議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成19年地域振興環境委員会 本文




2007.03.14 : 平成19年地域振興環境委員会 本文


(主な質疑)
《議案質疑》
【高木ひろし委員】
 第38号議案愛知県環境影響評価条例の一部改正について伺うが、現在、環境影響評価法では鉱物の掘採の事業は環境影響評価の対象となっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【環境活動推進課長】
 環境影響評価法では鉱物の掘採の事業は対象事業とはなっていない。

-------------------------------------------------------------------------------

【高木ひろし委員】
 三重県や長野県では、環境影響評価条例の制定当初から鉱物の掘採の事業を対象としていたが、どうして愛知県では鉱物の掘採の事業を条例の対象事業としていなかったのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【環境活動推進課主幹(環境影響評価)】
 現行の愛知県環境影響評価条例は、平成10年に制定し、平成11年6月に施行しているが、条例制定当時の状況として、幡豆町における150ヘクタールの土石採取の計画や南知多町における240ヘクタールの土石採取の計画といった大規模な土石採取事業の計画があり、制定当初から土石の採取の事業は対象事業であったが、鉱物掘採事業については、制定当時ほとんどが規模の小さいものであり、大規模な事業計画がなかったことから環境影響評価条例の対象としなかった。

-------------------------------------------------------------------------------

【高木ひろし委員】
 環境に影響を与える可能性がある事業は広さだけでは決まらない。鉱物の掘採の事業を追加する条例の改正には賛成するが、愛知県として対象規模が75ヘクタールでよいという根拠は何か。

-------------------------------------------------------------------------------

【環境活動推進課長】
 対象事業を定める観点としては、まずは規模が大きい事業について対象とすべきと考えている。環境影響評価法では、面的な開発事業では必ず環境影響評価手続を行わなければならない事業として100ヘクタール以上の面積がある事業を対象としており、75ヘクタール以上を個別に手続が必要かどうかを許認可権者が判断する事業としてとらえている。本県の環境影響評価条例の対象事業の規模要件については、地域特性や環境の状況等を踏まえ、国の最下限値を採用することが適当であるということで、75ヘクタールという面積を定めている。
 今回、追加する鉱物の掘採の事業の規模については、自然環境に対して直接影響を及ぼす土地改変という行為にまず着目している。

-------------------------------------------------------------------------------

【高木ひろし委員】
 75ヘクタールよりも規模の小さいものは規制しないという措置はこれでいいのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【環境活動推進課主幹(環境影響評価)】
 本県においては、条例施行後これまで法対象事業5件、条例対象事業6件の審査を行い、知事意見を的確に述べてきたところであり、本県の環境影響評価の制度は円滑に運用され実効を挙げてきたものと受け止めている。
 環境影響評価法については、施行後10年が経過した段階で施行状況について検討を加え、必要な措置を講じることとなっている。環境影響評価条例は環境影響評価法を補完するものであり、今後こうした国の動向にも注視しつつ適切に対処していきたいと考えている。今後とも、条例の適切な運用に努め、環境の保全に万全を期していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【高木ひろし委員】
 日進東部丘陵の案件は施業案の認可を受け、今にも工事が始まろうとしているが、このまま進むことに対して地元住民から心配の声が上がっている。法的にこの事業に対して適用をそ及できるかは別として、このような規模の事業に適用が可能なのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【環境活動推進課主幹(環境影響評価)】
 日進の案件は、既に鉱業法に基づく施業案の認可を受けていることから、基本的には、今回の改正条例は適用されない。認可された施業案のとおり内容を変更せず実施する、あるいは単純に規模を縮小する場合や軽微な変更のみをして実施をする場合であれば、環境影響評価の手続は必要とはならないが、仮に工事着手前までに一定以上規模を拡大するような計画変更を行う場合には、環境影響評価の手続が必要となる。
 また、日進の案件の規模については大規模なものであるが、事業実施区域や土地改変区域の面積については、事業活動情報に該当するとして、不開示決定は妥当との答申が愛知県情報公開審査会からなされていることから、日進の案件の規模が該当するかどうかについて答えることは差し控えたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【環境部長】
 時間的な対応については、日進の案件は原則、内容を変更しなければそ及適用できない。内容的に間に合うのかについては、環境影響評価では対応できないが、土地開発指導要綱やその後の個別法の段階でしっかりと指導していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【高木ひろし委員】
 施行日よりも前に着工していれば、条例適用ができないのは分かるが、10月1日以降に着工していなければ環境評価手続を行わせてもよいと思うが、どうしてこうした案件を除外するのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【環境活動推進課長】
 土地開発指導要綱に基づく協議に関する情報については、事業活動情報であるので、公開できない。この案件については、鉱業法が根幹にある問題であり、それを所管している中部経済産業局と連携を密にして、鉱業法の中で対応できるものについては対応してもらい、県としても個別法の中で対応していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【高木ひろし委員】
 条例改正には賛成するが、施行日までに時間があるので、今後6月議会や9月議会で議論を深め、住民には分かりやすい説明ができるように具体的な適用について検討を深めてほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【酒井庸行委員】
 環境対策費のあいち地球温暖化防止戦略費の(4)住宅用太陽光発電施設導入促進費補助金について伺うが、太陽光発電施設への補助は、どういう形で行い、前年度の補助件数はどれだけか。

-------------------------------------------------------------------------------

【地球温暖化対策室長】
 市町村との協調補助という形で実施しており、個人に直接ではなく補助を行う市町村に対して補助している。補助額は、市町村が補助した額の4分の1、又は出力1キロワット当たり5,000円に標準的な家庭の消費電力を賄うのに必要な4キロワットを掛けた2万円とした場合のいずれか低い方の額としている。
 また、補助実績は、平成17年度が1,346件、18年度はその約2割増になる見込みである。

-------------------------------------------------------------------------------

【酒井庸行委員】
 大きな家だと、太陽光発電施設を付けても基本料金が上がってしまい、その結果、電気代は高くなるという声を聞いたがどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【地球温暖化対策室長】
 太陽光発電施設の設置に伴い基本料金が上がるということは、聞いたことがないが、一般的な費用の話としては、太陽光発電施設は、4キロワットの設置が標準的だが、その場合270万円程度の設置費用が掛かる。4キロワットの設備で、年間約4,100キロワットアワーの電力を発電するため、電気料金をキロワットアワー当たり22円として、年間9万円程度の電気代が削減されることとなる。したがって、設置費用を回収するには、30年程度掛かることになる。

-------------------------------------------------------------------------------

【酒井庸行委員】
 太陽光利用の普及を図るという意味で、例えば昔ながらの天日などは、補助対象にはならないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【地球温暖化対策室長】
 太陽熱温水器ということであれば、県の温暖化防止戦略でも、太陽光発電施設や高効率給湯器と並び太陽熱高度利用システムを重点的に普及を図るものの一つに掲げ、全体をソーラーミリオン作戦と名付けて推進している。補助としては、当面、太陽光発電施設に力を入れていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【立松誠信委員】
 予算に関する説明書の124ページ、地球環境問題対策費及びあいち地球温暖化防止戦略費について伺うが、この予算の目的・目標は何か。

-------------------------------------------------------------------------------

【地球温暖化対策室長】
 目的は、地域における地球温暖化対策を推進することである。本県では、約2年前に温暖化防止戦略を策定し、産業、家庭などの部門に分けて25の重点施策を定め、そのうち12の施策については数値目標を掲げて取組を進めているところであり、この戦略を推進することを予算の目的としている。
 また、目標については、戦略では、温室効果ガスの排出量を2010年度に基準年度比6パーセント削減することを掲げるとともに、長期的には、化石燃料に依存しない脱温暖化社会、循環型社会の構築を目指すものとしている。

-------------------------------------------------------------------------------

【立松誠信委員】
 地球温暖化は、人為的なことが原因だと思われるが、昔の環境を取り戻すために対策を進めれば、現在の経済や産業活動は停滞してしまう。どちらを優先すべきと考えるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【地球温暖化対策室長】
 地球温暖化問題に対応するためには、二酸化炭素などの排出量の大幅な削減が必要であり、産業や生活の面において化石燃料への依存度を大幅に低下させることが必要である。この解決に向けては、社会構造や都市構造の変革、ライフスタイルの転換、大幅な技術革新などが不可欠であり長い時間をかけて、また持続的に取り組んでいく必要があり、事業活動や一人ひとりの日常生活を犠牲にすることなく進めていく必要がある。
 このため、県の温暖化防止戦略では、省エネの徹底、新エネルギーの活用といった五つの基本的な対策の柱を掲げ、長期的視点に立って対策を進めていくこととしている。また、6パーセント削減という短期的な目標と合わせ、長期的な目標として、環境と経済が好循環する持続可能な社会の構築を掲げているところであり、環境と経済が共に並び立つような取組や仕組みが、温暖化対策の基本であると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【立松誠信委員】
 温暖化対策を実施し、6パーセント削減を実現したならば、どのような社会になり、その時にはどういう問題が起こり得るか、というように先を先をと考えていくのが行政、議会の役目だと思うが、どう考えるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【環境部長】
 京都議定書採択10年を記念して、最近、世界の大都市が集まり会議を開催したが、そこでの意見として将来の見方は二つに分かれ、生活の改革を唱える人は悲観的になり、技術革新に信頼を置く人は楽観的になっていたという。
 地球環境問題を解決するには三つの方法がある。一つには多く出した人が多く負担するという社会システムへの転換、二つには人々の価値観やライフスタイルの転換、そして技術至上主義になる必要はないが、技術を活用することの三つである。
 その中で、地方政府の役割は、県民への啓発が中心となると考える。ただし、ライフスタイルの変革という問題は、すぐに成果を求めるという性質のものではなく、21世紀中をかけて息長く取り組んでいく、経済と折り合いをつけながら取り組んでいく仕事であると思う。

-------------------------------------------------------------------------------

【立松誠信委員】
 高福祉・高負担の考えに通ずる考え方であり、賛成である。しっかり取り組んでもらいたい。


-------------------------------------------------------------------------------

《一般質問》
【黒川節男委員】
 旧トーヨーボールのアスベスト問題について質問する。地元では、いろいろな情報が流れ一部では不安が広がっている。責任ある立場の者が責任ある対応をすることが重要である。
 稲沢市も含め、県が責任ある対応をすれば、混乱もおさまると思う。県や稲沢市がしっかりとした内部の調査を実施した上で、今後のスケジュールも含め、その結果を市民に説明すべきと考えるがどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【大気環境課主幹(規制)】
 県の職員が目視で調査を実施したことはある。現在、県の環境部及び建設部、稲沢市、愛西市が集まって、それぞれができることを検討している。

-------------------------------------------------------------------------------

【黒川節男委員】
 地元住民は専門家に調査させている。行政も専門家による調査を実施すべきと考えるがどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【大気環境課長】
 現在のところ日程については未定であるが、専門家を入れて調査することを検討している。

-------------------------------------------------------------------------------

【黒川節男委員】
 専門家も交えて調査を行い、地元市とともに対応について一定の方向付けをし、早く安全に解体が進められるよう適切に業者を指導していくことなど、市民に十分説明してもらうよう要望する。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 衣浦3号地の処分場については、地元の理解が一番大事である。愛知臨海環境整備センターの役員、理事に地元の関係者は入っているか。地元の理解を得るためにどのようなことを行っているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【資源循環推進課主幹(調整・広域処分)】
 地元からの理事については、知多市長が入っている。今回は、現在はまだ環境影響評価を実施しているので、これが終わってから、役員について地元や愛知臨海環境整備センターと相談したいと考えている。地元の理解を得るために対応していることについてであるが、武豊町から道路整備の要望があり、地元の国道247号線は渋滞しているため、廃棄物運搬車両が通ると困るということである。これに対しては臨港道路を運行道路としたいと考えており、この臨港道路は、現在建設部で整備を進めている。もう一つは、今年度から産業廃棄物税を徴収しているので、それを地域対策に使っていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 理事については環境影響評価が終わってからとのことであるが、議会や区長などで役員に入ることで難しいことがあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【資源循環推進課主幹(調整・広域処分)】
 役員に入ることが難しいということではないが、定員は15名で現在14名の役員がいる。地元の武豊町長が入ることも考えられるが、まだ、決まっていない。

-------------------------------------------------------------------------------

【環境部技監】
 理事の人数など主幹から答えたが、環境影響評価が終わるまでは、いろいろ意見が出されるので、どうなるのかは決まっていない状況である。愛知臨海環境整備センターの役員は、理事会、評議員会があり、現在は産業界からの選出がほとんどで、名古屋市、知多市と名古屋港管理組合が入っている。処分場がオープンするまでに、理事会、評議員会でどうするか、人数についても15名でよいかも含めて検討されるものと思う。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 理事の中には地元の代表者が入るべきと思う。
 次に、アクセスについてであるが、半田常滑線について、本会議の質問で建設部から進ちょく状況を答えてもらい、平成22年度に完成したいと答弁した。処分場は平成22年度時点から供用開始とのことなので、ずれがある。既設の臨港道路から処分場へ行く道路として国道247号線は通らないよう要望が出ているとのことだが、この要望に対して、どのような対応をしているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【資源循環推進課主幹(調整・広域処分)】
 半田常滑線から、既設の臨港道路に入り南下し、延長する臨港道路から処分場への経路を搬入路とする。半田常滑線は、現在、建設部で平成22年度を目指して事業を進めている。臨港道路は中山製鋼の前で止まっているので、そこから処分場の入口までは建設部の事業が進められている。現在、測量や予備設計を行っており、その後は、来年度になるが、詳細設計、用地測量や補償物件の調査を行う予定と聞いている。環境部としては処分場の整備までに臨港道路が供用するよう依頼をしているところである。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 廃棄物搬入車両が国道247号線を通らないように、臨港道路の整備は処分場の供用に間に合うのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【資源循環推進課主幹(調整・広域処分)】
 環境部としては、処分場の供用までに道路の整備が間に合うよう求めている。