議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岡崎市

平成 4年  6月 定例会 06月05日−10号




平成 4年  6月 定例会 − 06月05日−10号







平成 4年  6月 定例会





◎事務局長(瀧本浩成君) ただいまから平成4年6月岡崎市議会定例会の開会式を行います。

 議長あいさつ。

     (議長 岡村秀夫君 登壇)



○議長(岡村秀夫君) おはようございます。

 開会に先立ち、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位の御参集を賜り、ここに6月定例会を開会できますことは、まことに御同慶にたえないところであります。

 本議会には、平成4年度一般会計補正予算を初め条例の一部改正など諸議案が提案されます。議員各位には、当面する市政の諸問題を含め十分な御審議を賜り、適切な御議決を下されますよう希望するものであります。

 また、議会運営につきましては、格別な御協力を賜りますようお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。

     (議長 岡村秀夫君 降壇)



◎事務局長(瀧本浩成君) 市長あいさつ。

     (市長 中根鎭夫君 登壇)



◎市長(中根鎭夫君) 本日ここに、6月定例市議会が開催されるに当たりまして、私からも一言ごあいさつを申し上げます。

 衣がえも終わりまして、ハナショウブも咲き始めますきょうこのごろ、議員各位におかれましては、公私ともに極めて御多忙な中に御出席を賜りまして、厚くお礼を申し上げる次第でございます。

 本定例市議会におきまして御審議をお願いいたします議案は、条例の一部改正並びに平成4年度の補正予算などでございます。各議案の内容につきましてはそれぞれ説明をいたしますが、何とぞよろしく御審議をいただきまして、御議決を賜りますようお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつとかえさせていただく次第でございます。よろしくお願いいたします。

     (市長 中根鎭夫君 降壇)



◎事務局長(瀧本浩成君) これをもちまして開会式を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午前10時3分開会



○議長(岡村秀夫君) 出席議員が定足数に達しておりますので、ただいまから平成4年6月岡崎市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日出席を求めた理事者は、市長初め関係職員であります。

 本日の議事日程は、お手元に配付の印刷物により御承知願います。

 この際、諸般の報告をいたします。

 議案の受理、陳情の受理、閉会中に開催された各委員会の結果報告、出納検査の結果報告の受理状況は、お手元に配付した印刷物のとおりであります。

 以上、報告いたします。



○議長(岡村秀夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、11番 福尾 正君、28番 伊奈秀兼君の御両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡村秀夫君) 日程第2、議席の一部変更を議題といたします。

 議員の所属会派の異動により、議席の一部変更をいたしたいと思います。

 その議席番号及び氏名を議会事務局長から朗読いたさせます。



◎事務局長(瀧本浩成君) 議席番号及び氏名を朗読いたします。

       7番 中根義一君を12番に

       8番 永田 寛君を26番に

       9番 岡田 満君を39番に

       12番 柵木 誠君を9番に

       22番 澤  豊君を40番に

       26番 小野政明君を8番に

       36番 村松 武君を41番に

       39番 近藤隆志君を36番に

それぞれ変更いたすものであります。

 以上であります。



○議長(岡村秀夫君) お諮りいたします。

 ただいま朗読したとおり、議席の一部を変更することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま朗読したとおり、議席の一部を変更することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡村秀夫君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から19日までの15日間といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、今期定例会の会期は、本日から19日までの15日間と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡村秀夫君) 日程第4、議会運営委員会委員の指名を議題といたします。

 本件については、6月1日、議会運営委員会委員 小野政明君、鈴木雅美君、三浦 元君、三島栄太郎君、伊奈秀兼君、伊藤文治君、近藤隆志君より、会派の異動に伴い、それぞれ辞任願が提出され、許可いたしました。

 これより後任の議会運営委員会委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、

       21番 三浦 元君

       25番 三島栄太郎君

       28番 伊奈秀兼君

       35番 伊藤文治君

       36番 近藤隆志君

       41番 村松 武君

 以上6人を後任の委員として指名いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(岡村秀夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました6人の諸君を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡村秀夫君) 日程第5、第69号議案「物品の取得について」外13件を上程し、市長の提案理由の説明を求めます。

 市長。

     (市長 中根鎭夫君 登壇)



◎市長(中根鎭夫君) 6月の定例会が開催されるに当たりまして、提案等の御説明に先立ちまして、本市の名誉市民であります服部敏郎氏が去る5月24日に御逝去されましたことを、ここに謹んで御報告申し上げます。

 服部敏郎氏は、そのすぐれた識見と指導力をもって、地域経済の発展と市勢の伸展に御尽力をいただき、その御功績はまことに大なるものがございます。このたびの御逝去は、惜しみてもなお余りあるものと存じます。ここに、皆様とともに、謹んで御冥福をお祈り申し上げたいと思います。

 それでは、所信の一端と今議会に提案いたしました議案の大要につきまして御説明を申し上げます。

 吹く風にもさわやかな夏の気配がひときわ強く感じられるきょうこのごろでございますが、本年度に入りましてから既に2カ月余りが経過いたしましたが、昨年度計画いたしました大型プロジェクトを初めとする諸事業も、関係各位の御支援を得まして、それぞれ市民の皆さん方の有効利用に供されるなど、順調に仕上がりを見せております。

 すなわち、若干主なものにつきまして述べさせていただくならば、まず昭和63年度から平成3年度までの継続事業として進めてまいりました八帖クリーンセンターのし尿処理施設が完成、運転を開始いたしました。

 また、土木関係では、平成元年9月の台風被害で橋脚が沈下したために、通行不能となりました御用橋の新設工事が完了し、開通をいたしました。特に交通量が多く、早期完成が待ち望まれていたものでございます。

 教育施設につきましては、生徒数の増加で市内最大規模となっていた六ツ美中学校から分離新設した六ツ美北中学校が完成し、18番目の中学校として開校いたしました。また、子供たちの活動の場であるとともに、地域住民の交流の場として建設を進めてまいりました学区こどもの家も、藤川、大門、美合、羽根、矢作東、常磐南、奥殿学区の7館が新たにオープンいたしました。また、現在建設中の福岡、秦梨、大樹寺の3館も、7月末までには完成する予定でありまして、さらに残る三島と恵田学区が本年度事業として完成いたしますと、市内41学区のすべてがそろうことになりまして、それぞれの地域に根差しました利用が期待されるところでございます。

 農業関係では、農産物の生産性向上、先端技術の開発、地域活性化及びブランド化を図るための農業バイオセンター構想のもとに整備を進めてまいりましたイチゴ育苗施設が完成し、稼働を始めましたが、これは、昨年12月に稼働したキノコ培養施設と同様に、国の補助を受けて整備を進めてきたものでございます。

 下水道並びに公園関係では、下水の処理水を都市景観に生かすため進めてまいりましたアメニティー下水道とアクアパークの二つのモデル事業が完成いたしました。これは、日名南町の早川雨水幹線を公園風に整備し、八帖処理場の処理水を利用して、せせらぎの流れる散策路といたしたものでございます。さらに、この水を岡崎公園まで送水し、国道1号線沿いにつくりましたせせらぎにも流れるようにしたものでございまして、とかく汚いものと思われがちな下水道のイメージを一新し、きれいによみがえった下水処理水が町に潤いと安らぎを運んでくれるものと存じます。

 また、国の直轄事業といたしまして、騒音などの交通公害を緩衝するために国に強く働きかけてまいりました国道1号線の岡崎龍城通り環境整備事業も完成いたしました。部分的ではございますが、長年の懸案でありました交通公害の緩和が図られるとともに、市が進めております岡崎城址公園の整備とも調和して、都市景観づくりにも大変役立ったと喜んでおる次第でございます。

 なお、今後矢作地区の拡幅事業も引き続き実施の見込みで、既に地元説明会も開催され、話し合いが進められている状況でございますが、本市といたしましても、この推進に積極的に対応してまいりたいと存じます。

 ところで、岡崎市土地開発公社が事業主体となって推進しております三世代宅地供給事業でございますが、現在米河内地区で造成工事が行われておりまして、いよいよ7月には分譲予約の申し込みのできるところまで進んでまいりました。今後、このほかにも数カ所の実施を考えてまいりたいと存じております。

 以上、主な大型事業につきまして若干の報告をさせていただきましたが、そのほか、各分野にわたりまして順調な事業成果を上げておりますことは、まことに喜ばしい限りでございます。この場をかりて、議会を初め市民の皆さん方の御支援と御協力に心から感謝の意を表する次第でございます。

 さて、昭和63年8月、市民各層の御支援をいただき、私が3期目の市政を担当させていただきましてから、3年有半が経過いたしました。その任期も、あと2カ月余りを残すこととなりまして、1期目から数えて12年の歳月が流れようとしておるところでございまして、感慨もまたひとしおでございます。3月定例議会の際にも申し上げたところでございますが、この間私は、市民の皆さん方の幸せを心から願い、「明るく、住みよい、豊かな岡崎市」を都市像として、魅力あるまちづくりに全力を注いでまいりました。

 幸いにも、推進してまいりました各分野にわたる諸施策は、市議会を初め市民各位の温かい御支援、御協力を得て、着実に成果を上げてまいりました。まことに喜ばしく、改めて心より厚く謝意を申し、感謝の意を表する次第でございます。

 昭和55年、市長として就任以来、議員各位を初めとして、大変多くの皆さん方からさまざまな御意見、御要望をいただきましたが、その一つ一つを真剣に受けとめて、私なりに政策に取り込み、種々の重点施策といたしまして、精いっぱい反映努力をし、展開をしてまいりました。

 すなわち、都市基盤の整備では、市道、準市道、都市計画街路、河川、橋梁の整備及び愛知環状鉄道の大門駅、六名駅の二つの駅の設置や、駅西を初めとする土地区画整理事業の促進、矢作のJR西岡崎駅の設置、長年の懸案でありましたJR岡崎駅自由通路と橋上駅舎の実現、さらには下青野出張所の開設を初めとする消防施設の充実など。

 また、生活環境の整備では、上水道の第4期拡張事業の推進、矢作川流域下水道建設事業の促進、市街地の浸水対策といたしまして、都市下水路、公共下水路事業の推進、地域汚水処理施設等の管理運営、農業集落排水事業の計画推進、新たにごみ処理施設やし尿処理施設の建設、本市最大のプロジェクトとしてスタートしました岡崎中央総合公園の市民球場及び体育館、武道館等から成る総合体育館の建設、市営住宅の建設、世代間のコミュニケーションを図りつつ、安価な宅地の提供を目的とした三世代宅地供給事業の推進など。

 次に、保健福祉の充実につきましては、総合的な老人福祉施設「高年者センター岡崎」、公的有料老人ホームの年金者住宅「ゆとりの里」の建設、お年寄りや障害者を持つ方々のための「花園高齢者生きがいセンター」及び精神薄弱者授産センター「のぞみの家」並びに通所更生施設「そだちの家」の建設、保育園の改築整備、母子福祉会館の建設、現市民病院の病棟改修等、そのほか看護専門学校の移転新築、社会福祉会館の建設推進など。

 また、産業の振興では、岡崎花園工業団地の稼働に引き続き、東部地区と葵地区の工業団地の建設推進、市内農業の活性化を図るための農業バイオセンター「キノコ培養施設」及び「イチゴ育苗施設」の建設、市制70周年記念事業として開催いたしまして、大きな経済効果を生み、成功をおさめました「葵博−岡崎'87」の開催、このほか、繊維センターや地域職業訓練センターの建設、勤労文化センターの建設、三河武士のやかた家康館や茶室、城壁等、岡崎城址公園の整備など。

 さらに、教育文化の振興におきましては、学校新設でございますが、小学校は上地小、小豆坂小、北野小の3校、及び中学校では矢作北中学、新香山中学、竜南中学、北中、六ツ美北中学校の5校を合わせまして8校が開校したほか、校舎の大規模改造等学校施設の整備充実もしております。また、世界子ども美術博物館と親子造形センターから成る岡崎地域文化広場の建設、甲山会館の改築、地域コミュニティーセンターといたしましての学区市民ホームの全学区設置、また学区こどもの家の建設推進、間もなく全巻刊行となります市史編さん事業等々、市民生活に直結した諸事業も着実にその成果を上げてまいりました。

 このほか、国際交流事業の推進といたしましては、ニューポートビーチ市との姉妹都市の提携、フフホト市との友好都市提携、またゆかりの町との交流の推進、都市景観環境施策の一環といたしまして、ふるさとの森やふるさとの名木の指定など、その保存対策、郵政省のテレトピア構想に基づくCATV開設に際しましては、地域の情報化を進めながら、行政情報の提供にも積極的に活用しております。また、河川浄化や生活排水対策の促進、下水道処理水を都市景観に生かしたアメニティー下水道や岡崎公園にせせらぎの設置なども実現してまいりました。

 なお、今後の最重要施策でございます市立病院の移転新築事業も、ほぼ用地取得を終え、現在は造成工事に向けまして各種の調査を進めているところでございます。

 以上のほか、市民生活に密着した諸事業も、第4次総合計画の目標達成に向けまして、鋭意推進しているところでございます。

 今後におきましても、市民の皆さん方の生活福祉向上のために、市政全般にわたって「健康、活力、創造」をモットーとした、個性豊かで魅力のあるまちづくりに邁進したいと、決意を新たにいたすところでございます。よろしく御支援と御協力をお願い申し上げる次第でございます。

 それでは、本議会に上程いたします議案につきまして御説明を申し上げます。

 まず、条例案でございますが、一部改正が8件でございまして、消防業務充実のため、職員の定数を改正する岡崎市職員定数条例、市の非常勤の職員が公務上または通勤により死亡した場合におきますところの葬祭補償費の引き上げを図る岡崎市非常勤職員公務災害補償条例、地方税法の一部改正に伴うみなし法人課税を選択した場合の課税の特例を平成6年度から廃止することなどを内容とする岡崎市市税条例、保険料を減額する場合の算定基準の引き上げなどを内容とする岡崎市国民健康保険条例、新設いたします学区こどもの家の名称及び位置を決めます岡崎市学区こどもの家条例、消防団員等の公務災害補償につきまして補償基礎額の引き上げ等に関する岡崎市消防団員等公務災害補償条例、消防団員の退職報償金の引き上げをその内容とする岡崎市消防団員退職報償金条例、学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償につきまして、公務上死亡した場合におきますところの葬祭補償費の引き上げをする岡崎市学校医等公務災害補償条例でございます。

 その他議案といたしましては、教育委員会事務局と各中学校に設置するコンピューターの端末装置の買い入れをする物品取得議案、坂谷橋改築工事請負契約の議案、平成3年9月定例議会におきまして御議決をいただきました高隆寺大橋新設工事の契約金の変更をいたす契約変更議案、市道路線を整備するための市道の廃止及び認定議案などでございます。

 次に、補正予算につきましては、一般会計について 235万円の追加補正をお願いしております。これによりまして、一般会計の予算総額は 836億 2,235万円となるものでございます。

 まず、民生費でございますが、福祉充実のためにいただきました御寄附が、今回3件でございまして、いずれも福祉基金に積み立てをさせていただくものでございます。

 また、土木費でございますが、交通安全に役立ててほしいとの御寄附を財源といたしまして、交通安全関連用品購入費の計上でございます。

 教育費でございますが、これにつきましても、寄附金の充当によりまして、美術教育振興事業に対する委託経費の新規計上でございます。

 以上が、今回の定例議会に提案いたしました議案の大要でございますが、補正予算につきましては、すべて寄附金収入によるところの充当経費が主なものでございます。よろしく御審議をいただきまして、御議決を賜りますようにお願いを申し上げます。

 最後になりましたが、このたびの国の緊急経済対策につきましては、本市におきましては、国に準じ公共事業の前倒し執行をするよう、年度当初に指示をしたところでございまして、事業の早期発注、早期完成に積極的に取り組んでまいる所存でございます。

 以上申し上げまして、本議会の提案の説明とさせていただく次第でございます。

 御清聴ありがとうございました。よろしくお願い申し上げます。

     (市長 中根鎭夫君 降壇)



○議長(岡村秀夫君) 以上で本日の議事日程は終了いたしましたので、6月8日午前10時再開することとし、本日はこれにて散会いたします。

             午前10時25分散会

 地方自治法第 123条第2項の規定により、ここに署名する。

         議長   岡村秀夫

         署名者  福尾 正

         署名者  伊奈秀兼