議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 岡崎市

平成 3年  6月 厚生経済常任委員会 06月17日−01号




平成 3年  6月 厚生経済常任委員会 − 06月17日−01号







平成 3年  6月 厚生経済常任委員会



            午後0時59分開会



○委員長(柴田隆弘君) 出席委員が定足数に達しておりますので、ただいまから厚生経済委員会を開会いたします。

 この際、傍聴についてお諮りいたします。

 委員会の傍聴は、これを許可することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御異議なしと認めます。

 よって、傍聴は許可されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(柴田隆弘君) 本日の議題は、6月14日の本会議において本委員会に付託されました議案6件の審査であります。

 なお、議案の審査における説明は本会議において終わっておりますので、直ちに質疑よりお願いします。

 初めに、第83号議案「岡崎市火葬場条例の一部改正について」を議題とします。議案書つづり21ページより、本件について御質疑ありませんか。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御質疑はなしと認めます。

 本件について賛否の御意見の陳述をお願いします。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御意見の陳述はありませんので、これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題の第83号議案は、原案のとおり可決すべきものと決することに賛成の方の挙手を求めます。

       (賛成者挙手)



○委員長(柴田隆弘君) 挙手全員。

 よって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(柴田隆弘君) 次、第84号議案「岡崎市立看護専門学校授業料等徴収条例の一部改正について」を議題といたします。

 議案書つづり23ページより、本件について御質疑ありませんか。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御質疑はなしと認めます。

 本件について賛否の御意見の陳述を願います。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御意見の陳述はありませんので、これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題の第84号議案は、原案のとおり可決すべきものと決することに賛成の方の挙手を求めます。

       (賛成者挙手)



○委員長(柴田隆弘君) 挙手全員。

 よって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(柴田隆弘君) 次、第85号議案「岡崎市農業者体育センター条例の一部改正について」を議題といたします。

 議案書つづり25ページより、本件について御質疑ありませんか。

 鈴木委員。



◆委員(鈴木擴君) ひとつお教えいただきたいんですが、この屋外のトレーニングセンターに設置する照明設備の使用料について、学校の運動場とかいろいろあろうかと思うわけで、この前の市の野球場もそうですが、何か基準というものが当然あるかと思うんですが、ちょっと御明示していただきたいと思うんです。例えば、電気料がどれだけに応じて幾らにするとか、何かあろうかと思うんですが。



○委員長(柴田隆弘君) 農務課長。



◎農務課長(為井敏君) 農業者体育センターの照明設備の使用料につきましては、基本料金、使用料金、そういうものを計算して金額を出しておるわけですけれども、都市公園、例えば明神橋公園だとか境公園、そういった公園におきましても、使用料、夜間照明の料金を取っておりますけれども、そういうふうで、この体育センターにつきましては、基本料金が、トランスが75キロワットで契約するということで、その料金、これは契約する場合、58キロワットで、キロワット当たり2,030円ということで、これに消費税を加えたものが1カ月12万1,272円というふうでございます。それから、使用しない月につきましてはこの料金の半額、それから使用料につきましては30分当たり1,300円ですけれども、これは計算しますと、時間当たり2,070円ということでございます。これ、消費税を合わせましてこの半額ということで、30分当たり1,300円という計算でこの金額を出したわけでございます。



○委員長(柴田隆弘君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) おおむねわかっていただいたようなことで、「はい」といって返事がございましたから、あえて御説明するまでもなかろうと思いますが、ごく大ざっぱな基本を申し上げますと、おおむね直接使用料の約半額、これは契約関係でいきますと、この契約金額で違ってまいります。直接使用料の約半額を目標にいたしまして設定いたしましたのが、この野外の料金の設定の基準でございます。

 私から以上でございます。



○委員長(柴田隆弘君) 柴田元良委員。



◆委員(柴田元良君) ちょっと関連するかもしれませんけれども、室内のトレーニングセンター、それから野外のトレーニングセンターの照明施設、これは他のこのような施設と比較した場合の金額というのはほぼ一緒かどうか、お伺いいたします。



○委員長(柴田隆弘君) 農務課長。



◎農務課長(為井敏君) 先ほど申し上げましたほかの都市公園の夜間照明、このところと同じような率の計算式で出した金額でございます。



○委員長(柴田隆弘君) 加藤委員。



◆委員(加藤明子君) このトレーニングセンターの使用料について、3点ほどお聞きしたいと思います。

 今度夜間照明ができたということで、その使用料がどういう、今度の夜間照明が今度ここに新設したと思いますけれども、この「その他の使用」とはどういう……。ここに、スポーツの場合とその他の場合と二つありますね。それで、その他の場合の使用とはどういうことか、お聞かせ願いたいということと、今までに「その他の使用」で、開設以来の使用状況を教えてください。

 それから、スポーツの場合とその他の使用の場合についての料金の差が大変大きいと思います。これはどういうことか、お聞かせください。

 この3点です。



○委員長(柴田隆弘君) 農務課長。



◎農務課長(為井敏君) 「その他」の場合ですが、これはスポーツのほかに、料金を取った有料の利用をする場合、そういうものも「その他」に含めております。

 それから、「その他」の場合は料金が3倍ですけれども、これは都市公園の方が3倍という規定でありますので、それを準用して料金は、「その他」の場合は3倍ということでお願いしたいということでございます。

 「その他」の場合、今までですと、運動公園ですので、大体スポーツが多いわけですけれども、その他の場合、若干はあります。



○委員長(柴田隆弘君) 加藤委員。



◆委員(加藤明子君) 「その他」の場合という、その内容を私お聞きしているんですけれども、スポーツと、あとにどういうことでここを使うかという質問なんですけれども。



○委員長(柴田隆弘君) 助役。



◎小島秀光助役 想定いたしますのが、物の販売とか、いろんな興行とかいうようなものだと考えております。



○委員長(柴田隆弘君) 加藤委員。



◆委員(加藤明子君) 利用状況をお聞きしたんですけれども、これについて返事がなかったんですけれども。



○委員長(柴田隆弘君) 経済部長。



◎経済部長(山田銀作君) 平成2年度の数字でございますが、件数46件、お集まりいただいた人数が3,160人という記録でございます。



○委員長(柴田隆弘君) 加藤委員。



◆委員(加藤明子君) それで、どうして料金をこれだけ、同じ市民が使うんですから、料金にこれだけ差があると、ちょっと……と思いますけれども、スポーツ施設だから、スポーツを重点的に使用させるというのが目的でしょうけれども、ここがちょっと納得のいかないところなんですけれども、その説明をお願いしたいと思います。



○委員長(柴田隆弘君) 市長。



◎市長(中根鎭夫君) これは、逆に申し上げますが、3倍ということになっておりますが、これは仮設電灯等を使って、いわゆるその他、イベントであるとか物品販売等、有料でおやりになる場合、仮設電灯等をお使いなさる場合よりは、まだ安いわけでございまして、こういうことをひとつ御理解願いたいと思うわけでございます。

 ただし、さっきちょっと農務課長が御答弁いたしました「その他」に対しまして、使用料を取った例があるか、「数件はあります」と言ったんですが、私の方で十分調査してまいりますが、ほとんどございませんと思います。特に平成2年度にはなかったはずでございますが、長い間、必ずしもないということをここで断定はできませんが、ほとんどない、こういうことでございます。



○委員長(柴田隆弘君) そのほかございませんか。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御質疑は終わりました。

 本件について賛否の御意見の陳述を願います。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御意見の陳述はありませんので、これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題の第85号議案は、原案のとおり可決すべきものと決することに賛成の方の挙手を求めます。

       (賛成者挙手)



○委員長(柴田隆弘君) 挙手全員。

 よって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(柴田隆弘君) 次、第87号議案「市立岡崎病院の料金に関する条例の一部改正について」を議題といたします。

 議案書つづり39ページより、本件について御質疑ありませんか。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御質疑はなしと認めます。

 本件について賛否の御意見の陳述を願います。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御意見の陳述はありませんので、これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題の第87号議案は、原案のとおり可決すべきものと決することに賛成の方の挙手を求めます。

       (賛成者挙手)



○委員長(柴田隆弘君) 挙手全員。

 よって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(柴田隆弘君) 次、第92号議案「平成3年度岡崎市一般会計補正予算(第1号)」中、本委員会付託分についてを議題といたします。

 逐次款を追って御質疑願います。

 4款衛生費、説明書つづり16ページより、御質疑ありませんか。

 鈴木委員。



◆委員(鈴木擴君) ひとつお教えいただきたいんですけれども、こちらの補正予算の説明書の方の16ページでございますが、いわゆる補正額の財源内訳が、特定財源のその他が1万6,000円減額になって、一般財源からこれを補てんして、補正額はゼロになると、こういう意味だと思いますが、この「その他の財源」というのは、消費税についてと推察するわけですけれども、そうでしょうか。



○委員長(柴田隆弘君) 保健課長。



◎保健課長(深津仁史君) ただいまおっしゃるとおりでございます。



○委員長(柴田隆弘君) そのほかございませんか。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 次、6款農林業費、1項農業費、説明書つづり18ページより、御質疑ありませんか。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御質疑は終わりました。

 本件について賛否の御意見の陳述を願います。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御意見の陳述はありませんので、これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題の第92号議案は、原案のとおり可決すべきものと決することに賛成の方の挙手を求めます。

       (賛成者挙手)



○委員長(柴田隆弘君) 挙手全員。

 よって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(柴田隆弘君) 次、第95号議案「平成3年度岡崎市病院事業会計補正予算(第1号)」を議題といたします。

 議案書つづり61ページ、説明書つづり51ページより、収入について御質疑ありませんか。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御質疑はなしと認めます。

 本件について賛否の御意見の陳述を願います。

      (「なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御意見の陳述はありませんので、これより採決いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題の第95号議案は、原案のとおり可決すべきものと決することに賛成の方の挙手を求めます。

       (賛成者挙手)



○委員長(柴田隆弘君) 挙手全員。

 よって、原案のとおり可決すべきものと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(柴田隆弘君) 次に、閉会中継続調査事件の申し出についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本委員会の所管事項中、お手元に配付の件について委員会として閉会中も継続して調査したい旨の申し出をしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 厚生経済委員会閉会中継続調査申出事件

   1 商工業及び農林業の振興について

   2 観光事業について

   3 環境・衛生・保健事業について

   4 病院事業について

   5 陳情の審査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(柴田隆弘君) 次に、7月、8月の委員会開催日について議題といたします。

 開催日についてはいかがいたしましょうか。

    (「委員長一任」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 委員長一任の発言がありますので、7月15日(月曜日)午前10時、それと8月23日(金曜日)午後1時に開催したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御異議ありませんので、さよう決しました。

 なお、議題について御意見がありましたら、正副委員長までお申し出ください。

 市長より発言の申し出があります。

 市長。



◎市長(中根鎭夫君) 本委員会に付託されましたところの各議案等に対しまして、厚生経済委員会とされましては、全党一致原案を御承認賜りまして、まことにありがとうございました。厚くお礼を申し上げます。

 なお、審査中に申されました農業者運動広場の関係の特殊料金の関係でございますが、ちょっとだけ私の答弁を落としましたので、この際申し上げておきたいと思います。さっきちょっと触れました仮設で電灯を引いた場合と対比いたしますと、おおむね半額ないし3分の1の金額になるということでございまして、そのような関係も含めて御説明しておきたいと思っております。落としましたので、ちょっとだけ御説明をさせていただきます。

 以上でございます。大変ありがとうございました。



○委員長(柴田隆弘君) 本委員会に付議されました事件の審査は終了しました。

 お諮りいたします。

 会議規則第103条による委員会報告書の作成は、委員長に委任されたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)



○委員長(柴田隆弘君) 御異議なしと認めます。

 よって、委員会報告書の作成は委員長に委任されました。

 本日審査すべき事件はすべて終了しました。

 委員並びに市長初め関係職員の御協力、ありがとうございました。

 これにて委員会を閉会いたします。

            午後1時14分閉会