議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岡崎市

平成 4年  9月 定例会 09月08日−21号




平成 4年  9月 定例会 − 09月08日−21号







平成 4年  9月 定例会



             午前10時開議



○議長(岡村秀夫君) 出席議員が定足数に達しておりますので、ただいまから会議を開きます。

 本日出席を求めた理事者は、市長初め関係職員であります。

 なお、本日の議事日程は、お手元に配付の印刷物により御承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡村秀夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、4番 柴田元良君、39番 岡田 満君の御両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡村秀夫君) 日程第2、報告第13号「工事請負の契約の変更に関する専決処分について」外4件を議題とし、理事者の報告を求めます。

 報告第13号、開発部長。



◎開発部長(加藤主計君) 報告事項の冊子の1ページをお願いいたします。平成4年報告第13号「工事請負の契約の変更に関する専決処分について」御説明申し上げます。

 地方自治法第 180条第1項の規定によりまして、次ページの専決処分書のとおり、去る8月5日に専決処分いたしたものでございます。

 同条第2項の規定により報告するものでございます。

 おめくりいただきまして、専決処分書でございますが、専決処分の内容は、昨年9月20日に御議決をいただきました高隆寺大橋の下部工事の契約の変更でございます。この工事施工箇所は、一部工事承諾をいただき、施行いたしておりましたところ、相手方の事情により工事を一時中断いたしました。相手方との調整もでき、工事を再開いたしましたが、このことにより、専決処分書のとおり完成期限を改めるものでございます。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、報告第14号及び報告第15号、総務部長。



◎総務部長(柴田敏夫君) 5ページをお願いいたします。平成4年報告第14号「平成3年度岡崎市一般会計継続費精算報告書」について御説明申し上げます。

 最初が、民生費の精神薄弱者授産施設建設事業でございまして、平成2年度から3年度まで2カ年事業として実施してまいりましたが、終了いたしましたので、報告いたすものでございます。

 全体計画の年割り額、計の欄でございます。2億 4,000万円に対しまして、実績の支出済額2億 3,965万 9,370円でございまして、比較欄の差でございますが、34万 630円、これが残額でございます。

 次に、衛生費のし尿処理施設建設事業でございますが、昭和63年度から平成3年度までの4カ年事業といたしまして建設いたしたものでございます。全体計画の年割り額、計欄53億 8,967万 7,000円に対しまして、実績の計欄53億 8,087万 9,985円でございまして、その差は 879万 7,015円でございます。

 次は、土木費の岡崎中央総合公園多目的体育館建設事業でございまして、平成元年度から3年度までの3カ年事業として建設いたしたものでございますが、全体計画の計欄74億 5,405万 6,000円に対しまして、実績の計欄74億 5,404万円でございまして、その差は1万 6,000円でございます。

 以上、地方自治法施行令第 145条第2項の規定により御報告申し上げるものでございます。

 以上でございまして、おめくりいただきまして、7ページをお願いいたします。平成4年報告第15号「平成3年度の岡崎市土地開発基金の運用状況について」御説明申し上げます。

 次のページをお願いいたします。土地開発基金運用状況調書により御説明させていただきます。

 この基金は、原資2億 8,000万円を岡崎市土地開発公社に貸し付け、運用したものでございまして、上段の前年度末、これは平成2年度末でございまして、現在高が 1,736万 1,548円でございました。平成3年度中の現金の受入高は、普通預金の利子収入が 4,987円、土地開発公社への貸付金利子収入が 1,848万円で、計 1,848万 4,987円でございます。支払い高につきましては、平成2年度中の運用益 1,736万 1,548円、これは前年度末現在高と同じでございますが、平成3年度の一般会計へ繰り出したものでございます。この現金の計と原資を加えました2億 9,848万 4,987円が最後の欄にございますが、平成3年度末の現在高となるものでございます。

 10ページの表は、貸し付けの利率、貸し付けの状況でございます。

 13ページから14ページにかけまして、ただいま御説明いたしました土地開発基金、次に説明がございます譲渡公営住宅敷地整理基金、物品調達基金の運用状況につきまして、監査委員の審査意見書でございますので、御参照いただきたいと思います。

 以上、地方自治法第 241条第5項の規定により御報告申し上げるものでございます。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、報告第16号、建設部長。



◎建設部長(杉田勇雄君) 15ページをお願いいたします。平成4年報告第16号「平成3年度の岡崎市譲渡公営住宅敷地整理基金の運用状況について」御説明申し上げます。

 この基金は、譲渡公営住宅の敷地で、市が借り受けている土地の取得及び処分を円滑に処理するための基金でございます。

 おめくりいただきまして、17ページをお願いいたします。基金の運用状況調書でございます。上段から2行目、現金受入高のうちの土地処分収入高1億 1,424万 5,281円につきましては、元荒居荘の土地 1,064.4平米及び元柱荘の土地528.29平米の売払収入でございます。次の利子収入高 1,656万 6,999円につきましては、貸付信託収益金及び普通預金利子でございます。次の基金繰入高 2,663万 2,750円につきましては、一般会計から基金として繰り入れたものでございます。次の有価証券処分高 2,000万円につきましては、土地取得資金として貸付信託を取り崩したものでございます。

 次に、現金支払い高のうち土地取得費支払い高 5,284万 4,648円につきましては、元荒居荘の土地170.82平米及び元柱荘の土地611.19平米の購入費と元柱荘の確定測量費でございます。次の一般会計繰出高 2,925万 6,866円につきましては、平成2年度の基金運用収益金 262万 4,116円及び平成3年度の土地売払収益のうち 2,663万 2,750円を一般会計へ繰り出したものでございます。次の有価証券取得高 5,200万円につきましては、資金運用のため貸付信託を購入したものでございます。

 次に、土地の取得高 5,284万 4,648円につきましては、先ほど現金支払い高のところで説明したとおりでございます。また、土地の処分高 7,282万 9,127円につきましては、現金受入高のところで説明しました元荒居荘と元柱荘の土地の取得原価相当額でございます。

 次の有価証券の取得及び処分につきましても、先ほど現金のところで説明いたしたとおりでございます。

 したがいまして、平成3年度末現在高は、現金 4,647万 805円、土地2億 8,745万 773円、有価証券2億 7,080万円、合わせまして6億 472万 1,578円でございます。

 おめくりいただきまして、土地の状況でございます。平成3年度末現在の土地の総面積は1万1,205.02平米となっております。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、報告第17号、総務部長。



◎総務部長(柴田敏夫君) 19ページをお願いいたします。平成4年報告第17号「平成3年度の岡崎市物品調達基金の運用状況について」御説明申し上げます。

 おめくりいただきまして、21ページをお願いいたします。この基金は、 1,000万円の額をもちまして、市の事務事業に必要な物品の調達を効率的に処理するために設けられましたものでございまして、一番上段が前年度、平成2年度末の現金の現在高でございまして、3年度中の現金の受入高は、調達収入高と利子収入高の小計にございます1億 1,110万 4,011円でございます。

 支払い高につきましては、調達支払い高、3年度の一般会計への繰出高、小計欄にございます1億 899万 6,463円でございまして、これらを差し引きいたしました現金は、計欄の 929万 5,575円となるものでございます。

 次に、物品でございますが、前年度末現在高に購入高を加え、払出高と減耗高を差し引きましたもの、計欄の 567万 8,563円となるものでございます。

 基金は、3月末で年度が終わりますので、未収入高、未払高をそれぞれ再差し引きいたしますと、3年度末といたしまして 1,676万 494円となりますが、これから 1,000万円の基金を除きますと、 676万 494円となり、この額が運用益として平成4年度の一般会計へ繰り出されるものでございます。

 次の22ページの表は、年間の基金の回転の状況でございまして、回転率は、最後の欄に書いてございます 10.55でございます。ちなみに、前年度は 10.66でございました。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 報告は終わりました。

 これより質疑に入ります。

 報告第14号、これに御質疑ありませんか。

     (「なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 次、報告第15号、これに御質疑ありませんか。

 34番 佐伯恒教君。



◆34番(佐伯恒教君) 報告事項につきまして、今回から質疑の時間が設定されました。

 開発公社の基金の運用につきましてですが、不勉強でございますので、確認の意味で、2点ほどお伺いをしたいというふうに思うわけなんです。

 一つは、2億 8,000万の基金定額ということでございます。その運用によって、運用益を一般会計へ繰り入れするという形で、順調に推移いたしておりますが、お伺いしたいことは、定款によりますと、基本財産として各岡崎市、額田町、あるいは幸田町がそれぞれ出資いたしておりますが、この総額 1,000万円、2億 8,000万円と 1,000万円の関係について、要するに出資金は基金ではないと思います。要するに出資金でありますから、関係はないと思いますが、その辺のところ、要するに2億 8,000万という基金の額、定額が今のところ2億 8,000万になっているわけですけれども、そのことが事業内容の新訂に伴ってずっと変わっておりませんけれども、この辺と出資額が関係あるのかないのかわかりませんが、お伺いしたいということです。

 それからもう一つは、最近になりまして、御承知の三世代宅地造成等も開発公社の事業として入ってまいっておりますが、従来から開発公社の目的というのは、先ほど出資をいたしております岡崎市や、あるいは幸田町、額田町にかわって、土地の先行取得を行うことであって、造成というところまで及んではいかんということじゃありませんけれども、そういった事業が今後この議会の中でも、勤労者向けの宅地の分譲等について前向きの取り組みの発言もあったわけであります。そういった意味では、事業そのものがそういう形のものまで及んでくるとするなら、基金の運用として将来的に2億 8,000万でいいのかどうかというようなことも、もちろん借り入れができるわけでしょうから、資金自体は困らないんでしょうけれども、そういった関係、どうなるんだろうという疑問を持っていますが、その点についてお答えをいただきたいと思います。



○議長(岡村秀夫君) 総務部長。



◎総務部長(柴田敏夫君) 最初の出資額 1,000万につきましては、私どもの方の基金2億 8,000万とは直接的には関係ないように思いますが、ただいま2億 8,000万で将来的にもいいかということでございましたが、今年度2億 2,000万追加をいたして計上いたしておりますので、5億円で現在基金を運用いたしておるということでございます。

 もちろん、私が今申し上げるまでもなく、土地開発基金は、目的としては当然公用または公共用の用地取得ということでございますので、御理解いただきたいと思います。



○議長(岡村秀夫君) 次、報告第16号、これに御質疑ありませんか。次、報告第17号、これに御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 御質疑は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡村秀夫君) 日程第3、認定第1号「平成3年度岡崎市の一般・特別会計の決算の認定について」外2件を議題とし、理事者の説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(柴田敏夫君) 右肩に「1」とあります議案書をお取り出しいただきたいと思います。

 1ページでございます。平成4年認定第1号「平成3年度岡崎市の一般・特別会計の決算の認定について」御説明申し上げます。

 岡崎市の一般会計と食肉センター特別会計を初め13会計の平成3年度の決算につきまして、地方自治法第 233条第3項の規定によりまして、別冊の監査委員の意見書をつけまして議会の認定に付するものでございます。

 参考書類といたしまして、歳入歳出決算事項別明細書と主要施策成果説明書もあわせて提出いたしましたので、御参照いただきたいと存じます。

 次に、3ページでございます。平成4年認定第2号「平成3年度岡崎市病院事業会計の決算の認定について」と、おめくりいただきまして5ページでございます。平成4年認定第3号「平成3年度岡崎市水道事業会計の決算の認定について」も、あわせて御説明申し上げます。

 病院事業並びに水道事業の両会計の決算認定につきましても、地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見をつけまして、決算附属書類とあわせ、議会に御提出申し上げるものでございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(岡村秀夫君) 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。

 認定第1号、これに御質疑ありませんか。次、認定第2号、これに御質疑ありませんか。次、認定第3号、これに御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 御質疑は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡村秀夫君) 日程第4、決算特別委員会の設置についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 認定3件については、決算特別委員会を設置し、付託の上、審査いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、認定3件は、決算特別委員会を設置し、付託の上、審査することに決しました。

 お諮りいたします。

 決算特別委員会の委員の定数は16名といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、決算特別委員会の委員の定数は16名とすることに決しました。

 これより、決算特別委員会の委員の指名を行います。

 お諮りいたします。

 決算特別委員会の委員は、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において、お手元に配付いたしました印刷物のとおり指名いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君を決算特別委員会の委員に選任することに決しました。

    決算特別委員会委員指名案

          平成4年9月定例会


加藤明子
大久保 正
細井幸彦


岡崎冨雄
米津春治
佐伯恒教


小野政明
中根巳代治
澤  豊


柵木 誠
三島栄太郎
村松 武


鈴木雅美
永田 寛
 


長坂光雄
荒木鉄之助
 



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡村秀夫君) 日程第5、第91号議案「物品の取得について」外15件を、会議規則第35条の規定により一括議題とし、逐次理事者の説明を求めます。

 第91号議案、総務部長。



◎総務部長(柴田敏夫君) 右肩「1」の議案書でございます。7ページをお願いいたします。平成4年第91号議案「物品の取得について」御説明申し上げます。

 本案は、冬に流行するおそれのあるインフルエンザに備え、保育園児、幼稚園児、小学生、中学生に接種するため、インフルエンザHAワクチンを購入するものでございます。

 買い入れの目的、買い入れ物品、契約の方法、買い入れ金額、納入期限、契約の相手方は、議案書記載のとおりでございます。

 なお、この契約は1本当たりの単価契約となっておりまして、買い入れ金額は、購入予定数量 2,323本で精算してあります。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、第92号議案、環境衛生部長。



◎環境衛生部長(石原明次君) 9ページをお願いいたします。平成4年第92号議案「財産の取得について」御説明申し上げます。

 本案は、岡崎墓園整備用地として土地を買い入れるものでございます。買い入れる土地の所在、面積、買い入れ金額につきましては、議案書記載のとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、第93号議案、経済部長。



◎経済部長(小嶋照男君) 11ページをお願いいたします。平成4年第93号議案「物品の取得について」御説明申し上げます。

 本案は、三河武士のやかた家康館の展示用美術品の購入でございまして、徳川四天王の1人本多忠勝の曾孫、大和郡山藩主でありました本多政長所有の甲冑1領を購入するものでございます。

 買い入れの目的、買い入れ物品、契約の方法、買い入れ金額、納入期限、契約の相手方は、議案書記載のとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、第94号議案から第97号議案、建設部長。



◎建設部長(杉田勇雄君) 13ページをお願いいたします。平成4年第94号議案「市道路線の廃止について」御説明申し上げます。

 路線番号1420号線、1421号線、1426号線及び1710号線は、一般県道岡崎環状線の供用開始に伴い廃止するものでございます。

 おめくりいただきまして、平成4年第95号議案「市道の認定について」御説明申し上げます。

 路線番号6040号線、6041号線、6042号線、6043号線及び6044号線は、一般県道岡崎環状線の供用開始に伴い認定するもので、路線番号6045号線は、都市計画道路築造に伴い認定するものでございます。

 続いて、19ページをお願いいたします。平成4年第96号議案「工事請負の契約について」御説明申し上げます。

 本工事は、上和田町地内に設置いたします占部川遊水地築造工事でございまして、去る8月18日、建設共同企業体10社による指名競争入札の結果、小原・白濱建設共同企業体に1億 918万円で落札したものでございます。

 工事の概要、完成期限につきましては、議案書記載のとおりでございます。

 なお、入札結果につきましては、さきにお配りいたしました資料のとおりでございます。

 おめくりいただきまして、21ページをお願いいたします。平成4年第97号議案「区画整理に伴う町及び字の区域の変更について」御説明申し上げます。

 本案は、農村総合整備モデル事業農業生産基盤整備事業の圃場整備本宿地区にかかわる区画整理により区画及び形状が変更され、これに伴い、整備後の区画に合わせ、町及び字の区域を変更するものでございます。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、第98号議案、教育次長。



◎教育次長(佐野欽也君) 25ページをお願いいたします。平成4年第98号議案「財産の取得について」御説明申し上げます。

 本案は、福岡中学校移転用地取得事業として、岡崎市土地開発公社を経由して土地を買い入れるものでございます。

 買い入れる土地の所在、面積、買い入れ金額は、議案書記載のとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、第99号議案から第 101号議案、市長公室長。



◎市長公室長(大塚希夫君) 27ページをお願いいたします。平成4年第99号議案「岡崎市職員救慰金条例及び岡崎市消防団員等救慰金条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、職員または消防団員等が公務上災害を受け、功労があったと認められる場合に支給される救慰金について定める条例の一部を改正いたすものでございます。このたび、国の消防表彰規程の一部改正があり、賞じゅつ金の額が昭和60年以来7年ぶりに引き上げられたことに伴い、本市もこれに準じて改正をいたすものでございます。

 主な改正点といたしましては、負傷者等救慰金、障害者救慰金、殉職者救慰金並びに殉職者特別救慰金の額を20%から30%程度引き上げをいたすものでございます。

 なお、施行は公布の日からといたすものでございます。

 続きまして、33ページをお願いいたします。平成4年第 100号議案「昭和61年度以降における退隠料等の年額の改定に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、恩給法等の一部を改正する法律に準じ改正いたすもので、昭和37年11月30日以前に市役所を退職されました吏員等の退隠料及びその遺族に支給いたします扶助料の年額を改定いたすものでございます。

 第1条の7は、平成4年度における退隠料等の年額を改定する規定を設けるものでございます。

 第2条は、退隠料及び扶助料の最低保障額を改定いたすものでございまして、退隠料「98万 9,500円」を「102万 7,500円」に、扶助料「69万 1,900円」を「71万 8,500円」に改定いたすものでございます。

 第4条は、扶助料に加算いたします寡婦加算の年額「13万 5,000円」を「13万 9,500円」に改定いたすものでございます。

 以上は、いずれも平成4年4月分以降適用いたすものでございます。

 別表第7は、退隠料等の年額の算定の基礎となります仮定給料年額を表記載のとおり定めるものでございまして、3.84%の引き上げた内容となっております。

 なお、施行は公布の日からといたすものでございます。

 続きまして、37ページをお願いいたします。平成4年第 101号議案「昭和61年度以後における退職年金等の額の改定に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、平成4年度における旧例による共済組合等からの年金受給者のための特例措置法等の規定による年金の額の改定に関する政令に準じ、昭和37年11月30日以前に市役所を退職されました職員の退職年金及びその遺族に支給いたします遺族年金を改定いたすものでございます。

 退隠料と退職年金は、その根拠となる法令が異なることから、別々の条例となっておりますが、目的と内容は同じでありまして、退職年金及び遺族年金の最低保障額、寡婦加算の年額、実施時期及び仮定給料の引き上げ率等、さきに御説明いたしました第 100号議案と同様でございます。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、第 102号議案「平成4年度岡崎市一般会計補正予算」、歳出より款を追って説明願います。

 総務部長。



◎総務部長(柴田敏夫君) 41ページでございます。平成4年第 102号議案「平成4年度岡崎市一般会計補正予算(第2号)」につきまして御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回18億 940万円を追加いたしまして、補正後の額を 854億 3,175万円といたすものでございます。

 ちなみに、前年度同期の比較では 104.5%となるものでございます。

 それでは、補正予算説明書の方で御説明申し上げますので、補正予算説明書の冊子をお取り出しいただきたいと思います。歳出から御説明を申し上げます。



◎市長公室長(大塚希夫君) 2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、2節、3節、4節は、いずれも4月1日付人事異動に伴う人件費の調整による減額補正でございます。

 以上でございます。



◎市民部長(山田銀作君) 2項2目青少年婦人費の19節負担金補助及び交付金は、加盟単位子供会の数の増加に伴い、地域子供会活動事業費補助金及び子供会育成者連絡協議会の事業費補助金を増額いたすものでございます。

 13目15節工事請負費は、学区市民ホームの冷暖房機設置工事の契約差金でございます。

 14目15節工事請負費は、学区こどもの家の冷暖房機設置工事の工事内容を一部変更したことに伴う契約差金でございます。

 1枚おめくりいただきまして、4項戸籍住民基本台帳費、2目の外国人登録費につきましては、外国人登録事務市町村委託金の増額交付決定による財源充当に伴う更正でございます。

 以上です。



◎企画調整部長(萩原勉君) 続きまして、6項統計調査費について御説明申し上げます。4目商業統計調査費でございます。これにつきましては、県からの交付金の決定に伴いまして、調査員報酬、指導員報酬を増額し、賃金と需用費をそれぞれ減額するものでございます。

 次に、7目就業構造基本調査費でございます。これにつきましても、県の交付金の額の決定により、報酬と賃金をそれぞれ増額するものでございます。

 以上でございます。



◎福祉部長(野本昇平君) 26ページをお願いします。3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費、25節積立金は、福祉基金に指定寄附が1件ございましたので、これを積み立てるものでございます。28節繰出金は、平成3年度老人保健医療費の精算交付に伴う一般会計からの繰出金を減額するものでございます。



◎市民部長(山田銀作君) 2目国民年金事務費の増額は、国民年金保険料収納及び適用特別対策事業を実施するための経費の計上でございます。7節賃金は、年金の資格調査にかかわる臨時事務補助員の賃金でございます。11節需用費は、国民年金制度の趣旨普及等を図る物品の購入及び年金広報特集号発行等にかかわる経費でございます。12節役務費は、年金資格調査照会にかかわる郵送料でございます。13節委託料は、広報用懸垂幕(修正済み)の製作委託料でございます。



◎福祉部長(野本昇平君) 7目老人福祉費、19節負担金補助及び交付金は、老人クラブ会員数の増加によるものでございます。

 9目老人センター費、2節給料、3節職員手当等、4節共済費につきましては、4月1日付の人事異動によります職員の増によるものでございます。

 おめくりいただきまして、2項児童福祉費、4目精神薄弱児療育センター費、18節備品購入費につきましては、福祉の村若葉学園に備品の指定寄附がございましたので、掃除機を購入するものでございます。

 5目心身障害児地域療育センター費、18節備品購入費につきましては、福祉の村めばえの家に指定寄附がございましたので、療育用のロングテーブルを購入するものでございます。



◎環境衛生部長(石原明次君) 続きまして、4款衛生費、1項6目母子保健費、13節委託料は、平成4年度新規母子保健事業として全国で24自治体が指定され、本市もそれに該当した国庫補助事業でございます。初産婦を対象に産婦人科医が、育児に不安を持つ母親を小児科医に紹介し、小児科医が出生後の育児指導をする事業で、本年10月1日から岡崎医師会へ委託するため、補正計上させていただくものでございます。

 10目墓地管理費、11節需用費及び17節公有財産購入費は、平成5年度に購入予定していた岡崎墓園整備用地のうち 3,935平米が、地主からの買い取り希望の申し出がありましたので、本年度繰り上げ購入するため、増額補正させていただくものでございます。



◎下水道部長(東島毅八君) 12目環境推進費、19節負担金補助及び交付金は、合併処理浄化槽設置費補助金の増額補正でございます。



◎環境衛生部長(石原明次君) おめくりいただきまして、3項清掃費、1目19節負担金補助及び交付金は、生ごみ堆肥化促進補助金につきましては、申請が当初の予定より上回り、新たに 500基分を増額補正させていただくものでございます。

 2目塵芥処理費の18節備品購入費のうち、自動車購入費につきましては、購入済みでありますごみ収集車9台分の購入差金の減額と、資源ごみ分別収集車として2トントラック1台 330万円の購入費用を差し引いたものを増額補正させていただくものでございます。12節役務費、27節公課費につきましては、自動車購入に伴う費用を増額させていただいたものでございます。



◎経済部長(小嶋照男君) 続きまして、6款農林業費、1項4目農産振興費、19節負担金補助及び交付金でございますが、岡崎市農協が建設する水田転作野菜の集出荷施設と、同じく農協が建設いたします米麦種子乾燥処理施設に対する補助金でございます。

 5目畜産振興費、19節負担金補助及び交付金でございますが、家畜ふん尿処理施設設置予定酪農家が飼育を中止したため減額するものと、六ツ美養鶏加工協同組合が鶏肉処理施設を増床するに対して、県及び市費で補助をするものでございます。



◎建設部長(杉田勇雄君) おめくりいただきまして、32ページをお願いいたします。2項1目農業基盤整備総務費の17節公有財産購入費でございますが、愛知県が施行する1級河川鹿乗川緊急防災対策河川工事に伴う大和町地内における農道及び一般県道鴛鴨安城線自転車・歩行者歩道設置工事に伴う宇頭町地内における排水路のつけかえが必要となり、県の公共補償により農道及び排水路の用地を増額補正するものでございます。28節繰出金につきましては、農業集落排水事業特別会計の補正に伴う繰出金の増額補正でございます。

 4目農村総合整備モデル事業推進費でございますが、補助対象事業費の増額に伴い、新居地区の営農飲雑用水施設整備事業に係る事業費の補正でございます。15節工事請負費につきましては、浄水施設進入路の整備工事等の増額補正でございます。17節公有財産購入費につきましては、購入単価の減による浄水施設等の用地費の減額補正でございます。22節補償補てん及び賠償金につきましては、用地購入に伴う立木補償金でございますが、愛知県林業開発公社との協議により、立木の補償の対象が減少いたしましたので、減額補正をするものでございます。



◎経済部長(小嶋照男君) おめくりいただきまして、34ページをお願いいたします。7款商工費、1項2目商工振興費、19節負担金補助及び交付金でございますが、商店街等自主的整備地区景観施設整備事業等、商工団体共同施設設置事業の確定により、 1,978万 2,000円の増額補正をいたすものでございます。



◎都市施設部長(山田光春君) 8款土木費、1項2目建築指導費、2節、3節、4節につきましては、4月の定期異動によります人件費の増額補正でございます。



◎市民部長(山田銀作君) 36ページをお願いいたします。2項交通安全対策費、3目緊急交通安全対策費の17節公有財産購入費でございますが、JR岡崎駅西口に隣接する国鉄清算事業団から交通安全施設用地として岡崎市土地開発公社が先行取得いたしました用地費の補正でございます。



◎建設部長(杉田勇雄君) 38ページをお願いいたします。3項道路橋梁費の3目道路新設改良費でございますが、国県補助金の採択によります財源更正のほか、11節需用費、13節委託料及び17節公有財産購入費は、県施行の鹿乗川改修による市道島坂18号線取りつけ改良のため、県の公共補償による土地購入費及び登記事務委託料でございます。14節使用料及び賃借料は、複写機使用料の補正でございます。

 6目橋梁新設改良費の13節委託料でございますが、県に改築を委託しておりました鉢地町地内の仮称鉢地川1号橋の市道部分の早期供用開始を図るため、県委託を取り下げ、市で施行するもので、15節工事請負費へ組み替えをいたすものでございます。22節補償補てん及び賠償金でございますが、坂谷橋の橋台の基礎ぐいを施工する際に、振動、地盤沈下等により被害が生じた民家の損失補てんでございます。

 おめくりいただきまして、4項河川費でございます。1目河川総務費の3節職員手当等は、時間外勤務の増加によるものでございます。

 4目河川新設改良費の15節工事請負費でございますが、葵地区工業団地の造成に先立ち、改修する岡大谷排水路の改修工事請負費でございます。



◎開発部長(加藤主計君) 5項都市計画費、2目都市景観環境費の15節工事請負費は、愛知県都市景観モデル事業費にかかわる補助事業の交付決定に伴います増額補正でございます。



◎下水道部長(東島毅八君) 5目公共下水道費、28節は下水道特別会計への繰出金でございます。



◎開発部長(加藤主計君) おめくりいただきまして、42ページをお願いいたします。6項1目公園緑地総務費は、矢作公園の国庫補助金の交付決定に伴う財源更正でございます。

 6項2目公園費の13節委託料は、宇頭公園の用地買収が予定より早く完了いたしましたので、その測量設計委託料でございます。11節需用費、17節公有財産購入費は、大幡緑地の用地購入にかかわるものでございます。



◎建設部長(杉田勇雄君) 続きまして、8項住宅費、2目住宅管理費、28節繰出金につきましては、譲渡公営住宅敷地整理基金の定額を増額させるために、基金財産であります元荒居荘及び元柱荘の土地売払益相当額を同基金へ繰り出すものでございます。これによりまして、基金の定額は5億 8,815万 4,579円となります。



◎消防長(石川守君) 44ページをお願いいたします。9款1項消防費、3目消防施設費、18節備品購入費でございますが、今回救急自動車1台の寄贈がございましたので、本年度購入予定をいたしておりました救急自動車1台分の減額補正をお願いするものであります。



◎教育次長(佐野欽也君) 続いて、44ページでございます。10款教育費、2項小学校費、1目学校管理費、11節需用費及び18節備品購入費は、匿名希望の方から本宿小学校の学校図書ライブラリー機器等充実の費用にと 800万円、羽根町伸興荷材株式会社より上地小学校の体育館備品充実の費用として 100万円、合わせて 900万円の御寄附をいただきましたもので、御趣旨に沿って、消耗図書、庁用器具、備品図書を購入いたすものでございます。

 3目15節工事請負費は、今年度改築をいたしますプール1件、根石小学校でございますが、本年7月1日、プールの浄化設備能力基準について改正が出されまして、この基準に適合させるための事業費 530万円の増額をお願いいたすものでございます。

 次の46ページをお願いいたします。3項1目11節及び18節は、匿名希望の方、さきの本宿小学校 800万円の御寄附をいただきましたお方と同じお方でございますが、東海中学校の図書等充実のためにと、 300万円の御寄附をいただいたもので、消耗図書、書架及び備品図書を購入させていただくものでございます。

 3目13節委託料は、福岡中学校移転用地の造成測量設計業務を委託するものでございます。

 5項1目13節委託料は、僻地児童のための芸術教室の開催事業及び都市体験学習事業について、県の補助が決まりましたので、それぞれ所要経費を見積もり、現職教育委員会に委託いたすもので、県費補助率は2分の1でございます。

 次の48ページをお願いいたします。6項3目13節委託料は、県指定の岩津第1古墳の出土品7点の保存修理費について、県費補助の内示があったことによるもので、県費補助率は3分の2でございます。17節、22節につきましては、国指定の北野廃寺跡の指定地域内の土地、建物の取得について、国、県の補助が確定いたしましたので、該当土地の購入及び建物等の移転補償費を計上いたすものでございます。

 7目視聴覚ライブラリー費は、国庫補助が確定したことによる財源更正でございます。

 以上でございます。



◎総務部長(柴田敏夫君) 13款諸支出金、1項2目17節公有財産購入費でございますが、貸し付け土地の建物及び借地権の取得に係る増額補正でございます。

 次に、歳入の御説明を申し上げますので、4ページまでお戻りいただきたいと思います。1款市税、1項1目市民税個人でございます。課税所得の伸びによる増収見込みでございまして、補正後と前年度の決算の対比で申し上げますと、107.1%となるものでございます。

 2項固定資産税、1目1節償却資産につきまして、事業所の設備投資の増によるものでございます。やはりこれも、補正後の額と前年度の決算額の対比では 110.2%というものでございます。

 おめくりいただきまして、6ページをお願いいたします。6項特別土地保有税、1目1節でございます。これは保有課税でございまして、税制改正による免税点の引き下げに伴うものでございまして、 7,105万 3,000円の増額補正でございます。これを前年度決算の対比で申し上げますと、71.5%ということでございます。

 次に、7項事業所税、1目の事業所税でございますが、事業分につきましては、資産割と従業者割を合算したもので、 2,727万 4,000円の補正、新増設分で1億 2,756万円の増額補正でございます。前年度決算対比で94.5%でございます。

 次に8ページをお願いいたします。3款1項1目利子割交付金でございますが、金融緩和のもとで減収が見込まれるため、2億円の補正減でございます。前年度決算対比では84.2%でございます。

 次に、11款2項2目衛生費国庫補助金、1節の保健衛生費補助金でございます。歳出でも説明がありましたが、合併処理浄化槽の設置数の増によるものでございます。

 4目土木費国庫補助金、2節道路橋梁費補助金は、地方道路整備臨時交付金の補助内示がありましたものでございます。5節公園緑地費補助金は、矢作公園に係るものでございます。

 6目教育費国庫補助金、6節社会教育費補助金、地域映像情報整備充実事業費補助金は、視聴覚ライブラリーに係る国庫補助の認められたものでございます。北野廃寺跡土地購入費補助金は、土地購入費、移転補償に対しまして補助内示があったものでございます。補助率は80%でございます。

 おめくりいただきまして、3項委託金、1目1節社会福祉費委託金でございますが、国民年金保険料収納及び適用特別対象事業の実施により、交付金の増額内示があったものでございます。

 おめくりいただきまして、12款県支出金、2項1目総務費県補助金、1節総務諸費補助金でございますが、地域子供会補助金は、加盟単位子供会の増によるもの、市町村青少年健全育成推進事業費補助金は、青少年健全育成啓発事業と青少年団体グループ育成事業に対する補助でございます。

 3目衛生費県補助金、1節保健衛生費補助金、これは、合併処理浄化槽設置費補助金は、設置数の増によるもの、出産前小児保健事業費補助金は、妊婦を対象とした育児指導に対しましての県費補助。

 4目農林業費県補助金、1節農業費補助金のうち、家畜ふん尿処理対策事業補助金は、堆肥舎建設費など、事業計画の見直しによる減、鶏卵肉処理施設整備事業費補助金は、原料保管施設建設費の補助でございます。水田農業確立対策条件整備事業費補助金は、野菜の集出荷用施設費の補助でございます。2節農業基盤整備費補助金は、団体営農村総合整備モデル事業補助金、これは先ほどの説明にありました新居地区の営農飲雑用水施設整備事業の浄水施設進入路工事に対するものの補助の対象でございます。

 6目土木費県補助金、2節道路橋梁費補助金の道路新設改良費補助金の減は、下青野国松線について国庫補助事業に採択されたためのものでございます。4節都市計画費補助金、これは都市景観整備モデル事業補助金でございまして、補助対象事業費の増によるものでございます。

 8目教育費県補助金、3節学校教育費補助金のうち、僻地児童芸術教室開催費補助金、僻地児童都市体験学習事業費補助金、ともに恵田小学校の準僻地指定による事業費に対する補助でございます。4節社会教育費補助金、北野廃寺土地購入費補助金は、国庫補助の補助内示があったものでございまして、岩津第1号古墳出土品保存修理補助金は、補助対象経費の内示があったものでございます。

 おめくりいただきまして、3項1目総務費委託金、4節戸籍住民基本台帳費委託金でございますが、外国人登録事務委託金の交付決定によるものでございます。6節統計調査費委託金では、商業統計調査と就業構造基本調査に対します事務交付金の増額内示のあったものでございます。

 13款財産収入、1項2目1節利子及び配当金でございます。名古屋競馬株式会社の株式配当の率のアップによる増額補正でございます。

 おめくりいただきまして、2項1目1節土地売払収入でございます。公共用地取得に伴う代替地として売り払うもの2件、普通財産であります土地の売り払い4件、計6件分でございます。

 14款寄附金、1項1目一般寄附金でございます。これにつきましては、竜美丘会館管理協会と地域文化広場管理協会の3年度の収益事業の剰余金の寄附でございます。

 3目民生費寄附金、社会福祉費寄附金は、歳出でも説明のありましたとおり、社会福祉費にと、福祉基金へ積み立てるものでございます。2節児童福祉費寄附金、これは、施設備品充実のための2件の御寄附があったものでございます。

 7目教育費寄附金、2節小学校費寄附金、3節中学校費寄附金、歳出でもやはりありましたが、個人の方から学校図書にとの御寄附と、法人からの寄附による図書の購入でございます。

 おめくりいただきまして、15款繰入金、2項1目1節物品調達基金繰入金、これは平成3年度物品調達基金の運用益金の繰入金でございます。3節財政調整基金繰入金、これは財政調整基金の取り崩しでございます。6節譲渡公営住宅敷地整理基金繰入金、これは先ほども御説明のありました元荒居荘、柱荘についての敷地売り払いにより生じました益金相当額を基金に積み立てる必要があるためのものでございます。

 16款繰越金、1項1目1節前年度繰越金でございます。3年度の実質収支13億 3,525万 5,524円、これから財政調整基金の方へ7億円を積み立てさせていただきました残額として6億 3,525万 5,524円となるわけでございますが、6月の補正で1億 2,120万円を補正してございます。その残額5億 1,405万 4,000円を今回補正計上したというものでございます。

 おめくりいただきまして、17款諸収入、6項3目雑入の2節保険金収入、これは市営住宅の火災による全国市有物件災害共済会建物共済金でございます。35節雑入、市長選挙供託没収金収入と、道路用地購入費負担金収入は、鹿乗川緊急防災対策河川工事に伴います農道用地の公共補償、農業用施設用地購入費負担金収入は、県道鴛鴨安城線に係る交通安全施設等整備事業、自転車・歩行者道設置工事に伴う排水路の公共補償でございます。

 以上で一般会計の説明を終わらせていただきます。



○議長(岡村秀夫君) 次、第 103号議案、下水道部長。



◎下水道部長(東島毅八君) 議案書の47ページをお願いいたします。平成4年第 103号議案につきまして御説明申し上げます。「平成4年度岡崎市下水道特別会計補正予算(第2号)」でございます。

 第1条は歳入歳出予算の総額にそれぞれ4億 6,911万 6,000円を追加しまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ71億 4,837万 1,000円といたすものでございます。

 第2条は地方債の補正でございまして、50ページの第2表のとおりでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、説明書の58ページをお願いいたします。歳出第1款1項1目一般管理費の2節、3節、4節でございますが、人員増によります人件費の増額補正でございます。8節、11節、13節は、矢作川流域下水道供用開始記念事業に伴いますPRのための下水道展にかかわる増額補正でございます。

 おめくりいただきまして、2項1目維持管理費の15節工事請負費は、流域下水道供用開始に伴い、兼用工作物の取りかえ工事及び老朽化に伴い陥没箇所の修繕工事の増額補正でございます。

 3款1項1目管渠建設費の13節、15節、22節は、国の景気浮揚対策に伴います単独事業の増額補正でございます。

 次に、歳入について御説明申し上げますので、54ページにお戻り願います。歳入6款1項1目につきましては、一般会計からの繰入金でございます。

 7款1項1目は、前年度繰越金でございます。

 おめくりいただきまして、9款1項1目下水道債は、起債対象事業によります借入金の補正でございます。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 第 104号議案、建設部長。



◎建設部長(杉田勇雄君) 議案書53ページをお願いいたします。平成4年第 104号議案「平成4年度岡崎市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)」について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ 1,207万 1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ 7,584万円とするものでございます。

 歳出から御説明申し上げますので、補正予算説明書の74ページをお願いいたします。2款1項1目施設建設費でございますが、補助対象事業費の増に伴います増額補正でございます。13節委託料につきましては、小美地区の汚水処理施設用地の地質調査費でございます。17節公有財産購入費につきましては、竜泉寺地区の汚水処理施設の用地取得費の単価の増に伴う補正でございます。

 次に、歳入を御説明申し上げますので、72ページをお願いいたします。1款1項1目農業集落排水事業費県費補助金につきましては、補助対象事業費の増額に伴う県補助金の補正でございます。

 2款1項1目一般会計繰入金につきましては、一般会計からの繰入金を増額するものでございます。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、第 105号議案、福祉部長。



◎福祉部長(野本昇平君) 議案書の57ページをお願いいたします。平成4年第 105号議案「平成4年度岡崎市老人保健特別会計補正予算(第1号)」について御説明申し上げます。

 今回の補正は、平成3年度の医療費支払い実績に伴う交付金、負担金等の精算を行うための補正でございまして、歳入歳出の総額に変更はございませんが、過年度分として支払い基金交付金、国庫支出金、県支出金、合わせて 2,803万 2,000円の歳入増が見込まれますので、この分を一般会計繰入金で減額するものでございます。

 歳出は、財源内訳の更正のみで、補正額には変わりありませんので、歳入について説明させていただきます。

 別冊補正予算説明書の80ページをお願いいたします。平成3年度分の医療費及び件数の実績が確定し、これに伴う支払い基金交付金、国庫負担金、県負担金の精算額が、概算で交付された額を上回ったことにより、その差額分が交付されますので、平成4年度会計の歳入過年度分に増額計上するものでございます。内訳でございますが、1款1項1目2節医療費支払い基金交付金過年度分は41万 2,000円、同じく2目2節審査支払い手数料支払い基金交付金過年度分は13万 4,000円。

 2款1項1目2節医療費国庫負担金過年度分は 2,199万円を増額補正いたすものでございます。

 次のページをお願いいたします。3款1項1目2節医療費県負担金過年度分は、 549万 6,000円の増となりまして、以上の合計額 2,803万 2,000円を4款1項1目1節一般会計繰入金で減額補正をいたしまして、補正額の合計をゼロといたすものであります。

 以上でございます。



○議長(岡村秀夫君) 次、第 106号議案、総務部長。



◎総務部長(柴田敏夫君) 右肩に「2」とあります議案書をお取り出しいただきたいと思います。1ページでございます。平成4年第 106号議案「物品の取得について」御説明申し上げます。

 現在使用しております水槽つき消防ポンプ自動車は昭和49年製であり、18年間にわたって活躍してまいりましたが、車体各部の老朽化に伴い、最新鋭の高圧ポンプを装備した車両に更新するものでございます。

 今回購入いたします水槽つき消防ポンプ自動車は、説明欄記載のとおりでございます。この車両は、積載水によって迅速に放水ができるほか、高圧放水、あるいは放水圧力の安定が図られるなどの特徴があり、迅速な消火活動が期待されるものでございます。

 去る8月31日に、艤装可能な6社により指名競争入札の結果、議案記載の金額、納入期限、契約の相手方のとおり契約をいたすものでございます。



○議長(岡村秀夫君) 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。

 第91号議案、これに御質疑ありませんか。次、第92号議案、これに御質疑ありませんか。次、第93号議案、これに御質疑ありませんか。次、第94号議案、これに御質疑ありませんか。次、第95号議案、これに御質疑ありませんか。次、第96号議案、これに御質疑ありませんか。次、第97号議案、これに御質疑ありませんか。次、第98号議案、これに御質疑ありませんか。次、第99号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 100号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 101号議案、これに御質疑ありませんか。

 第 102号議案「平成4年度岡崎市一般会計補正予算」、歳出より款を追って御質疑願います。2款総務費。3款民生費。4款衛生費。6款農林業費。7款商工費。8款土木費。9款消防費。10款教育費。13款諸支出金。次、歳入に入ります。1款市税。3款利子割交付金。11款国庫支出金。12款県支出金。13款財産収入。14款寄附金。15款繰入金。16款繰越金。17款諸収入。

 次、第 103号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 104号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 105号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 106号議案、これに御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 以上で、質疑は終結いたしました。

 これより直ちに委員会付託を行いたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております第91号議案外15件は、お手元に配付の議案付託表により、請願5件は請願文書表のとおり所管委員会へ付託いたします。

 なお、受理いたしました陳情は、常任委員長あて送付し、審査を依頼いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡村秀夫君) 以上で本日の議事日程は終了いたしましたので、9月21日午前10時再開することとし、本日はこれにて散会いたします。

             午前11時8分散会

 地方自治法第 123条第2項の規定により、ここに署名する。

         議長   岡村秀夫

         署名者  柴田元良

         署名者  岡田 満