議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 名古屋市

平成16年  6月 定例会 06月29日−14号




平成16年  6月 定例会 − 06月29日−14号









平成16年  6月 定例会



          議事日程

     平成16年6月29日(火曜日)午後1時開議

第1 平成16年請願第11号 場外舟券発売場(ボートピア)設置に関する件

第2 同 第12号 学童保育に関する件

第3 同 第13号 小規模作業所、小規模通所授産施設の拡充及び成人期障害者施策の拡充を求める件

第4 同 第14号 小学校教科書の採択に関する件

第5 同 第15号 国民健康保険制度の健全な運営を図るための意見書提出を求める件

第6 同 第16号 教科書採択に関する件

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第7 平成15年請願第20号 福祉給付金制度の対象者縮小の凍結と敬老パスの継続を求める件(第2項)

第8 同 第25号 名古屋市の医療・福祉の後退を元に戻し、現行の敬老パスの継続を求める件(第3項)

第9 同 第33号 敬老パスを現行どおり継続することを求める件

第10 同 第34号 敬老パスを現行制度で継続することを求める件

第11 同 第36号 城西病院の縮小・再編をやめ、医療体制の充実を求める件

第12 同 第37号 守山市民病院の縮小・再編をやめ、総合的な病院としての存続を求める件

第13 平成16年請願第4号 障害者(児)福祉の充実を求める件(第3項(3)及び(5))

第14 同 第7号 生活保護基準の引き下げ等の中止を求める意見書提出に関する件(第1項)

第15 同 第9号 乳幼児医療無料制度の所得制限の廃止を求める件

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第16 平成16年第95号議案 東郷町の公の施設の設置について

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第17 同 第90号議案 名古屋市保健所条例の一部改正について

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第18 同 第92号議案 契約の締結について

第19 同 第96号議案 事業変更に対する同意について

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第20 同 第97号議案 指定管理者の指定について

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第21 同 第91号議案 火災予防条例の一部改正について

第22 同 第93号議案 契約の一部変更について

第23 同 第94号議案 訴えの提起について

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第24 市選挙管理委員及び同補充員の選挙

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第25 平成16年同意第6号 固定資産評価審査委員会の委員選任について

第26 平成16年諮問第1号 人権擁護委員の推薦について

第27 平成16年議員提出議案第13号 地域環境審議会委員の推薦について

第28 同 第14号 北朝鮮による拉致問題の全面解決を求める意見書の提出について

第29 同 第15号 地震防災対策の充実強化に関する意見書の提出について

第30 同 第16号 循環型社会の形成に関する意見書の提出について

第31 同 第17号 介護予防対策の充実を求める意見書の提出について

第32 同 第18号 各種イベント開催時におけるごみの発生抑制及び省エネ化を促進する法律の早期制定を求める意見書の提出について

第33 同 第19号 食料自給率の向上及び食の安全確保に関する意見書の提出について

第34 同 第20号 地方分権を確立するための真の三位一体改革の実現を求める意見書の提出について

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第35 議員の派遣

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第36 常任委員会の閉会中所管事務の調査

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席議員

    工藤彰三君      坂野公壽君

    村松ひとし君     ふじた和秀君

    稲本和仁君      田島こうしん君

    藤沢忠将君      ちかざわ昌行君

    山本久樹君      服部将也君

    加藤一登君      うかい春美君

    梅村麻美子君     うえぞのふさえ君

    こんばのぶお君    長谷川由美子君

    中村 満君      小林祥子君

    木下 優君      山口清明君

    かとう典子君     田中せつ子君

    のりたけ勅仁君    冨田勝三君

    三輪芳裕君      鎌倉安男君

    杉山ひとし君     木下広高君

    前田有一君      中川貴元君

    伊神邦彦君      桜井治幸君

    西村けんじ君     横井利明君

    堀場 章君      岡地邦夫君

    小木曽康巳君     浅井日出雄君

    渡辺義郎君      斉藤 実君

    加藤 徹君      吉田隆一君

    小林秀美君      佐橋典一君

    おくむら文洋君    吉田伸五君

    早川良行君      諸隈修身君

    村瀬博久君      郡司照三君

    久野浩平君      福田誠治君

    ひざわ孝彦君     林 孝則君

    西尾たか子君     江口文雄君

    加藤武夫君      梅原紀美子君

    黒田二郎君      村瀬たつじ君

    わしの恵子君     荒川直之君

    斎藤亮人君      須原 章君

    梅村邦子君      さとう典生君

    ばばのりこ君     渡辺房一君

    田口一登君      小島七郎君

    橋本静友君      中田ちづこ君

    岡本善博君      田中里佳君

 欠席議員

    坂崎巳代治君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 出席説明員

  市長        松原武久君    助役        因田義男君

  助役        塚本孝保君    収入役       加藤公明君

  市長室長      岡田 大君    総務局長      鴨下乃夫君

  財政局長      林 昭生君    市民経済局長    杉浦雅樹君

  環境局長      大井治夫君    健康福祉局長    木村 剛君

  住宅都市局長    一見昌幸君    緑政土木局長    森本保彦君

  市立大学事務局長  嶋田邦弘君    収入役室出納課長  岸上幹央君

  市長室秘書課長   宮下正史君    総務局総務課長   二神 望君

  財政局財政課長   住田代一君    市民経済局総務課長 葛迫憲治君

  環境局総務課長   西川 敏君    健康福祉局総務課長 森 雅行君

  住宅都市局総務課長 柴田良雄君    緑政土木局総務課長 竹内和芳君

  市立大学事務局総務課長

            上川幸延君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  上下水道局長    山田雅雄君    上下水道局経営本部総務部総務課長

                               佐治享一君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  交通局長      吉井信雄君    交通局営業本部総務部総務課長

                               中根卓郎君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  消防長       田中辰雄君    消防局総務課長   岩崎眞人君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  監査委員      加藤雄也君    監査事務局長    村木愼一君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  選挙管理委員会委員 丹下和郎君    選挙管理委員会事務局長

                               日沖 勉君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  教育委員会委員   後藤澄江君

  教育長       大野重忠君    教育委員会事務局総務部総務課長

                               横井政和君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  人事委員会委員   小林素文君    人事委員会事務局長 杉山七生君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          平成16年6月29日午後1時8分開議



○議長(桜井治幸君) これより本日の会議を開きます。

 本日の会議録署名者には工藤彰三君、のりたけ勅仁君の御両君にお願いいたします。

 市会公報第39号でお知らせいたしましたとおり、陳情第8号「義務教育諸学校の学校事務職員・栄養職員給与費の国庫負担制度からの適用除外に反対する意見書提出を求める件」初め3件を受理しましたので、会議規則第60条の規定により所管の常任委員会に送付いたします。

 なお、各件の審査に当たっては、市会閉会中も委員会を開会できるようにいたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めて、さよう取り計らいます。

 これより日程に入ります。

 最初に、日程第1より第6まで、すなわち請願第11号「場外舟券発売場設置に関する件」より請願第16号「教科書採択に関する件」まで、以上6件を一括議題に供します。

 各請願書は、慎重審査のため所管の常任委員会に付議いたします。

 なお、各件の審査に当たっては、市会閉会中も委員会を開会できるようにいたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めて、さよう取り計らいます。

 次に、日程第7より第15まで、すなわち平成15年請願第20号「福祉給付金制度の対象者縮小の凍結と敬老パスの継続を求める件(第2項)」より平成16年請願第9号「乳幼児医療無料制度の所得制限の廃止を求める件」まで、以上9件を一括議題に供します。

 この場合、健康福祉委員長の御報告を求めます。



◆(梅村麻美子君) ただいま議題となりました平成15年請願第20号初め9件につきまして、当委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 初めに、平成15年請願第20号第2項、同第25号第3項、同第33号及び同第34号については、65歳以上を無料とする敬老パス制度の継続を求めるものであります。

 次に、平成15年請願第36号及び同第37号については、城西病院及び守山市民病院のベッド数削減などの縮小計画をやめ、救急医療等のさらなる充実を求めるものであります。

 次に、平成16年請願第4号のうち、異議申し立てのありました関係分についてであります。

 これは、障害者福祉に関し、

 1、休日・深夜に対応できるホームヘルパー及び事業所を確保し、児童デイサービス事業所の確保等に特別な手だてを講じること。

 2、地域療育センターを2区に1カ所つくること。

を求めるものであります。

 次に、平成16年請願第7号第1項については、物価スライドによる生活扶助基準の引き下げをしないことを求めるものであります。

 次に、平成16年請願第9号については、乳幼児医療無料制度の所得制限を廃止することを求めるものであります。

 当委員会では、5月7日に当局の意見を聞くなど慎重に審査を行いましたところ、平成15年請願第20号第2項、同第25号第3項、同第33号及び同第34号の取り扱いにつきましては、既に議会意思確定済みのため審査打ち切りとすべきものと諮りましたところ、日本共産党所属委員から、審査打ち切りには反対である旨の発言があり、また、平成15年請願第36号、同第37号、平成16年請願第4号第3項(3)及び(5)、同第7号第1項、同第9号の取り扱いにつきましては、日本共産党所属委員から不採択には反対である旨の発言があり、採決を行いました結果、平成15年請願第20号第2項、同第25号第3項、同第33号及び同第34号につきましては賛成多数により、いずれも既に議会意思確定済みのため審査打ち切りとすべきものと、平成15年請願第36号、同第37号、平成16年請願第4号第3項(3)及び(5)、同第7号第1項、同第9号につきましては賛成多数により、いずれも不採択とすべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 これより討論に入ります。

 山口清明君にお許しいたします。

     〔山口清明君登壇〕



◆(山口清明君) 議題となりました請願第37号「守山市民病院の縮小・再編をやめ、総合的な病院としての存続を求める件」の採択を求めて討論します。

 市立病院整備基本計画は、城西病院と並んで守山市民病院についても、ベッドを200から95に削る、入院の手術はなし、産婦人科は外来のみで分娩は受け入れない、2次救急もやめるという計画です。しかも、地元への説明会は1回きりで、多くの住民から不安の声が上がっています。守山区は人口急増地域で、小児科、産婦人科への要望が強い地域です。しかし、少子化の中で、地域の産婦人科、小児科は採算が合わず、入院医療の担い手が足りません。こうした地域や分野だからこそ市立病院の役割が大きいのに、その守山からなぜ入院や救急を削るのか、子育て支援の充実こそが市政の重点課題ではありませんか。

 守山区はまた、人口当たりベッド数が市内16区中下から2番目と医療機関が少なく、とりわけ救急の問題は切実です。守山休日急病診療所の患者数は1日平均53.4人、市内で2番目、さらに、救急医療情報センターへの問い合わせ数も年間5,730件、これも市内で2番目です。救急体制がほかより薄いことを承知の上でこのまま計画を進めるのは問題です。

 市立病院は高度で専門的な医療を進めつつ、地域医療をしっかり担うことで市民の安心・安全を守るんです。健康福祉局長は、必要に応じて見直しも検討と議会で答弁されました。医療はインフォームド・コンセントの時代です。住民はもちろん、患者や開業医の方などの参加と協働で、みんなが納得し合意できる計画に見直すべきです。縮小・再編ではなく、市民病院を育てていこうというこの請願の採択を心から呼びかけて、討論を終わります。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 以上で、討論を終わります。

 これより採決を行います。

 採決は、平成15年請願第20号を初めとする7件と、平成16年請願第7号及び平成16年請願第9号の2件との2度に分けて行います。

 それでは最初に、平成15年請願第20号を初めとする7件について起立により採決いたします。

 各件を、いずれもただいまの委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(桜井治幸君) 起立多数であります。

 よって、各件はいずれも委員長報告どおり決しました。

 次に、平成16年請願第7号及び平成16年請願第9号の2件について起立により採決いたします。

 両件を、いずれもただいまの委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。     〔賛成者起立〕



○議長(桜井治幸君) 起立多数であります。

 よって、両件はいずれも委員長報告どおり決しました。

 次に、日程第16、第95号議案「東郷町の公の施設の設置について」を議題に供します。

 この場合、総務環境委員長の御報告を求めます。



◆(江口文雄君) ただいま議題となりました第95号議案につきましては、当委員会において慎重に審査いたしました結果、全会一致原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本案は、ただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告どおり可決されました。

 次に、日程第17、第90号議案「名古屋市保健所条例の一部改正について」を議題に供します。

 この場合、健康福祉委員長の御報告を求めます。



◆(梅村麻美子君) ただいま議題となりました第90号議案につきましては、当委員会において慎重に審査いたしました結果、全会一致原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本案は、ただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告どおり可決されました。

 次に、日程第18及び第19、すなわち第92号議案「契約の締結について」及び第96号議案「事業変更に対する同意について」の2件を一括議題に供します。

 この場合、土木交通委員長の御報告を求めます。



◆(梅村邦子君) ただいま議題となりました第92号議案及び第96号議案につきましては、第92号議案に関し、工事による地域住民への影響について触れられるところがあるなど、慎重に審査いたしました結果、いずれも全会一致原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 両案は、いずれもただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、両案はいずれも委員長報告どおり可決されました。

 次に、日程第20、第97号議案「指定管理者の指定について」を議題に供します。

 この場合、経済水道委員長の御報告を求めます。



◆(稲本和仁君) ただいま議題となりました第97号議案につきましては、指定管理者の候補者選定理由及び選定方法について触れるところがあり、委員からは、公募の周知の徹底や選定委員会の会議録の公開など透明性を高めること、民間の活力を十分に生かすため、特別の人たちによる余分な力が働かないよう厳しくチェックすることとの要望がなされるなど、慎重に審査いたしました結果、全会一致原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本案は、ただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告どおり可決されました。

 次に、日程第21より第23まで、すなわち第91号議案「火災予防条例の一部改正について」より第94号議案「訴えの提起について」まで、以上3件を一括議題に供します。

 この場合、都市消防委員長の御報告を求めます。



◆(ふじた和秀君) ただいま議題となりました第91号議案初め3議案につきまして、当委員会における審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 委員からは、第93号議案に関し、有松駅前第1種市街地再開発事業におけるキーテナントがマイカルからイオンへと変わったことによる本件契約金額変更への影響の有無及び契約金額変更の内容についてただされ、当局からは、マイカル破綻によって市が受ける損害についてはマイカルが負担し、イオンの要望による仕様変更についてはイオンの費用負担において工事することとなっており、今回の契約金額変更は、これらとは別に再開発ビルを将来にわたって良好な建物として維持していく観点から、本市が必要と判断した内容について行うものである。このうち、商業棟4階の店舗から駐車場への変更については、マイカル破綻時に行った代替テナント誘致に係る各社へのヒアリングの結果を踏まえるとともに、本市としても駐車場をふやす必要があるとの判断のもとに行ったものであり、また、フロン対策工事、シックハウス対策工事などについては、法的規制の変化に対応する観点から行うものであるとの答弁がありました。

 その他の議案につきましても慎重に審査を進めてまいりましたところ、意思決定に際し、日本共産党所属委員から、第93号議案については無秩序な大型店出店を前提としたものであるとの理由により反対であるとの意見表明がなされ、採決いたしました結果、第93号議案については賛成多数により、第91号議案及び第94号議案については全会一致により、いずれも原案どおり可決すべきものと議決いたした次第であります。

 以上、御報告申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 これより採決を行います。

 採決は、第93号議案1件と、第91号議案及び第94号議案の2件との2度に分けて行います。

 それでは最初に、第93号議案について起立により採決いたします。

 本案を、ただいまの委員長報告どおり決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(桜井治幸君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告どおり可決されました。

 次に、第91号議案及び第94号議案の2件についてお諮りいたします。

 両案は、いずれもただいまの委員長報告どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、両案はいずれも委員長報告どおり可決されました。

 次に、日程第24「市選挙管理委員及び同補充員の選挙」を行います。

 選挙は投票によりますので、日程第24を区分し、最初に、市選挙管理委員の選挙を行い、その終了後、同補充員の選挙を行うようにいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めて、さよう取り計らいます。

 それでは最初に、「市選挙管理委員の選挙」を行います。

 選挙は、単記無記名投票であります。

 議場の出入り口を閉鎖いたします。

     〔書記、議場の出入り口を閉鎖す〕



○議長(桜井治幸君) これより投票用紙を配付いたさせます。

     〔書記、投票用紙を配付す〕



○議長(桜井治幸君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。−−ないと認めます。

 次に、投票函の点検をいたさせます。

     〔書記、投票函の点検をなす〕



○議長(桜井治幸君) それでは、議席順に順次投票を願います。

     〔各議員、投票をなす〕



○議長(桜井治幸君) 投票漏れはありませんか。−−ないと認めます。

 これより開票いたします。

 この場合、会議規則第44条第4項の規定により開票立会人を指名いたします。

 立会人には、ばばのりこさん、渡辺房一君、田口一登君、中田ちづこさん、以上の方々にお願いいたします。

    〔ばばのりこ君、渡辺房一君、田口一登君、中田ちづこ君、立ち会いをなす〕



○議長(桜井治幸君) これより開函点検をいたします。

 この場合、議場の出入り口の閉鎖を解きます。

     〔書記、議場の出入り口の閉鎖を解く〕

     〔書記、開函点検をなす〕



○議長(桜井治幸君) 御報告いたします。

 出席議員74名

 投票総数74票

 符合いたしております。

 これより開票いたします。

     〔書記、開票をなす〕



○議長(桜井治幸君) 開票の結果を御報告いたします。

 投票総数  74票

 有効投票  74票

 藤田和三君 19票

 小寺洋夫君 19票

 井上弘康君 14票

 高取隆吉君 13票

 高木輝雄君  9票

 以上の結果、藤田和三君、小寺洋夫君、井上弘康君、高取隆吉君が当選されました。(拍手)

 続いて、「市選挙管理委員補充員の選挙」を行います。

 選挙は、単記無記名投票であります。

 議場の出入り口を閉鎖いたします。

     〔書記、議場の出入り口を閉鎖す〕



○議長(桜井治幸君) これより投票用紙を配付いたさせます。

     〔書記、投票用紙を配付す〕



○議長(桜井治幸君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。−−ないと認めます。

 次に、投票函の点検をいたさせます。

     〔書記、投票函の点検をなす〕



○議長(桜井治幸君) それでは、議席順に順次投票を願います。

     〔各議員、投票をなす〕



○議長(桜井治幸君) 投票漏れはありませんか。−−ないと認めます。

 これより開票いたします。

 この場合、会議規則第44条第4項の規定により開票立会人を指名いたします。

 立会人には、三輪芳裕君、中川貴元君、梅村邦子さん、さとう典生君、以上の方々にお願いいたします。

     〔三輪芳裕君、中川貴元君、梅村邦子君、さとう典生君、立ち会いをなす〕



○議長(桜井治幸君) これより開函点検をいたします。

 この場合、議場の出入り口の閉鎖を解きます。

     〔書記、議場の出入り口の閉鎖を解く〕

     〔書記、開函点検をなす〕



○議長(桜井治幸君) 御報告いたします。

 出席議員 74名

 投票総数 74票

 符合いたしております。

 これより開票いたします。

     〔書記、開票をなす〕



○議長(桜井治幸君) 開票の結果を御報告いたします。

 投票総数  74票

 有効投票  74票

 内田 龍君 19票

 林 照夫君 18票

 江口昭光君 15票

 伊藤年一君 13票

 原山剛三君  9票

 以上の結果、内田龍君、林照夫君、江口昭光君、伊藤年一君が当選されました。(拍手)

 この場合、お諮りいたします。

 日程第25より第34までの10件は、いずれも委員会の審査を省略いたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めて、さよう取り計らいます。

 それでは、日程第25、同意第6号「固定資産評価審査委員会の委員選任について」を議題に供し、御審議願います。

 御質疑もないようであります。

 本件は、同意するに決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は同意されました。

 次に、日程第26、諮問第1号「人権擁護委員の推薦について」を議題に供し、御審議願います。

     〔「異議なき旨の答申を願います」〕



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本件は、異議なき旨の答申をいたしまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

 次に、日程第27、議員提出議案第13号「地域環境審議会委員の推薦について」を議題に供し、御審議願います。

 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第28、議員提出議案第14号「北朝鮮による拉致問題の全面解決を求める意見書の提出について」を議題に供します。

 この場合、提案者の御説明を求めます。



◆(さとう典生君) ただいま議題となりました「北朝鮮による拉致問題の全面解決を求める意見書」につきまして、提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。

 北朝鮮による拉致問題は、安否が不明な拉致被害者等の問題もまだ存在することから、全面的に解決したとは言いがたい状況にあります。

 そこで、本意見書は、国会及び政府に対し、北朝鮮による拉致問題の交渉においては、毅然とした外交交渉等により、その全面的な解決を図られるよう強く要望いたすものであります。

 文案は、お手元配付のとおりであります。

 何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第29、議員提出議案第15号「地震防災対策の充実強化に関する意見書の提出について」を議題に供します。

 この場合、提案者の御説明を求めます。



◆(木下広高君) ただいま議題となりました「地震防災対策の充実強化に関する意見書」につきまして、提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。

 本市では、地震財特法などによる国庫補助を受け、消防用施設等の整備を進めておりますが、これらの法律等の期限の延長がなされなければ、地震防災対策上必要な事業の実施が困難となります。

 そこで、本意見書は、国会及び政府に対し、地震財特法などの期限を延長されるよう強く要望いたすものであります。

 文案は、お手元配付のとおりであります。

 何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第30、議員提出議案第16号「循環型社会の形成に関する意見書の提出について」を議題に供します。

 この場合、提案者の御説明を求めます。



◆(鎌倉安男君) ただいま議題となりました「循環型社会の形成に関する意見書」につきまして、提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。

 環境への負荷を軽減するためには、廃棄物の発生抑制等を重視し、循環型社会の形成に向けた仕組みを構築することが必要とされております。

 そこで、本意見書は、国会及び政府に対し、廃棄物の発生抑制や使用済み製品の再使用を促進する法制度を整備されるよう強く要望いたすものであります。

 文案は、お手元配付のとおりであります。

 何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第31、議員提出議案第17号「介護予防対策の充実を求める意見書の提出について」を議題に供します。

 この場合、提案者の御説明を求めます。



◆(三輪芳裕君) ただいま議題となりました「介護予防対策の充実を求める意見書」につきまして、提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。

 急速に高齢化が進む中、要介護認定者数は大きく増加しており、要介護状態にならないようにするための介護予防策が一層の重要性を増しております。

 そこで、本意見書は、国会及び政府に対し、介護予防プログラムを開発するなど、介護予防策の拡充を図られるよう強く要望いたすものであります。

 文案は、お手元配付のとおりであります。

 何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第32、議員提出議案第18号「各種イベント開催時におけるごみの発生抑制及び省エネ化を促進する法律の早期制定を求める意見書の提出について」を議題に供します。

 この場合、提案者の御説明を求めます。



◆(田口一登君) ただいま議題となりました「各種イベント開催時におけるごみの発生抑制及び省エネ化を促進する法律の早期制定を求める意見書」につきまして、提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。

 全国のイベント開催時には、多量のごみが発生するなど環境への負荷が生じており、環境に配慮した取り組みを推進することが求められております。

 そこで、本意見書は、国会及び政府に対し、各種イベント開催時におけるごみの発生抑制及び省エネ化を促進する法律を早期に制定されるよう強く要望いたすものであります。

 文案は、お手元配付のとおりであります。

 何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第33、議員提出議案第19号「食料自給率の向上及び食の安全確保に関する意見書の提出について」を議題に供します。

 この場合、提案者の御説明を求めます。



◆(前田有一君) ただいま議題となりました「食料自給率の向上及び食の安全確保に関する意見書」につきまして、提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。

 我が国では、食料自給率を向上させるとともに、食の安全を確保することが喫緊の課題となっております。

 そこで、本意見書は、これらの課題の解決のため、国会及び政府に対し、農業経営を安定させる制度を拡充することなどを強く要望いたすものであります。

 文案は、お手元配付のとおりであります。

 何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第34、議員提出議案第20号「地方分権を確立するための真の三位一体改革の実現を求める意見書の提出について」を議題に供します。

 この場合、提案者の御説明を求めます。



◆(杉山ひとし君) ただいま議題となりました「地方分権を確立するための真の三位一体改革の実現を求める意見書」につきまして、提案の趣旨を簡単に御説明申し上げます。

 三位一体改革の実施に当たっては、地方公共団体が自主的・自立的な行財政運営を実施できる改革を実現することが極めて重要であります。

 そこで、本意見書は、国会及び政府に対し、税源移譲を国庫補助負担金の廃止・縮減に先行して決定し実施するなど、三位一体改革が真の地方分権改革となるよう強く要望いたすものであります。

 文案は、お手元配付のとおりであります。

 何とぞ満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。(拍手)



○議長(桜井治幸君) 御質疑もないようであります。

 本案は、原案どおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は可決されました。

 次に、日程第35「議員の派遣」を議題に供します。

 会議規則第54条の2の規定に基づき、お手元に配付いたしましたとおり、議員を派遣するものであります。

 これより採決を行います。

 採決は、2度に分けて行います。

 それでは最初に、「1」についてお諮りいたします。

 本件は、お手元配付のとおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めて、さよう決定いたします。

 次に、「2」について起立により採決いたします。

 本件を、お手元配付のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(桜井治幸君) 起立多数であります。

 よって、本件はさよう決定いたします。

 次に、日程第36「常任委員会の閉会中所管事務の調査」を議題に供します。

 各常任委員長からお手元に配付いたしました「閉会中所管事務調査申出一覧表」のとおり、閉会中継続調査の申し出があります。

 御質疑もないようであります。

 本件は、各常任委員長からの申し出のとおり決しまして御異議ありませんか。

     〔「異議なし」〕



○議長(桜井治幸君) 御異議なしと認めて、さよう決定いたします。

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 これをもって、定例会を閉会いたします。

          午後2時13分閉会

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔参考〕

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     市会議員   工藤彰三

     市会議員   のりたけ勅仁

     市会議長   桜井治幸