議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成29年総務県民委員会 本文




2017.03.17 : 平成29年総務県民委員会 本文


(主な質疑)
《議案関係》
【中根義高委員】
 愛知の住みやすさ発信事業について伺う。本県では、20代前半を中心とする若年女性が県外へ流出しており、また、本県の20歳から34歳の男女構成比率は男性が100に対して女性は88.9となっていることから、その不均衡を解消するための具体的な施策としても東京圏の女子学生を意識した本事業を実施する必要がある。施策の展開としては、医療や福祉といった女性の雇用人数が多い業種や観光等の女性の雇用比率が高い業種を育てることや、若年女性をひきつける魅力を本県で創出することが必要である。本事業の実施に当たり、本県から若年女性が東京圏に流出する理由をどのように考えているのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課長】
 本県から東京圏への若年者の転出は、大学進学時の18歳と就職時の22歳が非常に多くなっており、22歳の転出超過は男性が145名、女性が531名と女性の転出超過が男性を大きく上回っている。この背景には、本県の産業構造は男性労働者が多くを占める製造業のウエイトが高く、男性に比べると女性の雇用の受皿が少ないことが考えられる。また、東京圏には娯楽や文化、ファッションを始めとする多様な機能が複合的に集積しており、都市としての魅力が相対的にこの地域よりも高いと思われていることが大きな要因ではないかと考えている。
 本県に若年女性をひきつける方策は、製造業等の男性が多い職場で女性が働きやすい環境を作ることや、若い女性に理系の職場等に関心を持ってもらえるようにすることが重要であると認識している。また、今後社会的ニーズが高まる医療・介護分野や、成長が期待される観光やICT、デザイン等の分野は、女性ならではのきめ細かな配慮や感性を生かした活躍が期待できると考えており、これらの産業の振興を図ることが女性の雇用の受皿拡大につながると考えている。さらに、若年女性は東京への憧れやイメージで転出しているケースも多いため、本県の魅力を評価してもらえるようイメージアップを図ることが重要である。
 本事業では、本県の魅力や豊富で多様な文化、レクリエーション、スポーツ環境などをPRするほか、東京圏にはない強みとして、大都市圏でありながら通勤時間が短く、家賃等の生活コストも低く、自然豊かな環境の中でゆとりのあるワーク・ライフ・バランスのとれた暮らしができることなどをPRしていきたい。その際、東京圏と比較した本県での生活の豊かさを時間やコスト面で換算して分かりやすく数字で紹介するなど、就職で居住地を選択する若年女性に気づきを与えるPRとなるよう内容を工夫したい。

-------------------------------------------------------------------------------

【中根義高委員】
 26.5パーセントの女性が東京に住んでみたかったという理由で本県から流出しているが、子育てしやすい環境を強く意識し始めるのは子供ができてからだと思うため、こうした女性に対して、本県は子育てしやすく住みやすいと伝えることも必要である。また、東京圏から女性を呼び込むためには若者が抱える不安の解消が必要だと思うが、その点について県としてどのように考えているのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課長】
 本県から転出する女性を引きとどめることと東京圏から新たに女性を呼び込むことの両面から取り組んでいきたい。若者の不安の解消には経済的な基盤がしっかりしていることが重要であるため、本県には優良企業が多く雇用環境が整っていることをアピールすることが必要である。また、首都圏で大学が実施している就職説明会などで、女性が活躍できる職種があることなど、本県の魅力を十分に発信していく。さらに、ホームページ等にも女性の目を引く魅力ある情報内容を盛り込み、本県の魅力を訴えていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【中根義高委員】
 本事業の実施に当たり、目標値をどのように設定しているのか伺う。また、ホームページ等で発信した情報がターゲットに届いているかという点の検証をどのような手法で行うのかも併せて伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【企画課長】
 愛知県まち・ひと・しごと創生総合戦略では、2020年までの5年間の累計で6万5,000人、年平均で1万3,000人の転入超を目標に掲げている。この目標は、ほかの取組も併せて実現を目指すものであり、本事業も含めた成果目標の一つと考えている。また、本総合戦略では、20代の若年女性の東京圏への転出超過を年間1,400人に抑えるとの目標も掲げており、その実現に向けて本事業も寄与できるものと考えている。なお、本事業はインターネットによるPRを中心に考えているため、ホームページや動画、就職支援サイトに掲載する広告記事等の閲覧件数をチェックし、効果測定を行っていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【中根義高委員】
 本事業の実施に当たり3点要望する。1点目は、若者に強く訴えかける動画やCGアニメ等を一般から公募し、WEBを活用して発信するとのことであるが、若者にどのようなものが受け入れられるかは分からないため、多くの一般公募作品が集まった場合には、できる限り多くの作品を公開してほしい。2点目は、本事業は国が掲げる地方創生の取組に沿ったものであると思うため、国の交付金を活用できるように努力してほしい。3点目は、企画担当部署がけん引役となり、他部局とも連携を図りながら事業を推進してほしい。

《請願関係》
 なし


-------------------------------------------------------------------------------

《一般質問》
【鈴木 純委員】
 昨年、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて初の国政選挙となる第24回参議院議員通常選挙が執行されたが、本県の18歳と19歳の新有権者を始めとした投票率の状況を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【選挙管理委員会事務局長】
 本県全体の投票率は55.41パーセントで前回を2.76ポイント上回り、全国の投票率54.7パーセントも上回る結果となった。本県の18歳の投票率は58.2パーセントで全国の投票率51.28パーセントを6.92ポイント上回っている。19歳の投票率は49.4パーセントで全国の投票率を7.1ポイント上回ったものの、18歳の投票率を8.8ポイント下回る結果となった。

-------------------------------------------------------------------------------

【鈴木 純委員】
 18歳と19歳の投票率は、都市部で高く地方で低い傾向があるとの報道もあったが、今回の選挙における10代の投票率について、県選挙管理委員会はどのような認識を持っているのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【選挙管理委員会事務局長】
 本県の10代の投票率は全国の投票率を上回り、20代の全国の投票率35.6パーセントよりも高い水準となっている。これは、選挙権年齢の引下げを受けて選挙出前トーク等の主権者教育を推進したことや、マスメディアによる18歳選挙権の積極的な報道等の成果が出たものと考えている。昨年、総務省が18歳から20歳までの有権者を対象に実施した意識調査によると、中部や関東地方では投票に行った者が半数を超えているが、中国、四国、北海道、東北地方では半数を下回る結果となった。この結果は、進学等で都市部に転居した者が住民票を異動せず、投票手続が煩雑となったため投票に行かなかったのではないかとの指摘もあるが、今後更に詳細な調査が実施されるものと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【鈴木 純委員】
 10代の投票率は東京都が1位、神奈川県が2位、本県が3位であったが、全体の投票率では東京都が9位、神奈川県が25位、本県が26位である。成人後に社会人としての自覚が出て投票率が上昇すればよいが、政治に無関心のままでは投票率が下がってしまうため、しっかりと取り組んでほしい。
 第24回参議院議員通常選挙における新有権者の中には、就職や進学の際に実家から居住地に住民票を異動していない者や不在者投票制度の認識不足から投票しなかった者も存在していると思うが、こうした新有権者に対して今後どのような取組を行うのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【選挙管理委員会事務局長】
 選挙で投票するためには選挙人名簿に登録されていることが必要であり、進学や就職等で転居した場合は住民票を異動して新住所地で投票することが原則となる。なお、住民票を異動して3か月を経過しない期間の国政選挙は旧住所地で投票することとなり、選挙期間中に旧住所地に行くことができない場合は不在者投票制度を活用することができる。総務省の昨年の意識調査の結果によると、投票に行かなかった理由としては、現在住んでいる市区町村では投票できなかったとの理由が最も多く、約22パーセントを占めている。そのため、本年1月には総務省選挙部から文部科学省所管の教育機関や市区町村の住民基本台帳担当課に対し、住民票異動の必要性や不在者投票制度の周知、啓発の協力依頼があった。県選挙管理委員会としては、啓発用資料を高等学校や大学等へ配布するなど、引き続き新有権者に対する制度の周知に努めていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【鈴木 純委員】
 転居する場合は住民票を異動することが原則であるが、不在者投票制度などもしっかりと広報してほしい。第24回参議院議員通常選挙では、期日前投票所は増加しているのに対し、当日投票所は前回と比較して32か所少ない1,704か所となっているが、当日投票所の見直しの要因を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【選挙管理委員会事務局長】
 当日投票所の見直しの主な要因は、人口増加による投票場所や駐車場の不足、人口減少に伴う投票所間における有権者数の不均衡解消となっている。当日投票所の見直しは有権者の投票参加に支障を来すおそれもあることから、従来の行政区単位に設置した投票所の小学校区を単位とした設置への見直しや、投票場所と駐車場の確保、巡回バスの無料乗車券の発行による投票所への移動手段の確保、統合された投票所の地域への期日前投票所の設置など、有権者の利便性に配慮した代替策を講じている。県選挙管理委員会としては、投票所の見直しは選挙事務の効率性の観点だけではなく、有権者の利便性という観点からも行われるべきものと考えており、今後も投票所を設置する市町村選挙管理委員会に適切な助言を行っていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【鈴木 純委員】
 第24回参議院議員通常選挙で、京都府木津川市では市内の府立高等学校2校に期日前投票所を設置している。高等学校への期日前投票所の設置や高校生の選挙ボランティアの取組は、若年層の選挙への関心を高め、主権者としての意識の向上を図るものとして大変有意義であると考えるが、本県の取組の状況を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【選挙管理委員会事務局長】
 本県では、全国で最多となる6大学に期日前投票所を設置したが、高等学校には期日前投票所を設置していない。また、高校生の選挙ボランティアではないが、春日井市では期日前投票所の立会人として4名、東浦町では期日前投票所の案内係として3名、投票所での立会人として1名の合計4名が選挙事務を経験した。参加した高校生からは、「必ず投票に行かなければならないという思いが強くなった」、「選挙に関心を持つようになったので投票には必ず行く」との感想があり、選挙への関心を高め、主権者意識の向上を図る取組になったと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【鈴木 純委員】
 第24回参議院議員通常選挙における10代の投票率は、今後の主権者教育の取組次第で若年層の低投票率に歯止めをかけることができる可能性を示したと思うが、来年度の選挙管理委員会の取組を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【選挙管理委員会事務局長】
 第24回参議院議員通常選挙における10代の投票率は、高等学校での選挙出前トークを始めとする主権者教育の取組に一定の成果があったと考えている。来年度は任期満了に伴う国や県の選挙は予定されていないが、市町村選挙管理委員会と連携した選挙出前トークや、大学の授業やゼミナールでの選挙をテーマとした学生との議論、啓発に係る調査研究を行う大学との連携など、啓発活動を中心にしっかりと取り組んでいく。また、県内の一部の市町村では首長や議員の選挙が執行されることから、こうした機会を捉えて大学や商業施設への期日前投票所の設置、大学生や高校生の投票立会人への起用など、関係市町村選挙管理委員会とも連携を密にし、県内各地での様々な啓発事業の取組を通じて県全体を盛り上げていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【鈴木 純委員】
 第8回世界青年意識調査における、今の自国の政治にどのくらい関心があるかという質問に対し、政治に関心があると回答した者の割合は、日本が58パーセントで最も高く、アメリカは54.5パーセント、韓国は49.7パーセント、フランスは42.6パーセント、イギリスは33.2パーセントとなっている。このように、日本の若者は政治に関心を持っているというデータもあるため、しっかりと啓発し、自分たちの未来は自分たちで決めるという意識を醸成してほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【寺西むつみ委員】
 産業貿易館西館は、産業貿易館本館と同様に本年4月から普通財産になったと聞いている。普通財産は総務部で所管するのが原則だが、現在は例外的に産業労働部が所管しており、先月開催された産業労働部の議案説明会の際に、同館西館の建物取壊し費が計上されていたため、今後の跡地利用について質問したところ、総務部が中心となって検討するとの回答であった。同館本館の敷地を東海旅客鉄道株式会社に売却後、同敷地の面積約5,800平方メートルのうち4,000平方メートル相当分に変電施設が建設されるが、余剰地である1,800平方メートルの利活用は、本県からの要請も踏まえて今後、東海旅客鉄道株式会社が検討することとなっている。余剰地の利活用は、隣接する同館西館跡地の利活用にも密接に関係すると思うが、同館西館跡地の利活用検討は、総務部のどこが所管するのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課長】
 同館西館跡地の利活用検討は財産管理課が所管するが、全庁的に幅広く検討するため、検討自体は各部局の主管課を構成員とする県有財産利活用調整会議で行う。

-------------------------------------------------------------------------------

【寺西むつみ委員】
 同館本館の所有権が東海旅客鉄道株式会社に移転するのが本年4月頃、同館西館を産業労働部が所管するのが来年3月末までと聞いており、東海旅客鉄道株式会社が進める計画と同館西館の利活用計画に時期の相違が生じるのではないかと思う。同館本館と西館を有効活用するためには一体的に検討すべきであると考えるが、県の見解を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課長】
 同館本館敷地の余剰地の利活用は、本年3月10日に開催された総務県民委員会における意見を東海旅客鉄道株式会社に申し伝えることとしている。しかしながら、東海旅客鉄道株式会社でも余剰地の利活用計画は今後検討することとしており、また、同館西館の取壊しも先のことであるため、同館敷地の一体的な利活用の検討は、県有財産利活用調整会議で議論していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【寺西むつみ委員】
 同館西館を取り壊さず、耐震改修して再活用することは考えていないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課長】
 来年度当初予算案として同館西館の取壊し実施設計費を計上しており、県有施設利活用・保守管理プログラムでは建物を取り壊して敷地を有効活用することとしているため、現時点では取壊しを前提に敷地の利活用を検討する。

-------------------------------------------------------------------------------

【寺西むつみ委員】
 同館西館の取壊し費と耐震改修費を比較し、本県にとってどちらが有用に活用できるのかを検討してほしい。同館本館と西館をつなぐ地下道があると思うが、現在の状況と地下道の権利はどこが所有しているのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課長】
 地下道を含め、両館とも現在は使用していない。地下道の使用は名古屋市から道路の占用許可を取得しているが、今後どうするかは名古屋市と協議を行う。

-------------------------------------------------------------------------------

【寺西むつみ委員】
 名古屋市と本県のどこの部署が協議を行うのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財産管理課長】
 地下道を含めた同館西館の敷地の利活用は財産管理課が所管するが、現時点では名古屋市の担当部局は決まっていないため、まずは管財部局や利活用担当部局を窓口にしていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【寺西むつみ委員】
 地下道を含めた同館西館の敷地の利活用は県民の注目の的になると思うため、県内全域の情報を集約して効果的な利活用を検討してほしい。また、県庁内の職場環境が狭あい化していると聞いているが、その解消のために同館西館の敷地を利用できるのではないかと思う。

-------------------------------------------------------------------------------

【田中泰彦委員】
 アジア競技大会推進室に代わり、本年4月から新たにアジア競技大会推進課が設置されるが、政策調整課は同課をサポートするのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【政策調整課長】
 アジア競技大会推進室と同様に政策調整課がしっかりとサポートしていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【田中泰彦委員】
 アジア競技大会の開催に向け、選手の育成を始め様々な面で部局間の情報共有が必要であり、政策調整課が主体となって部局間の連携をサポートすべきであると思うが、県としての考えを伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【政策調整課長】
 県教育委員会では、現在は2020年に東京都で開催されるオリンピック・パラリンピックに向けた選手強化事業に取り組んでおり、そこで実施されているジュニア強化指定選手育成事業や次世代につなぐスポーツ人材育成事業は、2026年のアジア競技大会の選手育成にもつながる取組であると聞いている。選手の育成・強化は、より早い段階から学校教育の現場や大学、競技団体等が連携を図り、効果的かつ実効性のある取組を進めていくことが必要である。政策調整課としては各部局の動きを把握しながら、各種情報の収集や提供、スピード感を意識した各部局へのアクションを促し、課題の指摘や解決に向けて助言するなど、アジア競技大会に向けた選手育成の取組を積極的にサポートしていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【田中泰彦委員】
 アジア競技大会の組織委員会の立ち上げはどこが行うのか。また、組織委員会の立ち上げに当たり、政策調整課はどのような役割を担うのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【政策調整課長】
 組織委員会の立ち上げはアジア競技大会推進課が中心となり、アジア競技大会推進本部やアジア競技大会推進本部幹事会の場などを活用し、今後全庁的な検討を進めていく。政策調整課としては、関係部局に対して組織委員会に参画するにふさわしい候補者を洗い出すよう促すとともに、各種情報が部局間で共有されるようサポートしていく。また、組織委員会への参画を要請する段階では、各部局に対してアジア競技大会推進課と関係団体等とのつなぎ役としての役割を積極的に果たすよう働きかけるなど、アジア競技大会推進課と関係部局間の連携をしっかりとサポートしていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【田中泰彦委員】
 アジア競技大会のような国際的事業を実施する上で重要となるのは人材であるため、組織委員会の立ち上げに当たっては、他地域の国際大会の経験者や有識者等をメンバーに入れることも必要ではないかと思うが県としてどのように考えるか伺う。また、組織委員会に参画してほしい民間企業の情報把握や調整役は県のどの部署が担うのかも併せて伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政改革)】
 アジア競技大会を成功させるためには、日本オリンピック協会(JOC)や市町村、競技団体、経済団体などと協力し、地域が一丸となって準備に取り組む必要があるため、組織委員会の立ち上げに当たっては、こうした団体の参画も検討されるものと考えている。民間企業の参画は、先月、札幌市と帯広市で開催された第8回アジア冬季競技大会の例を見ると、宿泊や交通、警備等の面で民間企業が大会運営に大きな役割を担っていたようであるが、具体的にどのような民間企業に組織委員会に参画してもらうかは、アジア競技大会推進課が中心となり今後検討していく。

-------------------------------------------------------------------------------

【田中泰彦委員】
 アジア競技大会の開催に向けては競技会場や練習会場の調整が重要になると思うが、政策調整課はどのようにサポートしていくのか伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【政策調整課長】
 競技会場や練習会場は、現在はアジア競技大会推進室の競技グループが中心となって市町村や競技団体との調整、使用会場の検討に取り組んでいる。こうした検討や調整に当たっては、アジア競技大会推進課はもちろんのこと、競技団体との関わりが深い教育委員会や市町村支援を担う総務部など、関係部局間の情報の共有が不可欠であることから、政策調整課としてはこうした部局横断的な連携をサポートしていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【田中泰彦委員】
 県内の市町村はアジア競技大会の開催が地元にとって有益になるという意識を持っているのか。また、各市町村ではアジア競技大会に関する情報発信を行っているのかを併せて伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【市町村課長】
 アジア競技大会に対する市町村の意識としては、愛知万博の際に実施された一市町村一国フレンドシップ事業のようなことを検討することが市長会で全会一致で確認されている。また、単にスポーツを行うだけでなく、産業、物産、観光などをどのようにPRするのかなど、今後のアジア戦略をしっかりと考えつつ、県と連携して取組を行うことが重要であると認識されている。なお、市町村における情報発信の取組は承知していないが、市町村課としては市長会や町村会とも連携して市町村の取組に協力していきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【田中泰彦委員】
 アジア競技大会が開催されると多くの海外選手が来県するが、訪日外国人の対応に不慣れな市町村のサポートはどこが行うのか。また、アジア競技大会の開催期間中には観光や産業など、本県の魅力発信は、どこが実施するのかも併せて伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【市町村課長】
 市町村における訪日外国人への対応は、愛知万博の際に実施した一市町村一国フレンドシップ事業でパートナーとなった国と国際交流を継続している市町村も多く、アジア競技大会でもその経験が生かされるものと期待している。しかしながら、アジア競技大会の開催は市町村でも初めての経験であり、様々な不安や課題が生じることも予想されることから、市町村から相談等があった場合は必要に応じて関係部局へ橋渡しを行うなど、県が一体となって市町村をサポートしていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課主幹(行政改革)】
 アジア競技大会を本県の発展につなげていくためには、観光や産業の魅力発信といった取組が重要であると認識している。アジア競技大会は、アジア競技大会推進本部を設置して全庁を挙げて取り組むこととしており、構成部局の役割として、振興部は大会を生かした観光振興、産業労働部は大会を生かした産業振興、政策企画局は広報活動の支援といった役割が示されている。アジア競技大会の推進は引き続きアジア競技大会推進本部の事務局となるアジア競技大会推進課が主体となって取り組んでいくが、同推進本部の構成部局がそれぞれの役割を踏まえて緊密に連携を図りながら、様々な取組を検討していくものと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 愛知万博で実施した一市町村一国フレンドシップ事業を取り入れるとのことだが、アジア競技大会における外国と市町村との関わりを愛知万博開催時と同様に考えているのか。また、本定例議会の一般質問で、アジア競技大会の推進に関する答弁があったが、今後はその内容に基づいて各種事業が進められていくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務課長】
 来年度にはアジア競技大会推進課が設置されるが、過去の大規模事業の例からすると将来的には部相当の組織を設置する可能性もある。アジア競技大会の推進に当たっては、政策調整課の調整役としての機能も重要ではあるが、各部署が責任を持って取り組むことが必要であると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 これまでアジア競技大会の推進に向けて様々な説明を受けたが、県の各部署が緊密に連携を図りながら、選手の育成や使用施設の整備、組織間の連携などに取り組むことができているかは疑問である。アジア競技大会を成功に導くためには、統括的に様々な課題や問題に対処することができる組織を立ち上げるべきであると思うが、現在は振興部が単独で事業を進めているような印象を受けるため、アジア競技大会に向けて組織や県民事務所等の在り方をしっかりと議論してほしい。
 次に、本年度末の定年退職者数と再任用希望者数を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課主幹(人事)】
 定年退職者は300人程度であり、再任用希望者は160人程度である。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 再任用の配置の考え方を伺う。

-------------------------------------------------------------------------------

【人事課長】
 再任用の配置は、退職者本人の意向と職歴を踏まえつつ各部局の配置希望を鑑み、最適な所属に配置している。

-------------------------------------------------------------------------------

【水野富夫委員】
 本県にはアジア競技大会や中部国際空港の二本目滑走路など、様々な大規模事業が控えているため、適切に再任用を配置して活用してほしい。