議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 伊豆の国市

平成24年  3月 定例会(第1回) 03月23日−07号




平成24年  3月 定例会(第1回) − 03月23日−07号









平成24年  3月 定例会(第1回)



          平成24年第1回(3月)伊豆の国市議会定例会

議事日程(第7号)

                    平成24年3月23日(金)午前9時開議

日程第1 報告第3号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定及び和解)

日程第2 議案第2号 伊豆の国市民の歯と口腔の健康づくり推進条例の制定について

日程第3 議案第3号 伊豆の国市暴力団排除条例の制定について

日程第4 議案第6号 伊豆の国市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について

日程第5 議案第7号 伊豆の国市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について

日程第6 議案第8号 伊豆の国市市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定について

日程第7 議案第25号 平成24年度伊豆の国市一般会計予算

日程第8 議案第26号 平成24年度伊豆の国市国民健康保険特別会計予算

日程第9 議案第27号 平成24年度伊豆の国市後期高齢者医療特別会計予算

日程第10 議案第28号 平成24年度伊豆の国市介護保険特別会計予算

日程第11 議案第29号 平成24年度伊豆の国市楠木及び天野揚水場管理特別会計予算

日程第12 議案第30号 平成24年度伊豆の国市簡易水道等事業特別会計予算

日程第13 議案第31号 平成24年度伊豆の国市下水道事業特別会計予算

日程第14 議案第32号 平成24年度伊豆の国市上水道事業会計予算

日程第15 議案第33号 新設保育園建設工事(建築工事)の請負契約の締結について

日程第16 発議第1号 特別委員会設置に関する発議

日程第17 選第1号 市議会調査検討特別委員会委員の選任について

日程第18 閉会中の継続調査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 日程第1から日程第18まで議事日程に同じ

 追加日程第1 議長の辞職の許可について

 追加日程第2 選第2号 議長の選挙

 追加日程第3 選第3号 副議長の選挙

 追加日程第4 議席の一部変更

 追加日程第5 選第4号 議会運営委員会委員の選任

 追加日程第6 選第5号 議会制度改革特別委員会委員長の選任

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(21名)

     1番  天野佐代里君     2番  渡邊俊一君

     3番  田中正男君      4番  高橋公一君

     5番  三好陽子君      6番  鈴木照久君

     7番  鈴木幸雄君      8番  柴田三智子君

     9番  水口成男君     10番  後藤眞一君

    11番  古屋鋭治君     12番  大沢秀光君

    13番  鈴木平一郎君    14番  松下善洋君

    15番  萩原眞琴君     16番  土屋紀男君

    17番  鳥居松彦君     18番  山下孝志君

    19番  水口哲雄君     20番  秋田 清君

    21番  板垣紀夫君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長      望月良和君   副市長     山口文雄君

 教育長     佐藤 亨君   会計管理者   二藤武司君

 総務企画部長  鈴木俊治君   市民生活部長  齋藤昭三君

 環境・農政部長 渡邊広明君   保健福祉部長  植松二夫君

 観光・文化部長 八木基之君   都市整備部長  川口重美君

 教育部長    塩谷昭一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長  相原健次    書記      増島清二

 書記      落合陽子



△開議 午前9時00分



△開議の宣告



○議長(板垣紀夫君) 本日はご苦労さまでございます。

 ただいまの出席議員は21名です。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 ただいまより平成24年伊豆の国市議会第1回定例会を再開いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(板垣紀夫君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第3号の上程、報告、質疑



○議長(板垣紀夫君) 日程第1、報告第3号 専決処分の報告について(損害賠償の額の決定及び和解)を議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。市長。

         〔市長 望月良和君登壇〕



◎市長(望月良和君) おはようございます。

 本件につきましては、去る平成24年2月6日に発生いたしました市道長1029号線に埋設されている農業用パイプラインが破損し、市道が陥没したことにおける車両破損事件について、損害賠償の額の決定及び和解を、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成24年2月29日に専決処分を行いましたので、報告するものであります。

 内容につきましては環境・農政部長に説明をいたさせます。



○議長(板垣紀夫君) 報告の内容説明を環境・農政部長に求めます。

 環境・農政部長。

         〔環境・農政部長 渡邊広明君登壇〕



◎環境・農政部長(渡邊広明君) それでは、報告第3号 専決処分の報告について、専決第3号 損害賠償の額の決定及び和解について内容の説明をさせていただきます。

 追加議案書の3ページ並びに参考資料をごらんいただきたいと思います。

 去る平成24年2月6日午後6時20分ごろ、伊豆の国市北江間地先の市道長1029号線の路上において、相手方が所有する車両を本人が運転し、走行していた際、当該車両の左後輪が、市が管理する用水パイプラインの漏水によりできた陥没箇所に入り込み、タイヤが損傷したものであります。

 示談により、当方の過失割合を90%として、相手方に車両修理費1万1,700円を支払うことで、平成24年2月29日、専決処分をさせていただいたものであります。

 なお、この事故の賠償金につきましては、全国自治協会自動車損害保険にて全額補てんされております。

 今回の事故は、農業用水管の漏水による事故でありますので、施設の維持管理の徹底と漏水の早期発見に向け、各地区の農業組織等への周知と情報提供を呼びかけ、事故を未然に防ぐ努力をしたいというふうに考えております。

 内容は以上であります。



○議長(板垣紀夫君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 3番、田中正男さん。



◆3番(田中正男君) いつも私になってしまうんですが、ちょっと聞いておきたいと思います。

 今回の状況はわかりましたが、2点ほど聞きたいんですが、この道路の状況なんですが、どのような大きさの陥没になっていたか、その後の対策をどのように立てたかが1点と、それからこの時期もここにはパイプラインの水が流れているんでしょうか。ちょっと用水管も外れている時期なんですけれども、流しているという状態で漏水したのか、この点2点伺います。



○議長(板垣紀夫君) 環境・農政部長。



◎環境・農政部長(渡邊広明君) まず、道路の陥没の大きさということだと思いますが、幅が70センチから1メートル、深さが20センチ、それから長さが2メートル30センチであります。場所はこの図面に示すとおり、江間イチゴ狩りセンターの入り口、手前の左側といいますか、中央道からおりてきて左側にあります。

 それから、水路を水が流れていたかということですけれども、このパイプラインにつきましては、夏季の水稲栽培用の給水とあわせて冬季のイチゴ栽培のほうのかんがい用水ということで、両方あわせて使っておりますので、冬季にも通水していたということであります。

 以上であります。



○議長(板垣紀夫君) 今後の対応というか。



◎環境・農政部長(渡邊広明君) すみません。

 パイプラインが、結構古い施設ではありますけれども、長さもかなり長いものですから、すべての管について管の状況を把握するというのはなかなか困難、口径も本管が大体500ミリぐらいですから、今回の破断した部分というのは50ミリの取り出し管でありますので、下水管のようにカメラを入れて調査するということが不可能に近いことでありますので、また、今言ったようにイチゴで冬季も使っておりますので、水のかれる時期はほとんどない状況ですので、その辺も少し難しいのかなというふうに思いますけれども、先ほどちょっと申し上げましたように、特に通報のシステム、部農会であるとか、地区もあわせて早期にもらってできるだけ事故を未然に防ぎたいというふうな、その対策を現在考えております。

 以上であります。



○議長(板垣紀夫君) 3番、田中さん。



◆3番(田中正男君) その後の対応はわかりましたけれども、ここの対応はどのようにされたのか、陥没のままなのか、ここをふさいであるのか、その点を最後に聞いて終わりにします。



○議長(板垣紀夫君) 環境・農政部長。



◎環境・農政部長(渡邊広明君) ここの取り出しは、本来田んぼに行く水ですから、たまたまそこがイチゴ狩りセンターということで、実際はそこの水はやっぱりあけたりして使っていない状況でありますので、管の補修をかけて、それから埋め戻しをして、最終的に舗装をかけて、キャップでとめてあります。ですから、そこからもう立ち上がらないような形でとめてございます。

 以上でございます。



○議長(板垣紀夫君) ほかにございませんか。

         〔「ありません」の声あり〕



○議長(板垣紀夫君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 以上で報告を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第2、議案第2号 伊豆の国市民の歯と口腔の健康づくり推進条例の制定についてを議題といたします。

 本案につきましては、福祉文教委員会委員長より審査の経過と結果について報告が済んでおりますので、これより質疑及び討論に入ります。

 本案に対する質疑及び討論の通告はありませんでしたので、質疑及び討論なしと認めます。これにて質疑及び討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第2号 伊豆の国市民の歯と口腔の健康づくり推進条例の制定についての委員長報告は可決であります。

 委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 全員起立であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第3、議案第3号 伊豆の国市暴力団排除条例の制定についてを議題といたします。

 本案につきましては、総務委員会委員長より審査の経過と結果について報告が済んでおりますので、これより質疑及び討論に入ります。

 本案に対する質疑及び討論の通告はありませんでしたので、質疑及び討論なしと認めます。これにて質疑及び討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第3号 伊豆の国市暴力団排除条例の制定についての委員長報告は可決であります。

 委員長報告に賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 全員起立であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第6号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第4、議案第6号 伊豆の国市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本案につきましては、福祉文教委員会委員長より審査の経過と結果について報告が済んでおりますので、これより質疑及び討論に入ります。

 本案に対する質疑の通告はありませんでしたので、質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論の通告がありましたので、これを許します。

 最初に、本案に対する反対討論の発言を、3番、田中正男さんに許します。

 3番、田中正男さん。

         〔3番 田中正男君登壇〕



◆3番(田中正男君) 3番、日本共産党の田中正男です。

 議案第6号 伊豆の国市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、反対討論を行うものですが、初めに申し述べておきます。

 私は、福祉文教委員会の委員長を務めていて、委員会では全員賛成だったと先日本会議で報告してありますが、委員会の表決には委員長は入っておらず、賛否同数のとき以外は権利がありませんので、私の意思は報告には入っていません。ただ、委員会の中では私の反対の意思表明をしております。そこで、この討論でありますが、委員長としてではなく、私個人が日本共産党議員団を代表して、反対討論を行うものであります。

 それでは、討論に入ります。

 今回の改正の内容は、医療保険分の所得割を4.6%から5.4%に、資産割を10%から5%に、均等割を1万9,800円から2万1,600円に、平等割を1万9,800円から2万1,600円に、賦課限度額を47万円から50万円に、また後期高齢者支援分の所得割を2.5%から2.2%に、資産割を10%から5%に、賦課限度額を12万円から14万円に変更するもので、国保税全体では所得割が8.3%から8.8%に、均等割を3万9,600円から4万1,400円に、平等割を2万7,600円から2万9,400円に、賦課限度額を69万円から74万円にそれぞれ上げるものでありますが、資産割だけは20%から10%に引き下げになります。前年度比較では、1人当たり4,479円、4.96%の負担増となります。また、今回の改正で、応能割と応益割の標準化が行われ、54.61対45.39から53.27対46.73となり、1.31応益割がふえることになります。

 今回の値上げの理由は、毎年医療費がふえていて、一般会計からその他繰り入れを2,000万円ふやして1億9,000万円入れても、なお9,483万円の歳入不足が生じるためとの説明がありましたが、その他繰り入れを伊豆市並みの1人当たり1万7,000円行えば、値上げせずに済みます。

 国民健康保険は国民皆保険であり、加入者は自営業者や農業者、仕事を持たない方などで、財政的基盤は大変弱いものであります。会社健保の会社負担と同じように、市が責任を持って繰り入れを行い、保険税の維持をしていくことが求められます。

 また、応益割の一人一人に賦課されている均等割と、1世帯に賦課される平等割の額の引き上げは、所得のあるなしに関係なく賦課されるものであり、低所得者層の方々にとって重い負担となります。負担は能力に応じて、給付は平等にというのが社会保障の本来の原則であります。

 今日の国保会計の困難な原因は、政府が総医療費に占める国庫負担割合を以前の50%から35%に引き下げたことにあります。さらに、政府は、社会保障費を削減してその分を自治体に背負わせ、さらに後期高齢者医療制度発足により、それまで以上に国保会計が負担増となっています。

 以上のことから、国保財政を健全化するために、国庫負担を1984年当時の水準に計画的に戻すことを求めるとともに、加入者の状況をかんがみて、一般会計からの法定外繰り入れを増額してでも負担増は避けるべきと考えるものであり、本議案に反対するものであります。

 なお、この後採決される議案第26号の国民健康保険特別会計予算についても、本条例に基づく予算として、この討論をもって反対討論といたします。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) 次に、本案に対する賛成討論を、18番、山下孝志さんが求めております。

 発言を許します。

 18番、山下孝志さん。

         〔18番 山下孝志君登壇〕



◆18番(山下孝志君) 18番、山下孝志です。

 私は、議案第6号 伊豆の国市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について、賛成の立場から討論を行います。

 今回の税率等の改正の内容は、ただいま田中議員より述べておりますので私は省略いたしますけれども、その結果、保険税を引き上げることとなり、景気が低迷している状況下におきまして、国民健康保険に加入されている皆様の負担がふえることは私も本意とするところではございません。

 しかし、保険給付費は大きな伸びを示し、もし保険税率を据え置いた場合には国民健康保険の財政運営は成り立っていきません。

 今回の改正については、被保険者の給付費を賄うためにやむなく負担をお願いするものであり、保険税の急激な負担増とならないような配慮もされております。

 また、収納率の向上対策及び医療費適正化対策も実施し、自助努力による財源確保にも努めていることが確認できました。私は、国民健康保険の健全なる運営を確保する措置として、必要最小限の保険税率の改正を承認せざるを得ないと考えます。

 また、この改正につきましては、市議会に先立ち、専門知識を有する国民健康保険運営協議会に諮問され、承認の答申が出ていることも尊重いたしますが、被保険者として最重要の議題について、委員会審議においてただの1回しか開催されていなかったことが確認できました。このことは、行政の御用機関との批判を受けかねません。その責任を十分に自覚されることを強く要望し、賛成討論とさせていただきます。

 以上。



○議長(板垣紀夫君) 他に討論の通告がありませんので、討論なしと認めます。

 これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第6号 伊豆の国市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についての委員長報告は可決であります。

 委員長報告に賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第5、議案第7号 伊豆の国市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本案につきましては、福祉文教委員会委員長より審査の経過と結果について報告が済んでおりますので、これより質疑及び討論に入ります。

 本案に対する質疑の通告はありませんでしたので、質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論の通告がありましたので、これを許します。

 本案に対する反対討論の発言を、3番、田中正男さんに許します。

 3番、田中正男さん。

         〔3番 田中正男君登壇〕



◆3番(田中正男君) 3番、日本共産党田中正男です。

 議案第7号 伊豆の国市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について、日本共産党議員団を代表して反対討論を行います。

 介護保険制度が創設されて12年がたちます。3年ごとの計画見直しが義務づけられており、この計画見直しで平成24年度から第5期の3年が始まることになります。今まで計画見直しのたびに介護保険料が引き上げられてきましたが、今回の改正でも65歳以上の被保険者の介護保険料基準額がこれまでの月額4,200円から4,700円に11.9%引き上げられ、所得階層をこれまでの8段階から11段階にしようとする内容であります。

 低所得者層の新第3段階層の762人だけ年額1,200円の引き下げになりますが、それ以外の10段階、1万1,994人は3,000円から2万4,600円の負担増となります。高齢者の負担はますます重くなります。

 この保険料算定の基礎となるのは、介護給付費、介護予防給付費などの21%を第1号被保険者が負担することになっているのですが、発足当時は17%だったのが1期ごとに1%ずつ上がり、第5期は21%にまでなりました。また、高齢者人口の多い自治体に重点的に配分される国庫の調整交付金は5%となっていますが、本計画は3.47%を見込んでおり、その差額分の1.53%は65歳以上の第1号被保険者の負担となっているなど、介護サービス給付費がふえればふえるほど、高齢者の負担がふえる仕組みになっています。

 また、第5期、3年間の介護給付費、介護予防給付費などの給付額の見込み方ですが、第4期は給付見込み額を88億円に対し実績は85億円となっていますが、それを第5期では103億円を見込んでいます。第4期との見込み比較では17%増、実績比較では21%増を見込んでいることは多く見込み過ぎではないかと指摘するものであります。

 当局は、103億円の理由には、団塊の世代が加わり、第1号被保険者がふえることと、新たに29床の特養と9床のグループホーム施設ができ、給付費がふえることを挙げていますが、第1号被保険者全体の数はふえても年齢の若い方たちがふえるので、介護給付を受ける率は低いと予想されます。また、介護認定者を予測してその100%の方が利用すると見込んでいますが、平成23年度の実績で見ると、介護認定者の86.8%が利用となっていて、13.2%の方は利用していません。

 さらに、新たに施設がふえるといっても、予定は第5期の3年目の1年間だけで、特養の規模も現在ある特養の半分以下です。先に述べた給付費負担が21%に1%ふえたことを引いても、多過ぎる見込みではないかと考えます。

 65歳以上の方々は、その多くが年金に頼って生活されていて収入の少ない人が多く、本条例改正による介護保険料の値上げは重い負担となります。介護保険は、介護を必要とするお年寄りだけでなく、お年寄りを抱える家族、若い世代への支援にもつながる事業であり、高齢者が確実にふえていくことからも社会全体の事業として重要な事業であります。介護にかかる国の負担割合を引き上げることを国に強く求めることと、介護保険料の値上げを抑える方策を模索し、今後も積極的に制度の充実に取り組むことを求め、反対討論といたします。

 なお、この後採択される議案第28号の介護保険特別会計予算についても、本条例に基づく予算として、この討論をもって反対討論といたします。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) 他に討論の通告がありませんので討論なしと認めます。これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第7号 伊豆の国市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についての委員長報告は可決であります。

 委員長報告に賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第6、議案第8号 伊豆の国市市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 本案につきましては、観光建設委員会委員長より審査の経過と結果について報告が済んでおりますので、これより質疑及び討論に入ります。

 本案に対する質疑及び討論の通告はありませんでしたので、質疑及び討論なしと認めます。これにて質疑及び討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第8号 伊豆の国市市営住宅管理条例の一部を改正する条例の制定についての委員長報告は可決であります。

 委員長報告に賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 全員起立であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第25号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第7、議案第25号 平成24年度伊豆の国市一般会計予算を議題といたします。

 本案につきましては、既に各常任委員会委員長より審査の経過と結果の報告が済んでおりますので、これより質疑に入ります。

 本案に対する質疑の通告はありませんでしたので、質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論の通告がありましたので、これを許します。

 最初に、本案に対する反対討論の発言を、5番、三好陽子さんに許します。

 三好陽子さん。

         〔5番 三好陽子君登壇〕



◆5番(三好陽子君) 5番、日本共産党の三好陽子でございます。

 私は、議案第25号 平成24年度伊豆の国市一般会計予算について、日本共産党議員団を代表し、以下の理由から反対の立場で討論を行います。

 東日本大震災、原発事故から1年を経て、被災地域、住民の皆さんは、今なお救済が必要な状態のもとで日々を過ごされています。被災地域の住民の現状に心を寄せ、救済と復興に取り組むことは引き続いて最大の課題です。

 そして、地方自治体にとっても東日本大震災の教訓から学び、防災計画の見直し、抜本的強化、原発ゼロ、自然エネルギーへの転換、命と暮らしを守ることを行政の最優先の使命とし正面に据えることなど、新たな取り組みに本格的に踏み出すことが大きな課題です。

 そのときに、民主党政権、野田内閣は、菅内閣の大震災と原発事故への対応の失政を受け継ぎ、救済、復興で立ちおくれるばかりか、被災に追い打ちをかけるように、TPP協議への参加、消費税大増税と社会保障改悪の一体攻撃に踏み出しています。

 2012年度政府予算案は、消費税増税を前提として年金給付や子ども手当の削減で社会保障費を抑制する一方で、八ッ場ダム建設再開、原発推進予算維持、軍事費増額など浪費をさらに拡大する予算案となっています。消費税の大増税は、家計をさらに冷え込ませ日本経済をどん底に突き落とし、財政破綻を一層厳しくするものです。

 住民の福祉の増進を使命とする地方自治体は、このような国の制度改悪、負担増の政治から、その防波堤となって住民の暮らし、営業を守り、福祉施策の充実などが一層求められていますが、本予算案はこうした状況に積極的にこたえるものになっているとは言えません。

 平成24年度の歳入全体は、前年当初予算対比で見ると、15款県支出金が失業対策費補助金の減と都市下水路整備事業補助金がなくなったことなどにより2億5,000万円の減。市債が教育債の大幅減により2億円強の減となっている。一方で、地方交付税は約4億円増と見込み、繰入金は財政調整基金を3億円強繰り入れし、ほぼ前年並みの財源が確保できる予算となっている。

 自主財源の柱である市税は、固定資産税が評価がえによる1億5,700万円の減、個人市民税が年少扶養控除廃止により1億円増を見込んでいるが、前年度当初予算との比較では4,700万円の増、法人市民税が自動車関連がよくなっていることなどから7,000万円の増で、ほぼやはり前年並みの予算計上となっている。自主財源の確保は最も重要であるが、相変わらずの景気低迷、個人所得の低下のもとで、年少扶養控除廃止、国保税、介護保険料、後期高齢者医療保険料の引き上げによる負担増は、市民生活をますます厳しくするものである。

 また、依存財源である地方交付税は、前年比4億円増の33億2,000万円となっているが、不足分は臨時財政対策債10億8,000万円借り入れし充当している。臨時という名称ですが、12年も続いているもので、地方債残高189億円のうち臨時財政対策債は85億円あり、45%を占めています。

 現段階で臨時財政対策債は、標準的な行政サービスを確保するための財源の一部であり、返済時に100%地方交付税算定に編入されるとはいえ、合併当初から平成22年度決算で見ると、事業債は31億円減っているのに対し、臨時財政対策債が37億円ふえている状況は健全ではない。財源不足が続くのであれば、交付税率を引き上げるべきであり、このことを地方自治体から求めるべきであります。

 新年度予算案は、市民の安全・安心、防災強化予算と位置づけられ、子ども医療費無料を通院も中学生まで拡大、住宅新築及びリフォーム助成の創設、21地区の公民館の全額公費での耐震診断、デジタル式戸別受信機の導入など、積極的な施策の展開が見られる。

 しかし、この間、介護者手当の減額、高齢者タクシー等助成額の減額、自治会交付金の減額など、財政が厳しいとして貴重な住民サービスを低下させている。その一方で、財政調整基金を特に平成22年度からため込み、この3月定例会後は約34億円になる。市の目標、1人当たり4万円としている20億円をはるかに超過している。新年度予算では前年対比3億円強の繰り入れ予定ですが、さらに取り崩し、せめてこれまで引き下げてきた貴重な住民サービスをもとに戻すべきです。

 歳出の2款1項5目中山間地まちづくり事業、浮橋温泉ですが、主に無料温泉スタンドの維持管理経費と浮橋区の中山間地まちづくり実行委員会への補助金の計上です。揚湯の確認をし、規模に見合った施設整備を地域の方々と進める計画ということですが、この間の水位の低下、ポンプの故障などあり、順調とは言えない。施設整備にこだわらず、見直しする勇気ある判断もする必要がある。

 同じく、2款1項5目コミュニティFM局整備事業ですが、主に電界調査等委託料150万円、法人設立及び免許申請委託料50万円が計上されている。この事業は、伊豆市と共同で平成25年度中の開局を目指しての予算とのことである。災害発生時の補完策、日常的には地域のきずなを強めてほしいということですが、スポンサーがつくか、また開局費用や維持経費が多額になるなどの懸念がされる。この事業の必要性、費用対効果など十分検討すべきであり、検討資料等がほとんど示されていない中での法人設立及び免許申請委託料計上は問題である。

 2款1項14目世界遺産推進事業2,500万円余の予算計上ですが、反射炉の価値を生かし社会に広め、観光等にも生かすことができればと考えていますが、ただ、かなりの経費を要すると思うので、財政的なことを含め、全体計画を示すことを求めます。

 3款6項1目保育園の職員数ですが、過日の委員長報告にもありましたが、非常勤職員を32名から23名に9名減らし、正規職員を26名から28名に2名ふやすとのことで、園長と協議した結果の配置で大丈夫とのことである。必要性があれば増員し、適切な配置をするよう求めておきます。

 4款4項4目広域廃棄物処理施設整備事業は、職員普通旅費1万4,000円は、区長を対象に先進地視察に同行する職員の旅費であるが、この事業が計画されて以後、毎年実施していると思うが、意義があるのか疑問である。生活環境影響調査委託料1,600万円が計上されているが、関係住民の合意が得られていない中で、既に始められている。地元の同意を得るための資料にするためとしているが、本来、環境影響調査は、建設地の環境に対する影響を調査するためのものであり、手続上必要があり行うものであります。もしそこに建設できないとなると無駄な費用になる懸念がある。強硬な事業推進はやめ、市民参加型で候補地の見直しを行い、1市単独、生ごみの堆肥化を早急に一般家庭のものにも広げ、燃やすごみを減らし、小さい炉にしていくことを求めるものです。

 7款2項1目地域観光推進事業9,100万円は、源頼朝事業補助金1,160万円が新たに計上され、観光推進事業補助金1,740万円、観光協会補助金2,300万円、16のイベントに対し総額3,797万円の補助金である。観光立市であり、特に伊豆長岡地区は旅館業を初めとして観光に携わる方々、観光で生活されている方々が多く、観光施策は大変重要であると認識しています。とはいえ、各イベントへの補助金がほぼ毎年同額計上は、枠先あり気の感が否めない。費用対効果、内容、必要性など精査する必要があると考えます。

 10款5項1目大仁学校給食センター給食調理事業ですが、平成24年度より民間委託することについて、過日の委員長報告で初めて知りました。いろいろな点から比較検討した結果だと思うが、給食は食育として重要であり、検討の経過を議会に示す必要があったものと考えます。

 非常勤職員、平成23年度当初予算時の説明では、調理員が12名、配膳係3名。非常勤職員は、委託先のフジ産業に雇用をお願いしていくとのことでありますが、市の都合によるものなので、その責任を最後まで果たすよう求めるものです。

 全体を通して、日々の業務、事業推進には職員の奮闘は欠かせません。ところが、行財政改革集中プランに示したそれ以上に正規職員数が減り、平成24年度はさらに3名減となっている。不足分は臨時・非常勤職員が担ってくれているが、やはり責任を持ち市民に奉仕する公僕としての意識を持って業務に当たる、臨時・非常勤職員の正規雇用を含め、正規職員をふやすべきです。

 職員の一層のスキルアップを図り、住民サービスの向上、市民の暮らし、営業を守るための施策の充実により一層努力することを求め、反対討論といたします。



○議長(板垣紀夫君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を6番、鈴木照久さんに許します。

 6番、鈴木照久さん。

         〔6番 鈴木照久君登壇〕



◆6番(鈴木照久君) 6番議員の鈴木照久でございます。

 私は、提案されました議案第25号 平成24年度伊豆の国市一般会計予算案につきまして、賛成の立場で討論させていただきます。

 月日のたつのは早く、日本じゅうを震撼させた昨年の3月11日の東日本大震災からはや1年が経過いたしました。

 現在の日本は、この震災からの復興に加え、原発事故による影響、不安定な円相場、国内産業の空洞化、少子高齢化及び人口減少等、未曾有の事態に直面していると思います。そして、これらの事柄は決して対岸の火事ではなく、私どもの住む伊豆の国市にも影響が及び、その対応に迫られていると思われます。

 本市においても、平成24年度予算の編成に向け、東日本大震災を教訓に、市が実施していく事業の優先度や、向かうべき方向性等の見直しが行われたのではないかと思います。

 望月市長は、議会初日の施政方針の中で、新年度予算は東海地震への備えを一層強化していく。市民の安全・安心、防災強化予算と位置づけると述べております。市民の生命と財産を守るための震災対策を重要課題としております。

 平成24年度の予算案には、災害救急医療用テント購入、木造住宅耐震補強助成の増額、コミュニティ施設耐震化助成、同報無線戸別受信機整備、各保育園、幼稚園、小中学校への防災備品の整備を初めとする多くの防災対策の事業が計上されております。

 平成24年度の一般会計予算は、財源の確保が厳しい中で、優先度の高い重要課題等に財源を割り振り、義務的な経費である民生費や、投資的な経費である土木費の確保にも配慮し、ともすれば肥大化する予算額をしっかりと抑制した、めり張りのある堅実な予算となっていると私はとらえております。

 今後、普通交付税の合併算定がえの縮減などにより、財源の確保はより一層困難になる中、少子高齢化などの影響により、経済的経費の増大は避けて通れない状況になろうかと思われます。

 このような厳しい状況の中、平成24年度からは、市総合計画の後期基本計画がスタートいたします。今後、この基本計画に基づいた事業展開により、企業の誘致や各種産業の対策、雇用問題の対策、市税の増収などを行い、状況を好転させていくことになろうかと思われます。

 市当局には、市の将来像の実現のために、後期基本計画に基づき、事業の着実な推進と行財政改革の断行を行い、市民が住んでよかった、観光客が訪れてよかったと思えるようなまちづくりの施策を展開して、魅力ある街、伊豆で一番輝く街になるようお願いし、私の賛成討論とさせていただくものでございます。よろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) ほかには通告がありませんでしたので、これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第25号 平成24年度伊豆の国市一般会計予算の各委員長報告は可決であります。

 各委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は各委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第26号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第8、議案第26号 平成24年度伊豆の国市国民健康保険特別会計予算を議題といたします。

 本案につきましては、既に福祉文教委員会委員長より審査の経過と結果の報告が済んでおりますので、これより質疑に入ります。

 本案に対する質疑及び討論の通告はありませんでしたので、質疑及び討論なしと認めます。これにて質疑及び討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第26号 平成24年度伊豆の国市国民健康保険特別会計予算の委員長報告は可決であります。

 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第27号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第9、議案第27号 平成24年度伊豆の国市後期高齢者医療特別会計予算を議題といたします。

 本案につきましては、既に福祉文教委員会委員長より審査の経過と結果の報告が済んでおりますので、これより質疑に入ります。

 本案に対する質疑の通告はありませんでしたので、質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論の通告がありましたので、これを許します。

 本案に対する反対討論の発言を、4番、高橋公一さんに許します。

 4番、高橋さん。

         〔4番 高橋公一君登壇〕



◆4番(高橋公一君) 4番、日本共産党の高橋公一です。

 私は、議案第27号 平成24年度伊豆の国市後期高齢者医療特別会計予算について、日本共産党議員団を代表し、反対の立場で討論を行います。

 本会計は、後期高齢者医療制度発足に伴い、保険料を徴収し、後期高齢者医療広域連合への納付だけを行う、いわば事務的な会計ということになりますが、その背景にある制度はさまざまな問題点があります。

 この制度は2年ごとに保険料を見直しすることになっており、平成24年度からこれまでの所得割合率7.11%を7.39%に、均等割合額3万6,400円を3万7,900円にそれぞれ引き上げられ、1人当たり保険料は5万9,567円から2,246円アップの6万1,813円になります。これは、高齢者の1人当たりの医療費の増大や若年人口の減少に伴って、75歳以上の高齢者が保険料として負担する率の10.5%への引き上げに加えて、前回改正時に保険料上昇抑制のために充てることができる剰余金が見込めないためです。

 保険料改定ごとに大幅な保険料上昇を抑制するためには、積極的な財政安定化基金の活用が求められます。伊豆の国市では、保険基盤安定繰入金として、対前年比998万6,000円増の7,628万5,000円の予算となっています。これは、被保険者の厳しい生活状況が本会計予算にも反映されているものと考えます。

 現在、広域連合に対前年比435万円増の4億1,364万8,000円の後期高齢者医療広域連合納付金として市に入ってきた分だけ広域連合に出しています。しかし、1人当たりの医療費がふえたと言っているが、その内容について分析する資料は広域連合から出ていないので、市として把握することは困難とのことです。広域連合議会の定数は20であり、構成するすべての自治体から議員が出られないため、財政内容の分析や市民の細かな生活実態や実情等をこの医療制度に反映することはできませんし、市議会への報告や被保険者である市民の状況を取り上げる市議会での場が保障されず、高齢者の医療に関する大事なことが市や市議会抜きで行われていることは大きな問題です。

 現状の制度上、広域連合から構成する市町への会計等の報告義務がないことは問題であるとともに、今後は報告するように制度上の改善を市としても意見を述べるべきです。

 以上のことから、後期高齢者医療制度移行に伴う本予算に反対するものです。

 以上。



○議長(板垣紀夫君) ほかには通告がありませんでしたので、これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第27号 平成24年度伊豆の国市後期高齢者医療特別会計予算の委員長報告は可決であります。

 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第28号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第10、議案第28号 平成24年度伊豆の国市介護保険特別会計予算を議題といたします。

 本案につきましては、既に福祉文教委員会委員長より審査の経過と結果の報告が済んでおりますので、これより質疑に入ります。

 本案に対する質疑の通告はありませんでしたので、質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論の通告がありましたので、これを許します。

 本案に対する賛成討論の発言を、9番、水口成男さんに許します。

 9番、水口さん。

         〔9番 水口成男君登壇〕



◆9番(水口成男君) 9番、水口成男です。

 私は、議案第28号 平成24年度伊豆の国市介護保険特別会計予算の認定につきまして、賛成の立場から討論を行います。

 国は、高齢化の進展や16万床の緊急基盤整備等の影響により、第5期保険料の全国平均基準については5,000円を超えると見込みを持っています。

 当市の平成24年度予算の総額は34億3,900万円で、給付費の伸びにより、前年度予算と比較しますと9,600万円、約2.87%の増となっております。

 歳入につきましては、第1号被保険者保険料は、平成24年度から平成26年度を期間とする第5期介護保険事業計画に基づき算定された4,700円を基準月額として計算され、今後考えられる介護認定者数の増加に伴う給付費増に対し、保険料の上昇が著しく大きくならないよう、保険者の実情に応じたきめ細やかな段階数及び保険料率を設定し、所得格差の是正のための対策も講じております。また、介護保険給付費準備基金を3年間で約1億145万円、県に設置されています財政安定基金を約2,660万円取り崩すこととしており、保険料の引き上げを少しでも軽減しようとする措置がうかがわれます。

 歳出においては、要介護認定者の増加とともに、特別養護老人ホーム、小規模多機能居宅介護施設等の入居者及び利用者の増加、サービス利用率の向上などから、予算の95.2%を占める保険給付費が3.02%の伸びとなっておりますが、総務管理費は減額され、介護保険事業計画に沿った予算編成になっております。

 さらに、給付を抑えるための地域支援事業は、生活機能評価の実施により効果的な介護予防施策を展開するとともに、北部、南部、2カ所の地域包括支援センターを中心に多様な包括的支援事業を盛り込み、介護予防に重点を置いた取り組みがなされております。

 近年、急速な少子高齢化が進み、団塊の世代が高齢者となる超高齢社会に入り、社会保障全体を含め高齢者を取り巻く環境は年々厳しくなっており、介護保険会計の歳出の大部分を占めますサービス給付費の増加は避けられない見込みとなっております。

 このような状況にあって、給付費を抑制し、保険料負担を軽減するために、長期的な視野に立ち要介護状態になることを防止することが第一となります。本予算は、限られた財源の中で健全な介護保険の運営とともに、積極的に地域支援事業にも取り組み、住みなれた地域で生き生きと活動する高齢者の増加を目指す姿勢がうかがえることから、このたびの介護保険特別会計予算に賛成するものであります。

 なお、この平成24年度予算は、今年度作成されました伊豆の国市高齢者保健福祉計画・第5期介護保険事業計画に基づきつくられております。これらの計画に従い、より一層の高齢者福祉サービス及び介護保険サービスの充実とともに、介護保険の健全な運営が図られることを期待し、私の賛成討論といたします。

 議員諸兄のご賛同をよろしくお願いいたし、賛成討論を終了いたします。

 以上でございます。



○議長(板垣紀夫君) ほかには通告がありませんでしたので、これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第28号 平成24年度伊豆の国市介護保険特別会計予算の委員長報告は可決であります。

 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第29号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第11、議案第29号 平成24年度伊豆の国市楠木及び天野揚水場管理特別会計予算を議題といたします。

 本案につきましては、既に観光建設委員会委員長より審査の経過と結果の報告が済んでおりますので、これより質疑及び討論に入ります。

 本案に対する質疑及び討論の通告はありませんでしたので、質疑及び討論なしと認めます。これにて質疑及び討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第29号 平成24年度伊豆の国市楠木及び天野揚水場管理特別会計予算の委員長報告は可決であります。

 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 全員起立であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 ここで、会議の途中ですが暫時休憩をいたします。再開を10時15分といたします。



△休憩 午前10時02分



△再開 午前10時15分



○議長(板垣紀夫君) 休憩を閉じ、会議を再開します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第30号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第12、議案第30号 平成24年度伊豆の国市簡易水道等事業特別会計予算を議題といたします。

 本案につきましては、既に観光建設委員会委員長より審査の経過と結果の報告が済んでおりますので、これより質疑及び討論に入ります。

 本案に対する質疑及び討論の通告はありませんでしたので、質疑及び討論なしと認めます。これにて質疑及び討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第30号 平成24年度伊豆の国市簡易水道等事業特別会計予算の委員長報告は、可決であります。

 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 全員起立であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第31号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第13、議案第31号 平成24年度伊豆の国市下水道事業特別会計予算を議題といたします。

 本案につきましては、既に観光建設委員会委員長より審査の経過と結果の報告が済んでおりますので、これより質疑に入ります。

 本案に対する質疑の通告はありませんでしたので、質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。討論の通告がありましたので、これを許します。

 本案に対する反対討論の発言を、4番、高橋公一さんに許します。

 4番、高橋さん。

         〔4番 高橋公一君登壇〕



◆4番(高橋公一君) 4番、日本共産党高橋公一です。

 議案第31号 平成24年度伊豆の国市下水道事業特別会計予算について、日本共産党議員団を代表して、反対討論を行います。

 本会計の狩野川流域下水道事業は、家庭内排水や事業排水などが河川にそのまま流される中で、水質の汚濁により環境の悪化が大きな社会問題となり、環境保全を目的に実施が強く求められ、実現したものです。

 この事業において、国・県の役割は非常に大きいにもかかわらず、本年度予算では国の補助金は市の下水道工事に対する2分の1の補助だけで、歳入歳出予算額全体から見れば9.99%であり、前年度よりは額、率ともにふえているものの、不十分と言えます。また、県からの本会計への補助金はゼロであります。このように、国及び県がその責任を放棄している結果、市や加入者の負担がふえているものです。

 下水道事業処理計画区域が江間汚水工事や四日町汚水工事などに見られるように、年々その処理区域の広がりを見せていますが、節水型トイレ器具の普及や上水道の節水意識の浸透、人口の減少傾向等、市全体のあらゆる要素を取り入れた計画の精査も必要と考えます。

 また、下水道使用料滞納分のさらなる改善や整備済み区域内での温泉業者を含めた未接続の方へ事業の意義を理解してもらい、一層の接続への指導努力が望まれます。

 次に、以前から指摘していますが、反対理由の一つである一般使用料金84円と営業用温泉使用料金単価52円50銭の格差問題、さらに処理単価の63円との大きな開きの問題であります。

 本予算では、下水道処理単価がトン当たり63円であり、これに責任水量63万1,000トンを掛けた3億9,942万円が市の負担として東部処理組合へ支出されます。しかし、これに対し一般加入者からトン当たり84円の使用料を徴収することは、トン当たり21円の過剰徴収と考えます。当局は、維持管理に経過がかかると言いますが、それでは、なぜ温泉水の使用料を低く抑えているのか、温泉水の低い分を一般の使用料で賄っているのではないかとの疑問が生じます。下水道事業は、単に下水道加入者のみが利益を受けるものではなく、国土全体の環境保全のための事業として、広く国民全体の利益に貢献する公共性の高いものです。

 したがって、下水道の維持管理費も下水道事業のようなものは国や自治体が責任を持って負担すべきであり、加入者からの使用料徴収は処理経費を賄う単価63円に近い額にすべきです。

 上水道料金が統一し、着実に下水道事業の進展が見られる現在、下水道事業審議会には、入湯税分を活用してでも、一般も温泉水も処理単価63円に近い使用料金に金額を是正すべきであると当局として示すべきです。使用料単価を引き下げることは、下水道の接続への促進剤にもなると考えられます。

 下水道事業特別会計予算に当たって、この事業が水質保全や環境整備のための事業である以上、国・県の応分の負担は当然であり、加入者や市民の負担を軽減するために国と県の責任を明確にしていくことを求め、反対の討論といたします。

 以上。



○議長(板垣紀夫君) ほかには通告がありませんでしたので、これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第31号 平成24年度伊豆の国市下水道事業特別会計予算の委員長報告は可決であります。

 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第32号の質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第14、議案第32号 平成24年度伊豆の国市上水道事業会計予算を議題といたします。

 本案につきましては、既に観光建設委員会委員長より審査の経過と結果の報告が済んでおりますので、これより質疑及び討論に入ります。

 本案に対する質疑及び討論の通告はありませんでしたので、質疑及び討論なしと認めます。これにて質疑及び討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第32号 平成24年度伊豆の国市上水道事業会計予算の委員長報告は可決であります。

 委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 全員起立であります。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第33号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(板垣紀夫君) 日程第15、議案第33号 新設保育園建設工事(建築工事)の請負契約の締結についてを議題といたします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。市長。

         〔市長 望月良和君登壇〕



◎市長(望月良和君) 本案につきましては、新設保育園建設工事の建築工事について落札者と請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会の議決を得ようとするものであります。

 内容につきましては総務企画部長に説明をいたさせます。

 ご審議を経て、適切なる議決をいただきますようお願いする次第でございます。



○議長(板垣紀夫君) 本案の内容説明を総務企画部長に求めます。

 総務企画部長。

         〔総務企画部長 鈴木俊治君登壇〕



◎総務企画部長(鈴木俊治君) それでは、議案第33号の説明をさせていただきます。

 議案書の5ページをお開きいただきたいと思います。

 本案につきまして、議案第33号 新設保育園建設工事、このうちの建築工事の請負契約の締結についてでありますが、工事の名称につきましては、ここに記載させていただいたとおり、平成23年度堀越保育園移転事業新設保育園建設工事(建築工事)であります。

 工事の場所につきましては、伊豆の国市四日町地内であります。

 工期につきましては、着工は議決の日の翌日からでありまして、完成を平成25年1月28日としております。契約金額でありますが、税込みでありまして、3億4,125万円であります。契約の相手方につきましては、三島市文教町1の9の10の平井工業株式会社東部営業所であります。

 契約の方法につきましては、一般競争入札にてということであります。

 説明は以上です。



○議長(板垣紀夫君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。

 5番、三好陽子さん。



◆5番(三好陽子君) 5番、三好です。

 今回のこの請負契約の締結につきましては、過日、入札札が入った後に談合情報が寄せられた案件ということになっていますけれども、ただいまの部長の説明では、ここの議案の中にも6番で、契約の方法について一般競争入札ということになっておりますけれども、たしか談合を防ぐというか入札をするに当たり、条件をつけたということの説明がこれまでもたしかあったと思うんですけれども、改めまして今回のこの入札に関してつけられた条件、あとそういった、この間やっぱり市としては3回談合に関する情報が寄せられているということを踏まえて、市としても防ぐための努力をされてきていると思いますけれども、今回のこの件に関しましての市としての特に気を使った点、それらについて伺っておきたいと思います。



○議長(板垣紀夫君) 総務企画部長。



◎総務企画部長(鈴木俊治君) 一般競争入札の制限をつけられたことにつきまして説明させていただきます。

 入札参加の資格要件でありますが、建設業の許可として建築の一式工事、これ特定のものを持っているというふうなことであります。そして、伊豆の国市、三島市、伊豆市、函南町に営業所、いわゆる本店または支店があるというふうなことであります。建築一式工事に関する総合評定値が800点以上ということと、鉄骨づくり等に係る一式工事が請負金額2億円以上の実績のある業者と、このように参加資格要件を決め、こういう制限のもとに一般競争入札を行ったというふうなことであります。

 以上であります。



○議長(板垣紀夫君) 市長はよろしいですか。

 総務企画部長。



◎総務企画部長(鈴木俊治君) すみません。そして、防ぐ方法というふうなことでつけ加えられておりましたが、このことにつきましては、従来行っておりましたこの建築工事等の参加要件ということで、伊豆の国市あるいはまたそういうところでしていたことが多かったわけでありますが、範囲も三島市また函南町というふうなことで広げたところで実施させていただいたというふうなことであります。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) 5番、三好陽子さん。



◆5番(三好陽子君) 入札参加要件、私はこういった件は余り詳しくはないんですけれども、一応部長の説明で、その入札要件、どういったものかというのは一定わかりましたけれども、今回のこの入札に関しましては、2、4、6、8と、この資料をいただいておりますが、12の業者が参加しておりますけれども、今部長がお答えいただいたその入札参加要件のある三島、函南、伊豆市、伊豆の国市の中には、この業者だけなのか、もうちょっとほかにもあるのか、その辺を少し状況を伺っておきたいことと、今回落札しました平井工業株式会社東部営業所、これは三島市文教町に営業所があるということですけれども、私の記憶では、伊豆の国市になって、この業者は初めての落札ではないかと思います。どういった業者なのか、会社なのかということが、一切情報がありませんので、少しこの落札した業者についての説明を伺いたいと思います。



○議長(板垣紀夫君) 副市長。



◎副市長(山口文雄君) 先ほど総務企画部長が言われたように、最初は市内業者というふうな形で、市内業者というのは、市内に本店または営業所等を置く業者ということだったんですけれども、議員ご指摘のとおり、2回、今談合情報が寄せられたということで、それらを回避するためにということで、入札方法等についても検討したんですが、一般競争入札が一番いいだろうと。その中で制限をつけるということで、地域の制限をつけたというのが、先ほど言いました伊豆箱根鉄道沿線といいましょうか、三島から伊豆市までがその地域における経済的なところというふうに考えて、三島から伊豆市の中で本店または営業所、支店等を行うものというふうな形で、これらについて検討したということで、広げるということがありましたものですから、総務企画部長が話したように、少し経審の点数も上げていこうということで、施工の信頼性等々を考えながら広げていったということであります。

 今、その中で手元の資料の中では、22者がその経審あるいは地域性等のことを考えながらいくならば妥当かなと。ただ、その下にも当然業者というのはあります。経審の点数が低くなってくれば、それなりの業者数もございます。しかしながら、700点から800点というぐらいの形の中でとらえていくと、22者ぐらいになるのかなと。それで、800点にしたところ、たしか12者ですか、というふうな形になってきたということであります。ですから、その経審の点数によってどのラインになるのかということで、上から業者数が決まってくるというふうな手法であります。

 今回については、そういうことで経審の800点以上という形になりますと、14者になったんですけれども、その中で2者が入札に参加してこなかったということで、12者で競争していただいたというふうな状況下であります。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) 市長。



◎市長(望月良和君) 平井工業ですけれども、伊豆の国では一回もおつき合いをしたことがないですね。ただ、私も実は全く平井さんというのはちょっと存じ上げておらなかったんですが、旧中伊豆町と旧天城湯ヶ島町のときは、特に旧中伊豆の公共建物等については、ほとんど平井さんがやられていたということなんですね。伊豆の国市になってからは、指名願は出していたようでございますが、特に今まで伊豆の国市として仕事をやっていただいたという経緯はございませんでした。



○議長(板垣紀夫君) 副市長。



◎副市長(山口文雄君) 補足というとおかしいんですけれども、今、手元資料をちょっと広げてありますけれども、多くは静岡のグランシップ等を経験したというふうなこともありますし、三島市等につきましては、相当の仕事をされているということであります。特にこの中でも老人ホーム等々を経験されているという資料も提出されております。というのは、当然入札に参加するという形になったときに、その業者さん等については市のほうに参加願みたいな形で出てきますので、それらを今見ながらお話をさせていただいているんですけれども、そんな形で、相当建築は得意とするといいましょうか、そういう経歴の業者であります。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) ほかにございませんか。

 10番、後藤さん。



◆10番(後藤眞一君) 手元に入札結果の一覧表をいただいたわけですけれども、先日の田中議員の一般質問の中にもありましたけれども、きょうこの一覧表を見て改めて何か思うんですけれども、納得できない部分があるのは何かといったらば、平井工業さんは96%ちょっとです、落札率が。前から、市の説明の中には、予定価格というのはもうソフトがあって計算できるんだという。だったらば、100%を超えてやることはないだろうと思うし、まして駿豆さんとはさらに100を2けたになって超えてくるようなことになってくるということで、これはまじめに競争していないのではないかという気がするんですよ、私は。やはりそこに本当にせるにしてもどこかもうちょっとせり方があるのではないのかなと思って、その競争のさせ方というのはもうちょっと真剣にやるべきではないかなというふうに思うんですけれども、いかがでしょうか。



○議長(板垣紀夫君) 副市長。



◎副市長(山口文雄君) 競争をしているか、していないか、真剣にやっているか、していないかというのは、私は答弁できませんのでご理解いただきたいと思いますけれども、確かにこの予定価格に対した落札額というのは、お手元に配付させていただいております資料になっておりますけれども、ご承知のとおり、この幼稚園、保育園等の建築工事については、20とか30とかという種類の工種が含まれております。

 今回、各業者が提出してきますその内容等について見てみますと、工種別では各業者の特色といいましょうか、それがあらわれているということでありますけれども、金額の大きいものについては、設計金額と業者の見積もり金額に開きがあったということで、これらの原因といいましょうか、それらを見てみると、一般的な建築工事と異なり、保育園という特殊といいましょうか、特徴といいましょうか、そういう建築工事になって、複合的な単価といいましょうか、その公共土木等々については、擁壁をつくる場合について生コン何立米使いますよ、型枠何平米ですよ、基礎は砕石の基礎ですよ、何立米使いますよというふうな形で単価表をつくって、そしていくという形になりますけれども、建築の場合については多くの業種が出てくるということで、複合単価。要するにタイル工事については、タイル何枚というふうな形ではなくて、またそれに人工が何人かかるかということではなくて、平米当たりの単価というふうな形になってきます。そういうのが複合単価というんですけれども、そういうふうな形で出てきているということであります。

 さらには、特殊な製品あるいは建築材料等を使用するということが幼稚園、保育園等々、学校施設は特にそうなんですが、一般的な建築ではないというふうな形にはなっております。

 そんな中で、設計については国土交通省が定めます公共建築工事の標準単価辺を採用して、それぞれの建築、設計業者が積算していくということでありますけれども、そこで、設計業者はこの単価表等々にないものがありますので、それについては市場の単価を採用するという形になってきています。この市場単価というのは、小売りあるいは販売等々、さらにはその下請等々の専門業者から見積もりをいただいて、それらが市場でどういう影響をしているのかというものを見ながら、調整率を掛けて設計単価を出していくということであります。ですから、ここの部分については一律的に幾らですよということではなくて、それぞれ見積もりをする業者が自分たちの下請、あるいは既に関連しているそういう建築材料等を販売する業者から見積もりをとって単価を入れるという形になりますので、この建築の特殊工事についてはすべての業者が同じ単価表を持って入札に臨むということではありませんので、その特殊な製品等々がたくさんある場合については少し差が出てくるという状況下であります。

 さらに、ちょっと話が長くなるんですけれども、この東日本大震災等を受けて、宮城、岩手、福島等については入札不調といいましょうか、落札者がいないというふうな形が50%にもなるというふうな形で報道されております。というのは、設計単価と市場単価が全然追いつかない。要するに工事が非常に多くなってきてしまったということで、ガソリン等々も値上がってきているということで、設計単価というのは、我々が使っている設計単価というのは、半年おくれとか1年おくれぐらいの形で表示されるものですから、その辺のバランスもあるということで、これがどれだけこの堀越の移転事業の建築工事に対して影響しているかというのはつかんでおりませんけれども、いずれにしてもそういう状況下の中で、設計金額と業者が出した見積もり金額等については大きな差があることは事実です。

 そのような形で私は理解しております。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) 10番、後藤さん。



◆10番(後藤眞一君) 各企業が提案してくることについては、それはそれであると思うんですけれども、それで見ていくならば、結局企業の提案もすべてオープンにして、それから県側が考えることでもって、ただ安きゃいいということではないということになるわけですね。だから、そこの提案の仕方はそれぞれの企業が考えて、自分たちはこういう提案を持ってこれだけの価格になりますということになれば、それは100%超えた高いものでも、いいものをつくってくれればそっちのほうがいいなということもあり得るわけですね、実際には。だけれども、実際にはもう市の予算で、税金でやっていくなら、できるだけ安いほうがいいなというのは当たり前になってくるんだと思うんですが、かといって、おかしなものをつくってくれということではないですよね。やはりそこで、今までのいきさつから見ていっても、より競争していただいて安く仕上げていただく、よいものを安く仕上げていただく方向でいくことが大事ではないかなというふうに思うんです。

 だから、今、副市長がおっしゃったように、提案がいろいろあってそれぞれ値段が変わってくるならば、その提案を検討しなければならないということになってくるかと思うので、だからそういうことでもって違ってくるのではないかなと思うんだけれども、その点を今後もう少し考えてやってほしいなと思うんです。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) 副市長。



◎副市長(山口文雄君) 確かに随意契約で提案がプロポーザル等々を導入するという方法があると思いますけれども、今の自治法にのっとった、要するに指名競争入札あるいは一般競争入札等については、価格のみでしております。ですから、ここの部材はここの業者が安いからそこを取り入れようというふうな形の中での入札は執行しておりませんので、これは随意契約の中で各業者の特徴を聞いて、そこでこの業者に、ではしてもらおう、やってもらおうとかというふうな形であるならばできると思いますけれども、提案型をというか、その価格をもって入札を行うというのは今の手法の中ではできませんので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(板垣紀夫君) ほかに。

 1番、天野さん。



◆1番(天野佐代里君) 1番、天野です。

 私はちょっと見方が違う質問なんですけれども、今回談合情報は公開の義務があるということで、議会でも説明がされましたけれども、たまたま以前の談合情報と同じ業者だということで、それも非常に問題になったと思うんですけれども、この結果が、落札業者が違っていたというこの談合情報自体に対して、ではこれは本当に信憑性のある情報だったのかどうなのか、その辺はやはり行政としても議会としても、それでいろいろ対処したわけですから、その結果もやはり重く見なければいけないと思いますし、今こういう時代ですのでインターネットなどを使ったいろいろな誹謗中傷もありますので、今後こういうことにはやはりその都度明確にしていかなければならないという義務もあると思います、ある意味で。

 もう一つは、今制限つきということで対処することになりましたけれども、私は、やはりこの範囲を広げるということは、競争市場原理が働くと思います。そういった意味で、確かに談合は悪いことですけれども、それで逆に地域の市内の業者さんたちに仕事が回らないということになるかもしれない、その辺も私は大変危惧しております。

 そういう点について、今後のこともありますので、この談合情報の取り扱いとそのやはり結果といいますか、その対処についてはどのように考えて、これから考えていくのか、その辺をお聞かせいただきたいと思います。



○議長(板垣紀夫君) 副市長。



◎副市長(山口文雄君) 談合情報については、その信憑性があるかどうかという判断が非常に難しいということで、談合情報を寄せられた場合について、伊豆の国市としては業者選定委員会等を開催して検討していただくということになっております。その中で、議員がおっしゃられるような、その信憑性の判断というものもある程度物差しをつくっておく必要があるのかなということでありますので、これらについて今後検討していかなければならないのかなというふうな形で、どんな形で物差しができるのかはまだ検討しておりませんけれども、いずれにしましても、検討委員会等についてはその談合情報の信憑性をはかる物差しといいましょうか、それもルールをつくっていこうというふうな方向があります。

 それから、さらに、確かにこの落札を見ますと、広く県内あるいは県外と広くしていきますと、当然そのすそは広がってきます。というのは、下請も県内の方であったり、あるいは材料を調達するのも大きな会社になればそれなりにすそが広がってきますことから、県外という話になってきて、その辺が我々としては非常に難しいということで、確かにあってはならない談合を防ぐには、全国的な形の中で、そして総合評価点を上げていけば当然信頼性も確保されていくからいいんですけれども、その地域に与える影響、経済というのが非常に少なくなっていくと。

 これは一例なんですけれども、大仁中学校等については準大手が取りましたんですけれども、その中で鉄筋等については図面を中国に送ってしまって、中国で全部電算化して、それを千葉に送って、千葉で鉄筋加工まで全部してしまって、それで搬入してきて組むという話になってきますから、当然そこには市内の業者もかかわらない。また、加工する人もかかわってこないというふうな、これほんの一例なんですけれども、そういう状況がありますので、我々とすると常に地域経済と談合をさせないためにはどういうふうにしていくのかという、そこのバランスといいましょうか、そこが非常に難しく、常に議論をしているところであります。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) 1番、天野さん。



◆1番(天野佐代里君) 1番、天野です。

 今回、私もこの話が出てから、業者の状況ですとか市内のランクづけから、いろいろな重機の関係ですとか資料を見ました。見せていただきました。その中で、どうしても仕事がやっぱり、資格がありますので、それを満たしていない業者には当然仕事を回すわけにはいかないという状況もあると思います。そういう意味で、やっぱり市内の業者さんというのは、かなりそういうレベルの差があるのではないかというふうに思いましたので、私自身もその辺のところをもう少し認識した上でこういうことはしっかりと議論していかなければいけないと思っていますけれども、本音と建前といいますか現実があるわけですから、その辺も課題だなというふうに思っております。ぜひその辺はよく議論していただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(板垣紀夫君) ほかにございますか。

 3番、田中さん。



◆3番(田中正男君) 私から聞きたいことがあるんですが、先日、一般質問で入札制度については聞きましたので、その具体的ないろいろなことについてはまた後にしたいと思いますので、今回の入札に関してですけれども、今、後藤議員からもありました落札率が高いではないかという話なんですが、私もそう思うということで、先日も話したんですが、今副市長が今回保育園ということで特殊な建物ということもあってこのような差が出たのではないかというのを、予定価格より高い業者がたくさん出たとかなり言っていましたが、実は先日私も言いましたけれども、三島の例を挙げましたね。23年度に三島でやっぱり幼稚園、言ったんですが、東何とか幼稚園、幼稚園の建設工事の落札がありまして、それはたしか東レが取りました。三島の東レ建設ですか、三島支店が取ったんですが、そのときにやはり駿豆建設、山本建設も入札しているわけなんですね。土屋建設も入れています。その結果どうかというと、落札が70%を切る。それに対し山本建設も駿豆建設も70%台、あるいは80%ぐらいで入れているんですね。だから、特殊な工事、同じように幼稚園も保育園も大してそう変わらないと思うんですが、多少は変わりはあっても、極端にこれほど違う。今回の場合は平井工業だけ96.47で、あと2番目の東レも100.62%なんですね。一番最後の一番高い土屋建設が127.64%という相当高い金額で入れているわけですね。それが三島の幼稚園のところでは、土屋建設も100%以下で入れていました。山本建設、駿豆建設も70%台、80%台というふうに入れているんですね。だから、ここだけこんなに高いかというのは、やっぱり談合されているのではないかという危惧はして当然かと思うんですね。

 今回、広げて、枠を広げて一般競争もできるように、談合されないようにということで広げたことはわかるんですけれども、実際は12者という限定されたところになったという、数が少ないということはやっぱりそこで話し合いがされるという可能性も十分あるわけなんですね。広げたということは、たくさんの会社がそこに入ることによって談合されないということがあるんですが、今回の場合、そういう可能性がやっぱりあるのではないかというふうに私は思わざるを得ないんですね、この96という高い数字を見ますと。三島では70%台でやっているのに、なぜここでこんなに高かったかということを見ますと、やはり伊豆の国市はそういうふうに見られている、見られているというかそういうふうなことができると思ってやられたか、それはわかりませんけれども、そんなふうに私は思ってしまうんですが、こういう数字だけを見るとそういうことが言えると思うわけですね。

 だから、今後はこれについては適正な入札制度にしていくということを私はここで求めておきたいと思いますが、今回のこの三島の例と違うことについて何か考えがあるかどうかお聞きします。



○議長(板垣紀夫君) 副市長。



◎副市長(山口文雄君) 三島の例は確認しておりませんので、ただ、ホームページ等を見ますと、三島も今年度等については九十何%かということで、ちょっと記憶にとどめることができませんけれども、そんなような形ではありました。

 特に昨年度の幼稚園ですか、三島の、その落札率というのは見ていないからわかりませんけれども、ただ確かにこの堀越保育園の新設保育園ですか、を見てみますと、平井工業だけが設計単価といいましょうか、それから低くなっていると。予定価格よりできている。あとは上だということで、少しどういう傾向があるのかなというふうな形で、今それぞれの業者が出した内訳書等々のチェックを私なりにさせてもらいました。先ほど言いました、工種が今回大きい、金額が大きいものについて設計とそれぞれ12者の平均等を見ますと、少し厳しい設計といいましょうか、設計のほうが低くなってきます。その辺についてどういうことなのかなということで調べております。先ほど言いました設計者によって少しその辺の補正係数の考え方が変わってきているのかなと思います。

 補正係数というのは、先ほど言いましたように、国交省の大臣官房の営繕課が発行しています標準設計、それが基本なんですけれども、それに載っていないものについては、先ほど言いました市場価格は使っていいですよという形になっていますので、その市場価格にあるものにもう採用したものについて、市場と、実際は今どれぐらいなのかなというふうな形で、それが調整率になってくるわけですけれども、ある業者から見積もりをとりました。そうしたら、それが100万でしたけれども、実際には80万円ぐらいかなというふうな形であるならば、100万円に0.8をかけたら80万円という形のものを設計に投じていくという手法をとっております。その設計者の0.8掛けとかというふうな形になってきますけれども、その係数が少し今回は厳しかったのかなというと、これは設計書を後で見ていただければわかるんですけれども、そういう状況になってきております。

 ですから、三島市の場合についてはどういうふうにしているのかわかりませんけれども、三島市の場合については、たしか建築士がそこもチェックするというふうな話ですから、当然それらもやられているかなと思いますけれども、結果として三島市は聞いておりませんからわかりませんけれども、うちの新設保育園の設計書と業者が提出された見積もり書等々をチェックしていくと、そういう少し傾向にあったのかなというふうには私は解釈しております。

 したがいまして、その金額がちょっと大きかったものですから、他者については予定価格を割るような入札の価格ではなかったということで判断をしております。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) 3番、田中さん。



◆3番(田中正男君) 今回、特に談合情報が流れた中で、市の職員もというような中に文面が入っていたというようなことを聞いていますので、これをちょっと確認しておきたいんですが、今回この予定価格を出すに当たって、どの部署でどのような形でこれに携わって今回の入札の予定価格になるような経過になったのか、これ教育部のほうで関係したかと思いますので、この辺の予定価格に対する職員の流れについてちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(板垣紀夫君) 副市長。



◎副市長(山口文雄君) まず、建物については、市長部局ですけれども、教育委員会に出向させて、そして仕事をしておりますので、教育委員会の教育総務課の整備室の職員が担当しております。建築等ですから、当然設計もできないということで、池田建築設計事務所に発注しました。池田建築設計事務所に設計書をつくってもらって、それをもって、先ほど言いました制限つきの一般競争入札ということで、入札行為については市長部局のほうの契約検査課が執行しております。執行当日について、市長がみずから判断して予定価格を定めていって対応すると。これについては電子入札ですから、もう以前に電子入札の中の投函は済んでおりますけれども、そのかえる直前に予定価格を定めて執行しているという状況です。



○議長(板垣紀夫君) 3番、田中さん。



◆3番(田中正男君) わかりました。

 最後に、今、副市長の流れの中で、最後に聞きたいんですが、この池田設計事務所に依頼してその設計をしてもらって、設計単価が、総額が出たと思うんですが、その総額の設計単価を知る者というのは実際には何人いて、その最終的な市長の判断がどこまで行くのか、その途中で知っている方は何人いるのか、その点だけお伺いします。



○議長(板垣紀夫君) 副市長。



◎副市長(山口文雄君) すみません。今、教育委員会部局では担当が3人いまして、課長、部長、教育長まで上がってくる。こっちへというか市長部局まで。そうすると、契約検査課で担当者と課長が見て、それで部長に回って、私に回って、市長に行くということですから、11人程度になるかと思います。ざっとこう考えたんですけれども、そういう形になってきております。

 以上です。



○議長(板垣紀夫君) ほかにございませんか。

         〔「ありません」の声あり〕



○議長(板垣紀夫君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これに異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(板垣紀夫君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 次に、討論に入ります。最初に、本案に対する反対討論の発言を許します。

         〔「ありません」の声あり〕



○議長(板垣紀夫君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

         〔「なし」の声あり〕



○議長(板垣紀夫君) よろしいですか。

 賛成討論なしと認めます。これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 議案第33号 新設保育園建設工事(建築工事)の請負契約の締結については、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(板垣紀夫君) 全員起立であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 会議の途中ですが、ここで暫時休憩をいたします。再開を11時15分といたします。



△休憩 午前11時04分



△再開 午前11時15分



○副議長(秋田清君) それでは、休憩を閉じ、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(秋田清君) ご報告いたします。

 ただいま、休憩中に板垣紀夫議長より、辞職願が提出されました。

 よって、これを受けまして、副議長の私が議長を務めさせていただきます。

 議長の辞職の許可について日程に追加し、追加日程第1とします。

 お諮りいたします。この際、追加日程第1として直ちに議題としたいと思いますが、ご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○副議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

 よって、本件を日程に追加し、追加日程第1として直ちに議題といたします。

 ここで暫時休憩をいたします。

 再開を5分後といたし、この時計で25分といたします。



△休憩 午前11時20分



△再開 午前11時22分



○副議長(秋田清君) それでは、時間前ですけれども、休憩を閉じ、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の辞職の許可について



○副議長(秋田清君) 追加日程第1、議長の辞職の許可についてを議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、板垣紀夫さんの退席を求めます。

         〔21番 板垣紀夫君退席〕



○副議長(秋田清君) それでは、局長より辞職願いを朗読いたします。



◎議会事務局長(相原健次君) それでは、報告いたします。

 平成24年3月23日。

 伊豆の国市議会副議長、秋田清殿。

 伊豆の国市議会議長、板垣紀夫。

 辞職願。

 このたび一身上の都合により議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。

 以上でございます。



○副議長(秋田清君) ただいま局長より朗読がございました。

 これより採決を行います。採決は、起立表決で行います。

 板垣紀夫議長の辞職を許可することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○副議長(秋田清君) 起立多数であります。

 よって、板垣紀夫議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 退席しております板垣紀夫さんの入場を許可いたします。

         〔21番 板垣紀夫君入場〕



○副議長(秋田清君) ただいま板垣紀夫さんが戻られましたので、結果をお伝えいたします。

 議長の辞職を許可することの決定でございました。

 ここで、前議長板垣紀夫さんから発言を求められておりますので、これを許します。

 21番、板垣紀夫さん。

         〔21番 板垣紀夫君登壇〕



◆21番(板垣紀夫君) 議長退任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 平成22年12月議会におきまして、議員各位のご推挙によりまして議長の要職に就任してから1年3カ月、各位のご協力、ご支援をいただきましたことに対し、厚くお礼を申し上げます。非才な私にご協力いただき、おかげさまで曲がりなりにもその任務を全うし得ましたことに対し、重ねてお礼を申し上げますとともに、今後とも伊豆の国市の発展と住民福祉の増進に努力する所存でございますので、変わらぬご厚誼を賜りますようお願いいたしまして、退任のごあいさつといたします。

 本当にありがとうございました。(拍手)



○副議長(秋田清君) ただいま板垣紀夫議員から、議会運営について長年のご苦労に対しまして感謝を申し上げます。これからもひとつよろしくお願いをいたします。

 ここで暫時休憩をいたします。再開を11時30分といたします。



△休憩 午前11時25分



△再開 午前11時30分



○副議長(秋田清君) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(秋田清君) ただいま議長が欠けました。

 これを受けまして、議長の選挙を日程に追加し、追加日程第2といたします。

 お諮りいたします。議長の選挙を直ちに行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○副議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

 よって、本件を日程に追加し、追加日程第2として直ちに選挙を行うことに決定をいたしました。

 ここで暫時休憩いたします。再開は、追って連絡をさせてもらいます。



△休憩 午前11時30分



△再開 午後零時00分



○副議長(秋田清君) それでは、休憩を閉じ会議を再開いたします。

 まず、お諮りいたします。

 時間を延長して、このまま会議を続けてご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○副議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選第2号 議長の選挙



○副議長(秋田清君) それでは、追加日程第2、選第2号 議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

         〔議場閉鎖〕



○副議長(秋田清君) ただいまの出席議員数は21名であります。

 次に、立会人を指名いたします。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に7番、鈴木幸雄さん、8番、柴田三智子さん、9番、水口成男さんの3名を指名いたします。

 投票に当たり、まず注意事項を申し上げます。投票は単記無記名で、白票は無効といたします。また、投票はお手元に配付してございます議員氏名名簿を参考に記入してください。

 それでは、投票用紙を配付いたします。

         〔投票用紙配付〕



○副議長(秋田清君) 投票はお手元に配付してございます議員名簿を参考に氏名を記入してください。

 投票用紙の配付漏れはございませんか。

         〔「ありません」の声あり〕



○副議長(秋田清君) 投票用紙の配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

         〔投票箱点検〕



○副議長(秋田清君) 投票箱、異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 会議規則第29条では、職員の点呼に応じ、順次、投票することになっておりますが、投票に支障がないと思われますので、議席番号順に投票してください。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番、天野佐代里さんから順次投票をお願いいたします。

 では、1番、天野佐代里さん。

         〔投票〕



○副議長(秋田清君) 投票漏れはありませんか。

         〔発言する者なし〕



○副議長(秋田清君) ありませんね。

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 これより開票を行います。

 開票立会人に立ち会いを求めます。

 それでは、鈴木さん、柴田さん、水口さん、よろしくお願いいたします。

         〔開票〕



○副議長(秋田清君) それでは、選挙の結果を報告いたします。

 投票総数21票です。これは出席議員数に符合しております。

 そのうち、有効投票 21票、無効投票は0票でございます。

 それでは、事務局長から投票の総数を発表させます。

 事務局長。



◎議会事務局長(相原健次君) それでは、選挙の結果を報告いたします。

         秋田 清議員 11票

         山下孝志議員 7票

         三好陽子議員 3票

 以上でございます。



○副議長(秋田清君) 以上、事務局長の報告のとおりでございます。

 この選挙の法定得票数は6票でございます。

 よって、秋田清が伊豆の国市議会議長に当選いたしました。

 議場の閉鎖を解きます。

         〔議場閉鎖解除〕



◆副議長(秋田清君) それでは、ただいま選挙によりまして私秋田清が皆さんの推挙をいただき、議長に推挙していただきました。私から一言ごあいさつを述べさせていただきたいと思いますので、ご了承願います。

         〔議長 秋田 清君登壇〕



○議長(秋田清君) ただいま選挙において議員各位の皆様のご推挙をいただき、第7代伊豆の国市議会の議長職を預かることになりました秋田清でございます。

 この選挙結果は、私にとりましてまことに身に余る光栄と同時に、責任の重大さを感じているところであります。同時に、このことを謙虚に受けとめ、今後も議会運営に努めると同時に、一致結束して議員全員で市政の負託にこたえるべく取り組んでまいりたいと思います。

 議会は言うまでもなく会議によって市政の重要な事項を決定する機関でありますので、その主宰者たる議長の職責は極めて重大であることを痛感しているところであります。

 伊豆の国市に合併して8年目を迎え、新たな任期の中で、私は市民の代表である議員各位の意思を尊重し、議会の公平、公正、中立を私は誓い、今後の議会運営に邁進してまいりたいと思っております。

 また、議長としての責務は私一人では行うことはできません。議会運営委員会に諮問をさせていただきながら、与えられた、今取り組んでおります議会改革を進め、議会の報告会、議会の活性化に誠心誠意努めてまいります。今後の行政と議会が対等となって市民のための市民の開かれた議会を目指し、伊豆の国市の発展に努めてまいります。

 また、本議会において板垣紀夫前議長には副議長といたしまして仕えさせていただきましたが、至らぬ点があって大変ご迷惑をおかけしたと思いますが、どうかお許しを願いたいと思います。板垣紀夫前議長には、今後も後見役として議会運営においてご指導を賜りたく存じます。よろしくお願いいたします。

 また、議員の皆様に対しては、今後さらなる協力を賜るよう重ね重ねお願いを申し上げ、簡単ではありますが、議長就任のごあいさつとさせていただきます。

 どうかよろしくお願いいたします。(拍手)

         〔秋田議長、議長席に着席〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(秋田清君) ただいま、選挙の結果、副議長が欠けました。

 これを受けまして、副議長の選挙を日程に追加し、追加日程第3といたしたいと思います。

 お諮りいたします。副議長の選挙を直ちに行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

 よって、本件を日程に追加し、追加日程第3として直ちに選挙を行うことに決定いたしました。

 ここで暫時休憩いたします。再開は、追ってご連絡をいたします。



△休憩 午後零時16分



△再開 午後零時30分



○議長(秋田清君) それでは、休憩を閉じ会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選第3号 副議長の選挙



○議長(秋田清君) 追加日程第3、選第3号 副議長の選挙を行います。

 選挙は投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

         〔議場閉鎖〕



○議長(秋田清君) ただいまの出席議員数は21名であります。

 次に、立会人の指名を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に10番、後藤眞一さん、11番、古屋鋭治さん、12番、大沢秀光さんの3名を指名いたします。

 投票に当たり、まず注意事項を申し上げます。投票は単記無記名で、白票は無効といたします。

 では、投票用紙を配付いたします。

         〔投票用紙配付〕



○議長(秋田清君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。

         〔「ありません」の声あり〕



○議長(秋田清君) 投票用紙の配付漏れなしと認めます。

 次に、投票箱を点検させます。

         〔投票箱点検〕



○議長(秋田清君) 投票箱、異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 会議規則第29条では、職員の点呼に応じ、順次、投票することになっておりますが、投票に支障がないと思われますので、議席番号順に投票してください。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番、天野佐代里さんから順次投票をお願いいたします。

 それでは、1番、天野佐代里さん。

         〔投票〕



○議長(秋田清君) 投票漏れはありませんか。

         〔発言する者なし〕



○議長(秋田清君) ありませんね。

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 これより開票を行います。

 開票立会人に立ち会いを求めます。

 それでは、10番、後藤さん、古屋さん、大沢さん、よろしくお願いいたします。

         〔開票〕



○議長(秋田清君) それでは、選挙の結果を報告いたします。

 投票総数21票。これは出席議員数に符合しております。

 そのうち、有効投票 21票、無効投票 0票でございます。

 それでは、有効投票のうち局長より報告をさせます。

 局長。



◎議会事務局長(相原健次君) それでは、選挙の結果を報告いたします。

         古屋鋭治議員 10票

         大沢秀光議員 8票

         高橋公一議員 3票

 でございます。

 以上でございます。



○議長(秋田清君) 以上のとおりでございます。

 この選挙の法定得票数は6票でございます。

 よって、11番、古屋鋭治さんが伊豆の国市議会副議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

         〔議場閉鎖解除〕



○議長(秋田清君) ただいま副議長に当選されました11番、古屋鋭治さんが議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 古屋鋭治さん、副議長の当選の承諾及びあいさつをお願いいたします。

 11番、古屋鋭治さん。

         〔副議長 古屋鋭治君登壇〕



◆副議長(古屋鋭治君) それでは、ただいま伊豆の国市議会の副議長に就任いたしましたので、一言ごあいさつをさせていただきます。

 まずもって、皆様からご推挙いただきまして、伊豆の国市議会第7代副議長に推挙いただきまして、まことにありがとうございました。

 身に余る光栄と感じ、また非常に責任の重さを感じているところでございます。私自身、これからは秋田議長を支えながら、先輩議員の皆さん、また同僚の議員の皆さんとともに伊豆の国市の発展、また伊豆の国市議会の発展のために努力していきたいなというふうに考えております。

 そしてまた、きょうこの日を起点といたしまして、改めて議会と行政が対等ということを考え、そしてまたこの考えをもとに議会と行政が、この関係も良好な関係を築いていくということに全力を傾注していきたいというふうに考えておりますので、議員の皆様のこれからのご協力をお願いいたしまして、副議長就任に当たってのごあいさつにかえさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)



○議長(秋田清君) ここで暫時休憩をいたします。再開を13時55分といたします。



△休憩 午後零時42分



△再開 午後1時55分



○議長(秋田清君) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(秋田清君) 先ほど、議長に私秋田清、副議長に古屋鋭治さんが当選いたしましたので、これに伴い議席の一部変更を日程に追加し、追加日程第4とし、直ちに議席指定をしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

 よって、本件を日程に追加し、追加日程第4として直ちに議題とすることを決定いたしました。

 資料を配付いたしますので、しばらくお待ちください。

         〔資料配付〕



○議長(秋田清君) お手元に資料を配付いたしましたけれども、配付漏れはございませんね。

 ここで、暫時休憩いたします。



△休憩 午後1時58分



△再開 午後2時02分



○議長(秋田清君) それでは、休憩を閉じまして、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議席の一部変更



○議長(秋田清君) 追加日程第4 議席の一部変更を議題といたします。

 お諮りいたします。会議規則第4条第3項の規定に基づき、お手元に配付いたしました議席表のとおりに指定したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

 よって、お手元に配付いたしました議席表のとおりに決定いたします。

 ここでお諮りいたします。ただいま指定いたしました議席への移動は、直ちに行っていただくのが本来ですが、会議の進行上、現議席のまま本日の会議を進めたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 異議なしと認め、このまま会議を進めさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(秋田清君) 日程第16、発議第1号 特別委員会設置に関する件についてを議題といたします。

 提出者からの提案理由の説明を求めます。17番、鳥居松彦さん。

 17番、鳥居さん。

         〔17番 鳥居松彦君登壇〕



◆17番(鳥居松彦君) 17番、鳥居でございます。

 それでは、発議第1号 特別委員会設置についての提案理由及び内容の説明をさせていただきます。

 本市議会では、現在議会制度の改革を進めており、市民に期待される議会になることが求められています。そのような中に、適正な議員定数について調査、研究を行う必要もあります。特に議員定数についてのあり方については、過去の経緯を考慮し、また近隣各市の人口や財政規模など等の現状を踏まえ、多角的に比較検討を行うことが必要であります。

 また、選挙公営については、公職選挙法の規定に基づき選挙運動費用の軽減を図り、もって開かれた選挙の実現を図るための調査研究をするための特別委員会を設置するものであります。

 よって、本案は、議員による議員のための議員の議案であることと思います。全議員のご賛同を得たく思います。

 それでは、内容につきましては、発議案の朗読をもって提案の内容説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 特別委員会設置に関する発議(案)

 地方自治法第110条及び伊豆の国市議会条例第6条の規定により、下記のとおり特別委員会を設置するものとする。

                      記

 1、名称 市議会調査検討特別委員会。

 2、目的 議会運営及び議員活動の活性化を図り、市議会制度を充実させていくことが必要であるため、下記付議事件について調査研究を行う。

 3、付議事件

 (1)議員定数に関する事項

 (2)選挙公営に関する事項

 (3)その他市議会に関する事項

 4、委員の定数 9名

 5、調査期限 本特別委員会の調査期限は、3つに掲げる調査を終了するまで、または地方自治法第10条第3項の規定に基づき、閉会中も継続審議とする。

 平成24年3月23日

 伊豆の国市議会

 以上です。

 なお、4項の定数9名は慣例により常任委員会からそれぞれ3名を選出していただき、構成していただきたく思います。

 以上です。



○議長(秋田清君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 10番、後藤眞一さん。



◆10番(後藤眞一君) 1点お聞かせ願いたいと思います。

 付議事件の3番目、その他市議会に関する事項とありますけれども、これは何か既に予定されているものがあるのか、予測されているものがあるのかどうか、それ1点お聞かせください。



○議長(秋田清君) 17番、鳥居松彦さん。



◆17番(鳥居松彦君) お答えします。

 特に予定しているものはございませんけれども、表題にありますように、ここでは特別委員会設置に関する発議という中で、市議会調査特別委員会になっておりますので、別に固定したものは付議事件という形で3つ挙げてあります。よって、この2つほかにもし出てきたときに、さらにというわけにいきませんので、このような形をとらせていただきました。次第は、その他の上の1、2です。

 以上です。



○議長(秋田清君) ほかに何かご質疑ありますか。

         〔「ありません」の声あり〕



○議長(秋田清君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。

 次に討論に入ります。最初に本案に対する反対討論の発言を許します。

         〔「ありません」の声あり〕



○議長(秋田清君) 反対討論なしと認めます。次に本案に対する賛成討論の発言を許します。

         〔「なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 賛成討論なしと認めます。これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。採決は起立表決により行います。

 発議第1号 特別委員会設置に関する件については、原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(秋田清君) 全員起立であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 表題の案を消して、末尾の日付を3月23日と記入願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選第1号 市議会調査検討特別委員会委員の選任



○議長(秋田清君) 日程第17、選第1号 市議会調査検討特別委員会委員の選任についてを議題といたします。

 ただいま設置されました市議会調査検討特別委員会の委員の選任については、伊豆の国市市議会委員会条例第8条第1項の規定により、議長が会議に諮って指名すると規定されております。

 ここで、暫時休憩をいたします。

 休憩中に各常任委員会を開催し、特別委員会の委員を各常任委員会より3名を推薦し、各委員長は議長に報告してください。



△休憩 午後2時11分



△再開 午後2時22分



○議長(秋田清君) それでは、休憩を閉じ、会議を再開いたします。

 休憩中に各常任委員会が開かれ、伊豆の国市議会調査検討特別委員会委員を推薦されましたので、事務局より報告いたします。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(相原健次君) それでは、発表いたします。

 市議会調査検討特別委員会の委員の氏名でございます。

 委員、鈴木幸雄議員。同じく委員、三好陽子議員。同じく委員、板垣紀夫議員。同じく委員、水口哲雄議員。同じく委員、天野佐代里議員。同じく委員、渡邊俊一議員。同じく委員、田中正男議員。同じく委員、水口成男議員。最後でございます。同じく委員、後藤眞一議員。

 以上でございます。



○議長(秋田清君) ただいま発表ありました方を委員として指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました委員を伊豆の国市議会調査検討特別委員会委員に選任することに決しました。

 ただいま選任いたしました伊豆の国市議会調査検討特別委員会委員は、休憩中に委員会を開催し、正副委員長の互選を行い、伊豆の国市議会委員会条例第9条第2項の規定により報告をお願いいたします。

 会議は、正副議長室をご使用ください。

 ここで、暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時26分



△再開 午後2時34分



○議長(秋田清君) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

 休憩中に伊豆の国市議会調査検討特別委員会が開かれ、正副委員長の選任が行われましたので、事務局に報告をさせます。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(相原健次君) それでは、ご報告いたします。

 伊豆の国市議会調査検討特別委員会委員長に水口成男議員、同じく副委員長に後藤眞一議員さん。

 以上であります。



○議長(秋田清君) それでは、水口成男議員、後藤眞一議員、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(秋田清君) 先ほど、副議長に古屋鋭治さんが就任いたしました。これに伴い、議会運営委員会委員の選任についてを日程に追加し、追加日程第5 選第4号として直ちに選任したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

 よって、本件を日程に追加し、追加日程第5として直ちに議題とすることと決定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選第4号 議会運営委員会委員の選任



○議長(秋田清君) 今、資料を配付いたしますので、しばらくお待ちください。

         〔資料配付〕



○議長(秋田清君) 先ほどの休憩中に、福祉文教委員会を開催させていただきました。よって、委員を田中委員長から報告を願います。

 お手元に資料が配付されたと思います。

 それでは、田中委員長、報告願います。

 3番、田中委員長。



◆福祉文教委員会委員長(田中正男君) 先ほど、福祉文教委員会を開いたときに、うちの委員会から出ている議運のメンバーの一人、古屋議員が副議長になりましたので、そのかわりに対しまして水口成男議員にお願いすることになりましたので、よろしくお願いします。



○議長(秋田清君) お諮りのとおり、議会運営委員に水口成男さん、よろしくお願いいたします。

 ここで、暫時休憩をいたします。

 暫時休憩の間に、議会運営委員会を開催していただきたいと思います。



△休憩 午後2時40分



△再開 午後2時48分



○議長(秋田清君) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

 休憩の間に議会運営委員会を開催していただきました。議会運営委員長から報告をお願いいたします。

 19番、水口哲雄さん、お願いいたします。



◆議会運営委員会委員長(水口哲雄君) 先ほどの議長選挙に絡みまして、山下孝志議会運営委員会副委員長より辞表が提出されました。ただいま、委員会でその辞任について了解を得まして、その後すぐに新たな副委員長さんの選任を行いまして、新たな副委員長といたしまして大沢秀光さんが決定いたしました。

 以上です。



○議長(秋田清君) 報告は以上のとおりです。

 12番、大沢秀光さん、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(秋田清君) それでは、ただいま議会制度改革特別委員会山下孝志委員長から、委員長の辞職願が提出されました。これに伴い、議会制度改革特別委員会委員長の選任についてを日程に追加し追加日程第6、選第5号とし、直ちに選任したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 3番、田中正男さん。



◆3番(田中正男君) 福祉文教委員会から選出されていました古屋議員が今度副議長になりましたので、特別委員会の委員をオブザーバーになりますので、この委員会からは新たに水口成男さんを議会改革特別委員会の委員に選任しましたので、よろしくお願いします。



○議長(秋田清君) ありがとうございました。

 先にこちらのほうで異議なしと今言っていただきましたけれども、議案の追加をしてから報告を求めますけれども、すみません、ちょっとダブると思いますけれども。

 異議なしと認め、よって、本件を日程に追加し、追加日程第6として直ちに議題とすることを決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選第5号 議会制度改革特別委員会委員長の選任



○議長(秋田清君) 先ほど、3番、田中正男委員長から、議会制度改革特別委員会委員に9番、水口成男さんを指名していただきました。報告のとおりといたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

 ここで、暫時休憩をいたします。

 休憩の間に、議会制度改革特別委員会の開催をお願いいたします。



△休憩 午後2時51分



△再開 午後2時58分



○議長(秋田清君) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

 休憩の間に、議会制度改革特別委員会を開催させていただきました。

 直ちに委員長から報告をお願いいたします。

 18番、山下孝志さん。



◆議会制度改革特別委員会委員長(山下孝志君) 委員長が辞職願を出しましたけれども、委員が認めてくれませんでしたので、委員長山下、副委員長萩原、引き続きやりますので、よろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(秋田清君) 以上、報告のとおりといたしたいと思いますが、ご異議ございませんね。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査について



○議長(秋田清君) 日程第18、閉会中の継続調査についてを議題といたします。

 議会運営委員会及び常任委員会の各委員長より、お手元に配付いたしました閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。各委員長の申し出のとおり、これを閉会中の継続調査に付したいと思いますが、ご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定をいたしました。

 以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 お諮りいたします。本定例会で議決された事件の字句及び数字その他の整理を要するものにつきましては、伊豆の国市議会会議規則第43条の規定に基づき、その整理を議長に委任させていただきたいと考えますが、ご異議ございませんか。

         〔「異議なし」の声あり〕



○議長(秋田清君) 異議なしと認めます。

 よって、整理を議長に委任させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(秋田清君) 大変時間が経過いたしましたけれども、ここで3月議会定例会の閉会に当たりまして、市長よりあいさつを求められておりますので、これを許します。

 望月市長。

         〔市長 望月良和君登壇〕



◎市長(望月良和君) それでは、議長の許可をいただきましたので、閉会のあいさつをさせていただきたいと思います。

 平成24年伊豆の国市第1回定例会は、2月28日を初日に本日までの25日間の会期をもちまして開会され、平成24年度の一般会計並びに特別会計の国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、楠木及び天野揚水場管理、簡易水道等事業、下水道事業及び上水道事業のそれぞれの会計の予算案につきまして、可決、ご決定をいただきましてありがとうございました。

 また、会期中には平成23年度の一般会計の補正予算案、各特別会計補正予算案5件、条例改正案並びに制定案13件、人事案件2件、その他2件の案件につきましても、慎重にご審議を賜り、すべての案件をお認めいただきましてありがとうございました。

 昨年の3月11日に発生した東日本大震災から1年を経過いたしましたが、以来連日のように地震が各地で発生し、東京直下型地震の予感もすることから大変心配をされます。また、昨年の東京電力福島原子力発電所の被災は、放射能汚染の恐ろしさと、原発と日本経済の関連の難しさを改めて知らされました。今回の原発事故を契機にエネルギー問題に真剣に取り組んでいかなければならないと意を強くしているところであります。

 東京大学の北岡伸一教授が「受動的な無責任」を改めよ。と題して次のような小文を記しておりますので、紹介いたします。

 東日本大震災から1年を経過したところで、震災と復興に対する政治の取り組みとその背景にある政治意識について考えたい。以下、震災及び津波への対応と、原発事故への対応を適時分けて考える。

 多くの人が政治指導者の危機意識の欠如、リーダーシップの欠如と非効率を指摘する。

 過去の例と比べてみよう。

 明治24年、1891年でありますが、濃尾大地震が起きたとき、名古屋の師団長は、後の総理大臣桂太郎でありました。桂は直ちに被災者の救援と人心の安定のために師団を出動させ大きな成果を上げた。その後、桂は天皇の命令なしに兵を出したことについて進退伺を出し、却下されている。

 こうした桂の行動のうち、兵を動かすことに関する責任の意識が昭和の陸軍から失われ、機動的に軍を動かすという感覚が戦後には失われてしまった。阪神大震災時の村山富市内閣の初動のおくれはそれであったし、今回の震災でも初動は必ずしもスムーズではなかった。そもそも首相の周辺に自衛隊出身の秘書官がいない。こういう国はむしろ珍しい。

 大正12年、1923年でありますが、関東大震災では、震災の翌日内務大臣に就任した後藤新平は、その日のうちに復興に関する4カ条の基本方針を書きおろし、その具体化に努めた。後藤は、震災後約4カ月で退陣し、この間、原案は相当に縮小されたが、それでも都市改造で画期的な成果を上げた。

 今回は、政府の復興構想会議が設置されたのが震災から1カ月後であり、提言されたのは昨年の6月、つまり震災から3カ月後である。その遅さは最終的には首相の責任だ。

 こうした会議は、トップが大体の方向を示し、その方向を具体化することにふさわしい人々を任命して進めるべきものだ。しかし、首相が発言して方向を指示することはなかったし、委員会も委員の間の意見対立の克服に時間を費やしたらしい。後藤のように、都市計画に深い知見を持った人物は望めないにしても、トップの責任という点では甚だ物足りなかった。

 中央の官僚制も、縦割りの弊害で自己の責任の範囲を越えた問題の処理は元来苦手な上に、責任感の希薄化が進行しており、かつての能動的に行動する官僚制ではなくなっていた。この点、民主党の責任は大きく、政治主導の名において官僚の活動を封じた結果、ますます官僚は受動的な無責任に逃げ込んでいた。

 地方自治体では、長年中央からの指示を受けて動くのになれていて、やはり主体的、能動的な動きは少なかった。細かなところまでマニュアル化された行政にとって、震災は巨大過ぎた。

 地震の後に、国民の間に助け合いの精神が大いに発揮されたように見えたが、実際のところ、瓦れきの引き取りに対して多くの自治体で強い抵抗があり、進んでいない。戦後政治について言われていた危機意識の欠如と公的精神の衰退は、震災でより顕著に浮かび上がった。根源には、自国の安全を米国に依存して、これを当然とする考え方があるのではないだろうか。

 首相と周辺の関心が原発問題に集中していたということもあるだろう。原発問題は未曾有のことだが、冷却装置や非常電源などの設計上の問題を含む東京電力の失敗と政府の監督体制の失敗であった。当時の菅直人首相の個人的な判断ミスや過剰介入はあったにせよ、より大きな問題はそれ以前から存在した。民主党政権の発足後、2010年4月に開催された核安全保障サミットの後、国際原子力機関、IAEAでありますが、から核テロに対する備えが不十分だと指摘されていた。これに対して日本は適切に対応してこなかった。

 原発事故の結果、政府が事実を国民に知らせていないとの不信が広がり、政府の信頼は大きく傷ついた。外国からネット経由で情報が伝わってくるだけに、率直に国民に語りかけなければならない。「由らしむべし知らしむべからず」の政治には終止符を打たなければならない。同時に、インターネットの時代には、国際的な協調、協力はますます重要になる。

 筆者は、震災以前から消費税及び社会保障制度改革のために連立政権が必要だという意見だったが、特に震災直後には連立政権をつくるべきだったと思う。小選挙区の本場の英国でも、20世紀に3度の連立を組んでいる。第1次世界大戦、大恐慌、第2次世界大戦の3度である。国家の危機には大連立というのはむしろ常道である。

 連立すれば直ちによい知恵が出るとは思わない。連立によって共同で責任を担当し、無用な批判や揚げ足取りをしなくなるということだ。

 昨年の5月、菅内閣を引きずりおろしたい自民党と小沢一郎氏のグループが、将来の方向について全く意見を共有していないのに、不信任案を提出する動きを示したのは、その証拠である。自民党も、連立すれば民主党に利用されるというようなけちな考えを持つべきではなかった。連立の中で不満があれば、閣議の中で議論すればよいのである。

 世界で原発がふえていくことは確実だ。長年先進国がエネルギーを大量消費して豊かな社会を築いてきた。新しく勃興してきた国々はだめだということは許されないだろう。今後もエネルギー需要はふえ続ける。原発はその有力な手段として多くの国が拡大しようとしている。その際、最も安全なのは日本の原発だ。原発の輸出について、反倫理的だからやめるべきだという意見がある。しかし、輸入する側から考えれば、日本のような地震の多い国で開発された原発なら安全だと考えるのが当然だろう。

 韓国で今月、核安全保障サミットが開かれる。筆者は、その準備のためインドのアブドゥル・カラム元大統領、シンガポールのゴー・チョクトン元首相、オーストラリアのギャレス・エバンス元外相、ハンス・ブリックス元IAEA事務局長らとともに、昨年11月の有識者会議に参加した。韓国が任命した人々なので当然だが、原発に対する根本的な反対の声は出なかった。彼らが日本の原発事故を真剣に受けとめていないわけではない。事故はどこでも起こり得るので、その場合に備えなければならないということを宣言に取り入れる方向だ。

 日本の原発反対派には、想定外ということは許されないという人がいる。しかし、世界の情勢を考えれば、ホルムズ海峡をめぐる中東で軍事衝突が起こる可能性もゼロではない。こういう事態を想定しなくてはいけない。それなら、中長期的にはともかく、直ちに原発をやめるわけにはいかないのである。

 多くの人が安全・安心を強調する。しかし、大事なのは安全の確保であって、安心の確保ではない。安心を強調するのは、実はお上に依存するということである。

 国民が安心を求め、リスクをゼロにせよと言えば、政府はこれに答えて、リスクはゼロだと言う。こういうフィクションはやめるべきだ。リスクを直視し、これをできるだけ減らすようにさまざまな努力をし、あとはリスクを取って行動することが必要だ。日本の経済発展の停滞も、根源にあるのはリスクを取らない精神ではないだろうか。

 石橋湛山は、大正12年10月に書いた「精神の振興とは」において、「亡び行く国民なら知らぬこと、いやしくも伸びる力を持った国民が、このくらいの災害で意気阻喪してはたまるものではない。心配はむしろ無用だ」と述べている。傾聴すべき言葉である。

 北岡教授は国連代表部次席大使を務められた方で、世界の舞台から日本の動きを強く感じることだと思う。東日本大震災から日本人の心が変化したという人がふえたように感ずる。世界からは強い日本を求められているのではないだろうか。それにはまず、自立した心、自立した人間性にあるのではないでしょうか。

 本定例会が終了いたしますと、平成24年度の事務事業が始まります。人口動態から見ると、人口減が一番の課題ではないだろうか。これからの5年間、つまり第1次総合計画の最終目標を目指して事務執行をしてまいりますので、ご理解とご支援のほどよろしくお願いをいたします。

 年々歳々、天候不順が感じられ、梅も桜も桃の花も区別なく咲き出しております。土手にはツクシが頭を持ち上げ、木々は若芽を吹き出して寒さも一段落のきょうこのごろですが、議員各位におかれましては、ご自愛いただき、ますますのご活躍をご祈念申し上げます。

 長時間にわたりました第1回定例会、ご苦労さまでございました。厚く御礼申し上げ、閉会並びに御礼のごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(秋田清君) それでは、これをもちまして、平成24年伊豆の国市議会第1回定例会を閉会いたします。

 議員の皆様方には会期中、慎重なるご審議を賜り、まことにありがとうございました。

 なお、途中で私の不手際がありましたことに対しましてご協力をいただき、この場をおかりいたしまして御礼申し上げます。

 本日はご苦労さまでした。



△閉会 午後3時15分

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

        議長      秋田 清

        前議長     板垣紀夫

        前副議長    秋田 清

        署名議員    三好陽子

        署名議員    鈴木照久