議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 函南町

平成21年  3月 定例会 03月06日−04号




平成21年  3月 定例会 − 03月06日−04号









平成21年  3月 定例会



          平成21年第1回(3月)函南町議会定例会

議事日程(第4号)

                   平成21年3月6日(金曜日)午前9時開議

日程第1 (5日の日程で延会となった議事を継続する)

     (議案第26号から議案第38号までを一括議題とする)

  (1)議案第26号 平成21年度函南町一般会計予算

     議案第27号 平成21年度函南町土地取得特別会計予算

     議案第28号 平成21年度函南町国民健康保険特別会計予算

     議案第29号 平成21年度函南町老人保健特別会計予算

     議案第30号 平成21年度函南町後期高齢者医療特別会計予算

     議案第31号 平成21年度函南町介護保険特別会計予算

     議案第32号 平成21年度函南町下水道事業特別会計予算

     議案第33号 平成21年度函南町農業集落排水事業特別会計予算

     議案第34号 平成21年度函南町上水道事業特別会計予算

     議案第35号 平成21年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計予算

     議案第36号 平成21年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算

     議案第37号 平成21年度函南町東部簡易水道特別会計予算

     議案第38号 平成21年度函南町平井財産区特別会計予算

  (2)細部説明

  (3)総括質疑

日程第2 分科会審査の議決

日程第3 休会の議決

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(18名)

    1番    松富 毅君        2番    石川正洋君

    3番    吉田有弘君        4番    加藤常夫君

    5番    植松和子君        6番    高橋好彦君

    7番    服部堅二君        8番    長澤 務君

    9番    米山祐和君       10番    八木戸一重君

   11番    大庭桃子君       12番    露木義治君

   13番    杉村彰正君       14番    竹下初幸君

   15番    小西 晶君       16番    室伏正博君

   17番    市川勝美君       18番    塚平育世君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名

 町長          芹澤伸行君   副町長         森 延彦君

 会計管理者       野田利右君   教育長         鈴木 忠君

 総務部長        幸野宗昭君   厚生部長兼福祉課長   芹澤光雄君

 建設経済部長      仁科喜世志君  教育次長        星野幹雄君

 総務課長        藤間秀忠君   企画財政課長      佐口則保君

 税務課長        矢野正博君   管財課長        遠藤 信君

 住民課長        高橋憲行君   情報政策課長      山下雅彦君

 健康づくり課長     渡辺麻理君   環境衛生課長      露木 章君

 建設課長        与五澤栄堤君  農林商工課長      室伏光男君

 下水道課長       安田好伸君   水道課長        西川富美雄君

 都市計画課長      松下文幸君   生涯学習課長      高橋宗弘君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 事務局長        坂上 操    書記          岩谷智正

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(市川勝美君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより3月定例会第4日目の会議を開きます。

                              (午前9時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(市川勝美君) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第26号〜議案第38号の説明、質疑



○議長(市川勝美君) 日程第1、これより、5日の日程で延会となりました各特別会計予算の細部説明を継続します。

 なお、昨日、介護保険特別会計予算の細部説明について、福祉課長から発言を求められておりますので、これを許可します。

 福祉課長。



◎厚生部長兼福祉課長(芹澤光雄君) 昨日説明しました介護保険特別会計予算の中で、文字が欠落した部分がございましたので、追加記入をお願いするところでございます。

 131ページでございます。131ページ、第1表歳入歳出予算の右側の歳出の部分です。

 2款の保険給付費でございます。2款の保険給付費の項、第3項で、「特定入所者介護サービス等」で終わってございますけれども、その「等」の次に費用の「費」を、3項の「特定入所者介護サービス等」の次に「費」を入れて、追加をお願いいたします。

 もう一つですけれども、その下の保険給付費の7項で、「高額医療合算介護サービス」で終わってございますけれども、「等費」の2文字を追加ご記入をお願いいたしたいと思います。大変お手数をかけてすみませんでした。よろしくお願いいたします。



○議長(市川勝美君) 下水道事業特別会計及び農業集落排水事業特別会計予算について、下水道課長。

          〔下水道課長 安田好伸君登壇〕



◎下水道課長(安田好伸君) おはようございます。

 それでは、きのうに引き続きまして細部説明をいたします。

 予算書は、200ページからお願いいたします。

 まず初めに、議案を朗読いたします。

 議案第32号 平成21年度函南町下水道事業特別会計予算。

 平成21年度函南町の下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ14億5,710万円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (地方債)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第230条第1項の規定により、起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は「第2表地方債」による。

 (一時借入金)

 第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、2億円と定める。

 (歳出予算の流用)

 第4条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 第1号 各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 201、202ページ、お願いいたします。

 第1表歳入歳出予算。歳入でございます。

 1款分担金及び負担金1,115万円、1項負担金640万円、2項分担金475万円。

 2款使用料及び手数料2億4,105万円、1項使用料2億4,100万円、2項手数料5万円。

 3款国庫支出金、1項国庫補助金、同額で1億500万円。

 4款寄附金、1項寄附金、同額で1,000円。

 5款繰入金、1項一般会計繰入金、同額で5億9,500万円。

 6款繰越金、1項繰越金、同額で600万円。

 7款諸収入2,939万9,000円、1項延滞金加算金及び過料1,000円、3項雑入2,939万8,000円。

 8款町債、1項町債、同額で4億6,950万円。

 歳入合計14億5,710万円でございます。

 次に、歳出でございます。

 1款事業費6億5,395万3,000円、1項建設事業費3億9,216万2,000円、2項業務費2億6,179万1,000円。

 2款公債費、1項公債費、同額で8億284万7,000円。

 3款予備費、1項予備費、同額で30万円。

 歳出合計14億5,710万円でございます。

 203ページ、お願いいたします。

 第2表地方債。

 起債の目的は下水道事業でございます。限度額4億6,950万円。起債の方法、普通貸借又は証券発行。利率8%以内。償還の方法、政府資金については、その融資条件により、銀行その他の場合にはその債権者と協定するものによる。ただし、町財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、又は繰上償還もしくは低利に借換えすることができる。

 次に、事項別明細につきましては、208、209ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項1目事業費負担金640万円。市街化区域内の供用開始に係る下水道事業負担金でございまして、現年度分620万円、滞納繰越分20万円を見込んでおります。

 210、211ページ、お願いいたします。

 2項1目事業費分担金475万円。市街化調整区域内の供用開始に係る下水道事業分担金でございまして、現年度分を470万円、滞納繰越分5万円を見込んでおります。

 212、213ページ、お願いいたします。

 2款1項1目下水道使用料2億4,100万円。現年度分2億3,600万円、滞納繰越分500万円を見込んでおります。

 214、215ページ、お願いいたします。

 2項1目手数料5万円。総務手数料でございまして、排水設備指定工事店の新規登録3件と更新登録4件を見込んでおります。

 216、217ページ、お願いいたします。

 3款1項1目下水道事業国庫補助金1億500万円、1節の下水道事業費補助金で7,250万円、2節の特定環境保全下水道事業費補助金で3,250万円を見込んでおります。どちらも補助率は、事業費の2分の1でございます。

 218、219ページ、お願いいたします。

 4款1項1目寄附金1,000円。科目設定のためでございます。

 220、211ページ、お願いいたします。

 5款1項1目一般会計繰入金5億9,500万円。一般会計からの繰入金を見込んでおります。

 222、223ページ、お願いいたします。

 6款1項1目繰越金600万円。前年度の繰越金を見込んでおります。

 224、225ページ、お願いいたします。

 7款1項1目延滞金1,000円。科目設定でございます。

 226、227ページ、お願いいたします。

 3項1目雑入2,939万8,000円。消費税及び地方消費税還付金を39万8,000円、東駿河湾環状道路関連補償金を2,900万円見込んでおります。

 228、229ページ、お願いいたします。

 8款1項1目下水道事業債4億6,950万円、1節の公共下水道事業債で4億2,000万円、このうち説明欄の04公共下水道事業債繰上償還分2億8,650万円は、公的資金補償金免除繰上償還分の借換債でございます。2節の流域下水道事業債で990万円、3節の特定環境保全公共下水道事業債で3,960万円をそれぞれ借り入れる予定でございます。

 以上が歳入でございます。

 次に、230、231ページ、お願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目公共事業費、公共下水道国庫補助事業で1億5,491万7,000円。国庫補助金起債を主な財源としまして、市街化区域内7路線の工事、整備面積3.35ヘクタールを予定しておりまして、これに係ります職員2名の人件費、委託料、工事請負費が主なものでございます。公共下水道町単独事業で956万4,000円、次のページにわたりますけれども、これは国庫補助事業附帯事業としての舗装復旧等の工事請負費、また水道管移設の物件補償費が主なものでございます。

 特定環境保全公共下水道国庫補助事業で7,011万2,000円。国庫補助金起債を主な財源としまして、市街化調整区域内3路線の工事、整備面積5.06ヘクタールを予定しておりまして、これに係ります職員1名の人件費、委託料、工事請負費が主なものでございます。

 2目の単独事業費、公共下水道起債事業で1億3,086万1,000円。次のページにわたりますけれども、起債を主な財源としまして、市街化区域内9路線の工事、整備面積0.54ヘクタールを予定しておりまして、これに係ります職員3名の人件費、委託料、工事請負費、物件補償費が主なものでございます。

 特定環境保全公共下水道起債事業1,180万7,000円。起債を主な財源としまして、市街化調整区域内1路線の工事、整備面積0.82ヘクタールを予定しておりまして、これに係ります委託料、工事請負費、物件補償費が主なものでございます。

 3目流域下水道事業費、狩野川流域下水道事業で1,343万1,000円。東部浄化センターの建設負担金が主なものでございまして、内容としましては、施設整備に係る水処理棟設備の増設等の工事及び設備更新のための業務委託を予定しております。

 236、237ページ、お願いいたします。

 4目の都市下水路事業費、都市下水路町単独事業で139万円。都市下水路の浚渫等の工事請負費が主なものでございます。

 238、239ページ、お願いいたします。

 2項1目業務費、使用料等徴収管理事業で2,345万3,000円。下水道の使用料、受益者分担金及び負担金の賦課徴収に係る人件費、また下水道使用料の徴収義務を上水道会計に委託しております事務事業委託料が主なものでございます。水洗化促進事業で274万9,000円。排水汚水の水質検査委託料、公設汚水ますの設置等工事請負費が主なものでございます。

 240、241ページ、お願いいたします。

 流域下水道維持管理事業で2億693万1,000円。東部浄化センターに流入されます排水汚水の処理に係る維持管理負担金が主なものでございます。

 2目の管渠維持費、管渠維持管理事業で1,057万5,000円。これはマンホールポンプ及び汚水流量計の維持管理のための委託料、既設汚水管の補修工事等が主なものでございます。

 3目のポンプ場管理費、蛇ケ橋ポンプ場維持管理事業で1,808万3,000円。ポンプの運転操作に係ります電気料及び修繕料、電気設備点検等委託料、次のページにわたりますけれども、導水路補修の工事請負費等が主なものでございます。

 244、245ページ、お願いいたします。

 2款1項1目元金、起債元金償還事業で6億4,054万4,000円。償還計画に基づき償還するものでございまして、償還先につきましては説明欄に記載のとおりでございますが、そこの一番下にあります独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構繰上償還分2億8,677万7,000円は、平成元年から平成3年度までに借り入れしました年利5%以上の借入金3件の繰上償還分でございます。公的資金補償金免除繰上償還は、21年度が最終年度となります。

 2目の利子、起債利子償還事業で1億6,230万3,000円。償還計画に基づき償還するものでございまして、償還先につきましては、記載のとおりでございます。

 246、247ページ、お願いいたします。

 3款1項1目予備費30万円を予定しております。

 次の248ページから250ページにつきましては給与費明細書でございまして、下水道課職員9名の給与等を掲載してございますので、ご参照いただきたいと思います。

 251ページ、お願いいたします。

 地方債の前年年度末における現在高並びに前年度末及び当該年度末における現在高の見込みに関する調書でございまして、合計欄の一番右側になりますけれども、当該年度末現在高見込額、平成21年度末の起債残高の見込み額は50億4,837万4,000円となります。

 下水道事業特別会計予算の細部説明は以上でございます。

 次に、農業集落排水事業特別会計予算の細部説明をいたします。

 252ページからとなります。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第33号 平成21年度函南町農業集落排水事業特別会計予算。

 平成21年度函南町の農業集落排水事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ711万5,000円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 253、254ページ、お願いいたします。

 第1表歳入歳出予算。歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項分担金、同額で2,000円。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、同額で125万1,000円。

 3款繰越金、1項繰越金、同額で20万円。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金、同額で566万2,000円。

 歳入合計711万5,000円でございます。

 歳出でございます。

 1款事業費、2項業務費、同額で298万5,000円。

 2款公債費、1項公債費、同額で412万円。

 3款予備費、1項予備費、同額で1万円。

 歳出合計711万5,000円でございます。

 次に、事項別明細につきましては、259、260ページからお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項1目事業費分担金2,000円。農業集落排水事業の分担金でございまして、科目設定をしてございます。

 261、262ページ、お願いいたします。

 2款1項1目農業集落排水使用料125万1,000円。現年度分125万円を見込んでおります。滞納繰越分は、科目設定でございます。

 263、264ページ、お願いいたします。

 3款1項1目繰越金20万円。前年度の繰越金を見込んでおります。

 265、266ページ、お願いいたします。

 4款1項1目一般会計繰入金566万2,000円。一般会計からの繰入金を見込んでおります。

 以上が歳入でございます。

 次に、267、268ページ、お願いいたします。

 歳出でございます。

 1款2項1目業務費、農業集落排水管理事業で298万5,000円。終末処理施設等の維持管理を行うものでございまして、電気料、汚泥引き抜きの手数料、施設の保守点検及び水質検査等委託料が主なものでございます。

 269、270ページ、お願いいたします。

 2款1項1目元金、起債元金償還事業で271万7,000円。償還計画に基づき償還をするものでございます。

 2目の利子、起債利子償還事業で140万3,000円。元金同様、償還計画に基づき償還するものでございます。

 271、272ページ、お願いいたします。

 3款1項1目予備費1万円を予定しております。

 273ページ、お願いいたします。

 地方債の前年年度末における現在高並びに前年度末及び当該年度末における現在高の見込みに関する調書でございまして、合計欄の一番右側になりますけれども、当該年度末現在高見込額、平成21年度末の起債残高の見込み額は5,647万4,000円となります。

 以上で農業集落排水事業特別会計予算の細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(市川勝美君) 上水道事業特別会計及び各簡易水道特別会計予算について、水道課長。

          〔水道課長 西川富美雄君登壇〕



◎水道課長(西川富美雄君) それでは、上水道及び各簡易水道事業予算の細部説明をいたします。

 まず、上水道事業でございます。

 274ページをお願いいたします。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第34号 平成21年度函南町上水道事業特別会計予算。

 (総則)

 第1条 平成21年度函南町の上水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (業務の予定量)

 第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。

 1号 給水戸数1万3,380戸。

 2号 年間総給水量541万3,000立方メートル。

 3号 1日平均給水量1万4,830立方メートル。

 4号 建設改良事業費1億6,600万8,000円。

 (収益的収入及び支出)

 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。

 収入。

 第1款事業収益5億209万9,000円。

 第1項営業収益4億9,968万5,000円。

 第2項営業外収益241万3,000円。

 第3項特別利益1,000円。

 支出。

 第1款事業費用4億8,503万円。

 第1項営業費用4億4,164万7,000円。

 第2項営業外費用3,528万3,000円。

 第3項特別損失800万円。

 第4項予備費10万円。

 (資本的収入及び支出)

 第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める(資本的収入額が資本的支出に対し不足する額2億466万5,000円は当年度分消費税資本的収支調整額661万3,000円、当年度損益勘定留保資金1億4,238万1,000円及び建設改良積立金5,567万1,000円で補てんするものとする。)。

 収入。

 第1款資本的収入1,557万1,000円。

 第2項工事分担金1,000円。

 第4項加入分担金1,557万円。

 支出。

 第1款資本的支出2億2,023万6,000円。

 第1項建設改良費1億6,600万8,000円。

 第2項企業債償還金5,422万8,000円。

 次のページ、お願いいたします。

 (一時借入金)

 第5条 一時借入金の限度額は、2,000万円と定める。

 (予定支出の各項の経費の金額の流用)

 第6条 予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 1号 営業費用。

 2号 営業外費用。

 (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)

 第7条 次に掲げる経費については、その経費の金額を、それ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。

 1号 職員給与費8,149万4,000円。

 (他会計からの補助金)

 第8条 起債分利息支払いのため函南町一般会計からこの会計に補助を受ける金額は190万1,000円である。

 (たな卸資産購入限度額)

 第9条 たな卸資産の購入限度額は、944万円と定める。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 次に、276ページをお願いいたします。

 平成21年度の函南町上水道事業特別会計予算実施計画でございます。

 各欄とも款、項の予定額のみを朗読させていただきます。

 まず、収益的収入及び支出。

 収入。

 1款事業収益5億209万9,000円、1項営業収益4億9,968万5,000円、2項営業外収益241万3,000円、3項特別利益1,000円。

 次に、支出。

 1款事業費用4億8,503万円、1項営業費用4億4,164万7,000円、2項営業外費用3,528万3,000円、3項特別損失800万円、4項予備費10万円。

 次に、資本的収入及び支出。

 収入でございます。

 1款資本的収入1,557万1,000円、2項工事分担金1,000円、4項加入分担金1,557万円。

 支出。

 1款資本的支出2億2,023万6,000円、1項建設改良費1億6,600万8,000円、2項企業債償還金5,422万8,000円。

 次のページをお願いいたします。

 平成21年度函南町上水道事業特別会計資金計画でございます。

 当年度予定額、真ん中の欄でございますが、そこのみ朗読させていただきます。

 まず、受入資金10億1,223万8,000円。内訳でございますが、事業収益が4億3,591万5,000円、前年度未収金収入3,293万2,000円、前年度繰越金5億856万円、一時借入金2,000万円、分担金1,000円、加入分担金1,482万9,000円。

 次に、支払資金でございます。5億8,564万6,000円。内訳ですが、事業費用3億893万9,000円、建設改良費1億5,799万2,000円、企業債償還金5,422万8,000円、一時借入金返済2,000万円、貯蔵品899万1,000円、未払金3,549万6,000円。

 差し引き4億2,659万2,000円。

 前年度決算見込み額と比較しまして、8,196万8,000円の減となります。

 次に、278ページから280ページにつきましては、水道課職員10名の給与費の明細が記載してございますので、よろしくお願いいたします。なお、279、280ページの制度等につきましては、一般会計と同様でございます。

 次に、281ページをお願いいたします。

 平成21年度函南町上水道事業特別会計予定損益計算書でございます。こちらにつきましては、右側、本年度分というところで、各項の合計額のみ朗読をさせていただきます。

 1項営業収益、給水収益、受託給水工事収益、その他営業収益、計で4億7,600万2,000円。

 次に、2項の営業費用でございますが、原水浄水及び配水給水費、受託給水工事費、総係費、減価償却費、資産減耗費、その他営業費用、計で4億3,153万8,000円。

 営業利益は4,446万4,000円となります。

 次に、3項営業外収益でございます。受取利息及び配当金、他会計補助金、雑収益で、計241万3,000円。

 4項営業外費用、支払利息及び企業債取扱諸費、雑支出で2,915万1,000円。

 経常利益は1,772万6,000円となります。

 5項特別利益、過年度損益修正益で1,000円。

 6項特別損失、過年度損益修正損で762万円。

 予備費が10万円。

 当年度純利益は1,000万7,000円というようになります。

 続きまして、282ページ、283ページに予定の貸借対照表を記載してございます。後ほどご覧になっていただきたいと思います。

 次に、事項別明細になりますので、ページでいきますと、285、286ページをお願いしたいと思います。

 まず、収益的収入及び支出。

 3条予算の中のまず歳入でございます。

 1款1項1目給水収益でございます。水道料金で4億7,440万円。

 2目の受託給水工事収益で1,000万円。

 3目その他営業収益、竣工検査手数料、それから簡易水道事務委託料等で1,525万4,000円。

 雑収益で1,000円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 1款2項1目受取利息及び配当金51万円。普通預金、定期預金等の利息でございます。

 2目他会計補助金190万1,000円。こちらは一般会計のほうでも説明ございましたが、桑原簡水統合のときの利息分の補助でございます。

 3目雑収益2,000円。科目設定でございます。

 次のページをお願いいたします。

 1款3項1目過年度損益修正益1,000円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目原水浄水及び配水給水費でございます。こちらは配水池、それから浄水場、配水管、それらの維持管理に係る経費でございます。主なものとしましては、職員2名の人件費、それから下のほうの欄にございますが、浄水場の管理、それから工業計器等の業務の点検に係る委託料、その次のページ、お願いいたします。水質検査の手数料、それから修繕費、22節にあります駿豆水道の受水費、それらが主なものでございます。

 2目の受託給水工事費でございます。これは受託に係る工事の経費でございまして、主なものとしましては、職員1名の人件費、次のページにかかりますが、24節受託に係る工事費1,000万円が主なものでございます。

 次に、3目の総係費、こちらは料金の賦課徴収等に係る経費でございます。主なものにつきましては、職員6名に係ります人件費、それから次のページになりますが、検針票、通知書等の印刷製本費、検針業務の委託料、それらが主な経費でございます。

 次に、4目の減価償却費で1億3,437万1,000円。こちらは建物、それから構築物等に係る減価償却費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 5目資産減耗費で801万円。こちらは管路等の除却に係るものでございます。

 次、6目のその他営業費用ということで4万円。工事用材料売却原価等でございます。

 次に、1款2項1目の支払利息及び企業債取扱諸費でございます。2,915万円。こちらは企業債の償還の利息分でございます。

 2目の雑支出で1,000円。科目設定でございます。

 3目の消費税で613万2,000円。こちらは消費税でございます。

 次のページをお願いいたします。

 1款3項1目の過年度損益修正損で800万円。こちらは、平成16年度から平成20年度までに係りますいわゆる不納欠損に係る分のものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1款4項1目予備費でございます。10万円を見込んでおります。

 次に、資本的収入及び支出になりますので、308ページ、309ページをお願いいたします。

 まず、歳入でございます。

 1款2項1目の工事分担金で1,000円。科目設定でございます。

 次のページをお願いいたします。

 1款4項1目加入分担金で1,557万円。加入分担金、新規で70件を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 ここから歳出でございます。

 1款1項1目配水設備改良費で1億4,770万8,000円。こちらは配水管の布設替え等に係る費用でございます。主なものとしましては、職員1名の人件費、それから313ページの右下にございますが、東駿河湾関連工事に伴います布設替え工事、白道坂、それから柿沢台等の継続工事に係ります配水管の布設替え工事、それらに係る工事費が主なものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1款1項2目の営業設備費でございます。1,830万円。量水器費で、70個分で60万円、それから車両及び運搬備品ということで170万円、軽自動車が老朽化しましたので、買いかえを予定しております。それから、管路台帳システムということで、管路台帳を電算化するということで、それらに係る経費が1,600万円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 1款2項1目の企業債償還金で5,422万8,000円。こちらは企業債、元本に係るものでございます。未償還元金は記載のとおり、9億3,724万5,000円ということになっております。

 次のページをお願いいたします。

 たな卸資産購入限度額ということで、本年度944万円を予定しております。内訳は、材料費が15万円、量水器費が929万円ということになっております。

 以上が上水道事業特別会計予算でございます。

 次に、畑、丹那簡易水道特別会計予算の細部説明をさせていただきます。

 319ページでございます。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第35号 平成21年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計予算。

 平成21年度函南町の畑、丹那簡易水道特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ670万円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

 第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 1号 各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でこれらの経費の各項の間の流用。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 次のページをお願いいたします。

 第1表の歳入歳出予算でございます。まず、歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項分担金、同額で15万円。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、同額で644万9,000円。

 4款繰越金、1項繰越金、同額で10万円。

 5款諸収入、2項雑入、同額で1,000円。

 歳入合計は670万円でございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、同額で439万9,000円。

 2款施設費220万1,000円、1項管理費159万7,000円、2項給水工事費60万4,000円。

 4款予備費、1項予備費、同額で10万円。

 歳出合計は670万円でございます。

 事項別明細になりますので、326、327ページをお願いいたします。

 まず、歳入でございます。

 1款1項1目分担金で15万円。加入分担金1件分を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目水道使用料で644万9,000円。現年度分で639万9,000円、滞納繰越分で5万円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 4款1項1目繰越金で10万円。前年度の繰越金でございます。

 次のページをお願いいたします。

 5款2項1目雑入で1,000円。科目設定でございます。

 次に、歳出でございます。

 334、335ページをお願いいたします。

 1款1項1目一般管理費、簡易水道経営管理事業で439万9,000円。こちらは料金の賦課徴収に係る経費でございまして、納付書等の印刷製本費、上水道の委託料、それから営農飲雑用水整備事業への交付金等が主なものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目の一般管理費、簡易水道施設維持管理事業で159万7,000円。こちらは配水池、配水管等の維持管理に関する経費でございまして、修繕料、水質検査の手数料、上水道への委託料等が主なものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款2項1目給水工事費、簡易水道給水事業で60万4,000円。こちらは計量法に基づきますメーター交換に係る経費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 4款1項1目予備費で10万円でございます。

 以上が畑、丹那簡易水道特別会計予算でございます。

 次に、田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算の細部説明をいたします。

 342ページでございます。

 それでは、まず議案を朗読いたします。

 議案第36号 平成21年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算。

 平成21年度函南町の田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1,390万円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

 第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 1号 各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でこれらの経費の各項の間の流用。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 次のページ、343、344ページをお願いいたします。

 第1表の歳入歳出予算でございます。まず、歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項分担金、同額で15万円。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、同額で1,148万9,000円。

 3款財産収入、1項財産運用収入、同額で126万円。

 4款繰越金、1項繰越金、同額で100万円。

 5款諸収入、2項雑入、同額で1,000円。

 歳入合計は1,390万円でございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、同額で193万9,000円。

 2款施設費1,186万1,000円、1項管理費1,040万1,000円、2項給水工事費146万円。

 4款予備費、1項予備費、同額で10万円。

 歳出合計は1,390万円でございます。

 次に、事項別明細になります。349、350ページをお願いいたします。

 まず、歳入でございます。

 1款1項1目の分担金で15万円。新規加入分担金1件分を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目の水道使用料で1,148万9,000円。現年度分で1,138万9,000円、滞納繰越分で10万円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 3款1項2目の財産貸付収入で126万円。こちらは東部農協に深井戸を貸しておりますので、そちらの使用料でございます。

 次のページをお願いいたします。

 4款1項1目繰越金で100万円。前年度の繰越金でございます。

 次のページをお願いいたします。

 5款2項1目雑入で1,000円。科目設定でございます。

 次に、歳出でございます。

 359、360ページ、歳出でございます。

 1款1項1目の一般管理費、簡易水道経営管理事業で193万9,000円。こちらは料金の賦課徴収に係る経費でございます。納付書等の印刷製本費、上水道への委託料、それから借地料、積立金、それらが主な経費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目一般管理費で、簡易水道施設維持管理事業で1,040万1,000円。こちらは配水池、配水管等の施設の維持管理に係る経費でございまして、電気料、それから修繕料、水質検査の手数料、それから老朽管布設替え工事等に係る経費、それらが主なものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款2項1目の給水工事費で、簡易水道給水事業146万円。こちらは計量法に基づきますメーター交換に係る経費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 4款1項1目予備費で10万円でございます。

 以上が田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算でございます。

 次に、東部簡易水道特別会計予算の細部説明をいたします。

 367ページをお願いいたします。

 まず、議案を朗読いたします。

 議案第37号 平成21年度函南町東部簡易水道特別会計予算。

 平成21年度函南町の東部簡易水道特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億2,820万円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

 第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 1号 各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でこれらの経費の各項の間の流用。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 次のページをお願いいたします。

 第1表の歳入歳出予算でございます。まず、歳入でございますが、1款分担金及び負担金、1項分担金、同額で360万円。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、同額で1億359万9,000円。

 4款繰入金、1項基金繰入金、同額で2,000万円。

 5款繰越金、1項繰越金、同額で100万円。

 6款諸収入、3項雑入、同額で1,000円。

 歳入合計は1億2,820万円でございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、同額で6,972万3,000円。

 2款施設費5,837万7,000円、1項管理費5,474万4,000円、2項給水工事費363万3,000円。

 4款予備費、1項予備費、同額で10万円。

 歳出合計は1億2,820万円でございます。

 次に、事項別明細になります。374、375ページをお願いいたします。

 まず、歳入でございます。

 1款1項1目分担金で360万円。新規加入分担金12件分を見込んだものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目水道使用料で1億359万9,000円。現年度分で、ダイヤランド分が8,899万9,000円、伊豆の国市分、いわゆるエメラルド地区ですが、1,360万円、滞納繰越分100万円を見込んだものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 4款1項1目の簡易水道基金繰入金で2,000万円。東部簡易水道基金から繰り入れるものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 5款1項1目の繰越金で100万円。前年度の繰越金でございます。

 次のページ、382、383をお願いいたします。

 6款3項1目の雑入で1,000円でございます。

 次に、歳出でございます。

 384、385ページをお願いいたします。

 まず、1款1項1目一般管理費、簡易水道経営管理事業で6,972万3,000円。料金の賦課徴収、それから原水の購入に係る費用でございます。主なものとしましては、ダイヤランド、いわゆる施設の管理、それから検針に係る委託料、それから駿豆水道の受水費、それらが主な経費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目一般管理費、簡易水道施設維持管理事業で5,474万4,000円。こちらは配水池、配水管等の維持管理に係る経費でございます。電気料、修繕料、それから設備の点検、それから分水栓調査等に係る委託料、配水管の布設、取り直し工事等に係る工事請負費、それらが主なものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款2項1目の給水工事費、簡易水道給水事業で363万3,000円。こちらも計量法に基づきますメーター交換に係る経費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 4款1項1目予備費で10万円をとってございます。

 以上で、上水道及び各簡易水道特別会計予算の細部説明を終了いたします。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(市川勝美君) 次に、平井財産区特別会計予算について、総務課長。

          〔総務課長 藤間秀忠君登壇〕



◎総務課長(藤間秀忠君) それでは、平井財産区特別会計予算について細部説明をいたします。

 予算書のページは、392ページだと思います。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第38号 平成21年度函南町平井財産区特別会計予算。

 平成21年度函南町の平井財産区特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ209万4,000円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 それでは、次のページ、393ページをお願いいたします。

 第1表歳入歳出予算でございます。歳入です。

 1款財産収入、1項財産運用収入、同額で97万2,000円。

 2款繰入金、1項基金繰入金、同額で112万2,000円。

 歳入合計で209万4,000円です。

 右のページですが、歳出になります。

 1款総務費、1項総務管理費、同額で209万4,000円。

 歳出合計も同額で209万4,000円でございます。

 次に、事項別明細となります。399、400ページをお願いいたします。

 歳入の1款1項1目利子及び配当金97万2,000円でございます。これは基金に係る利子分でございまして、国債分及び定期預金分、合わせた合計額でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目基金繰入金112万2,000円でございます。諸対策事業及び基金管理会の事務経費として、112万2,000円をそれぞれ繰り入れるものでございます。

 次に、歳出になります。

 403ページ、404ページをお願いいたします。

 1款1項1目基金積立金、基金管理事業で97万2,000円です。利息分を基金のほうに積み立てるものでございます。

 2目諸費、諸対策事業、一般会計繰出金100万円。平井の公民館運営経費等に充てるために一般会計に繰り出すものでございます。

 3目の管理会費、管理会事務事業で12万2,000円。平井財産区管理会、年2回の開催に係る報酬及び費用弁償を計上したものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(市川勝美君) 以上をもって平成21年度一般会計及び各特別会計予算の細部説明を終わります。

 議事の中途ですが、ここで10分間休憩をいたします。

                              (午前9時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                             (午前10時07分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) これより総括質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 16番、室伏議員。



◆16番(室伏正博君) 4点ほどお伺いいたします。

 9ページの地方債でありますが、町債全体では9億1,950万円ほどありまして、そのうち臨時財政対策債が5億円となっています。昨年は3億2,000万円、一昨年は2億8,800万円で、大分大きな数字となっておるわけでありますが、財源不足に対応するためであろうと思いますが、町の裁量で直に借り入れることができ、投資的経費あるいは経常的経費にも充当できるということでありますが、この背景を少しお伺いしたいと思います。

 次に、199ページの4款2項3目の一般廃棄物収集事業で7,092万円ほどありますが、その中に廃食用油として収集委託料が110万円ほどあります。これはバイオディーゼルの燃料というようなことでありますが、CO2の削減あるいは地球温暖化の防止に大変大きく貢献するものと期待できるわけでありますが、具体的にどうなのかお伺いします。

 次に、補助金関係でありますが、181ページの三島食品衛生協会に60万円、これと187ページの環境衛生推進事業費補助金で16万9,000円、それと199ページの一般廃棄物収集事業建設補助金として152万6,000円ほど、それと217ページの商工振興事業費で690万円の補助、それと観光振興事業として680万円ほどありますが、両者を対比しますと、商工事業全体で690万円で、観光事業の補助として680万円と、商工への補助が少ないのか、あるいは観光事業への補助が大きいのかちょっとわかりませんが、この辺の関係を少しお伺いしたいと思います。

 4番目に、275ページの公民館の運営事業費で7,841万円ほどありますが、これは前年比で2,700万円ほど増加しております。この背景についてお伺いします。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 総務部長。



◎総務部長(幸野宗昭君) 臨時財政対策債につきましては、ご指摘のとおり、財源不足を補うということですが、できるだけ何ですか、交付税等で措置されるものを優先的にということで、臨時財政対策債、これにつきましては交付税のほうで措置されますので、そういう意味で限度額目いっぱい本年度は、21年度は借りるということにいたしました。



○議長(市川勝美君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(露木章君) それでは、2番の一般廃棄物収集事業の中の廃油の回収についてのご質問でございますけれども、21年度の8月から1月までモデル地区を決めまして、そこで一般の家庭からの廃油を収集いたします。これは、見込みといたしましては、1年間に1つの世帯で0.5リットルという試算が先進の事例がございまして、それでいきますと、大体7,000リットルが収集できるものと考えております。そして、2月からは全町収集をしたいと考えております。予算の中では、先ほど申されました事務事業委託料として、廃油の収集を委託いたします。それ以外に、消耗品として収集用のコンテナを購入するという予算をつけてございます。

 それと、補助金の関係でございますね。

 まず、187ページの環境衛生事務事業の中の16万9,000円の補助でございますけれども、これについては各地区の消毒液の乳剤の噴霧器を持っている区がございまして、そちらの修繕用に設けたものでございます。これは20年度中に要望を得まして、そして予算化したものでございます。

 次に、もう一つの199ページの中にございます建設の補助金152万6,000円ですが、こちらについても各地区のごみステーションの改修もしくは新設の要望を受けまして、全部で14基要望がございましたので、それを予算化したものでございます。

 以上でございます。



○議長(市川勝美君) 厚生部長。



◎厚生部長兼福祉課長(芹澤光雄君) 食品衛生協会への補助金でございますけれども、三島食品衛生協会函南支部、食中毒の防止のための講習会の開催、店舗等の衛生状態の検査等への活動に対する補助金でございます。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 農林商工課長。



◎農林商工課長(室伏光男君) 217ページの函南町商工会事業補助金690万円と同じページですけれども、函南町観光振興事業費補助金680万円について、多い、少ないというお話をいただきましたが、商工会につきましては、町内の小規模事業者の皆様の経営改善指導と健康維持増進というものに充て、また地域の活性化のための猫おどりの開催と、それから観光のほうにつきましては、観光協会のパンフレットの作成ですとか、またパンフレットの送付依頼がありますと、それを送ったり、またワクワク狩野川まつりの開催ということで、その事業内容が違いますので、一概に金額では比較できないかなというふうには思っております。

 以上でございます。



○議長(市川勝美君) 教育次長。



◎教育次長(星野幹雄君) 公民館運営事業費の前年対比の増の理由ですけれども、21年度は中央公民館の空調設備の工事、それから舞台設備の工事で5,000万円ほど工事を予定しておりますので、その関係で増になっております。



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

 15番、小西議員。



◆15番(小西晶君) 私から5点お願いしたいと思います。

 まずは予算全般ですが、私は、事業別に大体120カ所ぐらいいろいろ前年比と比較してみましたが、前年比80ぐらいから100ぐらいの数字がほとんどでして、いかに少ない予算で節約して各課がやったかということが数字的にも出ておるわけです。ということは、給料は横滑りにして、その他の需用費を削ったり、大きな新しい事業は別にしても、その辺の苦労が各課とも数字の上で表れておると思うんですが、ちょっと問題なのは、1カ所だけ伺わせて、税務課、ここは前年比が87ということで頑張っておる、上位になっておるんですが、221事業ですね。ここが説明はなくてもいいと思うんですが、要は前年比87の中で、ここだけが人件費が84というふうに、全体が下回っていると思うんです。ここだけが人件費が減っているという数字がいかがかということで、それを伺います。

 2点目は87ページ、徴収費委託金のところが、県民税の徴収委託金が6,210万円、昨年度の半減、58%ぐらいに減っていると思いますが、特に単価が4,000円から3,000円と減っている理由を教えてください。

 127ページ、庁舎の管理が約1,000万円、今年は減っていますが、何か事業をよしたのがあるんでしょうか。

 次は水道です。281ページ、給水収益ですが、給水というのは水道ですから、文字どおり水揚げへの料金だと思うんですが、ここは非常にふえていかないということは、この5カ年ぐらい、数字的に見てもほとんど前年並み、これは担当課の説明によると、節約と、いま一つは飲料水をペットボトルで買うからだという、僕はなるほどなということで、だから伸びないのかということがわかりました。そこで、今年の給水収益の予算を見ますと、大体、前年比が100になっていますが、せんだっての補正のときに大きく沈んだのは、大型店の改装期間の閉店だというふうに聞きました。これは、ではどれぐらいその金額を見込んだら、この数字になるんでしょうか。ここ四、五年からいくと、大体98、100、99、103と来ていますが、ここで急に前年と同じ金額が出ているというのは、閉店の期間の水量をどれくらいと見込んだのかということをお聞きしたいと思います。

 最後に、下水ですが、これは別に数字的にいいんですが、償還を書きかえたということが出ていました。これは、私は安い金利で書きかえるのはどんどんやるべしと思いますが、二、三億円やっていますけれども、これは、ではこれからどういう予定でやっていくんでしょうか。あれにはいろいろ条件があったと思うんですが、その条件、ちょっと私は細かく知りませんが、国からの条件、こういうところの市町村は書きかえることができるというふうに聞きましたが、下水道は一般会計の半額の約50億円という町債がありますが、少しでも安い金利にしていくのがこれはいい制度だと思いますが、今後ともこの制度をやれるのか、あるいは条件にうちは当てはまっているのかどうかというあたりをちょっと細かく教えていただきたいと思います。

 以上、5点お願いします。



○議長(市川勝美君) 総務課長。



◎総務課長(藤間秀忠君) 税務総務事業のところの人件費の減でございますが、これは退職者1名がおりますので、当初予算のときには、退職したところについては1名減というような形で、各事業ともに退職者のところは、その人数を削った人件費の予算を計上します。その分、新規採用がおるわけですが、それについては私どもの総務一般管理事業、こちらのほうにすべて、その配置先も決まりませんので、計上をさせていただいています。1名減となっているのは、前年に1名、それから今年度末で1名という形で減少をしているところでございます。



○議長(市川勝美君) 税務課長。



◎税務課長(矢野正博君) 2点目の個人県民税の徴収委託金の件ですけれども、これにつきましては、前に税源移譲の関係で事務がふえたということで、19年、20年につきましては1人当たりの単価が4,000円で交付いただきました。21年からは本来の姿に戻りますので、納税義務者1人当たり3,000円に下がります。この関係で1人1,000円下がりますので、全体としては相当な額、徴収金の減という形になります。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 管財課長。



◎管財課長(遠藤信君) 小西議員ご質問の庁舎管理の減の理由ということですけれども、昨年度この庁舎の建物管理の入札を行いまして、それの差金がございまして、額が決定したために少なくなったということでございます。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 水道課長。



◎水道課長(西川富美雄君) 給水収益の件でございます。

 先日、補正で減をしたときのものは、例年と同様に、予算を組むに当たって集計をしてございます。その集計で、現時点で600万円ほど減っておりますので、その原因がいわゆる大型店舗と東駿河湾環状線のそれらによるものが大きいだろうということで、補正で減をしました。しかし、今回は店舗もでき上がっておりますので、給水収益そのものは復活するだろうということで、予算そのものは、21年度は20年度の当初と同じ金額ということで、推計をさせてもらったものでございます。



○議長(市川勝美君) 下水道課長。



◎下水道課長(安田好伸君) 先ほどの繰上償還の件なんですけれども、これは平成19年度から21年度の3カ年限定ということで、資本費が基準以上を超えている市町村に該当がするということで、年利5%以上の起債の残を繰上償還ができるというものであります。ですから、21年度でそれが終了となりまして、以後の予定は今のところ来ておりません。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 15番、小西議員。



◆15番(小西晶君) 水道課長、補正を組んだのが4億4,900万円ですよね。今年は100以下ですよね。ということは、ほとんど横滑りですよ、去年と今年は。そうすると、減水したのが何ら入れてられていないじゃないかという。この予算でいくと、去年、補正したのが4億4,900万円ですよね。200万円しか形変わっていないでしょう。ほとんど横滑りだと。そうすると、閉店した分だけが今年もへこむという形になりますが、それでいいんでしょう。これはダウンするならいいんです。



○議長(市川勝美君) 水道課長。



◎水道課長(西川富美雄君) 補正は20年度の分で減額ということで、店の名前出していいかわかりませんが、ルピア等はでき上がりましたので、ですから21年度については、20年度の当初と同じぐらいに見込めるだろうということで、あくまで補正の減は20年度の分ということで、当初予算では前年の当初並みに行くだろうという推計でございます。



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

 1番、松富議員。



◆1番(松富毅君) 2点ほど、ある意味、関連になってしまうところもあるかもしれませんが、まず1点目なんですが、次年度の一般会計の予算の中の先ほど室伏議員のほうからもありました臨時財政対策債の件なんですが、先ほど総務部長のほうからもお話がありましたように、確かに地方交付税で措置をされるというふうには言われているんですけれども、実際これは2011年には打ち切られるというふうな形で言われている臨時のものであると言われています。その中で、5億円もの金額、そして昨年よりもさらに上げている金額をまだつけているということは、2011年以降、どのような形でこの5億円の分を補っていくのかということも含めた予算編成にすべきではないかな、収益を上げていくための予算編成にすべきではないかなというふうに私は思うのですが、将来を見据えた形での5億円の借り入れになっているのか、それともどうなのかという部分をお聞きしたいと思います。

 2点目ですが、先ほど小西議員のほうからも出ました上水道の件なんですけれども、収益がやはり一定でずっと変わらない、ここ例年変わっておりません。ただ、上水道事業も健全的な形で継続的に運営をしていかなければならないんですが、収益を上げていく手段として、どのような方法をとっていこうとしているのかというものは、この予算の中には見受けられないんですが、新たに収益を上げていく事業として取り組もうとしていることとしての投資的な部分は、何か考えられているのかなということを2点お願いいたします。



○議長(市川勝美君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(佐口則保君) 先ほど部長のほうでお答えいたしましたけれども、臨時財政対策債につきましては、これは交付税で措置されるという話もありますけれども、幾ら借りたから幾ら補てんされるとかということではなくて、利息償還分について基準財政額に算入されるという感覚ですので、ではこれを借りたから、幾ら地方交付税で見てもらっていますよというのは、明確には言えないというのをまずご了承願いたいなというふうに思います。

 この臨時財政対策債につきましては、21年度で終わるということではありません。21年度で終わると部長が登壇をしてお話ししたのは、特別交付金の話であって、これは減収のために臨時的に財源補てんということで3年間見ていただいたということがあるものですから、これは21年度で終わりますけれども、臨時財政対策債については、今のところ21年度で終わるという話は聞いておりません。



◆1番(松富毅君) すみません。2011年です。ごめんなさい。21年じゃなく、2011年です。



◎企画財政課長(佐口則保君) すみません。今は、その明確なお話はまだ出ておりませんので、多分これも継続されるだろうと、交付税が減少傾向にあるものですから、この財政対策債については、ある面では維持されるのかなということで、地方に賄える分について補てんをすべきものとしては、これは残されるかなというふうには今見ておりますが、それは明確にはまだ出ておりません。ですから、今の段階では、これに対してどうこうということじゃなくして、借りられるものについては、限度額目いっぱいはと、本来ならば80%から90%というふうな形で今までは見ておったんですけれども、21年度につきましては、当初、地方交付税について、もうちょっと地方の活性化のために交付税が上乗せされるだろうというふうに予測はしておりました。ですけれども、交付税そのものが最初は10億円を超えるだろうというふうには見ておったんですけれども、この前の国あるいは県とのやりとりの中で交付税も減ってくると、そのためにこちらの財政対策債のほうで手当てをしてくださいというのが国の指示であるということは、ご理解願いたいというふうに思います。



○議長(市川勝美君) 水道課長。



◎水道課長(西川富美雄君) 給水収益を上げる投資的なものを何か考えているかということでございますけれども、世間的には節水なり、そういう呼びかけをしている段階でございまして、水道課で水をどんどん使ってもらいたいというようなPRは、なかなかできないというのが現状でございます。話とは逆行してしまいますが、ご存じのように、給水収益も良くありませんので、今回298ページに、一番下のほうに審議会報酬ということで、実は決算にもよりますけれども、料金改定、逆行してしまいますけれども、そういうようなことも考えておりますので、収益を上げるような投資的経費という、そういうものは考えてございません。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 1番、松富議員。



◆1番(松富毅君) つまり、町内で使われる水量というのは確かに減るとは思うんですが、町外あるいは県内、県外で使っていただく水の量をふやすというような施策も考え得ることではないのかなと私自身は考えたものですから、つまり個別の水の販売ということも視野に入れるべきではなかったのかなということはちょっと考えたものですから、そういったことも今後考えていったほうのがいいのかなという思いがありましたので、意見はしました。

 以上です。



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

 14番、竹下議員。



◆14番(竹下初幸君) それでは、特別会計のほうの315ページ、上水道の関係でございます。4節の工事器具及び備品で1,600万円、管路台帳システム一式をということで説明を受けました。この管路台帳のシステム一式ということについて、その中身についてもう少し説明をしていただきたいと思います。



○議長(市川勝美君) 水道課長。



◎水道課長(西川富美雄君) こちらは、今、管路そのものは、管路台帳ということで冊子のようになっておりまして、大体2年置きぐらいに更新をしております。私もこのシステムについては、メカに疎いといいますか、よくわからないんですが、1回これをやりますと、それのいわゆる文書でいいますと、添削といいますか、それだけで済むもので、管路台帳そのものを更新すると、多額な金額がかかってしまいますので、これを一度整備しておけば、更新が非常に楽だというようなことで、今回導入をしようということで、ちょっと資料を持っておりませんが、近隣の市町で導入しているところもあるという話ですので、それらをやっていきたいという話でございます。



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

 12番、露木議員。



◆12番(露木義治君) 3点ばかり質問させていただきたいと思いますけれども、167ページですか、心身障害者の福祉事業ということで、その中の負担金の中に、ワークショップまごころ運営費負担金があります。これは224万1,000円ということで、ちょっと大きな金額なんですけれども、ワークショップまごころの活動というんですか、どういう団体なのか教えていただきたいと思います。

 次に、ページが251、小学校の管理事業になりますけれども、工事費ということで、函南小学校校舎あるいは東小の体育館ということで、耐震の工事の費用というのが計上されています。特に函小の校舎は、日常、子供たちが学習しながらこの工事に入るということだと思います。その辺について、工期をどのように考えて、安全もそうですけれども、要するに勉学に対しての支障のないようなどのような方法を考えているのか、わかったら教えていただきたいと思います。

 また、函小のトイレが、非常ににおいがして、できたら直していただきたいというようなPTAの要望もあるということを伺っています。この修繕費の中に入っているのか、あるいは工事費の中に入っているのか、あるいはもし入っているとすると、その辺の内容について伺いたいと思います。

 それから、特別会計の下水ですけれども、233、235ページの特定環境保全事業の4路線が計画されていますけれども、この4路線についての説明をしていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 厚生部長。



◎厚生部長兼福祉課長(芹澤光雄君) ワークショップまごころの関係でございますけれども、三島市内にあります精神障害者の小規模授産所でございます。三島市、伊豆の国市、清水町、函南町の2市2町で負担金を出し合って、精神障害者の授産の作業、そういうものを行っておるところでございます。函南町においては2名ほどが通所してございますので、人口割、通所者割等で、2市2町で負担し合って、その運営にかかわっているというところでございます。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 教育次長。



◎教育次長(星野幹雄君) 函南小学校の耐震補強工事ですけれども、函南小学校の補強工事につきましては、少し補強箇所が多いということで、校舎については2カ年での施工を予定しております。基本的には夏休みの期間を利用し、授業に影響のないようにするつもりでおりますけれども、工事割の関係で、21年度の夏休み期間中、それから22年度はちょっと工事量がふえますので、夏休み期間中に消化が難しい分がありますので、22年については、一部仮設校舎等を検討していくことになろうかと思います。

 それから、トイレ等、ほかにも老朽箇所がありますけれども、耐震補強工事にあわせて、トイレについてはドライ方式の採用、それから老朽箇所については、施設の改修あわせてやっていく計画をしております。

 以上でございます。



○議長(市川勝美君) 下水道課長。



◎下水道課長(安田好伸君) 特定環境保全公共下水道の工事の箇所なんですけれども、国庫補助事業としましては、上沢の今、大洞川沿いをやっていますけれども、そこが1カ所と肥田、それとあと柏谷の城山の東側です。それと、あと起債事業のほうでは、上沢の幸野園芸さんの北側のあたりを1カ所やる予定でございます。

 以上です。



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

 3番、吉田議員。



◆3番(吉田有弘君) 3点ほどお伺いいたします。

 まず、219ページですけれども、阿弥陀展示館建設事業ということで、今回4,587万6,000円の予算がついておりますけれども、その中で、13番の委託料の中の設計管理委託料、これが1,913万7,000円、それと工事請負費が1,960万円ついておりますけれども、私個人的には、非常に阿弥陀の展示館というのは、阿弥陀の仏像が好きで、よくあそこへ行きますけれども、ぜひ個人的に函南町の自然に合った例えば函南町の木材を使うですとか、温かな展示館というのが非常に希望でして、無機質な最近のコンクリートのような展示館ではなく、ぜひその辺を設計段階とか入れていただければと思っているんですけれども、その辺についての進捗状況とか、設計段階、伺いたいなと思います。

 2番目としまして、2点目は175ページになりますけれども、留守家庭児童保育所運営事業の中で、15番の中で、工事請負費の中で405万9,000円が計上されておりますけれども、これはきのうのお話ですと、中部学童保育の鉄骨の何か事業ということですけれども、その辺の中身、もう少し具体的に教えていただければなと思います。

 3点目ですけれども、163ページですけれども、今回、建設補助金で、1億円のみどりヶ丘の建設資金がついておりますけれども、この中で2点伺いたいんですけれども、1点が開所の予定日というのは、ある程度決まっているのかどうか伺いたいなと思います。それと、2点目として、みどりヶ丘老人ホームの跡地利用、この辺については、どのようになっているのかということについて伺いたいと思います。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(市川勝美君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(高橋宗弘君) 第1番目の阿弥陀の委託料と工事費の関係のご質問でございますけれども、担当課といたしましても、自然に合った展示館にしたいとは思いますが、工事については将来の進入路ということで、今回は建物と関係ございません。どういう建物にするかということで、基本設計、実施設計のところで検討していきたいというふうに考えております。



○議長(市川勝美君) 教育次長。



◎教育次長(星野幹雄君) 留守家庭児童保育所の工事の件ですけれども、中部学童、いわゆる函南小学校の第二グラウンドのところにある学童保育所です。建設をしてからテラスの鉄骨について大分剥離等が目立ってきておりますので、それらの塗り替え工事を予定しております。



○議長(市川勝美君) 厚生部長。



◎厚生部長兼福祉課長(芹澤光雄君) みどりヶ丘の関係でございますけれども、鬢の沢からパサディナ地区へ移転改築するということです。80人入所のショート10人程度で、本年12月末ごろにはでき上がり、2月ごろには開所するというような話を聞いております。ただ、鬢の沢のほうの跡地利用については、まだ詳しい話は聞いておりません。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 町長。



◎町長(芹澤伸行君) 阿弥陀さんの件ですが、今、担当課は設計の中でと言っていましたけれども、今、吉田さんの希望のようにはいかないというふうに思います。それは、文化財保護のために木造ではまず不可能で、鉄筋でも3年を経過しないと入れられないというようなことが出ていますので、そういう方向には行かないというように理解していただきたいと思います。



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

 4番、加藤議員。



◆4番(加藤常夫君) やっと順番が回ってきたようですので、総括ということですので、1点お伺いいたします。

 平成21年度の附属資料のほうでお伺いしたいと思います。

 昨年の当初予算と比較しますと、1.3%、1億4,200万円の減の編成案ですけれども、その中で歳出予算の状況を見てみますと、4つの款で伸びております。ほかの方たちの質問とダブるところもあるかもしれませんが、特に商工費が約200%近い伸び、それから教育費が20%伸びておられますけれども、これらの予算配分については、町のほうでは重要事業の取り組みという形の一つの表れというふうに私は見ましたけれども、その辺のところを再確認の意味でちょっとお聞きしたいなと思います。



○議長(市川勝美君) 総務部長。



◎総務部長(幸野宗昭君) 今回の当初予算につきましては、民生、教育に力を入れるということでやっておりまして、その表れといたしまして、商工費につきましては、先ほど阿弥陀さんの関係で、補助金を観光関係の補助をもらうということで、本来は教育委員会のほうへとつけるべきだとは思いますが、その辺の関係で商工費のほうへとつけたものですから、こちらも上がったと。それから、教育費については、やはり校舎の耐震化工事があるということで、いずれもハード事業になってしまいますが、そういうことで、この2つがふえているということになります。



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

 6番、高橋議員。



◆6番(高橋好彦君) 3点ばかりご質問させていただきたいと思います。

 初めに、2款4項選挙費の関係ですが、ページでいきますと、146ページでございます。ご案内のように、21年度は町長選挙、それから知事選挙、それから衆議院の選挙と3つの選挙が行われるわけでございまして、それぞれ146ページから151ページにかけて3つの選挙の費用を出していただいておるわけでございますが、その中で、町長選が999万7,000円、それから知事選が1,389万3,000円、それから衆議院選挙が1,742万円ということで、確かに期日前投票とか、選挙期間が長いとか、いろいろ大変なケースでこういう金の積算があると思いますが、まず1点目は職員手当の関係で、知事選と町長選と比べますと、170万円ぐらい差があるわけでございまして、見方によっては町長選のお金が低過ぎるじゃないか、あるいは逆に知事選のお金が高いのかどうかというようなことがまず1点ございます。それから、もう1点は、衆議院の選挙で備品を417万8,000円と計上されておりますが、具体的に備品の品物がわかれば教えていただきたいというのがまず1点目でございます。

 それから、2点目は185ページ、4款1項衛生費の3目の予防費の母子保健の事業でございます。この問題につきましては、昨年の9月の議会の中でも15番議員が質問をいたしておるわけでございますが、今回予算は、乳幼児医療費に1億220万円という金額を計上してございます。昨年の金額との差は、240万円しか差が出ていないわけでございまして、当局側の説明ですと、小学校1年生が350人で、1人当たりの国民医療費が9万7,300円、そうすると、約1,000万円ぐらいの予算が必要であるということで、なかなか学年を上げるというのが難しいというふうなご説明をいただいたわけですが、この差がわずか240万円で1年生ができたということになりますと、端的にもう少し高学年でも予算を計上できるではないかというような考えがあるんですが、この辺についてよろしくお願いしたいと思います。

 それから、3点目は共通する問題でございますが、具体的にここに出ていますが、213ページで、デジタル放送に基づきましてテレビの更新というのが農林水産費ではここに出ておりますが、庁舎とか、それから幼稚園、小・中学校、それからごみ焼却場とか、いろんなところでテレビがあると思いますが、こういったテレビについて、デジタル放送を前にして更新というのをどのように考えているのか、これは全体的な話でいいですからお答え願いたい。よろしくお願いします。



○議長(市川勝美君) 総務課長。



◎総務課長(藤間秀忠君) 選挙費の関係でございますが、21年度は3つの選挙が予定されておりまして、それぞれの経費を計上させていただいてあります。それぞれの金額の違いは、まず選挙期間、当然、選挙期間が長ければ長いほど、期日前投票の期間がなりますので、それに張りつく職員の時間外手当、それからもう一つは当日の開票時間、県知事選挙、町長選挙については単一選挙ですので、1つの開票のみ、衆議院については3つの選挙の開票をいたしますので、それに伴って開票時間も延びるということになりますと、それに対する職員の手当の金額も増加となります。

 あと1点、備品の関係でございますが、基本的には手前どもの町長選、町議会選挙は自主財源でやらなければいけないというところがございますので、極力経費を節減しております。国政選挙、県選挙のときに、なるべく選挙関係の備品関係を用意させていただいているところが現状でございまして、今回は開票時間の短縮ということもございますので、新たに手書きで投票がされるわけですが、そこを自動で読み取れるような分類機というのがございますので、それを購入して、なお開票時間の短縮を図りたいというところで予定しております。



○議長(市川勝美君) 健康づくり課長。



◎健康づくり課長(渡辺麻理君) 医療費の乳幼児医療費の関係でございます。小学校1年生で360人、約1,050万円の予算が必要となりますけれども、乳幼児医療費につきましては、乳幼児医療費の助成が始まりましてから早目早目に受診する傾向がありまして、病気が重症化されませんで、受診の日数、件数は全体的には減っておりますので、この金額で計上させていただきました。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 教育次長。



◎教育次長(星野幹雄君) 公民館関係のテレビのデジタル化について回答いたします。

 小学校につきましては10台、中学校につきましては4台の交換の費用を21年度予算に計上させていただいております。当然これじゃ足りませんので、基本的には3カ年計画で順次更新していくということでございます。

 それから、公民館等の施設につきましては、中央公民館には既に1台入っていることはご案内だろうと思います。ほかの西部コミュニティ、それから丹那の農村環境改善センター等もありますので、それらにつきましては、切りかえる前までに順次整備をしていきたいということで考えております。



○議長(市川勝美君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(佐口則保君) 今のデジタル化ですけれども、農林の予算の中では、排水機場、これは特に災害等に対応しなければならないということで、これは21年度で対応していきたいと、それであとは、今、教育次長が申しましたように、年次計画でいくと。これについては、国策のほうで何か補助、手当て等があるというふうに伺っていますので、これらについても対応できればということで、補正で対応できるものであるならば、考えていきたいというふうに考えています。



○議長(市川勝美君) 議事の中途ですが、ここで10分間休憩をいたします。

                             (午前10時53分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                             (午前11時03分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

 2番、石川議員。



◆2番(石川正洋君) 予算書の163ページの民生費、扶助費の福祉タクシーについて、20年度に82歳から80歳に年齢を下げたということで、20年度の予算の545万9,000円より100万円ほど増額されていますが、その根拠について伺います。

 それから、2点目は総括的になりますが、企業収益の減少等、それに伴う雇用情勢の悪化により、平成21年度予算規模が大幅に縮小せざるを得ないという、そういう自治体もある中で、函南町は、21年度予算編成に当たり、経済情勢の悪化がどのような影響を与えているか、例えば収納率等をどういうふうに考えているのか、そういう点についてちょっと伺いたいと思います。



○議長(市川勝美君) 厚生部長。



◎厚生部長兼福祉課長(芹澤光雄君) 福祉タクシーにつきましては、年齢を下げまして、対象の拡大を図ったところでございます。なお、対象者等につきましては、それぞれの申請率と24枚分けますけれども、24枚の中の利用率、それらを掛けましたところ、このぐらいの数字になったということで、対象人数はふえておりますけれども、それに伴った増額はここで見込んでございますので、あとはそれらの方たちに広報、啓発したところで、申請率、利用率を図っていきたいと思います。



○議長(市川勝美君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(佐口則保君) まず、全体的なことですけれども、税収ということについては、今の景気で特にどうかということなんですけれども、登壇で総務部長もお答えしたかと思うんですけれども、特に函南町の場合には、法人、これらについてはあんまり影響がないだろうというふうなことで、法人税そのものにつきましては1,700万円ぐらいの減ということですけれども、今、議員おっしゃいましたように、収納率については、多少影響があるかなというふうなことが予測されます。

 それから、全体的な中でということで、景気の中で特に自動車関連というふうなことだと思いますけれども、特に影響が出てくるというのは、消費が落ち込んでいる中では自動車重量譲与税とか、それからこちらの予算の中で、もう一つ自動車取得税交付金というのがありますけれども、そういうものについては、落ち込みは予想されるだろうということで、国のほうもそういうふうなことは予測しております。そういう中で、これらの落ち込み、減収については、向こう3年間、21年から23年まで各年度500億円を国は用意をするというふうな話が出ております。そういう中で、この500億円につきましては、予算にもありますけれども、地方特例交付金という形で減収補てんをしてくれるという話が出ております。今回21年度の予算編成につきましては、前年並みにそれぞれ見ておりますけれども、一応そういう形で交付されるということが今言われておりますので、全体では何とかこの税収を含めて、ほかの交付税等についても、減収は、ある程度の下がりは当然出てくるでしょうけれども、大体はこのくらいは収入として上がることができるだろうというふうには見ております。



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

 11番、大庭議員。



◆11番(大庭桃子君) 初めに、5点ほど、ちょっとじっくりとやります。細かいのやら、いろいろ取りまぜますが、すみません。

 予算書の63ページです。13款1項2目3節都市公園使用料の中で、柏谷公園の野球場の使用料なんですけれども、57万6,000円なんですけれども、たしか20年度とか19年度は、グラウンドの改修だとか、芝の養生だとかということで、通常といいますか、それよりは若干少ない計上になっていたんですけれども、今年度も同じ金額になっているものですから、その理由について、ちょっと積算根拠といいますか、教えていただきたいと思います。

 それから、73ページのところです。14款2項8目1節土木費補助金の中の06の狭隘道路整備等促進事業補助金です。これは今回初めて見たんですけれども、これのおおよその説明ございましたけれども、具体的な内容として、何カ所ぐらい例えばどういう工事ができるかということがわかりましたらお願いします。

 それから、3つ目です。109ページになります。20款4項2目2節健康診査個人負担金のところですけれども、これは胃がん検診だとか、そういうがん検診の個人負担金に当たるところなんですが、前年は婦人検診の乳がん検診と子宮がん検診の分が計上されていたんですけれども、今回それが入っておりませんので、この辺のがんの検診の個人負担などについても、ちょっとあわせて教えていただければと思います。

 それから、195ページになります。4款2項1目ですけれども、清掃総務事務事業、職員手当のところで、時間外の勤務手当が前年から50万円くらいちょっと減になっているんですけれども、このときに、ごみの減量の取り組みで、職員が時間外に出かけていって、いろんなそういった取り組みをするというふうなことの説明が前回ありまして、予算の中で、事業名はなくても、そうしたごみの減量、職員の時間外で頑張るところといいますか、そういうふうな取り組みを今年度は考えているんだかどうだかについて伺います。

 それから、199ページです。これはちょっと考え方について伺いたいんですが、補償金なんです。1つは、前のほうから来ていますし尿処理のほうの補償金ですね。し尿処理場のこだま苑のところの補償金の100万円ですね。それから、もう一つ同じページにあります塵芥処理費のほうの不燃物捨て場の協力金の80万8,000円なんですけれども、いわゆる迷惑施設というふうなことの中で、建設時にこうした補償金というもの、協定の中で出されているとは思うんですけれども、昨今こうした補償金の何ていうんですか、妥当性といいますか、そういったものがいろいろ論議をされておりまして、この補償金について未来永劫これを支出し続けるのか、それとも時世に合わせて見直しをするのかというような話も実際行われているようで、この辺について、これは考え方を伺いたいと思います。これで5点ですかね。



○議長(市川勝美君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(高橋宗弘君) まず、一番最初の都市公園の使用料でございますけれども、平成20年と変わっていないということでございますけれども、先ほどの水道の収益と同じで、平成20年の補正で減額しておりまして、当初の計上は例年どおりで、要は19年度に工事は終わりましたけれども、芝生の養生、芝生が定着するまでは使えないということで、その期間をちょっと見込めませんでしたので、それが4、5、6、3カ月ということで、その分は20年度決算では減収しております。また、21年は、20年の当初と同じように見込んだというふうに理解しております。よろしくお願いします。



○議長(市川勝美君) 建設課長。



◎建設課長(与五澤栄堤君) 狭隘道路に係る初めての事業ということでの補助事業なんですけれども、函南町の場合には、今まで建築確認が出てきたときに、建築基準法上の42条の第2項道路ということで、いわゆる4メーター未満の道路については、建築確認の際にセンターから2メーターほどバックしていただくということで、後退線をとるというときに、函南町があらかじめ単独事業にて、そのときの測量、それから塀あるいは立木等に係る補償を出しながら、道路のほうを広げてきたということでありましたけれども、来年度から新規事業にて、補助事業で国からそれに係る事業費の半分を補助してくれるということになります。この予算が通った段階で、新年度になりましたら補助要綱を制定しまして、今までどおり同じような方法にてやっていきたいというふうに考えております。

 以上です。



◆11番(大庭桃子君) 何カ所か言ってもらいたい。



◎建設課長(与五澤栄堤君) 件数につきましては、今までの実績等を見ますと、10件程度ということで対応したいと思っております。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 健康づくり課長。



◎健康づくり課長(渡辺麻理君) 乳がんの検診の自己負担金の制度は変わりませんけれども、次年度から病院との協議の中で、差し引いた額を病院に支払うという形をとらせていただきましたので、形上変わっております。ですから、支払いの1,000円個人負担を今まではいただいているんですけれども、その分を差し引いた額で、病院との契約で支払うということになりましたので、よろしくお願いします。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(露木章君) 職員手当の時間外の件ですけれども、20年度につきましては、各地区の会合にこちらから伺いまして、時間外で分別説明会ということでいただいたわけですけれども、本年度、21年度につきましては、今度は函南町内の各団体に会合があったときにそちらへ伺って、分別説明をしようという方針を立てております。ですので、時間外というよりは、時間内に会合が開かれることが多いではないかということで、時間外を減らしてございます。



○議長(市川勝美君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(佐口則保君) し尿処理場、それからごみの焼却場等、これらにつきましては、建設当初からの経過、そういうふうなこともありまして、一概には申し上げることができませんけれども、21年度の予算査定の中でも、私のほうからは制限として今後見直す時期かなと、20年、30年たっておりますので、どうかなというふうなことで、一応話しかけはしてございます。ただ、そういう意味で、今後は検討の余地はあるかなということでご理解願いたいというふうに思います。



○議長(市川勝美君) 11番、大庭議員。



◆11番(大庭桃子君) では、すみません、続けて。

 そうしたら、次は215ページになります。6款2項1目、節は、これは補助金のところですね。19ですね。林業関係の補助金なんですけれども、昨年、緑化推進事業補助金40万円というのがあったんですけれども、それがなくなってしまいましたが、その辺の理由についてお願いします。

 それから、ちょっと細かいんですけれども、学校関係で261ページ、中学校管理事業のところになりますけれども、報償費のところで、薬剤師の報償金というのがあるんですけれども、これが10万円なんですが、前年度は2万1,000円ということで、これは小学校のほうの管理事業のほうにも関係してきて、251ページのところの薬剤師の報償金についても、やはり前年度の2倍ぐらいにふえているんです。これは、何か新しい事業というのができたのかなと思いまして、そうではないよにしろ、その理由について教えていただきたいと思います。

 それから、特別会計のほうです。

 特別会計のほうで、1つは介護保険です。181ページです。2款7項1目のところです。19節高額医療合算介護サービス事業の負担金ということで、これは歳入のところやら何やら、あちらこちらで出てくる事業なんですが、説明の中では、医療のほうと介護のほうと合算した場合の負担限度額というふうな部分というふうなお話でしたけれども、これは前にも何か言われていて、ただこれは医療のほうと介護のほうと別なもので、どういうふうにどこで合算というか、計算をして、つかんでいくのかなというところでちょっと疑問なものですから、具体的にその計算は、どこでどうやってするのかなということで教えていただければと思います。

 あと、上水道で、275ページです。第9条のところですけれども、たな卸資産の購入限度額ということで944万円というのがありますけれども、たな卸資産の限度額というのは、どういうふうに決めるのか、ちょっと具体的にはよくわからないんですが、比べてみたところ、18年度、19年度は400万円くらいで、20年度には665万円ということで、2年ぐらい前に比べると2倍以上になってきていて、これはどういう理由によるのかなということで教えてください。

 それから、あと313ページのところです。1款1項1目24節工事請負費です。先ほどのご説明の中で、配水管の布設替えということでありました。平井、白道坂、柿沢台については、たしか継続的な事業だと思うんですけれども、仁田駅の配水管の布設替えというのが入っておりまして、1,100万円ですけれども、ちょっと中身を具体的に教えていただければと思います。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 農林商工課長。



◎農林商工課長(室伏光男君) 林業事業の補助金が40万円減ったけれどもということでございますけれども、今までみどりの会に補助金を出しまして。みどりまつり等の開催や町内の交差点での草花の手入れをしていただいたわけでございますが、みどりの会のほうから、それらの事業ができないというお話をいただきまして、この補助金を削りまして、かわりにみどりまつり自体が、町民の皆様が楽しみにされている事業であるという認識のもとに委託料をふやしまして、商工会や町内の緑化木の業者さん等交えて実行委員会等をつくりまして、この事業を実施していこうというようなことを考えております。

 以上でございます。



○議長(市川勝美君) 教育次長。



◎教育次長(星野幹雄君) 薬剤師の報償金の値上げですけれども、薬剤師につきましては、10年くらいなりますか、ずっと据え置きでお願いをしてきました。近隣の薬剤師の報償金を見ても、かなり函南町は低いということもあり、また薬剤師会からも何とかしてくれないかというようなこともありましたので、今回、他市町と均衡をとり、報償金の増額を図ったものであります。



○議長(市川勝美君) 厚生部長。



◎厚生部長兼福祉課長(芹澤光雄君) 医療及び介護の利用者の負担を軽減するということで、この本合算制度をやることになりました。それぞれ1年間の介護保険なり、医療保険の限度額を超えた場合の一定額の上限を設けまして、その超えた部分をこのサービスで還付するという形になるかと思います。国保なり、後期高齢者につきましては、国保連と介護と一体した形の事務処理ができるかと思います。なお、被保険者、社会保険等につきましては、またそちらの事務機関等のやりとりという、データのやりとりをするような形で、被保険者の利用者の方たちへの費用を還元するようなシステムになるかと思います。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 水道課長。



◎水道課長(西川富美雄君) 特別会計の275ページ、たな卸資産の関係でございますけれども、議員ご存じかどうかあれですが、水道課で倉庫を持っておりまして、メーター類、それから水道機器類について毎年棚卸しをやってございます。その年の使用した部材、それからメーター交換等に係る量を推計するわけでございますけれども、318ページにも関連しますけれども、それらの棚卸しをした結果、それから次年度に使う数量、それらを推計した金額で、この金額ということでございます。

 それから、もう1点、313ページの仁田駅前配水管布設替えの工事でございますけれども、本年度、平成20年度に、いわゆる実施計画を仁田駅前につきましてはつくりました。それに基づきまして、予定ですけれども、5年計画で布設替えをしていこうということでございます。あそこの地区は、いわゆる借家ですとか、そういうもの、かなり古い時期に行っておりまして、個人が独自に引いた管等とか、そういうものがございますので、そういうものを整備しながらやっていこうということでございます。都市計画道路等の関連もございますので、予定では駅側、いわゆる西側のほうから整備を進めていきたいと、そんなように考えております。



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

 18番、塚平議員。



◆18番(塚平育世君) まず最初に、補正のときに地域雇用創出の推進のためのお金については、21年度の予算で行うということでありましたので、それについての額がどのくらいで、どこに配分をされたのかということでお伺いしたいと思います。

 それから、ちょっと総務省の財政課長の内簡などを読みますと、今年度についていろいろ指示が出されております。そういう中で、地域手当について、地域に該当していないところについては、緊急に是正をするというふうなことなんかも言われておりますし、また職員に対する福利厚生事業について、函南町でも職員互助会にお金を出しているわけですけれども、そこについても住民の理解が得られるようにということで、適正に事業を実施することということで言われています。それで、地域手当についての少し考え方をお伺いしたいと思います。互助会については、毎年100万円ずつ減額されておりまして、昨年も私も質問をしていますけれども、内容についてはわかっていますが、そうした内簡の指導というのも無視するわけにもいかないんですけれども、実際私は、こうした職員の相互の親睦を図るということについては、必要であるというふうに思いますが、今年も100万円減らしたということについての考え方についてお伺いしたいと思います。

 それから、債務負担行為についてですけれども、債務負担行為の中で、国民投票に係る投票人名簿システム構築業務ということで、22年度までということで計上がされました。中身でいいますと、77ページでも、国民投票に係る情報システムの改修費委託金ということで入っています。支出においても出ております。このことについて、委託金でありますけれども、ちょっと説明をお願いしたいというふうに思います。

 それから、27ページですけれども、特別土地保有税について科目設定ということで今回もされております。ただ、特別土地保有税は廃目になっているわけですけれども、今後、徴収が可能な状況にあるのかどうか、対応するとしたら、どのように対応していくというふうに考えているのかお伺いしたいと思います。

 それから、ページがあちこちちょっと飛んでしまうかもしれませんけれども、町営住宅の239ページですが、水洗化工事が2,277万円ということで計上されました。住宅マスタープランの計画だとか、耐震診断の結果などからも、ここは築数十年たっていて、本当なら改築しなければいけないというところだと思うんですけれども、今ここでやろうとするという理由は何でしょうか、お聞きしたいというふうに思います。

 それから、ちょっとすみませんね、あちこち飛んでしまって申しわけないんですけれども、ページ63の温泉会館の使用料ですが、ここでは使用人数が18万人から17万人ということで、1万人減ということになりますと、収入においても減になりますし、いろんな面で経営に、個別の会計ではありませんけれども、経営が結構厳しくなるということがあります。そういう観点からは、どういう見通しを持っているのかお伺いします。来年からまた指定管理者という中で、こういう状況の中で、本当にそれが進められるのかどうかも含めてです。

 それから、73ページの狭隘道路の補助金について説明がありましたけれども、このことについては、どういうふうな形で取り組みを進めていくのか、何カ所分になるのかがわかれば説明をお願いしたいと思います。

 それから、225ページの国庫補助の道路新設改良事業ですが、ここは国の補助を受けながらやるということで、1−1号線から1−2号線、1−3というふうにたくさん路線があるわけですけれども、今回いろいろ工事費だとか、土地購入とか、物件というふうな形である中で、それらの工事がどのくらい進捗するのかお伺いしたいと思います。それから、大土肥の3号線が継続ということになっていましたけれども、新設ではないかということで、ちょっと聞きたいと思うんですけれども、もし継続でしたら進捗状況も伺いたいというふうに思います。

 それから、209ページの畜産の振興ですけれども、ここではヘルパーさんの分が今回はなくなっているんですけれども、減になった理由について説明をお願いいたします。

 それから……



○議長(市川勝美君) 塚平議員さん、ここでひとつとめていただけますでしょうか。



◆18番(塚平育世君) そうですね。はい、いいです。



○議長(市川勝美君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(佐口則保君) まず、緊急雇用の関係ですけれども、これにつきましては、ふるさと雇用の再生特別交付金あるいは緊急雇用の創出事業に係るそういう交付金ということなんですけれども、この説明会があったのが、年が明けてから、1月のたしか21日ごろだったと思うんですけれども、そういう中でこの事業についての説明がありました。きのう、大庭議員の質問にもお答えしたと思うんですけれども、この中で、ふるさと雇用のほうにつきましては、これは地方自治体が事業主とはなり得ないということがあります。そうすると、あと残っているのは緊急雇用ということで、これについては特別支援を廃止するというふうなことで、それらについて今県と協議をしているという段階です。これに係る経費が大体、臨時雇いの賃金等で7名分ぐらいを見ておりまして、これが大体560万円ぐらいの予算になろうかというふうに思っております。これらを今県と協議をしておりまして、この事業が採択されれば、その事業で対応していくと。

 それから、きのうも申し上げましたけれども、県のほうもこれについては余りにも急な話でしたもので、21年度以降3カ年、基金をもって対応していくということで、今後、各自治体でそういう申し出があれば、これについて県のほうも支援をしていくということですので、今後それに該当する事業が今年度の予算の中であれば、対応していきたいということで、今後の検討課題ということでお話をさせていただきました。一つの例として、きのう挙げたのが不法投棄等による巡視の中で、ごみの片づけなんかは臨時雇いでもできるだろうと、そういうことで一例として挙げさせていただいたと、そういうことであります。



○議長(市川勝美君) 総務部長。



◎総務部長(幸野宗昭君) それでは、地域手当についての考え方ですが、これは以前から議員さんからもそういう質問あったんですけれども、町のほうは、皆さんもご承知のとおり、職員給与が非常に他の自治体に比べて、特に田方地区は低いということがありまして、そしてその中で、とにかく三島市、沼津市等は、当町よりも大分給料高いにもかかわらず、やはり同じように地域手当を出していると。函南町に住んでいるからって生活費が安くて、三島、沼津がうんと高いということも考えられないということで、では函南町も地域手当をということでやっているわけなんですけれども、これについては、やはり県からの指導もかなりありまして、今後どういうふうに対応していくかというのは、またその指導にもよりますけれども、現時点では職員の給与等を考えると、続けていきたいというふうに考えております。



○議長(市川勝美君) 総務課長。



◎総務課長(藤間秀忠君) それでは、互助会の関係でございますが、毎年度100万円ずつ減額をさせていただいているところでございます。これにつきましては、議員もおっしゃっておりましたとおり、税金投与ということでございますので、その辺は内容を精査させていただいて、職員の福利厚生事業とは言いつつも、資質の向上等も含めて研修事業とか、そういうものに重点を置いた町からの補助を充てるようにという形で見直しをしております。個人に返るようなものにつきましては、個人会費をとっておりますので、その辺を充当するということで、毎年度、内容の見直しをさせていただいているところでございます。

 それから、国民投票システムでございますが、国民投票につきましては、永久選挙人名簿と違いまして、年齢が18歳からとなります。そういうことに基づいて、また国からの指導で、永久選挙人名簿とは別に名簿を調製せよということになってございますので、その辺を新たに構築しなければならないということで、全額、国からの交付金に基づいてシステムを構築いたします。ただ、年度が22年度からということになりますので、今年度、21年度、22年度の2カ年でシステム構築をさせていただくということでございます。これにつきましては、国のほうも財源がないということで、2カ年事業でやってくれということになっておりますので、債務をとらせていただいております。



○議長(市川勝美君) 税務課長。



◎税務課長(矢野正博君) 特別土地保有税につきまして説明させていただきます。

 先ほど議員から言われたように、既に現年分についての課税はここ数年されていません。ここで計上させていただいているのは過年度分、要するに滞納分として残っている業者数では5件ほどあるんですけれども、これについての滞納分の徴収があった場合の計上ということで、1,000円させていただいています。

 一応これらの物件につきましては、既に差し押さえ物件でございますので、当然、徴収についても納税義務者、要するに業者に対して通知を出して、徐々でありますけれども、収納も少しあると、大きい額ではございませんけれども、そのような状態で、他の滞納整理と同じような形で進めております。



○議長(市川勝美君) 管財課長。



◎管財課長(遠藤信君) 議員質問の町営住宅の冷川住宅ですけれども、水洗化工事の理由ということですけれども、ここに工事費が2,277万7,000円ありますけれども、これすべてが冷川住宅の水洗化の工事ではございませんので、内訳としては、ほかに塚本団地の外壁の塗装工事とかありますけれども、それと仁田団地のごみ置き場の設置工事とかありますけれども、水洗化工事の理由としましては、住宅マスタープランストック総合計画により計画を立てたものでございまして、今年度から一応3カ年でやる予定になってございます。

 以上でございます。



○議長(市川勝美君) 厚生部長。



◎厚生部長兼福祉課長(芹澤光雄君) 湯〜トピアの関係でございますけれども、入館者につきましては、やはり三島の施設等競合するというような形で、全体の入館者数の4割の方たちが町民ということで、横ばい状況。しかしながら、三島市民が7ポイント減、沼津市民が3ポイント減ということで、若干、函南へ向かう途中で入ってしまっているのかなという状況もございます。

 それから、誘客につきましては、JR等の町内施設めぐりをめぐってのウオーキングとの連携、観光事業者等の立ち寄り場所への提供ということでの連携でこちらを利用していただくと。それから、町内の方たちにつきましては、お笑いフォーラムなり、高齢者いきいき教室を開催し、この中での健康と福祉の向上を図る教室等の展開をしているところでございます。

 これらの事業展開とともに、指定管理者に向けては、やはり民間事業者のノウハウを生かした誘客の人数の増加、それらに伴います経営改善、経営のより一層安定的なものを期待するところでございます。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 建設課長。



◎建設課長(与五澤栄堤君) 狭隘道路につきましては、先ほど大庭議員の質問にもお答えしましたとおりなんですけれども、新年度になりましたら補助要綱を制定しまして、ブロック等、それから立木とかの補償につきましてやっていきたいということで、今までもやっておりましたので、その実績を見ますと、年間10件程度だろうという予測をしております。

 それから、補助事業の話ですけれども、どのくらい進捗するのかというようなご質問ですけれども、主には東駿河湾環状道路の取り合い道路というか、アクセス道路としての町道の改良ということが主でありますので、平成23年度末を完成の見込みとしまして、今、鋭意努力しているという状況でございます。

 それから、大土肥3号線が継続事業でというようなお話ございましたけれども、この1月、今年の1月に補助採択された道路でありまして、場所につきましては来光川にかかる大土肥橋からキミサワ、ルピアさんがあります東駿河湾環状道路にタッチするまでの80メーターぐらいの……

          〔「大森橋です」と言う人あり〕



◎建設課長(与五澤栄堤君) 大森橋です。訂正させてください。の間でありますけれども、そこを補正予算にて計上させていただきまして、新年度も補助事業でやりたいということからしますと、継続ということになりまして、新しい年度、21年度をもちまして用地買収及び補償も完了するという予定でございます。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 農林商工課長。



◎農林商工課長(室伏光男君) 畜産のヘルパーの利用組合の補助金5万円を削った理由についてでございますけれども、行財政改革の中では、少額補助金の見直しということが言われております。このヘルパー利用組合は、JA三島函南の酪農家の方々で組織している組合でございまして、町内の酪農家の方の加入者数は5人ということ、それから東部農協管内では、こういう助成制度がなかったので、それに合わせたこと、これらが理由でございます。

 以上でございます。



○議長(市川勝美君) 18番、塚平議員。



◆18番(塚平育世君) それでは、あと少しお願いします。

 231ページの都市計画事務事業ですけれども、昨年も聞いておりますが、都市計画マスタープランとまちづくり基本条件調査ですが、21年度ということで、ここで終わるわけですけれども、21年度の内容については、どんな形になるのかお伺いしたいと思います。

 それから、学校教育のほうですけれども、学校の耐震補強工事を函小と東小の体育館を行うわけですけれども、これに伴いまして、学校施設の利用をされているわけですけれども、スポーツの利用者に影響があると思うんですが、工事期間だとか、そうした利用できない期間は、どのように対処しようとしているのか、ちょっとその辺をお伺いしたいと思います。

 それから、特別会計のほうに移りますけれども、国保の会計の中で、保険税の収納率が85%ということで、補正のときにも説明が若干ありましたけれども、90%をずっと推移していましたけれども、ここで後期高齢者医療制度も変わったりということで、かなりいろいろな状況は入っております。ただ、そういう中で収納率85%というのは、いろいろ下がりますと、税のアップにもつながるんではないかということがあります。そこについての見通し、お伺いしたいと思います。

 それから、上水道会計については313ページなります。工事請負費で、平井の簡水の連絡管布設ということで1,500万円計上されておりますが、連絡管ですので、どこからどこを連絡管としてつなぐのかということになると思うんですが、説明をお願いします。

 それから、東部簡水の会計につきましては、今回も工事費を2,000万円ぐらい計上しております。有収率の部分でいいますと、これだけやっただけが、有収率がすごく上がるということにならないと思いますが、有収率の状況はどんなふうに考えているのか、その辺ちょっとお伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 都市計画課長。



◎都市計画課長(松下文幸君) 都市計画事務事業のほうの都市マスあるいは基本条件調査の21年度の内容ということなんですけれども、まず都市計画マスタープランにつきましては、平成19年に着手をしております。これは3カ年の債務負担行為ということで、平成21年が最終年度になりますけれども、平成19年度については全体構想、それから平成20年度については地域別構想ということで、昨年9月から函南町を5地区、小学校区に分けて地域別の構想を立てようということで、その各小学校区から一応公募あるいは役員、そういった方たちに協力を願いながら、協議会というものを設置させていただきました。ワークショップ形式で、12月までかけていろいろな意見をいただいたということで、現在これらをもとに地域別構想のまとめをしているという段階であります。21年度につきましては、19年にやった全体構想の下案を20年度にやった地域別構想、これらと整合を図りながら、かつこれらをどうやってまちづくりに反映していくかと、進め方等についても21年度にまとめまして、9月もしくは10月ぐらいまでに計画書の策定を図っていきたいというふうに思っております。

 もう一つの基本条件調査、これらについても平成19年度から事業着手をしておりまして、東駿河湾環状線がある程度見込みがついてきたということから、これらの道路を利用したまちづくりをどういうふうにしていくべきかということで、1つとしては、ファルマバレーあたりの活用を図りながら、企業誘致をこれからどうしていこうかということで、それらのハード面での基盤整備の可能性調査というものを19年度に実施をしております。これらについては、現在、平井耕地について総合計画あるいは国土利用計画の中で位置づけをしてありますので、これらを含めた中での候補地を選定した中で評価をし、具体的には平井耕地をまず優先してやっていこうという方針を立てております。具体的に平井耕地については、農振農用地に指定をされているということから、これらの除外が一番ネックになってきますので、これらの調整作業を現在、県の農地利用室等々行っているんですけれども、引き続きこれらを実施することと、また来光川の河川改修が松川橋でまだとまって、その上流ができておりませんので、これらの治水対策の検討、こういったものを21年度でやっていこうというふうに考えております。

 もう一つは、環状線に絡んで、中心市街地のまちづくりをどういうふうにしていこうかということを考えておりまして、当然、環状線が来ることによって、この道路が供用されると、その沿線の土地利用をどういうふうに誘導していこうかということが問題になってきます。具体的に平成19年から作業に入っているんですが、今年度、20年につきましては、事業者や、あるいは各種団体あるいは沿線の居住者の方たちに協力をいただきながら、ワークショップというものを開催しております。これらにかかわっている方たちからいろんな意見をもらって、今年度末までにまちづくりの提案書というものをつくろうとしております。これを受けて、21年については、まちづくりの中心市街地部分についての基本構想、要するに用途の色塗りを見据えた中で、どういうふうなまちづくりをやっていこうかという構想を立てようということで考えております。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 教育次長。



◎教育次長(星野幹雄君) 体育館の工事による使用のできない間につきましては、体育施設の使用者の説明会がございますので、その説明会時に説明をしたいというふうに考えております。



○議長(市川勝美君) 住民課長。



◎住民課長(高橋憲行君) 国保の収納率の問題についてでございますが、国保の収納率向上につきましては、短期保険証、資格証の発行等で収納率向上対策をしているところでございますが、なかなか上がらないということで、今年度につきましては、税務課と連携いたしまして、預金、それから保険の差し押さえ等行っているところでございます。なかなか実績も出ませんものですから、一番大事なのは、未納者との話し合いをしながら、納税意欲を高めていくというふうに考えております。国保につきましては、重要な財源なものですから、今後も収納率対策について重点的に取り扱っていく予定でございます。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 水道課長。



◎水道課長(西川富美雄君) 平井簡水統合に伴う連絡管の布設の件でございますが、こちらにつきましては、本年度、熱函道路を通りまして、一部、御堂山地区というところがあるんですが、御堂山地区を経由しまして、赤坂地区、平井の赤坂というところがあるんですが、どうやって説明したらいいんですか、赤坂におりてくる道と熱函道路のぶつかる道があるんですが、そこまでは本年度で連絡が終了いたします。来年度につきましては、残っております御堂山地区の分を布設するというものでございます。図面がないとなかなか説明しにくいんですが、残りの御堂山地区をやるということでございます。

 それから、東部簡水の件でございますが、ご存じのように、分水栓の調査を行いながら、修繕なり、工事を進めておるところでございます。分水栓調査のほうも、エリア的には21年度、それから22年度で調査のほうは終了いたしますので、それに基づいて修繕なり、工事を進めていくということでございます。

 有収率の見通しというようなことでございますが、何%というような具体的な数字ではございませんけれども、有収率の向上に努めていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(市川勝美君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と言う人あり〕



○議長(市川勝美君) これで質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△分科会審査の議決



○議長(市川勝美君) 日程第2、分科会審査の議決についての件を議題とします。

 お諮りします。本定例会に上程されております議案第26号から議案第38号までの平成21年度函南町一般会計及び各特別会計予算議案、全13件について、これを各常任委員会に付託し、分科会審査とすることに決したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川勝美君) 異議なしと認めます。

 よって、平成21年度函南町一般会計及び各特別会計予算議案、全13件について、これを各常任委員会に付託し、分科会審査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会の議決



○議長(市川勝美君) 日程第3、休会の議決についてをお諮りします。議事の都合により、3月7日から3月23日までの17日間を休会したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川勝美君) 異議なしと認めます。

 よって、3月7日から3月23日までの17日間を休会とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(市川勝美君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会をします。

 ご苦労さまでした。

                             (午前11時52分)