議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成20年総務県民委員会 本文




2008.03.14 : 平成20年総務県民委員会 本文


(主な質疑)
《議案関係》
 なし

《一般質問》
【かじ山義章委員】
 委員会や本会議の中で、多重債務者の約1割がギャンブル等で多重債務に陥った方と聞いているが、ギャンブルで多重債務者になる前の相談や指導を、県としてどうしているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【県民生活課主幹(県民相談・調整)】
 多重債務者対策事業については、現在のところ、多重債務に陥って相談にみえた人の相談体制の整備等を実施している。実際にギャンブル依存症かどうかの判断はなかなかできないこともあり、直接に多重債務相談の中で対応していくということはやっていないが、保健所や精神保健福祉センターで依存症等の相談に対応しているので、もし相談に来た場合は、そうした窓口を案内することで対応していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【かじ山義章委員】
 北海道立精神保健センターにギャンブル依存症の人が相談できる所がある。愛知県でもそうした所があれば、多重債務者にならずに済んだ人もたくさんいると思う。健康福祉部と連携して、ギャンブル依存症の相談窓口を作り、案内していければ多重債務者を減らせるのではないか。また、窓口に来なくても予備軍の人が結構いると思うが、健康福祉部と連携を図りながら対策を講じるつもりはあるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【県民生活課主幹(県民相談・調整)】
 多重債務問題は当面の債務の解決も必要だが、再度多重債務にならない、あるいは発生予防も大切であると考えている。こうした観点から、県民生活プラザにおいても心の健康相談窓口のPRや、相談内容に応じてそうした窓口への橋渡し等も健康福祉部と連携していきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【かじ山義章委員】
 パチンコ店には車に子供を残さないとかのポスターが貼ってある。借りすぎに注意しましょうというのはなかなか難しいと思うが、各部署と連携を図りながら対策していくことを要望する。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 愛知県で多重債務者と思われる方はおおむね何人ぐらいと想定しているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【県民生活課主幹(県民相談・調整)】
 統計等の数はつかめないが、国の「多重債務問題改善プログラム」では、消費者金融の利用者等から全国で200万人以上と言われている。人口比率からその5パーセント、約10万人の多重債務者がいると推定している。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 県が窓口を充実したということを多重債務に悩んでいる人に、周知するためどんなことをしているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【県民生活課主幹(県民相談・調整)】
 啓発パンフレットを8万部作成し、市町村や県の窓口、民生委員等に配布して、広くPRしていきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 おおむね10万人いると推定しているのに8万部では情けない。機を見るに敏な周知の仕方をしないと、こういうところに縁遠い人たちの目に届くのかなと思う。ぜひ周知の工夫をしてほしい。
 相談員は再任用職員ということだが、県の職員なので人生経験はそれなりにあると思うが、多重債務とは縁遠い人が相談員になるのではないか。再任用職員は今年退職する人ということか。

-------------------------------------------------------------------------------

【県民生活課主幹(県民相談・調整)】
 多重債務相談は現在、県政相談員と消費生活相談員が対応している。再任用には、窓口業務、法律等に精通した人を配置してもらえるようお願いしている。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 新しい相談員は4月からいきなり相談を受けることになると思うが、ある程度研修を受けてからでないと、思うような相談対応ができないのではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【県民生活課主幹(県民相談・調整)】
 4月早々に多重債務を含めた研修を実施する予定である。また、弁護士や司法書士とチームを組んで相談に対応していく中で勉強し、スキルアップしてもらうことで対応できると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 相談員も相談を受けながら、だんだん成長していくということか。
 中央県民生活プラザでは、相談は平日の9時から17時、土・日は9時から16時30分、弁護士や司法書士の専門家は週2回ということである。相談は大体3・4人の体制でやるということだが、1日に対応できる件数はどれぐらいと考えているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【県民生活課主幹(県民相談・調整)】
 1件当たりの相談時間を1時間前後と考えている。1人が最高で8件、体制によって4人体制であれば最大32件の相談が受けられると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【近藤良三委員】
 本当に相談窓口に訪れることができる人がどれほどいるか。相談員が時間を持て余すぐらいの相談者数ではないかと思う、この1年で事例を重ねて相談が充実するようきちんと取り組んでほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【山下史守朗委員】
 県では、平成17年の青少年保護育成条例の改正でインターネットのフィルタリングの利用促進に関して定めているが、出会い系サイトやアダルトサイト等の有害情報については、子どもへの影響が心配される。携帯電話の普及により犯罪に巻き込まれた人のほとんどが携帯電話からのアクセスによるものであると報道されているが、県として青少年の有害情報へのアクセスに対して、どのような考えでどのような対策を講じているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【社会活動推進課主幹(青少年)】
 インターネットの急速な普及により、有害サイトを利用して青少年が犯罪に巻き込まれる事件が発生していることから、有害情報から青少年を守るため、委員ご指摘のとおり、平成17年3月に愛知県青少年保護育成条例の一部を改正し、学校や事業者などに対して、青少年がインターネットを利用する際に有害な情報の閲覧等をさせないようにする努力義務を課す規定を新設したところである。その具体的な内容は、保護者、学校等が有害サイトアクセス制限サービスであるフィルタリングの活用により、青少年に有害情報の閲覧等をさせないように努めること、また、プロバイダや携帯電話事業者等に対しても、フィルタリングに係る情報提供を積極的に行うよう努めることといった義務を課し、青少年の健全な育成を阻害する有害情報を青少年の回りから排除することである。また、インターネット上にはん濫している有害情報については、インターネットを利用する側のモラルの向上も必要であるので、インターネットの危険性等について、青少年の自覚を促す取組として、小・中学校及び高等学校の児童生徒並びにその保護者を対象とした「インターネット利用安全・安心講座」を開催するとともに、インターネット利用啓発リーフレットを平成18年度は小学校5年生及び中学校2年生に、平成19年度は高校1年生に対して配付する等して、情報モラルの向上に努めている。

-------------------------------------------------------------------------------

【山下史守朗委員】
 フィルタリングの活用等については、努力義務となっているが、どこまで有効に機能しているのかが心配である。アダルトサイトは見るだけでも有害であると思うが、携帯電話のインターネットでいろいろな情報を見ることができる。携帯電話さえ持っていれば、これらのサイトに簡単にアクセスできてしまう。昔は、有害な本を本屋で売らないとか、大人が売らないとかができたが、携帯電話は問題が多い。昔みたいに子どもに良い情報を選んで与えていた時代と比べて、今ではいろいろな情報がはん濫しており、子どもはどこまでが教育で、どこまでが娯楽かが分からない状況にあるので、強く規制するものは規制していくことが必要である。
 最近の報道で大手の携帯電話会社では、フィルタリングを普及させて、保護者の同意がないと有害サイトにアクセスできないようにする方針を採っていると聞いたが、県が把握している状況について伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【社会活動推進課主幹(青少年)】
 国は、青少年が使用する携帯電話等におけるフィルタリングサービスの導入促進を図るため、平成19年12月10日に携帯電話事業者等に対して、その取組を強化するように要請した。その主な内容の一点目は、新規契約時には親権者からの不要の申告がない限りフィルタリングサービスを設定する。二点目は18歳未満の既存契約者に対して、親権者から不要の申告があった場合を除き、フィルタリングサービスを設定する。三点目は18歳以上の既存契約者に対して、使用者が18歳未満であることが確認された場合は、不要の申告があった場合を除き、フィルタリングサービスを設定する。つまり、特に申し出がない限り、フィルタリングサービスの設定を原則とするというものである。国からの要請を受け携帯電話事業者等は、平成20年1月から6月にかけて順次、フィルタリングサービスの設定を原則とする予定であり、これらの取組により青少年が有害情報に触れる機会が少なくなるものと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【山下史守朗委員】
 会社が先行して取り組んでいくことは望ましいことである。国では、有害情報対策として法制化を検討しているようであるが、県としては、今後どのように対応していくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【社会活動推進課長】
 国では平成19年7月に「有害情報から子どもを守るための検討会」を設置し、法制化を含めて有害情報から子どもを守るための検討をしている。今後、国の法制化に併せて県としても対策を講じていくことになる。情報教育はインターネットの利用により被害に遭うことがあるという悪い面と、上手に使えば非常に便利であるという良い面との両面からの対応が必要である。平成19年10月に愛知県警が実施した調査によるとフィルタリングサービスについて、「知っており、利用している」と「知っているが、利用していない」の合計で25パーセントとなっている。これは非常に低い数字であると認識している。県としても広報啓発活動を行っているので、保護者もぜひ、活用してほしい。インターネットは上手に活用してこそ意味があるので、教育委員会や県警とも連携して、今後とも情報リテラシー教育の推進に努めていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 国際芸術祭は、なぜ3年に1回としたのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 国内外の開催事例をみると、2年ごとのビエンナーレであるとか、3年ごとのトリエンナーレであるとか、5年ごとであるとかいろいろな形態がある。ビエンナーレのような2年周期であると、周知効果は高い反面、準備期間が短く人的・財政的負担が大きくなる。一方、長くなると準備期間は十分あるが周知効果が薄れる。いろいろ検討した結果、国内の成功事例である横浜、越後妻有アート・トリエンナーレ等はいずれも3年ごとであり、3年が一番適切ではないかと考えた。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 開催期間は、2ヶ月半ということだが、これはなぜか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 国内外のビエンナーレ等をみると、いずれも2ヶ月から2ヶ月半、3ヶ月程度であり、一番開催効果が高い期間と考え2ヶ月半とした。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 10月末目途ということだが、COP10はいつごろ開催するか知っているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 先ごろ記者発表され、10月に誘致される予定と聞いている。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 地球温暖化京都会議の事例を調べてみると、京都府は5億円くらい予算をかけて、事前に支援事業、イベント事業、環境対策事業といろいろやったそうだ。相当、重複する可能性があると思うがどう考えるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 COP10の詳細な事業内容は承知していないが、イベント等の内容は環境にかかわるものではないかと思う。私どもは、同じ時期に国際芸術祭をやるので、COP10で海外から来た人々を芸術関係でおもてなしできるのではないかと、また十分調整しながら進めていけるのではないかと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 同じ時期にやることであるので、十分関連してやらないといけない。COP10にも海外からたくさんの人が来る。いい相乗効果が出ると思う。ぜひ連動していい相乗効果をあげてほしい。
 文化芸術創造あいちづくり推進方針を策定した際の有識者懇談会の委員は、実行委員会に入れるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 有識者懇談会については、9名の委員、3名の特別委員の人に、推進方針をつくる前年度に、いろいろ意見、提言をもらい、推進方針策定の参考とさせてもらった。現在、懇談会はなくなっているが、委員の先生には節目節目に、推進方針の策定の時、予算発表の時等に報告をし、助言をもらっている。今後設立される実行委員会には何らかの形で協力してもらい、意見をもらいたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 実行委員会の委員にはしないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 実行委員会の構成員は、他の事例を見ると機関や団体が主な構成員となる。したがって、実行委員会に何らかの形で協力してもらう形を考えたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 会場候補を芸術文化センター拠点にするというのは、有識者懇談会の第2回で森さんが言っているようだがこれが発端か。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 もともとの経緯は、平成18年3月に策定した新しい政策の指針で、文化芸術創造あいちづくりを位置づけた。その中で、芸術文化センターには、様々な蓄積があるので、芸術文化センターを拠点として、国際的に注目される文化芸術イベントの開催を目指すことを書かせてもらった。そこがスタートである。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 芸術文化センターは名古屋市のど真ん中にある。今回の実行委員会の予算は8,400万だが、これに対して名古屋市の予算は組まれているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 前提として、実行委員会に名古屋市が入るかどうかということであるが、拠点である芸術文化センターの地元である名古屋市には、ぜひ入ってほしいと考えている。ただし、全体事業費が積算できていないので、具体的な負担についてはまだ調整していない。6月を目途に実行委員会が立ち上がり、事業費が固まる中で調整をしていくものと考えている。したがって、名古屋市は20年度予算を組んでいない。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 名古屋市のど真ん中でやる事業であり、名古屋市との一体感が必要である。平成18年から芸術文化センターでやるという意向であったなら、なぜもっと前から名古屋市と話し合ってこなかったのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 名古屋市の文化芸術行政の窓口である文化振興室とは、常に情報交換を密にし、意思疎通を図るよう努めており、国際芸術祭についても、今年度構想を策定するということで、年度当初から随時さまざまな情報を提供し、連携・協力のお願いをしてきた。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 国際芸術祭は、芸術関係者、県民、NPO、市町村等と協働してやると明記している。実行委員会には、地元の名古屋市も巻き込んでやるべきであるが、県が先導してやれば、必ず市が協力するものでもないと思う。COP10は名古屋市も一緒にやるようであるが、国際芸術祭は県の独り言のような感じがするがいかがか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 様々な主体と協働するということで、昨年8月からワークショップやシンポジウム等も10回ほど開催してきたが、ここにも名古屋市の職員が参加している。構想がぼんやりした段階であるため、具体的な調整はしていないということであり、常日ごろから情報交換はしているので、理解してほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 議案質疑でも予算規模についてはっきりした答弁がなかった。ある程度の想定している規模はないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 具体的な事業内容は、6月を目途に実行委員会を立ち上げ、そこから実施計画を策定する中で詰めていくので、現時点では事業費は算出できていない。他の国内事例でみると、美術展を基本とする横浜トリエンナーレは、10億円程度の規模と聞いている。これと比較して、本県の国際芸術祭は芸術文化センターを拠点に、その機能を生かすということで、現代美術を大きな軸として、それに加えて音楽、舞踊、オペラ等の舞台芸術も含めた複合的な展開を検討している。今後、内容や規模を具体化し、それぞれのジャンルの前例等も参考にしながら予算規模・事業費を詰めていきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 例えば、オペラでも、4・5億となるものもある。日本中の人が愛知に来るものをやるのか、それほどのものであるのか、その辺りが見えてこない。実行委員会が決めると言っても、県として、ある程度の規模は考えていかないといけないのではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 先ほどは、美術の10億円程度を示したが、例えば舞台の参考としては、現在、芸術文化センターで行っている事業では、財団法人愛知県文化振興事業団のプロデュース・オペラは、おおむね1事業1億2,000万円程度、コンサート事業は1事業3,000万円程度、愛知芸術文化センター文化情報センターのコンテンポラリーダンス事業は1事業2,000万円程度である。これらは1事業当たりの経費であり、こうした事業を活用するとすれば、国際芸術祭にふさわしい内容にしなければいけないし、1事業でいいのか、どのくらいの規模がいいのかということを今後具体化する中で詰めていかなくてはならない。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 どのくらいお金を出せばいいのか、答弁しづらい面もあろうが、やるなら1回目でもあるし、3年ごとにやろうと言っているのだから、相当インパクトのあるものをやらないと、何が国際芸術祭かと言われてはいけない。ぜひ、しっかりやってほしい。
 芸術文化センターが拠点ということだが、県には、県立芸術大学や陶磁資料館、万博跡地等がある。推進方針はよくまとめられており、県立芸術大学等との連携もよく書かれている。これらとの関係性はどうなるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【文化芸術課主幹(企画)】
 中核的な会場は、芸術監督の作品展示の考え方等もあるので、今後、構想を具体化する中で選任される芸術監督等専門家の意見ももらいながら、実行委員会で議論していくこととしている。県立芸術大学、陶磁資料館や万博跡地、それ以外にも市町村、民間の様々な文化芸術施設がある。国際芸術祭は、芸術文化センターだけでやるのではなく、普及・教育プログラムや、祝祭的なにぎわいを図る展開もしたいと考えているので、こうした施設や事業と様々な形での連携・協働を視野に入れて今後検討したい。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 連携してやることによって、県立芸術大学の施設も充実させていくということも考えてほしい。実行委員会に総務県民委員長等を県議会の代表として入れるつもりはないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【県民生活部長】
 この国際芸術祭は、地域を挙げて盛り上げていかなくてはいけない事業と考えている。そうした意味で、県議会にはぜひ参加してほしいと考えている。どういう形で参加してもらうかは、今後相談させてほしい。また、国際芸術祭を余り貧相なものにならないようにとのことであったが、私どももそういう意気込みで国際芸術祭にふさわしいものにしたいと思っているのでよろしくお願いしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【松山 登委員】
 県民の意見を反映させるという趣旨からも、ぜひ議会も参加させてほしい。また、業者に丸投げにならないようにして、万博のように県民がこぞって参加したいと思うものにしてほしい。ぜひ前向きにCOP10と同じ時期というのは最高にいい時期と考えるので、両方盛り上げて大成功させてほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 県立芸術大学も建設後41年がたち、整備が必要となっているのだが、現場の話を聞くと、意見を事務局が集約し本庁へ上げるのだが、本庁で全部つぶされているということである。愛知県の体質かもしれないが、建物を造るまでは一生懸命やるが、その後の維持管理が十分でないということがある。芸術大学整備はこれからということだが、根詰まりのないよう進めてほしい。芸術大学は、敷地、建物全体が芸術的価値を持つものだということを頭に叩き込んで議論してほしい。というのも、法隆寺模写展示館が建ったが、このために芸術的価値が損なわれたと思っている。今まで引き継がれてきた原点を忘れることなく、現場の意見をよくくんで対応されたい。
 昨年12月に実施された災害時の消防と医療の連携に関する訓練は、全国で初めてシナリオなしで行われたもので評価したい。その中で反省点が見つかったと聞いたが、それは何か。

-------------------------------------------------------------------------------

【消防保安課長】
 訓練の参加者に事前に災害想定を知らせずに行ったもので、検証会ではいろいろな問題が指摘された。まず、参加した機関ごとに異なる通信手段を用いており、連携が取りづらかったことがある。また、看護学校の学生が軽症者役で参加したが、本来管理下にある軽症者が自由な行動を取り、危険な場所へ移動した例があった。今回の訓練は消防と医療の連携のマニュアル作りのためのものであり、これらを踏まえて今後のマニュアル作りに生かしたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 その軽症者についての支援はどうするのか。また市町村の防災体制を確立するためには、方面本部と市町村の連携が重要である。方面本部は市町村の支援体制にどう取り組むのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【消防保安課長】
 軽症者の中にも重症者が隠れていることを認識しておく必要がある。トリアージをしっかり行い、軽症者のためのテントや施設の中で管理していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【災害対策課長】
 支援体制については職員の役割分担を明確にするため、応急対策に従事する職員の要員登録を行い、研修・訓練をなるべく早い段階から取り組んでいきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 方面本部と市町村が災害時にしっかりした連携を取ることがポイントになる。トリアージポストをどうするのか、重症軽症の判断がきちんとできるのか、地域に外科の診療所がない、災害時は救急車が使えない、軽症の人も三次の医療機関に運ばれている等の問題がある。こういう問題を災害対応の中心になるべき市町村が十分に認識していない。きちんと市町村に認識させることが大切である。また、防災局は市町村の備蓄について把握しているのか。新体制となる上で、市町村との詰めをいつまでと考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【災害対策課長】
 市町村の災害対策用の備蓄は、市町村単位で把握している。しかし、その具体的な保管場所やどこの避難所にどの設備があるか等、細かいことについては把握していない。方面本部制となり、市町村との連携をとる中で状況を把握し、確認していきたい。時期については出水期が目途になると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 地方事務所長がその地域の最高責任者となり、市町村と連携していかなければならないが、統括する防災局長の決意はどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【防災局長】
 離れている所ではなく、近い所で指揮を取る方面本部制は、今まで欠けていた視点である。幹部にはこの3月中にも説明をし、市町村長と協同して責任を持ってやってもらいたい。防災にとってこの再編はチャンスであり、職員一人ひとりがきちんと役割を認識していけるよう訓練に取り組みたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【浜田一徳委員】
 来年は、伊勢湾台風50年の節目になるが、何か事業をする計画があるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【防災危機管理課主幹(政策・企画)】
 来年は、伊勢湾台風から50年という大きな節目の年となる。50年と言えば半世紀であり、被災した方やご遺族の方も高齢化している。50年の節目に当たる来年度については、今現在、事業の方向性として、一つは被災者、ご遺族の方に哀悼の意を表す式典、二つ目に啓発を中心としたイベントなど一過性にならない、継続していけるような事業を実施していきたいと考えている。予算化はしていないが、事業の展開によっては補正予算をお願いすることも考えたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【浜田一徳委員】
 伊勢湾台風を知らない世代が増えつつあるので、伊勢湾台風のアニメや記録映画等を活用して、小・中・高校において、学校教育の中で映像を見せたらどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【防災危機管理課主幹(政策・企画)】
 伊勢湾台風40年記念事業において、あいち県政ニュースの伊勢湾台風特集の記録フイルムをビデオ化した。また、30年記念事業においては、伊勢湾台風物語のアニメ映画をビデオ化して、希望があれば貸出しを行っている。なお、建設部が2月に名古屋国際会議場において、フォーラムの中で伊勢湾台風物語を上映する等活用している。

-------------------------------------------------------------------------------

【浜田一徳委員】
 貸出しをするのではなく、ぜひ教育委員会等と協力し、こちらから積極的に出かけて行く等、アニメと記録映画をセットにして見せる等をしてほしい。
 次に、建具の補強により耐震補強ができると聞いたが、耐震改修の簡易な方法の開発状況はどうなっているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【防災危機管理課主幹(政策・企画)】
 愛知県、名古屋市、旧国立3大学、民間団体が連携し、愛知建築地震災害軽減システム研究協議会で検討を進めており、12月までに開発をしていきたい。現状では耐震改修工事費は、平均で174万円となる。外部に鋼鉄製の棒を施工する工法やふすまの枠を補強したり、薄い板をたくさん重ねて工事費を安価に納める工法を検討中である。検討結果は、内容を広く県民に知らせるとともに、施工業者に対してはマニュアル等により啓発する。

-------------------------------------------------------------------------------

【浜田一徳委員】
 防災局が中心となり、早急にまとめてほしい。海部地域を「防災特区」として位置づけて施策を推進してほしいが、防災局長の見解はどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【防災局長】
 「防災特区」としてのやり方がよいのか、一度研究したい。