議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岡崎市

平成 3年  9月 定例会 09月11日−24号




平成 3年  9月 定例会 − 09月11日−24号







平成 3年  9月 定例会



             午前10時開議



○議長(近藤隆志君) 出席議員が定足数に達しておりますので、ただいまから会議を開きます。

 本日出席を求めた理事者は、市長初め関係職員であります。

 なお、本日の議事日程は、お手元に配付の印刷物により御承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(近藤隆志君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、12番 柵木 誠君、29番 荒木鉄之助君の御両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(近藤隆志君) 日程第2、報告第10号「平成2年度岡崎市一般会計継続費精算報告書」外4件を議題とし、理事者の報告を求めます。

 報告第10号及び報告第11号、総務部長。



◎総務部長(天野正彦君) 報告事項の冊子をお取り出しいただきたいと思います。

 1ページでございます。平成3年報告第10号「平成2年度岡崎市一般会計継続費精算報告書」につきましてご説明申し上げます。

 土木費の岡崎中央総合公園野球場建設事業の1件でございますが、平成元年度、平成2年度の2カ年継続事業として、住宅・都市整備公団に工事を委託し、実施してまいりましたが、事業が終了いたしましたので、御報告申し上げるものでございます。

 全体計画、一番下の欄、年割り額の計でございますが、30億 8,778万 2,000円に対しまして、実績、支出済額の計欄でございます。30億 8,778万円でございまして、比較の 2,000円が残額でございます。この残額は、工事委託料でございます。

 これは、地方自治法施行令第 145条第2項の規定によりまして御報告申し上げるものでございます。

 以上でございます。

 おめくりいただきまして、3ページでございます。平成3年報告第11号「平成2年度の岡崎市土地開発基金の運用状況について」御説明申し上げます。

 おめくりいただきまして、5ページの運用状況調書により御説明申し上げます。この基金は2億 8,000万円でございまして、これを岡崎市土地開発公社に貸し付け、運用いたしたものでございます。現金の前年度末、これは平成元年度末ということでございますが、この現在高が 1,015万 1,449円、平成2年度中の受入高は、預金利子、土地開発公社への貸付金利子でございまして、受入高、小計欄 1,736万 1,548円でございます。支払い高につきましては、平成元年度中の利子収入1,015万 1,449円を、平成2年度の一般会計へ繰り出したものでございます。年度末現在高は、現金の計と債権の計を合計いたしました2億 9,736万 1,548円となるものでございます。

 6ページの表は、貸し付けの利率、貸し付け状況でございます。

 7ページ、9ページ、10ページにかけましては、土地開発基金、次に御説明申し上げます譲渡公営住宅敷地整理基金、物品調達基金の運用状況につきまして、監査委員の審査意見でございます。

 以上、地方自治法第 241条第5項の規定によりまして御報告申し上げるものでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、報告第12号、建設部長。



◎建設部長(矢野孝君) 11ページでございます。平成3年報告第12号「平成2年度の岡崎市譲渡公営住宅敷地整理基金の運用状況について」御説明申し上げます。

 この基金は、譲渡公営住宅の敷地で、市が借り受けている土地の取得及び処分を円滑に処理するための基金でございます。

 おめくりいただきまして、基金の運用状況調書でございますが、上段から2行目、現金受入高のうちの土地処分収入高2億 1,914万 557円につきましては、もと丸山荘の土地3,539.44平方メートルの売り払い収入でございます。利子収入高 262万 4,116円につきましては、平成2年度中の基金運用による収益金でございます。次の基金繰入高 5,130万 4,674円につきましては、一般会計から基金として繰り入れたものでございます。有価証券処分高 100万円につきましては、もと羽根田荘の土地を取得するため、現金にいたしたものでございます。

 次に、現金支払い高のうち土地取得費支払い高 319万 7,868円につきましては、もと羽根田荘の土地 24.24平方メートルの購入費及びもと荒居荘の分筆測量費を支払ったものでございます。一般会計繰出高 5,447万 4,122円につきましては、平成2年度の基金運用収益金と平成2年度の土地売り払い収益金を一般会計へ繰り出したものでございます。有価証券取得高2億 2,280万円につきましては、現金を貸付信託に預け入れたものでございます。

 土地の取得高 319万 7,868円につきましては、先ほど現金支払い高の項で御説明申し上げたとおりでございます。

 土地の処分高1億 7,328万 4,331円につきましては、現金受入高の項で御説明申し上げましたもと丸山荘の土地の取得原価相当額でございます。

 次の有価証券の取得及び処分につきましても、先ほど現金の項で御説明申し上げましたとおりでございます。

 平成2年度末現在高は、現金、土地及び有価証券合わせまして5億 4,936万 2,541円でございます。

 おめくりいただきまして、14ページは、2年度末の土地の状況でございまして、地積の合計は8,641.94平方メートルでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、報告第13号、総務部長。



◎総務部長(天野正彦君) 15ページをお願いいたします。平成3年報告第13号「平成2年度の岡崎市物品調達基金の運用状況について」御説明申し上げます。

 おめくりいただきまし、17ページでございます。この基金は、 1,000万円の基金をもちまして、市の事務事業に必要な物品の調達を効率的に処理するために設けられたものでございます。現金につきましては、上段は平成元年度末の現在高でございます。平成2年度中の受入高は、調達収入高と利子収入高の小計で、1億 1,280万 3,250円となるものでございます。

 支払い高は、調達支払い高と平成元年度分の調達物品の調達に伴って生じました利益の平成2年度一般会計への繰出高の小計で、1億 1,231万 937円でございまして、これらを差し引きいたしました現金は、計欄の 718万 8,027円でございます。

 物品につきましては、前年度末現在高に購入高を加え、払出高と減耗高を差し引きいたしました計欄の 537万 5,106円となるものでございます。

 基金につきましては、3月末で締めますので、未収入高と未払い高を差し引きいたしますと、最終の欄の 1,326万 1,997円となるものでございます。

 基金の額が 1,000万円でございましたので、これを差し引きいたしました 326万 1,997円が運用益として平成3年度一般会計へ繰り出されるものでございます。

 なお、次のページには基金の回転率が記載されておりますが、 10.66でございまして、ちなみに前年度は9.91でございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(近藤隆志君) 次、報告第14号、都市施設部長。



◎都市施設部長(柏木清次君) 19ページをお願いいたします。平成3年報告第14号「損害賠償の額を定める専決処分について」御説明申し上げます。

 次のページをお願いいたします。本件は、平成3年6月14日午前11時30分ごろ、岡崎市六供町字3丁目36番地先の市道市道六供稲熊1号線上において、下水道管の破裂により、当該市道の路面下が空洞となったために、走行中の相手方の車両が落ち、損害を与えたものでございます。

 このたび示談が成立いたしましたので、専決処分書のとおり相手方に支払いをいたしたものでございまして、金額、相手方につきましては、議案記載のとおりでございます。損害賠償金につきましては、下水道賠償責任保険から補てんいたしたものでございます。

 地方自治法第 180条第1項の規定に基づき専決処分したので、同条第2項の規定により御報告するものでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(近藤隆志君) 日程第3、認定第1号「平成2年度岡崎市の一般・特別会計の決算の認定について」外2件を議題とし、理事者の説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(天野正彦君) 議案書右肩に「1」と記してございます冊子をお取り出しいただきたいと思います。

 1ページでございます。平成3年認定第1号「平成2年度岡崎市の一般・特別会計の決算の認定について」御説明申し上げます。

 岡崎市の一般会計と食肉センター特別会計を初めとする14会計の平成2年度の決算につきまして、地方自治法第 233条第3項の規定によりまして、監査委員の意見をつけまして、議会の認定をお願い申し上げるものでございます。

 なお、参考書類といたしまして、歳入歳出決算事項別明細書、主要施策成果説明書もあわせ提出させていただいておりますので、御参照いただきたいと思います。

 引き続き、おめくりいただきまして、3ページでございます。平成3年認定第2号「平成2年度岡崎市病院事業会計の決算認定について」、さらにおめくりいただきまして、5ページでございます。平成3年認定第3号「平成2年度岡崎市水道事業会計の決算の認定について」、あわせ御説明申し上げます。

 両会計とも、平成2年度の決算の認定につきまして、地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見をつけまして、決算附属書類とともに議会に提出し、認定をお願い申し上げるものでございます。よろしく審査をお願い申し上げます。

 以上で説明を終わります。



○議長(近藤隆志君) 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。

 認定第1号、これに御質疑ありませんか。次、認定第2号、これに御質疑ありませんか。次、認定第3号、これに御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○議長(近藤隆志君) 御質疑はなしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(近藤隆志君) 日程第4、決算特別委員会の設置についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 認定3件については、決算特別委員会を設置し、付託の上、閉会中の継続審査といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(近藤隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、認定3件は、決算特別委員会を設置し、付託の上、閉会中の継続審査とすることに決しました。

 お諮りいたします。

 決算特別委員会の委員の定数は18名といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(近藤隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、決算特別委員会の委員の定数は18名とすることに決しました。

 これより、決算特別委員会の委員の指名を行います。

 お諮りいたします。

 決算特別委員会の委員は、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において、お手元に配付いたしました印刷物のとおり指名いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(近藤隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君を決算特別委員会の委員に選任することに決しました。

    決算特別委員会委員指名案

          平成3年9月定例会



徳田 孟
大久保 正
小野政明


柴田元良
柴田隆弘
荒木鉄之助


岡崎冨雄
澤  豊
河合信輝


和泉冨郎
岡村秀夫
伊藤文治


福尾 正
中根巳代治
成田栄治


鈴木 擴
三島栄太郎
都築末二



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(近藤隆志君) 日程第5、第 106号議案「物品の取得について」外21件を、会議規則第35条の規定により一括議題とし、逐次理事者の説明を求めます。

 第 106号議案から第 109号議案まで、総務部長。



◎総務部長(天野正彦君) 議案書7ページでございます。平成3年第 106号議案「物品の取得について」御説明申し上げます。

 本案は、冬に流行するおそれのあるインフルエンザに備え、保育園児、幼稚園児、小学生、中学生に接種するため、インフルエンザHAワクチンを購入するものでございます。

 買い入れの目的、買い入れ物品、契約の方法、買い入れ金額、納入期限、契約の相手方は、議案書の記載のとおりでございます。

 なお、この契約は、1本当たりの単価契約となっておりまして、買い入れ金額は、購入予定数量 2,383本で積算してございます。

 以上でございます。

 引き続き、9ページでございます。平成3年第 107号議案「物品の取得について」御説明申し上げます。

 本案は、小学校における音楽の授業用として、デスクオルガン、6人がけでございますが、67台を購入するものでございます。

 買い入れの目的、買い入れ物品、契約の方法、契約金額、納入期限、契約の相手方は、議案記載のとおりでございます。

 引き続き、11ページでございます。平成3年第 108号議案「物品の取得について」御説明申し上げます。

 本案は、全小中学校58校に各一式ずつのビジネスホンを購入するものでございます。ビジネスホンのシステムの概要は、電話機6台を、校長室、職員室、保健室、会議室に設置し、それぞれの装置からの外線電話、内線電話機能等を持たせたものでございます。

 買い入れの目的、買い入れ物品、契約の方法、買い入れ金額、納入期限、契約の相手方は、議案記載のとおりでございます。

 引き続き、13ページでございます。平成3年第 109号議案「岡崎市額田郡模範造林組合規約の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、地方自治法の監査委員に関する規定の一部改正に伴い、これに準じて岡崎市額田郡模範造林組合規約のうち、監査委員に関する規程の一部を改正するものでございます。

 改正の内容でございますが、第10条第2項中「財務管理又は事業の経営管理について専門の知識又は経験を有する者」、こういった規定を、「人格が高潔で、財務管理、事業の経営管理その他行政運営に関し優れた識見を有する者」、このように改めるものでございます。

 附則でございますが、1は、この規約は、愛知県知事の許可のあった日から施行するとするものでございます。

 2で、現に在職する監査委員については、改正後の第10条第2項の規定により選任された委員とみなすというみなす規定でございます。

 これにつきましては、幸田町、額田町とも同じ内容の議案を提出しております。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 110号議案及び第 111号議案、経済部長。



◎経済部長(山田銀作君) 15ページをお願いいたします。平成3年第 110号議案「三河四市競輪組合規約の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、地方自治法の一部改正に伴い、三河四市競輪組合規約の監査委員選任について改めるものでございます。

 1枚おめくりいただきまして、17ページをお願いいたします。平成3年第 111号議案「岡崎額田地区広域事務組合規約の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、地方自治法の一部改正に伴い、岡崎額田地区広域事務組合規約の監査委員選任について改めるものでございます。

 以上です。



○議長(近藤隆志君) 次、第 112号議案、建設部長。



◎建設部長(矢野孝君) 19ページでございます。平成3年第 112号議案「市道路線の廃止について」御説明申し上げます。

 路線番号5643号線、5644号線、及び5645号線は、市営住宅東山荘の建てかえ事業に伴い廃止するものでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 113号議案、開発部長。



◎開発部長(加藤主計君) 21ページをお願いいたします。平成3年第 113号議案「岡崎市の区域に豊田市の市道を設置する協議について」御説明申し上げます。

 本案は、愛知環状鉄道北野桝塚駅の北西部、岡崎市北野町と豊田市桝塚東町との境界におきまして、豊田市の設置する市道隣松寺西桝塚線の道路の一部、面積にいたしまして76.6平方メートルが岡崎市の区域に設置されるため、豊田市から公の施設の区域外設置について、議案記載のとおり協議がございましたので、地方自治法第 244条の3第3項の規定により御提案申し上げるものでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 114号議案、都市施設部長。



◎都市施設部長(柏木清次君) 23ページをお願いいたします。平成3年第 114号議案「工事請負の契約について」御説明申し上げます。

 本工事は、アメニティー事業の関連するオゾン処理施設設備工事でございまして、場所は、八帖クリーンセンター内でございます。

 去る8月20日、3社による指名競争入札の結果、三菱電機株式会社に1億 2,772万円で落札いたしたものでございます。

 工事の概要、完成期限等につきましては、議案書記載のとおりでございます。

 なお、入札結果につきましては、さきに配付いたしました資料のとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 115号議案、教育次長。



◎教育次長(大塚希夫君) 25ページをお願いいたします。平成3年第 115号議案「財産の取得について」御説明申し上げます。

 本案は、矢作中学校拡張用地取得事業として、岡崎市開発公社を経由して土地を買い入れるものでございます。

 買い入れる土地の所在、面積、買い入れ金額につきましては、議案記載のとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 116号議案及び第 117号議案、市長公室長。



◎市長公室長(柴田徳長君) 27ページをお願いいたします。平成3年第 116号議案「昭和61年度以降における退隠料等の年額の改定に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、本年3月31日に公布されました恩給法等の一部を改正する法律に準じまして、昭和37年11月30日以前に市役所を退職されました吏員等の退隠料及びその遺族に支給いたします扶助料を改定するものでございます。

 第1条の6は、平成3年度における退隠料等の年額を改定する規定を設けたものでございます。

 第2条は、退隠料及び扶助料の最低保障額を改定するものでありまして、退隠料「95万 4,000円」を「98万 9,500円」に、扶助料「66万 7,100円」を「69万 1,900円」に改定するものでございます。

 第4条は、扶助料に加算いたします寡婦加算の年額「13万 900円」を「13万 5,000円」に改定するものでございます。

 以上、いずれも平成3年4月分以降適用するものでございます。

 別表第6は、退隠料等の年額の算定基礎となります仮定給料年額を、表記載のとおり改定するものでございまして、引き上げ率は3.72%となっております。

 以上でございます。

 続きまして、31ページをお願いいたします。平成3年第 117号議案「昭和61年度以後における退職年金等の額の改定に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、本年6月12日に公布されました平成3年度における旧例による共済組合等から年金受給者のための特別措置法等の規定による年金の額の改定に関する政令に準じまして、昭和37年11月30日以前に市役所を退職されました職員の退職年金及びその遺族に支給いたします遺族年金を改定するものでございます。

 さきに御説明申し上げました第 116号議案と本案とは、その根拠となります法令が異なることから、別々の条例となっておりますが、趣旨は同じでありまして、退職年金、遺族年金の最低保障額、寡婦加算の年額、実施時期及び仮定給料の引き上げ率等、第 116号議案と同じでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 118号議案、建設部長。



◎建設部長(矢野孝君) 35ページをお願いいたします。平成3年第 118号議案「岡崎市市営住宅条例の一部を改正する条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 今回の附則の改正は、消費税の非課税措置に伴い、既に受領しております敷金が、改正後の家賃の3カ月分の家賃に相当する金額を超えるものについて返還することとするものでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 119号議案及び第 120号議案、開発部長。



◎開発部長(加藤主計君) 37ページをお願いいたします。平成3年第 119号議案「岡崎市都市公園条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、岡崎中央総合公園総合体育館を有料公園施設として定めることが改正の内容でございます。

 別表第1は、有料公園施設表でございますが、表の末尾に「岡崎中央総合公園総合体育館」を加えるものでございます。

 なお、附則でございますが、この条例は、平成4年1月1日から施行するものでございます。

 次に、39ページをお願いいたします。平成3年第 120号議案「岡崎市中央総合公園スポーツ施設条例の一部改正について」御説明いたします。

 第2条でございますが、利用時間でございます。総合体育館の利用時間を、午前9時から午後9時までとするものでございます。

 第7条は、準備または撤去で施設を利用する場合の使用料金を、当該区分の基本料金の30%相当額とするように、新たに加えるものでございます。

 別表といたしまして、総合体育館の使用料表を40ページから43ページのとおり追加いたしました。

 なお、44ページ附則によりまして、条例施行期日は、平成4年1月1日とし、利用の承認及び使用料の徴収につきましては、公布の日からとするものでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 121号議案、教育次長。



◎教育次長(大塚希夫君) 45ページをお願いいたします。平成3年第 121号議案「岡崎市体育館条例の一部改正について」御説明申し上げます。

 本案は、岡崎市中央総合公園体育館の使用料制定に伴い、それとの整合性を図るため改正をいたすものでございます。

 第12条第2項は、準備または撤去で施設を利用する場合の使用料金を、当該区分の基本料金の30%相当額とするよう、新たに加えるものでございます。

 次に、別表第1アの表は、スポーツ及びその他の場合で入場料金を徴収するときの大会等で利用する場合、基本料金を、入場料が1人1回 1,500円未満の場合と 1,500円以上の場合に区分いたしまして、 1,500円未満の場合の基本使用料を、従来の2分の1の額に改正をいたしたものでございます。そのほか、表の整理をいたしたものでございます。

 次に、附則の第1項は、施行の日を平成4年1月1日とし、第2項は、経過措置を設けたものでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 122号議案「平成3年度岡崎市一般会計補正予算(第2号)」、歳出より款を追って説明願います。

 総務部長。



◎総務部長(天野正彦君) 49ページでございます。平成3年第 122号議案「平成3年度岡崎市一般会計補正予算(第2号)」につきまして御説明申し上げます。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、今回9億 4,927万 2,000円を追加いたしまして、補正後の額を 817億 3,607万 1,000円といたすものでございます。ちなみち、前年度同期の比較では99.5%となるものでございます。

 それでは、補正予算説明書の方で御説明申し上げますので、補正予算説明書の冊子をお取り出しいただきたいと思います。

 歳出、28ページでございます。2款総務費、1項1目一般管理費、2節、3節、4節でございますが、4月1日付人事異動に伴います人件費予算の調整による減額補正をいたしたものでございまして、組みかえ先につきましては、監査委員費、中央総合公園建設費の方へ組みかえさせていただいております。

 6目の会計管理費、14節の使用料及び賃借料でございますが、複写機賃借料の増額補正でございます。

 8目の財産管理費でございますが、これにつきましては、高齢者就業機会開発事業費、これの補助率改定に伴います財源更正を行ったものでございます。

 おめくりいただきまして、7項監査委員費、1目2節、3節、4節、これは一般管理費から人件費を組みかえたものでございます。



◎福祉部長(鈴木清君) 32ページをお願いいたします。3款民生費、1項1目社会福祉総務費、20節扶助費は、難病見舞い金の対象疾病の追加と、支給申請者の増加によるものでございます。



◎市民部長(渡辺康司君) 2目の国民年金事務費 245万 3,000円の増額は、国民年金保険料収納及び適用特別対策事業を実施するための経費の計上でございます。9節旅費は、全国都市国民年金協議会の理事会出席の旅費でございます。11節需用費は、国民年金制度の趣旨普及を図る物品の購入及び国民年金広報特集号発行等に係る経費でございます。19節負担金補助及び交付金は、全国都市国民年金協議会の理事会負担金でございます。



◎福祉部長(鈴木清君) 7目老人福祉費、19節負担金補助及び交付金は、ひとり暮らし老人激励訪問事業費の補助金といたしまして、社会福祉協議会に補助するものでございます。20節扶助費は、老人性白内障手術費等の助成金で、65歳以上の老人2万 9,081人を対象者といたしまして、助成数を 106件として見込み計上したものでございます。

 9目老人センター費は、国庫補助事業の内定による財源更正でございます。

 10目高齢者生きがいセンター管理費、15節工事請負費は、自転車置き場、物置等の設置費及び舗装工事費等の請負費でございます。18節備品購入費は、就業用の草刈り機ほか3点の備品購入費でございます。

 おめくりいただきまして、3項生活保護費、1目生活保護総務費、9節旅費は、生活保護臨時安定運営対策研修事業費で、国庫補助金の内定によるものでございます。



◎環境衛生部長(石原明次君) 36ページをお願いいたします。4款衛生費、1項12目環境推進費、13節委託料は、JR西岡崎駅周辺は、通勤・通学者の自転車が多く、歩道等に放置されており、交通安全上整理する必要がありますので、本年10月1日より6カ月間、2名分をシルバー人材センターに委託するため、増額補正させていただいたものでございます。19節負担金補助及び交付金は、合併処理浄化槽設置費補助金でございまして、7月末現在で35基、 3,522万 1,000円の執行で、当初予算に対して85.9%の執行率でございまして、今後8月以降の設置に対する補助金を、5人槽から8人槽まで15基、10人槽から21人槽まで2基、計17基を見込んで増額補正させていただいたものでございます。

 おめくりいただきまして、2項1目病院費、19節負担金補助及び交付金は、国の高齢者就業機会開発事業に対する補助率の変更により、減額補正させていただくものでございます。25節積立金は、病院建設基金積立金の運用収益による増額補正でございます。なお、補正後の積立金の合計は、66億 1,410万 1,000円でございます。

 おめくりいただきまして、3項1目清掃総務費、18節備品購入費は、埋立場に持ち込まれる空き缶を資源化するため、空き缶プレス機1台を購入し、埋立場の延命と資源の再利用を図るため、増額補正させていただいたものでございます。



◎経済部長(山田銀作君) 42ページをお願いいたします。6款農林業費、1項4目農産振興費のうち19節負担金補助及び交付金は、農協の水稲育苗施設に対する国県の補助金及び市費の補助金でございます。

 5目畜産振興費、19節負担金補助及び交付金でございますが、家畜のふん尿処理施設に対する県費補助金の減額と市費補助金でございます。

 7目農業者体育センター費、13節委託料及び15節の工事請負費は、花園体育センターの夜間照明施設の工法等の見直しによる減額でございます。

 9目農業センター建設費のうち13節委託料は、イチゴのウイルスフリー苗育苗施設建設のための設計管理委託料でございます。14節使用料及び賃借料は、同施設の借地料等でございます。15節工事請負費は、同施設の建設費とキノコ培養施設の一部管理棟等が来年度送りになったことによる減額が含まれております。19節負担金補助及び交付金は、イチゴ育苗施設の冠水用の水道管布設工事費でございます。22節補償補てん及び賠償金は、同施設用地上にあるブドウ等の補償金でございます。



◎建設部長(矢野孝君) おめくりいただきまして、44ページでございます。2項1目農業基盤整備総務費の19節負担金補助及び交付金につきましては、本年7月26日に設立されました社団法人農村環境整備センターへの加入負担金でございます。



◎経済部長(山田銀作君) 次、46ページをお願いいたします。7款1項2目の商工振興費、19節負担金補助及び交付金でございますが、工場等事業所の新増設に伴います工場建設事業奨励金5社の増額補正でございます。

 8目三河武士のやかた家康館費、1節報酬は、家康館等展示がえ業務の嘱託員報酬が不用となったため、減額をするものでございます。

 以上です。



◎建設部長(矢野孝君) おめくりいただきまして、48ページでございます。8款土木費、3項6目橋梁新設改良費の13節委託料でございますが、県施行の鉢地川改修に伴い、ミノワ橋の改築を県に委託する経費でございます。

 おめくりいただきまして、4項4目河川新設改良費の13節委託料は、昨年実施いたしました乙川水系河川浄化対策基本計画に基づき、六斗目川に設置を予定しております河川浄化施設の基本設計を委託する経費でございます。15節工事請負費は、県補助対象事業の増額により、六斗目川の改修を進めるため補正するものでございます。22節補償補てん及び賠償金でございますが、平成2年度に施行いたしました宮地幹線排水路の工事に伴い、被害をこうむった沿線家屋の建物等補償額が確定いたしましたので、これに基づき補償するものでございます。



◎開発部長(加藤主計君) 52ページをお願いいたします。5項都市計画費、1目都市計画総務費、8節報償費から14節使用料及び賃借料までは、名古屋岡崎線の矢作川に架設されます岡崎大橋の完成が来年3月の予定でございますので、その祝賀式典の所要経費を計上させていただくものでございます。

 3目街路事業費、13節委託料は、大平町地内における大平田口線の道路改良に伴う排水処理のための測量調査の調査費の補正でございます。14節使用料及び賃借料につきましては、複写機使用料の増により補正をさせていただくものでございます。15節工事請負費は、岡崎一色線の御用橋の橋梁工事に係ります乙川堤防の暫定護岸工事等工事費の増加、及び豊田西尾線の道路改良区間延長による増額、並びに大平田口線の道路改良工事予定地におきまして、本年度一部用地買収の見込みのできない部分の減額をさせていただくものでございます。17節公有財産購入費につきましては、岡崎市土地開発公社で先行取得いたしました大平田口線道路用地費の償還を補正するものでございます。

 おめくりいただきまして、6項公園緑地費、1目公園緑地総務費の25節積立金、これは、公園施設整備基金取り崩しの減によりまして利息収入が増加いたしましたので、これを基金に積み立てるものでございます。

 2目公園費、13節委託料につきましては、籠田公園野外ステージ改築の設計委託料の補正でございます。15節工事請負費は、同じく籠田公園野外ステージの改築に伴う補正でございます。17節公有財産購入費は、岡崎市土地開発公社が先行取得いたしました稲熊公園用地の償還に伴う補正でございます。

 3目中央総合公園管理費、これは、平成4年1月から供用開始を予定しております総合体育館の使用料収入を見込み、財源更正をするものでございます。

 5目中央総合公園建設費、2節から4節までは人件費でございまして、職員の増に伴う増額でございます。11節需用費は、総合体育館の竣工式の経費でございます。13節委託料は、法の改正に伴いまして、申請書類関係の修正がございますので、この業務の以後の各種設計委託料の減額と、総合体育館竣工式関係の委託料の増額でございます。



◎建設部長(矢野孝君) おめくりいただきまして、56ページでございます。8項2目住宅管理費、15節工事請負費につきましては、既設住宅に老人福祉対策として、ふろ場及びトイレ等に手すりを設置するため、増額補正をするものでございます。



◎消防長(石川守君) 58ページをお願いいたします。9款1項消防費、1目常備消防費につきましては、救急業務収入増などに係ります財源更正でございます。

 以上でございます。



◎教育次長(大塚希夫君) 次、60ページをお願いいたします。10款教育費、1項教育総務費、4目市史編さん費でございますが、1節報酬から8節報償費までは、市史編さん事業を9月で完了する予定が、今年度末まで延長させていただくことによります人件費の増額でございます。11節需用費は、今年度印刷3巻のページ数が当初見込みよりふえたことと、58年に発刊いたしました「古代」、「中世」が、他の巻と比べまして残本数が少なくなったため、増刷をお願いするものでございます。12節役務費は、2年度に完成いたしました4巻「近代」を、今年度完成の3巻と同時に頒布するため、その間日本通運に保管を委託する保管料を計上させていただいたものでございます。

 おめくりいただきまして、2校小学校費、3目学校建設費、17節公有財産購入費は、生平小学校拡張用地購入のための土地購入費でございます。22節補償補てん及び賠償金は、矢作北小学校拡張用地取得にかかわる建物の移転補償金の契約差金でございます。

 おめくりいただきまして、5項学校教育費、1目指導研修費、13節委託料は、財団法人服部公益財団から 100万円の指定寄附がありましたので、ポルトガル語などテキスト版を発行するため、現職教育特別活動部に業務を委託する経費の計上でございます。19節負担金補助及び交付金は、竜美丘小学校がバンドフェスティバルで県代表として全国大会に出場するための補助金でございます。

 3目学校体育費、8節報償費、中学校部活動指導報償金は、県の補助金確定による増額でございます。

 おめくりいただきまして、6項社会教育費、1目社会教育総務費、25節積立金は、ポーラ岡崎販売株式会社より10万円の指定寄附がありましたので、美術博物館資料基金に積み立てをいたすものでございます。

 6目美術館費、11節需用費は、美術館自主企画展の図録を、当初でき合いのものを購入する予定でおりましたが、でき合いの図録がないため、新しく作成するための印刷製本費を増額し、消耗品費を減額いたすものでございます。

 7目視聴覚ライブラリー費は、国庫補助が確定したための財源更正でございます。

 以上でございます。



◎総務部長(天野正彦君) 次に、歳入の御説明を申し上げますので、4ページまでお戻りいただきたいと思います。

 歳入、9款使用料及び手数料、1項7目土木使用料でございます。2節の都市計画使用料でございまして、これは、第 120号議案、あるいは歳出で説明がございましたが、中央総合公園のスポーツ施設、多目的体育館の1月から3月までの3カ月分の使用料を見込み、計上させていただいたものでございます。

 おめくりいただきまして、6ページ、10款国庫支出金、2項1目民生費国庫補助金でございます。1節の社会福祉費補助金でございまして、 341万 9,000円の減額でございますが、これにつきましては、高齢者就業機会開発事業費補助金の補助率の改定による減額補正でございます。2節の生活保護費補助金でございます。これにつきましては、生活保護臨時安定運営対策補助金の増額によります増額補正でございます。

 2目の衛生費国庫補助金でございます。1節の保健衛生費補助金でございます。これも、歳出の方で説明のございました合併処理浄化槽17基分を増にいたしたことによります国庫補助金の増ということでございます。

 4目土木費国庫補助金でございます。5節の公園緑地費補助金でございまして、2億 3,000万円の補正増ということでございます。これにつきましては、中央総合公園多目的体育館に対する補助基本額の増額による増額補正でございます。

 5目の教育費国庫補助金でございます。6節の社会教育費補助金でございまして、これにつきましては、視聴覚ライブラリーの機器等の充実のための補助金の増ということでございます。

 おめくりいただきまして、8ページでございます。3項委託金、1目の民生費委託金でございます。1節の社会福祉費委託金でございまして、これにつきましては、国民年金保険料収納及び適用対策、特別対策事業の事業費の事務費の交付金の増額補正でございます。

 おめくりいただきまして、11款県支出金、1項3目土木費負担金でございます。1節の河川費負担金でございまして、これにつきましては、岡崎一色線御用橋の橋梁に対するものでございます。

 おめくりいただきまして、2項県補助金、3目の衛生費県補助金でございます。1節の保健衛生費補助金につきましては、合併処理浄化槽の17基分に対する県からの補助金ということでございます。2節の清掃費補助金、これにつきましては、歳出の方で説明のございました新規に空き缶プレスカー、空き缶プレス機、こういったものの購入に対する補助金でございます。

 5目の農林業費県補助金でございます。1節の農業費補助金でございまして、これらも、歳出の項で説明のございましたものでございまして、水田農業確立対策推進事業費補助金、これにつきましては、イチゴ育苗施設に対するものでございまして、補助率 100分の50というものでございます。家畜ふん尿処理対策事業費補助金、これにつきましては、補助率の改定によります減額補正でございます。地域営農体制整備事業費補助金でございます。これは、岡崎農協に対するものでございまして、水稲共同育苗施設の建設に対する補助金でございます。3節の林業費補助金でございます。 433万 9,000円の減額補正でございますが、これは、キノコ培養施設の事業の一部翌年度へ繰り延べるという関係での補助金の減でございます。

 7目の土木費県補助金でございます。3節の河川費補助金 2,600万円でございますが、歳出の方で説明のございました六斗目川に対するもの、それと新規に六名貯留池、これが補助採択されたということでの補助金の増でございます。5節の公園緑地費補助金でございます。これにつきましては、矢作公園、梅園公園に対する補助金の増額でございます。

 9目の教育費県補助金でございます。3節の学校教育費補助金でございまして、これは、いずれも内示額の増額によります増額補正をいたすものでございます。

 おめくりいただきまして、14ページ、12款財産収入でございます。1項2目利子及び配当金でございます。病院建設基金利子収入、公園施設整備基金利子収入、いずれも基金の増額によります基金運用の利子収入を計上させていただいたものでございます。株式配当金でございます。これにつきましては、名古屋競馬株式会社の株式配当の率のアップによる増額補正でございます。

 おめくりいただきまして、2項財産売払収入、1目の不動産売払収入でございます。土地の売払収入でございまして、葵工業団地、東部工業団地、豊田西尾線、こういったものの用地取得に伴います代替地の売払収入、それと矢作北小学校拡張用地取得のための農協との土地の交換によります差金、こういったもの。それと、用途廃止された用悪水路、こういったものだとか、交差点の改良工事に伴います角切りの県への売り払い、こういったものの土地売払収入でございます。

 それから、2目の物品売払収入でございます。1節の物品売払収入でございまして、新編岡崎市史売払収入、これの減につきましては、歳出の方で説明のございました新刊分の発刊の遅延によります減額補正をいたすものでございます。

 おめくりいただきまして、13款寄附金、1項1目一般寄附金でございます。これにつきましては、竜美丘会館管理協会と地域文化広場管理協会の2年度の収益事業の剰余金の寄附でございます。

 6目の土木費寄附金でございます。2節公園緑地費寄附金 1,400万円でございまして、これにつきましては、中央総合公園多目的体育館の武道館の舞台どんちょう用として、ユニチカ株式会社からの寄附でございます。

 7目の教育費寄附金、4節の社会教育費寄附金10万円でございますが、これは、歳出の方で説明のございましたポーラ岡崎販売株式会社よりの寄附金でございます。5節の学校教育費寄附金 100万円でございます。これは、財団法人服部公益財団よりの寄附金でございます。

 おめくりいただきまして、14款繰入金、2項1目基金繰入金でございます。1節、6節、これらにつきましては、いずれも平成2年度の基金運用収益の繰り入れでございます。8節の市民球場建設基金繰入金でございます。1億円の減でございますが、これにつきましては、国庫補助金等の増額によります基金の繰り入れを減額するものでございます。

 おめくりいただきまして、15款繰越金、1項1目前年度繰越金の計上でございます。

 おめくりいただきまして、16款諸収入、6項3目の雑入、33節雑入でございます。橋梁添加負担金収入、これにつきましては、御用橋に係るものでございます。救急業務収入、これにつきましては、高速自動車国道、額田町よりの救急業務に対する負担金の増額補正でございます。

 おめくりいただきまして、26ページ、17款市債、1項4目土木債、2目の公園緑地債でございます。これにつきましては、中央総合公園多目的体育館にかかわります借入金ということでございまして、国庫補助金の増額によります補助裏起債の増額というものでございます。

 以上で、歳入の説明を終わりまして、次に、第2条でございます。債務負担行為の補正でございます。補正予算説明書では70ページ、71ページでございます。債務負担行為調書でございまして、追加でございます。中学校プール建設に要する経費ということで、限度額1億 5,800万円でございます。これにつきましては、現在建設中の六ツ美北中学校のプール建設に係るものでございまして、来年の水泳シーズンに間に合わせるために、債務負担によりまして工事を進めさせていただくというものでございます。

 それから、第3条でございます。第3条は地方債の補正でございまして、説明書では、おめくりいただきまして72ページでございます。これにつきましては、歳入の市債のところで御説明申し上げました中央総合公園多目的体育館に対します起債の見込み額がふえるということでございまして、平成3年度末現在高見込み額につきましては、 420億 8,349万 5,000円ということになるわけでございます。

 以上で、一般会計補正予算の説明を終わります。



○議長(近藤隆志君) 暫時、休憩いたします。

             午前11時9分休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             午前11時20分再開



○議長(近藤隆志君) 休憩前に引き続き会議を再開し、理事者の議案説明をお願いします。

 第 123号議案、市立岡崎病院事務局長。



◎市立岡崎病院事務局長(佐野欽也君) 議案書「1」の59ページをお願いいたします。平成3年第 123号議案「平成3年度岡崎市病院事業会計補正予算(第3号)」について御説明申し上げます。

 第1条は総則であります。

 第2条は、病院事業会計予算第3条で定めました収益的収入及び支出のうち、収入32万 9,000円を減額し、病院事業収益総額を94億 7,529万 5,000円に改めさせていただくものであります。

 第3条は、予算第4条で定めました資本的収入及び支出について、それぞれ 100万円を増額し、資本的収入総額を4億 973万 9,000円に、資本的支出総額を5億 5,898万 7,000円に改めさせていただくものであります。

 第4条は、予算第9条の次に第10条を加えることでございます。第10条は、債務負担行為でございます。債務負担行為に係ります事項、期間、限度額は、表に記載のとおりでございます。

 続きまして、補正の内容について御説明申し上げますので、補正予算説明書の82ページをお願いいたします。病院事業会計、収益的収入及び支出でございますが、今回の補正は収入のみでございまして、1款2項2目1節一般会計負担金32万 9,000円の減は、当院の高齢者就業機会開発事業に対する県費補助金の交付要綱が変更されたことによりまして、一般会計の負担額が減額されることによるものでございます。

 次のページをお願いいたします。資本的収入及び支出でございますが、資本的収入につきましては、項以下は新設でございます。篤志家の方から、病院事業における医療及び看護に役立てていただくようにとの御趣旨で御寄附がございましたので、それに伴います収入と医療機器購入のための支出をそれぞれ 100万円増額補正するものでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 124号議案、水道局長。



◎水道局長(柴田敏夫君) 61ページをお願いいたします。平成3年第 124号議案「平成3年度岡崎市水道事業会計補正予算(第1号)」につきまして御説明申し上げます。

 第1条は総則でございます。

 第2条は、予算第2条で定めました業務の予定量のうち、主要な建設改良事業として第4期拡張工事事業費を8億 4,179万 5,000円に改めさせていただくものでございます。

 第3条は、予算第4条で定めました資本的収入及び支出の補正でございます。

 収入では、1款3項工事負担金で 1,327万 9,000円増額補正をし、資本的収入の総額を10億 3,561万 6,000円とし、支出につきましては、1款1項建設改良費で 6,015万 1,000円増額補正をし、資本的支出の総額を21億 6,817万 3,000円とするもので、補てん財源は、括弧書きのとおり改めさせていただくものでございます。

 予算の内容につきまして御説明申し上げますので、補正予算説明書の94ページをお願いいたします。

 初めに、資本的収入及び支出の収入でございます。1款3項1目1節工事負担金は、農業バイオセンター及び岡崎乙川駅前に土地区画整理組合からの受託工事による増額補正でございます。過年度分損益勘定留保資金、当年度分損益勘定留保資金、当年度分消費税資本的収支調整額は、今回の補正に伴い、補てん財源を改めさせていただくものでございます。

 次に、支出でございます。1款1項3目給水施設費の35節施設工事費は、農業バイオセンター及び岡崎乙川駅前土地区画整理組合からの依頼による配水管布設工事等の増でございます。

 4目水道拡張費の35節施設工事費は、県道名古屋岡崎線配水管布設工事で、岡崎大橋の供用開始に合わせまして、推進工事2カ所を施行するものでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 125号議案及び第 126号議案、建設部長。



◎建設部長(矢野孝君) 右肩に「2」とあります議案書の1ページをお願いいたします。平成3年第 125号議案「工事請負の契約について」御説明申し上げます。

 本工事は、占部川遊水地築造工事でございまして、去る8月28日、共同企業体10社による指名競争入札の結果、大本・小原建設共同企業体に2億 1,527万円で落札いたしたものでございます。

 工事の概要、完成期限等につきましては、議案記載のとおりでございます。

 なお、入札結果につきましては、さきにお配りいたしました資料のとおりでございます。

 おめくりいただきまして、平成3年第 126号議案「工事請負の契約について」御説明申し上げます。

 本工事は、岡崎市食肉センター施設整備工事でございまして、去る9月2日、市内建設業者10社による指名競争入札の結果、太田建設株式会社に1億 5,141万円で落札したものでございます。

 工事の概要、完成期限等につきましては、議案書記載のとおりでございます。

 なお、入札結果につきましては、さきにお配りいたしました資料のとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 次、第 127号議案、開発部長。



◎開発部長(加藤主計君) 5ページをお願いいたします。平成3年第 127号議案「工事請負の契約について」御説明申し上げます。

 本工事は、中央総合公園への進入路となる市道中央総合公園東公園線が大平田口線と立体交差するための高隆寺大橋の下部工新設工事でございまして、場所は、高隆寺町地内でについて。

 去る8月28日に建設共同企業体10社による指名競争入札の結果、住友・朝日建設共同企業体に1億 8,952万円で落札したものでございます。

 平成3年度から平成4年度にかけての継続事業でございまして、工事の概要、完成期限等につきましては、議案記載のとおりでございます。

 なお、入札結果につきましては、さきにお配りいたしました資料のとおりでございます。

 以上でございます。



○議長(近藤隆志君) 説明は終わりました。

 これより質疑に入ります。

 第 106号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 107号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 108号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 109号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 110号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 111号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 112号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 113号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 114号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 115号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 116号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 117号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 118号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 119号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 120号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 121号議案、これに御質疑ありませんか。

 次、第 122号議案「平成3年度岡崎市一般会計補正予算(第2号)」、歳出より款を追って御質疑願います。2款総務費。3款民生費。4款衛生費。6款農林業費。7款商工費。8款土木費。9款消防費。10款教育費。次に、歳入に入ります。9款使用料及び手数料。10款国庫支出金。11款県支出金。12款財産収入。13款寄附金。14款繰入金。15款繰越金。16款諸収入。17款市債。第2条債務負担行為の補正。第3条地方債の補正。

 次、第 123号議案、収入支出一括御質疑願います。次、第 124号議案、収入支出一括御質疑願います。次、第 125号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 126号議案、これに御質疑ありませんか。次、第 127号議案、これに御質疑ありませんか。

     (以上いずれも「なし」の声あり)



○議長(近藤隆志君) 以上で質疑は終結いたしました。

 これより直ちに委員会付託を行いたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○議長(近藤隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております第 106号議案外21件は、お手元に配付の議案付託表により所管委員会へ付託いたします。

 なお、受理いたしました陳情は、常任委員長あて送付し、審査を依頼いたします。



○議長(近藤隆志君) 以上で本日の議事日程は終了いたしましたので、9月20日午前10時再開することとし、本日はこれにて散会いたします。

             午前11時34分散会

 地方自治法第 123条第2項の規定により、ここに署名する。

         議長   近藤隆志

         署名者  柵木 誠

         署名者  荒木鉄之助