議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岡崎市

平成 7年  3月 定例会 03月08日−04号




平成 7年  3月 定例会 − 03月08日−04号







平成 7年  3月 定例会



             午前10時開議



○議長(河澄亨君) 出席議員が定足数に達しておりますので、ただいまから会議を開きます。

 本日出席を求めた理事者は、市長初め関係職員であります。

 なお、議事日程は、お手元に配付の印刷物により御承知おき願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河澄亨君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、16番 岡崎冨雄君、24番 小野政明君の御両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河澄亨君) 日程第2、第5号議案「岡崎市の一般廃棄物処理施設の利用に係る事務の委託に関する規約の一部改正について」外35件を、会議規則第35条の規定により一括議題とし、逐次理事者の説明を求めます。

 第5号議案、環境衛生部長。



◎環境衛生部長(粟生勇嗣君) 右肩に「2」の表示のある議案書の1ページをお願いいたします。平成7年第5号議案「岡崎市の一般廃棄物処理施設の利用に係る事務の委託に関する規約の一部改正について」御説明申し上げます。

 この規約は、昭和55年3月議会の議決を経まして、昭和55年4月1日から施行したものでございますが、平成7年8月末完成のリサイクルプラザの稼働に伴いまして、幸田町及び額田町からの一般廃棄物をリサイクルプラザで受け入れることができるようにするために改正するものでございます。

 おめくりいただきしまして、3ページをお願いいたします。幸田町との規約の改正でございますが、第1条の各号につきまして、第1号を「焼却施設による処分事務」に改め、第2号として「リサイクルプラザ(廃棄物再生利用施設をいう。)による処分事務」を加え、第3号を「最終処分場による処分事務」に改め、また第3条の見出しを「(経費の負担等)」に改め、同条第2項中に、処分量について協議ができるようにするため、「並びに処分量」を加えております。

 附則は、この改正規約の施行日を定めるものでございますが、ただし書きで、リサイクルプラザに関する部分は、岡崎市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例の附則に規定する規程の定める日から施行するものでございます。

 おめくりいただきまして、4ページをお願いいたします。額田町との規約の改正でございますが、第1条の各号につきまして、第1号を「焼却施設による処分事務」に改め、第2号として「リサイクルプラザ(廃棄物再生利用施設をいう。)による処分事務」を加え、第3号を「最終処分場による処分事務」に改め、第4号を「し尿処理施設による処分事務」に改め、また第3条の見出しを「(経費の負担等)」に改め、同条第2項中に、処分量について協議ができるようにするため、「並びに処分量」を加えております。

 附則は、この改正規約の施行日を定めるものでございますが、ただし書きで、リサイクルプラザに関する部分は、岡崎市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例の附則に規定する規則の定める日から施行するものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第6号議案及び第7号議案、建設部長。



◎建設部長(市川靖夫君) 5ページをお願いいたします。第6号議案「市道路線の廃止について」御説明申し上げます。

 路線番号3529、3532、5526、5527、5754、5755の6路線は、岡崎蓑川土地区画整理事業区域内の従前の市道を、事業施行に伴い廃止するものでございます。

 続きまして、7ページをお願いいたします。第7号議案「市道路線の認定について」御説明申し上げます。

 路線番号6134は、幸田町と岡崎市を結ぶ主要道路、路線番号6135は、新市立岡崎病院の周辺道路を整備するため認定するものでございます。

 路線番号6136、6137の2路線は、岡崎葵地区工業団地内で整備された道路を認定するものでございます。

 路線番号6138から6144までの7路線は、岡崎明大寺大圦土地区画整理事業で、路線番号6145から6185までの41路線は、岡崎蓑川土地区画整理事業でそれぞれ整備された道路を認定するものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第8号議案から第11号議案、市長公室長。



◎市長公室長(河合常良君) 17ページをお願いいたします。平成7年第8号議案「岡崎市職員定数条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、新病院の開設及び消防防災体制充実並びに議会事務局及び監査委員事務局の組織充実のための必要人員の確保を図り、なおかつ水道局及び教育委員会の教育機関における必要人員の見直し等をするために、職員の定数の改正を行うものでございます。

 その内容といたしましては、市長の補助機関たる職員を120名、議会事務局の職員を2名、監査委員事務局の職員を1名、消防本部の職員を22名、それぞれ増員し、一方水道局の職員8名、教育委員会の教育関係機関職員を7名、それぞれ減員しようとするものでございます。

 なお、附則において、この条例を平成7年4月1日から施行いたすものであります。

 以上でございます。

 続きまして、19ページをお願いいたします。平成7年第9号議案「岡崎市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、国家公務員の例にならい、休日の代休制及び介護休暇制度の導入を行うものとし、特別休暇等に関し所要の整備を行うものでございます。

 その内容といたしましては、まず岡崎市の職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の第2条において、現在勤務を要しない日と定めております日曜日及び土曜日を、休日法による休日と概念的に明確に区分するため「週休日」と改め、第6条として新たに休日の代休日を規定し、11条における特別休暇の一つとして、骨髄移植のためのいわゆるドナー休暇制度を導入するものとし、12条として、職員が配偶者等を介護するために必要な無給の休暇を認める介護休暇制度の導入について定めるものでございます。

 なお、この附則でございますが、第1項は、この条例の施行の日を平成7年4月1日からといたすものでございます。

 以下、当条例の改正に伴う各条例の関連部分の改正についてのものでございまして、第2項は、岡崎市職員の給与に関する条例、第3項は、岡崎市企業職員の給与の種類及び基準を定める条例、第4項は、岡崎市職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例、第5項は、岡崎市労務職員の給与の種類及び基準を定める条例のそれぞれ一部を改めるものでございます。

 以上でございます。

 続きまして、23ページをお願いいたします。平成7年第10号議案「岡崎市職員の退職手当に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、国家公務員の退職手当法において、国家公務員の定年制導入に伴い、勤続期間による支給率が明確に区分され、また民間企業における退職金の給付水準との均衡を図ることを目的として、一部改正をされるものであります。

 また、他の地方公共団体においても、国に準じて退職手当制度の改正がなされてまいっております。本市においても、国家公務員の基準に準じた退職手当制度に改めるものでございます。

 それでは、改正の内容につきまして御説明申し上げます。

 初めに、第3条から5条につきましては、職員の勤続年数及び退職事由に応じた支給率を規定しているものでございまして、この改正は、定年退職及び勧奨等、第5条の適用としていたものを、勤続年数及びその退職事由に応じて、3条から5条のいずれかの規定を適用するものに改めるものでございます。

 また、定年退職と同様の取り扱いをするものといたしまして、岡崎市職員の定年等に関する条例の規定による定年年齢に達した者が、定年退職日である3月31日の前日までにその者の非違によることなく退職した者、または地方公務員法の第28条の3または4の規定により、勤務延長または再任用された後にも退職した者について規定するものでございまして、いずれも勤続年数に応じて適用するものでございます。

 また、勧奨退職の取り扱いにつきましては、定年制度が施行されているところですが、個別的退職勧奨は、人事管理上の必要から退職手当条例の制度として引き続き残すものでございます。

 次に、支給率の改正につきまして、自己都合退職について、定年退職との均衡を考慮して、3条の適用のうち勤続10年以上19年以下につきましては20%の引き下げを、第4条の適用のうち勤続25年以上29年以下につきましては、勤続年数により3%から19%の引き上げを行いまして、第5条の適用のうち、特に長期の勤続のうち、勤務、勤続が31年以上について、1年当たりの支給割合を10%引き下げるものでございます。

 次に、新たに設けます第5条の2につきましては、定年退職前に退職する者に、定年年齢から10年を減じた年齢以上で、かつ勤続25年以上で、その者の事情によらないで退職する者に対する特例措置を設けるものでございまして、公務の能率的、効率的遂行、総人件費の合理化等を目的といたしております。退職手当算定の基礎となります給料月額に、定年年齢から退職時の年齢を差し引いた年数1年につき2%を加算するものでございます。

 次に、6条の2の2項及び7条第6項の改正につきましては、退職手当の計算の基礎となります勤続年数の1年未満の端数について規定するものでございまして、在職期間が6カ月以上1年未満の退職者の場合、市長等の退職事由に、傷病または死亡による退職の場合、第3条適用で、退職事由で、傷病または死亡による退職の場合、また第4条また5条第1項適用の退職の場合につきまして、1年未満の端数を1年としまして、その他につきましては、1年未満の端数を切り捨てるものに改めるものでございます。

 次に、8条の2及び9条につきましては、退職手当について、特別の事情による加算を行うことができる規定でございまして、これを削除するものでございます。

 次に、第13条は、職員が刑事事件に関し起訴された場合における退職手当の支給に関する規定でございまして、退職した者が、在職中の行為において刑事事件に関して起訴された場合には、当該退職手当を支給しないものとすることでございまして、職務上の行為以外の行為に係るものについても、同様の取り扱いをするというものでございます。

 次に、附則に3項を加える規定でございますが、これは、勤続20年以上で退職する者のうち、定年退職、勧奨退職等、自己都合退職と均衡を考慮して設ける規定でございまして、自己都合以外の退職について、退職手当の額に加算する規定を設けるものでございます。

 その他の改正は、必要な字句の整備を行うものでございます。

 次に、附則でございますが、第1項及び第2項につきまして、この条例の施行期日を規定しているものでございまして、平成7年4月1日から施行いたしまして、施行日以降の退職に係る退職手当について適用いたすものでございます。

 次に、3項につきましては、この改正に伴い、必要な字句の整備を行うものでございます。

 次に、第4項につきましては、この改正に伴いまして、退職手当の引き上げとなる部分につきまして、施行日以降に退職した者につきまして、施行日前日に、現に退職した事由と同じ事由で退職したと仮定した場合の退職手当の額と、改正後の退職に伴う退職手当の額とを比較して、いずれか多い額をその者の退職手当の額とする経過措置を設けるものでございます。

 続きまして、27ページをお願いいたします。平成7年第11号議案「岡崎市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、昨年の人事院勧告に基づきまして、非常勤の特別職の報酬額を改定するものでございまして、改定率は、職員の給与の改定率1.18%を基礎といたしまして改定するものでございます。

 主なものを申し上げますと、教育委員会委員長「6万2,000円」を「6万3,000円」に、選挙管理委員長「3万4,000円」を「3万4,400円」に、公平委員会委員長「2万4,000円」を「2万4,300円」に、農業委員会会長「3万1,000円」を「3万1,600円」に、各種審議会委員の日額「7,100円」を「7,200円」に、それぞれ改定いたすものでございます。

 次に、附則でございますが、改正後の規定を平成7年4月1日から施行する旨を規定いたしたものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第12号議案、総務部長。



◎総務部長(足立侃君) 議案書の29ページをお願いいたします。第12号議案「岡崎市事務分掌条例の一部改正について」御説明を申し上げます。

 この条例は、重要施策の調査、企画及び推進、重要事業の計画推進体制の充実、文化振興施策の積極的な取り組みとともに、さらに技術部門をわかりやすい体制に再編するため、市長の権限に属する事務分掌を改めるために改正いたすものでございます。

 第1条第2号、第9号及び第11号の改正につきましては、それぞれ「企画調整部」を「企画部」に、「建設部」を「土木部」に、「都市施設部」を「建築部」に、部の名称を改めるものでございます。

 第3条の改正は、企画部の分掌する事務に、「重要事業の計画推進に関する事項」を新たに加え、「総合開発の企画調整に関する事項」を「総合開発に関する事項」に改めるもの。

 第6条の改正につきましては、市民部の分掌する事務に「文化振興に関する事項」を新たに加えるもの。

 第10条から第12条までの改正につきましては、技術部門の再編に伴う各部の分掌事務の改正で、土木部の分掌する事務を「道路、河川、その他土木に関する事項及び土地改良に関する事項」に、開発部の分掌する事務を「都市計画、公園及び土地区画整理事業に関する事項」に、それから建築部の分掌する事務を「住宅及び建築並びに建築確認及び開発行為に関する事項」に、それぞれ改めるものでございます。

 附則により、改正後の条例は、平成7年4月1日から施行する旨を規定しているものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第13号議案及び第14号議案、税務部長。



◎税務部長(深津仁史君) 31ページをお願いいたします。第13号議案「岡崎市市税条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、さきの地方税法等の一部を改正する法律に伴います所要の改正措置を行うものでございます。

 第6条につきましては、督促事務の円滑な推進と事務合理化のため、督促手数料の徴収を廃止するために、これを削り、第7条を第6条とし、第7条から第19条までを削除するものでございます。

 第22条につきましては、第6号を第7号とし、第6号に「政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律第8条に規定する法人である政党又は政治団体」を加えるものであります。これは、課税関係について、従前の人格なき社団である政党に対する課税関係と同様のもの、課税免除とするよう、必要な措置を講ずるものでございます。

 第32条につきましては、所得割の税率適用区分を改めるものでございます。

 次に、附則について御説明申し上げます。

 附則第3条の2及び第33条の3につきましては、見出しを含む字句中、「平成6年度分」を「平成7年度分」に改めるものでございます。おのおのの改正規定は、平成6年度分に引き続いて、平成7年度分に限る個人市民税の所得割の減税及び同減税の措置による普通徴収に係る規定で、第1期分の6月分で減免するということでございます。

 附則第3条の4は、特別徴収に係る規定で、6月においては徴収しない。減税額を控除した後の免税額を、同年7月から翌年5月までの11カ月間で徴収するものでございます。

 次に、附則について御説明申し上げます。

 おめくり願いまして、32ページでございます。第1項につきましては、施行期日を定めたものでございます。

 第2項につきましては、督促手数料の経過措置について定めたものでございます。

 第3項につきましては、第22条第6号の規定を、平成7年1月1日から適用することと定めたものでございます。

 第4項につきましては、個人市民税の経過措置を定めたものでございます。

 33ページをお願いいたします。第14号議案「督促手数料の廃止に関する関係条例の整備に関する条例の制定について」御説明申し上げます。

 本条例は、さきに御説明申し上げました市税に係る督促手数料と同様、税外収入及び土地区画整理事業清算金の督促に係る督促手数料についても、これを徴収しないこととするものでございます。

 第1条は岡崎市税外収入の督促手数料及び延滞金条例、第2条は岡崎都市計画中部土地区画整理事業施行規程、第3条は岡崎都市計画事業岡崎駅西土地区画整理事業施行規程、そして第4条は岡崎都市計画事業岡崎駅東土地区画整理事業施行規程の一部をそれぞれ改正するものでございます。改正の内容といたしましては、これらの条例に規定されている督促に係る督促手数料の徴収に関する条文をそれぞれ削除すると同時に、関係字句の整備を行うものでございます。

 おめくり願いまして、34ページでございます。附則第1項は施行期日を定めたもので、附則第2項は、督促手数料の経過措置について定めたものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第15号議案及び第16号議案、市民部長。



◎市民部長(小嶋照男君) 35ページをお願いいたします。第15号議案「岡崎市甲山閣条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本条例は、平成7年度から甲山閣の管理運営を岡崎市会館施設管理協会へ委託するための改正が主なものでございます。

 まず、第4条第2項は、別表第1を別表第2に整備するに伴い、削除するものでございます。

 次に、第5条から第9条第2項までは、字句を整備するもので、第9条第2項のただし書きで、市内に住所を有しない個人または市内に事務所もしくは事業所を有しない法人が甲山閣を利用する場合の使用料の額を、他の集会施設同様、通常の使用料の額の1.5倍に相当する額とする旨を加えるものでございます。

 第10条ただし書きは、既納の使用料の全部または一部を還付する場合の根拠を明確にするために、利用日の10日前までに利用の取り消しを申請した場合において、相当の理由があると市長が認めるとき、及び第13条第1項第2号または第3号に該当し、市長が利用の承認を取り消したときに改めるものでございます。

 第12条及び第13条は、字句を整備するものでございます。

 第15条は、同条を1条繰り下げ第16条にし、第15条に甲山閣の管理を新たに岡崎市会館施設管理協会に委託するため、その旨を規定したものでございます。

 第17条は、新たに罰則の規定を設けるものでございます。

 別表第1の利用時間区分表を、別表第2に整備するため、削除し、別表第2の備考以外の部分を別表に改めるものでございます。

 本条例の施行期日を、平成7年4月1日と規定するものでございます。

 39ページをお願いいたします。第16号議案「岡崎市国民健康保険条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 今回の改正は、国民健康保険法施行令の一部改正に伴いまして改正するものでございます。

 第7条第1号中、「特定療養費及び療養費」を「入院時食事療養費、特定療養費、療養費、訪問看護療養費、特別療養費、移送費及び高額療養費」に改めますのは、政令改正に伴う保険料賦課総額の算定基準に基づき、高額療養費等を一般被保険者に係る保険料賦課総額に加えるものであります。

 第9条第1項第1号中、「100分の50」を「100分の43」に改め、同項第3号中「100分の26」を「100分の30」に改め、同項第4号中「100分の12」を「100分の15」に改め、第10条の2及び第15条第1項中「46万円」を「48万円」に改めますのは、保険料賦課の適正化を図るため、賦課総額の構成割合及び賦課限度額の改正をあわせて行うものであります。

 次に、附則でございますが、第1項は、改正する条例の施行期日を定めたもので、第2項は、条例改正に伴う経過措置を定めたものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第17号議案から第19号議案、福祉部長。



◎福祉部長(杉山信平君) 41ページをお願いいたします。平成7年第17号議案「岡崎市保育所条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本件は、国、県の保育所整備方針に基づきまして、岡崎市立岩津北保育園が、社会福祉法人岩津保育園に統合されることに伴いまして、同園を廃止するものでございます。

 附則は、施行期日を定めるものでございます。

 次に、おめくりいただきまして、43ページをお願いいたします。平成7年第18号議案「岡崎市児童厚生施設条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本件は、岡崎市法性寺児童遊園を新たに建設したことに伴い、条例を改正するものでございます。

 附則は、施行期日を定めるものでございます。

 おめくりいただきまして、45ページをお願いいたします。平成7年第19号議案「岡崎市福祉の村条例の一部改正について」御説明を申し上げます。

 本案は、福祉の村の管理運営を岡崎市福祉事業団に委託することに伴い、条例を改正するものでございます。

 条例第11条及び第12条は、業務及び入所の措置の規定であります。

 12条の2項につきましては、管理の委託が規定されておりますが、今回これを削除するものでございます。

 20条を21条とし、20条に管理の委託を設け、福祉事業団が行うことができる規定を加えるものでございます。

 なお、第5条は、清楽荘において従前の老人福祉センターの業務に加えて、老人デイサービスセンターとしての機能を規定したもの、15条は、「心身障害者対策基本法」から「障害者基本法」に法改正されたことに伴います改正でございます。

 附則は、施行期日を定めるものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第20号議案、環境衛生部長。



◎環境衛生部長(粟生勇嗣君) 47ページをお願いいたします。平成7年第20号議案「岡崎市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の全部改正について」御説明申し上げます。

 この条例は、平成3年10月に抜本改正され、平成4年7月に施行されました廃棄物の処理及び清掃に関する法律、及び平成3年10月に施行されました再生資源の利用の促進に関する法律−いわゆるリサイクル法でございますが、これを受け、廃棄物を減量し、廃棄物の排出を抑制し、廃棄物の再生利用を促進し、及び廃棄物の適正処理より、生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図り、市民の健康で快適な生活の確保に寄与するため、平成7年8月末完成のリサイクルプラザの稼働に伴い、改正するものでございます。

 岡崎市廃棄物の処理及び清掃に関する条例を全部改正し、名称につきましても、「岡崎市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例」に改めます。

 おめくりいただきまして、48ページをお願いいたします。第3条では、市民の責務として、分別して排出する等により、市の施策に協力すること、第4条では、事業者の責務として、事業系廃棄物をみずからの責任で処理する等により、市の施策に協力すること、第5条では、市の責務として、ごみ減量の推進と廃棄物の適正な処理を図ること、また市は、市民及び事業者の自主的な活動を促進するように努めることとしております。

 第6条では、土地または建物の占有者は、その管理する土地または建物の清潔を保つように努め、建物の占有者は、市長の定める計画に従い大掃除を実施することとし、また何人も、公園、広場等に空き缶、空き瓶等を捨てるなどして汚さないようにし、また公園等の管理者は、管理する場所の清潔を保つように努めなければならないこととしております。

 第7条では、一般廃棄物の処理に関する計画を定めたとき、または変更したときは、告示することとしております。

 第8条では、市は、一般廃棄物の排出の抑制を図るため、資源回収の促進等、廃棄物排出の抑制に資する生活様式、事業活動の普及に努め、また分別排出の普及のための広報、啓発等の措置を講ずることとしております。

 また市は、一般廃棄物の処理に支障を生じない範囲において処理することが可能で、必要と認める産業廃棄物の処理を行うことができることとしております。

 第9条では、市民及び事業者等は、廃棄物のうち再生利用が可能なものの再生利用を図り、ごみ減量に努めることとし、第10条では、市民等は、市長の定める種類ごとに分別し、市長の定める場所に排出しなければならないこと、また市民等は、有害性のあるもの等、第1号から第5号に掲げるものを排出してはならないこととしております。

 第11条では、市民等は、多量廃棄物について、市長に申し出て、指示を受けること。一時多量廃棄物または動物の死体については、市長に申し出なければならないこと。し尿については、みずから処分しないときは、その旨を市長に申し出、または市長が指定した者に申し出しなければならないこととし、第12条では、市民等は、廃棄物を搬入する場合に、職員の指示に従わなければならないこととしております。

 第13条では、多量廃棄物または一時多量廃棄物を市の処理施設に搬入した者、一時多量廃棄物、動物の死体またはし尿の申し出をした者から、別表第1の手数料を徴収すること。

 おめくりいただきまして、50ページをお願いいたします。第14条では、産業廃棄物の処理は、別表第2使用料を徴収し、第15条では、手数料及び使用料は証紙で徴収することと。ただし、市長が認めるものについては、規則で定めるところにより徴収することとしております。

 第16条では、市長は、災害その他特別の事情により手数料を減免することができることとしております。

 第17条では、一般廃棄物処理運搬業−これはし尿等でございますが−の許可を受けようとする者は、別表第3に掲げる手数料を証紙により納めることとしております。

 第18条では、市長は、職員に、必要と認める場所に立ち入り、調査させることができ、請求があったときは、身分を示す証票を提示しなければならないこととしております。

 第19条は、必要な事項は、規則で定めることとしております。

 附則は、この条例の施行日を、平成7年4月1日とするものです。ただし、リサイクルプラザに関する部分の施行する日は、規則で定め、また証紙条例の一部を改正するものです。

 別表第1及び別表第2については、改正前の条例の手数料及び使用料の額と同じですが、廃棄物再生処理施設、リサイクルプラザにより処分する場合を新たに項目として加え、額については、焼却、埋め立ての場合と同額としております。

 別表第3については、改正前の条例の手数料の額と同額でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第21号議案、建設部長。



◎建設部長(市川靖夫君) 55ページをお願いいたします。第21号議案「岡崎市市営住宅条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、家賃の徴収に係る督促手数料徴収の廃止と、市営住宅北羽根荘の建てかえによります既存住宅を廃止するものでございます。

 第14条の2を削り、第14条の3を第14条の2とし、督促手数料の徴収の廃止に伴い、14条の4と23条の2項の規定は、字句等の整理を行い、また別表第1から北羽根荘の項を削るものでございます。

 次に、附則でございますが、督促手数料徴収の廃止は、平成7年4月1日から施行するものでございます。

 なお、改正前の規定に基づいて平成7年4月1日以前に発した督促手数料につきましては、従前のとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第22号議案、開発部長。



◎開発部長(斎藤芳行君) 57ページをお願いいたします。平成7年第22号議案「岡崎市都市公園条例の一部改正について」を御説明申し上げます。

 本案は、岡崎公園にある運動場、庭球場、弓道場、体育場を、施設の老朽化と岡崎城址公園としての整備の進捗を図るため廃止するのに伴い、有料公園施設から除くとともに、都市公園の使用料と附属設備の使用料の一部を除くことが改正の内容でございます。

 以下、改正点について御説明申し上げます。

 別表第1は、有料公園施設表でございますが、表のうち岡崎公園の運動場、庭球場、弓道場、体育場を除くものでございます。

 別表第2は、基本使用料金でございますが、表のうち岡崎公園の運動場、庭球場、弓道場、体育場の利用に係る使用料を除くものでございます。

 別表第3は附属設備使用料表でございますが、表のうち岡崎公園の運動場、庭球場の利用に係る使用料を除くものでございます。

 以上が改正の内容でございます。

 なお、附則で、この条例は、平成7年4月1日から施行するものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第23号議案、消防長。



◎消防長(中嶋義則君) 59ページをお願いいたします。第23号議案「岡崎市消防団条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 改正の大要は、同条例第8条の別表第2の消防団員の年額報酬表の改定でございます。消防団員につきましては、生業の傍ら、地域防災について献身的な奉仕活動をしているわけでございまして、消防団員の士気高揚を図るため、年額報酬額を、議案書記載のとおり改定させていただくものでございます。

 附則につきましては、平成7年4月1日から施行する旨を規定したものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第24号議案「平成7年度岡崎市一般会計予算」、歳出より逐次款を追って説明願います。総務部長。



◎総務部長(足立侃君) それでは、予算の議案書の平成7年度分の右肩に「3」と記してあるのをお取り出しいただきたいと思います。

 まず、1ページでございます。第24号議案「平成7年度岡崎市一般会計予算」について御説明を申し上げます。

 第1条でございますが、予算総額を926億4,000万円と定めるものでございまして、前年度との対比では97.2%となり、昭和38年度以来のマイナスとなるものでございます。

 内容につきましては、平成7年度一般会計予算説明書によって御説明をさせていただきますので、説明書の方をお取り出しいただきたいと思います。

 歳出の92ページから説明を申し上げますけれども、初めに全款にわたって1節から10節までにつきまして総括的に御説明を申し上げたいと思います。

 まず、1節報酬でございますが、予算は全款を通じまして8億1,291万3,000円で、対前年度比では86.9%、13.1%の減となるものでございます。内容につきましては、議員報酬や特別職の報酬で非常勤の者、県議会及び参議院議員選挙の選挙管理者などのほか、国勢調査の調査員報酬などでございます。

 なお、嘱託のうち常勤の職員につきましては、7節賃金に組み替えをして計上しておりますので、御理解いただきたいと思います。

 2節給料は、総額75億7,628万1,000円、前年度対比で98.1%でございまして、三役、常勤監査委員、一般職の給料の計上でございます。

 3節の職員手当等は、総額76億3,517万6,000円で、前年度対比で96.9%となっておりまして、退職手当、期末手当、期末勤勉手当などの各種手当でございます。

 なお、2節、3節において前年度を下回っておりますのは、組織の見直しに努める中、一部事業につきまして外部委託として、職員の減員を図ったことに加え、期末勤勉手当及び退職手当の減が主な要因となっております。

 4節の共済費は、23億5,865万4,000円、前年度対比で108.3%で、都市職員共済組合負担金、健康保険組合負担金などを計上しております。共済組合負担金の負担率の上昇などにより、高い伸びとなっております。

 5節の災害補償費は、654万5,000円、前年度対比で101.5%で、遺族補償年金や休業補償費、療養補償費などでございます。

 6節の恩給及び退職年金は、退隠料条例等により支給するものでございまして、5,264万1,000円の計上でございます。前年度対比で93.5%となるものでございまして、退隠料、扶助料、退職年金などの内訳となっております。

 7節賃金は、総額7億8,796万9,000円で、前年度と比較いたしまして大幅な増加となっておりますが、これは、先ほど申し上げましたとおり、嘱託職員を1節より組み替えしておるものでございます。そのほかに、臨時事務の日額賃金も計上しております。

 8節報償費は、4億1,603万1,000円、前年度対比で91.3%で、内訳といたしましては、講師の報償金及び税の納期前納付報償金などで、マイナスの伸びとなっております。

 9節旅費につきましては、2億121万2,000円で、前年度対比で96.5%と、マイナス3.5%となっております。これは、市内・市外旅費、費用弁償、海外研修費などの旅費でございます。

 10節交際費は1,640万円で、前年度と同額の計上となっております。

 以上で、1節から10節までの全款を通じての御説明を終わらせていただきまして、続きまして、歳出の議会費でございます。92ページでございます。

 1款1項1目11節の中の印刷製本費につきましては、市議会だより、市政概要などの印刷で、13節は会議録の製作委託料等を計上しております。19節は、議長会負担金のほか、おめくりいただきまして、市政調査研究費補助金などでございます。



◎市長公室長(河合常良君) 続きまして、96ページをお願いいたします。2款総務費、1項1目11節の消耗品は、市制記念式典記念品や新聞等定期刊行物が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、19節の負担金補助及び交付金は、職員研修の負担金、あるいは企業会計に係る職員の退職手当負担金等でございます。

 続きまして、2目人事管理費、11節の消耗品は、職員被服の更新、印刷製本費は、職員必携の追録や職員名簿等でございます。13節は、職員の研修、定期健康診断が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、14節は、職員健保会館使用料が主なものでございます。19節は、職員共済会交付金事業主負担が主なものでございます。

 続きまして、3目広報費、11節の印刷製本費は、全戸に月2回配布いたします市政だよりや転入者に配布いたします市政案内の市民便利帳並びに公共施設、医療機関、災害時の避難場所等を掲載しました市内公共施設地図等でございます。続きまして、13節は、市政だよりの配布やCATV及び民放で放映いたします映像広報番組の製作委託料が主なものでございます。



◎総務部長(足立侃君) 102ページでございまして、4目11節は印刷用紙等の購入、それから例規類集追録の印刷費、12節は、文書発送に要する郵便料でございます。14節は複写機等の賃借料でございます。

 それから、5目財政管理費でございますが、予算説明書、主要施策成果説明書の印刷のほか、財政調整基金の利子の積み立てに係る経費を計上しております。

 おめくりいただきまして、6目会計管理費は、物品購入関係と出納事務の経費でございます。

 7目11節の消耗品は用紙やトナーで、13節は、個人市民税即時更新オンライン、固定資産税異動オンラインの各システムの開発、データパンチ処理、電算機の入れかえ作業、電算業務運用保守等で、14節は電子計算機の賃借料、また18節は、ドライシーラーと製本費の購入でございます。

 おめくりいただきまして、8目財産管理費は、普通財産を中心といたしました公有財産の管理経費でございます。12節は市有建物の火災保険料等に関するもの、13節は土地調査測量等に関するもの、19節は岡崎市額田郡模範造林組合への負担金でございます。

 おめくりいただきたいと思います。9目庁舎管理費でございますが、庁舎、福祉会館及び旧緑の家の管理と施設整備に係る経費でございまして、11節は、暖房用の燃料費、建物工作物の修繕料等で、それから13節は、庁舎警備、昇降機、空調設備等の保守点検及び管理の委託料、15節は、事務室改装工事、庁舎の外装改装工事、その他一般的な修繕工事の経費でございます。

 10目支所費につきましては、支所の事務に係る物件費の計上でございます。

 おめくりいただきまして、11目東京事務所費につきましては、業務に必要な経常的経費でございまして、人件費や公舎の家屋借上料などの物件費の計上でございます。

 おめくりいただきまして、12目市有林の管理費につきましては、秦梨町を初めとするそれぞれの市有林の枝打ち等に必要な経費でございます。

 13目につきましては、鳳来町と足助町にあります教育林の管理経費でございます。

 おめくりいただきまして、14目車両管理費につきましては、管財課の集中管理の公用車の管理に要する経費でございます。11節燃料費と自動車の修繕料は車両管理に要する経常経費、18節は自動車の購入費用で、右の表にございますように、整備計画といたしまして11台を購入いたすものでございます。



◎企画調整部長(小林康仁君) 15目企画費でございます。おめくりいただきまして、13節委託料を御説明させていただきます。

 拠点整備に係る委託料の内容といたしまして、1番、都市拠点総合整備事業地区でございます。国庫補助事業対象事業で、康生中心地の“ハイコン21”の民間のノウハウと活力を活用し、立地誘導を図るための調査業務の委託料でございます。次に、JR岡崎駅周辺地区につきましては、平成6年度の全体計画、シビックコア整備計画につきまして、市の公共公益中心施設としてのシビックセンター基本構想策定でございます。交通拠点の計画策定につきましては、市の玄関であります東岡崎地区等の交通拠点としての駅周辺整備のあり方を探り、交通結節点にふさわしい指針づくりの策定経費でございます。地域交流拠点につきましては、北部レクリエーションランドにおける市域のバランスを考慮しながら、地域の活性化につながる拠点整備に係る基本調査でございます。

 総合交通計画策定につきましては、30年にわたる計画策定で、平成5年度に現況調査、平成6年度に計画策定、平成7年度では本市の将来の交通体系の実効性を高める行動計画策定でございます。

 総合計画策定基礎調査につきましては、上位計画である国、県の改定作業を見ながら、平成9年度同様に、改定に係る基礎調査委託料で、公共施設配置計画としての地図データシステム及び都市活力向上に向けての推進方策に係る策定調査でございます。

 市制80周年基本事業は、平成8年度に市民総意の記念事業とするための基本計画、実施計画に係る経費でございます。

 おめくりいただきまして、118ページでございます。16目公平委員会費は、委員会の運営に係る経費でございます。

 17目土地利用調整費は、土地利用に関する調整及び公害防止に係る経費でございます。

 18目諸費の23節は、市税等過誤納金の払戻金と、これに係る還付加算金でございます。



◎市民部長(小嶋照男君) 120ページをお願いいたします。2項1目自治振興費、13節は、総代会連絡協議会に委託する市政だより、市議会だよりの配布など、行政事務に係る委託料のほか、新規事業として、町内会手引書作成のための委託料が主なものでございます。19節は、町の公民館である地区集会施設の新築、増改築等に対する補助金が主なものでございます。

 2目の青少年婦人費、11節は、成人式記念品購入費が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、13節は、こどもまつり、子ども会指導者を養成するためのリーダー研修、成人式会場装飾等の委託料でございます。19節は、地域子ども会や婦人団体等、各種団体への事業費補助金でございます。

 おめくりいただきまして、3目少年愛護センター費は、少年愛護センターで実施する非行少年の街頭補導等に係る経費でございます。

 おめくりいただきまして、4目青少年センター費は、青少年センター太陽の城の管理運営費でございまして、13節は、テレビ共聴受信設備の老朽化に係る電波障害改良委託料及び空調設備等の保守点検等、清掃等の施設管理の委託料でございます。

 おめくりいただきまして、18節は、グランドピアノの買いかえが主なものでございます。

 5目の市民相談費は、行政相談や生活相談、交通事故相談などの各種市民相談業務に係る経費の計上でございます。

 6目市民交通災害対策費は、市民交通傷害保険加入見込み14万2,120人の保険料でございます。

 おめくりいただきまして、7目13節は、姉妹友好都市への中学生等の派遣及び使節団の受け入れ並びに市民海外視察団派遣等に係る経費でございます。19節は、設立10周年を迎える岡崎市国際交流協会への補助金が主なものでございます。

 8目市民会館管理費は、13節会館施設管理協会への市民会館管理委託料で、15節は、ピロティ周辺整備及び舞台設備の整備工事費でございます。18節は、ホール及び会議室等のワイヤレス装置の購入費でございます。

 おめくりいただきまして、9目甲山閣管理費、13節は、新年度から甲山閣の管理運営を会館施設管理協会へ委託するための経費が主なものでございます。

 10目竜美丘会館管理費、13節は、竜美丘会館管理協会への竜美丘会館管理委託料、14節は、駐車場用地の賃借料でございます。15節は、公共下水道供用開始に伴う下水道整備工事費が主なものでございます。

 11目せきれいホール管理費、13節は、会館施設管理協会へせきれいホール管理委託料が主なものでございます。

 12目公会堂管理費は、北部公会堂及び城北会館の施設に係る管理経費でございます。

 おめくりいただきまして、13目市民ホーム管理費、11節は建物修繕料が主なもので、13節は、各学区の運営委員会に対する管理委託料、及び浄化槽の清掃、空調設備、消防設備等の保守点検委託料が主なものでございます。14節は、市民ホーム17館の土地賃借料、15節は、市民ホームの避難器具の改修及び三島学区、根石学区市民ホーム、公共下水道供用開始に伴う下水道整備工事費が主なものでございます。17節は、竜美丘学区市民ホーム駐車場用地の取得費でございます。

 14目はこどもの家管理費でございまして、おめくりいただきまして、13節は、各学区こどもの家運営委員会に対する管理委託料及び浄化槽や消防用設備等施設保守委託料でございます。14節は、28館分の借地に係る土地賃借料でございます。15節は、敷地整備及び下水道整備等の施設整備工事費でございます。15目六名会館管理費は、館の管理運営に関する経費でございます。



◎市長公室長(河合常良君) 16目大学設置調査費は、引き続き大学設置懇話会による検討を進めるための経費でございます。



◎企画調整部長(小林康仁君) 138ページをお願いします。17目情報化推進費の委託料でございます。情報化計画策定委託料利用につきましては、国のマルチメディアモデル実験都市指定に伴い、情報化施策に係る策定経費でございます。

 18目情報センター建設に係る経費でございます。情報化構想に基づく情報の受発信の中核となる施設を建設し、地域情報の集積並びにマルチメディア推進事業の拠点整備で、平成7年から8年の継続事業で、2,950平方メートル、5階建てを建設するものでございます。



○議長(河澄亨君) 3項の徴税費に入る前に、休憩をさせていただきます。

             午前10時59分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午前11時11分再開



○議長(河澄亨君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 第3項徴税費より、逐次説明を求めます。



◎税務部長(深津仁史君) 140ページをお願いいたします。3項1目税務総務費でございますが、市民税、固定資産税事務に関する経費の計上でございます。

 2目賦課費でございますが、おめくりいただきまして、11節需用費、消耗品費は、軽自動車の標識等、市税の賦課に要する経費でございます。印刷製本費は、納税通知書、封筒等でございます。12節役務費は、平成9年度評価替えの基本方針に基づき、標準宅地について、不動産鑑定士による鑑定評価価額を求める土地鑑定評価手数料でございます。13節委託料は、航空写真撮影委託料、納税通知書封入封緘委託料、固定資産地図情報システム作成委託料、固定資産地図情報光ファイリング委託料等、土地、家屋の課税客体の把握と事務の迅速、正確を期するための経費が主なものでございます。14節使用料及び賃借料、光ディスク装置賃借料は、データ入力装置及び再生装置の賃借料でございます。図形入力装置賃借料は、家屋の評価計算システムのリース代でございます。

 おめくりいただきまして、3目徴収費でございます。11節需用費、印刷製本費は、催告書、封筒などでございます。19節負担金補助及び交付金は、納税組合交付金でございます。



◎市民部長(小嶋照男君) おめくりいただきまして、146ページをお願いいたします。4項1目戸籍住民基本台帳費、11節の中の修繕料は、窓口記載台等の修繕でございます。12節は、住民実態調査の郵送料でございます。13節は、戸籍記載委託業務、住民情報入力委託業務及び模写伝送装置等の保守委託料でございます。

 2目の外国人登録費につきましては、登録事務関係の経費を計上してございます。

 おめくりいただきまして、13節委託料は、外国人登録データ入力委託業務でございます。



◎総務部長(足立侃君) 150ページでございまして、5項の選挙費でございます。1目選挙管理委員会費は、選挙管理委員会の運営に要する経費でございます。

 2目につきましては、明るい選挙推進事業に要する経費でございまして、県の補助対象となっております。

 それから、3目参議院議員通常選挙費は、平成7年7月22日任期満了に伴うところの参議院議員通常選挙の執行経費でございまして、1節から8節までは主に人件費、おめくりいただきまして、12節は、入場整理券等の郵送に要する経費、選挙広報折り込み料等、さらに13節は、ポスター掲示場の設置及び撤去等の委託に要する経費でございます。

 それから、4目の県議会議員選挙費は、平成7年4月29日任期満了に伴いまして、平成7年4月9日に執行が予定されております愛知県議会議員選挙の平成7年度分に係る執行経費でございまして、1節から8節までは主に人件費、13節は、ポスター掲示場の撤去の委託に要する経費でございます。

 それから、おめくりいただきまして、5目につきましては、平成8年3月15日任期満了に伴う安藤川排水土地改良区の総代選挙、及び平成8年2月21日任期満了に伴う高橋用水土地改良区の総代選挙費の執行経費でございます。



◎企画調整部長(小林康仁君) おめくりいただきまして、156ページでございます。6項統計調査費でございますが、1目統計調査総務費につきましては、統計資料の印刷費とデータベース構築に係る委託料が主なものでございます。

 2目は、工業の実態を支えるため、毎年行われる工業統計調査及び商工業におけるエネルギー消費の実態を支えられる石油等消費構造統計調査の経費でございます。

 3目は、愛知県所管の統計で、日常生活に必要な品目の価格を調査する経費でございます。

 おめくりいただきまして、4目は、我が国の最も基本的な統計で、全国都道府県、市町村の人口数、職業別人口構成、核家族、その他の世帯構成等を5年ごとに調査する国勢調査に係る経費でございます。

 5目は、毎年行っている学校基本調査、人口動向調査等に加え、事業所の統計調査区設定、農業センサス事後調査に係る経費でございます。



◎監査委員事務局長(平田正行君) ページを飛びまして、162ページをお願いいたします。7項1目監査委員費は、決算審査、例月出納検査、定例監査等の業務を行うに必要な経費でございます。



◎福祉部長(杉山信平君) 164ページをお願いいたします。3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費でございます。11節需用費の主なものは、戦没者追悼式の記念品代でございます。13節委託料は、岡崎市社会福祉協議会に福祉会館の管理を委託するものが主なものでございます。

 おめくりいただきまして、19節負担金補助及び交付金の主なものでございます。これは社会福祉協議会補助金でございます。20節扶助費、難病者見舞金は40疾病に対するもの、出産祝い品は新生児出産に係るものでございます。21節生活資金預託金は、生活資金貸し付けのため、金融機関への預託費でございます。25節地域福祉基金積立金は、地域福祉基金の運用によって生じる収益金を基金に積み立てるものでございます。

 2目国民年金事務費、おめくりいただきまして11節需用費は、国民年金印紙購入費が主なものでございます。12節役務費は、通信運搬費は、年金保険料の納付書及び年金証書等の郵送料でございます。19節負担金補助及び交付金の納税組合交付金は、年金保険料取りまとめに対するものでございます。

 3目身体障害者及び精神薄弱者福祉費、おめくりいただきまして、170ページをお願いしたいと思います。12節役務費の医療事務手数料は、心身障害者及び戦傷病者医療に係るものでございます。13節委託料のうち、心身障害者家庭奉仕員委託料は、ガイドヘルパー、ホームヘルパーの委託料、心身障害者小規模授産委託料は、くろまつのさとに関するものでございます。医療審査支払委託料は、心身障害者、戦傷病者医療に係るものでございます。19節の民間社会福祉施設整備補助金は、社会福祉法人愛恵協会の精神薄弱者通所授産施設の新設に伴うものでございます。20節扶助費のうち、身体障害者補装具給付金は、車いす、歩行補助つえ等のもの、身体障害者更生医療給付費は、人工透析、心臓手術等に関するもの、身体障害者更生援護施設措置扶助費は、入所施設分32名、通所施設分29人分の経常費でございます。

 おめくりいただきまして、日常生活用具給付費は、特殊ベッド、特殊便器、浴槽等に係るもの。重度身体障害者住宅改善費は、浴室、トイレ等の改造に係るもの。社会事業、授産施設等措置費は、愛恵園18人、グループホーム等の措置費でございます。精神薄弱者援護施設措置費は、援護施設措置扶助費は、額田の村のほか、施設措置97人分の計上であります。心身障害者医療扶助費は、医療費助成条例に係るもの、心身障害者福祉扶助料は、身体障害者手帳及び療育手帳所持者に適用する単市の扶助料でございます。特別障害者手当等は、重度身体障害者及び精神障害者に支給する国、県の手当でございます。心身障害者タクシー料金助成費は、1級から3級までの身体障害者とA、B判定の療育手帳所持者の方に対するものでございます。精神障害者医療扶助費は、精神障害者の入院医療費の助成でありまして、昨年10月から、心身障害者には、入院給食費の助成を行っておりますが、新たに精神障害者の入院給食費につきましても、2分の1の助成を計上させていただくようにしたものでございます。

 4目精神薄弱者授産センター費でございます。福祉の村の希望の家、のぞみの家の管理運営を福祉事業団に委託する経費を計上させていただいたものでございます。

 おめくりいただきまして、5目精神薄弱者更生センター費は、福祉の村そだちの家の管理運営に関する経費を計上してございます。

 6目身体障害者センター費は、福祉の村の友愛の家の管理運営に関する経費の計上でありまして、18節は備品購入費は、老朽化による身体障害者用リフトバスの買いかえでございます。

 7目老人福祉費、おめくりいただきまして、11節需用費の主なものは、敬老祝い品等でございます。12節役務費で主なものは、医療事務手数料で、老人医療費に係るものでございます。13節委託料では、医療審査支払委託料、老人保健者特別医療費通知委託料、医療事務処理委託料は、老人医療及び老人保健に関するものでございます。家庭奉仕員委託料は、ヘルパー155人の経常費でございます。寝たきり老人介護委託料は、右の概要欄に記載の寝たきり老人に関する費用を計上したものでございます。地域福祉センター基本料金委託料は、地域福祉センター2号館建設の基本設計を委託する経費を計上させていただいております。19節は、老人憩いの家運営費補助金37カ所分、学区敬老会補助金は、70歳以上の41学区の2万3,150人に対するもの、単位老人クラブ補助金は、224クラブに対するもの、高齢者能力活用推進事業費補助金は、シルバー人材センターの人件費等の運営費でございます。

 おめくりいただきまして、高齢者能力開発情報センター補助金は、無料職業相談所人件費、社会福祉協議会に対するものでございます。地域老人コミュニケーション促進事業費補助金は、公衆浴場組合に対するものでございます。特別養護老人ホーム建設費補助金は、仮称おかざき福祉会が計画いたしております特別養護老人ホーム等に関するものでございます。次に、20節扶助費でございます。老人保護施設措置扶助費は、養護と特別養護老人ホームの措置費で、238人分を計上しております。敬老金は80歳以上の方に差し上げるもの、老人短期保護費は、4,100日分を算定しておるものでございます。寿バス優待券給付費は、70歳以上の方にJRまたは名鉄バス券を給付するもの。寝たきり老人見舞金は、650人分の計上をしております。老人医療扶助費は、68歳、69歳の方と、65歳以上の寝たきり臥床老人の方を対象とした医療費のほか、白内障に対するめがね、コンタクトレンズ等の助成と、昨年10月から実施しました入院給食費の助成も計上しております。痴呆性老人見舞金は、120人の計上をしております。外国人等無年金者福祉手当は、70歳以上の外国人の方、重度障害者の方に対する手当でございます。

 おめくりいただきまして、8目高年者センター費、次に9目老人福祉センター費、おめくりいただきまして、182ページをお願いします、10目地域福祉センター管理費、11目高齢者生きがいセンター管理費は、それぞれ福祉事業団に管理運営を委託する所要経費を計上しておるものでございます。

 12目消費行政対策費、8節報償費の相談員報償金は、近年ますます社会問題化しておりますさまざまな悪徳商法等消費者保護のため、平成7年度から新たに消費生活相談員を設置し、消費行政の充実を図るものでございます。13節委託料は、ノー包装運動の推進、消費生活展、おめくりいただきまして、米消費拡大推進事業費等の経費でございます。

 おめくりいただきまして、186ページをお願いいたします。2項児童福祉費、1目児童福祉総務費でございます。11節は、遺児激励会の記念品、工作物修繕料につきましては、児童遊園、子供広場の遊具等修繕料が主なものでございます。12節役務費は、乳幼児、母子等に対する医療助成費でございます。13節委託料、医療費審査委託料は、乳幼児母子医療に関する経費、母子寡婦福祉会館管理委託料は、会館の管理に要する人件費を計上しております。

 おめくりいただきまして、188ページをお願いいたします。20節乳幼児医療扶助費、母子家庭等医療扶助費は、入院給食費、遺児手当は2,372人に、障害児就学奨励金は、養護学校等への通学障害児に扶助するものでございます。

 2目児童措置費は、主に私立保育園等児童手当に対するものでございまして、13節委託料の中で、保育所措置委託料、時間延長型保育サービス事業委託料、おめくりいただきまして、一時的保育事業委託料につきましては、法人立の保育園で実施いただく経費を計上しております。放課後児童対策事業委託料は児童クラブに関するもの、子育て支援短期事業は、今年から県事業の後を受けて児童のショートステイ事業を行うものでございます。母子寮管理委託料は、福祉事業団に委託します人件費及び物件費でございます。15節工事請負費は、老朽化に伴います母子寮浴室の改装費を計上させていただきました。19節は、私立保育園補助金及び私立保育園施設整備補助金につきましては、概要欄1に記載の保育園について、外壁改装工事に対する補助金を計上させていただいております。20節扶助費の児童手当は、6,667人分の手当の額を計上させていただいております。

 3目保育園費でございます。公立の保育園30園に対する運営経費の計上をさせていただいております。

 おめくりいただきまして、11節需用費の主なものは、保育用消耗品費、給食に関する燃料費、賄い材料等を計上させていただいております。13節につきましては、保育園の施設保守点検、管理委託料に係るものが主なものでございます。

 おめくりいただきまして、15節工事請負費の保育園施設整備工事費は、前ページ概要欄2に記載の工事、保育園屋外施設の工事等で、園庭、倉庫建てかえ、遊具等に係るもの、園舎解体工事は、岩津北保育園廃園に伴う工事費を計上させていただいております。18節備品購入費でございます。前ページ概要欄3に記載の備品整備で、新規に全園に電子機器を導入し、音感教育の充実を図るよう経費を計上させていただきました。

 次に、4目精神薄弱者療育センター費、5目心身障害児地域療育センター費は、ともに福祉事業団に運営管理を委託する所要経費を計上させていただいたものでございます。

 おめくりいただきまして、6目児童センター費は、児童センター太陽の城の管理運営でございまして、保育園、幼稚園児を対象としたひまわり教室、小学校低学年を対象とした造形教室の開設に係る経費が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、3項生活保護費でございます。生活保護の事務経費等の計上を1目ではさせていただいております。

 2目扶助費では、この生活保護実施に係る所要経費を計上させていただいております。

 おめくりいただきまして、200ページをお願いいたします。4項1目災害救助費は、いずれも存目でございます。



◎環境衛生部長(粟生勇嗣君) 202ページをお願いいたします。4款衛生費、1項1目保健衛生総務費の13節委託料の衛生委員事務委託料は、476町に対する事務委託料、在宅当番医制運営委託料は、救急当番医事務委託料、健康カレンダー配布委託料をあわせて計上しております。19節負担金補助及び交付金は、岡崎額田地区広域事務組合の伝染病舎の運営に係る本市負担分を計上したものでございます。

 おめくりいただきまして、第1次救急医療対策に係るものといたしまして、休日夜間診療所運営費補助金は、平日夜間における突発的な急病を診療する岡崎市医師会平日夜間急病診療所運営事業所の補助及び岡崎歯科医師会休日夜間診療所運営事業費の補助並びに内科、小児科等7科、8医療機関による休日における在宅当番医制運営事業費の補助を計上いたしております。第2次救急医療対策に係るものとしまして、市内4病院の輪番による愛知病院を除く3病院の病院群輪番制病院運営費の補助金。その他主なものは、准看護婦育成のための准看護婦学校運営費補助金、難病患者への相談及び在宅支援と9月から開設する訪問看護ステーションに対し、難病在宅訪問支援事業運営費補助金、障害者の社会復帰訓練のための精神障害者小規模作業所運営補助金を計上したものでございます。

 2目伝染病予防費につきましては、伝染病予防対策として、消毒用薬剤等所要経費を計上したものでございます。

 おめくりいただきまして、3目結核予防対策費の13節委託料は、結核予防法に基づく住民検診での胸部レントゲンの撮影等に係る経費でございます。

 4目予防対策費につきましては、予防接種法に基づき、3種混合等6種類の定期予防接種と、犬登録事務に要する経費でございます。11節需用費の主なものは、予防接種用ワクチン4種類等を購入するための医薬材料費でございます。13節委託料は、3種混合、麻疹、風疹、日本脳炎の予防接種業務委託料でございます。

 5目環境衛生費につきましては、衛生害虫駆除薬剤のあっせんに要する経費を計上しております。11節需用費の主なものは、6種類の薬剤を購入するための消耗品等でございます。

 おめくりいただきまして、208ページをお願いいたします。6目母子保健費につきましては、母子保健法に基づき、母親教室、乳幼児健康相談、1歳6カ月時の健康診査等の実施に要する経費を計上したものでございます。13節委託料は、乳幼児健康相談、1歳6カ月時の健康診査等に伴う業務の委託料でございます。

 7目成人及び老人保健費につきましては、老人保健法に基づき、医療を除く保健事業に要する所要経費でございます。12節役務費は、通信運搬費といたしまして、65歳以上の方の基本健康診査受診票及び各種がん検診の通知等でございます。13節委託料は、健康相談、がん検診、人間ドック、婦人健康診査、機能訓練、健康診査等に伴う業務の委託料でございます。また、婦人健康診査におきましては、骨密度測定検査を新たに計上したものでございます。

 おめくりいただきまして、210ページをお願いいたします。8目保健センター費につきましては、保健センターの管理に要する所要経費の計上をしたものでございます。

 9目火葬場費につきましては、岡崎市斎場の年間所要経費を計上したものでございます。11節需用費は、火葬炉用金物及び燃料費等でございます。

 おめくりいただきまして、212ページをお願いいたします。10目墓地管理費につきましては、墓園墓地の維持管理等に係る年間所要経費の計上をしたものでございます。県による鹿乗川改修工事に伴い、市昭和町川田墓地の公共補償契約により、12節役務費は、無縁墳墓移転広告等、15節工事請負費は、墓地整備工事請負費、17節公有財産購入費は、代替墓地用地の購入費を計上したものでございます。

 11目公害対策費につきましては、公害対策審議会委員及び公害防止委員の報酬ほか、公害防止事業に必要な経費を計上しております。

 おめくりいただきまして、214ページをお願いいたします。12目環境推進費につきましては、生活排水対策推進に要する経費と自然環境保全基礎調査に要する経費を計上しております。

 おめくりいただきまして、216ページをお願いいたします。13節委託料は、矢作地区の鹿乗川流域における生活排水対策の推進計画策定委託料、各町衛生委員さんに生活排水の適正処理の指導、空き地の適正管理等を委託する環境推進事務委託料、また自然環境保全基礎調査は、平成6年度のアンケート調査に基づき、7年度は、動植物の分布調査をするための委託料でございます。19節負担金補助及び交付金は、合併処理浄化槽設置費補助金として131基分を計上いたしております。

 13目環境調査センター費は、環境調査センターの職員の人件費及び管理運営に必要な薬品、機材等の購入費でございます。

 おめくりいただきまして、218ページをお願いいたします。14目看護専門学校管理費は、看護専門学校の職員の人件費及び管理運営に必要な経費でございます。

 おめくりいただきまして、220ページをお願いいたします。13節委託料は、施設保守、空調、電気、消防等、点検委託講師派遣−市立病院からでございますが、委託料等でございます。

 おめくりいただきまして、2項衛生諸費、1目病院費、19節負担金補助及び交付金でございますが、病院事業会計負担金は、企業債償還等につきまして3分の2、研究研修費及び建設改良費につきましては2分の1を、それぞれの事業に対して一般会計より負担するための計上でございます。救命救急センターの運営費につきましては、高度医療に伴うものを負担するものでございます。看護婦等修学資金貸与金は、78人分を見込んで計上いたしております。特殊診療部門運営費負担金は、小児医療施設及び医学的リハビリテーション施設に伴うものを負担するものでございます。院内保育事業運営費負担金は、県補助基本額の3分の1を負担するものでございます。臨床研修事業費負担金は、医師の臨床研修に伴うものを負担するものでございます。救急告示病院空床補償負担金は、救急患者受け入れのための救急専用病床の確保の病院事業の健全運営を図る上で負担するものでございます。24節病院事業会計出資金は、病院移転建設事業のための出資金でございます。25節病院建設基金積立金は、病院建設のための利息相当分の基金積み立てでございます。

 2目上水道費につきましては、市内未給水地区に対する水道施設及び配水場緊急遮断弁の整備費並びに新市立病院給水事業と仁木水源確保のため、国営土地改良財産持ち分付与負担金に対する出資金でございます。

 おめくりいただきまして、224ページをお願いいたします。3項清掃費でございます。1目清掃総務費につきましては、衛生課関係管理事業及びごみ減量推進事業のための経費でございます。新規事業といたしまして、本年10月からの4分別に缶、瓶を加えた6分別を実施するに伴いまして、11節需用費では、缶、瓶の収集用の回収袋、コンテナの購入の経費、13節委託料では、分別収集の啓発及びごみ減量の啓発に要する委託料を計上いたしております。

 おめくりいただきまして、226ページをお願いいたします。19節の生ごみ堆肥化促進補助金では、好気性の容器の購入補助に加えまして、有用微生物群による嫌気性の容器に購入補助をするものでございます。

 2目塵芥処理費につきましては、八帖及び中央クリーンセンターの焼却施設、ごみ収集業務、一般廃棄物最終処分場及び本年8月末に完成予定のリサイクルプラザの維持管理と運営に要する経費でございます11節の需用費の消耗品費の主なものは、焼却、埋め立て処理に必要な消石灰等の薬品類の購入で、燃料費は、ごみ収集車の燃料が主なものでございます。12節役務費は、ごみ収集車等の保険のほか、水質検査、機器検査等の手数料でございます。13節委託料は、焼却施設及び最終処分場の運営管理に要する経費のほか、ごみ収集委託料として、粗大ごみ収集に加えまして、缶、瓶の分別収集の一部、リサイクルプラザの運転の委託の部分の経費を計上しております。14節は、最終処分場の賃借料及び八帖クリーンセンターの仮設建物賃借料でございます。

 おめくりいただきまして、228ページをお願いいたします。15節は、八帖・中央クリーンセンターの焼却施設及び一般廃棄物処分場の維持運営に要する補修整備工事を計上しております。18節備品購入費は、機械器具購入費は、フロン回収用としての冷媒回収装置、自動車購入費は、缶、瓶の分別収集用としてごみ収集車を2台、低床トラックを4台、その他3台のごみ収集車及び2台の軽自動車を購入するものでございます。

 おめくりいただきまして、230ページをお願いいたします。3目し尿処理費は、し尿処理及びし尿処理場の運営管理に要する経費でございます。11節需用費の消耗品費は、し尿処理に使用する高分子凝集剤等の薬品、燃料費は、し尿の汚泥焼却、収集車両の燃料でございます。13節委託料は、し尿処理施設の運転、保守及び法律に基づいて行う検査等の委託料、公衆便所等の委託料等でございます。15節の工事請負費は、各種機械設備の整備及び修繕の工事費を計上いたしております。18節の備品購入費のうちの自動車購入費は、し尿収集車を1台購入するものでございます。

 4目塵芥処理施設建設費は、平成5年度に3カ年の継続事業として建設しております八帖クリーンセンターのごみ焼却建設工事の最終年度として、建設工事費、施工監理委託料及び事務経費を計上いたしております。

 おめくりいただきまして、232ページをお願いいたします。5目リサイクル施設建設費は、平成5年度に3カ年の継続事業費として建設しております中央クリーンセンターのリサイクル施設建設工事の最終年度として、建設工事費、施設管理委託料及び事務経費及び完工式に係る経費を計上いたしております。



◎経済部長(原田久夫君) 234ページをお願いいたします。5款労働費、1項1目労働福祉費、19節負担金補助及び交付金は、連合愛知岡崎地協等労働団体への補助金と、勤労者共済会運営費補助金です。21節貸付金は、勤労者共済会厚生資金として愛知県労働金庫に預託するものと、勤労者住宅整備促進事業として愛知県労働者住宅生活協同組合へ貸し付けするものでございます。

 2目雇用促進費は、岡崎市雇用対策協議会補助金等雇用安定化事業に係る経費でございます。

 おめくりいただきまして、3目職業訓練センター費、15節工事請負費は、案内標識板を設置するものです。19節負担金補助及び交付金は、施設の維持及び効率的な運営管理のため、岡崎技能開発公社へ補助するものと、知事認定の職業訓練を実施する岡崎技術工学院と工芸大学訓練校へ補助するものです。

 4目勤労青少年ホーム費は、各講座講師等の経費と施設管理費でございます。

 おめくりいただきまして、13節委託料のうちASEAN勤労青少年招聘委託料は、ASEAN勤労青少年との相互理解と親善を図るための事業に係る経費でございます。

 5目働く婦人会館費は、各種講座の開講等、働く婦人会館の管理運営費でございます。

 おめくりいただきまして、6目勤労者体育センター費は、六ツ美の体育センターの管理運営費でございます。

 7目勤労文化センター管理費、13節委託料は、勤労文化センター管理協会へ施設の管理運営を委託する経費でございます。

 おめくりいただきまして、244ページをお願いいたします。6款農林業費、1項農業費、1目農業委員会費は、委員34名の人件費及び委員会運営管理に係る経費でございます。

 2目農業総務費、おめくりいただきまして19節は負担金補助及び交付金は、岡崎額田地区広域事務組合で行っております農業共済事業負担金でございます。

 3目農政費、13節委託料は、農業生産組合への事務委託料を初め農業祭委託料、農林産物ブランド化推進事業委託料等でございます。19節負担金補助及び交付金は、おめくりいただきまして、農林業経営改善近代化資金利子補給補助金等でございます。

 4目農産振興費、19節負担金補助及び交付金は、水田営農活性化対策事業費、転作営農高度化推進事業、地域農業システム化推進事業費補助金及び園芸産地活性化推進事業費補助金等でございます。

 おめくりいただきまして、5目畜産振興費、畜産の振興及び畜産団体育成に係る経費でございます。

 おめくりいただきまして、6目農業改善事業費は、地域農業の組織化の推進を図る事務経費でございます。

 7目農業者体育センター費は、花園体育センターの管理運営に係る経費でございます。

 おめくりいただきまして、農業バイオセンター管理費、11節需用費の消耗品費は、農業バイオセンター研究施設運営用消耗資材費でございます。13節委託料は、キノコの培地製造、25万袋を岡崎市森林組合へ、イチゴウイルスフリー苗5万本を岡崎市農協イチゴ部会へそれぞれ製造委託するための経費でございます。研究施設で行う有用微生物研究指導委託料及び現在研究中のふれあい施設の運営を会社形式で行うため、仮称株式会社ふれあい設立準備委託料は、新規のものでございます。

 おめくりいただきまして、24節投資及び出資金は、仮称株式会社ふれあいの設立出資金で、新規のものでございます。

 9目農業バイオセンター建設費、13節委託料は、農業バイオセンター市民ふれあいゾーン園内整備設計委託料で、また15節工事請負費は、市民ふれあいゾーンの展示即売施設、朝市等の催場施設等の建設工事費でございます。



◎建設部長(市川靖夫君) 258ページをお願いいたします。2項農業基盤整備費でございます。1目13節の主なものは、ため池、農道及び排水路の地元からの用地の寄附に伴う測量費と、土地改良施設のうち、パイプラインの調査及び台帳作成の委託料で、15節は、合歓木排水機場の排水ポンプの取りかえ、通報・警報装置設置等の工事費。19節の主なものは、岩津用水土地改良区への負担金と各土地改良区の諸施設の維持管理費等に対する補助金でございます。

 おめくりいただきまして、2目13節は、県営ほ場整備事業六ツ美中部地区の調査設計費、19節の県営土地改良事業負担金は、県営土地改良事業6地区に対する負担金、土地改良区補助金は、県営及び団体営事業に対する補助金でございます。

 おめくりいただきまして、3目11節のうち農業施設修繕料は、農業用用排水路施設の修繕料。13節は、県営及び単独市費の土地改良事業の調査測量設計費と鉢地町地内の農道橋改良工事及び西蔵前町地内の排水樋管改良工事の委託料。15節は、県費及び単独市費の土地改良事業でございます。

 4目15節は、鉢地町地内の農道整備工事。19節は、鉢地第1及び鉢地第2地区のほ場整備事業に対する補助金でございます。



◎経済部長(原田久夫君) 264ページをお願いいたします。6款農林業費、3項林業費、1目林業総務費、24節投資及び出資金は、林業の機械化の推進や担い手の育成など、林業の活性化に関する各施策を計画的、継続的に実施し、林業の振興を図る目的のため、愛知県林業振興基金が設立され、昨年に引き続き、県、関係市町村及び林業団体がこの基金に出捐するものでございます。

 2目林業振興費、13節委託料は、林道古部才栗線の測量、松くい虫立木駆除事業の委託料でございます。15節工事請負費は、林道大入線の開設工事、桑谷蒲郡線、西山線の改良工事と、桑谷蒲郡線、坂下線の舗装工事費でございます。

 268ページをお願いいたします。7款商工費、1項1目商工総務費、25節積立金は、都心型複合拠点施設事業基金の利息を積み立てるものでございます。

 2目商工振興費、13節委託料は、優良物産品の展示即売等販売販路拡張事業として、秋の商工フェアの運営等の委託料でございます。19節負担金補助及び交付金では、商工団体の共同事業、景観施設、共同施設設置の事業に対する商工団体振興事業費補助金でございます。

 3目中小企業対策費でございますが、おめくりいただきまして、19節負担金補助及び交付金は、中小企業団体の指導事業費や商店街対策事業費に対し補助する中小企業対策事業費補助金や商工業者の借入補償料の負担軽減のための中小企業事業資金等補償料補助金と商工業活性化整備資金補償料補助金等でございます。21節貸付金は、金融対策として各制度融資において、中小企業の事業資金を円滑にするため金融機関に預託するものでございます。

 4目計量検査費は、計量検査に係る経常経費でございます。

 おめくりいただきまして、5目工場誘致対策費は、メカトロピア岡崎の建設推進に係る経費でございます。

 6目繊維センター費は、繊維試験に要する経費と施設の管理運営費でございます。

 おめくりいただきまして、7目観光費の13節委託料は、恒例の桜まつり、家康行列、岡崎観光夏まつりや伝統的観光行事を効率的に実施、運営するため、岡崎市観光協会に事業委託する経費のほか、新規事業として、悠紀斎田80周年記念事業の支援をしてまいります。また、花火大会に岡崎市が提供する花火の打ち上げ委託料や、東岡崎駅前歓迎案内板、プリズマビジョンの画面管理に要する経費が主なものでございます。その他、平成2年度から地域別に製作してまいりました岡崎観光文化百選ビデオにかわり、新たに岡崎の季節ごとの風物を取り入れた観光ビデオを製作してまいります。

 おめくりいただきまして、19節は、愛知県観光協会を初め関係諸団体の負担金のほか、岡崎市観光協会の一般管理費等の補助をする経費でございます。

 8目三河武士のやかた家康館費は、館の管理運営等に関する経費でございます。

 おめくりいただきまして、13節委託料は、施設の保守管理等に要する経費のほか、特別展に係る目録、図録等の作成を委託する経費でございます。18節備品購入費は、展示資料購入のための経費が主なものでございます。

 9目岡崎城管理費は、岡崎城の管理運営に要する経費でございまして、11節需用費は、リーフレット及び岡崎城概要書の印刷が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、15節工事請負費は、岡崎城屋根のふきかえ工事及び外壁改修工事に要する経費でございます。



○議長(河澄亨君) 昼食のため、暫時休憩いたします。

 再開は、午後1時といたします。

             午前11時55分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午後1時再開



○議長(河澄亨君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 8款土木費より説明願います。



◎建設部長(市川靖夫君) 282ページをお願いします。8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費、13節は、工事積算システムの単価改定データ入力及びシステム改善のための費用が主なものでございます。14節は、土木建築積算システムの賃貸借料でございます。19節は、浸水防止奨励金及び岡崎土木協議会負担金などが主なものでございます。

 続いて、2目建築指導費でございますが、おめくりいただきまして、14節は、建築確認支援システムの電算機賃借料でございます。

 3目総合現業事務所費、11節は、道路維持等の作業用消耗品及び車両、機械器具の燃料費、修繕料等でございます。16節は、道路、下水、学校、市営住宅の修繕工事用材料費でございます。18節は、車両の買いかえと機械器具購入費でございます。

 おめくりいただきまして、4目総合現業事務所建設費、13節は、総合現業事務所建設に伴う進入路拡幅の調査設計費で、15節は、造成工事費と建設工事費でございます。



◎市民部長(小嶋照男君) おめくりいただきまして、288ページをお願いいたします。2項1目交通安全対策総務費は、職員の人件費の計上でございます。

 2目の交通安全推進費、11節は、交通安全の推進啓発に要する経費で、新規のものでは、高齢者交通安全推進委員委嘱式と、交通安全母親活動指導者研修会の開催経費が主なものでございます。13節の主なものは、放置自転車の整理をシルバー人材センターに委託するもので、19節は、交通指導員並びに交通少年団に対する補助金でございます。

 おめくりいただきまして、3目緊急交通安全対策費は、11節の工作物修繕料は、道路反射鏡、防護さくの修繕、13節は、道路区画線設置と施設整備に要する測量整備、道路反射鏡及び道路標識の施設点検委託でございます。15節は、一般道、通学路、自転車駐車場の整備、交差点改良工事は、障害を持つ人や高齢者のため、また放置自転車保管場所の整備に係るものでございます。17節は、交差点改良用地の購入費でございます。



◎建設部長(市川靖夫君) 292ページをお願いいたします。3項道路橋りょう費、1目道路橋りょう総務費、11節は、道路照明灯修繕料が主なものでございます。13節は、道路測量調査、道路中心ぐい設置、道路境界立ち会い、道路台帳整備等に要する委託料で、15節は、道路及び通学路の照明灯新設工事費、19節は、道路関係諸団体及び県派遣職員の給与費負担金でございます。

 おめくりいただきまして、2目道路維持費、13節は、道路測量設計、道路境界調査測量等、及び施設の保守管理に要する委託料で、15節は、道路の保全及び維持管理に係る工事費、16節は、道路維持修繕のための工事材料費でございます。

 3目道路新設改良費、13節は、東名側道ほか12路線の測量設計及び建設省へ委託する矢作川リフレッシュ事業などの委託料で、15節は、米河内1号線ほか22路線の道路新設改良費でございます。このうち、宮地法性寺2号線ほか8路線は新規事業でございます。17節は、米河内1号線ほかの土地購入費で、22節は、米河内1号線ほか支障となる建物等の移転補償費でございます。

 おめくりいただきまして、4目準市道及び生活道整備費は、13節、生活関連道路の整備に伴う調査測量設計委託料、15節は、準市道、生活道整備費でございます。

 5目橋りょう維持費は、15節、橋梁の維持管理費でございます。

 おめくりいただきまして、6目橋りょう新設改良費、13節は、鹿乗川改修に伴う神明橋の改築を6年度に引き続き県に委託するものでございます。15節は、舞木2号線、第1鉢地川橋の新設改良工事でございます。

 おめくりいただきまして、4項河川費、1目河川総務費、19節は、河川関係諸団体及び急傾斜地崩壊対策事業費の負担金でございます。

 2目水防費、おめくりいただきまして、17節大西地内の水防活動基地として利用する土地の購入費でございます。

 3目河川維持費、13節は、乙川噴水、占部川遊水地等の保守管理及び排水路等の維持管理費で、15節は、河川排水路の修繕、しゅんせつ等の経費でございます。

 4目河川新設改良費、13節は、小呂川ほか5河川及び本宿排水路ほか11排水路の測量設計の委託料が主なものでございます。15節は、小呂川ほか11河川、本宿排水路ほか24排水路及び六名貯留池導水路築造費で、このうち円山川、宮地支川の2河川、福岡堂嶋排水路ほか7排水路は、新規事業でございます。

 おめくりいただきまして、17節は、ミタライ川ほかの用地購入費で、19節は、工事に伴います水道工事負担金、22節は、六名貯留池導水路築造などの工事に伴う損失補償費でございます。



◎開発部長(斎藤芳行君) 2枚おめくりいただきまして、308ページをお願いいたします。5項1目都市計画総務費、11節のうち印刷製本費は、主として用途地域図等の地図の印刷代でございます。13節は、地図情報システム、駐車場案内システムの運用管理、岡崎城初め11施設の市営施設管理協会への委託をするものでございまして、新規といたしましては、都市拠点総合整備事業に係る測量設計業務でございます。15節は、スポーツガーデンと専用駐車場の施設修繕工事でございます。

 おめくりいただきまして、2目都市景観環境費、15節は、まちづくりアイデア事業化や歴史的景観施設整備といたしまして、藤川町地内棒鼻歌碑設置工事でございます。

 おめくりいただきまして、3目街路事業費、13節は、岡崎環状線、和田線、柱町線、若松線など8路線の測量調査業務や、東岡崎駅南広場の予備設計等でございます。15節は、国庫補助事業の井内新村線初め井田町線、矢作桜井線など8路線の街路改良工事でございます。17節は、岡崎環状線ほか5路線の用地費でございます。22節は、東岡崎駅南線ほか2路線に係る建物、電柱等の移転補償費でございます。

 4目下水道費は、下水道特別会計、地域汚水処理施設特別会計の繰出金でございます。

 おめくりいただきまして、5目都市下水路費、13節は、ポンプ場の保守点検及び施設管理委託料などでございます。15節は、赤渋ポンプ場のポンプ増設、沈砂池造成及び接続する幹線バイパス築造でございます。22節は、工事に伴う水道、ガス等の移設等補償費でございます。

 おめくりいただきまして、316ページでございます。6項1目公園緑地総務費、13節は、緑地公園施設等の管理を環境整備協会及び竜美丘会館管理協会へ委託する費用でございます。25節は、公園施設整備基金の運用利益を基金に積み立てるものでございます。

 おめくりいただきまして、2目公園費、11節は、通常経費でございまして、動物の飼料費が主なものでございます。13節は、岡崎公園の神橋改築の基本設計を初め、6公園の測量設計等の委託及び16公園の樹木等の年間管理委託と93公園の清掃、除草等をシルバー人材センターに委託する委託料などでございます。15節は、岡崎公園、南公園、東公園と、公園施設の改修、取りかえ等を行う工事費でございます。17節は、レクリエーションランド及び仮称矢北公園等の用地購入費に要する経費でございます。18節は、各公園の維持管理用機械器具購入費で主なものでございます

 おめくりいただきまして、3目中央総合公園管理費、13節は、中央総合公園運営管理協会に対する公園維持管理委託料でございます。

 4目緑化事業費でございますが、13節は、公共広場、街路樹等の樹木の管理、松くい虫防除業務の委託料でございます。

 おめくりいただきまして、15節は、県費補助事業及び単独事業による公共用地緑化推進植栽工事が主なものでございます。

 5目中央総合公園建設費、おめくりいただきまして、13節は、アーチェリー場建設に係る建設設計、美術館博物館周辺整備設計、及び工事施工管理委託料など、公園整備に係る各種委託料でございます。15節は、アーチェリー場建設工事、美術博物館周辺整備工事のほか、公園整備に係る工事請負費でございます。



◎都市施設部長(安藤正昭君) おめくりいただきまして、326ページをお願いします。7項土地区画整理費、1目土地区画整理管理費、13節の現況等調査委託料は、占部川左岸土地区画整理事業の推進に伴う活動費でございます。土地区画整理事業調査委託料は、占部川左岸土地区画整理事業の想定換地を作成するものでございます。また、都市計画決定図書作成委託料は、事業区域の決定及び都市計画決定等を行うものでございます。

 2目土地区画整理組合指導費、19節、組合区画整理県費補助事業市負担金は、真伝特定土地区画整理組合、小針組合の事業費負担金でございます。土地区画整理組合連合会補助金は、事務費に対する一部助成でございます。

 おめくりいただきまして、土地区画整理組合事業費補助金は、真伝特定組合、真伝前田組合、真伝亀山組合及び宇頭東組合の道路用地、道路舗装等に対する助成が主なものでございます。土地区画整理組合借入金利子補給補助金につきましては、小針組合のほか3組合に対するものでございます。

 3目岡崎駅西土地区画整理事業費、13節委託料は、換地、区画整理測量等に要するものでございます。15節は、区画道路築造及び整地工事に要する工事請負費でございます。22節は、工事に支障となる建物移転等に係る補償金でございます。28節の繰出金は、仮清算金に伴う清算交付金でございます。

 おめくりいただきまして、4目岡崎駅東地区都市改造事業費、13節は、換地、区画整理測量及び事業計画変更図書作成に要する経費でございます。また、補償物件調査委託料は、コンピューターによる補償物件の積算を行うもののほか、ふるさとの顔づくりモデル事業調査委託料は、ふるさとの顔づくりモデル土地区画整理事業として、国の地区指定承認を受けるための調査委託料でございます。15節は、道路築造工事費及び整地工事費等に要するものが主なものでございます。

 おめくりいただきまして、19節は、水道管布設に伴う工事費の負担金でございます。22節は、工事に支障となる物件の移転に要する補償金でございます。



◎建設部長(市川靖夫君) おめくりいただきまして、334ページをお願いいたします。8項住宅費、1目住宅総務費、21節は、住宅宅地資金及び災害防止工事資金の融資あっせんのため、金融機関へ預託するものでございます。

 2目住宅管理費、11節は、市営住宅31団地、2,915戸の維持管理に係る経費で、13節は、境界確定測量費、家賃滞納者の訴訟弁護委託料、及び施設の保守管理委託料でございます。

 おめくりいただきまして、14節は、譲渡公営住宅敷地賃借料が主なもので、15節は、市営住宅内部改装、屋根のふきかえ、集会所の整備費が主なものでございます。

 3目住宅建設費、15節は、天神荘1種住宅48戸と、北羽根荘1種住宅19戸の建てかえ事業費で、19節は、天神荘、北羽根荘建てかえに伴う水道布設費とテレビ共同受信施設加入負担金でございます。



◎消防長(中嶋義則君) 340ページをお願いいたします。9款1項消防費、1目11節消耗品費は、災害出動用品救助用資機材等の購入に要する経費、燃料費及び自動車修繕料は、消防ポンプ自動車などの燃料及び車検修繕料等でございます。

 おめくりいただきまして、13節は、通信機器、空調設備等の施設保守及び電気工作物等の施設管理委託料、14節は、寝具賃借料及び電子計算機賃借料が主なものでございます。15節は、消防本部1階消防署事務室の増築に係ります庁舎整備工事請負費、18節は、火災防御及び人命救助用機器の購入に要する経費でございます。19節は、消防長会負担金のほか、職員研修に係ります各種負担金等でございます。

 おめくりいただきまして、2目11節消耗品費は、消防団員の入退団及び防寒衣等の整備に伴う被服、訓練用品等の購入に要する経費、自動車修繕料は、消防ポンプ自動車等の車検修繕料でございます。

 おめくりいただきまして、13節は、消防団員家族慰安会実施委託料、15節は、防火水槽有蓋工事などの改修に係る工事請負費でございます。18節は、火災防御用機器の購入に要する経費、19節は、第49回愛知県消防大会開催に伴う愛知県消防協会負担金、消防団員等公務災害補償等共済基金負担金及び消防団連合会補助金等でございます。

 次に、3目13節は、消防署東分署の拡張整備に伴います地質調査及び設計委託料、15節は、消防団車庫警備室の改築工事、防火水槽の新設工事、消防署東分署用地造成工事及び消防緊急通信指令施設の改修に係ります工事請負費でございます。17節は、消防署東分署拡張用地取得に係ります土地の購入費、18節は、小型動力ポンプを初めとする機械器具及び消防ポンプ自動車、高規格救急自動車等の購入に要する経費でございます。

 おめくりいただきまして、19節は、消火栓新設及び補修工事費負担金でございます。

 次に、4目11節消耗品費は、防災訓練用品、婦人自主防災クラブ用品、備蓄する災害応急食糧、真空パック、毛布等の購入に要する経費でございます。

 おめくりいただきまして、13節は、防災計画作成基礎調査及び防災訓練用施設製作委託料等でございます。14節は、新たに導入する気象情報システムの賃借料、15節は、防災倉庫新設に係ります工事請負費でございます。



◎教育委員会管理部長(鋤柄忠雄君) 352ページをお願いいたします。10款教育費、1項1目教育委員会費は、教育委員会の運営に係る経常経費でございます。

 2目事務局費、11節の消耗品費は、職員の被服等と事務局に必要な経常経費でございます。

 おめくりいただきまして、19節は、私立高校授業料補助金につきまして、従来からの私立高校在学者のほかに、新たに私立専修高校高等課程の在学者も対象にするよう計上いたしましたほか、岡崎育英会学生寮運営費補助金は、東京及び京都の学生寮の運営管理費が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、20節は、大学及び高校在学者に対する奨学金でございます。

 3目私立学校振興費、19節につきましては、大学2校、短大4校、高校4校、幼稚園18園に、また私立幼稚園につきましては、就園奨励費と給食費及び入園料等の補助金でございます。

 おめくりいただきまして、2項1目学校管理費、11節は、図書、児童用補助教材及びプール浄化槽用のカートリッジ等消耗品のほか、学校管理上必要な経常経費でございます。12節は、樹木の剪定料、ピアノの調律手数料、浄化槽及び貯水槽検査手数料等が主なものでございます。13節は、学校施設の維持管理に要します保守点検及びプール更衣室の改築、プールシャワー温水化整備、運動場排水整備、屋体照明設備改修、下水処理配管切りかえ、地盤沈下調査のための測量設計等の委託料でございます。14節は、交通教室の送迎用バスの使用料、有線放送受信料及び常磐南小学校を初め3校の土地賃借料等でございます。

 おめくりいただきまして、15節は、359ページ概要欄2に記載してございます校舎、プール等の施設整備費でございます。16節は、校舎等の維持修繕に必要な板ガラス、ベニヤ板等の材料費でございます。18節は、359ページ概要欄3に記載してございます学校管理用及び指導用の備品購入費でございます。20節は、準要保護児童に対する給食費を補助するものでございます。

 2目教育振興費、11節は、教材用の消耗品が主なものでございます。18節は、概要欄1に記載してございます教材用備品でございます。20節は、要保護と準要保護及び特殊学級の児童に対する学用品、修学旅行等の扶助費でございます。

 おめくりいただきまして、3目学校建設費、13節は、校舎新築、プール建設等のための設計及び地質調査委託料でございます。15節は、六ツ美北部小学校分離校を初め3校の造成並びに竜谷小学校、緑丘小学校の教室改造及び連尺小学校プール建設の工事費でございます。17節は、恵田小学校拡張用地の土地購入費でございます。18節は、校舎改造及びプール建設に必要な初年度備品購入費でございます。19節は、常磐南小学校及び六ツ美北部小学校分離校の用地造成に伴う水道管布設工事費の負担金でございます。

 おめくりいただきまして、3項1目学校管理費、11節は、学校管理上必要な消耗品等経常経費でございます。12節は、樹木の剪定料とピアノの調律手数料、浄化槽及び貯水槽の検査手数料が主なものでございます。13節は、学校施設の維持管理に要します保守点検及びプール温水化整備、運動場排水整備等のための測量設計等の委託料でございます。14節は、有線放送受信料、おめくりいただきまして、常磐・新香山両中学校の土地賃借料でございます。15節は、365ページ概要欄2に記載の校舎、プール、屋内運動場及び校地等の整備に要する工事費でございます。17節は、東海中学校の校地内にある国有財産の土地購入費でございます。18節は、365ページ概要欄3に記載してございます学校管理用及び指導用の備品購入費でございます。20節は、準要保護生徒の給食費を補助するものでございます。

 2目教育振興費、11節は、教材用消耗品の購入費でございます。18節は、概要欄1に記載してございます教材用備品でございます。20節は、要保護と準要保護及び特殊学級に対する学用品、修学旅行等の扶助費でございます。

 おめくりいただきまして、3目学校建設費、11節は、屋内運動場建設等に伴う必要な消耗品が主なものでございます。13節は、校舎等建設に必要な設計、地質調査等の委託料でございます。15節は、概要欄に記載してございます東海中学校屋内運動場建設を初め、六ツ美中学校校舎増改築及び福岡中学校プール建設の工事費でございます。18節は、校舎及び屋内運動場等の建設に必要な備品の購入費でございます。

 おめくりいただきまして、372ページまでお願いいたします。4項1目幼稚園費は、公立幼稚園3園の管理運営に要する経費でございます。

 おめくりいただきまして、376ページまでお願いいたします。5項1目指導研修費、13節は、377ページ概要欄1に記載してございます第32回造形おかざきっ子展を初め指導研修事業の委託料でございます。

 おめくりいただきまして、14節は、研修会、研究会等の会場使用料のほか、造形教室、送迎用バスの借上料及び施設入場料でございます。

 2目学校保健費、おめくりいただきまして、11節は、BCGワクチン等結核予防のための医療材料費が主なものでございます。13節は、学校保健法に基づく寄生虫卵検査を初め各種検査の委託料でございます。19節は、児童生徒及び園児の災害共済給付のため、日本体育学校健康センターへの共済掛金等でございます。

 おめくりいただきまして、3目学校体育費、19節は、各種スポーツ大会に派遣する選手に対する補助金でございます。

 4目学校給食センター費、11節は、運営管理に必要な経費で、主なものは、フードスライサー等機器器具修繕料と、調理室壁面等建物修繕料、汚水処理施設等工作物修繕料等でございます。13節は、学校給食協会に対する業務委託料でございまして、内訳は、人件費及び給食材料費等が主なものでございます。14節は、電子計算機の賃借料でございます。

 おめくりいただきまして、15節は、北部学校給食センターの調理棟屋根改修等の工事費でございます。18節は、385ページ概要欄4に記載してございます食器消毒保管機等機械器具購入費でございます。19節は、学校給食協会への補助金でございまして、需用費、配送委託料等が主なものでございます。

 5目教育研究費、11節は、教育相談に必要な消耗品等経常経費でございます。

 おめくりいただきまして、13節は、385ページ概要欄1に記載してございます教育研究事業に要する各種委託料でございます。

 おめくりいただきまして、6項1目社会教育総務費、19節は、学区の社会教育事業の振興を図るため、41学区に対する補助金が主なものでございます。25節は、美術博物館の建設及び資料基金の利子収入の積み立てと図書館建設基金の利子収入の積み立てでございます。

 おめくりいただきまして、2目文化振興費、13節は、市民音楽祭及び市民クラシックコンサート委託料が主なものでございます。19節は、文化協会自費出版物奨励及び学術研究奨励補助金が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、3目文化財保護費、11節は、指定文化財目録の印刷等経常経費でございます。13節は、遺跡の発掘調査及び市所蔵文化財資料整理等委託料でございます。19節は、市指定文化財紙本著色、那智参詣曼荼羅と孝養太子立像及び絹本金字六字名号の損傷の修復、市指定文化財木造来迎阿弥陀如来立像等を収納する建物の防災施設の設置に対する補助金が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、4目公民館費は、社会教育学級及び社会教育活動総合事業など、公民館運営に要する委員及び講師の報償金でございます。

 5目図書館費、11節は、消耗品、図書の購入を初め、一般消耗品、印刷費などの経常経費でございます。

 おめくりいただきまして、13節は、施設の維持管理に要する保守点検委託料のほか、身体障害者用便所設計委託料、図書館情報システム実施設計委託料等でございます。14節は、電子計算機の賃借料が主なものでございます。15節は、身体障害者用便所の新設、電子計算室の冷暖房機の更新が主なものでございます。18節は、配本用の自動車の買いかえ、及び備品、図書の購入費が主なものでございます。

 6目美術館費、おめくりいただきまして、11節は、特別企画展、自主企画展の図録の購入費等、及びポスター、チラシ等の印刷費のほか、経常経費でございます。13節は、特別企画展及び自主企画展の展示等委託料のほか、施設の維持管理に要する委託料でございます。15節は、プレハブ倉庫の屋根の取りかえ、及び玄関扉の自動化工事費でございます。18節は、美術品の購入費が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、7目視聴覚ライブラリー費、11節は、視聴覚教材、消耗品のほか、ライブラリー運営上必要な経費でございます。18節は、ビデオ関係機器、16ミリフィルム自動検査機等、教材として必要な備品の購入費でございます。

 おめくりいただきまして、8目郷土館費は、郷土館の管理運営に要する経常経費でございます。

 9目市民センター費、11節は消耗品費、印刷製本費、建物修繕料など、センター運営上必要な経費でございます。

 おめくりいただきまして、13節は、総合作品展委託料、保守点検委託料、施設管理委託料等が主なものでございます。15節は、405ページ概要欄3に記載してございます各市民センターの施設整備工事費でございます。

 10目少年自然の家費、おめくりいただきまして、14節は、寝具の賃借料が主なもので、そのほか経常経費でございます。15節は、宿泊棟の屋根のふきかえ、テント場の整備、案内板の移設等の施設整備工事費でございます。

 おめくりいただきまして、11目地域文化広場費、11節は、展示及び収蔵整理に要する消耗品、企画展用ポスター、チラシ、パンフレット、収蔵作品図録等印刷製本費、及び施設等の修繕料が主なものでございます。13節は、企画展の開催、親子造形センター等管理委託料、及び施設の保守委託料等でございます。

 おめくりいただきまして、15節は、館内監視システム及び非常用放送設備の改修、展望の丘階段補修工事等の施設整備工事費でございます。18節は、展示備品等の購入費が主なものでございます。

 12目美術館博物館建設費、おめくりいただきまして、13節は、収蔵庫棟建設工事施工監理、屋内展示物の製作、屋外造形物の調査並びに製作及び施設管理等の委託料でございます。15節は、平成5年度から3カ年継続事業の美術館・博物館収蔵庫棟とレストラン棟の建設及び外構工事、案内標示板等設置工事請負費でございます。18節は、展示備品、庁用器具等の購入が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、7項1目社会体育費、11節は、市民体育祭等各種スポーツ大会の参加賞、学校開放事業消耗品、各種スポーツ大会役員の食糧費、及びプログラム、ポスター等の印刷費のほか、体育施設の修繕料等でございます。13節は、各種スポーツ大会運営委託料のほか、運動場の除草、整備など施設の保守委託料が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、15節は、417ページ概要欄5に記載してございます明神橋公園運動場夜間照明設備の改修、岡崎公園体育場等施設の撤去、緑丘庭球場のコート改修等、体育施設の整備工事費でございます。19節は、県高校野球連盟が市民球場で大会開催する場合の球場使用料の一部負担金と、体育協会、体育施設管理協会、地域市民スポーツ振興に係る補助金が主なものでございます。

 2目体育館費、おめくりいただきまして、11節は、体育館の運営、維持管理に必要な消耗品、修繕料等の経費が主なものでございます。13節は、施設及びトレーニング器具等体育機器の維持管理に必要な保守点検等委託料でございます。15節は、体育館等の空調設備の改修、下水道処理に対応した排水設備の設置工事等でございます。3目地区体育館費は、矢作体育館の管理運営に要する経常経費でございます。

 10款は以上でございます。



◎総務部長(足立侃君) それでは、422ページをお願いいたします。11款災害復旧費につきましては、1項の道路、橋梁、河川などの公共土木施設、2項の農林業施設、さらにおめくりいただきまして、3項の文教施設、4項のその他公共効用施設の災害復旧費のそれぞれの計上でございまして、災害復旧費は総額で7,000万円計上となっております。

 それから、426ページでございます。12款公債費でございます。1目は市債の償還元金を、2目は市債及び一時借入金に係る利子でございまして、市債残高の増加により償還額も増加の傾向となっております。

 おめくりいただきまして、13款諸支出金、1項の普通財産取得費につきましては、まず1目土地取得費につきましては、竜美台一丁目地内の用地を水道局から購入するものでございます。

 2目につきましては、存目でございます。

 2項の公営企業金融公庫納付金は、存目でございます。

 おめくりいただきまして、予備費でございます。去る1月の阪神大震災を教訓といたしまして、緊急に必要となる事業などに備え、7年度は3億円を計上しております。

 以上で歳出の説明を終わらせていただきまして、歳入の御説明を申し上げますので、6ページの方へお戻りいただきたいと思います。

 まず、1款市税でございます。市税の総額でございますが、前年度の当初と対比いたしまして96.7%で、マイナス3.3%となっております。

 1項市民税以下各税目ごとに対前年度伸び率を主体といたしまして御説明を申し上げてまいります。1目市民税は87.7%で、マイナス12.3%の計上でございます。このうち市民税個人分につきましては、減税による影響見込み額を当初から見込んでおります関係から、84.9%と、前年度を大幅に下回る計上となっておりますが、仮に前年度分の減税後の額と比較いたしますと、実質的には前年度対比が102.3%となるものでございます。

 2目法人でございますが、不況の長期化により、企業収益の低迷が引き続き予想される中、均等割の増収見込みにより、わずかではありますが、4年ぶりに1.0%の増を見込んでおります。

 2項1目固定資産税でございます。土地と家屋につきましては、それぞれ107.5%、償却資産は98.1%となっております。

 2目国有財産等所在市交付金につきましては、105.5%となっております。

 おめくりいただきまして、3項軽自動車税でございます。105.6%でございます。

 4項市たばこ税につきましては、102.3%となっており、比較的安定した収入となっております。

 5項鉱産税は、82.6%でございます。

 おめくりいただきまして、10ページでございます。6項特別土地保有税は、76.1%と、マイナスでございます。なお、保有課税は、前年実績を見ての計上でございます。

 7項事業所税でございますが、対前年度の当初比では95.3%で、新増設分の増加が見込まれず、マイナスの計上となっております。

 8項都市計画税は、固定資産税と同様に安定した伸びとなり、106.9%でございます。

 おめくりいただきまして、2款地方譲与税、1項消費譲与税でございます。6年度の収入の動向を参考といたしまして、105.6%の計上でございます。

 2項自動車重量譲与税は101.0%、3項地方道路譲与税につきましては103.2%と、比較的安定した収入見込みとなっております。

 おめくりいただきまして、3款利子割交付金でございます。6年度の収入見込みと県の動向等を参考といたしまして、前年度対比で124.9%を見込んでおります。

 おめくりいただきまして、16ページでございます。4款ゴルフ場利用税交付金は、市内2カ所のゴルフ場に係るものでございまして、86.4%と、マイナスの見込みになっております。

 おめくりいただきまして、5款特別地方消費税交付金でございます。県の動向及び実績見込みを勘案し、前年度と同額を計上いたしております。

 おめくりいただきまして、6款自動車取得税交付金では、新車登録台数に少しずつ増加の傾向が見られ、前年度対比105.7%を見込んでおります。

 おめくりいただきまして、7款地方交付税でございますが、本市は昭和57年度以降普通交付税の不交付団体でございまして、平成7年度も前年度と同様、特別交付税分として2億円を計上させていただいております。

 おめくりいただきまして、8款交通安全対策特別交付金でございますが、前年度当初比では92.1%と、実績に基づいて減額計上となっております。

 おめくりいただきまして、26ページをお願いいたします。9款の分担金及び負担金でございます。これらにつきましては、歳出でそれぞれ御説明を申し上げました内容に対応するものでございまして、主なものについてのみ御説明を申し上げます。

 1項2目1節社会福祉費負担金の精神薄弱者援護施設措置費負担金は、希望の家、そだちの家、のぞみの家、藤花荘など16施設に係りますところの措置費の負担金でございます。身体障害者更生援護施設措置費負担金は、希全寮、愛恵園授産所など15施設の措置費負担金収入でございます。老人福祉施設措置費負担金は、養護老人ホーム、特別養護老人ホームなど本人負担分、義務者負担分の負担金収入でございます。2節児童福祉費負担金の保育所負担金は、公私立あわせ5,860人を予定しての負担金の収入でございます。

 3目1節清掃費負担金の一般廃棄物処理負担金のごみ処理につきましては、幸田、額田町からの収入で、処理経費の増高に伴いまして負担金収入も増額となっております。し尿処理につきましては、額田町からの負担金収入でございます。

 おめくりいただきまして、10款使用料及び手数料でございます。1項1目1節総務管理使用料は、説明欄にありますように、市民会館、甲山閣、竜美丘会館、せきれいホールの使用料と、行政財産目的外使用料の市庁舎では、立体駐車場の利用料金が主なものでございます。

 3目1節の保健衛生使用料でございます。墓園永代使用料では、236区画分につきまして見込みを計上しております。1節の清掃使用料のうち廃棄物処理施設使用料では、7年10月にリサイクルプラザが稼働の予定となっておりまして、埋め立て処分によるごみの処理量の減少が見込まれております。このため、処理施設による使用料が増加し、埋め立てによる使用量が減少するものとして計上をしております。

 4目1節の労働使用料では、勤労文化センターの使用料と行政財産目的外使用料について、前年度実績を踏まえての計上でございます。

 おめくりいただきまして、7目1節の土木管理使用料は、行政財産目的外使用料でございまして、道路につきましては、電柱、電話柱、ガス管等の占用料と、水路につきましては、水路敷や通路敷などとして貸し付けをしております使用料でございます。2節の都市計画使用料は、都市公園使用料が主なものでございまして、これらにつきましても、前年度の利用実績等を考慮して計上しております。また、中央総合公園内において新たに御利用いただく予定の運動広場につきましても、使用料を見込みにより計上いたしております。

 おめくりいただきまして、4節の住宅使用料は、公営住宅使用料が主なものでございまして、天神荘の北地区を含め、2,915戸分の使用料を見込んでの計上でございます。

 9目の教育使用料でございます。3節の幼稚園使用料につきましては、幼稚園保育料として490人を見込んで計上しております。4節の社会教育使用料でございます。主なものといたしましては、世界子ども美術博物館使用料でございまして、これらは実績等を勘案して計上させていただいております。5節の保健体育使用料の体育館使用料は、六名の体育館使用料でございます。

 10目の証紙収入でございます。これらにつきましては、それぞれ前年度の実績を勘案の上、細かく計上させていただいております。

 1枚飛んでいただきまして、36ページでございます。2項手数料でございます。これらにつきましても、申請件数などの前年度の実績等を見ての計上をしておりますが、このうち1目2節の徴税手数料では、滞納整理事務の円滑化のため、7年4月以降の督促手数料を廃止することによりまして減額となっております。その他につきましては、例年と同じ形での計上でございます。

 また、4目のうち、おめくりいただきまして、ほとんど実績による計上でございます。

 38ページの建築確認申請手数料につきましては、政令の改正に伴いまして、新料金により計上いたしたものでございます。その他、それぞれ細かく計上いたしております。

 おめくりいただきまして、11款国庫支出金でございます。1項1目1節社会福祉費負担金でございます。保険基盤安定負担金は、保険料軽減額に対する国庫負担金でございまして、身体障害者保護費負担金は、補装具、人工透析、心臓手術などに対するものと、施設の措置費などに対する負担金でございます。精神薄弱者援護措置費負担金につきましては、希望の家、そだちの家など16施設、97人の措置に対する負担金で、特別障害者手当等負担金は、特別障害者手当、障害者福祉手当に対する負担金でございます。また、老人保護措置費負担金は、養護老人ホーム3施設、8人と、特別養護老人ホーム23施設、230人、それに岡崎市の養護老人ホームに対する国の負担金でございます。2節の児童福祉費負担金、児童手当負担金につきましては、歳出の中でも御説明がございましたが、被用者、非被用者、特例給付者をあわせて5,984人に対するものでございまして、保育所措置費負担金は、公私立49園の措置費に対する負担金でございます。母子寮措置費負担金は、市の母子寮15世帯、41人分と、委託分の2世帯、5人分に対するものでございます。3節の生活保護費負担金は、扶助費に対する国の4分の3の負担金でございます。

 2目1節の保健衛生費負担金は、保健事業、健康診査、訪問指導、健康相談などに対する事業費の3分の1の負担金でございます。

 3目1節中学校費負担金は、歳出でも御説明がありましたように、東海中学校の屋内運動場の建設に対する負担金でございます。

 おめくりいただきまして、2項の国庫補助金でございます。1目1節総務管理費補助金は、拠点整備計画等の策定に係る都市拠点総合整備事業費補助金と、電気通信格差是正事業費補助金でございまして、これは、情報センターの建設に対する補助金でございます。

 2目1節の社会福祉費補助金でございます。まず、在宅心身障害者福祉対策費補助金は、主に愛恵園授産所の措置費の補助金で、家庭奉仕員派遣事業費補助金は、身体障害者、老人に対するホームヘルパーなどの補助金でございます。次に、デイサービス事業費補助金は、高年者センター、老人センター清楽荘の各事業に加え、中央地域福祉センターの事業と友愛の家のリフトつきバスの購入費に対する補助金でございます。また、高齢者能力活用推進事業費補助金は、シルバー人材センターの運営経費に対する補助金でございます。2節の児童福祉費補助金は、公私立16園で時間を延長して実施する保育サービスに対する補助金でございます。

 3目1節の保健衛生費補助金のうち主なものは、合併処理浄化槽設置費補助金でございまして、126基を見込んで計上いたしたものでございます。2節清掃費補助金のごみ処理施設建設事業費補助金は、岡崎市分、幸田町分として2分の1、額田町分として4分の1の補助でございます。また、廃棄物再生利用施設建設事業費補助金は、リサイクル施設建設に対しますところの2分の1の補助金でございます。

 4目1節の労働諸費補助金は、勤労者共済会の運営に対する2分の1の補助でございますが、限度額の関係から、1,500万円を予定しております。

 次に、5目1節の道路橋りょう費補助金の地方道路整備臨時交付金は、下青野国正線、高隆寺洞線に対するもので、住宅宅地関連公共施設整備促進事業費補助金は、三世代宅地供給事業に係るものでございます。米河内1号線と生平14号線に対するものでもございます。2節の河川費補助金の河川改修費補助金は小呂川に対する補助金で、都市小河川改修補助金は占部川に対するものでございます。また、流域貯留浸透費補助金につきましては、羽根調整池及び奈良井貯留池に対するもので、河川環境整備費補助金は竜城堀に対する補助金でございます。3節の都市計画費補助金のうち都市拠点総合整備事業費補助金につきましては、拠点総合整備区域内における多目的広場等の測量調査などに対する補助金でございます。また、都市計画道路整備事業費補助金につきましては、井内新村線に係るもの、地方道路整備臨時交付金は、井内新村線と東岡崎南線に対する補助金でございます。さらに、都市下水路整備事業費補助金は、赤渋ポンプ場の増設に対するものでございます。4節の公園緑地費補助金の公園整備事業費補助金につきましては、東公園と宇頭公園及び中央総合公園の美術博物館のメーンアプローチなどに対する補助金でございます。5節の土地区画整理費補助金の緑住まちづくり推進事業費補助金につきましては、真伝亀山及び宇頭東の組合事業に対するもので、地方道路整備臨時交付金と岡崎駅東土地区画整理事業費補助金につきましては、駅東土地区画整理事業に対する補助金でございます。

 おめくりいただきまして、44ページでございまして、6節住宅費補助金の公営住宅建設費補助金につきましては、天神荘南地区及び北羽根荘の建てかえ事業に係る補助金でございます。

 6目1節の消防費補助金は、消防緊急通信指令施設の整備と高規格救急自動車の購入に対するものでございます。

 7目1節教育総務費補助金につきましては、私立幼稚園就園奨励費補助金でございます。2節の小学校費補助金の就学援助学校給食費補助金につきましては、準要保護児童に対する給食費の補助金でございまして、プール建設費補助金につきましては、連尺小学校のプール建設に対する補助金でございます。3節の中学校費補助金の就学援助学校給食費補助金は、小学校と同様の内容によるものでございまして、就学援助費補助金は、要及び準要保護生徒に対します学用品、修学旅行、校外活動等の補助金でございます。また、柔剣道場建設費補助金、部室建設費補助金につきましては、東海中学校に対するもので、プール建設費補助金につきましては、福岡中学校に対するものでございます。6節の社会教育費補助金のうち美術館・博物館建設事業費補助金につきましては、継続して建設を進めておりますところの美術館博物館収蔵庫棟の建設に対する補助金でございます。

 おめくりいただきまして、2項1目1節の社会福祉費委託金は、基礎年金、福祉年金の取扱事務に対する交付金でございます。2節の児童福祉費委託金は、児童・特別児童扶養手当、及び児童手当支給事務に対する交付金でございます。

 おめくりいただきまして、12款県支出金でございます。1項1目1節の社会福祉費負担金の主なものは、国と同じく国民健康保険料の軽減額に対する保険基盤安定負担金でございます。2節の児童福祉費負担金でございますが、これは、児童手当を初め保育所等の措置費の負担金のほか、若葉学園に対しますところの精神薄弱児通園施設措置費負担金でございます。3節生活保護費負担金は、4分の1を県が負担するものでございます。

 2目1節の保健衛生費負担金は、国庫でも申し上げましたように、保健事業費に対する負担金でございます。

 50ページをお願いいたします。2項2目1節の社会福祉費補助金のうち、家庭奉仕員派遣事業費補助金につきましては、老人等に対するホームヘルパーなどの派遣に対するものでございまして、県が4分の1の補助ということでございます。障害者医療費補助金は、高額医療費を差し引いた医療費及び入院給食費の2分の1の補助で、特別障害者手当等の支給補助金は、特別障害者手当、障害児福祉手当に対する補助金でございます。また、日常生活用品給付費補助金につきましては、重度身体障害者及び老人の方々に対します浴槽、湯沸かし器、エアーパッド、特殊寝台等に対する補助金でございます。住宅改善費補助金につきましては、身体障害者の方々などのために、住宅改善に対する補助金でございます。

 おめくりいただきまして、デイサービス事業費補助金につきましては、高年者センター、老人センター清楽荘及び中央地域福祉センターの事業費と友愛の家のリフトつきバスの購入に対する補助金でございます。老人クラブ運営費補助金につきましては、単位老人クラブの運営経費の助成等に対するもので、3分の2の補助でございます。老人医療費補助金は、県は2分の1の補助で、老人医療に対するものでございます。2節の児童福祉費補助金でございます。乳児医療費補助金は、医療費から高額療養費等を差し引いたものと、入院給食費の2分の1の補助ということでございます。また、母子家庭等医療費補助金も、医療助成費の2分の1が県の補助となっております。民間保育所運営費補助金は、私立保育園の人件費、管理費、整備費に対する2分の1の補助金で、乳児保育事業費補助金につきましては、公私立合わせた補助金でございます。保育所産休代替職員の設置費補助金、保育所病休代替職員の設置費補助金は、いずれも公私立合わせての補助金でございます。また、一時保育事業費補助金も、公私立の一時的保育に対する補助金でございます。放課後児童対策事業費補助金は、児童クラブ8クラブと、新たに児童コミュニティークラブに対するもので、おめくりいただきまして、障害児保育事業費補助金につきましては、公立7園に対するものでございます。また、心身障害児通園事業費補助金は、めばえの家に対するものでございます。

 3目1節の保健衛生費補助金は、救急2次病院の運営に対します病院群輪番制の病院運営費補助金など、実績を踏まえての計上でございます。合併処理浄化槽設置費補助金は、国庫でも御説明申し上げましたように、事業に対する県の分の補助金でございます。2節清掃費補助金のごみ処理施設建設事業費補助金は、岡崎、幸田町、額田町に対しての県の補助金でございます。また、廃棄物再生利用施設建設事業費補助金は、リサイクル施設建設に対します県の分の補助金でございます。

 4目1節の農業費補助金の主なものは、農業委員会交付金でございます。そのほか、水田営農活性化対策推進費補助金は、農協推進費、集落推進費等に対する補助金でございまして、農業農村活性化構造改善事業費補助金につきましては、市民ふれあいゾーンの施設建設事業等に対する2分の1の補助金でございます。2節の農業基盤整備費補助金の土地改良事業費補助金につきましては、排水路、農道舗装等に対する補助金でございまして、団体営農村総合整備モデル事業費補助金につきましては、鉢地地区のほ場整備費及び農道整備費等の事業に対する補助金でございます。3節の林業費補助金でございますが、小規模林道事業費補助金につきましては、大入線、桑谷蒲郡線、西山線、坂下線に対する補助金でございます。

 おめくりいただきまして、6目2節道路橋りょう費補助金の道路新設改良費補助金につきましては、渡町60号線、明大寺本町1号線の事業に対する補助金でございます。3節の河川改修費補助金につきましては、小呂川、ミタライ川、六斗目川及び六名貯留池、それから羽根調整池、奈良井貯留池の事業に対するものでございます。4節の都市計画道路整備事業補助金につきましては、豊田西尾線に対するもので、5節の公園整備事業費補助金につきましては、美矢井橋河川緑地に対するものでございます。

 7目1節の消防施設整備費補助金は、消防緊急通信指令施設のほか、水槽つき消防ポンプ自動車などに対する補助金などでございます。

 8目3節の社会教育費補助金のうち、美術館・博物館建設事業費補助金は、中央総合公園において建設いたしております美術館・博物館の建設に対する補助でございます。

 おめくりいただきまして、3項1目3節の徴税費委託金でございます。これは、県民税に対する徴収取扱交付金でございまして、枚数割1枚60円、金額割が100分の7という率で算定をいたしております。4節戸籍住民基本台帳費委託金につきましては、外国人登録事務に対する委託金でございまして、6節の選挙費委託金は、参議院議員通常選挙、愛知県議会議員選挙の執行に対する委託金でございます。6節の統計調査費委託金につきましては、7年10月1日現在を期して実施されますところの国勢調査費のほか、それぞれの統計調査費に係る交付金でございます。

 3目1節の保健衛生費委託金につきましては、犬の登録事務市町村交付金が主なものでございます。

 おめくりいただきまして、60ページでございますが、4項県交付金につきましては、実績による計上でございます。

 おめくりいただきまして、62ページをお願いいたします。13款財産収入、1項1目財産貸付収入でございますが、これは、普通財産に係る土地、建物の貸付収入でございます。

 2目の利子及び配当金でございます。これは、各基金の利子収入でございますが、なお低金利が続くものと予測されておりまして、引き続き運用収益につきましては多くの期待ができない、このように思っております。

 おめくりいただきまして、2項の財産売払収入のうち、1目1節の土地売払収入は、都市計画道路促進用の土地の売却などを見込み、計上させていただいております。

 2目1節物品売払収入の中の主なものといたしましては、ゾール剤、油剤等を売る防疫薬品の売払収入でございます。

 3目1節の生産物売払収入の主なものといたしましては、農業バイオセンターに係る菌床培地の売払収入、これは、シイタケ等の菌床培地の売り払いでございまして、その下はイチゴの苗の売払収入を見込んだものでございます。また、新たに組織培養によるランの苗の売払収入も計上いたしております。

 おめくりいただきまして、14款の寄附金でございます。主なものといたしまして、4目の農林業費寄附金で、これは土地改良事業などの寄附金ということでございまして、地元から寄附金をいただくものでございます。

 おめくりいただきまして、68ページでございます。15款繰入金でございます。1項は特別会計からの繰入金で、新たに駐車場会計からの繰入金を計上しております。

 2項1目2節の財政調整基金繰入金につきましては、大型事業に対するもので、情報センター、総合現業事務所の建設のほか、水道会計に対します出資金などを予定して、基金の取り崩しを行っておるものでございます。3節の地域福祉基金繰入金は、利子の相当分を社会福祉協議会の行う基金の目的に合った事業に助成するための財源とするものでございます。4節の病院建設基金繰入金は、造成工事の本格化に加え、建設に着手する新病院建設の財源といたしまして、基金の取り崩しを予定したものでございます。それから、6節の公園施設整備基金繰入金につきましては、中央総合公園の美術館・博物館の周辺整備事業に充てるために取り崩しを行っております。7節の譲渡公営住宅敷地整理基金繰入金は、利子分などの繰り入れということでございます。8節の美術博物館基金繰入金につきましては、現在建設中の美術館・博物館の建設に対します財源といたしまして取り崩しを行うものでございまして、9節の美術博物館資料基金繰入金につきましては、美術館・博物館に展示する美術品等を収集する財源といたしまして取り崩しを行うものでございます。

 おめくりいただきまして、16款の繰越金につきましては、存目でございます。

 さらにめくっていただきまして、17款諸収入でございます。1項1目は延滞金でございます。2項1目1節の預金利子は、歳計現金等の利子の収入でございます。

 おめくりいただきまして、3項貸付金の元利収入でございます。各種制度の融資資金として金融機関などに預託しておりまして、その預託金に対します元金あるいは利子収入を計上しておりまして、1目、5目、7目、8目、9目といったところについては、このような収入でございます。

 3目の年金者住宅建設資金等貸付金元利収入につきましては、高年者センターへの貸付金の償還に係る元金収入でございます。

 2目、4目は、それぞれの施設の運営資金の貸付金に対する元金収入でございます。

 おめくりいただきまして、4項1目2節の交通傷害保険受託事業収入でございますが、これは、交通傷害に対する加入者の方々の掛金でございまして、一般の方は480円、12万3,645人、半額の方が1万8,475人を見込んでの計上となっております。

 それから、3目3節の街路改良工事受託事業収入は、井田町線整備に伴い、県立岡崎聾学校の歩道橋の整備を受託することによります県からの収入でございます。

 おめくりいただきたいと思います。5項1目の競艇事業収入は、競艇事業の売り上げから総務費等の経費を差し引きまして一般会計へ繰り入れるというものでございます。

 おめくりいただきまして、6項の3目の雑入でございますが、この中の主なものにつきまして御説明してまいりたいと思います。3節の生命保険団体扱手数料収入は、職員の給与から控除します生命保険に対する保険料の取扱手数料でございます。5節の企業会計退職手当負担金収入は、病院、水道合わせて8名に対する負担金収入でございます。6節の受講料収入につきましては、説明欄にございますように、それぞれの講座の受講料でございます。7節の国民年金印紙売りさばき収入につきましては、国民年金印紙売りさばきに対する手数料と、それから売りさばき代金でございます。9節の電子計算機賃借料負担金収入は、国保会計からの賃借料に対しますところの負担金収入でございます。11節の高額療養費収入は、福祉医療受給者分に対する医療保険からの負担金収入でございます。12節職員給食費収入は、保育所の職員の給食に対する収入でございます。

 おめくりいただきまして、17節の在宅老人短期保護費収入は、在宅老人の方々を、家庭の事情によりまして短期に措置する場合の食事に相当する費用に対する収入でございます。20節の健康診査自己負担金収入につきましては、説明欄にもございますように、胃がん、子宮がんなどの健康診査に係る負担金収入でございます。22節の組合土地区画整理県費補助事業費負担金収入につきましては、真伝と小針の組合からの負担金収入でございまして、24節の消防団員等公務災害補償等共済基金収入につきましては、消防団員の方々のための災害補償及び退職報償などに対する共済基金からの収入でございます。25節物件移転等補償費収入につきましては、県からの収入でございまして、昭和町の共同墓地の移転補償費などに対するものでございます。26節日本体育・学校健康センター共済掛金収入につきましては、小学校、中学校、幼稚園、保育園、それぞれの掛金の収入でございます。

 おめくりいただきまして、28節の学校給食費負担金収入は、小学校、中学校、幼稚園の給食費の負担金収入でございます。30節の外郭団体共益費収入の社会福祉法人等共益費収入は、福祉会館に事務局を設置しておりますところの福祉協議会などの共同事務費等に対する負担金収入でございます。35節雑入のうち、下から4行目にございます岩津用水土地改良区の負担金補てん金収入は、羽布ダムの建設及び用水の維持管理に関連するものでございまして、水道局からの補てん金収入でございます。

 1枚飛んでいただきまして、88ページをお願いいたします。18款の市債でございます。1項1目総務債につきましては、情報センター建設に係るものでございます。

 2目の清掃債は、ごみ処理施設及びリサイクル施設の建設債でございます。

 3目1節の河川債でございますが、これは六名貯留池の建設に係るものでございます。2節の都市計画債は、井内新村線と赤渋ポンプ場に係るものでございます。3節の公園緑地債は、東公園、宇頭公園と中央総合公園の美術館・博物館のメーンアプローチなどの整備に対する起債でございます。4節の土地区画整理債は、岡崎駅東土地区画整理に係るもので、5節の住宅債は、天神荘南地区と北羽根荘の建てかえに係るものでございます。6節の臨時地方道整備債は、岡崎駅東と真伝区画整理に対するものでございまして、7節の臨時河川等整備債は、矢作川堤防リフレッシュ事業及び渡橋河川緑地の整備に対する起債でございます。

 次の4目1節の消防債は、防火水槽、消火栓及び消防施設備品等に対する借入金でございます。

 5目1節の小学校債は、連尺小学校のプールの建設、2節の中学校債の屋内運動場、柔剣道場、部室の建設事業につきましては、東海中学校に係るものでございまして、さらにプール建設は、福岡中学校に係る起債でございます。また、3節社会教育債は、美術館・博物館の建設に対するものでございます。

 6目の市民税等減税補てん債につきましては、減税による市民税等の減収分に対しまして、特例によって認められる起債でございます。

 以上で歳入の説明を終わりまして、次に、2条の関係の継続費の関係でございます。議案書では10ページになるわけでございますが、説明書で御説明を申し上げたいと思いますので、説明書の440ページをお願いいたしたいと思います。

 これは継続費の調書でございまして、7年度分といたしまして、情報センター建設事業、総合現業事務所建設事業、岡崎中央総合公園美術館・博物館周辺整備事業、それから常磐南小学校運動場造成事業、めくっていただきまして、恵田小学校運動場の造成事業、六ツ美北部小学校の分離用地の造成事業の6件の事業につきまして、年度、年割り額、総額につきまして、記載のとおり継続費を設定するものであります。

 また、次の444ページにつきましては、過年度議決をいただいたものでございます。

 それから、446ページでございまして、これは3条の関係でございます。債務負担行為でございまして、議案書では11ページでございますが、これもこの説明書で御説明を申し上げたいと思います。7年度分といたしましては、中小企業構造高度化資金預託金を初め7件の債務負担行為でございまして、限度額、期間等につきましては、調書の記載のとおりでございます。

 続きまして、4条関係の地方債の関係でございます。最後の450ページでございます。これにつきましては、歳入の市債のところでも御説明してまいりましたわけでございますが、起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還の方法につきましては、議案書の第4表のとおりでございます。

 次に、議案書の5条の一時借入金でございますけれども、一時借入金の最高限度額を80億円と定めるものでございます。

 続きまして、第6条の歳出予算の流用につきましては、各項の経費の金額を流用できますものは、給料、職員手当、共済費といった人件費でございまして、この過不足を生じた場合に限るという内容のものでございます。

 以上で、一般会計の説明を終わらせていただきたいと思います。



○議長(河澄亨君) 暫時、休憩いたします。

             午後2時18分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午後2時30分再開



○議長(河澄亨君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 第25号議案、環境衛生部長。



◎環境衛生部長(粟生勇嗣君) 右肩「3」の議案書13ページをお願いいたします。平成7年第25号議案「平成7年度岡崎市食肉センター特別会計予算」について御説明申し上げます。

 歳入歳出予算の総額をそれぞれ4,001万8,000円と定めるものでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、平成7年度市特別会計予算説明書の6ページをお願いいたします。歳出から御説明申し上げます。

 1款食肉センター費、1項総務管理費は、施設整備を目的とした浄化槽補修工事請負費でございます。

 2項事業運営費は、食肉センターの管理運営に係る経費でございます。13節委託料は、岡崎食肉事業協同組合に対します年間管理委託料でございます。

 2款は、緊急の災害等に処するための予備費でございます。

 次に、歳入について御説明申し上げますので、4ページにお戻りください。

 歳入でございますが、1款使用料及び手数料につきましては、と畜では、牛は2,905頭、豚、子牛1万6,050頭、綿羊、ヤギ5頭のほか、冷蔵庫の使用料を見込んでおります。

 2款繰入金、1項1目1節一般会計繰入金は、食肉センター運営に必要な額を一般会計から繰り入れるものでございます。

 3款は存目でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第26号議案、経済部長。



◎経済部長(原田久夫君) 議案書の17ページをお願いいたします。平成7年第26号議案「平成7年度岡崎市国民宿舎桑谷山荘特別会計予算」について御説明申し上げます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億9,697万円と定めるものでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、予算説明書の14ページをお願いいたします。

 歳出、1款1項1目一般管理費は、桑谷山荘の施設整備に要する経費で、15節工事請負費は、老朽化した屋根のふきかえ工事のほか、送水ポンプの取りかえなどの施設整備に要する経費でございます。

 2款1項1目事業費は、桑谷山荘の管理運営に要する経費でございまして、13節委託料は、岡崎市国民宿舎桑谷山荘管理協会への管理委託料の計上でございます。

 おめくりいただきまして、3款1項公債費は、昭和53年度の会議棟増設に係る地方債の定期償還金の元金及び利子の計上でございます。

 次に、歳入について御説明申し上げますので、12ページにお戻り願います。

 歳入、1款1項1目国民宿舎使用料は、基本使用料といたしまして、大人1万8,798人、子供912人の合計1万9,710人の宿泊料のほか、休憩料や会議室使用料を見込み、加算使用料として夕食及び朝食の食事料の見込みの計上でございます。

 2款1項1目は、一般会計よりの繰入金でございます。

 3款繰越金及び4款諸収入は、ともに存目でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第27号議案、下水道部長。



◎下水道部長(柴田鎮生君) 議案書の21ページをお願いいたします。平成7年第27号議案「平成7年度岡崎市下水道特別会計予算」について御説明申し上げます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ99億977万7,000円と定めるものでございます。

 第2条は地方債で、25ページの第2表のとおりでございます。

 第3条は、歳出予算の各項の経費の流用に関する定めでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、予算説明書の30ページをお願いいたします。

 1款1項1目一般管理費の12節までは人件費と経常費でございます。13節委託料は、下水道使用料の徴収事務を水道局に委託するものでございます。19節負担金補助及び交付金は、流域下水道維持管理費等の負担金を愛知県に支払うものでございます。

 2目は、過年度支出の存目でございます。

 おめくりいただきまして、2項1目11節需用費は、ポンプ場機器の修繕料などの経費でございます。13節委託料は、下水道台帳の作成、下水道管渠等の点検、調査、各ポンプ場の施設管理などの委託に要する経費でございます。15節工事請負費は、既設管渠などの補修整備及びポンプ場施設の補修工事費を計上しております。

 おめくりいただきまして、2款1項1目下水処理場費は、施設の維持管理費、運営に係る経費でございます。11節の消耗品は、下水処理に要する薬品等が主なものでございます。13節委託料は、施設の保守点検、検査等で、汚泥廃棄物の搬出処理及び施設改善のための調査設計でございます。15節は、汚水処理施設、汚泥処理施設の維持管理のための整備、修繕工事費でございます。16節は、施設の補修に要する原材料費でございます。

 おめくりいただきまして、3款1項1目管渠建設費は、事業費といたしましては、国庫補助事業対象が17億9,300万円、県費補助及び起債対象事業で27億円、浸水解消対策整備事業費で3億6,000万円、公共下水道関連整備事業1億4,200万円、また矢作川流域下水道分担金として7億1,188万円などを計上しておりまして、13節は、工事に伴う調査測量設計、現場施工管理等の委託料及び排水設備の接続確認委託料でございます。15節と22節は、先ほど事業費の配分で御説明いたしました工事に係る経費を計上しております。19節は、矢作川流域下水道事業の負担金でございます。

 おめくりいただきまして、4款1項公債費は、借入金の元利償還金でございます。

 5款1項1目衛生設備資金貸付金は、排水設備の設置、便所の改造等に対する貸付金でございます。

 6款1項1目は、予備費でございます。

 次に、歳入を御説明申し上げますので、22ページへお戻り願います。

 1款1項1目都市計画公共下水道の受益者負担金は、下水道整備済み区域の初年度から3回目までの負担金収入を見込んでおります。

 2款1項1目下水道使用料は、前年度の決算見込み額に新たに使用開始となる部分を見込んでおります。

 それから、3款1項1目下水道事業費国庫補助金は、補助対象事業費の2分の1を計上しております。

 おめくりいただきまして、4款1項1目下水道事業費県費補助金は、補助対象事業費の10分の1でございます。

 5款1項1目物品売払収入は、不用品の売り払いでございます。

 6款1項1目は、一般会計からの繰入金でございます。

 7款1項1目の繰越金は、存目でございます。

 おめくりいただきまして、8款1項1目は、延滞金でございます。

 同じく2項1目は、衛生設備貸付金の元金の返済金でございます。

 3項1目雑入は、存目であります。

 おめくりいただきまして、9款1項1目下水道債は、公共下水道事業費借入金でございまして、これによりまして、45ページ記載の地方債調書のとおり、平成7年度末現在高見込み額は265億7,973万8,000円となるものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第28号議案、開発部長。



◎開発部長(斎藤芳行君) 議案書の27ページをお願いいたします。平成7年第28号議案「平成7年度岡崎市駐車場事業特別会計予算」について御説明申し上げます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億1,393万2,000円と定めるものでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、特別会計の予算説明書54ページをお願いいたします。

 歳出、1款1項1目事業費は、維持管理運営に係る経費でございます。13節におきましては、吹矢駐車場ほか2駐車場の管理運営を岡崎市市営施設管理協会へ委託するものでございます。15節は、これら施設に係る整備事業費を計上しております。28節は、籠田公園地下駐車場の建設に伴う地方債の一部が平成6年度で償還が完了いたしまして、若干の黒字が見込まれるため、一般会計へ繰り出しをするものでございます。

 2款公債費は、籠田公園地下駐車場の借入金の元利償還金でございます。

 次に、歳入を御説明いたしますので、50ページにお戻りいただきたいと思います。

 歳入、1款1項1目駐車場使用料は、吹矢駐車場ほか2駐車場の使用料の収入でございます。

 2款繰越金と3款諸収入は、ともに存目でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第29号議案、都市施設部長。



◎都市施設部長(安藤正昭君) 議案書の31ページをお願いいたします。平成7年第29号議案「平成7年度岡崎市土地区画整理事業清算金特別会計予算」について御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の総額は、5億6,648万7,000円と定めるものでございます。

 歳入から御説明申し上げますので、予算説明書の60ページをお願いいたします。

 歳入、1款1項1目清算徴収金収入は、中部第1工区における2名の滞納繰越分でございます。

 2目手数料及び3目延滞金は、存目でございます。

 2項1目仮清算徴収金収入は、岡崎駅西土地区画整理事業における仮清算徴収金の現年分でございます。

 2目延滞金及び3目諸収入は、存目でございます。

 2款1項1目一般会計繰入金は、仮清算交付金として一括交付するためのものでございます。

 おめくりいただきまして、3款1項1目繰越金につきましては、存目でございます。

 おめくりいただきまして、次に歳出について御説明申し上げます。

 歳出、1款1項1目19節負担金補助及び交付金は、岡崎駅西土地区画整理事業に伴う清算交付金でございます。

 2款1項1目一般会計繰出金は、中部第1工区清算金に対する一般会計への繰出金でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第30号議案、建設部長。



◎建設部長(市川靖夫君) 議案書35ページをお願いいたします。第30号議案「平成7年度岡崎市営農飲雑用水施設事業特別会計予算」について御説明申し上げます。

 本案は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,111万円と定めるものでございます。

 それでは、歳出から御説明申し上げますので、予算説明書の76ページをお願いいたします。

 歳出でございます。1款施設管理費、1項1目維持管理費は、大柳地区と、7年度から供用開始いたします新居地区の営農飲雑用水施設の維持管理に係る経費でございまして、13節は、施設の維持管理を水道局へ委託する費用でございます。

 次に、歳入について御説明申し上げますので、70ページへお戻りいただきたいと思います。

 歳入でございます。1款分担金及び負担金は、存目でございます。

 2款使用料及び手数料、1項1目営農飲雑用水施設使用料は、大柳地区及び新居地区の使用料でございます。

 おめくりいただきまして、2項1目及び2目は、ともに存目でございます。

 3款繰入金、1項1目は、一般会計からの繰入金でございます。

 4款諸収入は、存目でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第31号議案、下水道部長。



◎下水道部長(柴田鎮生君) 議案書の39ページをお願いいたします。平成7年第31号議案「平成7年度岡崎市農業集落排水事業特別会計予算」について御説明申し上げます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ11億7,261万円と定めるものでございます。

 第2条は地方債で、42ページの第2表のとおりでございます。

 それでは、歳出から御説明申し上げますので、予算説明書の86ページをお願いいたします。

 1款1項1目一般管理費は、主に職員給与費でございまして、19節は、主に土地改良事業団体連合会の負担金等でございます。

 おめくりいただきまして、2款1項1目施設建設費の13節、15節及び22節につきましては、事務事業の概要欄に記載のとおり、6地区に係る実施設計や、汚水処理施設建設の委託、汚水管布設工事及び工事に係る水道管移設等の補償金でございます。

 3款1項1目は、地方債利子でございまして、未償還元金のうち本年度償還分の利子でございます。

 次に、歳入に移らせていただきますので、82ページへお戻り願います。

 1款1項1目農業集落排水事業分担金でございます。

 2款1項1目の県補助金は、農業集落排水事業の補助金でございます。

 3款1項1目は、一般会計よりの繰入金でございまして、4款1項繰越金は、存目でございます。

 おめくりいただきまして、5款1項雑入は、存目でございます。

 6款1項市債は、農業集落排水事業の借入金でございます。これにより、95ページ記載の地方債調書のとおり、平成7年度末現在高見込み額は5億6,370万円となるものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第32号議案、経済部長。



◎経済部長(原田久夫君) 議案書の43ページをお願いいたします。平成7年第32号議案「平成7年度岡崎市競艇事業特別会計予算」について御説明申し上げます。

 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ191億48万1,000円とするものでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、説明書の102ページをお開き願いたいと思います。

 歳出、1款1項1目19節負担金補助及び交付金のうち公営企業健全化基金基礎控除負担金でございますが、公営企業金融公庫へ納付するものです。また、蒲郡競艇場施設改善賛助金は、平成6年度に施行した施設改善工事について本市が負担するものです。

 おめくりいただきまして、2款1項1目13節委託料は、岡崎市営開催の56日分の競艇事業の運営を蒲郡市へ委託している費用でございます。

 3款1項1目28節繰出金でございますが、歳入総額より総務費及び事業費を除き、一般会計へ繰り出すものでございます。

 次に、歳入について御説明申し上げますので、100ページへお戻りください。

 歳入、1款1項1目1節勝舟投票券売上収入、2節入場料収入は、岡崎市営開催56日分の売り上げと入場料収入でございます。

 2款につきましては、存目でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第33号議案、市民部長。



◎市民部長(小嶋照男君) 議案書の47ページをお願いいたします。第33号議案「平成7年度岡崎市国民健康保険事業特別会計予算」について御説明申し上げます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ141億8,522万3,000円と定めるものでございます。

 第2条は、歳出予算の流用について規定をしたものでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、予算説明書の126ページをお願いいたします。

 歳出、1款1項1目一般管理費でございますが、12節までは人件費と物件費が主なものでございます。13節委託料は、診療報酬明細書を県国保連合会で電算共同処理を行っており、その委託料でございます。19節負担金補助及び交付金は、保険料賦課等の電算処理に係る電子計算機賃借料の負担金でございます。

 2目連合会負担金は、県国民健康保険団体連合会に対する負担金でございます。

 おめくりいただきまして、2項1目賦課徴収費は、収納嘱託員賃金など保険料の賦課徴収に要する経費で、11節需用費は、保険料納入通知書等の印刷、12節役務費は、郵送料でございます。19節負担金補助及び交付金は、国保保険料の取り扱いに対する納税組合交付金でございます。

 3項1目運営協議会費は、国保運営協議会の運営経費でございます。

 おめくりいただきまして、4項1目趣旨普及費は、国保事業推進に要する運営経費でございます。

 2款1項1目一般被保険者療養給付費、2目退職被保険者等療養給付費、3目一般被保険者療養費、4目退職被保険者等療養費、ともに過去の給付実績に基づき見込み額を計上してございます。

 5目審査支払費は、県国保連合会における診療報酬明細書の審査委託料でございます。

 おめくりいただきまして、2項1目出産育児一時金等、2目葬祭費、3目一般被保険者高額療養費、4目退職被保険者等高額療養費は、ともに過去の給付実績に基づき見込み額を計上してございます。

 5目一般被保険者移送費、6目退職被保険者等移送費は、現金給付化に伴い新設し、助産費は、科目をなくし、1目出産育児一時金等に含めてございます。

 3款1項1目老人保健医療費拠出金は、前々年度の老人医療費実績の見込み額を計上し、2目老人保健事業費拠出金は、老人保健施設整備事業に要する費用を計上し、3目老人保健事務費拠出金は、審査支払い事務に要する負担金でございます。

 おめくりいただきまして、4款1項1目高額医療費共同事業医療費拠出金は、高額な医療費の発生により、保険者の財政運営に支障を来すことのないよう、緩和するための再保険事業の負担金でございます。

 5款1項1目保健衛生普及費の8節報償費は、健康優良家庭への記念品代で、11節、12節、13節は、被保険者健康管理のため、人間ドック、大腸がん及び乳がん、子宮がん検診に要する経費等を計上してございます。

 おめくりいただきまして、6款1項1目国民健康保険財政調整基金費は、国保財政調整基金の運用利子を積み立てるものでございます。

 7款1項1目から3目は、保険料の還付金等でございます。

 おめくりいただきまして、8款1項1目は予備費でございます。

 次に、歳入に移りますので、114ページにお戻りいただきたいと思います。

 歳入でございます。1款1項国民健康保険料、1目一般被保険者保険料の1節現年分における賦課算定は、国保条例第7条に基づき、療養給付費、療養費、高額療養費、移送費、老人及び老人保健拠出金等を算定基礎として賦課総額を定め、その収入見込み額を計上したものでございます。

 2目退職被保険者等保険料は、一般被保険者保険料の算出に準じて算定をしたものでございます。保険料総額といたしまして、63億9,957万4,000円を見込んでございます。

 2款1項1目国民健康保険税及び3款1項一部負担金は、存目でございます。

 おめくりいただきまして、4款使用料及び手数料は、滞納繰越分保険料の督促手数料の見込み額でございます。

 5款国庫支出金の1項1目事務費国庫負担金は、物件費に対する負担金の見込み額で、2目療養給付費等国庫負担金は、一般被保険者の保険給付費及び老人保健拠出金の予定額に国の負担割合により41億520万2,000円を見込み計上してございます。

 2項国庫補助金の1目、2目は、存目でございます。

 おめくりいただきまして、6款1項1目療養給付費交付金は、退職被保険者等の療養給付費等に対する社会保険診療報酬支払基金からの交付金でございます。

 7款1項1目保険費県補助金は、福祉医療費等に対する県からの補助金で、8款1項1目共同事業交付金は、高額医療費共同事業による県国保連合会からの交付見込み額を計上しております。

 おめくりいただきまして、9款1項1目利子及び配当金は、国保財政調整基金の運用利子収入でございます。

 10款1項1目一般会計繰入金は、保険基盤安定繰入金、職員給与費、出産育児一時金、財政安定化支援事業及び医療費等に充当するものでございます。

 2項1目基金繰入金は、存目でございます。

 おめくりいただきまして、11款1項1目及び2目その他繰越金は、存目でございます。

 12款1項1目から5目までは、保険料の延滞金等でございます。

 おめくりいただきまして、2項雑入の1目から6目までは、自動車事故等第三者行為による損害賠償金の見込み額を計上してございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第34号議案、福祉部長。



◎福祉部長(杉山信平君) 議案書の53ページをお願いいたします。第34号議案「平成7年度岡崎市老人保健特別会計予算」について御説明申し上げます。

 本案は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ151億3,178万7,000円と定めるものでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、平成7年度特別会計予算説明書の154ページお開きくださるようお願いします。

 1款1項1目医療給付費につきまして、19節につきましては、保健医療機関へ支払う医療費でございます。これは、過去の実績から推計いたしまして7年度の伸びを見込み、計上いたしたもので、受給者は2万2,423人を見込んでおるものでございます。

 2目医療費支給費の19節は、柔道整復、鍼灸、マッサージ付き添い看護料等の支給費でございまして、過去の実績に基づき推計、計上したもので、平成6年10月の健康保険法の改正により、付き添い看護が診療報酬に組み込まれたことにより、前年度予算より減額となっております。

 3目審査支払費は、診療報酬請求書の審査及び支払い事務を委託する経費でございます。

 2款1項1目償還金及び還付加算金は、存目でございます。

 次に、歳入の御説明をいたしますので、148ページの方へお戻りください。

 1款1項1目医療費交付金でございます。医療費に対する社会保険診療報酬支払基金からの負担金でございまして、医療費の10分の7及び10分の6に相当する負担金でございます。

 2目審査支払費交付金は、診療報酬請求書の審査及び支払い事務に要する経費の負担金として計上するものでございます。

 2款1項1目医療費国庫負担金は、医療費に対する国の負担金でございまして、医療費の10分の2及び12分の4に相当する負担金でございます。

 3款1項1目医療費県負担金は、医療費に対する県の負担金でございまして、医療費の10分の0.5、及び12分の1に相当する負担金でございます。

 おめくりいただきまして、4款1項1目一般会計繰入金は、医療費に対する市の負担金として医療費の10分の0.5及び12分の1に相当する負担額を一般会計から繰り入れするものでございます。

 5款1項1目繰越金は、存目でございます。

 6款1項1目延滞金及び2目加算金は、それぞれ存目でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第35号議案、税務部長。



◎税務部長(深津仁史君) 議案書の57ページをお願いいたします。第35号議案「平成7年度岡崎市証紙収入特別会計予算」について御説明申し上げます。

 本案は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億7,656万1,000円と定めるものでございます。

 特別会計予算説明書の158ページ、159ページにより一括説明をさせていただきます。この会計は、使用料、手数料の証紙収入分について一括経理するもので、証紙売りさばき代金の証紙収入を受けて、一般会計へ繰出金として繰り出すものでございます。



○議長(河澄亨君) 次、第36号議案、経済部長。



◎経済部長(原田久夫君) 議案書の61ページをお願いいたします。平成7年第36号議案「平成7年度岡崎市工場等建設奨励特別会計予算」について御説明申し上げます。

 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4,000円と定めるものでございます。

 予算説明書の170ページをお開き願いたいと思います。170ページの歳出、お戻りいただきまして、168ページの歳入は、いずれも存目でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第37号議案、総務部長。



◎総務部長(足立侃君) 65ページでございます。第37号議案「平成7年度岡崎市継続契約集合支払特別会計予算」につきまして御説明を申し上げます。

 この予算は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ12億4,642万6,000円と定めるものでございます。

 説明書の178ページから183ページにわたっておるわけでございますが、予算の内容の状況からいたしまして、一括説明をさせていただきたいと思います。

 この会計は、一般会計、下水道特別会計を初め3特別会計の電気、水道、ガスの使用料と電話料を一括経理するものでございまして、歳出は、これらの光熱水費、通信運搬費を計上いたしまして、歳入につきましては、各会計からの繰入金の計上でございます。前年度と同様の形での計上でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第38号議案、下水道部長。



◎下水道部長(柴田鎮生君) 議案書の69ページをお願いいたします。平成7年第38号議案「平成7年度岡崎市地域汚水処理施設特別会計予算」について御説明申し上げます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億6,138万8,000円と定めるものでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、説明書の192ページをお願いいたします。

 1款1項1目一般管理費は、主に職員給与費でございます。

 2款1項1目の13節、15節は、事務事業の概要欄に記載のとおり、4施設の施設管理委託料及び管渠等の整備工事、処理施設修繕工事でございます。

 おめくりいただきまして、3款1項1目は、予備費でございます。

 歳入に移らせていただきますので、188ページへお戻り願います。

 1款1項1目使用料は、地域汚水処理施設の使用料でございます。

 2款1項1目は、一般会計からの繰入金でございます。

 3款1項繰入金は、存目でございます。

 おめくりいただきまして、4款1項1目雑入も、存目でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第39号議案、市立岡崎病院事務局長。



◎市立岡崎病院事務局長(浅井勲君) 平成7年第39号議案「平成7年度岡崎市病院事業会計予算」について御説明申し上げます。

 議案書の73ページをお願いいたします。

 第1条は総則でございます。

 第2条は業務の予定量でございます。まず、病床数は544床でございます。(2)の年間患者数は、入院患者数18万438人、外来患者数36万400人を見込んでおります。(3)でございますが、1日平均患者数は、入院493人、外来1,325人の予定をいたしております。本年度につきましては、うるう年でございますので、前年度と比較いたしまして、入院、外来ともに診療日数が1日多い日数となりますので、患者数の見込みも増加いたしております。(4)主要な建設改良事業につきましては、高度医療機器の整備に伴う現病院の施設改修事業費2,194万6,000円、及び病院移転建設事業の早期完成を目標に、本年度11億1,698万9,000円を予定いたすものでございます。

 第3条にまいりまして、収益的収入及び支出でございます。

 収益的収入は、1款病院事業収益119億5,161万7,000円を予定いたします。内訳にまいりまして、第1項医業収益につきましては、入院、外来収益、その他医業収益を見込みまして、107億7,959万4,000円、第2項医業外収益は、預金利息、他会計負担金、補助金等で11億7,200万3,000円、第3項特別利益2万円の予定でございます。

 収益的支出につきましては、1款病院事業費用119億1,748万8,000円で、その内訳につきましては、第1項医業費用116億2,973万6,000円の予定でございまして、主な内容は、給与費、材料費、経費、減価償却費等でございます。第2項医業外費用は、支払利息、繰延勘定償却等で2億7,047万2,000円、第3項特別損失は、看護婦等就学資金返還債務の当然免除で、1,428万円、第4項予備費300万円を予定いたすものでございます。

 第4条は、資本的収入及び支出でございます。

 まず、収入でございますが、1款資本的収入は、13億5,619万4,000円で、内訳につきましては、第1項他会計負担金9億1,129万円、これは企業債償還金、建設改良等に係る一般会計負担金でございます。

 おめくりいただきまして、第2項固定資産収入1万円。第3項投資償還金収入140万円。第4項企業債は、医療機器整備事業及び病院移転建設事業に係る借り入れを予定し、3億円。第4項出資金1億4,349万4,000円、これは、病院移転建設事業に伴う一般会計からの出資金でございます。

 支出にまいりまして、1款資本的支出は、19億9,269万1,000円で、内訳につきましては、第1項建設改良費15億3,693万5,000円、この内容につきましては、施設の改修工事、医療機器の購入費、病院建設事業に係る造成、建築工事費でございます。次に、第2項投資は、看護婦等修学資金貸与金等で3,451万2,000円。第3項企業債償還金3億9,286万5,000円。第4項開発費、2,837万9,000円でございます。

 なお、資本的収入額が資本的支出に対して不足する額6億3,649万7,000円は、建設改良積立金3億9,000万円、当年度分消費税資本的収支調整額78万8,000円及び過年度分損益勘定留保資金2億4,570万9,000円で補てんいたすものでございます。

 第5条は継続費でございます。病院の移転建設事業につきまして、表に記載のとおり、総事業費269億4,000万円、事業期間を平成7年度より平成10年度の予定で推進し、新病院の早期完成を目指してまいるもので、それぞれの年割り事業費につきましても、記載のとおり予定をいたすものでございます。

 第6条企業債にまいりまして、起債の目的、限度額、起債の方法等を定めるものでございます。本年度は、医療機器の整備事業費、病院移転建設事業費を予定し、借入限度額をそれぞれ2億5,000万円、5,000万円とし、借入限度額の総額を3億円とさせていただくものでございます。

 第7条一時借入金につきましては、限度額を5億円と予定させていただくものでございます。

 第8条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費といたしまして、(1)職員給与費58億3,678万5,000円、(2)交際費30万円をそれぞれ予定いたすものでございます。

 第9条棚卸資産購入限度額につきましては、限度額を35億円と定めるものでございます。

 第10条は、重要な資産の取得といたしまして、心臓血管連続エックス線診断装置一式ほか2件を予定いたすものでございます。

 続きまして、予算の内容について御説明させていただきますので、説明書の222ページをお願いいたします。

 まず、収益的収入及び支出のうち収入でございます。1款1項1目入院収益は、67億910万9,000円、患者数見込み18万438人、1日平均493人の予定でございます。

 2目の外来収益は、39億3,088万2,000円、患者数見込み36万400人、1日1,325人の見込みでございます。

 3目その他医業収益は、室料差額収益、公衆衛生活動収益等をそれぞれ予定いたしまして、1億3,960万3,000円を見込んでおります。

 2項1目受取利息配当金4,250万円、2目他会計負担金9億6,802万2,000円を一般会計、水道事業会計からの負担金として予定計上いたしております。

 3目補助金は、救命救急センター運営費の補助金、臨床研修事業費補助金等、9,547万6,000円の収入予定でございます。

 4目の患者外給食収益につきましては、200万7,000円、5目その他医業外収益は、不用品売却収益等で6,399万8,000円を見込んでおります。

 3項特別利益は、2万円の予定計上でございます。内訳は、1目固定資産売却益及び2目過年度損益修正益でございます。

 1枚おめくりいただきまして、次に収益的支出でございます。1款1項1目給与費、57億4,137万6,000円の予定計上をいたしております。本年度につきましては、職員数606人で、前年度と比較いたしますと増加いたしておりますが、これは、新病院に向けての組織体制に配慮しつつ、現病院における患者サービスの拡充を図るとともに、経営の健全性の維持にも配慮しつつ、積極的な予算措置をいたしたことによるものでございます。

 2目の材料費につきましては、41億3,013万9,000円、3目経費は、12億1,692万3,000円、1枚おめくりいただきまして、4目減価償却費5億793万1,000円、5目資産減耗費540万1,000円、6目研究研修費2,796万6,000円を予定計上いたしております。

 1枚おめくりいただきまして、2項1目支払利息及び企業債取扱諸費1億6,281万5,000円、2目繰延勘定償却1,818万4,000円、3目患者外給食材料費200万7,000円、4目雑損失8,506万6,000円、5目の消費税240万円をそれぞれ予定計上いたしております。

 3項1目固定資産売却損及び2目過年度損益修正損につきましては、それぞれ10万円、50万円を予定いたしております。

 3目その他特別損失は、看護婦等修学資金返還債務の当然免除額として1,368万円。

 4項1目予備費300万円でございます。

 次、右側でございますが、資本的収入及び支出へまいりまして、まず収入でございます。1款1項1目他会計負担金9億1,129万円と多額になっておりますが、病院建設事業費等事業の積極的推進に伴い、事業費が増加見込みとなることによるものでございます。

 2項1目固定資産収入1万円。

 3項1目投資償還金収入140万円。

 4項1目企業債は、医療水準の質的向上のための医療機器整備事業及び病院建設事業の本格的着工の見込みによりまして、それぞれ起債を予定いたしまして、総額3億円といたしております。

 5項1目一般会計出資金につきましては、病院建設事業に係る出資で、1億4,349万4,000円を予定させていただいております。

 1枚おめくりいただきまして、次は支出でございます。高度医療機器整備に伴う施設改修費としまして、1項1目建設改良費2,194万6,000円を予定いたし、また地域の医療需要に的確に対応し、医療水準の確保、質的向上のため、医療機器整備事業費としまして、2目の資産購入費3億9,800万円を予定計上させていただきました。

 3目病院建設費につきましては、11億1,698万9,000円を予定いたし、用地造成工事、建物の本体建設工事を積極的に推進し、早期完成を目指すものでございます。

 2項1目長期貸付金は、3,091万2,000円を看護婦等修学資金貸与金として予定いたすものでございます。

 2目その他投資は、借上公舎に係る敷金でございます。

 3項1目企業債償還金3億9,286万5,000円、4項1目開発費2,837万9,000円を予定計上し、現病院の業務の充実と新病院の円滑な業務移行に対応すべく、外来等のオーダリングシステムの開発を実施してまいるものでございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 次、第40号議案、水道局長。



◎水道局長(番勉司君) 議案書の77ページをお願いいたします。第40号議案「平成7年度岡崎市水道事業会計予算」について御説明を申し上げます。

 第1条は総則でございます。

 第2条は、業務の予定量でございまして、給水戸数は10万9,500戸、年間の総給水量は4,413万1,000立方メートル、1日平均給水量は12万580立方メートルと見込んでおります。4番目の起債の主要な建設改良事業費につきましては、第4期拡張工事の事業費といたしまして16億6,643万9,000円を予定しております。

 第3条は収益的収入及び支出を定めたものでございまして、収入総額は48億6,885万2,000円、支出総額は49億5,770万3,000円でございまして、収支差し引きは8,885万1,000円の不足となります。この不足については、利益積立金等により補てんする予定でございます。

 第4条は資本的収入及び支出の予定額を定めるものでございまして、収入総額を22億1,285万1,000円、支出総額を37億1,481万円と定めるものでございます。収支の不足額15億195万9,000円につきましては、前のページに戻りますが、過年度分損益勘定留保資金、当年度分損益勘定留保資金、減債積立金、建設改良積立金及び当年度分消費税資本的収支調整額等で補てんするものでございます。

 第5条は企業債でございまして、起債の目的、限度額、方法等を定めたものでございます。

 第6条は一時借入金の限度額を定めております。

 第7条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費を定めております。

 第8条は棚卸資産の購入限度額でございます。

 次に、予算の内容につきまして御説明申し上げますので、別冊の特別会計・企業会計予算説明書の254ページをお願いいたします。収益的収入及び支出から御説明申し上げます。

 収入総額でございます。1款水道事業収益は、前年対比99.59%の48億6,885万2,000円を計上させていただきました。

 1項1目1節の水道料金は、43億6,437万8,000円を見込んでございます。

 2目受託工事収益は、外部団体、下水道工事課等からの依頼によります配水管布設替え工事費のほか、給配水管の修理費でございます。

 3目その他営業収益のうち2節手数料は、下水道使用料徴収手数料、給水申し込みに係る工事審査手数料等でございます。3節他会計負担金は、消火栓の維持管理の経費として一般会計から繰り入れをお願いするものでございます。4節分担金は、給水申し込みに伴う分担金でございまして、新設2,174件、改造248件を見込んでおります。5節雑収益は、水質試験料等でございます。

 2項1目受取利息は、事業資金運用に係る定期預金等利息でございます。

 2目他会計補助金は、一般会計からの退職手当補助金でございまして、当該職員の一般会計の勤務年数相当分でございます。

 3目雑収益のうち、右側のページへまいりまして、4節その他雑収益は、撤去いたしました水道メーターの評価益等でございます。

 3項1目固定資産売却益は、水道用地売却による土地売却益でございます。

 おめくりいただきまして、支出にまいりまして、1款水道事業費用でございますが、前年対比1.98%増の49億5,770万3,000円を計上させていただきました。

 1項1目原水及び浄水費、1節の給料から8節の被服費までにつきましては、浄水関係の職員50名の給料、諸手当、法定福利費のほか、嘱託職員、臨時職員の賃金、旅費、被服関係費を計上いたしました。なお、このほかの業務に係ります人件費につきましては、2目から5目までと、資本的収支の予算につきましても、関係の目にそれぞれ計上いたしてございます。給与費の総人員は144名でございます。11節備消品費は、水質試験用器具、消耗器具等の購入費でございます。17節は、浄水場の排水処理施設運転、機械設備の保守点検、施設警備等の委託料でございます。20節は、車両のほか、浄水施設の機器等の修繕費でございます。21節は動力費、浄水施設の電力料と自家発電用燃料費でございます。22節は、浄水場における水処理用の薬品費、23節は、浄水施設の機械補修等に要する材料費でございます。25節補償金は、岩津用水土地改良区への負担金でございまして、一般会計に補てんをするものでございます。28節負担金は、下水道使用料でございます。29節は工事請負費は、男川浄水場のパック、貯留槽改修工事を初め、浄水施設の維持管理に係る工事費を計上いたしたものであります。53節受水費は、県営水道からの受水費でございまして、年間受水量1,192万3,000立方メートルを予定しております。

 2目配水及び給水費でございますが、おめくりいただきまして17節は、漏水調査、交通誘導警備、水道メーター取りかえ等の委託料でございます。23節は、水道管破裂、破損修理等直営工事に要する材料費でございます。24節水道メーター取りかえ補修費は、検定期間の満了等による水道メーターの取りかえ費でございまして、1万4,791個分を予定しております。29節工事請負費は、給配水管の修繕工事、舗装の復旧工事等でございます。

 3目受託工事費でございますが、29節工事請負費は、受託工事といたしまして、配水管布設替え工事を予定しております。

 4目業務費、17節は、水道メーターの検診、電算等の委託料でございます。

 おめくりいただきまして、19節は、電算システム、OCR機器の賃借料でございます。

 5目総係費、6節退職給与金は、退職予定者に係るものでございます。17節、健康診断、工事積算システム管理委託料でございます。19節は、工事設計積算システム等の賃借料でございます。28節負担金でございますが、庁舎管理上の共同事務の負担金、職員共済会への負担金、一般会計への退職手当負担金が主なものでございます。

 6目38節有形固定資産減価償却費は、建物、構築物等の償却費でございます。

 おめくりいただきまして、7目資産減耗費、40節固定資産除却費は、配水管布設替え工事等に伴います固定資産の除却費用でございます。

 2項1目支払利息、44節企業債利息は、借入企業債に係る利息でございます。45節借入金利息は、資金不足に備えての一時借入金利息等でございます。

 3目消費税は、控除税額を除きました消費税の納付額を予定したものでございます。

 以上が収益的収入及び支出でございます。

 続きまして、資本的収入及び支出でございます。263ページの収入からでございます。

 1款1項1目企業債は、拡張事業、配水管更生事業、配水管整備事業、施設整備事業に充当いたします借入金として計上させていただきました。

 2項1目他会計出資金は、拡張事業と緊急遮断弁設置に対する一般会計からの出資金でございます。

 3項1目工事負担金は、受託工事に対する負担金でございます。

 4項1目他会計負担金は、消火栓の新設、つけかえに伴います一般会計からの負担金でございます。

 6項1目県補助金は、緊急遮断弁設置費に対する県の補助金でございます。

 おめくりいただきまして、資本的収支不足額については、264ページ下段に記載してございます過年度分損益勘定留保資金、当年度分損益勘定留保資金、減債積立金、建設改良積立金、当年度分消費税資本的収支調整額にて補てんをいたします。

 265ページ、支出へまいりまして、1款1項1目原水及び浄水施設費、35節施設工事費は、震災対策としての北斗台北の滝配水場緊急遮断弁設置工事、六供浄水場集中管理設備工事等、浄水施設の改良工事に要する経費でございます。

 2目配水施設費でございますが、35節施設工事費は、老朽管対策、道路改良工事等による配水管布設替え工事、濁り水の解消のため、配水管更生工事、土地区画整理組合等からの依頼工事による配水管布設工事、消防より依頼の消火栓設置工事を計上しております。

 3目給水施設でございますが、おめくりいただきまして、35節施設工事費は、給水申し込みに伴います配水管布設工事費、配水管布設替え工事費でございます。

 4目水道拡張費の17節は、上地浄水場ポンプ増設実施設計、新市立病院給水事業実施設計等の委託料でございます。28節負担金は、仁木浄水場の水源確保のための国営土地改良財産の共有持ち分権を取得するものであります。33節土地購入費は、ポンプ場用地購入費を計上いたしております。35節施設工事費は、拡張事業といたしまして、仁木浄水場浄水池増設工事のほか、配水管布設工事等を進めてまいります。

 5目開発費、17節は、水源調査に係る委託料でございます。

 6目営業設備費、50節機械及び装置は、新規取りつけ水道メーターの購入費でございます。52節工具器具及び備品は、分光光度計等の購入費を計上いたしております。

 2項1目1節企業債償還金は、未償還元金のうち7年度に予定されます償還元金でございます。

 以上でございます。



○議長(河澄亨君) 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。

 なお、予算関係の議案につきましては、明9日総括質疑を行いますので、御了承ください。

 第5号議案、これに御質疑ありませんか。次、第6号議案、御質疑ありませんか。次、第7号議案、御質疑ありませんか。第8号議案、御質疑ありませんか。第9号議案、御質疑ありませんか。第10号議案、御質疑ありませんか。第11号議案、御質疑ありませんか。第12号議案、御質疑ありませんか。第15号議案、御質疑ありませんか。第17号議案、御質疑ありませんか。第18号議案、御質疑ありませんか。第19号議案、御質疑ありませんか。第22号議案、御質疑ありませんか。第23号議案、御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○議長(河澄亨君) 御質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本日の質疑はこの程度にとどめたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(河澄亨君) 御異議なしと認めます。

 よって、明9日午前10時再開することとし、本日はこれにて延会いたします。

             午後3時35分延会

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

         議長   河澄 亨

         署名者  岡崎冨雄

         署名者  小野政明