議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 函南町

平成21年  3月 定例会 03月05日−03号




平成21年  3月 定例会 − 03月05日−03号









平成21年  3月 定例会



          平成21年第1回(3月)函南町議会定例会

議事日程(第3号)

                   平成21年3月5日(木曜日)午前9時開議

日程第1 (議案第26号から議案第38号までを一括議題とする)

     議案第26号 平成21年度函南町一般会計予算

     議案第27号 平成21年度函南町土地取得特別会計予算

     議案第28号 平成21年度函南町国民健康保険特別会計予算

     議案第29号 平成21年度函南町老人保健特別会計予算

     議案第30号 平成21年度函南町後期高齢者医療特別会計予算

     議案第31号 平成21年度函南町介護保険特別会計予算

     議案第32号 平成21年度函南町下水道事業特別会計予算

     議案第33号 平成21年度函南町農業集落排水事業特別会計予算

     議案第34号 平成21年度函南町上水道事業特別会計予算

     議案第35号 平成21年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計予算

     議案第36号 平成21年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算

     議案第37号 平成21年度函南町東部簡易水道特別会計予算

     議案第38号 平成21年度函南町平井財産区特別会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(18名)

    1番    松富 毅君        2番    石川正洋君

    3番    吉田有弘君        4番    加藤常夫君

    5番    植松和子君        6番    高橋好彦君

    7番    服部堅二君        8番    長澤 務君

    9番    米山祐和君       10番    八木戸一重君

   11番    大庭桃子君       12番    露木義治君

   13番    杉村彰正君       14番    竹下初幸君

   15番    小西 晶君       16番    室伏正博君

   17番    市川勝美君       18番    塚平育世君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名

 町長          芹澤伸行君   副町長         森 延彦君

 会計管理者       野田利右君   教育長         鈴木 忠君

 総務部長        幸野宗昭君   厚生部長兼福祉課長   芹澤光雄君

 建設経済部長      仁科喜世志君  教育次長        星野幹雄君

 総務課長        藤間秀忠君   企画財政課長      佐口則保君

 税務課長        矢野正博君   管財課長        遠藤 信君

 住民課長        高橋憲行君   情報政策課長      山下雅彦君

 健康づくり課長     渡辺麻理君   環境衛生課長      露木 章君

 建設課長        与五澤栄堤君  農林商工課長      室伏光男君

 下水道課長       安田好伸君   水道課長        西川富美雄君

 都市計画課長      松下文幸君   生涯学習課長      高橋宗弘君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 事務局長        坂上 操    書記          岩谷智正

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(市川勝美君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより3月定例会第3日目の会議を開きます。

                              (午前9時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(市川勝美君) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第26号〜議案第38号の上程、説明



○議長(市川勝美君) 日程第1、議案第26号 平成21年度函南町一般会計予算、議案第27号 平成21年度函南町土地取得特別会計予算、議案第28号 平成21年度函南町国民健康保険特別会計予算、議案第29号 平成21年度函南町老人保健特別会計予算、議案第30号 平成21年度函南町後期高齢者医療特別会計予算、議案第31号 平成21年度函南町介護保険特別会計予算、議案第32号 平成21年度函南町下水道事業特別会計予算、議案第33号 平成21年度函南町農業集落排水事業特別会計、議案第34号 平成21年度函南町上水道事業特別会計予算、議案第35号 平成21年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計予算、議案第36号 平成21年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算、議案第37号 平成21年度函南町東部簡易水道特別会計予算、議案第38号 平成21年度函南町平井財産区特別会計予算、以上、平成21年度予算13件について一括議題とします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

          〔町長 芹澤伸行君登壇〕



◎町長(芹澤伸行君) 皆さん、おはようございます。

 それでは、議案第26号から議案第38号までについて説明いたします。

 議案第26号は、平成21年度函南町一般会計予算であり、歳入歳出総額104億2,800万円といたしました。

 今議会の冒頭で町政運営に関する所信の一端を述べさせていただきましたが、一般会計による主な施策といたしましては、安心して生活できるまちづくりを目指し、教育、福祉に重点を置いて編成しました。第5次函南町総合計画のテーマ「快適な環境で安心して暮らせるまち・かんなみ」を実現するために諸施策を展開します。極めて厳しい財政運営が見込まれますが、重点施策を中心とした事業への効果的な財源配分や効率的な事業構築を進め、限られた財源の中で行政効果の最大化を図ることを基本方針とします。

 主な施策といたしましては、次のとおりであります。

 人と自然が調和するまちづくりのために、まちづくりのための基本条件調査及び都市計画マスタープランの策定を行います。

 都市基幹公園として、また災害時の防災拠点としての機能をあわせ持った運動公園の整備を行います。

 健やかで生きがいあふれるまちづくりのために、湯〜トピアかんなみの施設を利用した「笑い」に関する健康フォーラムを実施します。

 高齢者がいつまでも元気で過ごせるように、要支援、要介護への移行防止のための介護予防普及啓発事業を行います。

 町民が健やかで生き生きと過ごせるよう、検診事業では各種のがん検診を行い、がんの早期発見、早期治療に役立てます。

 子供を産み育てやすい環境づくりのため、妊婦健診を5回から14回へふやします。小学校1年生までの子供の医療費を無料にします。

 ゆとりに満ちた豊かな人間性をはぐくむまちづくりのために、小・中学校に日常学習の補助や個別指導の学習支援員6人を配置します。

 障害を持つ児童生徒に対する学校生活上の介助や学習活動の支援を行うため、小学校に介助支援員4人、特殊支援員5人、学習支援員4人、中学校に介助支援員2人、特別支援員2人、学習支援員2人を配置します。

 静岡県教育委員会より、参事1人、指導主事1人の派遣を受け、いじめ、問題行動、不登校、虐待などの今日的な教育課題への対応を充実させます。

 魅力ある学習の場と機会の提供を充実させるため、中央公民館を核として、文化センターゾーンを形成する上で、子育て支援、図書館、交流ゾーン、会議室等の複合施設の基本実施設計を行います。

 郷土の歴史と文化の理解を深め、将来にわたり文化財の保護、継承、保存のため、阿弥陀展示館建設に向けた基本実施設計を行います。

 安全で安心、快適なまちづくりのために、教育施設の耐震補強を行います。函南小学校校舎、体育館、東小学校体育館、丹那幼稚園園舎の耐震補強工事を行います。また、西部保育園は耐震改築のため、基本実施設計を行います。

 緊急交通路の確保の点からは都市計画道路の整備を継続実施します。また、東駿河湾環状線へのアクセス道路の整備を行います。

 平成21年度一般会計予算104億2,800万円の歳入について申し上げます。

 歳入の根幹をなす町税については、50億3,688万1,000円となり、前年比1.5%の減となりました。これは固定資産税の評価替えにより、課税標準額が減少する見込みによるものです。

 分担金負担金は2億593万5,000円で、前年度比3.8%の減となりました。これは三島函南広域行政組合派遣職員人件費負担金の見込み額の減によるものです。

 使用料手数料は2億2,920万8,000円で、前年度比5.2%の減となりました。これは温泉会館使用料、幼稚園授業料の見込み額の減によるものです。

 繰入金は7億2,390万2,000円で、前年度比1.9%の減となりました。財政調整基金、老人福祉基金、運動公園基金、廃棄物処理場建設基金等の繰入金であります。

 これらに財産収入、繰越金、諸収入を加えた自主財源は66億7,382万5,000円で、前年に比べ3.6%の減となり、歳入に占める自主財源の割合は1.5ポイント減の64.0%であります。

 また、依存財源では、地方譲与税は1億6,000万円で平成20年度と同額と見込みました。

 また、地方特例交付金は5,000万円、22.9%の増を見込みました。これは減収補てん特例交付金の増を見込みました。

 国庫支出金は6億9,542万3,000円、地方交付税が9億4,000万円、町債は臨時財政対策債などの借り入れで9億1,950万円のほか、地方譲与税、各交付金、県支出金等で、これらの合計は37億5,417万5,000円で、前年度に比べ2.9%の増となり、構成割合は1.5ポイント増の36%であります。

 次に、主な歳出について申し上げます。

 議会費は1億2,028万5,000円で、0.4%の減となりました。これは議会の運営及び活動費であり、主に議員報酬と職員給与等でありますが、需用費の削減によるものであります。

 総務費は10億8,378万5,000円で、3.6%の減となりました。これは徴税費のうち償還金が減額となったためです。その他の歳出は庁舎維持経費に係る財産管理事業費、公園管理費、文書広報事務経費、電子計算事務の執行経費、町長選挙費用、県知事選挙費用、衆議院議員選挙費用などを計上しました。

 民生費は24億3,442万4,000円で、12.1%の減となりました。これは児童福祉費が減額となったためです。その他の歳出は、老人福祉事業に係る経費、心身障害者福祉事業に係る経費、国保、老人保健や介護保険等への繰出金に係る経費を計上しました。

 衛生費は12億6,972万4,000円で、3%の減となりました。これは廃棄物処理施設管理運営費が減額となったためであります。その他の歳出は、温泉会館の管理運営費、町民の健康保持と増進を図る検診事業に伴う経費、可燃ごみの安定的な処理や不燃ごみの適正処理費用、合併浄化槽普及事業や平井簡易水道施設整備補助金などを計上しました。

 労働費は1,207万1,000円で、1.7%の減となりました。これは勤労者住宅建設資金利子補給補助金が減額となったためです。主な歳出は、シルバー人材センターへの運営費補助金であり、その他負担金などを計上しました。

 農林水産業費は1億8,078万円で、7.2%の増となりました。これは県単補助地産事業の事業費が増額となったためです。その他の歳出は、農業委員会事務事業、県単土地改良事業費や排水機場の維持修繕費などを計上しました。

 商工費は6,645万8,000円で、193.3%の増となりました。これは阿弥陀展示館建設事業に着手するためです。その他の歳出は、勤労者福祉センター負担金、商工会事業に対する補助金や町観光協会等への補助金を計上しました。

 土木費は15億1,279万9,000円で、2.3%の減となりました。これは町単独道路新設改良事業の事業費が減額となったためです。国庫補助事業の事業路線は町道1−1、1−2、1−6、1−8号線、町道仁田32号線、町道大土肥3号線と街路事業の八ツ溝仁田線で道路改良工事及び用地取得費等を計上しました。また、公園整備事業では、函南運動公園の整備のための工事費用等を計上し、その他下水道事業への繰出金を計上しました。また、都市計画事業として、まちづくりのための基本条件調査及び都市計画マスタープランの策定費用を計上しました。

 消防費は5億1,992万円で、2.3%の増となりました。これはデジタルMCA無線機の更新費用を計上しました。主な歳出は、田方地区消防組合分担金、消防団運営管理費用であり、このほか町内各自治会の消防防災機材の充実など地震防災対策への積極的な取り組みを図るための経費を計上しました。

 教育費は19億7,049万8,000円で、20.2%の増となりました。これは函南小学校校舎、体育館、東小学校体育館の耐震補強工事費用を計上したためです。主な歳出は、教育施設の耐震補強工事、耐震補強工事の設計監理委託を初め、外国人英語補助教諭による英会話力支援、小・中学校、幼稚園における給食調理業務委託、各教育施設維持修繕のための工事費などであります。その他、児童生徒を取り巻く諸問題に対応するため、指導主事、相談員、指導員の配置、各学校、幼稚園の運営、公民館の運営、文化財保護事業や図書館費用を計上しました。

 公債費は11億6,225万3,000円で、1.8%の減となりました。償還金は元金分として9億8,411万円、利子分として1億7,814万2,000円を計上しました。

 災害復旧費は3,000円として科目設定のみであります。

 諸支出金は7,500万円で、土地取得特別会計保有土地を買い戻し、道路代替地として売り払う費用を計上しました。

 そのほか予備費2,000万円を計上しました。

 これらの結果、性質別経費の内訳は、経常経費が74億1,364万9,000円、構成比率で71.1%となり、金額で前年度比5,193万4,000円、0.7%の減となりました。投資的経費は18億9,092万3,000円、構成比率で18.1%となり、金額では前年度比3,955万9,000円、2%の減となりました。

 議案第27号は、平成21年度函南町土地取得特別会計予算であり、歳入歳出予算の総額7,500万円で、前年度と比べ1億5,768万6,000円の減額であります。これは東駿河湾環状線事業用地に係る代替地の取得事業がほぼ終了するためであります。

 歳入は財産売払収入7,500万円で、歳出は土地開発基金繰出金7,500万円であります。

 議案第38号は、平成21年度函南町国民健康保険特別会計予算であり、歳入歳出予算の総額44億2,969万6,000円で、前年度と比べ2億5,369万6,000円の増額であります。これは被保険者数を見込み、保険給付費は過去3年間の状況や制度改正を踏まえ、必要額等を計上したものであります。

 歳入は、国民健康保険税11億6,892万円、県支出金13億3,792万4,000円、療養給付費等支払基金交付金13億5,848万6,000円等であります。

 歳出は、保険給付費29億9,512万3,000円、前期及び後期高齢者納付金は5億7,152万4,000円、介護納付金2億1,417万8,000円等であります。

 議案第29号は、平成21年度函南町老人保健特別会計予算であり、歳入歳出予算の総額690万5,000円で、前年度と比べ5億3,903万円の減額であります。これは法改正により老人保健制度が後期高齢者医療制度に移行されたことによるものです。前年度に続き大幅な減額となりました。

 歳入は、支払基金交付金350万2,000円、国庫支出金226万7,000円、県支出金が56万7,000円、一般会計繰入金56万6,000円等であります。

 歳出は、医療諸費690万円、諸支出金5,000円であり、医療給付費等の精算分であります。

 議案第30号は、平成21年度函南町後期高齢者医療特別会計予算であり、歳入歳出予算の総額2億5,641万8,000円で、前年度と比べ485万5,000円の減額であります。本特別会計は、町が徴収する後期高齢者医療保険料会計によるものであります。

 歳入は、保険料2億4,604万1,000円と、基盤安定分の繰入金1,002万6,000円等で、歳出は、広域連合への納付金2億5,606万8,000円と保険料過年度償還分35万円であります。

 議案第31号は、平成21年度函南町介護保険特別会計予算であり、歳入歳出予算の総額19億7,823万9,000円で、前年度と比べ9,077万8,000円の増額であります。

 歳入は、介護保険料4億4,521万円、国庫支出金3億8,769万4,000円、支払基金交付金5億6,784万4,000円等であります。

 歳出は、職員人件費や介護認定等の総務費が5,804万2,000円、各種介護保険サービスの事業費である介護給付費と支援給付費が18億7,020万6,000円、介護予防や包括的支援等の地域支援事業費が4,968万6,000円であります。

 議案第32号は、平成21年度函南町下水道事業特別会計予算であり、歳入歳出予算の総額14億5,710万円で、前年度と比べ2億9,009万8,000円の増額であります。

 歳入は、下水道使用料及び手数料2億4,105万円、国庫支出金1億500万円、繰入金5億9,500万円、町債4億6,950万円等であります。

 歳出は、公共事業費2億3,467万3,000円で、国庫補助対象事業として公共下水道管渠7路線、3.35ヘクタールの整備と特定環境保全公共下水道管渠3路線、5.06ヘクタールの整備及び補助附帯事業として舗装復旧工事等を行うものです。また、単独事業費は1億4,266万8,000円で、起債対象事業として公共下水道管渠9路線、0.54ヘクタールの整備と特定環境保全公共下水道管渠1路線、0.82ヘクタールの整備を進め、認可計画面積548ヘクタールの面整備率は74.7%を見込んでいます。このほか流域下水道事業費1,343万1,000円、業務費2億3,313万3,000円、公債費8億284万7,000円等であります。

 議案第33号は、平成21年度函南町農業集落排水事業特別会計予算であり、歳入歳出予算の額は711万5,000円で、前年度と比べ43万2,000円の増額であります。

 歳入は、使用料125万1,000円、一般会計繰入金566万2,000円等であります。

 歳出は、業務費298万5,000円、公債費は412万円であります。

 議案第34号は、平成21年度函南町上水道事業特別会計であり、老朽化した水道本管の布設替え、前年度に続き平井簡易水道統合に備えた連絡管の布設、東駿河湾環状道路等道路改良に伴う布設替え及び維持管理が主なものであります。

 3条予算、収益的収支、事業収益は5億209万9,000円を予定し、前年度より1,216万9,000円の減となる見込みです。

 収入の主なものは、水道料金で、消費税分を含む4億7,440万円と見込みました。その他、受託給水工事収益1,000万円、手数料等のその他の営業収益1,528万5,000円を予定しています。

 事業費用は4億8,503万円を予定し、前年度より748万5,000円の減となる見込みです。費用の主なものは、人件費、受託工事費、修繕費、駿豆水道受水費、支払利息、検針業務委託料及び消費税等であります。

 第4条予算、資本的収支、資本的収入は1,557万1,000円を予定し、前年度より150万円の減となる見込みです。

 収入の主なものは、加入分担金1,557万円で、前年度より150万円の減を見込んでおります。

 資本的支出は2億2,023万6,000円を予定し、前年度より2,972万7,000円の減となる見込みです。主なものは、建設改良費で1億6,600万8,000円と、前年度より2,625万5,000円の減を予定しております。この結果、資本的収入が資本的支出に対して不足する額2億4,066万5,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額661万3,000円、当年度損益勘定留保資金1億4,238万1,000円及び建設改良積立金5,567万1,000円で補てんする予定であります。

 議案第35号は、平成21年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計予算であり、歳入歳出の総額670万円で、前年度と比べ30万円の減額であります。

 歳入は、加入分担金15万円、水道料金644万9,000円等で、歳出は、営農飲雑用水施設整備による交付金377万2,000円、水道施設の維持管理経費等220万1,000円等であります。

 議案第36号は、平成21年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算であり、歳入歳出の総額は1,390万円で、前年度と比べ10万円の増額であります。

 歳入は、加入分担金15万円、水道使用料金1,148万9,000円、深井戸使用料126万円等で、歳出は、水道経営管理費として193万9,000円、水道施設の維持管理経費として1,186万1,000円等であります。

 議案第37号は、平成21年度函南町東部簡易水道特別会計予算であり、歳入歳出の総額1億2,820万円で、前年度と比べ130万円の減額であります。

 歳入は、加入分担金360万円、水道料金1億359万9,000円、基金繰入金2,000万円等で、歳出は、維持管理、検針業務委託料929万円、駿豆水道受水費5,400万円、加圧ポンプ電気料1,154万4,000円、配水管布設替え工事等2,445万円、漏水調査を含む分水栓調査費630万円等であります。

 議案第38号は、平成21年度函南町平井財産区特別会計予算であり、歳入歳出予算の総額209万4,000円で、前年度と比べ38万6,000円の減額であります。

 歳入は、基金利子97万2,000円と基金から繰入金112万2,000円で、歳出は基金利子の元加積立97万2,000円と管理会経費12万2,000円、一般会計への繰出金100万円であります。

 以上、平成21年度当初予算案13件であります。

 細部説明を担当部課長にさせますので、よろしくご審議のほどお願いいたします。

 以上であります。



○議長(市川勝美君) 町長の提案理由の説明を終わります。

 続いて、細部説明に入ります。

 最初に、一般会計予算について所管部長等に説明を求めます。

 総務部長。

          〔総務部長 幸野宗昭君登壇〕



◎総務部長(幸野宗昭君) それでは、一般会計予算の細部説明に入らせていただきます。

 まず、総務部関係の予算について説明をいたしますので、3ページをお開きください。

 説明に入る前に、議案を朗読いたします。

 議案第26号 平成21年度函南町一般会計予算。

 平成21年度函南町の一般会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ104億2,800万円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (債務負担行為)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表債務負担行為」による。

 (地方債)

 第3条 地方自治法第230条第1項の規定により、起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表地方債」による。

 (一時借入金)

 第4条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は、5億円と定める。

 (歳出予算の流用)

 第5条 地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 皆様のお手元には附属資料を配付させていただきましたが、平成21年度一般会計当初予算附属資料の2ページ、3ページに歳入歳出の科目別の割合が円グラフで掲載してありますので、参照してください。

 それでは、次のページ、4ページ、5ページをお願いいたします。

 第1表の歳入歳出予算、歳入です。

 1款町税50億3,688万1,000円、1項町民税22億4,045万円、2項固定資産税22億7,652万9,000円、3項軽自動車税6,570万円、4項町たばこ税2億5,200万円、5項特別土地保有税1,000円、6項入湯税870万1,000円、7項都市計画税1億9,350万円。

 2款地方譲与税1億6,000万円、1項地方揮発油譲与税3,700万円、2項自動車重量譲与税1億2,000万円、3項地方道路譲与税300万円。

 3款利子割交付金、1項利子割交付金、同額でございます。2,500万円。

 4款配当割交付金、1項配当割交付金、同額で1,500万円。

 5款株式等譲渡所得割交付金、1項株式等譲渡所得割交付金、同額で900万円。

 6款地方消費税交付金、1項地方消費税交付金、同額で2億8,000万円。

 7款ゴルフ場利用税交付金、1項ゴルフ場利用税交付金、同額で5,000万円。

 8款自動車取得税交付金、1項自動車取得税交付金、同額で1億1,000万円。

 9款地方特例交付金5,000万円、1項地方特例交付金4,500万円、2項特別交付金500万円。

 10款地方交付税9億4,000万円、1項地方交付税、同額でございます。

 11款交通安全対策特別交付金、1項交通安全対策特別交付金、同額で1,000万円。

 12款分担金及び負担金、2項負担金、同額で2億593万5,000円。

 13款使用料及び手数料2億2,920万8,000円、1項使用料1億8,019万2,000円、2項手数料4,901万6,000円。

 14款国庫支出金6億9,542万3,000円、1項国庫負担金3億2,823万7,000円、2項国庫補助金3億3,088万8,000円、3項委託金3,629万8,000円。

 15款県支出金4億9,025万2,000円、1項県負担金2億2,979万3,000円、2項県補助金1億7,830万5,000円、3項委託金8,215万4,000円。

 16款財産収入7,867万5,000円、1項財産運用収入342万8,000円、2項財産売払収入7,524万7,000円。

 17款寄附金、1項寄附金、同額で51万1,000円。

 18款繰入金7億2,390万2,000円、1項特別会計繰入金2,000円、2項基金繰入金7億2,290万円、3項財産区繰入金100万円。

 19款繰越金、1項繰越金、同額でございます。2億5,000万円。

 20款諸収入1億4,871万3,000円、1項延滞金、加算金及び過料450万1,000円、2項町預金利子102万円、4項雑入1億1,436万2,000円、5項受託事業収入2,883万円。

 21款町債9億1,950万円、1項町債も同額でございます。

 歳入合計は104億万円でございます。

 次のページ、歳出のほうになります。

 1款議会費、1項議会費、同額で1億2,028万5,000円。

 2款総務費10億8,378万5,000円、1項総務管理費8億3,969万4,000円、2項徴税費1億3,009万5,000円、3項戸籍住民基本台帳費5,583万6,000円、4項選挙費4,502万9,000円、5項統計調査費329万8,000円、6項監査委員費983万3,000円。

 3款民生費24億3,442万4,000円、1項社会福祉費14億3,184万7,000円、2項児童福祉費10億209万6,000円、3項災害救助費48万1,000円。

 4款衛生費12億6,972万4,000円、1項保健衛生費6億7,714万1,000円、3項清掃費5億9,258万3,000円。

 5款労働費、1項労働諸費、同額でございます。1,207万1,000円。

 6款農林水産業費1億8,078万円、1項農業費1億5,440万3,000円、2項林業費2,637万7,000円。

 7款商工費、1項商工費、同額でございます。6,645万8,000円。

 8款土木費15億1,279万9,000円、1項土木管理費8,562万2,000円、2項道路橋梁費3億8,408万9,000円、3項河川費2,673万円、4項都市計画費3億9,320万円、5項下水道費5億9,500万円、6項住宅費2,815万8,000円。

 9款消防費、1項消防費、同額でございます。5億1,992万円。

 10款教育費19億7,049万8,000円、1項教育総務費1億5,575万7,000円、2項小学校費8億9,868万4,000円、3項中学校費2億9,126万6,000円、4項幼稚園費3億2,733万5,000円、5項社会教育費2億3,013万8,000円、6項保健体育費6,731万8,000円。

 11款災害復旧費3,000円、1項農林水産施設災害復旧費1,000円、2項公共土木施設災害復旧費2,000円。

 12款公債費、1項公債費、同額でございます。11億6,225万3,000円。

 13款諸支出金、1項普通財産取得費、同額で7,500万円。

 14款予備費、1項予備費、同額で2,000万円。

 歳出合計104億2,800万円となります。

 次のページをお願いいたします。

 8ページの第2表債務負担行為ですが、平成21年度より新たに始まる複数年契約で債務を負うことになるものを掲載してあります。既に議決を得た債務負担行為については、305ページ、306ページのほうに掲載されておりますので、また後ほど説明いたします。

 それでは、債務負担行為の事項で、国民投票に係る投票人名簿システム構築業務、期間が平成22年度までで、限度額157万3,000円。次に、阿弥陀三尊像等映像資料作成業務、期間が平成24年度までで650万円の限度額。阿弥陀三尊像写真集出版業務、期間が平成24年度までで、限度額が360万円でございます。

 続きまして、9ページの第3表地方債です。

 起債の目的、限度額を順次読んでいきます。

 臨時財政対策債5億円、阿弥陀展示館建設事業980万円、公園整備事業5,800万円、学校教育施設等整備事業3億5,170万円。

 起債の方法は、いずれも普通貸借または証券発行、利率については8%以内、括弧書きで、ただし利率見直し方式で借り入れる政府資金及び公営企業金融公庫資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率ということでございます。

 償還の方法は、政府資金については、その融資条件により、銀行その他の場合には、その債権者と協定するものによる。ただし、町財政の都合により据え置き期間及び償還期限を短縮し、または繰上償還もしくは低利に借りかえすることができる。限度額の合計は、一番下にありますように9億1,950万円となります。

 続いて、総務部関係の事項別明細に移りますので、18、19ページをお開きください。

 18、19ページから歳入のほうの説明が始まります。

 まず、個人町民税の1節の現年課税分20億2,500万円を見込みます。均等割の納税義務者数が2万700人、それから所得割の納税義務者数1万8,000人を見込んだものでございます。2節の滞納繰越分は2,000万円を見込んでおります。

 次の法人の町民税で現年課税分は1億9,500万円、均等割の納税義務者数が840法人を見込んでおります。2節の滞納繰越分は45万円を見込んでおります。

 次のページになりますが、固定資産税です。1節の現年課税分22億円を見込んでおります。土地、家屋、償却資産に係るもので、課税標準額はそこの説明欄のとおりでございます。2節の滞納繰越分7,500万円、その次の2目の国有資産等所在市町村交付金、現年課税分を152万9,000円見ております。県有資産交付金、これは田方農業高校の職員住宅2棟に係るものです。国有資産交付金につきましては、函南ゴルフ場内に国有地が約9,000平方メートルありますが、それに係るものでございます。

 続きまして、22、23ページをお願いいたします。

 軽自動車税の現年課税分ですが、6,500万円を見込んでおります。軽自動車の課税台数1万4,612台を見込んだものでございます。2節の滞納繰越分は70万円を見込んでおります。

 次の24、25ページをお願いいたします。

 町たばこ税の現年課税分ですが、2億5,200万円を見込んでおります。

 続きまして、26、27ページをお願いいたします。

 特別土地保有税ですが、既にこの税自体についてはありませんが、過去に課税されて滞納になっている分がありますので、滞納繰越分1,000円のみを上げてございます。

 続きまして、28、29ページ、入湯税ですが、現年課税分870万円、入湯客数5万8,000人を見込んだものでございます。2節滞納繰越分は1,000円の科目設定でございます。

 次の30、31ページ、都市計画税の現年課税分1億9,200万円を見込んでおります。これは市街化区域内の土地、家屋に対して課税するものでございます。課税標準額等はそこの説明欄にあるとおりでございます。2節の滞納繰越分150万円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 1目の地方揮発油譲与税3,700万円を見込んでおります。これは平成21年度から新規ということで、地方道路譲与税を地方揮発油譲与税として、その使途を拡大し、制限をしないということにしたために設けるものでありますが、これは10カ月分を見込んだものでございます。また後で出てきますが、2カ月分につきましては、今年度の分を4月、5月に出てくるものですから、それについては旧の地方道路譲与税ということで上げてあります。合計すると昨年と同じものになるということになります。

 次のページをお願いいたします。

 1目の自動車重量譲与税は1億2,000万円を見込んでおります。

 それから、次の36、37ページで地方道路譲与税、ここで本年度は300万円を見込んでおります。先ほどの地方揮発油譲与税に変わりましたが、平成21年度2、3月分の精算分がまだ入ってくるということで、それを300万円見込んでおります。その300万円と地方揮発油譲与税の3,700万円を足すと4,000万円ということで、結果的には前年度と同額を見込んだものでございます。

 次の38、39ページをお願いいたします。

 利子割交付金ですが、2,500万円を見込んでおります。

 次のページですが、配当割交付金1,500万円を見込んでおります。

 次のページ、株式等譲渡所得割交付金900万円を見込んでおります。

 次の地方消費税交付金2億8,000万円を見込んでおります。消費が冷え込んでいるということで、前年度より減額した金額で計上してございます。

 続きまして、46、47ページですが、ゴルフ場利用税交付金500万円を見込んでおります。課税につきましては、くらかけゴルフ場が800円で、函南スプリングス、函南ゴルフが950円ということで利用税を課しているものでございます。

 48、49ページ、自動車取得税交付金1億1,000万円を見込んでおります。

 続きまして、地方特例交付金4,500万円を見込んでおります。これは児童手当に要する費用と、それから住宅取得控除に対する地方税減税分の補てんを見込んだものでございます。

 続きまして、52、53ページ、特別交付金500万円を見込んでおります。これは恒久的減税の補てん分で、平成21年度までの経過措置ということですので、今年度が最後となります。

 次の54、55ページ、1目の地方交付税9億4,000万円を見込んでおります。内訳といたしまして、普通交付税が8億9,000万円、特別交付税が5,000万円を見たものでございます。

 次の56、57ページは、交通安全対策特別交付金1,000万円を見込んでおります。



○議長(市川勝美君) 議事の中途ですが、ここで10分間休憩をいたします。

                              (午前9時56分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                             (午前10時06分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) 細部説明を続けます。

 総務部長。

          〔総務部長 幸野宗昭君登壇〕



◎総務部長(幸野宗昭君) それでは、細部説明を続けます。

 58、59ページをお開きください。

 58、59ページの一番上の総務費負担金ですが、1節の静岡地方税滞納整理機構負担金544万9,000円、これは平成21年度静岡地方税滞納整理機構へと職員を1人派遣しますが、その職員の人件費分を整理機構のほうで負担するということで、ここで負担金で人件費を戻してくるということになります。

 続きまして、62、63ページをお願いいたします。

 総務使用料の1節駐車場使用料2,986万8,000円、内訳は函南駅前町営駐車場定期駐車使用料が1,030万8,000円、それから函南駅前町営駐車場普通駐車使用料、時間貸しのほうですね、こちらが1,956万円を見込んでおります。2節の財産使用料18万7,000円、これは施設使用料として庁舎内の現金自動取引機、それから清涼飲料水の自動販売機、たばこの自動販売機、複写機等のものでございます。たばこの自動販売機については、現在置いてありませんが、一応1,000円ということです。3節の都市公園使用料57万6,000円、柏谷公園の野球場の使用料でございます。

 続きまして、下から2つ目の8目の土木使用料、1節の町営住宅使用料1,341万7,000円、住宅戸数95戸、入居数が82戸に対するものでございます。

 続きまして、66、67ページをお願いいたします。

 2目の総務手数料、3節の事務手数料のうちの説明欄にあります5の公図土地台帳手数料72万円を予定しております。それから、その下の4節の税証明等手数料296万6,000円、評価証明等交付手数料253万1,000円、運行許可手数料43万5,000円を見込むものでございます。

 続きまして、72、73ページをお願いいたします。

 8目の土木費国庫補助金のうちの一番下から2つ目の7の地域住宅交付金831万4,000円、これは冷川住宅の水洗化工事に対する交付金を予定しております。

 次に76、77ページをお願いいたします。

 76、77ページで総務費委託金のうちの2節一般管理費委託金2万4,000円、これは自衛官募集事務委託金でございます。4節の選挙費委託金2,034万1,000円、衆議院議員総選挙と、それから国民投票に係る情報システム改修費委託金でございます。

 それから、次は84、85ページをお願いいたします。

 9目の消防費県補助金で1節の消防費補助金39万4,000円、災害対策総合整備事業補助金で、消防防災フェアであるとか、消防団のホース等の補助で補助率3分の1でございます。3節の地震対策補助金2,903万6,000円、大規模地震対策総合支援事業補助金として、地震対策用の資機材整備に対する補助とか、それから小学校管理事業につきましては、函南小学校の校舎の耐震化補強工事、それから幼稚園につきましては、丹那幼稚園の耐震化補強工事に対するものでございます。

 続きまして、次のページをお願いいたします。

 2目の総務費委託金、1節の県証紙取扱交付金は21万1,000円、県証紙の売りさばき手数料でございます。2節の統計調査費委託金309万9,000円、学校基本調査委託金ほか5調査の委託金でございます。3節の徴税費委託金6,210万円、個人県民税の徴収委託金でございます。4節の選挙費委託金1,389万4,000円、これは県知事選挙の委託金、それから在外選挙特別経費市町交付金、これについては科目設定のみとしております。5節の権限移譲事務交付金240万円、権限移譲事務に対する交付金でございます。

 次に、90、91ページをお願いします。

 財産貸付収入、1節の土地建物貸付収入ですが、14万8,000円、これは丹那、大竹の駐在所の賃貸料でございます。それから、土地建物貸付収入としましては、普通財産の一時貸し付けを想定しまして、科目のみ設定しております。

 2目の利子及び配当金328万円、基金積立金の利子であります。

 次のページをお願いいたします。

 1目の不動産売払収入7,500万1,000円、代替用地の売払収入を予定しております。

 続きまして、次のページをお願いいたします。

 94、95ページですが、一般寄附金1,000円、科目設定のみでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目の老人保健特別会計繰入金1,000円、これは科目設定のみでございます。その下の介護保険特別会計繰入金についても科目設定のみでございます。

 次のページをお願いいたします。

 基金の繰入金ですが、1節の財政調整基金繰入金3億9,100万円、財政調整基金からの繰り入れ、それから老人福祉基金繰入金1億2,000万円、老人福祉基金からの繰り入れです。このうち1億円につきましては、特別養護老人ホームみどりヶ丘ホームの建設の補助金に充てるものでございます。1節の廃棄物処理場建設基金繰入金5,000万円、焼却場の修繕費に充当いたします。それから、運動公園建設基金繰入金5,800万円、運動公園の建設費に充当いたします。町立学校建設基金繰入金7,900万円、函南小学校の耐震化工事に充当いたします。生涯学習基金繰入金は150万円、生涯学習推進事業に充当いたします。それから、町営住宅建設基金繰入金640万円、冷川住宅の水洗化工事に充当いたします。図書館建設基金繰入金1,700万円、図書館の建設事業に充当いたします。

 その下の2つ、都市計画事業基金繰入金と緑と水のふるさと基金繰入金につきましては、平成20年度において基金がゼロとなったために廃目をいたします。

 続きまして、次のページで平井財産区繰入金100万円、平井財産区基金より繰り入れて、平井地区の公民館の運営費に充当するものでございます。

 次の102、103ページで、繰越金2億5,000万円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 延滞金加算金450万1,000円を予定しております。現年度分450万円、過年度分1,000円ということでございます。

 次のページをお願いいたします。

 預金利子ですが、102万円、歳計現金の預金利子を見込んだものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 4目の滞納処分費48万6,000円、一応これは公売1件を現在予定ですので、いくかどうかというのは、また今後の検討になりますが、それの鑑定料等を見込んだものでございます。

 5目の雑入のうちの説明欄の中で、1番の消防団員退職報償金300万円、それから広告掲載料60万円、これは町のカレンダー、ホームページの広告収入を見込んだものでございます。それから、21の職員生命保険料団体取扱手数料100万円、消防団員等公務災害補償金1,000円、これは科目設定のみです。それから、その下の30の臨時職員雇用保険掛金80万円、コピー料金、これは有料コピー料で1,000円を科目設定のみということでございます。

 次のページをお願いいたします。

 そのうちの53の公衆電話手数料、庁舎内公衆電話の使用度数に応じたNTTより支払われる手数料、一応1,000円を見込んでおります。それから、54の線下補償料、JRの線下補償料として43万4,000円、庁舎内の自動販売機電気使用料を24万6,000円、その下の建物災害共済事業取扱事務費10万円を見込んでおります。それから、公衆電話使用料、庁舎内の公衆電話の使用料1,000円、科目設定のみでございます。それから、その下の市町村振興協会研修事業助成金15万8,000円、ずっと下へ下りまして84遺族付加年金事業保険手数料20万円、その下の市町村振興協会市町村交付金762万3,000円、これは保健福祉センターのトイレの改装、そちらにそのうちの100万円を充てるということでございます。それから、交通安全母の会活動費助成金につきましては1万5,000円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 2目の総務費受託事業収入で、会計事務受託事業収入120万円、これは箱根山御山組合ほか2組合の会計事務を会計課のほうで受託しておりますので、それについての受託料でございます。

 続きまして、次のページ、114、115ページをお願いいたします。

 総務債で6節の臨時財政対策債を5億円見込んでおります。それから、7目の商工債の1節一般単独事業債980万円、これは阿弥陀展示館建設事業に充てるものでございます。8目の土木債、1節の公園整備事業5,800万円、運動公園整備事業に充てるものでございます。それから、10目の教育債、1節の義務教育施設整備事業債3億4,160万円、これは小学校施設整備事業ということで、函南小学校の校舎、それから体育館の耐震化補強工事に充てるものです。2節の教育施設整備事業債1,010万円、こちらは丹那幼稚園の耐震化補強工事に充てるものでございます。

 歳入は以上です。

 次に、歳出に入りますので、120、121ページをお願いいたします。

 事業ごとに説明をさせていただきます。

 まず、121ページの一般管理事務事業4億9,106万1,000円、主なものは特別職、それから一般職の人件費、その他の主なものにつきましては、次のページをお願いいたします。役務費で通信運搬料、それから委託料の事務事業委託料につきましては、例規のデータシステムの保守委託料です。それから、使用料は同じく例規データシステムの使用料になっております。これらが主なものになります。

 続きまして、職員研修事業263万4,000円、主なものは研修旅費でございます。

 その下の職員健康管理、福利厚生事業で501万8,000円、主なものは、職員の健康診断負担金、それから職員互助会への補助金になります。

 続きまして、企画調整事務事業は584万5,000円。次のページをお願いいたします。主なものは、町長交際費、それから一番下にあります三島市函南町土地開発公社負担金、これらが主な支出になります。

 文書広報事務事業は1,854万1,000円、主なものは、印刷製本費で広報、それから町民カレンダーの印刷、それから委託料で広報配布協力委託料ということで、シルバー人材センターへの広報配布料、それからエフエム番組制作委託料、これらが主な支出になります。

 次のページをお願いいたします。

 財産管理事業1億640万1,000円、主なものにつきましては消耗品、これにつきましては全課の事務用品を一括購入するためにここに集めてありますので、金額が多くなっております。それから、燃料費は庁用車の燃料費が主なものでございます。それから、光熱水費は庁舎及び町管理の街灯等の電気料、ガス、水道料でございます。それから、修繕料は庁用車、街灯等の修繕。それから、真ん中からちょっと下になりますが、火災保険料、これは町有建物62施設の火災保険料です。それから、その1つおいて下に賠償補償保険料、これは庁用車の任意保険料でございます。そして、委託料の施設管理委託料で庁舎建物等総合管理業務委託、それから駅前駐車場管理業務委託、役場庁舎内耐震貯水槽メンテナンス業務委託、これらが主なものですが、庁舎内の耐震貯水槽メンテナンス業務委託につきましては、庁舎内にあります60トンの飲料水兼用タンク、これが庁舎建設時につくったものですが、大分年数も経過しているということで、メンテナンスを行うものでございます。

 それから、次のページにいきまして、賃借料、主なものは函南駅前立体駐車場の料金精算システム、それからその下の使用料につきましては、庁用車のリース料が主なものでございます。借地料につきましては、宮川駐輪場、それから大竹グラウンド等の借地料、工事請負費につきましては、防犯灯設置工事、庁舎の非常用発電機の回路の改修工事を行う予定で、これらが主な支出となります。

 公園管理事業では2,705万7,000円、主なものは光熱水費、これは柏谷公園等の電気、水道、下水道使用料、それから修繕料は各公園の修理、手数料は各公園の草刈り等の作業手数料、それから施設管理委託料は柏谷、仁田さくら、それから間宮川向、間宮児童公園の管理委託料でございます。借地料は日守山、仁田さくら、間宮児童公園、原生の森の借地料をここで計上しております。これらが主な支出となります。

 地籍調査事務事業40万4,000円、地籍調査実施済みの地区で補正等が生じた場合の再立ち会い、再測量の経費等を計上したものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 基金管理事業で1,427万9,000円、積立金で財政調整基金の新規積み立てを1,100万円、それから財政調整基金の元加積み立てを327万9,000円予定しております。

 その下の自治振興事業1,447万7,000円、主な支出は委託料で、事務事業委託料、区長連絡事務委託料、町からの各種依頼事項等の区長さんに対する委託料です。それから、組長連絡事務委託料、町の広報配布等に係る組長への委託料でございます。それから、負担金、補助及び交付金で三島警察署管内防犯協会負担金、それから補助金として区長会補助金、区長会の運営費、それから自治会の保険助成等を行うものでございます。これらが主な支出となります。

 その下の交通安全対策事業1,043万2,000円。次のページをお願いします。支出の主なものは修繕料で、これはカーブミラー等の修繕費でございます。それから、委託料で交通指導員の活動委託料、それから工事請負費につきましては、カーブミラー、標識等の設置工事です。それから、負担金で三島地区交通安全指導員設置費負担金が主な支出となります。

 それから、電子計算事務事業では1億471万9,000円、大型汎用コンピューターの保守管理が主な業務ですが、主な支出といたしましては消耗品、これはプリンター等で使用する消耗品が主なものになります。それから、委託料として電子計算組織保守業務委託料、ネットワーク機器等保守業務委託料、住基ネットシステムのサポート業務委託料があります。それから、事務事業委託料としましては、システム開発等事業委託料、入力業務委託料、使用料及び賃借料ではハードウエア使用料とソフトウエア使用料、これは汎用コンピューターの使用料になります。これらが電子計算事務事業の主な支出となります。

 次のページをお願いいたします。

 IT推進事業は3,693万1,000円、職員個人に貸与してあるノートパソコンの保守管理が主なものとなります。主な支出としましては、通信運搬費のうちの専用回線通信料、LANであるとかLGWANの回線の管理委託をしているものでございます。それから、委託料で物品委託料、使用料及び賃借料ではハードウエアの使用料、これらが主なものになります。

 その下のまちづくり事業で47万3,000円、これは近隣の市町及び隣接する県外の市町と連携して、広域で行政課題を協議する事業の経費でございます。

 その下の都市交流事業142万2,000円、主なものは都市交流協会への助成となっております。

 次に、138、139ページをお願いいたします。

 税務総務事務事業で9,334万5,000円、主に税に携わる職員14人分の人件費でございます。

 それから、その下の賦課徴収事務事業では3,675万円。次のページをお願いいたします。主なものとしては印刷製本費、これは納税通知書とか封筒等の印刷費でございます。それから、役務費で手数料、これは金融機関への口座振替手数料でございます。それから、委託料で事務事業委託料、固定資産税基礎資料作成業務の委託料でございます。使用料及び賃借料のOA機器使用料、これは家屋評価システム、町民税の課税支援システム、滞納者の管理システム等の使用料でございます。それから、負担金、還付金等が主なものになります。

 次に、146、147ページをお願いいたします。

 147ページの選挙管理委員会事務事業で336万2,000円、選挙管理委員の報酬、それから選挙管理委員会の運営経費等が主なものです。それと、事務事業委託料といたしまして、収入のほうにもありましたが、国民投票に係る投票人名簿システム構築業務を平成21年度で委託する予定でございます。事務事業委託料はその内容でございます。

 それから、その下の選挙啓発事務事業35万7,000円、選挙啓発のための事業の経費を計上してあります。

 その下の町長選挙事務事業999万7,000円。次のページをお願いいたします。こちらに詳細が載っておりますが、平成22年3月に行われる町長選挙に係る経費で、主なものは選挙事務従事者に係る人件費、郵送料等でございます。

 その下の県知事選挙事務事業では1,389万3,000円、本年多分7月ごろになるかと思いますが、行われる県知事選挙の経費であり、主なものは選挙事務従事者の人件費、郵送料等でございます。

 次のページをお願いいたします。

 衆議院議員選挙事務事業1,742万円、これは本年中に行われる衆議院議員総選挙に係る経費でございます。主なものは選挙事務従事者の人件費と選挙用備品の購入費等であります。

 続きまして、154、155ページをお願いいたします。

 統計調査事業329万8,000円、支出の主なものは各種統計の指導員、調査員72人の人件費となります。

 次に、ちょっと飛びますけれども、188、189ページをお願いいたします。

 189ページですが、真ん中のところですが、上水道事業会計補助事業190万2,000円、上水道第6期拡張簡水統合起債分の利息分の補助でございます。これは平成25年度まででございます。

 それから、簡易水道組合補助事業で2,625万円、平井簡易水道施設整備費の補助金でございます。

 次に、飛びますが、212、213ページ。

 213ページですが、一番下に農業集落排水事業特別会計繰出事業566万2,000円、農業集落排水事業特別会計への繰出金でございます。

 次に、232、233ページをお願いいたします。

 233ページのほうの一番上のところの都市計画事業基金管理事業で1,000円、元加積み立てで科目設定のみでございます。

 続きまして、236、237ページをお願いいたします。

 237ページで、下水道事業会計繰出事業で5億9,500万円、下水道事業特別会計への繰出金でございます。

 次のページをお願いします。

 町営住宅管理事業で2,815万8,000円、主なものは町営住宅の修繕料、それから借地料、これは冷川、塚本、仁田、柏谷の各住宅の借地料でございます。それから、工事請負費として、これは冷川住宅のトイレの水洗化工事を予定しております。

 続きまして、次のページをお願いいたします。

 常備消防事業3億9,471万6,000円、田方地区消防組合の分担金でございます。

 それから、非常備消防事業5,592万1,000円、主なものは消防団員186人の報酬、それから8節の報償費の消防団退職報償金、そして旅費では消防団員の出動費、それから消耗品は新入消防団員の活動服とか防寒服等の購入費、それから修繕料は消防ポンプ車等の修繕費を予定しております。次のページをお願いいたします。次のページで工事請負費、これは第1分団と第6分団の火の見やぐらの塗装工事、それから第6分団の詰所の下水道接続工事等を予定しておるものです。それから、消防団員等公務災害補償等共済基金負担金と、それから補助金は消防施設整備費補助金、各区の消防施設の整備事業に対する補助金で、補助率は10分の7です。それから、消防分団等運営交付金、本部、分団等の活動運営費でございます。これらが主な支出となります。

 その下の災害対策事業は6,928万3,000円、主な支出といたしましては、需用費のうちの消耗品、これは広域避難所の避難者用の間仕切りのボード、それから使い捨ての簡易トイレ等の購入をするものでございます。それから、食糧費は備蓄食糧の更新、5,000食でございます。それから、修繕料は防災用備品の修繕をするものでございます。次のページをお願いいたします。13の委託料のうちの物品管理委託料、行政、同報無線保守管理委託料、それから備品購入費で防災用備品、これはMCA無線機の更新、それから救助工具セット等の購入を予定しているものです。それから、負担金としては電波利用料、補助金として自主防災組織整備費補助金が主な支出となります。

 続いて、294、295ページをお願いいたします。

 295ページでは起債元金の償還事業として9億8,411万円、償還金でそこにありますように財務省ほかの元金の償還に充てるものでございます。

 その下の起債利子償還事業1億7,814万2,000円、同じく起債の利子の償還に充てるものでございます。

 それから、一時借入金利子償還事業、これは科目設定のみということでございます。

 次のページをお願いいたします。

 普通財産取得事業で7,500万円、土地購入費で東駿河湾環状線ほか道路代替用地を土地取得特別会計より購入する予定で計上してあります。

 次のページをお願いいたします。

 予備費で2,000万円を計上してあります。

 それから、次のページ、300、301ページですが、こちらには給与費の明細があります。1の特別職のところで、本年度、長が2、議員が18、その他644、計664ということで、その他の人数が前年度より大分ふえておりますが、これにつきましては、衆議院議員の選挙、それから知事選、町長選等で立会人等非常勤の特別職が多く出るということと、あと統計調査の関係で農林業センサスとか経済センサス等があって、調査員もふえるということでふえております。本年度の給与費の合計ですが、一番右側のところで上から4段目ですか、1億3,877万7,000円が特別職の給与費の合計となります。

 それから、その下に一般職、本年度249人で平成20年度と比べると1人減ということで、本年度の給与費の合計は、一番右から2つ目のところに合計欄がありますが、17億4,639万5,000円となります。その下の表に職員手当の内訳がありますので、またご参照してください。

 301ページのほうにつきましては、給料及び職員手当の増減額の明細ですが、これもまた後ほどご覧いただきたいと思います。

 次のページですが、302ページから304ページにつきましては、職員1人当たりの給与、それから初任給、級別の標準的な職務内容、期末手当等が掲載されておりますので、これらについてもまた後ほどご覧いただければと思います。

 それから、305ページをお願いいたします。

 債務負担行為であります。305、306ページにわたって債務負担行為、既に平成20年度までに支出額、またはその支出額の見込み等が支出予定等に決まっているものですね、これについてここに掲載をしてございます。これについてもご覧いただければと思います。既に債務負担として決まっているものの合計は、306ページの一番下にありますように、限度額28億9,578万2,000円、そして前年度までの支出見込みが3億1,415万4,000円、当該年度の支出見込み額が2億5,005万4,000円、翌年度以降の支出予定額が3億3,157万4,000円ということになっております。

 それから、307ページには地方債の前々年度末における現在高並びに前年度末及び当該年度末における現在高の見込みに関する調書であります。合計を朗読いたしますと、前々年度末現在高が104億4,286万8,000円、前年度末が100億1,287万9,000円、当該年度中の起債見込みが9億1,950万円、当該年度中の元金償還見込み額が9億8,411万円、したがいまして、当該年度末の現在高見込みが99億4,826万9,000円となります。

 以上で総務部関係の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(市川勝美君) 続いて、厚生部長。

          〔厚生部長兼福祉課長 芹澤光雄君登壇〕



◎厚生部長兼福祉課長(芹澤光雄君) 続きまして、厚生部関係の予算の細部説明をいたします。

 予算書は58、59ページ、歳入になります。予算書につきましては、歳入で、58、59ページをお開きください。

 分担金及び負担金、3目の民生費負担金でございます。5節の心身障害者福祉事業負担金32万5,000円、通所サービス利用促進事業負担金で、通所施設の送迎に要する経費の補助金の利用市町からの負担分でございます。7節老人保護措置費事業負担金で840万1,000円、養護老人ホーム3カ所へ入所されている方たちからの本人負担分14人分、840万円でございます。あと1,000円は滞納繰越金分です。

 4目の衛生費負担金、1節三島函南広域行政組合負担金894万3,000円、みしま聖苑へ職員を1名派遣しております。その1名の人件費の負担分でございます。

 62、63ページをお願いいたします。

 使用料及び手数料、3目民生使用料、1節老人福祉施設使用料で9万円、柏谷老人いこいの家の使用料でございます。開館日数は294日を予定してございます。

 4目の衛生使用料、1節温泉スタンド給湯料54万円、同じく柏谷にあります温泉スタンド給湯料で100リットル、200リットル単位で販売しておりますスタンドの使用料でございます。2節の温泉会館使用料9,741万円、湯〜トピアかんなみの使用料として17万人の入館者を見込んでおります。回数券、割引券の利用で、1人当たり単価につきましては573円で計算をしたものでございます。

 次の66、67ページをお願いいたします。

 2目の総務手数料、1節戸籍手数料387万円、戸籍謄抄本交付手数料で243万円、除籍謄抄本交付手数料で144万円でございます。住民課で行っておりますそれぞれの交付手数料でございます。2節の住民登録手数料で540万円、同様に住民課で取り扱ってございます住民票の交付等の手数料でございます。1万8,000件を予定したものでございます。3節の事務手数料のうち印鑑証明交付手数料432万円、印鑑手帳交付手数料41万4,000円、その他諸証明交付手数料50万円です。同じように住民課で行っております各証明の交付手数料でございます。

 3目の民生手数料、2節の在宅サービス手数料でございます。2万2,000円。短期入所手数料で1万6,000円、訪問介護手数料で6,000円で、それぞれのサービス利用者からの負担分でございます。

 4目の衛生手数料、1節衛生手数料3,035万9,000円でございます。廃棄物処理手数料が2万8,000円、一般廃棄物処理業許可申請手数料5万5,000円、浄化槽清掃業許可申請手数料5,000円、畜犬登録手数料は72万円、狂犬病予防注射済票交付手数料が115万5,000円で、1枚めくっていただきまして、68、69ページで、畜犬鑑札再交付手数料で6,000円、狂犬病予防注射済票交付手数料1,000円で、最後の通所型介護予防事業利用料で41万7,000円となってございます。事業系廃棄物の処理手数料等の環境衛生課で取り扱っております手数料、それから最後の69ページの手数料でございますけれども、一般高齢者の要支援、要介護への移行防止を目的とした運動機能低下防止向上を図る利用者の利用料でございます。

 次の70、71ページをお願いいたします。

 国庫支出金の国庫負担金、3目民生費国庫負担金、1節被用者児童手当費負担金でございます。5,919万2,000円、厚生年金等加入者分で10分の8の負担率でございます。2節非被用者児童手当費負担金909万3,000円、国民年金の加入者分で3分の1の負担率でございます。3節特例給付費負担金で201万円、所得制限対象者の緩和分で10分の10の負担率になってございます。5節保険基盤安定負担金1,000万円、国民健康保険の基盤安定負担金で2分の1の負担でございます。7節心身福祉費負担金1億252万2,000円、自立支援医療費国庫負担金で810万円、負担率2分の1、障害者自立支援給付費国庫負担金で9,442万2,000円、それぞれの2分の1の負担率で、障害者自立支援法に基づきます医療費、介護給付費等の国庫負担分でございます。10節の被用者小学校修了前特例給付負担金で4,612万5,000円、小学校6学年修了前の負担金で3分の1、厚生年金等の加入者分のものでございます。11節非被用者小学校修了前特例給付費負担金1,725万1,000円、同様に国民年金の加入者分で、負担率は3分の1でございます。

 次のページ、72、73をお願いいたします。

 民生費国庫補助金で2節の心身福祉費補助金67万8,000円、障害程度区分認定等事業費国庫補助金で、自立支援認定審査会に要する経費の補助2分の1でございます。4節の地域生活支援事業費補助金1,145万5,000円、日常生活用具、日中一時支援、移動支援等の事業に係ります補助で2分の1の補助率でございます。

 76、77ページをお願いいたします。

 飛んで、76、77ページ、国庫支出金の委託金、2目の総務費委託金、1節住民基本台帳費委託金、外国人登録事務委託金77万2,000円、人口動態調査事務委託金、それぞれ住民課の事務の取り扱いに対する委託金でございます。

 3目の民生費委託金、1節国民年金事務費委託金1,046万4,000円、拠出年金事務委託金、被保険者数を基準としたもの、協力連携事務費としていただくものとしての事務の委託金でございます。2節児童福祉費委託金7万8,000円、特別児童扶養手当事務取扱金で56件分の事務取扱委託金でございます。

 次のページ、78、79ページです。

 県の支出金、県負担金、3目の民生費県負担金の1節被用者児童手当費負担金で739万9,000円、児童手当の厚生年金の加入者分で10分の1の負担率でございます。2節の非被用者児童手当費負担金で909万3,000円、同様に国民年金加入者分の負担率3分の1のものでございます。4節保険基盤安定負担金として5,751万9,000円、保険基盤安定負担金で国民健康保険税減額分支援分に対するもの、また後期高齢者保険料の軽減、減額分というものに対する支援という形のものでございます。6節の心身福祉費負担金5,138万4,000円、心身障害者相談員負担金12万3,000円、5人分の負担金でございます。自立支援医療費県負担金405万円、4分の1の補助率でございます。障害者自立支援給付費負担金で、心身障害者給付費の4分の1でございます。4,721万1,000円です。9節の被用者小学校修了前特例給付費負担金については4,612万5,000円、国と同様、厚生年金加入者分3分の1の負担率のものでございます。10節非被用者小学校修了前特例給付費負担金、国民年金加入者3分の1の負担のものでございます。1,725万1,000円でございます。

 次のページ、80、81ページをお願いいたします。

 県補助金の3目民生費県補助金、1節社会福祉費補助金515万3,000円、民生委員活動補助金で75人、推薦会の報酬等に要する費用の補助金でございます。2節老人福祉費補助金133万5,000円、単位老人クラブの補助金、また老人クラブ連合会への補助金で94万5,000円、低所得者利用者負担減免措置事業費補助金で39万円、社会福祉法人等が行っております施設入所者に対する利用者軽減の補てん分でございます。3節心障福祉費補助金4,022万1,000円、重度心身障害者医療費補助金3,356万4,000円、550人程度を予定したものに対する補助金でございます。障害児者ライフサポート事業費補助金で6万6,000円、デイサービス等の補助金でございます。障害者自立支援総合助成事業費補助金、小規模授産所わかくさ共同作業所運営費等に対する補助金289万8,000円、障害福祉推進基金事業補助金369万3,000円、通所サービス利用促進事業給付システム保守等に関する補助金でございます。4節母子家庭福祉費補助金385万5,000円、母子家庭等医療費助成事業補助金で、医療費、また審査支払いに要する経費に対する補助金で2分の1でございます。

 4目の衛生費県補助金、1節母子保健費補助金1,947万7,000円、乳幼児医療費補助金で、乳幼児医療費に対する県の補助金でございます。入院2分の1、通院3分の1を予定したものでございます。

 次のページ、82、83をお願いいたします。

 4節の健康増進事業費補助金248万円、生活習慣病予防事業に対する3分の2の補助でございます。8節の地域保健活動費補助金111万3,000円、健康づくり総合支援事業補助金、フッ素洗口、食生活改善推進事業等に要する費用の補助金3分の1でございます。

 5目の労働費県補助金、1節高齢者労働能力開発事業費補助金94万円、シルバー人材センターへの運営費補助金、Dランク定額補助でございます。

 飛んで、86、87ページをお願いいたします。

 県支出金、委託金で3目民生費委託金の1節身障福祉費委託金5万円、身体障害者扶養共済事務委託金、事務取り扱い20件分の委託金でございます。2節特別障害者手当事務委託金2万4,000円、特別障害者手当事務取り扱い60件分の委託金でございます。5節介護認定審査委託金3万円、生活保護者に対する介護認定調査、審査6件分を予定したものでございます。6節ホームレス実態調査委託金1万円、年1回行っております実態調査に対する委託金でございます。

 94、95ページをお願いいたします。飛んで、94、95ページでございます。

 寄附金、4目の衛生費寄附金、2節清掃総務事務事業寄附金1万円、路上放置車処理寄附金で、路上放棄車処理協会よりの路上放置車処理に伴う費用の一部を寄附としていただくものでございます。3節廃棄物処理施設管理運営事業寄附金50万円、ペットボトル等有償分寄附金で、ペットボトルのリサイクルに伴います約50トンの収入を予定したものでございます。

 飛んで、108、109ページをお願いいたします。

 諸収入、雑入、2目の衛生費徴収金、2節健康診査個人負担金124万5,000円、胃がん検診41万5,000円、肺がん検診2万円、大腸がん検診53万円、骨粗鬆症検査28万円、各検診に伴います受診者からの500円の個人負担金でございます。

 3目の納付金、心身障害者扶養共済金29万円、心身障害者扶養共済に加入しております15人分の加入者の自己負担分でございます。

 5目の雑入、1雑入の中の説明欄の2でございます。資源ごみ売却代金840万円、アルミ缶、鉄缶等の売却代金でございます。11の乳幼児医療高額療養費相当分保険者負担分300万円、各保険者分を一時的に町で負担いたしまして、立て替え分を各保険者からの収入とするものでございます。24のデイサービスセンター電気料、保健福祉センター内で実施しておりますデイサービスセンターの電気料200万4,000円、27温泉会館店舗等売上収入で7,633万円、湯〜トピアかんなみ内でのレストラン、売店、整体、自販機、マッサージ機等の売上収入でございます。29の温泉会館物品貸出収入で54万4,000円、同様に湯〜トピアかんなみ内のバスタオル等の貸出料でございます。

 次のページ、110、111ページですが、46フリーマーケット参加料、役場駐車場で年2回行っておりますフリーマーケットの参加者区画、49区画2回分の参加料でございます。47行旅病人等取扱料3万円、1件を予定したものでございます。76の心身障害者扶養共済給付保険金202万円、8人分の保険給付分でございます。79不法投棄未然防止事業協力助成金33万2,000円、財団法人家電製品協会よりの家電製品を対象とした不法投棄防止引き渡し事業に要する助成でございます。80の教室参加者負担金69万円、男性の料理教室、筋力パワーアップ教室等の参加者の負担金でございます。88の市町村振興協会市町村交付金の762万3,000円のうち100万円、ユニバーサルデザイン化事業ということで、保健福祉センター内トイレの洋式化等に対する事業の補助金でございます。

 次のページ、112、113ページです。

 諸収入、受託事業収入、3目の民生費受託事業収入、1節小規模授産所運営受託事業収入で364万円、小規模授産所わかくさ共同作業に通所しております伊豆の国市からの2名分の負担分でございます。5節の後期高齢者受託事業収入1,206万9,000円、後期高齢者の健康診査に係る広域連合からの1,600人分の受託収入を予定したものでございます。

 4目衛生費受託事業収入、2節清掃費受託事業収入95万円、可燃ごみ焼却受託事業で、95万円は県下水道公社処理場の焼却受託分でございます。

 以上が歳入でございます。

 歳出につきましては、142ページからとなります。



○議長(市川勝美君) 議事の中途ですが、ここで10分間休憩をいたします。

                             (午前11時06分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                             (午前11時15分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) 細部説明を続けます。

 厚生部長。

          〔厚生部長兼福祉課長 芹澤光雄君登壇〕



◎厚生部長兼福祉課長(芹澤光雄君) では、歳出でございますけれども、142、143ページをお願いいたします。142、143ページからでございます。

 総務費の1目の戸籍住民基本台帳費で、戸籍住民基本台帳事務事業で5,583万6,000円でございます。住民基本台帳、外国人登録等の異動や管理など、またパスポート受け付けに要する費用でございます。主なものといたしましては、職員5人分の人件費、臨時雇い賃金530万円等があります。それと人権相談員の報償費、また窓口のシステムの経費に要する費用でございます。

 次の158、159ページをお願いいたします。

 3款1項1目社会福祉総務費、社会福祉総務事務事業で9,950万9,000円、福祉課職員8人分の人件費と社会福祉協議会への補助金、民生委員活動が主なものでございます。委託料については、心身障害者等への活動業務委託でございます。

 次のページでございますけれども、161ページ、負担金では駿豆学園の負担金537万3,000円でございます。補助金につきましては、先ほど述べました社会福祉協議会への補助金でございます。

 次に、161ページ中段で、2目の国保国民年金費、国保国民年金事務事業で2億2,649万円でございます。国民健康保険の資格異動や給付事務、国民年金の資格納付奨励に関する事務に従事する職員7人分の人件費と、163ページになりますが、国保特別会計への保険基盤安定繰り出し、財政安定化支援繰出金としての1億7,792万円が主なものでございます。

 3目の老人福祉費、老人福祉事業で1億9,675万8,000円でございます。敬老会、敬老祝金等、また養護老人ホーム入所措置に要する費用、みどりが丘ホーム移転建築工事費補助金が主なものでございます。それと、配食サービス、また各種事業の扶助費が主なものとなってございます。

 それから、介護保険特別会計への繰り出しで、介護保険事業で2億9,997万3,000円、介護給付費12.5%分、事務費相当額を繰り出すものでございます。

 164、165ページになります。

 4目の老人保健費、老人保健医療給付事業で57万9,000円、老人保健特別会計への繰出金でございます。

 後期高齢者医療事業で2億6,127万1,000円、平成20年度から給付事業がスタートしておりますけれども、臨時雇い178万9,000円、委託料として1,252万円、健診データ、健康診査等の管理委託をするものでございます。また、広域連合への負担金として2億3,166万円、また後期高齢者医療特別会計への繰出金として1,002万6,000円が主なものとなってございます。

 下のところでございますけれども、5目老人いこいの家管理費、老人いこいの家管理運営事業で582万4,000円、老人いこいの家の管理運営に要する経費、294日間の開館で、管理委託料で167ページにまたがりますけれども、シルバー人材センターへ日中、夜間の管理を委託するものでございます。

 166、167ページの7目の心身障害者福祉費の心身障害者福祉事業で3億4,144万3,000円、障害者自立支援法等に基づきます介護給付、また医療費補助を行うものが主なものでございます。役務費については、国保連合会への審査支払手数料、委託料の主なものでは、わかくさ共同作業所への委託、あと障害者相談支援等への委託で、5支援センターへの委託が主なものとなってございます。

 169ページになりますが、負担金ではワークショップまごころへの負担金、また補助金につきましては、通所サービス利用事業の送迎にかかわる費用の補助金を予定したものでございます。扶助費にあっては、2億8,678万8,000円で重度医療費、また自立支援費の扶助で1億8,183万8,000円が主な支出となってございます。

 次の172、173ページでございますが、2目の児童手当費、児童手当等給付事務事業で2億9,352万2,000円、小学校6学年の修了前の児童を対象に給付するもので、年3回、第1子、第2子が1人5,000円、第3子以降が1万円、3歳未満については一律1万円となってございます。

 3目の母子福祉費、母子福祉事務事業で1,260万3,000円、174、175ページになりますが、委託料で次世代育成支援行動計画、また母子家庭医療費の補助、第4子出産祝金16人分でございます。

 次の176、177ページでございますけれども、1目災害救助費で48万1,000円、水害、火災等に遭われた方に対する見舞金等でございます。

 次の178、179ページでございます。

 4款1項1目保健総務費、保健総務事務事業で8,816万8,000円、健康づくり課職員9人分の人件費、負担金、扶助費が主なもので、沼津夜間救急医療協議会への負担金、また田方救急医療協議会への負担金等が主なものとなってございます。181ページになりますが、精神障害者医療費として456万円、入院医療費の自己負担分3分の1の助成でございます。

 180、181ページ、保健福祉センター管理運営事業2,069万3,000円でございます。保健福祉センターの維持管理に要する経費が主なもので、光熱水費、施設管理委託料865万1,000円等でございます。

 2目の健康づくり対策費、健康づくり推進事業で770万9,000円、健康づくりに関する知識の向上、運動習慣の定着ということで、ここでは主に新規の一般高齢者を対象とした要支援、要介護移行防止を目的とした運動機能低下事業の委託料が主なものでございます。

 次の183ページになりますが、生活習慣病予防事業で3,925万2,000円、保健委員の活動報償金、また認知症、メタボリック教室等の開催、それから医務事業委託料で一般健康診査、肺がん、各種がん等の委託料が主なものとなってございます。

 3目の予防費でございます。ページの下で予防接種事業5,300万9,000円、184、185ページになりますけれども、乳幼児また高齢者のインフルエンザの予防接種に要する費用で、生ポリオ、三種混合等の医務事業委託料5,172万2,000円が主なものとなってございます。

 母子保健事務事業で1億4,677万4,000円、乳幼児、妊産婦に対する保健事業に要する経費で、ここでは妊婦健診が今まで5回のところを14回までに拡大するということと、扶助費におきましては1億220万円、乳幼児医療費の補助金で、ここで就学前から対象を小学校1年生までに拡大して360人を増加したものでございます。それらの拡大を見込んだ予算を計上させていただいております。

 4目の結核検診費、結核検診事業で403万1,000円、186、187ページにまたがりますが、結核予防法に基づきますBCG、結核検診の医師への委託料でございます。

 6目環境衛生費、環境衛生事務事業で4,519万5,000円、環境衛生課職員6人の人件費と害虫駆除、狂犬病予防に要する経費でございます。乳剤の購入、また「函南町の環境」の印刷費等が主なものでございます。

 下のところで、ページ下でございますけれども、葬祭会館管理事務事業4,001万円、次のページになりますが、みしま聖苑に職員を1名派遣しております、その人件費と、みしま聖苑の三島函南広域行政組合管理費の負担金3,106万7,000円が主なものでございます。

 188、189ページ、下でございますけれども、9目公害対策費、環境保全事業で336万4,000円、環境汚染防止等の啓蒙に要する経費で、河川、企業排水、ゴルフ場等の水質検査を行うものの委託料が主なものでございます。

 次の190、191ページで、10目の温泉会館費、温泉会館管理運営事業2億78万4,000円、湯〜トピアかんなみと温泉スタンドの管理運営に要する経費でございます。職員1名分の人件費、スタッフ17人分の臨時雇い賃金、あと消耗品、燃料、光熱水費等がございます。修繕料については、壁等の修繕料でございます。193ページになりますけれども、役務費につきましては、バスマット等のクリーニング等でございます。施設管理委託料では、建物の維持管理、庁舎内の管理運営の業務委託については5,777万5,000円、これはレストランやボディケア等の委託費用となってございます。

 次のページ、194、195ページでございますけれども、4款の2項の1目清掃総務費、清掃総務事務事業で5,957万5,000円、ごみ焼却場、リサイクルプラザ、し尿処理場に勤務する職員10人分の人件費、臨時雇い賃金が主な支出でございます。

 環境美化事業で652万9,000円、ごみの減量、リサイクル、環境美化の啓蒙に要する経費が主なものでございます。報償費では、環境美化指導員、廃棄物減量等推進指導員の活動謝礼55名分でございます。

 196、197ページになりますけれども、ごみの出し方を記載したカレンダー、また説明会の実施、それから町内大型スーパーと協力したレジ袋無料配布中止の運動を実施する予定でございます。補助金といたしましては、生ごみ処理機設置費補助金114万円、古紙等資源集団回収奨励金として250万円を予定してございます。

 次に、中段で2目のし尿処理費、し尿処理事業で2,260万1,000円、し尿処理施設こだま苑の維持管理に要する経費で、主なものにつきましては、消耗品、発酵促進剤等の購入、光熱水費、修繕料等の880万円、施設の各部の計画的な修繕でございます。委託料につきましては、施設管理委託、砂出し清掃等の委託が主なものでございます。次のページでは、補償金、細沢区への補償金でございます。

 198、199ページ、中段、3目の塵芥処理費でございますけれども、一般廃棄物収集事業で7,092万7,000円、不燃物、可燃物、各地区のごみ収集に要する経費でございます。町内6地区におきまして6,405万6,000円で収集してございます。また、廃油を資源ごみとしてバイオディーゼル化等への有効利用を図るものでございます。手数料につきましては、瓶等の資源ごみ処理手数料で396万円でございます。

 最終処分事業の1,523万9,000円、奴田場にあります最終処分場の維持管理に要する経費で、施設管理委託料241万7,000円、また地下水、放流水等の水質検査を予定したものでございます。賃借料については、パワーシャベル等のリース料が主なものでございます。

 ページ下の4目施設管理費、廃棄物処理施設管理運営事業で4億1,135万8,000円、200、201ページになりますが、ごみ焼却場リサイクルプラザの施設運転、維持管理に要する経費でございます。主な支出といたしましては、光熱水費、電気料、修繕料で1億4,200万円でございます。煙道、破砕機等、コンベアの補修をするものでございます。委託料につきましては、施設管理、また1億5,242万3,000円ではごみ焼却場の運転管理委託、焼却灰の処分委託料が主なものでございます。

 次のページ、202、203ページをお願いいたします。

 5款の労働費、1目労働諸費、雇用促進事務事業で1,207万1,000円、高齢者雇用促進に要する経費で、シルバー人材センターへの補助が主なものでございます。

 以上で厚生部関係の予算についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(市川勝美君) 続いて、建設経済部長。

          〔建設経済部長 仁科喜世志君登壇〕



◎建設経済部長(仁科喜世志君) 建設経済部関係の歳入歳出について説明させていただきます。

 58、59ページをお開き願います。

 一番下段です。6目農林水産業費負担金、説明欄の林道維持補修事業負担金、これは林道の草刈り並びに維持補修の事業費に対する面積割合に箱根山組合、それから御山組合からの負担金です。土地改良事業負担金として、次のページにもわたりますけれども、稲妻排水機場維持管理負担金として、伊豆の国市より受益面積の割合で維持管理費に係る経費の負担金であります。

 次は68、69ページをお開きください。

 8目土木手数料、開発行為等の許可申請手数料であります。開発行為と、それから建築許可、開発登録簿原本証明手数料に係るものでございます。

 次は72、73ページをお願いします。

 8目の土木費国庫補助金、1節の土木費補助金、道路等整備費事業補助金、これは国庫補助道路新設改良事業の6路線に伴います事業費の10分の5.5、それから公営住宅等関連事業推進補助金、これは内訳にも載っておりますけれども、木造住宅補強計画策定事業、建築物耐震診断事業、費目増になります。それから、TOUKAI−0の専門家診断事業、それぞれの件数に当たりましてのここに記載されているとおりの補助率の部分であります。それから、06の狭あい道路整備等促進事業補助金、これは平成21年度から新しくなるものですけれども、町単独改良事業の狭隘、狭い道路に伴いましての国からの整備するための補助金、補助率は2分の1になります。3節の公園事業補助金、これは公園整備事業で施設整備工事分の補助率2分の1になります。街路事業費補助金、街路事業の整備として1路線、八ツ溝仁田線の工事費に対する10分の5.5の補助率です。

 次は、76、77ページをお願いします。

 一番下段になりまして、8目土木費委託金、樋門操作委託金で、これは狩野川水系の樋門操作で、観音川排水機場、それから直轄区域の樋門操作の管理分で町内5区にわたっております。それの管理分の委託金でございます。

 次に、82、83ページをお願いします。

 一番上になります。3節生活排水改善対策事業費補助金です。これは合併処理浄化槽の設置事業費の補助金で、新設が31基を見込み、つけ替えが4基を見込んでおります。補助率は新設については3分の1の、0.4については町の財政力指数の定数になります。つけ替えについては2分の1になります。

 中ほどの6目農林水産業費県補助金、1節の農業委員会補助金が農業委員会の交付金、それから農業経営基盤強化事業費取扱交付金、農用地利用集積奨励交付金、それぞれ農業委員会の事務に対する事務交付金になります。2節の農業振興事業補助金、農業経営基盤強化利子助成補助金で、これは認定農業者を主に施設等の資金を借りた方々の利子補給になります。上期、下期、年間を通しまして23口分です。治山事業補助金、復旧治山工事補助金で、県から事業費の60%の補助をもらって行うものです。町内、桑原、畑2カ所を見込んでおります。5節の土地改良事業補助金です。これは県から事業費の3分の1の補助を受けまして、塚本、畑毛の用水路の改修を見込んでおります。それと、農地・水・環境保全向上対策事業、これは丹那地内の1カ所になります。

 次に、8目の土木費県補助金、河川愛護事業補助金として町内18区、290万円に対する交付金です。それと、既存建築物耐震性向上事業補助金で、めくっていただきますと、次のページに内訳が記載されております。木造住宅補強計画策定事業で10件、建築物耐震診断事業で非木造で1件、木造住宅耐震補強助成事業で6件、それからブロック塀等耐震改修事業で2件、TOUKAI−0で20件をそれぞれ見込みまして、それぞれの補助率によるものでございます。2節の土地利用規制等対策費交付金、これは土地利用対策事務交付金で、国土法の規定に基づきまして、届け出に関する事務取り扱いの交付金であります。

 次は、88、89ページをお願いします。

 8目土木費委託金、樋門等操作委託金で、これは狩野川水系の樋門等操作金ですけれども、県管理区分によります町内6区に及んでおります。それから、県管理河川の樋門操作委託金、それは3樋門の操作の管理分と保険料でございます。7節建築物実態調査業務委託金、これは建築物の実態調査ということで、国勢調査の調査区画区分の中での増改築、取り壊し等々の調査に係る事務取り扱いの委託金でございます。

 次は、92、93ページをお願いします。

 2目物品売払収入です。都市計画課の窓口で扱っておりますけれども、地形図の売払収入です。それぞれの地形図、都市計画図、土地利用計画図の収入でございます。

 次は、108、109ページをお願いします。

 5目雑入のうちの説明欄の07農業者年金業務等委託手数料、これは農業委員会の農業者年金の窓口相談、あるいは勧誘、説明会業務に関する手数料でございます。25の熱函道路料金所跡地の電気料、これは月5,000円の6万円になります。めくっていただきまして、説明欄一番上の39都市計画冊子等代金です。やはりこれも窓口で扱っておりますけれども、土地利用の指導要綱並びに土採取の条例の規制の冊子の売上代金です。それから、70の奉仕作業参加者傷害保険精算金、これは予算科目設定だけですけれども、道路愛護等に伴います保険の精算でございます。

 次からは歳出ですけれども、午後になります。よろしくお願いします。



○議長(市川勝美君) 議事の中途ですが、ここで昼食休憩とします。

 午後の会議は1時から行います。

                             (午前11時45分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                              (午後1時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) 細部説明を続けます。

 建設経済部長。

          〔建設経済部長 仁科喜世志君登壇〕



◎建設経済部長(仁科喜世志君) 歳入の説明の中で遺漏がありましたので、1カ所追加説明させていただきます。

 ページは72、73ページです。お開き願います。

 上のほうの4節衛生費国庫補助金で、これは循環型社会形成推進交付金で、国からの補助金の31基の新設の3タイプの事業費の3分の1の補助金であります。大変失礼いたしました。

 196、197ページをお願いいたします。

 歳出になりまして、上段です。19負担金、補助及び交付金で合併処理浄化槽普及事業で635万4,000円、主なものは19の05の建設補助金で、合併処理の設置者に対する補助金です。何回も申し上げてますけれども、新規の31基、つけ替え2タイプの4基であります。

 次は、204、205ページをお願いします。

 1目農業委員会費で、農業委員会事務事業で618万円です。農業委員さんの人件費が主なものです。

 2目の農業総務費、農業総務事務事業で7,128万1,000円、農林商工課職員の人件費、物件費であります。

 次のページをお願いします。

 上の段の13委託料、これは有害鳥獣捕獲事業委託料で、猟友会への委託です。19の02の補助金、函南町有害鳥獣防除柵等設置事業費補助金、これは昨年の2月に鳥獣被害防止措置法が施行されまして、それに基づいて被害防止計画を策定し、町内において防除施設に対する経費の補助をするもので、平成21年度から町単独の補助になります。補助要綱を設置した後に執行していくものであります。50万円です。

 3目の農業振興費です。農業振興事業で806万8,000円、主なものは19の01の負担金、静岡県東部農業共済組合事務費負担金、それから02の補助金で函南町中核農業者協議会の育成事業補助金、あるいは函南町農業振興事業費補助金、丹那盆地まつり事業補助金、それから同じ節の03の交付金として、函南町転作関連対策事業交付金であります。

 次のページをお願いします。

 地域農政推進対策事業で559万6,000円、主に農振地域の審議する事業でございます。主な事業としましては、13で事務事業委託料、平成21年度は農振地域の整備計画の作成委託ということで、定期見直しの年に当たっております。それから、19の02の農業経営基盤強化資金利子助成金、入のときにも説明いたしましたけれども、上期、下期とも23口です。

 4目の畜産業費、畜産振興事業で151万8,000円、主なものは19の02の補助金で、畜産共進会あるいは受精卵移植推進、死亡獣畜処理、これについては1頭当たり2万500円で45頭を見込んでおります。優良牛の導入は1頭で10万円でございます。

 5目の農地費です。県営土地改良事業として48万円、主なものは19の04の建設負担金で、新田の湛水防除の県との2分の1ずつの負担、それから柏谷池の残工事としての200万円に対する建設負担金です。

 次のページをお願いします。

 県単土地改良事業、これは県費3分の1の補助を受けて工事を行うものですけれども、1,358万7,000円、主なものは工事請負費で、塚本、畑毛の農業関係の用水路の整備であります。

 町営土地改良事業として738万8,000円、これは町が事業主体として行うものであります。主に13の委託料として農免道路の草刈り、15工事請負費として農免道路の維持工事分、それから16の原材料費、これは生コン、砕石8団体に交付するものであります。それから、19の05で建設補助金、町単独土地改良事業補助金としまして、町内11団体に補助率2分の1で農道改良、整備、用水路の改修に要する助成でございます。

 排水機場管理事業として2,868万1,000円、主には操作員等の賃金、それから11需用費の中の光熱水費、電気料です。そして、13委託料の施設管理委託料で、次のページをお願いします。機場の電気保安、管理業務、それから電気設備点検等に委託するものが主なものであります。それから、18の備品購入費はデジタル化へ向かって5カ所に設置してありますテレビの更新であります。

 次のページをお願いします。214、215です。

 1目林業振興費です。林業振興事業として277万7,000円、主には委託料で林道の草刈り、それから緑化推進としてみどりまつり、それから15では林道の維持補修、修繕工事、そして16の原材料費として苗木料、これは町内の幼稚園、保育園、あるいは小・中学校、学童保育所への苗木の提供であります。19の02の補助金で、函南町林業関係事業費補助金、これは桑原育林組合への10ヘクタールの間伐に対する補助でございます。

 3目の治山事業費で県単補助治山整備事業、これは県から事業費の60%の補助を受けて工事を行うものです。主には15の工事請負費で、桑原地内と畑地内を予定してございます。

 次のページの216、217をお願いします。

 2目の商工振興費です。商工振興対策事業として1,176万1,000円、主には19の中の負担金、三島・函南勤労者福祉サービスセンターの負担金、それから補助金の商工会事業費の補助金、中小企業事業資金融資制度の利子補給金、そして商店街環境整備事業の補助金です。

 3目観光費ですけれども、観光振興事業として882万1,000円、主なものは19の02の補助金、函南町観光振興事業の補助金です。それから、13の委託料の中で、これは玄岳の登山道の草刈り整備を委託料に計上してございます。

 次は、220ページ、221ページをお願いします。

 1目の土木総務費です。土木一般管理事業で8,562万2,000円、これは建設課の職員の人件費、物件費が主なものです。また、13の委託料として、施設管理委託料は熱函道路料金所跡地の汚水処理維持管理業務、それから事務事業委託料としまして、道路台帳の作成更新業務、積算システムの更新委託。

 次のページ、224、225ページをお願いします。

 1目道路維持費です。道路維持補修事業として526万6,000円、主には工事請負費で神戸橋、それから大竹の21号線、函南駅の東側の鉄の階段の部分の塗装が主なものでございます。16の原材料としまして、生コン砕石、融雪剤、コンクリートぐい、プレート等の原材料を交付します。

 2目として道路新設改良費、国庫補助道路新設改良事業で2億2,100万円、主な内訳は13の委託料として設計監理委託料、これは1路線、工事請負費として3路線、新たにこれは1−1号線、日の出橋と県道との交差する日守の地内ですけれども、県道の交差点の右折レーンをつくるための補助事業として1−1号線が新たに加わりました。それから、公有財産購入費として3路線、22の物件補償として4路線、また町単独道路新設改良事業として1億5,782万3,000円、主なものは一番下の手数料、これは用地登記事務の分筆測量不動産鑑定料が含まれております。ページめくっていただきまして、13の委託料、これはその他町道の設計監理3路線です。15の工事請負費は1・2級が4路線、その他町道が9路線、舗装を5路線、ほかに交通安全、道路改良、住民サービスを見込んでおります。土地購入費はその他町道で3路線。19の04建設負担金は県道にかかわります舗装事業の負担金で、熱海函南線、沼津原木線が予定されております。22の物件補償は、その他町道の4路線、それから道路の後退部分の物件補償と電柱の移設補償です。立木補償につきましては、道路後退線の1路線を見込んでおります。

 次のページをお開き願います。

 1目の河川維持費です。河川維持事業として972万3,000円、主には13の01施設管理委託料、機場・樋門操作委託料、観音川、あるいは国の管理部分、県の管理部分、それから排水ポンプの管理委託料、これは日守の4カ所、自家用電気工作物保守点検業務、これは下の谷戸のポンプです。それから、草刈り等はヒューマンの調整池です。19の03の交付金、堤防草刈り交付金、これは仁田ほか17区が対象としております。

 河川改良事業は、主には工事請負費で町内3カ所を見込んでおります。大溝川、大竹拾五貫目、下の谷戸のポンプ場でございます。

 次のページをお願いします。

 1目の都市計画総務費です。都市計画事務事業として6,937万1,000円、報酬は都市計画審議会、また土地利用調査委員会の報酬、それから都市計画課の職員の人件費、物件費、それから13委託料では我が家の専門家診断委託、都市計画マスタープランの作成業務委託、まちづくり基本調査委託等が含まれております。ページをめくっていただきます。説明欄上の欄の05の建設補助金で函南町の地震対策事業費補助金、これは木造住宅の補強計画、建築物の耐震診断事業、木造住宅の耐震補強の助成、ブロック塀の耐震改修事業を含んでおります。また、雨水浸透・貯留施設の設置補助金等でございます。

 2目の公園費、公園整備事業で2億4,382万8,000円、主には13委託料で、実施詳細設計、水源探査業務、15の工事請負費では施設整備の工事でございます。園路工、雨水排水工、電気設備工、上下設備工として、主に土の中に入ってくる施設等の整備になります。

 4目の街路整備費です。街路整備事業として8,000万円、役務費として一番下の手数料は不動産鑑定料と分筆登記に係る手数料です。次のページをお願いします。13の事務事業委託料は、物件調査、用地測量、設計監理委託料は工事詳細設計の1件でございます。工事請負費として、維持管理工事、道路改良を見込んでおります。それから、用地費は2件、107.47平米になります。それから、19の04建設負担金で、これは間宮平井線に係る事業費の15%に当たる建設負担金であります。22の補償、補填及び賠償金、物件補償は3件でございます。

 次は、飛びまして、290、291ページをお開き願います。

 災害復旧関係になりますけれども、1目の農業用施設災害復旧費です。農業用施設災害復旧事業として、科目設定として1,000円です。

 次のページをお願いします。

 1目の道路橋梁災害復旧費、これも災害復旧工事を1,000円で科目設定してございます。同じく2目の河川災害復旧費、河川の災害復旧事業を工事費で予算科目として1,000円の計上をさせていただきました。

 以上です。よろしくお願いいたします。



○議長(市川勝美君) 続いて、教育次長。

          〔教育次長 星野幹雄君登壇〕



◎教育次長(星野幹雄君) 教育委員会関係の予算について細部説明をさせていただきます。

 58、59ページをお開きください。58、59ページからになります。

 3目民生費負担金、1節保育料負担金1億5,420万円、保育所入所児童の保育料でありまして、延べ園児数は6,044人を見込んでおります。6節留守家庭児童保育所入所料、同様に留守家庭児童を保育所に入所する児童の入所保育料で、現年で1,152万円、これは通常分と減免分一緒にありまして、合計で222人を見込んでおります。

 8節の乳幼児健康支援一時預かり事業利用者負担金1,000円で、病後時保育の一時預かりを予定しておりますけれども、事業的には予算の頭出しということになります。9節の三島函南広域行政組合負担金としまして1,612万8,000円、三島広域行政、若葉保育園に派遣いたします職員3名分の負担金になります。なお、平成21年から従前2人だった保育士の派遣が3名で、1名の増員となります。

 62、63ページをお願いします。

 62、63ページ、下のほうにありますけれども、6目の農業水産業使用料で、農村環境改善センター使用料2万1,000円、丹那にございます農村環境改善センターの使用料でございます。

 10目の教育使用料、1節の幼稚園使用料で、6園の入園時の授業料で2,925万4,000円、延べ550人の園児を予定をしております。

 次のページをお願いします。

 次のページ、2節の社会教育使用料で401万4,000円、コミュニティ推進事業としまして151万4,000円は西部コミュニティに係るものでございます。それから、公民館運営事業としまして250万円、同様に中央公民館の使用料、備品等の貸し出しの使用料でございます。3節の保健体育使用料481万4,000円、社会体育施設使用料としまして455万4,000円は函中のプールの開放にかかわる使用料でございます。キャンプ場施設使用料として、木立キャンプ場の使用料が26万円。

 70、71ページをお願いします。

 3目民生費国庫負担金、中ほどにあります4節の児童保育費負担金で8,204万4,000円、これは町内の私立3保育園の運営費の国庫負担分でありまして、基準額の2分の1の補助になります。

 次のページをお願いします。

 3目、同様に民生費の国庫補助金になりまして、3節児童福祉費補助金で740万円、次世代育成支援応援対策ソフト交付金ということで、延長保育や乳幼児健康支援、一時預かり事業等の交付金になります。

 それから、一番下になりますけれども、10目の教育費国庫補助金で、1節の教育補助金9万6,000円は就学奨励費補助金ということで、要保護の教育扶助事業に対する補助金でございます。次のページをお願いします。74、75ページは、2節の特別支援教育就学奨励費補助金で44万7,000円、特別支援学級に入級する生徒に補助しておりますので、それに対する補助金でございます。3節が教育設備費補助金5,462万9,000円、安全・安心な学校づくり交付金ということで、函南小学校の校舎、体育館、東小の体育館、幼稚園につきましては、丹那幼稚園の園舎の耐震補強工事を計画しておりますので、それらに対する実施設計工事費の交付金でございます。

 78、79ページをお願いします。

 3目の民生費県負担金、3節の児童保育費負担金4,102万2,000円、国と同様に民間保育所3園に対する運営費の県負担分でありまして、基準額の4分の1が負担金として交付されます。

 次のページをお願いします。

 3目の民生費県補助金、5節で児童福祉費補助金3,438万7,000円、多様な保育推進事業で898万5,000円、1、2歳児の乳幼児保育に係る補助金でございます。産休代替職員等補助金は、保育士の産休代替に対する補助、放課後児童対策補助金につきましては、6カ所の学童保育所に対する運営費補助金、平成21年から西部が2カ所になりますので、従前の5カ所から6カ所というふうに箇所がふえます。保育対策等促進事業補助金で1,427万6,000円は地域子育て支援センター等に対する補助金でございます。

 次のページをお願いします。

 82、83ページ、下のほうにございます7目の商工費県補助金で、2節観光振興補助金650万円、これは旧桑村小学校跡地に阿弥陀仏の展示保存館を予定しておりますので、その進入路工事に対する補助金でございます。

 次のページをお願いします。

 9目の消防費県補助金、3節の地震対策補助金2,903万6,000円ということで、その中の小学校管理事業と幼稚園管理運営事業がそれぞれ先ほど申しました函南小学校、東小学校、丹那幼稚園の耐震補助に対する県の補助金になります。

 10目の教育費県補助金、1節社会教育費補助金は、放課後子どもプラン推進事業を平成21年度から始めるということで、まだ事業等が確定しておりませんので、一応制限の予算措置をさせていただきました。文化財保護事業補助金309万円につきましては、桑原薬師堂内の仏像4体の修理の補助金を予定をしております。

 108、109ページをお願いします。

 雑入になります。雑入のうち14生涯学習等参加者負担金は、親子共同体験事業等の講座の参加者の負担金になります。38文化財関係等冊子代金、中央公民館で町で発行しております文化財関係の冊子を販売しておりますので、その売上金を予定させていただきました。次のページをお願いします。43海洋スクール参加者負担金、これは小学生を対象に毎年海洋体験活動を行っておりますので、その活動に参加する方々の負担金を予定しております。71文化芸術鑑賞会等入場料、これも公民館で行います文化芸術鑑賞会の公演入場料等を予定しております。81地域の文化・芸術活動支援事業助成金、文化・芸術鑑賞会開催費用のうち、財団法人地域創造会から助成を受けるものでございます。95静岡県東部少年の船研修生負担金、これにつきましては、東部5市3町広域で事業を実施しております洋上研修に参加する中学生の参加負担金でございます。

 次のページをお願いします。

 112、113ページ、3目の民生費受託事業収入、2節の保育所受託事業収入906万円は、他市町村から町内の保育所に入所を希望する方々の受け入れに対する受託費で906万円、約300人を予定しております。

 10目で教育費受託事業収入、1節の埋蔵文化財発掘調査受託事業収入ということで、開発事業等に伴いまして、町の文化財の指定地区の調査を開発事業者から町が受託して行う事業でございます。191万1,000円を予定しております。

 収入は以上でございます。

 歳出は170、171ページになります。170、171ページをお開きください。

 1目の児童福祉総務費、ここからは事業ごとに説明をさせていただきます。

 児童福祉事業で6億4,937万4,000円、町内保育園5園の運営管理に要する経費でございまして、主な支出は園長、副園長、保育士、調理員、栄養士等24人の人件費と、中ほどにある07賃金につきましては、障害児保育等を行いますので、その補助として6人の雇用を予定しております。需用費は光熱水費、賄い材料が主なもので、賄い材料は園児の給食用賄い材料。委託費としまして、03事務事業委託料3億8,342万7,000円は民間保育所3園の民間保育所運営費の委託料と、それから逆に町から町外の保育園に行っている方がいらっしゃいますので、その園児に対する措置料、それから西部保育園の耐震補強を予定しておりますので、それらの基本設計の委託料をここで予定をしております。次のページをお願いします。上のほうにあります15工事請負費200万円につきましては、既存の園庭のパーゴラ等の張り替えを予定しており、負担金補助の9,178万1,000円、負担金としまして2,978万円、主なものは若葉保育園の運営費の負担金であります三島函南広域行政組合の負担金で、補助金としまして6,200万1,000円、内容としましては、多様な保育推進事業費として、これは乳幼児の保育事業に対するもの、それから民間保育所運営費補助金は民間保育所3園に対する運営費、次世代育成支援対策補助金は延長保育に対する補助、保育促進事業費補助金は子育て支援センター等の事業に要する補助でございます。

 次のページをお願いします。

 175ページ、留守家庭児童保育所運営事業としまして4,659万7,000円、収入でも申し上げましたけれども、平成21年度からは1カ所ふえて町内6カ所の学童保育所の運営に要する経費になります。主なものは、共済費、賃金ということで、学童保育所の指導員の雇い上げに要する経費と、需用費としましては、電気、水道等の光熱水費、それから使用料としまして、賃借料で大きいものは丹那の学童保育所を地元の公民館を使用しておりますので、そちらに払う施設の使用料が主なものになります。工事請負費としましては、中部児童保育所に外部鉄骨の塗り替え等のリニューアルを図りたいというものでございます。備品購入につきましては、洗濯機等の購入を予定をしております。

 少し飛んで、212、213ページをお開きください。

 213ページ、中ほどにあります農村環境改善センター管理運営事業596万2,000円です。丹那地区にあります農村環境改善センターの活用を図るため、維持管理運営に要する経費でありまして、主なものは燃料費、光熱水費等の需用費と13の委託料。委託料は大きく分けまして、施設管理委託料のうちの農村環境改善センター管理業務委託料244万8,000円は、日常のセンターの開閉等を委託しておりますので、その委託の費用、電気保安業務以下につきましては、施設の維持管理に必要な委託料となっております。

 218、219ページをお願いします。

 219ページの上段にあります阿弥陀展示館建設事業4,587万6,000円、担当は生涯学習で行いますけれども、修理のところで申し上げましたように、観光の補助金を受けて事業化するため、支出、費目も観光費に計上するものであります。内容としましては、委託料の事務事業委託料で700万円、阿弥陀三尊像の映像資料、写真の作成、写真資料の作成等、それから設計監理としましては、展示館の施設の基本実施設計の委託、工事請負費としまして、展示館予定地への進入路の建設工事を予定をしております。

 246、247ページをお願いします。

 247ページ、上段にあります教育委員会事務事業246万4,000円は、教育委員会及び就学指導委員会の運営、委員の報酬等に要する経費でありまして、教育委員さん4人、指導委員さん3人の委員報酬が主なもので、事業としては教育委員会は年に14回、就学指導委員会は年に3回の開催を予定をしております。負担金、補助及び交付金のうち、補助金としまして、教育研究会補助として町内小・中学校教職員の教育研究活動奨励費のために98万5,000円を予定をしております。

 事務局事務事業1億5,329万3,000円、教育委員会事務局に要する経費で、主なものは教育長、一般職員の給料と手当と、次のページにございます、249ページ、中ほどにあります賃金892万8,000円は、教育相談、それからチャレンジ学級指導員5人の雇い上げに要する費用でございます。それから、需用費のうち、印刷製本費68万4,000円につきましては、教育要覧等の印刷を予定しております。委託料の医務事業委託料は就学時の健康診断の委託料でございます。

 次のページをお願いします。

 250、251ページ、小学校管理事業で8億3,082万8,000円、小学校5校の管理運営に要する経費で、支出の主なものは、事務員、栄養士、調理員等15人の給料を初めとする人件費と、7節の賃金、臨時雇い給3,692万9,000円は特別支援それから一般事務の育休代替、調理員、用務員等の臨時職員の雇い上げに要する費用でございます。報償金は校医等の報償金。それから、需用費のうち修繕料1,172万5,000円につきましては、各小学校の小破修繕に要する費用でございます。役務費の手数料1,090万円は、調理機清掃料等を初めとしまして、各器具、施設の維持管理に要する手数料でございます。

 次のページ、253ページをお願いします。

 253ページ、手数料の中の最後の費目になりますけれども、鑑定評価手数料40万円とありますのは、西小学校の借地部の買収を予定しておりますので、それの買収分に対する土地の鑑定評価手数料です。委託費613万1,000円は浄化槽管理委託料等、施設維持のための各種の委託料、事務事業委託料4,181万1,000円は丹那小、東小の給食調理の委託料、設計監理2,800万円につきましては函小体育館の設計と施工監理、それから東小体育館の施行監理を予定をしております。使用料及び賃借料のうち、主なものは借地料で4,451万9,000円、小学校用地4万4,519平米を借り上げておりますので、それに対する借地料になります。工事請負費としましては3億8,200万円、何回も出てきますけれども、函南小、東小の耐震補強に要する工事費になります。公有財産購入費としまして1億2,000万円、西小学校の用地の一部買収を予定をしております。備品購入費としまして708万7,000円、各学校で使用しますロッカーと一般管理用備品と給食用備品を購入するものでございます。

 次のページをお願いします。

 255ページ、函南小学校管理事業343万7,000円、丹那小学校管理事業157万4,000円、桑村小学校管理事業172万9,000円、東小学校管理事業386万円、西小学校管理事業501万2,000円は、それぞれ学校管理に必要な用紙、インク等を購入するための消耗品でございます。

 それから、下の欄になりますけれども、小学校教育振興事業で4,887万1,000円、小学校の教育振興に要する経費で、主なものは8の報償費、講演会の講師謝礼、卒業の証書入れホルダー等を予定しております。需用費411万7,000円は、次のページをお願いします。257ページ、上段にございます図書雑誌費293万円が主なもので、これは各学校図書室に置く児童用図書の購入を計画をしております。委託料として1,100万円は、外国人語学指導助手、いわゆるALT2人を雇い上げる費用でございます。これは会社に委託をしますので、費目的には委託料という名目になります。使用料としましては、19のOA機器使用料で、児童用のパソコンリース料で1,799万7,000円、備品購入306万6,000円は授業に使います生物顕微鏡、跳び箱等の購入を予定をしております。負担金、補助及び交付金のうち、大きいものは114万5,000円の日本スポーツ振興センター災害共済掛金負担金で、学校内での事故に対応する保険金でございます。それから、扶助費としまして、教育扶助、これは要保護・準要保護児童生徒約110人を予定しておりますけれども、それに対する経費と、特別支援教育就学奨励費は特別支援学級に入級している生徒に対する奨励費で23人を予定をしております。

 函南小学校教育振興事業81万円、丹那小学校教育振興事業27万8,000円、桑村小学校教育振興事業42万1,000円。それから、次のページにございます東小学校教育振興事業96万7,000円、西小学校教育振興事業89万7,000円は、いずれも事業に直接必要な大型定規だとか分度器、パソコン等のインクの購入をする消耗品が支出の予定になります。

 次のページをお願いします。260、261ページ。

 261ページの上段にあります中学校管理事業2億3,337万3,000円、函南中学校、東中学校の管理運営に要する経費で、主な経費は事務員、栄養士、用務員等6人の給料等の人件費と、賃金としましては1,237万8,000円、学習支援、図書司書等の臨時職員の雇い上げに要する費用でございます。それから、需用費としましては、光熱水費、修繕料が主なもので、修繕としましては屋上の給水タンク、体育館の照明の取り替え等を予定をしております。それから、役務費の696万1,000円、主なものは手数料で、研磨手数料、ピアノ手数料ということで、各施設の器具の維持等に要する手数料と、一番下にあります健康診断手数料183万9,000円は、生徒の健康診断に要する経費でございます。

 次のページをお願いします。

 263ページ、中ほどにあります委託料6,035万1,000円、施設管理委託料として253万7,000円は校舎の維持管理に必要な委託料、03の事務事業委託料、バス送迎業務委託料としまして1,160万3,000円は函南中学校スクールバスの運行委託に関するもの、それから、給食調理業務委託4,523万5,000円は函南中、東中の給食調理業務の委託料でございます。14の使用料として大きいものは借地料1,133万4,000円とOA機器使用料で、借地料は函中プール、東小用地の借地、それからOA機器につきましてはパソコン等の使用料でございます。工事請負費で4,170万円は、函南中学校平成21年度半分グラウンドの整備をしましたので、残りの半分をここでやろうとするものでございます。備品購入費694万4,000円は一般管理用として生徒用の机、保健用として肥満度計算機、給食用備品でテーブル等を購入する費用でございます。

 次のページをお願いします。

 265ページ、函南中学校管理事業370万円、東中学校管理事業368万9,000円は、小学校と同様に用紙や保健室用の消毒液など経常的な消耗品に要する経費でございます。

 中学校教育振興事業で4,664万6,000円、中学校教育振興に要する経費で、主なものは8節の報償費で83万7,000円、講演の講師謝礼、卒業証書ホルダー等を予定しております。11節需用費の中で図書雑誌205万5,000円は生徒用の図書の購入でございます。13委託料は小学校と同様にALT2人に委託する計画をしております。使用料も大きなものはOA機器の使用料で、生徒用のパソコンのリース代になります。備品購入費394万円は函中のサッカーゴールネット、東中のオルガン等の購入を予定しております。次のページをお願いします。267ページ、中ほどにあります補助金454万2,000円は、桑原方面の通学補助、これは自転車の購入の補助をしております4万2,000円と部活動振興費補助金ということで、大会費の派遣補助が450万円となります。交付金としましては、生徒指導協議会、道徳教育体験活動交付金としてそれぞれ50万円と60万円を計画いたしました。扶助費としまして、教育扶助、要保護・準要保護生徒の援助で82人、特別支援教育就学奨励費で13人の計画をしております。

 函南中学校教育振興事業で185万6,000円、東中学校教育振興事業で200万2,000円は、授業等で直接使用する教材、消耗品に要する経費でございます。

 次のページ、268、269ページをお願いします。

 269ページ、上段にございます幼稚園管理運営事業3億2,733万5,000円、幼稚園6園の管理運営に要する経費で、平成21年度は36学級、550人の入園を予定をしております。主な経費としましては、幼稚園教諭と調理員の人件費、合計43人分の給料、手当等と、賃金としまして1,693万1,000円は3歳児の補助、それから障害児教育に対するTT補助の教諭の雇い上げを予定をしております。それから、需用費1,336万8,000円は、水道料等と修繕料510万円は各園の小破修繕、図書雑誌費は日常図書の購入に充てるものでございます。役務費としましては、手数料164万4,000円は各園の研磨手数料、ピアノ調律手数料等をそれぞれ施設の器具の維持と、中ほどにあります健康診断手数料、園児の健康診断の手数料になります。次のページをお願いします。271ページ、中ほどにあります委託料288万3,000円は施設管理委託料、園舎の維持管理分と事務事業委託料20万2,000円、幼稚園授業料のシステムの保守管理の委託料になります。それから、設計監理委託料としまして、丹那幼稚園耐震補強工事の施工監理料としまして74万円を計上させていただきました。それから、15の工事請負費1,850万円は、同様に丹那幼稚園の耐震補強工事が主なものになります。備品購入費301万4,000円は、一般管理備品としてシュレッダー、教材費でビデオデッキ、給食用備品は物資の荷受け台等の備品の購入を予定しております。

 次のページをお願いします。

 272、273ページ、社会教育の関係になります。273ページ、上段、社会教育総務事務事業として6,574万1,000円、生涯学習を推進するための社会教育事業に携わる職員の人件費等が主なもので、費目としましては、報酬として社会教育委員の報酬が21万8,000円、職員の雇い上げとしまして、一般職給8人の給料を初めとする手当、共済費の人件費と賃金の521万3,000円のうち、臨時雇い給として516万9,000円は図書室の事務員3名、公民館日直1名の雇い上げに要する費用でございます。負担金、補助及び交付金のうち主なものは補助金の500万円で、国民文化祭実行委員会への補助になります。

 コミュニティ推進事業としまして2,185万8,000円、西部コミュニティセンターの活用を図るための管理運営に要する経費でありまして、それと各区のコミュニティ施設活動に補助をする経費になります。主なものは11節の光熱水費と次のページ、275ページをお願いします。275ページ、上段にあります委託料517万1,000円は施設管理委託料として西部コミュニティセンターの日常的な管理運営を委託する業務と電気保安業務委託料ということで、施設の維持管理を委託する費用でございます。それから、03の事務事業委託料100万円につきましては、平井公民館の事務事業の委託でございます。負担金、補助及び交付金として1,407万9,000円、補助金で函南町シャギリ保存事業補助金で33万円、03の交付金で函南町コミュニティ推進事業交付金で76万円、建設補助金としまして、コミュニティ施設整備費補助金として1,298万9,000円は日守区ほか7区が行います公民館等の施設整備に要する補助でございます。

 ふれあいセンター管理運営事業821万7,000円、地域の学習活動に活用されておりますふれあいセンターの管理運営に要する経費で、主なものは光熱水費の需用費と委託料408万4,000円、建物維持管理に要する費用と、最後にあります借地をしておりますので、借地料238万6,000円が主な支出になります。

 それから、公民館運営事業として7,841万8,000円、町の生涯学習の拠点であります中央公民館の管理運営に要する経費で、主なものは燃料費と、次のページ、277ページをお願いします。277ページで光熱水費、それから修繕料。修繕料は小破修繕を予定しております。それから、委託料として1,188万9,000円、主なものはエレベーター等を初めとします中央公民館建物設備の維持管理、点検等に要する経費と事務事業委託料で100万円、この100万円は中央公民館の空調の設備が古くて、使用者からかなりクレームが来ておりますので、それらの改修をするための調査に要する費用でございます。それから、工事請負費5,000万円は空調整備、舞台設備の改修等を予定をしております。備品購入費43万2,000円はワイヤレスマイク等の購入予定。

 それから、生涯学習推進事業としまして1,591万4,000円、生涯学習の充実と学習機会の提供、各種の講座開設に要する費用でありまして、主な費用は報償費で276万1,000円、報償金としまして210万8,000円は生涯学習講座の謝礼、家庭・青少年教育等講師謝礼でそれぞれ7講座を予定している講師の謝礼になります。記念品としましては、毎年行っております新成人の記念品で、平成22年1月の実施になりますけれども、新成人400人ぐらいであろうというふうに推測をしております。需用費として208万1,000円は、一番下の欄にありますけれども、印刷製本費120万8,000円が主なもので、生涯学習塾の募集要項、講座のパンフレット等の印刷を計画をしております。めくっていただきまして、279ページをお願いします。279ページ、13の委託料543万9,000円は函南町の文化祭の委託料113万9,000円とわいわい塾、文化芸術鑑賞会上演業務委託料400万円、この400万円の上演業務はミュージカル「龍馬!」、それから吉田兄弟のコンサートの2演目を予定をしております。負担金、補助及び交付金で356万1,000円、負担金219万1,000円は静岡県東部少年の船の参加負担金168万円が主なもので、補助金としましては、函南子ども会連合会補助金に始まります子ども会、かんなみ女性の会、文化協会等関係団体の活動に対する補助金になります。

 図書事務事業で2,132万6,000円、中央公民館図書室の蔵書の充実、運営と新しい図書館の設計等に要する費用でありまして、一番下から2行目になりますけれども、委託料で1,744万7,000円。次のページをお願いします。281ページ、上段にあります事務事業委託料273万円は新しい図書館建設予定地の地質調査の調査委託、設計監理委託は同様に図書館の基本設計の委託を予定しているものでございます。備品購入費200万円は既存の図書室の蔵書の充実を図るために購入する図書で、約1,050冊を予定をしております。

 文化財保護事業で963万4,000円、柏谷横穴群、丹那断層等の文化財の保護、保存を図るために要する経費でありまして、主な経費としましては、下にあります13委託料で189万2,000円、丹那断層、柏谷横穴群、阿弥陀三尊等の保存の委託に要する経費でございます。それから、工事請負費としまして618万円は桑原薬師堂内の仏像4体の保存、修理等を計画をいたしております。

 次のページをお願いします。

 283ページ、中ほどにあります文化財調査事業903万円です。埋蔵文化財の発掘調査、出土品の調査、整理等に要する経費で、主な支出は7節の賃金751万3,000円になります。臨時雇い給は出土品の整理、3人の方にお願いし、作業員賃金は開発時等の発掘調査を委託するものでございます。それから、14の使用料及び賃借料につきましては、発掘調査をするときに必要な重機、トイレ等の借り上げになります。

 次のページをお願いします。

 284、285ページ、社会体育総務事務事業で2,520万3,000円、町民のスポーツ振興を図るため、各種スポーツ教室の開催等に要する費用でありまして、主な費用は職員2名の給料を初めとする人件費と7節の賃金171万2,000円は体育館の管理人の雇い上げ、委託料395万円は事務事業委託料としまして、函南町体育指導員活動事業業務委託で、体育指導員18人に対する委託、それから例年12月に行われます静岡県市町村対抗駅伝競争大会業務の委託になります。負担金、補助及び交付金としまして413万2,000円、大きいものは補助金で、NPO法人函南町体育協会への補助金が220万円、それからスポーツ競技大会出場選手等奨励金として120万円を計上させていただきました。

 次のページをお願いします。

 286、287ページ、体育施設管理事業で3,714万円、スポーツの振興と健康維持等を図るため、学校体育施設の開放と函南町体育館の維持管理に要する費用でありまして、主なものは需用費、需用費のうち修繕料は函南町のプールサイドのマット、体育館の照明等の修繕を予定をしております。委託料として688万5,000円、委託料の施設管理委託料のうち、一番上にあります函南中プール施設管理業務委託料につきましては、プール開放時の委託料、それから2行目以下、函南町学校体育施設保守管理業務委託料につきましては、施設等の点検管理と清掃業務に要する委託でございます。それから、借地料につきましては、函南町体育館北グラウンド用地を借地しておりますので、その借地料、工事請負費1,016万2,000円は函南中学校グラウンドの夜間照明、西小学校体育館の防球ネットの工事等を予定をしております。公有財産177万5,000円につきましては、肥田の簡易グラウンド約230平米の買収を予定しております。備品購入費63万円につきましては、函南町体育館で使用しますバレーボールの支柱等の購入を予定をしております。

 野外活動施設管理運営事業497万5,000円、木立キャンプ場の管理運営に要する経費で、主なものは需用費の274万1,000円、そのうち修繕料が238万9,000円で、管理棟入り口への転落防止柵の補修、施設案内看板等の補修を計画をしております。次のページをお願いします。289ページ、委託料で132万2,000円は施設管理委託料として施設管理業務委託料、これは木立キャンプ場の日常の業務の委託、それから給水、浄化槽ということで、施設管理の委託を行うものであります。

 以上で教育委員会関係の予算の細部説明をさせていただきました。よろしくお願いいたします。



○議長(市川勝美君) 続いて、議会事務局長。

          〔議会事務局長 坂上 操君登壇〕



◎議会事務局長(坂上操君) それでは、議会関係と監査委員関係につきまして説明させていただきます。

 歳入はございません。

 歳出につきまして、116、117ページをお開きください。

 議会費の議会運営事業1億2,028万5,000円で、これは議員18名分の議員報酬、あるいは事務局職員3人分の人件費が主な支出でございます。

 その次に156、157ページへお願いいたします。

 監査委員費の監査委員事務事業で983万3,000円で、監査業務のための監査委員2人の報酬と事務局職員1名分の人件費が主な支出となっております。

 以上です。



○議長(市川勝美君) 議事の中途ですが、ここで10分間休憩をいたします。

                              (午後1時59分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                              (午後2時09分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(市川勝美君) 次に、各特別会計予算の細部説明を求めます。

 土地取得特別会計予算について、企画財政課長。

          〔企画財政課長 佐口則保君登壇〕



◎企画財政課長(佐口則保君) それでは、特別会計につきましては、別冊の予算書になりますので、ご用意願います。

 1ページをお願いいたします。

 最初に、議案を朗読いたします。

 議案第27号 平成21年度函南町土地取得特別会計予算。

 平成21年度函南町の土地取得特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ7,500万円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 それでは、2ページ、3ページをお願いいたします。

 第1表の歳入歳出予算で、まず歳入です。

 1款財産収入、2項財産売払収入、増額で7,500万円。歳入合計も7,500万円であります。

 次に、歳出、1款総務費、1項総務管理費、同額で7,500万円。歳出合計が同額の7,500万円であります。

 次に、事項別明細で8ページ、9ページをお願いいたします。

 まず、歳入です。

 第1款、第2項、1目の不動産売払収入7,500万円、説明欄で不動産売払収入ですが、これは土地取得で保有している土地を売り払い、土地開発基金に積み立てるというものであります。先ほどの一般会計の最後のページ、297ページの普通財産取得事業と一致するというものであります。今回予定しておりますのは、東駿河湾環状線の道路代替地で、仁田の1,006平米を予定しているということであります。

 次に、10ページ、11ページをお願いいたします。

 土地開発基金繰入金につきましては、新たな先行取得の予定はありませんので、廃目といたします。

 次に、歳出。

 12ページ、13ページをお願いいたします。

 1款総務費、1項総務管理費、1目の基金費7,500万円で、基金管理事業ということで、不動産売払収入を土地開発基金に積み立てるというものでございます。

 次に、14ページ、15ページ、普通財産取得費、基金繰入金同様、土地購入予定がありませんので、廃目といたします。

 なお、この結果、土地開発基金の平成21年度末の残高見込みですけれども、平成20年度残高見込みにつきましては、昨日申し上げましたが、これに7,500万円を加えますと2億5,400万円というのが平成21年末の見込みということになります。

 以上で細部説明とさせていただきます。



○議長(市川勝美君) 次に、国民健康保険特別会計、老人保健特別会計及び後期高齢者医療特別会計予算について、住民課長。

          〔住民課長 高橋憲行君登壇〕



◎住民課長(高橋憲行君) それでは、私のほうからは国民健康保険特別会計、老人保健特別会計、後期高齢者医療特別会計の3特別会計について細部説明をいたします。

 まず、国民健康保険特別会計について細部説明をいたします。

 予算書は16ページになります。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第28号 平成21年度函南町国民健康保険特別会計予算。

 平成21年度函南町の国民健康保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ44億2,969万6,000円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (一時借入金)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は5,000万円と定める。

 (歳出予算の流用)

 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 第1号 保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 それでは、17ページ、18ページをお願いいたします。

 第1表歳入歳出予算でございます。

 歳入。

 1款国民健康保険税、第1項国民健康保険税、同額で11億6,892万円。

 2款一部負担金、1項一部負担金、同額で1,000円。

 3款国庫支出金11億3,372万9,000円、1項国庫負担金10億5,979万3,000円、2項国庫補助金7,393万6,000円。

 4款療養給付費交付金13億5,848万6,000円、1項療養給付費交付金5億4,294万円、2項前期高齢者交付金8億1,554万6,000円。

 5款県支出金、1項県補助金、同額で2億419万5,000円。

 6款共同事業交付金、1項共同事業交付金、同額で3億7,642万8,000円。

 8款繰入金1億7,792万1,000円、1項他会計繰入金1億7,792万円、2項基金繰入金1,000円。

 9款繰越金、1項繰越金、同額で1,000万1,000円。

 10款諸収入1万5,000円、1項延滞金及び過料5,000円、3項雑入1万円。

 歳入合計44億2,960万6,000円でございます。

 歳出です。

 1款総務費2,249万6,000円、1項総務管理費1,856万円、2項徴税費301万4,000円、3項運営協議会費39万7,000円、4項趣旨普及費52万5,000円。

 2款保険給付費29億9,512万3,000円、1項療養諸費26億8,842万円、2項高額療養費2億6,382万3,000円、3項移送費40万円、4項出産育児諸費3,648万円、5項葬祭諸費600万円。

 3款老人保健等拠出金5億7,152万4,000円、2項後期高齢者支援金5億6,970万3,000円、3項前期高齢者納付金182万1,000円。

 4款介護納付金、1項介護納付金、同額で2億1,417万8,000円。

 5款共同事業拠出金、1項共同事業拠出金、同額で4億1,520万8,000円。

 6款保健事業費、1項保健事業費、同額で5,258万1,000円。

 8款公債費、1項一般公債費、同額で1,000円。

 9款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、同額で1億5,358万5,000円。

 10款予備費、1項予備費、同額で500万円。

 歳出合計44億2,969万6,000円でございます。

 次に、事項別明細になります。23ページ、24ページをお願いいたします。

 歳入です。

 国民健康保険税でございますが、平成20年4月の医療制度改革により、後期高齢者支援金が発生いたしまして、本年2年目を迎えまして、滞納繰越分が必要となります。それによりまして、節の並び順について整理させていただきました。一般、退職ともに1節を医療給付費の現年課税分、2節を滞納繰越分、3節を後期高齢者支援金の現年課税分、4節を滞納繰越金分、5節を介護納付金の現年課税分と6節を滞納繰越分とさせていただきました。

 1目の一般被保険者国民健康保険税でございますが、収納率を85%で見込んで計上しております。1節一般医療給付費現年課税分、対象者が1万1,427人で6億5,824万8,000円、2節一般医療給付費の滞納繰越分です。3,000万円。3節一般後期高齢者支援金等現年課税分、対象者が1万1,427人で2億7,213万1,000円です。4節の一般後期高齢者支援金等滞納繰越分10万円です。5節一般介護納付金現年課税分、対象者が3,780人で1億787万6,000円です。6節一般介護納付金滞納繰越分です。100万円を計上いたしました。

 2目退職被保険者等国民健康保険税です。収納率95%を見込んでおります。1節退職医療給付費現年課税分、対象者が938人で4,993万4,000円、退職者の医療給付費の滞納繰越分です。100万円。3節の退職後期高齢者支援金等現年課税分、938人で2,233万8,000円、4節の退職後期高齢者支援金等滞納繰越分は1万円、5節の退職介護納付金現年課税分ですけれども、対象者が900人で2,618万3,000円、6節の退職介護納付金滞納繰越分ですけれども、10万円です。

 次に、25、26ページをお願いいたします。

 一部負担金で1,000円の科目設定になります。

 次に、27ページ、28ページをお開きください。

 国庫負担金の事務費負担金1,000円の科目設定です。

 2目の療養給付費等負担金でございます。一般国庫現年度分としまして10億5,979万1,000円です。こちら一般被保険者の医療費、後期高齢者医療支援金、介護納付金等に対する国庫負担金分の34%に相当する額を見込んでおります。2節の国庫過年度分でございます。こちらのほうは科目設定です。

 次に、29ページ、30ページをお願いいたします。

 国庫補助金の財政調整交付金です。普通調整交付金といたしまして4,707万4,000円、こちらのほうは医療分、介護納付金分、後期高齢分の法定負担の3割を見込んでおります。続きまして、特別調整交付金でございます。100万円です。こちらのほうは医療費通知等が対象になるということで見込んでおります。

 3目の高額医療費共同事業補助金でございます。こちらのほうは1,938万7,000円でございます。こちらのほうは80万円を超える医療費についての市町村の拠出で、市町村間で費用調整を行うものでございまして、県全体で65億円を見込んでおりまして、国の補助金の分4分の1を見込んでおります。

 4目の保健事業補助金でございます。特定健診の補助金で647万5,000円を見込んでおります。補助基準額の3分の1ということになります。

 次に、31ページ、32ページをお願いいたします。

 療養給付費交付金です。退職者の交付金現年分で4億1,922万円でございます。退職者分の療養給付費、療養費、高額療養費から保険税を差し引いた分を見込んでおります。後期高齢者医療支援分につきましても、退職者の人数に対する負担割合を見込んでおります。2節の退職交付金過年度分ということで1億2,372万円を見込んでおります。こちらのほうは退職被保険者の過年度分の職権適用を行いまして、過年度分の医療諸費について、一般被保険者から退職被保険者に切り替えたために、過年度分の療養給付費を国庫から療養給付費交付金に振り替えたものでございまして、社会保険、診療報酬支払基金よりいただくものでございます。かわりに国庫の償還金といたしまして1億1,919万9,000円を支出するものでございます。差し引きいたしますと、国庫といたしましては452万円等の増となる見込みになっております。

 次に、33ページ、34ページをお願いいたします。

 前期高齢者交付金でございます。前期高齢者交付金現年分でございます。7億7,238万7,000円でございます。退職被保険者見込みと費用見込みを行いまして算定しております。退職被保険者交付金相当額といたしましては、退職被保険者の948人の費用額を見込んで4,315万9,000円を見込んでおります。

 次に、35ページ、36ページをお願いいたします。

 1項の県の補助金、2目の高額医療共同事業補助金でございます。こちらのほうは1,938万7,000円、国庫補助と同額を見込んでおります。

 3目の県調整交付金でございます。普通調整交付金でございまして、1億2,700万円、対象医療費の7%を見込んでおります。2節の特別調整交付金でございますが、5,780万8,000円、内訳としまして、一般被保険者療養給付事業といたしまして、所得水準、医療水準、保健事業、特定健診等について補助を2,100万円、それから後期高齢者医療支援事業といたしまして3,680万8,000円、こちらのほうは対象費用額から人数等で見込んでおります。

 次に、37ページ、38ページをお願いいたします。

 共同事業交付金でございます。高額医療費共同事業交付金でございます。3,877万6,000円。1件80万円超の高額療養費を超えた分につきまして、100分の59来るという制度でございますけれども、過去の実績に基づく連合会資料により見込みました。

 2目の保険財政共同安定化事業交付金でございます。3億3,765万2,000円を見込んでおります。拠出金と同額をこちらのほうは見込んでおります。

 39ページ、40ページをお願いいたします。

 一般会計繰入金でございます。保険基盤安定繰入金といたしまして8,000万円、こちらのほうは保険料軽減分で6,000万円、保険者支援分として2,000万円でございます。4節の財政安定化支援事業繰入金でございますけれども、事務事業等繰入金を1,700万円、出産育児一時金の繰入金としまして2,432万円、こちらのほうは35万円から38万円に上がったものですから、前年度と比べまして192万円の増となっております。その他一般会計繰入金といたしまして、法定外に4,000万円、特定健診分として1,660万円を見込んでおります。

 次に、41ページ、42ページをお開きください。

 国民健康保険基金繰入金でございます。1,000円の科目設定でございます。

 次に、43、44ページをお願いいたします。

 療養給付費交付金繰越金でございます。1,000円の科目設定でございます。その他繰越金といたしまして、前年度繰越金として1,000万円を見込んでおります。

 45、46ページをお願いいたします。

 延滞金及び過料でございますが、一般被保険者の延滞金としまして、現年、過年と1,000円ずつの科目設定、退職被保険者の延滞金も現年、過年と1,000円ずつの科目設定、過料も科目設定でございます。

 47、48ページをお願いいたします。

 雑入でございます。滞納処分費としましては1,000円の科目設定、それから2目、3目といたしまして、一般被保険者、退職被保険者の第三者納付金でございますけれども、現年、過年といたしまして1,000円ずつの科目設定、計4,000円でございます。

 4目、5目につきましては、一般被保険者、退職被保険者の返納金でございます。現年、過年で1,000円ずつ、計4,000円の科目設定になります。

 6目の雑入でございますが、1,000円の科目設定でございます。

 続いて、歳出の細部説明に入ります。

 49、50ページをお開きください。

 歳出につきましては、事業ごとに細部説明をさせていただきます。

 一般管理事業費でございます。1,699万3,000円、給付事務に係る一般事務経費でございます。主な支出は臨時雇いでございまして、レセプト点検3名分の共済費等431万7,000円、印刷製本費につきましては、保険証、医療費通知等でございます。委託料につきましては、事務事業委託料としまして、国保連合会へ医療費通知を行うデータ等の作成委託料等でございます。

 国保連合会共同処理事業といたしまして、こちらのほうは国保連合会共同事業を行うための事務費の負担金でございます。156万7,000円で、平等割20万円、被保険者割としまして133万円等になります。

 次に、51ページ、52ページをお開きください。

 賦課徴収事務事業でございます。こちらのほうは301万4,000円の予算で、保険税を徴収賦課に係る事務経費で、印刷製本費、郵送料、口座振替手数料となっております。

 53ページ、54ページをお願いいたします。

 国保運営協議会活動事業といたしまして39万7,000円、こちらのほうは運営協議会を年3回開催予定で予算を計上してございます。

 55、56ページをお願いいたします。

 趣旨普及事業でございます。52万5,000円でございます。こちらのほうは保険の切り替えのときに保険証の中に入れます冊子を印刷でございます。

 57、58ページをお願いいたします。

 保険給付費の療養諸費でございます。こちらのほうの療養給付費につきましては、過去3年間の療養給付費の平均の伸び率を算定しまして、被保険者数を乗じて算出してございます。一般被保険者療養給付事業でございますけれども、22億6,643万1,000円、平成20年度実質見込みの108.4%になります。

 続いて、退職被保険者等の療養給付事業でございます。3億8,195万6,000円、平成20年度見込みの112.77%になります。

 一般被保険者療養費支給事業でございます。2,667万5,000円、平成20年度支払い見込みの111%でございます。

 退職被保険者等の療養費支給事業でございます。526万8,000円。平成20年度の支払い見込みの113%を計上してございます。

 審査支払手数料支給事務事業でございます。809万円。こちらのほうは過去5年間の伸び率の平均値で算定してございます。

 59、60ページをお願いいたします。

 一般被保険者高額療養費支給事業でございます。こちらのほうは平成20年度の伸びが特に大きいために、過去5年の伸び率の平均によりまして算定してございます。2億2,462万5,000円。

 退職被保険者等の高額療養支給事業でございます。3,919万8,000円でございます。

 61、62ページをお開きください。

 一般被保険者移送費支給事業でございます。こちらのほうは実績はゼロでございますが、前年と同額で6件分、退職被保険者等移送費支給事業、16万円、前年と同額で4件分の計上をしております。

 63、64ページをお願いいたします。

 出産育児一時金支給事業で3,648万円、先ほど一時金が35万円から38万円に引き上げになりました。件数は96件を見込んでおります。

 65、66ページをお願いいたします。

 葬祭費支給事業で600万円、こちらのほうは5万円で120件を見込んでおります。

 67、68ページでございます。

 後期高齢者医療費支援金事業でございます。5億6,962万5,000円です。こちらのほうは対象見込み人数から対象費用見込み人数を算定して算出したものでございます。

 後期高齢者事務費支援事業でございますけれども、同じように見込んで7万8,000円。

 69、70ページでございます。

 前期高齢者納付金事業でございます。182万1,000円。こちらのほうは医療費拠出金につきましては175万1,000円で、平成21年度加入者見込みから費用見込みを出したものでございます。事務費拠出金は7万円、こちらのほうも1人当たり5.3円で1,360人の見込みで算定したものでございます。

 次に、71、72ページでございますが、こちらのほうは老人医療の関係で廃目となっております。

 73、74ページをお開きください。

 介護納付金事業でございます。2億1,417万8,000円。こちらのほうは平成21年度の加入見込みから平成21年度の納付見込み、それから平成19年度の納付金の過不足が生じておりまして、もらい過ぎておりました2,912万6,000円を引いております。

 次に、75、76ページをお願いいたします。

 高額医療費共同事業でございます。こちらのほうは県全体で65億円の拠出金を算定いたしまして、過去3年間の対象額を基準として算定しております。国・県で4分の1等で函南町全体で7,755万円を拠出するものでございます。

 退職者共同事業で6,000円、こちらのほうは退職医療に該当すると思われるリストの作成で、作成費が1件5円ということで6,000円の計上です。

 続いて、保険財政共同安定化事業といたしまして3億3,765万2,000円でございます。1件30万円を超える医療費の市町村間で拠出するものでございまして、県全体で317億円を見込んでおりまして、対象額の案分率、被保険者の案分率等で算定したものでございます。

 次に、77、78ページをお願いいたします。

 保健衛生普及事業で4,988万1,000円、主な事業につきましては、事務事業委託料で水中運動教室180万9,000円、それから新年度で個室等の改善教室等を実施したいということで20万円、それから特定健診・保健指導でございますけれども、4,756万7,000円でございます。今年度の健診目標は健診のほうが46%、指導のほうが23%となっております。

 疾病予防事業でございますけれども、270万円、こちらのほうは人間ドックの受診料の補助ということで、10分の7、上限2万5,000円を予定しているものでございます。

 79、80ページでございます。

 一時借入金利子償還事業でございますけれども、1,000円の科目設定でございます。

 続きまして、81、82ページでございます。

 一般被保険者保険税還付事業でございます。370万円。こちらのほうは償還金といたしまして320万円、還付加算金としまして50万円を見込んでおります。

 続いて、退職被保険者等の保険税還付事業でございます。60万円でございます。同じく償還金を50万円、還付加算金を10万円でございます。

 償還事業でございます。1億4,928万5,000円でございまして、こちらのほうは先ほど療養給付費の退職交付金の過年度分で説明したとおり、国庫負担分の償還金でございます。1億1,919万9,000円のほか、平成19年度老人保健の確定医療費の拠出におきまして、もらい過ぎておりました2,936万6,000円を償還するものでございます。

 83、84ページでございます。

 予備費といたしまして500万円でございます。

 以上で国民健康保険特別会計の細部説明を終わります。

 続いて、老人保健特別会計の細部説明をいたします。

 85ページをお開きください。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第29号 平成21年度函南町老人保健特別会計予算。

 平成21年度函南町の老人保健特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ690万5,000円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 それでは、86、87ページをお開きください。

 第1表歳入歳出予算でございます。

 歳入です。

 1款支払基金交付金、1項支払基金交付金、同額で350万2,000円。

 2款国庫支出金、1項国庫負担金、同額で226万7,000円。

 3款国庫支出金、1項県負担金、同額で56万7,000円。

 4款繰入金、1項他会計繰入金、同額で56万6,000円。

 5款繰越金、1項繰越金、同額で1,000円。

 6款諸収入、3項雑入、同額で2,000円。

 歳入合計690万5,000円です。

 歳出です。

 1款医療諸費、1項医療諸費、同額で690万円。

 2款諸支出金5,000円、1項償還金4,000円、2項繰出金1,000円。

 歳出合計690万5,000円です。

 次に、事項別明細に入ります。92ページ、93ページをお開きください。

 歳入です。

 1項支払基金交付金、1目医療費交付金でございます。こちらのほうは老人医療制度が平成20年4月から後期高齢者医療制度に移行されているために、過誤納、月おくれ等の請求によるものになっております。現物給付基金現年度分でございますけれども、250万円でございます。内訳としましては、500万円医療費対象の50%、現金給付基金現年分でございますけれども、90万円、180万円の法定負担の50%を見込んでおります。基金過年度分としまして、科目設定の1,000円でございます。

 2目審査支払手数料交付金でございます。審査現年度分といたしまして10万円、過年度分としまして1,000円の科目設定を行いました。

 次に、94ページ、95ページをお願いいたします。

 国庫負担金の医療給付費負担金でございます。現物給付国庫現年度分ですけれども、法定負担割合の33.3%の166万6,000円、現金給付の国庫現年分につきましては60万円、過年度分につきましては科目設定となっております。

 続いて、96ページ、97ページをお願いいたします。

 こちらのほうは県負担金の医療費負担金でございます。同じように現物給付と現金給付に分かれまして、負担割合8.33%の41万6,000円と15万円、科目設定の1,000円でございます。

 次に、98ページ、99ページでございます。

 1項の他会計繰入金、1目の一般会計繰入金でございます。これも町の負担割合8.33%の現物給付と現金給付分で56万6,000円になります。

 次に、100ページ、101ページをお願いいたします。

 繰越金1,000円の科目設定でございます。

 102ページ、103ページでございます。

 雑入の1目第三者納付金でございます。現年度分としましては1,000円の科目設定、返納金といたしまして、不当利得返納金1,000円の科目設定でございます。

 以上が歳入です。

 次に、歳出に移ります。

 104ページ、105ページをお願いいたします。

 1項の医療諸費、1目の医療給付金でございます。医療給付事業といたしまして500万円、それから2目の医療費の支給分、療養費支給事業でございまして、180万円を計上させていただきました。

 3目の審査支払手数料は上記に係る審査支払手数料で10万円を見込んでおります。

 次に、106ページ、107ページをお願いいたします。

 1項の償還金、1目の償還金でございますが、交付金等の償還事業でございまして、国庫、県、それから支払基金に対する医療費分、審査支払分、各1,000円の4,000円の科目設定をしております。

 108ページ、109ページでございます。

 繰出金でございますけれども、1項の一般会計繰出金、予算科目設定の1,000円を行っております。

 以上で国民健康保険特別会計の細部説明を終わります。

 続いて、後期高齢者医療特別会計の細部説明を行います。

 110ページをお開きください。

 まず最初に、おわびをしなければならないことがありまして、附属資料でございますけれども、間違いがございましたものですから、先ほど昼にお手元に附属資料の差し替えを、済みませんがお分けさせていただきました。そちらのほうに済みませんが、差し替えてください。

 初めに、議案を朗読させていただきます。

 議案第30号 平成21年度函南町後期高齢者医療特別会計予算。

 平成21年度函南町の後期高齢者医療特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2億5,641万8,000円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 それでは、111ページ、112ページをお開きください。

 第1表歳入歳出予算。

 歳入です。

 1款後期高齢者医療保険料、1項後期高齢者医療保険料、同額で2億4,604万1,000円。

 2款繰入金、1項他会計繰入金、同額で1,002万6,000円。

 4款諸収入35万1,000円、1項延滞金、加算金及び過料1,000円、2項償還金及び還付加算金35万円。

 歳入合計2億5,641万8,000円です。

 歳出です。

 1款広域連合納付金、1項広域連合納付金、同額で2億5,606万8,000円。

 2款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、同額で35万円。

 歳出合計2億5,641万8,000円です。

 次に、事項別明細になります。117ページ、118ページをお開きください。

 歳入で、1項後期高齢者医療保険料でございます。1目特別徴収保険料、現年分、2,690人を見込んでおりまして、平成20年の調定を見込んでおります。収納率99.7%で1億9,675万3,000円、普通徴収の保険料につきましては1,132人を見込んでおりまして、徴収率が95%、4,918万8,000円でございます。滞納分につきましては10万円を見込んでおります。

 次に、119ページ、120ページをお願いいたします。

 1目の一般会計繰入金でございます。保険基盤安定繰入金で1,002万6,000円でございます。こちらのほうは一般会計で説明いたしたとおり、県から4分の3、町で4分の1を見るものでございます。7割・5割の軽減分といたしまして841万4,000円、それから被用者保険の9割軽減の分といたしまして161万2,000円を見込んでおるものでございます。

 121、122ページをお願いいたします。

 延滞金で、現年度課税分といたしまして、科目設定といたしまして1,000円を計上しております。

 123、124ページをお願いいたします。

 還付金で35万円、こちらのほうは制度発足後2年度を迎えましたものですから、過年度分の保険料の還付金が生じるということで、35万円を広域連合からこちらのほうは入れるものでございます。

 次に、歳出です。

 125、126ページをお開きください。

 広域連合納付金、広域連合納付金事業としまして2億5,606万8,000円、内訳としまして、保険基盤安定負担金といたしまして1,002万6,000円、保険料納付金といたしまして、保険料と延滞金の部分2億4,604万2,000円でございます。

 127、128ページをお願いいたします。

 保険料還付事業で35万円、先ほど言いました2年目として出したものですから、今年集めた分の税金が来年になりますと償還金といたしまして30万円、還付加算金としまして5万円を見込んでおります。

 以上で後期高齢者医療特別会計の細部説明を終わります。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(市川勝美君) 次に、介護保険特別会計予算について、福祉課長。

          〔厚生部長兼福祉課長 芹澤光雄君登壇〕



◎厚生部長兼福祉課長(芹澤光雄君) 続きまして、介護保険特別会計予算につきまして説明いたします。

 129ページをお開きください。

 介護保険特別会計でございます。

 最初に、議案を朗読いたします。

 議案第31号 平成21年度函南町介護保険特別会計予算。

 平成21年度函南町の介護保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ19億7,823万9,000円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (一時借入金)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は、3,000万円と定める。

 (歳出予算の流用)

 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成21年3月5日提出。函南町長、芹澤伸行。

 次のページ、130ページでございます。

 なお、介護保険の特別会計につきましては、国の方針、施策等がおくれてございましたので、介護保険事業計画作成中の途中の推計等に基づいてのものが入ってございますので、今後の介護報酬の改定保険料上昇抑制に対する国の補助金等、ここには反映されてない部分がございますので、あらかじめご了承願いたいと思います。

 第1表歳入歳出予算。

 歳入からです。

 1款介護保険料、1項介護保険料とも同額で4億4,521万円。

 2款国庫支出金3億8,769万4,000円、1項国庫負担金3億7,137万円、2項国庫補助金1,632万4,000円。

 3款支払基金交付金、1項支払基金交付金とも同額で5億6,784万4,000円。

 4款県支出金2億7,712万8,000円、1項県負担金2億6,896万7,000円、2項県補助金816万1,000円。

 6款繰入金2億9,997万4,000円、1項一般会計繰入金2億9,997万3,000円、2項基金繰入金1,000円。

 7款繰越金、1項繰越金とも同額で1,000円。

 8款諸収入4,000円、1項延滞金、加算金及び過料2,000円、3項雑入2,000円。

 9款使用料及び手数料、1項使用料とも同額で38万4,000円。

 歳入合計は19億7,823万9,000円でございます。

 右の131ページ、歳出でございます。

 1款総務費5,804万2,000円、1項総務管理費4,093万2,000円、2項徴収費249万3,000円、3項介護認定費1,432万6,000円、4項運営協議会費29万1,000円。

 2款保険給付費18億7,020万6,000円、1項介護給付費17億2,743万円、3項特定入所者介護サービス等6,023万1,000円、4項介護予防サービス等諸費5,611万5,000円、5項高額介護サービス等費2,272万円、6項その他諸費221万円、7項高額医療合算介護サービス150万円。

 3款財政安定化基金拠出金、1項財政安定化基金拠出金とも同額で1,000円。

 4款基金積立金、1項基金積立金とも同額で2,000円。

 5款諸支出金30万2,000円、1項償還金及び還付加算金30万1,000円、2項繰出金1,000円。

 6款地域支援事業費4,968万6,000円、1項介護予防事業費2,302万円、2項包括的支援事業・任意事業2,666万6,000円。

 歳出合計で19億7,823万9,000円でございます。

 次に、136、137ページをお願いいたします。歳入の事項別明細でございます。

 1目第1号被保険者保険料、現年分4億4,520万9,000円、滞納繰越分1,000円で、4億4,521万円を見込んだものでございます。

 次のページでございます。

 1目介護給付費負担金3億3,883万7,000円、施設介護サービス事業15%、居宅介護サービス事業以下20%の各給付費の国の負担分でございます。

 2目調整交付金3,253万3,000円、施設介護サービス事業以下、各給付費の国の調整交付金1.74%を見込んだものでございます。

 次のページでございます。

 140、141ページ、5目地域支援事業交付金(介護予防事業)で565万9,000円、介護予防特定高齢者施策事業以下、国の補助金25%を見込んだものでございます。

 6目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)で1,066万5,000円、介護予防ケアマネジメント事業以下、国の補助金40%を見込んだものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目介護給付費交付金5億6,105万4,000円、2号被保険者の方の支払基金からの交付金で、施設介護サービス事業以下各給付事業に対しまして30%の負担でございます。

 2目地域支援事業支援交付金で679万円、介護予防特定高齢者施策事業、同じく支払基金からの交付金30%を見込んだものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 県支出金、1目介護給付費負担金2億6,896万7,000円、施設介護サービス事業は17.5%、居宅介護サービス事業以下につきましては12.5%分の各給付事業に対する県の負担分でございます。

 次のページをお願いいたします。

 県補助金、1目地域支援事業交付金(介護予防事業)282万9,000円、介護予防特定高齢者施策事業以下、県の補助金12.5%分でございます。

 2目地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)で533万2,000円、介護予防ケアマネジメント事業以下、県の補助金20%分でございます。

 次のページをお願いいたします。

 繰入金、1目介護給付費繰入金2億9,181万2,000円、人件費等の一般管理事業等の事務費、施設介護サービス事業以下、各給付事業に対する12.5%分の町から一般会計からの繰り入れをしていただくものでございます。

 2目地域支援事業繰入金(介護予防事業)282万9,000円、介護予防特定高齢者施策事業以下の町の負担分12.5%分でございます。

 3目地域支援事業繰入金(包括的支援事業・任意事業)で533万2,000円、介護予防ケアマネジメント事業以下、町の負担分20%を見込んだものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 基金繰入金1,000円。

 次のページをお願いいたします。

 152、153ページ、繰越金、1目繰越金、前年度繰越金1,000円。

 次のページをお願いいたします。

 154、155ページ、諸収入、1目延滞金、加算金2,000円、保険料、延滞金、また2節加算金それぞれ1,000円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 諸収入の雑入、3目返納金、また5目過年度収入、それぞれの精算に伴うものを1,000円ずつ設定したものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 使用料及び手数料、1目通所型介護予防事業使用料で38万4,000円、通所型介護予防事業の参加者の使用料でございます。

 飛びまして、160、161ページ、歳出の事項別明細からでございます。

 総務費の1目一般管理事業で4,070万6,000円、介護保険事業にかかわります4人の人件費、介護保険処理システムサポート委託、OA機器使用料が主なものでございます。

 2目連合会負担金、国保連合会共同処理事業で22万6,000円、国保連合会の各保険者との共同処理事業に伴います負担金でございます。

 次のページをお願いいたします。

 162、163ページ、1目賦課徴収費、賦課徴収事務事業で249万3,000円。介護保険料の賦課徴収にかかわります納付書、パンフレットの印刷、郵便料等の経費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 164、165ページ、1目の介護認定費、介護認定事業で1,432万6,000円、介護認定審査会委員の報酬、主治医意見書の作成委託料、認定調査員の調査委託料が主な経費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 1目の運営協議会費、運営協議会事業で29万1,000円、介護保険運営協議会委員の募集、地域包括支援センター運営協議会にかかわります経費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目の保険給付でございますけれども、1目施設介護サービス給付費で7億393万9,000円、要介護者の特別養護老人ホーム、老人保健施設等のサービスにかかわるものでございます。

 2目居宅介護サービス等給付費で7億5,398万6,000円、同じく訪問介護、通所介護、短期入所等にかかわるサービス給付費でございます。

 3目の地域密着型介護サービス給付費で1億7,656万8,000円、認知症対応型共同生活介護、グループホーム、通所介護に係る経費でございます。

 4目居宅介護福祉用具購入事業で341万9,000円、腰かけ便座、入浴補助用具の購入費に係るものでございます。

 5目居宅介護住宅改修費で1,053万円、住宅内の段差解消、手すり等の取りつけに係る経費、20万円限度の給付でございます。

 6目居宅介護サービス計画給付費でサービス計画事業で7,898万8,000円、ケアマネージャーのケアプラン作成に係る給付でございます。

 次に、飛びまして、172、173ページでございます。

 特定入所者介護サービス費で、特定入所者介護サービス事業6,022万9,000円でございます。施設入所者の低所得者に対します食費、居住費の補足給付でございます。

 3目の特定入所者支援サービス費、また1,000円、特定入所者介護予防サービス事業についても1,000円でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款4項介護予防サービス等諸費の1目介護予防サービス給付費、介護予防サービス事業で4,817万3,000円、以下要支援1、2の方たちに対するサービスでございます。訪問看護、介護、通所介護サービスに係るものでございます。

 3目地域密着型介護予防サービス事業が1,000円、5目の介護予防福祉用具購入費25万6,000円、6目の介護予防住宅改修費で152万9,000円、7目の介護予防サービス計画給付費615万6,000円、要支援者に対するそれぞれの給付額でございます。

 次のページ、176、177ページで高額介護サービス事業で2,222万円、要介護者に対します一月に利用者サービスの利用者負担限度額を終えた部分の給付をするものでございます。

 2目の高額介護予防サービス事業では50万円、要支援者に対する同じサービスの給付を見込んだものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款6項1目審査支払手数料221万円、サービス事業者に対する審査支払いに伴います国保連合会の事務負担分でございます。

 次のページで180、181ページ、7項1目高額医療合算介護サービス費100万円、2目高額医療合算介護予防サービス費50万円、医療と介護のそれぞれの負担限度額を超えた部分を給付するものでございます。要介護者、要支援者に対するもので分かれてございます。

 次の182、183ページ、財政安定化事業1,000円。

 次のページでございます。

 184、185ページ、介護保険基金積立金2,000円。

 次のページ、186、187ページ、諸支出金の第1号被保険者保険料還付金30万円、死亡、転出に伴います保険料精算に伴います返還でございます。

 2目償還金については1,000円でございます。

 次のページで繰出金、一般会計繰出金、次のページ、1,000円。

 次のページ、190、191ページでございます。

 地域支援事業費、介護予防事業特定高齢者施策事業で2,260万円、特定高齢者を把握し、通所による要介護状態になるところを予防、軽減を図る事業でございます。生活機能評価、検診を行います医務事業委託料、また事業を委託する委託先への委託料が主なものでございます。

 2目の介護予防一般高齢者施策事業の42万円につきましては、知識普及啓発パンフレット等の印刷でございます。

 次の192、193ページでございますけれども、1目介護予防ケアマネジメント事業で620万円、これにつきましては2目の総合相談事業620万円、地域包括支援センターで委託する事業でございます。

 3目権利擁護事業につきましては106万2,000円、成年後見制度等の利用を予定したものでございます。

 4目の包括的・継続的ケアマネジメント支援事業で620万円、これにつきましても、地域包括支援センター事業で委託し実施するものでございます。

 5目の任意事業で700万4,000円、194、195ページにまたがりますけれども、家族介護支援手当等が主なものでございます。

 196、197ページにつきましては、介護保険事業にかかわります給与費の明細で、199ページにつきましては、債務負担行為の調書でございます。

 以上で介護保険特別会計予算の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会の宣告



○議長(市川勝美君) お諮りします。議事の中途ですが、本日の会議はこの程度にとどめ延会したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(市川勝美君) 異議なしと認めます。

 よって、本日はこれにて延会することに決しました。

 本日はこれにて延会します。

 明日の会議は午前9時からです。

 ご苦労さまでした。

                              (午後3時08分)