議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 名古屋市

平成17年 11月 定例会 12月08日−27号




平成17年 11月 定例会 − 12月08日−27号









平成17年 11月 定例会



               議事日程

        平成17年12月8日(木曜日)午後1時開議

第1 平成17年請願第24号 働きながら安心して子どもを産み育てられるよう保育の公的責任の堅持と保育・学童保育施策の拡充を求める件

第2 同 第25号 介護保険での施設及び通所系サービス利用者の食費補助等の制度化を求める件

第3 同 第26号 国の責任を患者・地方自治体に転嫁する医療制度構造改革に反対する意見書提出を求める件

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第4 同 第18号 小規模作業所、小規模通所授産施設の充実及び成人期障害者施策の充実を求める件

第5 同 第19号 障害者施策の拡充に関する意見書提出を求める件(第2項)

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第6 平成17年第198号議案 指定管理者の指定について

第7 同 第199号議案 指定管理者の指定について

第8 同 第200号議案 指定管理者の指定について

第9 同 第201号議案 指定管理者の指定について

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第10 同 第202号議案 指定管理者の指定について

第11 同 第203号議案 指定管理者の指定について

第12 同 第204号議案 指定管理者の指定について

第13 同 第205号議案 指定管理者の指定について

第14 同 第225号議案 当せん金付証票の発売について

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第15 同 第206号議案 指定管理者の指定について

第16 同 第207号議案 指定管理者の指定について

第17 同 第208号議案 指定管理者の指定について

第18 同 第209号議案 指定管理者の指定について

第19 同 第223号議案 名古屋市自動車運送事業の欠損の処理について

第20 同 第224号議案 名古屋市高速度鉄道事業の欠損の処理について

第21 同 第226号議案 整備計画の変更に対する同意について

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第22 同 第197号議案 損害賠償の額の決定について

第23 同 第210号議案 指定管理者の指定について

第24 同 第211号議案 指定管理者の指定について

第25 同 第212号議案 指定管理者の指定について

第26 同 第213号議案 指定管理者の指定について

第27 同 第214号議案 指定管理者の指定について

第28 同 第215号議案 指定管理者の指定について

第29 同 第216号議案 指定管理者の指定について

第30 同 第217号議案 指定管理者の指定について

第31 同 第218号議案 指定管理者の指定について

第32 同 第219号議案 指定管理者の指定について

第33 同 第220号議案 指定管理者の指定について

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第34 同 第221号議案 指定管理者の指定について

第35 同 第222号議案 指定管理者の指定について

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第36 同 第196号議案 平成17年度名古屋市一般会計補正予算(第2号)

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第37 平成17年同意第8号 監査委員選任について

第38 平成17年諮問第2号 人権擁護委員の推薦について

第39 平成17年議員提出議案第21号 国勢調査の改善に関する意見書の提出について

第40 同 第22号 感染症対策の充実に関する意見書の提出について

第41 同 第23号 改造エアガン対策の強化に関する意見書の提出について

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第42 議員の派遣

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第43 常任委員会の閉会中所管事務の調査

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   出席議員

    鎌倉安男君      杉山ひとし君

    服部将也君      渡辺房一君

    うかい春美君     梅村麻美子君

    吉田隆一君      西川ひさし君

    前田有一君      村松ひとし君

    稲本和仁君      田島こうしん君

    中田ちづこ君     岡本善博君

    こんばのぶお君    長谷川由美子君

    中村 満君      木下 優君

    山口清明君      かとう典子君

    さとう典生君     のりたけ勅仁君

    西村けんじ君     工藤彰三君

    小林祥子君      福田誠治君

    ちかざわ昌行君    山本久樹君

    須原 章君      うえぞのふさえ君

    佐橋典一君      田中里佳君

    橋本静友君      小林秀美君

    おくむら文洋君    吉田伸五君

    早川良行君      諸隈修身君

    村瀬博久君      郡司照三君

    久野浩平君      横井利明君

    伊神邦彦君      桜井治幸君

    堀場 章君      岡地邦夫君

    浅井日出雄君     渡辺義郎君

    斉藤 実君      加藤 徹君

    三輪芳裕君      林 孝則君

    小島七郎君      西尾たか子君

    江口文雄君      梅原紀美子君

    黒田二郎君      村瀬たつじ君

    わしの恵子君     冨田勝三君

    荒川直之君      斎藤亮人君

    坂野公壽君      ふじた和秀君

    田中せつ子君     中川貴元君

    ばばのりこ君     田口一登君

    藤沢忠将君      ひざわ孝彦君

    加藤一登君      梅村邦子君

    加藤武夫君

   欠席議員

    岡本康宏君      坂崎巳代治君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   出席説明員

市長         松原武久君    助役         因田義男君

助役         塚本孝保君    収入役        加藤公明君

市長室長       佐合広利君    総務局長       鴨下乃夫君

財政局長       林 昭生君    市民経済局長     杉浦雅樹君

環境局長       大井治夫君    健康福祉局長     松永恒裕君

住宅都市局長     一見昌幸君    緑政土木局長     森本保彦君

市立大学事務局長   尾崎憲三君    収入役室出納課長   岸上幹央君

市長室秘書課長    星野寛行君    総務局総務課長    二神 望君

財政局財政部財政課長 三芳研二君    市民経済局総務課長  葛迫憲治君

環境局総務課長    西川 敏君    健康福祉局総務課長  森 雅行君

住宅都市局総務課長  柴田良雄君    緑政土木局総務課長  原口辰郎君

市立大学事務局総務課長

           上川幸延君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

上下水道局長     山田雅雄君    上下水道局経営本部総務部総務課長

                               佐治享一君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

交通局長       吉井信雄君    交通局営業本部総務部総務課長

                               中根卓郎君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

消防長        田中辰雄君    消防局総務部総務課長 岩崎眞人君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

監査委員       加藤雄也君    監査事務局長     村木愼一君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

選挙管理委員会委員  井上弘康君    選挙管理委員会事務局長

                               日沖 勉君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

教育委員会委員    山本廣子君

教育長        岡田 大君    教育委員会事務局総務部総務課長

                               横井政和君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

人事委員会委員    小林素文君    人事委員会事務局長  吉田 宏君

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          平成17年12月8日 午後1時3分開議



○議長(佐橋典一君) 開議に先立ち、諸般の御報告をいたしておきます。

 市長より「平成17年版名古屋市環境白書」が提出されております。

 詳細は、既にお手元に送付してあります。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の会議録署名者には郡司照三君、田中せつ子さんの御両君にお願いいたします。

 これより日程に入ります。

 最初に、日程第1より第3まで、すなわち請願第24号「働きながら安心して子どもを産み育てられるよう保育の公的責任の堅持と保育・学童保育施策の拡充を求める件」より請願第26号「国の責任を患者・地方自治体に転嫁する医療制度構造改革に反対する意見書提出を求める件」まで、以上3件を一括議題に供します。

 各請願書は、慎重審査のため所管の常任委員会に付議いたします。

 なお、各件の審査に当たっては、市会閉会中も委員会を開会できるようにいたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めて、さよう取り計らいます。

 次に、日程第4及び第5、すなわち平成17年請願第18号「小規模作業所、小規模通所授産施設の充実及び成人期障害者施策の充実を求める件」及び平成17年請願第19号「障害者施策の拡充に関する意見書提出を求める件(第2項)」の2件を一括議題に供します。

 この場合、健康福祉委員長の御報告を求めます。



◆(うかい春美君) ただいま議題となりました平成17年請願第18号及び同第19号第2項につきまして、当委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 初めに、平成17年請願第18号については、

 1、小規模作業所や重症心身障害児小規模通所援護事業について、削減された人件費補助単価を回復し、新設作業所への補助を12カ月分に回復すること。

 2、小規模通所授産施設に対する補助額を支援費施設と同水準に拡充すること。

 3、支援費施設に対する市単独の補助について、安定した運営と実践の水準の確保のため、平成15年度の水準に回復すること。

 4、平成17年度に予定していた施設整備について、協議したすべての補助を採択することを求める意見書を貴議会が国に提出すること。

を求めるものであります。

 次に、平成17年請願第19号第2項については、今年度計上されていない2カ月分の支援費予算の補正予算での確保及び支援費・施設設備の拡充を図る来年度予算の確保に向け、政府・厚生労働省が全力を挙げることを内容とする意見書の提出を求めるものであります。

 当委員会では、11月17日に当局の意見を聞くなど慎重に審査を行いましたところ、平成17年請願第18号の取り扱いにつきましては、日本共産党所属委員から、不採択には反対である旨の発言があり、また、平成17年請願第19号第2項の取り扱いにつきましては、関係法案が成立済みのため審査打ち切りとすべきものと諮りましたところ、日本共産党所属委員及びともにネットワーク所属委員から、審査打ち切りには反対である旨の発言があり、採決を行いました結果、平成17年請願第18号につきましては賛成多数により不採択とすべきものと、平成17年請願第19号第2項につきましては賛成多数により、関係法案が成立済みのため審査打ち切りとすべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 これより採決を行います。

 採決は、2度に分けて行います。

 それでは最初に、平成17年請願第18号について起立により採決いたします。

 本件を、ただいまの委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(佐橋典一君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告どおり決しました。

 次に、平成17年請願第19号について起立により採決いたします。

 本件を、ただいまの委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(佐橋典一君) 起立多数であります。

 よって、本件は委員長報告どおり決しました。

 次に、日程第6より第9まで、すなわち第198号議案「指定管理者の指定について」より第201号議案「指定管理者の指定について」まで、以上4件を一括議題に供します。

 この場合、健康福祉委員長の御報告を求めます。



◆(うかい春美君) ただいま議題となりました第198号議案初め4議案につきまして、当委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 委員からは、指定管理者が施設の設置目的に違反するなど、施設の管理運営に支障が生じた場合における本市の対応についてただされ、当局からは、地方自治法において、指定管理者の指定を取り消すことができるといった規定があることから、指定管理者が協定事項に違反した場合などにおける対応は、その都度判断をしていくこととなるが、指定後に締結する協定書内においても、毎年度の事業報告書提出の義務や必要に応じた立ち入り権限などの規定を盛り込む予定であり、その管理運営において適正な指導をしてまいりたいと考えているところである。今後、指定管理者との関係において想定されるさまざまな事例に対して、適切に対応できるような体系づくりを全市的にも研究してまいりたいとの答弁がありました。

 これに対し、委員からは、指定管理者に対して、立入検査に関する条項、違反があった場合の契約解除、事故があった場合の責任の所在やペナルティーなどについて、協定書上で明確にしておくこと、経費縮減だけでなく、市民サービス向上が図られているかどうかも名古屋市としてしっかり監督することとの要望がなされました。

 また、第200号議案に関し、選定に関しての評価基準、事業計画における経費節減の見通しなどについて触れるところがあり、委員からは、経営状況が黒字になるための何らかの方策を契約時に示させるとともに、1年ごとの収支が議会側にわかるように何らかの措置を講じることとの要望がなされました。

 以上、慎重に審査を進めてまいりましたところ、意思決定に際し、日本共産党所属委員から、第200号議案については、福祉施設であるにもかかわらず、福祉事業への理解、貢献よりも経費削減が優先され、営利企業が選定された結果となっているとの理由により反対であるとの意見表明がなされ、採決いたしました結果、第200号議案につきましては賛成多数により、その他の3議案につきましては全会一致により、いずれも原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 これより採決を行います。

 採決は、第200号議案1件とその他3件との2度に分けて行います。

 それでは最初に、第200号議案について起立により採決いたします。

 本案を、ただいまの委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(佐橋典一君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告どおり可決されました。

 次に、第198号議案を初めとする3議案についてお諮りいたします。

 各案は、いずれもただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めます。

 よって、各案はいずれも委員長報告どおり可決されました。

 次に、日程第10より第14まで、すなわち第202号議案「指定管理者の指定について」より第225号議案「当せん金付証票の発売について」まで、以上5件を一括議題に供します。

 この場合、財政教育委員長の御報告を求めます。



◆(黒田二郎君) ただいま議題となりました第202号議案初め5議案につきまして、当委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 委員からは、第202号議案、第203号議案、第204号議案及び第205号議案に関し、指定管理者の不祥事等により施設管理を継続させることが困難となった場合の対応についてただされ、当局からは、指定を受けた事業者において適切な施設管理を行うことができない事態が生じた場合には指定の解除もあり得るが、そのようなことのないよう、ふだんから市民モニターを実施するなど施設の管理状況に十分注意を払うとともに、必要に応じて報告の聴取や実地調査を行うなど、指定管理者に対する指導に努めてまいりたいとの答弁がありました。

 このほか、第225号議案につきましても、慎重に審査を進めてまいりましたところ、意思決定に際し、日本共産党所属委員から、第202号議案については中村及び昭和スポーツセンターにおいて、第204号議案については志段味スポーツランドにおいて、第205号議案については鳴海及び山田西プールにおいて、それぞれ営利企業を指定するものであるとの理由により反対であるとの意見表明がなされ、採決いたしました結果、第202号議案、第204号議案及び第205号議案につきましては賛成多数により、第203号議案及び第225号議案につきましては全会一致により、いずれも原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 これより採決を行います。

 採決は、第202号議案、第204号議案及び第205号議案の3件と第203号議案及び第225号議案の2件との2度に分けて行います。

 それでは最初に、第202号議案、第204号議案及び第205号議案の3件について起立により採決いたします。

 各案を、いずれもただいまの委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(佐橋典一君) 起立多数であります。

 よって、各案はいずれも委員長報告どおり可決されました。

 次に、第203号議案及び第225号議案の2件についてお諮りいたします。

 両案は、いずれもただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めます。

 よって、両案はいずれも委員長報告どおり可決されました。

 次に、日程第15より第21まで、すなわち第206号議案「指定管理者の指定について」より第226号議案「整備計画の変更に対する同意について」まで、以上7件を一括議題に供します。

 この場合、土木交通委員長の御報告を求めます。



◆(渡辺房一君) ただいま議題となりました第206号議案初め7議案につきまして、当委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 まず、第206号議案、第207号議案、第208号議案及び第209号議案に関し、委員からは、指定管理者の候補者選定方法が決められた過程及び選定方法に対する考え方についてただされ、当局からは、候補者選定に当たり、当初は各申請者を審査項目ごとに点数化して評価する方法を想定していたが、選定委員の中から、各施設に対する申請者が最大でも3者ということであれば、絶対的な点数をつけるよりも相対的に順位をつけた方がより客観的ではないかとの意見があり、議論の結果、各選定委員が審査項目を踏まえて順位をつけ、その順位の集計をもとにさらに議論を行って候補者を選定する方法が採用された。選定方法にはさまざまな課題があると考えており、より公平な選定を行うにはどのような方法がよいのか検討してまいりたいとの答弁がありました。

 これに対し、委員からは、指定管理者の候補選定に当たっては、制度創立趣旨の要諦がコスト削減にあることを認識し選定すること、また、市民の納得する明快で客観的な選定方法を確立することとの要望がなされました。

 また、第206号議案、第207号議案及び第209号議案に関し、指定管理者が経費節減を行うことによる施設管理への影響について触れるところがあり、委員からは、管理費削減により雇用の不安、住民サービスの低下をもたらすことのないようにすることとの要望がなされました。

 その他の議案につきましても、自動車運送事業及び高速度鉄道事業において、資本剰余金を取り崩して欠損金を埋めることとした経緯、名古屋高速道路のランプ追加に係る周辺住民への対応について触れるところがあるなど、慎重に審査を進めてまいりましたところ、意思決定に際し、日本共産党所属委員から、第208号議案については、日光川公園の公園施設の指定管理者に営利企業が指定されていることとの理由により、また、第226号議案については、新たに出入り口を追加することにより一層の環境悪化をもたらすとともに、住民の理解と納得も得られていないこととの理由により反対であるとの意見表明がなされ、採決いたしました結果、第208号議案及び第226号議案につきましては賛成多数により、その他の5議案につきましては全会一致により、いずれも原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 これより採決を行います。

 採決は、第208号議案及び第226号議案の2件とその他5件との2度に分けて行います。

 それでは最初に、第208号議案及び第226号議案の2件について起立により採決いたします。

 両案を、いずれもただいまの委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(佐橋典一君) 起立多数であります。

 よって、両案はいずれも委員長報告どおり可決されました。

 次に、第206号議案を初めとする5議案についてお諮りいたします。

 各案は、いずれもただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めます。

 よって、各案はいずれも委員長報告どおり可決されました。

 次に、日程第22より第33まで、すなわち第197号議案「損害賠償の額の決定について」より第220号議案「指定管理者の指定について」まで、以上12件を一括議題に供します。

 この場合、経済水道委員長の御報告を求めます。



◆(村松ひとし君) ただいま議題となりました第197号議案初め12議案につきましては、指定管理者の指定に係る第210号議案初め11議案に関し、指定管理者に対する指導のあり方について触れるところがあり、委員からは、経費節減のみに目を奪われて、市民へのサービスを低下させないこと、指定管理者の管理・運営が、施設を利用するすべての市民にとって、サービス、料金等の面において最大の利便性を常に考慮する体制とすること、また、常時、監督体制に責任を持って取り組み、仮に利用者に不利益を与えるような管理の報告があった場合には、当局が速やかに対処することとの要望がなされました。

 また、第197号議案に関し、下水道管閉塞事故発生時の対応について触れるところがあり、委員からは、今回の事故の教訓をきちんと引き出し、今後の緊急対応態勢に生かすこととの要望がなされるなど、慎重に審査いたしました結果、当委員会に付議されました12議案につきましては、いずれも全会一致原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 各案は、いずれもただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めます。

 よって、各案はいずれも委員長報告どおり可決されました。

 次に、日程第34及び第35、すなわち第221号議案「指定管理者の指定について」及び第222号議案「指定管理者の指定について」の2件を一括議題に供します。

 この場合、都市消防委員長の御報告を求めます。



◆(前田有一君) ただいま議題となりました第221号議案及び第222号議案につきまして、当委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 第221号議案に関し、委員からは、市営大須駐車場の指定管理者の指定について、管理実績のある名古屋都市整備公社が収入を低く見込む一方、高い収入を見込む名鉄協商株式会社を指定しようとする中で、その収入見込み額は市が今後予算計上する金額となるため、確実に収入を確保する必要があることから、収入見込み額が達成できなかった際に収入を担保するための方策についてただされ、当局からは、今後協議の中で、営業努力により実際の収入が提案された収入見込み額に達するよう、具体的な収入確保策を詰めていくと同時に、収入見込み額を下回った場合の方策については、当委員会での議論を相手方に伝え、協定を結んでいく中で最大限努力してまいりたい。また、今回の当委員会での議論を踏まえ、改善すべき点については、4年後の指定に向け、他都市の事例等を研究して取り組んでまいりたいとの答弁がありました。

 このほか、平成16年度決算における収入実績及び平成17年度予算における収入見込み等から見た名古屋都市整備公社が提案した収入見込み額の妥当性などについても質疑が交わされるところがありました。

 また、第222号議案につきましても慎重に審査を進めてまいりましたところ、意思決定に際し、日本共産党所属委員から、第221号議案について、市営大須駐車場については、最少の管理経費を提示した名古屋都市整備公社を指定せず、過大な料金収入見込みを提示した民間企業を指定するというように根拠を欠いているとの理由により反対であるとの意見表明がなされ、採決いたしました結果、第221号議案につきましては賛成多数により、第222号議案につきましては全会一致により、いずれも原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 これより採決を行います。

 採決は、2度に分けて行います。

 それでは最初に、第221号議案について起立により採決いたします。

 本案を、ただいまの委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(佐橋典一君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告どおり可決されました。

 次に、第222号議案についてお諮りいたします。

 本案は、ただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告どおり可決されました。

 次に、日程第36、第196号議案「平成17年度名古屋市一般会計補正予算」を議題に供します。

 この場合、関係各委員長の御報告を求めます。

 最初に、総務環境委員長の御報告を求めます。



◆(ばばのりこ君) ただいま議題となりました第196号議案のうち、当委員会に付議されました関係分につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 まず、委員からは、エコマネーセンターに関し、博覧会協会による運営が来年9月までであることから、本市のかかわり方がただされ、当局からは、本市のCO2排出量10%削減という目標に資することから誘致した施設であり、運営を委託されているNPO法人と協力しながら運営費等の支援が得られるよう、積極的に企業協賛を募り、事業が自立的、継続的に運営できる仕組みがつくれるよう強力にバックアップしてまいりたい。また、エコマネー事業は、目に見えにくいCO2削減がポイントという形でわかるシステムであることから、本市としても主体的に情報発信等を行うことにより、市民の参加を促し、CO2削減に向けた行動をしていただけるような啓発をしてまいりたいとの答弁がありました。

 次に、委員からは、石綿含有量の調査に関し、立入検査の増加が想定されることから、職員体制のあり方がただされ、当局からは、今後立入検査を実施していく中で、必要があれば対応を検討していかなければならないと認識しているが、当面は、立ち入りの時間や方面の調整により効率的、効果的な検査の実施を行うことや、保健所の公害対策担当以外の職員も電話での相談を受け付けるなどして、現在の職員体制で市民の不安が解消されるよう最大限努力してまいりたいとの答弁がありました。

 このほか、エコマネーセンターの運営費削減に向けた考え方などについても触れるところがあり、委員からは次の要望がなされました。

 1、エコマネーセンターへの補助については、万博の理念継承とCO2削減を期すとともに、今後の運営費等が本市に及ぶことについて慎重を期すこと。

 1、石綿含有量等の調査については、検査がスムーズに進むよう万全な体制を整えること。

 1、石綿含有量調査については、人員の確保など必要な体制を確保して万全を期すこと。

 以上、慎重に審査いたしました結果、当委員会に付議されました関係分につきましては、全会一致原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 次に、土木交通委員長の御報告を求めます。



◆(渡辺房一君) ただいま議題となっております第196号議案のうち、当委員会に付議されました関係分につきましては、慎重に審査いたしました結果、全会一致原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 最後に、財政教育委員長の御報告を求めます。



◆(黒田二郎君) ただいま議題となっております第196号議案のうち、当委員会に付議されました関係分につきましては、慎重に審査いたしました結果、全会一致原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 以上で、各委員長の報告は終わりました。

 御質疑もないようであります。

 本案は、ただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めます。

 よって、第196号議案「平成17年度名古屋市一般会計補正予算」は委員長報告どおり可決されました。

 この場合、お諮りいたします。

 日程第37より第41までの5件は、いずれも委員会の審査を省略いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めて、さよう取り計らいます。

 それでは、日程第37、同意第8号「監査委員選任について」を議題に供し、御審議願います。



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 これより採決を行います。

 本件を、同意することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(佐橋典一君) 起立多数であります。

 よって、本件は同意されました。

 次に、日程第38、諮問第2号「人権擁護委員の推薦について」を議題に供し、御審議願います。

     〔「異議なき旨の答申を願います」〕



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 本件は、異議なき旨の答申をいたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

 次に、日程第39、議員提出議案第21号「国勢調査の改善に関する意見書の提出について」を議題に供します。

 この場合、提案者の御説明を求めます。



◆(須原章君) ただいま議題となりました「国勢調査の改善に関する意見書」につきまして、提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。

 先般行われました国勢調査では、調査をめぐるトラブルが全国的に多発したことから、調査方法等の見直しを行うことが求められております。

 そこで、本意見書は、国会及び政府に対し、調査項目の見直しなど国勢調査の改善を行うよう強く要望いたすものであります。

 文案は、お手元配付のとおりであります。

 何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第40、議員提出議案第22号「感染症対策の充実に関する意見書の提出について」を議題に供します。

 この場合、提案者の御説明を求めます。



◆(工藤彰三君) ただいま議題となりました「感染症対策の充実に関する意見書」につきまして、提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。

 新型インフルエンザ初め、新興感染症が蔓延する危険性が高まっている現代において、その防止対策を強化していくことが必要であります。

 そこで、本意見書は、国会及び政府に対し、十分な治療薬等の確保など感染症対策を充実するよう強く要望いたすものであります。

 文案は、お手元配付のとおりであります。

 何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第41、議員提出議案第23号「改造エアガン対策の強化に関する意見書の提出について」を議題に供します。

 この場合、提案者の御説明を求めます。



◆(小林祥子君) ただいま議題となりました「改造エアガン対策の強化に関する意見書」につきまして、提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。

 改造エアガンによる発砲事件が続発しておりますが、その防止に向けて、警察の取り締まり強化にとどまらず、多角的な取り組みが必要であります。

 そこで、本意見書は、国会及び政府に対し、インターネット上での出品の自主規制など、改造エアガン対策を強化するよう強く要望いたすものであります。

 文案は、お手元配付のとおりであります。

 何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)



○議長(佐橋典一君) 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第42「議員の派遣」を議題に供します。

 会議規則第54条の2の規定に基づき、お手元に配付いたしましたとおり、議員を派遣するものであります。

 本件は、お手元配付のとおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めて、さよう決定いたします。

 次に、日程第43「常任委員会の閉会中所管事務の調査」を議題に供します。

 各常任委員長から、お手元に配付いたしました「閉会中所管事務調査申出一覧表」のとおり、閉会中継続調査の申し出があります。

 御質疑もないようであります。

 本件は、各常任委員長からの申し出のとおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(佐橋典一君) 御異議なしと認めて、さよう決定いたします。

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 これをもって、定例会を閉会いたします。

          午後1時34分閉会

          −−−−−−−−−−

〔参考〕

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     市会議員  郡司照三

     市会議員  田中せつ子

     市会議長  佐橋典一