議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成29年振興環境委員会 本文




2017.06.14 : 平成29年振興環境委員会 本文


(主な質疑)
《環境部関係》
【奥村悠二委員】
 特定外来種に指定されているオオキンケイギクへの対応を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【自然環境課長】
 オオキンケイギクの駆除に向けた取組として、県は、環境省が作成したちらしを利用し、市町村へ働きかけを行っている。その結果、幾つかの市町村が地元の様々な団体等と連携し駆除に向けた取組を進めており、年々この活動の輪が広がっている。さらに、生態系ネットワーク協議会に対しても声掛けをし、駆除活動を促進している。オオキンケイギクが繁殖力が非常に強く、日本の在来種を駆逐してしまう植物であることを踏まえて、地元と協力し、駆除活動の和を広げている。

-------------------------------------------------------------------------------

【奥村悠二委員】
 道路に設置された植樹帯などで見られるオオキンケイギクの駆除に向けて、道路を管理する建設部と連携した取組は行っているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【自然環境課長】
 建設部が行う植樹帯の草刈り業務の中で、オオキンケイギクの駆除についても対応してもらうよう依頼している。


-------------------------------------------------------------------------------

《振興部関係》
【奥村悠二委員】
 中部国際空港の二本目滑走路の整備を望んでいるが、県営名古屋空港についても、航空自衛隊の基地だけではなく、民間航空の拠点としたい。二つの空港における県の運営方針を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【振興部長】
 平成17年に中部国際空港を開港し、名古屋空港を県営化した時に、二つの空港の役割分担について検討した。定期路線を基本的に中部国際空港に一元化し、名古屋空港は航空自衛隊の基地だけではなく、中部国際空港の補完的な役割を果たすことを議論した上で県営化した。この原則に基づいて国土交通省や事業者である株式会社フジドリームエアラインズに対して話をしている。いずれの空港も相互に補完しながら地域の航空需要を高め、県民の生活が良くなるよう、原則に基づき、中部国際空港や県営名古屋空港に関する事業をしっかりと進めていく。