議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成24年総務県民委員会 本文




2012.03.16 : 平成24年総務県民委員会 本文


(主な質疑)
《議案関係》
【小林 功委員】
 特別職の秘書の役割と仕事内容はどのようなものなのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 知事が就任して1年がたち、県政の諸課題に精力的にあたっているが、歴史的な円高に対応する産業振興対策やエネルギー対策など、的確に情報収集して重要な政策判断を行わなければならない場面が増えており、効果的な政策を実現するために、中央省庁や各政党、経済界などと政治的な調整を行う場面が増えている。
 例を示すと、自動車税制の抜本的見直しにあたっては、超円高・国内産業空洞化対策として、自動車産業を中心に発展してきた愛知県にとって大変重要な課題であるとの認識から、平成24年度の税制改正に向け、国はもちろん各政党、経済界とのスピーディーな調整を踏まえ、減税施策の実現が求められるという方向性の中、税制改正に係る意思決定過程情報の収集や、昨年11月から12月にかけて官房長官等に対して、自動車取得税や自動車重量税の廃止を要請して、自動車関連の減税等で大きな成果があったところである。
 一般職員は、円高対策・産業空洞化対策に向けたオープン情報を収集したり、部局と連携して立案施策の整理等を行い、分析・情報提供することで知事判断をサポートするが、政権与党や政府内の意思決定過程にある情報を収集し、知事の政策判断に役立て、国に対する迅速な働きかけにつなげることは、一般職員では担いきれていないところがあった。
 こうした点を踏まえ、知事の政策判断のための意思決定過程等の情報収集・分析・助言や、国会議員や政党幹部と知事が政治的調整を行うにあたっての連絡調整、日程調整などを担うことを想定している。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 報道によると、特別職の秘書は政策的な役割に限定するとのことだが、知事としての職務を遂行するための秘書であり、それ以外のことでは活動しないということで間違いないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 そのとおりである。特別職の秘書は職務内容を明示して公募で任用することとしている。今、検討している職務内容は、具体的には「知事が政策判断するための各種情報の収集・分析・助言」と「知事が命ずる事項について、国・関係機関等との連絡調整」を受験案内に明示して公募することを考えている。
 当然のことながら、申込者はその点を承知して応募し、そのような仕事をさせることとなり、特別職の秘書は政策的な面で知事をサポートするということになる。また、それ以外の選挙に関わる活動や知事の主宰する政治団体の活動には従事をさせないと知事から伺っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 公費で給与を出すのだから、県民のためになる仕事は当然やってもらわなければいけないが、後になってそんなはずではなかったということにならないように、きちんと線を引いておかなければいけない。
 次に、特別職の秘書を任用することにより、人件費の増加をどのくらいと見込んでいるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 特別職の秘書の給与は、一般職員に準じて任用する方の経歴等に応じて決定するため、任用する方が決まってから額が決まるため、今はっきりとした額を示すことはできない。
 しかしながら、特別職の秘書が果たす職務・職責は重いと考えており、課長相当で任用することとしている。今回は、課長相当で任用した場合の最高額の9か月分を予算計上しているが、1年間任用した場合で置き換えると967万円ほどになる。これが最大の枠で、実際はこれ以下の額で任用することになる。
 一方で、今回秘書体制の見直し、工夫を行い、秘書課と東京事務所で、それぞれ一人ずつ減らすことを考えており、一般職員の平均給与が651万円であるので、2人分で約1,300万円となり、この額よりは特別職の秘書の給与額は少ないため、人件費の増につながることには全体としてならない。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 任用される方の年齢によって給与の額は変わるのか。30歳の人でも、40歳の人でも同じような額となるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 課長相当は行政職給料表で級が決まっており、何歳の方が任用されても、その級の範囲内となる。給与額は重要な勤務条件であるので受験案内で示さなければならないが、地域手当も含めて月額43万5,600円から51万900円である。あとは、その方の条件に応じた手当関係で、例えば配偶者と2人の子どもがいるといった想定で算定していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 課長相当での任用の場合、給料表の何級になるのか。また、仮に20代の方が任用されると、同じ金額であるとかなりの好待遇となるが、そういったこともあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 課長相当で任用する場合は、行政職給料表(一)の7級又は8級となる。重い職責を果たす方が年齢が若いということは実際にありうる話であり、20代の人が仮に応募し、任用されたとしても、給料月額の43万5,600円に近い額になるであろうと思われる。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 第32号議案で知事部局の職員定数が8,413人から8,355人と58人減員になるが、特別職の秘書の任用がなくても58人だったのか、任用の話があって56人から58人の減員となったのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 行革の流れの中で、色々な部局に人員の減を依頼している。平行して定数の査定作業を行う中で、秘書体制や東京事務所の体制を見直せるかを、行革、事務の工夫といった点で考え、これならばできるだろうといった方向性はある程度持っていた。この中で、併せて特別職の秘書の任用の話が出てきて、先ほどの説明ができるであろうということである。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 先ほどの説明では、2人減らして1人増やすのだから費用増ではないということだった。しかし、最初から、全体の行革の中で東京事務所や秘書課を減らすという前提であれば、1人は最初から織込み済である。1人減って1人増えるのだから給与が高くなる。2人減って1人増えるから給与が高くても費用増にはならないという説明であったので、最初の段階では東京事務所と秘書課は減員体制に入っておらず、特別職の秘書を任用するため2人減らしたという解釈でよいのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 特別職の秘書の任用を目指し2人を確実に減らすということは、はっきりと関連付けて最初から取り組んだわけではない。色々な形で行革の努力をしていかなければ対応できない中、多様な要素を整理していく中で、結果的に減員できるのではないかということになった。
 秘書課も非常に忙しいし、東京事務所もどこまで減員できるかは難しいところがあり、秘書を任用する中で、何とかがんばって工夫はできないか、減らす努力はできないか、強くお願いをした結果であり、最初から2人減らすということで進んでいたわけではないが、結果としてそうなったものである。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事担当局長】
 人事課長から、定数については情報収集をしながら対応してきたという話をさせていただいたが、知事政策局では特別秘書の任用を行うにあたって人件費の増分があるということで2人減員をしたということである。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 特別職の秘書の任用がなければ、この2人の減はなかったということか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事担当局長】
 そのとおりである。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 この2人の減は、特別職の秘書を任用することで、完全にカバーできるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事担当局長】
 今後、具体的に任用があった時点で、役割分担等の調整を進めていく必要があるが、東京事務所と秘書課の業務分担や連携、特別秘書を抱えるということでの効率的な秘書体制の構築を目指していかなければならないので、2人減の中で特別職の秘書と一緒に仕事をしていく考えである。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 特別職の秘書の身分は何か。地方公務員法は適用されるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 特別職の秘書の身分は、特別職の地方公務員である。
 一般職に適用される地方公務員法の適用されない職が特別職と位置付けられており、地方公務員法は適用されない。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 職員定数の枠の中に入っていないということか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 枠に入ってはいない。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 特別職でも我々のように非常勤で給与ではなく報酬の場合は職務専念義務に縛られないが、特別職の秘書の勤務体制は常勤で職務専念義務に縛られるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 特別職の秘書は常勤の職員となるが、地方公務員法が適用されないので勤務時間の定めがない。勤務時間の定めがない中で勤務時間をどう定めるかについては、受験案内に記載する予定だが、知事と相談して勤務時間を定めることを想定している。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 勤務時間の定めがないということは、極論を言うと1日1時間でもいいということになってしまう。課長並の給与をもらっている人の勤務時間が皆さんの半分もないということでは、ものすごく高い給与になってしまう。誤解されないようきちんとしてほしい。
 また、余暇の時間は勤務時間ではないので政治団体の手伝いをしてもいいし、何をやってもいいということでは困ってしまう。誤解のないように、うそを言ったということにならないように、きちんとしてほしい。
 次に、公募での任用とのことだが、どのように募集するのか。また、任用基準はあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 公募方法は、現在検討中だが、大阪で例があったので参考にしながら決定する。現時点での検討内容は、任期、職務内容、受験資格及び勤務条件などを明記して募集し、論文等による書類審査と個別面接で選考していきたいと考えている。任期については、知事の任期に合わせた任用期間を想定している。受験資格の関係では年齢、学歴を問わないということを考えている。面接は、論文による書類選考後、まず県職員による面接を行い、その後は、知事が使われる方なので、知事による面接で合格者を決定したいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 今までに例のないことであるので、特別職の秘書を置いて成果があったという形になるように、何のために置いたのかと言われないようにきちんとやってほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【高橋正子委員】
 特別職の秘書は組織上どの部局に所属する形になるのか。また、命令系統はどうなるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 組織上は、知事から直接命令を受けて政策面で知事をサポートすることになり、愛知県に属する知事秘書となり、部局に属し部局長などの指揮監督の下で仕事をするものではない。
 命令については、知事から直接命を受けて仕事をすることになる。

-------------------------------------------------------------------------------

【高橋正子委員】
 そうなるとどこにも机がないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 特別職の秘書と秘書課の職員は知事の活動をサポートするという共通の目的を持っており、そうした点で、秘書課の職員がいる場所の近くで知事を支えていくことになるかと思うので、秘書課の管理する区域のどこかに机を置いて、連携しながら知事の活動を支えることになるかと思う。

-------------------------------------------------------------------------------

【高橋正子委員】
 知事から指令が来たときに特別職の秘書だけではできず、ほかの職員の力を借りて職務を遂行しなければならないことが起きてくると思うが、知事の指令だけを聞いて動くのか。場合によっては、特別職の秘書からほかの職員に指令や命令を出すことがあるかもしれないが、副知事と同程度の権限で職員に対して指令を出すと、組織上問題が起こるのではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 知事秘書であるので、知事の命令を受け、県の組織に何らかの協力を求めなければならない場合は、知事を通じて各部局に意見照会等をするのが筋であると思う。
 しかしながら、同じ県政の課題に対しては連携して行う場合も当然あるかと思うので、実際は、内容や状況によっては、直接部局や秘書課とやり取りして物事を進めることもあるかと思う。

-------------------------------------------------------------------------------

【高橋正子委員】
 特別職の秘書は一定の政治活動ができると聞いている。知事の主宰する東海大志塾の塾生や日本一愛知の会の党員となることも当然でき、選挙活動に近い部分で活動することは懸念材料の一つである。先ほどの人事課長の答弁では、政治活動はしないと聞いているとのことだが、約束していただいたと考えていいのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 特別職の秘書は、一般職の公務員ではないため、地方公務員法第36条の政治的行為の制限や政治資金規正法の政治活動に関する一定の制限がないため、法的には知事の政治家個人の活動や政党の活動に従事することは可能だが、先ほども述べたとおり政策秘書の役割で公募をするもので、選挙活動や知事の主宰する政治団体の活動には従事させないということを知事から伺っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【高橋正子委員】
 特別職の秘書に選挙活動や党務活動を担わせないとの知事の約束を、今後も確認していきたい。それには、特別職の秘書の活動状況の全てを明らかにするのは難しいと思うが、ある程度明らかにしていかなければならない。特別職の秘書の活動を明らかにするつもりがあるのか、もしあるならばどの程度まで明らかにするのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 特別職の秘書は知事からの指示で政策形成過程の情報収集や連絡調整を行うので、相手方との信頼関係の維持も必要であり、全ての内容を常に明らかにすることは、業務の性格から難しい側面がある。しかしながら、県の施策に関する仕事であり、関係課室や秘書課と連携・連絡をとりながら業務を進めていくであろうことから、その活動が全く把握できないという状況にはならないと考えている。例えば、県庁外で仕事をする場合は旅費の実費支給が必要となるが、その手続は指揮命令権者である知事が行うことが本来であるが、これは難しく、秘書課が知事の代行として担っていくことになるであろうし、そうした点で、旅行命令などを通じて秘書課がある程度活動内容を把握できると思う。
 こうしたことから、特別職の秘書の活動内容や仕事ぶりについては、常任委員会の場などでどのような活動をしているのかの問い合わせがあれば、概括的に答えることは可能だと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【高橋正子委員】
 特別職の秘書の選任には議会のチェックもなく、任期も任意で再任も可能だと聞く。仮に秘書本人に問題があっても、議会としては直接関与ができず、命令権者である知事に対して責任の追及ができるのかとも思う。あくまで県民の幸せにつなげるために、知事のアシストをする目的での任用であるので、選挙活動や党務活動は担わせないとのことを再度約束してほしいと要望する。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 特別職の秘書は愛知県に所属し、どの部局にも所属しないが、旅費については秘書課が関与するとのことだが、任命があり管轄があって、上司としてならばよいが、それはどういうことになるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 副知事を想定すると理解しやすいかと思うが、副知事は知事から指揮命令を受けるが、旅行命令等の事務的な手続は秘書課の職員が知事を代行して行っている。それと同じ状態になるであろうということである。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 交通費や宿泊費はどこに準ずるのか。知事と同じなのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 課長相当での任用になるので、課長相当に準拠した旅費の支給になる。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 間違いないか。あとで監査を受けたときに、違っているということはないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(調整・給与)】
 旅費の適用は一般職員の例になるので、他の額を適用することは条例に違反することになる。間違いなく課長相当の旅費が支給されることになる。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 知事に随行する場合でも、課長相当ということでグリーン車に乗らないということか。
 また、これまでも知事の事務所が市町村や各種団体と調整して、県が何も知らないことがあったが、特別職の秘書は、政治的な連絡調整と部局との連携、つまり政策的なもののみで、日程的な調整は別で、それは秘書課が責任をもってやると理解してよいか。

-------------------------------------------------------------------------------

【秘書課長】
 秘書が上位者に随行し、秘書としての業務を果たすためには、上位者の近くにいる必要があるため、一定の手続を取ることにより、上位者とともに同じランクの列車の席、すなわちグリーン席に座れたり、上位者が泊まる高いレベルのホテルと同じ所に部屋が取れる旅費が出る。
 また、知事が国会議員時代から出席している地元の行事で、かつ地元の事務所へ出席依頼のあるものは政務扱いにしており、事務所が連絡調整、随行等を行っている。県政に関わりのある行事や県に対して出席依頼のある行事は公務として秘書課で取り扱っているが、政務に関わることは一般職員にふさわしくないものに足を踏み入れることになるので、地元の事務所で地元の政務行事として行われるものについては把握していない部分もある。ただ、知事の公務の日程を組んでいく中で、日時や場所等をお互いに知らないと1日全体の日程が組めない場合もあるので、こうした場合については地元の事務所と情報のやり取りを行っているが、それを越えた政務の中までは、秘書課として関わっていないというのが現状である。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 一般に知事の出席する行事は全て県が把握していると思われている。県民に対して誤解を植え付けることがないように、特別職の秘書と秘書課についても仕分けをしっかりしなければいけない。
 担当部局があわてて会場へ来て、調整まで全部行うケースがあると聞いている。それが土曜日とか日曜日とか祭日だと、一般職員が行うと残業手当などの問題が伴ってくる。本当に公務と私的なものをきちっと仕分けしていかないといけない。
 また、政務調査費の問題もそうだが、政務と公務にはっきりと線を引くことができない。政務と公務の位置付けがないため、言い方ひとつで変わってしまう。
 議会の議長秘書の旅費や宿泊料の取扱いはどのようになっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【議会事務局長】
 知事の秘書と同様に、議長、副議長が公務で出張する場合に随行する秘書も、同じグリーン車に乗り、同じホテルに宿泊する。常任委員会や特別委員会の県外調査に随行する担当書記も同じで、条例に基づいた運用が認められている。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 知事が動きやすいことは当たり前だが、公金を使用するので疑惑を招くような特別職の秘書のあり方にならないようしてほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【久保田浩文委員】
 復興増税(東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法)はどのようなものなのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課長】
 復興増税は、昨年7月に政府が決定した東日本大震災からの復興の基本方針により、平成27年度までの集中復興期間の間に総額19兆円程度の復旧・復興事業を行うとされており、復旧・復興事業のための税制措置として、地方税だけでなく国税も増税措置が取られている。
 国税については、時限的に復興特別所得税と復興特別法人税の二つの特別税が創設された。復興特別所得税は、平成25年分から25年間、所得税額の2.1パーセントを上乗せして徴収するもので、復興特別法人税は平成24年4月1日以降の開始事業年度分から3年間、法人税額の10パーセントを上乗せして徴収するもので、総額で9兆7,000億円程度の増額を見込んでいる。
 また、地方税については、東日本大震災を教訓として全国的に各地方団体で行われることが予定されている緊急防災・減災事業の地方負担分8,000億円について地方税において復旧・復興のための臨時的な税制上の措置を講じるということで、地方団体自らが財源を確保することとされた。具体的には、個人県民税と個人市町村民税、いわゆる個人住民税について平成26年から10年間臨時的に均等割を都道府県500円、市町村500円の合計1,000円を引き上げる措置と退職所得の10パーセント税額控除の24年12月末の廃止に伴う増収額のうち10年間分を復興財源に充てるといった措置が取られている。

-------------------------------------------------------------------------------

【久保田浩文委員】
 本県での1年間の増収額及び10年間の増収額の総額はいくらを見込んでいるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課長】
 平年度ベースでは、個人県民税の均等割については18億1,000万円程度、退職所得の10パーセント税額控除の廃止については4億8,000万円程度となっており、単純計算すると22億9,000万円程度となる。
 10年間の総額では、228億円程度を見込んでいる。ただし、実際に税収となる年度は異なり、退職所得は平成25年1月から一部が対象となるため、税収の帰属年度は24年度から34年度までとなり、個人県民税の均等割の税収の帰属年度は26年度から36年度であるので、13年間となる。

-------------------------------------------------------------------------------

【久保田浩文委員】
 復興増税による増収分は、どのような事業に使われるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 個人県民税均等割の税率の引上げ及び退職手当に係る個人県民税の10パーセント税額控除の廃止に伴う増収分については、東日本大震災を教訓として、全国の地方団体で行うことが予定されている緊急防災・減災事業の財源に充当するということで設計されている。
 緊急防災・減災事業は、国が対象事業を定めており、これを踏まえて、国庫補助事業については、平成23年度国の第3次補正予算に伴う全国防災対策費に係る事業、具体的には堤防の耐震化などの河川整備事業、ため池の耐震化などの農地防災事業に充当することとしている。
 また、単独事業については、県立高等学校の耐震化事業、警察本部庁舎の耐震化事業、西庁舎の非常用電源整備などに充当していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【久保田浩文委員】
 従来から、県は、県立学校等の耐震化を進めて27年度までに終わらせたいと説明してきており、県警本部の耐震化についても実施設計の検討に入っている。
 これまで実施してきた事業に、今回の増税分を充てることについて、県はどのように整理しているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 まず理解してほしいのは、緊急防災・減災事業として国が示した事業について、本県は、国に先駆けて取り組んできたということである。
 高等学校の耐震化では、Bランクの建物について耐震化を進めてきているが、東日本大震災の発生を踏まえ、大幅に進捗率を上げ、耐震化に取り組んでいる。また、警察本部庁舎は大地震発生時には、災害対策・救護などの中枢拠点となる重要な施設として耐震化を予定していたが、東日本大震災に係る財源措置を踏まえ、実際の工事に着工できることとなった。非常用発電機の整備についても、非常時の電力確保のため必要な整備として、今回の財源措置を24年度予算に計上していくものである。いずれももとより緊急に対応していかなければならないと考えていたが、国が事業を示したことから、緊急防災・減災事業として充当していくこととしたものである。
 なお、対象事業については、現段階の計画として提出しており、今後、見直していくこととなっていることから、緊急防災・減災事業に係る県債が活用でき、県民の皆様方のニーズも高い事業について引き続き検討していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【久保田浩文委員】
 県がこれまで取り組んできた事業が、国の示した事業に対応したものであるので、緊急防災・減災事業として県債を充当したという点は理解した。県立学校の耐震化への使い方について、毎年度起債していくのか、まとめて起債するのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 事業の実施期間と収入の期間に一定のずれがあり、事業の実施期間は平成23年度からであるのに対し、退職所得税額控除の廃止は平成24年度から、また、均等割の税率引上げは平成26年度からであり、事業の実施時期と増収時期は一致しない。
 そこで、事業の実施にあたっては、まずは財源として県債を充当し、その元利償還について税の増収分を充てる考え方で制度設計されている。

-------------------------------------------------------------------------------

【久保田浩文委員】
 対象事業の総額はいくらになるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 25年度までで、事業総額は元利償還ベースで226億円程度と見立てている。県税の増収分は228億円であり、今後、対象事業の見直しを行っていくが、国が示した事業について、充当していきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【久保田浩文委員】
 事業総額のうち県立学校耐震化事業はどのくらいの額になるのか。
 また、消防庁に申請した事業について国が全て認めてくれるのか。認めてくれない場合、別の事業を申請するのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 県立学校耐震化事業は、元利償還ベースで139億円と見込んでいる。
 また、防災局が地域防災計画を見直している最中であるが、現在の地域防災計画では全ての学校が避難施設として位置付けられているわけではないので、139億円分の事業を確保できるかどうかは確定していない。したがって、東海・東南海・南海の3連動地震による地域防災計画の見直しに併せて、防災局と協力しながら、緊急防災・減災事業の中で、対象事業を確保していけるようにしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【久保田浩文委員】
 避難所の指定は市町村が行っており、県が市町村にお願いをしている状況にある。耐震化も体育館だけなのか、校舎やグラウンドも含めてなのか学校によって全然違っている。国へ提出する際には、無駄なく進めてほしい。
 また、県民に対して一番理解してもらわなければならないのは、500円といえども、市町村税と合わせれば1,000円上がることになる。この時期に増税するということを簡単に考えてもらっては困る。あいち森と緑づくり税に加え、更に増税となるわけであり、大きい増税であると考えている。
 あいち森と緑づくり税創設の際は、大いに議論し広報したところであるが、今回の増税について、県民はもとより我々議会にも細かい説明が少ないと感じている。もっと県民に広報してもらいたいが、その点についてどう考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 県と市町村との連携ということでは、県、市町村双方の防災計画において必要な事業のすり合わせを行うことで、効果的な防災対策を推進していくことができると考えられるので、そうした対応も、しっかりと行っていかなければならないと考えている。
 また、今回の税率引上げなどは、東日本大震災からの復興に関連し、今夏から国会等で議論が続けられてきたところである。これを踏まえて県税条例の一部改正案を提出したところであり、県民の皆様に税率の引上げ及びその使いみちについて、しっかりと説明していく必要があると考えている。
 このため、国の示す対象事業に該当する事業として、国の第3次補正予算に伴う全国防災対策費に係る公共事業のほか、県有施設の耐震化事業などの単独事業を対象として選定したところだが、こうした地震防災対策の充実強化に充てられることについて、県広報や県政資料等を通して、県民の皆様に説明していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【久保田浩文委員】
 24年度分をしっかり組み立てて国へ提出し、事業の決定方法、地域の特性や個性をしっかりと見た上で、緊急防災・減災事業に充ててほしい。また、人口の小規模な自治体では10年間分であっても大きな額にはならない。それでは効果的に事業に充てられない可能性がある。一つの事業を県と市町村に分けるなど、地域の実情に応じた防災・減災事業を立ち上げることができないのか。無駄なく効果的に防災・減災事業に充てられるように、各地域の市町村ともしっかり話合いをして、指導してほしい。
 また、次の部長にどのように引き継いでいくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 東日本大震災を契機に、東日本だけでなく全国的に防災事業の重要性が強まってきている中で、今回は地方税の増税といった形で財源を確保している。防災事業をしっかり行うといった面では非常に有効な財源であると思うが、有効に活用して、できるだけ早い防災対策を進めていきたい。
 一方で、財源の確保のあり方については様々な考えがある。全国的な課題であるだけに国の基本方針として大勢の国民に広く負担していただくという考えで制度ができたわけであり、この点について県民の皆様に理解していただくよう説明していく。
 また、効果的に防災事業を進めていくためには市町村との連携も重要であり、今後3連動地震の被害想定の見直しにより本格的に防災事業が進んでいくと考えており、しっかりと次の部長に引き継いでいきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 全体の県債の額はいくらで、そのうち質の良い県債はいくらなのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 県債残高は24年度予算ベースで4兆9,994億円であり、そのうち特例的な県債は45パーセントである。そのうち臨時財政対策債などは約1兆8,000億円、減収補填債は3,980億円である。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 特例的な県債の金利はいくらなのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 金利については、政府の予算金利に沿った利率を設定している。過去の借入れ分の金利は、それぞれ過去に定めた金利となっている。24年度の想定利率は、国の予算金利に若干だが市場の上乗せ分0.025パーセント程度を加味して、10年債は2.3パーセント、5年債は1.6パーセントと設定している。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 県債残高4兆9,994億円のうち、金利総額はどの程度か。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 県債残高は元本であり、これに対して金利を払うこととなる。24年度当初予算ベースで県債利子相当額は803億5,000万円である。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 このような多額の県債残高となっているが、県は返済する気があるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 銀行等の約定に基づき当然返済する。デフォルトに陥る、つまり返済できなくなると、県債発行ができなくなる。
 これほどの県債残高で大丈夫かとの心配であるかと思うが、なんとか税収を増やし、また、通常の県債については、行革大綱に沿って毎年度抑制してきている。
 具体的には、通常の県債残高は、23年度は2兆8,612億円、24年度は2兆7,602億円と減らしてきている。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 5年前の税収は1兆4,000億円程度であったが、現在は税収が落ち込んでいる。その影響は。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 県税収入額は決算ベースで19年度の1兆4,395億円に対し、24年度当初予算では8,847億円と9,000億円を割る税収であり、これが県債残高の増加につながっている。
 19年度3兆8,542億円、20年度4兆250億円、21年度4兆3,547億円と県債残高の増加ペースが上がったが、一方で、通常の県債は、19年度が3兆1,089億円、20年度が3兆757億円、21年度が3兆232億円と着実に減少している。
 こうした努力を続け、また、産業振興に取り組んで税収を伸ばし、県債残高の縮減を図りたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 特例的な県債は国の財政にとって都合がよいだけではないのか。むしろ、県独自の県債の方がよいと思われる。もう国が面倒を見る時代は終わりであり、借金だらけの国に保証してもらっても意味がない。自ら借りて自ら返すという姿勢が大切である。
 次に、最近は円安が進み、株価も上向きだが、直近の状況は県税に良い影響を与えるのではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課長】
 為替レートが1円変動することによる営業利益増減額は350億円と言われているが、これは1年間を通してそうだった場合で、円の状況は想定レートから上がってはいるが、今は3月であり、直に業績に跳ね返るものではないが、明るいということはある。3月期決算法人が法人二税の税収のほとんどになり、なかなか直ちに24年度の税収に結びつくかどうか分からない。来年度の5月、6月に実際の業績が出てくるので、それを見てみたい。現時点では、なかなか判断できない。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 ぜひ、景気が上向きになってほしいと願っている。
 また、借りたものは返さなければならない。借金はきちんと返すと自信を持ってやっていかなければならない。


-------------------------------------------------------------------------------

《一般質問》
【宮地美角委員】
 県税に関する申告書や申請書の県税事務所での受付体制はどうなっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課主幹(課税・電算)】
 県税の納税義務のある方は、地方税法や県税条例の規定により、申告書、申請書及び届出書などの書類を期限までに県税事務所に提出しなければならないとされている。県税条例で税目ごとに納税地が定められており、それぞれの納税地を管轄している県税事務所に提出する必要がある。
 したがって、各県税事務所では所管するものに関わる書類を受け付けている。また、支所を設置している県税事務所は、納税者の利便を図るため、支所の窓口においても一部の書類を受け付けている。
 なお、県税事務所に提出される書類で一番多いのは、法人県民税・法人事業税の申告書や申請書である。

-------------------------------------------------------------------------------

【宮地美角委員】
 名古屋市も2年ほど前から県と同様に市税事務所体制をとっているが、管轄を超えた申告の受付を行っている。県税事務所では管轄を超えた申告の受付はどうなっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課主幹(課税・電算)】
 原則、各県税事務所が所管する法人の申告書や申請書を受け付けている。しかし、名古屋市内の県税事務所は比較的隣接しており、ほかの県税事務所の申告書を受け付けても県税事務所間での交換をスムーズに行うことができる。
 このため、名古屋市内に事務所を有している法人の申告書については、納税者の利便性を図るため、申告期限内に提出された予定申告書や確定申告書は名古屋市と同様に名古屋市内にある4か所のどこの県税事務所でも受け付けているが、それ以外の期限後の申告書や申請書は所管する県税事務所へ提出してもらっている。
 なお、名古屋市以外に事務所がある法人の申告書や申請書については、所管する法人のもののみを受け付けている。

-------------------------------------------------------------------------------

【宮地美角委員】
 法人関係税の申告書や申請書について、県内全域でどこの県税事務所分のものでも受け付けるように拡大することはできないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課主幹(課税・電算)】
 県内全域でどこの県税事務所でも受付をすることとした場合、受付書類を所管する県税事務所へ回送する必要があるが、県内全域とすると対象範囲がかなり広く回送の時間がかかる。
 このため、申告書の回送途中に、納税者から納税証明書の交付申請があった場合に、証明すべき申告税額を確認できないため証明書の発行ができないこととなり、逆に納税者に不便をかけることになる。また、回送するためには郵送費や業者委託による配送経費が必要となってくる。
 受付の拡大に伴う納税者のデメリットや費用対効果の面からも、県内全域において、どこの県税事務所でも受け付けるように拡大することは困難だと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【宮地美角委員】
 法人関係税の申告書の提出においては、紙による提出のほかに、電子申告が利用できるが、その利用状況はどうなっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課主幹(課税・電算)】
 法人関係税での申告書の提出については、インターネットを利用して電子的に申告できるシステムが運用されており、法人税などの国税についてはe−Tax(イータックス)、法人県民税や法人事業税などの地方税についてはeLTAX(エルタックス)と呼ばれている。
 eLTAXは全地方公共団体が加入している社団法人地方税電子化協議会が平成17年1月から運用を開始しており、全47都道府県において電子申告受付サービスに対応している。愛知県も、平成17年8月からeLTAXを利用した法人県民税・法人事業税の電子申告の受付を開始している。
 電子申告の利用率は、1年を通しての利用となる最初の年度の平成18年度は0.8パーセントであったが、平成23年度は平成24年1月末時点で40.0パーセントまで向上している。

-------------------------------------------------------------------------------

【宮地美角委員】
 eLTAXを利用した場合、納税者にはどのようなメリットがあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課主幹(課税・電算)】
 一つ目は、申告書の提出にあたって郵送や県税事務所窓口へ出向く必要がなく、インターネットを利用して会社や自宅から申告手続ができることである。
 二つ目は、複数の地方公共団体に申告書を提出する必要がある場合、紙による提出の場合はそれぞれの団体ごとに申告書を仕分けし、封入する必要があるが、電子申告を利用する場合には、複数の地方公共団体への申告書をまとめて一度に送信することができる。
 このため、納税者にとっては、申告書を紙により作成し提出していたときに比べて、郵送コストの削減や申告手続の手間の軽減ができるということになる。

-------------------------------------------------------------------------------

【宮地美角委員】
 eLTAXを利用して申告した場合、納税証明書の発行までどのくらいの期間がかかるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課主幹(課税・電算)】
 eLTAXにより申告を受け付け、申告に対する納税がされていれば、その場ですぐ納税証明書を発行することができる。

-------------------------------------------------------------------------------

【宮地美角委員】
 県税事務所に提出する書類には、申告書のほかにも法人の異動届など各種の申請書や届出書があるが、これらの届出書等についてもeLTAXにより電子申請ができるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課主幹(課税・電算)】
 法人県民税及び法人事業税については、法人を設立した場合は設立届、法人の所在地や代表者を変更した場合には異動届を提出することになるが、eLTAXではこれらの届出についてもインターネットを利用して提出することができる機能が整備されており、この機能を利用した申請を電子申請・届出と呼んでいる。
 現在、電子申請・届出として利用可能な手続は四つあり、一つ目は、「法人設立・設置届」、二つ目は「異動届」、三つ目は「法人税に係る確定申告書の提出期限の延長処分等の届出(法人県民税)」、四つ目は「申告書の提出期限の延長の承認申請(法人事業税)」となっている。24年1月時点で全都道府県の約3分の1にあたる15の都道府県が受付サービスに対応している。
 愛知県はeLTAXを利用した電子申請・届出を導入していないが、納税者の利便性を高めるため平成24年4月から受付を開始できるよう準備を進めている。

-------------------------------------------------------------------------------

【宮地美角委員】
 電子申告や電子申請は、納税者にとってのメリットが高く、利便性の向上につながるものだが、どのように普及啓発を図っていくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課主幹(課税・電算)】
 電子申告の普及拡大については主に三つの取組を行っている。一つ目は、法人へ申告書を送付する際に、eLTAXの利用に関する文書を同封して利用勧奨を図っている。二つ目は法人会や申告書の作成に多く携わる税理士が加入している税理士会などが発行している機関紙にeLTAXの利用に関する記事を掲載している。三つ目は、県のホームページに電子申告の利用に関する内容を掲載して周知している。今後も、電子申告の利用率の更なる向上に向けて、普及啓発に努めていく。
 また、平成24年4月から開始する電子申請・届出についても、広く納税者に周知できるよう電子申告と同様の方法で積極的に普及啓発を図っていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【長坂康正委員】
 災害廃棄物の広域処理について伺う。
 東日本大震災から1年が経過したが、大量に発生した災害廃棄物、いわゆる「がれき」の処理が進んでいない。この委員会の県外調査でも宮城県石巻市へ調査に行き、現地の状況をつぶさに見てきた。国費を投じて仮設の焼却炉を含めた処分場も造っていたが、3年フル稼動しても3分の1しか処理できず、現状の処理率は6.7パーセントに過ぎないと言われている。
 本会議では酒井委員長が質問をし、地域振興環境委員会でも質疑があったが、最終的には知事の判断ということになり、知事に様々な情報、判断材料を提供して、知事を間近で支えるのが知事政策局であるので、知事政策局に伺う。
 がれき処理について、大村知事はいち早く昨年の4月に、最大限協力するという、受入れに対して前向きな発言をしたが、その真意はどういったものなのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【政策調整課長】
 昨年4月に知事は宮城県を訪問した際に村井知事に対し、がれきが非常に大量であることから全国で引き受けなければならないということと、環境省の「東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域処理体制の構築に関する調査」に答えて、最大限に対応できるように取り組んでいきたいということを表明した。その後も定例記者会見等で同様の表明をしたところである。被災地の復興に対し、人の派遣等様々な方法があるが、全力で被災地を支える一貫した思いがあると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【長坂康正委員】
 しっかり応援しなければいけないという姿勢だろうと思うが、知事の発言から1年が経過している。東京電力福島第一原子力発電所の事故で放射性物質に汚染された廃棄物が持ち込まれるのではないかという懸念があり、安全性について住民の皆さんの不安があるため、がれきの受入れが進んでいないのだと思うが、環境省のホームページには岩手県や宮城県の沿岸部の安全性が確認されたものに限ると書いてあり、報道によると現地の担当者は運搬前の検査で全く放射能が検出されていないがれきを優先的に県外にお願いするので何とか協力してくださいと言っているが、いまだに受入れができていないのが現実である。現在具体的な受入れができていないというのはどういう状況なのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【政策調整課長】
 4月の知事の表明以降、放射性物質の飛散が広範囲に及んでいるということが判明した中で、受入れに当たっては、やはり県民の皆さんの理解、納得を得なければ進められないと考えており、しっかりと説明できるような詳細なデータや安全の基準が必要だと考えている。そうしたことから、10月及び12月の2回にわたり国へ質問あるいは要請を行ったところであり、3月5日に2回目の要請に対する回答が届いた。現在、その回答について市町村に照会をしており、市町村の意見も踏まえ、更に対応を検討していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【長坂康正委員】
 東京都のように既に受け入れている自治体もあり、11月から岩手県宮古市、今月からは宮城県女川町の廃棄物を受け入れると言う。また、静岡県島田市が岩手県山田町のがれきを試験焼却し、焼却灰の放射能濃度などを検査した結果、放射能は検出されなかったと言う。東京都が受入れできて、愛知県が受入れできないのはどうしてなのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【政策調整課長】
 東京都内で焼却されたごみの焼却灰から高濃度な放射性物質が検出されるといった状況もあり、状況が本県とは異なるということも環境部から聞いている。こうした状況の中で、本県が受け入れるにあたっては、やはり県民の皆さんの理解、納得を得られるよう、しっかり説明できる詳細なデータ、あるいは安全な基準が必要であると認識している。

-------------------------------------------------------------------------------

【長坂康正委員】
 国の言うことが信用できないということもあるのかもしれないが、環境省のホームページを見る限りでは、安全性が確認されたものに限るとか、処理の過程で健康に影響を及ぼさないという安全性が確認されたものだけが対象となっていると書いてある。福島の原子力発電所事故の影響についての心配は当然あると思うが、分別して安全なものだけを送ると言っている。
 10月及び12月の2回にわたり国へ質問あるいは要請をしているということだが、例えば、東日本大震災で発生したがれきの広域処理を促進するため、環境省は宮城県女川町のがれき処理施設での作業を公開し、23の自治体が視察したと報道されていたが、もっと目に見えるアクションを県は起こさないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【政策調整課長】
 詳細な質問を国にぶつけ、まだまだ満足できるものではないが、それぞれ回答を得ていくことが一つであると思っているが、本会議でも酒井委員長の質問に対して、知事、環境部長が答弁したように、まずは処理にあたってしっかりとした枠組みを整えてから進めていくことが重要であると考えている。その一環として、現在国への質問に対する回答について市町村に照会しているという状況である。

-------------------------------------------------------------------------------

【長坂康正委員】
 よく分からない。報道を読む限りでは、地域振興環境委員会で、県には放射能に関する知見がなく、どれくらいが安全・安心かを国に確認したい、受入れを表明した自治体によっても数値が異なっており、混乱を生じていると県側は答弁しているが、こんなことでいいのか。一般の方が不安だというのは分かるし、安全を確保しなければいけないということも分かる。そんなことばかり言っていたら、結果として行政が風評被害に加担することになるのではないか。
 先週は、総理も記者会見で、災害廃棄物の広域処理について全国の都道府県に文書で要請し、放射性物質の濃度などの基準や焼却施設での排ガス処理装置などの処理方法も定めることなどを表明した。今週13日には、関係閣僚会議でがれきの広域処理について政府一丸となって取り組む姿勢を示した。東京都と違って愛知県は処理場を持っていないので、大きな違いがあるとは思うが、県としても積極的にもっと情報収集して、県が先頭に立って進めることが重要ではないかと思う。今後のがれきの受入れについてどうしていくのか。知事政策局長はどのように思っているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【知事政策局長】
 東日本大震災の発生当初から、被災地の方々の心は十分に認識しており、県や県警察本部の職員の派遣や、市町村の皆さんと一体となった緊急消防援助隊の出動など人的な支援から物資の支援、被災者の受入れなど、被災地域支援対策本部を直ちに立ち上げ取り組んできた。
 こうした中、がれきの処理では、当然被災者の方々の気持ちは十分に承知しているつもりであり、協力姿勢には依然として変わりないと思っている。ただ、こうした広域処理にあたってはきちんとした仕組みを整えてから進めることが重要と考えており、今環境部で検討を重ねているところである。引き続き知事政策局としても、環境部とのつなぎ役などを行い、しっかりと支えていきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【長坂康正委員】
 今の話を聞いて、そうなのかなと思う。職員の皆さんも頑張ってもらったことは私も多々知っている。今、「絆」という言葉が震災後に国民の気持ちを表す象徴的なものとして語られているが、単に義援金を送ったり、県の職員を派遣すれば達成できるというだけのものではないと思う。被災者の皆さんの痛みを我が痛みと感じて、その苦労を共に分かち合って初めて語られるのが「絆」ということではないかと思う。多くの県民もそう思っているのではないか。
 そういう中で、放射性物質の拡散は許されることではないが、一般の分別したがれき処理を県として受け入れないのは、県が及び腰と思われても仕方がなく、愛知県が「絆」の精神を忘れて、結果として、風評被害に加担する懸念がないとは言えないと思う。それではいけないと思う。大量のがれきの処理が進まない限り復興はあり得ないというのは、我々の共通認識であるし、大村知事が4月にいち早くそのように発言をしたのは、その思いが前に出たのだと思う。私たちの知る大村知事は、かつて厚生労働副大臣として年越し派遣村の失業者の皆さんに厚生労働省の講堂を開放して、手を差し伸べた人である。その判断基準からすれば、がれきを受け入れるという方向に進むことが当然だろうと思う。
 いろいろなハードルを乗り越えなければいけないが、その思いは共通だと思う。愛知が自立して日本を引っ張るという意気込みの中で、皆さんがしっかり知事を支えて、現地に行って安全なものを確認するといった、もっとポジティブな姿勢を県当局も示してほしいと思う。知事政策局長はどのように考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【知事政策局長】
 具体的、専門的な部分については疎いが、一般廃棄物であれば、これは当然受け入れる。ただ、どういう形で現地でしゅん別し、持ってくるかという担保等は非常に難しいものがあり、そうした面での課題があると思っている。いずれにしても、こうしたがれきの処理について、全国的な対応によって取り組んでいく必要があるということは、疑いの余地のないことであり、引き続き、関係部局としっかり調整しながら進めていきたいと思っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【西久保ながし委員】
 中京都構想について議論ができる将来像や骨格を示すべきだと言ってきたが、これまでは中京独立戦略本部会議で議論するとの一点張りであったが、先日行われた第1回中京独立戦略本部会議の中で委員の中からも、知事や名古屋市長の考え方を示すべきではないかという意見があった。
 忙しい委員の皆さんを集めて何の考え方も示さずに意見を聞くのでは、お粗末ではないかと個人的には思うが、第1回の中京独立戦略本部会議をどのように評価しているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課長】
 第1回会議の開催前に、知事からフリーディスカッションとして色々な方から色々な意見を出してもらい、その上で方向を定めていきたいといった指示を受けており、そのような形で議論されたかと思う。
 そうした中で、この地域の将来像をどうしていくのか、産業をどう作っていくのか、都市基盤としてリニア中央新幹線の開業を踏まえてどうしていくのか、文化・観光といった魅力づくりをどうしていくのかなど、ほぼ我々の問題意識と同じような形で議論があり、今後はそうしたものをきちんと論点整理をし、議論の方向付けをしていきたいと思っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【西久保ながし委員】
 これまで六つの先行PT(プロジェクトチーム)を立ち上げて議論してきたが、その内容を第1回会議で報告したのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課長】
 先行PTの成果については報告していない。

-------------------------------------------------------------------------------

【西久保ながし委員】
 全体をよく見ると経済戦略的な議論が多くなっているように見受けられるが、経済戦略会議ではないので、行政組織も含めた議論が必要だと思う。
 例えば、愛知県と名古屋市の二重行政の問題一つをとっても、名古屋市長の尾張名古屋共和国構想と知事が持っている腹案とで調整をしているのか。次の会議において委員に考え方を示すということになっているが、知事と名古屋市長の考え方がばらばらでは困るが、その調整はしているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課長】
 第1回会議終了後、知事から論点整理を行いたいとの話があり、名古屋市長から叩き台の叩き台の叩き台を示したいとの話があった。そういう資料について行政体制も含めて名古屋市と調整している。

-------------------------------------------------------------------------------

【西久保ながし委員】
 中京都は愛知県の将来を左右する重要な案件であるので、いつまでも放置しておいてはいけない。早く知事と名古屋市長がスクラムを組んでやるぐらいでないと会議がうまくいくのか不安になる。
 方向性を示す中で委員から意見をもらうのはよいが、方向性がないと意見も何を言っていいか分からない。ぜひそういう方向で知事に提言してほしい。また、委員会にもある程度の情報を提供してほしい。
 中京独立戦略本部会議ができれば議論が進むとの説明であったが、1回目を見て大丈夫かなと思った。この思いを知事に伝えてほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 平成24年度の実施を見送った恒久的な県民税10パーセント減税について伺う。
 現時点で、県民税10パーセント減税をどう考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 恒久的減税ということで、現段階でも来年度も今後に向けて引き続き検討する方向で考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 今後の恒久的な一律減税への取組は、知事は社会情勢や経済情勢等を勘案しながら4年間の間に実現していくという考え方でいいのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 そのとおりである。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 法人県民税については、産業空洞化対策減税基金を創設し、10パーセント減税額に相当する50億円を毎年度積み立てるということだが、これとは別に知事の任期4年間で法人県民税10パーセント減税を実施していくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 個人県民税については4年間の任期の中で実現を図っていくこととされている。また、法人県民税については代替措置となる産業空洞化対策減税基金を創設し、マニフェストに掲げる「産業・経済・地域づくり」の一環として、施策の内容と4年間の手順を示す工程表に沿って政策効果の検証を行いつつ積立てを行っていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 法人県民税の減税も基本的には4年間の任期の中で実現していくことの一つである。産業空洞化対策減税基金を毎年積み上げていくという「毎年」とはどういうことなのか。そのことと、法人県民税減税を知事の任期4年間の間に検討して実施していくこととの整合性はどうなっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 法人県民税減税については、知事はかねてから、法人には赤字法人もあるので、減税ではなくいろいろやり方がある、補助金というやり方もあるのではないかという意見もあるので、総合的にこれを議論し、検討したいということを発言されてきたところであり、代替措置として産業空洞化対策減税基金を創設して取り組んでいるものである。
 個人県民税減税は24年度の実施は見送ったものの、こちらも4年間の中で実施を図っていくものである。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 知事のマニフェストで、ヒト・モノ・カネを呼ぶ最大の政策が県民税減税であるとしているが、実際は、法人県民税については代替措置となっている。
 法人県民税減税については、4年間は基金への積立てで対応していくということか、再度確認したい。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 産業空洞化対策減税基金への積立ては、法人県民税減税の代替措置として、毎年度、マニフェストの一環として行っていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 法人県民税減税の代替措置として、毎年度、基金へ積み立てていくということでよいか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 そのとおりである。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 個人県民税の減税についても、今後の県経済と県税収入の動向を踏まえつつ、引き続き検討していくということでいいのか。
 また、11月4日の知事からの説明では、エコカー減税の方が個人県民税減税より幅広く家庭に所得還元される、との説明であったと認識しているが、こうした理解でよいか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 11月4日に、知事の記者会見を行い、その中で、当時の経済環境や歴史的な円高等により産業空洞化が懸念されており、24年度においては、個人県民税減税の実施を見送りつつ、自動車減税の抜本的な見直しに取り組むと順序だてて説明しており、比較論というよりも緊急度がどういう状況かという総合的な見地から説明を行ったものである。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 エコカー減税の方が、この経済状況では効果があると判断したということか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 産業空洞化が懸念される厳しい経済・雇用環境の中で、総合的に勘案し、法人県民税減税の実施を見送り、産業空洞化対策減税基金を創設し、個人県民税減税の実施を見送り自動車税制の抜本的な見直しに取り組むことが適当であると判断したものである。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 エコカー減税が適当などと簡単に言われては困る。
 私から言わせれば、県民税減税よりもエコカー減税や産業空洞化対策減税基金の方がより効果があると思っている。
 現時点で、個人県民税の10パーセント減税よりもエコカー減税の方が効果があると考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 知事においては、当時の厳しい経済・雇用環境の中では、産業空洞化対策減税基金という代替措置の方が有効であると総合的に判断し、苦渋の決断に至ったと理解している。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 減税の原資は行革で確保するとずっと言ってきた。減税に対する行革の原資の議論をPTで積み上げてきたと思うが、その検討結果はどうなっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政経営企画)】
 減税の原資は従来から行革効果により生み出す方向で検討を重ねてきたところである。
 11月4日の時点で個人県民税減税の実施は見送られたが、その後、予算発表の段階で行革効果を出しており、146億円となっている。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 146億円の原資ができたわけだが、個人県民税の減税額はいくらと見積もっていたのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政経営企画)】
 県民生活への影響を最小限として、最大限の行革効果を行った結果が146億円であり、11月4日の個人県民税減税見送り以降の効果額であり、減税への対応や充てることの検討は行っていない。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 県民税減税の実施を見送り、減税PTの現状はどうなっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政経営企画)】
 2月議会の一般質問においても、個人県民税減税については、今後も引き続き検討していくと答弁している。現時点ではPTを会議形式では開催しておらず、PTの各構成メンバーが県経済の動向を始め県税収入の動向、あるいは行革の今後の深掘りを十分注視しつつ検討を深めている状況である。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 減税に対して疑問を持っている。私は反対の立場であるのでその程度の活動でも構わないが、県民税減税を期待していた150万人の県民から見たら、減税を実施する立場のPTがその程度の状況でいいのかと思う。150万人の有権者は減税で信任し、いつ減税を実施するのかと期待しているのに、減税を実施すべく取り組んでいるPTが開店休業でいいのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 主幹からの答弁のとおり、現時点では、PTは会議形式では行っていない。PTには色々な検討方法があると思うが、関係課で県経済の動向を始め、県税収入の動向並びに行革の深掘りの進捗状況などをそれぞれの課で検討し、十分注視している状況である。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 PTについては11月の委員会でも聞いたが、残念だったのはPTで議論し検討した内容はずっと報告されていたが、最終的には知事が県民税減税の実施見送りを判断し、それまで実施見送りについては知らされていなかったということだった。何度も聞くが、現時点での基本的な考え方は、今後の恒久的な一律減税への取組については知事は社会情勢や経済情勢を勘案しながら4年の間に実現していくと言っている。しかし、先ほどから答弁を聞いていると個人県民税と法人県民税を使い分けているように聞こえる。法人県民税減税は代替措置である産業空洞化対策減税基金を実施するためPTで検討せず、個人県民税減税は前のような勢いはないがPTで検討していくと理解しているが、それでいいのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 個人県民税については、今後の県経済と県税収入の動向を踏まえつつ4年間の任期の中で実施に努めると11月4日に発表している。法人県民税については、総合的に勘案し産業空洞化対策減税基金を立ち上げて、毎年度積み立てていくもので、代替措置であると認識している。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 何度も確認するが、法人県民税減税は代替措置として産業空洞化対策減税基金で対応していくということで、PTで議論しないと理解していいのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 そのとおりである。11月4日の知事の記者会見において、法人税減税について産業空洞化対策減税基金という形で約束を果たすのかという質問に対し、「選挙中も選挙後も、法人には赤字法人もあるので総合的に議論し検討したいとかねてから申し上げ、法人分の減税の財源でもって愛知県全体でより効果が大きい施策ということで、これを実現したい。」と答えており、こうした形で減税PTにおいて対応したい。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 何度も繰り返して減税に関する考え方を聞いているのは、知事から具体的な考え方を一度も聞いていないからである。いささかも変わっていないという言葉の後は、全部あなた方からしか聞いていない。だからこうして、本当に知事の考え方かどうなのかを聞いている。説明が不足している。1回の新聞発表で終わりでは、議会に対しても県民に対しても説明不足である。説明が不足しているから、何度も何度も聞かなければならなくなる。
 減税PTでは今後どのように取り組んでいくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 減税PTについては、県経済と県税収入の動向を踏まえつつ、継続して検討していくことになるので検討状況についても伝え、意見を聞いていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 11月に表明された県民税減税の24年度実施の見送りの理由について、現在は超円高、非常時、非常事態など色々なことを言っていた。個人県民税減税を検討していく際に、非常時や非常事態とはどういった状況のことなのか、今後は説明をしていかなければいけない。そうした状況がなくなって個人県民税減税を実施するということになるので、検討し、少なくとも3か月後の6月議会の前には、個人県民税減税に対する考え方や、PTが議論したことを県民や議会にきちんと報告することを約束してもらえるかを総務部長に伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 非常事態ということを先行的に使用したわけではなく、リーマンショック後、経済状況が戻らない中で東日本大震災が起き、生産機能が停止した。それに加えて、円高、タイの洪水と、日本の生産活動が製造業を中心にして、特に愛知県は製造業中心の地域であり、企業の海外移転の可能性が極めて高くなり、現実にもその動きが出始めていた。ある意味では危機感を抱いており、そういった状況を非常事態であると考えている。
 いずれにしても、個人県民税減税については引き続き検討していくが、経済状況や社会状況がある程度回復しないと、来年度予算でもそうだが、多額の収支不足が見込まれる中では、議論することも難しい状況だと考える。経済状況が少しでも良くなることが重要だと考えるが、そうはいっても経済状況がすぐに回復し、5,000億円落ち込んだ税収がV字回復することは難しいと考えており、そういう意味で経済状況はしっかり見ていかなければならないと思っている。
 そういう中で、行革の深掘りも進めていかなければいけないが、必ずしもスケジュールが決まっているわけではないので、ある程度の方向性は出したが、今後、具体的な検討が必要であり、それらも含めて、検討結果や検討状況については、皆さん方にも伝えていきたいと思っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 いずれにしても、恒久的一律減税については反対である。検討後は、賛成と反対の立場でしっかりと議論していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 東三河総局の人員配置はどうなるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(東三河県庁設置準備)】
 東三河総局は、東三河県民事務所と新城設楽山村振興事務所を一元化して設置するもので、組織としては企画調整部と県民環境部の2部体制を予定しており、新城設楽地域には同地域の振興を推進する総合窓口として新城設楽振興事務所を置く。
 新設する企画調整部門の企画調整課は9名体制で発足する予定で、そのほかの産業労働課、県民安全課、防災保安課、環境保全課はそのまま存続し、新城設楽振興事務所についても県民安全防災課、山村振興課、環境保全課の3課体制を引き継ぐ。東三河総局全体で91名の定数である。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 結局、今までの東三河県民事務所と新城設楽山村振興事務所の人員の合計と比較してどうなっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(東三河県庁設置準備)】
 今年度の人員は84名で、来年度は91名の7名の増となる。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 部制を敷き、2名の部長ができるが、実質的には企画調整課をほかから入れて、その分だけほかが減っているということか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(東三河県庁設置準備)】
 企画調整課の9名は、本庁機能の移管による定数の移管による2名と今年度既に東三河県民事務所に配置していた2名の準備要員を含んでいる。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 企画調整課において東三河の将来構想を作っていくことは、条例ができたことからも分かるが、いわゆる東三河県庁とは何なのか。どういう形態で、何を目的として、どのような効果を期待した組織なのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 東三河県庁については、東三河地域の県の機関をネットワークで結んで、担当副知事の下、東三河地域が一体となって東三河地域の振興に取り組む仕組みと考えており、東三河地域の振興、発展が大きな目的である。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 具体的なものが分からない。どういう形を作って、誰がどこで、どういう仕事をして、どういう会議をして、何を決めて、どうするのか、そこで決まったものはどういう影響力があるのかが、さっぱり分からない。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 東三河県庁の核となるのは東三河総局で、総局が事務局となり東三河地域の20の地方機関を束ねるものである。具体的には、来年度は予算にも計上したがビジョンを策定する。ビジョン策定作業、地域の課題の調整等のため関係機関が集まる会議、打合せを進めていくものである。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 それぞれ仕事を持っている人が集まって東三河の将来構想を考えるPTなのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 東三河県庁で検討したビジョンについては、地元市町村の協議の場で意見を聞き事務を進めていくという流れになり、ある意味PTという面もある。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 そこであえて県庁という言葉を使うのは選挙の時に言ってしまったからではないか。今の中身であれば東三河総局のPTでいいのではないか。
 東三河県庁といった看板を掛けるのか。一般県民の描いている県庁のイメージと全く違っているのではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 東三河県庁は、東三河地域の県の機関をネットワークで結び、担当副知事の下、地域と一体となって取り組むネットワーク型の推進体制という考え方である。
 その核となる東三河総局に総合調整機能を持たせ、企画立案を行うもので、そういった意味では本庁機能を東三河総局に移すということであり、東三河県庁という言葉を使用している。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 20の機関が行っている東三河に関連する事業をそれぞれがばらばらに行ってはいけないので、皆で集まってそれぞれのことを違う立場から、自分の部署ではない部分に関しても色々な意見を言い合ってより良い物を作り、本当に東三河に大事なものは何かを見つけていこうとするのが東三河県庁ということか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 東三河県庁の構成機関は20の地方機関であり、それぞれの所管や専門的な分野を持っている。専門的な分野を生かしつつ、連携をとりながら図っていくものである。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 機関ではなく事業ではないのか。東三河でやらなければならない事業をそれぞれの機関が受け持っている。その事業をより効率よく行うためであって、機関が効率よく動くために東三河県庁を作るわけではない。何のための、誰のための東三河県庁なのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 東三河の発展がこれからの愛知県全体の更なる飛躍の柱になるということで、東三河県庁は東三河地域の県民、更には愛知県民のためである。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 東三河の住民の生活が新しくできる県庁によって色々な面でより向上するために、今のままでいいのかどうかもひっくるめてやっていこうということか。今はばらばらに行っており、例えば道路一本を作るにしても、建設事務所が建設部の意向を踏まえて順番を付けて行っているが、医療機関との絡みもある。
 豊川保健所の医療区域には東三河南部医療圏と北部医療圏の二つがあり、田原市から奥三河までを所管している。北部医療圏は大変なことになっている。新城より北は6万人しかおらず患者の数も少ないが、命を持った人がいる限り医療は必要なものである。それなりの整備ができないと豊橋や豊川など南部医療圏へ搬送しなければならない。ほかの道路を作るよりもこの道路を早く整備してほしいと今までは建設事務所が考えていたのを保健所の立場からも意見を述べ、そうした状況に気がついて整備の順番を入れ替えるなど、皆の意見を聞いて行うのが目的ではないのか。それが東三河の住民のためになるのではないか。東三河だけではなく県内全域で行った方が効率がよければ、県内全域で実施すればいい。いい成果が出れば県内全域に広げ、悪ければやめればいい。
 そうしたことも含めた県庁組織でなければ意味がない。20の機関の連絡調整会議では意味がない。機関ではなく事業全体を、自分の管轄外まで考えてやろうというのが東三河県庁ではないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 連絡調整だけでなく、ビジョンづくりや主要事業の推進にも参画し、地域づくりは一つの分野だけで完結するものではなく、色々なニーズがあり、プランを作成する中で、互いの立場や事業の必要性などの意見交換が図られ、より東三河の振興につながる事業の推進が図られると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 各出先機関の長が参加する会議でも、ある意味、自分が長であることを忘れてほしい。東三河のそれぞれの分野を責任持って預かっている県の職員の責任ある人たちの集まりであってほしい。我田引水で縄張り意識ばかりを持っていると、そちらに予算が行くと自分のところの予算が減ってしまうので嫌だと言うのではいけない。どちらかというと県内全体では縦割り行政になっている。少なくとも東三河では縦割りの弊害をなくしてほしい。
 だから、3人副知事がいるのに、1人を任命して横串をさした。その意味をよく考えてほしい。水産試験場や三河港工事事務所は東三河以外も管轄している。その機関の長として来ると全体のことを考えなければいけないが、機関の長としてではなく、県の責任ある立場の人という位置付けであれば管轄の問題はない。そういった立場で参加してほしいが、これについてどう考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 東三河県庁には東三河地域以外を所管している地方機関も含まれており、地域の県の機関が一体となって東三河の振興に取り組む観点から参画してもらうが、東三河県庁の構成員として参画してもらうので、広い立場から発言してもらえればと思っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 東三河県庁には欠陥がある。東三河地域の最重要課題であるダムのことが何も入っていない。東三河地域の主要事業で40年かかって積み上げてきた大きな事業が全く出てこない。
 豊川水系対策本部で行うと言うかもしれないが、これは東三河地域と切っても切れない事業ではないか。我々は豊川水系は運命共同体という言葉をずっと使っている。東三河運命共同体は、「母なる川」豊川によって成っている。その豊川水系に関する部分が東三河県庁の20の機関に入っていない。これでは扱えないがどうするのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 水問題は長らく東三河振興の最重要課題であった。設楽ダムについても長年の経緯があり、現在の地元の思いも十分認識している。
 そういった中で、設楽ダムを始めとする東三河の水問題は、豊川水系対策本部を設けて、副知事を本部長に、地域振興部長、豊川水系対策副本部長を副本部長とし、更には本庁各部局長、地元の関係地方機関の長として建設事務所長、農林水産事務所長、県民事務所長、山村振興事務所長を本部員として、長年全庁的な体制を整えて取り組んできた。
 組織的なものとしては、これまでの経緯もあり、全庁的な組織で取り組んでいきたいと思っているが、水問題が長年の懸案であり、工業、農業、生活の全てに関わる問題であり、東三河県庁の目指す東三河地域の振興を考えていく上で水問題は切っても切れないものと認識している。
 東三河県庁の推進体制としては、20の機関を束ねながら、そのネットワークで進めていくが、ビジョン作りやプロジェクトの推進には、東三河の水のあり方は大前提になる話であり、しっかり把握する必要があり、情報提供や情報交換により豊川水系対策本部と連携しながら進めていきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 東三河県庁では、各機関の長が参加する会議と実務担当者会議があると思うが、その議題にダムが入ることがあってもいいのか。ダムは豊川水系対策本部で行うので触れるなということではないということか確認する。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 意見交換を行うことは地域づくりを進めていく上での前提であるので、ダムを除くという話ではないと思っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 総合計画なりビジョンの中にダムも入ってくるということでいいのか。そうでなければ意味がない。旧宝飯郡の一宮町には豊川にかすみ堤がある。始めから堤防が切れており、右岸側は豊川放水路完成時に全て塞いだが、左岸側はまだ切れている。昨年の台風15号の時もここから水が出ている。地元の人は早く塞いでほしいと言うが、全て塞いでしまうと、豊橋市内に降った雨の排水ができなくなるため、水位を下げるためにかすみ堤が切れている。これを塞ぐ条件は設楽ダムが完成することである。もし、変な話になり、設楽ダムを建設しないということになると、大雨が降るたびに浸水するのを永久に我慢しろということになる。地元の要望として毎回出てくる話だが、設楽ダムが完成し、上流で雨を3,000万トンカットしない限りは無理だという答えになる。
 ならば、早くダムを作ってもらわなければいけない。そうしたことに、豊川水系対策本部だけでは対応できない。地元の話を吸い上げて、住民の生活まで全てをひとまとめにして考えるのが東三河県庁ではないのか。
 機構的な問題でできないというのならば仕方がないが、話題としてはきちんと取り上げてもらわなければいけない。その時に豊川水系対策本部とは関係なく、勝手に決めていいのか。市町村長を呼んだ会議や地元経済界や学識経験者を呼んだ会議を開催しても誰も答えられない状態で進めていいのか。
 事業を中心にではなく、機関や組織を中心に考えているのでは、最初に言ったように誰のための東三河県庁かということになってしまう。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 東三河県庁のネットワークと豊川水系対策本部は組織的には並立する形になるが、東三河地域の振興にとって、水問題は必要不可欠だと認識して、しっかりと連携をとって進めていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 知事は東三河の将来性やポテンシャルとよく言われているが、地元のことは地元の人が相談して決めていけるような組織にしたいと本会議でも言っている。実際にできてくるものを見ると、地元のことを地元の人が決められる状況になっているのか心配になる。
 だから、余り期待を持たせてほしくない。逆に言えば期待を持たされて後で大したことがないということになると、がっかりして、また蚊帳の外かということになる。尾張名古屋共和国がやればいいのか、浜松と一緒にならなければ生きていけないのかということになる。そうならないためにも、きちんと生かしていかないといけない。
 今度のことも、名前だけ、形だけと言うことにならないように、地元の人が喜ぶものとして来月出発してもらいたいと思う。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 東三河県庁の20の地方機関のネットワークと同時に地元との協議の場を設ける中で、しっかり地元の期待に応えることができるよう、東三河地域の振興を図っていきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 知事の提案理由説明はどこの課が作成したのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 財政課が、議案担当課としてとりまとめて作成したものである。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 知事の提案理由説明を単純に理解すると、世界からヒト、モノ、カネを集めるには、世界と闘える都市を目指す、そのためには、愛知・名古屋が協調連携して取組を行う、次のステップとして国へ働きかけて、地方への大幅な権限・税財政の移譲を進め、課税自主権の強化を実現する。それと同時に道州制を視野に入れた、完全なる愛知・名古屋の独立を目指す戦略を組むということでいいのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課長】
 知事の提案理由説明や代表質問の答弁にもあるように、一つ目のポイントは、世界と闘える愛知を作るには、大都市圏が中心になって発展していかなければいけないという点である。そして、我が国を覆う閉塞感を払拭するためには三大都市圏が十分な権限、財源を担い、成長エンジンとなって、新しい国の形を目指すことが必要だという点である。
 具体的な進め方としては、日本屈指の産業集積地である愛知と大都市機能を有する名古屋が合体し、一体となって自立、独立を果たすとともに、強力で唯一の司令塔の下に二重行政を徹底的に排除しながら、道州制も見据えつつ、世界と闘える大都市圏として発展していくことが中京都の将来像である。具体的な内容としては、産業面、観光面できちんと施策をつめていき、一方で国から大幅に権限、財源の移譲を求めていくということである。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 第1回中京独立戦略本部会議での知事と名古屋市長のあいさつを見ると、自由討議だと言って議論しているが、答弁を聞くと骨格はある程度できている。問題はどのように肉付けをしていくかではないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課長】
 骨格は知事と話をする中で、共通の理解をしてきたと考えているが、具体的な肉付けをするのが中京独立戦略本部であり、進め方については最初から知事が考えを示すのではなく、まずはフリーディスカッションで色々な意見を聞きながら議論をしていきたいという形でスタートしている。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 3月30日に開催される第2回中京独立戦略本部会議の議題は何か。議題について本部員にどのように説明しているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課長】
 第1回会議の議題は「世界と闘えるアイチ・ナゴヤに向けた主要課題について」で、フリーディスカッションで行ったが、第2回会議はその結果を踏まえ、課題・論点の整理をしていくので、世界と闘えるアイチ・ナゴヤに向けた課題・論点について議論することを想定している。
 本部員への説明は、就任時には知事のマニフェスト等を用いて知事の地域の将来像に対する思いを説明した。第1回会議に向けては、愛知県や名古屋市の基本的なデータを提供したが、議題に沿った自由な討議をお願いした。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 それにしては、知事や名古屋市長の考え方を聞きたいとの話があった。
 また、産業界と教育関係の発言内容がだいぶ違っている。人の問題では工業高校の強化も出ている。それと同時に、二重行政の問題、効率的な行政のあり方を議論しないと解決しないが、最終的にはどのように道州制に結び付けていくのかということになる。
 名古屋市長は居酒屋で尾張名古屋の行く末を考える会を開催したが、尾張の中の名古屋だけを考える400万人都市構想になっている。最近は知事と名古屋市長の考え方が違ってきているのではないか。消防学校の問題でも知事と名古屋市長の姿勢が違ってきていると感じる。
 まずは中京都構想の骨格、柱を打ち出していかないと本当にやる気があるのかと思われてしまう。組織だったPTの進め方ができるのか。行革で人員が不足して事務が回っていくのかといった状況もある。
 東三河県庁についても組織を変えずに東三河総局だけを作って、人を育てることもしていない。県は総合計画をなくして指針にしてしまい、しっかりとした計画を作らず、検証についての公表もない中で、東三河できちんとしたビジョンを作れるのか。保健所の圏域の問題もある。
 中京都構想についても、国からの財源移譲の問題や人の問題をどう構築していくのかを確立しないとアドバルーンだけで終わってしまう。組織のあり方、県職員の人材育成をトータルで考えないと中京都構想は実現できないのではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【分権・広域連携監】
 中京都構想の中身の構築に関して、第1回中京独立戦略本部会議では自由討議で予断を持たず、本部員の方にこの地域への思いや行政に対する提言を白紙の状態で聞き、3月30日に開催する第2回会議では論点を整理した上で、事前に資料を渡してより議論を深めてもらえるようにしていく。
 知事と名古屋市長の考え方について、分かれてきているとは考えていない。知事と名古屋市長は愛知・名古屋の合体と強力な一つの司令塔の下で二重行政を徹底的に排除しながら、魅力ある愛知・名古屋づくりをしていくといった点では、完全に一致している。その考え方の下で、具体的な政策、提言を実現すべく、論点・テーマを絞り込んで議論を進め、議論の中身についても提示していきたい。
 二重行政の解消についても、知事のマニフェストに掲げられた一つの項目を参考にしながら、広く検討していく。消防学校の問題についても、県と名古屋市の防災関係部局において緊急消防援助隊の活動拠点のあり方について名古屋市との会議を立ち上げる方向で動いていると聞いており、少しずつ各論でも進めていきたい。いずれにしても皆さんの期待に沿うように努めていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 名古屋市の対応は変わってきている。確かに、知事のやる気は分かっているが、名古屋市の反応は後退していると聞く。正確な情報収集が必要であるのに、愛知県は情報収集やPRが下手である。説明責任を果たしていない。上っ面だけの説明だから誤解を受けている。東日本大震災に関わる災害廃棄物の問題でもそうである。
 市町村が強くなって始めて県や国が成り立っていくのだから、県や国が市町村のフォローをしっかりできる体制作りが必要である。なのに、今の地方機関では市町村との連携が全くできておらず、県民事務所では地方の情報が集まらない。
 中京都構想を進めていくには、東三河県庁だけでなく、今までの組織のあり方の見直しをかけることが必要である。また、グループ制では人材は育たない。うつ病になる職員が増加しており、横の連携が全くできなくなっている。これらを含めてきちんと取り組むことを要望する。