議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成18年総務県民委員会 本文




2006.03.17 : 平成18年総務県民委員会 本文


(主な質疑)
《議案関係》
【高木ひろし委員】
 第36号議案「愛知県県税条例の一部改正について」であるが、延長する法人事業税の超過課税の税率は、平成6年度まで5パーセントであるが、今回は3パーセントである。5パーセントに戻さない理由があるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課長】
 超過課税をお願いするには、企業の皆様の理解が必要であり、延長のたびに企業に対し説明を行っている。今回は、昨年11月に関係団体へ説明をしている。
 関係団体からは、時限的なものであるのに30年間に及ぶようなものはいかがなものか、使途である防災事業は、恒久的な事業であり、一般財源を充てるべき事業ではないか、また、対象が大企業だけなのはいかがなものかとの意見があった。
 全国的に見ると実施しているのは、本県を含め7県あり、3年ごとの改正により、その都度議論ができるメリットがあること、また、防災事業が大切な事業であること等を説明したところ、何とかご理解をしていただき、今回提案をさせていただいている。そのため、3パーセントの税率を引き上げることは難しいのではないかと思っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【高木ひろし委員】
 個人は収入が伸びないなか、税率が上がって、企業は業績が伸びているのに税率が上がらないのは、いかがなものか。本県は7県の中では一番低い税率である。今後の景気動向など不確定要素があり、早急な判断はできないと思うが、次回の見直しまでの3年間で十分議論し、また、森林環境税の導入議論の際にも、担税力などを考慮した検討を行ってもらいたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 第29号議案「職員の給与に関する条例等の一部改正について」であるが、本県においてはこの条例改正で何パーセント程度給料が下がるのか、また、引下げに伴う経過措置として現給保障されるとのことであるが、この現給保障額が保障される経過期間はどのくらいか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(給与)】
 行政職の職員では給料月額で平均5.7パーセント引き下がることになるが、今回の引下げに伴う経過措置として、改定前の給料月額と改定後の給料月額との差額を給料として支給するため、現行の給料月額が保障されることとなる。
 現給保障額の保障される経過期間については、若年層と中高年層では給料月額の引下げ率が異なることや、今後勤務成績に基づく昇給制度となり昇給幅が一律ではないことから、その経過期間を一律に提示するのは困難である。
 なお、今回の給与構造改革は、職務・職責を重視し、より勤務実績を反映しうる給与処遇を可能にするため、昇給カーブのフラット化を行うとともに、従来の1号給を4分割するなど、昇給制度の見直しも行うものである。
 中高年層にとっては、新給料表では給料月額が引き下がることにより、一定年数以上現給保障されるものの昇給が停止している状況とはなるが、勤務成績により今まで以上に昇給でき、上位の職に昇任することによって今まで以上に昇給できることにもなるので、職員の士気が高まるように適切に運用していきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 給料が下がることにより職員の士気にも影響が出てくると思われるが、職員への説明などについてどのように考えているのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(給与)】
 勤務実績の給与反映の運用については、現在、職員組合と調整をしているところであるが、職員に対して、それぞれの部局を通じて、今回の制度改正の趣旨等を十分に説明し、士気が下がることのないよう配慮していきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 地域手当について、附則の部分で当分の間は100分の10とするとなっているが、この当分の間についてどのように考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(給与)】
 地域手当については、人事委員会の勧告を受けて、暫定的に県内一律で支給率を10パーセントとしたものである。この地域手当については、人事委員会の勧告にあったように、本県の地域手当の在り方としてどうあるべきかということを調査・検討の上で勧告されるので、それを待って適切に対応していきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 職員がやる気を持っていけるような制度にしていってもらいたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【塚本久委員】
 法人事業税の超過課税の対象となる企業の件数は何社か。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課長】
 平成17年度最終予算で、1万7,500社を予定している。

-------------------------------------------------------------------------------

【塚本久委員】
 超過課税によりこれまで防災事業に充当された額は、5,000億円で間違いないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課長】
 平成18年度当初予算を含め、5,052億円になる。

-------------------------------------------------------------------------------

【塚本久委員】
 公共事業が減っていく一方で、防災事業の需要は高い。超過課税は企業には時限立法的と言いながら、県としてやめられないのではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 ここ数年、公共事業の縮減が行われ、公共事業費自体が落ちてきていることは事実である。法人事業税の超過課税は18年度は108億円の収入見込みであり、このうち河川事業で74億円弱充当予定である。本県の場合は東海豪雨があったこともあり、防災関係事業を引き続きしっかりやっていく必要があるということで、超過課税の延長をお願いし、関係経済界等にご理解いただきながら、今回議案を提出しているところである。公共事業が縮減されている中ではあるが、こういった観点から防災事業はしっかり取り組んでいく必要があり、貴重な財源として大切に使わせていただきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【塚本久委員】
 趣旨は分かるが、時限立法的なものとして企業は受け入れているのであるから、企業から十分な理解を得られるよう努力してもらいたい。


-------------------------------------------------------------------------------

《一般質問》
【小林功委員】
 桃花台や蒲郡海洋開発のように追加支援が必要となるような第三セクターが出てきている。県は第三セクターとは離れていてあまりチェックしていないように思えるがどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 あいち行革大綱2005において、県関係団体や深く関与している第三セクターの個別の名称を挙げて取組を掲げている。各部局や総務部でも経営状況を見ているところである。第三セクターについては昨年の委員会でも指摘があり、その後全庁に通知を出して指導したところである。今後、指定管理者制度も入ってきて第三セクターを取り巻く環境も大きく動いていく。国も指針を出しているが、厳しい状況にある第三セクターについては、県のかかわり方等も含めてきちんと点検していくことが必要と考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林功委員】
 総務省の平成15年12月の指針に「減損会計に留意する必要がある」と書いてある。これまでの間、蒲郡海洋開発についてしっかり検討してきたのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 個別の第三セクターについては、所管している部局からお答えしたい。一般論として、本来であれば、減損会計の適用を踏まえ、しっかりと検討をしていく必要があったのは事実である。ただ、内部的な検討は担当部局で行われてきたと思っている。これまでの間何をしていたのかとおしかりを受けるかもしれないが、非常に難しい問題があり、県としてどう対応するかについて、まだ十分に説明できる段階にない。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林功委員】
 今年の暮れには融資期間も切れる。多額の欠損金を抱えたような会社が融資を受けることは困難である。平成15年12月に手を付けていれば今のような状態ももっと違っていたのではないか。また、26パーセントも出資している以上、県はもっと口も出し、人も出して県とのつながりをしっかりさせなくてはいけないのではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 第三セクターによって、設立の経緯など様々であり、県の関与の在り方も様々である。人的派遣について、一概に申し上げるのは難しい。経営は極力民間に任せるというのも考え方の一つである。いずれにしても、税金を原資の一部としている以上、経営状況をしっかり把握して説明していかないといけないと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林功委員】
 早めに手を付けないといけない。民間に任せきりにしていたから、桃花台は経営悪化に陥ったのではないか。第三セクターは定期点検が欠かせない。監査委員がチェックしているというが、あの程度のチェックで十分なのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 第三セクターによってそれぞれ専門性があるので、詳細なチェックは専門的なアドバイスが必要であろうと考える。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林功委員】
 先送りは避けてほしい。本当に公共性があって必要な所は、毎年補助金を支出してでも県がやっていくとしたほうが良い。特に経営が悪化した団体については問題の先送りは避けてほしい。少なくとも第三セクターを県庁退職後の再就職先などとは考えないでほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 第三セクターについては、様々な経緯、形態があり、経営状況も様々である。それぞれの事業内容、設立の経緯、県の関与の仕方も様々であることから、その実情に応じた取扱いが必要である。現実的には各所管部局においてそれぞれ対応しているが、昨年の委員会のご指摘もあり、全庁的な取組も欠かせないことから、17年度からは総務部としての関与を強めたところである。経営改善や統廃合、あるいは継続出資の必要性の乏しいものは出資比率を見直すなど、今後とも色々な観点から出資法人を見直して、行政改革につながるように取り組んでいくので、ご理解をいただきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 民間企業に県の職員を派遣していると思うが、その人数、期間及びその成果はどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(人事)】
 民間企業への派遣研修については、平成17年度から始めているが、これは「あいち行革大綱2005」の中での取組事項の一つとして、企業での実務を通し、サービス意識、コスト感覚、行政内部では習得しがたい実践的な民間企業的な発想を身に付けさせ、職員の意識改革を図ることとしているものである。
 17年度については、豊田自動織機を始めとした4社に各1名、1年間、派遣している。
 派遣している職員の感想としては「問題解決に非常に前向きである」、「なにかやってみようという意識がある」、「ものづくりに対してこだわるレベルが違う」といったものがあり、職員の意識改革には目覚ましいものがあり、非常に高い研修効果が得られていると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 職員が帰ってきてからどのような成果を挙げるのかが重要であると思うがどのように考えているか。また、今後対象者を増やしていく考えがあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(人事)】
 この制度については、引き続き実施し、拡大していきたいと考えている。
 帰ってきた職員については、この研修の成果を実際に生かせるような職場へ配置をしていきたいと考えており、職員がその職場で良い影響を与えるといった効果も期待している。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 せっかく研修に行ってきたのであるから、帰ってきてから成果が挙がるようにしてもらいたい。
 長崎県では、民間からシステムエンジニア専門職を採用して、システムの見直しやシステム開発費などの削減といった成果を挙げていると聞いているが、このような外部登用について、どのように考えているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(人事)】
 民間からの外部登用については、「あいち行革大綱2005」の中でも、県行政の高度化・専門化が進む中で、県の内部では得られにくい高度の専門性を備えた民間人材の活用を図ると掲げている。
 実績としては、平成16年度に、防災局において、5年間にわたる防災計画の見直し等の業務に従事させるため元自衛隊職員を、また、国際課では、愛知万博の開催に合わせ、韓国語の通訳・翻訳ができる方を、「一般任期付職員」として採用した例がある。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 専門的な知識というものが非常に重要となってくるため、専門性のある分野については、例えば部次長級といった権限を持つ職を与え、専門家を任用していく必要があると思うが、どのように対応していくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(人事)】
 高度の専門的な知識経験又は優れた識見を有する者等を任用する「特定任期付職員」という制度がある。これは給与面でもかなり厚遇した形で採用できるものである。
 5年以内の期間ではあるが、こうした制度を部局の要請に応じて活用することも考えていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 外部の人材を県庁内部へ入れる、また、県庁職員を外部へ派遣することで、県庁の風通しも良くなると思うが、人事面での交流について総務部理事の考えはどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部理事】
 双方向での人事交流については、従来からやってきており、今後についても引き続きやっていきたいと考えているが、ご指摘いただいた高度な分野については、行政の動向・課題等を踏まえ、各部局の意見を聞いた上で、外部の人材の登用を前向きに検討していきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【榊原康正委員】
 日銀が量的緩和を解除するが、金利が上昇することで県の財政にもプラス面があると思う。どういう見通しか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 本県は県債残高が約3兆8,000億円ある一方、基金は底をついている。運用できる基金があれば金利上昇は金利収入の増につながるが、基金がない状況でしかも県債残高を抱えている状況なので、なかなかプラスの効果は期待できない。借換債を含め県債を年間約4,000億円発行しているが金利1パーセント上昇で40億円の利子負担の増であり、これが毎年積み上がっていくという計算となる。このように金利上昇はマイナス面が強く、今後の金利動向に十分注意する必要があると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【榊原康正委員】
 国民の失った金利の報道もある。全国で預金が1,400兆円くらいあると思うが、金利上昇により利息収入が増えれば消費も増えると考えられ、金利上昇はマイナス面ばかりではないと思うがどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 金利上昇には両面あり、預金者にとっては利息収入が増えるということでプラス効果になる。財政中期試算でも成長率も上がり県税収入を2パーセント増で見込んだ。財政的には景気が良くなり税収が増える一方で、できれば低金利で県債の利息を抑えていきたいと考えているが、そもそも金利は市場が決める話である。財政課としては県債発行年限の多様化、20年債の発行など、金利上昇にもある程度耐え得るよう県債の発行方法を工夫してまいりたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【高木ひろし委員】
 県内で、戸籍の不法取得に係る、今度は刑事事件になった問題が発覚した。これは、名古屋市中区にある興信所が、西区に住んでいる個人の戸籍抄本を取得するために、自分の所の社員に対する本人からの委任を偽造して、西区役所で戸籍抄本を取得したというものである。これは、本人が、結婚をめぐる話で、自分の個人情報を良く知っているということを不審に思い調査し、また警察も動いた結果、委任状を偽造したことが罪に問われ、立件されているものである。問題は、この興信所では他人名義の三文判、印鑑を1,500本くらい持っていて、他人の戸籍謄本や住民票を調査する目的で委任状を偽造するというやり方を20年間に数千件やっていたそうである。
 この事件を見ると、窓口対策を行ったり本人確認を強化しても、委任状が本物かどうかは確認のしようがなく、一体どうしたら、こうした犯罪、人権侵害を防げるのかと思う。
 そこで、申請の本人への通知、いつ、だれが、どういう目的であなたの戸籍抄本なり住民票を取得したということの通知を義務付ける以外に抑止手段がないのではないかと思う。これは、法務省や総務省の審議会でも、議論のそ上に載せているようであるが、県として、今後どのように市町村を指導していくつもりなのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【市町村課長】
 代理人が書類取得できることは、一般的に制度として認められており、それができないと逆に不便だということもあるので、代理人が請求すること自体は、やむを得ないかと思っている。
 委任関係が真正なものかどうかの確認については、現在の手続きの中では、市町村はそこまで行わなくてもよいことになっている。しかし、市町村に対しては、代理人が申請される場合を含め、その方が本人であるかどうかの確認を行うことを国も指導しており、県としても市町村へお願いしている。
 本人への通知を義務付けたらどうかとのご提案であるが、一般の方への負担が増える、あるいは、市町村にとってもかなりの負担になる。県としては、市町村の窓口の職員で構成する戸籍あるいは住基法の事務の協議会というような所とよく議論をして、一般の利用者のサービスの低下をさせないで不正を防止するという観点から、良い方法を検討したい。また、制度改正の必要があれば、国へも要望していく取組をしてまいりたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【高木ひろし委員】
 例えば、営業目的で名簿を作るために、住民票を閲覧することを防止するため、手数料を1件600円とか700円とかに上げている所もある。抑止的な意味で手数料を上げるくらいなら、その中に葉書代とか切手代を含め、本人に、本人あての通知書を持参してもらい、そこに本人確認とともに、本人の名前と理由を記載してもらい、そして投函だけを窓口が行うことで本人への事後通知は可能だと思う。
 色々な事務があるので、戸籍や住民票だけで良いのかなど問題もあろうかと思うので、ぜひ研究課題としてもらいたい。
 去年の暮れに部落地名総鑑の9番目の種類のものが関西で発覚した。これは、被差別部落の旧地名と現地名を対照するもので、CDになっている。そのため、データが流布する恐れが十分にある。これは興信所が、戸籍地を旧被差別部落の地名と照合して分かるものであり、結婚などに関する依頼が多く、結局、人権侵害につながっていく恐れが非常に強いと思う。これは早急に何らかの手立てが必要で、本人通知が一番確実、かつ、やはり自己情報コントロール権という意味からも必要な措置であるので、お願いしておきたい。
 万博終了後、モリゾーとキッコロが、もともとの故郷である海上の森に帰ったことを、瀬戸市役所がPRしたいとの思いからか、モリゾーとキッコロを瀬戸市の市民として特別住民登録し、本籍地は海上の森であることを記載した住民票を発行したという話題があった。
 これ自体は、実在しないモリゾーとキッコロの本籍がどこにあろうが被害が及ぶわけはないのだが、タイミング的にこれだけ戸籍や住民票の公開制限の問題を議論していた最中に行われたものである。瀬戸市は一万数千件以上、この住民票を発行したらしく、随分財政的にも潤ったらしい。瀬戸市を責めるわけではないが、自分の所の市民であるということを住民票で証明したい気持ちは分かるが、手数料も取ってPRの手段に発行するというのはいかがなものか。住民基本台帳法上どのように考えたらよいか。

-------------------------------------------------------------------------------

【市町村課長】
 この事務自体は住民基本台帳法に基づく住民票の発行とは全く別次元の、法制度とは全く関係ない印刷物を有料で配布するという次元のものであるととらえている。

-------------------------------------------------------------------------------

【高木ひろし委員】
 しかし、住民票とか戸籍の記載という形態を採っている限り、一般の人に他人の住民票は本籍地を記載したものが自由に発行してもらえると勘違いされる恐れがある。正当な目的でなければ出せないということを理解してもらうためのキャンペーンをしている最中に、そういったことが世間の誤解につながる恐れがあるのではないかと心配をしている。市町村に対して、こうした戸籍、住民票を含めた個人情報の取扱いについては、法改正を待たずに、今後とも人権への配慮、個人情報の保護の配慮に基づいた指導をしてもらうように要望する。

-------------------------------------------------------------------------------

【横井五六委員】
 「あいち行革大綱2005」の県庁改革の中で、「地方機関の組織・機構の見直し」が重点取組事項として掲げられている。
 聞くところによると、大阪府は出先を全面的に廃止したり、京都府は縮小したり、隣の岐阜県では総合出先機関である地域振興局を5年ほど前に設置している。また、三重県では本庁機能を強化しようとしているようである。
 総合化と分野別化にはそれぞれメリット、デメリットがあると思う。現時点ではどちらの方向に向かって検討しているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政改革推進)】
 地方機関については、これまで、各部局のヒアリングや地方機関へ出向き、様々な意見をいただいてきた。それらを集約すると、複数の機関をまとめるいわゆる総合化のメリットは、地域の実情に応じた総合的な施策展開が可能となることにある。複数部局にまたがる事務事業について、窓口の一本化が図られ、利用者の利便性が高まる。庶務・管理部門の統合により、効率性が高まるといったことである。その反面、デメリットは、予算裁量権などの実質的な権限が付与されない限り、現実には総合的な施策の実施は困難なことである。建物空間の一体性がなければ、実質的な総合化は困難であることが挙げられる。
 一方で、分野別化のメリットは、分野ごとに県内統一的な施策展開が可能となる。専門性が向上し、きめ細かな対応が可能となる。反面で、デメリットは、地域の課題等に対して総合的に対応することが困難となる。窓口がそれぞれの地方機関ごとに設けられ、利用者が戸惑う場合がある。庶務・管理部門を個別に設置しなければならないなどである。
 現在、これらの検証結果や、世論調査の結果など様々なデータを基に、その方向性をしっかりと検証しているところである。

-------------------------------------------------------------------------------

【横井五六委員】
 次に、平成14年度の地方機関再編の目的が十分に達成できていない事項や、十分に検討ができていなかった問題とはどのようなものがあるのか、現時点で洗い出したもののうち、代表的なものを教えてもらいたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政改革推進)】
 14年度の地方機関の再編の際に、目的が十分に達成できていない事項について、代表的なものを挙げれば、県事務所長に付与した地域総合調整機能が、所期の目的を果たしていないという点である。
 また、14年度の再編時には十分検討が出来なかった問題について、代表的なものを挙げると、健康福祉施策を一元的に推進するため、保健所などを事務所に組み込んだが、その組織体制及び内部管理事務が煩雑化したこと、などが挙げられる。

-------------------------------------------------------------------------------

【横井五六委員】
 市町村合併の推進に関する構想の策定を17年度に作るとあるが、人口1万人以下の春日町、飛島村、設楽町、東栄町、豊根村、音羽町に対し、どのような助言や支援を考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【市町村合併支援室長】
 本年度、合併構想の検討に当たり、総務大臣の基本指針に示された人口1万人未満の町村について行政運営実態調査を実施したところである。
 調査結果からは、いずれの町村も、今後の地方分権の進展を見据えるとき、多くの課題を抱えていることが明らかになった。県では、こうした調査結果を踏まえ、これまで関係町村の首長、議員と意見交換を何度も重ねてきた。それとともに、住民の皆様方の意見を聞くため地域懇談会を開催したところである。
 こうした取組の結果、課題解決の手法として、市町村合併を考えることについて理解は深まってきたものと考えている。ただ、相手方を特定して、いつ合併するかという具体の合併議論には、それぞれ地元の事情、例えば、町長さんが急にお亡くなりになったとか、選挙をこれから控えるとかの事情もあり、一律に同じように進んでいるわけではない。新年度も積極的に町村と意見交換をしていきたいと考えている、ご支援をお願いする。
 ただ、現時点でいくつかの町村ではっきりしている。音羽町では、昨年12月議会で町長が豊川市との合併を打ち出し、町議会も豊川市との合併決議を行ったところである。県としては、今後、積極的に音羽町と豊川市との合併についてかかわってまいりたいと考えている。
 また、飛島村については、豊かな財政力を背景に、村長が昨年の12月議会で、村民と協力して更に合理化を進めながら単独での村営運営をしたいと表明されているので、私どもとしては、当村の行革努力、今後の単独での運営の推移をしっかりと見守りたいと考えている。
 最後に、先ほどご指摘いただいた17年度中での合併構想については、どこの町とどこの町の合併という、具体的な組合せを示す必要があり、地元での十分な理解と納得を経て進みたいと考えていることから、現時点では、本年度末までの策定については、その条件は十分に熟していないものと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【横井五六委員】
 来年の平成19年4月から地方機関の抜本的な見直しを行うとあるが、今の話では、市町村合併が進行途中にあり、地方機関の総合化、分野別化の方向性も定まっていない、平成14年度の地方機関再編の際の課題も検討中とのことである。こうした状況の中で、目標に掲げている平成22年度までのプライマリー・バランスの黒字化は可能か。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 先日公表した財政中期試算では、17年度470億円の赤字を18年度には379億円と約100億円改善した。本県財政は扶助費などの義務的経費の増加で非常に厳しい状況にあるが、好調な税収に支えられ何とか予算編成できたところである。行革をしっかり進めて22年度には黒字化を達成したい。財政と組織の見直しは直接には関係しないが、組織の在り方や職員定数の在り方は、それに伴う財政負担と深い関係があり、中長期的には組織の在り方は大きな課題となってくると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【塚本久委員】
 先の代表質問、一般質問で、知事は積極的に道州制を推進していきたいとのことであった。今回の予算書の中にも道州制の推進事業費が付いている。去年は道州制の検討事業費だったので、今回推進事業費となったということは、県として前向きに取り組んでいこうとしている表れだと思われる。
 あるマスコミが道州制について知事に対してアンケートを行った。「道州制が必要」としている都道府県が27、「どちらともいえない」が16、「反対」が2という内訳だった。
 報道によれば、「道州制が必要」と答えた27都道府県の理由と道州制の意義は、「地方分権の流れの中、圏域を越える経済産業振興、環境問題など広域的な行政課題に迅速・的確に対応できる」、「自立的な地方分権型システムの構築や国・地方の行財政改革が期待できる」、「個性ある地域作りが展開できる」というものであった。
 ただ、「どちらともいえない」と答えた県では、「もっと具体的に国家像の議論を深めるべきだ」との回答であった。
 そこで、私が心配するのは、愛知県は積極的にやろうとしていても、三重県、岐阜県、静岡県は「どちらともいえない」との消極的な姿勢であることである。
 近隣県が消極的な姿勢の中で、どうやって愛知県は道州制を進めていくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政評価・分権)】
 岐阜県では、「現行の都道府県制度の中でも一層地方分権は可能ではないか」、「今回の答申は区割りに関心が集中し、道州制の推進が都道府県合併との形にわい小化しないか」との不安を持っている。
 また、三重県では、「国が三位一体改革のように権限委譲をしないのであれば、現行の都道府県で十分だ」、「内政は地方に任せるという形になれば、道州制も一つの選択肢である」としている。
 今回の答申は区割り案が先行し、道州が担うべき役割、機能の検討が十分されていないなど、問題点が残されていると思う。しかし、道州制の導入が地域の課題に対応した真に自主的・自立的な政策展開を可能とするものであるならば、ぜひ推進していかなればならないと思う。
 近隣県との今後の進め方であるが、知事会など全国レベルでの活動はもちろんのこと、平成16年度から東海三県一市知事・市長会の発案で設置している「東海三県一市道州制等研究会」、中部経済連合会における「道州制検討協議会」、これは、愛知、岐阜、三重、長野、静岡の各部長がメンバーに入っているが、これら広域協議体制の活動もうまく活用しながら取り組んでいきたいと考えている。
 また、個別のテーマであるが、広域観光、海外企業の誘致、環境・防災など連絡調整組織を持っているので、広域的な連携を進めながら、道州制の理解を深めていきたいと思う。

-------------------------------------------------------------------------------

【塚本久委員】
 知事はアンケートで道州制の導入の時期を10年から20年後と答えている。そうであるならば、早く進めていかないと間に合わない。ただ、道州制は大きな政府を作ることであるので、民意が反映されなくなるのではないかとの心配もある。消極的な県はこれを心配していると思うが、そうした中で、今後どう進めていくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政評価・分権)】
 道州制が導入されると区域が広がって民意が反映されなくなるのではないかというのは危ぐされている点である。
 16年度に分権時代における愛知県のあるべき姿の検討会の答申で、愛知県の特徴は道州内分権、例えば、旧の国の単位ぐらいに権限委譲してはどうかとの提言をいただいており、地域から行政が遠くなることを解消する一つの方法かと思う。こうした考え方は、知事も地方制度調査会の参考人として紹介しており、総務省も評価している。ただ、これが唯一の方法ではないので、近隣県と時間を掛けて研究していきたいと思う。

-------------------------------------------------------------------------------

【塚本久委員】
 東洋英和女学園のある先生の書物には、「道州制の議論は、大きいことはいいことだという幻想が前提になっている。道州制は地域の力を生み出さない。現在よりも、多重で複雑な行政構造になる。地域民主主義と道州制とは広すぎるとの理由でなじまない。」と書いてある。部長の見解を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 道州制については、市町村合併が進んだので、今度は都道府県合併が必要だとの考え方もあるが、我々は、中央集権体制から地方分権体制への根本的な変革が不可欠だとの考えを基本にしている。
 道州制の導入は、地域の課題に対応した真に自主的・自立的な政策展開を可能にしなければならないと思う。県のあり方検討会の中でも、「補完性の原理」を基本とし、政府が小さくなって、道州に権限を与えて、住民に近い所で行政ができるようにしていきたいと考えている。
 したがって、委員ご指摘の先生の考えとは少し違う考え方で検討していきたいと思っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 平成13年12月議会で三浦議員が女性の登用について質問した際、総務部長は、13年度の課長級以上の女性の役職率は14.75パーセントであり、これを20パーセント以上に高めたいと答弁しているが、17年度の率はどうなっているか。
 また、課長級以上を対象とした人事評価制度を14年度から導入するとのことであったが、この導入状況についてはどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 平成13年度の14.75パーセントに対して平成17年度は15.87パーセントとなっており、20パーセントに向けて、毎年度率は上がっている。
 人事評価制度については、課長級以上の人事評価制度を14年度から試行して、実質的には16年度から実施し、17年度の6月と12月の勤勉手当にその成果を反映している。給与反映が中心の人事評価ということになるが、昇任においても人事評価の結果を参考にして、実質的に任用の中で女性の登用も進めている。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 今の40代、50代の女性の昇任が非常に遅れていると思うが、20パーセントに到達するのは何年後になるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 一人一人の昇任までの年数を具体的に推測することはできないが、数年先には20パーセントを超える若しくはそれに近い数字になると見込んでいる。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 13年12月議会の答弁では、平成22年で20パーセントとなると言っているが、これは達成できるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 平成22年に向かって、優秀な女性の登用を図り、任用の中で役職率が20パーセントに達するように進めている。
 なお、若い職員の昇任については男女での差はほとんどないが、40代、50代の女性については、県庁に入った当時は内部管理の庶務事務が中心で事業担当の機会が余り与えられなかったことや、男女雇用機会均等法が制定されたばかりということもあり、全体の中の意識に男女の差があったが、今は昇任においても、その人物の能力を総合的に見て任用している。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 男女及び本庁・出先の違いによる昇任の年数について、調査したことはあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 昇任の年数については、課長級クラスでは逆転しているケースもあるので一概には言えないが、一般論として、男女で3年から4年、本庁・出先においても3年から4年の差がある。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 仕事にやる気のある女性職員などが埋没しないよう、昇任に人事評価の結果を使用していると思うが、この人事評価に使用する様式は統一したものなのか。また、事業の成果評価の項目は何項目程度あるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 人事評価制度では、様式については統一したものを使用し、目標管理設定として、上司と相談の上で、組織として1年間どのようなことをするのか3項目から5項目を選び、3回の面談を通じて進ちょく状況を確認しながら、最終的に達成できたかを評価している。
 また、能力発揮度として、監督能力や知識などといった項目について自分がどれだけの能力があるかについて、5段階で評価している。
 この両方を総合的に評価して、その職員の1年間の成果を見ることとなっている。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部理事】
 人事評価制度については課長級以上を対象としたものであり、補佐級以下の職員については勤務評定制度という別の制度で従来から評価をしている。これは、10項目程度のそれぞれの職級に応じた評定要素を設定しており、それに達成しているかどうかを5段階で判定するものである。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 職員がやる気を持ち、100パーセントの能力を発揮できるような環境を作っていく必要があると思うが、今後の取組について、理事の考えを伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部理事】
 女性職員については、過去においては、いわゆる能力開発の機会が男性に比べて少なかった面があったかもしれないが、現在においては、県税の徴収担当や用地買収などの仕事にも女性を就かせており、男女を問わず、能力開発をしてもらい、汗をかき成果を挙げた職員が報われる仕組みを作っていきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 正当な評価ができる人事の在り方を考えていただきたい。