議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成23年2月定例会(第9号)〔資料〕




2011.03.18 : 平成23年2月定例会(第9号)〔資料〕


平成23年2月定例議会
          総務県民委員会審査結果報告書
                         平成23年3月14日
  愛知県議会議長 日 高   昇 殿
               総務県民委員会委員長 鈴 木   愿
 平成23年2月定例議会において本委員会に付託された事件についての審査
の結果を別紙のとおり報告します。
(別紙)
○議案
議案番号        件   名 ・ 区   分
  1 平成23年度愛知県一般会計予算
     第1条(歳入歳出予算)の内
      歳 入
      歳 出
       第1款 議会費
       第2款 総務費
       第4款 県民生活費
       第11款 教育費の内
        第8項 大学費
        第9項 私立学校費
       第13款 公債費
       第14款 諸支出金
       第15款 予備費
     第2条(債務負担行為)の内
      愛知県私学振興事業財団私立高等学校授業料軽減貸付金償還事
      業損失補償
      私立高等学校授業料軽減借入金償還補助(愛知県私学振興事業
      財団私立高等学校授業料軽減貸付金償還事業)
      私立高等学校授業料軽減借入金利子補給(愛知県私学振興事業
      財団私立高等学校授業料軽減貸付金償還事業)
      地方債証券の共同発行によって生じる連帯債務保証
     第3条(県債)
     第4条(一時借入金)
     第5条(歳出予算の流用)
  2 平成23年度愛知県公債管理特別会計予算
  3 平成23年度愛知県証紙特別会計予算
 13 平成23年度愛知県印刷事業特別会計予算
 18 知事等及び職員の給与の特例に関する条例の制定について
 20 愛知県行政機関設置条例の一部改正について
 21 愛知県手数料条例の一部改正について
 22 愛知県副知事定数条例の一部改正について
 23 愛知県職員定数条例の一部改正について
 24 県議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例及び委員会の委
    員等の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について
 25 職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部改正
    について
 26 職員の給与に関する条例の一部改正について
 29 消費者行政活性化基金条例の一部改正について
 30 愛知県女性総合センター条例の一部改正について
 47 包括外部監査契約の締結について
 67 平成23年度愛知県一般会計補正予算(第1号)
     第1条(歳入歳出予算の補正)の内
      歳 入
 68 平成23年度愛知県一般会計補正予算(第2号)
     第1条(歳入歳出予算の補正)の内
      歳 入
      歳 出
       第2款 総務費
 69 副知事の選任について
(結果)
 全員一致をもって原案を可決すべきものと決した議案
  第1号から第3号まで、第13号、第18号、第20号から第26号まで、第29
  号、第30号、第47号、第67号及び第68号
 全員一致をもって同意すべきものと決した議案
  第69号
       ──────────────────
平成23年2月定例議会
         地域振興環境委員会審査結果報告書
                         平成23年3月14日
  愛知県議会議長 日 高   昇 殿
             地域振興環境委員会委員長 酒 井 庸 行
 平成23年2月定例議会において本委員会に付託された事件についての審査
の結果を別紙のとおり報告します。
(別紙)
○議案
議案番号        件   名 ・ 区   分
  1 平成23年度愛知県一般会計予算
     第1条(歳入歳出予算)の内
      歳 出
       第3款 地域振興費
       第5款 環境費
     第3条(債務負担行為)の内
      環境対策資金貸付
      環境対策資金融資に係る愛知県信用保証協会損失補償
 27 愛知県ふれあい広場条例の一部改正について
 28 愛知県名古屋飛行場条例の一部改正について
 31 県民の生活環境の保全等に関する条例の一部改正について
 32 廃棄物の適正な処理の促進に関する条例の一部改正について
 33 愛知県産業廃棄物税条例の一部改正について
(結果)
 全員一致をもって原案を可決すべきものと決した議案
  第1号、第27号、第28号及び第31号から第33号まで
       ──────────────────
平成23年2月定例議会
          健康福祉委員会審査結果報告書
                         平成23年3月11日
  愛知県議会議長 日 高   昇 殿
               健康福祉委員会委員長 かじ山 義 章
 平成23年2月定例議会において本委員会に付託された事件についての審査
の結果を別紙のとおり報告します。
(別紙)
○議案
議案番号        件   名 ・ 区   分
  1 平成23年度愛知県一般会計予算
     第1条(歳入歳出予算)の内
      歳 出
       第6款 健康福祉費の内
        第1項 健康福祉総務費
        第2項 生活保護費
        第3項 児童家庭費
        第4項 高齢福祉費
        第5項 障害福祉費
        第6項 生活衛生費
        第7項 保健所費
        第8項 医薬費
        第10項 県立病院費
  4 平成23年度愛知県母子寡婦福祉資金特別会計予算
 14 平成23年度愛知県県立病院事業会計予算
 34 愛知県社会福祉施設条例の一部改正について
 35 あいち健康の森健康科学総合センター条例の一部改正について
 36 愛知県看護師等養成施設条例の一部改正について
 40 愛知県障害者住宅整備資金貸付条例の廃止について
(結果)
 全員一致をもって原案を可決すべきものと決した議案
  第1号、第4号、第14号、第34号から第36号まで及び第40号
       ──────────────────
平成23年2月定例議会
          産業労働委員会審査結果報告書
                         平成23年3月14日
  愛知県議会議長 日 高   昇 殿
               産業労働委員会委員長 森 井 元 志
 平成23年2月定例議会において本委員会に付託された事件についての審査
の結果を別紙のとおり報告します。
(別紙)
○議案
議案番号        件   名 ・ 区   分
  1 平成23年度愛知県一般会計予算
     第1条(歳入歳出予算)の内
      歳 出
       第6款 健康福祉費の内
        第9項 上水道費
       第7款 産業労働費
     第2条(債務負担行為)の内
      一般事業資金(短期資金)融資に係る愛知県信用保証協会損失
      補償
      経済環境適応資金融資に係る愛知県信用保証協会損失補償
      あいち産業振興機構設備資金貸付事業損失補償
      あいち産業振興機構設備貸与事業損失補償
      愛知火災共済協同組合共済金支払資金貸付
      労働者福祉資金(離職者生活資金)融資に係る日本労働者信用
      基金協会損失補償
      雇用セーフティネット対策訓練業務委託契約
  5 平成23年度愛知県中小企業近代化資金特別会計予算
 15 平成23年度愛知県水道事業会計予算
 16 平成23年度愛知県工業用水道事業会計予算
 17 平成23年度愛知県用地造成事業会計予算
 37 愛知県労働者福祉施設条例の一部改正について
 38 愛知県公営企業の設置等に関する条例の一部改正について
(結果)
 全員一致をもって原案を可決すべきものと決した議案
  第1号、第5号、第15号から第17号まで、第37号及び第38号
       ──────────────────
平成23年2月定例議会
          農林水産委員会審査結果報告書
                         平成23年3月11日
  愛知県議会議長 日 高   昇 殿
               農林水産委員会委員長 中 根 義 一
 平成23年2月定例議会において本委員会に付託された事件についての審査
の結果を別紙のとおり報告します。
(別紙)
○議案
議案番号        件   名 ・ 区   分
  1 平成23年度愛知県一般会計予算
     第1条(歳入歳出予算)の内
      歳 出
       第8款 農林水産費
       第12款 災害復旧費の内
        第1項 農林水産施設災害復旧費
     第2条(債務負担行為)の内
      農業近代化資金貸付金利子補給
      愛知県農林公社農用地等取得事業資金貸付金損失補償
      畑地帯総合土地改良事業伏見屋地区揚水機場機械設備工事
      農業水利施設保全対策事業吉良地区揚水機場機械設備工事
      たん水防除事業岡崎鹿乗地区排水機場機械設備工事
      たん水防除事業岡崎鹿乗地区排水路工事
      たん水防除事業一色西部地区排水機場機械設備工事
      たん水防除事業五八二期地区排水機場機械設備工事
      たん水防除事業蜂須賀地区排水機場撤去工事
      たん水防除事業北浜南部2期地区排水機場機械設備工事
      たん水防除事業磯辺地区排水機場機械設備工事
      愛知県農林公社造林資金貸付金損失補償
      愛知県農林公社林業事業資金貸付金損失補償
      漁業近代化資金貸付金利子補給
  6 平成23年度愛知県就農支援資金特別会計予算
  7 平成23年度愛知県県有林野特別会計予算
  8 平成23年度愛知県林業改善資金特別会計予算
  9 平成23年度愛知県沿岸漁業改善資金特別会計予算
 19 就農支援資金特別会計条例の制定について
 42 県の行う土地改良事業に対する市町村の負担金について
 43 県の行う農村総合環境整備事業に対する市町村の負担金について
 44 県の行う林道事業に対する市町村の負担金について
 67 平成23年度愛知県一般会計補正予算(第1号)
     第1条(歳入歳出予算の補正)の内
      歳 出
       第8款 農林水産費
     第2条(債務負担行為の補正)
(結果)
 全員一致をもって原案を可決すべきものと決した議案
  第1号、第6号から第9号まで、第19号、第42号から第44号まで及び第
  67号
       ──────────────────
平成23年2月定例議会
           建設委員会審査結果報告書
                         平成23年3月11日
  愛知県議会議長 日 高   昇 殿
                 建設委員会委員長 伊 藤 勝 人
 平成23年2月定例議会において本委員会に付託された事件についての審査
の結果を別紙のとおり報告します。
(別紙)
○議案
議案番号        件   名 ・ 区   分
  1 平成23年度愛知県一般会計予算
     第1条(歳入歳出予算)の内
      歳 出
       第9款 建設費
       第12款 災害復旧費の内
        第2項 土木施設災害復旧費
     第2条(債務負担行為)の内
      愛知県土地開発公社事業資金借入金債務保証
      公共用地先行取得契約(愛知県土地開発公社)
      道路事業用地購入
      河川事業用地購入
      橋りょう補修事業県道佐屋多度線立田大橋下部補強工事
      道路改良事業一般国道301号用地取得及び公共補償契約
      道路改良事業一般国道473号本宿トンネル(仮称)建設工事
      道路改良事業一般国道473号岩古谷トンネル建設工事
      道路改良事業県道鳳来東栄線物件移転補償契約
      道路改良事業県道豊橋鳳来線道路築造工事
      道路改良事業県道富岡大海線道路築造工事
      名古屋高速道路公社有料道路整備資金借入金(政府資金)債務
      保証
      名古屋高速道路公社有料道路整備資金借入金(民間資金)債務
      保証
      橋りょう整備事業一般国道419号高浜立体下部工事
      橋りょう整備事業一般国道473号本宿高架橋上部工事
      橋りょう整備事業一般国道473号上衣文高架橋上部工事
      橋りょう整備事業一般国道473号大幡高架橋上部工事
      総合治水対策特定河川事業名古屋鉄道犬山線青木川鉄道橋改築
      工事協定(名古屋鉄道株式会社)
      床上浸水対策特別緊急事業中島水管橋上部工事
      河川整備促進特別事業片山橋上部工事
      海岸高潮対策事業豊橋海岸改修工事
      津波対策海岸特別緊急事業古江川樋門改築工事
      三河港改修事業蒲郡岸壁築造工事
      愛知県住宅供給公社事業資金貸付金損失補償
      普通県営住宅建設工事
 10 平成23年度愛知県港湾整備事業特別会計予算
 11 平成23年度愛知県流域下水道事業特別会計予算
 12 平成23年度愛知県県営住宅管理事業特別会計予算
 41 名古屋高速道路公社の基本財産の額の変更について
 45 県の行う土木事業に対する市町村の負担金について
 46 県の行う流域下水道事業に対する市町村の負担金について
(結果)
 全員一致をもって原案を可決すべきものと決した議案
  第1号、第10号から第12号まで、第41号、第45号及び第46号
       ──────────────────
平成23年2月定例議会
           文教委員会審査結果報告書
                         平成23年3月11日
  愛知県議会議長 日 高   昇 殿
                 文教委員会委員長 桂   俊 弘
 平成23年2月定例議会において本委員会に付託された事件についての審査
の結果を別紙のとおり報告します。
(別紙)
○議案
議案番号        件   名 ・ 区   分
  1 平成23年度愛知県一般会計予算
     第1条(歳入歳出予算)の内
      歳 出
       第11款 教育費の内
        第1項 教育総務費
        第2項 小学校費
        第3項 中学校費
        第4項 高等学校費
        第5項 特別支援学校費
        第6項 生涯学習費
        第7項 保健体育費
 39 愛知県立学校条例の一部改正について
(結果)
 全員一致をもって原案を可決すべきものと決した議案
  第1号及び第39号
       ──────────────────
平成23年2月定例議会
           警察委員会審査結果報告書
                         平成23年3月11日
  愛知県議会議長 日 高   昇 殿
                 警察委員会委員長 加 藤 みなみ
 平成23年2月定例議会において本委員会に付託された事件についての審査
の結果を別紙のとおり報告します。
(別紙)
○議案
議案番号        件   名 ・ 区   分
  1 平成23年度愛知県一般会計予算
     第1条(歳入歳出予算)の内
      歳 出
       第10款 警察費
     第2条(債務負担行為)の内
      田原警察署整備工事
(結果)
 全員一致をもって原案を可決すべきものと決した議案
  第1号

-------------------------------------------------------------------------------

         発      議      案
 東北地方太平洋沖地震についての決議案を次のとおり発議します。
 平成23年3月18日
           発議者  小 林   功  三 浦 孝 司
                西 川 厚 志  久保田 浩 文
                大 竹 正 人  田 辺 克 宏
                鈴 木   正  神 戸 洋 美
                大 見   正  塚 本   久
                黒 川 節 男  富 田 昭 雄
                と ね 勝 之  木 藤 俊 郎
  愛知県議会議長 殿
 (理 由)
 この案を提出するのは、東北地方太平洋沖地震の被災者に対する見舞い及
び地震防災体制の強化を図るため必要があるからである。
      東北地方太平洋沖地震についての決議(案)
 去る3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード9.0の我
が国の観測史上最大の巨大地震となり、東北、関東を始めとする広い地域に
おいて、想像を絶する甚大な被害をもたらしたところである。
 本県議会は、このたびの地震で亡くなられた方々とそのご遺族に対して、
深く哀悼の意を表するとともに、被災者の方々に衷心よりお見舞い申し上げ、
被災地の一日も早い復興を切に願うものである。
 今回の地震においては、最大震度7という巨大地震に加え、かつて経験し
たことのない大津波により被害が拡大するとともに、原子力発電所が緊急事
態となり、地域住民が避難を余儀なくされ、被曝者も出るという最悪の事態
となったことから、現行の地震対策の見直しが不可欠である。
 本県においても、予想される東海地震、東南海地震、南海地震の連動した
巨大地震による災害から、県民の生命と財産の安全を確保するためには、こ
れまでの対策を早急に総点検するとともに、基幹的広域防災拠点の整備を含
めた地震防災対策を充実・強化する必要がある。
 よって、本県議会は、被災者の救助と救援を速やかに進め、生活基盤の再
建を第一に被災地の復興に向けて万全の対策を講じられるとともに、今回の
地震を教訓として、災害に強い国土づくりと原子力発電所の安全対策の見直
しに全力で取り組まれるよう国に強く求めるものである。
 以上、決議する。
    年 月 日
                        愛 知 県 議 会
       ──────────────────
         発      議      案
 地域医療体制の充実・強化についての意見書案を次のとおり発議します。
 平成23年3月18日
           発議者  小 林   功  三 浦 孝 司
                西 川 厚 志  久保田 浩 文
                大 竹 正 人  田 辺 克 宏
                鈴 木   正  神 戸 洋 美
                大 見   正  塚 本   久
                黒 川 節 男  富 田 昭 雄
                と ね 勝 之  木 藤 俊 郎
  愛知県議会議長 殿
 (理 由)
 この案を提出するのは、地域医療体制の充実・強化のため必要があるから
である。
      地域医療体制の充実・強化についての意見書(案)
 少子高齢化の進展や疾病構造の変化に伴い、我が国の医療を取り巻く環境
は著しく変化しており、多様化・高度化するニーズに対応した医療提供体制
の確保が、喫緊の課題となっている。
 こうした中、平成16年度に導入された初期臨床研修の必修化を契機とした
地域や特定診療科における医師の偏在、開業志向等による病院勤務医の不足
などにより、地域医療の確保が危ぶまれている。
 とりわけ、救急医療、周産期医療、へき地医療等における医師不足は深刻
な状況となっており、診療体制の維持が困難となる病院が生じるなど、地域
生活に大きな影響が及んでいる。
 このような状況を打開するため、地方自治体においては、病院勤務医の負
担軽減に向けた取組を始めとした医師確保対策が実施されているところであ
るが、根本的な解決に向け、国における早急な対策が求められている。
 よって、国におかれては、医師の偏在による地域や特定診療科における医
師不足を是正し、地域医療体制を充実・強化するため、下記事項について特
段の措置を講じられるよう強く要望する。
                記
1 地域特性や医師不足が深刻な診療科に配慮した、より適切な診療報酬上
 の評価を行うなど、医師の偏在を解消する方策を早急に講じること
2 病院・診療所の管理者となる要件に医師不足の地域や診療科における一
 定期間の診療経験を付加するなど、医師確保に向けた実効性のある対策に
 取り組むこと
3 診療科全般にわたって総合的な診療を行うことができる総合医の制度化
 及び育成を図る取組を推進すること
4 病院勤務医の処遇改善や負担軽減策の一層の充実を図ること
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
    年 月 日
                            議 長 名
       ──────────────────
         発      議      案
 取り調べの可視化の実現についての意見書案を次のとおり発議します。
 平成23年3月18日
           発議者  小 林   功  三 浦 孝 司
                西 川 厚 志  久保田 浩 文
                大 竹 正 人  田 辺 克 宏
                鈴 木   正  神 戸 洋 美
                大 見   正  塚 本   久
                黒 川 節 男  富 田 昭 雄
                と ね 勝 之  木 藤 俊 郎
  愛知県議会議長 殿
 (理 由)
 この案を提出するのは、取り調べの可視化の実現のため必要があるからで
ある。
      取り調べの可視化の実現についての意見書(案)
 我が国の刑事手続において、被疑者の取り調べは、事件の真相解明に極め
て重要な役割を果たしているが、昨今、取り調べのあり方が問われる深刻な
無罪判決が相次ぎ、検察及び警察の捜査に対する信頼が大きく揺らいでいる。
 また、平成21年5月から導入された裁判員制度においては、一般国民から
選ばれる裁判員が刑事事件の審理に加わるが、裁判員の心証形成に資すると
いう観点からも、捜査における手続、とりわけ被疑者の取り調べについて、
一層の適正化が求められている。
 こうした中、検察庁及び警察庁は、被疑者に対する取り調べを録画・録音
する取り調べの可視化を試行しているところであるが、可視化の導入は、裁
判において供述調書の任意性や信用性の判断が迅速かつ的確に行われること
が期待できるとともに、冤罪の原因となる違法・不法な取り調べによる自白
の強要等の防止にも有効な方策とされている。
 よって、国におかれては、被疑者に対する取り調べの一層の適正化を図る
ため、試行による問題点等を早期に検証し、取り調べの可視化の実現に積極
的に取り組まれるよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
    年 月 日
                            議 長 名
       ──────────────────
         発      議      案
 難病対策の見直しについての意見書案を次のとおり発議します。
 平成23年3月18日
           発議者  小 林   功  三 浦 孝 司
                西 川 厚 志  久保田 浩 文
                大 竹 正 人  田 辺 克 宏
                鈴 木   正  神 戸 洋 美
                大 見   正  塚 本   久
                黒 川 節 男  富 田 昭 雄
                と ね 勝 之  木 藤 俊 郎
  愛知県議会議長 殿
 (理 由)
 この案を提出するのは、難病対策の見直しのため必要があるからである。
      難病対策の見直しについての意見書(案)
 我が国の難病対策として実施されている特定疾患治療研究事業は、原因不
明で治療方法が確立されていない疾患のうち、診断基準が一応確立し、難治
度、重症度が高く症例が少ないため、患者の医療費について公費負担する方
法をとらないと、原因究明、治療方法の開発等に支障をきたすおそれのある
疾患を対象としている。
 しかしながら、5,000から7,000あるとされている難病の中で、本研究事業の
対象は特定の56疾患に限られていることから、同じように原因不明の疾患で
治療を受けているにもかかわらず、病名の違いによって医療費負担が大きく
異なるといった不公平感をもたらしている。
 もとより、難病対策には、医療、研究、福祉、就労・雇用支援など、総合
的な対策の確立が求められるが、患者や家族の経済的負担を軽減するため、
まずは特定疾患以外の難病も含め、高額な医療費負担に対する公費支援の充
実に向けた取組が急務となっている。
 よって、国におかれては、難病対策の充実を図るため、安定的な財源確保
のもと、現行の特定疾患の調査研究を目的とした医療費助成制度を見直し、
患者の所得や病状の重さなども勘案した福祉施策としての支援を行うなど、
より適切な支援のあり方を検討されるよう強く要望する。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
    年 月 日
                            議 長 名
       ──────────────────
         発      議      案
 高病原性鳥インフルエンザ対策の充実・強化についての意見書案を次のと
おり発議します。
 平成23年3月18日
           発議者  小 林   功  三 浦 孝 司
                西 川 厚 志  久保田 浩 文
                大 竹 正 人  田 辺 克 宏
                鈴 木   正  神 戸 洋 美
                大 見   正  塚 本   久
                黒 川 節 男  富 田 昭 雄
                と ね 勝 之  木 藤 俊 郎
  愛知県議会議長 殿
 (理 由)
 この案を提出するのは、高病原性鳥インフルエンザ対策の充実・強化のた
め必要があるからである。
      高病原性鳥インフルエンザ対策の充実・強化につ
      いての意見書(案)
 高病原性鳥インフルエンザは、我が国では比較的まれな疾病であったが、
平成16年以降頻発し、発生農家のみならず家きん産業全体においても多大な
被害を与えている。
 家きん産業が盛んな本県においても、予防措置を実施していたにもかかわ
らず、1月27日には豊橋市、2月14日には新城市で発生が確認された。
 国においては、畜産農家への支援の拡充などを盛り込んだ「家畜伝染病予
防法の一部を改正する法律案」を閣議決定したところであるが、未だ感染源
等は特定されておらず、畜産農家以外へも影響が及んでいることなどから、
更なる感染防止策や支援対策の充実が求められている。
 よって、国におかれては、高病原性鳥インフルエンザ対策を充実・強化す
るため、下記の対策を早急に講じられるよう強く要望する。
                記
1 感染源や感染経路を早期かつ徹底的に究明し、効果的な予防策を講じる
 こと
2 移動の自粛や制限により、家きんの受け入れができなくなった食鳥処理
 場などの家きん関連施設に対しても、十分な財政支援を行うこと
3 処分された家きん等の埋却場所について、国有地の積極的な活用を図る
 こと
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
    年 月 日
                            議 長 名
       ──────────────────
         発      議      案
 子宮頸がん予防等3ワクチンの定期接種化についての意見書案を次のとお
り発議します。
 平成23年3月18日
           発議者  小 林   功  三 浦 孝 司
                西 川 厚 志  久保田 浩 文
                大 竹 正 人  田 辺 克 宏
                鈴 木   正  神 戸 洋 美
                大 見   正  塚 本   久
                黒 川 節 男  富 田 昭 雄
                と ね 勝 之  木 藤 俊 郎
  愛知県議会議長 殿
 (理 由)
 この案を提出するのは、子宮頸がん予防等3ワクチンの定期接種化のため
必要があるからである。
      子宮頸がん予防等3ワクチンの定期接種化につい
      ての意見書(案)
 近年、女性特有のがんとして増加している子宮頸がんは子宮頸がん予防ワ
クチンの接種により、また、乳幼児に重い後遺症などを引き起こす細菌性髄
膜炎はヒブワクチンや小児用肺炎球菌ワクチンの接種により、感染又は発病
を予防する高い有効性が認められている。
 このため、先進諸国においては、これらのワクチンの定期接種が行われて
いるが、我が国においては、定期接種の対象とされておらず、接種費用も原
則全額自己負担となっている。
 こうした中、国においては、国際動向や疾病の重篤性等に鑑み、定期接種
化に向けた検討を行っており、これを踏まえ、今年度、接種希望者に助成す
る市町村に対して、助成費用の一部を補助する事業を実施したところである。
 しかしながら、この事業は来年度末までを期限とした緊急措置であるとと
もに、あくまで接種希望者のみを対象としていることから、対象となる女性
や子どもたちが広くワクチンの接種を受けることができる環境をつくること
が急務となっている。
 よって、国におかれては、子宮頸がん及び細菌性髄膜炎の発症を未然に防
ぐため、下記事項について特段の措置を講じられるよう強く要望する。
                記
1 子宮頸がん予防、ヒブ及び小児用肺炎球菌の3ワクチンについて、早期
 に予防接種法による定期接種の対象とすること
2 ワクチンの定期接種により生じる地方の財政負担に対して、国の責任に
 おいて十分な財政措置を講じること
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
    年 月 日
                            議 長 名

-------------------------------------------------------------------------------

      常任委員会及び議会運営委員会の閉会中継続調査
      申出案件一覧表
◎ 総務県民委員会
 1 行財政について
 2 文化芸術の振興について
 3 青少年の健全育成、ボランティアやNPO活動の推進について
 4 男女共同参画社会の形成の促進について
 5 安全なまちづくりの推進について
 6 防災対策の推進について
 7 知事政策局、総務部、県民生活部、防災局、出納事務局、選挙管理委
  員会、監査委員及び人事委員会の行政運営について
◎ 地域振興環境委員会
 1 地域整備の推進及び交通体系の整備について
 2 地域、県行政、市町村の情報化の推進について
 3 国際交流、多文化共生社会づくりの推進について
 4 公害防止対策について
 5 生活環境及び自然環境の保全について
 6 地域振興部及び環境部の行政運営について
◎ 健康福祉委員会
 1 保健衛生の推進について
 2 保健所及び県立病院の運営について
 3 社会福祉の充実及び高齢社会への対応について
 4 社会保障制度の充実について
 5 健康福祉部及び病院事業庁の行政運営について
◎ 産業労働委員会
 1 新産業の育成及び中小企業の振興について
 2 観光開発及び産業交流の促進について
 3 勤労者福祉及び雇用対策・職業能力開発の推進について
 4 水道事業及び工業用水道事業について
 5 内陸用地造成事業及び臨海用地造成事業について
 6 産業労働部、企業庁及び労働委員会の行政運営について
◎ 農林水産委員会
 1 農林水産業の振興について
 2 農地関係の調整について
 3 土地改良について
 4 緑化の推進について
 5 農林水産部、海区漁業調整委員会及び内水面漁場管理委員会の行政運
  営について
◎ 建設委員会
 1 道路体系及び河川、港湾、砂防の整備等について
 2 都市計画及び公園、市街地、下水道の整備等について
 3 公営住宅等の企画及び建設、管理について
 4 宅地建物取引及び建築・宅地造成等の規制について
 5 県有施設の営繕工事について
 6 建設部及び収用委員会の行政運営について
◎ 文教委員会
 1 学校教育の充実、施設整備について
 2 生涯学習、スポーツの振興及び文化財保護について
 3 教育委員会の行政運営について
◎ 警察委員会
 1 交通指導取締り及び交通安全施設の整備について
 2 防犯対策の推進について
 3 警察の組織及び運営について
◎ 議会運営委員会
 1 議会関係の条例及び規則に関する事項について
 2 議長の諮問に関する事項について
 3 その他議会の運営に関する事項について