべての日に給食をという御要望でございましたが、これは反論はしませんが、申し上げておきたいと思っています。今、教育委員会当局は全然何とも申し上げませんでしたが、これは二つございまして、お弁当をつくる方の立場と、お弁当を持ってくる方の立場と、大分意識が違うようでございます。たとえて申し上げますと、たしか長野市のはずでございますが、4割ぐらいは常時弁当で通学しておる、こういう市もあるわけでございます。これがいいか悪いかということになってまいりますと、非常に難しい問題であるわけでございますが、言うならば、子供に弁当をつくらなきゃならないという父兄の立場と、自分は特別の志向性があるからどうしても給食よりも弁当で登校いたしたいと、こういう子供の願望、こういうものが二つ織り込んでおることも申し上げておきたいと思うわけでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 今の後段の方の市長の御発言は、理解できます。本当は、子供は親の弁当を一番喜んでいるという実態は承知しておりますが、いろいろ教育的効果、その他がありまして、現時点になっておるわけですから。もちろん、特殊な、その方の資質でしょうか、いろんなものを食べられないというケースの場合は、お弁当持ちの方もたくさん対応はしていただいていることも承知いたしておりますが、総じて、やはりできるならば全日、給食をやってほしいという声があるということも事実でございますので、今検討をいただいておるということですので、期待をいたしておるわけでございます。

 ちょっとここで、観点を変えまして、四つの給食センターがございますけれども、それぞれの排出については、相当BODといいますか、CODの負荷量が多いんだろうと思いますが、そういう排水の処理状況あるいは排水施設の点検等について、平成6年度ではどういうふうになっておりましたか、お聞きしたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) ただいまの排水処理の関係でございますが、まず、排水基準といたしましては、法の基準にクリアしております。また、河川汚濁等の心配がございますが、これにつきまして、排水処理施設の日常点検のほか、委託業者による点検整備を週1回行っておりまして、定期的に汚泥の処理を行いまして、適正管理に努めておるところでございます。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) 基準をクリアしておるということですが、私の承知する限りだと、たしかBODやCODは60ppmということでございますが、岡崎市がいろいろと各施設と協定する場合、相当厳しい総量規制で、BODの場合10ppmとか、CODも1けたでやっていると思うんですが、クリアしているというのは、60ppmの方を指しておられるのか、本当にCODもBODも1けたでクリアしておるのか、どちらでございましょうか。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) 議員おっしゃるように、1けたではございません。



○委員長(荒木鉄之助君) 小林委員。



◆委員(小林邦夫君) そのことについては、それぐらいにしまして、あとは、全体のまとめでございますけれども、岡崎市の学校給食そのものは、第3セクターという形になろうか、あるいは民間委託というふうな部類に入るかもしれませんが、そういうふうに入った場合に、先ほどの1食当たり359円、町で食べようと思えば非常に安い値段でございますけれども、いろいろと給食会社とか、この近くの他市もいろいろと給食をやっておられますけれども、そのコスト的に民間、純民間との比較とか、あるいはこの近隣の市等でやっておられる給食の原価といいましょうか、単価といいましょうか、その比較をもししたことがおありでありましたら、お聞かせいただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会庶務課長。



◎教育委員会庶務課長(古居充輔君) まず、近隣の豊田市の例でございますが、これによりますと、民間委託した場合は、約364円ということを聞いております。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 今の民間委託、給食センターの将来の方向ということで、調査をした経過がございますから、私から簡単に申し上げておきたいと思っております。

 一番大きな問題というのは、岡崎市に四つの給食協会の工場というんですか、製造所があるということでございまして、これが果たして適正か否か、こういう問題等があったわけでございます。あわせまして、岡崎市の中の業者におかれましても、相当大きな給食関係の実務をしておった方もあるわけでございまして、これらの関係等を踏まえまして、いわゆる合理化方向に対して検討をしたと、これは業者の検討も、それから協会側の検討も、教育委員会として検討、三つの関係をしたわけでございますが、結論を申し上げますと、値段に余り差がない、こういう結論に達したわけでございます。そして、もう一つ恐ろしいのは、いわゆる今の協会ほど衛生管理に対する責任を持つということが非常に困難であろうということから、原形に復したと、こういう経過があることを私から申し上げておきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) ここで、トイレ休憩のため、暫時休憩します。

             午後3時休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午後3時11分再開



○委員長(荒木鉄之助君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 成果説明書168ページの5項5目、この説明1のところにあります教育研究事業について伺いますけれども、岡崎の先生方は本当に忙しいというか、多忙ということが今までにもいろんなところで指摘をしてきたところなんですが、教育研究論文について伺います。これは、市独自のものだというように考えますけれども、この論文に対する応募はどれほどで、それは全教師の中でどれぐらいの先生が取り組んでおられるかという点について教えていただきたいと思います。

 それから、事項別明細書の239ページ、5項5目登校拒否対策事業ですけれども、これは平成4年が281、平成5年が274、これは50日以上ですけれども、そういう数字が今まで出されているんですが、平成6年度の50日以上、30日以上、そしてそれも小中に分けて報告をいただきたいというように思います。

 それと、ハートピアの教育相談等で、復学をした子供たちの人数、それともう一つ、登校拒否対策協議会、当委員会の内容とその成果についてお知らせください。

 もう1点、成果説明書の172ページ、図書館費ですけれども、ここにあります一つは配本所、この9カ所で6万6,845冊とありますが、この本の入れかえはどのようなサイクルになっているかということ。

 それともう一つ、本庁というんでしょうか、図書館と合わせてですけれども、それぞれのところにどのように図書館司書の配置がされているかという点について教えてください。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会指導課長。



◎教育委員会指導課長(平野有行君) まず、1点目の市の教育論文の募集状況と全教師の中に占める割合でございます。平成6年度に限って申し上げますと、平成6年度は553点ございました。そして、全教師の中に占める割合ということでございますけれども、約3割弱に当たっております。

 次に、登校拒否対策の平成6年度の50日以上、30日以上、今ちょっと手元に資料がございませんので、後ほどに回させていただきたいと思います。

 3点目の登校拒否対策協議会の概要でございますけれども、24名の委員で構成し、平成6年度は年3回協議会を持ちました。事例を通して学校の対応を協議したわけでございます。

 その主な事業といたしまして、まず一つ、事例研究会というものがございまして、年8回開催し、実践事例をもとに研究協議を深めました。二つ目として講演会を5回開催し、各講師の豊富な事例をもとにした講演で、教師の力量向上を目指しました。

 次に、ハートピアの復帰人数ということでございますけれども、平成6年度におきましては、41人のうち26人復帰したということでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 図書館長。



◎市立図書館長(羽根田斉君) 図書館配本所の本の入れかえと、図書館司書の配置状況というお尋ねでございます。配本所は、そこに記載してございますとおり、市内各市民センター7カ所と、働く婦人会館、太陽の城、計9カ所に図書館の方から新刊本等を購入し、配本しているところでございまして、1カ所6ないし7回、延べでいきますと、年50ないし60回の配本作業をしておるわけでございます。本の入れかえ等につきましては、市民センター等、すなわち公民館図書室としての運営で実施をしていただいております。したがいまして、図書館職員が携わっておるわけではございません。

 次に、図書館の司書の配置でございますが、現在図書館本館の方には、資料係に2名と、図書係に7名、そして補佐が司書資格を持っておりますので、計10名の有資格者がおります。

 配本所につきましては、図書館の分館、あるいは分室という位置づけではなく、図書館法に基づきますそうした分館、分室ではございませんものですから、図書館の方では運営等はタッチしておりません。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 先生の研究論文ですけれども、全先生の約3割ぐらいがこの募集に応募しておられるということなんです。もう一つ、県教委の方の募集で研究論文もあるというように伺っているんですけれども、それも、全県下どれぐらいの応募があって、その中に岡崎市の先生がどれぐらい応募をしているのかという点について報告をいただきたいと思います。

 それから、登校拒否対策協議会の会議が年3回、いろんな内容のことや事業をやっているということなんですが、平成6年度というのは、西尾の大河内君の事件と、その次に岡崎でも不幸な子供の自殺事件がありまして、教育委員会としては、いじめが原因ではないというような、そういう最終的なことも出されたわけです。例えば、文部省に報告をされる、文部省が言っておりますいじめの定義、その定義に基づいて本市教育委員会としては、平成6年度どれぐらいいじめがあったというように確認をされているでしょうか。

 それと、図書館の問題です。配本所で、分館ではないということですが、入れかえはされているようですので、伺うんですけれども、入れかえるときの基準というんでしょうか、だれがどのような基準でもって本の入れかえをされているのかなということについてお聞かせください。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会指導課長。



◎教育委員会指導課長(平野有行君) まず、第1点目の県の論文の応募状況でございますけれども、平成6年度において県全体では650点でございます。そのうち岡崎市から応募した論文数が278点でございます。

 次に、いじめの文部省の定義と平成6年度のいじめの数ということでございますけれども、文部省の定義によりますと、いじめとは、自分より弱い者に対して、一方的に、身体的、心理的な攻撃を継続的に加え、相手が深刻な苦痛を感じているものとする。なお、起こった場所は学校の内外を問わないこととするということでございます。したがって、子供たちの調査などを通してその数を把握したところ、平成6年度においては31件ということでございます。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 市立図書館長。



◎市立図書館長(羽根田斉君) 配本所の入れかえと基準というお話でございますが、図書館資料の管理につきましては、市立図書館資料廃棄基準に基づきまして、図書館の質的向上と書架スペースの有効利用、魅力の保存と活発な利用等を図るために、不要資料の廃棄基準を定めて、魅力ある図書館運営に努めておるところでございます。配本所におきましても、図書館の方で新刊本をお届けに上がった折に、例えば古本的な利用の少ない本は持ち帰ってくれという依頼がございますので、図書館の方に持ち帰り、ただいまプレハブ書庫の方に保管をしております。これは、資料的価値のない図書ということでございまして、図書館の方ではそのように運営をしております。

 以上です。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 今、いじめの定義から言うと、平成6年31だというように言われたわけですけれども、これは、県の方に報告をされている今までの数字、平成4年が1件で、平成5年が9件というように報告をされているというように私は伺っているんですけれども、定義の中で、学校として、いじめの事実を確認しているものという点が1項目あるんですが、その点から、そのいじめの定義からこの31というのが出てくるのか、その定義を拡大させて、31件いじめをつかんだということなんでしょうか。



○委員長(荒木鉄之助君) 教育委員会指導課長。



◎教育委員会指導課長(平野有行君) 文部省の従来の学校基本調査等をやる場合の定義として、今委員御指摘の学校としてその事実を確認しているものというようなことが入っておったわけでございますけれども、昨年度においては、先ほど私が三つほど挙げましたけれども、「学校としてその事実を確認しているもの」というかわりに、「なお、起こった場所は、学校の内外を問わないこととする」、こういう調査で来ましたので、その結果ということでとらえております。



○委員長(荒木鉄之助君) ここで、理事者の交代をいたします。

     (理事者交代)



○委員長(荒木鉄之助君) 次、11款災害復旧費、御質疑ありませんか。次、12款公債費、御質疑ありませんか。次、13款諸支出金、御質疑ありませんか。次、14款予備費、御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○委員長(荒木鉄之助君) ここで、理事者の交代をお願いします。

     (理事者交代)



○委員長(荒木鉄之助君) これより歳入に入ります。

 1款市税、御質疑ありませんか。

 小野委員。



◆委員(小野政明君) 予算では、個人市民税の減税が36億2,000万円となっておりましたが、実際的に幾らほどの減税になりましたか、御報告をお願いしたいと思います。

 それと、資産税でありますが、固定資産の評価替えによりまして、土地だけの増収分はいかほどになりましたか。

 この2点、お願いいたします。



○委員長(荒木鉄之助君) 市民税課長。



◎市民税課長(前田勲君) 平成6年度の個人市民税の特別減税は、個人市民税の所得割額の20%相当額を控除するという定率減税が行われたわけでございますが、岡崎市で特別減税された額は、総額で36億3,251万9,000円でございます。該当者は13万9,585人でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 税務部次長。



◎税務部次長(藤居親善君) ただいまの増収分でございますが、結果といたしまして6億8,931万余円でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 次、2款地方譲与税、御質疑ありませんか。次、3款利子割交付金、御質疑ありませんか。次、4款ゴルフ場利用税交付金、御質疑ありませんか。次、5款特別地方消費税交付金、御質疑ありませんか。次、6款自動車取得税交付金、御質疑ありませんか。次、7款地方交付税、御質疑ありませんか。次、8款交通安全対策特別交付金、御質疑ありませんか。次、9款分担金及び負担金、御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○委員長(荒木鉄之助君) 次、10款使用料及び手数料、御質疑ありませんか。

 小野委員。



◆委員(小野政明君) 使用料の中で、中央総合公園の野球場、体育館、テニスコート、弓道場、相撲場の使用料をお願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 開発部長。



◎開発部長(安藤正昭君) それぞれの使用料につきましてお答えをいたします。

 体育館につきましては、6年度3,711万6,135円でございます。野球場につきましては、631万3,010円でございます。テニスコートにつきましては、799万4,940円でございます。その他、弓道場が154万9,020円、相撲場が5万4,800円等でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 小野委員。



◆委員(小野政明君) この使用料、予算に比べると大分大幅増になっておると思いますが、その原因はどこにあったか、お願いいたします。



○委員長(荒木鉄之助君) 開発部長。



◎開発部長(安藤正昭君) 5年度に比較いたしまして、5年度、トータルで4,868万8,725円に対しまして、6年度は5,306万6,015円となっております。率にいたしまして109%となっておりますけれども、これは、6年度におきまして国体等が実施されたことと、それから弓道場、相撲場、テニスコートの夜間照明等が完了いたしまして、こういったことがふえた原因だと理解しております。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 次、11款国庫支出金、御質疑ありませんか。次、12款県支出金、御質疑ありませんか。次、13款財産収入、御質疑ありませんか。次、14款寄附金、御質疑ありませんか。次、15款繰入金、御質疑ありませんか。次、16款繰越金、御質疑ありませんか。次、17款諸収入、御質疑ありませんか。次、18款市債、御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○委員長(荒木鉄之助君) 以上で、一般会計の質疑は終結いたしました。

 次に、特別会計の質疑を行います。

 各会計ごとに歳入歳出一括して御質疑願います。

 食肉センター会計、御質疑ありませんか。

     (「なし」の声あり)



○委員長(荒木鉄之助君) 国民宿舎桑谷山荘会計、御質疑ありませんか。

 小野委員。



◆委員(小野政明君) 平成5年度と思うと、ちょっと悪くなっておるような気がします。平成5年度にかけられたロビー改装等あるわけでございますが、その効果面が出ておるのか、出ていないのか。また、平成5年度、6年度の人件費率はどういうふうになっておるのか、お答えいただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 席がガタガタしておりますので、私からお答えさせていただきます。

 桑谷山荘会計等につきましては、努力はしておりますが、特に改修費等におきましても、それなりの成果は上がってくると期待しておりますが、それよりもマイナス要素が多いということでございます。特に企業関係の研修関係が減ってきた、こういう兆候のもとに、全国的に国民宿舎の利用度というものが非常に落ちております。こういうこと。

 二つ目には、私は大変大きな心配をしておりますのは、サンピア岡崎、これが将来活発に出てまいりますと、これらに対する影響力も相当多いんじゃないか、こういうことでございます。これらに対しましては、人件費率云々ということもございますが、いわゆる特徴のある国民宿舎、こういうことに経営の力を入れていきませんと、本当に時代からおくれてしまう、こういうことでございまして、今後ともひとつ議会からの御指摘を賜りながら、大いにひとつ改良すべきものは改良していきたい、こういうことを申し添えさせていただきまして、御回答にかえさせていただきます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 下水道会計、御質疑ありませんか。

 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 下水道普及によるものでありますけれども、トイレの改造、排水設備の設置資金補正予算を組みましたけれども、この平成6年度で対象地域の世帯の中で何%、例えばくみ取り式のトイレを水洗化したとか、浄化槽を取り除いたとか、そういう現状について報告をください。



○委員長(荒木鉄之助君) 業務課長。



◎業務課長(伊豫田正宏君) 6年度の接続分につきましては、トイレの改造が701件、排水設備につきましては296件でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) この地域のお年寄りの世帯とか、それから特にお年寄りでも後継者のいらっしゃらないひとり暮らしの方たちにとってみれば、もしこの改造をしたりしますと、制度としてこういう資金援助ができているのはできていますけれども、実際それを払っていくというのはなかなか大変だというように思うんですね。そういう点で、行政の方にお年寄りなどの声が上がっていないか、またそういう場合はどのように対応されているのかということについて、お願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 業務課長。



◎業務課長(伊豫田正宏君) 生活保護世帯につきましては、国も補助制度を設けております。それに従いまして私の方も、保護世帯で改造される場合には対応させていただいておりますが、1人世帯、老人世帯につきましては、現状では救済制度がございません。したがいまして、貸付金等を利用していただき、指定工事店において最低の浄化槽廃止をしていただきまして、下水管への直接の切り回しを、費用のかからないような対応をさせていただくような考え方でおります。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 木全委員さんのおっしゃいますところの下水道の普及しております区域の関係等に対しましては、そのような問題が出てくることも存じ上げております。

 ただ、私どもは、行政を執行するためにおきまして、市民の中におきましては、まだくみ取り関係でおらなければならない、こういう人たちからいきますと、本当に同じ市民でありながら、これで我慢をしておらなければならないか、こういう問題も大きくあるわけでございます。私は一方のみを考えなくして、おのおののセクションにおきますところの施策を考えたい、こういう基本的な考え方だけを重ねて申し上げておきます。

 以上。



○委員長(荒木鉄之助君) 駐車場事業会計、御質疑ありませんか。土地区画整理事業清算金会計、御質疑ありませんか。営農飲雑用水施設事業会計、御質疑ありませんか。農業集落排水事業会計、御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○委員長(荒木鉄之助君) 競艇事業会計、御質疑ありませんか。

 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 事項別明細書の330ページ、また提出資料の27ページなんですけれども、競艇会計は、私自身が入っている委員会の所轄なんですけれども、不透明な部分が本当に多いというか、よくわからないというのが実際なんです。

 一つは、事項別明細書にあります総務費、1項1目の旅費、それと需用費、これについて説明をしてください。



○委員長(荒木鉄之助君) 商工労政課長。



◎商工労政課長(望月正勝君) 旅費につきましては、職員の競艇関係の会議の出席旅費でございます。それから、需用費……。済みません。旅費につきましては、職員の県外旅費でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 聞き方が悪かったら、申しわけありません。

 先ほどの需用費のところ、具体的に言いませんでしたので、食糧費、これについて説明をお願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 商工労政課長。



◎商工労政課長(望月正勝君) 食糧費につきましては、会議等に要した費用でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 具体的には、会議というのは何回で、何名で、今までの論議でありました1人当たり幾らということをお願いします。



○委員長(荒木鉄之助君) 商工労政課長。



◎商工労政課長(望月正勝君) 会議につきましては、2回でございます。1人当たりにつきましては、6,000円でございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 計算はすぐできませんので、6,000円で数が合うかというのはよくわからないんですが、何名というのは、これから私の方で出させていただきます。

 今までにも競艇については、もっと詳しい明細を載せてほしいということを私たちは要望していたんですけれども、例えば年1回形原温泉で夕食を兼ねて、お土産つきだと思うんですが、総会があるんですね。私は参加をしておりませんので、その実態はよくわかりませんけれども、そういう中身があるんですが、それについてはどこにあらわれるのかということですね。

 それともう一つは、これは平成6年度のものではないんですけれども、ちょっとお聞きしたいんですが、ことし仙台、秋田に視察をしたんですね。これには船舶振興会からも一緒に視察に来ておりましたし、夕食は、料亭でコンパニオンつきであったんですね。私も初めて、今までこういうことがあったというか、こういう視察があったんだろうと思いますけれども……。

     (「なかったな」の声あり)



◆委員(木全昭子君) なかったですか。そうですか。わかりました。

 参加をして、それで、そのときには蒲郡の事務局の方に、「これ、やり過ぎじゃないか」というのを私は指摘させていただいたんですけれども、こういうことが6年度でもあったのではないかなということですね。そういうふうに、食事の中身もともかくありますし、いろいろ疑惑のある船舶振興会との関係もちらちらありますので……。

 それで、今年度の蒲郡市の決算委員会の中で、スポーツ新聞社とか、運輸省とか、それから日本船舶振興会、こういうところに対して、お土産つきの接待をしたというのが、蒲郡は、前の委員会で言いましたように、議会、決算委員会が開かれている間は帳票を公開されているんですね。その帳票を調べましたら、そういうのがわかったわけですけれども、こういうものに岡崎市は、こういう接待とかを含めてですけれども、負担金があるのかないのか、教えていただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 商工労政課長。



◎商工労政課長(望月正勝君) 委員の今言われましたことにつきましては、運営懇談会とか、そういうたぐいのところでの主催で、そういう研究会がありまして、そちらの方が主催してやられております。そちらの方への負担金、会への負担金はあります。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 接待云々については、金額的にはそんなにまでまだのらないというように思うんですが、先ほど言いましたように、視察と、それからそこの中のコンパニオンの費用とか、そういう分についての負担はどうなんでしょう。



○委員長(荒木鉄之助君) 商工労政課長。



◎商工労政課長(望月正勝君) そこら辺の負担割合というのは、承知しておりません。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) この競艇については、昭和54年のときに1%ということで、岡崎の収益を決めたということなんですが、その1%については、岡崎市はいただくと。あとのものについては、一括委託を蒲郡にするということなんでしょうか。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) そんな古いことの関係でしたら、おたくも委員長になられたんだから、十分知っておられるはずだと思っております。こういう問題というのは、いろいろな経過の中におきまして、私たちの先輩が船舶振興会の競艇事業での分配を受けるか否か、幾つかの問題の中におきましてそういう論議がなされたときにおきまして、岡崎市が引いてしまうということは、戦災復興都市でございましたものですから、これは蒲郡にも迷惑がかかる、こういうことから、名義の貸し料ということを申し上げますと、非常に大きな問題がございますが、共同開催という一つの責任を持たせていただきながら、1%の関係を向こうがいただけるということでございますから、喜んで財政上プラスになるということで、させていただいておるということでございまして、他の運営関係というのは、すべて蒲郡が一切を取り仕切っておるということでございます。

 しかも、おわかりにならぬということは、おわかりにならぬはずでございます。私も、そんなコンパニオンつきの何か関係にはお呼びいただきませんものですから、全くおわかりにならぬわけでございます。行った人が論議していただかなければ、わからないことでございます。

 なお、その上におきまして、そういう問題があるから、そういうような伝統の中におるということでございます。しかし、こういう財政の中におきますと、1%といいましても、大きな財政のプラスになっておる、これは否定できないわけでございます。これらに対しましては、私は、競艇事業というものが、歴史の中におきまして、戦災復興都市を中心としながらせられた、その積み上がりましたところの予算の関係等に対しまして、私は大きな期待を心の中では持っております。

 例えて申し上げますと、これは本当に市税収入よりも競艇収入が多いという自治体もあるわけでございます。岡崎市におきましては、それほどのことはございませんが、どうぞひとつ、特に議会におかれましては、木全委員さんのような方が責任者とされまして、十分お知りになりますことでございますから、そういうことでやっていただきませんと、これ、私の方に質問されましても、私の方もわからぬわけでございますから、重ねて申し上げておきたいと思います。

 以上。



○委員長(荒木鉄之助君) 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 確認をさせていただきますけれども、売り上げの中の1%について岡崎が取ると。そのあとのすべてについて、一括して委託をしているというように確認をしておいていいんですか。



○委員長(荒木鉄之助君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 私に確認するということよりも、今までの議会議事録を全部御検索くださいまして、予算の構成上その他を御示唆していただけば結構でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) それでは、ここで理事者の交代をお願いいたします。

     (理事者交代)



○委員長(荒木鉄之助君) それでは、国民健康保険事業会計、御質疑ありませんか。

 木全委員。



◆委員(木全昭子君) 保険料、所得割を平成5年と比較しますと、それぞれ比較をしますと、所得割が100分の179から100分の265、資産割は25%が26%、均等割が1万7,620円から1万8,740円、平等割が1万8,460円を1万9,280円というように、そして最高限度額を43万から46万というように改定されました。不況による影響とダブルパンチを受けて、収納率の低下や減免件数、金額の増にあらわれているというように思うんです。

 お聞きしたいんですけれども、平成6年より拡大された減免規定、その件数と減免金額、これを教えていただきたいんです。

 あわせて、5年度と比較をしたいものですから、5年度の所得制限、300万との比較がありましたら、それぞれ教えていただきたいと思います。



○委員長(荒木鉄之助君) 市民部次長。



◎市民部次長(杉浦克哉君) 5年度を先に申し上げます。所得の半減によりますものは17件で、減免金額にしまして60万9,100円。6年度につきましては、所得半減24件、金額にしまして73万5,800円ということでございます。

 以上でございます。



○委員長(荒木鉄之助君) 老人保健会計、御質疑ありませんか。証紙収入会計、御質疑ありませんか。工場等建設奨励会計、御質疑ありませんか。継続契約集合支払会計、御質疑ありませんか。地域汚水処理施設会計、御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○委員長(荒木鉄之助君) 以上で、質疑は終結いたしました。

 本日の審査日程は終了いたしましたので、明3日午前10時再開することとし、本日はこれにて散会いたします。

 まことに御苦労さまでした。

             午後3時54分散会