議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 函南町

平成25年  9月 定例会 09月17日−03号




平成25年  9月 定例会 − 09月17日−03号









平成25年  9月 定例会



          平成25年第3回(9月)函南町議会定例会

議事日程(第3号)

                  平成25年9月17日(火曜日)午前9時開議

日程第1 議案第62号(総務建設委員会付託) 函南町職員の給料の臨時特例に関する条例の制定について

日程第2 議案第63号(総務建設委員会付託) 駿東伊豆地区消防救急広域化協議会の設置に係る協議について

日程第3 議案第64号 函南町教育委員会委員の任命について

日程第4 議案第65号 函南町固定資産評価審査委員会委員の選任について

日程第5 議案第66号 函南町税条例等の一部を改正する条例

日程第6 議案第67号 延滞金等の改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

日程第7 議案第68号 函南町水道事業審議会条例の一部を改正する条例

日程第8 議案第69号 函南町下水道事業審議会条例の一部を改正する条例

日程第9 議案第70号 函南町都市計画市議会状況の一部を改正する条例

日程第10 議案第71号 函南町土地利用調査委員会設置状況の一部を改正する条例

日程第11 議案第72号 函南町営温泉スタンドの設置、管理及び給湯料に関する条例の一部を改正する条例

日程第12 議案第73号 東小学校大規模改修工事(?棟・?棟)の請負契約の変更について

日程第13 議案第74号 同時通報無線デジタル化整備工事の請負契約について

日程第14 (議案第75号から議案第76号までを一括議題とする)

      議案第75号 函南町道路線の廃止について(町道塚本27号線、町道塚本79号線)

      議案第76号 函南町道路線の認定について(町道塚本81号線)

日程第15 議案第77号 平成25年度函南町一般会計補正予算(第2号)

日程第16 議案第78号 平成25年度函南町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

日程第17 議案第79号 平成25年度函南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

日程第18 議案第80号 平成25年度函南町介護保険特別会計補正予算(第1号)

日程第19 議案第81号 平成25年度函南町下水道事業特別会計補正予算(第2号)

日程第20 議案第82号 平成25年度函南町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

日程第21 議案第83号 平成25年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第2号)

日程第22 議案第84号 平成25年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計補正予算(第1号)

日程第23 議案第85号 平成25年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第1号)

日程第24 議案第86号 平成25年度函南町東部簡易水道特別会計補正予算(第1号)

日程第25 議案第87号 平成25年度函南町上沢財産区特別会計補正予算(第1号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(16名)

    1番    廣田直美君        2番    土屋 学君

    3番    馬籠正明君        4番    中野 博君

    5番    山中英昭君        6番    柿本昭仁君

    7番    鈴木晴範君        8番    石川正洋君

    9番    加藤常夫君       10番    植松和子君

   11番    高橋好彦君       12番    服部堅二君

   13番    長澤 務君       14番    米山祐和君

   15番    杉村彰正君       16番    塚平育世君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名

 町長          森 延彦君   副町長         佐口則保君

 会計管理者       安田好伸君   教育長         矢田長春君

 総務部長        室伏光男君   厚生部長        藤間秀忠君

 建設経済部長      松下文幸君   教育次長        高橋宗弘君

 総務課長        高橋憲行君   企画財政課長      西川富美雄君

 税務課長        牧野 智君   管財課長        山下雅彦君

 住民課長        矢野正博君   都市計画課長      田口正啓君

 健康づくり課長     小澤 孝君   福祉課長        露木 章君

 環境衛生課長      田中康夫君   生涯学習課長      酒井 充君

 建設課長        室伏由之君   農林商工課長      市川 積君

 上下水道課長      八木正彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 事務局長        与五澤栄堤   書記          木代伸二

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(高橋好彦君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は16名です。定足数に達していますので、ただいまより9月定例会第3日目の会議を開きます。

                              (午前9時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(高橋好彦君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発言の取り消し



○議長(高橋好彦君) 日程に入るに先立ち、お諮りします。

 9月11日上程されました議案第62号 函南町職員の給料の臨時特例に関する条例の制定についての質疑の後、私、議長からの発言について全て取り消しをいただきたいので、会議規則第64条の規定によりこれを許可することにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 したがって、発言の取り消しを許可することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△町長の発言



○議長(高橋好彦君) ここで、町長より発言を求められております。

 これを許可します。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 皆さん、おはようございます。

 本日の9月定例会を開会するに当たりまして、最初にご報告を申し上げます。

 9月15日から16日にかけまして愛知県東部に上陸いたしました台風第18号につきましては、気象庁が初めて特別警報を発令するなど、近畿から東海地方にかけて各地で大きな災害をもたらしておりまして、被災されました皆様方には心よりお見舞いを申し上げる次第でございます。

 当町においても、15日の午後10時に大雨洪水暴風警報が発令され、町内の1時間当たりの最大雨量は58ミリ、降り始めからの連続降雨量は233ミリとなっております。

 町では台風の接近が深夜から早朝となるため、万全な警戒態勢をとるために、15日の午後8時より第1次配備態勢を整え、田方消防、三島警察署、国土交通省、消防団などとの防災関係機関と連携を図り、台風の接近に備えておりました。幸いなことに、町内においては、風水害などで大きな被害がございませんでしたことをご報告をいたします。

 今後も各種の実践的な訓練を通して防災関係機関との連携をさらに強化するとともに、自助、共助、公助の防災意識の向上を図り、函南町の地震対策、風水害対策などの防災対策を一層強化して、安全・安心なまちづくりに努めていく所存でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第62号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第1、議案第62号 函南町職員の給料の臨時特例に関する条例の制定についての件を議題といたします。

 本案は委員会付託につき、委員長報告を求めます。

 長澤総務建設委員長。

          〔総務建設委員長 長澤 務君登壇〕



◆総務建設委員長(長澤務君) 平成25年9月17日、議会議長、高橋好彦様。総務建設委員会委員長、長澤務。

 総務建設委員会審査報告書。

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定いたしましたので函南町議会会議規則第77条の規定により報告します。

 記。

 事件の番号、議案第62号。

 件名、函南町職員の給料の臨時特例に関する条例の制定について。

 審査結果、原案可決。



○議長(高橋好彦君) 委員長の報告を終わります。

 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって委員長に対する質疑を終了いたします。

 お諮りします。この件について討論を省略し、採決に入ることに異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第62号 函南町職員の給料の臨時特例に関する条例の制定についての件を挙手により採決を求めます。

 議案第62号に対する委員長の報告は可決です。

 議案第62号 函南町職員の給料の臨時特例に関する条例の制定については、委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第63号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第2、議案第63号 駿東伊豆地区消防救急広域化協議会の設置に係る協議についての件を議題とします。

 本案は委員会付託につき、委員長報告を求めます。

 長澤総務建設委員長。

          〔総務建設委員長 長澤 務君登壇〕



◆総務建設委員長(長澤務君) 平成25年9月17日、議会議長、高橋好彦様。総務建設委員会委員長、長澤務。

 総務建設委員会審査報告書。

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定しましたので函南町議会会議規則第77条の規定により報告します。

 記。

 事件の番号、議案第63号。

 件名、駿東伊豆地区消防救急広域化協議会の設置に係る協議について。

 審査結果、原案可決。



○議長(高橋好彦君) 委員長の報告を終わります。

 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって委員長に対する質疑を終了いたします。

 お諮りします。この件については討論を省略し、採決に入ることに異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第63号 駿東伊豆地区消防救急広域化協議会の設置に係る協議についての件を挙手により採決を求めます。

 議案第63号に対する委員長の報告は可決です。

 議案第63号 駿東伊豆地区消防救急広域化協議会の設置に係る協議については、委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第64号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第3、議案第64号 函南町教育委員会委員の任命についての件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第64号について説明をいたします。

 議案第64号は、函南町教育委員会委員の任命についてであり、委員の任期満了に伴い、新たに委員を任命したいので、議会の同意を求めるものであります。

 議案を朗読しますので、別紙議案書をご覧ください。

 議案第64号 函南町教育委員会委員の任命について。

 下記の者を函南町教育委員会の委員に任命したいから、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第4条第1項の規定により、議会の同意を求める。

 記。

 住所、函南町仁田34番地の26。

 氏名、杉本敏子。

 生年月日、昭和37年11月17日(50歳)。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由につきましては、現在、委員の任期満了(平成25年9月30日)による。任期は、平成25年10月1日から平成29年3月30日までとする。

 裏面をご覧ください。

 略歴がございます。

 氏名、杉本敏子。

 杉本秀歯科医院事務員。

 学歴につきましては、昭和60年3月、日本女子大家政学部卒業でございます。

 職歴につきましては、記載のとおりでございます。

 その他経歴につきましては、平成9年から函南町立函南小学校PTA常任委員、平成12年4月から静岡県立韮山高等学校同窓会会報編集委員、平成20年4月から函南町立函南小学校学校評議員でございます。

 以上でございます。よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 今回、ちょっと今までになかったかなと思うんですけれども、50歳という若い方を任命をしようとしておりますけれども、これによりまして若い方に期待をしていると思うんですけれども、この方が学校評議員を長くやっていたようですけれども、今現在もやっておりますが、評議員として何か評価できるようなことがありましたでしょうか、ちょっとそこだけお伺いしたいと思います。



○議長(高橋好彦君) 高橋教育次長。



◎教育次長(高橋宗弘君) この委員に選任されていらっしゃる方は、杉本秀歯科医院の先生の奥様でございまして、先生は学校歯科医のほうを長くやっていただいています。その関係で学校へよく出向くことがありまして、正しい評価といいますか、小学校の内容によく精通されていまして、そういう意味では評価が高いと思っております。

 以上です。



○議長(高橋好彦君) ほかに。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) ちょっといいですか、今先生の話だったんですけれども、奥様なので評議員としてやっていて、どんなだったのかということで伺ったつもりですけれども。



○議長(高橋好彦君) 高橋教育次長。



◎教育次長(高橋宗弘君) 今説明いたしましたのは、先生と一緒に検診等をみてもらっていますので、そういう意味で小学校の内容に精通しているということで、適切なアドバイスをいただいているというふうに判断しております。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第64号 函南町教育委員会委員の任命についての件を挙手により採決を求めます。

 本案はこれに同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案はこれに同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第65号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第4、議案第65号 函南町固定資産評価審査委員会委員の選任についての件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第65号について説明をいたします。

 議案第65号は、函南町固定資産評価審査委員会委員の選任についてであり、委員の任期満了に伴い、同委員を再任したいので、議会の同意を求めるものであります。

 議案を朗読いたします。

 議案第65号 函南町固定資産評価審査委員会委員の選任について。

 下記の者を函南町固定資産評価審査委員会委員に選任したいから、地方税法(昭和25年法律第226号)第423条第3項の規定により、議会の同意を求める。

 記。

 住所、函南町間宮117番地の1。

 氏名、鈴木一彦。

 生年月日、昭和28年2月8日(60歳)。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由。

 鈴木一彦現委員の任期満了(平成25年9月30日)により、同委員を再任したい。

 任期は、平成25年10月1日から平成28年9月30日まで。

 裏面をご覧ください。

 略歴。

 氏名、鈴木一彦。

 職業、自営業、社会保険労務士、行政書士、宅地建物取引業務。

 学歴、昭和50年3月、日本大学法学部卒業。

 経歴、昭和50年4月、中央医療保険専門学院入社。昭和54年1月、鈴木事務所開設。平成19年10月、函南町固定資産評価審査委員会委員。

 以上でございます。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第65号 函南町固定資産評価審査委員会委員の選任についての件を挙手により採決を求めます。

 本案はこれに同意することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案はこれに同意することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第66号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第5、議案第66号 函南町税条例等の一部を改正する条例の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第66号について説明をいたします。

 議案第66号は、函南町税条例等の一部を改正する条例についてであり、県や近隣市町の町税等の納期期限のほとんどが月末であることから、当町もこれに合わせることにより、納税者等の利便性及び収納率の向上を図るため、納期の変更を行うものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 室伏総務部長。

          〔総務部長 室伏光男君登壇〕



◎総務部長(室伏光男君) 議案第66号について、細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第66号 函南町税条例等の一部を改正する条例。

 函南町税条例等の一部を別紙のとおり改正する。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由には、先ほど町長が述べたとおりでございますので、新旧対照表をお願いいたします。

 今回の改正は、税条例ほか10の条例についてまとめて改正をするもので、その内容は基本的に納期の変更をするものでございます。

 新旧対照表の左上に、第1条関係とありますように、1ページは改正文の第1条の町税条例の改正でございます。納期以外に第4条の改正がございます。これは地方税法第18条の4を基本としている条項でございますが、平成25年1月1日から改正されておりましたが、その改正に気づいておりませんで、本条項の改正をするというものでございます。税法に基づいて改正をするというものでございます。

 その内容でございますが、差し押さえ等の滞納処分につきましては、処分理由を調書等に記載しなければならなくなりましたので、第8条や第14条の行政処分や不利益処分の条項を適用除外規定から除くという形でアンダーラインの部分を加えているものでございます。

 その下の第40条は、個人の町民税の納期でございまして、左側の第1期から第4期までの納期を右側のように改正をするものでございます。従前の納期は、納税組合があったときの納期と同じでございましたので、多くの他の市町の例にありますように、月末に納期をするというものでございます。

 第1期は、6月17日から7月5日までを6月15日から6月30日まで。第2期は、8月17日から9月5日までを8月15日から8月31日まで。第3期は、10月17日から11月5日までを10月15日から10月31日まで。第4期は、翌年1月17日から2月5日までを1月15日から1月31日までというように改正をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 第67条は固定資産税の納期で、第1期から第4期までの納期を右側のように改めるというものでございます。町民税とは各納期とも1カ月のずれが設けてあるということでございます。

 3ページをお願いいたします。

 左側上隅に記載されていますように、改正文の第2条は都市計画税条例の改正で、第5条にあります納期を変更するものでございます。こちらについても、固定資産税の納期と同じように改正をするというものでございます。

 4ページをお願いいたします。

 改正文第3条は、国民健康保険税条例の改正で、第12条にあります納期の第1期から第8期までの納期を右側のように改正をするというものでございます。

 次のページ、5ページをお願いします。

 改正文第4条は介護保険条例の改正で、第5条にあります納期の第1期から第6期までの納期を右側のように改正をしていくというものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 改正文第5条は町営住宅条例の改正で、第17条にあります家賃の納付について、翌月5日を12月と年度末の3月だけは25日とし、その他の月は末日とするものでございます。12月と3月を25日にしますのは、年末年始の休暇がありましたり、年度内の納入を図るためということで、他の月とは若干ずらしているものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 改正文第6条は、函南駅前町営駐車場の設置及び管理等に関する条例の改正で、第8条にあります使用料を改正するものでございます。納付の期限を使用した翌月5日であったものを使用月の末日に改めるもので、12月と3月については25日にするという内容でございます。

 次のページをお願いいたします。

 改正文第7条は保育料徴収条例の改正で、第3条にあります保育料の納期について、翌月5日であったものを12月と3月は25日とし、その他の月は末日に改めるものでございます。

 次のページ、9ページをお願いいたします。

 改正文第8条は留守家庭児童保育所の設置、管理及び運営に関する条例で、第6条の入所料の納入期限につきまして、毎月5日であったものを12月と3月は25日、その他の月は末日に改めるというものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 改正文の第9条は幼稚園授業料徴収条例の改正でありまして、今まで納入期限の規定がありませんでしたので、この機会に整理をして第4条として追加をするものでございます。第4条を追加しますので、従前の第4条を第5条に改めるものでございます。

 第4条を朗読いたします。

 (納期限)

 第4条授業料の納入期限は、毎月末日(12月及び3月にあっては25日)までとする。そういう内容でございます。

 次のページをお願いいたします。

 改正文第10条は下水道条例の改正でありまして、第22条第4項にあります使用料の納期につきまして、検針基準日の翌々月の5日を翌月の末日とするものでございます。例外としまして、検針基準日が2月のものは年度内納入の関係から3月25日とするものでございます。

 次のページ、12ページをお願いいたします。

 改正文第11条は農業集落排水処理施設の設置、管理等に関する条例の改正で、第15条第5項の使用料の納期限につきまして、使用期の翌々月の5日を翌月の末日に改めるものでございます。

 恐れ入ります。改正文の4ページ、最終ページとなりますけれども、附則をお願いいたします。

 附則、この条例は、平成26年4月1日から施行する。ただし、第1条の規定による改正後の函南町税条例第4条第1項の規定は、公布の日から施行する。

 先ほど説明しましたように、第4条第1項は法改正がされて既に施行されていることから、施行期日を公布の日とするというものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 5番、山中議員。



◆5番(山中英昭君) 提案理由の中に収納率の向上ということがうたわれておりますけれども、全体的に納期を前倒しにしているということで、収納率の向上を図るというのは本当なのかなという気がしたんですが、狙っている数値というのはどの辺なのか、お聞かせいただきたいということが1つ。

 もう一つ、余計な話ですが、提案理由の中に「納税者等の利便性」と書いていますが、利便性じゃなくて、これは期日をわかりやすくするというような印象を持ちましたがいかがでしょうかと、こういう質問です。



○議長(高橋好彦君) 牧野税務課長。



◎税務課長(牧野智君) 逆になりますけれども、利便性につきましては、5日というよりも末日にすると比較的給料日に、お金のある時期に近づくということで納税する方も、もともと納税する方は5日でも納めると思いますけれども、それでもお金のある時期に納めるということで、そういった面の利便性ということで考えております。

 それから、収納率の向上というところでございますけれども、直接納付される方につきましては、今言いましたように給料日に近くなりますので納付が促されるというふうに考えておるところでございます。

 それ以外に特に口座振替の場合につきましては、5日になりますとどうしても残高不足というふうなことで未納が発生しておるところでございます。これが末日に前寄せになりますと、比較的そういうものがあるということで、調べたところによりますと、町税の住民税、固定資産税、軽自動車税ですけれども、1回の納期で発生する不納件数が、口座件数ですけれども、延べで1万4,000件近くございます。うち、その中で700件近く、700件超えておりますけれども、−−の件数が振替の不納というふうになっておるところでございます。割合では、口座振替になっている方で約5%の方が振替が不納になっている。これ概算でございますけれども、そのような状況でございます。これをほかの保育料とか、授業料等の料金と合わせると、さらにふえていくというところでございます。

 そういう中で、平成24年度に比べて町税の場合は平成25年度、これも概算ですけれども、口座振替率ですが0.5%ほどふえておるというところでございまして、このような状況からすれば、口座振替5日を末日にすることで若干の振替率も上昇してくるというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第66号 函南町税条例等の一部を改正する条例の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第67号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第6、議案第67号 延滞金等の改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第67号について説明をいたします。

 議案第67号は、延滞金等の改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてであり、現在の低金利の状況を勘案し、税条例に準じ延滞金及び還付加算金の割合を引き下げる特例措置を設け、合わせて下水道事業負担金等の納期を見直すものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどをお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 室伏総務部長。

          〔総務部長 室伏光男君登壇〕



◎総務部長(室伏光男君) 議案第67号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第67号 延滞金等の改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について。

 延滞金等の改正に伴う関係条例の整理に関する条例を別紙のとおり制定する。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由は、先ほど町長が述べたとおりですので、新旧対照表をご覧ください。

 今回の改正は、後期高齢者医療に関する条例ほか6つの条例をまとめて改正をするもので、その主な内容は延滞金の利率に関するものでございます。納期内納付を促進する効果があります延滞金の率は、本則で期限後1カ月間は年7.3%、1カ月を経過すると年14.6%の割合となっております。

 しかし、町税条例のように、附則で本則の率の特例を規定をするものでございまして、7.3%は特例基準割合に1%を加えた率に、14.6%は特例基準割合に7.3%を加えて率にするもので、現在の貸出約定平均金利で計算をいたしますと、7.3%は特例で3%となり、14.6%は特例で9.3%となるもので、金利の上昇が今後あっても本則以上の率にはなりません。以下すべての条文におきまして同じ解釈となります。

 それでは、改正文第1条の後期高齢者医療に関する条例の附則第4項についての内容でございますけれども、まず、第4項、左側の第4項のアンダーラインの部分を右側のように改めるというものでございますけれども、新しい条例のほうの一番上に、後半の部分ですが、「年14.6%の割合及び」という文言がございますが、これは追加する文言でございます。

 それから、左側の4項の2行目、終わりから「(各年の前年の11月30日を経過するときにおける日本銀行法(平成9年法律第89号第15条第1項第1号)の規定により定められる商業手形の基準割引率の年4%の割合を加算した割合をいう)」というものにつきましては、そのおおむね右側ぐらいに、3行目から括弧がございますけれども、「(当該年の前年に租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第93条第2項の規定により告示された割合に年1%の割合を加算した割合をいう。以下この項において同じ。)」というように変えるものでございます。

 それから、旧の左側の下から3行目、後半最後の部分ですけれども、「その年中においては、当該特例基準割合(当該割合に0.1%未満の端数があるときは、これを切り捨てた割合)」というのがありますけれども、これをその右側の下から7行目ですね、「その年(以下この項において、「特例基準割適用年」という。)中においては、年14.6%の割合にあっては当該特例基準割合適用年における特例基準割合に年7.3%の割合を加算した割合とし、年7.3%の割合にあっては当該特例基準割合に年1%の割合を加算した割合(当該加算した割合が年7.3%の割合を超える場合には、年7.3%の割合)」というように改正をするということで、その内容でございますが、先ほども述べましたように、7.4%が3%に、14.6%が9.3%にするという内容でございます。

 以下、この各条例全てこういう内容になっておりますので、ご承知をいただきたいと思います。

 それでは、2ページをお願いいたします。

 改正文の第2条は国民健康保険高額療養費貸付基金条例の改正で、附則に第2項を加えるため、従前の規定を第1項と改めるものでございます。

 第2項の内容は延滞利率の特例で、第1項の改正内容の説明と同じでございます。

 次のページをお願いいたします。

 改正文第3条は、国民健康保険出産資金貸付基金条例の改正で、附則に第2項を加えるため、従前の規定を第1項と改めるものでございます。

 第2項の内容は延滞利率の特例で、第1条のところで説明した内容と同じでございます。

 すみません、4ページ、5ページになります。

 改正文の第4条は、特定環境保全公共下水道事業受益者分担に関する条例の改正です。第8条は納期を月末に変更するもので、第16条の延滞金は、他の条例と同じ内容となるように延滞金の利率を2段階とする内容でございます。

 また、附則に本則で定めた延滞金の利率の特例規定と還付加算金の特例規定を追加するため、従前のものを第1項と改正をするという内容でございます。還付加算金は本則で年7.3%となっておりますけれども、地方税法附則第3条の2に特例利率が規定されておりまして、その率と同じように特例基準割合とするもので、今の率で計算いたしますと2%と計算されるものでございます。

 内容につきましては、前のところと同じでございますので、朗読は省略させていただきます。還付加算金につきましても規定をしておりませんが、先ほど説明をしましたので省かさせていただきます。

 6ページ、7ページをお願いいたします。

 改正文第5条は、都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の改正です。この条例の改正は、改正文の第4条と全く同じで、納期の変更、延滞金の利率を他の条例と同じように2段階とするものでございます。

 附則も従前の規定を第1項とし、第2項と第3項を追加するもので、第2項は延滞金利率の特例規定、第3項は還付加算金の割合の特例規定とする内容でございます。

 次のページをお願いいたします。

 8ページ、9ページでございます。

 改正文の第6条は農業集落排水事業受益者分担金に関する条例の改正で、第8条の改正は納期を月末に変更するもので、附則に延滞金や還付加算金の利率の特例規定を制定するため、従前の規定を第1項とするものでございます。

 第2項の延滞金の利率の特例、第3項の還付加算金の利率の特例は、前条と同じでございます。

 次のページをお願いいたします。

 10ページ、11ページになります。

 改正文第7条は税外収入金の督促等に関する条例の改正で、附則に第4項として延滞金の利率の特例規定を加えるため、第1項に見出しを、第2項と3項に共通見出しを加え、第4項を第5項にして、見出しも加えて新たに第4項として延滞金の利率の特例規定を加えるものでございます。その特例規定の内容は、今までの説明と同じでございます。

 改正文の6ページの附則をお願いします。改正文6ページの附則でございます。

 附則

 (施行期日)

 1項、この条例は、平成26年1月1日から施行する。ただし、第4条の規定による改正後の函南町特定環境保全公共下水道事業受益者分担に関する条例第8条、第5条の規定による改正後の函南町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例第8条及び第6条の規定による改正後の函南町農業集落排水事業受益者分担金に関する条例第8条の規定は、平成26年4月1日から施行する。

 つまりこの中で言っているのは、納期に係る変更は来年の4月から施行し、その他の部分の改正は平成26年1月1日から施行するという内容でございます。

 (経過措置)

 第2項、改正後の第1条から第7条までの規定は、延滞金、延滞利息及び還付加算金のうち、平成26年1月1日以後の期間に対応するものについて適用し、同日前の期間に対応するものについては、なお従前の例による。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第67号 延滞金等の改正に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての件を挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決定することの賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第68号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第7、議案第68号 函南町水道事業審議会条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第68号について説明をいたします。

 議案第68号は、函南町水道事業審議会条例の一部を改正する条例についてであり、審議会の人員数の整理と審議事項を見直すため所要の改正をするものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願をいいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 松下建設経済部長。

          〔建設経済部長 松下文幸君登壇〕



◎建設経済部長(松下文幸君) それでは、議案第68号について細部説明をいたします。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第68号 函南町水道事業審議会条例の一部を改正する条例。

 函南町水道事業審議会条例(昭和52年函南町条例第13号)の一部を別紙のとおり改正する。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由につきましては、先ほど町長が述べたとおりでございます。

 ページをめくってください。

 条例の改正文がついております。

 水道事業審議会につきましては、水道事業の円滑な管理運営を図る目的で設置をしたものでありまして、審議事項については、第2条で水道料金や簡易水道の統合等について審議をすることと規定しており、第3条で組織を規定し、委員20人以内で町議会、学識経験者、水道利用者から選任することとしております。

 効率的な行政運営のための組織機構の見直しに加えまして、議会改革による議員定数の削減や常任委員会の組織改編などもありまして、委員の人数を20人から15人にしようとするものでございます。

 また、あわせて第2条第1項の量水器使用料につきましては、徴収をしていないということから、水道事業加入分担金に改正をするものでございます。

 新旧対照表で説明のほうをさせていただきます。

 新旧対照表のほうのまず第1条になりますけれども、「置くことができる」という規定を「置く」に改正をするものでございます。

 第2条の第1号「並びに量水器使用料」を「及び水道事業加入分担金」に、第3条の「20名」を「15人」に、それから「および」を漢字の「及び」に、第5条の「および」を同じく漢字の「及び」に改正をするものでございます。

 改正条文のほうへ戻っていただきまして、附則、この条例は、公布に日から施行するというものでございます。

 以上で説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第68号 函南町水道事業審議会条例の一部を改正する条例の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第69号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第8、議案第69号 函南町下水道事業審議会条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第69号について説明をいたします。

 議案第69号は、函南町下水道事業審議会条例の一部を改正する条例についてであり、審議会の人員数の整理と審議事項を見直すため、所要の改正をするものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 松下建設経済部長。

          〔建設経済部長 松下文幸君登壇〕



◎建設経済部長(松下文幸君) 議案第69号について細部説明をいたします。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第69号 函南町下水道事業審議会条例の一部を改正する条例。

 函南町下水道事業審議会条例(昭和57年函南町条例第26号)の一部を別紙のとおり改正する。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由につきましては、先ほど町長が述べたとおりでございます。

 ページをめくってください。

 条例の改正文となります。

 下水道事業審議会は下水道事業の円滑な管理運営を図る目的で設置をしたもので、所掌事務として第2条で受益者負担金、受益者分担金と使用料に関することと規定をしております。また、第3条でその組織、機構を規定しておりまして、町議会議員が7人、利用者が5人、学識経験者3人の計15人というふうになっております。こちらにつきましても、効率的な行政運営のための組織、機構の見直しや議会改革等によりまして、各分野ごとの選任人数を総人数に改正して、委員数も15人から10人にしようとするものでございます。

 新旧対照表で説明をいたします。

 まず、第1条、「はかる」を漢字の「図る」に、第3条第1項、各分野ごとの人数ではなく全体の人数で規定することに統一をしたものでございます。

 第3条、審議会は委員10人以内をもって組織し、町議会議員、学識経験者及び下水道の利用者のうちから町長が委嘱する。

 第2項、委員の任期は、前条にかかる事項の審議を終了したときまでとするというものになります。

 ページを戻っていただきまして、附則、この条例は、公布の日から施行するというものでございます。

 よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第69号 函南町下水道事業審議会条例の一部を改正する条例の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第70号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第9、議案第70号 函南町都市計画審議会条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第70号について説明をいたします。

 議案第70号は、函南町都市計画審議会条例の一部を改正する条例についてであり、審議会の委員の構成を見直しするため所要の改正をするものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 松下建設経済部長。

          〔建設経済部長 松下文幸君登壇〕



◎建設経済部長(松下文幸君) 議案第70号について細部説明をいたします。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第70号 函南町都市計画審議会条例の一部を改正する条例。

 函南町都市計画審議会条例(昭和49年函南町条例第30号)の一部を別紙のとおり改正する。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由につきましては、先ほど町長が述べたとおりでございます。

 ページをめくっていただきまして、条例の改正文がついております。

 都市計画審議会は、都市計画法の第77条の2の規定によりまして、都市計画に関する事項を調査、審議させるため設置したもので、第3条において組織を規定をしております。水道及び下水道事業審議会同様、効率的な行政運営のための組織、機構の見直しや議会改革に伴い委員構成を改正しようとするものでございます。

 市町村都市計画審議会につきましては、都市計画法の第77条の2の規定に基づくその組織及び運営の基準を定める政令第3条第1項により、学識経験者及び市町村議会の議員により市町村長が任命することと規定をされ、また、第3項によりまして、その委員の数を5人以上、35人以内と規定をしております。今回、第3条の組織について改正をするもので、第1項については、それぞれの分野からの選任人数を他の条例とあわせその人数で規定をし、12人から10人に改正をしようとするものでございます。

 新旧対照表で説明をいたします。

 第3条第1項を「審議会は委員10人以内をもって組織し、学識経験者及び町議会議員のうちから、町長が委嘱する」に改め、第2項の「前項第1号につき任命される」を削るというものになります。

 ページを戻っていただきまして、附則、この条例は、公布の日から施行するというものでございます。

 よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) ご異議なしと認めます。

 これより議案第70号 函南町都市計画審議会条例の一部を改正する条例の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第71号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第10、議案第71号 函南町土地利用調査委員会設置条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第71号について説明をいたします。

 議案第71号は、函南町土地利用調査委員会設置条例の一部を改正する条例についてであり、委員会の所掌事項及び委員会の構成を見直すため、所要の改正をするものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 松下建設経済部長。

          〔建設経済部長 松下文幸君登壇〕



◎建設経済部長(松下文幸君) 議案第71号について細部説明をいたします。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第71号 函南町土地利用調査委員会設置条例の一部を改正する条例。

 函南町土地利用調査委員会設置条例(昭和63年函南町条例第17号)の一部を別紙のとおり改正する。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由につきましては、先ほど町長が述べたとおりでございます。

 ページをめくってください。

 条例の改正文となります。

 土地利用調査委員会は、町の活性化と町土の合理的で均衡ある振興を目的に設置をしたもので、第2条で所掌事項を、第3条で組織を規定しており、第1項の各分野ごとの選任人数を規定をしております。

 本調査委員会についても、効率的な行政運営のための組織、機構の見直しや議会改革等によりまして、委員構成を各分野ごとではなくその人数で規定し、人数も16人から10人に改正をするものでございます。

 また、第2条第1項、財産区財産の開発、処分もしくは賃貸借に関することにつきましては、財産区財産に限定せず、町の土地利用に関する主要施策に関することに改正をし、第3号、総合保養地区整備法に基づく町のリゾート地区整備に関することについては、現時点においてリゾート法に位置づけた土地利用の誘導は難しい状況となっていることから、環境に影響を与える産業廃棄物などに係る土地利用事業に改正をしようとするものでございます。

 新旧対照表で説明をいたします。

 第2条の「調査、検討」を「が所掌」に改め、第1号「財産区財産(土地)の開発又は処分若しくは賃貸借に関すること」を「町の土地利用に関する主要施策に関すること」に、第3号の「総合保養地区整備法に基づく、町のリゾート地区整備に関すること」を「廃棄物処分等環境に影響を与える土地利用事業に関すること」に、第3条の第1項を「委員会は、委員10人以内をもって組織し、学識経験者及び町議会議員のうちから町長が委嘱する」に改正をしようとするものでございます。

 ページを戻っていただきまして、附則、この条例は、公布の日から施行するというものでございます。

 よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 15番、杉村議員。



◆15番(杉村彰正君) 大体自分ではわかっているような気がするんですが、旧の2条3項の総合保養地整備法、町のリゾート地区整備に関する。これを全く省いて産業廃棄物環境というこっちにしたんですが、また、旧の3項を外した理由というのは私なりに解釈しますが、改めて町はどういう姿勢を持っているのか、ちょっと聞きたいと思います。

 松下建設経済部長。



◎建設経済部長(松下文幸君) リゾート法に関するものにつきましては、1件酪農王国がある程度事業化がされて現在に至っているということになるわけなんですけれども、そのほかに軽井沢の山間地の開発、あるいは運動公園の南側に位置する開発、そういったものがあったわけなんですけれども、現時点においてこれらの動きが全くないというようなことから、今回の改正を考えたわけなんですけれども、当然それらが実現化しようというときについては、今回の第2条第1項第1号になりますけれども、財産区財産のところを町の土地利用に関する主要施策に関することということふうに見直しをしておりますので、この1号に該当させて審議をするということに統一したものでございます。

 以上でございます。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第71号 函南町土地利用調査委員会設置条例の一部を改正する条例の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議事の中途ですが、ここで10分間休憩いたします。

                             (午前10時05分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高橋好彦君) 休憩を解いて、会議を再開いたします。

                             (午前10時17分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第72号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第11、議案第72号 函南町営温泉スタンドの設置、管理及び給湯料に関する条例の一部を改正する条例の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第72号について説明をいたします。

 議案第72号は、函南町営温泉スタンドの設置、管理及び給湯料に関する条例の一部を改正する条例についてであり、町営温泉スタンドの機器更新に当たり、新たにプリペイドカードによる販売制度を導入したいので、所要の改正をするものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 藤間厚生部長。

          〔厚生部長 藤間秀忠君登壇〕



◎厚生部長(藤間秀忠君) 議案第72号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第72号 函南町営温泉スタンドの設置、管理及び給湯料に関する条例の一部を改正する条例。

 函南町営温泉スタンドの設置、管理及び給湯料に関する条例(平成12年函南町条例第21号)の一部を別紙のとおり改正する。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由については、町長が述べたとおりです。

 次ページをお願いいたします。

 改正条例の本文になりますが、今回の改正は、温泉スタンドの給湯設備の経年劣化による機器の更新を行うに当たりまして、日ごろからこの温泉を多くご利用いただいている町民の皆様のご要望におこたえして、割引料金でご提供できるようにプリペイドカードを導入して利便性の向上を図るというものでございます。

 それでは、内容については、新旧対照表で説明いたしますので、新旧対照表のほうをご覧ください。

 まず、第5条ですけれども、これは給湯料の納入について記載した条項ですが、第1項中、現金による給湯料について定めている「別表」、左側にありますけれども、−−を「別表第1」に改め、1項中、給湯料の次に、「現金又は町が作成したプリペイドカード(以下「温泉カード」という。)により」の文言を追加します。ここでプリペイドカードを現金に加えて追加をするというものです。

 2項から4項につきましては、これらに伴いまして3項追加をいたします。

 第2項で「温泉カードの種類及び金額は、別表第2のとおりとする。」ということで、後ほど出てきますけれども、種別等を規定をいたします。

 3項は「給湯料の納入は、現金納入したとき又は温泉カードを購入した際に納入したものとみなす。」ということでございます。

 第4項は「紛失、破損等による温泉カードの再発行は、原則として行わないものとする。」ということで、その下は「別表」を「別表第1」と、現金による給湯料の種別を規定したものであります。

 裏面をお願いいたします。

 別表第2第5条関係、温泉カードの種類及び金額ということで、種類を4,000リットル券として、金額は5,000円で販売をするものでございます。

 なお、この5,000円でございますけれども、現金で給湯した場合に比べて1,000円の割引となります。

 それでは、条例改正のページに戻っていただきまして附則をご覧ください。

 附則、この条例は、平成25年12月1日から施行する。

 現在、温泉スタンドの改修工事につきまして発注をいたしたところでございまして、この工期の完了が11月末を予定しておりますので、完了次第こちらのほうのプリペイドカードによる販売のほうを開始したいということで12月1日とするものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 7番、鈴木議員。



◆7番(鈴木晴範君) 温泉スタンドの温泉カード、金額が4,000リットルで5,000円ということでございますが、プリペイドカードというと、なんか金券の数字が3,000円とか5,000円とか1万円とかいろいろあるような気がするんですが、これを5,000円にした理由というのを教えていただければと思います。



○議長(高橋好彦君) 小澤健康づくり課長。



◎健康づくり課長(小澤孝君) 当初1,000円とか5,000円1万円とかということでもっていろいろ検討したんですけれども、おつりが、今度1万円で来た場合、5,000円を用意しなければならないとか、いろいろ理由がありますので、5,000円にいたしました。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

 3番、馬籠議員。



◆3番(馬籠正明君) この温泉スタンドの過去の1年間の利用実績に関しまして、延べ人数、また販売量、販売金額についてお伺いをします。

 それから、プリペイドカード導入で年間どの程度の枚数を見込んでいるのか、それから販売側の利点についてお伺いしたいと思います。



○議長(高橋好彦君) 藤間厚生部長。



◎厚生部長(藤間秀忠君) 過去の給湯の状況でございますけれども、ここ数年来3,500件から3,600件程度の利用をいただいております。若干昨年度につきましては、3,750件ほどということで給湯の件数は伸びてございます。

 それで今回のプリペイドカードにつきましては4,000リットルですので、日ごろご利用いただいているところで200リットルという区分がございますけれども、多く利用していただいている方はこの辺で利用していただいている方が非常に多いというところもございますので、4,000リットルですと20回分ということになります。今までは現金を入れておつりが出てくるとかそういうこともあるわけですけれども、プリペイドカードにしましたのは、現金を持ち運ばなくて済むということと、多く利用していただいているのでその辺の割引を多く利用していただいている方については還元しようというところでございます。

 すみません、いいでしょうか。もう一つ質問ありましたでしょうか。

 すみません、発行件数ですけれども、とりあえず200リットルをご利用いただいているのは1,700件程度ございますけれども、これらを4,000リットルで見込むということを想定しましても、年間200から300件前ぐらいが出るのかということで予定をしております。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第72号 函南町営温泉スタンドの設置、管理及び給湯料に関する条例の一部を改正する条例の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第73号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第12、議案第73号 東小学校大規模改修工事(?棟・?棟)の請負契約の変更についての件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第73号について説明をいたします。

 議案第73号は、東小学校大規模改修工事(?棟・?棟)の請負契約の変更についてであり、平成25年5月15日に締結した請負契約の金額を変更するため、議会に議決を求めるものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 室伏総務部長。

          〔総務部長 室伏光男君登壇〕



◎総務部長(室伏光男君) 議案第73号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第73号 東小学校大規模改修工事(?棟・?棟)の請負契約の変更について。

 平成25年5月15日議決締結の東小学校大規模改修工事(?棟・?棟)について、下記のとおり変更契約を締結するため、議会の議決を求める。

 記。

 1 契約の目的 東小学校大規模改修工事(?棟・?棟)。

 2 契約の金額 変更前「3億7,905万円」

         変更後「3億8,146万8,150円」

 3 契約の相手方 静岡県三島市南二日町8番39号。山本建設株式会社、代表取締役、山本良一。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 次のページをお願いいたします。

 建設工事変更請負仮契約書となっております。

 その3段目、変更事項ということで、(1)で請負代金額241万8,150円ということで当初設計の額と契約額の割合、請負比率によりまして算出をしたものでございます。

 それから、この金額に係る消費税でございますけれども、(うち取引にかかる消費税額及び地方消費税の額)11万5,150円。

 それから、(2)の工期については変更はございません。

 それから、(4)その他の下の3行目、この仮契約は、町議会の議決を得たときには、本契約となるものとするという一文が入っております。

 右側の3ページの工事の概要をご覧ください。

 この工事の概要でございますけれども、設計の段階では足場をかけての調査は時間と費用がかさむため概算で計上しておりまして、本工事においては足場もあることから、テストハンマーによる打診調査を行い、いわば精算を行うものというようにお考えいただければと思っております。

 この下の欄の工事の概要の中の変更後のとその右側の備考欄をご覧いただきたいと思いますけれども、モルタルの浮きにつきましては、174.4平方メートルの減工ということ、クラックについては、45.9メートルの増工と、露出鉄筋の補修につきましては、クラックからの雨水によりまして鉄筋がさびまして膨張し、コンクリートを破壊してしまうため補修をするというものでございますが、624カ所の増工となっております。

 一番下に仮設校舎の関係がございまして、渡り廊下工とあります。旧校舎の南側、いわゆるグラウンド側に仮設校舎を設置をいたしまして、既存校舎の?棟とを結ぶものでございますが、ここにつきましては、2.76メートルの減工となっております。

 次のページをお願いいたします。

 次のページは東小学校の補強改修後の1階の平面図ということでございますが、建物外周の赤の斜線はモルタルの浮き、クラック、鉄筋、露出爆裂により外壁補修部分を示しているものでございます。

 以下のページも2階、3階の平面図、立面図となっておりますが、それらも同じ内容でございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより本案に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 前にもこうした足場を付けた中で確認すると、新たに補正しなければならないということがあったと思います。今、説明ですと、時間と費用がかさむということで概算でやったというふうな説明でしたけれども、実際私たちからすれば、また、何回も補正なのかと、そういうふうなことになります。

 今回、モルタル浮きの補修が減工で、クラック補修が増工と。露出鉄筋補修というのが、もう全く100%増工になっているわけなんですけれども、こういうことというのはあり得ないというふうに私自身は思うんですけれども、なぜそういうことが起きたのか。入札をかけるときに、そういうふうなことを想定して見る必要があったのではないかなというふうに思うんですけれども、そういう面でどうだったかということで伺いたいと思います。



○議長(高橋好彦君) 高橋教育次長。



◎教育次長(高橋宗弘君) 過去何回もこのことにつきましてはご質問をいただいているわけでございますけれども、一部分を抜き出しまして壁面を調査しまして、クラック、それから浮き等の箇所数を検討しまして、それに総体の壁面をかけてあるわけでございますけれども、その時点では、1階の一部分で見たときには、クラック、それから浮き程度で、ここまで、爆裂と申しますけれども、鉄筋が露出して壁が落ちているというふうには想定していなかったのが現実でございます。ですので、実際にはモルタルの浮きというふうに想定していたものを爆裂に変わったというふうに判断しております。

 これにつきましては、設計の段階ではこのような方法がよくとられておりますので、結果的にこうなってしまったというふうに理解しております。

 以上です。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

 3番、馬籠議員。



◆3番(馬籠正明君) 一般質問で入札の件についてお伺いしましたけれども、このような設計上想定していなかったということでしたけれども、こういう設計管理というような部分で、完成検査のときに8項目の検査項目で評点をつけるというお話がありましたが、今回のこの設計時になかったものが補正で、新たな露出、鉄筋補修というふうな、こういう修正をしなければならないという場合には、検査項目の評定に影響があるものかどうかお伺いしたいと思います。



○議長(高橋好彦君) 山下管財課長。



◎管財課長(山下雅彦君) この変更につきましては、変更の内容につきまして設計の中に新たに加わるもので、新たに加わった設計の内容が設計どおりに履行されていれば、評価についてはその結果を見てするようになります。

 以上です。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第73号 東小学校大規模改修工事(?棟・?棟)の請負契約の変更についての件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第74号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第13、議案第74号 同時通報無線デジタル化整備工事の請負契約についての件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第74号について説明をいたします。

 議案第74号は、同時通報無線デジタル化整備工事の請負契約についてであり、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 室伏総務部長。

          〔総務部長 室伏光男君登壇〕



◎総務部長(室伏光男君) 議案第74号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第74号 同時通報無線デジタル化整備工事の請負契約について。

 平成25年8月20日函南町財務規則第156条の規定に基づき、一般競争入札に付した、同時通報無線デジタル化整備工事について、下記のとおり請負契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求める。

 記。

 1 契約の目的 同時通報無線デジタル化整備工事。

 2 契約の方法 一般競争入札。

 3 契約の金額 9,660万円(うち取引に係る消費税額及び地方消費税の額460万円)

 4 契約の相手方 東京都港区芝四丁目4番12号。三信電気株式会社ソリューション営業本部、取締役、ソリューション営業本部長、鴨下光夫。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 次のページをお願いいたします。

 建設工事請負仮契約書が添付されております。

 1番の建設工事名は先ほど述べたとおりで、建設工事箇所は函南町平井外地内となっております。

 3の工期ですが、町議会の議決の日の翌日から190日間ということで、当たりの日にちは来年の3月26日となっております。

 請負代金額は9,660万円、それから取引に係る消費税額及び地方消費税の額は460万円となっております。

 5番で請負代金の支払前払金額は3,860万円。それから契約保証金は966万円でございます。

 それから、その下、5行下に、この仮契約は、町議会の議決を得たときには、本契約となるものとするという一文が入っております。

 右側の3ページをご覧ください。

 工事の概要となっております。

 (3)で工事の担当課は総務部総務課で、この工事を行う根拠をまずご説明しますと、総務省は不要電波の軽減を図るため、平成17年12月1日に無線設備の規則を改正をいたしまして、平成19年11月30日以前に製造された無線設備は、平成34年12月1日以降は使用できなくいたしました。

 このため、町は昭和55年と平成10年から11年にかけて整備をいたしました同報無線をそれ以降も使用できるよう、今後町内同報無線のすべての子局を県費補助金や起債を用いまして、平成33年度までの9年間で計画的に整備しようとするもので、今回の工事はこれらの工事の最初の年の工事となるものでございます。

 全体の工事費になりますと6億円を超すような費用となっておりまして、県費補助金も1億8,000万円を見込んでおります。県費補助限度額が単年度で2,000万円というものですので、そのように見込んでいるものでございますが、財政的な負担もあるものですから、このような長期間という形になります。

 また、この県の補助制度の存続も確証できませんし、契約の期間も長くなり過ぎるとそれもいかがかなというふうなことで、現在債務負担行為はしていないという状況でございます。

 工事の内容の下の表をご覧いただきたいと思いますけれども、その内容でございますけれども、デジタル固定系親局設置工とありますけれども、これにつきましては、庁舎8階の無線室にデジタル固定局の無線装置を設置いたしまして、2階総務課の放送室に親局の設置をして、放送を聞き逃したというようなときには再確認が可能となる自動電話応答装置を設置しようというように考えております。

 そういうことで、お電話いただいたら、ただいまの放送はこれこれですということを口頭で言わなくても自動でお答えができるというように考えております。

 それから、その下の再送信子局設置工ということで、これにつきましては、山間地の受信をよくするため、ダイヤランド入口の子局を役場からのデジタル電波を受信し、それを周辺の子局にも再送信する機能を持たせようというように考えております。

 それから、子局の設置工ということで、まず最初には、田代公民館の子局をデジタル子局にしようということで考えております。

 アナログ固定系親局設置工ということでございますが、現在使用しておりますアナログの子局、個別受信機、防災ラジオに対応するため、アナログ親局を整備するものでございまして、現在の施設を、老朽化しておりますので今後平成34年まで使うことができないということから、アナログの親局も設置をしようというものでございます。

 それから、一番下の撤去、移設、子局柱交換工ということで、これらについても、一部について交換していこうということですが、まず、既存の無線設備の撤去と庁舎8階にありますJアラート、この設備については、2階の総務課の放送室に移設しよう、このように考えております。これが工事の概要となります。

 次のページをお願いいたします。

 4ページとなります。

 同時通報無線デジタル化整備工事施工箇所一覧ということで、役場に親局を、それから再送信の子局がダイヤランド入口のところに1局、田代の公民館のところに子局を1局設置をするという内容でございます。

 これ以降、5ページから10ページまでは、位置図と工事施工箇所図、11ページから17ページまでは機器の配置図、庁舎立面図、子局外観図となっておりますので、後ほどご覧いただければと思います。

 最終の18ページをお願いいたします。

 参考資料として入札の結果表となっております。

 今回の入札の落札率でございますが、97.6%となっております。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより本案に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 5番、山中議員。



◆5番(山中英昭君) 大変大切な工事だと思います。

 質問3つございます。

 1つ目ですが、一般競争入札要領というのがございます。平成24年4月1日告示、第26号というものなんですが、この別表2には、入札実施に要する入札参加者基準数は以下のとおりとする。こういうぐあいに書いてございます。この基準数というのは定義は書いてございません。この定義は何かを教えていただきたい。

 2つ目、本件にかかわる工事の参加業者の基準数は、この表からすると7社と推定いたします。現実に入札したのは2社でありますが、であれば、公告期間を確保するとか、公告周知方法の改善等が必要ではないかと考えますが、その辺はいかがでしょうか。

 3番目、5,000万円以上、つまり議会の議決が必要な案件については、平成23年度6件、平成24年度5件ございました。この6件と5件ですが、入札応札数、入札者の数と落札率の関係をどのように分析していますか、その分析した結果をもってどのような対応が必要だと考えておりますか。

 以上、3つお願いします。



○議長(高橋好彦君) 山下管財課長。



◎管財課長(山下雅彦君) 最初のこの7社の基準数ですが、今回の場合、工事等希望型の一般競争入札で執行しております。そちらのほうに競争入札の要領ございまして、この別表2の中に議員おっしゃるとおり、今回の場合、移転工事で5,000万円以上ですので7社ということで決定してございます。

 過去の議案になっているものの応札率なんですが、私たちは入札自体を正当に執行してございまして、金額を入れるのは、正直申しましてその入札に参加した業者さんの考え方で行っているものです。工事につきましても、多種ございますので、これを統計をとってこのパーセンテージが幾つだからいかんとか、次に何か対応とかということは特別考えてございません。

 以上です。



○議長(高橋好彦君) 5番、山中議員。



◆5番(山中英昭君) 私が伺っているのは、基準数の定義は何ですかというのをまず伺っているんですね。あそこには書いてないので、基準数とは何ですかということをお答えください。

 それから、2番目は、正当に執行しています。こんなのもう十分知っています。正当に執行していることは知っているんですが、私が伺っているのは、基準数が7のうち、2しか入っていないんだから、それは執行する側としての何らかの責任があるでしょうと。だったら、どういう工夫があるんですかということを伺っています。

 以上です。



○議長(高橋好彦君) 山下管財課長。



◎管財課長(山下雅彦君) あとのほうの質問なんですが、一応基準の中で一般競争入札の中で2社あれば入札は執行するということに基づいて執行はしてございます。



○議長(高橋好彦君) 5番、山中議員。



◆5番(山中英昭君) 今の答弁いただいたんですが、私には理解できません。2社であれば執行する、こんなの当たり前です、書いていますから。私が聞いているのは、基準数の定義は何ですかと一番最初に聞いているわけですから、あくまでも参考にしますとか、それを目標にしているんですというお答えを欲しかったんです。

 それから、もう一つ、基準数は7社で、今回7社で2社しか応札してないんだから、これはいろいろな工夫が必要でしょうね、そういう考え方はありますかということを聞いているんです。

 それから、3番目のお答えちょっとないようですから、私のほうからお話させていただきます。

 平成23年度の6件の5,000万円以上の入札がありまして、入札者数ですが、それぞれ7、7、7、7、17です。つまり平均7.5社が入札をしております。単純平均落札率は84.4%です。平成24年度5件ございます。応札者数4、2、2、3、3、平均2.8社の応札です。落札率は単純平均で95.6%です。平成25年度はまだデータが確定しておりませんので省略いたします。

 これを見て明らかなように、応札者数がきちっと7社以上ということで、皆さん答えてくれると、その落札率は84.4まで下がっているということなんですよ。

 それから、平成24年度はなぜか知らないけれども、2.8社平均しか5,000万円以上は応札していない。それで落札率が95.6%、つまり10%以上違うわけです。私はここを言っているんです。つまりちゃんと分析していますか。皆さんのお仕事は、そのデータを分析して今後どうするかということをマネジメントすることが仕事でしょう。先日お話させてもらいましたけれども、その点を十分考えていただきたい。

 私が質問していることは非常にシンプルです。私素人ですよ。ですから、プロの方にお答えいただきたいのは、そういった細部にわたってどう検討しているのかということをお伺いしたかったわけです。ぜひお答えください。



○議長(高橋好彦君) 室伏総務部長。



◎総務部長(室伏光男君) ただいまご質問いただきました。確かに入札の数が多ければ、結果として84.4%とか、95.6%というご指摘をいただいたわけですが、そういう保証が必ずしもあるとは私どもは考えておりません。結果論でいえばそうだったかもしれませんが、そういうことをすることによって、必ずしもそうなるとは考えておりません。

 確かに業者の数が多ければ、競争入札をするという形の中で競争になってきますから、落札率が下がってくるということは言えるかもしれませんが、必ずしもそのようになるということは保証できないというふうに考えております。

 私どもは一般競争入札をしておりますので、広く業者の皆様にご参加をいただきたいということで、その告示等しております。この内容が、方法がいかがなものかということのご指摘だというように思っております。指名参加であるならば、業者数によって7社なら7社確保することもできるでしょうが、広く一般に呼びかけておりまして、その業者が参加をしない、設計書を見ても実際には入札には来ないというふうなこともありますので、必ずしも全ての業者が落札をしてくれるかはわかりませんが、そういう努力もできますけれども、一般競争入札の今の方法であるならば、なかなかその辺は難しいかな、特定の業者の方に一般競争入札をしておりますが、少ないかもしれませんので、ぜひお願いをしますというようなご連絡をするというふうなことは、果たしていかがなものかなというように思っております。

 業者の皆さんがどういう方法で町の工事入札を把握するのか、町のホームページ等で呼びかけをいたしまして、また、庁舎前の告示板、これについても見なければ同じだよと言えばそれまでですけれども、そういう方法で私どもは広く業者の皆様に呼びかけをしているものでございます。

 以上でございます。



○議長(高橋好彦君) 佐口副町長。



◎副町長(佐口則保君) 今、総務部長がお答えしましたけれども、少しつけ加えさせていただきますけれども、今回の入札につきましては、これは同報無線ということで、デジタル化ということで特殊な工事であります。先ほど山中議員がおっしゃっいましたように、一般土木、あるいは建築等は工種そのものが異なるということもありますので、そういう点を加味して、それが落札率がどうだということならば、それと論点が違うのかというふうに思っております。工種によってそれぞれの設計額とか、それから応札、そういうことがかなり変化があるだろうというふうにも思っております。



○議長(高橋好彦君) 5番、山中議員。



◆5番(山中英昭君) 質問に明確にお答えになっていないのでもう一度、今答弁いただいた話を含めてもう1回しますが、特殊な工事である、これはもう十分わかっています。それは応札者は少ないでしょう。私がお話ししているのは、総務部長がお答えになったように保証できない、これも私十分わかります。私がお願いして質問しているのは、これだけ競争の少ない工事等々について広く呼びかけするのはいかがなものかと、こういうご答弁いただいたわけですが、応札者数が多いということは、即落札率が下がると私も思っておりません。保証されるとも思っていません。でも努力する必要あるでしょうと私言っているんです。

 ですから、これはデータをちゃんと見て、いろいろなデータを皆さん見ていただいて、ちゃんとマネジメントしてくださいよという希望なんです。ですから、個々についてやれ落札率が高いからどうなの、私一言も言っていませんよ。応札者数とその数でもってこれぐらい違うという認識を持ってください。そういうことですから、最後に質問しますけれども、応札者数に対してこちらから呼びかけるのはいかがなものかと、こういうお話あったようですが、やはり分母を広げるというのは大事なことですから、それに対する対応策を最後にお伺いします。



○議長(高橋好彦君) 山下管財課長。



◎管財課長(山下雅彦君) この入札参加者につきましては、現段階でも指名委員会等でこの工事の額等を見まして、その資格のある業者の数の担保には努めております。ですから、今回は静岡県、神奈川県、東京都まで広げまして、7社以上の会社が対象になるようなそういう形をとりました。これからもそのような対応をとる予定でございます。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

 3番、馬籠議員。



◆3番(馬籠正明君) 今件について私の考えをちょっと述べさせてもらいますけれども、今話題になった要領の別表2というのが基準数を定めていますね、7、5、3、そういった数字が。これが要領を見させていただくと、非常に理解しにくい表になっているというふうに私感じるんですよ。一般質問でいろいろ説明受けましたが、依然として理解できずにこの三、四日どういうことかなということで随分考えてきましたけれども、どうも指名委員会で条件を設定した後に、あの基準数以上の業者が、業者の存在が確認できれば、そのうち2社以上応札すれば入札を実行するという、こういう考え方になっているように私は思うんですが、その辺いかがでしょうか。



○議長(高橋好彦君) 山下管財課長。



◎管財課長(山下雅彦君) そのとおりです。



○議長(高橋好彦君) 3番、馬籠議員。



◆3番(馬籠正明君) であれば、要領の見直しを私はしていただいたほうが、私どものような議員が見ても、また、業者の方が見ても、どちらかといったら、もしかしたらあの表は内部の方が、行政の方がお使いになる表であって、表に出す表ではないのかなとこのように感じますので、その辺の検討をしていただければなと、このように思います。どうも誤解の種になっているような気がしてならないんです。



○議長(高橋好彦君) 14番、米山議員。



◆14番(米山祐和君) 74号の進行をお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑ありますか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 私からは3点についてちょっと伺いたいと思うんですけれども、今回の工事はデジタル化の工事というふうに一応工事名はなっていますけれども、その中にアナログの工事が入っています。先ほど県のほうからも補助金ということでお話がありましたけれども、このアナログ工事も含めた形で補助金がいただけるようになっているのかどうか少し伺います。

 それと、先ほど説明の中で、今回は9,660万円ということですけれども、全体工事にかかるのは6億円ということでしたけれども、そういう中で工事も長くなるしということで債務負担行為もしていないというふうなお話がありましたが、今後、金額の配分というのはどんなふうに考えていらっしゃるのか伺いたいと思います。

 それから、別表6ページと8ページを見ますと、赤線で多分エリアが出ているというふうに感じるんですけれども、これは大まかなのか、それとも大体このくらいのエリアに入るということでされているとしますと、エリア以外から外れた地域があるんですけれども、その辺はどうなっているのかということで聞きたいと思います。



○議長(高橋好彦君) 高橋総務課長。



◎総務課長(高橋憲行君) 最初に、アナログの工事ですけれども、今回、デジタル化の親局の更新工事をやるわけですけれども、親局だけをデジタル化の工事をしますと、現在使っているアナログで子局が聞けなくなるものですから、デジタル化の工事と合わせてアナログの工事もしなくてならないということになります。

 それから、補助金ですけれども、限度額が2,000万円と決まっていますので、アナログも出るんですけれども、限度額以内でということで2,000万円ということになります。

 続けて、各年の工事の状況でございますけれども、9年間の工事を行います。今後、2,000万円の県の補助金を有効に使うために各年で割り振っておりまして、全体で今後約10局ずつ子局の更新を各年で続けていきたいというふうに考えているところでございます。

 それから、無線のエリアの関係ですけれども、赤く囲った分は必ず聞こえるということなんですけれども、実際に私どもが現地に出向いて現在聞こえるか、聞こえないか判断した中で、赤く囲われていない部分も聞けるというふうな状況になっております。

 以上です。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第74号 同時通報無線デジタル化整備工事の請負契約についての件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第75号、議案第76号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第14、議案第75号 函南町道路線の廃止について(町道塚本27号線、町道塚本79号線)、議案第76号 函南町道路線の認定について(町道塚本81号線)、以上2件を一括議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第75号及び議案第76号について説明をいたします。

 議案第75号は、函南町道路線の廃止についてであり、議案第76号は、函南町道路線の認定についてであり、狩野川東部浄化センター2期用地内にある既存町道について県による機能回復のため、道路付け替え工事に伴い、町道塚本27号線及び町道塚本79号線を廃止し、新たに町道塚本81号線として認定するものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 松下建設経済部長。

          〔建設経済部長 松下文幸君登壇〕



◎建設経済部長(松下文幸君) それでは、議案第75号及び議案第76号について細部説明をいたします。

 まず、議案第75号について細部説明をいたします。

 議案を朗読いたします。

 議案第75号 函南町道路線の廃止について。

 道路法(昭和27年法律第180号)第10条第3項の規定に基づき、函南町道路線を別紙のとおり廃止する。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由につきましては、先ほど町長が述べたとおりでございます。

 ページをめくってください。

 町道廃止路線調書になります。

 整理番号1。

 路線名、町道塚本27号線。

 起点、大字塚本字山道206番2地先。

 終点、大字塚本字松之木田269番12地先。

 その他必要事項、延長295.3メートル、幅員ですけれども、W=1.2から8.6メートル。

 整理番号2。

 路線名、町道塚本79号線。

 起点、大字塚本字上島田276番1地先。

 終点、大字塚本字上坪252番1地先。

 その他必要事項として、延長、L=142.5メートル、幅員、W=6メートルから9.7メートルというものでございます。

 今回の町道の路線廃止及び認定につきましては、狩野川流域の下水道東部浄化センターの第2期予定地の敷地造成工事に当たりまして、本区域内に介在をしています町道の付け替え工事が本年度完了予定であることから、これに係る町道の再編をしようとするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 位置図となります。国道136号のセブンイレブンのところから西に向かいまして、下水道の2期予定地内を通過している町道塚本27号線を廃止をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 認定網図になります。赤い矢印の路線を廃止をするというものになります。

 次のページをお願いいたします。

 公図写しとなります。赤く塗られている部分が町道塚本27号線となります。

 次のページをお願いいたします。

 こちらについては、参考までに案内図をつけてあるものでございます。

 次のページになりますけれども、もう1路線、廃止する町道塚本79号線の位置図というふうになります。赤い矢印の塚本79号線を廃止をするということになります。

 次のページをお願いいたします。

 認定網図となります。赤い矢印が廃止する塚本79号線ということになります。

 次のページが公図写しとなります。赤く塗ってある部分を廃止するというものになります。

 次のページにつきましては、参考までに案内図をつけてあるものでございます。

 続きまして、議案第76号について細部説明をいたします。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第76号 函南町道路線の認定について。

 道路法(昭和27年法律第180号)第8条第2項の規定に基づき、函南町道路線を別紙のとおり認定する。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 提案理由につきましては、先ほど町長が述べたとおりでございます。

 ページをめくってください。

 町道路線認定調書となります。

 整理番号1。

 路線名、町道塚本81号線。

 起点、大字塚本字山道206番2地先。

 終点、大字塚本字上島田277番2地先。

 その他必要事項として、延長、L=229.2メートル、幅員、W=4.0メートルから9.7メートル。

 本議案につきましては、新たに付け替えられる町道含め、国道136号から現存する道路を認定しようとするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 位置図となります。赤の矢印、塚本81号線として認定をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 認定網図となります。赤い矢印が塚本81号線として認定をする町道になります。

 次のページをお願いいたします。

 公図写しとなります。赤く塗られている部分を認定するものでございます。

 次のページについては、参考までに案内図をつけてございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) ご異議なしと認めます。

 これより議案第75号 函南町道路線の廃止についての件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 これより議案第76号 函南町道路線の認定についての件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議事の中途ですが、ここで10分間休憩いたします。

                             (午前11時15分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高橋好彦君) 休憩を解いて、会議を再開いたします。

                             (午前11時26分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第77号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第15、議案第77号 平成25年度函南町一般会計補正予算(第2号)の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第77号について説明をいたします。

 議案第77号は、平成25年度函南町一般会計補正予算(第2号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億2,000万円を追加し、歳入歳出それぞれ112億9,200万円とするものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 室伏総務部長。

          〔総務部長 室伏光男君登壇〕



◎総務部長(室伏光男君) 議案第77号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第77号 平成25年度函南町一般会計補正予算(第2号)。

 平成25年度函南町の一般会計補正予算(第2号)は次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億2,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ112億9,200万円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

 第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 次のページをお願いいたします。

 第1表 歳入歳出予算補正です。

 歳入、9款地方特例交付金、1項地方特例交付金、同額で83万1,000円。10款地方交付税、1項地方交付税、同額で2億2,846万円。12款分担金及び負担金、1項負担金、同額で1万2,000円。14款国庫支出金、2項国庫補助金、同額で3,269万3,000円の減額。15款県支出金2,099万8,000円、2項県補助金2,080万円、3項委託金19万8,000円。16款財産収入642万7,000円、1項財産運用収入85万3,000円、2項財産売払収入557万4,000円。14款繰入金、1項特別会計繰入金、同額で1,553万6,000円。19款繰越金、1項繰越金、同額で2億2,150万8,000円。20款諸収入1,592万1,000円。

 次のページをお願いします。

 3項雑入390万1,000円、4項受託事業収入1,202万円。21款町債、1項町債、同額で5,700万円の減額。

 歳入合計、補正前の額108億7,200万円に補正額4億2,000万円を加えまして、計112億9,200万円といたします。

 次のページをお願いいたします。

 歳出です。

 2款総務費2億6,655万6,000円、1項総務管理費2億5,314万5,000円、2項徴税費745万6,000円、3項戸籍住民基本台帳費580万7,000円、6項監査委員費14万8,000円。3款民生費3,269万2,000円、1項社会福祉費2,411万9,000円、2項児童福祉費857万3,000円。4款衛生費700万5,000円、1項保健衛生費4万1,000円、2項清掃費696万4,000円。6款農林水産業費、1項農業費、同額で304万3,000円。7款商工費、1項商工費は財源組み替えで補正額はございません。8款土木費868万2,000円の減額、2項道路橋梁費2,110万3,000円の減額、3項河川費500万円、4項都市計画費945万6,000円。

 次のページをお願いいたします。

 5項下水道費203万5,000円の減額。9款消防費、1項消防費、同額で521万2,000円。10款教育費1億1,417万4,000円、1項教育総務費1万4,000円、2項小学校費1億588万5,000円、3項中学校費115万9,000円、4項幼稚園費293万7,000円、5項社会教育費309万1,000円、6項保健体育費108万8,000円。

 歳出合計は、補正前の額108億7,200万円に補正額4億2,000万円を加えまして、計112億9,200万円といたします。

 6ページ、7ページをお願いいたします。

 第2表の地方債補正でございます。地方債の限度額を5,700万円減額いたしまして、10億4,300万円としようとするもので、細部説明は事項別明細でいたします。

 11、12ページをお願いいたします。

 歳入です。目と節の番号と名称、節の金額の順に朗読し、適宜説明を加えます。ただし、目と節の名称が同一の場合には、節の区分欄の朗読は省かさせていただきます。

 1目地方特例交付金83万1,000円、町民税からの住宅ローン特別控除によりまして減収となった分を補てんするものですが、交付決定によるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目地方交付税2億2,846万円、普通交付税となりますけれども、交付決定通知によりまして増額補正をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2目衛生費負担金、1節三島函南広域行政組合負担金1万2,000円、期末手当が歳出増となりまして、それに連動するということで歳入の補正をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2目民生費国庫補助金、2節児童福祉費補助金887万5,000円の減額、健康づくり課と学校教育課ともに県費への組み替えということで減額をするものでございます。

 5目土木費国庫補助金2,441万8,000円の減額、まず最初、上段の建設課の関係でございますけれども、8万6,000円の減額につきましては、狭隘道路拡幅整備事業に係るもので、門や塀の除去工事費の減額に伴うものでございます。その下の交通安全防災対策の強化ということで2,532万2,000円の減額でございますが、町道1−6号線、1−8号線、2−18号線、2−23号線の道路改良工事費と観音橋架替に伴う負担金を予定しておりましたが、内示額が要望どおりでないため減額をするというものでございます。

 その下の都市計画課の住宅セーフティネットの関係と地域住宅等整備計画のともに社会資本整備総合交付金につきましては、地震対策事業とアスベスト対策事業に係るもので、わが家の専門家診断の増加や補強工事件数の増加、アスベスト調査の減額により全体として増額となるものでございます。

 その下、6目消防費国庫補助金60万円、社会資本整備総合交付金でございますけれども、同報無線子局工事の増額に伴うものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2目民生費県補助金、5節児童福祉費補助金1,709万8,000円。まず、上段の児童虐待防止対策緊急強化事業費補助金は17万3,000円の減額、予定しておりました児童虐待防止のパンフレット作成が補助対象でなくなったため減額をするというものでございます。その下の健康づくり課の子育て支援事業費補助金は27万6,000円、国費から県費に組み替えたもので、こんにちは赤ちゃん事業の訪問数により計上したものでございます。

 その下の学校教育課の緊急子育て支援事業費補助金7万3,000円は、保育士の研修費が補助対象となったため計上をするものでございます。子育て支援事業費補助金は国費から県費への組み替えで、平成25年度より安心こども基金として県の事業となり、私立保育園の子育て支援事業と一時預かり事業が補助対象となるものでございます。

 その下、待機児童解消特別対策事業費補助金39万円は、平成25年度から県の新たな事業で年度中途でのゼロ歳児の受け入れに対応できるよう保育士を配置できる事業というものでございます。

 その下、保育士等処遇改善臨時特例事業補助金807万2,000円につきましても、平成25年度からの県の新たな事業でございまして、保育所運営費の民間施設、給与等改善費を基礎といたしまして、保育士の処遇改善に要する事業で、さくら、ひまわり、マーガレット各保育園が対象となっております。

 6目商工費県補助金144万7,000円、これは消費者行政活性化基金事業費補助金でございますけれども、補助金制度の継続が決定していなかったため、当初では科目設定のみとしておりましたけれども、交付決定の通知があったため計上するものでございます。

 7目土木費県補助金435万5,000円、これにつきましては、国庫補助金と同様のメニューですが、補強工事の件数が倍増したことが主な要因で増額をするものでございます。

 9目教育費県補助金、2節学校教育費補助金210万円の減額、実践的防災教育推進事業費補助金は緊急地震速報受信システムに係るもので、内示が中学校1校分であっため、内示以外の部分を減額するというものでございます。

 1目総務費委託金、6節権限移譲事務交付金19万8,000円、交付決定によるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 3目財産清算収入、1節残余財産清算収入85万3,000円、昭和60年3月に発足いたしました静岡県市町村福祉協会が平成25年3月31日に解散したことにより、残余財産の清算により収入するものでございます。

 1目不動産売払収入557万4,000円、当初予算に計上していなかった普通財産の売却がありましたので計上するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目介護保険特別会計繰入金1,553万6,000円、介護保険特別会計の平成24年度の精算により繰り入れるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目繰越金、1節前年度繰越金2億2,150万8,000円。

 次のページをお願いいたします。

 4目雑入390万1,000円、工作物等移転補償金、県が施工いたします上沢の観音橋架替に伴い、同時通報無線子局の移設が必要となったため、その移転補償金でございます。

 その下、後期高齢者医療広域連合市町負担金精算金で、平成24年度分のものでございます。

 それから、3目衛生費受託事業収入1,202万円、伊豆の国市の焼却炉修繕工事に伴う可燃ごみの焼却受託事業収入でございます。

 次のページをお願いいたします。

 3目土木債、1節公共事業等債5,130万円の減額、道路整備事業債ということで補助金内示によりまして、町道1−2号線の道路改良工事ほか7路線の事業費の減額と剰余金の事業費への充当によりまして減額をするものでございます。

 4目消防債、1節一般単独事業債570万円の減額、防災対策事業債は防災倉庫、ポンプパッケージ、同報無線子局の設置を予定しておりますけれども、事業費に剰余金を充当するということで、起債を減額するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 歳出となります。

 32ページの説明欄をご覧ください。これ以降、右側の説明欄の事業内容の説明をいたします。

 一般管理事務事業430万円、人件費の調整でございます。

 文書広報事務事業22万円、取材用のデジタルカメラの画素数が少なく、共同編集や暗い場所での露出補正に支障があるため、カメラとストロボを購入するものでございます。

 財産管理事業19万4,000円、需用費は土地台帳ケースの購入、備品につきましては、事務用椅子等を購入するものでございます。

 公園管理事業139万1,000円、需用費につきましては、遊具の点検結果により間宮川向公園のブランコを補修するもの、15節工事請負費につきましては、間宮児童公園の滑り台を金属腐食により更新するものでございます。

 基金管理事業2億4,704万円、財政調整基金に新たに積み立てるものでございます。

 税務総務事務事業507万7,000円、職員の出産による欠員対応と時間外手当など人件費を調整するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 賦課徴収事務事業237万9,000円、主なものといたしましては、13の委託料で延滞金の利率改正に伴いまして滞納管理システムの改修をするものでございます。

 14節のOA機器使用料は、住民税課税システムに係る機器のリース期間満了に伴う機器の更新とソフトウェアの使用料でございます。

 戸籍住民基本台帳事務事業580万7,000円、これにつきましては、法務省通知により東日本大震災の被災状況を踏まえ、戸籍の正本と副本の同時滅失を防止する対策として、磁気ディスクで管理されている場合は、戸籍謄本の副本を電気通信回線を通じて管轄する法務局等の電子計算機に送信しなければならなくなりましたので、計上するものでございます。この費用につきましては、平成25年度、平成26年度の特別交付税で措置をされるという説明でございます。

 監査委員事務事業14万8,000円、職員配偶者の出産に伴う扶養人数の変更など人件費の調整でございます。

 次のページをお願いいたします。

 社会福祉総務事務事業625万7,000円、人件費の調整と、主なものは、23節の償還金で認知症対策総合支援事業の国庫補助金が交付されました補助金額まで至らなかったため、差額を返還するというものでございます。

 国保国民年金事務事業101万5,000円、これらは女子職員の出産に伴いまして増額をするものでございます。

 老人福祉事業8万9,000円、償還金ですけれども、静岡県低所得者負担額軽減措置事業費補助金が交付額まで至らなかったため返還をするもの。介護保険事業は192万4,000円の減額で、介護保険特別会計の人件費の減額補正により、繰出金も合わせて減額をするものでございます。

 後期高齢者医療事業1,508万2,000円、後期高齢者医療広域連合より事務費負担金や平成24年度精算分の通知がありまして、その額により増額をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 心身障害者福祉事業360万円、これにつきましては報償費から役務費に組み替えるんですけれども、権限移譲により町の業務となりました育成医療に係る医師への支払いが手数料のほうが妥当ということで、報償費から組み替えるものでございます。扶助費の療養介護医療費につきましては、法改正により新たな支払い対象となったということで360万円を増額するものでございます。

 児童福祉事業798万3,000円、これにつきましては、人件費の調整と13節の子育て支援センター事業委託料50万円を減額するものですが、マーガレット保育園の子育て支援日数が週5日のためということで委託基準額を減額するものでございます。

 それから、19節の待機児童解消特別対策事業費補助金は、歳入の県費補助金で事業の説明をいたしましたけれども、さくら保育園を予定しているものでございます。

 それから、その下の保育士等処遇改善臨時特例事業補助金762万3,000円、補助率10分の10の事業で、ひまわり、さくら、マーガレット保育園に係る補助金でございます。

 子育て支援事業12万8,000円の減額につきまして、1節と9節については、女子職員の出産に伴う雇用の経費ということで補正をするもの、それから11節の印刷製本につきましては、児童虐待防止啓発パンフレットの印刷が補助対象でなくなったため、県のパンフレットを利用するということで減額をするものでございます。

 子育て・交流センター運営事業71万8,000円は、次のページをお願いいたします。

 消耗品費の増額と、その中では医薬材料費と被服費となっておりますけれども、インフルエンザ等の対策用の除菌消臭剤、被服については、ボランティアスタッフ用のエプロンを購入するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 保健総務事務事業2万9,000円、人件費の調整でございます。

 母子保健事務事業につきましては、財源組み替えということで補正額はございません。

 葬祭会館管理事務事業1万2,000円、これも人件費の調整でございます。

 廃棄物処理施設管理運営事業696万4,000円、工事請負費ですが、1、2号炉、あと燃焼体の押し込みダクト、空調機など緊急修繕を実施するため増額をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 農業総務事務事業70万7,000円、これは人件費の調整でございます。

 県単土地改良事業100万円、19節の畑毛排水機場の非常用発電装置の設置に係る電気設備の調査を県が実施してくれることになりましたので、事業費の50%を県に支出するものでございます。

 町営土地改良事業13万6,000円、建設補助金ですけれども、上沢農事組合の農業用水の取水口の改良に係る補助金でございます。

 排水機場管理事業127万5,000円、修繕料は町内排水機場の安定稼働のためのもの、それから12節の手数料のうち、2番目樹木伐採剪定手数料、落合排水機場の樹木を伐採をするというものが主な内容でございます。

 農業集落排水事業特別会計繰出事業7万5,000円の減額、前年度繰越金により調整をするものでございます。

 次のページ、46ページについては、商工振興対策事業でございますが、財源組み替えをするということで補正額はございません。

 次のページ、48ページをお願いいたします。

 国庫補助道路新設改良事業3,515万2,000円の減額ということで、まず役務費については、不動産鑑定料、1−6号線の用地買収と補償を次年度に送ったということで減額をするもの。

 それから、13節物件調査等委託料は、町道1−2、1−4号線の物件の再調査のため増額をするものでございます。

 それから、設計管理委託料につきましては47万2,000円の増額となっておりますが、間宮34号線の雨水と用水兼用水路の設計をするものでございます。

 15節と17節につきましては、補助金の内示により減額をするというものでございます。

 19節の建設負担金につきましては、観音橋架替工事の負担金ということで、橋の基礎部分の工事費が減額になったということで減額をするものでございます。

 22節は、電柱移設分を増額するものでございます。

 その下、町単独道路新設改良事業1,404万9,000円、これにつきましては、手数料は不動産鑑定、手数料は工事に伴いまして増額をするもの。

 それから、主なものとしましては、15節の工事請負費ということで、住民サービス工事で1,000万円の増額、それから県道路改良事業負担金が185万円の減額となっておりますけれども、県道清水函南線の整備が町より負担金を徴して県が実施しておりましたけれども、制度が変更となりまして国からの財源を得ることとなりましたので町の負担金がなくなったものでございます。

 それから、急傾斜地崩壊対策事業の負担金につきましては、上沢団地内の事業量の増加ということで増額をしました。

 物件補償については、電柱の移設分の増額となります。

 河川改良事業は500万円の増額で、次のページをお願いいたします。

 13節の委託料で河川設計監理委託料ということで、大洞川の整形に係るもの、15節については、河川の住民サービス工事の増額をするものでございます。

 都市計画事務事業742万円につきましては、人件費の調整と、委託料はわが家の専門家診断の委託料ということで、申請件数が40件から50件ということで増額をするものでございます。

 それから、主なものとしましては、19節建設補助金、地震対策事業費補助金で、補強工事や高齢者加算の増加ということで644万円を増額するものでございます。

 公園整備事業83万7,000円は、主なものとしましては、パンフレットの作成ということで運動公園のパンフレットの作成というものでございます。

 街路整備事業119万9,000円、物件補償の再算定ということです。

 それから、下水道事業会計繰出事業203万5,000円の減額は、次のページをお願いいたします。

 前年度繰越金による調整でございます。

 次のページ、非常備消防事業228万3,000円、消防団長の防災士の資格の取得と消防救急救助訓練に係る費用の計上というものでございます。

 災害対策事業は492万9,000円で、職員の防災士資格受講経費と観音橋架替に伴う同時通報無線子局の移設、それと東駿河湾環状道路の高架部分道路の整備に伴う同報無線難聴エリアの解消のための子局新設に係る工事費が増加になったということで増額をするものが主なものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 事務局事務事業は1万4,000円、主なものは特別支援教育専門家会議ということで新たに設置をするということで、その報償が主なものでございます。

 それから、小学校管理事業は588万5,000円、主なものとしましては、需用費については給食用の食器購入など契約差金を減額をするものでございます。

 12節の手数料、パソコンアップグレード手数料については、教員用パソコン85台のOSをウィンドウズXPからウィンドウズ7に変更するものでございます。

 13節小学校設計業務委託につきましては、東小学校大規模改修工事の設計について労務単価や資材単価の上昇が激しくて、平成26年度の発注に備えるということで計上するものでございます。

 それから、15節の工事については、桑村小学校の校内の電気時計の交換と東小学校のプールのろ過機の交換をするものでございます。

 町立学校建設基金管理事業1億円については、新規積み立てでございます。

 中学校管理事業115万9,000円は人件費の調整、消耗品については、給食用食器などの契約差金により減額をするもの、パソコンアップグレードの手数料につきましては、小学校と同じで教員用のもの54台のOSを変更するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 委託料は、中学校設計業務委託ということで、平成26年度に間宮幼稚園に給食を運ぶために、函中の給食棟の増築設計を委託する内容が主なものでございます。

 幼稚園管理運営事業293万7,000円、非常勤職員報酬については、丹那を除く5つの幼稚園に情緒障害、発達障害、排せつができないなど支援を必要する園児が在園しておりまして、3歳児、7クラスに7名の支援教諭を後期も継続して配置したいということで計上するものでございます。

 主なものは18節の備品でございまして、緊急地震速報受信システムを予定しておりましたけれども、県補助金の内示がありませんでしたので減額をするものでございます。

 社会教育総務事務事業247万9,000円につきましては、報酬でございますが、一般職非常勤職員報酬ということで、文化センターによりまして開館日数がふえるため増額をするものでございます。

 それから、職員の手当等につきましては、人件費の調整ということで図書館の開館業務に伴いまして業務が皆増になったということで増額をするものでございます。

 コミュニティ推進事業37万9,000円は、白道坂区公民館のエアコンの交換等するということで助成をするものでございます。

 公民館運営事業は21万3,000円、工事請負費で文化センター移行によりまして道路案内看板を変更するものでございます。

 次のページ、60ページをお願いいたします。

 文化財調査事業は支出費目の変更をしておりまして、補正額はございません。調査エリアの追加によりまして期間延長となりまして支出費目を変更するものですが、賃金を減らしまして委託料と使用料を増額するものでございます。

 仏の里美術館管理運営事業は2万円で、庭園清掃用のブロアの燃料代でございます。

 社会体育総務事務事業は108万8,000円で、駅伝やマラソン大会など秋以降のイベントが多くなりましたので増額をするもの、主なものは補助金でスポーツ競技会出場選手等激励金でございます。チアリーディングなど新しい大会がふえまして、全国競技会に出場する選手が増加したため増額をするものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 議事の中途ですが、ここで昼食休憩といたします。

 午後の会議は1時から行います。

                              (午後零時01分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高橋好彦君) 休憩を解いて、会議を再開いたします。

                              (午後1時18分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高橋好彦君) これより質疑に入ります。

 質疑につきましては、ページ数等を言ってから質疑をお願いしたいと思います。

 質疑はありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 私からは3点だけお伺いしたいと思います。

 22ページの財産売払収入ですけれども、不動産売払収入が557万4,000円あります。説明していただきましたけれども、もう少し詳細について教えていただきたいと思います。

 それから、28ページの衛生費、受託事業収入ですけれども、可燃ごみ焼却受託事業収入1,202万円ありますが、先ほどの説明ですと伊豆の国市ということでしたけれども、トン数など教えていただきたいと思います。

 56ページの学校管理費の事務局事務事業ですが、新聞報道でもちょっとこのことかなということでわかりますけれども、報償金の特別支援教育専門家会議委員報償金ということでありますが、どんなことを目標としているのか、少しお伺いしたいと思います。



○議長(高橋好彦君) 室伏総務部長。



◎総務部長(室伏光男君) 22ページの不動産売払収入のもっと詳細にということでございますけれども、先ほど普通財産の売却ということで説明をさせていただきました。内訳でございますけれども、仁田字外真181の2ほか1筆を217万6,870円で、桑原字滝之前398の1ほか1筆を1万2,810円、柏谷字池之内676の88を338万3,888円で売却をいたしましたので、それらの合計額につきまして補正を計上させていただいたものでございます。

 以上でございます。



○議長(高橋好彦君) 田中環境衛生課長。



◎環境衛生課長(田中康夫君) 28ページのトン数でございますが、5カ月で800トンを計上しておりまして、単価につきましては1万5,800円でございます。

 以上でございます。



○議長(高橋好彦君) 教育次長。



◎教育次長(高橋宗弘君) 特別支援教育専門家会議の設置の理由でございますけれども、過去にやっておりまして、該当の児童等の病状等の指導方法につきまして、そちらの専門家の先生にアドバイスを受ける、指示を受けるという性質のもので、今回ちょっと不足するものですから2回分を補正するものでございます。



○議長(高橋好彦君) ほかに質問ありますか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 不動産売払収入ですけれども、金額的にはそんなに大きな額ではないんですけれども、3筆ですか、ありましたけれども、これはどんなふうな土地という形であったのか、その辺ちょっとわかれば……



○議長(高橋好彦君) 松下建設経済部長。



◎建設経済部長(松下文幸君) 不要になった道路だとか、河川について用途廃止をして売却することになっているんですが、それに係る3筆だというふうに考えております。

 以上です。



○議長(高橋好彦君) 室伏総務部長。



◎総務部長(室伏光男君) 先ほど柏谷の池之内と申し上げましたけれども、町有地で不整形な土地を持っておりまして、そこの公売を考えているわけでありまして、事前に隣接の地主たちにお話をさせていただきました。金額等を出して交渉をしたところ、1件だけその金額で購入したいんだということがございまして、その方には売却の契約をして、それ以外のところにつきましては今後公売をしていく、こういった経緯でございます。

 以上でございます。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

 12番、服部議員。



◆12番(服部堅二君) 36ページの社会福祉総務事業の23のところで、認知症対策で補助金の差額が出たので償還金として146万3,000円ということが上がったということですけれども、ちょっと内容についてお願いしたいと思います。



○議長(高橋好彦君) 露木福祉課長。



◎福祉課長(露木章君) これにつきましては、認知症対策の総合支援事業ということで、社会福祉協議会の包括支援センターに職員を置きまして、それで認知症対策のNTTの病院とのつなぎを行う職員を置くわけでございますが、その人件費が予想より少なく済んだということでその分がかからなかったというものを返還するものでございます。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第77号 平成25年度函南町一般会計補正予算(第2号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第78号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第16、議案第78号 平成25年度函南町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第78号について説明をいたします。

 議案第78号は、平成25年度函南町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,306万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ48億3,675万5,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 矢野住民課長。

          〔住民課長 矢野正博君登壇〕



◎住民課長(矢野正博君) 議案第78号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第78号 平成25年度函南町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)。

 平成25年度函南町の国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,306万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ48億3,675万5,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 2ページをお願いいたします。

 第1表 歳入歳出予算補正の歳入でございます。

 款、項、補正額の順に朗読いたします。

 4款療養給付費交付金を5,603万1,000円減額いたします。1項療養給付費交付金500万円減額し、2項前期高齢者交付金5,103万1,000円減額いたします。

 8款繰越金、1項繰越金ともに同額で8,909万9,000円追加いたします。

 歳入合計は、補正前の額48億368万7,000円に、補正額3,306万8,000円を追加し、48億3,675万5,000円とするものでございます。

 右のページをお願いいたします。

 歳出でございます、款、項、補正額の順に朗読いたします。

 2款保険給付費、1項療養諸費で、財源振り替えで補正額はございません。

 3款老人保健等拠出金を1,696万9,000円減額いたします。1項後期高齢者支援金を1,681万円減額し、2項前期高齢者納付金を15万9,000円減額いたします。

 9款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、ともに同額で5,003万7,000円追加いたします。

 歳出合計は、補正前の額48億368万7,000円に補正額3,306万8,000円を追加し、48億3,675万5,000円とするものでございます。

 次、7ページ、8ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 目と節の名称、節の金額の順に朗読いたします。

 1目療養給付費交付金で2節過年度分500万円の減額です。退職者交付金の過年度収入を予定しておりましたが、過年度精算の結果、平成24年度の交付額が必要額を上回ったため返還となりましたので、収入額を減額するものでございます。

 1目前期高齢者交付金で、1節現年度分5,103万1,000円の減額です。前期高齢者交付金の交付額が支払基金からの通知により現予算に対して下回る見込みから減額するものでございます。

 次に、9ページ、10ページをお願いいたします。

 1目療養給付費交付金繰越金、1節療養給付費交付金繰越金で875万3,000円、前年度繰越金のうち退職者医療に係る返還金に充てるものでございます。

 2目その他繰越金、1節その他繰越金で8,034万6,000円、前年度繰越金のうち退職者医療以外のものを計上するものでございます。

 次に、11ページ、12ページをお願いいたします。

 歳出でございます。12ページの説明欄をご覧ください。

 一般被保険者療養給付事業で、財源組み替えでございます。

 次の退職被保険者等療養給付費事業、これも同様に財源組み替えでございます。補正額はゼロでございます。

 次に、13ページ、14ページをお願いいたします。

 右のページで説明いたします。

 後期高齢者医療費支援事業1,681万5,000円減額いたします。社会保険診療診療報酬支払基金からの通知により、医療費拠出金を減額するものでございます。

 次が後期高齢者事務費支援金事業、5,000円増額いたします。事務費拠出金分を増額するものでございます。

 次の前期高齢者納付金事業、15万9,000円減額いたします。社会保険診療報酬支払基金の通知により医療費を拠出金を減額し、前期高齢者支援金事務費を増額するものでございます。

 次に、15、16ページをお願いいたします。

 同じく右のページで、償還事業でございます。5,003万7,000円を増額いたします。前年度の交付金の精算により返還金が生じたため、増額するものでございます。内容は退職者医療費の給付費に係るもの、一般被保険者療養給付費等負担金に係るもの、それから特定健診等国・県の負担金に係る返還金の合計でございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第78号 平成25年度函南町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第79号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第17、議案第79号 平成25年度函南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第79号について説明をいたします。

 議案第79号は、平成25年度函南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ196万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億4,072万7,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 矢野住民課長。

          〔住民課長 矢野正博君登壇〕



◎住民課長(矢野正博君) 議案第79号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第79号 平成25年度函南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。

 平成25年度函南町の後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ196万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億4,072万7,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 2ページをお願いいたします。

 第1表 歳入歳出予算補正の歳入でございます。

 3款繰越金、1項繰越金、ともに同額で196万円追加いたします。

 歳入合計は、補正前の額3億3,876万7,000円に補正額196万円を追加し、3億4,072万7,000円とするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款広域連合納付金、1項広域連合納付金、ともに度額で196万円を追加いたします。

 歳出合計は、補正前の額3億3,876万7,000円に補正額196万円を追加し、3億4,072万7,000円とするものでございます。

 次に、7ページ、8ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1目繰越金、1節前年度繰越金196万円でございます。前年度繰越金を計上するものでございます。

 次に、9ページ、10ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 右のページ、広域連合納付事業で196万円を増額いたします。前年度繰越金として歳入した分を広域連合納付金として追加納付するために計上するものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第79号 平成25年度函南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第80号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第18、議案第80号 平成25年度函南町介護保険特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第80号について説明をいたします。

 議案第80号は、平成25年度函南町介護保険特別会計補正予算(第1号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,880万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ26億2,277万2,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 露木福祉課長。

          〔福祉課長 露木 章君登壇〕



◎福祉課長(露木章君) 議案第80号につきまして細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第80号 平成25年度函南町介護保険特別会計補正予算(第1号)。

 平成25年度函南町の介護保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,880万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ26億2,277万2,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 2ページをお開きください。

 第1表 歳入歳出予算補正の歳入でございます。

 款、項、補正額の順に朗読いたします。

 第5款繰入金1,562万6,000円を減額いたします。第1項一般会計繰入金192万4,000円を減額、第2項基金繰入金を1,370万2,000円減額いたします。

 第6款繰越金、第1項繰越金、ともに同額で2,375万円を追加いたします。

 7款諸収入、2項雑入、ともに同額で1,067万9,000円を追加いたします。

 歳入合計は、補正前の額26億396万9,000円に補正額2,880万3,000円を追加いたしまして、26億2,277万2,000円とするものでございます。

 3ページをご覧ください。

 歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、ともに同額で192万4,000円を減額いたします。

 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費、こちらはともに財源の組み替えによるものでございまして、増減はございません。

 6款諸支出金を2,072万7,000円、1項償還金及び還付加算金を519万円、2項繰出金を1,553万7,000円それぞれ追加いたします。

 歳出合計は、補正前の額26億396万9,000円に補正額1,880万3,000円を追加いたしまして、26億2,277万2,000円とするものでございます。

 それでは、事項別明細に移ります。

 7ページ、8ページをご覧ください。

 歳入でございます。

 目と節の名称及び節の金額の順に朗読させていただきます。

 1目介護給付費繰入金、1節現年度分192万4,000円を減額でございます。こちらは職員の人件費等に要する経費でございまして、人事の異動に伴う整理でございます。

 その下の1目介護保険基金繰入金、1節介護保険基金繰入金1,370万2,000円の減額でございます。こちらは前年度の会計の決算に伴います本年度への繰り越しがあったために減額するものでございます。

 9ページ、10ページをお開きください。

 1目繰越金、1節前年度繰越金で2,375万円を追加いたします。こちらは前年度会計の決算によりまして本年度への繰越金でございます。

 11、12ページをお開きください。

 2目過年度収入、1節過年度収入で1,067万9,000円でございます。こちらは平成24年度の介護給付費交付金の精算によりまして、まだいただく金額が不足している国・県からの金額をいただくものでございます。

 13ページ、14ページをお開きください。

 歳出でございます。

 こちらは説明欄によりまして説明させていただきます。

 一般管理事業192万4,000円を減額いたします。こちらにつきましては、職員4名の人件費でございますが、こちらも人事の異動に伴いまして、その精査による減額でございます。

 15ページ、16ページを開きください。

 居宅介護サービス事業でございます。こちらは金額の増減はございませんが、歳入予算の移動に伴いまして財源の組み替えをするものでございます。

 17ページ、18ページをお開きください。

 償還事業でございます。519万円を追加いたしまして、519万1,000円といたします。こちらは平成24年度事業費のうち、交付決定額に事業額が満たなかった分について、国・県・支払基金へ償還するものでございます。

 続きまして、一般会計繰出事業でございます。1,553万7,000円を追加いたしまして1,553万8,000円といたします。こちらは平成24年度の事業の精算によりまして、一般会計繰入金の一部を償還するものでございます。

 以上、細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第80号 平成25年度函南町介護保険特別会計補正予算(第1号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第81号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第19、議案第81号 平成25年度函南町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第81号について説明をいたします。

 議案第81号は、平成25年度函南町下水道事業特別会計補正予算(第2号)であり、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ7,127万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9億6,754万5,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 八木上下水道課長。

          〔上下水道課長 八木正彦君登壇〕



◎上下水道課長(八木正彦君) 議案第81号につきまして細部説明を行います。

 初めに、議案を朗読します。

 議案第81号 平成25年度函南町下水道事業特別会計補正予算(第2号)。

 平成25年度函南町の下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ7,127万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9億6,754万5,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

 第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 次のページの2ページをお願いします。

 第1表 歳入歳出予算補正でございます。

 款、項、補正額の順に朗読します。

 歳入でございます。

 3款国庫支出金、1項国庫補助金、ともに同額で3,600万円を減額します。

 5款繰入金、1項一般会計繰入金、ともに同額で203万5,000円を減額します。

 6款繰越金、1項繰越金、ともに同額で1,180万8,000円を追加します。

 7款諸収入、2項雑入で95万6,000円を追加します。

 8款町債、1項町債、ともに同額で4,600万円を減額します。

 歳入歳出の合計は、補正前の額10億3,881万6,000円から補正額7,127万1,000円を減額しまして、計9億6,754万5,000円とするものでございます。

 続きまして、歳出です。

 1款事業費を7,127万1,000円減額します。1項建設事業費を7,142万1,000円減額します。2項事業費を15万円追加します。

 歳出合計は、補正前の額10億3,881万6,000円から補正額7,127万1,000円を減額し、計9億6,754万5,000円とするものでございます。

 4ページ、5ページをお願いします。

 第2表は地方債の補正でございます。

 起債の目的は下水道事業で、補正前の限度額1億7,410万円から4,600万円を減額しまして、右ページになりますが、補正後の限度額を1億2,810万円とするものでございます。

 なお、起債の方法、利率、償還の方法につきましては変更はございません。

 続きまして、事項別明細に移ります。

 9ページ、10ページをお願いいたします。

 歳入です。

 款、項、目、節の名称、節の金額の順に朗読させていただきます。

 3款1項1目下水道事業費国庫補助金、1節公共下水道事業費補助金で2,910万円を減額します。これは申請しました補助対象工事の組み替え及び交付金額の内示によります変更でございます。内訳につきましては、記載のとおりでございます。

 2節特定環境保全公共下水道事業費補助金で690万円を減額します。こちらにつきましても、補助金内示の変更によるものでございます。

 続きまして、11ページと12ページをお願いします。

 5款1項1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金で203万5,000円を減額します。こちらにつきましては、事業費精査によります繰入金の減額でございます。

 次のページをお願いします。

 6款1項1目繰越金、1節前年度繰越金です。1,180万8,000円を追加します。

 次のページをお願いします。

 7款2項1目雑入、1節雑入で95万6,000円を増額します。これにつきましては、県道の改良補償費で県道御園伊豆仁田停車場線の拡幅工事に伴います公設汚水桝等の移設の補償金でございます。5件ございました。

 次のページお願いします。

 8款1項1目下水道事業債、1節公共下水道事業債で3,190万円、2節流域下水道事業債で720万円の減額、3節特定環境保全公共下水道事業債で690万円の減額、これらにつきましては、それぞれ補助対象事業の変更によりまして財源内訳の起債額の精査による減額でございます。

 以上が歳入でございます。

 続きまして、歳出でございますが、20ページをお願いいたします。

 20ページの右ページ、説明欄にてご説明させていただきます。ご覧いただきたいと思います。

 公共下水道国庫補助事業で5,385万円の減額、これにつきましては、国庫補助対象の工事のメニューの組み替えによりまして、工事費、そして人件費を精査したものでございます。主なものにつきましては、測量設計等業務委託で、こちらは基幹道路・施設の地震対策、長寿命化計画に伴います設計委託で、こちらが2,400万円、15節工事請負費で補助対象工事の組み替えによるもので7,820万円の減額。

 続きまして、2の公共下水道町単独事業で434万6,000円の増額。主なものにつきましては、工事請負費で520万円の増額、東駿河湾関連道路の工事で下水道の取り出しがございますが、そちらの取り出し管の整理をするものでございます。

 続きまして、3の特定環境保全公共下水道国庫補助事業で1,480万円の減額。主なものにつきましては委託料、工事請負費とも補助対象工事のメニューの組み替えによります減額でございます。

 続きまして、狩野川流域下水道事業で711万7,000円の減額。これにつきましては、流域下水道の建設負担金で、流域の整備計画の変更に伴いまして町の負担金も減額するものでございます。

 続きまして、使用料等徴収管理事業で15万円の増額。これにつきましては、人件費の精査により調整するものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 3番、馬籠議員。



◆3番(馬籠正明君) 20ページの1の15の工事請負費と3の15工事請負費、同じ工事請負費ですが、組み替えというご説明でしたけれども、詳細について伺いたいと思います。



○議長(高橋好彦君) 八木上下水道課長。



◎上下水道課長(八木正彦君) 馬籠議員の質問についてお答えします。

 1の15の工事請負費につきましては、事業名でありますとおり公共下水道国庫補助事業でございます。3の15の工事請負費につきましては、特定環境保全公共下水道国庫補助事業で、事業の性質が違うものでございます。公共下水道国庫補助事業については、主に市街化区域を、環境保全につきましては、それ以外のものを工事するものでございます。

 以上でございます。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第81号 平成25年度函南町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第82号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第20、議案第82号 平成25年度函南町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第82号について説明をいたします。

 議案第82号は、平成25年度函南町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)であり、既定の歳入歳出予算総額に変更はございませんが、財源の組み替えを行うものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 八木上下水道課長。

          〔上下水道課長 八木正彦君登壇〕



◎上下水道課長(八木正彦君) 議案第82号につきまして細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読します。

 議案第82号 平成25年度函南町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)。

 平成25年度函南町の農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 2ページ、3ページをお願いします。

 第1表 歳入歳出予算補正でございます。

 歳入合計、歳出合計ともに同額の794万8,000円で、前年度繰越金が確定しましたことによります歳入予算の増減でございます。補正額はございません。

 続きまして、事項別明細、7ページ、8ページをお願いします。

 歳入でございます。

 款、項、目、節の名称、節の金額の順に朗読いたします。

 3款1項1目繰越金、1節前年度繰越金で7万5,000円を追加します。

 9ページ、10ページをお願いします。

 4款1項1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金で7万5,000円を減額します。前年度繰越金が確定しましたことに伴います一般会計繰入金の減額でございます。

 続きまして、歳出をお願いします。12ページです。

 右ページの説明欄でお願いします。

 農業集落排水管理事業につきましては財源組み替えでございまして、補正額はございません。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第82号 平成25年度函南町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議事の中途ですが、ここで10分間休憩いたします。

                              (午後2時04分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高橋好彦君) 休憩を解いて、会議を再開いたします。

                              (午後2時14分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第83号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第21、議案第83号 平成25年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第2号)の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第83号について説明をいたします。

 議案第83号は、平成25年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第2号)であり、資本的支出を2,079万5,000円増額し2億2,250万8,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 八木上下水道課長。

          〔上下水道課長 八木正彦君登壇〕



◎上下水道課長(八木正彦君) 議案第83号につきまして、細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第83号 平成25年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第2号)。

 第1条 平成25年度度函南町上水道事業特別会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 第2条 平成25年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第1号)(以下「予算」という。)第2条に定めた業務の予定量を次のとおり補正する。

 既決予定額 建設改良事業費1億4,525万3,000円、補正予定額2,079万5,000円、計1億6,604万8,000円。

 第3条 予算第4条本文括弧書中「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億8,914万2,000円」を「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億993万7,000円」に、「当年度分消費税資本的収支調整額640万2,000円」を「当年度分消費税資本的収支調整額739万2,000円」に、「建設改良積立金2,867万4,000円」を「建設改良積立金4,847万9,000円」にそれぞれ改め、資本的支出の予定額を次のとおり補正する。

 科目、既決予定額、補正予算額、計。

 支出。第1款資本的支出、2億171万3,000円、2,079万5,000円、2億2,250万8,000円、第1項建設改良費1億4,525万3,000円、補正予算額2,079万5,000円、計1億6,604万8,000円。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 次のページをお願いします。

 平成25年度函南町上水道事業特別会計補正予算実施計画、税込みでございます。

 今回は、支出のみの補正でございまして、第1款1項1目配水設備改良費で、既決予定額1億4,491万7,000円に補正予定額2,079万5,000円を追加しまして、計1億6,571万2,000円とするものでございます。

 次のページをお願いします。

 資金計画でございます。

 水道会計が所有しております現金の流れを見る表でございまして、表中下段の差引の計をご覧いただきたいと思います。

 6億880万円、こちらにつきましては、資金残高でございまして、5ページの貸借対照表中の流動資産の現金の金額と一致しますことを後ほどご確認いただければと思います。

 続きまして、4ページをお願いします。

 平成25年度補正予算予定の損益計算書でございます。こちらにつきましては、経営の成績を見る表でございまして、収益から費用を差し引きまして、利益が生じますれば剰余金として積み立て処分していくものでございます。

 詳細は記載のとおりでございますが、ここでは下から3行目からをご覧ください。本年度の損益の予定では、当年度純損失としまして473万4,438円となりますが、前年度からの繰越利益剰余金が964万9,311円ございますので、当年度の未処分利益剰余金は491万4,873円となる予定でございます。

 次のページのお願いします。

 平成25年度補正予算予定貸借対照表でございます。企業の財政状況を見る表でありまして、このページの下段の資産の合計の金額は、次のページの6ページにあります下段の負債と資本の合計額と一致していることをご確認いただければと思います。

 内容につきましては、記載のとおりですが、5ページの下から8行目、流動資産の現金預金が6億円、そして6ページに移りまして、下から7行目の利益剰余金の減債積立金が3億円、建設改良積立金が3億円それぞれございますことを確認いただければと思います。

 次のページをお願いします。

 7ページになります。

 続きまして、事項別明細書でございます。資本的収入及び支出の予算の事項別明細でございまして、1項建設改良費で支出の合計につきましては、既決予定額2億171万3,000円に補正予定額2,079万5,000円を追加いたしまして、合計2億2,250万8,000円とするものでございます。

 続きまして、8ページをご覧ください。

 資本的支出の明細書で、本年度につきましては、今回につきましては、歳出のみの補正ということになります。

 1目配水設備改良費で主なものは12節の委託料の170万円、こちらにつきましては、地主さんの要望によりまして土地を購入予定ではありますが、折り下り配水池の測量と登記の業務でございます。

 次に、24節工事請負費1,909万5,000円、こちらにつきましては、東駿河湾環状道路関連の水道管の布設替え工事で、県工事に合わせての追加工事と、そして事業精査によるものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第83号 平成25年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第2号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第84号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第22、議案第84号 平成25年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第84号について説明をいたします。

 議案第84号は、平成25年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計補正予算(第1号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ123万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ722万5,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 八木上下水道課長。

          〔上下水道課長 八木正彦君登壇〕



◎上下水道課長(八木正彦君) 議案第84号につきまして、細部説明を行います。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第84号 平成25年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計補正予算(第1号)。

 平成25年度函南町の畑、丹那簡易水道特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ123万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ722万5,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 2ページ、3ページをお願いします。

 第1表 歳入歳出予算補正でございます。

 歳入歳出ともに下の合計の金額をご覧いただきたいと思います。

 補正前の額599万円に補正額123万5,000円を追加いたしまして、計722万5,000円とするものでございます。

 続きまして、事項別明細に移ります。7ページ、8ページをお願いします。

 歳入でございます。

 目、節の名称、節の金額の順に朗読させていただきます。

 1目繰越金、1節前年度繰越金で123万5,000円を追加します。

 続きまして、歳出でございます。10ページをお願いします。

 簡易水道経営管理事業で123万5,000円を新規積み立てするものでございます。なお、平成25年度末の基金の残高は2,381万7,609円になる予定でございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第84号 平成25年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計補正予算(第1号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第85号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第23、議案第85号 平成25年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第1号)の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第85号について説明をいたします。

 議案第85号は、平成25年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第1号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ94万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,284万1,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 八木上下水道課長。

          〔上下水道課長 八木正彦君登壇〕



◎上下水道課長(八木正彦君) 議案第85号につきまして、細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第85号 平成25年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第1号)。

 平成25年度函南町の田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ94万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,284万1,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 2ページ、3ページをお願いします。

 第1表 歳入歳出予算補正でございます。

 下の合計の欄をご覧ください。

 歳入歳出とも補正前の額1,190万円に補正額94万1,000円を追加しまして、合計1,284万1,000円とするものでございます。

 続きまして、事項別明細でございます。7ページ、8ページをお願いします。

 歳入です。

 目、節の名称、節の金額の順に朗読させていただきます。

 1目繰越金、1節前年度繰越金で94万1,000円を追加します。

 続きまして、歳出でございます。10ページをお願いします。

 簡易水道経営管理事業で94万1,000円を新規積み立てするものでございます。

 なお、平成25年度の基金残高は2,787万9,857円となる予定でございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 3番、馬籠議員。



◆3番(馬籠正明君) 1点だけお伺いします。

 歳入で94万1,000円、歳出で同額ですけれども、繰越金を繰り入れて、歳入に入れて同額を新規の積立金というこのパターンが二、三見受けられるんですが、このような補正予算を行う理由についてお伺いしたいと思います。



○議長(高橋好彦君) 八木上下水道課長。



◎上下水道課長(八木正彦君) ただいまの質問についてお答えいたします。

 決算が確定した時点で速やかに処理するものと考えております。

 以上でございます。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第85号 平成25年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第1号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第86号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第24、議案第86号 平成25年度函南町東部簡易水道特別会計補正予算(第1号)の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第86号について説明をいたします。

 議案第86号は、平成25年度函南町東部簡易水道特別会計補正予算(第1号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,683万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億3,583万1,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 八木上下水道課長。

          〔上下水道課長 八木正彦君登壇〕



◎上下水道課長(八木正彦君) 議案第86号につきまして細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第86号 平成25年度函南町東部簡易水道特別会計補正予算(第1号)。

 平成25年度函南町の東部簡易水道特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,683万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億3,583万1,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 2ページ、3ページをお願いします。

 第1表 歳入歳出予算補正でございます。

 下の合計の欄をご覧ください。

 歳入歳出とも補正前の額1億1,090万円に補正額1,683万1,000円を追加いたしまして、計1億3,583万1,000円とするものでございます。

 続きまして、事項別明細でございます。

 7ページ、8ページをお願いします。

 歳入でございます。

 目、節の名称、節の金額の順に朗読いたします。

 1目繰越金、1節前年度繰越金で1,683万1,000円を追加するものでございます。

 続きまして、歳出をお願いします。

 10ページとなります。

 簡易水道経営管理事業で1,683万1,000円を増額いたします。主なものにつきましては、14節使用料の372万円で、こちらにつきましては、県水の使用料でございます。ダイヤランド、エメラルドともに使用量がふえていることによるものでございます。

 25節の新規積立金で1,311万1,000円となります。

 なお、平成25年度の基金残高は1億5,218万8,469円となる予定でございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 12番、服部議員。



◆12番(服部堅二君) 1,680万円も繰り越していて、これもまたぞろ新規積立1,300万円と、たしかまだ東部簡易水道の配水管の取り替え工事が、大掛かりなものが残っていると思うんですけれども、今年度もこれやらないんですか、ちょっとそれだけ確認します。



○議長(高橋好彦君) 八木上下水道課長。



◎上下水道課長(八木正彦君) 工事につきましては、ダイヤランドの管理事務所が行います温泉管の布設替え工事等と一緒に共同作業しまして、経費を削減できればということで計画したわけでございますが、管理事務所のほうで温泉管の布設替えが行われなかったことによりますこと、そして給水管の民地内の解消ということで取り出し工事が減ったことによりまして工事費が余ったものでございます。

 以上でございます。



○議長(高橋好彦君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第86号 平成25年度函南町東部簡易水道特別会計補正予算(第1号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第87号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(高橋好彦君) 日程第25、議案第87号 平成25年度函南町上沢財産区特別会計補正予算(第1号)の件を議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 森町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第87号について説明をいたします。

 議案第87号は、平成25年度函南町上沢財産区特別会計補正予算(第1号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ925万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ947万7,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(高橋好彦君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案についての細部説明を求めます。

 高橋総務課長。

          〔総務課長 高橋憲行君登壇〕



◎総務課長(高橋憲行君) それでは、議案第87号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第87号 平成25年度函南町上沢財産区特別会計補正予算(第1号)。

 平成25年度函南町の上沢財産区特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ925万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ947万7,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款、項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の総額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年9月17日提出。函南町長、森延彦。

 2ページをお開きください。

 第1表 歳入歳出予算補正。

 歳入です。

 1款財産収入、1項財産売払収入。歳入合計、同額で補正前の額22万円、補正額925万7,000円を追加し、947万7,000円といたします。

 歳出。

 1款総務費、1項総務管理費。歳出合計、同額で補正前の額22万円、補正額925万7,000円を追加し、947万7,000円といたします。

 事項別明細に移ります。8ページ、9ページをお開きください。

 歳入の事項別明細です。

 今回の補正は、県施工の来光川河川改修の伴い、財産区所有の上沢公民館敷地内の一部を売却した収入を基金として積み立てるものでございます。1款1項1目1節不動産売払収入でございますが、925万7,000円といたします。

 10ページ、11ページをお開きください。

 歳出です。

 1款1項1目25節積立金925万7,000円といたします。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(高橋好彦君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 上沢の財産区のことですけれども、不動産売払収入ということですので、これ平米当たりどのくらいの金額になるのかということでお伺いしたいと思いますけれども、よろしいでしょうか。



○議長(高橋好彦君) 高橋総務課長。



◎総務課長(高橋憲行君) 今回の売却は宅地でございまして、平米6万9,800円で買収されたものでございます。

 以上です。



○議長(高橋好彦君) 他に質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(高橋好彦君) 異議なしと認めます。

 これより議案第87号 平成25年度函南町上沢財産区特別会計補正予算(第1号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(高橋好彦君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(高橋好彦君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれで散会します。

 あすの会議は午前9時からです。

 なお、決算議案の上程となりますので、さきに配付してあります議案書を忘れずにお持ちいただきたいと思います。

 本日はご苦労さまでした。

                              (午後2時48分)