議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成23年産業労働委員会 本文




2011.03.14 : 平成23年産業労働委員会 本文


(主な質疑)
《議案質疑》
【岩村進次委員】
 議案書の86ページの企業債について、最近の借入利率はどのくらいなのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【経営管理課主幹(出納・資金管理)】
 最近の借入利率の状況であるが、平成22年度に水道事業において建設改良費の財源として財政融資資金から平成22年8月に償還期間30年で借り入れた企業債については、年利1.6パーセントである。そのほかに借換えによる繰上償還の財源として、銀行から償還期間8年半、年利1.18125パーセントで借り入れている。
 次に、工業用水道事業における借入れの状況は、建設改良費の財源として、財政融資資金から平成23年1月に償還期間30年で、年利1.9パーセント、地方公共団体金融機構から償還期間30年で、年利1.9パーセントである。
 また、水道と同じく借換えによる繰上償還の財源として、銀行から償還期間8年半、年利1.18125パーセントで借り入れている。なお、用地造成事業では借入れはしていない。

-------------------------------------------------------------------------------

【岩村進次委員】
 5パーセント以上の高金利の企業債については、まだどれくらい残っているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【経営管理課主幹(出納・資金管理)】
 今年度末で、水道事業では約51億円、工業用水道事業では約8,000万円残っている。これらは昭和60年代の高金利の時代に、管路等の耐用年数に合わせて償還期間30年ほどの元利均等償還で借り入れたものであり、最も高金利のものは、水道事業で年利6.2パーセント、工業用水道事業で年利5.65パーセントである。

-------------------------------------------------------------------------------

【岩村進次委員】
 最近の金利と比較すると四・五パーセント高く、県にとって負担が大分違うと思われる。こういう高金利の企業債は早く解消しなくてはいけない。借換えにより、いつまでに解消できるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【経営管理課主幹(出納・資金管理)】
 財政融資資金などの公的資金の借入れについては、繰上償還をしようとする場合には、将来発生する予定の利息相当分を補償金として支払わなければならない契約になっており、実質的に利息軽減効果がないため、繰上償還することができない状況であったが、愛知県を含めた地方公共団体からの強い要望により、平成19年度から補償金を免除した繰上償還が認められ、高金利のものから順次繰上償還をし、平成24年度までに、金利5パーセント以上の公的資金の企業債は、借換えによりすべて償還する予定である。
 ただ、公的資金による金利5パーセント以上の企業債については解消されるものの、5パーセント未満とはいえ、まだまだ高金利のものがあるので、今後とも他の事業体等と協力し、補償金免除の繰上償還の対象拡大に向けて、国等関係機関に働きかけ、早期に解消を図っていきたいと考えている。
 なお、企業債ではないが、水資源機構からのダム等施設の割賦負担金について、金利5パーセント以上のものの2分の1について、各事業体の強力な要望により、繰上償還を平成24年度まで実施しており、残額についても引き続き解消に向けて強力に取り組んでいきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【岩村進次委員】
 政府が関係している借入れは償還期間30年で金利1.6パーセントに対し、期間が異なるとはいえ、民間からの借入れは8年半で1.18125パーセントで、民間のほうが金利が安いが、30年となると、民間の銀行はこの利率では貸してくれないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【経営管理課主幹(出納・資金管理)】
 銀行などの金融機関からは、30年という長期のものはまず借りられないと思われる。

-------------------------------------------------------------------------------

【米田展之委員】
 単行議案参考資料61ページの愛知県公営企業の設置等に関する条例の一部改正について、これまで内陸用地造成事業と臨海用地造成事業に分けていたものを統合するとのことだが、これを一本化するメリット、デメリットについてもう少し詳しく説明してほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【経営管理課長】
 臨海については昭和34年に当時の土木部において、内陸については昭和36年に内陸用地対策部においてスタートした。それが昭和39年度に企業局という組織ができ、そこから内陸用地造成事業と臨海用地造成事業として、現在の企業庁が対応してきた。
 なぜ今回こういった統合をしなければならないかというと、昨今の経済情勢が非常に厳しく、事業を進めていく上で、さらに合理化を進めていかなくてはならないということである。具体的な効果としては、人材とか資金といった経営資源を一体的に活用できるということが言える。したがって、必要な時に必要な人材、資金等を有効に活用ができるということで、より機動的な対応が可能になると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【米田展之委員】
 帳簿処理などで不明確になることはないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【経営管理課長】
 統合するといっても、事業内容がすべて合体されて不明確になるということでは決してない。会計の処理上はこれまでどおり、個別にすべて積み上げて整理をしていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【米田展之委員】
 今こういう不況の時代で、今回、大震災があったからちょっと先の予測がつかないところがあるが、いずれにしろデフレ経済の中で、人口も減少していく中で合理化するということは、非常に理屈に合った話であり、機動的に運営してもらうということには賛成であるので、しっかり頑張ってほしい。


-------------------------------------------------------------------------------

《一般質問》
【岩村進次委員】
 3月11日に東北、関東地方において発生した地震による、特に津波による惨状を見ると、すべてのインフラがやられてしまっている。そこで県の企業庁の関係でいくと、当然、工業用水道と水道、特に水道水が供給できなくなるということは、県民にとって最も影響が大きい。現在、飲料水のストックはどれぐらいあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【水道事業課長】
 企業庁においては、1箱24個入りの飲料水の缶詰を約1,100箱、すなわち約2万5,000個ほどストックしている。

-------------------------------------------------------------------------------

【岩村進次委員】
 2万5,000個ということは、2万5,000人が1人1本飲んだらそれでおわりである。ただし、これをどんどんストックしろと言っているわけではない。
 現在の東京等の状況を見ると、電気が不足しており、大きな影響を与えている。同様の災害がこの地域でおきれば、電気の供給がストップすることは当然予想される。企業庁の浄水場は自家発電などの非常電源を持っていると思うが、非常時には発電機の燃料の輸送も非常に厳しくなると思う。行政にとって、なんでも低コストでやることを考えなくてはいけない今の時代に、逆行しているかもしれないが、自前である程度まで対応できるものを、きちんと整備かつストックしておかないといけないと考えるがどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【水道事業課主幹(地震対策・水道建設)】
 水道水を供給する県営浄水場は11か所あるが、そのうち自家発電設備を保有している浄水場は6か所で、残り5か所については、電力会社の供給規定の関係で特別高圧受電という普通の受電よりレベルの高い、より発電所に近いレベルの受電をしており、これについては、2回線受電といって、電力会社の2系統から受電することにより、予備電源を確保するという形としている。

-------------------------------------------------------------------------------

【岩村進次委員】
 それでは、電力会社からの電気の供給が止まったらどうするのか。企業庁の11の浄水場は動くのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【水道事業課主幹(地震対策・水道建設)】
 自家発電設備を持っていない浄水場についても、他浄水場からのバックアップ機能だとか、広域調整池からのバックアップといったものを含めて、いろいろ精査の上、必要なところから自家発電設備の整備に取り組んでいる。
 平成23年度予算に、尾張東部浄水場において自家発電設備の設置にかかる工事費を、豊橋南部浄水場において実施設計費を計上したところである。

-------------------------------------------------------------------------------

【岩村進次委員】
 思い切って早く整備すべきである。津波が来たときに名古屋港の防潮堤が果たしてきちんと機能できるかどうか。現状のままで起きたとすると、大変な被害が出ると予想される。原発でさえ、あれだけ大丈夫と言っていたのにもかかわらず、爆発を起こした。もはや絶対というものはないわけで、会計検査院の検査や監査が過剰だと指摘するかもしれないが、過剰なぐらいやっておかないと、一番困るのは県民である。企業庁が困るのではなく、水が届かない県民が困るのであって、そういう決意で企業庁はやってほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【水道部長】
 特に特別高圧受電については、2回線あるどちらかからは必ず電気が来るという前提で、今まで施設を整備してきた。しかしながら、今回のような事故が起こると、電気が全く来ないという状況も想定され、そういった点を今回の地震の対応を含め、今一度見直し、できるところから整備を始めるということで、地震対策を進めていきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【岩村進次委員】
 予算がいるのなら、6月補正で議会に提出すればよい。こういう事態に備えるための予算であるときちんと説明してくれれば、全員認めると思う。次に選出された議員で認めないという議員はいないと思うので、胸をはってやるようにお願いする。

-------------------------------------------------------------------------------

【吉田真人委員】
 地震の関連で、液状化の問題について聞く。中部国際空港の辺りの造成地については、地盤は大丈夫なのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【工務課主幹(内陸)】
 空港島の埋立てについては、三河港や衣浦港と違い、れき質の山土で埋め立てているので、一般の埋立地と比べて液状化の可能性は低いと考えている。
 ただ、一部しゅんせつ土砂で埋め立てた区域もあるので、そちらについては、液状化が起こりうると考えている。そういった地盤のデータについては、立地企業に示して、必要に応じた対策をとってもらうようにお願いしているところである。

-------------------------------------------------------------------------------

【吉田真人委員】
 これから販売していくエリアもあろうかと思うが、今回の地震を受けて、やはり企業もこれからは地盤についても相当な検討をすると思われる。地盤強化について、何かやれる工法というのはあるのか。また、今後はそういうことをやっていくつもりがあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【工務課主幹(内陸)】
 液状化対策工法については、締め固めとかいろいろな工法がある。ただ、対策にあたり工事費等がかなり高額になるため、そこまでお金をかけて液状化対策をする必要があるのかどうかという問題も含め、立地企業が負担するコストと企業庁が負担するコストのトータルコストを検討し、必要なところに必要な対策をとるということになろうと考えている。
 今は、立地予定企業に詳細なデータを渡して、企業の方で必要とされる部分について対策をすることにしているが、今後は、立地する企業が明らかで、液状化対策が必要な区域等が決まっていれば、企業庁が先行して対策をするという可能性もあると思う。しかし、立地企業が未確定な場合は、すべて液状化対策を行うというと、少し過大投資になるのではと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【吉田真人委員】
 今回の地震で、仙台空港の滑走路の被害の様子や、岩手県のある地域において液状化で地盤沈下が起きた状況などを目の当たりにすると、これから企業庁が土地を売却、もしくは貸出しするときには、後でこんなはずではなかったと言われないように、立地予定企業にしっかりとした説明を行うことをお願いする。