議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 函南町

平成25年  3月 定例会 02月28日−03号




平成25年  3月 定例会 − 02月28日−03号









平成25年  3月 定例会



          平成25年第1回(3月)函南町議会定例会

議事日程(第3号)

                  平成25年2月28日(木曜日)午前9時開議

日程第1 (議案第37号から議案第49号までを一括議題とする)

     議案第37号 平成25年度函南町一般会計予算

     議案第38号 平成25年度函南町土地取得特別会計予算

     議案第39号 平成25年度函南町国民健康保険特別会計予算

     議案第40号 平成25年度函南町後期高齢者医療特別会計予算

     議案第41号 平成25年度函南町介護保険特別会計予算

     議案第42号 平成25年度函南町下水道事業特別会計予算

     議案第43号 平成25年度函南町農業集落排水事業特別会計予算

     議案第44号 平成25年度函南町上水道事業特別会計予算

     議案第45号 平成25年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計予算

     議案第46号 平成25年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算

     議案第47号 平成25年度函南町東部簡易水道特別会計予算

     議案第48号 平成25年度函南町平井財産区特別会計予算

     議案第49号 平成25年度函南町上沢財産区特別会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(15名)

    1番    廣田直美君        2番    土屋 学君

    3番    馬籠正明君        4番    中野 博君

    5番    山中英昭君        6番    柿本昭仁君

    7番    鈴木晴範君        8番    石川正洋君

    9番    加藤常夫君       10番    植松和子君

   11番    高橋好彦君       12番    服部堅二君

   13番    長澤 務君       15番    杉村彰正君

   16番    塚平育世君

欠席議員(1名)

   14番    米山祐和君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名

 町長          森 延彦君   副町長         佐口則保君

 会計管理者       安田好伸君   教育長         矢田長春君

 総務部長        室伏光男君   厚生部長        藤間秀忠君

 建設経済部長      松下文幸君   教育次長        高橋宗弘君

 総務課長        高橋憲行君   企画財政課長      西川富美雄君

 税務課長        牧野 智君   管財課長        山下雅彦君

 住民課長        矢野正博君   情報政策課長      市川 積君

 健康づくり課長     渡辺麻理君   福祉課長        露木 章君

 環境衛生課長      田中康夫君   生涯学習課長      酒井 充君

 建設課長        室伏由之君   農林商工課長      遠藤 信君

 水道課長        八木正彦君   下水道課長       小澤 孝君

 都市計画課長      田口正啓君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 事務局長        与五澤栄堤   書記          木代伸二

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(杉村彰正君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は15名であります。定足数に達しておりますので、これより3月定例会第3日目の会議を開きます。

                              (午前9時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(杉村彰正君) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第37号〜議案第49号の上程、説明



○議長(杉村彰正君) 日程第1、議案第37号 平成25年度函南町一般会計予算、議案第38号 平成25年度函南町土地取得特別会計予算、議案第39号 平成25年度函南町国民健康保険特別会計予算、議案第40号 平成25年度函南町後期高齢者医療特別会計予算、議案第41号 平成25年度函南町介護保険特別会計予算、議案第42号 平成25年度函南町下水道事業特別会計予算、議案第43号 平成25年度函南町農業集落排水事業特別会計予算、議案第44号 平成25年度函南町上水道事業特別会計予算、議案第45号 平成25年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計予算、議案第46号 平成25年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算、議案第47号 平成25年度函南町東部簡易水道特別会計予算、議案第48号 平成25年度函南町平井財産区特別会計予算、議案第49号 平成25年度函南町上沢財産区特別会計予算、以上平成25年度予算13件について一括議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 皆さん、おはようございます。

 議案第37号議案から第49号議案まで、一括ご説明をいたします。

 お手元に一般会計附属資料というのと、それから一般会計の概要版というのが届いているかと思いますが、附属資料に関しましては、2、3ページ、それから一般会計の概要版に関しましては、この概要のおおむねに沿ってご説明を申し上げたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

 それでは、まず議案第37号は、平成25年度函南町一般会計予算であり、歳入歳出予算額108億9,600万円で、前年度比5億1,600万円、4.5%の減となっております。今議会の冒頭で町政運営に関する所信を述べさせていただきました。一般会計による主な施策といたしましては、町制施行50周年を迎える節目の年として、第5次函南町総合計画のテーマ、「快適な環境で安心して暮らせるまち・かんなみ」の実現のために、函南町のまちづくりの将来像(ビジョン)を環境健康都市と定め、将来を見据え、着実かつ実践的な取り組みを重点施策を中心とする事業への効果的な財源配分や、限られた財源の中で行政効果の最大化を図ることを基本的な方針として、予算編成を行いました。

 まず、一般会計の歳入について申し上げます。

 歳入の根幹をなす町税は49億2,024万9,000円で、前年度比1.4%の増となりました。これは主に個人町民税、固定資産税、町たばこ税の増額を見込むものであります。使用料及び手数料は1億3,337万2,000円で、前年度比3.3%の増となりました。これは主にかんなみ仏の里美術館の拝観料、廃棄物処理手数料の増額を見込むものであります。繰入金は3億6,060万1,000円で、前年度比50.6%の減となりました。これは財政調整基金、廃棄物処理建設基金、図書館建設基金等の繰入金の減額によるものであります。これらに分担金及び負担金、財産収入、寄附金、繰越金、諸収入を加えた自主財源の総額は61億1,717万1,000円で、前年度比2億5,532万5,000円、4%の減となります。歳入に占める自主財源の割合は0.4ポイント増の56.2%であります。一方、依存財源では地方交付税は13億円、前年度比13%、地方譲与税は1億3,800万1,000円、前年度比0.7%となりそれぞれの実績による増額を見込むものであります。

 国庫支出金は11億6,095万円で前年度比17.7%の減となりました。これは主に子宮頸がん予防ワクチン等が定期接種をされたことにより補助金の皆減、運動公園整備事業の平成24年度への事業前倒しによる補助金の減額などによるものであります。

 県支出金は6億2,487万6,000円で、前年度比7.5%の増となりました。これは主に同時通報用無線デジタル化整備事業の補助金、県知事選挙の委託金の増額を見込むものであります。

 町債は、11億円で前年度比17.3%の減となりました。これは図書館建設事業完了による借り入れの終了と公園整備事業にかかわる地方債の減額によるものであります。これらに各交付金を加えた依存財源の総額は47億7,882万9,000円で、前年度比2億6,075万5,000円、5.2%の減となり、歳入に占める依存財源の割合は0.4ポイント減の43.8%であります。

 続きまして、歳出について申し上げます。

 議会費は1億2,817万4,000円で0.4%の増となりました。これは人事異動による人件費や共済費負担金の増額によるものであります。主な歳出は議員報酬と職員給与等議会運営及び活動費などを計上いたしました。

 総務費は、12億3,329万9,000円で13.2%の増となりました。これは町長選挙、県知事選挙、参議院議員選挙費用、普通財産の売り払いによる積立金の増額によるものであります。主な歳出は職員人件費、庁舎維持経費にかかわる財産管理事業費、公園管理費、文書広報事務費、電算事務の執行経費、函南駅のバリアフリー化に対する補助金などを計上いたしました。また、本年が函南町の節目の年でもあることから、町制施行50周年に係る事業費を計上いたしました。

 民生費は、32億7,730万4,000円で4.3%の増となりました。これは静岡県後期高齢者医療広域連合への負担金、介護保険特別会計への繰出金、障害者福祉に係る扶助費等の増額によるものであります。主な歳出は児童福祉や老人福祉、身障者福祉事業に係る経費、国民健康保険特別会計、後期高齢者医療特別会計への繰り出しにかかわる経費などを計上いたしました。また、子育て支援や世代間交流の充実を図るため、子育てふれあい・地域交流センターの管理運営事業にかかわる経費を新たに計上いたしました。

 衛生費は、9億8,105万1,000円で6.9%の減となります。これは保健福祉センターや焼却場の施設更新工事の減額によるものであります。主な歳出は、町民の健康保持と増進を図る検診事業に伴う経費、可燃ごみの安定的な処理や不燃ごみの適正処理費用、合併浄化槽の普及にかかわる経費などを計上いたしました。

 労務費は、1,183万円で1.3%の減となりました。これは勤労者住宅建設資金利子補給資金の減額によるものであります。主な歳出はシルバー人材センターへの運営費補助金などを計上いたしました。

 農林水産費は、2億7,200万9,000円で93.9%の増となりました。これは排水機場管理事業における塚本排水機場の電気設備改修工事による事業費の増額によるものであります。主な歳出は農業委員会事務事業、畜産振興事業、町営土地改良事業にかかわる経費、農業集落排水事業特別会計への繰出金などを計上いたしました。

 商工費は4,179万7,000円で17.1%の減となりました。これは観光施設誘導案内サイン等整備工事費の減額によるものであります。主な歳出は消費生活相談員の報酬、勤労者福祉サービスセンター負担金、商工会や町観光協会への補助金などを計上いたしました。

 土木費は、15億530万7,000円で3.6%の減となりました。これは下水道事業特別会計への繰出金、運動公園整備事業の前倒しによる事業費の減額によるものであります。主な歳出は国庫補助事業における町道1−2号線等道路改良等の社会資本整備総合交付金事業費、河川改修に伴う観音川橋梁かけ替え事業、まちづくりのための用途地域の見直しや道の駅、川の駅の基本設計等策定費用などを計上いたしました。

 消防費は、6億707万4,000円で17.3%の増となりました。これは同時通報用無線デジタル化整備事業災害対策事業費の増額によるものであります。主な歳出は田方地区消防組合分担金、消防団に対する運営管理費用などであり、このほか町内各自治会の消防防災資機材の充実など地震防災対策への積極的な取り組みを図るための費用を計上いたしました。

 教育費は、16億3,155万3,000円で32%の減となりました。これは図書館等複合施設の建築工事の完了による工事費の減額によるものであります。主な歳出は、小学校各教育施設維持修繕のための工事費を初め、英会話力支援のための外国語指導助手、いじめ等今日的課題に対処するための指導主事、相談員、指導員の配置にかかわる経費、給食調理業務委託費、各幼稚園の運営など学校教育にかかわる費用、公民館の運営、文化財の調査や保護にかかわる社会教育にかかわる費用などを計上いたしました。また、さらなる社会教育として、教育環境の向上を目指した町立図書館の管理運営にかかわる経費を新たに計上いたしました。

 災害復旧費は、3,000円で科目設定のみといたしました。

 公債費は、11億7,641万4,000円で1%の減となりました。

 償還金は、元金分として10億2,705万円、利子分として1億4,936万3,000円を計上いたしました。

 諸支出金は、1,018万5,000円で90.7%の減額となりました。土地開発基金で保有する土地を売り払うため買い戻しにかかわる費用を計上いたしました。そのほか予備費2,000万円を計上いたしました。

 これらの結果、経常的経費の割合は総額は80億996万9,000円で、前年度比1億1,122万4,000円、1.4%の増となり、歳出に占める経常的経費の割合は4.3ポイント増の73.5%であります。一方、投資的経費の総額は13億9,299万4,000円で、前年度費7億516万7,000円、伸び率で33.6%の減となり、歳出に占める投資的経費の割合は5.6%減の12.8%であります。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 議事の中途ですが、ここで暫時休憩をいたします。

                              (午前9時16分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉村彰正君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                              (午前9時24分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉村彰正君) ただいま上程しました議案第49号 平成25年度函南町上沢財産区特別会計予算は、総務委員会に付託しました函南町上沢財産区特別会計基金条例及び函南町特別会計条例の一部を改正する条例がまだ議決されていないので取り下げたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 それでは、異議については取り下げたことになります。

 それでは、引き続き町長から提案理由の説明をお願いしたいと思います。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) それでは、議案第38号についてご説明をいたします。

 平成25年度函南町土地取得特別会計であり、歳入歳出予算総額3,418万5,000円で、前年度と比べ7,578万5,000円の減額であります。

 歳入は、財産売払い収入1,018万5,000円、繰入金2,400万円で歳出は土地開発基金繰出金1,018万5,000円、土地購入費2,400万円であります。

 議案第39号は、平成25年度函南町国民健康保険特別会計であり、歳入歳出予算総額48億368万7,000円で前年度と比べ5,205万3,000円の減額であります。

 歳入は、国民健康保険税が11億9,677万2,000円、国・県支出金11億5,154万円、医療給付費等支払基金交付金17億1,007万1,000円であります。

 歳出は、保険給付費が32億3,008万6,000円、老人保健等拠出金6億5,741万5,000円などであります。

 議案第40号は、平成25年度函南町後期高齢者特別会計予算であり、歳入歳出予算総額3億3,876万7,000円で前年度と比べ338万7,000円の減額であります。本特別会計は、町が徴収する後期高齢者医療保険料を会計するものであります。

 歳入は、保険料2億8,182万6,000円と保険基盤安定基金繰入金4,979万円などで、歳出は広域連合への納付金3億3,861万7,000円と保険料過年度償還金等15万円であります。

 議案第41号は、平成25年度函南町介護保険特別会計であり、歳入歳出予算総額26億396万9,000円で前年度と比べ1億3,224万円の増額であります。

 歳入は、介護保険料5億7,631万1,000円、国庫支出金5億720万3,000円、支払基金交付金7億3,057万7,000円などであります。

 歳出は、職員人件費や介護認定等の総務費が5,661万4,000円、各種介護保険サービスの事業費である介護普及費と予防給付費が24億9,911万6,000円で、介護予防や包括的支援等の地域支援事業が4,799万4,000円などであります。

 議案第42号は、函南町下水道事業特別会計予算であり、歳入歳出予算総額10億4,837万3,000円で前年度と比べ5,454万2,000円の減額であります。

 歳入は、下水道使用料及び手数料2億3,382万円、国庫支出金1億3,200万円、繰入金5億2,243万9,000円、町債1億7,410万円などであります。

 歳出は、公共事業費3億3,147万2,000円、単独事業は1,716万3,000円、流域下水道事業費2,565万6,000円、業務費2億6,885万2,000円、公債費4億331万1,000円などであります。

 議案第43号は、平成25年度函南町農業集落排水事業特別会計予算であり、歳入歳出予算総額794万8,000円で、前年度と比べ89万4,000円の増額であります。

 歳入は、使用料125万1,000円、繰入金649万6,000円などであります。

 歳出は、業務費として381万8,000円、公債費41万2,000円などであります。

 議案第44号は、平成25年度函南町上水道事業特別会計予算であり、老朽化した水道本管の布設替え、東駿河湾環状道路等道路改良に伴う布設替え、及び排水施設等の維持管理が主なものであります。

 3条予算、収益的収支の事業収益は、4億8,649万2,000円を想定し、前年度より1,311万7,000円の減額となる見込みです。事業費は、4億8,167万4,000円を想定し前年度より656万5,000円の減額となる見込みです。

 4条予算、資本的収支の資本的収入は、1,257万1,000円を想定し前年度と同額となる見込みです。資本的支出は、2億1,079万5,000円を予定し前年度より5,143万2,000円の減額となる見込みです。

 議案第45号は、平成25年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計予算であり、歳入歳出予算額599万円で前年度と比べ11万円の増額であります。

 歳入は、加入分担金15万円、水道使用料57万3,900円などで、歳出は、営農飲料水施設整備による交付金377万2,000円、水道施設の維持管理費170万8,000円などであります。

 議案第46号は、平成25年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算であり、歳入歳出予算総額1,190万円で、前年度と比べ10万円の減額であります。

 歳入は、加入分担金15万円、水道使用料948万9,000円、深井戸使用料126万円などで、歳出は、水道経営管理費として119万4,000円、水道施設の維持管理経費1,060万6,000円などであります。

 議案第47号は、平成25年度函南町東部簡易水道特別会計予算であり、歳入歳出予算総額1億1,900万円で前年度と同額であります。

 歳入は、加入分担金240万円、水道使用料1億459万9,000円、基金繰入金1,000万円等で、歳出は、維持管理費検針業務委託料930万9,000円、駿豆水道受水費5,200万円、加圧ポンプ電気料1,680万円、配水管布設工事1,963万9,000円などであります。

 議案第48号は、平成25年度函南町平井財産区特別会計予算であり、歳入歳出予算総額147万円で、前年度と比べ1,000円の減額であります。

 歳入は、基金利子34万8,000円と基金からの繰入金112万2,000円で、歳出は、基金利息の元加積立34万8,000円と、管理会計費15万2,000円、一般会計への繰出金は100万円であります。

 以上、12件を一括上程させていただきます。

 細部説明を担当課長にさせますので、ご審議のほどよろしくお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、細部説明に入ります。

 最初に、一般会計予算について、所管部長に説明を求めます。

 総務部長。

          〔総務部長 室伏光男君登壇〕



◎総務部長(室伏光男君) それでは、一般会計予算から細部説明をいたします。

 予算書の3ページをお願いいたします。

 初めに議案を朗読いたします。

 議案第37号 平成25年度函南町一般会計予算。

 平成25年度函南町の一般会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ108億9,600万円と定める。

 2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (債務負担行為)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表債務負担行為」による。

 (地方債)

 第3条 地方自治法第230条第1項の規定により、起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表地方債」による。

 (一時借入金)

 第4条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は5億円と定める。

 (歳出予算の流用)

 第5条 地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)各項に計上した給料、職員、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成25年2月28日提出。

 函南町長、森延彦。

 4ページをお願いいたします。

 第1表の歳入歳出予算でございます。

 議員のお手元には平成25年度一般会計当初予算附属資料を配付してございます。その中には性質別に分析しました資料なども掲載しておりますので、そちらにつきましても別途ご覧いただければと思っております。

 まず、歳入でございます。款、項、金額の順に読み上げます。

 1款町税49億2,024万9,000円、1項町民税20億5,448万円、2項固定資産税22億9,036万7,000円、3項軽自動車税7,080万円、4項町たばこ税2億9,860万円、5項特別土地保有税1,000円、6項入湯税600万1,000円、7項都市計画税2億円。

 2款地方譲与税1億3,800万1,000円、1項地方揮発油譲与税3,800万円、2項自動車重量譲与税1億円、3項地方道路譲与税1,000円。

 3款利子割交付金、1項利子割交付金、同額で1,300万円。

 4款配当割交付金、1項配当割交付金、同額で800万円。

 5款株式等譲渡所得割交付金、1項株式等譲渡所得割交付金、同額で200万円。

 6款地方消費税交付金、5ページ上段の1項地方消費税交付金、同額で3億1,000万円。

 7款ゴルフ場利用税交付金、1項ゴルフ場利用税交付金、同額で5,300万円。

 8款自動車取得税交付金、1項自動車取得税交付金、同額で4,000万円。

 9款地方特例交付金、1項地方特例交付金、同額で2,000万円。

 10款地方交付税、1項地方交付税、同額で13億円。

 11款交通安全対策特別交付金、1項交通安全対策特別交付金、同額で900万円。

 12款分担金及び負担金、1項負担金、同額で2億772万4,000円。

 13款使用料及び手数料1億3,337万2,000円、1項使用料8,277万2,000円、2項手数料5,060万円。

 14款国庫支出金11億6,095万2,000円、1項国庫負担金7億960万円8,000円、2項国庫補助金4億2,048万8,000円。

 6ページをお願いいたします。

 3項委託金3,085万6,000円。

 15款県支出金6億2,487万6,000円、1項県負担金3億918万4,000円、2項県補助金2億2,820万8,000円、3項委託金8,748万4,000円。

 16款財産収入8,355万2,000円、1項財産運用収入165万6,000円、2項財産売払収入8,189万6,000円。

 17款寄附金、1項寄附金、同額で24万2,000円。

 18款繰入金3億6,060万1,000円。1項特別会計繰入金1,000円、2項基金繰入金3億5,960万円、3項財産区繰入金100万円。

 19款繰越金、1項繰越金、同額で2億5,000万円。

 20款諸収入1億6,143万1,000円、1項延滞金加算金及び過料900万1,000円、2項町預金利子14万円。

 7ページをお願いいたします。

 3項雑入5,688万7,000円、4項受託事業収入9,540万3,000円。

 21款町債、1項町債、同額で11億円。

 歳入合計108億9,600万円となります。

 8ページをお願いいたします。

 歳出となります。

 1款議会費、1項議会費、同額で1億2,817万4,000円。

 2款総務費12億3,329万9,000円、1項総務管理費9億4,282万5,000円、2項徴税費1億6,866万5,000円、3項戸籍住民基本台帳費5,849万5,000円、4項選挙費5,089万8,000円、5項統計調査費264万3,000円、6項監査委員費977万3,000円。

 3款民生費32億7,730万4,000円、1項社会福祉費16億7,304万円、2項児童福祉費16億380万3,000円、3項災害救助費46万1,000円。

 4款衛生費9億8,105万1,000円、1項保健衛生費5億211万3,000円、2項清掃費4億7,893万8,000円。

 5款労働費、1項労働諸費、同額で1,183万円。

 6款農林水産業費2億7,200万9,000円。

 9ページの上段をお願いします。

 1項農業費2億6,674万1,000円、2項林業費526万8,000円。

 7款商工費、1項商工費、同額で4,179万7,000円。

 8款土木費15億530万7,000円、1項土木管理費8,369万2,000円、2項道路橋梁費5億6,896万1,000円、3項河川費1億959万8,000円、4項都市計画費2億2,430万7,000円、5項下水道費5億243万9,000円、6項住宅費1,631万円。

 9款消防費、1項消防費、同額で6億707万4,000円。

 10款教育費16億3,155万3,000円、1項教育総務費1億6,379万3,000円、2項小学校費3億9,872万7,000円、3項中学校費2億4,942万4,000円、4項幼稚園費3億793万円、5項社会教育費4億4,132万7,000円。

 10ページをお願いいたします。

 6項保健体育費7,035万2,000円。

 11款災害復旧費3,000円、1項農林水産施設災害復旧費1,000円、2項公共土木施設災害復旧費2,000円。

 12款公債費、1項公債費、同額で11億7,641万4,000円。

 13款諸支出金、1項普通財産取得費、同額で1,018万5,000円。

 14款予備費、1項予備費、同額で2,000万円。

 歳出合計108億9,600万円となります。

 11ページをお願いいたします。

 第2表、債務負担行為補正です。

 平成25年度中に入札などを実施いたしまして、平成26年度以降の支出予定額を限度額欄に記載してございます。事項、期間、限度額の順に読み上げます。

 一番上段です。函南町役場庁舎建物等総合管理業務委託、平成28年度まで、1億3,285万7,000円。保健福祉センター清掃業務委託、平成26年度まで、240万3,000円。東小学校仮設校舎リース料、平成26年度まで、68万6,000円。函南町中央公民館清掃業務委託、平成26年度まで、590万1,000円。

 次のページをお願いいたします。

 12ページは、第3表地方債でございます。起債の目的と限度額欄を先に読み上げます。

 臨時財政対策債6億円、排水機場整備事業7,120万円、公園整備事業2,710万円、道路整備事業2億930万円、河川整備事業3,890万円、街路整備事業2,200万円、防災対策事業8,540万円、中央公民館整備事業4,610万円、計11億円でございます。

 起債の方法は、普通貸借または証券発行、利率は5.0%以内。ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び地方公共団体金融機構資金について、利率の見直しを行った後においては当該利率後の利率。

 償還の方法は、政府資金についてはその融資条件により、銀行その他の場合にはその債権者と協定するものによる。ただし、町財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、または繰上償還もしくは低利に借換えすることができるということになります。各起債の内容につきましては、事項別明細におきまして説明をいたします。

 続きまして、総務部関係の内容を説明いたします。

 19、20ページをお願いいたします。

 19、20ページ、歳入となります。目と節の名称を読み上げをいたします。ただし、目と節の名称が同一の場合には節の名称は省かせていただきます。

 1目個人、1節現年課税分18億円、均等割納税義務者数2万1,000人、所得割納税義務者数1万7,600人と見込み、それぞれの税額の合計額は18億5,570万円で、徴収率97.0%といたしました。2節滞納繰越分5,600万円。

 2目法人、1節現年課税分1億9,800万円、納税義務者数820法人を見込み、均等割と法人税割の合計額は1億9,893万9,000円で徴収率99.6%といたしました。2節滞納繰越分48万円。

 1目固定資産税、1節現年課税分22億1,900万円、土地、家屋、償却資産に係る税額の合計額は23億1,163万円で徴収率は96.0%といたしました。2節滞納繰越分7,000万円。

 次のページをお願いいたします。

 2目国有資産等所在市町村交付金、2節現年課税分136万7,000円、県有資産は大土肥にあります県営住宅などの土地、家屋に係るもの。国有資産交付金は函南ゴルフ倶楽部が借地している9,200平米の土地に係るものでございます。

 1目軽自動車税、1節現年課税分7,000万円、課税台数1万4,975台を見込み、徴収率96.4%といたしました。滞納繰越分80万円。

 1目町たばこ税、1節現年課税分2億9,860万円、売上本数は3.6%の増、税額は県税分の一部が町税に加わったこともありまして、16.2%の増と見込んだものです。

 1目特別土地保有税、1節滞納繰越分1,000円、科目設定でございます。

 1目入湯税、1節現年課税分600万円。

 次のページをお願いいたします。

 入湯客数は4万人で、前年比0.4%の減と見込みました。2節滞納繰越分1,000円、科目設定でございます。

 7目都市計画税、1節現年課税分1億9,840万円、市街化区域内の土地と家屋が課税対象となりまして、徴収率は98.0%としました。2節滞納繰越分160万円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目地方揮発油譲与税3,800万円、地方揮発油税の総額の42%を市町村の道路面積と延長に按分して交付されます。

 1目自動車重量譲与税1億円、自動車重量税の総額の3分の1を、市町村の道路面積と延長に按分して交付されます。

 1目地方道路譲与税1,000円、平成21年4月から地方道路譲与税は、地方揮発油譲与税に変更されましたが、滞納分の納付による譲与について科目設定をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目利子割交付金1,300万円、利子税のうち地方税分の約6割が個人住民税の額に応じて交付されるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目配当割交付金800万円、配当時に源泉されます県民税配当割分の約6割を各市町の個人県民税の県合計に対する割合に応じて交付されるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目株式等譲渡所得割交付金200万円、株式の譲渡により源泉分離課税され県に納められた譲渡所得割の約6割が個人県民税の県合計に対する割合で算定され、交付されるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目地方消費税交付金3億1,000万円、消費税率5%のうちの地方税分1%の2分の1が人口と従業者数に按分されて交付されるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目ゴルフ場利用税交付金5,300万円、県が徴収しましたゴルフ場利用税の10分の7をゴルフ場所在市町村に交付するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目自動車取得税交付金4,000万円、県に納付されました自動車取得税の約3分の2が道路の面積と延長に按分されて交付されるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目地方特例交付金2,000万円、町民税のローン控除制度による減収分として見込んだものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目地方交付税13億円、普通交付税は12億5,000万円、特別交付税は5,000万円と見込みました。普通交付税は日々の行政運営に必要な経費として、人口や面積などの項目により基準財政収入額と基準財政需要額等を算出し、収入額が需要額に満たない場合にその差額が交付されるものでございます。特別交付税は、基準財政需要額では算定し切れない特殊事情や災害の発生などを考慮して交付されるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目交通安全対策特別交付金900万円、交通反則金の3分の1を財源といたしまして、過去2年間の人身事故発生件数の平均値と人口集中地区人口、改良済道路延長によって市町村に交付されるものでございます。

 47、48ページをお願いいたします。

 1目総務使用料、1節駐車場使用料2,688万1,000円、説明欄の上段の一番上、定期駐車料は月決めでございます。中段の普通駐車につきましては時間貸し、下段は滞納繰越分で科目設定でございます。2節財産使用料22万9,000円、施設使用料は庁舎にあります現金支払機や証明写真機などと庁舎、体育館、中央公民館の清涼飲料水の自販機に係るものでございます。財産使用料は、一時的に町有地を使用させる場合のものでございます。3節都市公園使用料36万円、柏谷公園の野球場に係るものでございます。

 5目土木使用料、1節町営住宅使用料1,357万6,000円、上沢、柏谷、塚本、仁田、冷川の町営住宅の使用料で、現年度分と滞納繰越分となっております。

 次のページ、49、50ページをお願いいたします。

 1目総務手数料、3節事務手数料597万5,000円のうち、説明欄で公図土地台帳手数料29万8,000円でございます。その下4節税証明等手数料276万4,000円で評価証明等交付手数料と仮ナンバープレートの貸し出しによる運行許可手数料となっております。

 53、54ページをお願いいたします。

 1目総務費国庫補助金、1節総務費補助金55万3,000円、防犯灯の設置工事に係る補助金でございます。

 55、56ページをお願いいたします。

 5目土木費国庫補助金、4節住宅費補助金273万4,000円、塚本の住宅の便器を取り替えをいたします。また、冷川住宅の風呂の取り替えに係る補助金でございます。

 次のページ、57、58ページをお願いいたします。

 1目総務費委託金、1節一般管理費委託金2万4,000円、自衛官募集事務の委託金でございます。2節選挙費委託金2,033万9,000円、参議院議員選挙の事務の委託金となっております。

 次のページ、59、60ページをお願いいたします。

 1目総務費県補助金、1節交通施設整備費補助金3,112万3,000円、本年度実施予定の函南駅のエレベーターや多機能トイレに係る補助金でございます。

 61、62ページをお願いいたします。

 4目労働費県補助金、1節緊急雇用創出事業、臨時特例対策事業費補助金1,358万5,000円のうち、一番上段の企画財政課のところでございます。940万1,000円でございます。新卒未就職者の雇用と地域情報発信番組の制作にかかるものでございます。

 次のページ、63、64ページをお願いいたします。

 8目の消防費県補助金、1節消防費補助金184万1,000円でございます。消防防災フェアの開催、消防用ホースや消防団員の活動服の購入に係る補助金でございます。その下2節地震対策補助金2,808万円、これにつきましては同時通報用無線でデジタル化の工事ですとか、自主防災組織運営費補助金、防災ハザードマップの作成に係る補助金でございます。

 次のページ、65、66ページをお願いいたします。

 1目総務費委託金、1節県証紙取扱交付金23万8,000円、証紙売りさばき手数料でございます。2節選挙費委託金1,582万円、上段の在外選挙特別経費市町交付金は、外国で暮らす方々の選挙人名簿登録事務経費として科目設定をするものでございます。その下県知事選挙事務委託金は、6月16日執行ということで県選管の発表がございました。それから3節の統計調査委託金は、本年度説明欄に記載してあります9つの調査委託金の交付金でございます。4節徴税費委託金6,397万5,000円、町税の個人のところでも申し上げましたけれども、納税義務者数は2万1,000人を予定しております。1つ飛んで6節権限移譲事務交付金350万円、パスポートの発行や建築基準法の事務に係る権限移譲の交付金でございます。

 69、70ページをお願いいたします。

 1目財産貸付収入、1節土地建物貸付収入14万8,000円、丹那、大竹駐在所の賃貸料とその下土地建物貸付収入は科目設定でございます。

 2目利子及び配当金150万8,000円、利子・積立金利子は財政調整基金、図書館建設基金、町立学校建設基金、都市計画事業基金の各基金に係る利子でございます。出資配当金はエフエムみしま・かんなみの配当の科目設定でございます。

 1目不動産売払収入8,165万円、上段の企画財政課のほうにつきましては7,146万5,000円で、普通財産の売り払いで柏谷と大竹を予定しております。その下の不動産売払収入は、土地開発基金で所有している土地で間宮の土地を予定しているものでございます。



○議長(杉村彰正君) 細部説明の中途ですが、ここで10分間休憩いたします。

                             (午前10時03分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉村彰正君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                             (午前10時12分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉村彰正君) 細部説明を続けます。

 総務部長。

          〔総務部長 室伏光男君登壇〕



◎総務部長(室伏光男君) 申しわけございません。先ほど説明で1つ飛ばしてしまいましたので、申しわけありませんが、55、56ページを開いてください。

 55、56ページの一番下のところになりますが、6目の消防費国庫補助金428万4,000円、これは排水パッケージ用発電機、自家発電機ですとか同時通報用無線子局の増設に係る補助金でございます。

 それでは、72ページをお願いいたします。

 72ページ、3目一般寄附金1,000円、科目設定でございます。

 次のページ、73、74ページをお願いいたします。

 1目介護保険特別会計繰入金1,000円、介護保険特別会計からの繰入金で科目設定でございます。

 1目財政調整基金繰入金2億7,000万円、国庫補助金や地方債を財源として実施する投資的事業に主として充当するものでございます。

 2目廃棄物処理場建設基金繰入金5,000万円、ごみ焼却場の修繕工事に充当するものでございます。

 3目町立学校建設基金繰入金170万円、各小学校の改修工事に充当するものでございます。

 4目図書館建設基金繰入金3,790万円、図書の購入費に充当するものでございます。

 次のページ、75、76ページをお願いいたします。

 1目平井財産区繰入金100万円、平井公民館の運営委託料に充当するものでございます。

 次のページ、77、78ページをお願いいたします。

 1目繰越金、1節前年度繰越金2億5,000万円でございます。

 79、80ページをお願いいたします。

 1目延滞金加算金900万1,000円、それからその下1目の預金利子14万円、歳計現金の預金利子でございます。

 3目滞納処分費100万4,000円、差し押さえ財産の公売に要する費用は、滞納者の負担となることから不動産の鑑定料金やヤフー公売手数料を見込んでおります。

 4目雑入5,364万3,000円のうち、主なものは総務課では消防団員退職報償金300万円。

 次のページをお願いいたします。

 一番上段に、全国町村会総合賠償補償保険50万円がございます。それから企画財政課では、2行目です。市町村振興協会市町交付金ということで666万9,000円、オータムジャンボ宝くじに係る交付金でございます。その下、管財課では一番下の職員等駐車場利用料ということで、25年度より車通勤の職員より駐車場の利用料を徴収しようということで始めたものでございます。219万6,000円でございます。

 83、84ページをお願いいたします。

 1目総務費受託事業収入、1節会計事務受託事業収入120万円、箱根山御山組合ほか2組合の会計事務処理に対する収入でございます。

 87、88ページをお願いいたします。

 1目総務債、1節臨時財政対策債6億円、国の地方交付税特別会計の財源が不足しているため、現金での交付額を減らしましてその穴埋めとして地方公共団体に地方債を発行させるもので、後年度償還に要する費用につきましては、それぞれの年度で交付税措置がされるものでございます。また、地方財政法第5条の特例となりまして、地方債の充当先の制限はありませんで、一般財源扱いとなるものでございます。人口や財源不足から算出をされるものでございます。

 2目農林水産業債、1節公共事業等債7,120万円、塚本排水機場の電気設備の更新工事に充当するものでございます。

 3目土木債、1節公共事業等債2億9,730万円、公園整備事業債につきましては東駿河湾環状道路高架下公園の整備に、道路整備工事は町道1−4号線道路改良ほかに充当するもの。河川整備事業債は雨水貯留施設に充当するもの、街路整備事業債につきましては八ツ溝仁田線の道路改良工事に充当するものでございます。

 4目消防債、1節一般単独事業債8,540万円、防災倉庫の設置工事、同時通報用無線デジタル化の整備工事等に充当するものでございます。

 5目教育債、1節公共事業等債4,610万円、中央公民館の文化センターゾーン整備事業等に充当するものでございます。

 94ページをお願いいたします。

 歳出に入ります。歳出につきましては、右側のページが偶数ページとなっておりまして、そこの説明欄に事業がございますので、それらを読み上げてまいります。

 一般管理事務事業4億6,197万3,000円、この事業は町長、副町長と税務課を除く総務部に属する課に会計課を加えました職員、全部で部長職3名も加えまして総勢37人の人件費、それに町の顧問弁護士の費用ですとか、役場の郵便代、電話代などを計上しております。それから、この中で1の報酬の中に非常勤職員報酬とありますけれども、町の一般職の職員よりも勤務時間が短いということがある反面、雇用期間の制限については地方公務員法の適用を受けないという形で、非常勤職員の制度をつくりまして本年度からこちらに計上してまいりました。この以降の各事業でこの報酬のところにかなりの割合で出ております。今までは賃金で物件費で処理をしておりましたけれども、報酬でありますので性質別経費では人件費に分類するということの中で、今後決算等においても人件費の割合が高くなってくるということをご承知いただきたいと思います。

 それ以外の主なものとしましては、8節報償費の顧問弁護士の謝礼ということで訴訟事件、きのうの補正でもありましたけれども2件を担っていただいているところでございます。

 次のページをお願いいたします。

 12節の役務費は電話料、郵便料がございまして2,500万円、宅急便代ですとかメール便代も含んでいるものでございます。13節の考課者研修業務委託料ということで、人事考課における評価者レベルの平準化を図るための費用でございます。それから、職員研修事業は187万6,000円、職員の資質向上と人材育成を目的とした事業で、各種研修会へ参加するための旅費や負担金が主なものでございます。

 98ページをお願いいたします。

 職員健康管理福利厚生事業544万3,000円、職員の健康管理のための定期健診、医師による健康指導、職員互助会への補助金計上が主なものでございます。13節の一番下にメンタルヘルス事業委託料というのがあります。心の病を患う職員が当町におきましても他市町と同様おりまして、この予防のための事業を予算化しているものでございます。

 企画調整事務事業642万1,000円、町長の秘書業務や他自治体との情報交換、予算や決算分析など財政業務の処理費用を計上しているものでございます。7節に賃金がございます。これにつきましては緊急雇用創出事業補助金を充当しておりまして、新卒未就労者との条件があるものですから、1年間フルタイムで雇用を図るということで、先ほどの非常勤職員とは時間が違うということで賃金も使いながら予算を組んでおります。

 それから、次のページ、100ページをお願いいたします。

 文書広報事務事業は1,726万4,000円、町広報紙の編集発行、行政情報の提供費用を計上しております。13節の委託料でありますが、前年に比べて約50万円ほどふえておりますけれども、今まで各課で出しておりました議会だより、けんこう田方、生涯学習塾募集案内の配布を町の広報紙と一緒にすることで、契約などの事業効率化を図ろうというものでございます。

 財産管理事業は1億293万3,000円で、庁舎や函南駅前駐車場など公共施設や庁用車の管理と入札契約締結業務を計上しております。

 次のページ、102ページをお願いいたします。

 主なものとしましては11節の需用費の中の光熱水費、庁舎の電気代、水道代だけでなく街灯の電気代も含んでいるものでございます。それから、12節役務費の火災保険料で町有建物災害共済は、町有建物61施設、173棟の保険料でございます。それから、13節庁舎建物等総合管理業務委託料3,679万2,000円は、清掃やエレベーターの管理など庁舎に係る管理費用でございます。それから14節使用料でございまして554万9,000円でございますが、庁用車のリース料が主なものでございます。電気自動車を本年度も新たに1台リースをしようということで、従前のものと足して合計3台の費用が含まれているものでございます。

 次のページ、104ページをお願いいたします。

 15節の工事請負費は庁舎1階の電灯のLED化と町内の防犯灯の設置を考えているものでございます。

 公園管理事業の2,779万6,000円は、町内の都市公園日守山公園、原生の森公園、その他小公園の維持管理費用を計上しているものでございます。この中で15節工事請負費が81万3,000円ございますが、柏谷西団地の小公園に滑り台を設置という要望がございまして、それに対応するものでございます。

 次のページ、106ページをお願いいたします。

 地籍調査事務事業65万6,000円、過去に実施いたしました地籍調査の修正に対応する経費の計上でございます。

 その下、都市基盤施設整備基金管理事業500万円、函南駅前駐車場の使用料をもとに都市基盤施設を整備するための基金に積み立てるというもので、平成24年度からの積み立てを24年度に始めたものでございます。

 基金管理事業は7,300万2,000円、町の財政調整基金条例第2条に基づきまして、財政調整基金に積み立てをするものでございます。例年よりも新規積立額が多くなっておりますけれども、不動産売払収入を財源に積み立てるという内容でございます。

 自治振興事業1,195万3,000円、区長会等との連携を密にして行政を円滑に進め、自治振興を図ろうとする事業で、主なものは13節委託料で町広報紙などの配布や各種町からの依頼事項の取りまとめをしていただいております。

 次のページ、108ページをお願いいたします。

 交通安全対策事業1,140万2,000円は、交通事故防止を図るため三島警察署内の交通安全指導員設置費用の負担や交通安全施設の整備、町の交通指導員の活動費、交通安全啓発費用などを計上しているものでございます。

 電子計算事務事業8,622万3,000円、自治体の業務に直接関係する情報をコンピュータを利用しまして処理し、事務処理の迅速化、効率化を目指す事業となっております。主なものは13節物品管理委託料ということで、各種機器の保守業務でございます。

 110ページをお願いいたします。

 14節使用料及び賃借料はハードウエアの賃借料と各種パッケージ、ソフトウエアの使用料でございます。

 IT推進事務事業3,010万5,000円は、職員一人一人にパソコンを配備し、グループウエアの導入やインターネットによる外部との接触によりまして各種情報を確認し、行政事務の効率化、高度化、迅速化を図るものでございます。

 それから、まちづくり事業8,918万3,000円でございますけれども、観光プロデューサーの雇用、町の情報の発信、広域行政事務の検討協議、函南駅のエレベーター、多機能トイレに係る補助金などを計上しております。

 次のページをお願いいたします。

 13節地域情報発信番組制作委託につきましては、緊急雇用創出の補助金を使いまして、K−MIXから町の情報を流していただこうというものでございます。それから19節補助金でありますけれども、鉄道駅ユニバーサルデザイン施設整備事業補助金ということで、繰り返して申し上げますけれども、函南駅のエレベーターや多機能トイレの整備などをするため、事業主体への補助を計上いたしました。

 町制50周年記念事業1,101万2,000円、昭和38年4月1日に町制施行し平成25年が50年目の節目の年となりますので、町内各種団体の協力をいただきまして、町民の皆様とともに1年間このイベントを開催し、50周年記念事業の気運を盛り上げようとするものでございます。

 次のページ、114ページをお願いいたします。

 都市交流事業58万3,000円は、姉妹都市提携をしておりますアメリカ、カーマン市との交流事業でカーマン市訪問団来庁時の案内ですとか、スマイルパーティーの開催など異文化との交流を促進している事業でございます。

 税務総務事務事業1億575万5,000円は、税務課職員の人件費が主なもので、評価証明や納税証明など管理的な業務をしている事業でございます。

 次のページをお願いいたします。

 賦課徴収事務事業6,291万円、町税の賦課と徴収に係る事業でございます。主なものといたしましては需用費の印刷製本費は納付書や封筒の印刷となります。それから、12節役務費の手数料、口座振替及び公売関係等手数料ということで、口座振替の手数料のほかに不動産鑑定料3件を含んでおる金額となっております。それから13節委託料、固定資産税基礎資料作成業務委託ということで、平成27年度評価替えに係る標準宅地の不動産鑑定等の内容でございます。それから、14節使用料及び賃借料、OA機器の使用料につきましては、滞納管理システムや家屋評価システムなどの使用料でございます。

 120ページをお願いいたします。

 120ページの真ん中ですけれども、選挙管理委員会事務事業38万1,000円、選挙人名簿の定時登録など通常時の管理業務を行うものでございます。選挙啓発事務事業29万円、有権者への投票呼びかけや明るく正しい選挙が行われるよう啓発活動を、町の駅伝大会や成人式でPRをしております。

 122ページをお願いいたします。

 町長選挙事務事業1,406万9,000円、26年の春に執行予定の町長選挙の事業予算でございます。

 次のページ、124ページをお願いいたします。

 県知事選挙事務事業1,581万9,000円、6月16日執行予定の県知事選挙に係る予算でございます。

 次のページをお願いします。

 126ページは、参議院議員選挙事務事業で2,033万9,000円でございます。今年の夏の前には執行予定と見込んでおりますけれども、第23回参議院議員通常選挙の予算でございまして、他の選挙の事業と比べまして金額が多くなっておりますのは備品購入を計上しておりまして、読み取り分類機を予定しているものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 統計調査事業264万3,000円で、本年度は主に5年に一度の住宅土地統計調査が主なものとなります。

 それから、大分飛びますけれども、192ページをお願いいたします。

 192ページで下のほうですけれども、農業集落排水事業特別会計繰出事業649万6,000円。農業集落排水事業特別会計の管理運営費用の不足分を繰り出すものでございます。

 それから、210ページをお願いいたします。

 210ページは、都市計画事業基金管理事業で1,000円。基金の利息を積み立てるものでございます。

 次のページ、212ページをお願いいたします。

 下のほうですけれども、下水道事業会計繰出事業5億243万9,000円、下水道事業特別会計の地方債の償還分と事業費充当分を繰り出すものでございます。

 その下、町営住宅管理事業1,331万円、町営住宅の維持管理に係る事業でございます。

 次のページをお願いいたします。

 主なものとしましては15節工事請負費で、塚本の住宅の10戸ございますけれども、10戸の便器を全て取り替えるということと、冷川住宅の風呂を6戸取り替えるという内容でございます。

 町営住宅建設基金管理事業300万円、町営住宅に係る国庫補助金と町営住宅の使用料の合計額から、歳出の町営住宅管理事業を差し引いて残った額を基金に積み立てようとするものでございます。

 次のページをお願いいたします。216ページでございます。

 常備消防事業3億9,465万9,000円、田方地区消防組合の分担金が主なもので、当町の分担金は全体の約4分の1を占めております。組合の25年度の投資的な事業で主なものは、小型動力ポンプつき水槽車と高規格救急自動車積載の医療器具を購入するという内容となっております。

 その下、非常備消防事業5,580万3,000円、消防団活動に要する費用でございます。主なものは1節の消防団員の報酬ということと、8節消防団員退職の報償金、9節の消防の出動費で1,393万8,000円あります。火災出動のほか訓練、警戒活動にも支出をしますけれども、25年度には消防操法の大会が開催予定されております。

 次のページをお願いいたします。

 19節補助金、消防施設整備補助金515万円でございます。各区の消防施設の整備に対しまして補助率10分の7で助成をするものでございます。

 災害対策事業1億5,648万1,000円は、風水害や地震災害に備えて防災体制や資機材の整備を図る事業でございます。

 次のページをお願いいたします。

 主なものは13節委託料、一番下に防災ハザードマップ策定業務委託とあります。第4次被害想定発表後に町内の避難経路や地震の震度分布、液状化などの状況がわかるものを印刷して、各戸世帯に配布しようと計画をしております。それから、15節工事請負費であります。1億1,117万2,000円でございますが、同時通報用無線のデジタル化を平成25年度から33年度までの9年間をかけまして整備する計画で、初年度の費用計上でありますとか同時通報用無線子局の設置、あと災害対策用ポンプパッケージのための自家発電機の設置などを予定しております。

 次のページをお願いいたします。

 東日本大震災被災者支援事業13万1,000円、函南町へ避難されております被災者の方の支援を行う事業となっております。

 232ページをお願いいたします。

 232ページの一番下になりますけれども、町立学校建設基金管理事業で1万6,000円、基金の利息を積み立てるものでございます。

 260ページをお願いいたします。

 260ページでございます。一番上になりますけれども、図書館建設基金管理事業10万1,000円、基金の利息を積み立てるものでございます。

 272ページをお願いいたします。

 272ページは、起債元金償還事業10億2,705万円で起債の元金を償還する事業で、償還先ごとに金額を明記してございます。

 その下に、起債利子償還事業1億4,936万3,000円も利子を元金と同様に償還をする内容で金額等を明記してございます。

 一時借入金利子償還事業1,000円、科目設定でございます。

 次のページ、274ページをお願いいたします。

 普通財産取得事業1,018万5,000円、土地開発基金所有の土地が塩漬けとならないように売却を進めております。25年度は間宮の土地を売却しようというように予定をしております。公売により買い主があらわれましたら土地開発基金の財産を管理する土地取得特別会計より購入する内容でございます。

 次のページをお願いいたします。

 次のページは予備費2,000万円でございます。

 次のページをお願いします。

 277、278ページは給与費の明細書で、特別職に係るものでございます。この中で一番下に比較というのがございまして、本年度と前年度の比較でその他の特別職のところが155人で343万8,000円とふえておりますけれども、これらは選挙に係る立会人によるものでございます。

 次のページをお願いします。

 279、280ページは、教育長を含めます一般職の明細でございます。この中で申しわけございません。1カ所訂正をお願いしたいと思います。(1)の総括、上の表でございますけれども、本年度、前年度、比較という欄がございまして、その右側に職員数というのがございます。(人)となっておりますけれども、比較の欄の三角の2はいいんですが、その下に(▲155)とありますけれども、その▲をとっていただいてただ単に「155」にしていただきたいと思います。これにつきましては、新たに臨時からいわゆる賃金で支出していたものを、非常勤職員として1節の報酬で支給をするということでふえるわけでございまして、そこが間違って三角で155についてしまいましたので、155人分がふえるんですということで三角をとってください。

 なお、その報酬の金額は2億1,294万3,000円ということになりますので、何回も申し上げておりますけれども、従来は物件費でありましたけれども、今後人件費として性質別の分類をしてまいります。従前に比べて、24年度に比べて25年度は人件費が多くなってくるということをご理解いただきたいと思います。

 それから、ここの表の一番右側に共済費というところがございまして、ここの比較欄も1,307万8,000円とあります。これは基礎年金に係る公的負担金率のアップということで、共済費がふえているものでございます。

 それから、下の段でございますが、職員手当の内訳ということで、期末勤勉手当もふえております。本給が減っていて期末勤勉手当がふえているんですけれども、これらは育児休業に入る時期の関係から、計算上このような形でプラスとなったものでございます。

 それから、280ページの管理職手当、左から2番目に管理職手当がございまして、比較欄で137万1,000円の増となっております。これは福祉課の補佐を2人にし、図書館の館長が管理職であるということで増加となっているものでございます。

 それから、時間外手当が941万7,000円増となっておりますけれども、これらは選挙に係る事務従事者の時間外ということでふえているものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 ここから4ページ分は給料及び職員手当の増減額の明細と職員1人当たりの給与、初任給などが記載されておりますので、後ほどご覧をいただきたいと思います。

 285ページをお願いいたします。

 債務負担行為で翌年度以降にわたるものについての前年度末までの支出額、または支出額の見込み及び当該年度以降の支出予定額等に関する調書でございます。

 次のページをお願いします。286ページでございます。

 地方債の前々年度末における現在高並びに前年度末及び当該年度末における現在高の見込みに関する調書でございまして、合計欄をご覧ください。合計欄の一番左側は前々年度末でございますので23年度末の現在高は104億2,930万4,000円、その右側は前年度末ですから24年度の現在高の見込みは109億6,604万7,000円、それからその右側は当該年度中の起債見込み額ですので25年度中の起債見込み額11億円、それから25年度中の元金の償還見込み額は10億2,705万円、差し引きしまして25年度末の現在高は110億3,899万7,000円と見込んでいるものでございます。

 以上で総務部関係の説明を終わります。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明の中途ですが、ここで10分間休憩いたします。

                             (午前10時47分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉村彰正君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                             (午前10時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉村彰正君) 細部説明を続けます。

 次は厚生部長。

          〔厚生部長 藤間秀忠君登壇〕



◎厚生部長(藤間秀忠君) それでは、厚生部関係の予算の細部説明をいたします。

 予算書は45、46ページになります。歳入の45、46ページをお願いいたします。

 1目民生費負担金、1節老人保護措置事業負担金435万6,000円です。養護老人ホーム等入所者の本人からの徴収金を負担金として収入するものです。

 2目衛生費負担金、1節三島・函南広域行政組合負担金913万9,000円、みしま聖苑に派遣しております職員1名分の人件費に係る組合費からの負担金でございます。2節田方救急医療協議会負担金1,115万5,000円、2市1町で構成しております田方救急医療協議会の伊豆市、伊豆の国市からの負担金を収入するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2目民生使用料、1節老人福祉施設使用料9万円、老人いこいの家の使用料でございます。2節児童福祉施設使用料8万6,000円、子育てふれあい・地域交流センター使用料ということで、交流センター内の多目的室等貸し出しに係る使用料でございます。

 3目衛生使用料、1節温泉スタンド給湯料72万円、柏谷の温泉スタンドの給湯料です。

 次のページをお願いいたします。

 1目総務手数料、1節戸籍手数料409万5,000円、戸籍及び除籍の謄抄本の交付手数料です。2節住民登録手数料514万8,000円、住民票の交付手数料になります。3節事務手数料597万5,000円のうち中段にあります住民課の印鑑証明及び印鑑手帳、それからその他諸証明に関する交付手数料でございます。

 2目民生手数料、1節在宅サービス手数料2万2,000円、説明欄にあります短期入所、特養とか養護への一時入所、それから訪問介護につきましては一時的に訪問介護サービスを行うときの手数料でございます。

 3目衛生手数料、1節衛生手数料3,199万7,000円、次のページをお願いいたします。廃棄物処理手数料3,010万円、これは事業所ごみ等の有料処理にかかわるもの、それから浄化槽については科目設定、畜犬から狂犬病までにつきましては年間登録数等を見込んで計上をしたものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目民生費国庫負担金、1節保険基盤安定負担金880万9,000円、国民健康保険税の軽減支援に係る国からの負担金でございます。2節心身福祉費負担金1億6,315万円、自立支援医療費、障害者自立支援給付費、それぞれ更生医療、それから自立支援に係る各種サービスの給付に対して国からの負担金でございます。その下の自立支援育成医療費国庫負担金、障害児施設措置費給付費等国庫負担金につきましては、整備法に伴って権限移譲により県からこれらの事務が町のほうに移譲されましたので、これに伴う国からの負担金を収入するものです。4節母子保健衛生費等国庫負担金46万5,000円、未熟児医療国庫負担金、こちらのほうにつきましても権限移譲で今まで県で行ってきた未熟児医療の助成事務は、町に移譲されましたのでこれに係る国からの負担金を収入するものです。5節児童手当等国庫負担金4億4,651万8,000円、児童手当に係るゼロ歳から中学生まで被用者、非被用者、特例給付の区分ごとに負担率に伴う国からの負担金を収入するものです。

 2目民生費国庫補助金、1節心身福祉費補助金1,791万2,000円、説明欄にありますとおり障害者の認定区分、在宅心身障害児福祉費、地域生活支援事業費等それぞれ国の負担割合2分の1に伴って収入をするものでございます。2節児童福祉費補助金のうち補助金887万5,000円のうち子育て支援交付金42万5,000円については、こんにちは赤ちゃん事業に係る補助でございます。

 次のページをお願いいたします。

 3節介護保険事業費補助金600万円、認知症対策総合支援事業補助金ですが認知症疾患医療センターとの連携事業に係る補助でございます。

 3目衛生費国庫補助金、2節疾病予防対策事業等補助金424万2,000円、子宮頸がんや乳がん検診に係る補助でございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目総務費委託金、3節の住民基本台帳委託金25万9,000円、中長期在留者居住地域届出事務につきましては、旧外国人登録に係る外国人登録法の事務が住民基本台帳のほうに変わりましたけれども、これらの届出に関する事務に対する委託金でございます。その下の人口動態につきましては、戸籍の届出に係る実態調査に係るもの。

 2目民生費委託金、1節国民年金事務委託金691万2,000円、拠出年金、基礎年金等の事務に係る国からの委託です。2節児童福祉費委託金8万9,000円、特別児童扶養手当の事務に対する委託でございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目民生費県負担金、1節保険基盤安定負担金8,396万1,000円、国保の保険税の軽減及び支援分にかかわるもの、及び後期高齢者の保険料の軽減分に係る国・県からの負担金でございます。2節心身福祉費負担金8,157万5,000円、国同様障害者の福祉に係る県の負担率4分の1をこちらのほうで収入するものでございます。4節母子保健衛生費県負担金23万2,000円、未熟児医療の県の負担分でございます。5節児童手当等県負担金9,808万3,000円、児童手当に係る国同様被用者、非被用者、特例給付それぞれの負担率に伴う県の負担金でございます。

 2目民生費県補助金、1節社会福祉費補助金520万3,000円、民生委員の活動に対するもの、それから地域自殺対策緊急基金事業につきましては、自殺防止の啓発に係る補助でございます。2節老人福祉費補助金119万円、老人クラブに係る補助金79万7,000円、それから低所得者利用負担軽減措置につきましては、介護サービスの利用者負担の軽減に係る補助でございます。

 次のページをお願いいたします。

 3節心身福祉費補助金4,317万9,000円、重度の障害者医療から地域生活支援事業費補助まで、それぞれ障害者福祉事業に係る県の補助でございます。4節母子家庭福祉費補助金355万3,000円、母子家庭等医療費助成に係る県の補助でございます。5節児童福祉費補助金7,251万9,000円のうち2,698万8,000円は、福祉課所掌の分となりますけれども、こども医療費に対する助成事業2,596万5,000円のほか児童虐待防止、ファミリーサポートセンター事業に対する補助がこっちのほうでされるものでございます。

 3目衛生費県補助金、2節健康増進事業補助金196万4,000円、骨粗鬆症、歯周病疾患、健康手帳、健康相談の事業に対する県からの補助でございます。

 次に、65、66ページをお願いいたします。

 1目総務費委託金、5節人権啓発費委託金100万円、人権啓発活動地方委託金ということで地域人権啓発活動として行う講演会等50周年事業とのイベントの中でも行いますけれども、これらに関する委託金でございます。

 2目民生費委託金、1節身障福祉費委託金4万円、これは身体障害者扶養共済の事務取扱に係る委託金でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2節特別障害者手当事務委託金3万2,000円、特別障害者の事務に係る委託金です。3節介護認定審査委託金2万円、これも介護認定審査、生活保護者の認定審査委託に係る県の委託金です。4節住宅手当緊急特別対策事業事務費委託金4万5,000円、離職者等の住宅確保生活支援に係る委託金でございます。

 次に、71、72ページをお願いいたします。

 1目民生費寄附金、1節心身障害者福祉費寄附金1,000円、科目設定でございます。

 2目衛生費寄附金、1節廃棄物処理施設管理運営事業寄附金24万円、これはペットボトル等リサイクルに係る寄附で、日本容器リサイクル協会から寄附されるものでございます。

 次に、79、80ページをお願いいたします。

 諸収入で1目衛生費徴収金、1節健康診査個人負担金181万1,000円、健康づくり課で行います胃がんから骨粗鬆症検診まで各検診の受診者からの負担金でございます。

 2目納付金、1節心身障害者扶養共済42万4,000円、障害者扶養共済の加入者からの掛金でございます。

 4目雑入、1節雑入5,364万3,000円のうち、次のページをお願いいたします。中段より下になりますけれども、住民課のところで後期高齢者医療広域連合市町負担金、これは科目設定です。その下の特別対策事業補助金につきましては、後期高齢者の被保険者の人間ドックに対する助成が広域連合からされるものでございます。福祉課のこども医療費高額療養費相当分は、各保険者からの高額療養費の分を補助のほうで収入するもの、心身障害者扶養共済については、これは保険の給付分でございます。一番下市町村振興協会地域協働促進事業助成につきましては、ホームスタート事業に対する自治振興協会からの交付金でございます。健康づくり課でその下ですね、デイサービスセンターの電気料については保健福祉センターのデイサービス事業に係る電気料を収納するもの。それから、環境衛生課で資源ごみ売却代金については、アルミ缶、新聞紙等の売却代金を収入するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2節調整金1,000円、3節返還金1,000円、4節還付金1,000円、ともに科目設定をするものでございます。

 2目民生費受託事業収入で、次のページをお願いいたします。2節後期高齢者受託事業収入1,069万8,000円、後期高齢者広域連合から後期高齢者医療の被保険者の健康診断に対する受託費で1,321人分を計上いたしました。

 3目衛生費受託事業収入、1節清掃費受託事業収入108万円、可燃ごみの焼却受託事業収入でございますけれども、下水道公社分を見込んでいるものでございます。

 以上が歳入になります。

 次に、117、118ページをお願いいたします。

 118ページになりますけれども、戸籍住民基本台帳事務事業5,849万5,000円で戸籍住民基本台帳、旅券等に係る事務、また証明等の交付や人権法律行政相談に係る事務経費で、主な支出としては職員5人の給料から共済費に係る人件費、窓口事務等の非常勤職員4人の報酬、保険料、それから人権法律相談の謝礼と地域人権啓発活動事業で行います講演会の講師謝礼、それから次のページになりますが、14節OA機器使用料については戸籍システムの使用料になります。

 次に、131、132ページをお願いいたします。

 132ページになりますが、社会福祉総務事務事業、高齢者、心身障害者、DV、母子、子育て、福祉課での事務事業全般に係る総務管理的経費を支出するもので、主な経費としまして職員14人の給料から共済に係る人件費と後見人、福祉有償運送委員への報償金、次のページをお願いします。委託料では各福祉団体の助成を行うための社会福祉事業委託191万1,000円、それから認知症医療支援センターのNTT東日本伊豆病院との連携強化のための認知症対策等総合支援事業委託料として600万円、負担金の駿豆学園負担金344万8,000円は、知的障害者施設駿豆学園の運営に対する町の負担金です。補助金の社会福祉協議会事業等補助金2,592万4,000円は、社会福祉協議会の運営及び各種福祉事業の実施に係る事業費補助で、その下の民生委員児童委員協議会活動事業補助金は、委員の活動に対する助成をするものです。

 次に、国保国民年金事務事業2億2,140万7,000円、国民健康保険、後期高齢者医療、国民年金事務に係る事務経費で、主な経費として職員8人の給料から共済に係る人件費と窓口事務の非常勤職員1人の報酬、保険料、次のページをお願いいたします。一番下の28節繰出金、国保特別会計繰出金で保険基盤安定分、それから出産育児財政安定化等法定負担分とあとは検診等に係る繰り出しを行うものでございます。

 その下の老人福祉事業1億1,778万3,000円、老人福祉の各種事業に係る執行経費で、敬老会、食の自立支援、生活介護、敬老祝い金や紙おむつの支給、福祉タクシー、介護サービス利用料等の給付、また養護老人ホーム等への入所等の事務を執行するもので、主な支出としては敬老会経費として需用費、役務費、委託料、演芸委託、自動車借り上げ等敬老会分で372万円、13節委託料で食の自立支援はひとり暮らしの配食サービスを行うもので、軽度生活援助については、ひとり暮らしや高齢者世帯に草刈り等軽サービスの事業を行うものであります。19節補助金、老人クラブにつきましては連合会に104万9,000円、次のページになりますが単位老人クラブに対しては110万円を助成いたします。20節敬老祝い金については70歳以上を対象に7,800人分を見込んでおります。

 次に、介護保険事業で3億7,693万3,000円、介護保険特別会計の繰り出しを行う事業で給付に係る町の法定負担分12.5%と地域支援事業については20%、それから職員人件費、事務費に係る経費を繰出金として繰り出すものでございます。

 その下の後期高齢者医療事業3億5,569万3,000円、後期高齢者医療制度に係る事務経費で、主な経費として窓口事務、保険料徴収に係る納付書の発送等事務経費、それから需用費、役務費、委託料の後期高齢者検診等委託料1,085万7,000円は、被保険者の健康診断に係る委託料です。その下の広域連合共通経費負担金2億8,966万4,000円は、広域連合への事務分及び医療費に係る町の負担分でございます。それから、補助金の人間ドック受診料補助につきましては、後期高齢者被保険者の人間ドックに対する補助を行うもので、繰出金4,979万円については、後期医療特別会計への保険料軽減分に係る法定負担分を繰り出すものでございます。

 次のページをお願いいたします。老人保健医療給付事業4,000円、科目設定になりますが、老人医療の制度廃止に伴い一般会計で引き継いで過年度の遡及措置を行うために科目設定を行うものでございます。

 老人いこいの家管理運営事業796万2,000円、老人いこいの家の施設管理運営に係る経費で主な支出として委託料の老人いこいの家管理委託料335万2,000円は、開館日数293日の管理を委託するものです。借地料111万3,000円については、敷地面積1,585平方メートルに係るもの。工事請負費については、屋根や天井の改修を行うものでございます。

 次に、心身障害者福祉事業4億6,728万7,000円、障害者福祉に係る各種福祉サービス事業に係る執行経費でございまして、障害者総合支援法に基づき障害者の自立支援や社会参加の促進を図るための事業を行うものでございます。法改正に伴う県からの権限移譲により育成医療や障害児施設への措置が市町で行うこととされたため、新たにこちらのほうに計上をいたしております。主な経費として障害者福祉サービスに係る自立支援認定審査会の委員や虐待通報の相談窓口事務等非常勤職員の報酬、共済費、次のページをお願いいたします。12節役務費の手数料で重度医療に係る手数料、審査支払い手数料については重度医療に係る手数料、事務事業委託2,848万6,000円は、ライフサポート事業から障害程度区分認定調査などの各種サービス事業や調査等に係る委託と管理システム等に係る委託料でございます。

 次のページをお願いいたします。

 扶助費は4億2,037万2,000円で、1、2級の重度障害者の医療費6,720万円から福祉タクシー283万2,000円まで医療費の助成から各種支援サービスに係るものでございます。この中で上から3つ目の自立支援育成医療140万円と、それから6つ下の障害者支援費扶助416万円は、権限移譲により新たに加わった事業となります。

 次に、147、148ページをお願いいたします。

 子育て支援事業で1億7,062万円、子育て支援に係る各種事業、虐待対策、こども医療費等に係る事業を行うもので、主な支出として総合的な子育て相談や発達相談、発達障害相談に対応するための非常勤の心理士等の報酬、保険料、子育てボランティア育成のための講習会講師や支援会議委員への報酬、謝礼、役務費の手数料についてはこども医療費と未熟児医療の審査支払い手数料です。委託料は子育て支援計画の策定のための基礎調査教務の委託料で、扶助費ではこども医療費に加え権限移譲により行うことになりました未熟児医療、未熟児育成医療費等で子育て支援の一環として行うものでございます。

 なお、第4子出産祝い金もこの事業に組み替えましたので、320万円こちらのほうに計上をいたしております。

 それから、一番下になりますけれども、子育て・交流センター運営事業1,555万円、この4月にオープンいたします複合施設内の子育てふれあい・地域交流センターの運営費用を見込んだもので、相談事業等を含む事業費となっております。

 次のページをお願いいたします。

 主な支出として受け付けや窓口事務、遊びの指導や育児相談、子育て総合相談に従事する事務、保育士、心理士等の非常勤職員の報酬、保険料、それから各種講座や講演会、講習会の講師、運営委員会委員への謝礼、新規事業として行いますファミリー・サポート・センター事業関係では、保険料とネットワークへの年会費、事務事業委託料ではホームスタートの事業の委託料となっております。

 それから、その下の児童手当等給付事務事業6億4,522万5,000円、子ども手当から児童手当への制度変更がされましたが、25年度は児童手当として中学生までの手当を支給する事業費を見込んだものです。主な経費として支給事業を行う非常勤職員の報酬、次のページになりますけれども、保険料、それから需用費や役務費は申請書等の印刷、通信費等の事務経費、手当は扶助費にありますようにゼロ歳から中学生まで、年齢や被用者区分等によりそれぞれ5,000円から1万5,000円を支給するものでございます。

 なお、延べ支給人数は5万8,172人を見込んでおります。

 次に、母子福祉事務事業949万1,000円、母子家庭等に対する医療費の助成を行う事業で、役務費の手数料は医療費の審査に係る手数料、扶助費は医療費分662万円と母子等緊急支援費が一時的に保護施設に保護するための費用を計上したものでございます。

 次に、155、156ページをお願いいたします。

 災害救助事業で46万1,000円、自然災害等により被災した場合に弔慰金や見舞金を行う事業で、火災による死亡弔慰金、見舞金については住宅消失等に係る見舞金を計上したものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 ここから衛生費になりますが、保健総務事務事業1億4,189万8,000円、保健事業に係る総務管理的事務経費で、主な支出として職員12人の給料から共済費に係る人件費、育児休業等代替職員の賃金、保険料、それから使用料のOA機器使用料856万6,000円については、保健管理システムの使用料となります。負担金で沼津夜間救急医療協議会負担金939万9,000円は、協議会への沼津夜間救急業務に係るもの、一番下の田方救急医療協議会1,626万7,000円は、2市1町の管内の救急当番医の運営分で歳入で申し上げましたとおり2市からの負担金を含めたものを、こちらのほうで協議会のほうに支出するということになります。

 次のページになりますが、田方保健医療対策協会負担金417万1,000円については、健康教育等に対する経費を負担するもので、交付金の60万円は三島医師会で運営する三島メディカルセンターへの交付金でございます。建設負担金の1,710万5,000円は、伊豆医療センターのMRI棟の建設と診断機の導入に係る町の負担金でございます。

 それから、その下の保健福祉センター管理運営事業ですが1,927万1,000円、保健福祉センターの施設の維持管理に係る経費でございまして、主な支出として需用費のうち電気料等の光熱水費768万円、修繕費はトイレのセンサーや非常照明設備等を修繕するもので、委託料は施設の警備や清掃委託等管理に係る委託料でございます。

 その下の健康づくり推進事業307万3,000円、町民の健康づくりを推進するための各種教室や講習会等の実施及び食育の推進に係る事業費でございまして、主な費用として次のページをお願いいたします。報償金は健康教室の講師に対する謝礼、それから食育推進及び8020推進委員等に対する謝礼でございます。委託料は運動指導筋力パワーアップ教室や健康ウォーキング教室等各種の健康教室、それから食生活栄養改善地域伝達講習会の実施に係る委託を行うものでございます。

 次に、生活習慣病予防事業5,075万6,000円、生活習慣病等の早期発見と予防のための各種の検診、健康相談や予防教室等の実施に係る経費で、25年度は町民の健康意識の高揚と受診率の向上を図るため県との共同事業で健康マイレージの事業を予定しております。主な費用として検診時の補助事務のための非常勤職員の報酬、報償金は57名の保健委員の活動や8020コンクール、子宮頸がんに係る講演会等に係る報償金で、印刷費327万8,000円については、健康マイレージのチャレンジシートや各種検診の案内通知、検診等の印刷費用となっております。

 次のページになりますが、委託料の医療事務委託4,540万7,000円は、一般検診から肝炎ウイルス検査までそれぞれ検診に係る委託料でございます。

 予防接種事業1億2,382万9,000円、予防接種法に基づくBCGほか7種の予防接種、子宮頸がん、ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチン等の実施に係る事業費で、主な支出として医務事業委託の予防接種委託料7,603万4,000円は、BCGほか7種と高齢者の肺炎球菌やインフルエンザも含めた予防接種に係るもので、子宮頸がん等ワクチン接種委託料4,718万9,000円は、子宮頸がん、ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンの接種分でございます。

 次のページをお願いいたします。

 母子保健事務事業4,571万4,000円、乳幼児や妊産婦健診、育児に係る各教室、相談、不妊治療の助成等に係る事業費で、主な支出として健康栄養相談等のための栄養士や健診時の補助業務を行うための非常勤職員の報酬、保険料、それから各検診、講習会等に係る看護師、助産師、栄養士、それから歯科衛生士等への報償金、医務事務委託の3,410万5,000円は、1歳6カ月から3歳児までの乳幼児健診に係る委託、各種検診委託ですね。それから健康診査委託料3,116万5,000円は妊婦健診に係る委託料でございます。フッ素洗口については全35回を予定しております。扶助費の300万円は不妊治療に対する助成で2分の1を補助するものでございます。

 その下の結核検診事業で262万5,000円、結核予防法によるレントゲン検診に係る委託料でございます。

 一番下になりますけれども、環境衛生事務事業4,780万8,000円、次のページになりますけれども環境衛生施策の総務的管理事務経費で主な支出として環境衛生課6人の給料から共済に係る人件費と、需用費から委託料については病害虫発生防止のための薬剤配布や畜犬登録、狂犬病予防注射等に係る経費です。委託料のうち動物死骸処理清掃委託料60万円は、犬や猫の死骸の処理を委託するもの、それからTNR推進事業25万2,000円は、野良猫の増加防止を図るために新規事業として不妊や去勢手術を獣医師に委託する事業費でございます。補助金は自治会の行う消毒機等の購入助成に係る補助を行うものです。

 その下の葬祭会館管理事務事業3,678万2,000円、三島函南広域行政組合の運営するみしま聖苑に係る負担経費で、主な支出として派遣職員1人の人件費、次のページをお願いします。19節負担金のみしま聖苑管理費分担金2,764万1,000円については、町の負担分でございます。

 環境保全事業497万7,000円、公害対策は温暖化防止等環境保全に係る事務経費で主な支出として事務事業委託249万6,000円は、河川等水質検査では町内7河川や井戸、それから企業排水の水質検査、それからゴルフ場排水残留農薬検査は、町内2カ所を予定しております。それから地球温暖化対策の実行計画については、年度ごとに進捗状況や点検評価を行うもので、一番下の補助金の200万円については、住宅用太陽光発電システムの設置に係る補助を行うものでございます。

 次に、温泉会館管理運営事業2,538万円、温泉会館湯〜トピアかんなみの管理運営に係る経費でございまして、指定管理者との協定に基づく町の負担をするものと、温泉スタンドの維持等に係る事業費を支出するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 光熱水費は温泉スタンドの電気料で修繕料の1,060万円は、温泉スタンドに係る制御盤の改修等で191万6,000円、湯〜トピアについては868万4,000円でサウナや浴槽の木片、浴室のガラス等の修繕を行うものでございます。工事請負費500万円は、温泉スタンドの給湯設備等の更新工事を行う事業費で、補償金の600万円については町民割引券に係る入館料を町が補填するものでございます。

 次に、清掃総務事務事業で4,942万9,000円、清掃業務に係る総務管理経費でごみ焼却場、リサイクルプラザ、し尿処理場に勤務する職員8人の給料から共済に係る人件費と、受付事務に係る非常勤職員の報酬、保険料が主な支出となります。

 次のページをお願いいたします。

 環境美化事業742万2,000円、ごみの減量化や不法投棄防止、リサイクルの推進、環境美化に係る事業費で主な支出は廃棄物減量等推進委員及び環境美化指導員への謝礼、それから事務事業委託の町内クリーン化事業271万7,000円は、不法投棄のための巡回と回収を行うもので、補助金51万7,000円はコンポストや生ごみの処理機等に係る補助でございます。交付金の200万円については、古紙等集団回収に係る交付金で子供会等に交付を行うものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 し尿処理事業477万6,000円、し尿処理場こだま園の維持管理運営に係る経費で、主な支出として需用費は発酵促進剤等の購入に係る消耗品、それから電気料等の光熱水費、修繕料は機械施設の修理を行うもので、今年度については定期的に行うエアレーターの分解清掃、成熟槽、貯留槽等の機器の交換修理の経費でございます。委託料205万9,000円は、施設の警備、清掃、液肥等の分析に係る委託を行うものであります。

 次に、一般廃棄物収集事業6,230万7,000円、可燃物や不燃物、資源ごみと家庭ごみの収集に係る事業費で、収集は町内を5地区に分けて行うものです。主な支出として資源ごみ処理手数料、次のページになりますけれども、372万4,000円は雑瓶等の処理手数料になります。委託料の収集業務委託5,720万2,000円は、可燃物を3社、不燃物、資源ごみは各1社へ委託するものでございます。また建設補助金86万7,000円は、各自治会等が行うごみ置き場の新設や改修に対する補助を行うものです。

 次に、最終処分事業1,218万8,000円、奴田場地内にある不燃物等の埋め立てを処理している最終処分場の維持管理に係る事業費で、主な支出として委託料は最終処分場の汚水処理施設の管理委託と地下水放流水の水質検査に係るもの、それから処理場周辺におけるダイオキシン等の検査を委託するものでございます。賃借料は、転圧用の重機の借上料となっております。

 それから、その下の廃棄物処理施設管理運営事業3億2,109万8,000円、ごみ焼却場リサイクルプラザの管理運営に係る事業費で、主な支出として需用費の消耗品2,033万2,000円は、バグフィルターやルート、ベアリング等の取り替え用施設備品の購入、貴金属の固定用薬剤等薬剤を購入するもので、光熱水費6,043万8,000円は電気料となります。修繕費の376万9,000円は、ダンプやパッカー車等車両に係るもので、次のページをお願いいたします。委託料のうち施設管理委託1,308万9,000円は、施設管理に係る点検や保守業務に係るものでございまして、事務事業委託1億4,096万9,000円は、公害防止に伴うばい塵等のダイオキシン分析委託が398万円から焼却場の運転管理6,659万1,000円については、焼却場の24時間運転を業務委託するもので、リサイクルプラザの補助業務588万2,000円は、資源ごみの分別処理等の補助業務を委託するものであります。また、焼却残渣資源再生処理業務委託6,375万7,000円は、最終処分場の延命化を図るために焼却残渣の最終処理を委託するものであります。工事請負費の7,700万円、これは焼却施設の安定運営のための維持、修繕を計画的に実施しておりますが、今年度については再燃室、耐火物、コンプレッサー、焼却ストーカー等の更新改修を行うものであります。

 次のページをお願いいたします。

 雇用促進事務事業で1,183万円、高齢者の雇用促進と勤労者の福祉の推進に係る事業費で、主な支出として補助金になりますが、勤労者住宅建設資金利子補給30万円は、勤労者の住宅建築の促進を図るため3年間利子を補給するもの、それからシルバー人材センター運営費補助金1,135万円は、函南町シルバー人材センターの運営に対する補助でございます。

 以上で厚生部関係の説明を終わります。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会の宣告



○議長(杉村彰正君) お諮りします。議事の中途ですが、本日の会議はこの程度にとどめ延会したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 よって、本日はこれにて延会することに決しました。

 本日はこれにて延会します。

 明日の会議は午前9時からです。

 ご苦労さまでした。

                             (午前11時45分)