議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成29年中京大都市圏形成調査特別委員会 本文




2017.07.18 : 平成29年中京大都市圏形成調査特別委員会 本文


(主な質疑)
【川嶋太郎委員】
 中京大都市圏の中心は愛知県になると思うが、岐阜県や三重県、長野県にも中京大都市圏を形成する利点を示すことで、周辺自治体の協力を得ることができ、最終的には愛知県の利益にもつながる。周辺自治体に中京大都市圏を形成することでどれだけの利益があるかを示していくことが重要と考えるがどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課主幹(分権・広域連携)】
 新東名高速道路を始めとする道路や中部国際空港の二本目滑走路の整備など、広域の社会基盤整備について他県と協力して国に要望活動を行っており、考えの共有はできていると考えている。事務レベルでは他県との打合わせなどを通じて中京大都市圏形成に向けた取組の状況を共有し、他県にとっての利点を理解してもらえるよう取り組んでいる。

-------------------------------------------------------------------------------

【川嶋太郎委員】
 リニア中央新幹線の終点が名古屋である期間は限られているため、その期間内に他県が本県に目を向けてくれるように取り組むことを要望する。

-------------------------------------------------------------------------------

【伊藤勝人委員】
 中京大都市圏づくりはリニア中央新幹線の名古屋までの開業に向けた構想という認識でよいか。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課主幹(分権・広域連携)】
 そのとおりである。

-------------------------------------------------------------------------------

【伊藤勝人委員】
 リニア中央新幹線は東京名古屋間が最初に開業することになるが、開業による効果が東京やその後路線が結ばれる関西に吸収されてしまうのではないかと懸念している。国の国土形成計画に基づき、リニア中央新幹線が名古屋まで開業する10年間を前提に取り組むべきなのか、それとも今の段階から関西での開業も見据えて取り組むべきなのか考えを伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課主幹(分権・広域連携)】
 中京大都市圏づくりは名古屋までリニア中央新幹線が開業するときに、その地域の魅力を高めて、首都圏に負けない地域づくりを進めていくという構想である。リニア中央新幹線の東京大阪間の開業を見据えると、国はスーパーメガリージョンという大都市圏の形成を視野に入れており、この地域は関東と関西の大都市圏の中央であるので、産業の強さなどを生かし、成長をけん引していく計画を策定している。県としても同様のイメージを持ち、国に国土形成計画の広域地方計画でこの地域を重要な地域として位置づけるよう働きかけ、そのとおり位置づけられたところであり、リニア中央新幹線が大阪まで開業したときに、効果を吸い取られることがないように取り組む必要がある。

-------------------------------------------------------------------------------

【伊藤勝人委員】
 先日、金沢へ行く機会があった。金沢駅から名古屋駅へは特急しらさぎで3時間以上かかる一方、北陸新幹線が開業し、金沢駅から東京駅へは2時間半で移動ができるため、金沢は東京に目が向いているという話を聞いた。リニア中央新幹線が開業して東京への移動が便利になる地域があると、金沢のように名古屋よりも東京へ目が向いてしまう事態になりかねない。リニア中央新幹線開業の効果を始め、東京にばかり利益が集中しないよう、実のある政策を実行していくことが重要であると考えるがどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課主幹(分権・広域連携)】
 中京大都市圏づくりをしっかり進め、この地域の重要性を示せるようこれから頑張っていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【杉浦孝成委員】
 中京大都市圏構想は道州制も視野に入っているか。また、国との話合いもなされているのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課主幹(分権・広域連携)】
 道州制は地方分権の究極の形であり、国に対して要望、要請活動をしている。今後の国の動向は見通せない状況だが、中京大都市圏づくりをしっかり行い、この地域が道州制の受皿になるような地域づくりを進めていくことが重要と考えて取り組んでいる。

-------------------------------------------------------------------------------

【杉浦孝成委員】
 今後の流れを考えるとリニア中央新幹線の開業が大きな転換期となる。あいちビジョン2020を確実に推進し、地方分権を進めるために、本県が中心となって全国知事会などを通じて事業に対する意見を国に上げていくとともに、事業を明確化して前進していくよう要望する。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 県が進める名古屋駅豊田市間の速達化について、豊田市の住民からは実現が難しいのではないかという声も挙がっている。名古屋鉄道の複線化が本当に実現するのかを含め、現状を教えてほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【リニア事業推進室長】
 現在は、名古屋駅豊田市間の速達化について行った基礎調査の需要予測や便益調査の結果を名古屋鉄道株式会社に報告し、調整・協議に入っていく段階である。複数のビルを再編成する名古屋鉄道株式会社は、名古屋駅再開発計画を発表している。この計画の実現に向けて多大な負担が発生すると思うが、名古屋駅豊田市間の速達化について、名古屋鉄道株式会社には毎年要望している。最近の名古屋鉄道株式会社は、名古屋駅の再開発と速達化に取り組んでいくものとしており、今後も引き続き要望していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 名古屋駅前の再開発や乗換え利便性向上は公の機関が費用を負担できるが、複線化は事業者である名古屋鉄道株式会社が費用を負担する必要があり、難しいのではないかと思っている。
 東京では民間の鉄道会社が利用者の需要を見込んでいるからこそ自己負担で事業を進めていると感じた。県が新しい路線の需要予測を出し、名古屋鉄道株式会社も複線化に前向きになっていると思うが、約10年で土地の取得から路線新設まで全て行うのは難しいと思う。県は名古屋鉄道の複線化に向けてどういった協力ができるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【リニア事業推進室長】
 鉄道の路線や施設の新設は原則事業者が負担することになるが、複線化するためには新しい空間が必要となる。空間を創るために既設の公共施設の移設等が必要となり、現在、公共施設の移設で生じる費用をどこが負担するか豊田市と協議している。また、名古屋鉄道株式会社に対して、複線化が早く実現するように促していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 名古屋鉄道の複線化が実現するよう要望する。
 次に、中京大都市圏における新城市と北設楽郡3町村について伺う。新城市は新城インターチェンジができて工業団地ができるなど地域が活性化し、設楽町は設楽ダムができるため道路の新設に期待感を持っている。豊根村は人口減少が進むが、リニア中央新幹線開業を見据えた道路整備が進めば東京に行くには名古屋駅よりも長野県の駅の方が近くなる。東栄町は三遠南信自動車道の建設が進み、鳳来峡インターチェンジが開業したため、浜松との人的交流ができたとのことである。豊田市北部の稲武、旭、小原地域は岐阜の方が近いという意見もあり、三河北部の生活・文化が変化してきている。リニア中央新幹線が開業すると更に変化があると思うが、県はこうした三河北部の特性を中京大都市圏に取り込もうとしているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課主幹(分権・広域連携)】
 中京大都市圏は名古屋を中心に約80キロメートルから100キロメートル圏全体を圏域として、それぞれの地域が特性を発揮していくことが重要と考えている。リニア中央新幹線の駅ができる予定の長野県飯田市も中京大都市圏の範囲であると思っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小島丈幸委員】
 新城インターチェンジの新設で新城が活気づいたり、道路の整備で浜松市との行き来がしやすくなったりと交通網が変わると文化圏も変わってくる。そうした点を意識しながら、他県等と協議して中京大都市圏を意味あるものにしてほしい。