議事ロックス -地方議会議事録検索-


静岡県 伊豆の国市

平成19年  6月 定例会(第2回) 06月12日−01号




平成19年  6月 定例会(第2回) − 06月12日−01号









平成19年  6月 定例会(第2回)



伊豆の国市告示第54号

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条第1項及び第102条第2項の規定により、平成19年6月12日伊豆の国市議会定例会を伊豆の国市役所に招集する。

  平成19年5月16日

                    伊豆の国市長  望月良和

            ◯応招・不応招議員

応招議員(22名)

    1番  水口成男君       2番  後藤眞一君

    3番  田中正男君       4番  三好陽子君

    5番  古屋鋭治君       6番  大沢秀光君

    7番  伊藤泰伊君       8番  山下孝志君

    9番  鈴木平一郎君     10番  菊池俊彦君

   11番  松下善洋君      12番  土屋源由君

   13番  矢田博美君      14番  萩原眞琴君

   15番  土屋紀男君      16番  板垣紀夫君

   17番  柳沢秀次君      18番  鳥居松彦君

   19番  秋田 清君      20番  水口哲雄君

   21番  増島一良君      22番  飯田史朗君

不応招議員(なし)

       平成19年第2回(6月)伊豆の国市議会定例会

議事日程(第1号)

                    平成19年6月12日(火)午前9時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

日程第3 諸般の報告

日程第4 行政報告

日程第5 選第7号 静岡県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙

日程第6 選第8号 田方地区消防組合議会議員の選挙について

日程第7 報告第2号 平成18年度伊豆の国市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

日程第8 報告第3号 平成18年度伊豆の国市国民健康保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

日程第9 報告第4号 平成18年度伊豆の国市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

日程第10 報告第5号 平成18年度伊豆の国市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

日程第11 報告第6号 平成18年度伊豆の国市上水道事業会計予算繰越計算書の報告について

日程第12 報告第7号 平成18年度伊豆の国市一般会計継続費繰越計算書の報告について

日程第13 議案第39号 伊豆の国市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について

日程第14 議案第40号 平成19年度伊豆の国市一般会計補正予算(第1号)

日程第15 議案第41号 平成19年度伊豆の国市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

日程第16 議案第42号 平成19年度伊豆の国市老人保健特別会計補正予算(第1号)

日程第17 議案第43号 平成19年度伊豆の国市介護保険特別会計補正予算(第1号)

日程第18 議案第44号 平成19年度伊豆の国市上水道事業会計補正予算(第1号)

日程第19 議案第45号 伊豆の国市上水道給水条例の一部を改正する条例の制定について

日程第20 閉会中の事務調査の報告について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(22名)

     1番  水口成男君      2番  後藤眞一君

     3番  田中正男君      4番  三好陽子君

     5番  古屋鋭治君      6番  大沢秀光君

     7番  伊藤泰伊君      8番  山下孝志君

     9番  鈴木平一郎君    10番  菊池俊彦君

    11番  松下善洋君     12番  土屋源由君

    13番  矢田博美君     14番  萩原眞琴君

    15番  土屋紀男君     16番  板垣紀夫君

    17番  柳沢秀次君     18番  鳥居松彦君

    19番  秋田 清君     20番  水口哲雄君

    21番  増島一良君     22番  飯田史朗君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長       望月良和君   副市長       山口文雄君

 収入役      杉原政晴君   教育長       佐藤 亨君

 企画部長     鈴木俊治君   総務部長      豊竹満夫君

 市民部長     遠藤孝道君   環境部長      渡辺広明君

 健康福祉部長   杉山利雄君   観光産業部長    八木基之君

 韮山支所長    大村悦夫君   大仁支所長     橋本正弘君

 教育部長     三枝和則君   都市計画課長    杉山義浩君

 建設課長     田中敏幸君   上下水道課長    塩谷昭一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長   二藤武司    議会事務局長補佐  藤井惣雄

 書記       米山賢治    書記        鈴木久美子



△開会 午前9時00分



△開会の宣告



○議長(飯田史朗君) 皆さん、おはようございます。

 本日は、ご苦労さまです。

 ただいまの出席議員は22名です。定足数に達しておりますので、ただいまより平成19年第2回伊豆の国市議会定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(飯田史朗君) 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(飯田史朗君) 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(飯田史朗君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、

    1番 水口成男君

    2番 後藤眞一君

 の両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(飯田史朗君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から6月26日までの15日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から6月26日までの15日間と決定いたしました。

 会議の途中でありますが、ここでお伝えいたします。議場が蒸しておりますので、上着の脱着は自由といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(飯田史朗君) 日程第3、諸般の報告をいたします。

 お手元の議長報告より、お手元にお配りしました諸般の報告の一覧のとおりであります。

 朗読は省略します。

 以上で諸般の報告を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△行政報告



○議長(飯田史朗君) 日程第4、行政報告を行います。

 市長、望月良和君。

     〔市長 望月良和君登壇〕



◎市長(望月良和君) おはようございます。

 平成19年6月伊豆の国市市議会定例会開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 6月に入り、日中の暑さが増してきて、夏の訪れを肌で感じられる季節となってまいりました。日中と朝晩の温度差が激しいこの時期は体調を崩しやすいので、皆様におかれましても健康に十分ご留意をいただければと思っております。

 さて、先週の8日に、地球温暖化問題を最大のテーマとした主要国首脳会議が閉幕いたしました。争点となっていた温室効果ガス排出量の削減目標につきましては、日本や欧州連合、カナダが掲げていた「2050年までに排出量を半減させる」という目標を「検討する」という内容にとどまりましたが、気候変動は人類だけでなく、すべての生物にとって真の脅威であり、排出量削減は避けて通れない道であると思っております。伊豆の国市においても、平成19年3月に伊豆の国市地球温暖化対策実行計画を策定し、平成17年度にCO2換算で6,831トンであった市役所内の年間温室効果ガス排出量を、平成23年までの5年間で6%削減するという目標を掲げて取り組みを開始したところであります。

 また、香港発の大ヒット映画「少林サッカー」の続編的な作品である「少林少女」が、三島市出身で韮山高校卒業のフジテレビ執行役員で映画プロデューサーである亀山千広氏の制作総指揮により、伊豆の国市内、三島市内を中心に制作されることとなり、4月末から市内で撮影が行われております。この市内での映画撮影にはフィルムコミッション伊豆というNPO伊豆の活動部会として設立された団体がその支援に当たっており、ロケーション情報の提供などにより、撮影場所が選定されたとのことであります。さらに、この団体の支援により、今までも数多くのテレビドラマや映画の撮影が行われ、伊豆の国市のPR効果を期待しているところであります。

 今定例会に本職よりの提出案件は、既に議長あてに送付いたしてあるとおりでございますが、その提案理由並びに内容説明につきましては、その都度申し上げることといたします。

 また、議員各位より一般質問をお受けいたしております。

 回答につきましては、本職あるいは副市長、収入役、教育長、担当部長、担当支所長から誠意をもって行いますので、よろしくお願いをいたします。

 それでは、3月議会定例会以降、現在までの行政全般にわたる報告を申し上げます。

 まず、企画部でありますが、企画課では4月28日に韮山時代劇場広場に市の木、市の花制定の記念植樹を行いました。

 管財課では、5月末までの工事等の入札執行件数は73件でありました。そのうち500万円未満が51件、500万円以上1,000万円未満が15件、1,000万円以上5,000万円未満が7件となっております。

 また、伊豆の国市土地開発公社の平成18年度決算につきましては、旧スポーツワールド用地2.7ヘクタールを9,700万円で取得いたしております。平成18年度で本事業は終了し、合計で12.8ヘクタールを4億6,000万円で取得いたしました。

 情報システム課では、平成19年1月から電子申請システムの運用を開始しており、5月末までに91名の登録者があり、92件の利用がありました。

 次に、総務部でありますが、総務課では、平成18年度末の退職者は15名で、平成19年度の新規採用職員を、一般事務職2名、保健師1名、幼稚園教諭・保育士7名の計10名採用いたしました。静岡県議会議員選挙が4月8日に執行され、投票率は58.84%であり、県内平均55.97%を2.87%上回りました。

 固定資産評価審査委員会を5月17日に開催し、委員の互選により竹村和成氏が委員長となりました。

 検査室では、5月末までの検査検収件数は、工事、修繕、業務委託、物品を合わせて130件実施いたしました。

 安全対策課では、伊豆の国市消防団任命式が4月1日に韮山運動公園グラウンドにおいて行われ、新役員、新入団員へ辞令を交付いたしました。

 4月26日に、伊豆長岡防犯協会より防犯パトロール車2台の寄附をいただき、安全安心のまちづくりに活用させていただいております。

 第40回交通安全子ども自転車大仁地区大会が5月26日に長岡総合体育館で行われ、団体の部で大仁北小学校が第3位となりました。

 田方支部消防操法大会が5月27日に伊豆市天城ドームで行われ、ポンプ車操法の部では伊豆長岡方面隊第7分団が優勝し、小型ポンプ操法の部では韮山方面隊第4分団が第3位となりました。優勝いたしました伊豆長岡方面隊第7分団は、8月4日に行われる静岡県消防操法大会へ出場いたします。

 税務課では、平成19年度の課税額は、軽自動車税約8,500万円、固定資産税約36億2,000万円、個人住民税約26億7,000万円となっております。

 次に、市民部、韮山支所、大仁支所でありますが、市民サービス課に関することでは、6月1日現在の伊豆の国市の人口は、5万625人で前年比137人の減、世帯数は1万9,435世帯で167世帯の増となっております。外国人登録者数は541人で11人の減、世帯数は264世帯で10世帯の減となっております。児童手当受給者数は、制度改正があったため、2,937人で416人の増となっております。

 区長会関係では、4月24日に全体区長会を開催し、区長51名を地区委員として委嘱いたしました。

 また、各地区から提出された地区要望書の件数は5月末現在で231件であります。

 国保年金課では、6月1日現在の国民健康保険加入者数は2万2,164人で前年比217人の増、老人医療受給者数は5,556人で244人の減となっております。

 次に、環境部でありますが、環境政策課では、4月に狂犬病予防の集合注射を行い、1,304頭に注射を実施いたしました。

 「グリーンフェスタ&ぼかしまつり」を4月28日に韮山時代劇場で開催し、EMぼかしの使い方教室などの催しを行いました。

 次に、クリーン課では、所管施設の維持管理業務、廃棄物の収集運搬処理業務委託など71件の発注をいたしました。

 安全・安心・健康のまちづくり構想の取り組みとして、5月21日から酪農家、旅館、収集業者の協力により、牛ふんと食品残渣の収集モデル事業を開始し、市の試験圃場で秋まき栽培用の堆肥づくりに着手いたしました。

 広域廃棄物処理対策室では、広域一般廃棄物処理施設基本構想を策定し、5月17日に堀切区特別委員会へ基本構想と排ガス拡散のシミュレーションの説明をし、区民への説明会開催のお願いをしているところでありますが、現在のところ区民説明会の承諾は得られていない状況であります。

 今後の対応につきましては、早急に2市の準備会で協議していくことといたしております。

 次に、健康福祉部でありますが、福祉課では、4月13日に長島敏男さんが人権擁護委員として法務大臣から委嘱を受けました。

 5月17日に身体障害者相談員6名、知的障害者相談員3名の委嘱をいたしました。

 高齢者支援課では、ねんりんピック静岡2006伊豆の国市実行委員会総会を3月16日に開催し、平成18年度の事業報告と収支決算の承認をいただき、その後、解散宣言をいたしました。

 介護認定審査会全体会を4月3日に開催し、審査会委員30名を委嘱いたしました。

 3月から5月の間に20回の介護認定審査会を開催し、508名の方が要介護認定を受けました。また、地域包括支援センターでは、高齢者に関する161件の相談を受け、416件の訪問を行いました。

 健康づくり課では、今年度の基本健診、がん検診が始まり、集団検診は5月21日から、個別検診は6月1日から医療機関で検診を実施いたしております。

 保健委員会を5月24日に開催し、保健委員65名の委嘱をいたしました。

 次に、観光産業部でありますが、観光商工課では、狩野川さくら祭りが3月31日に開催されました。

 小田原北条五代祭りへ、5月3日に、北条氏ゆかりの手づくり甲冑隊として参加し、伊豆の国市のPRを行いました。

 文化振興課では、アクシスかつらぎで、3月11日に第5回狩野川クラシックコンサートが行われました。

 4月から5月にかけてレクチャーコンサートを2回開催いたしました。

 韮山時代劇場では、3月18日に「春うららアコースティックコンサートライブ」が行われました。

 3月25日にファミリーオペラを開催いたしました。

 それぞれのイベントで多くの市民に感銘を与えておりました。

 農業振興課では、安全・安心・健康のまちづくり構想に基づき、生ごみ堆肥を使用した農作物の栽培試験に取り組んでおり、2年目となる今年度は生活習慣病や老化防止などの効果が期待できる機能性の高い野菜類の試験栽培に取り組みます。

 イノシシやシカなどの鳥獣による農作物への被害を防ぐ対策として、電気さくや防護ネットなどの対象費用の2分の1以内で、10万円を限度とする補助金を今年度から開始し、部農会を通じ農家へ周知をいたしたところ、被害の多い山間地の農家を中心に申し込みが寄せられております。

 次に、都市整備部でありますが、都市計画課では、6月5日から21日にかけて静岡県沼津土木事務所と合同で、市内で採石事業を行っている3社に対して立入検査を行い、採石場におけるのり面への安全対策や雨季前対策として調整池の安全性等について検査・指導を行っております。

 建設課では、5月末までの工事発注状況は、道路新設改良事業の工事を6件、業務委託を4件、河川改修事業の委託を3件、地籍調査修正事業の業務委託を1件、道路維持補修事業の舗装補修など16件の工事を発注いたしました。

 上下水道課では、上水道並びに簡易水道の給水状況につきましては、安定した給水が図られており、工事関係につきましても順調に進捗いたしております。

 次に、教育部でありますが、教育総務課では、教育委員会を3月から5月にかけて4回開催いたしました。

 3月22日に第4回の伊豆の国市立大仁中学校改築等基本計画検討委員会を開催し、基本計画書の最終確認を行いました。また、4月24日の教育委員会で大仁中学校改築等基本計画書が承認され、校舎の実施設計、敷地造成設計、測量等の業務委託を発注いたしました。

 5月15日に教育委員大川治彦氏再任に伴い、選任書を交付いたしました。

 こども育成課では、家庭における子育てを支援するために、育児相談の受け付けや親子で交流できる場として、地域子育て支援センターを7月に開所いたします。現在、旧韮山交流センターの改修工事と物品購入を発注いたしました。また、放課後児童の健全育成を図り、安全で安心な施設を整備するために、長岡南小学校、長岡北小学校、韮山小学校、韮山南小学校の4カ所の放課後児童教室新築工事を発注いたしました。完成は10月末を予定いたしております。

 学校指導課では、5月1日現在の小・中学校の状況につきましては、小学校7校の児童総数は2,777人で、昨年度に比べて72人の減となり、中学校3校の生徒総数は1,444人で、昨年度に比べて18人の増となっております。

 本年度も保・幼・小・中の12年間の一貫教育を通じて知、徳、体のバランスのとれた子の育成を教育方針として学校教育の充実を図っているところであります。

 社会教育課では、4月から5月にかけて女性の会、青少年活動推進委員会、市子ども連合会、市P連、高P連などの社会教育団体の総会が開催されました。

 「長岡温水プールサンゆう」が平成11年にオープンして以来40万人の入館者が6月4日に達成されました。40万人目の利用者は、市内南條にお住まいの方で、花束と記念品を贈りお祝いをいたしました。

 図書館では、平成18年度の貸し出し者延べ人数は中央図書館が2万6,479人、韮山図書館は1万9,546人、長岡図書館は1万747人となり、総貸し出し者数は5万6,772人となりました。また、市内図書館の集中管理及び利用者サービスの向上を図るため、中央図書館の会議室、事務室の改修工事を発注いたしました。また、今後も市民の利用しやすい図書館の環境整備及び利用推進に努めていきたいと考えております。

 以上が、現在までの各所管の事務事業でございます。今後も、議員各位を初め市民の皆様方のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げ、行政報告を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(飯田史朗君) 以上で行政報告を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選第7号 静岡県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙



○議長(飯田史朗君) 日程第5、選第7号 静岡県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。

 広域連合議会議員は、静岡県後期高齢者医療広域連合規約第7条第2項の規定により、市議会議員から6名を選出することになっております。今回、平成19年5月7日までに3人の欠員が生じたため、選挙が行われるものです。

 この選挙は、広域連合規約第8条第4項の規定により、すべての市議会の選挙における得票総数により当選人が決定されることになりますので、会議規則第32条の規定に基づき、選挙の結果の報告のうち、当選人の報告及び当選人への告知は行えません。

 よって、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することになりますので、ご承知おきください。

 選挙は投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○議長(飯田史朗君) ただいまの出席議員数は22人であります。

 次に、立会人の指名を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に13番、矢田博美君、14番、萩原眞琴君、15番、土屋紀男君の3名を指名いたします。ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認めます。

 投票に当たり、まずは注意事項を申し上げます。投票は単記無記名で、白票は無効といたします。

 お手元に配付してあります候補者名簿を参考に氏名を記入してください。

 では、投票用紙を配付いたします。

     〔投票用紙配付〕



○議長(飯田史朗君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

     〔投票箱点検〕



○議長(飯田史朗君) 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 会議規則第29条では、職員の点呼に応じ順次投票することとなっておりますが、投票に支障がないと思われますので、議席番号順に右回りで投票ください。

 では、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番、水口成男君より順次投票願います。

     〔投票〕



○議長(飯田史朗君) 投票漏れはございませんか。

     〔「なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 これから開票を行います。

 開票立会人に立ち会いを求めます。

     〔開票〕



○議長(飯田史朗君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数22票、これは出席議員数に符合しております。

 うち、有効投票 22票。無効 0。

 有効投票中、下山一美君 7票

    渡辺敏昭君 6票

    杉山功一君 9票

 以上の開票結果でした。

 以上をもちまして、静岡県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙を終了いたします。

 議場の出入り口を開きます。

     〔議場閉鎖解除〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選第8号 田方地区消防組合議会議員の選挙について



○議長(飯田史朗君) 日程第6、選第8号 田方地区消防組合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 田方地区消防組合議会議員の任期は、消防組合規約第7条で関係市町の議会の議員の任期と定めておりますが、当市の組合議員より5月30日付で辞職届が提出され、辞職が許可されました。

 現在、当市の田方地区消防組合議会議員が欠けておりますので選出選挙を行うもので、選出は3名であります。

 お諮りいたします。選挙の方法は地方自治法第118条第2項の規定により、議長から指名推選したいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認めます。

 それでは、議長から指名をいたします。

 田方地区消防組合議会議員に、8番、山下孝志君、13番、矢田博美君、20番、水口哲雄君をそれぞれ指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま指名いたしました3名を田方地区消防組合議会議員に選任することにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認め、以上の3名を田方地区消防組合議会議員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第2号〜報告第7号の上程、説明、質疑



○議長(飯田史朗君) 日程第7、報告第2号 平成18年度伊豆の国市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてから日程第8、報告第3号 平成18年度伊豆の国市国民健康保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について、日程第9、報告第4号 平成18年度伊豆の国市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について、日程第10、報告第5号 平成18年度伊豆の国市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について、日程第11、報告第6号 平成18年度伊豆の国市上水道事業会計予算繰越計算書の報告について、及び日程第12、報告第7号 平成18年度伊豆の国市一般会計継続費繰越計算書の報告についての以上6件を一括報告いたします。

 市長から説明を求めます。

 市長。

     〔市長 望月良和君登壇〕



◎市長(望月良和君) 本報告は、平成18年度伊豆の国市一般会計繰越明許費繰越計算書のほか5件の報告をしようとするものであります。

 まずは、報告第2号から第5号につきましては、地方自治法第213条第1項の規定に基づき、平成18年度伊豆の国市の一般会計予算、国民健康保険特別会計予算、介護保険特別会計予算及び下水道事業特別会計予算の繰り越しを行い、これに係る繰越計算書を調製したものであります。地方自治法施行令第146条第2項の規定により、これを議会に報告するものであります。

 次に、報告第6号につきましては、地方公営企業法第26条第1項の規定に基づき、平成18年度伊豆の国市上水道事業会計予算の繰り越しを行い、これに係る繰越計算書を調製したもので、同条第3項の規定によりこれを議会に報告するものであります。

 次に、報告第7号につきましては、地方自治法第212条第1項の規定に基づき、平成18年度伊豆の国市一般会計予算の継続費の繰り越しを行い、これに係る繰越計算書を調製したもので、地方自治法施行令第145条第1項の規定により、これを議会に報告するものであります。

 なお、内容につきましては、一般会計に関する報告につきましては企画部長、一般会計以外の報告につきましては各担当部長に説明をいたさせます。



○議長(飯田史朗君) 本案の内容についての説明を求めます。

 まず、報告第2号 平成18年度伊豆の国市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について、企画部長。

     〔企画部長 鈴木俊治君登壇〕



◎企画部長(鈴木俊治君) それでは、本案につきましてご説明させていただきます。

 議案書の3ページ、4ページをお開きいただきたいと思います。

 本報告は、平成19年3月議会定例会におきまして議決をいただきました繰越明許費につきまして、お手元の計算書によりそれぞれ事業名、金額、翌年度繰越額として記させていただき、地方自治法施行令第146条第2項の規定によりまして、平成18年度の繰越明許費繰越計算書として報告をするものであります。

 こちらの12の事業の合計につきましては、金額5億9,064万円、翌年度繰越額5億8,804万9,015円となり、財源内訳は表のとおりであります。

 まず、表の初めから、伊豆長岡庁舎改修事業につきましては、伊豆長岡庁舎の耐震補強工事を実施するものであります。これは、平成15年度伊豆長岡庁舎耐震診断業務の結果に基づき、庁舎としての通常業務にできるだけ支障のない位置に補強部材、K型ブレースを配置するものであります。主な工事は本年10月、11月を予定しており、なお、翌年度繰越額は1億2,504万円であります。

 次に、新総合計画等策定事業につきましては、本年度中に国土利用計画を策定するものであります。これは、平成18年度に実施した基礎調査の結果を基本として、国土利用計画法第8条の規定に基づいて国土利用計画を策定しようとするものであります。内容は、土地の分析、土地利用構想図の作成、また、県との調整が主な事業となります。また、市議会に計画承認についてご審議いただくといったものであります。翌年度繰越額は400万円であります。

 次に、固定資産税調査課税事務につきましては、地籍図データ統合業務は、地籍図の電子データ化として約2,800枚のラスター画像といたしまして、属性データ入力につきましては、約12万5,000筆を行うものであります。こちらにつきましては、5月より始めまして来年2月中の完了を目指して進めております。

 また、伊豆長岡地区の家屋一棟調査業務は、7,200棟の家屋棟番号の特定と、家屋現況図データファイルの作成で、5月より始め来年の1月中の完了を目指して進めております。翌年度繰越額は1,349万6,000円であります。

 次に、老人医療適正化業務につきましては、後期高齢者システム開発を実施するものであります。これは、国において平成18年度に補助金財源を確保し、事業は平成19年度に実施するよう国の方針として決定されたもので、予算計上した事業費を全額翌年度に繰り越したものであります。繰越額につきましては、2,509万5,000円であります。

 次に、放課後児童教室整備事業につきましては、長岡南小学校、長岡北小学校、韮山小学校、韮山南小学校の4校に放課後児童教室としての施設環境の向上と待機児童の解消を図るためそれぞれ新築するものであります。建物の規模につきましては、4棟とも150平米前後でありまして、今月より工事に着手し、10月末日の完成を目指すものであります。なお、翌年度繰越額は1億3,610万円であります。

 次に、道路新設改良事業につきましては、市道長101号線改良工事は、北江間地区で工事に係る財源のうち3分の2となる1,760万円が北江間区財産特別会計より繰り入れられます。工事は6月末に完了予定であります。また、市道大101号線拡幅改良工事は、12月完成に向けて進められております。なお、翌年度繰越額は6,808万5,000円であります。

 次に、都市計画管理事業につきましては、都市計画図デジタル化業務委託についてで、5月に発注済みであります。都市計画マスタープラン策定委託につきましては、6月中に発注する予定であります。なお、翌年度繰越額は9,400万円であります。

 次に、街路整備事業、いわゆるまちづくり交付金事業につきましては、寺家地区の狩野川沿いの市道韮119号線高質空間形成施設工事は5月中に完成しております。また、守山西公園整備事業につきましては、市道韮119号線の工事の工期延長に伴い繰り越された事業で、予定された事業は5月末に完成いたしました。なお、翌年度繰越額は3,832万4,000円であります。

 次に、消防団活動事業につきましては、消防団員の法被417着を購入するもので、すべて5月末に納入され、事業は完了されております。翌年度繰越額は345万9,015円であります。

 次に、消防ポンプ車更新事業につきましては、伊豆長岡方面隊第1分団ポンプ車をCD1を3トンベースで仕上げまして、6月25日に納車予定で進められております。翌年度繰越額は2,025万円であります。

 次に、図書館改修事業につきましては、中央図書館の1階の会議室を開架室、いわゆる児童図書コーナーといたしまして、郷土資料の充実を図ることと、旧大仁町教育委員会の事務所を閉架庫とするものであります。事業は6月下旬より7月にかけて実施する予定であります。繰越額は2,500万円であります。

 ただいまご説明させていただきました12の事業のうち7件につきましては、合併市町村補助金の対象事業でありまして、また、1件につきましては国の指示によると。この8件につきましては、繰越明許費につきまして余儀なくされたということであります。また、通例の繰越明許費として取り扱われるものにつきましては、道路新設改良事業、そして街路整備事業、守山西公園整備事業、そして消防ポンプ車更新事業、この4件でありました。

 以上で説明を終わります。



○議長(飯田史朗君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 3番、田中さん。



◆3番(田中正男君) 田中です。

 4ページの土木費の関係なんですが、先ほど説明がありました一番上の2の道路橋梁費なんですが、この中の市道大101号線の拡幅、宗光寺南條間なんですが、この工事、とても大事な工事なんですが、工事に伴って通行止めによる影響がかなり出ていて、苦情というか、何とかならないかというような、困っているという話を聞くんです。そうでなくても渋滞している国道がさらに渋滞しているということで、立花台に迂回する方もあるんですが、そういう車も相当ふえていて、狭い道で危険であるというような話も聞きますので、これについて、工期を短縮するとか、片側を通すとか、何かそういう方法を考えているのか。あるいは伊豆中央道を無料で通してもらうとかというようなことも考えられるのかどうか、そういう対策についてどのように考えているか伺いたいと思います。



○議長(飯田史朗君) 建設課長。



◎建設課長(田中敏幸君) 今のお話の中で、大101号線拡幅改良工事ということで、確かに言われるとおり、南北の幹線道路というんですか、大仁地区と韮山地区を結ぶ国道136の次にもう一本大事な道路になっています。ご存じのように、もう今、現地を見てもわかりますように、山の方、山の斜面を切って大がかりな工事になっていますので、どうしても通行どめを余儀なくされている状況でございます。片側通行というのはちょっとできない状況にあります。少しでもご迷惑をかけないようにということで、一応工期は12月末を考えておりますが、なるべく早く仕上がるように、工期短縮を図るように、請負業者であります矢田工業の方には指導をさせていただいております。一応、工期短縮ということで、少しでもご迷惑をかけないようにさせていただいております。

 以上です。



○議長(飯田史朗君) 3番、田中さん。



◆3番(田中正男君) 私も現地をよく知っていますので、仕方ないのかなという点もあるんですが、迂回をするしかないという状況はわかるんですが、迂回するところの安全対策もぜひ考慮に入れてほしいと思います。

 もう一点お願いします。同じページなんですが、4番の都市計画費の中の守山西公園整備事業、これは5月に完成ということなんですが、ちょっと私、認識が不確かなんですが、今回のこの事業の中に、韮119号線の整備もこの中に含まれているかどうかというのははっきりわかりませんが、聞きたいのは、あそこに桜並木がありましたが、道路の東側の桜は切ってしまったんですね。両側に立派な桜並木になって、中を通り抜けるようなきれいな桜並木だったのに、片側をすべて切ってしまった。私そういうことを知らなかったんですが、多分桜を残して、東側に歩道をつけるのかと思っていたんですね。そうしたら全部切ってしまったので、どうしてかなということで、ちょっと私、せっかくあれだけのすばらしい桜を切ったということについて……

     〔発言する者あり〕



◆3番(田中正男君) ちょっとそのことについて、知らなかったものですから、ちょっとお聞きしたいと思います、どうしてなのか。お願いします。



○議長(飯田史朗君) 市長。



◎市長(望月良和君) これは韮山の時に出ていたんじゃないの、道路の計画は。木のむこうに歩道なんかできっこないじゃないですか、見ればわかる。



○議長(飯田史朗君) 田中さん。



◆3番(田中正男君) 今、市長そのように言われましたが、私の記憶ではその計画はまだちょっと承知していないんですが、いつ出たのかはちょっと今はっきりわかりません。

 いずれにしても、せっかくの桜だったので残念に思うということだけ意見を申し上げておきます。



○議長(飯田史朗君) ほかにございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 質疑を終結いたします。

 これにて報告第2号 平成18年度伊豆の国市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告を終了いたします。

 続いて、報告第3号 平成18年度伊豆の国市国民健康保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についての内容説明を求めます。

 市民部長。

     〔市民部長 遠藤孝道君登壇〕



◎市民部長(遠藤孝道君) 報告第3号 平成18年度伊豆の国市国民健康保険特別会計繰越明許費の繰越計算書の報告について説明をさせていただきます。

 本報告につきましては、平成19年3月議会定例会におきまして議決をいただきました繰越明許費の計算書の内容を報告するものでございます。

 議案書の7ページをお開きください。

 1款1項の会計管理事業につきましては、3月議会にて後期高齢者医療広域連合創設に伴うシステム改修委託費の367万5,000円を平成18年度から繰り越し、平成19年度においてシステム改修業務を委託する経費でございます。これは、国において平成18年度に補助金財源を確保し、事業は平成19年度に実施するよう国の方針として決定されたものでございまして、予算計上した事業費を全額翌年度に繰り越したものでございます。財源の内訳は、国庫補助金が300万円、一般財源が67万5,000円でございます。

 以上でございます。



○議長(飯田史朗君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ございませんので、質疑を終結いたします。

 これにて報告第3号 平成18年度伊豆の国市国民健康保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についての報告を終了いたします。

 続いて、日程第9、報告第4号 平成18年度伊豆の国市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についての内容説明を求めます。

 健康福祉部長。

     〔健康福祉部長 杉山利雄君登壇〕



◎健康福祉部長(杉山利雄君) 報告第4号 平成18年度伊豆の国市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について説明をさせていただきます。

 本報告につきましては、平成19年3月議会定例会におきまして議決をいただきました繰越明許費の計算書の内容を報告するものであります。

 議案書の11ページをお開きいただきたいと思います。

 1款2項の介護保険料徴収事業につきましては、3月議会にて医療制度改革に伴う介護保険システム改修委託費の346万5,000円を平成18年度から繰り越して、平成19年度において介護保険システム改修業務を委託する経費であります。予算計上した事業費を全額翌年度に繰り越したものであります。財源の内訳は、国庫補助金が96万6,000円、一般財源が249万9,000円となります。

 以上で説明とさせていただきます。



○議長(飯田史朗君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 質疑がございませんので、質疑を終結いたします。

 これにて報告第4号 平成18年度伊豆の国市介護保険特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についての報告を終了いたします。

 続いて、日程第10、報告第5号 平成18年度伊豆の国市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について及び日程第11、報告第6号 平成18年度伊豆の国市上水道事業会計予算繰越計算書の報告についての内容説明を求めます。

 上下水道課長。

     〔上下水道課長 塩谷昭一君登壇〕



◎上下水道課長(塩谷昭一君) それでは、13ページをお開きいただきたいと思います。

 下水道事業の特別会計の繰越明許費の計算書の報告についてご説明をさせていただきたいと思います。

 本件は、平成19年3月定例議会におきまして、平成18年度伊豆の国市下水道事業特別会計補正予算(第4号)として議決をいただいたものでございます。

 この計算は、2款事業費、1項建設事業費において実施しております公共雨水排水整備事業長岡・古奈雨水幹線工事及びこの工事に関連します使用料及び賃借料、補償、補てん及び賠償金に係る経費であります。公共雨水排水整備事業長岡・古奈雨水幹線工事は、県施工の合併支援道路工事の遅延に伴い工事の着手がおくれたことにより、この工事に関連します使用料及び賃借料及び補償、補てん及び賠償金についてもあわせて繰り越しをしたものであります。

 予算計上しました公共雨水排水整備事業長岡・古奈雨水幹線工事の工事費ですが、6,750万円で借地料が5万円、各埋設物等補償金が100万円であり、合わせまして6,855万円の事業費に対しまして、平成18年度中の支払済み額1,562万4,150円となりまして、その残額が5,292万5,850円となり、この額を翌年度へ繰越額としたものであります。この全部が一般財源となります。この工事の完成を7月を目安に進めており、現在88%の進捗を見ております。

 続きまして、17ページをお開きいただきたいと思います。

 それでは、報告第6号 平成18年度伊豆の国市上水道事業会計予算繰越計算書の報告についてご説明をさせていただきます。

 本件は、平成18年度伊豆の国市上水道事業会計予算に定めた、建設または改良に要する経費のうち年度内に支払い義務が生じなかったものであります。

 この計算は、上水道事業会計予算の1款資本的支出、1項建設改良費において実施しております。市道長101号線配水管新設工事及び一般県道韮山伊豆長岡修善寺線配水管布設工事にかかわる経費であります。市道長101号線配水管新設工事は、市道長101号線改良工事の繰り越しに伴い繰り越しをしたものであります。予算計上額400万円を翌年度への繰越額としたものでございます。財源の内訳は、当年度損益勘定留保資金400万円となります。

 次に、一般県道韮山伊豆長岡修善寺線配水管布設工事につきましては、県が発注しております合併支援による一般県道韮山伊豆長岡修善寺線道路工事の遅延により繰り越しをしたものであります。予算計上額2,000万円に対しまして平成18年度支払済み額520万円となりまして、その残額は1,480万円となり、この額を翌年度繰越額としたものでございます。財源の内訳は、当年度損益勘定留保資金1,480万円となります。

 したがいまして、上水道事業会計予算繰越額の合計は1,880万円となり、その全額が当年度損益勘定留保資金となります。

 また、長101号線配水管新設工事につきましては、現在は既に完成をしております。また、一般県道韮山伊豆長岡修善寺線配水管布設工事は、現在75%の進捗を見ておりますが、県工事の進捗に合わせ工事を進めていくこととなります。

 以上で内容の説明を終わらせていただきます。



○議長(飯田史朗君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。

 まずは、報告第5号 平成18年度伊豆の国市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についての質疑を許します。質疑ございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 質疑がございませんので、次に、報告第6号 平成18年度伊豆の国市上水道事業会計予算繰越計算書の報告についての質疑を許します。ありませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 質疑がございませんので、質疑を終結いたします。

 これにて報告第5号 平成18年度伊豆の国市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について及び報告第6号 平成18年度伊豆の国市上水道事業会計予算繰越計算書の報告についての報告を終了いたします。

 続いて、日程第12、報告第7号 平成18年度伊豆の国市一般会計継続費繰越計算書の報告についての内容説明を求めます。

 企画部長。

     〔企画部長 鈴木俊治君登壇〕



◎企画部長(鈴木俊治君) それでは、本案につきましてご説明させていただきます。

 議案書の23ページをお開き願いたいと思います。

 本報告は、平成18年9月議会定例会におきまして議決をいただきました継続費補正につきまして、継続費繰越計算書の報告をするものであります。

 こちらにつきましては、すべて9款1項の防災行政無線デジタル化整備事業につきまして、平成18年度から平成22年度までの5年間で、総額6億2,810万円の継続費のうち、初年度である平成18年度分5,480万円についてであります。

 これは、平成19年2月にパナソニックSSエンジニアリング株式会社と契約し、事業を進めているものであります。

 予算計上額は5,480万円、支出済み額及び支出見込み額は1,060万円で、本年3月に前払いしたものであります。残額は翌年度逓次繰越額となりまして、その4,420万円のうち地方債4,040万円は、平成18年度同意の地方債で平成19年において合併特例債として借りようとするものであります。また、財源内訳のうち繰越額380万円は一般会計繰越金として平成19年度へ持っていくものであります。

 以上で説明を終わります。



○議長(飯田史朗君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 質疑がございませんので、これにて報告第7号 平成18年度伊豆の国市一般会計継続費繰越計算書の報告についての報告を終了いたします。

 ここで休憩をいたします。



△休憩 午前10時05分



△再開 午前10時20分



○議長(飯田史朗君) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第39号の上程、説明、質疑、委員会付託



○議長(飯田史朗君) 日程第13、議案第39号 伊豆の国市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 望月良和君登壇〕



◎市長(望月良和君) 本案につきましては、平成19年度国民健康保険の保険給付費を賄う財源を確保するために国民健康保険税の税率及び賦課限度額の見直しを行おうとするものであります。

 内容につきましては市民部長に説明をいたさせます。

 ご審議を経て、適切なる議決をいただきますようお願いする次第でございます。



○議長(飯田史朗君) 本案の内容について市民部長に説明を求めます。

 市民部長。

     〔市民部長 遠藤孝道君登壇〕



◎市民部長(遠藤孝道君) それでは、本案の内容につきまして説明させていただきます。

 議案第39号の参考資料であります新旧対照表の1ページをお願いいたします。

 第3条第2項中のアンダーライン及び次の2ページの第16条中のアンダーラインの金額につきましては、基礎課税額の上限を定めた賦課限度額であります。この賦課限度額につきまして、地方税法施行令の一部改正に伴いまして「53万円」から「56万円」に引き上げさせていただくものでございます。

 次に、1ページまた戻っていただきまして、第4条中のアンダーラインにつきましては、所得割額を算定するために課税標準の所得に乗ずる税率であります。保険税は給付費を賄う最も重要な財源でございます。平成19年度における保険給付費の財源確保のため、所得割額を算定するための税率につきまして「100分の5.3」から「100分の6.1」に引き上げるものでございます。

 なお、附則におきまして、施行日は公布の日からとし、経過措置として改正後の条例の規定は、平成19年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成18年度分までの国民健康保険税につきましては、従前の例によるものとするものでございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(飯田史朗君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 16番、板垣さん。



◆16番(板垣紀夫君) 16番、板垣です。

 3条の53万を56万ということで、これに該当する人数はどれぐらいあるのか。それから、増収額はどれぐらいあるのか。

 それから、もう一点、4条の、やはり100分の5.3を100分の6.1に、今と同じことが言えると思いますが、その辺をお答え願いたい。



○議長(飯田史朗君) 市民部長。



◎市民部長(遠藤孝道君) まず、税率を53万円から56万円に引き上げました影響ということですけれども、対象者ということでございますけれども、これにつきましては、該当世帯が285世帯になろうかと思っております。金額にしますと855万円ほどになろうかと思います。

 それから、税率アップにつきましてでございますけれども、まず人員の方でございますけれども、国保の加入世帯が1万1,426世帯ございますけれども、そのうちから6割軽減というものが3,232世帯ございます。それを引いた残りということでございます。金額的には、この税率につきましては、約1億円等を見込んでございます。

 以上でございます。



○議長(飯田史朗君) 17番、柳沢さん。



◆17番(柳沢秀次君) 17番、柳沢です。

 この保険税の改正について、先日全協で5分程度、資料の説明があって、多少話しさせていただきましたが、正式の議会で条例改正案として出てきましたので、私も福祉環境委員会の所管を外れましたので二、三聞いておきたいと思います。

 まず、1つの質問は、この間も言ったんですけれども、私は前年、福祉環境委員会に所属していましたけれども、そこで19年度の国保の予算については審議し決定しておるわけですね。予算が決まって2カ月が過ぎた。19年度予算を審議するということは、19年度の収入とか支出、そういうことを計算してというか、見越して予算を決めているわけで、決まった後すぐ所得割を増額するという、その辺の背景がちょっとわかりませんので、まずそこを1点聞きたいと思います。

 それから、私は合併協の記録を見てみましたけれども、その中でやはり3年を目標に適正な税率になるよう調整することが最善であるということはたしか書いてありました。ただ、合併協で議論した後、国保を取り巻く環境というのは非常に変化していると思うんですね。私、17年度もたしか決算の賛成討論でいろいろ述べましたけれども、一番低い韮山の5.3%に所得割は合わせて予算組んで何とか17年度乗り切った。そのことについては評価すると、そういうことを言った記憶があります。それから、国保を取り巻く環境というのは、ご承知のように、いわゆる医療費の個人負担ですね、入院だとかそういうのが負担増になって、結果的には国保の財政としては優位に動いておりますね。

 それから、ことしからは過去になかった診療費の、医者に払う医療費、診療費ですか、これもダウンしていますよね。そういうことから考えると、この間のデータで見ますと、医療費はマイナスになっていますね。そういうことを考えて19年度の医療費の見通しを見ると、極端に上がっていくとは思えない。確かに国保の被保険者というのは年々ふえていきますから、総額としてはふえていくと思うんですけれども、そういうことがまず1つあります。

 それから、今5.3%でやって、これは合併協の中には出ていますけれども、いわゆる公共料金の格差が大きい場合については特別交付税という形で格差是正をしてもいいというふうになっていますね。伊豆の国市はそれをとったかどうかというのはちょっと私は確認しておりませんでしたけれども、その辺は、もしやっていれば3年間はそういう格差是正というのもされているはずだと思うんですね。

 それから、もう一つは、県下の、一般会計からの繰入金の問題なんですが、これも合併協のデータを見ますと、市の部で見ますと特別に伊豆の国市が一般会計から飛び抜けて多く繰り出しているという、そういう事実は見当たりません。

 そういうことを考えてみますと、なぜ今国保の税率を上げるのかなと。医療費が上がってもうやっていけないというんだったら、これはもう最終的には自分たちで決めることですから、私は別に反対はしません。ただ、根拠がどうも、あいまいなような気がするので、そこを確かめておきたいなと、こう思います。

 それから、やはり国保の税率を上げるということについては、国保税を上げるわけですから、当然、担当委員会だとか、あるいは市民に対して、これこれこういう状況なのでこれだけの税率を上げたい、ついては市民の負担はこうなりますよと、そういうことも準備して税改正をするという、これがやっぱり筋道だと思うんですけれども、いきなり議会に出てきたという感じが私はします。その辺について部長からお聞きしておきたいと思います。



○議長(飯田史朗君) 市民部長。



◎市民部長(遠藤孝道君) 柳沢議員さんからたくさんの質問でございますので、回答になるかはわかりませんけれども、もし落ちがありましたらもう一度ご質問願いたいと思います。

 まず1点目でございますけれども、予算のことについて柳沢議員、ご質問だと思いますけれども、これにつきましては、まず平成19年度当初予算の編成に当たりまして、保険税の現年度分につきましては、前年度予算と比較しまして約5,500万円ほどの増収を見込んだわけでございます。その理由といたしましては、第1点目が加入者数の増加でございます。国保加入者数につきましては、毎年約200人ぐらいずつの増加を見ているところでありますけれども、平成19年度の予算につきましては、300人ほどの増加を見込みました。これにつきましては、人口構成割合の高い、いわゆる団塊の世代の皆様がちょうど定年を迎えるからという理由でございます。この300人の増加によりまして、金額的には約2,900万円ほどの予算増を見込んだわけでございます。

 第2点目としまして、税制改正の経過措置として、平成19年度におきましては、年金控除の減額措置が6万円ほどされることになってございますけれども、この65歳以上の国保加入者約9,800人の課税標準所得の伸びによりまして、これは、金額で申しますと約2,600万円ほどの予算増をこれまた見込んだわけでございます。

 しかしながら、所得状況や加入者数の現状というものは見込みどおりの伸びがなかったものですから、ほぼ前年度並みとなったため、予算との比較におきましてまず不足が発生する結果となったということになります。

 それから、医療費は下がっているということでございますけれども、これにつきましては、平成18年度の医療費につきましては、前年対比で確かに下がっております。しかし、ここで保険税率を見直す理由といたしまして3点ほどございまして、1点目は、まず予算編成時には18年度の上半期も含みます3年間の医療費ベースとして算定しておりますので、現時点では給付費の予算を下げるだけの要素を見つけることができなかったわけでございます。

 2点目でございますけれども、18年度の医療費は下がったとはいうものの、現在の保険税率を決めたときの平成16年度当時から比較しますと、1人当たり医療費は1万7,342円もふえておりますけれども、1人当たり保険税額は当時と比較しますとほとんど変わっていないからでございます。

 3点目につきましては、専門家の分析によりますと、平成18年度は例年に比較しましてインフルエンザが非常に少なかったそうでございます。医療費の性質上、平成19年度につきましては、例年並みに見込むことが妥当であるとの意見をいただいておったわけでございます。

 それから、是正についてということですけれども、これについては私はよく存じておりません。

 それから、一般会計からの補てんのことをご質問されておると思いますけれども、これにつきましては、平成19年度の予算におきまして、一般会計からの補てんというものは、1億2,000万円を計上したわけでございます。これは法定外繰り入れと呼ばれまして、原則として保険税の緩和を目的として行うべきではないとされております。しかしながら、無職者の加入割合が非常に高いこの国民健康保険の制度上の問題から財政状況は非常に厳しいものとなり、一般会計からの補てんなしには立ち行かないのが現状でございます。

 そこで、合併協議会の確認事項といたしまして、国民健康保険税の賦課方式及び税率を、先ほど柳沢議員もおっしゃっておりますけれども、韮山町の例により合併時に定めると。ただし、これにつきましては、おおむね3年を目標に、急激な負担増とならないような適正な税率に段階的に調整するといったような内容になっております。この適正な税率の定義として、法定外繰り入れを県平均並みの金額とし、なお必要となる財源を保険税で確保できるということとしたものでございます。

 平成17年度の実績で県平均は1人約4,000円程度でございます。伊豆の国市の国保加入者が2万2,227人として約8,900万円とすることを目標としているところでありますから、法定外繰り入れは増額すべきでないと認識しているものでございます。ただし、単に保険税の引き上げに頼るのではなく、収納率の向上対策であるとか、医療費適正化対策によりまして、健全なる財政運営に努めてまいりたいとは思っております。

 回答になったかどうかわかりませんけれども、以上でございます。



○議長(飯田史朗君) 17番、柳沢さん。



◆17番(柳沢秀次君) 委員会でいろいろ審査していただけると思いますので、余り深くは突っ込みませんけれども、これだけ最後に聞いておきたいんですけれども、確かに今の説明のように、団塊の世代で被保険者がふえていくという、それはわかるし、当然収入があってもそれ以上に医療費が伸びていく、そういうこともわかります。ただ、これはもう予算段階でわかっていることですよね。予算段階でもう団塊の世代が来て被保険者ふえていく、そういうことはもうわかっているはずなんです。ですから、さっきも言いましたように、今なぜかなという、そういうのが私としてはあります。これはまた委員会の中で議論していってほしいと思います。

 それからあと、医療費が足りなくなるから当然税率アップするわけでしょうけれども、さっきも言いましたように一般会計からの繰入金というのは全国的にやっていますし、若いときに医療費がかからない、その人たちが年くって国保に入ってくるから、ある意味では二重取りを、一般会計から繰り入れをするという、そういうのは全国でやっていることであるから、今の市のレベルからしてそのことが気になるのか、あるいはさっきも言ったように、収納率が予算でこのくらい見ていたけれども、どうも今の様子からすると落ちそうだと、そういう面からすると財政は厳しくなると、その3点ぐらいが考えられるんですけれども、私このいろいろ説明聞いた中ではどうも焦点がぼけてくるんですよね、私自身が。ですから、この辺についてもまた委員会等のときにしていただけたらなと、そういうことで私は今回の発言は終わらせていただきます。



○議長(飯田史朗君) ご意見でよろしいでしょうか。

     〔「はい、いいです」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 8番、山下孝志さん。



◆8番(山下孝志君) 山下です。

 自分の経験では、こういう税率を改正する段階では、第三者機関といいますか、国保の運営会議等を開いて、柳沢さんがおっしゃったように、一般市民の代表の方々のご意見を聞いて、そして議会に提案するというのも一つの方法だと思っていますけれども、今の部長の説明の中では運営会議の開催とか、そういう部分がございませんでしたので、開催したのか、開催したならば何回ぐらいで、その中でどのようなご意見があり、そして今回の税率、限度額が決まってきたのか、その経過を説明していただきたいと思います。



○議長(飯田史朗君) 市民部長。



◎市民部長(遠藤孝道君) この開催につきましては、確かに国保運営協議会で了承を得ております。

 まず、1点目の53万円から56万円の賦課限度額の引き上げということでございますけれども、これは日は忘れましたけれども、2月の国保運営協議会におきましてこの件はお話しして、一応了承を得ております。

 それから、税率改正の方でございますけれども、これにつきましては、もちろん5月に入ってからでございますけれども、この件につきましても、国保運営協議会の方で十分協議していただき、やむを得ずということで了承は得てございます。

 以上でございます。



○議長(飯田史朗君) 市長。



◎市長(望月良和君) これは委員会付託ということでございますので、私が今、お話しさせていただくことは参考意見に聞いていただければありがたいわけでありますが、今、部長の方からも話がありましたように、また、柳沢さんの方からもお話がございましたように、合併協議のときにもこの問題はかなりの議論でございました。といいますのは、どのやり方がいいかということはいずれにしましても、合併ありきという問題がまずありましたので、韮山の率に合わせたというのは現状の問題であります。これはご承知のことだというふうに思っておりますが、そのときにおおむね3年で改定をしていくと、そのパーセントは5%以内としようということでご了解をいただきながら合併に向けてゴーを出したわけですが、ご承知のとおり、ご指摘をいただいておりますように、国民健康保険のいろいろな考え方があるわけでありますが、国民健康保険につきましては、例えば自営者であるとか、農業者であるとか、それから高齢者であるとかという形の中で、その方々と、現在若くて一生懸命働いている方々が、先ほども出ましたように、国保の場合については一般会計から財源を繰り入れしていくということは、それはもう要するに二重の保障をいただいているという形になるものですから、サラリーマンの方々からしてみればそれは本来違うわけなんです。

 そうは言ってもいろいろなことがございました。だから合併協議のときに担当の3人の課長に集まっていただいて、何が一番この国保について大切なことかといったら、国保税を下げていくための努力をどうやってするかを持ってこいということでやったわけです。しかし、これはそう言われてもそう簡単にできる問題ではない。しかし、とにかくがんの検診なんかを含めて、医療費を下げていくための努力の政策を打とうと、そのために向こう3年の中で何とか見直しをしながら一般財源を、少しでも繰り入れを減らしていく努力をしようよと。当初は約2億円のものを、繰り入れをしてこの帳じりを合わせたという形でございました。

 しかしながら、当時長岡は一銭も出してもらっておりませんでしたし、当時は大仁も出してもかなり少なかった。ですから、旧長岡の方々、旧大仁の方々は下がった分だけ得をしたという感じを持ったのかもわかりませんが、本来的に違う考え方なんです。

 ですから、そういうことをきっちり、やっぱり制度上の問題として考えて、一生懸命子育てで頑張って働いている方々の、サラリーマンの方々のことも考えていきますと、きっちり制度を考えていこうということが大切なことであって、そのための保険事業であると。要するに、がんの検診の無料化であるとか、今一生懸命やっているお年寄りの健康事業、こういうものを積極的にやりながら、全体の医療費を下げていく、そのことが結果的には国保の加入者の料率を下げていくことにつながることじゃないかと。だから、できるだけ一般財源からのお金を入れないで、かなり今、検診関係だけでもお金が入っているわけですから、そういうものをきっちり理解していただいて物事をやっていくと、そういうことをしたわけです。

 ですから、できれば上げないで済む方がいいわけです。しかしながら、そうやって考えていきますと、どんどん社会資本の整備というものはおくれていくわけなんです。ですから、今、比較的、全体的にはいろいろな制度の改正の問題もあったりするわけですが、同時に医療費を抑えてくることができている。それはいろいろの事業の一つの成果はもう出てきていることではあることは確かなんです。ですからこそ皆さん方に国保の制度そのものの理解をしていただいて、そしてまたやがて下げるときが来れば下げさせていただくと、いつまでもそういう形ではなくて、そういうふうに考えいくべきだというふうに今思っております。

 ですから、ご承知のとおり国保の場合については一定の、要するに基金を確保しておかなければ、これは、一発大きな病気なんかが流行したときに大変な問題になるわけでありますから、そういうことをきっちり考えながらやっていくということを考えているわけでございまして、今回もそんなに大きな上げ幅ではありませんが、こういうことの理解をきっちりしていただくということで、この間も国保運営協議会を通して関係の皆さん方のご理解もいただきましたし、確かにこれを、表に出しちゃいますと、これはなかなか収拾がつかない。上げるのがいいか、下げるのがいいかといったら、これは上げる方に賛成なんていう人はいないんですよ、正直言って。

 ですから、先ほど柳沢さんから話がありましたように、そうであるならば予算を組む前にやるべきだということを話をしましたけれども、では給料など、例えばいろいろなものを上げるときに、途中でやっても4月から上げようというのが普通、本来の、年度の違いなんですね。前でやろうとすると、それは現行の中で仕事をしていますので、それは年度が変わってからです。とりあえず予算を組んでおいて、その中で皆さん方にご了解いただければ、4月にさかのぼって上げていこうというのが今の私共のやり方でありますし、国も今の制度のやり方としては、私はそれでやるしかないと。もしそうであるならば、ここでやったやつがまた来年度までいってしまうと。これが適正であるかどうかということになるわけですから。私は、それよりもやっぱりもっともっと、どんどん対応していくものがたくさんありますから、そのことをもっと積極的にやるべきだというふうに思っております。

 これは私の考え方でありますので、違うよと言う人が、山下さんあたりも違うのかもわかりませんけれども、それはそれでいいわけです。委員会の中でご審議いただいて、きっちり提案していただいたようにやっていただければ大変ありがたいというふうに思っています。



○議長(飯田史朗君) 質疑ございませんか。

 3番、田中正男さん。



◆3番(田中正男君) 今、質疑の中で出てきました件と同じなんですが、特に今回、値上げの理由が、先ほど柳沢議員が言いましたように、医療費が上がったというわけでなく、合併協の申し合わせと、それから一般会計からの繰り入れの県平均ということが主な理由だというふうに私は考えるわけなんですが、特にこの合併協の方針というのは決定ではなくて、あくまで決定はこの新しい市議会で決めるのが決定ですので、ここで決定するのが最終的な判断だと思うんですが、何が何でも合併協の方針でいくだというんではなくて、実情に合わせて考えていくべきだと思うんですが、その中で一番の問題は繰り入れをどうするかなんですが、県平均に合わせるというのは余りにも自主性がない発想なんですね。これは政策的繰入れですので、ゼロもあるんですが、もっとたくさん繰入れることもできるということで、積極的にその場合は考えて、市民の状況も考えて、どうしていったらいいかということをやっぱり把握していくべきだと思うんですね。

 特に国保というのは、先ほど市長も言いましたように滞納がかなりあります。その中身といいますと、どうしても国保というのは税金で一番高い税金ですから、そういう点では負担がすごいかかるということで、何十万という単位ですから、年間で払う額が。その中でやはり厳しくて払えないという人が中に出てくるということで滞納者がふえてくるんですが、それをカバーするのが、では払っている人がカバーしていくのかということになるわけですね。そうしたら払っている人はもっと厳しくなっちゃう。そういうときにどうするか、当然収納率も上げていくんですが、そのカバーをほかの加入者に、それも働いている一番出している人にさらに負担をかけるということでなくて、やはり行政ができるだけそれをカバーしていくという立場に立つかどうかという、そのことも基本的なことで繰入れは決まっていると思うんですが、市長はサラリーマンの二重取りがあるとかという説明していましたけれども、ある程度そういうことは仕方ないことだと思うんですね。

 例えば公共下水でも、市からは3億円の金を入れています。公共下水に入っていない方も大勢市民の中にたくさんいるんですが、そういう人も同じように税金払っているんですが、その人たちだけのためにということになることも考えられますし、多少市全体を考えた場合、すべてに公平にいくということは無理なことで、多少そういう、困っている人を助けるというのはやっぱり市民の理解を得られると思うんですね。

 だから、当初は2億円だったのを19年度予算では1億2,000万まで下げているんですが、韮山町のときも5,000万ぐらい入れていました。先ほど市長言ったように、長岡は入れていなくて、大仁はかなり減らしていたんですが、大仁の経過というのも、国保料を上げた結果、余ったのでそれを基金に入れて、結局今度繰り入れはしなかったということも聞いているんですが、やはり市の政策的なこととして積極的に市民のためにということでやっていくべきだと思うんですが、もう一度その点について市長にお聞きしたいと思います。



○議長(飯田史朗君) 市長。



◎市長(望月良和君) 例え話で今、下水の問題が出ましたから一言だけ言っておきますけれども、これは国の政策ですからね。ですから、下水に、高原の方、上の方の人たちは確かに関係ないといえば関係ないのかと、そう思って言っているのかもわかりませんが、あれは地球環境を守ろうという形でやっているわけですから、例え話としては大変不適切ですからご理解いただきたいと思います。

 私が言いましたのは、滞納がどうのこうのなんてことは言っていません。要するに本来的にはもう少し自分たちも一般財源としてやっぱり生活環境なんか整備していくような事業がたくさんあるんじゃないのと、だから、そういうものを早くやるためにも、努力して、少しでもいいからそういうものを減らしていく、一般財源からの繰り入れやなんかも減らしていくように努力しようよという一つのあらわれである、そのことは合併協議の中で皆さんがご了解をしていることなんです。合併協でやったからそれを優先しようとか言っているじゃなくて、そういうことなんです。

 ですから、正直いっていろいろな事業を含めて医療費をどうやって下げていったらいいかということをきっちり考えていく、やっぱり一つ一つの、一つのきっかけにはなっていくわけでありますので、そういう面でご理解いただきたいと思うわけです。

 ですから、正直言って、二重にというとおかしいんですけれども、サラリーマンの方々、当然のことながら、自分たちが、それじゃもう少し自分たちの方にも補助してよというのは本来である。そうなるともっともっと、例えば産業だとか何とかといろいろな、田中議員だって言うように、道路直してよ、高原の道路直してと言うわけですから、そういうものをきっちりやっていくためにはやっぱり一般財源の確保というのはきっちり必要なんですよ。それを早く手を打っていかないと大変なことになるよということで、滞納の問題は確かにあるかわからない。それはそれで、それはしようがない、しようがないと言うとおかしいんですけれども、努力することは確かなんですが、そういうものを含めて考えているわけで、ですから、全く一般財源から繰り入れをしないと言っているわけではなくて、それは一定の割合でまあまあ仕方がない部分というのはあるわけですよ、それは。ですから、そのぐらいは考えていかなきゃならないと。しかしながら、できれば、できるだけそれを減らして考えていきたいというのが今回の趣旨でありますので、委員会でご審議をいただきたいというように考えます。



○議長(飯田史朗君) ほかにございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 質疑がないようですので、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第39号 伊豆の国市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定については、所管の福祉環境委員会に付託したいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は所管の福祉環境委員会へ付託することと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第40号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(飯田史朗君) 日程第14、議案第40号 平成19年度伊豆の国市一般会計補正予算についてを議題といたします。

 市長から提案理由のご説明を求めます。

 市長。

     〔市長 望月良和君登壇〕



◎市長(望月良和君) 本案につきましては、歳入歳出からそれぞれ892万1,000円を減額し、総額を158億8,107万9,000円とする予算の補正をしようとするものであります。

 なお、内容につきましては企画部長に説明をいたさせます。

 ご審議を経て、適切なる議決を得たくお願いする次第であります。



○議長(飯田史朗君) 本案についての内容説明を企画部長に求めます。

 企画部長。

     〔企画部長 鈴木俊治君登壇〕



◎企画部長(鈴木俊治君) それでは、本案についてご説明させていただきます。

 別冊の1ページをお開きいただきたいと思います。

 平成19年度伊豆の国市の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正、こちらにつきまして、第1条であります。

 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ892万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ158億8,107万9,000円とするというものであります。

 それでは、2ページ、3ページをお開きいただきたいと思います。

 まず、第1表の歳入歳出予算補正についてであります。

 こちらの歳入から入らせていただきます。

 12款分担金及び負担金につきましては、1項の負担金を732万2,000円を減額いたしまして、合計を5億4,082万8,000円とするものであります。13款使用料及び手数料につきましては、1項の使用料でありまして、3万円を追加して2億6,975万2,000円とするものであります。14款国庫支出金につきましては、1項の国庫負担金でありまして、315万円を減額いたしまして、11億6,016万1,000円とするものであります。15款県支出金につきましては、1項の県負担金から3項の県委託金まで合わせまして580万5,000円を追加いたしまして、9億5,517万2,000円とするものであります。18款の繰入金につきましては、すべて2項の基金繰入金でありまして、428万4,000円を減額して5億2,460万3,000円とするものであります。歳入の合計額につきましては、補正前の額158億9,000万円から、今回補正額892万1,000円を減額いたしまして、総額を158億8,107万9,000円とするものであります。

 次に、3ページの歳出に移らせていただきます。

 1款の議会費につきましては、546万8,000円を減額いたしまして、1億6,971万7,000円とするものであります。2款の総務費につきましては、1項の総務管理費から6項の監査委員費まで合わせまして6,833万8,000円を減額して、21億9,678万7,000円とするものであります。3款の民生費につきましては、1項の社会福祉費から6項の保育園費まで合わせまして986万1,000円を追加して、42億9,274万1,000円とするものです。4款衛生費につきましては、1項の保健衛生費から4項の清掃費まで合わせまして136万3,000円を追加して13億7,607万2,000円とするものであります。6款の農林業費につきましては、すべて1項の農業費でございまして、723万4,000円を追加して、2億3,540万4,000円とするものであります。7款の商工費につきましては、1項商工費と3項の文化振興費でありまして、316万8,000円を追加して、5億3,408万9,000円とするものであります。8款土木費につきましては、1項の土木管理費と4項都市計画費を合わせまして1,261万6,000円を追加いたしまして、23億2,904万4,000円とするものであります。9款の消防費につきましては、278万円を追加して、8億6,331万3,000円とするものであります。10款の教育費につきましては、1項の教育総務費から9項の図書館費まで合わせまして2,786万3,000円を追加して、18億148万8,000円とするものであります。歳出の合計につきましては、補正前の額158億9,000万円から、今回の補正額892万1,000円を減額して、総額を158億8,107万9,000円とするものであります。

 4ページ、5ページを省略させていただき、6ページ、7ページをお開きいただきたいと思います。

 ここより事項別明細により説明をさせていただきます。

 まず、歳入であります。

 12款の分担金及び負担金、1項2目の民生費負担金につきましては、732万2,000円の減額であります。こちらにつきましては、精神障害者社会復帰施設運営費の負担金であります。こちらは精神障害者地域生活支援センター、いわゆる田方・ゆめワークの関係でございまして、従来10市町よりの負担金をもって運営しておりましたが、これを取りやめまして、各市や町で直接業務委託をすることとなったためにこの経費を減額させていただくものであります。

 次に、13款の使用料及び手数料であります。1項7目の教育費使用料、こちらにつきましては3万円を計上させていただいております。内容的には、長岡温水プールの自動販売機の設置使用料であります。こちらにつきましては、1平米当たりの評価額に使用率と面責を掛け合わせましてさせていただくと。内容的には目的外使用料だということでこういった計算をさせていただいた上に3万円を計上させていただくものであります。

 14款国庫支出金についてです。1項1目の民生費負担金につきましては、315万円の減額であります。まず、ここの1節の障害者福祉費の負担金、こちらが身体障害者の保護費の負担金として630万円、そして、4節の生活保護費の負担金としましては945万円の減額となっております。

 そして、その下の15款の県支出金、1項1目民生費負担金ですが、こちらに身体障害者保護費の負担金、こちらは315万円と計上させていただいております。ただいまのこの3点につきましては、生活保護者の人工透析代を今までの生活保護費で見ていたものを、障害者自立支援法によりまして更生医療給付に経費が移行したためであります。

 15款の2項4目の農林業費補助金、こちらが221万円であります。こちらにつきましては、県営造成施設管理体制整備促進事業補助金であります。こちらにつきましては、農業用水で土地改良区管理のうち県営施設において、使用内容が農業用の水利施設の農業以外の多面的機能にかかわるものであるということから、維持管理費の37.5%を補助の対象額としてその2分の1を県が市へ補助をするといった内容で、このことにつきましては、平成19年度から平成23年度までの5年間実施されるということの、通知が来ているということであります。計算式、計算の根拠としましては、平成16年に9町が韮山の土地改良区に補助した額1,178万8,000円、これのうちの35%、これが442万円になりますが、その2分の1が221万円ということを計算の根拠としております。平成18年度にはもう少々上がる予定だというふうには受けております。

 それでは、8ページ、9ページをお願いいたします。

 15款3項1目の総務費委託金であります。補正額は44万5,000円であります。こちらにつきましては、参議院議員選挙事務費委託金でありまして、県よりの内示額が内示がございましたので、追加をさせていただくものであります。

 18款2項1目の財政調整基金繰入金でありますが、428万4,000円の減額であります。こちらにつきましては、歳出とあわせまして、それぞれの額の調整として計上させていただくものであります。

 それでは、10ページ、11ページをお願いいたします。

 歳出に移らせていただきます。

 今回の補正につきましては、4月1日の職員の人事異動によります人件費の増減が多く含まれております。しかしながら、こちらにつきまして各課等の人件費事業の説明につきましては省略させていただきまして、給与費明細書のところでまとめて説明させていただきたいと思います。

 それでは、歳出の主なところを説明させていただきます。

 1款議会費、1項1目の議会費でありますが、546万8,000円の減額であります。こちらにつきましては、右のページで、市議会運営事業ということでさせていただいておりますが、こちらは議員の報酬、こちらが3月30日で議員が1名減ということで、30万5,000円掛けることの12カ月ということで366万円を減額させていただいております。あわせまして、同じ理由で期末手当、そして議員共済組合の負担金、それぞれこちらに明記させていただいたとおり減額をさせていただいております。

 2款総務費であります。1項1目の一般管理費で、2,137万1,000円を減額しております。まず、こちらの右側の上ですが、人事管理事業として300万円を計上させていただいております。こちらにつきましては、職員の人材育成基本計画策定委託料、こちらが150万円、人事管理制度の研修委託料、こちらが150万円、合わせて300万円ということであります。

 次に、12ページ、13ページをお願いいたします。

 ここで2款1項5目の企画費につきましては、1,361万4,000円を計上させていただいております。まずは、生活支援バスの運行事業、こちらに121万7,000円を上げております。こちらにつきましては、路線廃止となった部分に大仁小、大仁東小、大仁中において生徒が利用する一部日数を補てんすることとなりましたので、その経費を計上させていただいております。次に、その下の行財政改革推進事業で9万9,000円を計上しております。税理士報償と職員の普通旅費でございますが、内容的にはこの税理士の関係につきましては、指定管理者の公募の際の企業の財務状況の分析のためにお願いする報償でございます。しかし、こちらにつきましては、もともとこの下の企画費の一般事務管理経費の方にございまして、本年4月1日の機構改革実施に伴います企画財政課の予算の振りかえということでご理解いただきたいと思います。

 それでは、17ページをお開きいただきたいと思います。

 こちらにつきましては、2款1項9目の情報システム費でありまして、63万9,000円を追加させていただいております。内容的には、右側の内部事務系システム管理運営事業ということで51万7,000円、こちらにつきましては、情報化機器の賃借料としておりますが、内容的には旧大仁の電算機器の賃借料ということで、ノートパソコンあるいはデスクトップ、またプリンターといった部分につきまして、19年度の当初予算に計上漏れしていたために、6月定例会の補正で上げさせていただくものであります。

 次に、21ページをお願いいたします。

 2款4項3目の参議院選挙費であります。こちらにつきましては44万5,000円を上げさせていただいておりまして、内容補正であります。内容的には、こちらは7月中旬と申しますか、22日あるいはそれ以降ということで予定されている選挙のことでありまして、既に行われました県議会議員の選挙のときの事務従事者の配置状況から、参議院議員選挙では不足が生じるだろうというふうなことで、選挙事務従事者の賃金を126万円計上させていただいております。そういったことから、枚数計算機保守委託料、あるいは携帯電話借上料、そういったものを増額させていただくということで、投票用紙の読み取り機の購入費、また、新聞折り込み手数料、ポスター掲示板の借上料、そういったものを減額してあります。内容の内訳の変更といいますか、そういった形で内容補正をさせていただいております。

 次に、22ページ、23ページをお願いいたします。

 3款民生費であります。1項1目の社会福祉総務費で285万9,000円を上げさせていただいております。このうちの介護保険関係のもので、介護保険特別会計への繰出金、これが518万6,000円であります。

 3款1項2目の国民健康保険費268万円でありますが、こちらにつきましては、すべて国民健康保険特別会計への繰出金であります。

 3款1項3目の生活保護費でありますが、1,260万円の減額であります。こちらにつきましては、医療費扶助ということでさせていただいております。こちらは、生活保護者の人工透析の医療費につきまして、障害者自立支援法に基づきまして負担することとなりまして、つまり更生医療へ移行のため減額いたしまして、後に出てきます3款4項1目の障害者福祉費への振りかえであります。

 それでは、24ページ、25ページをお願いいたします。

 3款4項1目の障害者福祉費で、160万3,000円を計上させていただいております。右側のページにございますが、先ほどの生活保護費より移行してまいりました自立支援の医療事業、すみません、27ページをお開きいただけますでしょうか。こちらにつきまして、障害者更生医療給付ということで1,260万円を上げさせていただいております。また、その下の関係ですが、精神障害者地域生活支援センターの指定管理の委託料ということで1,099万7,000円を減額しております。こちらにつきましては、地域生活支援センターの事業実施について、駿東・田方圏域の10市町がセンターに直接業務委託することになったために、本市内には先ほど申し上げましたが、田方・ゆめワークがあるわけですが、そういったことでこの金額をはじき出しております。この数字を出す根拠になりますのは、当初予算の指定管理委託料2,136万7,000円から、業務委託料の流用額、そして、現在見込みの指定管理委託料、そういったものを引きますと、残ったのが1,099万7,000円と、こちらが不用額とみなされまして減額をしているものであります。

 それでは、28ページ、29ページをお願いいたします。

 4款衛生費に入ります。1項1目の保健衛生総務費、こちらが561万3,000円の減額であります。事業的には保健衛生総務事業と臨時・非常勤職員賃金で、178万6,000円を上げさせていただいております。こちらにつきましては、7月18日より保健師が産休取得によりまして、それに伴いまして臨時職員により人材を確保していくというふうなことであります。

 次に、4款1項3目の母子保健費につきましては、47万3,000円計上しております。こちらは母子保健診査事業で、レフラクトスクリーナー購入費となっております。これは、3歳児健診のときに目の検査をするということで、その目の検査をするときの器械が修理不能となってしまいましたので、ここで購入させていただこうというものであります。

 36ページ、37ページをお願いいたします。

 9款消防費であります。1項2目の非常備消防費で219万円を計上させていただいております。ここで消防団活動事業として198万円が上がっておりますが、こちらは消防協会田方支部の査閲大会にて自動車ポンプ操法の部で長岡方面隊第7分団が見事優勝しまして、8月4日の草薙総合グラウンドで行われる県消防操法大会へ出場することになったためのことと、それに伴います訓練、出場に要する経費を計上させていただいております。こちらにつきましては、出動費用の弁償、そして消耗品費、少々詳しく申し上げますと、出動費用弁償につきましては、174人分を見ております。1回当たり1,500円であります。消耗品につきましては、ホース、足袋、手袋、きゃはん、ゼッケン等が含まれております。食糧費につきましては、近隣の6市町合わせて行われます壮行会にての飲み物代、あるいは大会の関係者の弁当代、そういったものが含まれております。また、有料道路の通行料、またバスの借上料。バスの借上料につきましては、大型バス4台を予定しております。消防団の運営交付金、こちらは50万円とございますが、こちらは既に交付金の要綱を定めておりまして、そのことに規定されている金額で計上させていただいております。次に、消防団施設維持管理事業で21万円上げております。水道料と下水道使用料でございますが、水道料につきましては、消防団の26の詰所がございますが、そのうちの23の詰所の水道料のものであります。下水道使用料につきましては、消防団の12カ所の詰所の下水道使用料ということでそれぞれ上げております。

 9款1項4目の災害対策費につきましては、59万円計上しております。こちらは、災害対策本部事業として時間外勤務手当ということで上げております。平成18年度では災害発生後に予備費でこういったものを、災害にかかわる時間外につきましては対応しておりましたが、平成19年度より市のすべての部局、支所で職員がこういった災害の対策について対応することとなりましたので、一括して時間外手当を確保するというふうな方向で今回計上させていただくものであります。

 次に、38ページ、39ページをお願いいたします。

 10款の教育費でございますが、2項1目の小学校総務費で395万6,000円、こちらにつきましては、小学校施設維持補修事業でありまして、まずは校舎外壁補修工事、こちらは大仁小学校の東校舎外壁の剥離部分の補修工事、爆裂部というのがございまして、補修部分が54カ所あり、そういったものに対応していくということであります。また、受水槽の揚水ポンプ及び配水管の改修工事、こちらも大仁の関係でございますが、263万6,000円という形で計上させていただいております。

 40ページ、41ページをお願いいたします。

 10款3項1目中学校総務費でございますが、124万4,000円を追加させていただいております。これは、中学校の施設の維持補修事業、いわゆる修繕費という形で114万円上げております。内容的には、大仁中学校のテニスコートの配管漏水修理、あるいは消防施設の修理、韮山中学校におきましても消防施設の修理、長岡中学校につきましてはトイレブースの修理、そういったものが該当するものであります。

 次に、44ページをお願いいたします。

 給与費の、こちらは明細書であります。内容を説明させていただきます。

 1の特別職等ということでございますが、これは市会議員の補正前の数字が23となっておりまして、補正後に22名という形になっております。よりまして、市会議員が1名減ということであります。先ほど議会費のところでも説明をさせていただいたとおりであります。これによりまして報酬を366万円減、期末手当が124万5,000円減、合わせまして490万5,000円を減といたしまして、また、共済費56万3,000円の減を合わせまして合計546万8,000円の減額となりました。

 次に、一般会計におかれます一般職の関係であります。補正前に385人であったものが、383人になりまして、2名減ということでございます。そのことで給与費関係では、給料としては576万1,000円の減、職員手当で114万4,000円の増、合わせまして461万7,000円の減額となっております。また、共済費につきましては992万8,000円の減額で、合計1,454万5,000円の減額となりました。

 職員手当の内訳ですが、扶養手当、住居手当、期末手当、勤勉手当、通勤手当、宿日直手当、管理職手当、あるいは時間外手当、退職手当組合負担金、特殊勤務手当、児童手当とこちらに記させていただいたとおりでありますが、児童手当につきましては、147万円の増額であります。こちらにつきましては、平成19年4月から3歳未満の者につきまして月額1万円が支給されることとなりました。金額が1万円に増額されております。そういったために増となったものであります。

 次に、(2)の給料及び職員手当の増減額の明細でございますが、給料につきましては576万1,000円の減、こちらは職員の異動によるというふうに説明書きにさせていただいております。職員手当につきましては114万4,000円の増ということで、説明欄に記させていただいたとおりであります。

 以上、雑駁でございますが、説明を終わらせていただきます。



○議長(飯田史朗君) 以上で説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。

 質疑は歳入歳出一括で受けますが、質問箇所のページを述べてから質問に入ってください。

 3番、田中さん。



◆3番(田中正男君) 3番、田中です。

 歳出の11ページをお願いしたいんですが、2款総務費、1項総務管理費の中の人事管理事業なんですが、ここに300万円の増額ということで、職員人材育成基本計画の策定の委託と、それから、人事管理制度研修委託ということで、先ほどの説明ではこれを読まれただけですので、ちょっと内容がわかりませんので、この委託する内容について説明を求めたいと思います。



○議長(飯田史朗君) 答弁を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(豊竹満夫君) それでは、今回お願いするのは2項目、最初に職員の人材育成の基本計画の策定委託料の150万でございます。現在、市になって2年が経過して、伊豆の国市の職員としての将来像等を見据えながらいろいろな人事評価制度の構築をということで、先に事業を進めておりますけれども、県の自治行政室の方から、現在、合併して伊豆の国市になってまだ人材育成の基本方針の策定がされていないということで、至急に策定しなさいというような指示がございます。そういう中で、伊豆の国市としては今回補正をしてまでも、来年3月までにこの計画を策定するという考えでの案件でございます。

 もう一点、人事管理制度の研修委託ということで、これも現在、昨年から試行ではありますけれども、人事評価制度の中で1つは目標管理制度の導入、もう一点は能力評価、こういう形のものを、いずれにしても所長以上、あるいは園長以上を対象に現在この2つの事業を、評価の方を試行させていただいております。そういう中で、今回新たにやっていきますと、一般職への導入ということで今回は考えております。そういう中で一般職についての研修もやっていきたいということで、一般職についての、例えば業務目標についての目標設定の研修等も、やはりこれも3回程度やっていくと、そういう中の費用を盛り込ませていただきました。

 当然、今、試行で昨年11月から3月までのものと、現在、19年度になりましてこの4月から来年3月までのものの目標管理を現在、これもコンサルの支援を受けながらということですけれども、ここで副市長の面談等もやりながらその目標設定のあり方、あるいはヒアリング等実施をさせていただいています。6月の最終的には19日をもって終わるわけですけれども、そういう中で試行ではありますけれどもやっている中で、やはり一般職についても目標設定をここで入れていくという中で、市の目標の中での部の目標、あるいは課の目標、そして課の目標をいかに職員が遂行していくかという目標設定の中での研修を一般職に入れていくと、そういう研修費用を今回盛り込ませていただきました。

 以上であります。



○議長(飯田史朗君) 3番、田中さん。



◆3番(田中正男君) 特に人事管理制度の方は、今、管理職を行っているということなんですが、これを今回は一般職まで広げたいということなんですが、この一般職はすべてを対象なんでしょうか。それともまだ管理職の、中間の段階を考えているのか、その点をお聞きしたいのが1点。

 それから、上の職員人材育成の方は県の指導で3月までということなんですが、これは、委託をするというのは専門的なこういうコンサルがあるんでしょうか。どのような形を考えているのか、その2点お聞きします。



○議長(飯田史朗君) 総務部長。



◎総務部長(豊竹満夫君) まず、最初の質問については当然一般職全員でございます。

 それと、2点目については、やり方としては職員みずからが伊豆の国市としての人材育成方針についてのものをつくっていただきますけれども、それに対するやっぱりアドバイス等を専門のコンサルがやっていきます。そういう中でつくり上げていくという手法になります。

 以上であります。



○議長(飯田史朗君) 4番、三好陽子さん。



◆4番(三好陽子君) 歳入の方でも出てきてご説明を少ししていただいたんですけれども、私、歳出の方の27ページの方としてちょっと伺いたいんですが、精神障害者社会復帰施設管理運営事業の減額についてなんですけれども、今度それぞれの市町が直接業務委託をするということで減額ということの説明だと思うんですけれども、ちょっとお金の流れというか、システム上、障害者自立支援法を施行されてということも絡んできているのかなと思うんですが、一番心配するところは、施設の方の運営なんかも大変厳しくなってくるというような話も聞いているものですから、施設への影響とか、利用者の影響はないとは思うんですけれども、障害者自立支援法の完全施行で利用者なんかが減っているのではないかなという懸念もするので、現状も含めて今回の減額について少しお金の流れについて伺いたいなと。半分減額で、さっき数字を言っていただいたんですけれども、書き切れないところもありましたので、ご説明をもう少ししていただければと思います。



○議長(飯田史朗君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(杉山利雄君) お答えいたします。

 今回の補正につきましては、歳入と歳出に関連しております。今、議員のご質問につきましては、田方の精神障害者社会復帰施設であります田方・ゆめワークの支援センター事業に関することであります。現在、この事業につきましては、伊豆の国市と伊豆市と沼津市の3市から人口割と利用者割に基づきまして運営費と送迎費と施設維持管理費を積算して負担金により財団法人の復康会に指定管理をお願いして運営しています。

 このような精神の支援センターにつきましては、駿東・田方圏域内に5カ所のセンターがあります。これは先ほど企画部長からの説明があったとおりであります。その駿東の田方圏域は十分あるんですが、その5センターに関係していますところの10市町が昨年話し合いを持ちまして、この5センターともに精神の関係でありまして、同じような業務ということで、障害者が5センターどこでも利用できるように、現在の5センターの事業費を利用割合に関係なく人口割で積算して、10市町が5センターとそれぞれ委託契約していく方向で決まりました。

 ですから、これは障害者自立支援法とは全く関係ありません。議員ご質問の利用者とか、また事業者に対することについても、利用者についても迷惑をかけることありませんし、事業者につきましても影響ということはありません。やはり目的はどこでも5センター待機している方たちが利用できるようにすることが目的であります。

 そういうことでありまして、今まで私のところにありました田方・ゆめワークにつきましては、二千百何万円ほどの事業費を計上しておりましたけれども、今回そのことによりまして10市町が、実際は田方・ゆめワークを使っていないところもありますけれども、やはり均等ということになりまして、1カ所、1町、運営費につきましては121万8,167円という計算が出てきました。そういうことで、もちろん当市につきましても、1市はあるんですが、あと4つのセンターにつきましては、それに掛けて4カ所分を出すということになります。そういうことにつきまして、田方のゆめワークの方の事業費が減額になったということでございます。

 以上です。



○議長(飯田史朗君) ほかにございませんか。

 9番、鈴木平一郎さん。



◆9番(鈴木平一郎君) 鈴木です。

 また歳入の方に戻って申しわけないんですが、6ページの15款県支出金の農林業費補助金についてですが、ちょっとお伺いしたいと思います。

 土地改良事業補助金でありますが、県営造成施設管理体制整備促進事業補助金とありますけれども、これは今先ほど企画部長の方より説明がありましたんですが、37.5%の対象ということで、2分の1が負担ということではありましたですが、どのようなものがこの伊豆の国市にはあるのかということと、それから、事業というのは、この221万円ですが、この事業はどのようなもので行われるかを少しお聞きしたいと思いますので、もう少し詳しくお願いしたいと思います。



○議長(飯田史朗君) 観光産業部長。



◎観光産業部長(八木基之君) それでは、鈴木議員のご質問にお答えいたします。

 基本的にどのようなものが対象かということでございます。現在、韮山地区に416ヘクタール、また韮山用水として6,197メートルの用水がございます。このものを管理している土地改良区、これが今回の対象となっております。したがいまして、この収入というものは、今現在伊豆の国市が土地改良区に補助しているお金というようなことで、このお金がそのまま、また新たに出ていくというような解釈はしておりません。

 以上でございます。



○議長(飯田史朗君) ほかにございませんか。

     〔発言する者なし〕



○議長(飯田史朗君) ないようですので、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は委員会付託を省略し、これより討論に入りたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認め、これより討論に入ります。

 最初に、本案に対し反対討論の発言を許します。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 次に、賛成討論の発言を許します。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。議案第40号 平成19年度伊豆の国市一般会計補正予算(第1号)について賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(飯田史朗君) 起立全員でありますので、よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

 ここで休憩をいたします。



△休憩 午前11時40分



△再開 午後1時00分



○議長(飯田史朗君) 休憩を閉じ、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第41号〜議案第44号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(飯田史朗君) 日程第15、議案第41号 平成19年度伊豆の国市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、日程第16、議案第42号 平成19年度伊豆の国市老人保健特別会計補正予算(第1号)、日程第17、議案第43号 平成19年度伊豆の国市介護保険特別会計補正予算(第1号)、日程第18、議案第44号 平成19年度伊豆の国市上水道事業会計補正予算(第1号)の4件を一括議題といたします。

 市長に提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 望月良和君登壇〕



◎市長(望月良和君) 本案につきましては、平成19年度伊豆の国市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)外3件の会計の予算の補正をしようとするものであります。

 まずは、議案第41号 平成19年度伊豆の国市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出にそれぞれ268万8,000円を追加し、総額を56億1,868万8,000円とする予算の補正をしようとするものであります。

 次に、議案第42号 平成19年度伊豆の国市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出にそれぞれ1,721万8,000円を追加し、総額を40億7,321万8,000円とする予算の補正をしようとするものであります。

 次に、議案第43号 平成19年度伊豆の国市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出にそれぞれ524万円を追加し、総額を26億2,424万円とする予算の補正をしようとするものであります。

 次に、議案第44号 平成19年度伊豆の国市上水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、第3条で認められた収益的支出に238万2,000円を追加し、総額を5億7,222万4,000円とする支出予算補正であります。

 なお、内容につきましては各担当部長に説明をいたさせます。

 ご審議を経て、適切なる議決を得たくお願いする次第であります。



○議長(飯田史朗君) 本案についての内容説明を各部長より求めます。

 最初に、日程第15、議案第41号 平成19年度伊豆の国市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の説明を市民部長に求めます。

 市民部長。

     〔市民部長 遠藤孝道君登壇〕



◎市民部長(遠藤孝道君) それでは、平成19年度伊豆の国市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について説明をさせていただきます。

 議案書の45ページをお願いいたします。

 第1条では、歳入歳出それぞれ268万8,000円を追加し、予算総額を56億1,868万8,000円とするものであります。

 次のページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算補正の歳入でありますが、9款繰入金、1項一般会計繰入金、補正額268万8,000円を追加し、歳入合計で補正前の額と合わせまして56億1,868万8,000円とするものであります。

 次のページの歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費、補正額268万8,000円を追加し、歳出合計で補正前の額と合わせまして56億1,868万8,000円とするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 歳入歳出補正予算事項別明細書の総括につきましては、説明を省略させていただきます。

 次に、50ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 9款1項1目一般会計繰入金、補正額268万8,000円の増額につきましては、歳出の補正により生じました人件費の増額分を一般会計から繰り入れるものでございます。

 52ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款1項1目一般管理費、補正額268万8,000円の増額につきましては、人事異動によります国民健康保険職員5名分の人件費の増額補正でございます。

 以上で内容説明とさせていただきます。



○議長(飯田史朗君) 以上で説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(飯田史朗君) 質疑がないようですので、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は委員会付託を省略し、これより討論に入りたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認め、これより討論に入ります。

 最初に、本案に対し反対討論の発言を許します。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ありませんね。

 次に、賛成討論の発言を許します。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ありませんね。

 これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。議案第41号 平成19年度伊豆の国市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(飯田史朗君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

 日程第16、議案第42号 平成19年度伊豆の国市老人保健特別会計補正予算(第1号)の内容説明を市民部長に求めます。

 市民部長。

     〔市民部長 遠藤孝道君登壇〕



◎市民部長(遠藤孝道君) それでは、平成19年度伊豆の国市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきまして説明をさせていただきます。

 議案書の55ページをお願いいたします。

 第1条におきましては、歳入歳出それぞれ1,721万8,000円を追加し、予算総額を40億7,321万8,000円とするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算補正の歳入でありますが、6款繰越金、1項繰越金、補正額1,721万8,000円を追加し、歳入合計で補正前の額と合わせまして40億7,321万8,000円とするものでございます。

 次のページの歳出でございますが、2款の諸支出金、1項償還金、補正額1,721万8,000円を追加し、歳出合計で補正前の額と合わせまして40億7,321万8,000円とするものでございます。

 次のページをお願いいたします。

 歳入歳出補正予算事項別明細書の総括につきましては、説明を省略させていただきます。

 次に、60ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 6款1項1目繰越金、補正額1,721万8,000円の増額につきましては、平成18年度分の社会保険診療報酬支払基金への精算分としての前年度繰越金でございます。

 次に、62ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 2款1項1目償還金、補正額1,721万8,000円の増額につきましては、平成18年度分の社会保険診療報酬支払基金への超過分の償還金でございます。

 以上で内容説明とさせていただきます。



○議長(飯田史朗君) 以上で説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 質疑ないようですので、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は委員会付託を省略し、これより討論に入りたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認め、これより討論に入ります。

 最初に、本案に対し反対討論の発言を許します。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ありませんね。

 次に、賛成討論の発言を許します。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ないようですので、これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。議案第42号 平成19年度伊豆の国市老人保健特別会計補正予算(第1号)について賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(飯田史朗君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案どおり可決することに決しました。

 続いて、日程第17、議案第43号 平成19年度伊豆の国市介護保険特別会計補正予算(第1号)の内容説明を健康福祉部長に求めます。

     〔健康福祉部長 杉山利雄君登壇〕



◎健康福祉部長(杉山利雄君) それでは、本案の内容を説明させていただきます。

 議案書の65ページをお開きいただきたいと思います。

 第1条では、歳入歳出それぞれ524万円を追加し、予算総額を26億2,424万円にしようとするものであります。

 次のページをお願いいたします。

 第1表、歳入歳出予算補正の歳入でありますが、3款国庫支出金、2項国庫補助金、補正額2万7,000円。5款県支出金、2項県補助金、補正額1万3,000円。7款繰入金、1項一般会計繰入金、補正額518万6,000円、2項基金繰入金、補正額1万4,000円。歳入合計で補正額524万円を追加し、補正前の額と合わせまして26億2,424万円にしようとするものであります。

 次のページをお願いいたします。

 歳出でありますが、1款総務費、1項総務管理費、補正額517万3,000円。5款地域支援事業費、2項包括的支援事業費、補正額6万7,000円。歳出合計で補正額524万円を追加し、補正前の額と合わせまして26億2,424万円にしようとするものであります。

 次のページをお願いいたします。

 歳入歳出補正予算事項別明細書、1総括につきましては説明を省略させていただきます。

 70ページをお願いいたします。

 2、歳入の説明をいたします。

 3款2項3目地域支援事業交付金、補正額2万7,000円。

 5款2項2目地域支援事業交付金、補正額1万3,000円。

 7款1項3目地域支援事業繰入金、補正額1万3,000円につきましては、歳出の地域包括支援センター職員の人件費の増額に対する負担分であり、国が40.5%分、県が20.25%分、市が20.25%であります。7款1項4目その他一般会計繰入金、補正額517万3,000円の増額につきましては、介護予防事業担当者職員の1名増により生じた人件費の増加分を一般会計から繰り入れるものであります。

 7款2項1目基金繰入金、補正額1万4,000円の増額につきましては、地域包括支援センター職員人件費の増加に対する保険料負担分を基金より繰り入れるものであります。

 次の72ページをお願いいたします。

 3、歳出であります。

 1款1項1目一般管理費、補正額517万3,000円の増額につきましては、介護予防事業担当者の1名増に伴う人件費の増額であります。

 5款2項1目包括的支援事業費、補正額6万7,000円の増額につきましては、地域包括支援センター職員の人件費の増額補正であります。

 以上で内容説明とさせていただきます。



○議長(飯田史朗君) 以上で説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 質疑ないようですので、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は委員会付託を省略し、これより討論に入りたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認め、これより討論に入ります。

 最初に、本案に対し反対討論の発言を許します。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ありませんね。

 次に、賛成討論の発言を許します。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ありませんので、これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。議案第43号 平成19年度伊豆の国市介護保険特別会計補正予算(第1号)について賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(飯田史朗君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案どおり可決することに決定いたしました。

 続いて、日程第18、議案第44号 平成19年度伊豆の国市上水道事業会計補正予算(第1号)の内容説明を上下水道課長に求めます。

     〔上下水道課長 塩谷昭一君登壇〕



◎上下水道課長(塩谷昭一君) それでは、本案の内容を説明させていただきます。

 議案書、別冊75ページをお開きいただきたいと思います。

 第1条では、予算の変更を定めたものでございます。

 第2条では、予算の3条に定められた収益的支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。

 収入につきましては、変更ございません。

 支出につきましては、第1款水道事業費用、第1項営業費用、補正額238万2,000円の増額。

 1款水道事業費用の補正前の額5億6,984万2,000円に補正額238万2,000円を追加し、5億7,222万4,000円にしようとするものであります。

 補正内容につきましては、予算に関する説明書76ページにより説明をさせていただきます。

 平成19年度伊豆の国市上水道事業会計補正予算実施計画について説明します。

 初めに、収益的収入につきましては変更ございません。

 支出につきましては、1款水道事業費用、1項営業費用、4目総係費、補正前238万2,000円は、人事異動による人件費であり、資本的収入及び支出は変更ございません。

 77ページをお願いしたいと思います。

 平成19年度伊豆の国市上水道事業会計補正予算資金計画につきましては、現金の支払資金を示しております。受入資金につきましては変更ございません。

 78ページをお願いしたいと思います。

 給与費明細書につきましては、4月1日付の人事異動により職員数及び給与費等に変更が生じたため各項目につきまして詳細を示しております。

 損益勘定支弁職員は、前年度と比較しまして1名増加となっております。

 補正予算を執行した後、予定貸借対照表及び予定損益計算書でございますが、79ページ以降をごらんになっていただきたいと思います。

 81ページの予定損益計算書でございます。

 下段から3行目でございますけれども、当年度純利益を8,152万524円と見込んでおります。

 以上で内容の説明とさせていただきます。



○議長(飯田史朗君) 以上で説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 質疑ないようですので、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は委員会付託を省略し、これより討論に入りたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認め、これより討論に入ります。

 最初に、本案に対し反対討論の発言を許します。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ありませんね。

 次に、賛成討論の発言を許します。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ありませんので、これにて討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。議案第44号 平成19年度伊豆の国市上水道事業会計補正予算(第1号)について賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(飯田史朗君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案どおり決することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第45号の上程、説明、質疑、委員会付託



○議長(飯田史朗君) 日程第19、議案第45号 伊豆の国市上水道給水条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 望月良和君登壇〕



◎市長(望月良和君) 本案につきましては、大口需要者に対する基本水量の見直しをした結果、上水道給水条例の一部を改正するものであります。

 なお、内容につきましては都市整備部上下水道課長に説明をいたさせます。

 ご審議を経て、適切なる議決をいただけますようお願いする次第であります。



○議長(飯田史朗君) 本案の内容について上下水道課長より説明を求めます。

 上下水道課長。

     〔上下水道課長 塩谷昭一君登壇〕



◎上下水道課長(塩谷昭一君) それでは、本案の内容を説明させていただきます。

 議案書29ページをお願いいたします。

 上水道給水条例の別表第4、大仁上水道の区域の水道料金の2に工業用として基本水量16万5,000立米、料金467万7,750円と定められております。この工業用水としてあるのは、大仁地区の三福にあります旭化成ファーマ株式会社に供給する水量及び料金を定めたものであります。この工業用水大口需要者であります旭化成ファーマ株式会社との間で、昭和36年5月1日に最初の契約を締結し、契約水量につきましては昭和36年の当時から現在まで変更はございません。料金改定をしながら引き続き契約をしております。

 そこで、今回給水契約の基本水量の見直しをしようとするものであります。平成17年12月27日付で旭化成ファーマ株式会社より、旧大仁町との上水道給水条例の見直しについて依頼がございました。この内容につきましては、条例別表第4に記載してあります毎月の基本水量16万5,000立米、料金は467万7,750円の見直しであります。

 旭化成ファーマ株式会社では、収益性が期待できない事業にあっては、事業の撤退等を含め事業の再構築を行っております。その内容は、平成11年に食品事業を、平成15年には酒類事業を他社に譲渡するとともに、平成20年には名古屋医療工場との統合による神島医療工場の撤収も決めております。相次ぐ事業の撤収に伴い工業用水の水量も大幅に減少しております。多量の工業用水を使用していた日本たばこ産業株式会社配下の旭食材株式会社が平成18年3月に工場撤退をしたことに伴い給水量がさらに激減したことにより現契約の見直しをしていただきたいとの趣旨でございます。

 市としましては、市民生活に多大な影響を及ぼすことが懸念される等、また、旧大仁町と共存してきた信頼関係などの経緯があるので、いましばらくの間現状でお願いしたいと申し出をしておりました。旭化成株式会社の毎月の基本水量16万5,000立米に対し、実使用水量は平成17年度で月当たり平均で10万3,000立米、平成18年度では約4万2,000立米と急激に減っております。今後も会社として水道使用量の増加は見込めない現状から、契約更新の平成19年6月30日までには何とか検討をしていただきたいとのことであります。

 このため旭化成ファーマと協議をしてまいりました。基本水量を現状の基本水量から5万トン減らし11万5,000トンにすることで旭化成ファーマ株式会社の内諾が得られましたので、上水道給水条例の一部を改正しようとするものでございます。

 以上で内容の説明とさせていただきます。



○議長(飯田史朗君) 内容説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。

 5番、古屋鋭治さん。



◆5番(古屋鋭治君) 5番、古屋ですけれども、今ご説明がありまして、旭化成の料金が改定だということで、私も旭化成のこれまでの経過については承知をしているつもりなんですけれども、1年間に198万トンの利用をいただいて、年間5,300万円程度収入があるというふうに認識をしておるところでございます。ただいま17年、18年の利用状況をお聞きしますと相当減ってきているという現状の中で、1年間198万トンから、現在大体4分の1程度になっているのではないかなというふうに思うんですけれども、今回のこの料金改定が1カ月で5万トン減ということになったその理由というのはどうしてなのかなと。

 実態を見れば4分の1程度になっているものですから、そこで当然お話し合いがされたと思うんですけれども、この5万トンに落ちついた経緯と、あと、今後の、旧大仁町だけにそのしわ寄せが来るというような心配がちょっとあるんですけれども、その辺についてご回答いただきたいと思います。



○議長(飯田史朗君) 上下水道課長。



◎上下水道課長(塩谷昭一君) 今のご質問の5万トンという数字でございますけれども、私ども企業会計として上水道会計、1市3制度で運用をさせていただいております。

 今、ご説明は私の方で説明をしますし、月5万トンを減することによって、どういう形で企業体としての経営が成り立つかということでございます。それを試算しまして、大仁地区の企業会計としての経営体として赤字を出さないという形の中での算出で5万トンということで減額をしていただいて、旭化成さんにつきましても、何とかそういうことの中で、もうしばらく頑張っていただきたいということでご理解をいただいたということでございます。

 以上でございます。



○議長(飯田史朗君) ほかにございませんか。

 3番、田中正男さん。



◆3番(田中正男君) 話し合いで5万トンの減ということで落ちついたということなんですが、旭化成さんは減らしていきたいという要望なんで、今後はどのようなことを要望しているんでしょうか。もうどんどんゼロに近く減らしたいという要望なんでしょうか。それともこれは当分これで維持、5万トン減らしてくれれば維持できるという今後の予想なんでしょうか。その点についてお聞きします。



○議長(飯田史朗君) 市長。



◎市長(望月良和君) 私企業ですから、はっきりとした見通しやなんかについては余りお話をされておりませんですが、基本的には旭化成さんそのものは会社としては利益が出ているという形でありますので、私どもはこの東洋醸造の前身の脇田酒造、そして東洋醸造という形で、この良質の水を、商売としてというとおかしいんですが、やってきたわけでありますから、そういう面でできるだけ企業としての責任度といいましょうか、そういうもののご理解をいただいていきたいというふうに今思っております。

 そんなことで、今、課長の方から説明がありましたように、当面はこれを食い込むことなく、今ご質問いただきましたように、旧大仁の方々に直接それが今響いていくような形をとるべきではないという形で設定をさせていただいたということであります。

 しかしながら、旭化成さんそのものについては、かなり事業内容を変えていく状況にあるということでありまして、今私どもも地域の企業としての責任度の問題、これを旭化成さんの方にお知らせをしながら、新しい事業への転換、今、当然医学の関係はイコール健康の関係でもあるわけですから、そういう問題等について積極的な、私どもの方も提言もさせていただいたり、それから企業としての取り組みの検討をお願いしているというところでございます。

 いずれにしましても、今までのような形で、この上水を使って物事をやるというような方向性にはないというふうに理解をしております。しかしながら、水はやっぱりすべての商売のもとでありますので、これらについてはできるだけ私どもの方も長年のおつき合いでありますので、お互いに考え方を交換しながら、できるだけ良好に努めていきたいというふうには思っております。

 企業側としての方向性等については、今のところまだきちんとした形では打ち出していないというのが現状だというふうに理解しています。



○議長(飯田史朗君) ほかにございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ないようですので、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第45号 伊豆の国市上水道給水条例の一部を改正する条例の制定については、所管の観光建設委員会に付託することとしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は所管の観光建設委員会へ付託することと決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の事務調査の報告について



○議長(飯田史朗君) 日程第20、閉会中の事務調査の報告についてを議題といたします。

 各常任委員会委員長より報告を願います。

 最初に、総務委員会委員長、矢田博美君。

     〔13番 矢田博美君登壇〕



◆総務委員会委員長(矢田博美君) 13番、総務委員長の矢田です。

 本委員会に付託された調査事件について、調査の経過と結果の要点を報告いたします。

 調査事件(閉会中の事務調査)。所管事務に関する事項のうち各課業務説明と本年度の課題、主要事業とその取り組みについて。

 調査の経過。閉会中の事務調査として、平成19年5月14日の本会議に申し出を行い、本委員会に付託を受けた調査事件について、次のとおり会議を開催し調査を行った。日時、平成19年5月24日、市役所3階第5会議室にて委員会開催。委員6名と企画部長、総務部長、支所長ほか各担当課長、室長出席。

 調査の結果。企画部について。4月から秘書広報課、企画課、財政課、管財課、情報システム課の5課体制となっており、各課長より業務説明を受け、総括として部長より4月にスタートした総合計画に沿った事業運営をしていくことと、合併も3年目となるので、これからは合併の効果を出していかなければならない時期に来ている。元気のある自治体づくりが、本年企画課を中心とした新たな取り組みであるとの説明があった。

 秘書広報課では、昨年度事務を行っていた部分と旧企画財政課の広報と統計が合体し秘書広報課として新年度からスタートした。本年の主要事業として3点あり、1つは6月1日現在の基準日での商業統計調査、2つ目は在住外国人ガイドの作成での住民とのトラブル防止等、3つ目はホームページをリニューアルし情報の迅速と効率化を図ることが挙げられた。

 主な質疑等。委員より、姉妹都市は国内は長岡京市だが海外の状況はとの問いに、旧町の状態のままでの形になっており、積極的な形での相互のやりとりはありません。旧伊豆長岡町でのオーストラリアのグラフトン市は現在クラレンスバレーとなっており、旧大仁町でのアメリカのゲインズビル市についても、こちらも伊豆の国市となったので、どこかの段階で意思表示をしなければならないと考えているとの回答。

 委員より、ホームページのリニューアルに当たっての見解はとの問いに、ホームページを評価している日経パソコンの審査基準は十分参考にして取り組みたいが、全国の市町村一律に評価基準を設けているので、市町村のねらいとするところは加味されていない嫌いがあるので、伊豆の国市の特徴なりオリジナリティーを持って追求したいとの回答。

 企画課では、事業としては狩野川台風50周年事業として、来年9月ごろをめどにということで検討を進めている。国土利用計画の策定を繰り越しで実施中。浮橋の温泉構想事業は、市民、訪れる人の健康を中心にこの温泉を利用していくことの構想を立てていく。ウエルネスマネジメントプランは、検診により見つかった病気の予備軍を保健指導し総合的にその対策を検討する。観光パスポート事業は検討中。地域の伝統事業はシャギリを一堂に集めての計画を進めているとの説明であった。

 委員より、浮橋の温泉は今年度ポンプアップして無料配湯と聞いているが、その取り組みの状況と時期についてはの問いに、6月から7月ごろ工事発注、竣工は来年3月中ごろの予定。掘削後、分析、許可、申請等の手続のほか、湧出量に対する供与量も決まるが、時間を要するため無料配湯は来年度となる見込みであるとの回答。

 財政課では、特に行政改革は集中改革プランに沿って進めていく旨、また財政計画を本年度から総合計画等を踏まえ作成したいとの考えが示された。

 委員よりは特になし。

 管財課での本年度の主な事業としては、本庁舎の耐震補強工事と受変電設備及び非常用発電設備の改修、舟原、向山市営住宅解体工事及び狩野川団地、田京住宅の耐震診断。入札関係では、今年度制限つきの一般競争入札や総合評価方式の競争入札を一部取り入れていく予定との説明であった。

 委員より、手放すべき財産もあると思うが、その計画と考え方はとの問いに、昨年未利用地の有効活用方法を職員に提案させ、その中で特に利用価値の少ないところについては手放すという考えもあると思うとの回答。

 委員より、未利用地の代表的なところはとの問いに、旧伊豆箱根グランド、旧大観宮跡、江間の尾崎商事南側の空き地、韮山の東幼稚園跡、旧日通家族寮跡地、大仁の旧旭平町営住宅跡地、大仁のスコレア砕石場などとの回答。

 情報システム課での業務内容については、情報化政策の企画調査ということで、市民から見た情報政策を考慮し、伊豆の国市情報化計画を来年2月ごろまでに策定する予定とのこと。また、地域情報化の推進については、先般、県知事が光ケーブルの構想を打ち出し、本年度予算化し市町に導入する旨の指示があった。よって、9月には光ケーブル整備計画を本市として策定予定である。電子自治体の構築については、市役所のIT化をより推進していく。情報セキュリティーについては、合併時にセキュリティーポリシーをつくり、これに基づき本年は個人情報系の内部監査を実施し、来年度以降は外部団体による外部監査を考えているとのこと。情報センター協議会の事務処理に関することでは、3名の職員を派遣しているが、平成20年4月1日からは委託となり、事務職1名の派遣となりますとの説明であった。

 委員より、情報センター協議会では平成20年4月から縮小していくと聞いているが、委託との関係はとの問いに、大型機からパソコンへ移行作業を行っており、9月に完了する。大型機は開発や自前のシステム作成で人手が必要だったが、パソコンはパッケージソフトを使用するので担当業務が不要となる。なお、業務は縮小でなく、業務はそのままだが職員を派遣してまで行う必要がないという回答。

 委員より、経費や手間が減り自前でできるということかの問いに、パッケージソフトで環境づくりが各市自前でできるので原課の職員にやってもらうこととなる。派遣分の人的負担が減るとの回答。

 委員より、総括として企画部長は合併も3年目となるので、これからは合併の効果を出していかなければならない時期に来ているとのことだが、その点についてどのように考えているかの問いに、行政を中心とした組織の拡大により、人口1万人台から5万人台と規模が大きくなり、大きな仕事と密度の高い事業展開もできることになった。こういうことが効果としてあらわれる。経費の削減も人件費を中心に削減を図っております。また、市有財産の運用の方法や管理等については、指定管理者制度を推し進めることでわずかながらでも効果が出ているととらえている。伊豆の国市ゆえにできるというものをこれからは進めていかなければいけないと考えておりますとの回答。

 続いて、総務部。総務課、検査室、安全対策課、税務課の課長と室長より業務説明を受け、総括として部長より職員の人事評価制度、その中でも目標管理については、総合計画に基づく所管での事の展開について、所長以上の管理職について試行を行っている。能力評価では昇給に反映する取り組みをしている。職員の人材育成の計画も作成する考えである。給与の適正化も課題である。選挙関係の課題としては、投票所の統廃合を含め見直しをしていく考えである。交通、防犯の積極的な展開に注力したい。災害対策時の対応については県防災局に職員1名の派遣を通じ、来年以降の市の防災対策に対応したい。収納対策については、今後、財政運営上大事になるので、来年の機構改革の中でこれらをどうするのか押さえて行う必要がある。検査室では、現在の物品の検収、委託の検収について行っているが、本来の工事検査のみを中心として進めたらどうかの考えも示された。

 総務課。合併3年目を迎え、職員の人事管理として目標管理と能力評価について取り組みを進めている。この件は管理職については継続して平成18、19年度で試行を行っている。本年度は一般職にも研修を行っていく予定である。文書管理のあり方についての取り組みと整備は、情報公開、個人情報保護との関連で重要と考えている。職員の時間外が多いということで健康問題を含めた安全衛生委員会を立ち上げる準備をしている。選挙管理委員会関係では、投票所が長岡5カ所、韮山10カ所、大仁12カ所の計27カ所あり、長岡では投票所の有権者の適正者数、韮山、大仁では小さな投票所の統廃合を今後整理する必要がある。また、期日前投票は3地区で行っているが、市の組織機構の見直しに合わせ1カ所にしていきたい旨の説明があった。

 委員より、期日前投票所を1カ所にしたいとのことだが長岡の本庁だけか。また、投票所の統廃合により投票率が下がっては何にもならない。経費が相当かかるのかとの問いに、期日前投票も周知され、しり上がりに投票者も上がっている。従事する職員の数は投票者にかかわらず同数配置しなければならない。当然、費用のこともある。今後、組織が変わる中で支所が現在の人数でいるかとの関連があり、対応が懸念される。また、選管でも技術的に困難なこともある。沼津、三島でも期日前投票所は1カ所であるので、その方向で考えたい。いわゆる長岡1カ所の方向で考えたいとの回答。

 また、ほかの委員より、女子職員の服装が華美ではないかとの意見を聞くが、どのような指導をされているかとの問いに、制服の支給は費用的なこともあり、私服でネームプレートをつけ、公務員としてふさわしい髪形、服装でという指導をしているとの回答。

 検査室での業務内容は、各事業等の設計審査、工事及び業務委託等の検査、物品の検収、各課、支所等で行う検査、検収の指導、各課担当職員及び建設業者への公共工事の監督管理の指導及び研修会の実施が主な業務との説明。

 委員より特になし。

 安全対策課では、防災関係は地域防災計画に基づき事業を進めていく。今年度の重点として自主防災組織の強化充実である。中でも災害弱者の台帳整備も考えたい。また、災害時の応援協定も進めている。地震対策事業は建物の耐震補強、ブロック塀の改修が主となる。消防団の統廃合については、今年度中に骨子を決めたい。そのため、区長初め地域の方々の理解のもと、単なる定数削減ではなく、団員確保も進めなくてはならない。6月には統廃合の意見を聞く会を消防団、区長、田方消防署に来ていただき開催したい。交通安全については、市交通指導員の定数についても検討したい。防犯においては、昨年8月防犯パトロール車を設置以来、地域、ボランティア団体の協力により犯罪の軽減に寄与している。来年2月9日に安全で安心なまちづくり推進大会を予定。また、防犯灯の設置要望が多く、基準の統一を図り整備していくとの説明。

 委員より、避難所の拠点に公民館等が充てられているが、耐震診断や耐震補強に対する地元への補助についてはとの問いに、公民館を含む集会施設の調査をしている段階ですが、基本的には昭和56年以降の建築物は基準の範囲内と認識。それ以前のものは補強等を含めた中で検討したい。補強に関しては、公民館に限らずホテル、旅館について県から推進するよう指示があり、それに対する補助も検討するとの県の考えである。また、基本的には地区公民館は一時避難場所であって、市の公共施設が避難場所となるとの回答。

 委員より、街路灯、防犯灯の基準の統一はいつごろになるかとの問いに、街路灯として防犯灯も兼務しているものもあり、安全対策課で管理している防犯灯と観光商工課で管理している街路灯があり、基準の区分けの整理をして今年度その調整に動いている状況です。

 税務課では、ことしの課題と取り組みとして、税源移譲の関係で個人市民税の普通徴収分に対する問い合わせ等に対応するため職員の研修を計画、また、対応マニュアルを作成中。あと一点は、地方税の一元化の関係で静岡県地方税滞納整理機構が来年度から発足する予定ですが、若干作業がおくれている。滞納部門のみ稼働することが決まっている状況との説明。

 委員より、個人市民税の普通徴収分に対する問い合わせの内容や件数の把握体制はどうか。また、滞納整理機構の内容に変化があるのかの問いに、問い合わせの件数や内容ごとの集計ができる体制をとっている。滞納整理機構については昨年の全協で示した内容とほとんど変わらない状況との説明。

 総括としての部長よりの職員給与の適正化が課題との発言に、委員より、職員のやる気が出ないといいまちづくりができない。よって、給与の見直しも必要との意見と、物件費に含まれる非常勤職員の賃金を入れた実質の人件費がある。伊豆の国市の財政を考えたときそれが本当に適切か議論すべきとの意見もあった。

 続いて市民部。市民部では、昨年までの地域振興課がなくなり、北江間財産区以外の業務を市民サービス課に統合して行うこととなった。市民サービス課について、今年度から昨年地域振興課で行っていた業務として、区長会、全体区長会、各地区からの要望書の取りまとめ、コミュニティー補助金、また窓口では環境政策課の犬の登録、EMぼかしなども対応することになっているとの説明。

 委員より、全体区長会の代表者を決める予定があるのか、その方針についての問いに、全体区長会の代表者をどうするのか。また、年四、五回の区長会の開催ならば、51人での区長会の開催にすることでの検討や、地区内で必要に応じて開催することも可能とするなど、すぐに結論が出ないので今年度の課題としたいとの回答。

 韮山支所。韮山支所では、庁舎の維持管理の中で駐車場天井部分の鉄骨の塗装補修の予定。特に市民サービス課職員にはスキルアップに努め、お客様をいかに待たせないでお帰りいただくかなどを目標に掲げ、時間短縮という形で業務を行っている。また、庁舎管理については、経費削減のために点検等に努めているとの説明。韮山支所は地域振興課と市民サービス課があります。

 委員より、要望書の取りまとめについて、工事までの事務の流れはとの問いに、要望書が上がってくると現場に写真を撮りに行き、現場を確認した上で支所長が決裁し関係課に回す。関係課で検討し、決裁後、地域振興課に戻ってくる。それを市長用の回答書として支所長までの決裁をして区長に送付するとの回答。

 市民サービス課の方は特にありません。

 大仁支所。大仁支所では、産業祭などで人数の確保をする場合に苦慮しているとの説明。ことしは交通安全や防犯関係の安全安心対策を行っていく予定。電気料の削減、コピー代の削減に取り組むとの説明。業務内容関係はほぼ韮山と同じです。ここも市民サービス課、地域振興課があります。

 委員より、市が新しく有害鳥獣に対する補助金を交付することになっていたが、受付も各支所で行っているかとの問いに、受付はしているが、先週に各部農会に農業振興課より通知を出しており、窓口業務としてセットする予定との回答。

 続いて、会計課。会計課での主な業務は、予算の適正な執行管理、一般会計から始まって13の会計の執行管理をしている。それには消防組合会計、水道事業会計も含まれる。目標管理業務としては、毎月15億円程度の現金残高の中の歳計金の運用管理を適正に努めたい。指定金融機関の検査を今年度も実施する。お茶購入代の単価にばらつきがあったが、それらについて調整し統一的な考えでいくということで進んでいる。

 委員より、給食の賄い材料の購入に当たって、発注から支出する流れの中でチェックはどのようにしているかの問いに、納品請求伝票で納品書に各担当課長の検収印を押してもらっている。ゴム印をつくり、何月何日、金額の確認については請求書の金額と伝票の金額をチェックしているので間違いないものと判断しているとの回答。

 続いて、監査委員事務局の業務内容は、例月出納検査、7月から8月に予定している平成18年度の決算審査、10月から11月に予定している定期監査、この3つの検査、審査、監査を主な業務として行っている。本年度の監査委員事務局の目標として、財政援助団体への監査をやっていきたい。また、物品の監査も定期的にやっていきたいとの説明。

 委員より、発注、仕入れ、受け取りという流れの中で、監査のチェックがどのように入っていくのか。また、不正防止の手だてはとの問いに、発生した起因により所管課に対して措置を講ずるよう指摘する。よって、所管課では指摘内容の防止策を講ずることに努めるとの回答。

 委員より、外郭団体に対する補助金についての監査を重点的に実施するということかとの問いに、年間で10カ所程度、所管別に1から2団体を選定し年次計画を立てて実態の監査をしていきたいとの回答。

 委員より、2年間は補助団体について実施してこなかったということかとの問いに、18年度は2月から20団体を選定し、職員による書類の審査まで終了したが、監査委員による審査が未了となってしまった。要因としては、開始した時期や選定数が多かったためである。未了部分については本年度にあわせて実施する予定であるとの回答。

 議会事務局の主な業務内容は、年4回の定例議会の事務進行と議会に関係する業務。議会事務局のテーマは会議録等をホームページに載せられるようなシステムを構築し、情報公開にたえ得るようなものにするのが当面の目標であるとの説明。

 委員より特になし。

 以上で調査を終了しましたことを報告いたします。



○議長(飯田史朗君) 次に、福祉環境委員会委員長、大沢秀光君。

     〔6番 大沢秀光君登壇〕



◆福祉環境委員会委員長(大沢秀光君) 6番、福祉環境委員会委員長の大沢秀光です。

 委員会調査報告書。

 本委員会に付託された調査事件について、調査結果を下記のとおり、会議規則第103条の規定により報告いたします。

 調査事件(閉会中の事務調査)。所管事務の調査。

 調査の経過。閉会中の事務調査として、上記の件につき申し出を行い、次のとおり会議を開催して調査を行った。平成19年5月29日、委員会の開催。

 調査の報告。委員会では、健康福祉部、環境部、市民部のそれぞれの課の所管事務と担当している職員数、また主要事業の内容について説明を求めた。

 健康福祉部には、福祉課、高齢者支援課、健康づくり課の3課がある。

 福祉課は、障害者自立支援法に基づく事務で、地域福祉の関係、障害福祉の関係、児童福祉の関係の事務事業を行っているとの説明であった。

 高齢者支援課には、介護保険の関係、地域包括支援センターの関係、介護予防の関係、高齢者福祉の関係業務を行っているとの説明であった。

 健康づくり課では、成人保健の関係、母子保健の関係を担当しているとの説明であった。

 環境部には、環境政策課、クリーン課、広域廃棄物処理対策室の2課1室であること。

 環境政策課は、環境保全に関すること、環境美化に関すること、公園の維持管理に関すること、長岡斎場の運営に関することが主な業務であるとの説明であった。

 クリーン課は、一般廃棄物処理計画に関すること、廃棄物の収集運搬処理が主な業務で、現在13施設を運転管理しているとの説明であった。

 市民部の国保年金課は、国民健康保険に関すること、老人保健に関すること、国民年金に関すること、介護保険料の賦課及び徴収に関すること、以上が事務事業であるとの説明を受けた。

 以上で説明を終了し、委員より以下の質疑があった。

 健康福祉部関係では、沼津夜間救急医療センター運営から抜けたら影響はないか。また、今後はの問いに、課長より、現在も5市3町以外も受け入れている。現実は順天堂に一番救急患者を受け入れてもらっている。夜11時までは伊豆保健医療センターがあるのでそれほど心配していないとの回答であった。

 環境部関係では、委員より、オープンした天野公園の問題点は。課長より、いろいろな意見が寄せられている。予算措置がないので手が出せない。部長より、1年間の課題や問題点を整理して予算要求したいとの回答であった。

 市民部、国保年金関係では、委員より収納対策についての問いに、課長より、これまでに行っていなかったような対策でないとアップにならない。検討している。県平均にしたいと考えているとの回答であった。

 以上で報告といたします。



○議長(飯田史朗君) 次に、観光建設委員会委員長、菊池俊彦君。

     〔10番 菊池俊彦君登壇〕



◆観光建設委員会委員長(菊池俊彦君) 10番、観光建設委員長の菊池でございます。

 委員会の調査報告書。

 当委員会では、5月28日月曜日10時半から15時10分まで、市役所3階の第3会議室で委員会を開催いたしました。

 調査の内容についてのみご報告させていただきます。

 当委員会では、所管の18年度繰越事業及び19年度予算に対する事業の進捗状況、現況、今後の予定について、観光産業部、都市整備部の各部課長より、事業の執行状況の詳細な報告を受け、質疑に入りました。

 観光商工課からは、主要イベント事業、観光振興事業、NPO法人伊豆の国観光ルネッサンス等についての報告を受けました。

 安心・安全・健康のまちづくり推進事業では、観光部門として観光振興推進事業があり、試験栽培している野菜を活用した料理の試作、試食等の活用、普及を考えている。観光案内サイン整備計画作成業務は、今後、外国人観光客がふえることを踏まえた整備計画を19年度秋口までに作成、次年度以降予算化していきたい。市営温泉浴場施設の指定管理者制度の導入の準備業務を考えている等の報告の後、歴史観光シャトルバス運行、それから新規イベント事業である華の舞等についての質疑がありました。

 文化振興課からは、施設の利用状況、事業予定、国民文化祭についての報告を受けました。

 韮山時代劇場、大ホール年間2万8,000人、映像ホール年間1万9,000人、アクシスかつらぎ大ホール年間4万6,000人、多目的ホール年間1万9,269人が利用。国民文化祭が平成21年10月24日から11月8日まで県下市町で開催。当市では演劇、オペラ会場のエントリーと合唱祭等の報告の後、公演の収支決算についての質疑がありました。

 農業振興課からは、農村振興総合整備事業、湛水防除施設事業についての報告を受け、農地、水、環境保全向上活動支援事業についての質疑がありました。

 都市整備部都市計画課からは、18年度の繰越事業の進捗状況、19年度事業関係等についての報告を受けました。

 都市計画課に4月から既開発地域の諸問題の総合調査という事務分掌で土地対策室が設置されました。現在、伊豆つつじヶ丘別荘地、伊豆エメラルドタウンの諸問題の解決に向けた業務を進行中。伊豆エメラルドタウンでは、株式会社大都が破産し破産管財人弁護士より大都の所有地内の公共的使用施設用地の一覧表の提出要請があり、現地の状況確認をし過日提出。繰越事業では、都市計画図デジタル化業務は(株)東日が施工し、工期は平成20年3月21日、都市計画マスタープランについては、現在入札を準備中。平成19年度事業を資料に基づき説明を受け、まち交事業韮山地区は20年度末終了、古奈湯元公園整備事業19年度末完成、守山西公園整備事業は20年度末工事完成との報告を受け、質疑に入り、古奈温泉湯元公園、まち交等に対する質疑がありました。

 建設課では、都市計画課と同様に18年度の繰越事業の進捗状況、19年度主要工事箇所についての報告を受け、質疑に入りました。

 繰越事業の2路線の進捗状況、松原インター平成20年度完成予定、国道136号線反射炉入り口交差点については今年度完了予定、大仁橋平成19年12月供用開始、田原野函南停車場線今年度完成予定等の報告を受け、質疑に入り、松原インター等につき質疑がありました。

 上下水道課からは、18年度の繰越事業である市道長101号線配水管布設工事関連は、工期は6月25日、進捗状況95%、県道韮山伊豆長岡修善寺線配水管布設工事は合併支援道路工事にあわせ配水管の取りかえ、工期は6月30日、進捗状況75%、下水道事業は工期7月20日で進捗状況88%。

 19年度の下水道主要事業である、松原橋下の狩野川を横断する推進管の埋設工事を東京電力の工事とあわせ行いますが、現在細部について東京電力、国交省と協議中。1市3制度から1市1制度に向けた認可業務については、平成20年度を計画。水道の加入分担金とメーター使用料の統一も20年度を計画している。

 上下水道の統合計画は、旧韮山のとき、県からの統合の指導を受けていた7つの簡易水道のうち、太之田簡易水道組合と坂本簡易水道組合の統合を計画しており、太之田簡易水道は平成21年度、坂本簡易水道は平成22年度を予定しているとの報告があり、質疑は特にありませんでした。

 以上で委員会を終了しました。

 質疑の詳細については、委員会会議録が事務局にございますので、参照していただきたいというふうに思います。

 以上で報告を終わります。



○議長(飯田史朗君) 次に、文教委員会委員長、土屋紀男君。

     〔15番 土屋紀男君登壇〕



◆文教委員会委員長(土屋紀男君) 文教委員長の土屋紀男です。

 それでは、委員会調査の報告をいたします。

 本委員会に付託された調査事件について、調査結果を下記のとおり会議規則第103条の規定により報告をいたします。

 1、調査事件(閉会中の事務調査)。所管事務に関する事項。

 2、調査の経過。平成19年5月29日。委員5名。教育長並びに所管部長ほか課長の7名の出席のもと、自己紹介の後に大仁中学校改築工事及び第2グラウンド建設について、また、放課後児童教室建設4カ所についての内容説明の後、現地の調査を行いました。

 3、調査の結果。大仁中学校では建設位置の確認、特に取りつけ道路ののり面の施工法や中庭の敷地計画や換気の通気性の確認を行い、また、大仁中学校第2グラウンドにおいては、その規模、大きさ、高低差、これは急傾斜地域のための対策、あるいは水路等の確認を行いました。

 放課後児童教室の施設においては、長岡2施設、韮山2施設、建設の予定位置及び付近の安全性の確認等を行いました。

 まとめとして、大仁中学校建設においては、校舎の通気性や中庭のウッドデッキ等の検討や、第2グラウンドにおいては、地権者や付近の住民に十分な説明を求める意見がありました。

 放課後児童教室の建設については、5月31日に入札、建設の着工予定は6月中旬、10月31日までに完成予定との説明があり、特に安全面においては校舎近くで見通しがよく、また、教室内の壁にはできる限り健康面にもいいと思われる木調を使用されるよう要望がありました。

 その他多くの質疑がありましたけれども、要点のみの調査報告とさせていただきます。

 以上です。



○議長(飯田史朗君) ここで暫時休憩をいたします。



△休憩 午後2時13分



△再開 午後2時19分



○議長(飯田史朗君) 休憩を閉じて、会議を再開いたします。

 以上で各常任委員会の報告が終わりました。

 これより質疑に入ります。

 17番、柳沢さん。



◆17番(柳沢秀次君) 17番、柳沢です。

 総務委員長にお聞きしますが、2ページ、真ん中に委員よりと書いて、浮橋の温泉のことが出ておりますけれども、この温泉、私もお湯が出たときに出させていただきましたが、ただ、今回予算で水中ポンプの設置だとか、あるいはまたお湯を保存する装置、その予算が決まっていることも承知しておりますけれども、ちょっと私が聞きたいのは、たしかお湯を揚げるには前にやっていたコンプレッサ方式、また、今計画しているのは水中ポンプ方式のようで、水中ポンプの方が湯量がふえるという話は聞いているんですけれども、実際に私が説明を受けたのはたしか、記憶でいきますと1分間に43か5ぐらいでしたよね。5分間でドラム缶というのが頭にある。それから、温度は42度だったような気がします。

 それはそれとして、水中方式で湯量がふえるとはいえ、そんなに極端にふえるとは思えない。それはちょっと専門家にも聞いてみましたけれど。問題は、お湯を揚げてそれをタンクに保存して無料で配湯する、それもいいことなんだけれども、実際42度の温度を、保存しておいて市民の方が持っていくときにはどのくらいの温度になっちゃうのかなと。本当に希望する温度が何度かというのはちょっとわかりませんけれども、わざわざうちまで持っていって、余りぬるくなったらどうかと、そういう感じがしますので、その辺の話というのは委員会の中で出たかどうか、ちょっとお聞きしてみたいと。なければ結構です。



○議長(飯田史朗君) 先に、答弁を求める前に、これは委員長報告でありますので、余り今の内容的な細かなこと等につきましては、できるならば一般質問等でやっていただければというふうに思いますので、一応質疑を受けておりますので、総務委員長よりただいまの質問についての、そのようなお話があったならばご答弁を願いたいというふうに思います。

 総務委員長、矢田博美さん。



◆総務委員会委員長(矢田博美君) 13番、矢田です。

 その温度の関係のお話はありませんでした。ただ、温泉がかれないようにするというふうなお話はありました。

 以上です。



○議長(飯田史朗君) ほかにございませんか。

     〔「ありません」の声あり〕



○議長(飯田史朗君) ないようですので、これにて質疑を終結いたします。

 各常任委員会の委員長さんはご苦労さまでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(飯田史朗君) 以上で、本日の議事はすべて終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 次の本会議は、明日6月13日午前9時から会議を開き、一般質問を行います。

 本日はご苦労さまでした。



△散会 午後2時23分