議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成29年総務県民委員会 本文




2017.06.30 : 平成29年総務県民委員会 本文


(主な質疑)
《議案関係》
【富田昭雄委員】
 諮問第1号について、経緯等を詳細に説明してほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(調整・給与)】
 処分庁である愛知県教育委員会は、平成25年1月20日に児童生徒に対するわいせつ行為を行ったとして、当時高等学校の教諭であった審査請求人に対し、同年3月28日付けで懲戒免職処分を行うとともに、退職手当を全部支給しないという退職手当支給制限処分を行った。審査請求人はこれを不服として、同年4月11日付けで審査庁である知事に対して本件不支給処分の取消しを求め、審査請求を行ったものである。
 審査請求人や処分庁である愛知県教育委員会から提出された審査請求書、反論書、弁明書等の書面による審理に加え、審査請求人から希望があった口頭審理も実施して審理を進め、このたび、審理を終えたので、裁決書(案)を示し、議会へ諮問するものである。
 今回の審査請求の争点は、本件不支給処分の前提となる懲戒免職処分が正当であるかということと、本件不支給処分が正当であるかということの2点である。
 まず、1点目は、刑事事件の裁判や人事委員会の審理において、審査請求人が行った行為は、証拠に基づいてわいせつ行為として事実認定されており、例外的に処分庁の懲戒処分の基準に、児童生徒に対するわいせつ行為を行った教職員は免職とすると定められていることから、本件不支給処分の前提となる懲戒免職処分は正当であると判断した。
 次に、2点目は、職員の退職手当に関する条例では、懲戒免職処分を受けて退職した場合は退職手当を全部不支給処分にすることが原則とされており、一部不支給処分を検討する場合に該当するのは、非違が過失による場合であって、特に参酌すべき情状のある場合などと、条例の運用通知に具体的に定められている。審査請求人が行った非違行為の内容及び程度等がわいせつ行為であり、それも処分庁が厳罰に処すと定めている児童生徒に対するものであることから、条例の運用通知に照らして考えると、一部不支給処分を検討する場合には該当せず、本件不支給処分が社会通念上著しく妥当性を欠き、裁量権の逸脱又は濫用があったとは認められないと判断した。
 こうした判断から、本件審査請求は棄却すると結論した。


-------------------------------------------------------------------------------

《一般質問》
【浅井よしたか委員】
 私は、平成24年12月議会の本会議で、老朽化した県有施設の多くが補修や更新時期を迎える中での財政的な見通しについて質問し、また、県庁全体でプロジェクトチームを設置して見通しを立てるべきではないかということも提案した。平成25年には全庁的なプロジェクトチームが設置され、2年間掛けていろいろ精査した結果、県が管理している社会基盤を含めた資産の時価総額は8兆数千億円あるという数字も出てきた。その後、愛知県公共施設等総合管理計画が策定されたが、この計画の進捗状況と今後の見通しはどうなっているのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課主幹(財産)】
 平成27年3月に策定した愛知県公共施設等総合管理計画では、施設の老朽化に起因する重大事故ゼロを継続することを目標に、庁舎等を始めとする16の施設類型ごとに、個々の施設の長寿命化対策を盛り込んだ個別施設計画を策定し、順次、具体的な対策を実施していくこととしている。この16の施設類型のうち、道路、公園、下水道など七つの施設類型では個別施設計画を策定済みであり、計画的な補修工事の実施等によるメンテナンスサイクルの構築や計画の修正に取り組んでいる。また、個別施設計画を策定中の庁舎など九つの施設類型は、例えば庁舎等の施設類型では、平成27年度以降、建築後35年以上経過した防災拠点施設などから、順次、技術職員による巡回点検や計画策定のための基本調査を行っている。今後も、危険箇所への速やかな対応など、安全・安心の確保を最優先にしつつ、平成32年度までに全ての施設類型で個別施設計画を策定し、着実に県有施設の長寿命化対策を進めていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【浅井よしたか委員】
 平成27年3月時点では、道路、港湾、県営住宅、学校など県有施設の維持管理を予防保全に代えても毎年多額の経費が見込まれるとの見通しであった。そのため、今後は県有施設の選択と集中が必要になってくるが、部局ごとに対応するのではなく、例えば、総務部が全体の司令塔となり、民間のノウハウも活用しながら戦略的に進めることが必要だと思うが、県としてはどのように考えるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課主幹(財産)】
 長寿命化対策は元より、施設総量の適正化の取組は全庁にまたがることから、平成27年度には、総務部長をリーダーに全関係部局を構成員とする県有施設利活用最適化推進会議を設置し、総務部が中心となって複数部局間の横の連携を確保しつつ、全庁体制で取組を進めている。県有施設利活用最適化推進会議には、庁舎、学校、インフラ及び県営住宅の四つの部会を設置しており、各部会で長寿命化対策とともに、施設総量の削減、経費の軽減・平準化に努めている。

-------------------------------------------------------------------------------

【浅井よしたか委員】
 県有施設利活用最適化推進会議での検討について、例えば、県営住宅部会をみると、公営住宅課が中心となって検討が進んでいるようだが、担当部局の発言ばかりでは全庁的な視野での取組にならないのではないかと思う。他部局の所管する仕事に対しては、なかなか意見が出しにくいと思うので、財産管理課を全体の司令塔としてしっかりと位置づけるべきでないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課主幹(財産)】
 県営住宅、社会基盤なども含めた各施設類型における個別の施設の在り方・優先順位は、県有施設利活用最適化推進会議に設置した各部会で、関係部局が中心となって検討作業を担っているが、全ての部会の構成員となっている財産管理課が司令塔となり、全庁的・総合的な観点から施設総量の削減、経費の軽減・平準化に努めていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【浅井よしたか委員】
 平成32年度までに全ての施設類型で個別施設計画を策定するに当たっては、県庁全体、議会、市町村も含め、県有施設の選択と集中について本格的に議論する必要があるため、しっかりと準備してほしい。
 次に、未利用財産の戦略的な活用について、未利用地は現在どのような状況になっているか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課主幹(財産)】
 未利用地は、本年3月31日現在、廃川廃道敷地を除き67件、約60万平方メートルで、これは公有財産全体の約0.61パーセントに相当する。未利用地の約8割は現在、売却等に向けて調整中であるが、残りの約2割は、自然公園・山林や市街化調整区域内にあるため開発が困難で、市場ニーズが少ない土地となっている。早期の利活用が見込まれない土地は、例えば、コインパーキング事業者への一時的な貸付けや、定期借地権による福祉施設やコンビニエンスストアの事業用地としての貸付けなど、新たな取組を広げながら有効活用を図っている。これらの取組により、未利用地は、5年前の約99万7,000平方メートルから約40パーセント減少している。

-------------------------------------------------------------------------------

【浅井よしたか委員】
 行政目的を終え未利用となった普通財産の管理や処分はどこが所管しているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課主幹(財産)】
 普通財産の管理、処分は公有財産規則に定めがあり、総務部が所管している。ただし、境界の不確定や実測図が未整備のもの、相隣関係の課題で近隣との調整が必要な経緯のあるもの、遠隔地に存在するもの、行政目的で使っていた建物が残っており管理が必要なものなど、総務部が直接管理することが難しいものは、現状を把握し効率的に管理のできる所管の部局が引き続き管理することとしており、これは国や他県と同様の取扱いとなっている。

-------------------------------------------------------------------------------

【浅井よしたか委員】
 未利用財産も県の財産なので公共的に使うのが第一だが、長期間未利用のままということも問題であるため、もっと民間の資金や知恵を使い、戦略的に有効活用を進めるべきでないか。そのため、未利用財産は、専門部署が先進的な取組等の情報も収集しながら戦略的に一元管理することが重要であると思うが、県としてはどのように考えるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課主幹(財産)】
 課題が異なる未利用財産の全てを総務部で一元化して管理を行うことは困難であると考える。財産管理課では、平成15年度に各部局主管課を構成員とする県有財産利活用調整会議を設置し、現況把握や情報交換、ノウハウの共有化を図るなど、これまでも所管部局と連携して総合調整機能を果たしてきた。さらに、総務部主導で一層の利活用の推進を図るため、本年4月には新たに、同会議のリーダーを総務部長とするなど構成員の格上げや、まとまった広さの土地等具体的な案件について検討を行う作業部会の設置など、庁内検討体制の充実を図り、財産管理課が中心となって重点的な検討協議を行う体制とした。今後も財産管理課が中心となって未利用地の利活用を効果的、効率的に進めていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【富田昭雄委員】
 県は女性の管理職10パーセントという目標を設定しているが、達成見込みはどうなっているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(人事)】
 積極的に登用に努めた結果、本年度の管理職に占める女性の割合は9.7パーセントとなっている。

-------------------------------------------------------------------------------

【富田昭雄委員】
 女性の管理職を増やすためには採用の時点から女性を積極的に採用していく必要があるが、最近の女性職員の採用はどのような状況になっているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(人事)】
 大卒程度の採用試験である第1回試験に合格し、採用された新規採用職員に占める女性の割合は、最近5年間は平均で約35パーセントとなっている。なお、本年度の第1回試験により採用した新規採用職員に占める女性の割合は39.7パーセントであり、最近5年間では最も高くなっている。採用試験は、男女を問わず、優秀な人材を採用するために公正に実施されており、新規採用職員に占める女性の割合を高めていくためには、愛知県職員を志望する女性を増やしていく必要があると考えている。そのため、女性職員の活躍ぶりをホームページなどで積極的にPRするとともに、県庁のワーク・ライフ・バランスの取組や女性のキャリア支援の取組について志望者への説明会などでも積極的にPRしている。

-------------------------------------------------------------------------------

【富田昭雄委員】
 育児休業取得等を理由として女性職員の昇任等が不利にならないよう、本県として取り組んでいることはあるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(人事)】
 昇任は、人事評価結果が優れ、かつ、能力、意欲、行動力を有する職員を、男女を問わず人選することとしているが、育児休業等を取得した職員についても、その取得の有無や取得期間にかかわらず、能力・実績に基づき昇任の判断を行うこととしている。

-------------------------------------------------------------------------------

【富田昭雄委員】
 育児休業取得後に円滑に職場復帰できるような環境も整備してほしい。
 次に、技術革新が進む一方で、県は紙資料等の量が多いが、ペーパーレス化、電子化はどのような状況にあるか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政改革)】
 行政文書等の紙資料を減らすことは、業務の効率化を進める上で重要な取組と認識しており、これまでも、ITを活用した行政運営の推進など、ペーパーレス化にもつながる取組を累次の行革大綱に位置づけ、行政改革の一環として取り組んできた。現行のしなやか県庁創造プランでも、柱の一つである事務事業の積極的な見直しの一環として、紙資料そのものの減量につながる全庁共通業務の見直しや電子県庁の推進に取り組んでおり、ペーパーレス化を含め、コストや事務量の縮減に向けて引き続き取り組んでいきたい。行政の電子化は振興部を中心に取り組んでいるが、行政改革でも重要な視点と認識しており、関係する取組を累次の行革大綱に位置づけて取り組んできた。平成16年4月に総合文書管理システムを導入し、現在では庁内の決裁文書のおおむね半数が電子決裁に移行している。このほかにも、総務事務システムや人材育成システムなど、業務のシステム化、電子化を順次進めてきた。現行のしなやか県庁創造プランの下では、電子県庁の推進を位置づけ、あいちICT戦略プラン2020に基づき行政のICT化を進めている。関係部局とも連携し、引き続き行政の電子化を進め、業務の効率化を推進していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【富田昭雄委員】
 情報の危機管理の面で、誰でも課室に簡単に入れることは問題であり、IT化を進めて対応すべきと思うが、県としてはどう考えるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務事務管理課主幹(企画・給与・旅費)】
 総務事務センターでは約3万3,000人の職員の個人情報を取り扱っているため、他の課室とは異なり、セキュリティ対策としてICカードを用いて入退室管理を行っている。

-------------------------------------------------------------------------------

【富田昭雄委員】
 ICカードを持つ職員だけが課室に入れるということか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務事務管理課主幹(企画・給与・旅費)】
 課室の扉でICカードをかざして入るようになっている。ICカードは通し番号で管理しており、入退室管理システムにより、誰が何時に入退室したか全て記録し管理している。入室は、総務事務センターの業務に携わる県職員と委託業者に限定している。

-------------------------------------------------------------------------------

【富田昭雄委員】
 総務事務センターだけではなく、全庁的に課室における入退出管理が必要だと思うので、ICチップ入りの身分証明書などを整備すべきだと思う。また、県庁では現在、業者等の課室への入退室を特に管理していないようだが、記録簿を導入するなどして管理すべきではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課主幹(管理)】
 各種申請行為などで多くの方が来庁する課室もあり、各課室に記載台等の設置も必要になるため、記録簿の導入は難しいと考えている。一方で、庁内の公務を円滑、適正に執行するには庁内秩序を維持していくことが重要であるため、庁内秩序の維持に関する取組について、他県の状況などを研究していきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【富田昭雄委員】
 民間企業やほかの自治体でも先進事例が出てきている中、いろいろな意味で取組の愛知県版を考えていくことも必要だと思うので、しっかりと取り組んでほしい。
 グッドジョブ運動の実施状況はどうなっているか。また、業務効率化に関する事例があれば、それも紹介してほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政改革)】
 グッドジョブ運動は、事務改善の取組などを募集して全庁に公開した上で、優れた取組を評価・表彰するもので、平成22年度の創設から本年で8年目となる。平成27年度からは、受賞者が公開の場で取組を発表し、大賞・優秀賞を選定するあいちグッドジョブ大会を開催するなど、取組の強化・拡充に努めてきた。応募件数は年々増加しており、昨年度は963件、これまでの応募は累計で5,399件となっている。業務の効率化の事例としては、平成27年度に業務のマニュアルを集約し、電子化して検索機能を付加する情報共有の取組があり、優秀賞として知事表彰し、全庁に紹介した。そうした事例を広く周知・普及しながら、個々の職員、所属における工夫を引き出すことができるよう努めていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【富田昭雄委員】
 優れた取組は表彰し、その結果を人事評価にも反映し、賞与や登用につながるように運用してほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【岩村進次委員】
 中核市へ移行すると、おおむね2,600の事務事業が移譲され、その分の負担も発生することになるが、市の経費負担はどのくらい必要になるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【市町村行政支援室長】
 過去の事例を検証すると、事務の移譲により新たに必要となる経費は人件費を含め20億円程度であり、そのうち9割以上は民生行政と保健衛生行政に係る経費と考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【岩村進次委員】
 市町村に発生する新たな経費負担は、交付税で措置されるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【市町村課主幹(財政)】
 地方公共団体が法令により事務の処理を義務づけられる場合は、国は、その経費の財源につき必要な措置を講じなければならないこととされており、地方交付税は、どの地方公共団体に対しても行政の計画的な運営が可能となるよう、必要な財源を保障している。中核市への移行により、現在県で行っている事務が移譲されることになるが、それに要する経費は、現在は県の地方交付税の基準財政需要額に算入されている。これまでに中核市へ移行した豊田市、豊橋市及び岡崎市でも、中核市への移行に当たり増加する経費は、適切に基準財政需要額に算入されたものと考えている。今後、一宮市が中核市となる場合には、交付税制度で適切な措置がなされるものと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【岩村進次委員】
 中核市への移行に伴う権限移譲に当たっては、県の裁量で協力できる部分もあると思うので、県と市がお互いに一番良い形で中核市を目指すことが重要である。自治体としての機能を高めるための議論はしっかりとしてほしいし、自治体が努力するのも当然だと思うが、そのような取組を後押しする体制を県にも作ってほしい。