議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 函南町

平成25年  3月 定例会 02月27日−02号




平成25年  3月 定例会 − 02月27日−02号









平成25年  3月 定例会



          平成25年第1回(3月)函南町議会定例会

議事日程(第2号)

                  平成25年2月27日(水曜日)午前9時開議

日程第1 議案第26号 平成24年度函南町一般会計補正予算(第4号)

日程第2 議案第27号 平成24年度函南町土地取得特別会計補正予算(第2号)

日程第3 議案第28号 平成24年度函南町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

日程第4 議案第29号 平成24年度函南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

日程第5 議案第30号 平成24年度函南町介護保険特別会計補正予算(第2号)

日程第6 議案第31号 平成24年度函南町下水道事業特別会計補正予算(第3号)

日程第7 議案第32号 平成24年度函南町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

日程第8 議案第33号 平成24年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第3号)

日程第9 議案第34号 平成24年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第2号)

日程第10 議案第35号 平成24年度函南町東部簡易水道特別会計補正予算(第2号)

日程第11 議案第36号 平成24年度函南町平井財産区特別会計補正予算(第1号)

日程第12 議員提出議案第1号 函南町議会委員会条例の一部を改正する条例

日程第13 議員提出議案第2号 函南町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例

日程第14 議員提出議案第3号 函南町議会会議規則の一部を改正する規則

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(15名)

    1番    廣田直美君        2番    土屋 学君

    3番    馬籠正明君        4番    中野 博君

    5番    山中英昭君        6番    柿本昭仁君

    7番    鈴木晴範君        8番    石川正洋君

    9番    加藤常夫君       10番    植松和子君

   11番    高橋好彦君       12番    服部堅二君

   13番    長澤 務君       15番    杉村彰正君

   16番    塚平育世君

欠席議員(1名)

   14番    米山祐和君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名

 町長          森 延彦君   副町長         佐口則保君

 会計管理者       安田好伸君   教育長         矢田長春君

 総務部長        室伏光男君   厚生部長        藤間秀忠君

 建設経済部長      松下文幸君   教育次長        高橋宗弘君

 総務課長        高橋憲行君   企画財政課長      西川富美雄君

 税務課長        牧野 智君   管財課長        山下雅彦君

 住民課長        矢野正博君   情報政策課長      市川 積君

 健康づくり課長     渡辺麻理君   福祉課長        露木 章君

 環境衛生課長      田中康夫君   生涯学習課長      酒井 充君

 建設課長        室伏由之君   農林商工課長      遠藤 信君

 水道課長        八木正彦君   下水道課長       小澤 孝君

 都市計画課長      田口正啓君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 事務局長        与五澤栄堤   書記          木代伸二

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(杉村彰正君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は15名です。定足数に達していますので、ただいまから3月定例会第2日目の会議を開きます。

                              (午前9時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(杉村彰正君) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第26号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第1、これより26日の日程で延会となりました議事を継続いたします。

 議案第26号 平成24年度函南町一般会計補正予算(第4号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 皆さん、おはようございます。

 議案第26号について説明をいたします。

 議案第26号は、平成24年度函南町一般会計補正予算(第4号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6億1,000万円を追加し、歳入歳出それぞれ125億7,000万円とするものであります。

 また、国庫補助道路新設改良事業、都市公園整備事業、小学校管理事業において繰越明許を行い、事業実施により変更及び追加が生じた債務負担限度額とし、地方債借入額の補正を行うものであります。

 細部説明を所管部長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 総務部長。

          〔総務部長 室伏光男君登壇〕



◎総務部長(室伏光男君) おはようございます。

 議案第26号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第26号 平成24年度函南町一般会計補正予算(第4号)。

 平成24年度函南町の一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ6億1,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ125億7,000万円とする。

 2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することのできる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

 (債務負担行為の補正)

 第3条 債務負担行為の変更及び追加は、「第3表 債務負担行為補正」による。

 (地方債の補正)

 第4条 地方債の変更は、「第4表 地方債補正」による。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 次のページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算補正です。

 歳入歳出ともに款、項、補正額欄を朗読いたします。

 まず歳入です。

 1款町税2,250万円の減額、1項町民税2,700万円の減額、2項固定資産税300万円の追加、3項軽自動車税200万円の追加、4項町たばこ税450万円の追加、7項都市計画税500万円の減額。

 3款利子割交付金、1項利子割交付金、ともに同額で200万円の減額。

 4款配当割交付金、1項配当割交付金、ともに同額で400万円の追加。

 8款自動車取得税交付金、1項自動車取得税交付金、ともに同額で2,000万円の追加。

 12款分担金及び負担金、1項負担金、ともに同額で141万円の追加。

 13款使用料及び手数料3万9,000円の追加で、1項使用料136万6,000円の追加、2項手数料132万7,000円の減額。

 14款国庫支出金2億7,636万5,000円の追加、1項国庫負担金581万3,000円の追加。

 次のページの上段をお願いします。

 2項国庫負担金2億8,193万1,000円の追加、3項委託金1,137万9,000円の減額。

 15款県支出金681万3,000円の追加、1項県負担金555万3,000円の追加、2項県補助金165万7,000円の追加、3項委託金39万7,000円の減額。

 16款財産収入562万8,000円の減額、1項財産運用収入3万9,000円の追加、2項財産売払収入566万7,000円の減額。

 17款寄附金、1項寄附金、ともに同額で250万2,000円の追加。

 18款繰入金、2項基金繰入金、ともに同額で1億1,800万円の追加。

 20款諸収入1,840万1,000円の減額、3項雑入30万8,000円の追加、4項受託事業収入1,870万9,000円の減額。

 21款町債、1項町債、ともに同額で2億2,940万円の追加。

 次のページをお願いいたします。

 歳入合計は補正前の額119億6,000万円に補正額6億1,000万円を追加しまして、計125億7,000万円といたします。

 次のページ、5ページをお願いいたします。

 歳出となります。

 1款議会費、1項議会費、ともに同額で59万7,000円の減額。

 2款総務費3,685万4,000円の追加、1項総務管理費4,961万3,000円の追加、2項徴税費288万2,000円の減額、3項戸籍住民基本台帳費496万6,000円の減額、4項選挙費441万4,000円の減額、5項統計調査費49万7,000円の減額。

 3款民生費1億2,771万3,000円の減額、1項社会福祉費644万8,000円の追加、2項児童福祉費1億3,416万1,000円の減額。

 4款衛生費1,700万1,000円の減額、1項保健衛生費745万3,000円の減額、2項清掃費954万8,000円の減額。

 5款労働費、1項労働費は、財源組み替えがありますけれども、款項ともに補正額はございません。

 6款農林水産業費145万1,000円の減額、1項農業費94万2,000円の減額、2項林業費50万9,000円の減額。

 次のページをお願いいたします。

 7款商工費、1項商工費、ともに同額で75万5,000円の減額。

 8款土木費3億463万3,000円の追加、1項土木管理費37万7,000円の追加、2項道路橋梁費2,694万1,000円の追加、3項河川費3万7,000円の追加、4項都市計画費2億9,263万4,000円の追加、5項下水道費1,335万6,000円の減額、6項住宅費200万円の減額。

 9款消防費、1項消防費、ともに同額で356万4,000円の減額。

 10款教育費4億4,113万2,000円の追加、1項教育総務費67万8,000円の減額、2項小学校費4億9,187万4,000円の追加、3項中学校費513万円の減額、4項幼稚園費397万9,000円の減額、5項社会教育費4,043万6,000円の減額、6項保健体育費51万9,000円の減額。

 12款公債費、7ページの上段1項公債費、ともに同額で1,109万3,000円の減額。

 13款諸支出金、1項普通財産取得費、ともに同額で1,044万5,000円の減額。

 歳出合計は、補正前の額119億6,000万円に補正額6億1,000万円を追加いたしまして、計125億7,000万円といたします。

 次の8ページをお願いいたします。

 第2表、繰越明許費であります。

 上段から読んでいきます。

 8款土木費、2項道路橋梁費、国庫補助道路新設改良費2,460万円。この国庫補助道路新設改良事業の中には、道路の路面性状調査事業というのと、町道2−18号線の道路改良事業、2つの事業がございます。

 8款土木費、4項都市計画費、公園整備事業2億9,200万円。運動公園を平成25年度オープンに向けての整備事業でございます。

 10款教育費、2項小学校費、小学校管理事業4億9,386万8,000円、これは東小の大規模改修事業でございます。

 合計で8億1,046万8,000円となります。

 これら繰り越しをします事業は、2−18号線の道路改良工事を除きまして、国の緊急経済対策に連動して事業の前倒しをするため、補正予算に計上し、次年度早々に事業着手するものでございます。

 9ページをお願いいたします。

 第3表、債務負担行為補正でございます。

 上段が変更分、下段の4つが追加分となります。

 まず、変更案件でございます。一番上段の保健福祉センター建物維持管理業務委託は、建物の給排水、給湯、空調、エレベーター、防災設備等の点検業務で、昨年3月の入札により24年4月から26年3月までの3年間の委託業務の金額が確定いたしましたので、限度額を1,370万4,000円から1,360万8,000円に9万6,000円減額するものでございます。

 次の函南駅前駐車場機器管理業務委託と町営立体駐車場機器管理業務委託は、駐車料金を精算する機器の賃借と、その保守管理を加えた業務でありまして、24年4月の入札で契約を2本から1本にまとめましたので、3つの段にわたって記載してあります。委託の期間は、24年6月から29年5月までの5年間となります。限度額は補正前の2つの合計は2,510万7,000円でしたが、1本にまとめまして2,403万4,000円となり107万3,000円を減額するものでございます。

 次の戸籍システム運用管理サポート使用料は、住民課で使用しています戸籍システムについて、操作方法など運用上の質疑応答や法改正に伴う対応をするものです。戸籍システムが富士通のものであるため、サポート業者が1社に特定されるものですから、昨年11月に見積もり合わせを行い、24年12月から29年11月までの5年間の使用料が確定しましたので、限度額を2,647万7,000円から2,063万円に584万7,000円減額するものでございます。

 続いての4つの案件は、ともに年度当初から業務が始まるため、議会議決後の3月中に入札を実施したいので、追加をするものでございます。事項、期間、限度額欄を順に朗読をいたします。

 広報かんなみ印刷製本業務、平成25年度まで、313万9,000円。函南中学校生徒運送業務、平成25年度まで、983万8,000円。中央公民館清掃業務委託、平成25年度まで、590万1,000円。伊豆逓信病院敷地内遺跡発掘調査業務委託、平成25年度まで、1,845万9,000円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 第4表、地方債補正です。

 地方債の限度額合計を2億2,940万円増額いたしまして、15億1,360万円にしようとするものでございます。

 事項別明細で細部を説明いたします。

 15ページ、16ページをお願いいたします。

 歳入になります。

 目と節の名称、節の金額の順に朗読し、適宜説明を加えます。ただし、目と節が同一名称の場合は、説明書の朗読は省かせていただきます。

 1目個人、1節現年課税分3,100万円。収納率96.4%を見込むものでございます。

 なお、町税につきましては、全ての税目で12月末の調定額に前年度の実績や収納率を勘案いたしまして算出をしてございます。

 2目法人、1節現年課税分5,800万円の減額、収納率は99.4%を見込みましたが、地方税法の改正により中間申告制度が改められ、前年度予定納税していた大口の法人の予定納税がなかったことに加え、長引く景気低迷が影響をしていることで減額をするものでございます。

 1目固定資産税、1節現年課税分300万円、収納率95.6%と見込みます。

 1目軽自動車税、1節現年課税分200万円、収納率96.4%を見込んでおります。

 1目町たばこ税、1節現年課税分450万円、収納率100%でございます。

 1目都市計画税、1節現年課税分500万円の減額、収納率は98.1%と見込むものの、市街化区域の家屋が評価替えにより予想以上に下落したことが減額の要因でございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目利子割交付金200万円の減額、8月、12月の交付額が前年を下回っておりまして、県予算に倣って減額をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目配当割交付金400万円、8月、12月の交付額が平成21年度、22年度に近い数値となっておりまして、2カ年度の決算額を参考に推計をしたものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目自動車取得税交付金2,000万円、8月、12月の交付額は前年度を上回って交付されておりまして、県予算に倣いまして前年度決算額に12.8%を乗じて算出したものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目民生費負担金、1節保育料負担金264万8,000円、収納実績によるものでございます。2節留守家庭児童保育所入所料2万4,000円、滞納繰越分ということで23年度の滞納分が納付されたものでございます。4節三島函南広域行政組合負担金94万4,000円の減額、派遣職員の人事異動によるものでございます。

 2目衛生費負担金、1節三島函南広域行政組合負担金8万3,000円、6月の共済費の負担率アップによる補正増に連動するものでございます。

 3目農林水産業費負担金、1節林道事業負担金20万3,000円、その下の2節土地改良事業負担金19万8,000円、ともに対象事業費の減少によるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目総務使用料、1節駐車場使用料9万6,000円、単価が町内者よりも高い町外利用者の減少というものが要因でございます。2節財産使用料288万1,000円、これは東駿河湾環状道路の現場事務所ですとか、図書館等複合施設の現場事務所の土地の一時使用というものでございます。3節都市公園使用料5万8,000円の減額、柏谷公園の夜間使用料の減少でございます。

 4目農林水産業使用料、1節農村環境改善センター使用料2万1,000円の減額、使用実績によるものでございます。

 6目教育使用料、1節幼稚園使用料23万1,000円の減額、説明欄上段の幼稚園の授業料は園児の見込み数530人から実数で525人というもので減額でございます。その下の滞納分は滞納分の納付によるものでございます。2節社会教育使用料42万7,000円の減額、これは中央公民館の使用料と西部コミュニティセンターの使用料ともに利用者の減少によるものでございます。3節保健体育使用料68万2,000円の減額。卓球場とバスケットコートのライン塗り替えによりまして、一定期間の貸し出しができなかったことが主な減額の要因となります。

 1目総務手数料、1節戸籍手数料26万円の減額、その下の2節住民登録手数料46万5,000円、これらは最終見込みにより調整をするものでございます。3節事務手数料84万3,000円の減額、公図土地台帳手数料の減額と次のページのそれぞれの手数料の最終見込みにより調整をしたものでございます。

 3目衛生手数料15万円の減額、畜犬登録手数料、狂犬病予防注射済票交付手数料、12月調定数値とその後の見込みにより最終調整をするものでございます。

 5目土木手数料、1節都市計画手数料39万1,000円、開発行為等許可申請手数料、これは件数がともに開発行為と建築確認の申請がともに増加したものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目民生費国庫負担金、1節被用者児童手当費負担金1万6,000円の減額、支出見込み額の精査による調整でございます。その下2節児童保育費負担金1,005万8,000円、これは保育所運営費国庫負担金で、人数は減少をしておりますけれども、単価の高いゼロ歳から2歳児が多くなりまして、見込んでいました構成割合が変わったことにより増額となるものでございます。3節保険基盤安定負担金58万円の減額、交付決定通知により減額をするものでございます。4節心身福祉費負担金803万6,000円、支出見込み額の増減に連動するということで、2つの負担金が記載されております。5節被用者小学校修了前特例給付費負担金1万6,000円の減額と、その下6節非被用者小学校修了前特例給付費負担金2万円の減額は、ともに交付対象見込み者がいないことで皆減をするものでございます。7節子ども手当等国庫負担金1,164万9,000円の減額、子ども手当が児童手当にと制度が改正され、対象者数を9月補正で見込みましたけれども、見込み者数と支給実績者数の差が生じましたので最終調整をするものでございます。

 1目総務費国庫補助金、1節総務費補助金31万1,000円の減額、仁田駅前駐車・駐輪場の防犯カメラ設置工事と防犯灯設置工事の入札によりまして、執行額の減額によるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2目民生費国庫補助金、2節児童福祉費補助金7万3,000円の減額、これはこんにちは赤ちゃん事業の補助率が減額となったため減額をするものでございます。

 3目衛生費国庫補助金、1節浄化槽整備事業交付金110万2,000円の減額、合併処理浄化槽補助対象事業費の減額と、前年度に補助金を前倒しで受領しているため減額をするものでございます。2節疾病予防対策事業費等補助金1,599万6,000円の減額、上段の疾病予防対策事業費等補助金は、女性特有のがん検診事業の執行額精査による減額でございます。その下の子宮頸がん等ワクチン接種事業事業費補助金は、子宮頸がん予防ワクチン事業、ヒブワクチン接種事業、小児用肺炎球菌ワクチン接種事業の事業費精査と補助率が0.5から0.45に減少したことによる減額でございます。

 5目土木費国庫補助金、1節土木費補助金655万7,000円でございます。備考欄一番上の社会資本整備総合交付金の括弧の中、狭あい道路整備等促進事業、年度内に道路後退が完了しないということで、他の補助事業との調整による減額でございます。その下の括弧内の道路改良事業と河川改良事業、これはまちづくり交付金との調整によるものでございます。その下、地域の元気臨時交付金、括弧として地域経済活性化・雇用創出臨時交付金でございますけれども、政権交代によりまして国の緊急経済対策として投資的事業の前倒しの財源として出てきたものでございます。ただし、その内容の中で未契約繰り越しは認められないなど詳細なところが一部不明でございまして、町道の路面性状調査に充当するものですが、科目設定の金額としたものでございます。その下の防災安全交付金でございます。繰越明許でも出てまいりましたけれども、今年度の国庫補助事業の準備といたしまして、町道路面性状調査に係る補助金でございます。その下の都市計画課の社会資本整備総合交付金、地震対策等事業ですが、住宅建物アスベスト改修事業の調査事業がなかったことなどにより減額をするもの、それからその下の先導的官民連携支援事業補助金は、委託によります補助対象事業費が確定したことにより減額をするものでございます。2節公園事業費補助金1億4,560万円、これは上段の社会資本整備総合交付金のほうは、国の緊急経済対策によりまして事業費の前倒しを執行し、25年度オープンを目指すものでございます。その下の地域元気臨時交付金につきましては、先ほどのものと同じように、科目設定の額といたしました。4節住宅費補助金161万7,000円、これは冷川住宅の窓枠サッシ化工事の入札により、補助対象金額が減少したため減額をするものでございます。

 6目教育費国庫補助金、1節教育費補助金1億4,782万7,000円、これにつきましては主に2段目の地域の元気臨時交付金でございまして、これも10万円、これも先ほど同様科目設定の額といたしました。その下に学校施設環境改善交付金がございまして1億4,770万円とあります。東小学校の老朽化によりまして、大規模改修耐震化工事、太陽光発電、外トイレの整備を行う事業に充当をするものでございます。2節特別支援教育就学奨励費補助金56万9,000円の減額、特別支援教育就学援助費の申請額が見込みより少なかったため減額をするものでございまして、小学校分が28万3,000円の減額、中学校分が28万6,000円の減額となるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 3節社会教育費補助金161万5,000円、これはまちづくり交付金の事業費調整をするものでございます。

 1目総務費委託金、1節住民基本台帳費委託金37万1,000円の減額、主には備考欄一番上の外国人登録事務委託金で外国人登録法の廃止により減額をするもの。それから、その下の、この枠の中の一番下ですね。中長期滞留者住居地届出等事務委託金、住民基本台帳法の改正によりまして旧外国人に係る事務委託金を増額するものでございます。2節一般管理費委託金3,000円の減額、自衛官募集事務委託金の減額、確定通知による減額でございます。3節選挙費委託金817万4,000円の減額、昨年12月16日執行の選挙費の精査によるものでございます。

 2目民生費委託金、1節国民年金事務費委託金83万1,000円の減額、これにつきましては歳出の人件費や物件費に係る交付率の減少による減額でございます。2節児童福祉費委託金200万円の減額、制度改正によりまして24年度分の実績がないため、皆減をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目民生費県負担金、1節被用者児童手当負担金2,000円の減額、支出見込み額の精査によるものでございます。2節児童保育費負担金502万9,000円、これにつきましては、国庫負担金同様単価の高いゼロ歳から2歳児を多く見込んでいたということで増額になるものでございます。3節保険基盤安定負担金79万2,000円の減額、交付決定通知により減額をします。4節心身福祉費負担金401万8,000円、これらは上段の自立支援医療費県負担金は、支出見込みが減ということで連動して減額をし、その下の障害者自立支援給付費県負担金は、支出見込み額の増加により増額をするものでございます。5節被用者小学校修了前特例給付費負担金1万6,000円の減額と、その下6節非被用者小学校修了前特例給付費負担金2万円の減額は、ともに支給対象者の精査による減額でございます。7節子ども手当等県負担金266万4,000円の減額、国費同様見込み者と支給実績者との差を調整するものでございます。

 1目総務費県補助金、2節個人県民税保険年金特別返還金補助金36万円の減額、年金支払い型生命保険で相続時に相続税が課税され、毎年の年金受給時に所得税が賦課されるのは二重課税に当たり違法とも最高裁の判決によりまして、住民税の還付処理をするものでございます。住民税の中に含まれる県民税の相当額を県から交付されるものでございまして、支出見込額の精査により減額をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2目民生費県補助金、2節老人福祉費補助金9万6,000円の減額、老人クラブの補助金でございます。内示により減額をするものでございます。5節児童福祉費補助金225万8,000円、主なものは一番上段で地域子育て創生事業費補助金、支給制度変更に伴う子ども手当から児童手当へのシステムの改修に係るものでございまして、支出実績の精査によるものでございます。それから、一番下から2番目です。学校教育課のほうですが、放課後児童対策事業費補助金でございます。各留守家庭児童保育所の児童数の増加ということで増額となっております。その下、保育対策等促進事業、これにつきましても病児保育事業の人数の増加ということで増額となっております。

 3目衛生費県補助金、1節生活排水改善対策推進事業費補助金30万7,000円の減額、補助対象事業費の実績により減額をするものでございます。3節母子保健費補助金800万円、妊婦健康診査支援事業費補助金ということで、この補助金は時限的な基金事業の延長により交付されておりました。平成23年度で終了するということでありましたが、平成24年度に限り交付するということでございます。

 なお、今後は地方交付税に措置されるというようになりました。

 4目労働費県補助金、1節高齢者労働能力開発事業費補助金57万円の減額、シルバー人材センター運営費の補助金、県の補助制度廃止により皆減となるものでございます。2節緊急雇用創出事業臨時特例対策事業費補助金327万6,000円の減額、主には総務課の減額理由でございますが、東日本大震災被災者支援事業で年度中途で臨時職員の方が福島へ帰郷されたため減額をするというものでございます。その下の企画財政課の減額理由は、ラジオ放送のKーMIXの業務委託費の実績により減額をするもの。一番下の学校教育課の減額理由ですが、通学区域図作成業務委託の入札実績による減額でございます。

 5目農林水産業費県補助金、1節農業委員会補助金2,000円の減額、農業委員会交付金が交付確定による減額でございます。

 次のページをお願いいたします。

 あわせまして農地集積総合対策事業費補助金、これは科目設定をしておりましたけれども、該当する事業実績がないということで減額をするものでございます。2節農業振興事業補助金8万5,000円の減額、これは農業経営基盤強化資金利子助成事業費補助金の事業精査と、その下の環境保全型農業直接支援事業費補助金は、化学肥料や農薬の低減などに取り組む活動に対する補助金でございますが、これにつきましても事業費精査で減額をするものでございます。

 6目商工費県補助金、1節商工費補助金35万2,000円の減額、消費生活相談員設置事業費精査による減額でございます。

 7目土木費県補助金、1節土木費補助金の3,000円の減額、アスベスト除去に係る改修事業費の精査によるものでございます。2節土地利用規制等対策費交付金5,000円、国土法による土地取得など届け出件数の増加によるものでございます。

 8目消防費県補助金、1節消防費補助金88万8,000円の減額、これは大規模地震対策等総合支援事業費補助金で、消防ホースなどの入札差金や自主防災組織消防施設整備費補助金など補助対象事業の精査によるものでございます。2節地震対策補助金127万9,000円の減額、これにつきましても広域避難所用防災倉庫設置事業や非常用発電機の蓄電池交換修理など補助対象事業の精査による減額でございます。

 9目教育費県補助金、1節社会教育費補助金87万5,000円の減額でございますけれども、これにつきまして上段の放課後子どもプラン推進事業費補助金は、放課後子ども教室推進事業の補助交付決定による増額とその下につきましては、柏谷区と間宮区の公民館の地震対策改修事業費の精査による減額となっております。2節学校教育費補助金51万円の減額、上段の補助金は緊急地震速報受信システム整備事業費の精査による減額でございます。その下は東小学校耐震診断補強計画策定事業費の精査によるものでございます。3節文化財保護事業補助金3,000円の減額、桑原薬師堂にありました仏像群の保存修理費の精査によるものでございます。

 1目総務費補助金、次のページをお願いいたします。2節統計調査委託金49万7,000円の減、事業執行に伴いまして各調査事業委託金の最終調整を行うものでございます。4節選挙費委託金11万円、条例制定請求署名簿審査事務交付金ということで、実績報告による増額でございます。

 2目民生費委託金、3節介護認定審査委託金1万円の減額、対象審査件数減少見込みによるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2目利子及び配当金3万9,000円の増額でございます。基金積立金利子は、図書館建設基金の利息の補正でございます。出資配当金はエフエムみしま・かんなみの出資配当金でございます。

 1目不動産売払収入554万2,000円の減額、上段の不動産の売払収入の増額は、町有地4カ所の売却によるもの、下段管財課の不動産売払収入の減額につきましては、昨年12月12日に執行しました不動産の公売で、土地開発基金の所有地が予算額よりも少ない額で入札されたため減額をするものでございます。

 2目物品売払収入、1節地形図売払収入12万5,000円の減額、販売実績によりまして最終調整をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目民生費寄附金、1節心身障害者福祉費寄附金140万2,000円です。寄附金は民芸衆団奏鳴曲様、社会福祉法人三信福祉協会様、函南ゴルフ倶楽部様、匿名の方お1人からの寄附金でございます。

 4目教育費寄附金、1節社会教育費寄附金110万円は、パサディナの谷和子さんからの寄附金と文化協会よりクラシックコンサートの寄附金をいただいたものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 3目運動公園建設基金繰入金4,000万円でございます。事業費に充当する補助金や起債などを計算して算出したものでございます。

 8目町立学校建設基金繰入金7,800万円、東小学校の大規模改修に係る基金の繰入金でございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目衛生費徴収金、1節健康診査個人負担金52万5,000円の減額、大腸がんの検診の減額という形になります。

 3目滞納処分費27万9,000円の減額、公売手数料の実績に基づきまして減額をいたします。

 4目雑入4万3,000円の減。説明欄の主なものを申し上げます。総務課では上から3番目、全国町村会総合賠償補償保険金、事件や事故が少なくて賠償金の支出が少なかったため減額をするものでございます。総務課の一番下、市町村職員共済組合疾病予防対策事業助成金、メンタルヘルスチェック事業に対する助成金でございます。それから、管財課のところで公有自動車・建物等共済保険金、庁舎の車庫、役場のバスの前のシャッターが台風で壊れまして、その修理に係る保険金でございます。それから、福祉課でこども通院医療費助成事業等交付金、新規の事業として100万円交付されるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2節調整金1,000円の減額、科目設定をしておりましたが、見込みなしとして皆減をするものでございます。3節返還金1万3,000円でございます。これはグループホームつながりのスプリンクラー設置に係る補助金のうち消費税の仕入れ控除税額が補助金対象外のため返還されるというものでございます。

 5目過年度収入114万3,000円でございますが、これらは平成23年度実績に伴う増額となるものでございます。

 2目民生費受託事業収入、1節保育所受託事業収入517万5,000円、他市町村委託児保育所受託事業収入ということで、町内保育所への受託児童が見込みよりも多くなりまして増額をするものでございます。2節後期高齢者受託事業収入122万7,000円の減額、健康診査者数の減少による最終見込みで減額をするものでございます。

 3目衛生費受託事業収入、1節清掃費受託事業収入220万円でございます。伊豆の国市の焼却炉の緊急修理によるごみの受け入れでございます。

 4目教育費受託事業収入、1節埋蔵文化財発掘調査受託事業収入2,485万7,000円の減額、逓信病院の発掘で実績分による精算を行うため、全体を1工区と2工区に分けまして未執行分の精算による減額でございます。

 次のページをお願いいたします。

 3目土木債、1節公共事業等債2,120万円の減額、まちづくり交付金に充当する事業と活力基盤整備事業に係る事業費の調整による減額でございます。

 4目消防債、1節一般単独事業債10万円の減額、広域避難所用防災倉庫の入札差金による減額でございます。

 5目教育債、1節公共事業等債1,120万円の減額、これにつきましては事業に充当することを取りやめということで、起債を起こさないということで減額をするものでございます。2節教育福祉施設等整備事業債2億6,190万円、上段のものは東小学校大規模改修実施設計委託料の入札差金による減額でございまして、下段は国の緊急経済対策に対応して事業の前倒しをするということで、東小学校の大規模改修費に充当するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 歳出になります。

 これからのところにつきましては、偶数ページといいますか右側の事業の欄のところを中心に説明してまいります。

 56ページの議会運営事業59万7,000円の減額、人件費の調整と事業精査によるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 一般管理事務事業996万8,000円、人件費の調整と事業精査によるもので、特に3節職員手当の退職手当組合負担金は、職員の定年前退職による特別負担金が発生するため1,900万円余を増額するものでございます。8節の報償費の弁護士の謝礼は、訴訟等に係るものでございます。その下職員研修事業につきましては、財源組み替えということでございまして、雑入がございましたので財源組み替えをするものでございます。職員健康管理福利厚生事業38万9,000円の減額、事業費の精査によるものでございます。文書広報事務事業につきましても、財源組み替えということで、エフエムみしま・かんなみの配当金収入がありましたので財源を組み替えるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 財産管理事業185万7,000円の減額、入札執行による差金の減額が主なものでございます。公園管理事業50万2,000円の減額、これも入札差金など事業費精査による減額でございます。基金管理事業4,875万7,000円、これは財政調整基金への積み立てでございまして、一般会計全体の調整を図るということで新規に積み立てるものでございます。

 なお、年度末の残高は16億7,600万円余と見込んでおります。

 その下、交通安全対策事業100万円の減額、事業費精査によるものでございます。その下の電子計算事務事業215万1,000円の減額とIT推進事業も283万5,000円の減額となっておりますが、ともに入札差金など事業費の精査による減額でございます。

 次のページをお願いいたします。

 まちづくり事業で37万8,000円の減額、K−MIX入札差金による減額でございます。

 税務総務事務事業268万9,000円の減額、人件費の調整でございます。賦課徴収事務事業19万3,000円の減額、事業の精査による減額と13節委託料、滞納管理システム改修業務委託料63万円の増額につきましては、地方税法の改正によりまして滞納処分について督促日の明記や差し押さえの理由の提示が必要となりまして、システム改修が必要となるため増額をするものでございます。備品につきましては、滞納処分用のタイヤロックを購入するというものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 戸籍住民基本台帳事務事業496万6,000円の減額、人件費の調整と事業費精査による減額で、特に13節委託料は外国人の住民基本台帳法の適用によりまして、コンピューターの外字対応事業費を予算化しておりましたけれども、国からデータ配布があったため執行しなくても済んだということで減額をするものでございます。

 その下の選挙管理委員会事務事業は、県費と一般財源の財源組み替えでございます。

 その下、衆議院議員選挙事務事業は441万4,000円の減額で、選挙執行による精算をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 下段になりますけれども、統計調査事業49万7,000円の減額、工業統計調査や経済センサスなど事業執行による精査により、各種調査員などの報酬を減額するのが主なものでございます。

 1つ飛んで70ページをお願いいたします。

 70ページは、社会福祉総務事務事業で218万円の減額でございます。事業執行により人件費や物件費を減額するものですが、7節賃金は保健師の雇用でなかなか見つからなかったということで減額をするものでございます。

 国保国民年金事務事業は535万2,000円の減額、人件費の調整と国保会計の精査によるもので減額とするものですが、28節繰出金につきましては、出産・育児一時金が予算要求数よりも少なくなるということで減額をするものでございます。

 老人福祉事業189万1,000円の減額、11節需用費の印刷製本費は、福祉タクシー券を印刷するものでございます。

 ページをめくっていただきまして72ページの上段ですけれども、扶助費でございます。これらは事業費の精査により減額をするものでございます。介護保険事業751万円の減額、介護保険特別会計の保険給付費や地域支援事業費が減額となるため繰出金を減額するものでございます。

 後期高齢者医療事業96万5,000円の減額、事業精査によるものでございますが19節負担金の増額につきましては、前年度療養給付費の精算によるものでございます。

 老人いこいの家管理運営事業14万9,000円、電気料を増額するものでございます。

 心身障害者福祉事業2,419万7,000円の増額で、次のページをお願いいたします。11節需用費、印刷製本費は福祉タクシー券の印刷でございます。12節役務費の意見書作成手数料は、医師による意見書作成手数料代となります。それから、20節扶助費で障害者日常生活用具給付費108万2,000円の増額となっておりますが、直腸機能障害によるストマ装具等の増加により増額をするものでございます。それから、2つ飛ばしまして補装具交付費ということで330万円の増額となりますが、意思伝達装置ということで非常に金額が高額でございまして、それらの申請があったため増額をするものでございます。支援費の扶助は1,745万6,000円の増でございますが、サービスの単価アップとそのサービスの利用者数の増加ということが要因でございます。23節償還金でございますが、平成23年度実績によりまして自立支援給付費国庫負担金と県費負担金を償還するものでございます。このため増額をするものでございます。

 児童福祉事業731万1,000円の減額でございます。育児休暇に入る職員の人件費の調整と事業費の精査によるものでございます。主なものは委託料でございまして、事務事業の2つ目に乳幼児健康支援一時預かり事業委託料とございます。200万円の増加でございますが、利用人数が増加しているということで増額をするものでございます。それから、19節につきましては、補助金が増額となっておりまして、これは多様な保育推進事業費補助金で、たびたび出てまいりますけれども、単価の高いゼロ歳から2歳児の人数がふえたということで増額となるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 子育て支援事業19万5,000円の減額でございます。13節委託料のホームスタート事業の委託料は、訪問世帯の半減ということで減額をするもの、またこども医療費助成システムデータ入力業務委託料の増額につきましては、健康の管理電算システムにこども医療費のデータを加えることで、効率の高い処理ができるために増額をするというものでございます。

 それから、児童手当等給付事務事業1,636万5,000円の減額につきましては、支給実績による精査でございます。

 留守家庭児童保育所運営事業336万2,000円の減額は、事業費の精査によるものでございますが、7節の賃金は指導員2名の配置を予定しておりました丹那留守家庭児童保育所の児童数が少なくて、1名の雇用で済んだということでそれが主な減額の要因でございます。

 子ども手当等交付事務事業1億692万8,000円の減額でございます。子ども手当支給に伴う精算と扶助費の減額は、6月に児童手当をこの事業費から立て替え支出いたしました。9月補正で予算成立後に立て替え分を児童手当等給付事務事業に振り替えましたので、ここでこの金額を減額をするというものでございます。

 1ページ飛ばしまして80ページをお願いいたします。



○議長(杉村彰正君) 議事の中途ですが、ここで10分間休憩いたします。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉村彰正君) 休憩を解いて、会議を再開いたします。

                             (午前10時10分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉村彰正君) 総務部長。

          〔総務部長 室伏光男君登壇〕



◎総務部長(室伏光男君) では、80ページをお願いいたします。

 保健総務事務事業212万5,000円の減額、人件費の調整と事業費精査によるものでございます。保健福祉センター管理運営事業10万円、これはガス代、灯油代でございます。

 生活習慣病予防事業348万4,000円の減額、11節需用費の印刷製本は、25年度用の検診用紙を印刷するものでございます。委託料の減額は事業費の精査によるものでございます。

 予防接種事業、次のページをお願いいたします。

 委託料の中で細々節の金額を増減するものとなっております。母子保健事務事業は、財源組み替えでございます。

 環境衛生事務事業37万2,000円の減額、人件費の調整と事業費の精査によるものでございます。葬祭会館管理事務事業161万2,000円の減額、決算による繰越金の増額と管理経費の減額というものが要因でございます。

 環境保全事業6万2,000円の減額、契約の差金や太陽光発電の補助金の精査によるものでございます。

 温泉会館管理運営事業10万2,000円、次のページをお願いいたします。

 温泉スタンドの電気料を見込むものでございます。

 清掃総務事業事業22万2,000円の減額、人件費の調整が主なものでございます。環境美化事業26万1,000円の減額、廃棄物減量等推進委員などの活動費の精査や事業執行により契約差金を減額するものでございます。合併処理浄化槽普及事業161万6,000円の減額、事業費精査によるものでございます。

 し尿処理事業15万円の減額、その下一般廃棄物収集事業42万2,000円の減額、ともに事業費精査によるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 最終処分事業5,000円、これは電気代でございます。

 廃棄物処理施設管理運営事業688万2,000円の減額、これにつきましては需用費の中の消耗品ですが、焼却施設使用薬品代など精査による減額と、委託料の中の事務事業委託料で焼却残渣資源再生処理業務委託料につきましては、契約単価を減額できたため減額をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 雇用促進事務事業は財源組み替えでございます。県費補助金のシルバー人材センターの運営費が廃止されましたので、財源組み替えとなったものでございます。

 次のページをお願いいたします。90ページになります。

 農業委員会事務事業財源組み替えで、農業委員会補助金の減額によるものでございます。

 農業総務事務事業40万2,000円の減額、人件費の調整と有害鳥獣用の箱わなの購入残額を減額するものでございます。

 農業振興事業28万6,000円の減額、転作の確認に係る賃金や農業用廃プラスチック適正処理に係る補助金等の不用額を減額するものでございます。地域農政推進対策事業14万円の減額、これは利子助成金の精査ということで減額をするものでございます。

 町営土地改良事業12万4,000円の減額、農免農道や軽井沢ため池の草刈りによる不用額を減額するものでございます。排水機場管理事業は財源組み替えでございます。稲妻排水機場維持管理負担金の減額により財源組み替えとなるものでございます。農村環境改善センター管理運営事業12万8,000円は次のページをお願いいたします。需用費はガス代と電気代の増額でございまして、工事請負費はテレビの受信方法を有線からアンテナ受信に変更するものでございます。農業集落排水事業特別会計繰出事業11万8,000円の減額は、特別会計の事業費精査によるものでございます。

 林業振興事業50万9,000円の減額は、事業費の精査によるものでございます。

 次のページをお願いいたします。94ページです。

 商工振興対策事業75万5,000円の減額でございます。消費生活相談員や函南富士見そばのPRなど事業費精査によるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 土木一般管理事業37万7,000円の増額、人件費の調整とエメラルドタウン内の寄附されました道路に係る台帳を整備するものでございます。

 道路維持補修事業3万6,000円の減額、事業費精査によるものでございます。

 国庫補助道路新設改良事業2,750万円、これにつきましては委託料で物件調査委託料の2,000万円がありますけれども、町道の路面性状調査をいたしまして、次年度以降の国庫補助金を得るための準備費用となるものでございます。15節工事請負費は町道2−18号線に係るものでございます。それと22節物件補償でございますが、町道2−23号線の水道補償ということで増額をするものでございます。町単独道路新設改良事業52万3,000円の減額でございます。主なものは19節急傾斜地崩壊対策事業負担金ということで、県が行います町内の急傾斜地崩壊防止工事費がふえたことによります町の負担金分を増額するものでございます。それから、22節物件補償は、先ほど言いました町道2−23号線の水道補償として国庫補助道路新設改良事業へ組み替えたものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 河川改良事業3万7,000円、大洞川のバイパス協議などの精査によるものでございます。

 都市計画事務事業21万5,000円、人件費の調整と委託料は開発行為の申請が増加したためのもの、補助金の減額は事業費の精査によるものでございます。

 公園整備事業2億9,200万円、国の補正に対応し来年のオープンを目指しまして整備を進めるものでございます。

 街路整備事業41万9,000円、県道の改良工事費の増額による地元の負担金となるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 下水道事業会計繰出事業1,335万6,000円の減額、特別会計の事業費精査によるものでございます。

 町営住宅管理事業200万円の減額、冷川住宅の開口部改修工事の入札差金によるものでございます。

 次のページ、102ページをお願いいたします。

 非常備消防事業28万円の減額、事業費精査と消火栓設置要望によるものでございます。

 災害対策事業236万4,000円の減額、医薬品の購入や非常用発電機の保守管理業務の委託など入札差金を減額するものが主な要因でございます。東日本大震災被災者支援事業92万円の減額、福島から避難されていました被災者の方が帰郷をされたため減額をするというものでございます。

 次のページをお願いいたします。104ページになります。

 事務局事務事業67万8,000円の減額、新年度業務の準備、年度中途での職員の人事異動による人件費を調整、委託料は入札差金による減額でございます。

 小学校管理事業4億9,187万4,000円、3節、4節は人件費の調整、11節光熱水費は電気代の増額、それと13節設計監理でございますけれども、小学校設計監理業務委託の減額は入札差金の減額、その下の小学校施工監理業務委託は、東小大規模改修工事に係るもので、工事費とともに繰り越しをするものでございます。それから15節工事請負費ですけれども、函南小学校の保健室のシャワーの改修工事と東小学校の大規模改修工事費に係るものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 小学校教育振興事業は、国庫補助金と一般財源の財源組み替えとなります。

 中学校管理事業436万円の減額、人件費の調整と11節需用費のうち燃料費はガス代、光熱水道費は水道代と電気代の減額、修繕料は函南中学校の南側の防球ネットの修理をするもので、その他事業費の精査により減額をするものでございます。

 続きまして、中学校教育振興事業77万円の減額、事業費精査により減額するものですが、補助金の増額につきましては部活動振興費の補助金ですけれども、新人戦で勝ち上がったということで上位の大会への出張が多くなるということで増額をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 幼稚園管理運営事業397万9,000円の減額、人件費の調整と7節賃金の減額は、支援が必要な園児の成長により支援教諭の雇用が少なくて済んだことによるものでございます。修繕料につきましては、二葉幼稚園の給食調理室の給湯器等を修理するものでございます。

 その下、社会教育総務事務事業63万5,000円の減額、人件費の調整でございます。コミュニティ推進事業547万6,000円の減額、これは事業費の精査によるものでございますが、19節コミュニティ施設整備費補助金は公民館改修事業の実績報告によるものでございます。

 公民館運営事業120万円の減額は、契約差金を減額するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 生涯学習推進事業と文化財補助事業は、財源組み替えとなるものでございます。文化財調査事業2,440万3,000円の減額、伊豆逓信病院敷地遺跡発掘調査で本年度工事分の積算見込みによりまして減額をするものでございます。

 図書館等建設事業841万8,000円の減額、図書館建設に伴う各種契約差金精査による減額でございます。図書館建設基金管理事業100万円の増額、寄附金を新規に積み立てるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 仏の里美術館管理運営事業130万4,000円の減額、事業精査による減額で、特に太陽光発電による電気代が節約されたものでございます。

 社会体育総務事務事業16万2,000円の減額、人件費の調整でございます。

 体育施設管理事業35万7,000円の減額、丹那小学校夜間照明器具改修など事業執行による契約差金を減額するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 起債元金償還事業56万7,000円、平成13年度の臨時財政対策債減収補填債が10年の利率見直し方式での借り入れでありまして、本年度利率が1.4%から0.6%に下がったものですが、この起債の償還が元利均等償還という方法でありまして、計算し直したところ元金の金額は従前よりも多くなったというものでございます。

 その下、起債利子償還事業1,166万円の減額、13年度起債の借入利率の見直しによる減額と23年度借入債の利率の確定による精算でございます。

 次のページをお願いいたします。

 普通財産取得事業1,044万5,000円の減額です。土地開発基金の土地の公売ができましたけれども、予算で見積もりました額に至りませんでしたので減額をするものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議をお願いいたします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 私からは4点ほど伺いたいと思います。

 まず最初に、町民税のことなんですけれども、先ほど詳しく説明していただきましたけれども、特に町民税の中で個人町民税と法人税のほうで、個人の部分と法人の部分なんですけれども、個人のほうで言いますと収納率を96.4%ということで掲げているようですけれども、この収納率はそこにするまでに大丈夫なのかということが少しあるんですけれども、その辺について伺います。特に個人の場合は予算のときには前年度から比べますと5,100万円ほど減らした中で、今度はここで3,100万円追加ということになりますので、どういうふうな状況なのかということで伺います。

 それから、法人の部分につきましては、ここにつきましては先ほどの説明では地方税が改正されて大口法人の予定納税がなかったというふうな説明でしたけれども、ここにつきましても前年度対比しますと低く見積もりましたけれども、なおかつここでまた減らすわけですからかなり税制が変わったと言いながらも、ちょっと見積もりが甘かったのではないかというふうな形がありますので、その辺の見解を説明していただきたいというふうに思います。

 それから、もう一つ32ページの地域の元気臨時交付金ということで、先ほど科目設定のみということで説明がありました。土木の部分、公園事業について、あと教育のほうでありましたけれども、科目設定ということですから今後、この交付金を利用してということになると思うんですけれども、どんな事業をそれぞれのところで考えることができるのか伺います。国のほうで1.4兆円ほどのこの交付金の財源を与えていますけれども、どうなるかということで。

 それから、52ページの他市町村の児童保育所の受託ですけれども、これは予算規模からすると結構多くなりました。先ほども説明では見込みより多くなったという話ですけれども、何人くらいふえたのか伺います。

 それから、58ページの顧問弁護士の44万円の増ですけれども、先ほど説明では訴訟に係るものということでしたけれども、もう少し詳しく説明をお願いします。

 もう1点、最後ですけれども、留守家庭児童保育所の人件費ですけれども、丹那1名の雇用で済んだということで減額したわけですけれども、1名で安全が守られるのかということもありますので、その対応なんかはどうなのかということで伺います。

 以上です。



○議長(杉村彰正君) 税務課長。



◎税務課長(牧野智君) ご質問の町民税個人町民税につきましては、23年度の収納率96.33%ございまして、97%ということで見込んでおるところでございますけれども、今回、現年分の収納率につきましては、12月で比較しますと若干下がっております。これにつきましては、3人以上の事業所の特別徴収への移行というところが、納期が4月、5月に延びておるというところでございます。

 それから、3,100万円の増額でございますけれども、こちらにつきましては年少扶養、16歳未満の控除の廃止が平成23年1月1日から実施されているということで、これが平成24年に影響が出てきまして、控除廃止に伴う増額というところで見込んでおります。

 それから、法人税につきましては、先ほど申しましたように大型企業のほうの減額が非常に影響しているというところで、また、24年度中につきましては4月、5月、6月につきまして、また10月につきましても申告納付等が減少しておりまして、非常に予測が困難であるという状況で、今回また大きな企業の減額がございましたので、今回5,800万円の減額を見込んで計上させていただいたところでございます。

 以上です。



○議長(杉村彰正君) 総務部長。



◎総務部長(室伏光男君) 地域の元気臨時交付金の充当する事業ということのお尋ねでございますけれども、内容につきましては町道の路面性状調査業務と運動公園の整備、東小学校の大規模改修に充てるというものでございます。これは政権がかわりまして投資的な事業を推進するという中で、その投資的な事業を行うに当たっては、当然地元の負担金が出てまいりまして、その負担金を補填するという形の中で制度が出てきたというように伺っております。しかしながら、出てきたばっかりでその内容が一部不明確なところもありまして、科目設定という中で3つの事業にそれぞれ10万円で合計30万円を科目設定したものでございます。

 以上でございます。



○議長(杉村彰正君) 教育次長。



◎教育次長(高橋宗弘君) ここには手元に資料がないんでございますけれども、一応受託事業収入でございますけれども、当初530人で約2,000万円を見込んでおりましたけれども、3月までの見込みと現在の実績の差額分を計上いたしました。

 以上でございます。

 人数のほうにつきましては、ちょっと手元に資料がございませんので、よろしくお願いします。



○議長(杉村彰正君) 総務課長。



◎総務課長(高橋憲行君) 訴訟を2件受けておりまして、その内容も顧問弁護士料と静岡裁判所までの出張等の旅費になります。

 以上です。



○議長(杉村彰正君) 教育次長。



◎教育次長(高橋宗弘君) 丹那の指導員が今1人で対応してございます。定員は20人なんでございますけれども4人、それからちょっと3年生以上の子が1人おりまして4人から6人の児童でございまして、そのくらいの児童ですと1人で十分対応できるというふうに、安全も確保できますと。というのは、一緒に行動しております。低学年、高学年がばらばらではなくて全て一緒に行動するようにしております。

 以上でございます。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑はありませんか。

 9番、加藤議員。



◆9番(加藤常夫君) 私からは3点ほどお願いします。

 まず、60ページですけれども、管財課の関係の12節役務費ですが、森林国営保険料これが61万円減額になっておりますけれども、これについてのもう少し詳細をお願いしたいと思います。

 それから、2点目ですが102ページの非常備消防事業ですが、消防団員の報酬191人の報酬が42万6,000円減額になっておりますが、42万6,000円という数字ですとかなりの人数が見込み違いというような形だと思いますがこれについてと、それからもう一つは、ページは幾つにもわたっておりますが、東小学校の大規模改修事業ですかそれについて伺いたいんですが、平成24年度の予算にはありませんでした。当然ここのところで事業前倒しというような形で執行されるようですけれども、ここで事業前倒しの形で執行するに至る経緯を、もう少し詳しくお願いしたいと思います。

 以上、3点お願いします。



○議長(杉村彰正君) 管財課長。



◎管財課長(山下雅彦君) 森林国営保険料の件について、ご説明いたします。

 これは、23年度にそれ以前農林商工課のほうでもって担当をしていたものを、うちのほうに所管替えになりまして、そのときに23年度に予算計上しまして毎年という形で受けておりましたものが、これ実は隔年ということでここで減額させていただきます。

 以上です。



○議長(杉村彰正君) 総務課長。



◎総務課長(高橋憲行君) 消防団員の報酬の関係でございますけれども、消防団員の欠員が出ております。約20名ほどの欠員が出ておりますもので、その分の報酬が減ったということでございます。

 以上です。



○議長(杉村彰正君) 副町長。



◎副町長(佐口則保君) 東小学校の大規模改修ですけれども、当初は当然新年度予算ということで考えておりましたけれども、国のほうの予算編成、新年度の予算編成もおくれているというふうなことがありまして、この事業が確実に補助対象になるかどうかというのも1つの懸念材料としてあったと。そういう中で、今回の大型補正が出てきた中で、いち早く手を挙げさせていただいて、文科省のほうとの交渉の中で何とか大丈夫だろうというふうな判断のもとに、前倒しをすることによって4月早々の契約ができるかなということで、そうすれば工期も十分楽にとれるというふうな判断で前倒しをしたというものであります。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑はありませんか。

 13番、長澤議員。



◆13番(長澤務君) 1点お尋ねをしたいと思います。

 76ページの子育て支援事業の中で、ホームスタート事業の委託料が99万5,000円減額になっております。これは実際にこの活動は始まったばかりだというふうに思いますが、実績のほうはどのようになっているのかお答えをいただきたいと思います。



○議長(杉村彰正君) 福祉課長。



◎福祉課長(露木章君) ホームスタート事業につきましては、本年の中途から開始されたわけでございますけれども、実際に利用された方が全部で4名の方が利用されております。それによって事業が縮小をしているということもあります。そしてもう一つ、事業の中にオーガナイザーをもう1人ここで育成しようということで事業の計画を立てたわけですけれども、その対象者がまだ見つからないということもございまして、その分の事業縮小ということになったものでございます。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑はありませんか。

 11番、高橋議員。



◆11番(高橋好彦君) 民生費の関係で74ページでございますけれども、20節の扶助費で支援費扶助の関係で先ほどの総務部長の説明ですと、サービスのアップとかあるいは利用者の増加ということですけれども、この3月補正に来て1,740万円という金額は余りにも大きいのではないかというふうなことで、もう少し具体的にこの件についてご答弁願いたいと思います。



○議長(杉村彰正君) 福祉課長。



◎福祉課長(露木章君) 支援費扶助1,745万6,000円でございますけれども、これについては生活介護ほか17のサービスがございまして、その中で本年度利用される方がふえているということもございまして、金額がのしているものでございます。利用者は200名程度でございますけれども、延べでは月に300人程度の延べ人数で推移してございます。月に直しますと、大体毎月3,000万円程度の金額が、今現在用意しているところでございます。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は、討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議案第26号 平成24年度函南町一般会計補正予算(第4号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第27号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第2、議案第27号 平成24年度函南町土地取得特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第27号について説明をいたします。

 議案第27号は、平成24年度函南町土地取得特別会計補正予算(第2号)であり、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,044万5,000円を減額し、歳入歳出それぞれ1億3,532万5,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 企画財政課長。

          〔企画財政課長 西川富美雄君登壇〕



◎企画財政課長(西川富美雄君) それでは、議案第27号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第27号 平成24年度函南町土地取得特別会計補正予算(第2号)。

 平成24年度函南町の土地取得特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,044万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億3,532万5,000円とする。

 2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 次のページをお願いいたします。

 第1表の歳入歳出予算補正でございます。

 まず歳入でございます。

 1款財産収入、1項財産売払収入、歳入合計、ともに同額で、補正前の額1億4,577万円から1,044万5,000円を減額して、1億3,532万5,000円といたします。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、歳出合計ともに増額で、補正前の額1億4,577万円から1,044万5,000円を減額して1億3,532万5,000円といたします。

 次に、事項別明細でございます。

 7ページ、8ページをお願いいたします。

 まず、歳入でございます。

 1目の不動産売払収入でございます。1,044万5,000円の減額、こちらは一部一般会計のほうでも説明がございましたが、東駿河湾環状道路の代替用地として仁田字樋場、それから仁田字橋之前の2筆の土地を平成24年12月12日公売いたしまして売り払いました。それが予定した価格よりも安価であったため減額をするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 9ページ、10ページでございます。

 歳出でございます。

 売り払いにかかります代金ですが、安価になった1,044万5,000円ですが、減額して基金に積み立てるものでございます。平成24年度末の予定の基金残高でございますが、4億306万6,619円を予定しているところでございます。

 以上で細部説明を終了いたします。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) これは今、説明ですと2筆ということですけれども、これは買った人にとってみれば安くなったからいいわけですけれども、町として簿価というのがあると思うんですけれども、簿価に対してそれが損失なのかどうかということでちょっと伺いたいと思います。



○議長(杉村彰正君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(西川富美雄君) 2筆、2件の土地でございますけれども、仁田字樋場のほうでございますが、こちらのほうの取得価格が7,359万2,000円、売り払いの額が6,601万円でございます。

 それから、仁田字橋之前のほうでございますが、取得価格が4,827万円、今回の売り払いの額が3,451万4,555円ですので、取得価格に比べて安価であったということでございます。

 以上です。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議案第27号 平成24年度函南町土地取得特別会計補正予算(第2号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第28号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第3、議案第28号 平成24年度函南町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第28号について説明をいたします。

 議案第28号は、平成24年度函南町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)であり、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億7,630万6,000円を減額し、歳入歳出それぞれ45億3,506万5,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 住民課長。

          〔住民課長 矢野正博君登壇〕



◎住民課長(矢野正博君) それでは、議案第28号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第28号 平成24年度函南町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)。

 平成24年度函南町の国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億7,630万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ45億3,506万5,000円とする。

 2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 2ページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算補正の歳入でございます。款、項、補正額の順に朗読いたします。

 1款国民健康保険税、1項国民健康保険税、ともに同額で572万9,000円追加。

 3款国庫支出金を1億9,405万4,000円減額、1項国庫負担金を1億7,442万円減額、2項国庫補助金を1,963万4,000円減額。

 4款療養給付費交付金を3,820万5,000円減額、1項療養給付費交付金を4,546万3,000円減額、2項前期高齢者交付金を725万8,000円追加。

 5款県支出金、1項県補助金、ともに同額で4,356万4,000円追加いたします。

 6款共同事業交付金、1項共同事業交付金、ともに同額で126万2,000円追加。

 7款繰入金、1項他会計繰入金、ともに同額で522万3,000円減額。

 9款諸収入を1,062万1,000円追加。1項延滞金及び過料を311万円追加、2項雑入を751万1,000円追加いたします。

 歳入合計は、補正前の金額47億1,137万1,000円から、補正額1億7,630万6,000円を減額し45億3,506万5,000円とするものでございます。

 右のページをお願いいたします。

 歳出でございます。款、項、補正額の順に朗読いたします。

 1款総務費を264万5,000円減額、1項総務管理費を207万9,000円減額、2項徴税費を10万1,000円減額、3項運営協議会費を16万5,000円減額、4項趣旨普及費を30万円減額いたします。

 2款保険給付費を9,602万8,000円減額、1項療養諸費を1億1,456万6,000円減額、2項高額療養費を2,697万8,000円追加、4項出産育児諸費を714万円減額、5項葬祭諸費を130万円減額いたします。

 3款老人保健等拠出金を63万2,000円減額、1項後期高齢者支援金を9,000円減額し、2項後期高齢者納付金を62万3,000円減額いたします。

 4款介護納付金、1項介護納付金はともに補正額はゼロでございます。

 5款共同事業拠出金、1項共同事業拠出金、ともに同額で4,453万4,000円減額。

 6款保健事業費、1項保健事業費、ともに同額で3,698万円減額。

 次のページをお願いいたします。

 9款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、ともに同額で451万3,000円を追加いたします。

 歳出合計は、補正前の額47億1,137万1,000円から、補正額1億7,630万6,000円を減額し45億3,506万5,000円とするものでございます。

 次に、8ページ、9ページをお願いいたします。

 歳入でございます。目と節の名称、節の金額の順に朗読いたします。

 1目一般被保険者国民健康保険税です。国民健康保険税全体では徴収強化や納付回収の増加等により、一般会計と合わせて572万9,000円の増を見込み補正しております。国保税は国保被保険者に係る医療費のほか後期高齢者医療支援分と介護保険納付分を1保険者として負担しております。それぞれの負担を賄う保険税を算出しているものでございます。

 一般被保険者分で444万1,000円の減額で、内訳としましては一般現年分で3,833万4,000円の減額を見込み、滞納分として3,389万3,000円の収納増を見込むものです。1節一般医療給付費現年課税分9,643万8,000円の追加、2節一般医療給付費滞納繰越分1,430万7,000円の追加、3節一般後期高齢者支援金等現年課税分9,404万2,000円の減額、4節一般後期高齢者支援金等滞納繰越分1,271万1,000円の追加、5節一般介護納付金現年課税分4,073万円の減額、6節一般介護納付金滞納繰越分687万5,000円を増額するものでございます。

 2目退職被保険者等国民健康保険税で、退職被保険者分は1,017万円の増額を見込むものです。内訳としましては、現年分で745万円、滞納繰越分で272万円の増額を見込むものでございます。1節退職医療給付費現年課税分2,246万2,000円、2節退職医療給付費滞納繰越分148万8,000円、3節退職後期高齢者支援金等現年課税分623万9,000円の減額、4節退職後期高齢者支援金等滞納繰越分62万8,000円の追加、5節退職介護納付金、現年課税分877万3,000円の減額。

 次のページをお願いいたします。

 6節退職介護納付金滞納繰越分60万4,000円を増額するものでございます。

 次に、12ページ、13ページをお願いいたします。

 2目療養給付費等負担金、1節現年度分で1億7,442万円の減額でございます。療養給付費負担金は、一般被保険者に係る医療費と後期高齢者支援分、介護納付分に対して定率で交付を受けるものでございますが、医療費や高額支援分の減額と交付率の引き下げによりまして減額するものでございます。

 1目財政調整交付金、1節普通調整交付金1,963万5,000円の減額です。医療給付費負担金の7%相当分を支給されるものでございますが、当初からの医療費見込みの減少により減額するものでございます。

 5目円滑運営補助金、1節円滑運営補助金1,000円です。これは70歳以上の被保険者の一部負担金減額措置に対する国からの補助を見込むものでございます。

 次に、14ページ、15ページをお願いいたします。

 1目療養給付費交付金、1節現年度分4,546万3,000円の減額です。退職被保険者に係る医療費と保険税収入額と差額を交付されるものですが、主に医療費減額により交付額の減額を見込むものでございます。

 次の1目前期高齢者交付金、1節現年度分725万8,000円の追加。前期高齢者に係る医療費分による追加交付の通知を受け、補正するものでございます。

 次に、16ページ、17ページをお願いいたします。

 2目県調整交付金、1節普通調整交付金で4,226万1,000円、これは国庫負担金である療養給付費負担金の交付率の引き下げ分を、県調整交付金として交付を受けるため増額するものでございます。2節特別調整交付金130万3,000円、これはレセプト点検関連の事業成果による交付を見込んだものでございます。

 次に、18ページ、19ページをお願いいたします。

 1目高額医療費共同事業交付金、1節高額医療費共同事業交付金3,256万9,000円で、高額医療費に係る医療費の増加による見込みでございます。

 2目保険財政共同安定化事業交付金、1節保険財政共同安定化事業交付金3,130万7,000円の減額です。これは県全体で対象医療費が増えている中で、当町の医療費の伸びが低かったことによるものでございます。

 次に、20ページ、21ページをお願いいたします。

 1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定繰入金93万7,000円で、軽減世帯の確定により軽減税額及び支援金額が確定しましたので補正するものでございます。2節財政安定化支援事業繰入金616万円の減額でございます。当初の出産件数に対し件数が減少するとの見込みが立ったため減額するものでございます。

 次に、22、23ページをお願いいたします。

 1目一般被保険者延滞金、1節延滞金311万円、これは収納実績によるものでございます。

 その下の2目一般被保険者第三者納付金、1節第三者納付金751万1,000円、これも第三者収納実績によるものでございます。

 次に、24、25ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 25ページの説明欄をご覧ください。

 一般管理事業207万9,000円減額いたします。主なものは共済費では保険料率の改定により1,000円の増、広域化連携会議の研修等により旅費を1万1,000円の増、委託料では限度額認定証関連システムを予定しておりましたが、連合会での処理が可能になったため204万円を減額するものでございます。

 次に、賦課徴収事務事業で10万1,000円減額いたします。口座振り替え件数の精査によるものでございます。

 次に、国保運営協議会活動事業で16万5,000円減額いたします。協議会の開催日数の減少により減額するものでございます。

 次に、趣旨普及事業で趣旨普及用冊子が安価で購入できたため30万円減額するものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 右ページで一般被保険者療養給付事業、一般被保険者に係る医療費が当初予定していたものよりも伸びなく、低く抑えられたため7,566万円減額いたします。当初の医療費の伸び率を8.7%ほど見込んでおりましたが、これはかなり低く推移したということでございます。

 次に、退職被保険者等療養給付事業で一般被保険者同様、当初想定したほど医療費の伸びがなかったということでございます。4,000万円の減額をいたします。一般被保険者療養費支給事業で130万円増額いたします。これは柔整に係る費用、件数の増加によるものでございます。

 退職被保険者等療養費支給事業55万円減額いたします。退職被保険者の減少により医療費の減少を見込むものでございます。

 審査支払手数料支給事務事業は、診療件数の増加により35万円増額をいたします。

 次のページをお願いいたします。

 右ページ、一般被保険者高額療養費支給事業で2,508万3,000円増額いたします。当初見込み額に対し高額については高い伸びとなったということで増額するものでございます。

 次に、退職被保険者等高額療養費支給事業で189万5,000円増額いたします。これも一般被保険者同様、高額については一般医療に比べて当初の伸び率を超え、医療費の支出が見込まれるため増額するものでございます。

 次に、出産育児一時金支給事業で714万円減額いたします。当初出産件数を月7人程度と見込んでおりましたが、現在まで月5人程度ということで推移しているため減額するものでございます。

 次に、葬祭費支給事業130万円減額いたします。これにつきましても当初申請件数を月8人と見込んでおりましたが、実際には5人弱ということで推移しているため減額するものでございます。

 次に、30、31ページをお願いいたします。

 後期高齢者医療費支援金事業は、財源組み替えでございます。次に、後期高齢者事務費支援金事業で、支援金事務費の確定通知により9,000円減額いたします。

 前期高齢者納付金事業で、納付金の確定通知により、これも62万3,000円減額いたします。

 次に、32、33ページをお願いいたします。

 介護納付金事業でございます。これは財源組み替えになります。

 34、35ページをお願いいたします。

 高額医療費共同事業で1,593万5,000円減額いたします。平成24年度高額共同事業拠出金額の確定額によるものでございます。

 次に、保険財政共同安定化事業で2,859万9,000円減額いたします。高額の共同事業同様平成24年度の拠出額の確定によるものでございます。

 次に、36、37ページをお願いいたします。

 保健衛生普及事業で3,718万円減額いたします。主に特定健診受診率を当初の目標値から実際の実施件数の数値に変えることにより減額するものでございます。

 疾病予防事業は、受診見込み者数により20万円増額をいたします。これは人間ドックの受診料に対する補助金でございます。

 38ページ、39ページをお願いいたします。

 一般被保険者保険税還付事業で430万円減額いたします。これは還付金支給状況により減額を見込むものでございます。退職被保険者等保険税還付事業で48万円減額いたします。一般分と同様支払実績により減額を見込むものでございます。償還事業で929万3,000円増額いたします。これは平成23年度療養給付費等交付金として交付を受けた分から、精算確定により返還する分が生じましたので、それのため増額するものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 歳入のほうで一般被保険者の国民健康保険税が、医療費の部分につきましては多額な増になります。ほかの後期高齢者と介護のほうにつきましては逆に減になるわけですけれども、この辺をちょっともう少し説明をお願いいたします。

 それから、支出のほうの療養諸費のほうですけれども、今回1億1,456万6,000円ということですけれども、先ほど説明ですと一般被保険者と退職のほうで8.7%の見込みで、低く推移したというお話でしたけれども、8.7%の見込みが高過ぎたのか、少しその辺今現在低くということでパーセントはおっしゃいませんでしたけれどもどのくらいなのか、もし出ているようでしたら教えていただきたいというふうに思います。



○議長(杉村彰正君) 住民課長。



◎住民課長(矢野正博君) まず、歳入のほうですけれども、国保税の算定に当たりまして、当然医療費というか、歳出のほうから見込みます。歳出に当たっては医療費、それから後期高齢者の支援金、それから介護への納付金等が主なものでございますが、それに対する国の補助金、それから被用者保険からの支払基金を通しての交付金等がございまして、それらを差し引いた分を国保税として算定してございます。総額では、先ほど説明させていただきましたけれども、一般退職と合わせて572万円ほどの増額を見込んでいるわけですけれども、今、議員が言われたように医療費、それから介護分、それから後期高齢者分と入り込みが大分あるという中につきましては、当初の見込みのときに当然さっき言った医療分、それから介護分、それから後期高齢者の支援分という支出を見込み、それに対する国の補助金、それから支払基金等からの補助金等を差し引いた残りを、税としてカウントして計上させていただいているんですけれども、当初計上するときにそのほかに、議員もご存じだと思いますけれども町からの繰入金とか、あと税についても当然滞納繰越分とか収入がございますが、その辺の見込みがさきに後期と介護の保険料を算定するときにうまく入っていなかったというような状況で、今回ちょっと大幅な入り込みになりますけれども、補正をさせていただくということでございます。

 あと、医療費につきまして、一応見込み額、年度当初におきまして当然過去の伸び率から推測するわけでございますが、年度当初については先ほど言いましたように8.7%ほどの伸びを見ておりました。実際には当初これを1人当たりの医療費に変えますと23万7,000円くらいの金額で見込んでおりましたが、現状ではその金額が1人当たり約2万円ほど下がりまして21万4,000円程度の金額で推移しているということで、減額させていただくものでございます。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑ありませんか。

 12番、服部議員。



◆12番(服部堅二君) 全体的には療養費が下がっているというのは、非常に国保財政にとってはいいことなんですけれども、ちょっとまず歳入のほうで13ページの国庫の現年分が1億7,400万円になるので、先ほど交付率が下がったということがありましたけれども、この具体的な数字を教えていただきたい。

 それから、19ページに先ほどに関連しているんですけれども、例の安定化事業交付金が県の医療費よりも町の医療費が少ないからとおっしゃいましたけれども、どの程度低くてこの算定になったのか。

 それから、歳出なんですけれども、これも毎年なんですが37ページです。例の特定健診なんですね。これは当然なんですけれども、特定健診率が65%で来るわけなんだけれども、実際にこれ今年も見たら半分以上を返さなければいかんということですね。だから、ということは特定健診率を結局今年もどれくらいなのか、具体的な数字を教えていただきたい。

 以上です。



○議長(杉村彰正君) 住民課長。



◎住民課長(矢野正博君) まず最初に、交付率でございますが、国の療養給付費に対する交付率というのが昨年まで、23年度までは34%でございました。それが2%下がりまして32%に落ちております。24年度からこの率ということになります。これにつきましては、その部分も県の調整交付金のほうへ振り替えるというような形で今年度は処理がされております。

 あと、保険財政共同安定化事業でございますが、この事業につきましては今年度につきましては30万円から80万円の高額療養費を対象に県の保険者が拠出しまして、そのかかりぐあいに応じて交付を受けるという形になります。原子は各市町の拠出金でございます。その状況に応じまして県下の中で比べた中で、そこにかかる医療費が少ない場合は拠出金のほうが多くなるということでございます。当初、保険財政共同安定化事業では、拠出金、それから交付金を同額に見込んでおりましたが、今年度はそこにかかる医療費が少なかったということで、拠出金オーバーというような見込みで立てたものでございます。

 最後の特定健診でございますが、当初予算におきまして、当然議員ご存じだと思いますけれども、目標の受診率がございまして、それに目指して予算等も組ませていただいておりますが、実際の受診率はなかなか当然目標値には届かないような数値で動いております。何年間実際行っているわけですが、現時点、一番今年度の状況につきましては従来の医療機関での受診のほかに集団健診等も今年は取り入れて行いました。それから、当然各地区に出向いてその辺の喚起も行っております。現時点で一応受診率、まだ概算数字でございますが、33.4%でございます。

 以上です。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより、議案第28号 平成24年度函南町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の件を、挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第29号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第4、議案第29号 平成24年度函南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第29号について説明をいたします。

 議案第29号は、平成24年度函南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)であり、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,061万4,000円を減額し、歳入歳出それぞれ3億2,427万9,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 住民課長。

          〔住民課長 矢野正博君登壇〕



◎住民課長(矢野正博君) それでは、議案第29号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第29号 平成24年度函南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)。

 平成24年度函南町の後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,061万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億2,427万9,000円とする。

 2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 2ページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算補正の歳入でございます。款、項、補正額の順に朗読いたします。

 1款後期高齢者医療保険料、1項後期高齢者医療保険料、ともに同額で1,769万9,000円減額いたします。

 2款繰入金、1項他会計繰入金、ともに同額で276万5,000円減額いたします。

 4款諸収入、2項償還金及び還付加算金、ともに同額で15万円の減額をいたします。

 歳入合計は、補正前の額3億4,489万3,000円から補正額2,061万4,000円を減額し、3億2,427万9,000円とするものでございます。

 右ページをお願いいたします。

 歳出でございます。款、項、補正額の順に朗読いたします。

 1款広域連合納付金、1項広域連合納付金、ともに同額で2,046万4,000円減額。

 2款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、ともに同額で15万円減額いたします。

 歳出合計は、補正前の額3億4,489万3,000円から補正額2,061万4,000円を減額し、3億2,427万9,000円とするものでございます。

 次に、7ページ、8ページをお願いいたします。

 歳入でございます。目と節の名称、節の金額の順に朗読いたします。

 1目特別徴収保険料、1節現年度分で544万8,000円の減額です。被保険者の死亡や転出により減額するものでございます。

 2目普通徴収保険料、1節現年度分で1,370万3,000円の減額でございます。保険料の改定で平成24年度に保険料の改定があったわけですが、当初見込んでいた保険料の率、それから額が改定により当初予定したよりも下がったことにより減額するものでございます。2節滞納繰越分で145万2,000円の増額、これは現収納済額と今後の収納見込みによるものでございます。

 次に、9ページ、10ページをお願いいたします。

 1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定繰入金で276万5,000円の減額です。基盤安定繰入金額の確定によるものでございます。

 次に、11、12ページをお願いいたします。

 1目還付金、1節還付金で15万円の減額でございます。これも現収入額により精査し減額するものでございます。

 次に、13ページ、14ページをお願いいたします。

 歳出でございます。14ページの説明欄をご覧ください。

 広域連合納付事業で、保険基盤安定負担金それから後期高齢者医療保険料納付金とも収入減の見込みより、広域連合への納付額を減ずるものでございます。金額は2,046万4,000円を減額するものでございます。

 15ページ、16ページをお願いいたします。

 保険料還付事業で15万円減額いたします。これは償還金、還付加算金とも実績額から見込み減額するものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議はありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議案第29号 平成24年度函南町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の件を、挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議事の中途ですが、ここで昼食休憩とします。午後の会議は1時からです。

                             (午前11時25分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉村彰正君) 休憩を解いて、会議を再開いたします。

                              (午後1時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第30号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第5、議案第30号 平成24年度函南町介護保険特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第30号について説明をいたします。

 議案第30号は、平成24年度函南町介護保険特別会計補正予算(第2号)であり、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,373万7,000円を減額し、歳入歳出それぞれ25億27万円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 福祉課長。

          〔福祉課長 露木 章君登壇〕



◎福祉課長(露木章君) 議案第30号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第30号 平成24年度函南町介護保険特別会計補正予算(第2号)。

 平成24年度函南町の介護保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,373万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億27万円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 それでは、2ページ、3ページをお開きください。

 第1表、歳入歳出予算補正でございます。

 初めに歳入でございます。款、項、補正額の順に朗読をいたします。

 1款介護保険料、1項介護保険料、ともに同額で276万2,000円の減額といたします。

 2款国庫支出金を790万2,000円減額いたします。1項国庫負担金を686万7,000円減額し、2項国庫補助金を103万5,000円減額いたします。

 3款支払基金交付金、1項支払基金交付金、ともに同額で963万2,000円を減額いたします。

 4款県支出金を465万2,000円減額いたします。2項県負担金を379万6,000円減額し、2項県補助金を85万6,000円減額いたします。

 5款繰入金、1項一般会計繰入金、ともに同額で751万円減額いたします。

 7款諸収入、2項雑入、ともに同額で1,872万1,000円を追加いたします。

 歳入合計は、補正前の額25億1,400万7,000円から補正額1,373万7,000円を減額しまして、合計額25億27万円とするものでございます。

 続きまして、3ページをご覧ください。

 歳出でございます。こちらも款、項、補正額の順に朗読いたします。

 1款総務費を207万6,000円減額いたします。1項総務管理費を138万7,000円追加し、2項徴収費を37万7,000円減額し、3項介護認定費を308万6,000円減額いたします。

 2款保険給付費を3,120万円減額いたします。1項介護サービス等諸費を2,640万円減額し、2項介護予防サービス等諸費を480万円減額いたします。

 3款地域支援事業費を507万9,000円減額いたします。1項介護予防事業費を201万9,000円減額し、2項包括的支援事業任意事業を306万円減額いたします。

 5款基金積立金、1項基金積立金、ともに同額で2,461万8,000円追加いたします。

 歳出合計は、補正前の額25億1,400万7,000円から補正額1,373万7,000円を減額いたしまして、計25億27万円とするものでございます。

 続きまして、事項別明細に移ります。

 7ページ、8ページをお開きください。

 まず歳入でございます。目と節の名称、そして節の金額の順に朗読させていただきます。

 1目第1号被保険者保険料、1節現年度分276万2,000円減額、これは調定額5億7,368万2,000円に収納率98.4%を見込みまして算定したものでございます。

 9ページ、10ページをお開きください。表の上段でございます。

 1目介護給付費負担金、1節現年度分で634万5,000円を減額します。これは保険給付費19事業の実施見込みに合わせまして、法定負担率による補正をするものでございます。

 2目調整交付金、1節現年度分で52万2,000円を減額いたします。1目の介護給付費負担金と同様でございますけれども、保険給付費が減額となるため国の負担が減額となったものでございます。

 中段にあります1目地域支援事業交付金、介護予防事業でございます。1節事業現年度分で50万4,000円の減額、1次予防、2次予防事業の精査によりまして減額になっため交付金が減額となったものでございます。

 2目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)、1節現年度分で120万8,000円の減額でございます。これは任意事業の家族介護支援手当の実績により補正するものでございます。

 3目介護保険事業国庫補助金、1節現年度分で67万7,000円でございます。新規事業で介護報酬の改定に伴うシステム改修に対しまして2分の1の補助をいただくものでございます。

 次ページをお開きください。

 1目介護給付費交付金、1節現年度分で904万8,000円を減額いたします。これは保険給付費19事業の実施見込みに合わせまして法定負担率による補正でございます。

 2目地域支援事業の支援交付金、1節現年度分で58万4,000円を減額いたします。地域支援事業の実績により法定負担率により補正するものでございます。

 13ページ、14ページをお開きください。

 まず、表の上段で1目介護給付費負担金、1節現年度分で379万6,000円を減額いたします。これも保険給付費19事業の実施見込みに合わせまして法定負担率による補正をするものでございます。

 中段にあります1目地域支援事業交付金(介護予防事業)、1節現年度分で25万2,000円を減額いたします。1次予防、2次予防事業の精査により減額となったため、交付金が減額となったものでございます。

 2目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)、1節現年度分60万4,000円を減額いたします。これは任意事業の家族介護支援手当の実績により補正するものでございます。

 15ページ、16ページをお開きください。

 1目介護給付費繰入金、1節現年度分で665万4,000円を減額いたします。これは町の負担分でございまして、総務費と保険給付費19事業の実施見込みに合わせて、法定負担率により補正するものでございます。

 2目地域支援事業繰入金(介護予防事業)、1節現年度分で25万2,000円を減額いたします。1次予防、2次予防事業の精査によりまして減額となったため補正するものでございます。

 3目地域支援事業繰入金(包括的支援事業・任意事業)、1節現年度分60万4,000円を減額いたします。これも任意事業の実績によりまして補正するものでございます。

 次ページをお願いいたします。

 1目返納金、1節返納金1万1,000円でございます。これは施設介護サービス事業のうち返還金が出たものですので、ここで予算化するものでございます。

 2目過年度収入、1節過年度収入1,835万5,000円、平成23年度、過年度の介護給付費交付金精算によりまして、不足分をいただくものでございます。

 3目納付金、1節納付金で35万5,000円、第三者行為によりましてそれに対する納付があったものでございます。

 19、20ページをお開きください。

 こちらからは歳出でございます。右側の説明欄によって説明をさせていただきます。

 一般管理事業138万7,000円の増額でございます。こちらは人件費を精査により補正したものでございます。その中で13節委託料でございますが、介護保険システム改修委託料135万5,000円でございますが、これは介護報酬の改正がここでございまして、システム改修が必要になったためここで補正をするものでございます。

 次の賦課徴収事務事業で37万7,000円の減額でございます。こちらは事業の精査によるものでございます。

 続きまして、介護認定事業で308万6,000円の減額でございます。主には事業の精査でございますけれども、13節委託料につきまして、これは22ページの上段をご覧いただきたいと思いますが、介護認定調査委託料でございます。こちらは197万4,000円の減額となっておりますが、平成24年4月から新規認定の認定の期間が今までは6カ月であったものが12カ月に延びたということもございまして、更新する件数が減少したために減額となったと考えております。

 24ページをお開きください。

 保険給付費の事業でございますが、24ページの各事業でございます。居宅介護サービス事業1,900万円の増額、地域密着型介護サービス事業5,000万円の減額、居宅介護福祉用具購入事業150万円の増額、居宅介護住宅改修事業100万円の増額、特定入所者介護サービス事業210万円の増額、以上それぞれの給付費の支給見込みに合わせて補正をするものでございます。居宅介護に係るサービスが増額となり、地域密着型の介護サービスに係る事業が減額となっているものでございます。

 続きまして、介護予防サービス事業で500万円の減額、特定入所者介護予防事業で20万円の増額でございます。それぞれの給付費の支給見込みに合わせまして補正するものでございます。

 28ページをお開きください。

 2次予防事業でございます。196万2,000円の減額、こちらの中でまず役務費の2次予防事業対象者主治医意見書手数料につきましては、これは対象者把握事業委託で対象となった人の方の中から、体調を崩して体操等の2次予防事業に参加できるかどうかを医師の判断が必要な場合に、医師の診断を仰ぎ、そしてそちらに手数料をお支払いするものでございますけれども、本年度はその対象者がおりませんのでその分の減額をするものでございます。そして、委託料2次予防事業対象者把握事業委託料につきましては、契約差金による減額でございます。

 2次予防事業で5万7,000円の減額、こちらも契約差金によるものでございます。

 任意事業で306万円の減額、家庭介護支援手当につきましては、居宅で寝たきりの方を介護されている家族の方に手当を支給するもので、支給された残額を減額するものでございます。

 次ページをお開きください。

 介護保険基金管理事業です。2,461万8,000円を追加いたします。2,462万円といたしまして平成23年度末の現在高は1億1,058万6,180円でございます。過年度の給付費不足分の支給等を積み立てるものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 介護保険は余り減額の金額的には少ないわけですけれども、任意事業のことについてちょっと伺います。

 先ほどもいろいろ説明していただいていますけれども、28ページの家族介護支援手当は当初予算のときには110件分ということでありましたけれども、今回51件分くらい減っているのではないかというふうに、その数字は今は示されませんでしたけれども、その辺どうでしょうか、半分しかなかったということについて当局の判断というか、その辺を教えていただけたらと思います。



○議長(杉村彰正君) 福祉課長。



◎福祉課長(露木章君) 今現在、任意事業の中の家族介護支援手当につきましては、59名の方が申請をされておりまして354万円の支出がございます。これについては介護の認定がされている方の中で、居宅介護を受けている方ということで予算化をしてございますけれども、その中で申請のあった実際に家族が見ている方が59件であったということでございまして、今後、居宅の介護をこれから進めていく上では、これからもっとふえるのではないかと考えております。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑ありませんか。

 12番、服部議員。



◆12番(服部堅二君) 24ページの地域密着型の5,000万円マイナスという、内容を教えてください。



○議長(杉村彰正君) 福祉課長。



◎福祉課長(露木章君) 地域密着型サービス事業でございますので、グループホームに入所されている方がそこでサービスを受けた事業ということでございます。それですが、地域密着型介護のグループホームに入所される方が、規定の人数に達しておりませんのでその分減額となっていると考えております。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議案第30号 平成24年度函南町介護保険特別会計補正予算(第2号)の件を、挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第31号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第6、議案第31号 平成24年度函南町下水道事業特別会計補正予算(第3号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第31号について説明をいたします。

 議案第31号は、平成24年度函南町下水道事業特別会計補正予算(第3号)であり、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,608万4,000円を減額し、歳入歳出それぞれ9億9,708万4,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 下水道課長。

          〔下水道課長 小澤 孝君登壇〕



◎下水道課長(小澤孝君) 議案第31号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第31号 平成24年度函南町下水道事業特別会計補正予算(第3号)。

 平成24年度函南町の下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,608万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9億9,708万4,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

 第2条 地方債の変更は、「第2表 地方債補正」による。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 2ページ、3ページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算補正でございます。

 歳入でございます。款、項、補正額の順に朗読いたします。

 1款分担金及び負担金を90万円追加いたします。1項負担金を100万円追加し、2項分担金を10万円減額いたします。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、ともに同額で100万円減額いたします。

 3款国庫支出金、1項国庫補助金、ともに同額で7万2,000円追加いたします。

 5款繰入金、1項一般会計繰入金、ともに同額で1,335万6,000円減額いたします。

 8款町債、1項町債、ともに同額で270万円減額いたします。

 歳入合計は、補正前の10億1,316万8,000円から、補正額1,608万4,000円を減額いたしまして、計9億9,708万4,000円とするものでございます。

 3ページは歳出でございます。款、項、補正額の順に朗読いたします。

 1款事業費を1,608万4,000円減額いたします。1項建設事業費を1,202万1,000円減額し、2項業務費を406万3,000円減額いたします。

 歳出合計は補正前の額10億1,316万8,000円から補正額1,608万4,000円を減額しまして、計9億9,708万4,000円とするものでございます。

 4ページ、5ページをお願いいたします。

 第2表は、地方債補正でございます。

 起債の目的は下水道事業で、補正額の限度額1億3,190万円から事業の完了及び精算によりまして270万円を減額し、補正後の限度額を1億2,920万円とするものでございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては変更はございません。

 次に、事項別明細につきましては、9ページ、10ページをお願いいたします。

 歳入でございます。目と節の名称、節の金額の順に朗読させていただきます。

 1目事業費負担金、1節下水道事業負担金、現年度分で100万円追加いたします。これにつきましては市街化区域における下水道の整備費に係るもので、受益者負担金の一括納付分の増加により追加するものでございます。

 次の1目事業費負担金、1節下水道事業負担金、現年度分で10万円減額いたします。これは市街化調整区域における下水道の整備費に係るもので、見込みにより一括納付分が少ないため減額するものでございます。

 表の中段の1目下水道使用料、1節現年度分で100万円減額いたします。有収水量の見込みが、当初よりも少なく調定額も少ないため減額するものでございます。

 一番下の表で1目下水道事業費国庫補助金、1節下水道事業費補助金で7万2,000円追加いたします。これはまちづくり交付金分の補助対象事業費の増に伴うものでございます。

 11ページ、12ページをお願いいたします。

 1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金で1,335万6,000円減額いたします。これは最終補正に伴う歳入歳出見込みにより、事業ごとの一般会計繰入金を算出した結果、減額するものでございます。

 次の表で1目下水道事業債、1節公共下水道事業債で110万円減額いたします。公共下水道起債事業の事業精査によるものでございます。3節の特定環境保全公共下水道事業債で160万円減額いたします。特定環境保全公共下水道起債事業の事業精査によるものでございます。

 13ページ、14ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 14ページの説明欄をご覧ください。

 公共下水道国庫補助事業で224万1,000円減額いたします。人件費の調整と事業精査によりまして複写機等使用料を増額し、設計監理委託料、工事請負費等を減額するものでございます。次の公共下水道町単独事業で632万4,000円減額いたします。事業精査によりまして事務事業委託料、水道管等移設補償などの物件補償等を減額するものでございます。次の特定環境保全公共下水道国庫補助事業で124万9,000円減額いたします。人件費の調整と事業精査によりまして、印刷製本費、工事請負費を減額するものでございます。

 一番下の公共下水道起債事業で33万5,000円減額いたします。人件費の調整と16ページをお願いいたします。事業精査によりまして、水道管等移設補償の物件補償等を減額するものでございます。次の特定環境保全公共下水道起債事業で186万6,000円減額いたします。事業精査によりまして工事請負費、水道管等移設補償などの補償金等を減額するものでございます。

 次の狩野川流域下水道事業で6,000円減額いたします。事業精査によりまして普通旅費を減額いたします。

 次の使用料等徴収管理事業で19万9,000円減額いたします。人件費の調整と事業精査によりまして臨時雇い給を減額いたします。次の水洗化促進事業で23万6,000円減額いたします。事業精査によりまして普通旅費、事務事業委託料等を減額するものでございます。一番下の流域下水道維持管理事業で6,000円減額いたします。事業精査によりまして普通旅費を減額するものでございます。

 18ページをお願いいたします。

 管渠維持管理事業で37万2,000円減額いたします。事業精査によりまして、光熱水費を増額し、施設管理委託料を減額するものでございます。

 次の蛇ケ橋ポンプ場維持管理事業で325万円減額いたします。事業精査によりまして光熱水費、修繕料、施設管理委託料等を減額するものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議案第31号 平成24年度函南町下水道事業特別会計補正予算(第3号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第32号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第7、議案第32号 平成24年度函南町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第32号について説明をいたします。

 議案第32号は、平成24年度函南町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)であり、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ8万7,000円を減額し、歳入歳出それぞれ696万7,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 下水道課長。

          〔下水道課長 小澤 孝君登壇〕



◎下水道課長(小澤孝君) 議案第32号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第32号 平成24年度函南町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)。

 平成24年度函南町の農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ8万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ696万7,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 2ページ、3ページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算補正でございます。

 歳入でございます。款、項、補正額の順に朗読いたします。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金、ともに同額で11万8,000円減額いたします。

 5款諸収入、1項雑入、ともに同額で3万1,000円追加いたします。

 歳入合計は補正前の額705万4,000円から、補正額8万7,000円を減額しまして、計696万7,000円とするものでございます。

 3ページは歳出でございます。款、項、補正額の順に朗読いたします。

 1款事業費、1項業務費、ともに同額で8万7,000円減額いたします。

 歳出合計は補正前の額705万4,000円から補正額8万7,000円を減額しまして、計696万7,000円とするものでございます。

 次に、事項別明細につきましては、7ページ、8ページをお願いいたします。

 歳入でございます。目と節の名称、節の金額の順に朗読させていただきます。

 1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金で11万8,000円減額いたします。これは最終補正に伴う歳入歳出見込みにより事業ごとの一般会計繰入金を算出した結果、減額するものでございます。

 次の表の1目雑入、1節雑入で3万1,000円追加いたします。これにつきましては、福島第一原発事故に伴う汚泥の放射能測定費賠償金が東京電力より支払われることとなったため追加するものでございます。

 9ページ、10ページをお願いいたします。

 歳出でございます。10ページの説明欄をご覧ください。

 農業集落排水管理事業で8万7,000円減額いたします。事業精査によりまして光熱水費を増額し、施設管理委託料を減額するものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 8ページの諸収入ですけれども、放射能測定費賠償金ということで3万1,000円入っていますけれども、これは根拠とするものというのは賠償金3万1,000円請求したから3万1,000円入ったのかどうか、ちょっとその辺を教えてください。



○議長(杉村彰正君) 下水道課長。



◎下水道課長(小澤孝君) そうであります。これは汚泥の放射能測定をしまして、その測定費用を歳入として入れたものでございます。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議案第32号 平成24年度函南町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の件を、挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第33号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第8、議案第33号 平成24年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第3号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第33号について説明をいたします。

 議案第33号は、平成24年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第3号)であり、収益的支出の事業費用に2,000万円を増額し5億671万6,000円とするとともに、平成25年度にかかわる債務負担行為を設定するものです。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 水道課長。

          〔水道課長 八木正彦君登壇〕



◎水道課長(八木正彦君) 議案第33号につきまして、細部説明を行います。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第33号 平成24年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第3号)。

 第1条 平成24年度函南町上水道事業特別会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 第2条 予算第3条に定めた収益的収支の予定額を次のとおり補正する。

 科目、支出、第1款事業費用、既決予定額4億8,671万6,000円、補正予定額2,000万円、計5億671万6,000円。

 第3項 特別損失、既決予定額700万円、補正予定額2,000万円、計2,700万円。

 第3条 債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額は、次のとおりと定める。

 事項、上水道検針業務、期間平成25年度まで、限度額1,400万円。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 次ページ、2ページをお願いします。

 債務負担行為に係る調書でございます。記載のとおり限度額を1,400万円とします上水道検針業務委託に係ります債務負担でございます。

 説明いたしますと、水道料金のメーター検針は月の4日から始まりまして26日にかけて行っております。新年度の当初より業務を行うため、事前に委託業者を決定する必要がありますので債務負担を行うものでございます。ちなみにA地区が奇数月の検針でございまして、仁田、柏谷、塚本ほかで6,800件程度、B地区が偶数月の検針で平井、上沢、間宮ほかで6,900件程度を予定してございます。

 続きまして、次のページをお願いします。

 平成24年度函南町上水道事業特別会計補正予算実施計画書でございます。税込みでございます。

 収益的収支、今回は支出のみの補正でございまして、第1款第3項第1目過年度損益修正損、既決予定額700万円に補正予定額2,000万円を増額しまして、2,700万円とするものです。

 平成26年からの地方公営企業の改正に伴いまして、新しいシステムを導入したわけでございますが、資産のデータ移行の作業をしておりますが、固定資産については引き続き作業をします。また、流動資産につきまして検証した結果、過去の事務処理において数値の不備が確認されましたので、財務諸表の整合性を図るため、今回の補正に合わせて特別損失として計上するものでございます。

 財務諸表で説明いたします。

 5ページをお願いします。

 平成24年度函南町上水道事業特別会計予定損失計算書でございます。これは経営の成績を見る表でございまして、営業の収益から費用を差し引きまして利益とします。利益が出ますれば剰余金として積み立てるものでございます。単位は千円、税抜きでございます。

 詳細は記載のとおりでありますが、下から8行目、6項1号過年度収益修正損をご覧いただきたいと思います。過年度収益修正損です。補正前666万7,000円に1,904万8,000円を調整しまして、2,571万5,000円とするものでございます。1,904万8,000円とは2,000万円の消費税を抜いた金額でございます。

 右側の補正額をご覧いただきたいと思います。結果、当年度の純利益は1,536万4,000円のマイナスとなりますが、前年度の繰り越し利益剰余金が2,464万3,000円ございますので、当年度未処分利益剰余金は927万9,000円となる予定でございます。

 当年度純利益は帳票の上ではマイナスの表記となりますが、企業会計の預金・現金は1月末現在で普通預金が4億1,000万円、定期預金が2億5,000万円ありますので、中期的に見ましても経営自体に影響はなしと考えております。また、将来的にはこの純利益や剰余金が減少傾向になりますと、第1浄水場の築造も含めまして料金改定も視野に入れた検討が必要になってくると考えております。

 続きまして、6ページ、7ページをお願いしたいと思います。

 平成24年度函南町上水道事業特別会計予定貸借対照表でございます。財政の状況を見る表で、資産の部の合計と右ページの負債プラス資本の合計が一致するものでございます。

 資産の部でございます。資産は固定資産と流動資産とがございます。1項固定資産につきましては整合性を図るため現在作業中でございまして、下記の2項の流動資産をご覧いただきたいと思います。右側をお願いします。今回は、2項流動資産の補正でございます。2号の未収金、補正前の金額7,631万3,000円から過年度収益修正損1,904万8,000円を調整しまして5,726万5,000円とするものでございます。資産の合計は43億7,847万3,000円となります。

 右ページの資本の部をご覧いただきたいと思います。

 資本の部でございます。表中の中ほど5項剰余金の当年度未処分利益剰余金をご覧いただきたいと思います。

 当年度未処分利益剰余金2,832万7,000円から過年度収益修正損1,904万8,000円を調整しまして、927万9,000円とするものでございます。負債プラス資本の合計は43億7,847万3,000円となりまして、資産の合計と一致するものでございます。

 続きまして9ページ、10ページ、事項別明細をご覧いただきたいと思います。

 3条の収益的収入そして支出でございます。今回は歳出のみの補正となります。

 1目過年度収益修正損、補正前の予算額700万円に補正予定額2,000万円を増額して2,700万円とするものでございます。

 今回の補正につきましては、25年度の予算調整に向けましての財務諸表と3条の予算との整合をとるためでの数値の補正でありますので、現金のやりとりはございません。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 2ページの先ほど説明がありましたけれども、債務負担行為の検針業務を新年度より委託を行うというふうな説明がありました。その委託する経緯というか、その辺のメリットがどの程度ということで考えているのか。先ほど件数もいただきましたので、大体1件1万円かかるのかなという感じがするんですけれども、ちょっと教えてください。



○議長(杉村彰正君) 水道課長。



◎水道課長(八木正彦君) 件数につきましては、A地区が6,800件、そしてB地区が6,900件でございまして、年間6回分やるんです。そうしますと単価につきましてはさらに安いものになるというふうに考えています。一般競争入札におきまして、検針業務の業者を決定いたしますので、有利な料金になろうかと想定しております。

 以上でございます。



○議長(杉村彰正君) ほかに質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議案第33号 平成24年度函南町上水道事業特別会計補正予算(第3号)の件を、挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第34号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第9、議案第34号 平成24年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第34号について説明をいたします。

 議案第34号は、平成24年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第2号)であり、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ42万2,000円を追加し、歳入歳出それぞれ1,396万円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 水道課長。

          〔水道課長 八木正彦君登壇〕



◎水道課長(八木正彦君) 議案第34号につきまして、細部説明を行います。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第34号 平成24年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第2号)。

 平成24年度函南町の田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ42万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,396万円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 次のページをお願いします。

 第1表 歳入歳出予算補正でございます。

 歳入歳出とも同額で、補正前の額1,353万8,000円に、補正額42万2,000円を追加しまして1,396万円とするものでございます。款、項、補正額の順に朗読させていただきます。

 歳入の部でございます。

 2款使用料及び手数料、2項手数料、ともに同額で4,000円追加するものでございます。

 5款諸収入、1項雑入、ともに増額で5,000円増加して6,000円とするものでございます。

 6款繰入金、1項基金繰入金、ともに増額で41万3,000円増額するものでございます。

 歳入合計は補正前の額1,353万8,000円に補正額42万2,000円増額しまして、1,396万円とするものでございます。

 次に、歳出の部をご覧ください。

 1款総務費、1項総務管理費ともに同額で12万2,000円減額するものでございます。245万5,000円になります。

 2款施設費、1項管理費を63万8,000円増額します。2項給水工事費を9万4,000円減額します。

 歳出合計につきましては、補正前の額1,353万8,000円を補正額42万2,000円増額しまして1,396万円とするものでございます。

 続きまして、事項別明細でございます。

 7ページ、8ページをお願いします。

 歳入でございます。目と節の名称、節の金額の順に朗読させていただきます。

 1目手数料、1節総務手数料4,000円の増額でございます。こちらにつきましては量水器取付手数料でメーターの開栓が3件ございました。

 続きまして9ページ、10ページをお願いします。

 1目雑入、1節雑入で5,000円の増額でございます。こちらにつきましては、消費税の還付分が入ったものでございます。

 11ページ、12ページをお願いします。

 1目簡易水道基金繰入金、1節簡易水道基金繰入金41万3,000円、電気料金の支払いを手当てするものでございます。ちなみに平成24年度末の基金残高は2,567万4,000円となる予定でございます。

 13ページ、14ページをお願いします。

 続きまして歳出でございます。

 右側の説明の欄をご覧いただきたいと思います。

 簡易水道事業、簡易水道経営管理事業で12万2,000円の減額でございます。内訳につきましては、県簡易水道協会の負担金が2,000円の減額、償還金が2万円の減額、公課費10万円の減額。公課費につきましては消費税が還付申告となったために減額となります。

 続きまして15ページ、16ページをお願いします。

 簡易水道施設維持管理事業でございます。11需用費の光熱水費で63万8,000円の増額でございます。こちらにつきましては電気料金の値上げ分と実績による推計でございます。田代水源の有水量が減る傾向にございまして、びんの沢、奴田場の深井戸ポンプの使用料が増大したものでございます。

 続きまして、簡易水道給水事業でございます。こちらについては9万4,000円の減額、メーター交換の実績による減額でございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議案第34号 平成24年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計補正予算(第2号)の件を挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議事の中途ですが、ここで10分間休憩いたします。

                              (午後2時01分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(杉村彰正君) 休憩を解いて、会議を再開いたします。

                              (午後2時10分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第35号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第10、議案第35号 平成24年度函南町東部簡易水道特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第35号について説明をいたします。

 議案第35号は、平成24年度函南町東部簡易水道特別会計補正予算(第2号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ68万3,000円を追加し、歳入歳出それぞれ1億3,077万3,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 水道課長。

          〔水道課長 八木正彦君登壇〕



◎水道課長(八木正彦君) 議案第35号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第35号 平成24年度函南町東部簡易水道特別会計補正予算(第2号)。

 平成24年度函南町の東部簡易水道特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ68万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億3,077万3,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 2ページ、3ページをお願いします。

 第1表、歳入歳出予算補正でございます。

 歳入歳出とも同額で、補正前の額1億3,009万円に補正額68万3,000円を加えまして、1億3,077万3,000円とするものでございます。

 款、項、補正額の順に朗読させていただきます。

 歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項分担金、ともに同額で60万円を追加し300万円とするものでございます。

 5款諸収入、1項雑入ともに同額で8万3,000円増額しまして8万4,000円とするものでございます。

 歳入合計は補正前の額1億3,009万円に補正額68万3,000円を追加して、1億3,077万3,000円とするものでございます。

 続きまして歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、ともに同額で297万円を追加して7,824万円とするものでございます。

 2款施設費を228万7,000円減額しまして5,243万3,000円とするものでございます。1項管理費を156万3,000円減額します。2項給水工事費を72万4,000円減額します。

 歳出合計は、補正前の額1億3,009万円を補正額68万3,000円追加いたしまして、1億3,077万3,000円とするものでございます。

 続きまして、事項別明細をお願いします。

 7ページ、8ページをお願いします。

 歳入でございます。目と節の名称、節の金額の順に朗読させていただきます。

 1目分担金、1節加入分担金60万円の増、新規加入分担金でございまして、13ミリのメーターを2件追加いたしました。

 9ページ、10ページをお願いします。

 1目雑入、1節雑入で8万3,000円の増額、こちらにつきましては消費税の還付金でございます。8万4,126円ございました。

 続きまして、11ページ、12ページをお願いします。

 歳出でございます。

 右側の説明欄をご覧いただきたいと思います。

 簡易水道経営管理事業297万円の増額でございます。使用料としまして駿豆広域水道の受水費の300万円の増でございます。こちらにつきましてはダイヤランドの受水もそうですが、エメラルド地区への送水量の増加に伴います実績による推計でございます。公課費につきましては3万円の減額で、消費税の申告が還付でありましたので減額となります。

 次ページをお願いします。

 簡易水道施設維持管理事業で156万3,000円を減額します。委託料の156万3,000円の減額につきましては、配水池系統管路点検委託料とありますが、漏水調査等に係る委託でして、こちらにつきましてはやみくもに管路調査をするよりも区域ごとにメーター設置して状況把握して、漏水箇所の特定をしたほうが有効ということで減額するものでございます。

 続きまして、簡易水道給水事業ということで72万4,000円の減額でございます。メーター交換の件数の減と実績によるものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議案第35号 平成24年度函南町東部簡易水道特別会計補正予算(第2号)の件を、挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第36号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第11、議案第36号 平成24年度函南町平井財産区特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 森 延彦君登壇〕



◎町長(森延彦君) 議案第36号について説明をいたします。

 議案第36号は、平成24年度函南町平井財産区特別会計補正予算(第1号)であり、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1万6,000円を追加し、歳入歳出それぞれ148万7,000円とするものであります。

 細部説明を担当課長がいたしますので、よろしくご審議のほどお願いをいたします。



○議長(杉村彰正君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、本案に対しての細部説明を求めます。

 総務課長。

          〔総務課長 高橋憲行君登壇〕



◎総務課長(高橋憲行君) それでは、議案第36号について細部説明をいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第36号 平成24年度函南町平井財産区特別会計補正予算(第1号)。

 平成24年度函南町の平井財産区特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出の補正)

 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ148万7,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年2月26日提出。函南町長、森延彦。

 2ページをお開きください。

 第1表、歳入歳出予算補正です。

 歳入、3款繰越金、1項繰越金、ともに同額で1万6,000円を追加し、歳入合計、補正前の額147万1,000円に1万6,000円を追加し148万7,000円とするものです。

 3ページをお開きください。

 歳出、1款総務費、1項総務管理費、歳出合計、ともに同額で補正前の額147万1,000円に1万6,000円を追加し148万7,000円とするものです。

 8ページをお開きください。

 事項別明細です。

 歳入、1目繰越金、1節前年度繰越金1万6,000円を追加いたします。

 10ページをお開きください。

 歳出、1目基金積立金、25節積立金1万6,000円を追加いたします。年度末の基金の残高は1億8,275万7,805円となる見込みでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(杉村彰正君) 細部説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議案第36号 平成24年度函南町平井財産区特別会計補正予算(第1号)の件を、挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第12、議員提出議案第1号 函南町議会委員会条例の一部を改正する条例の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 長澤務君。

          〔13番 長澤 務君登壇〕



◆13番(長澤務君) 議員提出議案第1号は、函南町議会委員会条例の一部を改正する条例であり、平成24年9月5日に公布された地方自治法の一部改正により、それまでは地方自治法に規定されていた委員の選任方法、在任期間等について条例にて定めることとなったため、所要の改正をするものであります。

 それでは、議案を朗読いたします。

 議員提出議案第1号 函南町議会委員会条例の一部を改正する条例。

 上記議案を別紙のとおり、地方自治法第112条及び函南町議会会議規則第14条の規定により提出する。

 平成25年2月27日提出。

 函南町議会議長、杉村彰正様。

 提出者、函南町議会議員、長澤務。

 賛成者、函南町議会議員、廣田直美、同じく土屋学、同じく馬籠正明、同じく中野博、同じく山中英昭、同じく柿本昭仁、同じく鈴木晴範、同じく石川正洋、同じく加藤常夫、同じく植松和子、同じく高橋好彦、同じく服部堅二、同じく米山祐和、同じく塚平育世。

 提案理由については、先ほど述べたとおりであります。

 それでは、次ページをお開きください。

 条例案を朗読いたします。

 函南町条例第 号。

 函南町議会委員会条例の一部を改正する条例。

 函南町議会委員会条例(昭和39年函南町条例第7号)の一部を次のように改正する。

 第5条中第5項を第8項とし、第1項から第4項までを3項ずつ繰り下げ、同条に第1項から第3項までとして次の3項を加える。

 議員は、少なくとも一の常任委員となるものとする。

 2項、常任委員及び議会運営委員は、会期の始めに議会において選任する。

 3項、特別委員は、議会において選任し、委員会に付議された事件が議会において審議されている間在任する。

 附則。

 この条例は、平成25年3月1日から施行するものであります。

 以上であります。



○議長(杉村彰正君) 長澤務君の提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議員提出議案第1号 函南町議会委員会条例の一部を改正する条例の件を、挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第13、議員提出議案第2号 函南町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 長澤務君。

          〔13番 長澤 務君登壇〕



◆13番(長澤務君) 議員提出議案第2号は、函南町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例であり、地方自治法の一部改正により政務調査費の名称を「政務活動費」に改め、今まで交付対象でなかった要請、陳情等の活動費を対象に加え、そして規則で規定していた使途基準を条例において定めることとなったため、本条例に所要の改正をするものであります。

 それでは、議案書を朗読いたします。

 議員提出議案第2号 函南町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例。

 上記議案を別紙のとおり、地方自治法第112条及び函南町議会会議規則第14条の規定により提出する。

 平成25年2月27日提出。

 函南町議会議長、杉村彰正様。

 提出者、函南町議会議員、長澤務。

 賛成者、函南町議会議員、廣田直美、同じく土屋学、同じく馬籠正明、同じく中野博、同じく山中英昭、同じく柿本昭仁、同じく鈴木晴範、同じく石川正洋、同じく加藤常夫、同じく植松和子、同じく高橋好彦、同じく服部堅二、同じく米山祐和、同じく塚平育世。

 提案理由は、先ほど述べたとおりであります。

 次ページをお開きください。

 次ページには、条例の改正案が記載をされております。新旧対照表を添付してございますので、新旧対照表に沿って説明をさせていただきます。

 まず、題名中の「函南町議会政務調査の交付に関する条例」という題名の中で、「政務調査費」を「政務活動費」に改めます。

 第1条中第100条第14項及び第15項の箇所を、第100条第14項から第16条までに改めます。その後、「調査研究」の後に「その他の活動」を追加いたします。

 続いて、第1条から第5項の各項中の「政務調査費」をそれぞれ「政務活動費」に改めます。

 3ページをお開きください。

 3ページの旧の第6条、使途の基準を「政務活動費を充てることができる経費の範囲」と改めます。

 条文の「第6条、政務活動費は、会派又は議員が実施する調査研究、研修、広報・広聴、要請陳情、住民相談、各種会議への参加等町政の課題及び町民の医師を把握し、町政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図るために必要な活動(次項において「政務活動」という。)に要する経費に対して交付する。2項、政務活動費は、別表で定める政治活動に要する経費に充てることができるものとする」、この部分が追加になります。

 あと、7条から8条中の各項の中で「政務調査費」を同じく「政務活動費」に改めます。

 従来の第9条を新設いたしまして、「議長の調査」の条を加えるものであります。

 第9条、議長は、政務活動費の適正な運用を期すため、前条の規定により収支報告書が別記様式により領収書その他の支出を証すべき書面を添えて提出されたときは、必要に応じ調査を行う等、使途の透明性の確保に努めるものとする。

 続いて、第9条の「政務調査費用の返還」これを第10条として「政務活動費の返還」に改めて、条文も「第10条、会派又は議員は、その年度において交付を受けた政務活動費の総額から、会派又は議員がその年度において行った政務活動費による支出(第6条に規定する政務活動費を充てることができる経費の範囲にしたがって行った支出をいう。)の総額を控除して残余がある場合、当該残余の額に相当する額の政務活動費を返還しなければならない。なお、会派または議員が当該残余の額に相当する額の政務活動費を返還しない場合、町長は当該残余の額に相当する額の政務活動費の返還を会派及び議員に命じなければならない」、この部分が変更になります。

 以後、第10条、第11条についてはそれぞれ第11条、第12条に繰り下がり、条文中の「政務調査費」が「政務活動費」に改められます。

 ここで5ページの附則をご覧ください。

 附則。

 (施行期日)

 1、この条例は、平成25年3月1日から施行する。

 2、この条例による改正後の函南町議会政務活動費の交付に関する条例の規定は、この条例の施行の日以後に交付される政務活動費から適用し、この条例の施行の日前にこの条例による改正前の函南町議会政務調査費の交付に関する条例の規定により交付された政務調査費については、なお従前の例による。

 3ページ、4ページについては、それぞれ別表並びに別記様式が記載をされております。ご覧をお願いいたします。

 以上であります。



○議長(杉村彰正君) 長澤務君の提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了します。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議員提出議案第2号 函南町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の件を、挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員提出議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(杉村彰正君) 日程第14、議員提出議案第3号 函南町議会会議規則の一部を改正する規則の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 長澤務君。

          〔13番 長澤 務君登壇〕



◆13番(長澤務君) 議員提出議案第3号は、函南町議会会議規則の一部を改正する規則であり、地方自治法の一部改正により、本会議においても予算その他重要な議案等について、公聴会を開催することや、必要があると認められるときは、参考人を招致することができるようになったため、それに伴う本規則に所要の改正をするものであります。

 それでは、議案を朗読いたします。

 議員提出議案第3号 函南町議会会議規則の一部を改正する規則。

 上記議案を別紙のとおり、地方自治法第112条及び函南町議会会議規則第14条の規定により提出する。

 平成25年2月27日提出。

 函南町議会議長、杉村彰正様。

 提出者、函南町議会議員、長澤務。

 賛成者、函南町議会議員、廣田直美、同じく土屋学、同じく馬籠正明、同じく中野博、同じく山中英昭、同じく柿本昭仁、同じく鈴木晴範、同じく石川正洋、同じく加藤常夫、同じく植松和子、同じく高橋好彦、同じく服部堅二、同じく米山祐和、同じく塚平育世。

 提案理由は、先ほど述べたとおりであります。

 次ページをお開きください。次ページには改正案の文が記載をされております。

 新旧対照表で説明をいたします。

 まず、目次の項でありますが、第13章の後に新たに第14章、公聴会、そして第15章、参考人の章を追加するものであります。それに伴い第14章から第16章は以後第16章から第17章に繰り下がり、条文につきましても、第117条から第121条が第124条から第128条に繰り下がります。

 次ページをお開きください。

 まず第17条中法第115条の2(修正の動議)につきましては、第115条の3に改めます。

 第73条2項の法第119条の2第4項を第109条第3項に改めます。

 次に、第14章、新設されます14章について読み上げをいたします。

 第14章 公聴会。

 (公聴会開催の手続)

 第117条 議会が、法第115条の2第1項の規定により、会議において、公聴会を開こうとするときは、議会の議決でこれを決定する。

 2項 議長は、前項の議会の議決のあったときは、その日時、場所及び意見を聴こうとする案件その他必要な事項を公示する。

 (意見を述べようとする者の申出)

 第118条 公聴会に出席して意見を述べようとする者は、文書であらかじめその理由及び案件に対する賛否を、議会に申し出なければならない。

 (公述人の決定)

 第119条 公聴会において意見を聴こうとする利害関係者及び学識経験者等(以下「公述人」という。)は、前条の規定によりあらかじめ申し出た者及びその他の者の中から、議会において定め、議長は、本人にその旨を通知する。

 2項 あらかじめ申し出た者の中に、その案件に対して、賛成者及び反対者があるときは、一方に偏らないように公述人を選ばなければならない。

 (公述人の発言)

 第120条 公述人が発言しようとするときは、議長の許可を得なければならない。

 2項 前項の発言は、その意見を聴こうとする案件の範囲を超えてはならない。

 3項 公述人の発言がその範囲を超え、又は公述人に不穏当な言動があるときは、議長は、発言を制止し、又は退席させることができる。

 (議員と公述人の質疑)

 第121条 議員は、公述人に対して質疑をすることができる。

 2項 公述人は、議員に対して質疑をすることができない。

 (代理人又は文書による意見の陳述)

 第122条 公述人は、代理人に意見を述べさせ、又は文書で意見を提示することができない。ただし、議会が特に許可した場合は、この限りではない。

 続いて、第15章も追加になります。

 第15章 参考人。

 (参考人)

 第123条 議会が法第115条の2第2項の規定により、会議において、参考人の出席を求めようとするときは、議会の議決でこれを決定する。

 2項 前項の場合において、議長は、参考人にその日時、場所及び意見を聴こうする案件その他必要な事項を通知しなければならない。

 3項 参考人については、第120条、第121条及び第122条の規定を準用する。

 以後、旧のほうの第14章から第16章はそれぞれ第16章から第18章に繰り下がり、条文につきましても冒頭述べたとおり第117条から第121条が第124条から第128条に繰り下がります。

 改正文の3ページをご覧ください。

 附則。

 この規則は、平成25年3月1日から施行する。

 以上であります。



○議長(杉村彰正君) 長澤務君の提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 お諮りします。本案は討論を省略し、採決に入ることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(杉村彰正君) 異議なしと認めます。

 これより議員提出議案第3号 函南町議会会議規則の一部を改正する規則の件を、挙手により採決を求めます。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

          〔賛成者挙手〕



○議長(杉村彰正君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(杉村彰正君) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて散会します。

 あすの会議は午前9時からです。

 ご苦労さまでした。

                              (午後2時47分)