議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 函南町

平成24年  3月 定例会 03月02日−04号




平成24年  3月 定例会 − 03月02日−04号









平成24年  3月 定例会



          平成24年第1回(3月)函南町議会定例会

議事日程(第4号)

                   平成24年3月2日(金曜日)午前9時開議

日程第1 (議案第22号から議案第33号までを一括議題とする)

  (1)議案第22号 平成24年度函南町一般会計予算

     議案第23号 平成24年度函南町土地取得特別会計予算

     議案第24号 平成24年度函南町国民健康保険特別会計予算

     議案第25号 平成24年度函南町後期高齢者医療特別会計予算

     議案第26号 平成24年度函南町介護保険特別会計予算

     議案第27号 平成24年度函南町下水道事業特別会計予算

     議案第28号 平成24年度函南町農業集落排水事業特別会計予算

     議案第29号 平成24年度函南町上水道事業特別会計予算

     議案第30号 平成24年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計予算

     議案第31号 平成24年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算

     議案第32号 平成24年度函南町東部簡易水道特別会計予算

     議案第33号 平成24年度函南町平井財産区特別会計予算

  (2)細部説明

  (3)総括質疑

日程第2 分科会審査の議決

日程第3 休会の議決

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(16名)

    1番    廣田直美君        2番    土屋 学君

    3番    馬籠正明君        4番    中野 博君

    5番    山中英昭君        6番    柿本昭仁君

    7番    鈴木晴範君        8番    石川正洋君

    9番    加藤常夫君       10番    植松和子君

   11番    高橋好彦君       12番    服部堅二君

   13番    長澤 務君       14番    米山祐和君

   15番    杉村彰正君       16番    塚平育世君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名

 町長          森 延彦君   副町長         佐口則保君

 会計管理者       与五澤栄堤君  教育長         矢田長春君

 総務部長        室伏光男君   厚生部長        藤間秀忠君

 建設経済部長      坂上 操君   教育次長        高橋宗弘君

 総務課長        高橋憲行君   企画財政課長      松下文幸君

 税務課長        西川富美雄君  管財課長        山下雅彦君

 住民課長        牧野 智君   情報政策課長      市川 積君

 健康づくり課長補佐   小澤義明君   福祉課長        露木 章君

 環境衛生課長      田中康夫君   生涯学習課長      酒井 充君

 建設課長        室伏由之君   農林商工課長      遠藤 信君

 水道課長        安田好伸君   下水道課長       小澤 孝君

 都市計画課長      田口正啓君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 事務局長        矢野正博    書記          岩谷智正

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(米山祐和君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は16名です。定足数に達しておりますので、これより3月定例会第4日目の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(米山祐和君) 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第22号〜議案第33号の説明、質疑



○議長(米山祐和君) 日程第1、これより1日の日程で延会となりました各特別委員会予算の細部説明を継続します。

 下水道事業特別会計及び農業集落排水事業特別会計予算について、下水道課長。

          〔下水道課長 小澤 孝君登壇〕



◎下水道課長(小澤孝君) おはようございます。

 議案第27号について細部説明をいたします。

 予算書は141ページからお願いいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第27号 平成24年度函南町下水道事業特別会計予算。

 平成24年度函南町の下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ11億291万5,000円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (地方債)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第230条第1項の規定により、起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は「第2表地方債」による。

 (一時借入金)

 第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの限度額は、2億円と定める。

 (歳出予算の流用)

 第4条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 第1号 各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成24年3月1日提出。函南町長、森延彦。

 142、143ページをお願いいたします。

 第1表歳入歳出予算。歳入でございます。

 1款分担金及び負担金631万1,000円、1項負担金513万円、2項分担金118万1,000円。

 2款使用料及び手数料2億3,423万5,000円、1項使用料2億3,420万円、2項手数料3万5,000円。

 3款国庫支出金、1項国庫補助金、同額で1億3,160万円。

 4款寄附金、1項寄附金、同額で1,000円。

 5款繰入金、1項一般会計繰入金、同額で5億3,147万6,000円。

 6款繰越金、1項繰越金、同額で10万円。

 7款諸収入821万7,000円、1項延滞金加算金及び過料1,000円、2項雑入821万6,000円。

 8款町債、1項町債、同額で1億9,097万5,000円。

 歳入合計11億291万5,000円でございます。

 144ページ、145ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款事業費6億5,931万3,000円、1項建設事業費4億693万4,000円、2項業務費2億5,237万9,000円。

 2款公債費、1項公債費、同額で4億4,330万2,000円。

 3款予備費、1項予備費、同額で30万円。

 歳出合計11億291万5,000円でございます。

 145ページになりますが、第2表地方債。

 起債の目的は下水道事業でございます。限度額1億9,097万5,000円。起債の方法、普通貸借又は証券発行。利率5%以内。償還の方法、政府資金については、その融資条件により、銀行その他の場合にはその債権者と協定するものによる。ただし、町財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、又は繰上償還もしくは低利に借換えすることができる。

 次に、事項別明細につきましては、150ページ、151ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項1目事業費負担金、1節の下水道事業負担金現年度分で95%の503万円を見込んでおります。市街化区域内の供用開始に係る負担金でございます。2節の下水道負担金滞納分で10万円を見込んでおります。

 2項1目事業費分担金、1節の下水道事業分担金現年度分で95%の118万円を見込んでおります。市街化調整区域内の供用開始に係る分担金でございます。2節の下水道分担金滞納分1,000円を見込んでおります。

 152ページ、153ページをお願いいたします。

 2款1項1目下水道使用料、1節の現年度分2億2,720万円、有収水量266万1,670立方メートルで調定見込み額の97%を見込んでおります。2節の滞納繰越分で700万円を見込んでおります。

 2項1目手数料3万5,000円、総務手数料でございまして、排水設備指定工事店の指定手数料として新規2件、更新3件の登録を見込んでおります。

 154ページ、155ページをお願いいたします。

 3款1項1目下水道事業費国庫補助金、社会資本整備総合交付金でございまして、1節の下水道事業費補助金で1億460万円、2節の特定環境保全下水道事業費補助金で2,700万円を見込んでおります。

 156ページ、157ページをお願いいたします。

 4款1項1目寄附金1,000円、科目設定でございます。

 158ページ、159ページをお願いいたします。

 5款1項1目一般会計繰入金5億3,147万6,000円、一般会計からの繰入金を見込んでおります。充当先につきましては、事業費に8,817万4,000円、公債費に4億4,330万2,000円を予定しております。

 160ページ、161ページをお願いいたします。

 6款1項1目繰越金10万円、前年度の繰越金を見込んでおります。

 162ページ、163ページをお願いいたします。

 7款1項1目延滞金1,000円、科目設定でございます。

 2項1目雑入821万6,000円、説明欄の雑入1,000円は科目設定でございます。その下の東駿河湾環状道路関連補償金800万円は、東駿河湾環状道路建設に伴います公共下水道の布設替え工事に係る県からの補償金を見込んでおります。また、公共下水道引込負担金21万5,000円は、全体計画区域内で、まだ認可区域となっていない区域外流入受益者負担金分を見込んでおります。

 164ページ、165ページをお願いいたします。

 8款1項1目下水道事業債、1節の公共下水道事業債1億4,020万円及び3節の特定環境保全公共下水道事業債3,240万円につきましては、下水道管渠の整備に係る借り入れでございます。2節の流域下水道事業債1,837万5,000円につきましては、狩野川流域下水道東部浄化センターの建設設備に係る借り入れでございます。

 以上が歳入でございます。

 166ページ、167ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目公共事業費、公共下水道国庫補助事業で2億5,224万4,000円、この事業は、国庫補助金及び起債を主な財源としまして、市街化区域内、宝蔵台・白道坂・新幹線・間宮地区等10路線5.09ヘクタールの整備を予定しておりまして、これに係ります職員4名分の人件費、また平成24年度は公共下水道長寿命化計画策定業務委託、公共下水道総合地震対策計画策定業務委託等、13節委託料及び15節工事請負費が主なものでございます。

 一番下になりますけれども、公共下水道町単独事業で1,474万3,000円。

 168ページ、169ページをお願いいたします。

 この事業は、国庫補助対象事業の附帯的な事業でございまして、主な事業は5年に1回の公共下水道認可区域更新業務委託、舗装復旧等の工事請負費、水道管等移設の物件補償でございます。

 特定環境保全公共下水道国庫補助事業で6,222万3,000円、国庫補助金及び起債を主な財源としまして、市街化調整区域内、柏谷、上沢地区で4路線、3.29ヘクタールの整備を予定しておりまして、これに係ります職員1名の人件費、測量設計等の13節委託料、15節工事請負費が主なものでございます。

 170ページ、171ページをお願いいたします。

 2目単独事業費、公共下水道起債事業で5,074万7,000円、起債を主な財源としまして、市街化区域宝蔵台、柏谷地区の高架促進補助対象外の末端管路整備及び東駿河湾環状道路関連工事を予定しておりまして、これに係ります職員1名の人件費、工事請負費、水道管等移設の物件補償が主なものでございます。特定環境保全公共下水道起債事業で525万6,000円、起債を主な財源としまして、市街化調整区域の補助対象外の測量の13節委託料、15節工事請負費、水道管等移設の物件補償が主なものでございます。

 3目流域下水道事業費、狩野川流域下水道で2,033万1,000円。

 172ページ、173ページをお願いいたします。

 一番上から2行目になりますが、建設負担金の流域下水道建設負担金が主なものでございまして、事業内容としましては、東部浄化センターの自家発電設備更新工事、水処理棟の直流電源装置更新工事、汚泥処理棟の直流電源装置更新工事、水処理棟耐震補強工事に伴う実施設計等を予定しております。

 4目都市下水路事業費、都市下水路町単独事業で139万円、主なものは工事請負費でございまして、都市下水路のしゅんせつ工事を予定しております。

 2項1目業務費、使用料等徴収管理事業で1,694万8,000円、下水道の使用料、受益者負担金及び分担金の賦課徴収をする業務でございまして、主なものは職員2名及び育児休業に伴います臨時職員1名の人件費、8節報償費としまして受益者負担金及び分担金の前納報償金、13節委託料につきまして、174ページ、175ページをお願いいたします。下水道使用料の徴収事務を上水道会計に委託しております事務事業委託料、27節公課費は消費税及び地方消費税の申告見込み分でございます。

 水洗化促進事業で266万2,000円、主なものは13節委託料としまして排水用水の水質検査委託料、15節工事請負費は、浸入水対策としましての公設汚水ますの交換などでございます。また、19節負担金補助及び交付金は、日本下水道協会等の負担金でございます。

 流域下水道維持管理事業で2億274万円、主なものは負担金でございまして、東部浄化センターに流入されます排水汚水の処理に係る狩野川流域下水道維持管理負担金でございます。

 2目管渠維持費、管渠維持管理事業で1,152万2,000円、下水道管渠の管理に係る経費でございまして、11節需用費の光熱水費及び修繕料は、汚水マンホールポンプ運転の電気料及び異常通報装置などの交換の修繕料でございます。

 176、177ページをお願いいたします。

 13節委託料につきましては、汚水マンホールポンプの保守点検15カ所、下水道台帳作成業務委託等でございます。15節工事請負費につきましては、既設汚水管の浸入水補修工事などを予定しております。

 3目ポンプ場管理費、蛇ケ橋ポンプ場維持管理事業で1,850万7,000円、蛇ケ橋ポンプ場に係る経費でございまして、主なものは11節需用費、光熱水費で、これは汚水排水ポンプ運転に係る電気料等でございます。修繕料は電気設備等修繕を予定しております。13節委託料は、維持管理のための自家用電気工作物保安管理業務委託、電気設備点検業務委託、クレーン法定点検業務委託等でございます。

 178ページ、179ページをお願いいたします。

 3款1項1目予備費30万円を予定しております。

 以上が歳出でございます。

 次の182ページから187ページにつきましては給与費明細書でございまして、下水道課職員9名の給与等を記載してございますので、ご参照いただきたいと思います。

 188ページをお願いいたします。

 地方債の前々年度末における現在高並びに前年度末及び当該年度末における現在高の見込に関する調書でございます。合計欄の一番右側になりますが、下水道事業債当該年度末現在高見込額、平成24年度末の起債残高の見込額は44億5,353万5,000円となります。

 下水道事業特別会計予算の細部説明は以上でございます。

 次に、農業集落排水事業特別会計予算の細部説明をいたします。

 189ページをお願いいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第28号 平成24年度函南町農業集落排水事業特別会計予算。

 平成24年度函南町の農業集落排水事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ705万4,000円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成24年3月1日提出。函南町長、森延彦。

 190ページ、191ページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算。歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項分担金、同額で1,000円。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、同額で125万1,000円。

 3款繰越金、1項繰越金、同額で20万円。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金、同額で560万2,000円。

 歳入合計705万4,000円でございます。

 次に、歳出でございます。

 1款事業費、1項業務費、同額で292万3,000円。

 2款公債費、1項公債費、同額で412万1,000円。

 3款予備費、1項予備費、同額で1万円。

 歳出合計705万4,000円でございます。

 次に、事項別明細でございます。

 196ページ、197ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項1目事業費分担金1,000円、農業集落排水事業の受益者分担金現年度分の科目設定でございます。

 198ページ、199ページをお願いいたします。

 2款1項1目農業集落排水使用料、1節の現年度分で収納率99.88%の125万円を見込んでおります。2節の滞納分は科目設定でございます。

 200ページ、201ページをお願いいたします。

 3款1項1目繰越金20万円、前年度の繰越金を見込んでおります。

 202ページ、203ページをお願いいたします。

 4款1項1目一般会計繰入金560万2,000円、一般会計からの繰入金でございまして、充当先につきましては、事業費に148万1,000円、公債費に412万1,000円を予定しております。

 以上が歳入でございます。

 204ページ、205ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目業務費、農業集落排水事業で292万3,000円、終末処理施設などの維持管理を行うものでございまして、主なものは11節需用費の光熱水費は施設の電気料等でございます。修繕料は施設の自動荒目スクリーンオーバーホールを予定しております。13節委託料につきましては、施設管理委託料としまして施設の保守点検及び水質検査等を予定しております。

 206ページ、207ページをお願いいたします。

 2款1項1目元金、起債元金償還事業で292万円、過年度に借り入れましたものを償還計画に基づき償還するものでございまして、償還先につきましては説明欄に記載のとおりでございます。

 2目利子、起債利子償還事業で120万1,000円、過年度に借り入れましたものの利子を償還計画に基づき償還するものでございます。

 208ページ、209ページをお願いいたします。

 3款1項1目予備費1万円を予定しております。

 以上が歳出でございます。

 210ページをお願いいたします。

 地方債の前々年末における現在高並びに前年度末及び当該年度末における現在高の見込に関する調書でございます。

 合計欄の一番右側になりますが、農業集落排水事業費の当該年度末現在高見込額は4,792万2,000円となります。

 以上で農業集落排水事業特別会計の予算の細部説明を終わります。

 済みません、下水道会計につきまして1ページ抜かしたという指摘がありました。申しわけありません。

 178ページ、179ページをお願いいたします。済みません、読ませていただきます。

 2款1項1目元金、起債元金償還事業で3億2,319万2,000円、過年度に借り入れましたものを償還計画に基づき償還するものでございまして、償還先につきましては、説明欄に起債のとおりでございます。

 2目利子、起債利子償還事業で1億2,011万円、過年度に借り入れましたものの利子を償還計画に基づき償還するものでございます。

 以上で細部説明を終わります。よろしくご審議のほどをお願いいたします。



○議長(米山祐和君) 上水道事業特別会計及び各簡易水道特別会計予算について、水道課長。

          〔水道課長 安田好伸君登壇〕



◎水道課長(安田好伸君) それでは、上水道事業及び各簡易水道事業特別会計予算について細部説明をいたします。

 予算書の211ページをお願いいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第29号 平成24年度函南町上水道事業特別会計予算。

 (総則)

 第1条 平成24年度函南町の上水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (業務の予定量)

 第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。

 1号 給水戸数1万3,884戸。2号 年間総給水量541万3,000立方メートル。3号 1日平均給水量1万4,830立方メートル。4号 建設改良事業費2億261万1,000円。

 (収益的収入及び支出)

 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。

 収入。

 第1款事業収益4億9,960万9,000円。

 第1項営業収益4億9,915万8,000円。

 第2項営業外収益45万円。

 第3項特別利益1,000円。

 支出。

 第1款事業費用4億8,823万9,000円。

 第1項営業費用4億5,616万円。

 第2項営業外費用2,497万9,000円。

 第3項特別損失700万円。

 第4項予備費10万円。

 (資本的収入及び支出)

 第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億4,965万6,000円は当年度分消費税資本的収支調整額857万3,000円、当年度分損益勘定留保資金1億3,660万7,000円及び建設改良積立金1億447万6,000円で補てんするものとする。)。

 収入。

 第1款資本的収入1,257万1,000円。

 第2項工事分担金1,000円。

 第4項加入分担金1,257万円。

 支出。

 第1款資本的支出2億6,222万7,000円。

 第1項建設改良費2億261万1,000円。

 第2項企業債償還金5,961万6,000円。

 次のページをお願いいたします。

 (一時借入金)

 第5条 一時借入金の限度額は、2,000万円と定める。

 (予定支出の各項の経費の金額の流用)

 第6条 予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 1号 営業費用。

 2号 営業外費用。

 (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)

 第7条 次に掲げる経費については、その経費の金額を、それ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。

 1号 職員給与費7,490万7,000円。

 (他会計からの補助金)

 第8条 起債分利息支払のため函南町一般会計からこの会計に補助を受ける金額は28万3,000円である。

 (たな卸資産購入限度額)

 第9条 たな卸資産の購入限度額は、1,607万円と定める。

 平成24年3月1日提出。函南町長、森延彦。

 213ページをお願いいたします。

 平成24年度函南町上水道事業特別会計予算実施計画でございます。

 まず、収益的収入及び支出でございます。

 収入。

 1款事業収益4億9,960万9,000円、1項営業収益4億9,915万8,000円、1目給水収益4億6,530万円、2目受託給水工事収益2,000万円、3目その他営業収益1,385万8,000円。

 2項営業外収益45万円、1目受取利息及び配当金16万5,000円、2目他会計補助金28万3,000円、3目雑収益2,000円。

 3項特別利益、1項過年度損益修正益、同額で1,000円です。

 支出。

 1款事業費用4億8,823万9,000円、1項営業費用4億5,616万円、1目原水浄水及び配水給水費2億2,410万9,000円、2目受託給水工事費2,587万9,000円、3目総係費6,952万5,000円、4目減価償却費1億3,159万7,000円、5目資産減耗費501万円、6目その他営業費用4万円。

 2項営業外費用2,497万9,000円、1目支払利息及び企業債取扱諸費2,212万6,000円、2目雑支出1,000円、3目消費税285万2,000円。

 3項特別損失、1目過年度損益修正損、同額で700万円。

 4項予備費、1目予備費同額で10万円。

 次に、資本的収入及び支出でございます。

 収入。

 1款資本的収入1,257万1,000円、2項工事分担金、1目工事分担金、同額で1,000円。

 4項加入分担金、1目加入分担金、同額で1,257万円。

 支出。

 1款資本的支出2億6,222万7,000円、1項建設改良費2億261万1,000円、1目配水設備改良費2億211万1,000円、2目営業設備費50万円。

 2項企業債償還金、1目企業債償還金、同額で5,961万6,000円。

 次のページをお願いいたします。

 平成24年度函南町上水道事業特別会計資金計画でございます。

 当年度予定額の合計額のみ朗読をいたします。

 上の欄の一番上ですが、受入資金の合計額が11億4,440万3,000円。下の欄の一番上ですが、支払資金の合計額が6億4,267万1,000円、差し引き、一番下の欄でございますが、5億173万2,000円でございます。

 次の215ページから217ページにつきましては給与費明細書でございまして、水道課職員10名の給与等を記載してございます。制度等は一般会計と同様でございますので、後ほどご参照いただきたいと思います。

 それでは、218ページをお願いいたします。

 平成24年度函南町上水道事業特別会計予算損益計算書でございます。

 本年度分は右側の欄でございますので、そちらをお願いいたします。

 1項営業収益が、1号給水収益、2号受託給水工事収益、3号その他営業収益を合計しまして4億7,549万6,000円。

 2項営業費用が、1号の原水浄水及び配水給水費から6号のその他営業費用を合計しまして4億4,502万1,000円、営業利益は差し引き3,047万5,000円でございます。

 3項営業外収益が、1号受取利息及び配当金、2号他会計補助金、3号雑収益を合計しまして45万円。

 4項営業外費用が、1号支払利息及び企業債取扱諸費、2号雑支出を合計しまして2,212万7,000円、通算しまして経常利益は879万8,000円でございます。

 5項特別利益が、1号過年度損益修正益で1,000円。

 6項特別損失が、1号過年度損益修正損で666万7,000円。

 7項予備費が10万円でございますので、当年度純利益は203万2,000円、前年度繰越利益剰余金が2,464万3,000円、当年度未処分利益剰余金は2,667万5,000円でございます。

 右のページをお願いいたします。

 平成24年度函南町上水道事業特別会計予定貸借対照表でございます。

 詳細につきましては後ほどご覧いただきたいと思いますが、それぞれ各項の合計のみを朗読いたします。本年度分は右側の欄でございますので、そちらをお願いいたします。

 まず、資産の部でございます。

 1項固定資産ですが、1号の有形固定資産、2号の無形固定資産を合わせまして、固定資産合計38億1,175万2,000円、2項流動資産が1号現金預金から4号前払い金を合わせまして、流動資産合計5億8,411万7,000円、一番下になりますが、資産合計は43億9,586万9,000円でございます。

 次のページ、220ページをお願いいたします。

 負債の部でございます。

 3項流動負債が、1号未払金、2号預かり金を合わせまして、負債合計4,400万円でございます。

 次に、資本の部でございます。

 4項資本金が、1号自己資本金、2号借入資本金を合わせまして、資本金合計14億992万1,000円。

 5項剰余金が、1号資本剰余金、2号利益剰余金を合わせまして、剰余金合計29億4,194万8,000円。

 資本合計が43億5,186万9,000円、負債資本合計は、資産合計と同額の43億9,586万9,000円でございます。

 次に、事項別明細でございます。

 222、223ページをお願いいたします。

 まず、収益的収入及び支出の歳入でございます。

 1款1項1目給水収益、1節の水道料金で4億6,530万円、前年度比0.3%の減を見込んでおります。

 2目受託給水工事収益、1節の工事収益で2,000万円、建設課、下水道課等からの受託工事に関連するものでございます。

 3目その他営業収益、1節の材料売却収益で3万円、水道工事用材料売却代金を見込んでおります。2節の手数料で1,382万7,000円、各簡易水道事業からの事務委託料、また下水道事業からの料金徴収事務手数料等を見込んでおります。3節の雑収益で1,000円、これは科目設定でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2項1目受取利息及び配当金、1節の預金利息で16万5,000円、普通預金及び定期預金の利息でございます。

 2目他会計補助金で28万3,000円、これは一般会計でも説明がございましたが、第6期上水道事業拡張計画で、桑原簡水を統合したときの企業債利息分の一般会計からの補助でございます。平成24年度で終了ということでございます。

 3目雑収益、1節の不用品売却収益、2節のその他雑収益ともに科目設定でございます。

 次のページをお願いいたします。

 3項1目過年度損益修正益で1,000円、科目設定でございます。

 次のページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目の原水浄水及び配水給水費で2億2,410万9,000円、浄水場、配水池、配水管等の維持管理に要する費用でございまして、主なものは職員2名の人件費、12節委託料は、浄水場管理等業務、工業計器点検業務、第1浄水場の改修等方策検討を予定してございます。次のページをお願いいたします。15節修繕料は、管路の自然破損修理、浄水場施設修理、それと量水器維持補修は計量法に基づきますメーター交換に係るものでございます。22節受水費は、駿豆広域水道等からの受水費でございます。

 下のほうになりますけれども、2目受託給水工事費で2,587万9,000円、建設課、下水道課等からの受託工事に係る費用でございまして、主なものは職員1名の人件費、次のページをお願いいたします。24節工事請負費は、受託工事でございます。

 3目総係費で6,952万5,000円、水道料金の賦課徴収に係る費用でございまして、職員6名の人件費。次のページをお願いいたします。12節委託料は、検針業務に係るものでございます。

 下のほうになりますけれども、4目の減価償却費で1億3,159万7,000円、建物、構築物等に係る減価償却費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 5目資産減耗費で501万円、1節の固定資産除却費で500万円、管路等の除却分でございます。2節のたな卸資産減耗費で1万円を予定しております。

 6目その他営業費用で4万円、1節の材料売却原価で3万円、2節の雑支出で1万円を予定しております。

 次のページをお願いいたします。

 2項1目支払利息及び企業債取扱諸費で2,212万6,000円、1節の企業債利息で2,212万5,000円、未償還元金は7億6,400万2,000円でございます。2節の一時借入金利息1,000円は科目設定でございます。

 2目雑支出で1,000円、科目設定でございます。

 3目消費税で285万2,000円、消費税及び地方消費税の申告予定納付分でございます。

 次のページ、240ページ、241ページをお願いいたします。

 3項1目過年度損益修正損で700万円。平成19年度から平成23年度分までの不納欠損に係るものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 4項1目予備費10万円を予定しております。

 次に、資本的収入及び支出の事項別明細でございます。

 245、246ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款2項1目工事分担金で1,000円、科目設定でございます。

 次のページをお願いいたします。

 4項1目加入分担金で1,257万円、新規加入分担金でございまして、13ミリからそれぞれ口径がございますが、50件を予定しております。

 次のページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目配水設備改良費で2億211万1,000円、配水管の布設替え、浄水場の整備等に係る費用でございまして、主なものは職員1名の人件費、それから24節の工事請負費で東駿河湾関連の配水管布設替え工事、継続工事であります上沢山ケ下地区配水管布設替え工事等を予定しております。

 次のページをお願いいたします。

 2目営業設備費で50万円、量水器50個を購入する予定でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2項1目企業債償還金で5,961万6,000円、企業債の元金を償還するものでございます。

 次のページ、255ページをお願いいたします。

 たな卸資産購入限度額でございます。貯蔵品購入限度額が1,607万円、1節の材料費が15万円、2節の量水器費が1,592万円、これはメーター交換及び新規加入に係るものでございます。

 以上が上水道事業特別会計の細部説明でございます。

 次に、畑、丹那簡易水道特別会計予算の細部説明をいたします。

 256ページをお願いいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第30号 平成24年度函南町畑、丹那簡易水道特別会計予算。

 平成24年度函南町の畑、丹那簡易水道特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ610万円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 1号 各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でこれらの経費の各項の間の流用。

 平成24年3月1日提出。函南町長、森延彦。

 257ページ、258ページをお願いいたします。

 第1表 歳入歳出予算。歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項分担金、同額で15万円。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、同額で584万9,000円。

 3款繰越金、1項繰越金、同額で10万円。

 4款諸収入、1項雑入、同額で1,000円。

 歳入合計610万円でございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、同額で422万5,000円。

 2款施設費177万5,000円、1項管理費161万6,000円、2項給水工事費15万9,000円。

 3款予備費、1項予備費、同額で10万円。

 歳出合計610万円でございます。

 次に、事項別明細でございます。

 263ページ、264ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項1目分担金、1節の加入分担金で15万円、新規加入分担金1件分を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目水道使用料、1節の現年度分で579万9,000円、2節の滞納繰越分で5万円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 3款1項1目繰越金、1節の前年度繰越金で10万円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 4款1項1目雑入1,000円、科目設定でございます。

 以上が歳入でございます。

 次に、271ページ、272ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目一般管理費、簡易水道経営管理事業で422万5,000円、料金の賦課徴収に係る費用でございまして、13節委託料、上水道事務事業委託料は使用料等の賦課収納事務を上水道会計に委託しておりまして、それに係る人件費でございます。また、19節の交付金、営農飲雑用水整備事業借入償還交付金が主なものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目一般管理費、簡易水道施設維持管理事業で161万6,000円、配水池、配水管等の施設の維持管理に係る費用でございまして、主なものは11節需用費、修繕料は漏水修理等に係るものでございます。13節の上水道施設管理委託料は、浄水場、配水池、管路等の維持改修を上水道会計に委託しておりまして、それに係る人件費でございます。

 2項1目給水工事費、簡易水道給水事業で15万9,000円、計量法に基づきますメーター交換に係る費用でございまして、修繕料、原材料費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 3款1項1目予備費10万円を予定しております。

 以上が畑、丹那簡易水道特別会計予算の細部説明でございます。

 次に、田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算の細部説明をいたします。

 277ページをお願いいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第31号 平成24年度函南町田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算。

 平成24年度函南町の田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1,200万円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 1号 各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でこれらの経費の各項の間の流用。

 平成24年3月1日提出。函南町長、森延彦。

 278ページ、279ページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算。歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項分担金、同額で15万円。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、同額で958万9,000円。

 3款財産収入、1項財産運用収入、同額で126万円。

 4款繰越金、1項繰越金、同額で100万円。

 5款諸収入、1項雑入、同額で1,000円。

 歳入合計1,200万円でございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、同額で131万3,000円。

 2款施設費1,058万7,000円、1項管理費1,040万6,000円、2項給水工事費18万1,000円。

 3款予備費、1項予備費、同額で10万円。

 歳出合計1,200万円でございます。

 次に、事項別明細でございます。

 284ページ、285ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項1目分担金、1節の加入分担金で15万円、新規加入分担金1件分を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目水道使用料、1節の現年度分で948万9,000円、2節の滞納繰越分で10万円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 3款1項1目財産貸付収入で126万円、丹那の西方にございます深井戸を東部農協に貸し付けておりまして、その収入でございます。

 次のページをお願いいたします。

 4款1項1目繰越金、1節の前年度繰越金で100万円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 5款1項1目雑入1,000円、科目設定でございます。

 以上が歳入でございます。

 294ページ、295ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目一般管理費、簡易水道経営管理事業で131万3,000円、料金の賦課徴収に係る費用でございまして、主なものは13節委託料、上水道事務事業委託料は使用料等の賦課徴収収納事務を上水道会計に委託しておりまして、それに係る人件費でございます。14節の借地料は、管路、水道施設用地の借地料でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目一般管理費、簡易水道施設維持管理事業で1,040万6,000円、配水池、配水管等の施設の維持管理に係る費用でございまして、主なものは11節需用費、光熱水費は深井戸ポンプ等の電気料、修繕料は漏水修理等に係るものでございます。12節役務費の水質検査手数料は、水質検査に係るものでございます。13節の上水道施設管理委託料は、配水池、管路等の維持改修を上水道会計に委託しておりまして、それに係る人件費でございます。15節の工事請負費は、奴田場地区の配水管の布設替え工事を予定したものでございます。

 2項1目給水工事費、簡易水道給水事業で18万1,000円、計量法に基づきますメーター交換に係る費用でございまして、修繕料、原材料費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 3款1項1目予備費10万円を予定しております。

 以上が田代、軽井沢、丹那地区簡易水道特別会計予算の細部説明でございます。

 次に、東部簡易水道特別会計予算の細部説明をいたします。

 300ページをお願いいたします。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第32号 平成24年度函南町東部簡易水道特別会計予算。

 平成24年度函南町の東部簡易水道特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億1,900万円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

 第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 1号 各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でこれらの経費の各項の間の流用。

 平成24年3月1日提出。函南町長、森延彦。

 301ページ、302ページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算。歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項分担金、同額で240万円。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、同額で1億459万9,000円。

 3款繰入金、1項基金繰入金、同額で1,000万円。

 4款繰越金、1項繰越金、同額で200万円。

 5款諸収入、1項雑入、同額で1,000円。

 歳入合計1億1,900万円でございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費、同額で6,698万円。

 2款施設費5,192万円、1項管理費4,989万6,000円、2項給水工事費202万4,000円。

 3款予備費、1項予備費、同額で10万円。

 歳出合計1億1,900万円でございます。

 次に、事項別明細でございます。

 307ページ、308ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 1款1項1目分担金、1節の加入分担金で240万円、新規加入分担金13ミリ、8件分を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目水道使用料、1節の現年度分で1億359万9,000円、内訳でございますが、ダイヤランド分が8,959万9,000円、伊豆の国市分、これはエメラルドタウンでございますが1,400万円、2節の滞納繰越分で100万円を見込んでおります。水道使用料につきましては、前年度比0.5%減の見込みでございます。

 次のページをお願いいたします。

 3款1項1目簡易水道基金繰入金で1,000万円、簡易水道基金からの繰り入れでございます。

 次のページをお願いいたします。

 4款1項1目繰越金、1節の前年度繰越金で200万円を見込んでおります。

 次のページをお願いいたします。

 5款1項1目雑入1,000円、科目設定でございます。

 以上が歳入でございます。

 次に、317ページ、318ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目一般管理費、簡易水道経営管理事業で6,698万円、料金の賦課徴収に係る費用でございまして、主なものは13節委託料、上水道事務事業委託料は使用料等の賦課収納事務を上水道会計に委託しておりまして、それに係る人件費でございます。施設維持管理委託料は、配水池、ポンプ井等の維持管理に係るものでございます。検針業務委託料は、メーターの検針に係るものでございます。14節の使用料は、駿豆水道の受水費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 2款1項1目一般管理費、簡易水道施設維持管理事業で4,989万6,000円、配水池、配水管等の施設の維持管理に係る費用でございまして、主なものは11節需用費、光熱水費は送水ポンプの電気料、修繕料は漏水修理等に係るものでございます。13節委託料の上水道施設管理委託料は、配水池、管路等の維持改修を上水道会計に委託しておりまして、それに係る人件費でございます。計装設備点検委託料は、計装設備及び水質監視装置の点検等でございます、配水池系統管路点検委託料は、以前、漏水調査、管路調査を行いました地区の再調査を行うというものでございます。15節の工事請負費2,600万円は、配水管未布設地域の配水管の布設工事、また漏水対策としての給水管の取り直し工事を予定しているものでございます。

 2項1目給水工事費、簡易水道給水事業で202万4,000円、計量法に基づきますメーター交換に係る費用でございまして、その修繕料、原材料費でございます。

 次のページをお願いいたします。

 3款1項1目予備費10万円を予定しております。

 以上で上水道事業及び各簡易水道事業特別会計予算の細部説明を終わります。よろしくご審議のほどをお願いいたします。



○議長(米山祐和君) 平井財産区特別会計予算について、総務課長。

          〔総務課長 高橋憲行君登壇〕



◎総務課長(高橋憲行君) それでは最後になりました。平井財産区特別会計予算について細部説明をいたします。

 予算書は323ページをお開きください。

 初めに、議案を朗読いたします。

 議案第33号 平成24年度函南町平井財産区特別会計予算。

 平成24年度函南町の平井財産区特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算)

 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ147万1,000円と定める。

 第2項 歳入歳出予算の款、項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成24年3月1日提出。函南町長、森延彦。

 324ページをお開きください。

 第1表、歳入歳出予算でございます。

 歳入でございますが、1款財産収入、1項財産運用収入、同額で34万9,000円。

 2款繰入金、1項基金繰入金、同額で112万2,000円。

 歳入合計147万1,000円でございます。

 右ページをご覧いただきます。

 歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費、歳出合計同額で147万1,000円でございます。

 次に、事項別明細に移ります。

 330ページをお開きください。

 歳入です。

 1款1項1目利子及び配当金34万9,000円でございます。基金利子で国債分0.2%、定期貯金分0.07%を、見込んだものでございます。

 332ページ、333ページをお開きください。

 2款1項1目基金繰入金112万2,000円でございます。歳出にございます諸対策事業管理会事務事業の経費を基金より繰り入れるものでございます。

 334ページ、335ページをお開きください。

 歳出でございます。

 1款1項1目基金積立金でございますが、基金管理事業で34万9,000円、元加積立金でございまして、年度中の基金につきましては77万3,949円の減額となり、年度末残高につきましては1億8,274万円余となる見込みでございます。

 2目諸費、諸対策事業でございますが100万円、これは平井公民館の運用経費に充てるために一般会計に繰り出すものでございます。

 3目管理会費、管理会事務事業でございますが12万2,000円でございます。平井財産区管理会の年2回開催に係る報酬及び費用弁償を計上したものでございます。

 以上で細部説明を終わります。

 よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(米山祐和君) 以上をもって、平成24年度一般会計及び各特別会計予算の細部説明を終わります。

 議事の中途ですが、ここで10分間休憩いたします。

                             (午前10時08分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(米山祐和君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                             (午前10時18分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(米山祐和君) これより総括質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 9番、加藤議員。



◆9番(加藤常夫君) 今回、ちょっと申しわけありませんが、幾つか8問にかけて珍しく質問させていただきます。

 平成24年度の一般会計当初予算附属資料のほうからお願いしたいと思います。

 まず最初に、9ページですけれども、東日本大震災の被災者支援事業という形の中で、緊急雇用創出事業で203万7,000円を計上してありますが、この金額につきましては、何名の方の雇い入れで、期間的にはどのくらいのものなのか、その辺をちょっとお願いしたいと思います。

 次に、10ページです。

 まちづくり事業のほうですが、総額で6,441万6,000円の中の、1つには鉄道駅ユニバーサルデザインの関係ですが、今年度5,000万円の計上をしてありますが、たしか総額で約3億2,000万円ぐらいでしたっけ、その中の話で、今年5,000万円を計上してくれてありますが、これにつきまして、新規の形なのか旧形なのか、今までのものを使う形の中で計画を立てての計上をしてあるのか、その辺についてお伺いしたいと思います。その上に、地域情報発信番組制作委託料で、K−MIXとたしか言われましたが730万8,000円、これについて少し詳細にお願いしたいと思います。

 次に、13ページでお願いします。子育て支援事業で、こども医療費扶助、今年度1億4,000万円計上してありますが、厳しい財政の中で今年度から中学1年生から3年生までの通院の費用を無料にするというようなお話がありました。たしか今までは6年までは通院無料だったと思いますけれども、今年度から、そういう形をとるというような話の中で、3年間の間の費用をどれくらい、この中に計上、見込んでいるのかをお願いしたいと思います。

 続きまして、14ページです。

 予防接種事業ですが、子宮頸がんの予防ワクチンの関係で、説明の中では、中学1年生の女子を基本というようなお話がありました。そのときの体調不良とか、いろんな事情によって中学2年から高校までを対象とするというお話でしたが、このときの子宮頸がんの予防ワクチンの計上が、たしか6,115万4,000円ぐらいを計上してあったと思いますが、これにつきましては希望なのか、それとも義務づけのような形で予防ワクチン接種という形を考えているのか、その辺をお願いしたいと思います。

 とりあえず、ここのところで1回、よろしくお願いします。



○議長(米山祐和君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(松下文幸君) 最初の3つぐらいの件についてお答えのほうをしたいと思います。

 まず1点目の東日本大震災の関係の緊急雇用の関係なんですけれども、これについては24年度1名、フルタイムで1年間を予定をしております。

 それから、2つ目のまちづくり事業の中の函南駅のバリアフリー化の関係なんですけれども、分科会等の委員会の中で説明をさせていただいたんですけれども、総額3億2,000万円という提示を11月末の協議の中でJRのほうから聞いております。そのときの3億2,000万円については、新たな跨線橋を設けた中での事業費が3億2,000万円程度になるということだったんですけれども、今回の予算の中では、それに伴った予算の計上をさせてもらっているということでございます。

 ただ、これについては新たな跨線橋になるか既設の跨線橋になるかというところについては、2月に協議会を第1回目、開催させていただいたんですけれども、その中で、その経費の節減という話が出ておりまして、これについては今後検討した中で、既設の跨線橋に添架する形も検討していきたいというようなお話は伺っております。

 それから、3つ目の地域情報発信の関係なんですけれども、これについては今年度23年度に2,000万円ちょっとのお金を用意した中で発信の番組制作をしているんですけれども、これについては約半分が人件費、半分が番組制作という中で行っておりまして、23年度については週1回30分の番組の中で情報発信をさせてもらっております。24年度につきましては、これをちょっと縮小をという形になるんですけれども、番組的には週1、約15分程度の番組の中で、人件費については大体半分ぐらいですので1名になります。企画の人件費を1名、残りについては企画の番組制作をやる費用ということで今回、計上させてもらったものであります。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 福祉課長。



◎福祉課長(露木章君) こども医療費の補助でございますが、4月からこども医療については、子育て支援事業ということで福祉課が担当いたしますので、福祉課でお答えいたします。

 中学生の通院ということで、今回、対象が広がるわけでございますけれども、対象としては中学生が8,400件を見込んでおりまして、医療費といたしましては1,440万円を見込んでおります。



○議長(米山祐和君) 厚生部長。



◎厚生部長(藤間秀忠君) 子宮頸がんの予防ワクチンの関係でございますけれども、今年度から始めて、今年度については、国のほうは高校1年までということでありましたけれども、当町につきましては,高校3年生まで枠を広げて実施をいたしました。

 来年度につきましては、当然、新しく中学1年生になる女生徒を、人数では340名を予定をしております。これに今年度の未接種者を加えたもので来年度は計画をいたしております。それから、接種につきましては、基本的には中学生は学校で説明会を行いますので、この接種につきましては、説明会を受講していただいて、その後、接種をしていただくということで、接種につきましては強制でもございませんので任意ということになります。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 加藤議員、残りをお願いいたします。



◆9番(加藤常夫君) ありがとうございました。

 じゃ、続きまして、15ページですが、環境保全事業の関係で伺いたいと思います。

 河川等水質検査委託という形で36カ所、169万9,000円を計上してあります。これについて、当然、中間地、山間地、平たん地というようなところがあると思うんですけれども、どういうところで行っているのかをちょっと伺いたい。

 そしてもう一つ、その下にゴルフ場排水残留農薬検査委託という形がありますが、これにつきましては、函南町においては3つのゴルフ場があると思いますけれども、くらかけにつきましては、ほとんど神奈川県分ですけれども、2つのゴルフ場について、年何回、どこで行っているのかを教えていただきたいと思います。

 次に、19ページですが、学校教育課の関係で、事務局事務事業という形の中で、一番下に緊急雇用創出事業の中で通学区域図の作成事業ということで計上してありますが、先ほどの説明ですと、環状道路の開通に合わせてというような形の中で作成図というお話でしたが、もう少し具体的に、どういうふうになるのかをお願いしたいと思います。この金額を考えますと、全域の作成を新たにつくりかえるのか、その部分だけなのかということも含めてお願いしたいと思います。

 次に、21ページですけれども、小学校の教育振興事業で、外国人の英語補助教諭2名ということで990万円、中学校も別にありますが、このどちらも990万円計上してありますが、この補助教員の期間と、1人の年報酬はどれくらいを見込んでいるのかをお願いしたいと思います。

 次に、一般会計予算書のほうですが、166ページ、これは最終処分事業の関係、環境衛生課の関係ですが、14節の使用料及び賃借料のところで、借地料で364万8,000円を計上してあります。これは最終処分場については、当然なくてはならないものなんですが、かなり長期にわたって借り受けるような形で借地料を払っておりますが、この最終処分場の毎年これだけの金額が計上されていくわけですけれども、町としたら、どれぐらいの期間を見て、こういうようなのを出しているのか。実際、かなりの長期間にわたっているわけですが、買ったほうが安いのではないかというような考え方もあるわけですけれども、この辺についてちょっとお伺いしたいと思います。

 それだけをよろしくお願いします。



○議長(米山祐和君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(田中康夫君) まず最初に、水質調査の関係なんですが、36カ所のうち河川が17カ所、企業排水が9カ所、井戸水が6カ所、河川のBの箇所が1カ所、井戸水のBの箇所が2カ所、その他井戸という形になっております。

 河川については1級河川とその他河川、来光でいけば上流部、下流部、下のほうという形に分かれておりまして、企業については調査をしなくてはならない企業を抜粋してやっております。井戸水については、水源があるところについて抜粋して調査をしておりまして、基本的に年3回、2回という回数をやる部分なんですが、時期によっては、やっぱり水質、水の量が少ないため悪くなる状況がありますが、平均的にはAランク、井戸水について、企業排水について実際的には特に支障はないという結果は出ておりますが、そういう調査は実施しております。

 ゴルフ場につきましては、かんなみスプリングスと函南ゴルフ場を調査しております。殺虫剤、除草剤等の残留農薬の確認をしておりまして、最終排水の位置で取水して調査しております。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) 教育次長。



◎教育次長(高橋宗弘君) まず最初に、緊急雇用の関係でございますけれども、19ページでございますけれども、作業の内容でございますが、現在の学区の表記は、字、地番ごとになっております。それをその真ん中を今、環状道路が入ってくるわけですけれども、その環状道路の用地の地番と実際の今までの学区の地番との違いを1筆ごと、環状線に沿ってやる計画でございます。また、大体の区域については、全体を俯瞰して行いますけれども、実際に地番ごとにやるのは、その環状線の境というふうに考えております。

 次の小学校の振興事業の外国語指導助手でございますけれども、期間は1年ごとの更新となっております。報酬につきましては、管理、それから助手の報酬等もすべて委託会社の支払いになっておりますので、その辺の細部については承知しておりません。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(田中康夫君) 最終処分場の借地の件について回答させていただきます。

 借りている面積につきましては1万1,400平米で、1平米当たりの単価につきましては320円で借りております。3年に1度の単価の改正がございまして、そこで検討して、状況に合わせて単価変更をするという形になっております。

 最終処分場につきましては、管理施設という形で排水のほうの最終管理をずっとしなくてはなりませんので、議員のおっしゃるとおり、今後、そういう検討も含めた形の中で検討していく必要があるのではないかと感じているところでございます。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) ほかに質疑はありませんか。

 13番、長澤議員。



◆13番(長澤務君) 3点お伺いをしたいと思います。

 まず、予算書の82ページ、雑入のところで、農林商工の関係で、市町村振興協会のほうから、説明の中ではまち創り函に対しての133万3,000円という説明がありましたが、これの支出については、186ページの商工振興対策事業の中の830万円でしたっけ、それに含まれるのかどうかという確認で、ここ数年、まち創り函のほうからは、いろいろな提言をいただいておるわけですけれども、今後どのような町との対応というんですか、されるのか、今回は予算の関係ですので、そこまではわかる範囲で結構ですけれども。

 それから、2点目として192ページ、道路新設改良費の中の建設課の関係ですけれども、委託料で、これも今年度新規ということで、物件調査等委託料ということで、橋の長寿命化の説明が若干ございました。これまでも塗り替えですとか、定期的に計画を立ててやってこられているとは思いますが、この橋の長寿命化については、どのような方向でやられるのか、ちょっとお聞かせいただきたいと。

 それから3点目、最後になりますけれども、208ページから9ページにかけての総務課の災害対策事業の中で、昨年度大震災等もありました。210ページ、委託料の部分が金額がアップしております。事務事業委託料等が大幅にアップしております。新規で5つですか、事業が業務委託をするような説明がございましたので、ここら辺、もう少しご説明をいただきたいのと、あとその下の備品購入に関して、やはりこれも説明、若干ございましたが、やはり金額が大幅にアップしておりますので、ご説明いただきたいというふうに思います。



○議長(米山祐和君) 農林商工課長。



◎農林商工課長(遠藤信君) 議員質問のまち創り函の件ですけれども、雑入で133万3,000円、記載してございます。これは商工会のほうの補助金の中に含まれております。支出は商工会のほうの補助金に含まれておりまして、まち創り函ということでやってもらっております。

 内容としましては、ご当地グルメだとか、函南道の駅チームとか、拡大かんなみ猫おどりとかということで予算を計上してございます。よって、いつまで続けるかという質問ですけれども、ご当地グルメとか、そういうことでやってもらっておりますので、ある程度まではやっていただきたいなというふうに思っております。いつまでとは、ちょっとここでは言い切れませんので、ご承知願いたいと思います。



○議長(米山祐和君) 建設課長。



◎建設課長(室伏由之君) 委託の橋の長寿命化修繕計画の策定業務委託ということを今年度、予算500万円をかけて計画を予定しております。これにつきましては、平成19年度に国の指導のもとに寿命を今までの事後的な修繕や機会がありましたが、それを今度、その前に予防的にやろうではないかと。ついては計画的に老朽化の激しいものから順次、それぞれの市、町、県もそうですが、そういうところで計画を立ててやっていくように指導がされております。それに基づきまして、町でも平成20年度に、橋梁の簡易点検は既に済ませております。主な橋梁といたしまして、橋長が15メートル以上につきましての指導がございまして、町につきましては26橋あります。町全体では206橋あるんですが、その中で主に15メートル以上が26橋と。これにつきまして今後、どの橋梁を、いつ、どのように修繕及び点検をするかということをまとめていくような計画でございます。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 総務課長。



◎総務課長(高橋憲行君) 災害対策事業の委託料と備品購入費の今年の新規事業でございますが、最初に、職員安否確認緊急連絡網システムの初期設定業務委託でございます。現在も職員の携帯電話等に、この情報が入ることになっておるんですけれども、静岡県の東部地域ということで限定されておりまして、函南町だけの情報が現在入ってない状況になっております。現在、技術の進歩に伴いまして、このようなシステムができるということなものですから、函南だけの情報をとるように、今回、委託するものでございます。

 続いて、同報無線のデジタル化整備計画策定業務委託でございます。同報無線も現在のシステムになりましてから十数年たちまして、機械の老朽化等もふえてございます。現在、国のほうでは、デジタル化を進めています関係上、函南町もこれについて検討していこうということと、現在、不感地域もございますものですから、その調査を含めて業務委託するものでございます。

 続いて、土砂災害ハザードマップの策定業務委託料でございますけれども、こちらのほうは土砂災害防止法で、土砂災害のハザードマップをつくらなければならないということになっております。函南町でも、現在、防災マップ、それからハザードマップ等ありますけれども、こちらの土砂災害の詳しいマップがないものですから、こちらのほうを業務委託してつくっていこうというものでございます。

 続いて、備品購入費でございますけれども、防災倉庫ステンレスのものを2基ということでつくっていくということでございます。防災備品等の充実に伴いまして、各広域避難所に1カ所ずつあるわけでございますけれども、中に入らなくなっておりますものですから、避難人口が多い避難所から随時ふやしていこうという計画でございます。

 以上です。



○議長(米山祐和君) ほかに質疑はありませんか。

 11番、高橋議員。



◆11番(高橋好彦君) 5点ばかり質問させていただきます。

 まず1点目は、昨日の町長の予算概要説明の中で、農業の6次産業化を進めるために、農業文化振興会議を開催するというお話がございましたが、この件につきまして、具体的な会議の持ち方とか、それからどういうメンバーで、しかもこれが24年度予算にどういうふうに計上されているのか伺います。

 それから2点目は、これは各部局に共通する問題だと思うんですが、ご案内のように4月から東京電力が電気料の値上げという問題が出ておりまして、きょうの新聞を見ますと、昨日、近隣の首長さん方が東京電力に要望書といいますか、陳情しているようでございますけれども、需用費の光熱水料を、その辺のところを加味しているのか、無視して予算計上したのかということでございます。

 それから3点目でございますけれども、一般会計予算調書の148ページですけれども、伊豆保健医療センターのMRIの負担金というご説明で、本年度1,710万5,000円を計上しておるようですが、昨年、たしかこの事業は3年間実施するというお話をお聞きしたような記憶をしているんですけれども、この全体の総事業費と、それに対する函南町の負担はどうなっているのかということをお聞きしたいと思います。

 それから4点目でございますが、調書の186ページ、観光振興事業でございますけれども、工事請負費で新規で2,500万円、予算計上されましたけれども、観光の案内板の整備というようなお話を伺いましたけれども、これは意見というか、要望ですけれども、町に2台の大型バスがあるわけですが、これにラッピングバス等を考えられないかということを、これは検討していただければいいと思うんですが、そんなことです。

 それから5つ目は、都市計画事業で198ページでございますけれども、いろいろ話題に出ております道の駅・川の駅の基本計画策定業務委託料ということで800万円計上されております。先般も同僚議員の質問の中で、この辺のところにつきましては前向きに検討するというような当局のご答弁をいただいたんですけれども、こういう形で予算が計上されたということは、大変評価するべきではないかなと思っておりますけれども、現時点におけるこの辺の状況がどうなっているのかお聞かせを願いたい。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(松下文幸君) まず最初の農業文化振興会議、こちらのほうの内容になりますけれども、具体的な内容ということなんですが、こちらについては、先ほどのお話の中にもありましたけれども、まち創り函あたりで地域ブランド、クラシックぷりんというものもやっておりますし、また、田農さんがヤーコン茶というものもやっておりますし、また伊豆箱根のほうでは丹那牛乳を使ったスイーツ、こういったものもブランドとして、これからかなり拡大していかなければならないというような状況があります。

 具体的には、要は新しい商品開発というのも、この中でやっていければというふうには思っているんですけれども、それに加え、仏の里美術館等もでき上がってきておりますので、これらを活用する中では、これとの連携をどうやって図っていったらいいか、また販路をどういうふうに持っていったらいいか、そういったものも含めて、この会議の中で検討していければというふうに考えております。

 メンバー構成のほうなんですけれども、二十数名のメンバー構成になるんですけれども、農業者、スイカの生産者だとかトマトの生産者、そういった方たち、あるいは農業関係の団体、それからJA、それとファルマバレーセンター、あるいはがんセンター、それから各種学校ですね、日大だとか県立大学、そういったところの方たちをメンバー構成に入れて、いろいろな検討をしていきたいというように考えております。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 総務部長。



◎総務部長(室伏光男君) 予算の関係でございまして、東京電力のほうで従量制の電気について、17%でしたか、そういうような形の中でアップという情報も入っております。予算編成は昨年の10月から、各課に町長の予算編成方針を示しまして、各課で積み上げてくるというような状況でございますので、24年度の電気料につきましては、このアップ分については含まれておりません。ですので、今後これがアップされますと、補正予算等で、議会で議員のご承認をいただくような形になるのかと、このように考えております。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 厚生部長。



◎厚生部長(藤間秀忠君) MRIの関係でございますけれども、MRIの事業につきましては、MRI棟の建設と診断装置、これらを含めた事業費ということで、総額は3億4,900万円ほどになります。これを3カ年で事業を行っております。市町の負担につきましては、23年度から25年度までの3カ年に分けてやろうと。事業につきましては平成24年度、来年度、MRIの診断装置、これを購入するということになります。市町は事業が完了した後に、総額を精算方式で最終的には25年度に最終の負担をして終結するという予定でございます。



○議長(米山祐和君) 農林商工課長。



◎農林商工課長(遠藤信君) 高橋議員の観光案内板の件ですけれども、それとあとバスのラッピングの件ですけれども、観光案内板については、県の補助をいただきながら実施する予定でございまして、道路標識については15カ所、それから説明案内板については3カ所ということでやりますけれども、これは3年計画でやります。道路標識ついては、一応国道136から、この駿河湾環状道路沿いをやりまして持っていきます。それについて一応、県の施工区間が24年度で完了するということの中で設置をすると。それから熱海方面から来た中で、熱函道路へ設置をするということでございます。

 バスのラッピングについては、今後、管財のほうと検討しながらやっていきたいと思っております。よろしくお願いします。



○議長(米山祐和君) 都市計画課長。



◎都市計画課長(田口正啓君) 先ほどのご質問の道の駅・川の駅の現時点におけます状況でございますけれども、平成23年度におきましては、地域活性化施設条件調査業務委託というものを委託しておりまして、その業務委託の中で、国・県・町の担当者によりまして4回ほど作業部会を開催させていただきまして、地域活性化施設の可能性調査を行っております。その可能性調査につきまして、基本構想という形で、本年3月までに取りまとめをしていきたいというふうに考えております。

 今後ですけれども、この予算に載せさせていただきましたように、道の駅、川の駅におきます基本計画等の作成を次年度はしていきたいと考えております。その基本計画の中で現状把握を行い、分析調査、あるいは方針決定を行った中で、道路管理者、交通管理者などとも協議をしながら、設計方針の検討を行う中で、事業規模、事業手法、施設位置などを決定していきたいというふうに考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(松下文幸君) 最初の質問の中で、予算への反映というところがあったんですけれども、それをちょっと言わなかったんですけれども、今回の当初予算の中身の110ページになりますけれども、まちづくり事業という中で、一応、報償費、あるいは旅費、特別旅費ですね、そういったものの中で見てあるんですけれども、具体的には、専門家を呼んで、アドバイスをしてもらったりだとか、そういった形の中の予算を、この中で計上させてもらっているということでございます。



○議長(米山祐和君) ほかに質疑はありませんか。

 7番、鈴木議員。



◆7番(鈴木晴範君) 済みません、251ページ、252ページの仏の里の事業のことでちょっとお聞きしたいんですけれども、ホームページに27万1,000円、ポスターに57万2,000円ということで事業費の計上がしてあるんですが、こちらのほうの具体的な、ポスターはどこに掲示するのかとか、ホームページに関してはどのような更新をするのかというのを教えていただけたらと思います。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(酒井充君) ただいまの質問でございますが、まず、ポスターでございますけれども、ポスターはJR駅等を考えております。23年度においても事前にポスターを掲示しておりますが、やはりJRの駅のことを考えておるということでございます。

 あと、ホームページにつきましては、これはサーバーのレンタル、その分が入っているということです。それが約2万円弱という形で入っております。

 以上です。



○議長(米山祐和君) ほかに質疑はありませんか。

 1番、廣田議員。



◆1番(廣田直美君) では、何点か質問させていただきます。

 附属資料の14ページなんですか、生活習慣病予防事業、こちらの見込み者数というのは、対象年齢の全人口をということで算出されているかというのが1点。

 同じように資料の15ページの温泉会館管理運営事業、こちらに販売済入館回数券等の補償と記載ございますが、確認なんですが、これは販売したら、販売した枚数分を補償するのか、それとも利用した件数を補償するのかというのが1点。

 附属書類の18ページの河川改良事業のまちづくり交付金事業、こちらで調整池ということでご説明いただいたと思うんですが、具体的にどの場所かというのを教えていただきたい。

 最後に1点、予算書の50ページで、かんなみ仏の里美術館の観覧料ということで、見込み人数1万3,200人というふうにおっしゃったと思うんですが、その根拠と、あと現在、既に販促活動が進んでいるかと思うのですので、ちょっと早いかと思うんですが、現時点での予約数とか反響というのがわかれば教えていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 厚生部長。



◎厚生部長(藤間秀忠君) 生活習慣病の一般健診から各健診でございますけれども、これは全人口といいますか、町民の皆様を対象にしている事業でございます。

 それから、湯〜トピアの販売済入館等の補てんでございますけれども、町で出す町民割引券、それから以前に出しました回数券、これらのものに対する補償です。回数券は使用したものについてです。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 建設課長。



◎建設課長(室伏由之君) 調整池の24年度の施工箇所はどこかという問いでございますが、24年度につきましては、函南町中学校の体育館がございます。シルバー人材センターの向かい側になりますが、その間の駐車場敷地のところに調整池、それからその北側にも駐車場がありますが、そこにも調整池を考えております。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(酒井充君) 観覧料の1万3,200円の根拠でございますが、これにつきましては事前の検討提案書の中でも月に1,100人程度という話が出ておりまして、それの12倍ということであります。

 現時点では、これを事前に販売していることはありません。ただ、問い合わせについてはかなり多くありまして、それなりの期待を持っております。

 以上です。



○議長(米山祐和君) ほかに質疑はありませんか。

 2番、土屋議員。



◆2番(土屋学君) 予算書の210ページです。済みません、聞き逃したかもしれないですけれども、災害対策事業の食糧費とありますが、それは避難食ということでよろしいのかということと、前回、不足になってしまったと聞いたんですが、ここで補充するのであれば、町として何食分になるのかお聞かせください。

 それから予算書の110ページ、ちょっと関連なんですけれども、観光プロデューサーの報酬とありますけれども、観光プロデューサーと、それから188ページへ飛ぶんですけれども、観光協会へ640万円という計上があるんですが、そこの連携はできているのかということと、その観光協会の640万円の計上は昨年と同額なんですけれども、今年から観光に力を入れるというところで、この金額で前年のどんなことをやられたかというのを教えていただきたいと思います。

 そして、予算書の246ページ、生涯学習推進事業の中で補助金があるんですけれども、各団体に補助金が計上されていますけれども、その中で今年、やっぱり観光に力を入れるという中で、こういう町の団体との連携が必要になると思うんですけれども、そういう部分での考え方なんかを聞かせていただければと思います。

 そして、予算書の150ページ、生活習慣病予防事業の中で、保健委員の活動報償金というのがありますけれども、この保健委員の活動内容について。それから前年と比べて増減があるのかどうかお聞かせください。

 最後になりますけれども、予算書の128ページ、老人福祉事業の中で、こちらの各委託料も含めて計上してあるんですけれども、今年も昨年と同じ形式で行われるかどうか。それから今後の進行というんですか、今後も同じような形式でいくのかを聞かせていただきたいと思います。敬老会のですね、済みません。



○議長(米山祐和君) 総務課長。



◎総務課長(高橋憲行君) 災害対策費の食糧費でございますけれども、マジックライスを購入予定でおります。マジックライスにつきましては5年が賞味期限という中で、5年間に随時購入するものでございまして、現在1万8,000食、24年度が1万食ということで、2万8,000食が函南町の在庫と一応予定しているものでございます。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(松下文幸君) 観光プロデューサーの関係なんですけれども、ご承知のとおり観光プロデューサーについては、昨年の12月15日から一応雇用を始めております。基本的には町のほうの観光振興を図るということの中では、やはり観光協会との連携、そういったものも今後、必要にはなってきますけれども、当面、今やっていただいているのは、仏の里美術館の開館に向けてのPR活動だとか、そういったものを主にやっていただいています。ただ、そのほかにも、現在、伊豆半島のジオパークあたりの関係も、いろんな会議の中で一緒に出ていただいておりますし、また伊豆箱根沿線の活性化協議会、こういった中でも韮山でやっている頼朝800年祭ですか、そういったものの中でのこれからの事業あたりも関係してきますので、函南町との観光振興連携を図る中で、いろんなそういう観光振興に関係する会議等に出ていただいているということでございます。

 今後は、やっぱり観光協会なんかの事業も含めて、かかわっていただくような形でやっていきたいというふうに思っております。



○議長(米山祐和君) 厚生部長。



◎厚生部長(藤間秀忠君) 保健委員の活動報償金の関係でございますけれども、予算額につきましては若干減っております。全行政区といいますか、町内全地域に保健委員さんはいらっしゃるわけですけれども、今年度、今現在59名ですけれども、お二人、ちょっと都合で減りますので57名ということになります。

 活動につきましては、各地域においての地域の皆さんに対する保健活動、保健の健康づくりの推進に寄与していただいてございます。それから各種健診等のお手伝い、それから23年度については、地区における保健講演会等の活動も行っていただいております。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(酒井充君) 済みません、生涯学習事業の中で、補助金がありますけれども、これはそれぞれの団体の趣旨に基づいて出している補助金でございまして、これに観光関係のことは別に入っておりません。こういう団体と観光に関して関連する部署というのはないので、私どもの美術館に関して言わせていただければ、観光について相当寄与するものだと思っております。その観光全体については、担当部署のほうで行っているかと思います。



○議長(米山祐和君) 厚生部長。



◎厚生部長(藤間秀忠君) それから、敬老会の関係でございますけれども、24年度につきましては、本年度同様の計画をいたしております。

 近隣市町等で、最近は地域化しているような状況もございますけれども、その辺の手法等につきましては、今後また皆さんのご意見を聞きながら検討したいというふうにも考えております。



○議長(米山祐和君) まだ質問はありますか。あるようなら、ここで休憩いたします。

 議事の中途ですが、ここで10分間休憩いたします。

                             (午前11時04分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(米山祐和君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

                             (午前11時14分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(米山祐和君) 質疑はありませんか。

 16番、塚平議員。



◆16番(塚平育世君) ちょっと済みません、私からは14点ぐらいあるんですけれども、初め5点ぐらいずつちょっとお伺いしたいと思います。

 最初に歳入の分ですけれども、個人町民税の滞納繰越分というのが、前年度に比べまして今年度は4,000万円ということで多いんですけれども、これはどういう状況なのかということで聞きたいと思います。

 それから、98ページの支出ですけれども、職員の健康管理でメンタルヘルスということで、今回、新たに委託料を設けたわけですけれども、この50万円という料金の根拠、どこに委託するのか、その辺を伺います。

 そして補助金ですけれども、職員の互助会180万円あるんですけれども、最近、ちょっと公務員のいろんな使途が不明になったり、いろいろな公金横領的なものがあります。こうした部分での、これはお金が高い低いではなくて、そういう使い道の使途についてのチェックというものが必要だと思うんですけれども、その辺の管理についてちょっと伺います。

 それから、98ページの企画調整事務事業では、来年50周年を迎えるというお話がありました。これにつきましては、準備をする段階ですけれども、印刷製本で60万円かけていますけれども、準備と言いながらも幾らぐらいかけるのかというふうなことが、やっぱり基本にないといけないと思うんですけれども、その辺はどんなふうになっているのか伺います。

 それから、102ページの財産管理事業ですが、ここでは防犯カメラ6台設置というのとLEDの電気工事の部分が報告されています。防犯カメラについては6台設置ということでありましたけれども、少し、それにしても金額的に高いのかなということがありますが、必要性が本当にあるのかということで伺いたいと思います。何か必要性があるような状況があったのかということで伺います。

 それからLEDは、庁舎の1階ということですけれども、この効果をどう見ているのか。多分、電気代ということだと思うんですけれども、その上で庁舎の中だけではなくて、外にある外灯などにLEDを設置していくという方法もあるのではないかということで伺いたいと思います。

 112ページのまちづくり事業ですけれども、ここでは交流定住促進事業委託料150万円あります。昨年は120万円ということで予算が組まれましたけれども、これはどういうことなのか、ちょっと教えていただきたいと思います。内容はどういうことに委託をしているのか。



○議長(米山祐和君) そこで1回、切ってくれますか。

 税務課長。



◎税務課長(西川富美雄君) 20ページの個人町民税の滞納繰越分の増額した理由ということでございますけれども、ご存じのように、静岡県下の税の徴収率が悪いということで、県を挙げまして、県の対策協議会、これは副町長レベルを中心に協議会を立ち上げたものなんですけれども、町もそうですけれども、県下全体に個人町民税の徴収率を上げようということで、特別徴収の推進ですとか、いろいろな事業を推進、来年度からするところでございます。

 その中で、町は継続して同様の事業を行うわけですけれども、具体的には県のほうから、県の財務事務所の方が、県の住民税というやつは、県の分と町の分を合わせて取っているわけですけれども、県の職員が直接、町県民税を徴収するという直接徴収という制度がございます。その制度を実施するという予定もございます。

 それから、県の本庁のほうからも職員の短期派遣ということで、個人住民税の徴収の強化を行うというような事業もございますので、補正でも、いわゆる現況の収入で今回、上げさせていただきましたけれども、それらの推計を見越しまして滞納繰越分を増額させていただいたというものでございます。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 総務課長。



◎総務課長(高橋憲行君) 職員健康管理福利厚生事業のメンタルヘルス事業の委託でございます。メンタルヘルスにつきましては、公務災害補償基金の調査によりますと、長期の休職者につきましては、10年間で3.5倍ふえているようでございます。当町におきましても3月1日現在、3人の休職者がおる状況でございます。うつ病等の精神疾患については、正しく理解するとともに、早期発見、予防が必要と考えているところでございます。そのような中で、メンタルヘルスの研修会、それからパンフレットの配布、それからメンタルヘルスチェックというシートによる問診等を行いながら、また疑いのある方につきましては、産業医と面談しながらやっていきたいというふうに考えているところでございます。委託先については、まだ未定でございます。

 続いて、互助会の助成についてでございますけれども、互助会につきましては、互助会条例を平成14年につくっており、中身につきましても会長、副会長、それから理事、常任理事、監事という職を設けながら、間違いがないよう正しくチェックをしながら行っているところでございます。ちなみに町の補助金のほか、会費として職員から約500万円のお金を取った中で運営しているところでございます。使途につきましては、給付事業ということで、人間ドック、それから保健、それからスポーツ団体等への補助等を行っているところでございます。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(松下文幸君) まず、町制50周年事業の関係なんですけれども、とりあえず25年度が町制50周年ということになります。来年度24年度なんですけれども、1年間かけた中で、要するにどういう形でやっていくか、どういう事業を入れていくかというところの検討をしようということで考えておりまして、ただ、24年度の予算の中で、当面、印刷製本で見込んだというのは、封筒の印刷だとか、そういったものが間に合わないと困るので、とりあえずは印刷製本として60万円程度を見させてもらったと。具体的に内容については、24年度に入ったらば、庁舎内の検討を進めていきたいというように考えております。

 それから、防犯カメラの関係なんですけれども、これは仁田駅の駐輪場の関係になるんですけれども、三島警察のほうから、ここの盗難が非常に多いというところがありまして、町としても、今、ダミーのカメラを置いてあるんですけれども、それでは役に立たないんで、とりあえずここの防犯、盗難を少なくしたいということの中で、防犯カメラを6台設置したいということの事業になります。基本的にこれは単独事業ではなくて、一応、まちづくり交付金を充てた中で、補助金をもらいながらやっていこうというふうに考えております。

 それから、庁舎のLEDの関係なんですけれども、これについては静岡県の振興協会のほうから、24年度から3カ年かけて、毎年200万円ずつ、これは10分の10の補助金、全額補助になるんですけれども、要するに、町民、国民に向かってLED化を進めていくということの中で、やはり公共が率先して、こういったものをやっていただければというような趣旨で、これらを考えられております。当面、町のほうとしては、この200万円の中でできる範囲というものを考えておりまして、庁舎の1階のまずは蛍光灯をLED化するというところから入っていこうかなというふうに思っております。

 効果としては、当然、電気料の削減にもなっていくだろうと思いますし、またCO2の削減にもつながっていくということで、これらを導入していきたいというふうに考えております。

 それから、交流定住促進の関係なんですけれども、これについては23年度から3カ年の事業の中で、環状線が25年度に開通するということの中で、観光交通もかなり増加してくるという想定をされているんですけれども、これらの観光交通を含めて、要するに交流人口をふやした中で、これらを産業振興につなげていきたいと。当然、観光資源、地域資源を生かした中で、これらと連携を図りながら、これらの産業を活性化していきたいということの事業の中で、23年度については現状の観光に対する課題だとか、それから要するに観光コースの設定に対しての基本的な考え方だとか、そういったものを今年度はやっております。

 来年度については、具体的に要するに地域資源をどういう形でコース設定していったらいいかというところのコース設定、あるいはウォーキングマップ、あるいはサイクリングマップ、そういったものも検討しながら、こういったものがつくられれば、さらに交流人口増加のために役立つだろうということの中で、これらを考えておりますし、また25年度については、新たな観光コースを設定した場合に、これらを試行的に社会実験してみたらどうかというようなことの中で、これらを25年度については、できればやれたらいいかなというふうに考えております。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 塚平議員、続けてください。



◆16番(塚平育世君) ちょっと今のことで再質したいんですけれども、税の滞納については、今、お話聞きましたけれども、私、よく聞くのは振り込みの手段がもうちょっと拡大できないかということがあるんですよね。例えばセブン銀行だとか、いろいろあるんですけれども、そういうのはなかなか難しいかもしれませんけれども、仕事に働きに行っていると、口座引き落としということがあるんですけれども、事業者なんかは口座から引き落としされると大変で、自分の行けるときに振り込みをしたいということで、払い込みする手段を広げてくれないかということがありますので、その辺の検討はされたのかなということでちょっと聞きます。

 それから、先ほど職員の互助会のことは、今、話がありましたけれども、田方消防などでいろいろあったことなんかもありますので、そういう面できちんとしていただければというふうなことがあって、ちょっと言わせていただきました。

 それから、今のまちづくりですけれども、ちょっと私自身は勘違いというか、していたんですけれども、今、セミナーをやっていますよね、何回か、もう二十何回目と。そのときの講師料などはどういうふうになっているのかなという感じが少しあったものですから、そういう部分ではどうかなということでお伺いしたんですけれども、その辺は、それではどうでしょうか。



○議長(米山祐和君) 税務課長。



◎税務課長(西川富美雄君) まず、税の収納方法ということで、いわゆるコンビニ収納等の検討はどうかということで、今回もコンビニ収納につきましては、予算には要求はしたところでございますけれども、税目なり予算なりに、収入の内容を見ますと、効果がまだ乏しいではないかということで見送りになったところでございます。

 それから、振り込みの方法ということで、恐らく議員さん、特別徴収の場合の事業主さんの払い込みの方法を言われていると思うんですが、おっしゃるとおり特別徴収の払い込みにつきましては、口座振替の方法ができないということで、この辺は何とかならないかというようなことで、市町をあわせて、今、検討しているところでございます。24年度から特別徴収全指定ということもございますので、この辺の検討は今後、十分進めていきたいと、そのように思っているところでございます。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(松下文幸君) まちづくり事業の中の今まで開催しているセミナーの講師の方の謝礼ということなんですけれども、基本的に今、二十数回、まちづくりセミナーを開催しておりまして、ほとんどがボランティアで来ていただいているというのが現状です。ただ、新幹線等を使って遠くから来ていただく場合については、相当額あたりを謝礼として払っているというところもあるんですけれども、基本的にはボランティアという形の中で開催をさせてもらっております。



○議長(米山祐和君) 塚平議員。



◆16番(塚平育世君) 少しちょっと自分の担当のところもあるんですけれども、伺いたいと思います。

 168ページの廃棄物の処理施設ですけれども、ここの手数料の部分ですけれども、放射能物質含有量測定手数料ということで5万3,000円ほどあるんですけれども、この手数料ということですので、どういうふうな形なのか伺いたいと思います。

 それと、きのうの新聞の静岡新聞に、瓦れきの試験焼却の報道がされておりまして、函南町はご存じのとおり、今、大規模改修をしているということでバッテンということでありましたけれども、これから大規模改修なども終わり、いろんな形になった場合、どうするのかということでもあると思うんですけれども、そこら辺を伺いたいということ。

 あと、焼却灰の残渣の、企業が例えばそうした焼却灰を受け入れしてくれる企業なのかどうか、そこだけ伺いたいというふうに思います。

 それから、畜産振興事業の178ページですけれども、肉用素牛は200頭ということで説明は聞いてはいるんですけれども、実際、なぜ200頭なのかという部分が少しわかりにくいので、全体、例えば年間仕入れするうちの何頭なのかということで、ちょっとよくわかりませんので、相場だとかというふうなお話でしたけれども教えてください。

 それから、186ページの商工振興事業で、消費生活相談員の部分であります。前に報酬のことで日額9,200円というふうな形で話があったので、何日か来るのかなと思いましたけれども、報酬としては226万円ということで、1年間を通じて来るのかなというふうな感じもするんですけれども、この辺の相談員さんの状況というのをどう見ているのか。消費者安全法で、何か法律が変わった形で、市町村にもそういう窓口をということのようですけれども、それと相談された内容などについては、他市町村との連携なんかも考えているのかどうか、その辺伺います。

 186ページの観光振興事業ですが、先ほども誘導案内看板の整備のことで2,500万円の話はされましたのでわかりましたけれども、ちょっと私、前もって言えばよかったんですけれども、標識が例えば柏谷横穴群というのを、オウケツというのをヨコアナと書いてあったり、二重に書いてあったりなんかするのがあるんですよね、ですから、標識ですからちゃんとした名称をきちんと確認してやる必要があるのではないかなというふうに思っておりますので、それはちょっと指摘としておきます。

 それから、208ページの非常備消防事業ですけれども、補助金で消防施設整備補助金707万円ということで計上されています。前年から比べますと、予算から比べると100万円ほど減です。補助金ということですので、区からの要望ということだと思いますけれども、私が考えるには、区によっては可搬式のポンプが老朽化しているというふうなことなんかもありますので、区からの要望だけではなくて、町として区全域で、そうしたものを更新するという指導をする中で予算とする必要もあるのではないかということで伺いたいと思います。

 それから、210ページの災害対策事業ですが、ここでも環境放射能の測定委託料で38万6,000円ということで、補正で上げまして、今度は当初から上げたいということの説明でした。今までどおりの測定地点なのか、さらにホットポストを広げての測定地点をつくっていくのかということで伺いたいと思います。

 とりあえず、そこまで。



○議長(米山祐和君) あと幾つありますか。



◆16番(塚平育世君) あと3点です。



○議長(米山祐和君) じゃ、続けてやってください。



◆16番(塚平育世君) やっていいですか。

 図書館の建設事業ですけれども、250ページの、ここでいろいろICタグの張りつけだとか、配架委託料だとか、いろいろ出てきております。ただ、館長と司書の雇用の位置づけがないなというふうに思うんですけれども、こうした具体的な課題が今、走り出していますので、その辺の考えはどうだったのかということで、司書も募集しているわけですから、考えを聞かせていただきたいと思います。

 それから、あと230ページの中学校教育振興事業で、私も柔道の事故の話はさせていただいておりますけれども、ここにおきまして、今、私が研修へ行った先では、教員以外の補助、地域の方が補助があると事故につながらないようなことがありました。そういうことの対策を講じているのかどうか、そこを伺います。

 それから、就学援助費の中でも、柔道着が入っているのかどうか、入れたほうがいいのではないかということを伺いたいと思います。

 それから、あと一つは特別会計ですけれども、上水道会計で240ページの過年度損益修正損ということで不納欠損ということで700万円ということがありましたけれども、これは件数的にどのくらいなのか、予測ですからあれですけれども、どんな状況なのか伺いたいと思います。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(田中康夫君) 最初に、放射能物質含有量測定手数料の件について回答させていただきます。

 こちらについては、検査する飛灰を私たち職員が取りまして、測定する業者のほうに送るという形ですので、手数料扱いという形で、その結果が約1カ月後に出てくるという状況でございます。

 次に、瓦れきの受け入れの件なんですが、12年経過しまして、経年劣化等がございまして、現在、大型修繕工事を実施しているところでございます。実際に24年度中に、次の大規模修繕も発生する可能性も当然、出てきますので、こちらについては24年度後半のときに、町上層部、議会と打ち合わせして、今後、どうするかを検討していく状況になると思いますので、そちらの件で了承願いたいと思います。

 それと残渣の受け入れなんですが、単年度契約、業者さんとしておりますので、現在の業者さんとかわる場合もありますので、実際に受け入れてくれるのかどうかは、発注後でなければ当然できませんので、その辺についてははっきりしていません。ただ、現在の函南町の基準ですと、全く問題なく受け入れられる状況にはなっております。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) 建設経済部長。



◎建設経済部長(坂上操君) まず、肉牛の関係ですけれども、なぜ200頭なのかということでございますけれども、両農協から調査をいたしまして、実績で大体、おおむね年間200頭ぐらいあるよということで200頭計上いたしましたので、出来高で、また多少この辺は変わる可能性があります。

 それから、消費生活相談員の関係でございますけれども、一応、月曜日から金曜日ということで予算は計上させております。ですから、毎日ということで一応は予定をしております。

 他市町との連携ですが、もう新聞でご覧になったと思いますが、函南町では三島警察署管内では一番早く協定を結びました。協定の名前は、ちょっと今ど忘れしましたけれども、いろんな何といいますか、警察絡みの事柄が、事象が起きたときには、お互いに情報を共有して、そしてそれで町民の安心・安全を守っていこうというような形で連携を進めていくことになっております。

 また、観光の看板、これはご指摘で名前がいろいろ、オウケツだとかヨコアナだとかあるというようなことで、今回はそういうものは書きかえのときに直しております。ただ1点、言っておきますが、字数の制限がありまして、そこで今、日本語の文字だけではなくて、下に英語表記もありますが、そこで字数の関係で、例えばかんなみ仏の里美術館でいいますと、字数が仏の里美術館しか入らないと。だけど下のほうはかんなみまで入るとか、そういう上と下が2段での差は、字数の看板の制限がありますけれども、看板によって表記が違うというのは、その看板の書きかえの都度、直していく予定でおります。

 以上です。



◎総務課長(高橋憲行君) 非常備消防の消防施設整備補助金でございますけれども、確かにこちらのほうで100万円ほど減っておりますけれども、次の災害対策事業の同じく補助金で、地域に出します自主防組織整備費補助金のほうで150万円ほどふえておると思います。その中で、区のほうでいろいろと検討した中で、今回につきましては自主防の補助金が多かったということで申請があったというふうに考えておるところでございます。

 続いて、放射能の測定の関係でございますけれども、今年度につきましては、年6回の予算を組ませていただいているところでございます。場所につきましては、現状の同じ測量点で測定していこうと考えているところでございますけれども、何かご提案がございましたら、また検討して考えていきたいと思っていますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 教育長。



◎教育長(矢田長春君) 柔道指導員の配置についてでございますが、これは町の第5次総合計画後期計画で、函南町の将来像として、森町長から示された「環境・健康都市函南」、これに基づいて設定した施策でございます。健康の部分を担うのが教育でございますので、とりわけ健康、安全という面から具現化したものとお考えいだたければいいかと思います。

 ご存じのように、ここ数カ月、新聞、テレビを初め、マスコミで何度も柔道のことが取り上げられておるわけですが、この4月から新学習指導要領が中学校で完全実施されまして、保健体育の授業で武道が必修となります。これまで体育の授業は週2時間だったわけですが、4月から3時間となり、年間70時間やっていた体育の授業が105時間と35時間ふえるわけです。このふえた35時間が、すべて武道の授業というわけではありませんで、一つの単位と考えまして、この35時間のうちの武道は8時間から10時間を考えております。本町、2つの中学校があるわけですが、施設設備の面から、柔道を選択を考えております。ご存じのように、柔道は大きな事故につながるといった危険が伴って、安全確保という面で大きな課題になっているという事実もあります。

 必修授業で行う武道の柔道ですけれども、これは毎日1時間から2時間練習しておりますけいこと試合を通して柔道の技能というんですか、それを高める部活動とは別のものというふうに考えております。これは受け身を中心とした自分自身の身の安全を守るというようなもので、一昨日、雪が降ったわけですが、雪道で滑ったり、あるいはふだん、階段でつまずいて転んだりしたときに、その受け身によって大きなけがにつながらないようにするというようなものであること、あるいは柔道の作法を通して礼儀を学んだり、正座をして柔道着をたたんだりすることを通して、武道の心を学ぶと、そういうものと考えております。

 とは言うものの、両校に勤務する体育の先生のうち、柔道を専門とする教師は1名でございまして、他の先生は学生時代に大学での柔道の授業と、教職についてからの県の教育委員会の指導者研修会を受けた程度でありまして、心配があります。

 そこで、生徒の安全を確保したいということで、本町では柔道の専門家であります退職教員を雇用して、函南中学と東中学の必修柔道の授業に、柔道指導員としてやってもらうと、配置をしたものであります。

 指導員は、ご自身も小学校、中学校、高校、大学と柔道の経験がありまして、教員になってからも柔道部の顧問を務めていたという方で、段位は5段の方であります。この方には、年間、東中で36日、函中で45日、予備日も入れて100日程度……



○議長(米山祐和君) 教育長、もう少し簡単にお願いいたします。



◎教育長(矢田長春君) わかりました。時給を1,135円で大体合計で45万4,000円を、この中学校の賃金の臨時雇い給の中に含めております。よろしいでしょうか。

 それから、就学援助のことですけれども、学用品代として幾らという形で出しておりますので、その柔道着を学用品の中に一部というふうに考えていくということになるかと思います。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) 総務部長。



◎総務部長(室伏光男君) 図書館の開館の準備として、館長、司書等の位置づけというご質問でいただいておりますけれども、館長につきましては、静岡県との交流という形の中で、派遣先であります県がその本給を負担するという形になっておりますので、町の予算の中には入っておりません。司書につきましては、今回、2名の採用をしたという中で、社会教育総務の中に司書の給料等を計上をしてあるということでございます。

 それから、図書館の建設の事業のとらえ方でございまして、今回については、これはあくまでも全体を図書館の建設という中で、投資的な事業の中でとらえておりますので、運営が始まった中では、この事業名の変更等も考えていかなければならないと、このように考えております。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) 水道課長。



◎水道課長(安田好伸君) 滞納分の件数の件でございますけれども、件数につきましては、済みません、今、資料がありませんので、後ほど提示させていただきますけれども、今年度もそうなんですけれども、新年度に向けて、滞納している方には電話催告、また給水停止予告通知、それでも来ない方には給水停止をかけて、今、回収に努めているところであります。予算的には700万円という計上をしてありますけれども、これをなるべく少なくすべく努力しているところであります。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 町長。



◎町長(森延彦君) 瓦れきの処理に関しまして、先ほど環境衛生課長から申し上げました答弁が、やや不適切な部分がありますので、私から適切にご答弁を申し上げます。

 ご案内のように、瓦れきの処理に関しましては、今、県がリードしていただいていまして、環境庁等を含めて、試験焼却に対しての意向を聞いている状況でございます。当町にとりましては、今、議員ご指摘のとおり、24年度には大規模改修に入りますから、24年度中の試験焼却はないという理解でよろしいと思います。

 それから、以降についても、これはまだ不確定要素でございますので、その容量ができるかどうかというような検討は、今後してまいるということでございます。

 この瓦れきの処理に関しまして、大きな問題になっておりますのが、実は焼却残渣の問題であります。5市いずれも表明したところは事後処理ができるまちでございます。しかしながら、当町のように県外処理をしていますところは、県外での受け入れの拒否に遭っております。したがいまして、焼却しても持っていくところがないということであれば処理できないという認識でございますので、さきの新聞紙上で公表されたアンケートでも、そのような中で、手を挙げるところが非常に少ないというふうに聞いております。現段階で、県が環境庁と中に入って県外処理に対しての調整もしていくと。それからさらに問題なのは風評被害でございます。そういうことをどう処理するかというようなことを、今、県でやっておりますので、推移を見守りながら、函南町としては判断をしてまいると、かようになると思います。

 先ほど議会等にも諮りながらというお話ではございましたが、私としては、全体の県の流れの推移の中で、市長会、町村会全体での議論をしておりますので、そういう中で判断をしてまいりたいと、かように思っているところでございます。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 時間も時間ですが、続けて続行いたします。

 質疑のある方。

 12番、服部議員。



◆12番(服部堅二君) 特別会計のうち、東部簡易水道と介護保険の件で、ちょっと確認したいと思います。

 まず、318ページの東部簡易水道の使用料が5,200万円なんですけれども、たしか駿豆水道事業の中で、ここのところ減免措置をされて若干安くなると。これは上水道にも一部入っているわけですけれども、今年度の5,200万円の中の減免措置の状況は今後どうなるのかということの確認です。

 それから、介護保険なんですけれども、97ページの歳入のところで、第1号被保険者の保険料が今回5億6,700万円ということになっていますね。これは前年度に比べると124.3%、先日の補正からしますと127%という非常に大きなアップなんですが、実は保険料改定が先日17.7%アップですか、なったんですけれども、実は説明資料のほうの4ページの算出の数字が出ているんですけれども、これは4ページの一番上の基準額が4,900円掛ける9,843人になっていますね。たしか先日のあれは、年額5万7,100円で4,758円ではなかったんですかね。この差が3%あるんですよね。つまりこの予算で5億6,700万円というのは、実は本当は1,700万円を減らしたのが予算になるのではないですかね、ちょっとその確認です、2点。



○議長(米山祐和君) 建設経済部長。



◎建設経済部長(坂上操君) 柿田川県水の4%軽減の話でございますけれども、ご承知のとおり熱海の経営の関係から4%軽減を3年間という限定でございました。

 まず、結論から言いますと、今年度の予算5,200万円につきましては4%軽減ですね、これはもうないものということで計上をしてあります。三島市長から熱海市長から、うちの町長、3人で県の企業局のほうへも何とかこの軽減を続けてもらえないかということの折衝はしてまいりました。当然、我々事務レベルでも、もう1年半以上前から、県ともずっとやりとりしてまいりましたが、やはり県企業局のほうでも経営の問題もあると。もともとの原因がそちらの経営、熱海市の−−失礼ですけれども、よその名前を出して申しわけありませんが−−経営の関係があったから、そちらが料金値上げ等で経営の改善ができたから、もう目的は達成したんだということで、非常に厳しい措置となっております。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 厚生部長。



◎厚生部長(藤間秀忠君) 介護保険の保険料収入の関係でございますけれども、確かに資料のほうで4,900円というふうな数字が出てございます。予算編成の段階で、最終的に介護保険の運営協議会のほうに、保険料の改定についてもお諮りしながら審議をいただいてきました。第3回目の運営協議会のほうで、当初、私どもが設定を申し上げました約4,900円、これが当初の保険料の金額でございました。それから3回の運営協議会の中で弾力運用ですとか、段階の見直しですとか、事業費の見直し等々を行いました結果、最終的に4,758円という金額の算定に決まったというところでございまして、当初の予算を計上する段階で、この数字でありましたので、最終的には24年度の予算については補正を行わせていただくというふうに考えてございます。



○議長(米山祐和君) ほかに質疑はありませんか。

 3番、馬籠議員。



◆3番(馬籠正明君) この平成24年度一般会計予算書の160ページ、上段のほうですけれども、委託料の中で地球温暖化対策実行計画業務委託料が142万8,000円計上されています。これは実行計画書の作成委託料というふうに読めるんですけれども、これについて中身、それから計画ですので、毎年やっているのかどうか。それからその計画に対する実行はどうなのかということでお聞きしたいと思います。

 済みません、全部で3点あります。

 2点目ですが、先ほども話題になりました予算書の168ページになりますけれども、廃棄物処理施設管理運営事業、この13番の委託料です。この中の事務事業委託料、この中に焼却残渣資源再生処理業務委託料6,400万円余りが計上されていますが、この内容がちょっと前々ページの166ページの最終処分事業という欄がありますが、この中の14番、使用料及び賃借料の中に、これは重機で埋め立て処理用の費用だというふうに説明があったと思いますが、これは私は焼却した後の焼却灰の最終処分で重機は使っているものというふうに理解しておりました。そこで、先ほど申し上げました168ページの焼却残渣という言葉が出てきたんですが、焼却灰と残渣というのは違うのかどうかとか、その辺がちょっと私、混乱を来していますので、ご説明をしていただければと思います。

 それから、最後ですけれども、予算書の210ページになりますけれども、同じく13番の委託料、この中に事務事業委託料というところの一番上段に、家具転倒防止器具等取りつけ委託料とございます。この委託先ですとか内容についてご説明をいただければと思います。

 以上3点です。よろしくお願いします。



○議長(米山祐和君) 環境衛生課長。



◎環境衛生課長(田中康夫君) まず、1番の地球温暖化対策実行計画業務委託の関係なんですが、こちらについては5年に1度改正をしますので、今回、見直しの年になっておりますので、こちらを計上させていただきました。

 次に、残渣処理の関係でございます。

 こちらについては、焼却灰、飛灰、両方含めた形の中で残渣という形で処理を行っております。こちらについては、最終処分場の延命化のために、灰についてはリサイクルに回すというふうな形を決定しておりますので、現在、委託をこれだけ計上させていただきまして処理させていただいております。

 最終処分場の重機の関係なんですが、実際には不燃残渣が年間約100トン発生します。そちらの埋め立て処理とかに当然必要なものですので、重機については、その作業に使っております。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) 総務課長。



◎総務課長(高橋憲行君) 家具転倒防止器具等取りつけ業務委託についてでございますけれども、こちらの事業につきましては、ひとり暮らし及び高齢者等の防災対策向上に、家具転倒防止器具、それから住宅用の火災警報装置を設置する事業でございます。器具等につきましては、ここにあります災害対策事業で当町で買いまして、取りつけにつきましてシルバー人材センターのほうにお願いしているところでございます。この世帯の調査につきましては、民生委員さん等を通じて、ひとり暮らし老人、高齢者世帯等の把握に努めているところでございます。

 以上です。



○議長(米山祐和君) ほかに質疑はありませんか。

 5番、山中議員。



◆5番(山中英昭君) 全部で2点お伺いします。

 1つは、町長にお伺いしたいと思います。

 平成24年度の町政運営にかかわる所信を述べられて、かなり深刻な財政状況でありますよと、厳しい環境にありますよと、こういう表明をされております。まさしくそのとおりだと思いますが、さらにこの健全な財政運営をしていくためには、入るほうと出るほうのコントロールが必要だと思うんですが、入るは一生懸命努力をされております。特に税収の増については税務課を中心にやられていると、そういう認識は十分持っておりますが、出るほうなんですが、言うなれば、ずっと見させていただくと、例えば委託料とか負担金とか補助金、私、詳細はなかなか把握していないところはありますけれども、少なくとも相当な大きいお金になっている。したがいまして、そのコストを下げるという意味からするならば、委託料、負担金、補助金等については、本当に必要なのか、それから見直しが必要なのか、それから自分たちでできるものは本当にないのか、それから毎年の評価は本当に必要なんだろうかといったようなことも含めて、多分、全庁的にやられているとは思いますが、町長のほうからきちんとした指示は出ていると思うんですけれども、さらにこれを進めるための所信をさらにお伺いしたい、これが1点でございます。

 さらに、希望を言わせていただくと、町長みずから費用削減については……



○議長(米山祐和君) 山中議員、予算審議ですから、予算のほうに関連させてください。



◆5番(山中英昭君) もう一つです。職員研修事業です。181万7,000円、245名で割ると7,400円ぐらいなんですが、これは人材育成ということでありますが、お金のことではなくて事業内容なんですが、毎年これは同じなんで、その辺の工夫も考えるところはないのかなと、こういうことでご質問したいと思います。

 以上です。



○議長(米山祐和君) 町長。



◎町長(森延彦君) 1点目の点についてお答えを申し上げます。

 財政収支計画の原則は歳入見合いの歳出をつくることにございます。したがいまして、当町の財政見合いの中で今回の予算を組んでおります。また、内容につきましては、委員ご指摘の以前といたしまして、町としては、この予算に3カ月かけて、庁内で厳選をして組んだ予算でございますので、極めて限られた財政の中で適切な予算が組めたと、かように思っております。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) 総務課長。



◎総務課長(高橋憲行君) 職員研修につきましては、県、それから東部の広域、それから全国の市町村でやっております市町村アカデミー等の研修を通じて、幅広い研修の中で職員の行きたいものとか、職員のアンケートもとりながらやっているところでございます。今後、いろいろな研修等、あるのであれば、それについても行かせていきたいと思っていますので、ぜひまたお力添えをお願いしたいところでございます。

 以上です。



○議長(米山祐和君) ほかに質疑はありませんか。

 10番、植松議員。



◆10番(植松和子君) 予算書の中の186ページのところに、消費生活相談員の金額が226万4,000円となっておりますが、こちらの消費生活窓口の予算概要のほうには、予算額261万5,000円と差額があるんですが、これは何かわけがあるんでしょうか。



○議長(米山祐和君) 建設経済部長。



◎建設経済部長(坂上操君) この消費生活相談員は、今の予算書の報酬だけではなくて、研修に行ってもらったりもしますので研修費等も要ります。そういう費用も含めてですので附属資料と、こちらは1つ1つ別々に組んでありますので違いますので、総体は合っていますので。



◆10番(植松和子君) はい、わかりました。



○議長(米山祐和君) ほかに質疑はありませんか。

 15番、杉村議員。



◆15番(杉村彰正君) 1点だけ質問させていただきます。

 予算書の最後のページで、地方債の最終的には、本年度で107億4,277万1,000円というのが残高になるという見通しが出ておりますが、その107億円の中の約40%強が臨時財政対策債ということで、年々この対策債を利用しているわけでございますが、これにつきましては、前に私、質問したときに、これは国が交付金というか、交付税が少なくなって、それに対応して、何といいますか、交付金がわりみたいな形のものもあると、そういう意味合いの中で1つ創設されたというふうに理解しております。

 そういう中で、健全指数とか、そういう財政比率の発表の中で、分母に入るということで解釈しているわけですが、そうすると、この対策債のそういう補てん、毎年借りてっているけれども、この地方交付税的なもので補てんが今まであっているのかないのか。それで、もしこれがそういう意味合いだったら、今までのこれから起債を起こす、そういう中でシフトをこちらに多少変えていったらどうかと、重点的に変えていったらどうか。もちろんこれの財政対策債については限度もあると思いますが、その限度と、そしてそれに対する対策債の四十何億に対して交付金、交付税みたいなものが町に反映されているかどうかというのを、少し教えていただきたいというふうに思います。



○議長(米山祐和君) 総務部長。



◎総務部長(室伏光男君) 臨時財政対策債は、議員ご指摘のように、町の起債の残高の中で、かなり大きな部分を占めているという状況になっているなということは、そのとおりでございまして、私、登壇の中でもご説明申し上げましたけれども、本来であれば、交付税上の算定の中で国の現金等があれば、交付税として各市町村に交付されるというのが、その金額であるべきであって、ただ、それが国のほうでできないので、各市町に起債を起こして借金をさせるんだと。だからその返済に当たっては、元金と利息につきましては交付税措置で需要額に算入されるという形になっておりますので、町としましては、現金で本来いただければ一番いいんですけれども、もらえないので起債を起こして、ただ、各年度で需要額にそれらを算定していくという形の中で、差し引きとんとんかな、そういう意味では、この起債が一番有利であるのかな、そういうふうに判断をいたしまして借り入れをしているものでございます。

 交付税上の中で、限度額がございますので、当然、限度額以上を借りることはできませんけれども、借金を無理にすることもないものですから、財政が許される範囲内で限度額以内で借り入れを起こしているというのが今の状況でございます。

 これをほかの起債に起こしたほうがいいのかどうかというお話があるわけですが、臨時財政対策債につきましては、起債の充当先の制限というものもなくて、そういう意味では非常に使いやすい起債であるのかなと。利息、元金についても交付税措置されるというものでありますので、今はこの臨時財政対策債が一番いいというように判断して起債を起こしているものでございます。

 以上でございます。



○議長(米山祐和君) これで質疑を終了します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△分科会審査の議決



○議長(米山祐和君) 日程第2、分科会審査の議決についての件を議題とします。

 お諮りします。本定例会に上程されております議案第22号から議案第33号までの平成24年度函南町一般会計及び各特別会計予算議案全12件について、これを各常任委員会に付託し、分科会審査とすることに決したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(米山祐和君) 異議なしと認めます。

 よって、平成24年度函南町一般会計及び各特別会計予算議案全12件について、これを各常任委員会に付託し、分科会審査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会の議決



○議長(米山祐和君) 日程第3、休会の議決についてお諮りします。議事の都合により3月3日から3月20日までの18日間を休会したいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(米山祐和君) 異議なしと認めます。

 よって、3月3日から3月20日までの18日間を休会とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(米山祐和君) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて散会します。

 ご苦労さまでした。

                              (午後零時10分)