議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成29年文教委員会 本文




2017.06.29 : 平成29年文教委員会 本文


(主な質疑)
《議案関係》
 なし

《一般質問》
【神戸健太郎委員】
 教員の多忙化解消について、取組状況及び今後の進め方について伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【教育企画課長】
 校長等の管理職が教員の在校時間を正確に把握できる仕組みづくりや、各学校が業務改善についての具体的な目標を立て、組織的、継続的に進める体制づくり、部活動指導の在り方の見直しや教員以外の専門スタッフ等の活用などの取組を着実に進めていく。
 小中学校の教員を対象とした取組としては、本年度の勤務時間外の在校時間調査を年1回から年3回実施することとした。
 また、小、中、高等学校の各1校に民間のコンサルタントを派遣し、教員の長時間労働の実態についてヒアリングを行い、具体的な課題の掘り起こしや学校の業務改善計画策定に向けた取組を進めている。

-------------------------------------------------------------------------------

【神戸健太郎委員】
 教室で使う教材等の作成ノウハウを個々の教員だけに留めず、DVDの配布やイントラネットを利用して、ファイルやプログラムなどの共有化を図ってはどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教育企画課長】
 県立学校では、教員用サーバーが整備されており、教材や校務分掌に関する情報を保存することで、全ての教員が利用できるようになっている。ここ数年で教材等の共有化はある程度進んでいると聞いている。しかし、個別に作成した資料を用いて授業を行っているケースもあり、各教員の独自性を保ちつつも改善を図るべき点はある。
 また、小中学校は、95パーセントの学校に校内LANが整備されている。教材等をサーバーに保存して各教員間で活用している事例などもあるが、その活用は市町村によって状況が異なっている。
 また、モデル校での業務改善に向けた取組の中で、学校における情報の整理や電子ファイルによる共有化を取組課題として位置づけ、様々な機会を捉え、県立学校や市町村教育委員会、小中学校に対して、学校内や学校間における教材等の共有に向けた取組を促していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【神戸健太郎委員】
 学校の事務改善の指標等を学校間で共有し、競争意識を働かせて校長の経営意識に訴えることや、教育委員会が中堅や若手教員と面談して現場の状況を聞くことを行ってはどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教育企画課長】
 県立学校では、本年度から、各学校で策定する学校経営案の中で、業務改善に関する重点目標を明記し、次年度の学校経営案等で自己評価及び学校関係者評価の内容を公表していくことで毎年度改善を図っていく。こうした各校の取組について、学校間で情報共有できるよう県教育委員会で集約し、学校に示していく。
 市町村立の小中学校についても、来年度から同様の取組により、学校間で情報が供用できるよう市町村教育委員会に呼びかけていくこととしている。
 なお、県立学校における教員の勤務実態は、県の総括安全衛生委員会の資料を活用し、勤務時間外の在校時間が80時間及び100時間を超えている教員の実数を記載した一覧表を作成して県立学校長に配付している。こうした取組を通して、学校における教員の多忙化解消に向けた取組の見える化を促していく。
 また、若手教員等の意見を直接聞くことは、今後検討していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【神戸健太郎委員】
 教育委員会から学校への通知や教育委員会への報告について、簡略化していくべきではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教育企画課長】
 学校に文書を送付する際には冒頭にその主旨を簡潔に示すことや、学校から求める報告もできる限り簡略化し、改善を図っていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【神戸健太郎委員】
 多忙化の解消は、労働環境の改善だけでなく、教員の質を維持向上させる面からも意義があるので、今後も強力に進めてほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【中村すすむ委員】
 教員の勤務時間外の在校時間について、ここ数年でどのように推移しているのか。また、どのような要因があるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 昨年11月の在校時間が月80時間を超えている者は、小学校では1万6,235人中2,054人で12.7パーセントである。平成25年度以降、10パーセントから15パーセント前後で推移している。
 中学校では、昨年11月は、9,536人中3,685人で38.6パーセントを占めている。この3年間は40パーセント弱である。
 高等学校では、昨年4月から9月までの期間の一月当たりの平均在校時間が80時間を超える者が、8,332人中1,732人で20.8パーセントを占めている。平成25年度以降、15パーセントから20パーセント前後で推移している。
 特別支援学校では、昨年4月から9月までの期間で2,764人中16人、0.6パーセント、平成25年度以降1パーセント台で減少し続けている。
 要因別では、校務分掌、学習指導、生徒指導、部活動等がある。

-------------------------------------------------------------------------------

【中村すすむ委員】
 勤務時間外の在校時間が80時間超えている者の割合の平均数値をとった場合、相対的に上昇傾向となっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 平均時間という集計はしていない。勤務時間外の在校時間が80時間を超える者についての報告数である。

-------------------------------------------------------------------------------

【中村すすむ委員】
 調査を年3回行うとのことであるが、システム化すると調査の集計事務の負荷が解消されると思うが、出退勤時間管理をシステム化していく取組はあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 本年度は出退勤記録の電子化についての研究を進め、今後教職員による記録や集計事務の負担軽減と各教員の退勤時間等を随時確認できる方法を検討していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【中村すすむ委員】
 システム化を進め、事務を簡略化してほしい。
 給食費の集金業務を公会計化して教育委員会で行うことにより教員の負担軽減につながっている小学校の事例が新聞に掲載されていたが、このような給食費の集金業務の公会計化に関する状況を把握しているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【健康学習室長】
 昨年5月1日現在、54市町村のうち44市町が公会計化となっている。そのうち学校給食の集金業務を市町村教育委員会が実施しているのは4市町である。

-------------------------------------------------------------------------------

【中村すすむ委員】
 4市町以外は教員が時間外に集金業務に携わっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【健康学習室長】
 何らかの形で教員が集金業務に関わっている。

-------------------------------------------------------------------------------

【中村すすむ委員】
 公会計化により集金業務で効果が出ている市町の状況について、県内に普及させていくために県としても情報を発信してはどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【健康学習室長】
 岡崎市が平成24年度から学校給食費の徴収事務を教育委員会が実施しており、一定の効果を上げていると聞いている。岡崎市や他県の先進事例を紹介していく予定である。

-------------------------------------------------------------------------------

【中村すすむ委員】
 校務支援システムの導入の効果について伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【教育企画課長】
 校務支援システムの導入の効果は、成績処理等の時間短縮、教員間の情報共有化、職員会議等の時間短縮などの点が挙げられる。
 また、小中学校についても、9割の学校が校務支援システムを導入していると聞いている。県立学校と同様に通知表の作成や成績処理、連絡掲示板、スケジュール管理などに利用され、事務や会議の時間が短縮されたことにより、業務が効率化されたと聞いている。

-------------------------------------------------------------------------------

【中村すすむ委員】
 部活動指導の負担軽減を進めていくために、どのような課題があるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【保健体育スポーツ課長】
 主な課題は、一つ目として、小学校、中学校、高等学校の学校種における適切な活動時間や休業日の設定と周知、着実な実施がある。二つ目は、部活動指導員を始めとした外部の人材の登用やその予算の確保である。三つ目は、各競技団体等の大会の規模、スケジュール、教員の関わり方の見直しがある。四つ目は、地域での活動連携のために総合型地域スポーツクラブの育成が課題として挙げられる。

-------------------------------------------------------------------------------

【中村すすむ委員】
 現場の反応や声を聞き、できるだけ画一的でないガイドラインを示すようにしてほしい。
 学校教育と家庭教育のそれぞれの役割、これからの進め方を教育委員会はどのように考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【生涯学習スポーツ監】
 子供は家庭の中で生活習慣や規範意識等を身に着けることが基本であるが、これらが学校で教育されることが期待され、その結果、教員の仕事が増える要因となっていると感じる。
 しかし、学校と家庭それぞれが主体的に果たすべき役割が割り切れない部分もあり、状況に応じて対応していかざるを得ない。学校は、家庭や地域と協力し、子供の健全育成に努めていくべきである。

-------------------------------------------------------------------------------

【西久保ながし委員】
 愛知総合工科高等学校専攻科の社会人講師は、1人の常勤と20人の非常勤でスタートしたとのことであるが、その状況を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【高等学校教育課長】
 専門科目指導者として、民間企業の生産現場で活躍する技術者、技能者や、企業のOBが実習の授業を担当している。現在のところ、講義、実習ともに順調に進んでいる。

-------------------------------------------------------------------------------

【西久保ながし委員】
 学科やコースごとに1人程度常勤者を配置し、生徒が困ったときに相談に乗れるような体制が望ましいのではないか。常勤者を増やしていくことも必要かと思うが、どのように考えているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【高等学校教育課長】
 高い技術、技能を持つ者は企業にとっても必要な人材であり、常勤講師として派遣してもらうにはハードルが高い。1人の常勤よりも3人の非常勤を招いた方が多様な分野の専門的な指導を行うことができる。
 常勤と非常勤の任用は、指定管理法人である学校法人名城大学の業務であるが、県教育委員会としても、配置バランスや人材確保について協力していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【西久保ながし委員】
 生徒の状況を全体として見ることができる常勤講師がいた方が良いと思うので検討してほしい。
 次に、学校での授業と併行して企業で実習を行うデュアルシステムの計画と、デュアルシステムを受け入れるあいちT&Eサポーターズの登録状況を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【高等学校教育課長】
 デュアルシステムは、専攻科2年生で全てのコースを対象に本年10月から3か月間にわたり実施することとしている。原則、就職内定先企業でデュアルシステムを実施していく予定である。
 また、あいちT&Eサポーターズに登録している企業は、昨年の57社から80社に増加している。

-------------------------------------------------------------------------------

【西久保ながし委員】
 デュアルシステムが企業にとっては即戦力の養成につながると考えられるため、あいちT&Eサポーターズの登録企業を増やしてほしい。
 専攻科だけでなく、本課のインターンシップは、どのように取り組むのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【高等学校教育課長】
 あいちT&Eサポーターズは、本年度から本科のサポーターという位置づけに変更している。1学年400人がインターンシップに取り組んでいる。そのため、あいちT&Eサポーターズの登録企業数を増やす必要があることから、教育委員会としても協力していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【西久保ながし委員】
 これからも専攻科の取組を強化し、その成果を本科の生徒やほかの工業高等学校へ波及させ、愛知の工業教育あるいは工業高等学校のレベルアップとなるようにしてほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【神戸洋美委員】
 独立行政法人国際協力機構(JICA)ボランティアへの派遣に関し、派遣を希望する教員の選考過程や状況について伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 派遣を希望する教員を募集し、県教育委員会で書類と面接により選考する。毎年10人を上限に文部科学省に推薦し、その後、文部科学省からJICAへ推薦を行い、JICAによる個人面接や健康診断を経て最終合格者が決定される。
 本年も20人の応募があり、選考後の10人を推薦しており、最終合格となれば来年の4月から70日間程度の派遣前研修、6月下旬から平成31年の3月まで1年9か月間の派遣となる。
 現在の派遣者数は昨年度から派遣されている5人と本年度の派遣者8人である。

-------------------------------------------------------------------------------

【神戸洋美委員】
 JICAボランティアへ派遣される教員の志望動機を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 国際感覚を身につけた教師になりたいという者や、自分の特技、資格を生かして国際協力に貢献したいという者が多い。中には、外国人児童生徒が多数在籍している学校に勤務していることから、今後の指導に生かすために希望する者もいる。

-------------------------------------------------------------------------------

【神戸洋美委員】
 派遣終了後は、海外での体験をどのように学校教育に生かしているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 自分の担当する授業や教育活動の中で、写真などを使って現地の文化や風土を紹介したり、経験談を披露したりしている。
 また、インターネットを使って現地の子供たちと日本の勤務校の子供たちが交流する授業など、国際交流や国際理解の分野に生かしている。

-------------------------------------------------------------------------------

【神戸洋美委員】
 海外派遣経験者を愛知全体の教育に生かす取組はあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 県の教員採用選考試験では、小学校教諭、中学校教諭の区分で、青年海外協力隊派遣経験者を社会人特別選考として一次試験の一部を免除する制度がある。近年は、毎年、一、二名が採用試験に合格しており、小中学校で活躍している。
 また、大学院時代に日系社会青年ボランティアとしてパラグアイに派遣された者が帰国後、ポルトガル語語学相談員として、教育事務所で3年間活躍していたという例もある。
 今後もこうした特色ある経験を持つ人を教育へ活用していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【神戸洋美委員】
 派遣期間中の処遇や派遣後の役職や給料はどのようになっているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 JICAボランティアとしての派遣期間中の教員は、派遣時に保有している教職員の身分と職をそのまま保有している。給料や各種手当は、親族のうちで派遣する者が指定する者に対して100パーセント支給される。2年間の派遣期間中は昇給しないが、派遣終了後に昇給調整を行う。現地での生活費はJICAが負担する。
 また、本県が支給する人件費はJICAから8割が補填される。

-------------------------------------------------------------------------------

【神戸洋美委員】
 現職の教員は処遇に関して心配がなく、安心してうち込めるのでいい環境だと思う。
 しかし、民間企業から参加している者は、勤務先からの保障はなく、退職してJICAボランティアに参加した者もいる。このため、帰国後の生活保障について、応援する方法を考えてほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【谷口知美委員】
 学校での講師不足について、現状をどのように捉えているのか。また、この10年間で、出産休暇や育児休業取得者、病気の休職者数はどのように変化しているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 団塊の世代の退職により大量に採用した教員が、出産休暇や育児休業取得者を取得する世代となったことや、初任者研修後補充のための非常勤講師の増加など、これまでより多くの講師が必要となっており、その確保について学校が苦労していると聞いている。
 10年間の推移として、平成18年と昨年の5月1日時点で比較すると、出産休暇取得者は135人から314人と179人増、育児休業者は683人から1,655人と972人増となっている。病気休職者は、152人から186人と34人増である。

-------------------------------------------------------------------------------

【谷口知美委員】
 他県には、教員採用試験の二次試験受験者で採用に至らなかった者のうち希望者100人を講師として採用し、3年間働いた講師には教員採用試験の一部を免除する事例がある。講師不足の現状に対して、県教育委員会として、現在どのような取組を行っているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 講師確保のための取組は、県教育委員会のホームページで、愛知県内の公立学校の講師として勤務を希望する者に対し、公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団の教員人材銀行あるいは教育事務所への登録方法を紹介している。
 教員採用試験の志願者に対しても、願書に愛知県内の公立学校への講師任用に関する情報提供希望の有無という欄を設け、周知している。
 また、採用試験が不合格になった者で県立学校志願者の場合は、教員人材銀行への登録を勧めている。公立小中学校の志願者の場合は、各教育事務所がその情報を把握して、人事担当会議などで講師情報の共有化を図っている。講師登録希望者には、教育事務所だけでなく市町村教育委員会への登録も勧めていく。
 さらに、採用試験の補欠合格者には、翌年度の一次試験免除や、常勤講師として3年の勤務経験を有する者には一次試験を免除し、正規教員を希望するものでも講師を続けられる環境づくりに努めている。

-------------------------------------------------------------------------------

【谷口知美委員】
 現在教育現場から離れている者が教員免許更新講習の情報集めに苦労している。免許更新を行っていないため、講師となることができず、講師不足に拍車がかかると考えられる。
 今後、講師不足の対応として、どのような取組を重視していくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【教職員課長】
 育児や介護などが落ちつき、教員に復帰しようと思っても、改めて教員免許の更新が必要になり、二の足を踏む者もいると聞いる。このため、免許更新手続が円滑に進められるように、分かりやすいホームページとなるように検討している。
 また、教員希望者を増やすため、これまで県内外7か所での教員採用試験の説明会開催や、県内大学に出向き、学生に教職の魅力を伝える取組も行っている。あわせて、教員の長時間労働の是正に向けた取組も行っていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【谷口知美委員】
 学校現場の人手不足が、子供たちの教育環境にマイナスとならないように対応してほしい。
 また、教員免許更新制度の問題点や教職員の定数改善ついて、県からも国に要望してほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 新城東高等学校と新城高等学校が統合されるとのことであるが、統合させる要因を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【高等学校教育課長】
 高等学校の配置には、中学生の長期的な数の推移が要素としてある。また、その地域における学校の位置、学科の配置状況等を総合的に勘案しながら学校配置を考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 普通科の新城東高等学校と専門学科の新城高等学校を統合し、統合後の学校には総合学科を設置するとのことであるが、地元は普通科の設置を要望している。教育委員会は、この地元要望をどのように把握しているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【高等学校教育課長】
 地元の市町村、市町村教育委員会等から普通科を残してほしいという強い要望がある。この要望に対して、新城東高等学校の普通科を継承し、進学に対応できる共通教科科目を中心に学ぶ文理系と新城高等学校の専門学科を継承する地域産業界と連携した実践的な専門教育を行う専門系を併せ持つ新しいタイプの全日制の総合学科とする。
 また、生徒募集に関しても、文理系と専門系を別枠で募集する。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 統合後の学校は、新城高等学校の施設を使用するとのことであるが、校舎の老朽化が目立っている。どの程度手を入れて学校環境を整えていくのか。総合学科設置に伴う施設整備とスケジュールも含めて教えてほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【財務施設課長】
 これまでに総合学科を設置した学校では、プレゼンテーションルームやゼミ室、実習室を整備しており、今回もこれまでの対応に沿って必要となる教室の整備を現在検討している。
 老朽化対策については、これまで新城高等学校では耐震工事に併せて屋上防水や外壁改修など、必要最小限の改修は行ってきたが、改修工事の際に対象としなかった箇所の中には、経年劣化が進んでいる箇所も見受けられる。今回、再編整備により統合される高等学校であるといった点も考慮しながら、学校の要望を踏まえ、スケジュールも含めて検討していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 公立高等学校は40年経っても外壁が塗り直していない校舎も多い。今回の統合に併せて新城高等学校の外壁も塗り直す必要がある。他の学校も含め、外壁改修などの維持修繕についてどのように考えているのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【財務施設課長】
 県立学校の建物は、60年使用する方針で、築30年経過をめどに外壁改修、屋上防水、内装改修を一括して行う大規模改造工事を実施してきた。
 しかし、平成15年度以降は、耐震対策を最優先とし、耐震改修工事に併せて屋上防水や外壁改修などを実施してきた。その結果、耐震改修を行う必要のない建物は、築30年以上経過しても大規模改造工事が未実施の建物も生じている。
 今後の進め方として、これらの建物のうち特に老朽化が著しい34棟の建物について、本年度から平成31年度までの3か年で大規模改造工事を実施していく。また、これら34棟以外の建物についても、昨年度末に策定した県立学校施設長寿命化計画に関する基本方針において、大規模改造工事を最優先に行う建物に位置付けており、来年度までをめどに策定する県立学校施設長寿命化計画において具体的に実施計画を策定していく。
 なお、県立学校施設長寿命化計画に関する基本方針の中では、建物の目標使用年数を60年から80年に延ばすこととしており、今後新築する建物については、従来よりもライフサイクルコストを削減することを前提に、80年間の使用を見据えて主要設備の更新期間を考慮し、予防保全の観点を踏まえた改修周期を研究していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【小林 功委員】
 子供にとって一番良い学習環境となるよう校舎等の修繕方法を検討してほしい。