議事ロックス -地方議会議事録検索-


愛知県 愛知県

平成26年総務県民委員会 本文




2014.03.18 : 平成26年総務県民委員会 本文


(主な質疑)
《議案関係》
【三浦孝司委員】
 中西総務部長は、東三河担当副知事に就任するとのことであるが、東三河地域に対してどのような認識を持っているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 東三河について、知事は従来から愛知の発展に欠かせない地域だと話しており、一昨年に東三河県庁を置き、東三河の施策を進めているところである。
 この地域は農業が非常に盛んであるとともに、工業も盛んであり、ある意味では愛知県の縮図であると考えている。今後、この地域の発展に向けて、施策を進める一翼を担っていきたい。

-------------------------------------------------------------------------------

【三浦孝司委員】
 東三河地域は第1次産業が盛んなところである。農業については、小規模農業と大規模農業が並立しており、また、林業も進めていく必要がある地域である。この農業及び林業に対して、どういった見識を持って平成26年度予算を編成したのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 森と緑づくり税を活用して林業に対する施策を展開していく必要があり、また、農業については、国において農地の大区画化を進める政策が進みつつある中、生産性が向上する施策を進めていく必要があると考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【三浦孝司委員】
 今回2名の副知事の同意案件が出てきている。その1人である中西部長は、林業や農業に精通している人であると思っているが、もう1人は、プレハブ住宅販売会社の社長である。県の施策として、三河産木材の利用促進に取り組んでいる中、プレハブ住宅を専門としてきた人物と、林業に理解がある人物とが副知事に就任するが、今後の愛知県はどちらへ進んでいくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 三河産木材の利用促進のために、県は、ブランド化や助成等の様々な取組を行ってきた。今後も三河産木材利用促進のための取組は進めていく。これらのことについて、副知事に就任する森岡仙太氏とは共有していきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【三浦孝司委員】
 農業及び林業に対する単独県費について、以前の予算と比較すると、今回の予算では3分の1程度になっている。東三河に対する農業及び林業に対してどういった思いでこの予算を編成したのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 平成26年度当初予算については、明るい兆しが見え始めた経済情勢の下で、県税収入は1兆円を超えたが、国の地方財政措置の縮減が見込まれ、依然として厳しい中での編成となった。しかし、元気な愛知と豊かな生活を実感できる県民生活の実現に向けて、精一杯の予算編成を行った。だだ、予算は単年度で終わるものではなく、今後も議会の意見、要望を踏まえながら予算編成を進めたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【三浦孝司委員】
 農業や林業の単独県費は減り続けている。景気が浮揚してきているが、農業や林業を守っていくために、なぜ細かいことに目が配れないのか。東三河を担当する副知事として、今後どのようにしていくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 現在、東三河県庁においては、永田副知事の下、パスポートの発行の権限を市町村に移譲したり、特別支援学校の分教室の開設等、様々な取組を行っている。こうしたことを踏まえながら、また、今指摘があったことも踏まえて、しっかりと対応していきたいと考えている。


-------------------------------------------------------------------------------

《一般質問》
【青山秋男委員】
 県債の残高が、5兆2,345億円あるが、この借金を返すつもりはあるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 平成26年度予算案の2兆3,000億円のうち、借金を返すための公債費は3,700億余円ある。これは予算のうちの大きな部分を占めるものであり、義務的経費の一つであり大変厳しい財政の要因となっている。しかし、借金を返すことを前提で金融機関から資金を調達し、県政を運営しているので、公債費はしっかり返していくこととしている。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 3,700億余円返すこととしているが、新たに3,000億円ほど借りることとしており、返す金を借りているようなものである。これではいつまでたっても借金は返せないのではないか。具体的な財政計画を立てるべきではないか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 平成25年度は公債費と県債はほぼ同額であったが、平成26年度は、税収の回復、臨時財政特例債の縮減により、県債が公債費を下回っており、状況は変わってきている。今後も税源のかん養等にしっかり努めていく。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 財政運営をしっかりやっていかないと、国のように返すことができないくらいの借金を作ってしまう。このようになってしまっては、誰が責任を取るのか。県債が公債費を下回ったのは税収が上がったからである。国のようにならないように、財政課長には、しっかりと財政運営を行ってほしい。
 今年度、減税について議論してきたが、減税は政策のツールであるとの説明があった。集まった税金を配ってしまっては、財政規律は守れない。減税も政策的な効果があるという説明であったが、そんなことは今まで私は聞いたことがない。今までの愛知県は、慎重な財政運営を行ってきており、県の今の経済成長があるのは、財政運営を担当してきた人たちがしっかりと対処してきたからであると考えている。国では減税を政策として行うことはあるが、地方自治体では減税を行うべきではないと思うがどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【財政課長】
 地方税法の規定では、地方税の賦課徴収に当たり、標準税率を参考にすべき目安として、税率を設定することが定められている。このために、これまで減税の議論を行ってきたが、委員の指摘も踏まえて、対応していきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 今年度の議会は減税の議論が多かった。財政状況が厳しい中、減税を行うことは理解できない。借金をしているのに減税を行うのは、財政規律に反するのではないか。減税について自民党は反対してきたが、これは、愛知県の財政を考慮してのことである。このことについて、どのように考えるか。

-------------------------------------------------------------------------------

【総務部長】
 個人県民税減税については、県議会との真摯な協議の中で、知事の判断により、個人県民税減税に代えて、子育て支援減税手当と障害者福祉減税基金が今議会で審議されているところである。県議会との真摯な協議の結果であり、こうした一連の経緯により理解してほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 子育て支援減税手当については、消費税増税を考慮しての子育て世帯への配慮とのことであり、バラマキにならないことを願い、全面的な賛成ではないと理解してもらいたい。今後の経済情勢は不透明であり、今後、財政危機が訪れるかもしれないが、そのようなときでも他県から羨ましがられるような、健全な財政運営を行ってほしい。
 なお、今後の税収の見込みはどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

【税務課長】
 来年度予算については、法人関係の3月決算の見込みが好調であったことなどから、1兆円超の額を計上したところである。再来年以降については、景気や為替相場の影響、税制改正の動向等の変動要素により、現時点で先を見通すことは難しいが、経済が安定し、本県が推進している産業競争力の強化策が実を結び、県税収入が引き続き回復することを期待している。

-------------------------------------------------------------------------------

【青山秋男委員】
 税収の動向は、大村知事や県執行部の努力だけでなんとかなるものではないが、先を間違えないように見通すことは必要である。絶対に欠かせないことは、国に寄り添って県政を執っていくことで、県の意見が国の各省庁に通るような関係を築いてほしい。何度も言うが、財政当局は、愛知県財政の健全化のために努力し、愛知県を発展させてほしい。

-------------------------------------------------------------------------------

【佐藤一志委員】
 歩切りについて伺うが、総務省自治行政局長と国土交通省土地・建設産業局長の連名で、各都道府県及び政令指定都市宛てに、歩切りをやめるようにとの通知があったとのことである。愛知県においては、歩切りは行っていないとのことであるが、県内の市町村では依然として歩切りを行っているところがあると聞いている。国からの通知に対して県はどのように対応したのか、また、この通知に拘束力があるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【市町村課主幹(財政)】
 平成26年1月24日付けで、「予定価格の適正な設定について」の通知文書が出されているが、1月28日付けで、総務部長名で市町村長宛て発出した。この通知では、公共工事の品質や工事の安全確保、建設業の健全な発展のため、予定価格を適正に計算して設計するとともに、設計金額の一部を控除する歩切りを行わないよう要請しており、過去から度々要請されてきた内容を再確認する内容となっている。予定価格の設定に関して、国、県が発出する通知は、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律に基づく要請であり、市町村においてはこれを踏まえて、適正に予定価格を設定してもらいたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【佐藤一志委員】
 予定価格を決める際、多いところでは10パーセントも歩切りしている地方公共団体もある。こういったことをなくして適正な価格で、予定価格を設定してもらいたい。県においては、県内市町村の歩切りの状況を把握しているか。

-------------------------------------------------------------------------------

【市町村課主幹(財政)】
 直近では平成25年1月に、国土交通省が、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律に基づく実施状況調査を行っているが、市町村の回答は県を経由せず直接国へ送付されているため、県では回答状況を把握していない。
 また、この調査結果は国から公表されているが、歩切りに関する状況は盛り込まれていない。

-------------------------------------------------------------------------------

【佐藤一志委員】
 市町村においては、国の通知に基づきしっかりと対応してもらいたいが、通知に拘束力がないこと、県が実態を把握していないことから、現状では難しいと考える。現在、県は市町村に対して、どのような対応がとれるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

【市町村課主幹(財政)】
 市町村に対しては、国から通知がなされた場合、速やかに通知するとともに、市町村の財政担当課に対し、会議等において適宜、周知している。平成26年1月24日付けの通知についても、2月19日に開催した会議において、歩切りを行わないよう財政担当課に説明するとともに、関係部局に周知するよう要請したところである。今後も予定価格の適正な設定等、入札、契約事務の適正化について、機会を捉えて助言していきたいと考えている。

-------------------------------------------------------------------------------

【佐藤一志委員】
 是非、予定価格の適正化に向けて、市町村の指導に当たってほしい。