議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 名古屋市

平成19年  安心・安全なまちづくり対策特別委員会 11月14日−01号




平成19年  安心・安全なまちづくり対策特別委員会 − 11月14日−01号









平成19年  安心・安全なまちづくり対策特別委員会



◯安心・安全なまちづくり対策特別委員会

◯平成19年11月14日(水曜日)

◯第6委員会室

◯案件 交通安全施設整備(植田南地区)について(緑政土木局)

◯出席委員

  委員長    小島七郎君

  副委員長   山本久樹君

         中川貴元君

  委員     山田昌弘君

         成田たかゆき君

         田辺雄一君

         のりたけ勅仁君

         梅村麻美子君

         諸隈修身君

         横井利明君

         三輪芳裕君

         江上博之君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席説明員

  緑政土木局長      渡辺恭久君

  緑政土木局理事(道路・河川)

              村上芳樹君

  緑政土木局道路部長   山本秀隆君

  緑政土木局総務課長   三宅基幸君

  緑政土木局道路部道路維持課長

              早川高明君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     開会 午後1時34分



○小島委員長 ただいまから安心・安全なまちづくり対策特別委員会を開会します。

 本日の案件は、緑政土木局関係で「交通安全施設整備(植田南地区)について」でございます。

 本日は、お手元配付の行程に従いまして現場視察を行いますので、よろしくお願いします。

 なお、この後の現場視察の時間の関係もございますので、質問につきましては現場でお願いします。

 まず、当局の説明を求めます。



◎渡辺緑政土木局長 本日は、天白区の植田南地区におきまして、地域の人々や警察署などと協力して実施しております交通安全施設整備事業につきまして、その概要を説明させていただきますとともに、現場の御視察をお願いするものでございます。

 概要につきましては、道路維持課長より説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。



◎早川緑政土木局道路部道路維持課長 それでは、交通安全施設整備(植田南地区)につきまして御説明をさせていただきます。

 お手元の資料、1ページをお開きください。

 本市では、交通安全対策として交通事故が多発している道路や緊急に交通の安全を確保する必要がある道路について、交通安全施設整備事業を実施し、交通事故の防止や交通の円滑化を推進しております。本日、御視察していただきます天白区植田南地区では、生活道路における通過交通量の増加などにより、交通事故が多発していることから、交通安全対策として、コミュニティ道路の設置を初めとする道路整備や交通管理者による交通規制を効果的に組み合わせ、面的に対策を行うコミュニティ・ゾーン形成事業を採用し、実施しておるところでございます。

 初めに、このコミュニティ・ゾーン形成事業の概要について説明をさせていただきます。

 この事業は、交通事故が多発している住居系の地区におきまして、幹線道路に囲まれた一定の地域をコミュニティ・ゾーンと定め、ゾーン内に流入する通過交通量の削減や速度抑制など総合的な交通安全対策を交通管理者−−警察でございますが−−警察が行う交通規制もあわせて実施をし、安全で快適な歩行空間を形成する事業でございます。コミュニティ・ゾーン形成事業は平成8年度から実施をしておりまして、平成18年度末現在で9地区が完了しております。また、現在4地区において整備を実施いたしており、平成19年度末までには今回見ていただく植田南地区を含め2地区で整備を完了する予定でございます。

 次に、このコミュニティ・ゾーン形成事業の進め方でございますが、この事業は地域の区政協力委員長を初めとする地元の関係の役員の方々、また、その地区の中にございます学校の関係者の方、警察及び我々行政機関などで構成をしますコミュニティ・ゾーン推進協議会というものを設立し、その協議会で地域の方々と私どもが一緒になって交通安全対策を立案し、整備計画を定め、その計画にのっとって事業を実施しておるものでございます。

 次に、御視察していただく植田南地区の事業概要でございます。植田南地区は、植田南小学校や天白スポーツセンターなどの公共施設を含む約59ヘクタールの区域において、平成14年度から19年度、今年度までの予定でコミュニティ・ゾーン形成事業を実施いたしております。主な整備内容につきましては、歩道の整備を3路線。内訳としては新設が2路線、改良が1路線でございます。それからコミュニティ道路の設置を10路線、それから交差点の改良を2カ所実施しております。交差点の改良につきましては、1カ所は新設の信号交差点、もう一カ所は既設の信号交差点でございましたが、歩車分離、スクランブル交差点、そういうものに警察と一緒になってかえておるところでございます。

 2ページ目に、細かくて申しわけございませんが、植田南地区の位置及び整備内容をお示ししておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 申しわけございませんが、また1ページの方にお戻りください。

 この事業を進めるに当たりまして、地域の方々とは平成14年5月に先ほど御説明しました推進協議会を設立し、以後、住民のアンケートや通学路の交通安全点検の実施、こういう内容を踏まえて、整備計画の策定及び毎年の事業報告及び実施計画の承認などを推進協議会にお諮りして実施をして、ことしの7月までに推進協議会といたしましては10回開催して、事業の推進を図ってまいりました。

 以上、簡単ではございますが、資料の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○小島委員長 それでは、本日の予定は以上であります。

 これにて、本日の委員会を散会します。直ちに現場視察に参りますので、東玄関の方にお願いします。

     散会 午後1時40分